住所
出身
ハンドル名
jijiさん
ブログタイトル
サッカーコラム J3 Plus+
ブログURL
http://llabtooflatot.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーします。
自由文
-
更新頻度(1年)

866回 / 229日(平均26.5回/週)

ブログ村参加:2010/03/28

jijiさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(IN) 22,743位 18,372位 18,396位 17,328位 16,271位 14,205位 13,471位 964,646サイト
INポイント 10 20 20 0 0 0 20 70/週
OUTポイント 730 530 900 920 590 620 820 5,110/週
PVポイント 32,530 35,330 37,530 44,040 28,980 27,650 40,140 246,200/週
サッカーブログ 172位 137位 140位 129位 116位 98位 96位 9,169サイト
川崎フロンターレ 8位 7位 7位 6位 6位 5位 5位 271サイト
セレッソ大阪 3位 3位 3位 3位 2位 1位 1位 83サイト
名古屋グランパス 6位 6位 6位 6位 6位 4位 4位 122サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 2,725位 2,524位 2,266位 2,305位 2,333位 2,271位 1,990位 964,646サイト
INポイント 10 20 20 0 0 0 20 70/週
OUTポイント 730 530 900 920 590 620 820 5,110/週
PVポイント 32,530 35,330 37,530 44,040 28,980 27,650 40,140 246,200/週
サッカーブログ 50位 40位 35位 36位 36位 33位 31位 9,169サイト
川崎フロンターレ 5位 6位 6位 5位 5位 6位 5位 271サイト
セレッソ大阪 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 83サイト
名古屋グランパス 6位 6位 6位 6位 5位 4位 3位 122サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(PV) 122位 122位 119位 120位 126位 126位 122位 964,646サイト
INポイント 10 20 20 0 0 0 20 70/週
OUTポイント 730 530 900 920 590 620 820 5,110/週
PVポイント 32,530 35,330 37,530 44,040 28,980 27,650 40,140 246,200/週
サッカーブログ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 9,169サイト
川崎フロンターレ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 271サイト
セレッソ大阪 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 83サイト
名古屋グランパス 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 122サイト

jijiさんのブログ記事

  • 【セレッソ大阪×ジュビロ磐田】 サプライズと言えるFWブルーノ・メンデスの活躍

    ■ J1の第16節J1の第16節。6勝7敗2分けで勝ち点「20」。10位のセレッソ大阪はホームのヤンマースタジアム長居でジュビロ磐田と対戦した。磐田は3勝7敗5分けで勝ち点「14」。16位と入替戦圏内に位置する。ロティーナ監督を招聘したC大阪はやや出遅れたがここ6試合は4勝2敗。12節はG大阪、15節は鹿島にアウェイで敗れたが順調に勝ち点を積み上げている。磐田は3試合勝ちなし中。残留争いの真っ只中にいる。ホームのC大阪は「4-2-2-2...

  • 【Jリーグ】 「ジュビロ磐田を応援してくださるすべての皆様へ」への違和感

    ■ 17位と降格圏に転落昨シーズンはJ1で16位に終わって東京Vとの参入決定戦に回ったジュビロ磐田だったがホームでロティーナ監督率いる東京Vに2対0で勝利。辛うじてJ1残留を達成した。2018年の開幕前は上位候補と言われながら16位に終わったことでサポーターの大きく裏切ったので「監督交代の可能性は高い。」と思われていたが名波監督は驚きの続投。今シーズンも名波監督がチームを率いているが開幕から低迷した。16節を終えた時...

  • 【流通経済大柏×青森山田】 「高校ビッグ3」の1人・浦和レッズ内定のFW武田英寿

    ■ プレミアリーグの開幕戦「高校年代の真の日本一を決める大会」と言われるプレミアリーグが開幕。EASTはAGFフィールドでの集中開催となったが2日目の4月7日(日)の第2試合で流通経済大柏高と青森山田高の対戦が実現した。冬に行われた選手権の決勝と同じカードになった。もちろん、当時の3年生は卒業をしてメンバーは大きく変更になっているが今年度も日本の高校サッカー界を引っ張っているだろう両雄の激突となった。流通経済大...

