プロフィールPROFILE

colocolokentaさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
アメリカ

哲学者になりたかった病理医。人生のことをあれこれ素人考えしています。病理医の仕事の内容は”病理のこと、医療のこと、仕事のこと”カテゴリーで紹介しています。”こんきも”では、日々の徒然、思ったことを書いています。妻に励ましてもらうことが多くて、それを書き留めた”妻の名言”は私の周りでは好評です。結局自分では大したこと考えていないようです。

ブログタイトル
こんな気持ちでいられたら
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kentagoo1208
ブログ紹介文
病理医。あちこちわたり歩いてきましたが、腰を据えて頑張る場所が見つかりました。日々のこと、仕事のこと、病理への思いも書いています。
更新頻度(1年)

354回 / 352日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2011/02/28

colocolokentaさんのプロフィール
読者になる

colocolokentaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 7,141位 6,970位 7,616位 9,335位 8,953位 7,878位 8,134位 978,526サイト
INポイント 10 40 100 40 30 40 30 290/週
OUTポイント 150 180 310 170 110 190 140 1,250/週
PVポイント 760 1,440 1,460 1,120 820 790 940 7,330/週
シニア日記ブログ 146位 143位 153位 179位 174位 154位 152位 3,464サイト
50歳代 9位 8位 9位 10位 10位 10位 10位 555サイト
病気ブログ 485位 472位 520位 601位 591位 539位 541位 21,656サイト
医者・医師 15位 15位 16位 19位 18位 18位 18位 517サイト
ライフスタイルブログ 1,855位 1,775位 1,907位 2,048位 2,044位 1,931位 1,956位 66,449サイト
こころの風景 19位 19位 20位 21位 22位 20位 20位 567サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 8,290位 8,484位 8,831位 10,172位 10,120位 10,143位 10,616位 978,526サイト
INポイント 10 40 100 40 30 40 30 290/週
OUTポイント 150 180 310 170 110 190 140 1,250/週
PVポイント 760 1,440 1,460 1,120 820 790 940 7,330/週
シニア日記ブログ 170位 171位 175位 191位 187位 192位 196位 3,464サイト
50歳代 8位 8位 8位 9位 8位 9位 9位 555サイト
病気ブログ 731位 758位 793位 879位 869位 872位 900位 21,656サイト
医者・医師 14位 15位 16位 19位 17位 17位 16位 517サイト
ライフスタイルブログ 1,964位 1,986位 2,013位 2,195位 2,182位 2,192位 2,250位 66,449サイト
こころの風景 12位 13位 15位 15位 15位 14位 15位 567サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 3,273位 3,300位 3,475位 3,657位 3,713位 3,777位 3,746位 978,526サイト
INポイント 10 40 100 40 30 40 30 290/週
OUTポイント 150 180 310 170 110 190 140 1,250/週
PVポイント 760 1,440 1,460 1,120 820 790 940 7,330/週
シニア日記ブログ 38位 40位 42位 42位 42位 43位 45位 3,464サイト
50歳代 1位 1位 2位 2位 2位 2位 2位 555サイト
病気ブログ 125位 128位 137位 143位 152位 150位 150位 21,656サイト
医者・医師 3位 3位 4位 4位 4位 4位 4位 517サイト
ライフスタイルブログ 718位 728位 742位 766位 766位 774位 766位 66,449サイト
こころの風景 4位 4位 5位 5位 5位 5位 4位 567サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、colocolokentaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
colocolokentaさん
ブログタイトル
こんな気持ちでいられたら
更新頻度
354回 / 352日(平均7.0回/週)
読者になる
こんな気持ちでいられたら

colocolokentaさんの新着記事

1件〜30件

  • 添い寝したら、こっちがぐっすり

    フラットコーテッドレトリバーのナイトの調子はまずまず。私が帰ると立ち上がって迎えてくれるのだが、よろよろして、ほとんど歩けずその場で立ち上がるだけだったが、トイレは自分で行ったらしい。さすがは、ナイト。この2、3日、娘と妻がナイトに添い寝していたのだけど、二人ともほとんどねむれずずいぶん疲れてしまったようなので、昨晩は私が添い寝を買って出た。とはいっても、私も仕事でずいぶん疲れている。ここのところ厳しい症例が続き、一人病理医のプレッシャーに潰されそうになりながらも踏ん張っているが、辛い時でもある。だからかどうか、ナイトの寝床の横に布団を敷いてナイトの手を握っていたら、自分のベッドであれこれ考えて寝付けないでいるよりもよほど早く寝てしまった。夜中に2度ほど目が覚めたのだが、1度目はいつの間にか部屋の向こうの方に行...添い寝したら、こっちがぐっすり

