searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

jijiさんのプロフィール

住所
米原市
出身
米原市

自由文未設定

ブログタイトル
サッカーコラム J3 Plus+
ブログURL
https://llabtooflatot.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーします。
更新頻度(1年)

1087回 / 365日(平均20.8回/週)

ブログ村参加:2010/03/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、jijiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
jijiさん
ブログタイトル
サッカーコラム J3 Plus+
更新頻度
1087回 / 365日(平均20.8回/週)
読者になる
サッカーコラム J3 Plus+

jijiさんの新着記事

1件〜30件

  • 【J2】 「今年、面白いサッカーをしているチーム」はどこだろうか? (前編)

    ■ 早くも4節が終了した。J2は早くも4節が終了した。2節と3節は無観客試合。4節からお客さんを入れて試合を開催できるようになったがデンカビッグスワンスタジアムで行われた4節の新潟 vs 松本山雅の入場者数が3,567人。J2の4節の全11試合の中では最多の入場者数となった。最少は群馬 vs 町田の1,065人。11試合の平均は2,322人だった。1節(=開幕節)の平均観客動員数は9,754人だったことを考えると大きな差があると言わざる得ない。...

  • 【FC東京×川崎F】 止まらないFWレアンドロ・ダミアン。1ゴール3アシストの大活躍。

    ■ J1の第3節J1の第3節。開幕2連勝スタートのFC東京はホームの味の素スタジアムで川崎フロンターレと対戦した。開幕2連勝スタートは広島・FC東京・C大阪の3チームのみとなる。1勝1分けの川崎Fとの試合は「多摩川クラシコ」と呼ばれているが通算すると35回目になる。2019年に味の素スタジアムで行われた多摩川クラシコは3対0でアウェイの川崎Fが勝利している。J1の上位候補同士の注目の好カードになる。ホームのFC東京は「4-2-3-1」...

  • 【柏×横浜FC】 飛び級での五輪代表入りもあり得るFW斉藤光毅

    ■ J1の第3節J1の第3節。1勝1敗の柏レイソルはホームの三協フロンテア柏スタジアムで横浜FCと対戦した。どちらもJ2からの昇格組になるが昨シーズンは11節の柏ホームの試合はスコアレスドロー、35節のニッパツ三ツ沢球技場での試合は後半46分にMF草野が劇的な決勝ゴールを決めて1対0で横浜FCが勝利している。横浜FCの下平監督は2016年の途中から2018年の途中まで横浜FCを率いた。古巣対決になる。ホームの柏は「4-1-3-2」。GKキム・...

  • 【G大阪×C大阪】 2003年以来のアウェイ勝利。立役者は1ゴール1アシストのDF丸橋祐介。

    ■ J1がついに再開新型コロナの影響で中断していたJ1が7月4日(土)についに再開した。2月に行われたJ1の開幕戦はアウェイで横浜FMと対戦して2対1で勝利。好スタートを切ったガンバ大阪はホームのパナソニックスタジアム吹田で宿敵のセレッソ大阪と対戦した。C大阪は開幕戦はホームで大分と対戦して1対0で勝利している。大阪ダービーの過去の対戦成績はG大阪が23勝、C大阪が10勝、引き分けは5つ。G大阪が圧倒している。ホームのG大阪...

  • 【長崎×愛媛FC】 開幕4連勝。絶対的な切り札になっているFWイバルボ。

    ■ J2の第4節J2の第4節。開幕3連勝と好スタートを切った長崎はホームのトランスコスモススタジアム長崎で愛媛FCと対戦した。J2は3節を終えた時点で大宮と長崎が3戦全勝。勝ち点「9」を獲得している。愛媛FCは開幕戦こそ松本山雅に敗れたが2節と3節は勝利。再開後の2試合で連勝スタートを切ったのは大宮と長崎と愛媛FCの3チームのみ。好調なチーム同士の直接対決となった。2勝1敗の愛媛FCは3位に位置する。ホームの長崎は「4-2-3-1...

