chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
こんな気持ちでいられたら https://blog.goo.ne.jp/kentagoo1208

病理医。顕微鏡を通して見える細胞は体のごく一部。一人一人も社会のごく一部。そんな人間、なんで生かされ生きているのかなあ。

人を直接診ることのない医者になるとは思ってなかった。人生のことをあれこれ素人考えしています。人生気がつけば周りの人に助けてもらい、励ましてもらいで、結局自分では大したことはしていない。人に優しく、感謝の気持ちを大切に。

コロ健
フォロー
住所
神奈川県
出身
アメリカ
ブログ村参加

2011/02/28

1件〜100件

  • 人それぞれならそれぞれの立場を考える

    今日からお盆やすみ、大きな荷物を抱えた家族連れが目立つが、さすがに車内は空いていた。その分電車も早く進んでくれたらいいのにそういうわけにはいかないようで、いつも通り早起きしたのに、大幅遅延。台風がもたらす雨が降ったり止んだり、ゴミを出しに行ったときは強い雨が降っていたが、幸い駅に着いたら雲間から青空がのぞくいていて、傘をささずに駅舎に滑り込んだ。このところのニュースは東北地方の大雨、大谷翔平、統一教会、ウクライナ侵攻など。それぞれに関する論考はさまざまで、整理するのは難しい。考え方がいろいろ、というのは見る人の立場によって捉え方が変わるからということもある。例えば、大谷翔平。彼は、息子と同い年で、羽生結弦も、反田恭平もそう。私に子供は二人いるが、息子が彼らと同い年で、娘は下。それだけで彼らへの考え方という...人それぞれならそれぞれの立場を考える

  • ここは風の谷かと思っていたが、どこも強く吹いていた

    ナウシカの住む風の谷はこんなところなのかと思わせてくれるような強風が私の家のある谷戸に吹き荒れている。風が強いのはここだけかと思っていたが、お墓参りに出かけたらどこも強風だったので、風の谷というわけではなさそうだ。この強風、もう4、5日ほど続いていて、風に飛ばされて割れた植木鉢はすでに2個、もう勘弁してほしいと思っていたところに今度は台風とは泣き面に蜂だが、せめてこれが東北地方に大雨を降らせている前線を引きちぎって終わらせてもらいたいところだ。週末は大荒れの予想でどうなるかわからないが、今日は早めに休むことにして明日に備えよう。明日はそれほど忙しくないはずで、ゆっくり仕事に取り組めそう。構想を練ってランキングに参加中。応援お願いします!ここは風の谷かと思っていたが、どこも強く吹いていた

  • 中国が科学論文で世界一になったが私は戦う

    自然科学分野の研究論文に関わる代表的な3つの指標全てで中国が世界一になったそうだ。中国人がノーベル賞を取る日もそう遠くない。12年前、中国での学会に呼んでいただき講演をした(2010年7月)があの頃はまだ、日本人病理医が圧倒的に知識も論文数も豊富だった。だが、今、医学論文をひいても著者名は中国人とわかる人のものが圧倒的に多い。あの時、ディスカッションした中国人研究者は誰もが天才的に頭が切れた。この数年後に書いた、日本は、大丈夫なのかな?(2013年9月)というエントリーを読むと、もう崖っぷちに立っていたのがよくわかるが、その後の10年間も、この国は何もやってこなかったと言わざるを得ない。科学者の端くれとして恥ずかしいことだが、私自身この10年間何をやってきたのかと問われたら、これこれを成し遂げたということ...中国が科学論文で世界一になったが私は戦う

  • 東工大×医科歯科に大いに期待

    夏休みも本格化してきたようで、朝、鎌倉駅に到着する電車に空席が目立つ。こんなに暑いのにくそまじめに通勤しているのもどうかと思うが、とにかくストレスが少しでも軽減されるのは助かる。昨晩、鎌倉に帰ってきたら鎌倉駅のホームがすごい人で驚いた。駅前には大声を出しながら海のほうからやってきた若者や、鶴岡八幡宮のほうから浴衣を着た女性とかがいる。いつも通り、妻に車で迎えに来てもらい鶴岡八幡宮の前を通ったら、ぼんぼり祭りに来た人で、昼間のようにごった返していた。実朝祭の今日が最終日なので、今夜もまた多くの人がやってくるのだろう。鎌倉は昨日から強風が吹いていて、突風で鉢植えの木がいくつも倒されたそうだ。医局で育てていたものの元気がなくなって家に持ち帰り、見事に復活したウンベラータもその一つ。びっくりするほど大きく育った葉...東工大×医科歯科に大いに期待

  • 鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り・・・2022年

    週末、少し涼しかったのものつかの間、今週は暑さが戻ってくるようだ。立秋を過ぎたとはいえ、あとひと月ほどはこんなだろう。昨日1日ぼんやり過ごし、あれこれのニュースを読んでも混乱するばかりで、整理がつかない。今しなくてはいけないことは、社会に対する不平不満不安をここに書き連ねることではなく、自分に与えられている仕事をしっかりやること、将来に向けて準備することと割り切って考えたほうがよさそうだ。そんなわけで、今日はあれこれ考えず、昨晩あのあと妻と一緒に行った鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りの写真を並べることに。八幡宮に着いたらずいぶんな人出。オープンエアスペースとはいえ、それぞれのぼんぼりの前では密になるのが気掛かりだったが、若者以外はたいていマスクをしていた。今年は、NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の十三人』とコラボしてい...鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り・・・2022年

  • 沼の泥がまきあげられて

    妻と娘が出かけ、私は留守番。庭仕事をしようと思っていたが、気温は高くないものの湿度が高く、あっさり断念。大谷翔平の試合を見ながらアイロンがけを始めたら、WOWOWでやっていた007までみる羽目になった。最近の世界情勢、国内情勢を考えると、あたかも池の泥が巻き上げられて何も見えなくなっているようだ。巨大なナマズが巻き起こした泥は沈むことなく、ますますひどくなっているようにも見える。世界中がこの泥にまみれ、誰も未来を見通せなくなっている。この濁りは果たしていつ収まるのだろう。誰にもわからないランキングに参加中。応援お願いします!沼の泥がまきあげられて

