searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ノマチさんのプロフィール

住所
氷見市
出身
愛知県

全国4000人いる地域おこし協力隊の中で、独自ブログ・Facebook・YouTubeの3つの情報発信を行わせたら日本一の発信アクセス数を自負。地域おこし協力隊着任以前から10年間の2地域居住から移住定住まで行っている実績がある。

ブログタイトル
富山生活・TOYAMA-LIFE
ブログURL
https://www.nomachi.info/
ブログ紹介文
農家でマルチに活動(総合百商)。都市農村交流、関係人口、移住定住のサポート、情報発信。広告代理業、農村体験イベント、6次産業化を運営。氷見市のグルメ店紹介、地域活性化を目指す。
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2015/06/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ノマチさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ノマチさん
ブログタイトル
富山生活・TOYAMA-LIFE
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
富山生活・TOYAMA-LIFE

ノマチさんの新着記事

1件〜30件

  • 田んぼも畑もタダ!田舎で暮らす人々が望んでいること

    田んぼも畑もゼロ円(タダ)になる方法 溶け込めていない移住相談員 地域に溶け込むコツ 溶け込めていない移住相談員 先日、某移住者が富山県氷見市IJU(移住)センターを利用して引っ越してきました。 引っ越してきた人曰く、 移住者「IJUの人が、畑もお金を出せば貸してくれるって言っていました」 そこにいた地域のおばちゃんは、びっくり おばちゃん「畑は、お金を出さなくても貸してくれるよ」 富山県内では、地域おこし協力隊や移住定住コンシェルジュといった制度で、移住者の受入れ窓口となっている制度があります。 移住者にとっては、地域に暮らす先駆者であり、頼りになる存在ですが、窓口となっている地域おこし協力隊や移住定住コンシェルジュの人たちは、残念なことに地域のことをあまり知っていないというか、関わっていないのが現状であり、上記のようなびっくりするような会話になっている現状があります。 もし、このblogを移住定住に関わる人がみていたら、是非もう少し地域に寄り添って、地域の人々への挨拶だけでなく地域の人々のを交わして欲しいと切実に願います。 ちなみに、今の都会で過ごしてきた若い人たちは、 知らない人に挨拶をしてはいけない という教育をうけて育ってきたので、挨拶をしないのが常識だと考えている人も多くいるのでびっくりです。 田舎では、見ず知らずの人にも積極的に挨拶しましょう(笑) 地域に溶け込むコツ 地域で暮らす人々に溶け込むには、地域で暮らす人々の生活を一緒に体感することに限ります。 例えば今の時期なら、稲刈りや籾摺り 新米の籾摺り作業 行政主導型の都市農村交流体験プログラムをした場合、大人数での田植えや稲刈りはありますが、籾すりをさせていただくような体験プログラムはなかなかない。なぜなら、他の作業は大人数では出来ないから。また、田植えや稲刈りの体験プログラムも本来の農家さんが行っている作業ではなく、行政からの依頼を断れず、わざわざ都会の人たちのために忙しい時期に時間を割いて行っている場合が多いからである。 ですから、本当に農村で暮らす人々が望んでいるのは、自分たちの生活の一部のお手伝いです。

  • 若者へ!すぐに仕事を投げ出すな・石の上にも5年(1万時間の法則)定住率UP

    最近、WEBの世界では嫌な事は、長く続けず、辞めてしまえばいいという風潮が多く若者の離職率が多い。また、離職されるのを恐れて、上司が部下を叱りつけることも出来ず、部下が先に帰宅するが上司が残業するような企業の話を聞くことが多くなった。 そこで、私自身の実体験で地域おこしの観点から1万時間の法則で見えてきた定住率UPの対応を記述します。 1万時間の法則とは 地域おこし協力隊の今昔 定住率を高めるには 1万時間の法則とは 表題にも書いた、「1万時間の法則」とは、ある分野でスキルを磨いて一流として成功するには、1万時間もの練習・努力・学習が必要だというもの。エリクソン教授らの研究をもとに、マルコム・グラッドウェル氏が提唱したものである。 著者も2015年に氷見に移住してきて5年。 地域づくり=地域おこしの活動を1日8時間(実際には、13から15時間SNSでの情報発信を含む)として、1年間のうち260日程度従事し、5年という年月をかけると 8時間×260日×5年=10800時間 グラッドウィル氏が提唱する1万時間が過ぎました。 昨年までは、結構私自身でプレスリリースを行っていたが、1万時間に達したことにより、氷見市の里山で私が関わる地域で地域の人々が主役となって自主的な地域活動で、2020年7月から8月までの2カ月間において、新聞各社で3つも大きく取り上げられました。 中でも嬉しかったのが、8月24日の北日本新聞の三面記事。 富山県ならず、全国の山間部が掲げている問題を記事にして頂きました。 また、その問題について、行政では出来ない地域の同意で自主的に行動に移していることが大いに評価でき、モデルケースにしていきたいと考えています。 若手林業者が森林再生(8月24日) 北日本新聞の三面記事に大きく掲載されました。 今日本のどこの山でも問題になっているのが地籍調査が行われていない山間部では、公図と山林所有者が異なる場合が多々ある。 それは、しっかりと土地の売買が登記をもって行われなかったことや相続が行われなかった経緯がある。 本記事の取材は、5月頃だったのですが、3か月過ぎて、社会記事として取り上げられたことが嬉しい。 もちろん、事前に私から北日本新聞社の記者に、単に伐採するだけではなく、地域の抱えている問題も説明を行った。

