searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

jijiさんのプロフィール

住所
米原市
出身
米原市

自由文未設定

ブログタイトル
サッカーコラム J3 Plus+
ブログURL
http://llabtooflatot.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
J1・J2・J3・日本代表などを幅広くカバーします。
更新頻度(1年)

437回 / 365日(平均8.4回/週)

ブログ村参加:2010/03/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、jijiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
jijiさん
ブログタイトル
サッカーコラム J3 Plus+
更新頻度
437回 / 365日(平均8.4回/週)
フォロー
サッカーコラム J3 Plus+

jijiさんの新着記事

1件〜30件

  • 【J3】 どこよりも早いオフの移籍市場の展望 ~J2への個人昇格を果たす選手は誰だ!?~ (前編)

    ■ 全日程のちょうど60%を消化J3は18節が終了した。全日程のちょうど60%を消化したが昇格争いは稀に見る大混戦になっている。首位の富山から6位の宮崎までの差が「4」のみ。首位の富山と9位の鹿児島の差も「10」のみ。『9位の鹿児島まで2位以内のチャンスがある。』と言える。沼津・藤枝MYFC・Y.S.C.C.横浜・FC今治・鳥取・讃岐の下位6チームが2位以内に入るのは難しくなっているが宮崎・八戸・長野・鹿児島にもまだチャンスがあ...

  • 【FC今治×藤枝MYFC】 別格の存在感を発揮するボランチのMF鈴木惇

    ■ J3の第18節J3の第18節。2勝8敗6分けで勝ち点「12」のFC今治はホームの「ありがとうサービス. 夢スタジアム」で藤枝MYFCと対戦した。藤枝MYFCは4勝7敗5分けで勝ち点「17」。FC今治は14位、藤枝MYFCは11位と低迷している。どちらもシーズン途中で監督交代を実施したがFC今治は布啓一郎監督になってからは1勝4敗4分け。藤枝MYFCは須藤監督になってからは1勝1敗となる。須藤監督は7月12日(月)に監督に就任した。ホームのFC今治は「4...

  • 【群馬×甲府】 5位に浮上。チームを支えるのはMF野津田岳人とMF山田陸のダブルボランチ。

    ■ J2の第29節J2の第29節。7勝13敗8分けで勝ち点「29」のザスパクサツ群馬はホームの正田醤油スタジアム群馬でヴァンフォーレ甲府と対戦した。甲府は13勝6敗9分けで勝ち点「48」となる。16位の群馬は残留争いに巻き込まれているが久藤監督になってからは3勝1敗3分けと好調。監督交代で流れは変わった。一方の甲府は6位。2位の京都との差は「10」。28節は直接対決で京都を下してその差を縮めることに成功した。ホームの群馬は「4-2-...

  • 【愛媛FC×大宮】 プロ入り2度目の先発出場。名古屋から期限付き移籍のMF榎本大輝が躍動!

    ■ J2の第29節J2の第29節。5勝13敗10分けで勝ち点「25」の愛媛FCはホームのニンジニアスタジアムで大宮アルディージャと対戦した。大宮は5勝12敗11分けで勝ち点「26」。J2の残留争いはかつてないほどの熾烈な争いになっているが2連勝中の大宮がついに残留圏となる18位に浮上した。愛媛FCは21位となるが大宮との差はわずか「1」。14位の栃木SCから22位のSC相模原まで「5差」のみ。9チームが巻き込まれている。ホームの愛媛FCは「3-1...

  • 【鹿児島×岩手】 売り出し中のMF加々美登生がこの日もアシスト。ついに2位に浮上!

    ■ J3の第18節J3の第18節。6勝5敗4分けで勝ち点「22」の鹿児島ユナイテッドはホームの白波スタジアムで好調のいわてグルージャ盛岡と対戦した。秋田監督になって2年目となる岩手は8勝4敗4分けで勝ち点「28」。4位に位置する。1試合消化が少ない鹿児島は勝ち点「22」。両チームの勝ち点差は「6」となる。かつてないほどの熾烈な争いになっている昇格争いは首位の熊本から9位の鹿児島までの9チームが絡んでいる。ホームの鹿児島は「4...

  • 【京都×FC琉球】 FWイスマイラが劇的な逆転ゴール!2010年以来のJ1復帰に前進!