  • 【2020年の東京五輪】 オーバーエイジで選出される3人を予想してみた。 (後編)

    ■ フォワードの軸になりえるFW大迫五輪代表のフォワードはFW上田(法政大)が国際大会でゴールを量産している。2018年の秋に行われたアジア大会のときも銀メダル獲得にも大きく貢献した大学生ストライカーが軸になっており、スピードスターのFW前田大(松本山雅)もコンスタントに結果を残している。ともにコパ・アメリカのメンバーにも選出されている期待のストライカーになるが「五輪という世界大会でどこまでやれるのか?」は未知...

  • 【女子W杯:日本×オランダ】 納得しがたいPK判定。悲劇的な結末でベスト8入りはならず・・・。

    ■ 新興勢力と言えるオランダフランスで開催されている女子W杯は決勝Tに突入した。1勝1敗1分けで2位通過を果たしたなでしこジャパンはE組を3連勝で突破したオランダと対戦した。オランダのFIFAランキングは8位となるが2018年の2月28日に行われたアルガルベカップのときは2対6で日本はオランダに大敗した。苦手意識のある相手との試合になった。この試合で勝利したチームは準々決勝でイタリアと対戦することが確定している。日本は...

  • 【コパ・アメリカ:日本×エクアドル】 「決定力不足」を敗退の理由にしてはいけない。

    ■ 「Must winの試合」コパ・アメリカのGLの3戦目。初戦でチリに0対4で大敗した後、2戦目のウルグアイ戦は2対2のドロー。FIFAランキングが8位のウルグアイを相手に健闘した日本は3戦目でエクアドルと対戦した。エクアドルはここまで2連敗。勝ち点「0」にとどまっているが、日本も、エクアドルも、「この試合で勝利したらGL突破」が確定する。どちらにとっても「Must winの試合」。引き分けの場合はともにGL敗退となる。日本は「4-2...

  • 【コパ・アメリカ】 日本 vs エクアドル 採点&寸評 (2019年6月25日)

    GK 川島永嗣 (ストラスブール) 5.5→ 2試合連続スタメン出場。好セーブを見せる場面もあったが前半23分にはフィードのミスから相手に決定機を許すなどフィードの部分での安定感を欠いた。前半34分の失点シーンは最初のシュートは何とか止めたがこぼれ球には対応できず。精いっぱいのプレーだったのでGK川島を責めることはできない。後半はカウンターから何度かピンチを招いたがしっかりと対応。キャッチングやセービングは安定し...

  • 【投票:コパ・アメリカ】 日本 vs エクアドルで「出来が良かった。」と思う選手は? (2019年6月25日)

    ★ 現在の投票数 → 136票   → 最大で8人まで選択して投票することができます。   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)関連エントリー  2019/05/12  【日本代表】 「コパ・アメリカの地上波・BSの放送なし」は悪い話ではない。 2019/05/13  【未招集選手のみ】 日本代表に招集したら面白いのでは?と思うJリーガー (20名) (上) 2019/05/13  【未招集選手のみ】 日本代表に招集したら...

  • 【2020年の東京五輪】 オーバーエイジで選出される3人を予想してみた。 (前編)

    ■ Must winの試合約20年ぶりにコパ・アメリカに出場している日本代表は6月25日(火)にGLの3戦目のエクアドル戦が控えている。ここまで0勝1敗1分けの日本は「勝てば勝ち点「4」となってGL突破」が確定する。準々決勝の相手はブラジルになるが引き分け以下に終わった場合はGL敗退となるので「Must winの試合」になる。エクアドルも同様に勝たないといけない試合なので「分かりやすい状況」。生きるか死ぬかの大一番になる。今回のコ...

  • 【J1】 名古屋グランパスの補強ポイントについて考える。(2019年夏の移籍市場)

    名古屋グランパス→ 昨シーズンは好不調の波の激しいシーズンになったが何とか15位に滑り込んで「J1残留」を果たした名古屋はDF丸山やDF中谷進やMF前田直などを獲得した昨夏に続いて昨オフも大型補強を敢行した。MFマテウス、DF吉田豊、MF伊藤洋、MF米本などを獲得して戦力アップに成功。前評判は高かったが開幕から好調。15節を終えた時点では7勝4敗4分けで勝ち点「25」。上位争いに参加している。DF吉田豊やMF米本といった守備力...