  • 大人も子供も楽しめる裏氷見・ディープ体験【夏休み編】動画付き

    来られよ氷見!365日農村体験実施中。 今回は8月上旬、仏生寺地域の人々が、氷見の家族4名と富山の若者2名を案内しました。 なお、少人数で氷見ディープ体験を希望の方は、ご連絡下さい。 365日、毎日何かしらある氷見の里山をご案内いたします。 (農村体験2時間4000円から) 裏氷見・ディープ体験 夏休み編メニュー 今回行った体験メニューは、依頼者の希望により、野菜摘み取りと低山ハイク 仏生寺地区を中心に農村体験を企画実行しました 稲積梅の赤紫蘇でユカリづくり ブルーベリー摘み取り 山からの清水で冷えたスイカ 川村食堂でボリューム満点ランチ 低山ハイク(三千坊) 野菜摘み取り体験 youtubeで動画公開 稲積梅の梅干しの赤紫蘇をつかったユカリづくり 10時に集合し、特産氷見稲積梅の梅干しで利用した赤紫蘇を天日干しして梅干しづくりを行った。 脇之谷内のユカリは、全て婆ちゃんたちの手作業。 まずは、コロナウイルス対策で、フェースガード支給し、マスク+ゴム手袋で完全防備! その後に自己紹介。 富山の若者2名は、秋の富山県知事選挙に立候補を考えている?新田はちろうの後援会の2名。 富山の現実の中山間地域がどのような実態なのかを体感しに訪れました。 自己紹介風景 まずは、脇之谷内のスーパー婆ちゃんのひなちゃん、ともこさんがゆかりづくりをレクチャー。 梅干し漬けで使った赤紫蘇は、丸まっているため、その1つ1つを丁寧に広げる。 広げないで団子状態だと綺麗に乾燥出来ずカビになる。 1つ1つを手間暇かかる作業である。 ひなちゃん、ともこさん婆ちゃんの手際よさに参加者びっくり!! 毎回リアルな農作業体験が、参加者の心に響く。 紫蘇ほぐしてゆかり作り作業 今回は、富山のお兄ちゃん2名が、午前中に農村を体験したい!という申し出でハードスケジュールだったため、ゆかり(紫蘇もみ)作業は、1グループ1時間で2枚まで行って、小休憩をとった。 小休憩でおやつは、自家製冷凍柿シャーベットと冷凍サツマイモに、梅酵素ジュース。 ひんやり冷たく、天然の甘さ。食の美味しさに参加者満足。 冷凍日本柿シャーベット 冷凍サツマイモ ブルーベリー摘み取り

  • 1人での個人事業主・小規模農林業者必見!コロナウイルス禍での補助金申請(農林事業者・飲食事業者・地域活動団体NPO)

    はじめに 本blog記事は、まだ中途半端である。けど、今多くの小規模事業者が疑問に抱いていることについて、少しでも役に立ちたい、小さな事業主でも、もう一歩前に進んで欲しいために、あえて、未完成ではあるが、記述しました。 興味ある方は、個別にメッセージください。 コロナウイルス禍で、多くの補助金事業がある。 最近、飲食業者、農林事業者など、様々な人から相談を受けることが多い。自分たちの規模が小さいからダメだと諦めているケースもありますが、小さい事業主だからこそ、事業予算50万円から100万円程度の補助金事業があるので、今自分の商売をよくしたいと思われる方で コロナウイルス禍の第2派に備えて整備をしたい方、 新規顧客を開拓したい方 SNSでの情報発信を行いたい方 業務効率化の設備を購入したい方 2つの大きな補助事業の内容を簡単にまとめてみたので参考にして欲しい。 小規模事業者持続化補助金事業 2020年7月現在、全国的な中小企業(20名以下)の事業や農林業者、NPO団体が受けられる事業は、下記2つがある。 下記2つ以外にも、県や市町村においてもあると思われますので、ご自身で調べて見てください。 小規模事業者持続化補助金 中小企業基盤整備機構が出している小規模事業者持続化補助金は、地域の商工会議所や商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助する制度。 ザックリいうと、75万円の販路開拓のためのホームページ作成、イベント出展、新商品開発のための費用が総合で75万円かかれば、国(中小機構)が50万円まで支援するもの。 さらに、コロナウイルス禍でクラスター対策(除菌、非接触機会、パーテーション等)で上限50万円まで上乗せできる制度。 詳細は、こちらの要綱を参考にして欲しい。 この補助金は、農協などの系統出荷のみの農業者でなければ、受けられる!!!(個人で、販路を開拓している農業者はOK) 小規模事業者持続化補助金

  • 片田舎の地域づくりの取り組みが国際デザインコンペで入選!

    国際デザインコンペで入選 国際デザインコンペ ASIA DESGIN PRIZ 2020(アジアンデザインプライズ2020)コミュニケーション部門で、氷見市の里山での地域づくり・コミュニケーションの取り組みが入選(WINER)を受賞しました。 応募は、本動画を主導的に製作した脇之谷内里山づくり実行委員会(著者は、同委員会の事務局長である兼映像の企画から撮影編集全て行う)ですが、氷見市の里山(7地域団体)が団結し、街中の観光事業者も協力してくださった氷見の人々が行政に頼らずのべ200名以上参加し団結して作られた都市農村交流、関係人口づくりの組織の評価です。 受賞者に送られる記念のガイド本(左)と受賞を証明する盾(右) ガイド本に掲載されたひみ里山くらぶの紹介 ASIA DESGIN PRIZとは 今回、NOMACHI(脇之谷内里山づくり実行委員会・事務局長)がwinnerを受賞した ASIA DESIGN PRIZE(アジアデザインプライズ)は、韓国のデザインポータル「DESIGNSORI」の主催で2017年から開始し、今回で4回目となる国際デザインコンペティションです。 応募対象者は世界中の企業、プロのデザイナー、学生。応募対象のカテゴリーは、プロダクト、建築、コミュニケーションデザイン、社会問題に取り組むデザインなど様々なジャンルに及びます。 昨年10月に作品を募集し、今回は30カ国以上から作品が集まりました。 審査員はアジアを中心に活躍する世界各国のデザイナー、大学教授ら40人からなり、深美性、希少価値、実用性の3つの基準をもとに審査されます。 アジアデザイン賞の最も重要な価値は、評価者の個人的な能力ではなく、ビッグデータに基づいて、世界で最も便利で正確で価値のあるデザインスクリーニングを提供することです。 企業、デザイン研究所、デザインスタジオ、専門家、学生を含むデザイナーが、この公平なプラットフォームで作品を提出します。