    ■ J2の第29節J2の第29節。17勝4敗7分けで勝ち点「58」の京都サンガはホームのサンガスタジアム by KyoceraでFC琉球と対戦した。FC琉球は15勝7敗6分けで勝ち点「51」。京都は2位、FC琉球は4位。3位の新潟も勝ち点「51」を獲得しており、2位の京都と3位の新潟&4位のFC琉球の差は「7」となる。J2も残りは1/3になったのでFC琉球は「自動昇格」を達成するためにはアウェイながら「勝たないといけない試合」になる。ホームの京都は「4-1...

  • 【千葉×磐田】 スペシャルなFWルキアン。この日も2ゴールで首位キープ。

    ■ J2の第29節J2の第29節。9勝9敗10分けで勝ち点「37」のジェフ千葉はホームのフクダ電子アリーナで首位のジュビロ磐田と対戦した。磐田は18勝5敗5分けで勝ち点「59」。2位の京都との差は「1」、3位の新潟との差は「8」と少し広がった。J2は残りは14試合になるが「2019年以来のJ1復帰」が見えてきた。10位の千葉は昇格圏に付ける2位の京都との差が「21」と大きく広がったので2009年以来のJ1復帰は絶望的となった。ホームの千葉は「...

  • 【ルヴァン杯:G大阪×C大阪】 MF喜田陽など若手が躍動。アウェイのダービーで歴史的な大勝劇!

    ■ 3試合連続の大阪ダービールヴァン杯の準々決勝の2ndレグ。9月1日(水)にヨドコウ桜スタジアムで行われた1stレグは終了間際にFW山見が決勝ゴールを決めて1対0で勝利。アドバンテージを持ってホームに戻って来たガンバ大阪はホームのパナソニックスタジアム吹田でセレッソ大阪と対戦した。アウェイゴールを許したC大阪は無得点に終わると敗退が決定する。C大阪は小菊監督になって3試合目。3試合ともにG大阪との大阪ダービーとなる...

  • 【ルヴァン杯:C大阪×G大阪】 FW山見大登(関西学院大)がまたしても劇的なゴラッソ!

    ■ ルヴァン杯の準々決勝ルヴァン杯の準々決勝の1試合目は9月1日(水)に行われた。ともにACLに参加したので準々決勝からの参戦となるセレッソ大阪とガンバ大阪の大阪ダービーはヨドコウ桜スタジアムで行われた。両チームは8月28日(土)にもJ1のリーグ戦で対戦している。次の準々決勝の2試合目と合わせると「ダービー3連戦」となるがリーグ戦のダービーは後半6分にDF松田陸が決勝ゴールを挙げてアウェイだったC大阪が勝利している。ホ...

  • 【福島×鳥取】 ついに2位に浮上!J2ライセンスは取得できるか?否か?

    ■ J3の第17節J3の第17節。8勝5敗2分けで勝ち点「26」。3位と上位争いに参加している福島ユナイテッドはホームのとうほう・みんなのスタジアムでガイナーレ鳥取と対戦した。鳥取は3勝10敗2分けで勝ち点「11」。開幕前は上位候補に挙げられたがまさかの最下位(15位)と低迷している。5月4日(火)に高木理監督が解任されて元・鹿児島の金鍾成監督が就任したが監督交代後も8試合で1勝6敗1分け。浮上のきっかけをつかめない。ホームの福...

  • 【札幌×川崎F:】 FW小林悠が1ゴール1アシスト。4位タイとなる8度目の2桁ゴールを達成!

    ■ J1の第28節J1の第28節。10勝9敗6分けで勝ち点「36」のコンサドーレ札幌はホームの札幌ドームで川崎フロンターレと対戦した。川崎Fは19勝1敗6分けで勝ち点「63」。9位の札幌はACLの出場権獲得を目指しているが3位の神戸との差は「11」。限界ギリギリの勝ち点差になっている。首位の川崎Fは夏にFW三笘とMF田中碧が抜けた影響もあってここ3試合勝ちなし中。4連勝中で2位の横浜FMとの差がついに「1」まで接近した。ホームの札幌は「...