  • ヒロシマ原爆忌と非核化への道

    今日は湿度は比較的低く、過ごしやすい1日だったが、それでも最低気温は25度、熱帯夜であり、決して涼しいわけでは無い。それでも歩きやすかったので、マルチーズのコロと散歩に出かけた。今日は広島に原爆が投下されてから77年目。ロシアのプーチン大統領がウクライナへの核兵器使用の可能性に言及する中で、日本が核兵器廃絶にどのように向かっていこうとしているのか、原爆忌での岸田総理大臣の話を聞いた。非核化への道は細く険しいと言っていたが、これはもう絶望的な言葉だ。それでも、日本の総理大臣は非核化を目指して声を上げている。核兵器を持たない国としてできる限りの努力をしているように、私には思えた。核兵器を持つべきだといっても、開発から核弾頭搭載までには時間がかかるし、非核三原則を放棄して米国の核兵器持ち込みを容認したとしても、...ヒロシマ原爆忌と非核化への道

  • 昔、渋谷でよく声をかけられた

    やや厚い雲によっておおわれて、空気はひんやりしている。といっても、24度で、一昔前だったら熱帯夜一歩手前で結構な騒ぎだったのではないだろうか、体の順応能力には驚きを隠せない。毎日、いろんな細胞がいろんな目的を持って変化している姿をみているが、それらの延長が個体の変化であると考えると人間というのがいかに生きるために上手く作られているかがわかる。安倍元首相の暗殺事件をきっかけに旧統一教会のことがクローズアップされているが、私が若かった頃、わが家ではよくこのことが話題に上がった。原理とか、統一教会という(宗教というよりは)組織があり、若い人がそこに入信して抜け出せなくなっているという話を聞くから、私(コロ健)も気をつけるように、と両親によく言われたが、具体的にどういうものかはよくわからなかった。ある地方大学など...昔、渋谷でよく声をかけられた

  • 裸の王様がスマホ片手にあれやれこれやれ

    明け方、海の方から聞こえてくる雷の音で目が覚めた。しばらくの間、遠くでピカピカ光っているだけだったが、雨雲はその後ずいぶん近くまでやってきて、大きな雷鳴音を響かせながら大雨を降らせたあとやがて去っていった。雨雲は少し南のほうを通ったみたいで、思ったほどの豪雨とはならず、ちょうどいい打ち水になった、駅前はしっとりとして気温も低く、昨日までの暑さが嘘のような楽な出勤となった。今日は、山形で線状降水帯を形成して災害級の大雨を降らせた前線が南下してくるとかで、鎌倉の辺りは今日1日降ったり止んだりになるらしい。大雨にならないといいが。昨晩、NHKの論説委員が番組の中で、今回のロシアによるウクライナ侵攻を”プーチンの戦争”と呼んで、プーチン大統領への憎しみをあらわに批判していた。私も全く同感で、これまでこのブログの中...裸の王様がスマホ片手にあれやれこれやれ

  • 民主主義国家×強権主義国家とグローバリゼーション×ナショナリズムに答えはあるか

    朝起きたらもう29度。かつて勤めていた病院のあるところが昨日39.5度を記録したそうだ。外の空気に触れただけででやけどしそうに感じた暑さを思い出した。今の勤め先も東京の内陸にあるので五十歩百歩なのだが。今朝は少し時間があったので、最近あまり歩くことのできなくなったマルチーズのコロを抱いて坂の下まで降り、日陰の多い道を5分ほど歩かせ、また抱っこして坂を登ってと、15分ほど散歩をしたらけっこう汗をかいてしまい、妻に奨められるまま、昨晩の風呂の残り湯に浸かってから仕事に出てきた。この暑さではコロが元気であってもそんなに長く散歩をさせることはできないので、ちょうどいいと考えた。だが、人間同士でもわからないことばかりなのだから、犬の考えていることなど分かるわけがなく、コロはどう感じただろう。昨日、米国の下院議長とい...民主主義国家×強権主義国家とグローバリゼーション×ナショナリズムに答えはあるか

  • 8月に入ると反戦番組が増える

    NHKの連続テレビ小説「ちむどんどん」、その荒唐無稽すぎるストーリーで評判はいまいちのようだが、昨日、沖縄出身の主役、準主役を演じる二人の女優が沖縄戦の跡を訪ねるという番組があった。兵士や住民が立てこもった「ガマ」とよばれる洞窟を訪れたところで、先日のウクライナで同様に兵士、住民が避難したアゾフスタリ製鉄所のことを思い出した。「ガマ」に立てこもった人は火炎放射によって焼き殺されたそうだが、これもロシアによる白リン弾による攻撃と同じだ。沖縄はアメリカが日本に返還してくれたので、その頃の様子がだいぶわかったが、ウクライナでのことはどれだけ明らかになるだろうか。8月に入るとテレビでは反戦番組が増える。ただ、残念なことに戦争をしてはいけない、ということを繰り返し言っても、やはり戦争に踏み切る為政者がいる。プーチン...8月に入ると反戦番組が増える

  • よかれと思って言うのだが・・・2022年7月の読書記録

    7月から新スタッフが加わったが、思うように働いてくれない。よかれと思って言ったところで馬耳東風、糠に釘。友人の病理医に相談したら、どこも同じようなもののよう。そんなものかとあきらめて、これまで通り自分で全部jやってしまえばいいのだが、そうもいかない。難しいものだ。7月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:290ナイス数:27新コーチングが人を活かすの感想ノウハウを教えるのではなくて、本人に気づいてもらうということこそがコーチングか。枕詞で緊張を緩和する、”あいづち”を意識して磨く、失敗する権利を与える、エネルギーを高く保つ、かな。ただ、エネルギーを高く保っていたら、ハイテンションな人と、引かれてしまうかも。一度では覚えきれないので、忘れた頃にまた読もう。読了日:07月19日著者:鈴木義幸読書メータ...よかれと思って言うのだが・・・2022年7月の読書記録