  • 【レノファ山口×FC岐阜】 北野誠監督の初陣は大敗。現実味を帯びてきた初のJ3降格。

    ■ J2の第19節J2の第19節。4勝9敗5分けで勝ち点「17」。19位と残留争いに巻き込まれているレノファ山口はホームの維新みらいふスタジアムでFC岐阜と対戦した。FC岐阜は3勝12敗3分けで勝ち点「12」。最下位に沈んでいる。18節を終えた時点で18位の鹿児島、19位の山口、20位の栃木SC、21位の福岡が勝ち点「17」を挙げており、22位のFC岐阜との差は「5」。今シーズンのJ2の残留争いの行方を左右する大一番になった。ホームの山口は「3...

  • 【J2】 首位ターンのチームの昇格確率は○○%、7位以下で折り返したチームの昇格確率はわずか○○%。

    ■ 折り返し地点まであと2節J2は19節が終了した。折り返し地点まであと2試合となったが11勝2敗6分けで勝ち点「39」のモンテディオ山形が頭半分ほど抜け出す形になっている。2位の大宮との差は「4」、5位の水戸との差は「5」。首位で折り返し地点を迎える可能性は高い。22チーム制になった2012年以降で山形が首位で折り返し地点を迎えたのは2012年の1回のみ。ただし、このときは後半戦に大失速して最終的には10位に終わっている。当...

  • 【日本代表】 不快に感じるベネズエラ代表の監督の日本代表への批判

    ■ 20年ぶりのコパ・アメリカ1999年以来なので20年ぶりにコパ・アメリカに出場に出場している日本代表は五輪世代中心のメンバー構成だったが初戦は2連覇中のチリに0対4で大敗した。決定機を生かせずに大量失点で敗れたが2戦目はFIFAランキングが8位のウルグアイを相手にドロー。MF三好(横浜FM)が2ゴールを挙げる大活躍を見せて勝ち点「1」をゲットした。FWスアレス&FWカバー二の2トップが中心のウルグアイを大いに苦しめた。3戦目...

  • 【日本代表】 「ウルグアイ戦の判定」と「VARシステム」について感じること

    ■ ウルグアイ寄りの判定だった?コパ・アメリカに出場している日本代表は0勝1敗1分け。勝ち点「1」を獲得している。2連勝のチリは勝ち点「6」。GL突破を決めており、1勝1分けで勝ち点「4」のウルグアイが2位、0勝1敗1分けの日本が3位、2連敗のエクアドルが4位となる。GLの3戦目のカードはチリ vs ウルグアイ、日本 vs エクアドルとなるが、決勝T進出のためには日本もエクアドルも勝たないといけない試合になる。激しい試合になる...

  • #2264 町田×岡山、山口×FC岐阜、金沢×新潟、流通経済大柏×青森山田 (2019/6/24)

    【J2:第19節】 町田ゼルビア vs ファジアーノ岡山 (町田市立陸上競技場)→ 16位の町田と8位の岡山の試合は開始早々の前半6分に右サイドでフリーになったMF久保田のグラウンダーのクロスからFWイ・ヨンジェが合わせて岡山が先制に成功する。1対0で迎えた後半31分に途中出場したMF岡田優が右サイドを突破するとMF土居柊がシュート。クリーンヒットはしなかったがポストに当たって跳ね返ったボールがキーパーのGK一森の体に当たって...

  • #2263 日本×ウルグアイ、日本×イングランド、柏×千葉、徳島×福岡 (2019/6/23)

    【コパ・アメリカ:2節】 日本 vs ウルグアイ→ コパ・アメリカの2試合目。日本とウルグアイの試合は前半25分にMF三好の代表初ゴールで日本が先制に成功する。前半32分にFWスアレスのPKで同点に追いつかれたが後半14分にこぼれ球をMF三好が押し込んで勝ち越しに成功する。2度リードを奪った日本だったが後半21分にCKからDFヒメネスにヘディングシュートを決められて失点。金星獲得は逃したがFIFAランキング8位を相手に五輪世代中心...

  • #2262 【NBA】 日本人選手としては史上2人目のドラフト指名となった八村塁 (2019/6/22)

    ■ 日本人としては史上2人目アメリカ・プロバスケットボール・リーグ(NBA)のドラフト会議は6月20日(木)に開催された。注目が集まったゴンザガ大の八村塁はワシントン・ウイザーズに1巡目の9位で指名された。日本人選手がNBAのドラフトで指名をされるのは1981年のドラフト会議で8巡目171位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名された岡山恭崇さん以来で史上2人目となる。日本代表のセンターとして活躍した岡山恭崇さんは230セ...

