searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

大迫知信さんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
おばあめし
ブログURL
https://obaameshi.com
ブログ紹介文
高齢のおばあが孫と二人で食べるために毎日つくる料理「おばあめし」。謎の料理と組み合わせ。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2018/03/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、大迫知信さんの読者になりませんか?

ハンドル名
大迫知信さん
ブログタイトル
おばあめし
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
おばあめし

大迫知信さんの新着記事

1件〜30件

  • 女子会帰りのおばあが作るマルちゃん正麺(芳醇こく醤油)

    僕が晩ごはんを食べにやってくると、おばあが待ち構えていたようにイスから立ち上がった。そしてまっすぐ台所に向かい、鍋から湯を注ぐのは……カップのマルちゃん正麺!久しぶりのカップラーメンがマルちゃん正麺とは、完璧なチョイスやで、おばあ!それにしても、お湯を注ぐくらい僕にさせて、自分は座ってくつろいでいたらいいのに……

  • 明日のおにぎりの具はこれで決まり!小イワシの炊いたん

    今晩もおばあは、僕が来るより先に食事を終え、満足したように座ったままスヤスヤ眠っている。それもそのはず、今晩の献立も魚、肉、野菜と盛りだくさんだ!全部ごはんに合うこと間違いなし!これだけつくったら、眠くなるのも当然だろう。おかずの中でも最高のごはんのお供は、"小イワシの炊いたん"だ!明日のおにぎりの具材もこれで……

  • 煮崩れたカボチャにおばあがリベンジ!『なんきんの炊いたん』

    先に食事を終えているおばあは、席についたままこっくりこっくりと首を傾けて居眠りしています。今日は疲れているようなので、晩ごはんは昨日の残り物かと思ったら――すごいご馳走!白身魚と牡蠣のフライに、シジミ入り味噌汁、野菜もあってたまご醤油たれの納豆まで!そしてなんといっても、「南瓜の炊いたん」がきれいに形を保っています!

  • 【お知らせ】9月26日の夜、おばあと僕がテレビに出ます!

    おばあと僕が、またテレビに出ます!その番組は、なんとTBS「新・情報7DAYS ニュースキャスター」!!たけしさんと安住アナが、おばあと僕の映像を見て、どんなリアクションをして何を言うのでしょうか!? そしておばあと僕はどんなふうに映っているのでしょうか?敬老の日の週の企画ということで、僕はおばあに手紙まで書きました!

  • 熱帯夜にモーニング!?おばあの爽やか健康メニュー!

    今晩も汗だくでおばあの家にやってきた。まだまだ暑いこんな夜は、冷たいそうめんをツルっと、それがダメならガッツリと肉でも食べてスタミナをつけたい!ところがテーブルに並んでいたのは、鮭の塩焼きに玉子焼き、そしてサラダという、湖畔の避暑地で食べる、爽やかな日の朝ごはんみたいなメニューだった!

  • 蒸し暑い日にそうめんよりも!?『出前一丁』の最高の食べ方

    長雨の湿気とにじみ出る汗で、Tシャツが体にへばりつく。こんな日に食べたいのは、冷たいそうめんしかない!そう思いながら僕は祖母(おばあ)の家に、今日も晩ごはんを食べにやってきた。ところが食卓にあったのは、冷たいそうめんではなく湯気を立てるインスタントラーメン『出前一丁』だった。これを僕は、最高においしく食べたのだった。

  • 買ってきた唐揚げも最高!でもどうしてトレーのままなんや、おばあ!

    近ごろ、おばあの家の食卓には、買ってきた惣菜がよく並ぶようになった。出来合いのおかずだっておいしいし、高齢のおばあが持病の関節痛をこらえながら、いちから全部つくる必要なんてない。だからといって、どうして買ってきた唐揚げをトレーのまま出すんや、おばあ!もしかしておばあは、体力も気力も、僕が思っている以上に衰えているのか!

  • 祝86歳!サプライズで喜び倍増!?孫から祖母へのプレゼント

    この日は僕の祖母、おばあの誕生日。おばあの家に向かう僕は、箱を2つ抱えていた。ひとつはアマゾンの段ボール箱、もうひとつはホールケーキが入った白い箱。誕生日くらい、おばあには大好きなケーキを思う存分食べてもらいたい。さらに僕はサプライズで喜びを倍増させようと、計画を立てていた。ところが、おばあは自分の誕生日を…

  • おばあがつくる謎の絶品袋ラーメン!決め手は禁断のソース味!?

    晩ごはんがインスタントラーメンのときは、いつも僕が来るのを待ってから、おばあが作ってくれる。先に作っていたら麺が伸びてラーメンが台無しになってしまう。だけど今晩は、僕が行くとすでに出来上がっていた。麺は伸びているからか大盛に見える。そしてスープから、焼きそばソースの香りがする。まさか!?これはラーメンではなく…

  • コロナに負けるな鍋焼きうどん!季節の変わり目こそ暖かく!