  • 元気を出そうと簡単オーブン料理

    やっと8月に入ったところだというのに、今日の東京、神奈川予想最高気温は35度、場所によっては37度とか予想されているところもあるが、お盆の頃はどうなってしまうのだろう。ワクチンの副反応である左肩の痛みはほぼおさまったが、頭痛がまだ少々ある。まあ、頭痛は熱さによるものかもしれず判断は難しい。一昔前だったらこんな”体温と同じ気温”などという話題は、どこか遠くの国での”熱波”のことだったのに、日本でもこれが当たり前となってしまった。ニュースか何かで、クワガタ虫の顎にあたる鍬形の形が明治時代と変わってきていて、それが温暖化によるものと考えられるという話をしていた。人間もあと100年もしたら体のどこかが伸びて、どこかが縮んでなどということになるのだろうか。妻が暑さにやられてしまったので、おととい昨日は私と娘で食事を...元気を出そうと簡単オーブン料理

  • 熱中症だか副反応だかよくわからなかった1日

    今日もいい天気、気温は朝からぐんぐん上がり、部屋の中でも31度。座っているだけでも汗がにじんでくる。気がついたらちょっと頭痛がする。昨晩はワクチンを打った方の肩が痛くて寝返りがうまく打てずに寝不足だった。頭痛が暑さによる熱中症のせいなのか、やっぱりワクチンの副反応なのか、よくわからない。とにかく、冷房をかけ、痛み止めを飲んで午後はぐうたらして過ごした。夕方になり少し気温が下がり、頭痛もおさまってきたので、外に出て土いじりをしたが、あっというまに汗だくとなり手早く済ませた。明日から仕事、一晩寝たら元気になるだろうか。よくわからない物質を体の中に入れるというのはやっぱり嫌な気分だし、それが体調不良に結びつくとなると、逃げられないような気がして気持ちが悪くなるものだ。ワクチンを嫌がる人の気持ちもわからないではな...熱中症だか副反応だかよくわからなかった1日

  • 酷暑のなか4回目の接種に出かけたら

    朝から快晴。要らなくなった洋服の整理をしていたら汗だくとなる暑さ。新型コロナワクチンを打ちに東京まで出るのもためらわれたが、BA5は換気の悪いところだとマスクをしていても感染する可能性があるので注意するようにというおふれ書きが院内メールで来ていたし、このことを、昨日感染症科の先生とそのことを話したら、そうなんですよ、先生、ワクチンは?明日。よかった。なんてやりとりもあったので、時間より少し早めに出た。東京駅丸の内出口に設営されている大規模接種会場に、予約時間より30分以上早く着いたのが、来てみてびっくり玉手箱、100人近くの長蛇の列。どうせガラガラで入り口の写真でも取れるだろうとたかを括っていたらとんでもない、忙しそうにしている会場整理の人の姿を見たらそんなこと失礼と、大人しく手続きの列に並んで順番の来る...酷暑のなか4回目の接種に出かけたら

  • 考えながら生きるために決めておくこと

    いよいよ本格的な夏がやってきたような気がする。熱帯低気圧から成金のように勢力を増した台風5号が北西方向へ抜けたら、日本全国すっかり夏だ。そうはいっても、まだ7月。戻り梅雨のようなものがあったものの、梅雨明けが早かった分、長い夏となりそうだ。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻で、世界が包含する問題点、矛盾、限界が急速に明らかとなった。この先のことを考えるにあたって、何か行動を起こす時、人間はみなまず自分の判断で動くので、結果として論点があまりにも多くなってしまうということがわかった。なんの見返りもなしに他人のために死ぬ人はいない。この先、私はまだしばらく生き続けるつもりで、そうであれば考えながら生を全うしたい。そこで大事だと思うのが、不変の価値基準を持っておかないといけないこと。ここまで書いて、「なんだ、こ...考えながら生きるために決めておくこと

  • 次はモデルナと思っていたが今度もファイザー

    参議院議員選挙までは多少なりとも政治関連の話題があったものの、政治家が夏休みに入って、目ぼしい話はほとんどなくなった。ウクライナへのロシアによる軍事侵攻で世界経済が困難な状況に直面しており、経済関連もパッとしない。政治経済関連について毎日書いているブロガーさんもこの状況に呆れているようだが、有能な政治家が払底している現状では仕方ないのかもしれないし、今の社会は誰がトップに立ったところでどうにもならないのかもしれない。政治にもAIの導入を考えないといけないのだろうか。私にしても、このところは身辺雑記のようなことが多くなっている。そんな折、新型コロナウイルス感染症の感染者数が過去最多を更新し続けている。この第7波からは逃げられないと覚悟を決めてはいるものの、ワクチンは重症化のリスクは低減するというので、今週末...次はモデルナと思っていたが今度もファイザー

  • 日本人は穏やかだから日本は安全なんてこと、もはや言えない

    朝から、モバイルSuicaの調子がとても悪かったせいでいろいろあって、JR東日本のコールセンターに問い合わせたら私のスマホとアップルウォッチが不良だからだと木で鼻を括ったような言い方で説明された。オペレーター相手に何を言っても埒が明くわけがないので、大人しく引き下がったものの、不愉快な気持ちで一日過ごした、というか今もまだ嫌な気分だが、こんな気持ちでエントリーを書いては読んでいただく方に失礼なので、気を取り直して書くことにする。それにしてもこういうことがあるたび、つくづく通勤が嫌になる。今さら鎌倉を出ていく気にもなれないので定年まではこのままでいることにするが、とにかく、通勤のストレスは本当に大きい。電車がしょっちゅう遅れるのもストレスの一つだが、同乗者のストレスも並大抵のものではない。マナーの悪さについ...日本人は穏やかだから日本は安全なんてこと、もはや言えない