  • 【浦和×横浜FM】 大きな戦力になりそうなU-23豪州代表のDFトーマス・デン

    ■ J1のがいよいよ再開新型コロナの影響で中断していたJ1が7月4日(土)についに再開した。「3年計画」でチームを立て直すことを決断した浦和レッズはホームの埼玉スタジアム2002でJ1王者の横浜FMと対戦した。浦和は開幕戦はアウェイで湘南と対戦して3対2の逆転勝利を飾った。横浜FMは同じくホームでG大阪と対戦したがミス絡みで2失点。後半にMFマルコス・ジュニオールのゴールで1点を返したが黒星スタートとなった。ホームの浦和は...

  • 【FC琉球×徳島】 新・10番のMF渡井理己が2ゴールの大活躍。

    ■ J2の第4節J2の第4節。0勝2敗1分けでまだ未勝利のFC琉球はホームのタピック県総ひやごんスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦した。徳島は1勝1敗1分け。開幕戦はホームで東京Vに3対0で大勝したが2節の四国ダービーは3対0とリードしながら後半に4ゴールを食らって歴史的な大逆転負けを喫した。3節の京都戦(H)は1対1の引き分け。どちらも再開後はまだ勝利を手にしていない。ともに再開後の初勝利を目指す。ホームのFC琉球は「4-2-3-...

  • 【大宮×東京V】 開幕4連勝。ボランチで輝く大卒2年目のレフティのMF小野雅史。

    ■ J2の第4節J2の第4節。開幕3連勝スタートと好発進した大宮アルディージャはホームのNACK5スタジアムで東京ヴェルディと対戦した。Jリーグは今節からお客さんを入れて試合を開催できるようになったがNACK5スタジアムに集まったのは2,271人。「5,000人まで」というのが目安になるが半分以下の入りになった。東京Vはここまで0勝1敗2分け。開幕戦を落とした後、2節と3節はいずれも1対1のドローに終わった。ホームの大宮は「3-4-2-1」...

  • 【京都×福岡】 20歳の新守護神のGK若原智哉。好セーブ連発。

    ■ J2の第4節J2の第4節。1勝1敗1分けで8位の京都サンガはホームの「サンガスタジアム by Kyocera」でアビスパ福岡と対戦した。福岡も同じく1勝1敗1分け。11位に位置する。どちらもJ2の上位候補に挙げられているので「注目の上位候補対決」となったがようやくJリーグはお客さんを入れて試合を開催できるようになった。「サンガスタジアム by Kyocera」でお客さんを入れてリーグ戦が開催されるのはこれが初めてになる。ホームの京都...

  • 【磐田×山口】 ついに目覚めたFWルキアン。2ゴールの大活躍。

    ■ J2の第4節J2の第4節。「1年でのJ1復帰」を目指すジュビロ磐田はホームのヤマハスタジアムでレノファ山口と対戦した。どちらもここまで1勝1敗1分け。開幕戦はホームで勝利したが再開後の2試合は0勝1敗1分けとなる。磐田は11位、山口は14位。3節を終えた時点で大宮と長崎が3連勝。勝ち点「9」を獲得しているので「5差」となった。長丁場のリーグ戦とは言ってもこれ以上離されると厳しくなるのは言うまでもない。ホームの磐田は「4...

  • 【新潟×松本山雅】 名誉挽回!!!19歳のGK藤田和輝が勝利に大貢献!!!

    ■ J2の第4節J2の第4節。1勝1敗1分けで8位のアルビレックス新潟はホームのデンカビッグスワンスタジアムで松本山雅と対戦した。松本山雅ここまで1勝2分け。5位に位置する。今節からJリーグは「5,000人まで」という条件の中でお客さんを入れて試合を開催できるようになったがスタジアムに集まったのは3,567人だった。ともに熱狂的なサポーターを抱えているが残念ながらまだアウェイサポーターは来場することが出来ない。ホームの新...

  • 【Y.S.C.C.横浜×富山】 奇跡の大逆転劇の立役者はストライカーのFW武颯

    ■ J3の第2節J3の第2節。シュタルフ悠紀リヒャルト監督になって2年目のY.S.C.C.横浜はホームのニッパツ三ツ沢球技場でカターレ富山と対戦した。オフにFW浅川、FW進昂平、MF奥田晃、DF河野諒などが流出したY.S.C.C.横浜は若手をたくさん獲得して1桁順位を目指すシーズンになる。一方の富山は安達監督になって3年目。各ポジションにJ3屈指のタレントを揃えており、「J3の優勝候補の筆頭」に挙げられている。ホームのY.S.C.C.横浜は「...