    寒がりのおばあが、ついに灯油ストーブをつけなくなった。これから本格的に暖かい、というより暑い季節がやってくる!料理も暖かい季節を先取りしたものを作ってくれているはず!そう期待して、おばあの家に行くと…おばあはなんと、煮えたぎる土鍋にうどんを投入し、熱々の鍋焼きうどんを作っていた!まさか、コロナ予防に温かいものを…

  • 祝テレビ出演!記念すべき放送日、まさかおばあ、忘れてる?

    なんと、おばあと僕がテレビに映る!2年ほど前に出演した『サラメシ』も毎回録画する大好きな番組だけど、今回出る読売テレビ『かんさい情報ネットten.』も、平日の夕方に欠かさず見ている番組だ。ところがおばあは、僕より長時間見ているのに番組名を伝えてもピンときていなかった様子。毎日『蓬莱さんの天気予報』見てるやんか、おばあ!

  • 【お知らせ】4月10日の夕方、おばあと僕がテレビに出ます!

    おばあと僕が、なんとテレビに出ます! 2018年のサラメシ以来、テレビは約2年ぶり。今回は、読売テレビの『かんさい情報ネットten.』です! おばあも僕も、平日の夕方にいつも見ている情報番組です!日にち:4月10日、時間:18時過ぎごろ。関西にお住いの方はぜひご覧ください!

  • すき焼きって言ったのに、孫の誕生日をホタテの刺身で祝う祖母

    今晩は、きっとすき焼きだ! ここ数日、牛肉たっぷりのすき焼きが食べたいと、祖母(おばあ)に何度も訴えてきた。それにこの日は僕の誕生日。おばあはお祝いに、リクエストに応えてくれるのに違いない。ところが、晩ごはんを食べにやってくると、テーブルにすき焼きの姿はなかった。代わりにあったのは、新鮮そうなホタテの刺身だった。

  • おばあが煮物を失敗…するわけない!豚トロとタケノコの煮物

    祖母(おばあ)の家の戸を開けると、強烈にごはんが欲しくなる香りが漂ってきた。今晩のメニューは、おばあの得意な煮物?いや、普通の煮物にしては、香りは醤油と砂糖を煮詰めたようにこうばしく濃厚。まさか……すき焼き!ところがテーブルにあったのは、真っ黒に煮詰めた豚トロとタケノコの煮物だった。おばあが得意の煮物を失敗したのか!?

  • 寒い日は鍋かラーメン…じゃなくてハンバーグ!ってどういうことや、おばあ!?

    この冬一番の寒さに耐えながら、僕は祖母(おばあ)の家に向かった。こんな寒い日は、おばあの好物の鍋かラーメンに違いない!そう思って家に着き、居間に入ると、灯油ストーブの上でレトルトのハンバーグが温められていた。鍋でもラーメンでもないのか、おばあ!しかもこのハンバーグ、いつもの肉屋のやつじゃない!?なぜなんだ!?

  • 孫の好物を合体!おばあの手作り牛丼カレー

    祖母(おばあ)の家の戸を開けて、息を吸った途端、今晩のメニューがわかった。スパイシーで甘くて、とてつもなくごはんが欲しくなる香りといえば、カレーしかない!でも何だかおかしい。香りが弱いのだ。またレトルトカレーなのか!?台所に急ぎ鍋のフタを開けると、中にはなんと…!?さらにおかずには牛肉も!これはもしや…牛丼カレー!?

  • 1月1日は年越し蕎麦のダシを活用!おばあが作るシンプルお雑煮

    1月1日の夜、僕が夕飯を食べに来ると、祖母(おばあ)が珍しく、明るい声で迎えてくれた。灯油ストーブの上では、合わせダシのいい香りを放つ鍋が温められている。昨晩食べた年越し蕎麦のつゆだ。おばあはそれを持ち、台所に向かう。今晩も蕎麦なのか?ところが台所にあったのは蕎麦ではなく丸餅だった。そうだ!今晩は、お雑煮を食べる日だ!

  • 年末は紅白よりも楽しみな、おばあの手作り年越しそば

    大晦日の夜、僕は自宅を出ると、近くに住む祖母(おばあ)の家に向かう。急ぐのは寒さに耐えられないからでも、紅白歌合戦を一秒でも早く見たいからでもない。僕が待ちきれないのは、年に一度、この日だけ味わえる、おばあが作る年越しそばだ!

  • 凍り付く体も心も温める、おばあのクリスマス・ディナー

    12月24日、クリスマスイブの夜、僕は身も心も凍てつくような寒さの中、祖母(おばあ)の家に向かった。お茶漬けをすすったこともあるけど、今年はスペシャルメニューを用意していていくれ!祈るような気持ちで、ケーキを携え、おばあの家にたどり着く。するとテーブルには、鶏のもも焼きや、牡蠣の天ぷらなど豪華メニューが……

  • 寒い日におばあが作るとご馳走に!サッポロ一番味噌ラーメン

    僕が晩ごはんを食べに来ると、おばあは居間でテレビを見ていた。そして急に立ち上がり、無言で台所に向かって行く。その様子がボケて徘徊しているようで心配になり、急いで後を追う。すると台所にあったのは、サッポロ一番味噌ラーメン!コンロの鍋では湯が沸いている。おばあは僕に、出来たてのラーメンを作ってくれようとしていたのだった。

  • 揚げる焼く煮る!すべてそろった感謝のトンカツ定食

    僕の祖母(おばあ)は、揚げ物をする際、いつも大きなバットに山盛りつくる。ところが今晩は、一人ぶんのトンカツが皿に盛られている。それによく味が染みた煮物に、味の素の餃子など他のおかずも充実している。『揚げる焼く煮る』という調理方法のおかずがそろっているのだ。種類豊富な献立にするために手間ひまをかけてくれたのか、おばあ!?