  • 世の中すべてに表があって裏がある

    雷も光る大雨。気温は26度だが、湿度がむちゃくちゃ高い。熱帯低気圧が北上して、前線の端っこに接近して関東地方にはそれこそ”まとまった量の”雨が降るらしい。これだけ、高気圧と低気圧が混じっていると将棋かチェスのようで、熱帯低気圧は銀。通勤の間じゅう、車窓を流れる雨を見ていた。ウクライナへのロシアによる侵攻とその後あらわとなったグローバル社会と強権主義国家群の対立、安倍元首相の暗殺とその後明らかにされた政治と宗教の関わり、新型コロナ、ついに国内にも感染者の出たサル痘。それぞれの出来事の裏にはそれはもう信じられないほど多くの人の行動、思惑がある。こんなことを書くと、そんなこと当たり前だろうと笑われそうだが、では、全てを知っている人物などこの世にいるだろうか。一つ一つの出来事に説明を付けることはできるかもしれない...世の中すべてに表があって裏がある

  • 熱帯夜とわざわざ口に出さなくなってきた天気予報

    明け方に目が覚め、温度計の表示を見ると26度。たしか、最低気温が25度以上の夜を熱帯夜といって、この言葉が世の中に出現した当時はまさしく異常な気象状態をさしていたような気がしたが、いつのまにか天気予報でこの言葉を聞かなくなったのは、地球温暖化によりこの状態が常態化してしまったからだろうか。真夏日はまだ使っているが、猛暑日とともにそのうち5度ずつ上げることになるかもしれない。なるほど、こんなことが続くと昼間は少々暑くても、夜は涼しくなるのが当たり前と、子供の頃の感覚でいたら、いつの間にやら熱中症というのもうなずけるが、毎日熱帯夜といったところで慣れてしまえばどうということもない。最低気温が23、4度まで下がってくれたら熟睡できるだろうに、そんなのは軽井沢とか八ヶ岳とかに別荘でもがなければ叶わぬ夢となった。ま...熱帯夜とわざわざ口に出さなくなってきた天気予報

  • 今日も平和に過ごせた1日に感謝

    朝から暑かった。今日は息子の誕生日。一日遅れの土用の丑の日ということで、息子夫婦と妻と娘とでうなぎを食べた。お店まで歩いたが、今日も市内は空いていた。海の方はどうだっただろう。息子たちが来る前に掃除だのなんだのをしたが、こんなことができるということ自体、幸せなことだ。平和に過ごせたことに感謝しなくてはいけない。何もない1日というのが何よりも幸せなことなのだ。仕事があることもランキングに参加中。応援お願いします!今日も平和に過ごせた1日に感謝

  • お宝の上に住んでいるような気がして少し幸せな気分になった一日

    せっかくの休みの土曜日なのに、ちょうど明け方に目が覚めてしまった。久しぶりの朝焼け。朝から暑かったが、湿度は50%台で、まあまあ過ごしやすかった。マルチーズのコロとの散歩から帰ってきた娘が、現在発掘中の遺跡を見学できるみたいだと教えてくれた。いいピッチングをしていた大リーグエンゼルスの大谷がフォアボールから大炎上してしまったので、妻と遺構見物に出かけることにした。それにしても、大リーグ中継を総合テレビで流すとは、NHKも最近サボり過ぎではないか。遺跡発掘は、暗渠となっている川の改修に伴うもので、鎌倉時代からの歴史がわかるものだった。出土品もずいぶんあって展示されていた。鎌倉はこういったものがずいぶんと出るようで、自分もそんな宝の山の上に住んでいるのかと思うとちょっと嬉しい気持ちになった。それにしても、炎天...お宝の上に住んでいるような気がして少し幸せな気分になった一日

  • 新型コロナ対策は自己責任のフェーズに

    南風が強く湿度も高い。最近ではほとんど歩けなくなったマルチーズのコロを坂の下まで抱いてくだり、平らになったところで少し歩かせ、また家まで抱いて戻っただけでそこそこ汗ばんだ。鎌倉駅前の通りには芙蓉が満開の花を咲かせていた。この歩道は駅からの通学路で、いつもは学生があふれ、歩くのもひと苦労なのだが、夏休みのおかげで向かってくる人は誰もおらず、少しゆっくり眺めることができた。若者の無邪気で罪のない行動というのに年長者はどう対応してよいかわからない。厚労省の新型コロナ接触アプリCOCOAを久しぶりに開いたら、7月7日に31分感染者と接触したことになっていた。使用開始から455日とかで、この間、接触はこれで2度目。この日はウィークデイだったので、感染者が誰だったのかはわからない。職場と家族に感染者は出ておらず、電車...新型コロナ対策は自己責任のフェーズに

  • 人間は太陽と大地に生かされているということを忘れてはならない

    スッキリ晴れるのはもうしばらく先のようで、明日は雨とか。急に勢いを増していっきに梅雨明けに持っていった太平洋高気圧がヘタレだったのか、これが本来の姿だったのかよくわからない。学生は今日から夏休みということで、電車はずいぶん空いている。このブログに載せるための草木の写真を何枚か撮る。アングルによっては近所のお宅が映り込んでしまうので、遠景かあとは近づいての写真にしている。撮った写真はPC上でトリミングなどしたのち貼り付けるが、今朝ふと、植物の多様性に気がついた。すべての植物は地面から水を吸い上げ、光合成の過程によって空気中の二酸化炭素をエネルギーに変換するという共通したシステムを持つが、それらは多様な種類に分かれている。みんながみんな同じように育ってもいいような気がするが、住む場所によりさまざまな姿に変化し...人間は太陽と大地に生かされているということを忘れてはならない

  • 病いを受け入れ生きることを自覚する

    朝から蒸し暑い。出かける時分には湿度はとっくに70%を超えていて通勤電車の中の涼が嬉しい。前線の北と南の高気圧が早く一つになってくれたら、豪雨も雲散霧消となるのになどと素人考えをしてみるが、さていざ太平洋高気圧が出張ってきたらどうなるだろう。所詮天気は神様のきめること、人間風情にできることは、新型コロナ対策を忘れずに熱中症にならないこと。昨日から、脇の下や股関節を冷やせるよう、保冷剤を持って出かけるようになった。NHKニュースを視ていたら、白血病と闘っている10歳の少年が、千葉ロッテマリーンズに入団したという話を報じていた。小児周産期医療に携わるものとして、大変興味深い内容だった。とくに、弟を白血病で亡くしたという選手の思いはしみじみと聞かせてもらった。先日、妻の友人から、夫がALS(筋萎縮性側索硬化症)...病いを受け入れ生きることを自覚する