  • 【湘南×仙台】 堂々のデビューを果たした18才のGK小畑裕馬

    ■ J1がいよいよ再開新型コロナの影響で中断していたJ1が7月4日(土)についに再開した。昨シーズンは参入決定戦に回って徳島と1対1のドロー。何とかJ1残留を果たした湘南ベルマーレはホームのShonan BMWスタジアム平塚でベガルタ仙台と対戦した。湘南は開幕戦はホームで浦和と対戦したが2対3で逆転負けを喫した。仙台はホームで名古屋と開幕戦を戦ったが先制した後に追いつかれて1対1のドローに終わった。ホームの湘南は「3-1-4-2...

  • 【神戸×広島】 日本代表入りもあり得るボランチのMF川辺駿

    ■ J1がいよいよ再開した。新型コロナの影響で中断していたJ1が7月4日(土)についに再開した。元日に行われた天皇杯の決勝で鹿島を下して初タイトルを獲得したヴィッセル神戸はホームのノエビアスタジアムでサンフレッチェ広島と対戦した。神戸はゼロックスを制して、ACLも好スタートを切ったが、J1の開幕戦はホームで横浜FCと対戦して1対1のドローに終わった。一方の広島は開幕戦はホームで鹿島と対戦して3対0の大勝。首位発進と...

  • 【北九州×FC琉球】 ブレイク必至!?21歳のMF高橋大悟が3アシストの大活躍。

    ■ J2の第3節J2の第3節。2016年以来のJ2復帰を果たしたギラヴァンツ北九州はホームのミクニワールドスタジアムでFC琉球と対戦した。北九州は久しぶりのJ2の舞台となるが開幕2連敗スタート。まだ勝ち点を獲得できていない。一方、昇格2年目となるFC琉球は2試合を終えて0勝1敗1分け。2節はホームで上位候補の福岡と対戦して1対1の引き分けだった。両チームがJリーグの舞台で対戦するのは2018年以来になる。ホームの北九州は「4-2-2-2...

  • 【J2】 早くも3節が終了。「良さげなチーム」はどこだろうか? (前編)

    ■ 開幕3連勝を果たしたのは大宮と長崎J2は早くも3節が終了したが4節・5節・6節が3連戦になる。今年のJ2は平日開催がたくさん組まれているが「今シーズン初の3連戦」になる。3連戦が終了すると早くもシーズンの1/7が終了することになるが3節を終えた時点で3戦全勝なのは大宮と長崎の2チームのみとなった。過去を振り返ると2014年は湘南、2016年はC大阪と熊本、2018年は山口と岡山、2019年はFC琉球と水戸と柏が開幕3連勝を達成して...

  • 【鳥取×FC岐阜】 「J3の中ではスペシャルな選手」と言えるFW川西翔太

    ■ J3の第2節J3の第2節。ガイナーレ鳥取はホームの「Axisバードスタジアム」でFC岐阜と対戦した。昨シーズンまでは「とりぎんバードスタジアム」という名称だったが2020年4月1日(水)から名称が変更になった。「5年間契約で総額は2,500万円」と報道されている。2013年以来のJ2復帰を目指す鳥取は開幕戦はアウェイでC大阪U-23と対戦したが高卒ルーキーのFW田口裕が後半43分に劇的な決勝ゴールを決めている。ホームの鳥取は「3-4-2-1...

  • 【新潟×金沢】 大乱戦を制したのは・・・。FWルカオが2ゴールの大活躍。

    ■ J2の第3節J2の第3節。1勝1分けのアルビレックス新潟はホームのデンカビッグスワンスタジアムでツエーゲン金沢と対戦した。新潟は開幕戦はアウェイで群馬と対戦して3対0で大勝したが再開初戦のアウェイの甲府戦は終盤に追いつかれて3対3の引き分けに終わった。柳下監督になって4年目となる金沢は開幕戦はアウェイで岡山と対戦して0対1で敗れた。2節はホームで天敵の松本山雅と対戦してスコアレスドローだった。ホームの新潟は「4...