  • 肉!魚!豆!おばあがつくるタンパク質メニュー!

    晩ごはんを食べに、僕は祖母(おばあ)の家にやってきた。するとテーブルには、骨付き豚肉に鯛の刺身、納豆、高野豆腐と、肉、魚、豆がそろったタンパク質たっぷりのメニューが並んでいた。このタンパク質祭りは…まさか、僕が最近、寒さを理由に運動をサボっているのを見抜いたおばあが、「ちゃんと運動せえ!」と叱咤激励しているのか!?

  • 見た目はキーマ、味は濃厚、冷凍保存の茶碗カレー

    僕の祖母、おばあは茶碗にカレーを盛ったものを、晩ごはんに出した。しかも水分が飛んで、見た目はキーマカレーのよう。3日は煮詰めないとこうはならないはずだけど、近ごろカレーは出ていない。このカレー、一体どこから…。おばあに聞くと、冷凍庫の奥で見つけたという。いつのものかわからないカレーなんて、僕の胃腸は耐えられるだろうか。

  • 颯爽とおばあが作る味噌ラーメン(阿藻珍味「備後府中味噌ラーメン」)

    僕の祖母、おばあの家の食卓には、チキンカツなど豪華なおかずが並んでいた。それに加えて今晩はラーメンもあるという。「つくってこい」と言われて台所に行くと、そこにあったのは、阿藻珍味の備中府中味噌ラーメン!あもちんは尾道ラーメンがおいしかったし、味噌ラーメンも期待が持てる。ところが僕が作ろうとすると、おばあが颯爽と現れて…

  • 「肉入ってないやんか、おばあ!」“肉なし”すき焼きで満足の理由

    僕の祖母、おばあの家に晩ごはんを食べにやってくると、食欲をそそる醤油と砂糖の甘辛い香りがする。そしてこの平べったい鉄鍋といえば、僕の好きなあれしかない!フタを開けると、思った通り中身はすき焼きだ!だけど、メインの具材である牛肉がほとんど残っていない。おばあが食べたのか?そうだとしても、僕には文句を言えない理由があった。

  • おばあの手作りハンバーグの秘密

    僕の祖母、おばあの家でハンバーグといえば、商店街の肉屋で買ってきたものと決まっている。だけど今晩のハンバーグはいつもと様子が違う。形がふっくらとして色もよく、とても美味しそうだ。まさか…おばあが手作りしてくれたのか!?期待を胸におばあに尋ねると、意外な答えが返ってきた。美味しいハンバーグを作った秘訣とは!?

  • やっぱりカレーは家庭の味!どんな具材を入れるより愛情が決め手、おばあの特製カレー

    僕の祖母、おばあはカレーが得意料理だったのに、近ごろはレトルトカレーで済ませるようになった。大鍋でカレーをつくるのは、高齢の体にこたえるのはわかるけど…やっぱりあの味が恋しいと残念がっていると、なんとこの日おばあがカレーをつくった。そして僕はカレーにハムや刺身をトッピングするが、一番大事なのは愛情だと気がついた。

  • 「たまご醤油たれ」納豆に、生たまごを追加すると…こうなる!

    僕の祖母、おばあはこの日の夕飯に、生たまごを用意していた。その食べ方は、納豆に加えること以外になさそうだ。だけどこの納豆はミツカンの金のつぶ、たれたっぷり!「たまご醤油たれ」。「タレだけで、たまごかけ納豆ごはん!」とテレビCMでやっているくらいなのに、あえてたまごを入れるのか?でも、そうするしかなさそうだ…

  • おばあが失敗から学んだ、牛肉を焦がさずおいしく焼く方法

    僕の祖母(おばあ)は、先日の夕飯に、真っ黒に焦げた牛肉を出した。おばあは高齢だし、これから今まで以上にとんでもない料理が出てくるかもしれない。そう覚悟しておばあの家に向かうと、テーブルには見事な焼き加減で調理した牛肉があった。失敗は成功のもととばかりに、おばあが身に付けたたおいしい肉の焼き方とは…

  • 焦げた肉のおいしい食べ方発見!?カギは名物「みむろ」もなか?

    何なんだ、この黒く、いびつな塊は!?放つにおいは香ばしさを通り越して焦げ臭く、テカテカと輝くのは、脂…もしかしてこれ、肉なのか?見た目は焦げているけど、僕の祖母(おばあ)がまずいものを出すはずがない。そう望みをかけて食べてみると…とにかく苦かった。そこでおばあが出してきたのが、奈良の名物「みむろ」最中(もなか)だった。

カテゴリー一覧
商用