  • もう、頑張らなくていいよ

    フラットコーテッドレトリバーのナイトの容態が急速に悪化してから4日。昨日は少し持ち直したようで、私を送りに出てきてくれたり、往診の獣医さんを家の中に招き入れたりと、調子が良かった。私の帰りの迎えにも出てきてくれたのだけど、夜から再び調子が悪くなった。ここのところ、娘が横で寝ているのだけど、一晩中苦しかったらしく、夜中からは妻も一緒に寝ていた。今朝、様子を見たらお腹で息をしていて、とても苦しそうだ。「おはよう」と声をかけ、手を握ると尻尾を振ってくれる。本当に人のことが好きな犬だ。出がけに、「ナイト、がんばって。パパが帰るまで待っていてね。」と、顔を撫でながら声をかけたら、妻が「もう、十分がんばっているのだからそんなこと言わないであげて」という。たしかにそうだ。みんなと少しでも長く一緒にいたいと思っているのはほかな...もう、頑張らなくていいよ

  • お相撲さんもギックリ腰

    私の腰痛は相変わらずよくならない。フラットコーテッドレトリバーのナイトがいよいよ寝込んでしまったので、起こしてやったり、撫でてやったりするのになかなかかがんでやれないのがもどかしい。ついかがんでまたピキッとなることもある。昨日、大関高安がギックリ腰で休場となった。ナイトと一緒にテレビをみていたが、土俵入りで両手を上げたところででもきたのか。明後日以降のことは、今日1日様子を見てからにするということだったが、あまり無理をしないほうがいい。まだ若いといっても、プロ格闘技、こじらせたら関取生命に関わる。初日にも鶴竜が突然休場した。おそらくギックリ腰だろう。本人の不摂生とか稽古不足というよりは、あちこちがたが出てきたところだろうと思うが、気の毒だ。最近の大相撲は過重労働が問題になっているようだ。本場所であれだけ激しい格...お相撲さんもギックリ腰

  • 小康状態

    ナイトは少し落ち着いたようで、歩いてトイレも自分ですることができた。腫瘍からの出血が止まったのだろうか。冷たかった肉球には温かみも戻ってきている。腫瘍からの再出血さえなければしばらくはもつだろう。でも、食欲がほとんどなくて、水を飲むのが精一杯では、力も出ないのではないかと心配になる。昨晩、ナイトを可愛がってくれている近所の方に連絡した。元気なうちに会いにきてくださいとお声がけしたら数人の方がきてくださった。さすがはナイト、女性ばかりが五人も。可愛い女の子もきてくれた。みんなに、まだ元気なナイトの姿を見てもらった。コロも心配していて、一緒に見守ってくれている。今日はほぼ1日ナイトのそばで過ごした。昨夜は、ナイトがいなくなったらどうしよう、ナイトが元気だった頃にもっともっと遊んであげたらよかった。と思って、目が覚め...小康状態

  • 思い出の逗子海岸

    フラットコーテッドレトリバーのナイトの調子が悪い。犬猫病院に連れて行ったら、高度の貧血。どうもお腹の中に播種した腫瘍からの出血らしい。もう、手の施しようもない。午後、用事があって逗子に行った。用を済ませて帰るときに空が綺麗だったので、海岸まで出たら、美しい夕焼け。手前に江の島、遠くには富士山がみえる。海岸に立つとナイトとの思い出が蘇る。2013年夏よく遊びにきたねお願いします思い出の逗子海岸

  • いつの間にか周りは若い人ばかり

    某科で研修医の歓送迎会を開くので、今度新しくきたコロ健も特別参加ということでいかがかと声をかけてもらった。参加して驚いたのは、みなさん若いこと。会議で隣の席ということで知り合った医長の先生は私と同世代だったけど、ほかはみんな20代、30代。当たり前といえば当たり前だけど、あれこれ頼らせてくれる年長の先生はいつの間にかいなくなっていて、気がつけば周りは若い人ばかり、というか自分が一番上の世代。やれやれ。アルハラ、セクハラ、パワハラなどおこさないよう、不注意な発言に注意し、乱れないように気をつけながら飲んだつもりだったが、「先生結構お強いですね」などと後から言われてしまったから、ちょっと飲みすぎたか。笑ってしまったのは、以前ここで紹介した「あすけんダイエット(サイト&アプリ)」をやっているという先生がいたこと。ダイ...いつの間にか周りは若い人ばかり