  • 【岡山×愛媛FC】 堅守が光るファジアーノ。28試合で23失点はリーグ最少タイ。

    ■ J2の第28節J2の第28節。9勝11敗7分けで勝ち点「34」のファジアーノ岡山はホームのシティライトスタジアムで愛媛FCと対戦した。愛媛FCは5勝13敗9分けで勝ち点「24」。J2は熾烈な残留争いになっているが岡山は12位、愛媛FCは20位。12位の岡山と19位の北九州の差は「10」なので岡山は少しだけ余裕のあるポジションになる。降格圏に位置する愛媛FCも18位の松本山雅との差が「1」のみ。早く降格圏から脱出したい。ホームの岡山は「4-...

  • 【熊本×FC今治】 ブラジル出身で高卒ルーキーのMFターレスはなかなか面白い。

    ■ J3の第17節J3の第17節。7勝2敗6分けで勝ち点「27」のロアッソ熊本はホームのえがお健康スタジアムでFC今治と対戦した。FC今治は2勝7敗6分けで勝ち点「12」。J2復帰を目指す熊本は16節を終えた時点で2位。首位の富山との差は「2」のみ。絶好の位置に付けている。対するFC今治は開幕前は上位候補に挙げられたがブービーの14位と低迷している。5月24日(月)に監督交代を実施して布啓一郎監督が就任した。ホームの熊本は「3-1-4-2」...

  • 【栃木SC×山口】 新加入のFW豊田陽平が躍動!2ゴールで勝利に大貢献!

    ■ J2の第28節J2の第28節。5勝11敗11分けで勝ち点「26」の栃木SCはホームの栃木県グリーンスタジアムでレノファ山口と対戦した。山口は7勝11敗8分けで勝ち点「29」。ここ6試合で2勝2敗2分けの山口は14位に浮上した。一方の栃木SCは27節の愛媛FC戦(A)で勝利して12試合ぶりに勝ち点「3」を獲得した。残留争いは稀に見る大混戦になっており、17位の栃木SCと19位の北九州の差は「2」。過酷な争いが行われている。ホームの栃木SCは「4-2...

  • 【山形×水戸】 エースのFW中山仁斗。自身4度目となる2桁ゴールにリーチをかける。

    ■ J2の28節J2の第28節。13勝6敗7分けで勝ち点「46」のモンテディオ山形はホームのNDソフトスタジアム山形で水戸ホーリーホックと対戦した。18節から7連勝を達成するなど監督交代後は絶好調。無敗を続けた山形だったが27節の山口戦(A)は1対2で敗れた。一方の水戸は夏の移籍市場でMF平野佑など主力数名が流出したが27節は上位争いをする新潟に4対0で大勝した。山形は5位、水戸は9位。一桁順位同士の対戦となった。ホームの山形は「4...

  • 【甲府×京都】 21歳のMF宮崎純真が大一番で躍動。昇格争いに踏みとどまる。

    ■ J2の第28節J2の第28節。12勝6敗9分けで勝ち点「45」のヴァンフォーレ甲府はホームのJIT・リサイクルインク・スタジアムで京都サンガと対戦した。首位を走る京都は25節の松本山雅戦(A)が延期になったので消化試合数が1つ少ない中、3位のFC琉球との差が「6」。2010年以来のJ1復帰が少しずつ近づいてきた。4試合勝ちなし中で7位まで後退した甲府は2位の磐田との差が「11」と広がった。これ以上離されると苦しくなる。ホームの甲府...

  • 【広島×大分】 20歳のボランチのMF土肥航大(左利き)は面白い。

    ■ J1の第27節J1の第27節。7勝7敗11分けで勝ち点「32」のサンフレッチェ広島はホームのエディオンスタジアムで大分トリニータと対戦した。大分は4勝17敗5分けで勝ち点「17」。広島は11位、大分は20位となる。5試合勝ちなし中の大分は好調の横浜FCに抜かれてついに最下位に転落した。同じく広島もここ5試合勝ちなしと苦しんでいる。降格圏となる17位の徳島との差は「9」なのでまだ安心することは出来ない成績となる。ホームの広島は...