  • 落ち着いてくると後回しにしていたことが次々と

    朝から湿度は70%を超えて、頭痛がする。九州では大変な大雨になっているとかで、お見舞い申し上げます。いろいろ片付けなくてはならない仕事をすませることができたので、この3連休は助かった。休日といっても、職場での仕事が無いというだけで、家のことをやったり、病院以外の場所での仕事をしたりとなるので、まるっきりの休みというのはあまりないが、それはそんなものだろう。昨日一昨日は家のメンテナンスにほとんどを費やしたが、それなりに充実した3連休だった。さて、今日から仕事。先週までのてんやわんやの忙しさはなくないものの、カレンダーを見ると細々とした予定は入っている。今日は少し余裕があるので、後回しにしていたことに少し手をつけることができそう。どうせやらなくてはいけなかったのだから、その都度片付けておけば良いのに、残り時間...落ち着いてくると後回しにしていたことが次々と

  • セミも蚊もやっと本気を出してきた

    やっと朝から晴天で、物置の掃除、グリーンカーテンの引き直し、おととい病院から連れ帰った元気のなくなったウンベラータなどの植え替えなどあれこれやっていたらあっという間に夕方になった。いろいろ写真を撮っておけば良かったのだが立て続けにやっているうちに暗くなってしまったのであきらめた。写真はグラウンドカバーのクリーピングタイム。白くて小さな花が咲いた。そろそろ刈り込まないと蒸れてしまうので、来週あたりは手入れしよう。そういえば、昨日ひぐらしの声を聞いたと思ったら、今日は朝からミンミンゼミの声が聞こえた。早すぎる梅雨明けで、セミが鳴き始めのタイミングを失っていると言う話を聞いたが、例年通りの梅雨明けの時期に合わせて鳴くのかと思った。そして、夏と虫といえば、蚊。蚊取り線香を焚いているにもかかわらず、夕方になって蚊が...セミも蚊もやっと本気を出してきた

  • ちょっと逃げきれないかも

    久しぶりに青空を見た。あれこれいろいろやっているうちあっというまに午後となった。空が明るいと思ったら、晴れていた。新型コロナ、第7波がやってきている。感染力が強いとうが、今度ばかりは逃げ切れるのか心配になる。妻と二人暮らしなら心配もあまりないのだが、娘がいるのでそうもいかない。活動性の高い10代、20代が感染拡大の主役ということで、それはそうで、娘もその20代。娘もその範疇で心配になる。まあ、その時はその時か。それでも気をつけようランキングに参加中。応援お願いします!ちょっと逃げきれないかも

  • あれほどあった私の夢は今どこに

    夢を持ちたいそんなことをもうすぐ還暦のおっさんが言ってもねごとにきこえてしまうかもしれないが、このところ何か夢をもちたいと考えている。そもそも、夢を持とうと意識したのは、9年前、仲の良かった病理医に勧められたことがきっかけだったが(夢を持ち、夢に向かって進め2013年6月22日)、夢を持つのは難しく、やがて忘れてしまったり、そのことをたまに思い出したりでやってきて、この間、また思い出した。本を読んでみたが、少し若い人へ向けたもので、すぐに夢を持てるというようなものではなかった。私に夢はあったのかそもそもこれまでの私に夢はあったのか。そして、その夢はもはや叶えることはできないのか。若い頃は就きたい職業、というのがいくつもあって、それが夢といえばそうだったのかもしれないが、今思い返すとそれは自己実現のための一...あれほどあった私の夢は今どこに

  • 男女の愛情はどこまで深くあるべきか

    ここ最近の朝食はオートミールに牛乳をかけ、バナナとヨーグルトをトッピングし、最後に蜂蜜をかけたものと牛乳入りのコーヒー。コーンフレーク、グラノーラなどよりカロリーが低いからと、イギリス帰りの娘にすすめられ、それまであまり食べたことのなかったオートミールに変えた。まずオートミールに牛乳をかけ、そのあとコーヒーを豆から淹れ、燃やせるものとかプラスチックなどの収集日は家中のものを集めてキッチンに戻り、ふやけて食べやすくなったオートミールにバナナなどをトッピングする。毎朝、弁当を作ってくれる妻には牛乳と蜂蜜抜きのセットを作ってラップしておいたものを私のものを作るついでに用意している。もちろん、時間に余裕があれば一緒に食べる。朝食を食べる前に、ダイエットアプリにアップするための写真を新聞の一面とともに撮る。今日の朝...男女の愛情はどこまで深くあるべきか

  • ジェンダーギャップを考えさせられた

    昨日の帰り、ちょっと興奮して病理診断科の仕事の中で最も意義があると考えているCPC(Clinico-pathologicalconference;臨床病理検討会)のことを延々と書いてしまった、最後までお付き合いいただいた方には感謝します。CPCを終えホッとして、備忘録的にそのことをブログに書き留めておこうと書き始めたら、ひと月ほど前にコメディカル部門から時間変更を申し入れられた時、怒りに任せて書いたエントリーがあったのを思い出し、昨日の感想にそれをくっつけたらあんなに長くなってしまった。あの記事がボツにならずによかったし、CPCを無事終えられたので、まあ、どうということもなかった。ブログのテーマ、私の場合、8割方が社会情勢から拾っていて、仕事のこと、家族のこと、庭のことなのどのいわゆる身辺雑記は2割ぐらい...ジェンダーギャップを考えさせられた

  • 病理医としての私のCPCへの思い入れと病理解剖

    CPC(Clinico-pathologicalconference)、すなわち臨床病理検討会が終わった。私にとってCPCは病理医として最重要な事項だ。そのCPCを終え、興奮冷めやらぬ状態で書き、長文となってしまったが、病理医に興味のある方、および病理医を目指している方はどうぞお読みください。担当の臨床医はまだ若くてプレゼンの経験が乏しかったようで、うまくいかなかったところもあったみたいだが、忙しい中よく頑張ってまとめてくれた。これまでにも何度か書いてきたが、このCPCというのは、病気で亡くなった方で病理解剖(剖検)をさせていただいた症例のうちから教育的意義が高いと考えられたり、希少な症例だが興味深い所見があったりするものを選び、院内の医師皆でディスカッションする。剖検(ぼうけん)と病理解剖は同義で、剖検...病理医としての私のCPCへの思い入れと病理解剖