  • 新たなブランド!美味しい氷見の里山野菜を食べてみませんか!(^^)!・春編

    脇之谷内ブランド 氷見市仏生寺脇之谷内集落 ここで、採れた野菜や生産物のブランドロゴが2年間に制作し、今徐々に富山県内のお客に認知されてきています。 このデザインは、脇之谷内の「脇」の文字を形どっています。 つづらトンネル 「月」は、高岡ー氷見の県道64号線高岡氷見線の新つづらトンネルをイメージしています。 新つづらトンネルと言っても、ピンとこないかもしれませんが、昔の旧つづらトンネルは、50歳以上の人々なら、冝保愛子がおばけトンネルとしても全国バラエティに出たトンネルと言ったらぴんとくるかも。 実際には、や〇せ? お化けは、出ません(笑) 三千坊山 「脇」の作りの力が3つの一番上の「力」は、三千坊山をイメージ 氷見側からみると、つづらトンネル の右側が、脇之谷内集落。 その集落を見下ろすようにあるのが霊験豊かな三千坊山 かつて、大伴家持が愛した歌があったり、 上杉謙信が三千もの寺院や僧侶を焼き払ったともいわれています また、黄金伝説もあるらしいです 三千坊山から氷見市内 農作物が豊かなで長閑な里山脇之谷内 つくりの「力」の下の2つの力は、鍬と人をイメージ 鍬は、歴と知れた大事な農具。そこ暮らす人をイメージした「力」の文字です 脇之谷内は、著者が暮らす村でもあり、訪れた人は、長閑で心癒される里山だと言われています。 365日いつでもだれもが楽しめる農村体験を行っていますので、お気軽に連絡ください。 ばあちゃんと若い農作業体験者(年配者 女性も大歓迎) 農作業体験の必要性について詳しく知りたい方は、こちらのblog記事も参照 新型コロナウイルス禍で新たな生活様式・田園回帰のすすめ 身内に届けたい愛情込めた希少な野菜 そんな脇之谷内のばあちゃんたちやじいちゃんたちが、楽しみながら作っている家庭菜園の野菜 孫や親類縁者のために愛情込めてつくった希少な野菜だから、無農薬や減農薬 年金暮らしで、化学肥料を極力使わずというより効果な肥料も買えず、野菜本来の力を発揮できるように 丁寧に野菜たちの環境を毎日見守って作っています。 豊かな自然が作った山菜 今の時期野菜の数も少なく里山では、山菜が豊富。

  • 出川哲郎&さまぁ~ずの『奇跡のひっそり観光地』で「来られよ氷見!」放送決定

    2020年5月7日㈭ テレビ東京 『奇跡のひっそり観光地【出川哲郎&さまぁ~ずが最高の田舎へ!】』 の番組で、2018年に撮影した氷見市の観光PR動画「来られよ氷見!」が紹介されます。 奇跡のひっそり観光地第3弾! 今回は出川・大竹・三村の旅プロ3人が、次回行きたい"ひっそり観光地"候補を決める大作戦会議を決行! 全国の市町村から寄せられた"ご当地PR動画"を爆笑鑑賞し、そのなかの1つに「来られよ氷見!」が採用されました。 次回行きたい"ひっそり観光地"に選ばれたら嬉しいですが、番組に採用されて、多くの皆さまのお茶の間で癒されるような時間をとどれられるだけでも嬉しいです。 残念ながら、富山県ではリアルタイムでは見られませんが、 北海道、関東、名古屋、大阪、岡山、福岡の皆さんは、テレビ東京で2020年5月7日㈭視聴出来ます。 時間;19時58分から21時48分のどこか 「来られよ氷見!」 2年前に制作した観光動画です。 以前プロのカメラマンから言われたのは、「稲垣さんの作る動画は、私たちプロの映像マンが撮れない映像」 そんなプロが撮れない映像は、決して私だけが出来るものではなく、地元に住む人々でも出来るもの 「来られよ氷見!」経緯から裏話まで、下記blogを見てね DA PUMP/U.S.A替え歌「こられよ氷見!」婆ちゃんダンスで見たら癒し効果UP+おまけ3本お笑い動画付き 新型コロナウイルス禍で新たな生活様式・田園回帰のすすめ 新型コロナウイルス禍で、県外への移動が規制されていますが、365日ソーシャルディスタンスを保ちながら、農村体験受け付けています。 都会の平均年収331万円と変わらぬ生活様式が氷見の里山にあります。都会暮らしの限界、田舎暮らし災害に強い生活様式。 これから新しいことではなく、過去の先人たちが試行錯誤して築き上げてきた生活様式に戻ることがぶれない営みにつながる。 決して楽ではないし、直ぐの移住定住は推奨しませんが、まずは知って体感することをお勧めします。 詳細は、下記blogにて 新型コロナウイルス禍で新たな生活様式・田園回帰のすすめ さらに詳しく知りたい方は、本blog 問い合わせにて連絡下さい(^O^)/

  • 新型コロナウイルス禍で新たな生活様式・田園回帰のすすめ

    新型コロナウイルスの感染拡大と戦っている医療・保健関係従事者の皆様、頑張ってください。 今回は、国が提唱しない新たな生活様式について提唱したいと思います。 なぜなら、国が提唱する新型コロナウイルスの長期化に伴う新たな生活様式は、都会中心、IT企業関連が潤う仕組みではないでしょうか? 地方・農村基準の生活様式について、全ての人は無理ですが、地域に受け入れられるような人々であれば、農村での暮らしが新たな生活様式になりうると考えます。 2018年11月国連では、小農、「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言」が採択された。(「小農宣言」「小農権利宣言」「小農の権利宣言」とも呼ばれている。) この権利宣言の内容は、農村社会を維持、発展させていくために小農の重要性を再認識し、その価値を高めることが、都市の発展につながるとしています。法的拘束力はもたないものの、世界の農業に重要な意義をもつこととなった宣言です。 圧倒的多数の賛成をもって採択されたものだが、日本を初め、アメリカやイギリス、オーストラリアといった先進国も反対にまわっています。 (出典 SMART AGRI 「小農の権利宣言」とは? その意義と乗り越えるべき課題) ですから、田園回帰を進めるのは、新型コロナウイルス禍で国の指針とは異なった方針扱いであり、現状の日本や先進国では、推奨されない生活様式の提唱にあたると考えられる。 田園回帰とは 田園回帰とは、過疎地域において都市部から人の移住・定住の動きが活発化している現象 日本農業新聞が都道府県を対象に行った独自調査で、28府県の移住受入れ数が過去最高を更新したことが分かっている。 詳細は、こちら 「田園回帰」着々と 28府県移住最多 若者が推進力 (日本農業新聞WEBより出典) ステイホームと普段と変わらない生活 政府は、2020年5月4日に新しい生活様式を定着させるように促している。 今年のゴールデンウイークを東京では、、STAY HOME(ステイホーム)週間 と称しているが、 里山では、普段と変わらない生活が営まれている。 東京中心の考え方を本当に地方の田舎でも同じようにしなければならないのか、