  • 11月の月

    昨晩の月は美しかった。各地で美しい月が見えたようで、色々な場所で撮られた月の写真が、フェイスブックやインスタに投稿されていた。仕事が終わって病院を出た時、ちょうど東の空に大きな月が出てきたところだった。写真を撮りたかったのだけど、電線や柱に邪魔されて、いい写真を撮ることができなかった。帰宅してからは、高く上がってしまってだいぶ小さくなっていた。夕食を終えて、外に出てみると、月はあたりを明るく照らし出していて、雲間からみえる月はやっぱり美しかった。今度は、写真におさめることができた。一昨日が満月で昨日は十六夜(いざよい、じゅうろくや)。以前十三夜の月のことを書いたことがある(がんばれ私のオンボロCPU-2014年11月6日)。この時もやっぱり11月だった。11月というのは、あまり目立たない月のようだが、秋の深まり...11月の月

  • そんな苦労も、仕事のうちか

    好きだ、楽しい、やりがいがあるからと頑張って仕事をしていても、面倒なことは次から次へと起こる。別に誰かに嫌がらせをされたり、妨害されたりとかそういうわけではない。そういうことは自然に起こってくるのが世の中のが常だ。だからそんな苦労、起きてこなければないに越したことはないけれど、そんな苦労があったからといってどうということはない。それらはそもそも苦労ではないのだから。それでも苦労と思えてしまうような時、必要なのはポジティブシンキング。苦労を苦労としていたら、いつまでたってもそれは嫌なこと嫌いなこと。それよりも、そういった苦労も苦労なんかではなく、苦労も含めて仕事だと考えるようにしたい。世の中、そんなものであるのだ。楽しく考えるお願いしますそんな苦労も、仕事のうちか

  • 小鳥の世の中

    「あ、父さんの鳥が集まってきているよ」と、週末、久しぶりに帰ってきた息子が言うので、ベランダの方を見ると、小鳥のエサを置いた皿にスズメが5、6羽集まってエサをついばんでいた。けっこう多い。ベランダの手すりの上に小鳥のエサを置くようになって4、5ヶ月経つが、つい忘れたり、忘れなくても、台風などが来てしばらく置けないこともあった。このところは比較的穏やかな日が続いているので、置きっ放しにしていたので、小鳥たちもエサのあることを認識したようで、こうしてよく来る。見ていると、スズメの中にも序列というようなものがあるのがわかる。というのもリーダー格のスズメがいて、威張っているように見えて、食べ方をいろいろ指示しているようだ。また、ここ数日は、アカハラという、やっぱりスズメの仲間がよくやってくる。なかなか綺麗な色をしていて...小鳥の世の中

  • 秋の深まり、もしくは少しずつ冬へ

    昨日は小春日和。東京では天皇陛下の祝賀御列の儀も無事おこなわれてよかった。紅葉も美しく、先日の虹といい、今度の天皇陛下の御即位は印象に残るものとなった。令和が日本にとってそして世界にとっていい時代になってくれることを祈る。さて、今朝は一点曇天。夜中のうちに雨雲が通ってあたりは水浸し。鎌倉も紅葉がずいぶん進んだようで、度重なる台風による塩害にも負けず、葉が紅くなりつつある。たまにはハイキングに行きたいところだが、ハイキングコースは依然として通行止で、残念ながら遠くから眺めるしかなさそうだ。一週間頑張りましょうお願いします秋の深まり、もしくは少しずつ冬へ

  • ”平素よりお世話になっています。”の効用

    先日、ノウハウ本のいくつかは人の不安に付け込んで売るという、不安商法的な側面があるのではないかと書いた(あなたはこれを知らないと損をする!という本の売り方-11月3日)。その良し悪し、実際そういうことをしていたのかそうでないかは別として、ノウハウ本は世に広がりさらにはあふれるようになってきている。そして、ノウハウ本的な生活様式が世の中に広まっているような気がする。そう思ったのが”平素よりお世話になっています。”自分でもしょっちゅう使っているのでどうこう言う資格はないのだが、この言葉、手紙を書くときの”拝啓”のようなもので、『○○様平素よりお世話になっております。さて、・・・・の件についてですが、・・・』となる。なんとなく変な感じがするのは、あまりお世話になっていない人に対してであっても、さらにはそれが初めてのメ...”平素よりお世話になっています。”の効用