  • 【栃木SC×東京V】 異次元のスピードを持つ大卒ルーキーのMF山下諒也

    ■ J2の第3節J2の第3節。開幕2連敗スタートとなった栃木SCはホームの栃木県グリーンスタジアムで東京ヴェルディと対戦した。「カンセキスタジアムとちぎ」が完成したので今シーズンの栃木SCは2つのスタジアムを併用する予定だったがこの日は栃木県グリーンスタジアムでの開催になる。5月6日(水)に行われる14節の大宮戦(H)が新スタジアムのこけら落としの予定だったが残念ながら新型コロナの影響で延期になった。ホームの栃木SCは「...

  • 【山口×愛媛FC】 台風の目になりつつある新生・愛媛FC

    ■ J2の第3節J2の第3節。1勝1分けのレノファ山口はホームの維新みらいふスタジアムで愛媛FCと対戦した。山口は2月に行われた開幕戦は京都に1対0で勝利した。2節はアウェイで岡山と対戦して一時は2対0とリードを奪ったが、その後、連続で失点して2対2のドローに終わった。一方の愛媛FCは2節の四国ダービーで「0対3から4ゴールを奪って勝利する。」という離れ業を演じた。宿敵相手にクラブ史に残る大逆転勝利を飾った。ホームの山口...

  • 【水戸×千葉】 3対0の大勝。今年のジェフには期待できるのか!?

    ■ J2の第3節J2の第3節。水戸ホーリーホックはホームのケーズデンキスタジアムでジェフ千葉と対戦した。水戸は開幕戦はホームで大宮に1対2で敗れたが2節の「北関東ダービー」はアウェイで群馬に3対1で勝利した。一方の千葉は開幕戦はホームでFC琉球に1対0で勝利したが2節はアウェイで大宮に0対1で敗れて初黒星を喫した。どちらも2試合を終えて1勝1敗となる。元・ジェフ市原の秋葉監督は古巣との対決になる。ホームの水戸は「4-2-2-...

  • 【福岡×長崎】 劇的な2ゴール!!!得点量産の期待がかかるFW富樫敬真

    ■ 注目の上位候補対決J2の第3節。2016年以来のJ1復帰を目指すアビスパ福岡はホームのベスト電器スタジアムでV・ファーレン長崎と対戦した。同スタジアムは2008年以降は「レベルファイブスタジアム」という名前だったが今年の3月1日(日)から「ベスト電器スタジアム」という名称に変更となった。福岡はここまで1勝1分け、長崎は開幕2連勝となる。開幕2連勝を達成したのは22クラブの中では大宮と長崎の2チームのみとなる。ホームの福...

  • 【徳島×京都】 キレキレのドリブルは誰にも止められないMF荒木大吾

    ■ J2の第3節J2の第3節。「昇格候補」に挙げられる徳島ヴォルティスと京都サンガが鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで対戦した。2節の四国ダービーで3対0とリードしながら後半に4ゴールを食らって歴史的な大逆転負けを喫した徳島は悪い流れを早く変えないといけない。逆に京都は山口との開幕戦は0対1で敗れたが2節はホームで優勝候補の一角の磐田に2対0で勝利。最高の再開初戦になった。ホームの徳島は「3-4-2-1...

  • 【横浜FC×札幌】 ベテランのGK菅野孝憲。慣れ親しんだ三ツ沢で躍動。

    ■ ついにJ1が再開!!!約4か月間の中断期間を経てJ1がいよいよ再開した。2007年以来のJ1復帰を果たした横浜FCはホームのニッパツ三ツ沢球技場でコンサドーレ札幌と対戦した。開幕戦はアウェイで神戸と対戦して1対1の引き分け。まずまずのスタートを切った。当分の間、アウェイ戦が続く札幌は開幕戦は三協フロンテア柏スタジアムで柏と対戦して2対4で大敗した。一時は0対4のスコアになったが、その後、2ゴールを返した。ホームの...