  • 365日1年中農村体験・畑の草刈りと山菜採り/来られよ氷見!・コロナウイルスと無縁の日常

    都市農村交流、365日農作業体験ご案内。 まだまだ間に合うゴールデンウイークの楽しみ方。本blog記事 椎茸の植菌投稿を見た氷見里山体験ツアーリピーターKさんから、 是非お手伝いしたいしたいと言われて、ご案内。椎茸植菌、野菜や山菜摘み取りなど半日満喫した農村体験を行いました。1から5名の少人数での農村体験を行っています

  • いっちゃんKNB/オカンの味を巡る旅今が旬!春しいたけ

    いっちゃんKNB オカンの味を巡る旅今が旬!春しいたけ(仏生寺椎茸)氷見市仏生寺・原木椎茸が放送されます 日付 2020年4月28日(火) 時間 16時20分から50分のどこか 収録を終えて、裏方のメンバーも含めて記念撮影 露地で栽培する原木椎茸の干し椎茸やハウス栽培で行われている生椎茸、 原木椎茸の美味しい料理などを3月下旬取材に訪れました。 お時間ある方、是非チェックしてみてください。 おかんと師匠の六田さん なぜ仏生寺椎茸が取材? きっかけは、このblogで椎茸記事! 著者は、日ごろから書いていますが、blogを作るなら独自blog 独自blogは、アメブロやFC2と言った無料ブログサイトとは、違って本当の意味で外部から検索されやすい。 特にマスコミが情報を探す場合では、無料ブログだとインターネットで検索されにくい だから、商売をしている人には、独自blogをお勧めする。 情報発信では、FacebookやTwitter、Instagramなどの投稿でも発信できると思っている人も多いと思いますが、これらのSNSを使ってマスメディアに取り上げられるのなら、1000いいね くらいでは、情報が拡散されない。 10万や100万の視聴がないと、マスメディアの目には留まりづらいと思われる。 収録の様子

  • 絶品!絶賛!ゼロ円!春のイタリアンパスタ ~コロナ対策~ 

    新型コロナウイルスの感染拡大と戦っている医療・保健関係従事者の皆様、頑張ってください 店舗での飲食が出来ない今、自宅で楽しめる 絶品、絶賛、ゼロ円パスタは、いかがでしょうか? お家で出来る春の山菜ゼロ円パスタ! 春の里山は、山菜が旬! 様々な山菜を使って、美味しいパスタが楽しめます。 また、山菜にはデドックス効果があると言われ、冬眠明けの熊さんは、春になるとむしゃむしゃ山菜を食べてまわりエネルギーを蓄積し、半年間眠っていた老廃物を吐き出すと言われています。 そのため、山菜を食べると、解毒作用(デドックス)があり顔や皮膚に吹き出物が出やすくなる体質の方もいられるので食べ好きには注意しましょう。 さて、今回の我が家の春の山菜パスタは・・・・ 近所のおじちゃんにもらった タラの芽 河原の土手で摘み取った コゴミ 御用達魚屋さん 神代鮮魚店 で以前に頂いたサービス品 イカゲソ を使ってパスタを作りました 残念なことに、裏山で採れた 旬のタケノコ 自分で栽培している 原木椎茸 いれるのを忘れた (>_

  • 裏ディープ氷見観光in稲積編 Deep Japan Rural-Himi sightseeing in inazumi edition

    本blogで協賛しているひみ里山くらぶでは、2020年2月20日から3月19日まで、NGO_NICE(日本国際ワークキャンプセンター)と連携し、国際ワークキャンプを実施。 3月中旬、特産氷見稲積生産組合の人々が、国際ワークキャンプに参加している18歳から25歳の若者5名を花満開の梅園を案内しました。 若者の稲積巡りの感想レポートです。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 氷見市の稲積で、稲積梅のお花見🌸 International volunteer members visited to the Inazumi area of Himi city,Toyama prefecture. 梅園で記念撮影 Commemorative photo at the plum garden 稲積梅の花 Inazumi plum blossom 『稲積梅』って、普通の梅とどうちがう? 一つ一つ、細かく教えてくださったのが西塚信司さん! There's local specialty is the Inazumi plum. What is "Inazumi plum" different from ordinary Japanese plums? The owner of this plum field, Mr.Shinji Nishizuka taught us. ワークでもお世話になった西塚さんから、稲積梅の凄さをお聞きしました。 We could learn about Japanese plum secret! 稲積梅について解説する西塚さん Mr. Nishizuka commenting on Inazumi plum メンバーたちも普段なかなか見ることの無い梅の花や香りを満喫しました。 We also enjoyed the view of Inazumi plum blossoms and fragrances! It is not usually watch them. 稲積梅のジュース Inazumi plum juice 生憎の曇り空で時に雨のパラつく肌寒い日でしたが、西塚さんの奥様お手製の美味しいご飯や豚汁で体の芯から温まりました🤗 It was a chilly day with a little rainy sky

  • 裏ディープ氷見観光in速川編 Deep Japan Rural-Himi sightseeing in Hayagawa edition

    本blogで協賛しているひみ里山くらぶでは、2020年2月20日から3月19日まで、NGO_NICE(日本国際ワークキャンプセンター)と連携し、国際ワークキャンプを実施。 3月上旬、速川地域の人々が、国際ワークキャンプに参加している18歳から25歳の若者5名を速川地区を案内しました。 その時のメンバーKさんの感想です。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 干し芋作りでお世話になった速川地区で、夫婦滝、神の間滝と、万葉集の研究にも携わっておられる、中西進先生の数々の石碑を見学しました。 夫婦滝 中西進先生の歌碑の前で記念撮影 Commemorative photo in front of the monument of Mr. Susumu Nakanishi 夫婦滝では大きな二条の滝が流れているのを、夫婦と名付けたところが凄く趣があるなぁと思いました。 夫婦滝ー男滝 Meoto falls Otoko falls 自然が豊富な富山は、万葉集の大伴家持ゆかりの地とされています。 たくさんの自然とそれを先人から受け継ぎ守っていこうとすることの難しさまたその美しさを感じれたような気がしました。 舟山公園 Funayama Park International volunteer member visit to Hayakawa area. We helped them to making local people's Specialty products, dried sweet potatoes. We visited special waterfalls in the forest. And we visited some stone monument of Mr. Susumu Nakanishi who is the scholar about Manyo-shu. Hayakawa area is related to Manyo-shu. (New Japanese Imperial era "Reiwa" is taken from a verse in the oldest anthology of poems from the 8th