  • #2261 【J2】 FC岐阜の大木監督の交代について (2019/6/21)

    ■ ついに監督交代を決断大木監督になって3年目となるFC岐阜はオフにFW前田遼、MFフレデリック、MF富樫など有力選手をたくさん獲得した。J3の鳥取で大成長したDF甲斐も戻って来たので「ダークホース候補の1つ」に挙げられていたが18節を終えた時点で3勝12敗3分けで勝ち点「12」と低迷。6月18日(火)に大木監督の退任ならびに北野監督の就任が発表された。19節の山口戦(A)から北野監督がチームを指揮することになるがいきなり残留争...

  • 【J2】 9年ぶりのダービー(柏レイソル vs ジェフ千葉)で気になったこと

    ■ リーグ戦では9年ぶりのダービーJ2の19節は6月22日(土)と6月23日(日)に行われるが、大きな注目が集まった柏 vs 千葉の「千葉ダービー」は2対0でホームの柏が勝利した。前半25分にMFクリスティアーノのゴールで先制に成功すると前半40分にはFW瀬川祐が決めて追加点を奪った。FW瀬川祐はようやくの今シーズン2ゴール目。2節の町田戦(H)以来なので久しぶりのゴールとなった。1ゴール1アシストのFW瀬川祐の活躍もあって柏が完勝した...

  • 【J1】 大分トリニータの補強ポイントについて考える。(2019年夏の移籍市場)

    大分トリニータ→ 2013年以来のJ1復帰を果たした大分は「降格候補の1つ」に挙げられていたが開幕戦で鹿島をアウェイで下すなど快進撃を見せている。15節を終えた時点で7勝4敗4分けで勝ち点「25」。6位というのは十分すぎるほどの成績になる。「J1残留」というのが今シーズンの最大の目標だったが15試合で勝ち点「25」というのは上出来である。J1の18クラブの中で「最大のサプライズチームは大分」と言えるだろう。エースのFW藤本憲...

  • 【J1】 サンフレッチェ広島の補強ポイントについて考える。(2019年夏の移籍市場)

    サンフレッチェ広島→ 2018年は秋以降に大失速して優勝を逃した広島は今シーズンも開幕ダッシュに成功した。3節から5連勝を達成するなど開幕から7試合負けなしと突っ走った。苦手にしているACLも順調に勝ち点を積み上げて2度目となるGL突破を達成したが、やはり、ACLとリーグ戦を並行して戦う日程的なハンディは大きくて8節からまさかの5連敗を喫した。5連勝した後、5連敗を喫したので、貯金はなくなった。ただ、13節の浦和戦(A)は...

  • 【J1】 サガン鳥栖は「トーレス効果」でどのくらい観客動員数が増えたのか?

    ■ 2019年の年俸は8億1,500万円昨夏、鳥栖に加入したFWフェルナンド・トーレスだったが、2018年は17試合で3ゴールのみ。今シーズンは11試合でノーゴールと結果を出せなかった。J1では28試合で3ゴールのみ。ルヴァン杯では2試合で1ゴール。合計すると30試合で4ゴールと寂しい数字になるが退団や移籍の噂も流れる中、今シーズン限りで現役を引退することを発表した。1984年生まれなので35才という年齢でピッチを去ることが確定した。...

  • 【コパ・アメリカ:日本×ウルグアイ】 大健闘のドロー。輝いたのはMF三好康児(横浜Fマリノス)。

    ■ GLの2戦目コパ・アメリカのGLの2戦目。初戦はチリと対戦してたくさんのチャンスを作りながら0対4の大敗を喫した日本代表は2戦目でウルグアイと対戦した。ウルグアイは初戦でエクアドルと対戦したがこちらも4対0と大勝している。日本の入ったC組はウルグアイとチリが勝ち点「3」、日本とエクアドルが勝ち点「0」からのスタートになった。日本は決勝T進出を果たすためには少なくとも勝ち点「1」を獲得したい試合になる。日本は「4...