  • 学会で質問

    昨日、病理学会で質問をした。大きなセッションで質問をするのはその道の大家がするものと相場が決まっているので、私のようなものがしてはいけないのだが、切羽詰まっていたので思い切って手を挙げた。幸い、演者の先生が討議の時間をだいぶとっておいてくれたので助かった。数日前から診断に困っていたことがあって、話を聞くことができたらと思っていたのだが、その話題は出てこなかった。どうしても知りたいことだったので、おもわずマイクの前に並んでしまった。並んでいる間、心臓がばくばくするのがわかって、深呼吸をしても止まらない。なんたることか。自分が発表するときよりも緊張している。発表の場合は、話すということも何を話すか半年以上前から決まっているからいいけど、いきなり質問するというのはテンションを急激に挙げなくてはいけないので、緊張の度合...学会で質問

  • 人生100年時代の健康・・・下(第65回日本病理学会秋季特別総会に寄せて)

    立冬。そう聞くと、晴天なのに日差しは余計に弱まって、冬らしさを増す。つくば国際会議場で昨日から行われている第65回日本病理学会秋季特別総会に参加した。総会のテーマは”病理診断は学問か?医学研究か?”。臨床的事項である病理診断(業務)と学問、研究に連結させて考えることが可能なのかはわからないが、およそ”医学”といわれる学問は臨床事項に基づいて発展しているので、臨床医学=学問であり、病理診断は臨床医学の一分野であると考えたら、病理診断は学問、医学研究に直結する。そして、その総体としての”医学”は人間の寿命の延長に大きく寄与してきた。昨日に引き続き、人生100年時代の健康とはなんなのかということを考える。加齢とともに、感覚、運動、認知、学習などなど、身体機能の多くが失われていく。それぞれの機能のピークは年齢によって異...人生100年時代の健康・・・下(第65回日本病理学会秋季特別総会に寄せて)

  • 人生100年時代の健康とは・・・上

    こうして毎日ブログを書けるのも健康であるおかげ。では、健康とは一体どのような状態を指していうことなのだろう。病院に着くと受診に来ている方がたくさんいる。当然のことながら高齢の方が多い。加齢とともに、健康は失われ、病気は増えていく。私にしても、血圧は少しずつ上がっているし、肥満も進んでいる。腰痛もなかなか治らないとなると、やっぱり歳のせいなのだろうと思う。でも、仕事には行けるし、ブログも書いていられるのでまずまずこれが健康なのだろうと考えている。私が病理医になった頃、ほんの30年ほど前の平均余命は男性76歳、女性81歳だった。癌にしても心疾患にしても病理医が病理診断で関わる方の多くは50歳から70歳だった。そして不幸にして亡くなられた方を病理解剖させていただき、臨床にフィードバックすることを重ね、医学は長足の進歩...人生100年時代の健康とは・・・上

  • 夜間飛行

    11月に入って夜空が綺麗になった。家に帰って、東の空を見ると、暗闇にうっすらと浮かぶ絹張り山から朝比奈にかけての稜線近くを赤や白のランプを点滅させながら飛ぶ飛行機が見える。夕方あたりは渋滞しているようにすら見える。首都高で西向きに走っていると、ダイハードさながらに飛行機が羽田空港に向かって数珠繋ぎとなっているが、それを逆方向から見ていることになる。夜中、遠くの方からひどい騒音が聞こえたような気がして目が覚めた。週末の夜、時々大挙してやってくる暴走族のバイクの音かと思ったがそれとはちょっと違う。いよいよ耳鳴りが始まったか?実際にどこかから音がでているのか、自分の耳鳴りなのかを確かめようとベランダに出てみたらバイクの音は聞こえてこない。でもやっぱり音がどこかから聞こえてくる。幸い耳鳴りではなさそうだ。ではどこから?...夜間飛行