  • 氷見の人はあったかい!/ひみ里山くらぶ・国際交流始動

    2020年2月20日から、脇之谷内里山づくり実行委員会が国際ボランティア組織 NGO NICEと連携し、国際ワークキャンプを開催。 脇之谷内里山づくり実行委員会の連携団体である、ひみ里山くらぶに 各地域においても若者と地域連携の活動を打診し、 速川地区や大野地区、稲積地区、八代地区、長坂地区などが、若者受け入れに賛同を戴いた。 近隣挨拶&里山散策 サツマイモ洗い作業(速川地区) 受け入れ団体とオリエンテーション あったか差し入れ 近隣挨拶&里山散策 近隣挨拶 まずは、近隣挨拶 (9時から11時) 普段年配者が多い地域に、若者が入ってきて、地域奉仕活動を行うことだけでも、地域から喜ばれる 年配者は、通常空き家である家に明かりがついたことをちゃんと見ていた 自己紹介チラシをもって全員で挨拶 里山散策 1軒1軒の家の移動途中にも、里山には自然がいっぱい 脇之谷内の神社にも、今回のワークキャンプが無事成功出来るようにお祈り おどろいたのは、日本国内の若者が無宗教なのは理解出来るが、2名の海外の若者たちも無宗教だったこと 脇之谷内にある神社 脇之谷内出身 斉藤弥九郎の像 斉藤弥九郎の名前をしらなくても、斉藤弥九郎の功績でもある長州藩やお台場、韮山反射炉などは知っていた。 道の途中で、山菜タイム ある山菜を食べさせ、多くは 「にがい!」 以外にも、この山菜を当てたのが、ベルギーから来たヤン君 天然の葉ワサビの味を知っていた 自生する葉ワサビ 川沿いの土手を歩いて、山野草チェック 春の山野草では、イヌノフグリが面白い 質問タイム 「フグリって何?」 さっそく、スマホで検索 答えは、犬の金〇 調べてみてね(笑) この中に ある山野草 イヌノフグリ、キランソウ、ヒメオドリコソウ 今日は、天気が良く、脇之谷内から速川に行く途中、 立山連峰を見て感動するNICEのメンバー 画像では、伝えにくいが、実際に見ると大迫力 サツマイモ洗い作業(速川地区) 午後からは、速川地区に移動し、干し芋準備で サツマイモの水洗い 13時30分から15時30分 地域のおっちゃんたちとまじって

  • 氷見×女子大生×農林業=(国際+里山)交流

    2020年2月20日から3月19日まで、氷見市の里山各地で、 ベルギー、スペイン、日本の大学生5名が、氷見の里山に来訪し、地域の人々の営みに触れる体験活動(国際ワークキャンプ)が行われる。 主宰は、 若者を送り出す NGO NICE 若者を受け入れる ひみ里山くらぶ 2月10日、11日の2日間、体験活動をする若者のリーダー2名が下見のために氷見の各地に訪れた。 国際ワークキャンプとは NGO NICE と富山県のかかわり 氷見里山 現地下見・打ち合わせ 国際ワークキャンプとは 「国際ワークキャンプ」とは、世界中のCCIVS(国際ボランティア活動調整委員会)に加盟する各国のNGOが共通のルールと基準のもと、「世界中のボランティアが2~3週間共に暮らし、住民と環境や福祉などに取り組む国際協力事業」である。 1920年、第一次世界大戦後に互いの理解不足でいかに多くの血が流されたかを痛感したドイツ・フランスの若者が、フランスで一緒に農地を再建したボランティア活動から始まり、現在は、100カ国約3,000カ所の地域で国際ワークキャンプが開催されている。 文部科学省のホームページでもNGO NICEの活動は紹介され、全国各地で受け入れられている。 文部科学省でのNICEの活動紹介ページ NGO NICE と富山県の関わり 富山県でNGO NICEのボランティア活動は、 大長谷(富山市)12857 五箇山(南砺市)4966 八代(氷見市) で開催されてきました。 受け入れ各地で地域側からも評価が高い。 今回ひみ里山くらぶでは、海外の若者と日本の若者が一緒になってボランティア活動をする国際ワークキャンプを初開催する。 氷見里山 現地下見・打ち合わせ 

  • 埼玉県農商工連携フェアに参加/田舎暮らしは販路開拓

    埼玉県農商工連携フェアに参加しました。そこで、見えてきた販路開拓や、フェアの内容、商工会への感謝の気持ちを綴っています。 販路開拓の必要性 埼玉県農商工連携フェア 氷見商工会議所 田舎暮らしで販路開拓の必要性 NOMACHIでは、関東や関西でのイベントフェアに積極的に参加しています 氷見を離れて出展しても、はっきり言って赤字です (-_-;) 過去関東関西でのイベントフェア参加の報告はこちらのblogから 幽霊都市?・富山県氷見市10人中8人が知らない実態/交流人口から関係人口の作り方 けど、関東や関西などに行くことによって、氷見では見えない現実と可能性が見えてきます アンケートを行うことで、他者から見た氷見の実態 農村観光、農村暮らし希望者の新規開拓 農産物ファンの新規開拓 消費者のニーズ、どんな物が欲しいのか 物消費からコト消費 商品の作られた物語の語り部として実績を積める 上記1.~5.のことを得るには、氷見市内にとどまっていても、見えてきません。 このデータを習得することをやっている人は、県でも市でも出来ないことだと私は思っています。 私自身が民間人であり、その地域で頑張っている人々や団体と常に携わってきた信頼関係があるから出来る財産だと思っています。 地域の人々の頑張りや努力を県外に出ることで見えてくるものが上記のようにたくさんあります。 だから、赤字覚悟で参加しています。 幸い、1年目は、旅費や宿泊費も出ませんでしたが、実績を買われ、今では商工会や各種団体の補助事業で全額ではないですが、交通費や宿泊費等の最低限の経費が見れるようになっているので助かっています。 地域おこし協力隊や若者の中で本ページを読んでいただいた人で活動したいと思っている人へ 今回のイベント出展に限らず、地域活性化、何かをするということで、まずは自費で実績を作って、そこから周囲の人に納得出来るものをつくりあげ、支援される仕組みをすすめます。 地域おこし協力隊や若者などが、 「やりたいことがあっても、行政や組織団体が協力してくれない」 とぼやく人もいますが、まずは、自費で動くことが大事だと私は思います。