  • 【仙台×鳥栖】 「J1でベストイレブン級の活躍」を続けるCBのDFエドゥアルド

    ■ J1の第27節J1の第27節。3勝13敗10分けで勝ち点「19」のベガルタ仙台はホームのユアテックスタジアムでサガン鳥栖と対戦した。鳥栖は12勝6敗8分けで勝ち点「44」。残りは12試合となったが仙台は降格圏となる18位。残留圏となる16位の清水との差は「6」。対してACLの出場権争いに絡んでいる好調の鳥栖は6位となる。3位の神戸との差は「3」のみ。クラブ史上初となるACLの出場権獲得のチャンスを迎えている。ホームの仙台は「3-4-2-...

  • 【G大阪×C大阪】 小菊監督の初陣。DF松田陸が決勝ゴールで42回目のダービーを制す。

    ■ J1の第27節J1の第27節。ガンバ大阪とセレッソ大阪の大阪ダービーがパナソニックスタジアム吹田で行われた。G大阪は8勝12敗6分けで勝ち点「30」。C大阪も7勝9敗9分けで勝ち点「30」。得失点差の関係でC大阪が12位、G大阪が13位となるが勝ち点は同じとなる。連戦が続くG大阪はここ5試合は1勝3敗1分けと低調。C大阪は26節の湘南戦(H)で1対5とで大敗した結果を受けてクルピ監督が退任。小菊新監督の初陣となった。ホームのG大阪は「...

  • 【W杯最終予選:日本×オマーン】 黒星発進。ここ10年ほどの代表戦の中ではワースト級の試合。

    ■ アジア最終予選がいよいよスタートカタールW杯のアジア最終予選がいよいよスタートした。7大会連続のW杯出場を目指す日本代表はパナソニックスタジアム吹田でオマーンと対戦した。日本の入ったB組は日本・オーストラリア・サウジアラビア・オマーン・ベトナムの5か国で構成されている。ロシアW杯のアジア最終予選は初戦でUEAに敗れたことで苦しい戦いを強いられた。序盤はアウェイ戦が多くなるので「勝たないといけない試合」で...

  • 【横浜FC×G大阪】 U-24ドイツ代表のGKブローダーセンが相当にヤバい。

    ■ J1の第26節J1の第26節。3勝16敗6分けで勝ち点「15」の横浜FCはホームのニッパツ三ツ沢球技場でガンバ大阪と対戦した。G大阪は8勝11敗6分けで勝ち点「30」。横浜FCはずっと最下位だったがここ5試合は2勝1敗2分けとまずまず。最下位脱出が見えてきた。G大阪はここまで13位。15連戦の12試合目になるがここ13試合では7勝4敗1分け。着実に勝ち点を積み上げている。G大阪は降格圏の湘南(17位)との差は「8」となる。ホームの横浜FCは「...

  • 【岩手×八戸】 18歳のMFタビナス・ポール・ビスマルクが決勝アシスト。南部ダービーを制する。

    ■ J3の第16節J3の第16節。6勝4敗4分けで勝ち点「22」のいわてグルージャ盛岡がホームのいわぎんスタジアムで6勝3敗5分けで勝ち点「23」のヴァンラーレ八戸と対戦した。前半戦(1節-15節)を終えた時点で岩手は7位、八戸は5位。どちらも上位争いに参加している。ただ、八戸は8節の福島戦(A)の結果が覆ったことで勝ち点「3」がプラスされている。本当の成績は5勝4敗5分け。かなり有り難い決定だったと言える。ホームの岩手は「3-4-2-1...

  • 【宮崎×長野】 ベテランのMF宮阪政樹。圧巻の超・ロングシュートで7試合負けなし。

    ■ J3リーグが再開東京五輪の影響で中断していたJ3リーグが再開した。全日程のちょうど半分の日程を終えた時点で中断期間に突入したので残り試合もちょうど半分になるが昇格1年目ながら7勝4敗3分けで勝ち点「24」。4位と好位置に付けるテゲバジャーロ宮崎はホームのユニリーバスタジアム新富で長野パルセイロと対戦した。長野は5勝3敗6分けで勝ち点「21」。大きく出遅れたが11節から4連勝を達成して8位まで浮上してきた。ホームの...