  • きょうの弁当と人口増加と食糧危機

    昨日の帰り、駅のエスカレーターを上がっていたら、足を踏み外して、ステップに手をついたところが痛い。大怪我にならなくてよかったが、やっぱりエスカレーターでは手すりにつかまってじっとしているべきだと痛感した。自分がせっかちだというのはわかってはいるが、遠距離通勤ではピンポイントで電車の乗り継がなくてはあっという間に2、30分のロスになるので、ついつい急いで次の電車の出るホームに向かってしまう。山手線だの中央線を一本やり過ごすのとはわけが違うのだ。とはいうものの、他の人への迷惑もある、やっぱり気をつけようと反省する。来年にはインドの人口が中国を抜いて世界一になるという(インドの人口来年世界最多に中国を上回る推計を国連が発表)。すでに人口減少局面に入っている中国の人口が再び増加に転じることはどうやらなさそうで、こ...きょうの弁当と人口増加と食糧危機

  • 世界的な気候変動とシマトネリコの花

    今、満開のシマトネリコの花にたくさんの虫がやってきている。蝶々はほとんど見られず、だいたいは蜂で、スズメ蛾もいて結構賑やかだ。この家に越してきて12年半になるが、ずいぶんと木が増えたというか、大きくなった。オリーブとかイロハモミジとかかわいそうに枯らしてしまったのも少なくないが、それぞれそれなりに記憶には残っている。もう、植える場所もないのでそろそろいい樹形に育てることに専念しようと思っている。今年は、夏が長いのである意味剪定にはいいとは思うのだが、私の体が暑さについていけるかが問題になりそう。猛暑はこの国だけの話ではなく、世界中で深刻な問題となっていて、インドでは50度越えの熱波がきているらしい。気候変動が、人間の産業活動によるものなのか、単なる地球の変化なのか、正確なところはわからないが、人類のみなら...世界的な気候変動とシマトネリコの花

  • 一夜明け

    もやもやした1日が終わり、さあ気分一新新しい一週間をと思うのだが、朝から蒸し暑いうえ、昨日の疲れも手伝ってか少々だるい。それにしても、まだ7月11日というのに、今年の夏はいったいいつまで続くのだろうとげんなりする。玄関前の地植えしてあるクチナシが数日前から咲き始めた。一番大きな花のせいもあって玄関を開けると同時にいい香りがしてきて、元気が出る。昨日の参議院議員選挙、神奈川選挙区では、衆議院議員選挙で落選した自民の元代議士が転向し余裕の勝利。一方、立憲民主党(立民)は苦戦を強いられたもののなんとか補欠分の一議席を獲得。大方の予想通り、自民が圧勝し、次の国政選挙までの3年間、落ち着いてこの国の舵を取るが、世界的難局の中この国をよくするために、『黄金の3年』などに、慢心することなく努力してほしい。日本維新の会は...一夜明け

  • 楽しくなかった家の手入れ

    かねてより町内会に提案していた案件が2軒のお宅から同意しないという連絡があり、全戸の同意が必要だったため断念することにしなった。今朝はお騒がせして申し訳なかったというお詫びの手紙を一軒一軒のポストに入れて回った。一息ついて参議院選挙の投票に。近くで骨董市という名の青空市をやっていて、帰りにいろいろみていたらいいハサミがあった。これいくら?と聞いたら、店主がこれ買ってくれた人につけようと思っているんだよと、松の盆栽を指す。おまけもつけるから買ってよ、と言われ、植木鋏欲しさと、今ブームの盆栽に挑戦しようと、少々高くついたが譲ってもらった。と、おまけの、植木鋏と植木鉢。家に帰ってから、ベランダの掃除と植木の手入れ。黙ってやっていても、いつもなんとなく楽しいのだが、今日ばかりは一つも面白くない。町内会のこと、おと...楽しくなかった家の手入れ

  • 私は命をかけて生きているか

    昨晩、ちょっと長く話す講演が都内でありヘトヘトとなってしまった上、今日は、朝から地方で開催された某研究会にウェブで参加し、セッション1つの司会を務めた。研究会、学会というようなものに参加して、話を聞いて最新情報をキャッチアップしたり、さらには人様に喋ったりしているが、最近そういうことがちょっと辛くなってきたと感じる。そもそも私はなんのために毎日働いているのだろうと考えてしまう。安倍元首相が奈良での演説中に凶弾に斃れた。この国の民主主義にとって戦後最悪の事態だ。安倍元首相のことにはこのブログの中でも何度か触れてきた。よく覚えているエントリーは氏が2012年9月の再登板の時、この国を命をかけてよくしようと考えてんことだろうと思ったことだった(たとえ病気を抱えていても)。それから10年、周囲の人間や彼にたかるあ...私は命をかけて生きているか

  • 男ってのはどうしてこうも

    昨日、悲しいニュースが二報あった。私も男であり、彼らのような過ちを起こすことがないとは言い切れない。既婚の容疑者女性の妊娠をきっかけに殺害か東京練馬容疑者には妻子があり、通報したのは被害者の子だったという。仙台女子中学生切りつけ容疑者「背中を何度も切りつけた」刑務所に入りたかったからということでの犯行だったという。一つ目の事件は男でしか起こさないことで、二つ目のような事件を女性が起こすということを聞くことはない。男っていうのはどうしてこんなことをしてしまうのだろう?生物学的に女性よりも腕力がある分、男性には女性に対して心理的に優位な立場に立とうとする傾向があると思う。10歳前後だと女子の方が弁が立ち、男の子の方がやりこめられることが多いのは、ちびまる子ちゃんだのサザエさんで、日本人の多くに刷り込まれている...男ってのはどうしてこうも