  • ゼラニウムの挿し木に挑戦ついでにインパチェンスも

    以前やってみようと書いたゼラニウムの挿木にいよいよ挑戦(自然とともに生きているということを意識する2019年6月27日)。まず、鉢植えのゼラニウムの少し太めの枝を切って、洗い、一晩乾かし、次に水耕栽培。私の机が窓に面していて日当たりがいいので、そこで育てることにした。三週間ほどで根が出てくるはずなので、楽しみに待つことにする。年内にヒゲ根が見えたら嬉しい。ちなみに、普段仕事をする病理診断科の部屋は窓のない行灯部屋だ。日に2、3度しか見にきてやれないがそれなりに楽しみだ。部屋に閉じこもりがちな一人病理医が医局に顔を出すようになるという意味でもいい効果を生んでくれそうだ。(右から2つが長短のゼラニウム、次がインパチェンス。一番左は隣の席の先生が私が赴任してきたときに生けておいてくれた日日草で花が終わってから根が出て...ゼラニウムの挿し木に挑戦ついでにインパチェンスも

  • 日日薬もなかなか効かず・・・

    日日薬(ひにちぐすり)という言葉があること、この歳になるまで恥ずかしながら知らなかった。この言葉を知ったのは、二週間ほど前にギックリ腰をやった時の記事にいただいたコメントでだった。時々、痛み止めを飲むだけで、湿布もしないで痛みがひくのを待っているのだが、なかなか治らないでいる。日日薬というのはもちろん安静を含めてのことだろうから、仕事に行ったりしないで家でゴロゴロしている方がいいのだろうけど、一昨日昨日今日と出かけてしまった。どこかに遠出したわけではなかったけど、それなりに有意義に過ごすことができた連休だった。天気も落ち着いてきたしお願いします日日薬もなかなか効かず・・・

  • あなたはこれを知らないと損をする! という商法

    今日は文化の日。文化といえば、学問であり、学問といえば本。その本を断捨離してみて、人生勉強というものが机上だけでは学ぶことができないということを知った。ある意味、多くの本を買って読んで、そのうちいくつかからは何かを学び、本は役目を終えて、次の読者の手にわたることとなった。昨日は、出身病理学教室の同窓会があった。2,3年ぶりに顔を出したのは今回の異動があったから。前任地は他大学の病理学教室だったので、教室とは一旦は縁が切れたことになったのだけど、今度来た病院は元の大学系列。教室内の人事異動ではなく、私のスペシャリティーに目をつけてくれた、こちらの病院から声をかけていただいた話なので教室とは関係がないのだが、まあ、関連病院といえばそうなので、帰室のような感じということだになった。それはさておき、同窓会が終わってから...あなたはこれを知らないと損をする!という商法

  • 2019年11月の読書記録

    この前、整理断捨離した本をブックオフに持っていったら、そこそこの額になったので妻と娘とで近所のイタリアンで昼食を食べた。吉田篤弘の作品は淡々としていてオシャレ。村上春樹ほどのスケール感はないのだけど、独自の世界観があって面白い。悪人が出てこないので、安心して読めて好きだ。アウトプットとはとにかく実践。アウトプットできる場を見つけ出し、積極的にやっていこう。10月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:523ナイス数:58針がとぶ-GoodbyePorkpieHat(中公文庫)の感想さらりとした優しくおしゃれな話の集まった組曲の様な作品。たくさんの伏線もしくは糸が絡み合っていることに途中で突然気がついた。読み終えて、すぐに読み返したくなった。感想を書こうと思っても、何だかふわふわしていて難しい。私には、人間...2019年11月の読書記録

  • ひと月すぎて

    職場が変わって1ヶ月。55歳で新しいところに適応する力が残っているか不安だったが、立ち上がりはなんとか乗り越えることができた。新しいところにきたら、あれこれやろうと思っていたけど、どれも漠然としていて具体的には案外何も考えていなかった。結局、バタバタするうちに過ぎたあっという間の1ヶ月だった。世の中に目をむけると1ヶ月でこれほど多くのことが起こるのかと驚く。東日本を襲った台風19号とそれに引き続いて起きた未曾有の大水害、天皇陛下の即位正殿の儀、ラグビーワールドカップそして首里城の火災。あと、大臣が二人も辞めた。世界に目をむけたらそれはそれはもう数えきれないほどで、私自身が異動したことなど忘れてしまう。多くの人が多くのことにそれぞれ関わり、喜び悲しむ。1ヶ月という時間のうちに遭遇することは数えきれなくあり、1ヶ月...ひと月すぎて

