searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

CKNL(クラピア)さんのプロフィール

住所
未設定
出身
盛岡市

お庭の植栽は芝生が当たり前でしたが、日々の管理が簡単な植物という事でクラピアを植えてみました(旧LcdDamのブログ)クラピア ® は、株式会社グリーンプロデュースの登録商標です。

ブログタイトル
緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/lcddam/
ブログ紹介文
寒い地方でも育つグランドカバープランツを使ったガーデニングを紹介します、芝生の代替えで脚光を浴びる「クラピア」の生育記録です。クラピアの北限への挑戦 CKNL(Challenge to Kurapia's northern limit)
更新頻度(1年)

202回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2016/08/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、CKNL(クラピア)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
CKNL(クラピア)さん
ブログタイトル
緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜
更新頻度
202回 / 365日(平均3.9回/週)
読者になる
緑の温もりを感じる庭づくり〜北限のクラピア〜

CKNL(クラピア)さんの新着記事

1件〜30件

  • 軽いメンテナンスがクラピアの取り柄だと思う

    クラピアの植栽適期ではないが新築の外構を計画中の方などは、今の時期でもグランドカバーをどれにしようかと悩んでいる方も少なくないでしょう。 2020年10月24日、クラピアの様子 賛否両論あれど私はクラ

  • 秋晴れの中で行うのはポツポツ生える雑草抜き

    お天気が良かったので放射冷却が起き、朝の最低気温が0℃近くまで下がりました、岩手の盛岡は紅葉も今が見ごろ本格的な秋の到来です。 2020年10月21日、クラピアの様子 クラピアの庭も少し赤みがかり紅葉が

  • 確実に寒くなってきている、保温を急がないと

    常緑を目指す部分は冬枯れてから保温しても効果が出ない、紅葉が始まる前に囲って保温してあげることが必要です、そろそろドーム類を設置したい時期になってきました。 2020年10月18日、ビニールトンネル設

  • 寒い冬もクラピアが長く緑でいられるようにと

    寒い地方に向いているグランドカバーを探し求めていろいろと試してみたが最終的に選んだのはクラピアでした、ただクラピアは残念ながら寒冷地には向いていません。 最低気温がマイナス10度を下回る地域、標高1,00

  • 原因は?縮小しているディコンドラの植栽範囲

    ディコンドラ(ダイコンドラ、ダイカンドラ)をグランドカバーの比較実験用としてクラピアと一緒に庭に植えていますが、徐々に植え付けた範囲が狭くなって、いつかは消滅するのではないかと思っています。

  • 冬はすぐそこ青いうちに必要なことはしてみる

    この記事を書いている最中に外の気温が気になってみて見ると5℃を下回っていました、もしかすると霜が降りるかもしれないそんな朝です。 2020年10月14日、クラピアの様子 そろそろクラピアは葉っぱが色付き

  • 秋はまだまだ十分楽しめるクラピアの庭でした

    クラピアの植栽適期も過ぎたので巷はオフシーズン状態ですが、クラピアの庭そのものは緑色を保っているので見栄えも良く、上で遊ぶには十分過ぎる程のフカフカ絨毯を維持しています。 2020年10月14日、クラ

  • 今年も色々とありましたがクラピアはイイ感じ

    かなり緻密になってくる今の時期、茎葉の立ち上がりも少なくなるので、まさに生きた緑の絨毯が完成したと言っても良いでしょう。 今年の春先に植えられた方も同様に被覆が完成し、クラピアの庭を満喫している時期

  • 秋に行う軽いメンテナンスが後から効いてくる

    もう何もすることがないから冬枯れを待つだけ、クラピアの伸びも穏やかになり週末に行っていたメンテナンス作業も殆ど必要がない季節になりました。 刈り込みなどの重メンテは必要ありませんが、この時期に行っ

  • 秋のクラピアを過去を振り返って比較してみる

    秋真っただ中、朝晩はグンと冷え込む日も多く暖房が必要になるほどです、岩手の冬は足早にやって来ますのでクラピアもそろそろ今年の成長は終わりになりそうです。 2015年の10月2日  2016年の10月4日

  • クラピアの成長記録2020年09月定点観測画像

    夏の猛暑も終わり一雨ごとに気温が下がってくる季節になりました、もう寒くなったので病気の発生はないだろうと思っていましたが油断大敵です「褐斑病」になってしまいました。 07月26日  08月23日

  • ディコンドラの厚みが知りたくて掘ってみます

    グランドカバーにと植えているディコンドラ(ダイカンドラ)ですが、芝生やクラピアに比べると被覆の厚みが薄い感じがします、でも実際のところはどうなんでしょう。 せっかく比較検討用に植えているのだか

  • よりによって越冬前のタイミングで病気が発生

    少し油断していた感もあります、もう寒くなってきたし病原菌も悪さしないだろうと、クラピアの様子をあまり観察していませんでした。 病斑が小さいので気が付かなかったのですが、よく見るとけっこうな範囲に広