  • 【清水×名古屋】 新型コロナから復帰。GKランゲラックは好セーブで勝利に貢献。

    ■ J1がいよいよ再開J1がいよいよ再開した。クラモフスキー監督を招聘して再スタートを切る清水エスパルスはホームのIAIスタジアム日本平で名古屋グランパスと対戦した。名古屋は6月に入ってからFW金崎とGKランゲラックが新型コロナに感染してしまった。一時的に全体練習がストップするなど予期せぬアクシデントが発生したがGKランゲラックはスタメン出場。FW金崎もベンチに入った。ともに大事には至らなかったようだ。ホームの清...

  • 【磐田×岡山】 神がかり的な活躍を見せたGKポープ・ウィリアム。ドローに大貢献。

    ■ J2の第3節J2の第3節。「優勝候補の候補の筆頭」に挙げられているジュビロ磐田はホームのヤマハスタジアムでファジアーノ岡山と対戦した。「1年でのJ1復帰」が至上命題になる磐田は開幕戦(=1節)はホームで山形に2対0で勝利したが2節はアウェイで京都に0対2で敗れて初黒星を喫した。「初のJ1昇格」を目指す岡山は開幕戦(=1節)はホームで金沢に勝利して2節はホームで山口と対戦して2対2の引き分けだった。ホームの磐田は「4-2-2-2...

  • 【FC今治×熊本】 神奈川県2部からJリーグへ・・・。異例の大出世を果たしたMF相澤祥太。

    ■ 待望のホーム開幕戦J3は6月27日(土)にいよいよ開幕した。苦労した末にJリーグ昇格を果たしたFC今治は開幕戦はアウェイで昇格候補に挙げられるFC岐阜と対戦してスコアレスドローだった。遂に迎えたホーム開幕戦の相手は同じく「昇格候補の1つ」に挙げられるロアッソ熊本。今シーズンのJ3はどちらかというと「西高東低」なのでしばらくの間は上位候補との対戦が多くなる。会場は「ありがとうサービス. 夢スタジアム」になる。ホー...

  • 【川崎F×鹿島】 衰えを隠しきれなくなってきた32歳のDF内田篤人

    ■ J1がついに再開新型コロナの影響で中断していたJ1がついに再開した。2018年以来のリーグ優勝を目指す川崎フロンターレはホームの等々力陸上競技場で鹿島アントラーズと対戦した。ともにJ1の上位の常連になるが、当然のことながら、今シーズンもともに優勝候補の一角に挙げられている。「J1の優勝争いは横浜FM・鹿島・川崎Fの3強が中心になる。」と考える人が多くなっている。再開初戦から注目の直接対決となった。ホームの川崎F...

  • 【SC相模原×Y.S.C.C.横浜】 鮮烈なデビューを飾った19歳のMF松田詠太郎(横浜FMユース出身)

    ■ J3がいよいよ開幕J3がいよいよ開幕した。当初は3月7日(土)に開幕する予定だったので「3か月半遅れの開幕戦」になる。開幕節は近隣のクラブ同士の対戦がほとんどだったが同じ神奈川県内で活動するSC相模原とY.S.C.C.横浜が相模原ギオンスタジアムで対戦した。昨シーズンはY.S.C.C.横浜が13位、SC相模原は15位だった。SC相模原はクラブ史上最低成績に終わった2019年からの巻き返しを図る大事なシーズンになる。ホームのSC相模原は...

  • 【讃岐×G大阪U-23】 11試合で10ゴール!!!17歳のFW唐山翔自が凄すぎる!!!

    ■ ようやくJ3が開幕J3は約3か月半遅れで6月27日(土)に開幕した。FC東京U-23が参加を辞退することになったので今シーズンのJ3は18チームによるホーム&アウェイ方式で開催されるがPikaraスタジアムではカマタマーレ讃岐とガンバ大阪U-23が対戦した。7月4日(土)の再開するJ1はいきなりG大阪 vs C大阪のダービーマッチが組まれたがその翌日にはG大阪U-23 vs C大阪U-23の「ミニ大阪ダービー」が行われる予定になっている。ホームの讃岐...

カテゴリー一覧
商用
読者になる