  • 失われてしまった記憶

    火災は、それまであったものを全て焼き尽くす。そして、その後には何も残らない。沖縄那覇の首里城が火災に遭い、多くの大切な建物が失われたそうだ。私が首里城を訪れたのは5年前の秋。病理学会総会の合間を縫って丘を登った。その時はまだ修復中だったが立派な建物だった(沖縄、広島、長崎-2014年11月24日)。後世に残していかなくてはならない大切な文化遺産が失われたということは心が痛む。そして、多くの沖縄の人にとっての誇りであった貴重な記憶が失われてしまったことは悲しみを増幅させる。ささやかなものとはいえ、私の記憶も炎とともに失われてしまった。(朝日新聞デジタルより)パリのノートルダム大聖堂が灰燼に帰したのが今年の4月だった。姿形あるもの、いつかはそれが失われるとわかっていても、それらが失われないように努力する、すなわち失...失われてしまった記憶

  • ネットの人格、本当の人格

    昨晩、NHKをみていたら、AIがネット上からデータを集めて、その人となりを決めるようになっているという話が紹介されていた(人事・転職ここまで!?AIがあなたを点数化-NHKクローズアップ現代+2020年10月29日)。フェイスブック、インスタ、ツイッターそしてブログ。どれもこれもが紐付けされてその”人物”を点数化して、”企業が求める”人物であるかを判定するということだ。私なんかは、全くこれに絡め取られているので、逆に、自分の評価というのがどのようなものであるのかを聞いてみたいとも思う。ただ、ネット上の自分というのが本当の自分であるのかは疑問が湧く。生身の自分と、ネット上の”無敵”の自分との間にどれだけのギャップがあるのかわからない。ネットに、自分そのものをさらけ出している人もいるだろうし、良くも悪しくも”なりた...ネットの人格、本当の人格

  • おやつ(間食)減らしてカロリー稼ぐ

    10月に入り、職場も変わって、新たにはじめたことがある。それはダイエット。今度こそ本気。先月、ついに瞬間85キロにもなったことがあり、はち切れそうな腹を見て、これは早晩90キロだと思った。そうなったら、血圧も上がるし、糖尿病にもなるだろう。それで脳出血でも起こしたらコトだ。脳出血は必ずしも肥満の人、血圧の高い人に起こるわけではないが、これら生活習慣病はリスクになる。手をこまねいている場合ではない。減量、減塩しなくてはいけない。ちょうど、あすけんダイエットという減量アプリが目に止まり、使ってみることにした。とりあえず、朝、昼、晩の三食の写真を撮って保存して、カロリー計算をする。毎日1度は体重を記録する。目標は10キロの減量。1日の摂取カロリーが設定された目標カロリーを下回るようにすること。今のところのそれは227...おやつ(間食)減らしてカロリー稼ぐ

  • 最近の鎌倉駅周辺

    ナイトがあまり歩かなくなったのと、ここのところの雨続きで週末の鎌倉散歩もめっきり減った。鎌倉アルプスといわれる建長寺や源氏山のハイキングコースも倒木などのためにあちこちで通行止めとなっていて、歩きたくても歩けない状態となっているらしい。昨日久しぶりに鶴岡八幡までは歩いてくれた。源氏池の横の倒木は切り株が痛々しかった。雨のせいもあるのだろうと思うけど、鎌倉駅前(東口)のロータリーの凸凹が最近とみにひどい。ここはJR東日本の土地らしく、最近やっと整備がはじまった(鎌倉駅東口駅前広場整備事業鎌倉市ホームページ)。今日は、再整備途中の風景を残しておこうと。手始めに行われているのがバス停の整備。これがぐるっと一周したら、今度は道路も綺麗になるのだろう。オリンピック、パラリンピックの頃には今以上に外国人観光客が来るので、あ...最近の鎌倉駅周辺

  • 人生いろいろ勉強したが・・・

    しばらく読んでいなかった本の断捨離。整理して驚いたのは生き方、哲学の本が多かったこと。ガネーシャからカーネギー、アドラーetc.色々と読んできたけど、人生ますます謎は深まるばかり。女性との付き合い方いろいろ勉強した。地図が読めても女性の心はなかなか読めるようにはならなかった。どの本も、その時々私に勇気を与えてくれた。ありがたいものだ。パラパラめくってみたあと、手元に残そうと思った本が2冊。あれあれ、同じ著者の似たような本だった。2冊も買って読んでいたとは、やれやれ。自分の人生がうまく行っているとか、自分の人生を変えたいとか、そんなことは思っていなかっただろうし、これらの本を読んで、人生は変わっただろうか?いや、変えられただろうか?いや、結局、変わらなかったのかもしれない。人生、いくら勉強しても仕方ない。人と関わ...人生いろいろ勉強したが・・・