  • ナガラモ(アカモク)/美容と健康の海藻/氷見のお魚屋さん

    【ナガラモ】 ヒバマタ目 ホンダワラ科 ホンダワラ属(種)アカモク 氷見漁港でも2020年1月17日、ナガラモ(アカモク)解禁! 1パック1000円前後で販売中。 アカモクは、氷見ではナガラモと呼ばれ1月中旬から3週間ほど採れる海藻。15年前は価値が無かったが、今は出荷量も制限し、環境保全を行っている貴重な旬の幸。

  • 【緊急告知】さいたま市大宮駅で氷見フェア開催!絶賛原木椎茸販売中

    2020年1月23日㈮から1月25日㈰まで、さいたま市大宮駅西口にある東日本連携センター(通称まるまるひがしにほん)にて、氷見市水産加工品と特産品フェアに参加し販売しています お近くにいる方、関東方面で氷見に興味のある方、是非起こしください まるまるひがしにほん 入口 氷見フェアのポスター A4サイズで宣伝アピールがちょっと弱かった 店内の様子 北海道商品が多く並んでいる 朝11時オープンから多くのお客様が来場 仏生寺産(脇之谷内)原木椎茸 仏生寺産原木椎茸の干しシイタケ 脇之谷内の美味しいお米 てんたかく 2㎏入り 速川産の栽培中無農薬で作ったサツマイモの干芋 有機栽培でつくった稲積梅の梅干し(完売) 氷見うどん職人が作った氷見パスタ などの私がこれまで生産者と関わった商品を販売しています 私が携わった農産物 の品々 その他、氷見の水産加工品として、 鰤カマの味噌漬け 鰤ジャーキー アオリイカの味噌漬け イワシ、アジ等のみりん干し 蒲鉾 氷見うどん 氷見の地酒 などもご用意しています 氷見の海産物や氷見うどん 貼られた氷見のポスター また、個別に移住定住相談や農村体験相談も受付中

  • 魚屋直伝!今が旬の氷見寒ブリの食べ方

    脂たっぷり氷見寒ブリ(天然ブリ)の刺身 氷見市仏生寺にある魚屋さん=神代鮮魚店 神代鮮魚店さんの刺身・ブリでも1皿500円 大根おろしで辛めたブリ刺し 氷見の寒ブリの刺身、脂の量と質が半端ない。 養殖のブリとの違いも歴然。 天然ものの自然の中で育まれた旨みは、養殖技術ではまだまだ出せないです。

  • 氷見が面白い!!!農村と飲食店コラボで新メニュー&食育

    しがらみが多い富山県!行政や農協を介して行うと、どうしても角を立てずに行うと、結果消費者切り捨てで、つまらないものになりがち だから、民間主導で行うほうが自由があり、好きなことが出来る! 氷見カレー学会の令和元年12月に新会長に就任したかなや麺業の金谷和義さん 彼は、 真っすぐに突き進む 猪のような漢だ 左 金谷君 と 右 著者 2019年9月19日 フードセレクションにて 氷見カレー学会で食育裏話 氷見カレー学会の食育活動の裏話し 今回、金谷君から、 金谷「氷見カレー学会で親子食堂をしたい。プレスリリースでは、みらいのイチローを作ろう!そんなキャッチフレーズどう思う?」 と相談された。 私「メディア的にも、世間一般にも未来のイチローは、流行らないし、旬じゃない。 金谷君がしたいことは、農業との連携じゃないの?それを素直に全面に出せばよいと思うよ」 金谷「わかった。」 私「親子食堂は、カレーだけ? せっかくピザ窯もいろいろなお店があるから、カレー以外のものも提供してみては?」 金谷「わかった。 今どんな食材あるの?」 私「今なら、 仏生寺椎茸、速川のサツマイモ、大野の蕎麦粉 が旬で、是非活用して欲しい」 金谷「わかった」 私「金谷君だけが作のではなく、カレー学会の他店にも協力依頼をして、新メニューを出して欲しい」 金谷「わかった」 金谷君の良いものや素直に取り入れる、そんな純粋さは、本当にすごいし、素晴らしい で、大変なのが、この話をうけて開始までの期間がわずか1週間!!! プレスリリースも、「みらいのイチロー」から、 →「農商連携」 人々に響くプレスリリースも提案し、見事、北日本新聞、富山新聞に大きく採用された 北日本新聞 12月21日朝刊 26面地域ニュース 富山新聞 12月21日朝刊 大きく掲載されましたが、地域活性化活動は、メディア受けさせるものを作るのではなく、本質が大事。 地域活性化を行うのに、なんちゃって地域活性化の人々は、他の人を上手に連携することが出来ずに、自分が主役でやって、地域活性化と称しているものも少なくない 今回も、氷見カレー学会が主催であるが、主役は、子どもであったり、地物の農家さんの生産品

  • 富山県内初!?民間主導☆オール氷見で滞在型観光(^O^)/街も田舎も巻き込んだ泊食分離

    氷見市でつまらない行政主導ではなく、 民間主導で面白く新たな取り組みが始まった(^O^)/ 2019年12月17日の富山新聞、北日本新聞に大きく掲載されました。 12月17日㈫ 北日本新聞 21面 社会ニュース 12月17日㈫ 富山新聞 25面地域社会 ※行政主導が面白くないというのは、個人的私見かもしれないが、氷見の民間主導型と参考出来るものが高岡でも12月10日に新聞記事になっていた。 20文字であらわすなら、 自動翻訳機を使っての海外旅行客集客 という内容だが、民間主導・特に私がマネージメントをしているものであるならが、 ひねりもしない自動翻訳機の活用だけを最終目的にせず、 実際に多くの人々が社会貢献に関われるのかをリアリティももって行うように意識している。 ひみ街中活性化プロジェクト たかおか観光ネットワーク 主体 民間主体で 飲食店6店舗+宿(蔵スティ) 行政主体で宿泊や飲食店など8店舗 他の店舗は不明 泊食分離 あり 新聞記事では不明 市内回遊 あり (氷見カレー学会やひみ里山くらぶと連携) 新聞記事では不明 評価考察 youtube動画にて氷見をPR 全国展開と台湾向けに集中的に再生回数1万件以上(通常1千アクセス程度)を狙う。宣伝コマーシャルで氷見を知ってもらう 海外旅行客からアンケート回収 今後の展開 今後氷見全域で多くの農村部や飲食店、宿泊事業者を巻き込んでいく(自主性団体) 他の行政とは異なり、海外旅行客や国内個人旅行客がわくわくするようなオリジナリティや富山の「何もない」を武器に、未開発の農村部を地域資源として、地域の人々を地域資源として来訪者に癒しやくつろぐ、協働作業を体感してもらう リアルタイムでSNSでも情報発信を行っていく 多言語化対応WEBページ 蔵スティ池森 富山生活 行政主導?のため、合併した福岡町や戸出、農村部との連携をどのようにするのか不明。 これまで成熟された観光スポットである山町筋や高岡銅器などの中心市街地に特化した動きが予測される。 大仏旅館ホームページは、英語対応だが、保護されていない通信状態で、第三者からのアクセス検索は、低い状況