  • 便利と引き換えに人類は多くのものを失った

    台風一過に近い状態なのか、気温も湿度も低めで、寝苦しさからは解放され、久しぶりによく眠れた。とはいえ、今朝も空は雲におおわれスッキリせず、時折雨がぱらつくが、しばらくの間はこんな調子の天気でも我慢しよう。先日、アップルウォッチで自動改札機にタッチしたが、タイミングが悪かったようでバーが大きな音とともに目の前で閉じた。私の後ろにいた人は、迷惑そうな顔をして左右の改札口に流れ、私はもう一度タッチしたけれどやっぱり赤いランプがついてしまうから、強行突破はさっさとあきらめ、駅員のいる窓口に回った。もう、出場し(たことになっ)ていますね、どうぞ(お通りください)と、許可された。自動改札の反応が悪かったせいで、私は少し傷つき、少し時間を無駄にしたので、機械の対応の悪さのせいだと駅員に向かって恨み節の一つもかけたいとこ...便利と引き換えに人類は多くのものを失った

  • 駅でのトラブルについての振り返り

    昨日の駅でのトラブルはインシデントで済んだが、リスクマネジメントに必要なのは検証。私のリスクは短気で怒りっぽいこと、なんとかしようとブロ友さんから教えていただいたアンガーマネジメントも覗いてみたが、自己啓発と一緒で永続性は期待できそうもなくあきらめた。とはいえ、自分のトラブルについては、よく考えなくてはまた同じようなことを繰り返し、今度は下手をしたら殺されてしまうかもしれない。知っておかなくてはいけないことは、誰かを怒らせ手を出させたら、私が犯罪者を一人作ってしまう。ということ。肝心なのは、他人を怒らせてはいけないということ。他人のマナーが悪いからと、いちいち目くじらを立てて注意・文句を言ったところで、相手の価値観、考え方が変わるわけないし、昨日みたいに逆ギレされるのが関の山。歩きスマホ、整列乗車の無視、...駅でのトラブルについての振り返り

  • 自分がいつ事件・事故に巻き込まれるかなんてわからない

    鳥の声に起こされ、薄目をあけたら朝焼けが美しかった。空気は気持ちのよく、しばらくそのまままどろんでいたかったが、ちょっとのぞこうとベランダに出て写真に撮った。台風4号は太平洋高気圧の北縁を東に進んでいる、朝は青空だが帰りには雨となっているかもしれない。電車に並んでいたら、後ろからきた人とちょっとしたトラブルになった。自分よりあきらかに若い人で、気軽な言い方で並び方を教えたらキレられた。私の言い方が失礼だったのだろうとすぐ謝った。”お客様同士のトラブル”なんてこんな些細なことから起こるのに違いない。何はともあれ、電車の遅延を引き起こす当事者にならなくてよかった世の中、価値観のまったく違う人の寄り合い所帯、夫婦、家族であってもわかりあうことのできないことがあるからトラブル、言い争いは絶えない。考え方が異なれば...自分がいつ事件・事故に巻き込まれるかなんてわからない

  • 病理診断科に新人がきた

    台風4号の進路はあっという間に消し飛んでしまった梅雨前線をなぞるようで、まるで降らせ足りなかった雨を日本列島に神様が恵んでくれるようだ。台風によると思われるにわか雨が2度ほどあって、湿度は上がって顔の周りがベタベタする。今週いっぱい雨模様となるみたいだが、そもそも降る予定だった雨とあきらめよう。シマトネリコの花が満開。こんな地味な木であってもこうして花をつけ、命の香りを辺りに振りまいている。この時期は花が少ないと嘆いていたが、そんなことはない様で、これまで私が気がついていなかっただけだった。この7月1日付けで、病理診断科に医師が一名入った。今の医師は、新卒採用ということはなく、まずは臨床研修を2年行い、さらに専門の研修を行ったのちにそれぞれの病院に就職する。病理医不足のご時世、ありがたいことでうまく指導し...病理診断科に新人がきた

  • バックヤードは室外機カバーの上

    鎌倉の気温はそれほど上がらなかったものの、湿度は高く蒸し暑かった。渇水が心配されたが、今回は台風4号のおかげで一旦はしのぐ事ができそうなので、水に関わる人たちの一部は胸をなで下ろしているのではないか。節電が話題になっているが、対策として室外機の周りに物を置かない、というのがある。わが家では、室外機カバーをかけているので、空気口は確保されている。そして、室外機カバーの上には廃材の板を渡して植木鉢用のバックヤードにしている。軒が少し出ていて強い水滴が当たらない。梅雨入りで傷んでしまって土から掘り起こしたヒマワリ、ゼラニウム、水やり忘れで枯れかけたハンギング等々を避難させて養生している。あとは、ポインセチアやシクラメンなどを避暑させている。これから、台風がやってくるのでこの場所はますます大事になる。最近、やっと...バックヤードは室外機カバーの上

  • プーチンの夢、トランプの夢、私の夢・・・2022年6月の読書記録

    私は夢を持っているか、もし持っていないのならば今からでも持つことはできるかということで、久しぶりにガネーシャの教えを乞うたが、さすがに自分で考えなくてはいけないみたいだ。仕方がないので、このことについてはまたあらためて考えよう。ディープステート(DS)と言う言葉を小耳に挟み、一体何のことかとジョーク集と読んだのが、『知ってはいけない・・・』。眉唾もののペーパーバックかと思って読み始めたら全くそんなことはなかった。ここに書かれているように考えたらすべては辻褄があう。プーチンの夢がロシアを今一度偉大な国にというのはよく知られたことで、アメリカファーストを打ち出したトランプと同じだ。自国第一主義は国際金融資本にとっては脅威であり、自主憲法を制定しようとしている日本もDSにとっては邪魔な存在となる。マスコミにより...プーチンの夢、トランプの夢、私の夢・・・2022年6月の読書記録

  • 鎌倉鶴岡八幡宮の大祓と夏の始まり

    数年前から高血圧のコントロールのため、都内で内科のクリニックを開業している妹に定期的に診てもらっている。子育て中ということもあってクリニックを閉めてしまう時間が早く、私は時間単位の休みをとって行く。昨日も早退したのだが、間違えていつもより1時間余計に休みをとってしまった。それはそれで早く診てもらって早く帰って早く薬をもらう事ができてよかったのだが、ちょっともったいなかったなとケチなことを考えた。なにはともあれめずらしく明るい間に鎌倉に戻ることができたので、歩いて帰ると妻に連絡したら、今日は大祓いだから一緒に茅の輪をくぐろうと返事が来た。そうだ、6月30日だったと気がついて、裏駅の薬局で薬を出してもらってから段葛を通って鶴岡八幡宮に。参道と流鏑馬道の交わるところで落ちあう事ができて、久しぶりに二人でお参りし...鎌倉鶴岡八幡宮の大祓と夏の始まり

  • 働く人の賃金をあげないできたのは誰のため?