  • 来年春に向けて寒くなる前にしておきたいこと

    寒い地方では上手く育たないクラピアをあえて自宅の庭のグランドカバーにしています、なので秋からのメンテナンスは暖かい地方に比べると少し手間がかかります。 秋に病気にかかると来年の春まで影響が出ます、

  • クラピアを刈り込んで来春の見栄えを良くする

    見た目を良くする工夫をいろいろと考えてきました、住宅の庭にクラピアを植えているのだから見栄えを良くしたいのは皆さんも同じだと思いますので、一つ紹介させて頂きます。 春先の冬枯れ状態はクラピアの欠点

  • 簡単なので意外と人気があるダイカンドラです

    庭のグランドカバーを探している方なら一度は検討材料に入ると思う「ダイカンドラ」の記事を久しぶりに書いてみます、クラピアメインのブログですが比較検討されている方に少しでも参考になればと思っています。

  • クラピア専用の芝刈り機が日本のメーカーから

    クラピアが一般住宅の庭になかなか採用されない原因の一つに専用資機材の少なさがあると思っています、例えば刈り込みに使用する道具は近所のホームセンターで手軽に購入できるのは芝生用ばかりです。 でもご存

  • 秋のメンテナンスは来年のクラピアを左右する

    見慣れない雑草やキノコが発生した時はどこからやってきたか少し考えた方が良いでしょう、人や動物に付着して運ばれてくる時もありますが、意外なものが発生原因になっている場合もありますので。 苗に使わ

  • 家の猫は人工芝の上を嫌うのでクラピアにした

    土間部分に素足で降りたくて近所のホームセンターで人工芝のマットを買ってきた、最近の人工芝はけっこうリアルなので気に入っていた。 でも猫のマリーにゃんには気に入ってもらえませんでした、土間の上では平

  • クラピアに使えそう目に見えるタンニン鉄効果

    特に不具合は出ていない、と言うよりコレって効いているかも、タンニン鉄(鉄ミネラル液)をクラピアに使用していますが効果がありそうです(記事の内容はクラピアちゃんねるでも紹介していますのでどうぞご覧くださ

  • 恒例になったクラピアの過去を振り返る備忘録

    その年の出来を比べる恒例の備忘録を更新しました、ほとんど被覆が完了し最終刈り込みに近い今の時期は、春からの生育状況の結果がよく分かります。 2013年7月7日(同じアングルで定点観測を始めた)

  • はみ出しカットしますクラピア元気良過ぎです

    梅雨明けの猛暑で体調管理も大変な状況ですがクラピアは元気いっぱいです、日照不足と長雨で弱ってしまったクリーピングタイムを乗り越えてお隣さんへ進行中です。 そんなランナーを切ったり全体的に刈り込

  • そろそろ来年のために準備を始める時期になる

    夏もそろそろ終わりに近づくとクラピアのお世話も来年に向けての準備が始まってきます、殺虫剤の散布もその一つです、来春に虫が湧かないようにしなければなりません。 刈り込みもあと何回と数えるくらいになっ

  • 時期を見定めて使えば少量でシッカリと効く薬

    無農薬と言っても限界があるのを今年の梅雨時期に思い知らされた、所詮見た目重視で庭にクラピアを植えているわけだから、ひどく枯れてしまっては元も子もない。 原因となる土壌微生物による葉枯れ病もそう

  • 鉄はどうなの?効けばそれに越したことはない

    今のところ不具合は無さそうです、マイナス面が無ければ話半分だとして効果が出てくるのを待つのみ、相手は植物なので気長に待つのが一番です。 二価鉄が植物の成長に良い影響を与えるのは少し検索しただけでも分

  • クラピアの成長記録2020年08月定点観測画像

    長い長い梅雨の後は連日の猛暑が続く夏、極端な気候に今年のクラピアは環境ストレスによるトラブルが絶えません、何とか夏枯れ対策を実施し持ちこたえている状況です。 06月27日  07月26日 07月26

  • 低く刈りこむのなら植栽シートは無い方が良い

    植栽シートは値段も高く敷くのには大変な労力を必要とするので、シートの併用はクラピアを植えようとする方が最初に悩む問題だと思います。 敷地も広く雑草取りが大変な方は迷うことなく敷いたほうが無難だと思い

  • 地下茎雑草対策に敷く苗下のシートは善し悪し

    雑草対策用に植栽シートを併用してクラピアを植えられる方も少なくないでしょう、メーカーや販売店の植栽シートの施工例を見ると、苗の下にシートを入れるタイプと、シートをくり抜いて苗だけを直接植えるタイプの二

  • 植栽シートの通根具合を実際に掘って確認みる

    なかなか綺麗に被覆しない植栽シートのエリア、いまだに黒いシートが見えている状態です、この原因はどこにあるのだろうか、根の張りはどうなんだろう?、ちゃんと植栽シートに根が貫通(通根)しているだろうか。

  • 夏枯れ発生!前回と全く逆の記事を書くことに

    一見すると綺麗に被覆していたのに刈り込んだら下が枯れていた、またしても騙されてしまったウソ被覆状態、とうとう発生しました、前回の記事では克服したと言ったのに数日で撤回することになってしまいました。

カテゴリー一覧
商用
読者になる