  • 美味い肉・野菜・米をタダで頂ける仕組み/新たな田舎暮らし

    11月、2つの地方から食材が送られてきた 1つは、北海道日高町からのお米や野菜 北海道日高町のお米や野菜 北海道日高町との繋がりはこちらのblogから 継続5年・市民レベルによる北海道と富山県の農山村交流 北海道日高町の高橋さんが我が家に来訪 もう1つは、岡山県上山町からの猪と鹿のお肉 岡山県英田上山のジビエ肉 岡山県の英田上山棚田団の仲間 先駆的地域づくり現地調査(番外編)【美作市・英田上山棚田団】編 【美味しい肉・野菜・米をタダで頂ける仕組み】 上記の通り、美味しい肉・野菜・米をタダや格安で頂ける仕組みは、他地域との交流や自らが、その生産者の暮らしている地域に出向き関係人口の1人となること。 そうすることによって、旬な時期に旬の美味しいものが手に入る。 私の場合、北海道や岡山県には頻繁に行けないが、日々SNSを通じてお互いの情報交換を行っている。 また、ひみ里山に関しても同様に、本blogやTwitter、Instagram、facebookなどのSNSをファンの人々が見て頂いているので、自分たちが訪れたい時に遊びに来て、農村お手伝いをした対価として美味しい食材を頂いたり、電話やメッセージ等で食材を購入する仕組みが出来始めている。 【新たな田舎暮らし】 田舎暮らしに馴染めない人、田舎暮らしで挫折する人の多くは、この物々交換が出来ずに地域と打ち解けないままになっているケースが多いように感じる。 新たに入ってきたから、同じような農作物の交換は難しいが、頂いたものを加工することによって地域に喜ばれる。 今年度も、地域の人々から頂いたものとして、 渋柿 → 干し柿 、 柿の革のを干してキムチの原材料 柚子、唐辛子 → 七味の予定 赤紫蘇 → ゆかり(各地でPR試供品) などなどを作ってきた。 また、氷見市内でも、山を越えれば異なる農作物になる場合も多く、サツマイモ(速川)、椎茸(仏生寺)、梅(稲積)、むかご(八代)、タケノコ(粟原)などの物々交換も喜ばれる。

  • 365日1年中農村体験・ビニールハウス内装作業と椎茸狩り/来られよ氷見!

    都市農村交流、365日農作業体験ご案内。 里山の楽しみ方。本blog記事 椎茸植菌をした氷見里山体験ツアーリピーターKさんから、 是非お手伝いしたいしたいと言われて、ご案内。椎茸ハウスのお手伝いや椎茸摘み取りなど半日満喫した農村体験を行いました。1から5名の少人数での農村体験を行っています

  • 地域おこし協力隊退任後も地域おこし!/生活支援編(老夫婦の困り事)

    住民の生活支援/柿の木の剪定 今月も、単発の仕事が何件か舞い込んでくる。 本日は、柿の木の剪定 朝、梅の苗木の定植作業を行っていたら、電話連絡 「稲垣さん、柿の木の剪定出来る?」 「梅は、何本もしたことあるし、自宅の柿の木はあるけど、素人に毛が生えた程度ですよ」 「ご近所のおばあちゃんが困っているの。剪定に来て欲しい」 そういわれて、早速午後から訪問 90歳近いご夫婦、娘さんが1人高岡に住んでいるとのことですが、剪定作業は、娘さんでは難しい まして、地域のおっちゃんたちも70歳を過ぎると並行感覚が弱くなって、剪定作業は、慣れていないとケガの元 まず、スマホで剪定前の柿の木をパシリ でじいちゃんに、 「どの位置から木を切る?」と尋ねて スマホの画像で、じいちゃんが指で指示(これ便利) じいちゃんが、指で示した切断場所 脚立に上って、チェーンソーで柿の木を切断 その前に、ある程度、柿の実も摘み取り チェーンソーで太い柿の幹を伐採したあとは、 上の枝と下の枝が重なり合わないように枝の剪定 寒かったけど、爺ちゃんも婆ちゃんも立ち合いし、 小枝等は、一緒になって集めてくれた 剪定した木を収集するじいちゃん、ばあちゃん ばあちゃん曰く、 「娘と柿を摘み取るけど、背丈が大きくて上まで届かない 剪定してもらって助かったよ」 そういって、わずか1時間たらずの仕事で1万円を手渡そうとしてくれた 「ばあちゃん、○○さんの紹介だから、気持ちだけでよいよ 」 と言って、半額頂いた 綺麗になった柿の木をバックに 依頼主のじいちゃん、ばあちゃん 富山県の地域おこし協力隊と生活支援 氷見市地域おこし協力隊15名、富山県内地域おこし協力隊50名の中で、 移住定住支援(まだ1年もみたない協力隊員が地域の良さも悪さも判らずPR活動) 起業型(ほぼほぼ協力隊個人の起業の準備で地域との関わりが希薄) イベント応援(受け入れ行政のただ働きの駒) は、うじゃうじゃいるが、住民の生活支援に従事した地域おこし協力隊は、これまで3名ほどしかいない 協力隊退任後も生活支援を行いながら、かつ情報発信をしているのは、残念ながら私のみ?