  • 最終コーナーの立ち上がり

    久しぶりの青空。昨日の土砂降りのせいで地面はまだまだ湿っているが、気持ちの良い気温と湿度。23度で55%。ベランダで青空に浮く雲がゆっくり動いていくのをぼんやりと眺めていると、いろいろな思いが浮かんでくる。それらの思いをこうやって、ブログの記事に書き留めようとするのはまだまだぼんやり出来てないからかもしれない。でも、ブログのテーマがあまり浮かんでこなかったのも事実、ここのところあまりにもいろんなことがありすぎたからだろうか。大学病院を退職し、新しい病院で一人病理医となった。私の病理医人生の最終コーナーの立ち上がりといったところ。これからの人生、楽しみに生きていきたい。頭を休めるお願いします最終コーナーの立ち上がり

  • 同じスマホのはずなのに

    日本周辺の天気図がすごいことになっている。強い台風21号が日本列島を直撃することはなかったけど、四国の南にある低気圧を刺激して大雨を降らせている。さらには、北から寒気が流れ込んで寒さも加わっているとのこと。鎌倉も都内も土砂降りの大雨だ。流石にこれほど立て続けに雨が続くと滅入ってくる。皆様もどうぞ、風邪などひかれませんように。さらには、被災地の皆さんはくれぐれも気をつけてください。昨晩、息子と二人で飲んだ。その時に様々なアプリを駆使しているのに接して、自分がいかに”遅れている”のかを自覚した。店の予約もぱっぱと人気店で、安くて、美味しい店というのを探し出す。連れて行ってくれた店はあまり綺麗ではなかったけど、味はよく、リーズナブルな値段だった。お店への道順は私も地図アプリを使うので、この点では同等だったように思う。...同じスマホのはずなのに

  • 親切を貯金しよう

    この月曜日、バスに乗る前に、少し大きめの乳母車を一人で持ち上げて乗り込もうとしている女性が見えた。誰も手伝おうとする気配がないうちに、私もそこに追いついた。ぎっくり腰でどうしようもない状態(腰がピシッと-10月20日)だったのだけど、意を決してその親子がバスに乗るのを手伝った。そのお母さん一人でも大丈夫だったのだろうけど、手助けがあれば助かるに違いない。たぶんお役に立っただろうと思う。たいした話でもないのにそれをわざわざ書いたのは、気になるニュースがあったから。昨晩、日本が国際的なランキングで人助けをしない国と評価されてしまったという残念なニュース(WorldGivingIndex世界人助け指数)を妻が憤慨しながら話してくれた。このデータについては算出方法などについて色々と問題があるようだし、そもそも国全体の福...親切を貯金しよう

  • 空の偶然、それとも必然?

    昨日の即位の礼に合わせるかの様にかかった虹は、日本の神話に記された天照大神の伝説とも相まって、とてもおめでたいしるしとなった。天気というか、空模様というものが人間社会の思いを逐一反映するものとは思えないが、偶然にしては出来過ぎた話でもある。それこそ神のみぞ知ることだが。私にも今朝いいことがあった。起きがけに東の空をみたら、ちょうど夜明けで、一筋の陽の光が西に向かって延びていくのが見えた。偶然のことかもしれないし、私のこれからの人生を示してくれていることかもしれない。どうせならば、これは私の人生に一筋の光明が差したことを示したものと考えるのが良い。だから昨日の虹は、相次ぐ災害からの復興の虹であり、平和の虹であるに違いない。令和の時代が戦争もなく過ぎれば伝説にもなるだろう。令和が平和な時代でありまようにお願いします空の偶然、それとも必然?

  • 皇居の上に虹が出たとか

    今日は天皇陛下の即位礼正殿の儀の日。朝からの大雨でどうなることかと思っていたが、昼過ぎに急に空が明るくなり、雨が止んだ。私はギックリ腰で静かにして、儀式のテレビ中継を見ていたのだけど、虹が出ていないかと空を見たけれど、出てはいなかった。そうしたら、夕方のテレビ番組で東京で、それも皇居の上にかかるように虹がかかったとか。おめでたいことだ。令和の時代に入って、災害などでいまひとつパッとしないが、今日を仕切り直しとして良くなってくれることを願います。私の腰もよくなってお願いします皇居の上に虹が出たとか

カテゴリー一覧
商用