  • 【J1】 松本山雅の補強ポイントについて考える。(2019年夏の移籍市場)

    松本山雅→ 2015年以来で2度目のJ1昇格を果たした松本山雅は15節を終えた時点で4勝7敗4分けで勝ち点「16」。 14位に位置する。降格圏に位置するチームとの勝ち点差はわずかなので残留争いに巻き込まれているが『15試合で勝ち点「16」』という勝ち点ペースは決して悪くない。開幕前の評価は低くてほとんどの人が「降格候補の1つ」に挙げていたことを考えると2度目となるJ1の舞台で奮闘していると言える。15試合で18失点なので守備陣...

  • 【コパ・アメリカ】 日本 vs ウルグアイ 採点&寸評

    GK 川島永嗣 (ストラスブール) 7.5→ 代表でプレーするのはロシアW杯の本大会以来になるが健在ぶりを示した。2失点を喫したが1つはPK、1つはセットプレー。キーパーにとってはどうすることもできないシュートだった。相手のウルグアイは他にもたくさんのシュートを放ったが後半10分のFWカバー二のシュートや後半17分のFWスアレスのシュートはビッグセーブで防いだ。不用意なミスもなくて90分を通して安定したプレーを見せた。DF ...

  • 【投票:コパ・アメリカ】 日本 vs ウルグアイで「出来が良かった。」と思う選手は? (2019年6月21日)

    ★ 現在の投票数 → 157票   → 最大で8人まで選択して投票することができます。   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)関連エントリー  2019/05/12  【日本代表】 「コパ・アメリカの地上波・BSの放送なし」は悪い話ではない。 2019/05/13  【未招集選手のみ】 日本代表に招集したら面白いのでは?と思うJリーガー (20名) (上) 2019/05/13  【未招集選手のみ】 日本代表に招集したら...

  • 【J1】 サガン鳥栖の補強ポイントについて考える。(2019年夏の移籍市場)

    サガン鳥栖→ スペイン出身のカレーラス監督を招聘して再スタートを切った鳥栖だったが開幕から3連敗。最悪のスタートを切った。4節の磐田戦(H)は新加入のMFクエンカが後半47分に劇劇な決勝ゴールを決めてようやくの初勝利を手にしたがカレーラス体制で挙げたゴールならびに勝利はともに「1つ」のみ。9節を終えた時点で1勝7敗1分けで勝ち点「4」。9試合で1ゴールのみとなると監督交代を決断せざる得ない。10節からは金明輝監督が指...

  • 【女子W杯:日本×イングランド】 穴になってしまうDF市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)

    ■ 勝てば首位通過フランスで開催されている女子W杯のGLの3戦目。1勝1分けで勝ち点「4」の日本は3戦目でイングランドと対戦した。イングランドは2連勝で勝ち点「6」。イングランドは「引き分け以上」で首位通過が確定する。日本は敗れて3位に転落したとしても「各組で3位になった6チームの中で成績上位の4チーム」には入れることが確定済み。すでに決勝T進出は確定している。勝てば首位通過、引き分けだと2位通過となる。日本は「4...

  • 【U-16:日本×メキシコ】 珍しいレノファ山口の下部組織でプレーする年代別代表選手のFW河野孝汰

    ■ 勝ち点「1」を獲得できれば優勝毎年恒例のU-16インターナショナルドリームカップ2019の最終日。初戦はルーマニアに苦しみながらPK勝ち。勝ち点「2」を獲得した山橋JAPANは2戦目はナイジェリアに4対1で大勝。FW勝島(京都U-18)がハットトリックを達成する大活躍を見せた。ここまで1勝1PK勝ち。勝ち点「5」を稼いでいる日本は3戦目でメキシコと対戦した。メキシコ戦で勝ち点「1」を獲得できると2大会ぶりで3度目の優勝が決定する。...

  • 【J1】 湘南ベルマーレの補強ポイントについて考える。(2019年夏の移籍市場)

    湘南ベルマーレ→ 曹貴裁監督になって8年目の湘南は5勝8敗2分けで勝ち点「17」を稼いでいる。開幕5試合は3勝2敗とまずまず。その後も順調に勝ち点を積み上げたがインパクトが大きかったのは12節の浦和戦(A)になる。「世紀の大誤審」と言われているゴール見逃しという不運に見舞われながらアウェイで浦和を相手に0対2から逆転勝利を飾った。今シーズンのJリーグの試合の中では最も劇的な試合になったと言える。奇跡的な逆転劇で勝ち...

現在の順位 :22,743
close