  • 【愛媛FC×栃木SC】 「泣くなFW唐山!」 or 「泣いてもいいFW唐山!」

    ■ J2の第27節J2の第27節。5勝12敗9分けで勝ち点「24」の愛媛FCはホームのニンジニアスタジアムで栃木SCと対戦した。栃木SCは4勝11敗11分けで勝ち点「23」。愛媛FCは18位、栃木SCは19位となる。今シーズンは18位のチームまでJ2に残留できるので「残留圏に浮上した18位の愛媛FC vs 降格圏に転落した19位の栃木SC」という顔合わせになった。大混戦になっているJ2の残留争いの行方を大きく左右する大一番になった。ホームの愛媛FCは「...

  • 【高校サッカー:青森山田高×米子北】 MF松木玖生は逸材なのか?平凡なのか?

    ■ 福井開催のインターハイ今年のインターハイの男子サッカーは福井県内で開催されているが決勝戦は8月22日(日)にテクノポート福井で行われた。同競技場は福井県坂井市三国町にある。収容人数は21,053人。球技専用スタジアムとしては北陸有数の規模を持つが「観客席までの距離が遠いこと」で知られている。特にピッチからゴール裏までの距離は非常に遠い。元・日本代表のFW我那覇が在籍する福井ユナイテッドが使用している。鳥取県...

  • 【福島ユナイテッド】 クラブ側に落ち度は(ほぼ)無い。勝ち点没収の処分は取り消すべきだ!

    ■ 熾烈を極めるJ3の昇格争いJ3は中断期間が終了してそろそろ後半戦がスタートする。今シーズンのJ3は15チーム制になるが、全日程の半分の試合を終えた段階で中断期間に突入したので「残りはちょうど半分」になる。昇格争いは大混戦になっており、首位の富山から8位の長野まで「5差」となる。「有力な昇格候補の1つ」と言われた長野は大きく出遅れたが11節から4連勝を達成するなど一気に勝ち点を積み上げて急浮上してきた。4位の宮...

  • 【カタールW杯】 W杯のアジア最終予選のアウェイ戦の放送がない理由は4つほど。

    ■ アウェイ戦の放送はなし。カタールW杯は2022年11月21日に開幕して12月18日に決勝戦が行われる。本大会まで1年半を切ったがアジア最終予選は「2021年9月2日~2022年3月29日」にかけて開催される。約半年間ですべての試合が行われるので「異例の短期決戦」になるが日本の初戦は9月2日(木)になる。ホームのオマーン戦になるが市立吹田サッカースタジアムで行われる。オーストラリアやサウジアラビアが強力なライバルとなる。「悲願...

  • 【サッカー限定】 好きなサッカー関係の音楽(ベスト10)を選んでみた。

    10位 : Gotcha (2001年:Andy G’s Magic Disco Machine)→ フジテレビのスポルト(月曜日)の人気コーナーだった「マンデーフットボール」は印象的な曲をたくさん残した。リーガの試合を振り返るときにバックで流れた「Flamenco.A.Go.Go」も印象に残っているがこちらはセリエAの試合を振り返るときにバックに流れた曲である。個人的には「イタリー!フランチェスコ・トッティ!ローマ!」のイメージ。スポルトは2001年4月2日~2016...

  • 【J3】 いよいよリーグ戦が再開。夏の移籍市場の勝ち組はどこだ!?

    ■ J3はサマーブレイクに突入東京五輪が終了してJリーグは再開した。J1とJ2のリーグ戦がさっそく閉会式の翌日に行われたがJ3は8月28日(土)に再開する。J3は照明設備の問題でナイトマッチの開催が難しいクラブがいくつかあるので東京五輪があろうがなかろうが、毎年、夏場は結構な期間、サマーブレイクが設けられている。中断前の最後の試合となる15節が行われたのは7月10日(土)と7月11日(日)。約1か月半の中断期間となる。しばらく...

  • 【J2】 いよいよリーグ戦が再開。夏の移籍市場の勝ち組はどこだ!? (後編)

    ■ フォワードを強化したファジアーノ岡山13位で中断期間を迎えた岡山も積極的な動きを見せた。2017年の1年間だけ岡山でプレーしたアタッカーのMF石毛を期限付き移籍で再獲得して徳島から左利きのCBのDF安部崇を獲得した。泣き所のフォワードもバンコク・ユナイテッドのFWブレネー・マルロスの獲得に成功した。FWイ・ヨンジェが今シーズンも怪我がちで力を出し切れていない中、本格派のストライカーのFWブレネー・マルロスにかかる...

カテゴリー一覧
商用