  • 原木椎茸を森を守る・肉厚・濃厚ジャンボしいたけ/仏生寺しいたけ園

    氷見の里山、三千坊のおひざ元 氷見市仏生寺地区脇之谷内 ここは、仏生寺しいたけ園の里 2016年に椎茸の原木栽培をされている六田さんから ジャンボシイタケ を頂きました こんな大きな椎茸、しかも原木で栽培されていらっしゃる。すごい! 普通、スーパーで販売されているのは、菌床椎茸 菌床椎茸は、おがくずと室内で作られているから、味は薄く、食べ応えがない それに比べて、原木椎茸は、伐採した木(ほだ木)をつかって栽培するので、天然に近い環境 中身は、弾力があり、味が全然違う! 普段菌床椎茸ばかり食べている人が、初めて原木椎茸を食べると これが椎茸? って思うくらい驚きで、食べ応えあり さっそく、 しいたけステーキ で頂きました。 食べてみての感想は、 肉厚、森の香り、椎茸本来の味、 衝撃をうけました そして、弟子入り 椎茸栽培は、奥が深いです 人体を破壊する菌床椎茸 ちょっと、恐ろしいタイトルですが、 2018年1月13日 日本農業新聞 yahoo!ニュースによると 2018年のシイタケの植菌済み菌床の輸入量が過去最高となった。財務省の貿易統計によると、1~11月の輸入量は1万8650トン。12月分の結果が出るのを待たずに、これまで最高だった17年実績(1万5649トン)を上回った。輸入菌床は国産に比べて安く、発生したシイタケは国産として販売できるため、国内産地は危機感を強めている。 シイタケ菌床の輸入量が前年を上回るのは11年連続。12月分が前年並みなら年間2万トンの大台を超えることになる。輸入先は99%が中国だ。 現行の産地表示では、輸入菌床を使って国内で培養、発生させたシイタケは国産として販売できる。 これ、皆さんどう思いますか? 菌床椎茸の菌床の材料には、 ブナやナラなどの広葉樹のおが屑 フスマ、コーンプラン、バイテルなどのアミノ酸、たんぱく質、糖質 パルプ廃液の抽出物により菌糸成長を活性化させるもの かびが発生しないようにベンレート水和剤やパンマッシュ、ビオガード液剤などの薬剤 などが使用さてれいる。

  • ランチで氷見寒ブリ食べるならココ!地元民にも愛されるボリューム満点!・早冬の川村食堂

    氷見寒ブリのシーズン到来 寒ブリは、お寿司屋さんでも食べられますが、寒ブリだけじゃなく、地元の魚や野菜がふんだんに入っていて、 大食いの胃袋をギュッとつかんでガッツリ食べたい派の人たちにおすすめなのは、 氷見市幸町にある 川村食堂(かわむらしょくどう) 1000円でこのボリューム感と味の良さは、半端ない(●^o^●) 地元民にも愛され、私自身も時間とお金があったら毎日でも通いたくなる一押し食堂です 可愛いお母さんが、お店を切り盛りしています。 また普通サイズでも 日替わりランチ 700円~ デザート・コーヒー付き は、お得。 寒ブリ宣言されたあるの日のおまかせランチ 11月下旬になると、氷見漁港では、ブリの漁獲量によって 「 氷見寒ぶり 」 が 氷見漁業協同組合によって宣言される おまかせランチの刺身盛り合わせ 画像奥左氷見寒ブリ 、 奥右 フクラギ 手前左 シオノコ(ヒラマサ)、手前右 コショウダイ 氷見寒ぶり は、 他の漁港で水揚げされるものより、 各段に脂がのっている!!! 日本海を悠々と泳いでいるぶりくんたちが、知らない間に定置網に入って捕獲されているのに気付かず水揚げされるので ノンストレスで死後硬直(・□・;) 漁場である定置網が、漁港から目と鼻の先 だから、漁船に氷を大量にのっけても溶けずに、一気に冷凍閉めが可能で 鮮度抜群 (・ω・ノ)ノ! 都会では、高級なヒラマサやコショウダイも刺身の盛り合わせで頂ける さらに今日は、特別に すずきのかぶす汁 お替りアリ〼 (常連サービス???) とろっとトロのあぶらがのった すずきの かぶす汁 これも美味しく、 女将さんが、「おかわりする?」と気遣いしてくれたので、甘えて おわわりいたしました 2019年11月22日 の 川村食堂 おまかせランチ コーヒーデザート付きで1000円 箸休め 3品 揚げ物(とんかつ 魚のフライ) と サラダ 煮物 肉豆腐 コーヒー デザート 本日も、お腹いっぱいになりました。 なお、本ブログを見たよ とか、 著者との お友達 であるとか

  • ホルモン好きには、たまらない極レア珍味・天然ブリのフト(食材の宝庫富山県・氷見市の魚屋さん・サービス品)

    天然ブリのフト(内臓)は、ブリの旨みとコク、とコリコリとした歯ごたえ1本のブリから取れる量も限られている。当日獲れたブリの内臓をすぐに調理しなければならず鮮度が命。都会には出回らない、地元の極一部の人だけが知って食べられる高級珍味。通の人にはたまらない希少部位の食材。魚屋さんが教えるブリのフトの調理法(レシピ)を紹介。

  • 氷見の秘魅/創建不明ミステリアスな八代の社(やしろ)

    氷見市八代地区は、秘密な魅力がいっぱいのミステリアス ここにある 磯部神社(磯部)、神明宮(上宮)、八代仙洞窟(はったいせんどうくつ) 実は、創建時代が不明。 しかし、この3つは、 戸隠神社と同じ配置であり、かつて修験道を行っていた場所。地元の人もしならないスピリチュアルな場所だ。

  • キノコ図鑑/スッポンタケ・中華の高級料理

    11月初旬、三千坊に出かけ、珍しいキノコを発見しました。 スッポンタケ科スッポンタケ属 スッポンタケ 根っこの基部(袋)部分が太く卵みたい。 傘は、鐘形 先端のグレバ(基本体)が悪臭をはなつので、今回調理のときには、取り除いた。 スッポンタケのスープ キノコの風味を壊さないよう、 豆腐と先日ご近所さんに戴いたカブラナを入れてスープしました。 袋の中のゼラチンや柄の部分から、 スッポンタケ独特の出汁が出て、なんとも美味しい中華味。 癖になり、来年も是非食べたくなるキノコの1つになりました。

カテゴリー一覧
商用