    朝から暑い。だるくて、働く気(というか遠距離通勤する気)が失せそうになるが、多少なりとも私が役に立てる場所があるうちはそうも言っていられない。今日明日と頑張ったら、週末は一応休み。来週は気温も少し落ち着く様なのであと一息頑張ろう。このところ、日本人の賃金が安いということがにわかに話題になっている。いわく、30年間上がっていない。主要先進国では22位。ずいぶん前になるが米国に行ったとき、すでに物価の高さに驚いた。考えてみたら、それは給料が安い貧乏人が、高級店に買い物に行った様なものだった。物価が安く抑えられているとはいうものの、このまま世界中の物価があがったらいつかはついていくのは難しくなる。賃金が安いままなのはなぜかという分析はいろいろなされているが、今しなくてはいけないのは、分析よりも日本人の賃金をすぐ...働く人の賃金をあげないできたのは誰のため?

  • 参議院選挙の争点は目先の物価高より将来の高齢化対策を

    気持ち悪くなるほどの暑さ。体が慣れていないせいもあるのだろう。通勤通学の人々の顔を見ても皆しんどそうに見える。電車を降りる時に、半袖から出た腕が他人のそれにベタッと触れてお互い様とは分かっていても気分も悪くなる。今朝、テレビでは犬や猫といったペットの熱中症にも注意が必要といっていた。生きとし生けるもの、地球を勝手に蹂躙する人類を懲らしめるためにこのままみんな焼き尽くされてしまうのではないだろうかと不安になるが、巻き添えとなる動物たちは気の毒だ。マルチーズのコロ(15歳)がこのところ急速に老けこんでいる。もうここしばらく家ではほとんど寝ているとかで、妻もとても心配している。帰宅すると玄関まで迎えにきてくれていたが、それも最近ではほとんどなく、居間にあるコロの寝床まで行くと物憂げに顔を上げるだけ。これからどん...参議院選挙の争点は目先の物価高より将来の高齢化対策を

  • 思い通りに行くことなんてなにひとつない

    早すぎる梅雨明けで、今から8月、9月の水事情が心配だが、こればかりは少しずつ節水、節電することで耐え忍ぶしかない。世界中でエネルギー供給が逼迫し、物価があがるという、世界同時戦時下といっていい状況にどう対応していったらいいのか、考えなくてはならない。最近、事が思い通りに運ばず世界でもっとも落ち込んだのは、ウクライナを電撃的に攻め落とし歴史に名を残す英雄にでもなろうという目論見が外れたロシアのプーチン大統領だろう。ウクライナのゼレンスキー大統領にしてみたら、初期の奮戦はうまくいったものの、ロシア軍をそのまま国内から追い出す事ができなかったのは残念だろう。民主主義国群にしてもロシアを経済的に弱体化させて白旗を上げさせようという目論見は外れて、ブーメランのようになって自国を苦しめている。漁夫の利を得ようとしてい...思い通りに行くことなんてなにひとつない

  • お金持ちが必ずしも幸せではないのはなぜか

    今日も猛暑の予報。このまま太平洋高気圧が広がって梅雨は明けてしまうのだろうが、気象庁が動かないので、気象予報士も困っているように見える。ドイツで開催されているG7サミットでは、ロシアの焼け太りのような状態が見えてきて、あと半年民主主義国家群が耐え切れるかどうかとなっているみたいだ。政治体制の変化のない強権国家群ばかりの世界となったら困るように思うが、そういう世界に変化してしまったらそれはそれで受け入れるようになってしまうのだろうか。今日のエントリー、もう数日前から書いては直し、結局取り下げ、などということを繰り返していて、このままだと塩漬けになってしまいそうなのでその前に世に出しておくことにする。先日、お金持ちは必ずしも幸せではないとふと気がついた。なんでそうなのかと言われると答えるのは難しいのだが、そう...お金持ちが必ずしも幸せではないのはなぜか

  • 猛暑の中帰ってきたら七夕飾り

    今日もとても暑い1日となった。午前中庭仕事をしたあと、元町で母と妻と娘とランチ。猛暑のせいか人出は少なかった。鎌倉に戻ってきたら横浜より涼しかった。段葛の入口、二の鳥居には七夕飾り。笹の葉には願い事が。今夜も鎌倉殿を見る予定。源平池では蓮の花が咲き出していた。休日バージョン←ランキングに参加中。応援お願いします!→猛暑の中帰ってきたら七夕飾り

  • お客様2組をおもてなし

    猛烈な暑さとなった。明け方はまだよかったが、9時過ぎにはあっという間に30度近く。午前中に、息子の嫁のご両親がおいでになり、ケーキとコーヒーで2時間ほど語らった。昨晩から息子も帰ってきていて(彼は義理のご両親の来ることをすっかり忘れていた。嫁は今日明日仕事)、のんびりできたようなできなかったような。煩わすことのないようにと気をつかってくれたのか、お昼前にお帰りになった。朝から掃除やら何やらやったら疲れたので、昼食のあとちょっとお昼寝。夕方になって、娘が高校時代の部活の友達数人を連れてきた。バーベキューをやりたいということで、炭をおこしてやった。あとはできるからというところまで手伝って、あとはおまかせ。25の女性相応の話が漏れ聞こえてくると、ずいぶん成長したものだとしみじみ思う。彼女らのバーベキューが終わっ...お客様2組をおもてなし

  • 猛烈に暑くなりそうなので熱中症には厳重注意!

    朝のうちはまだ雲が出ていたが、7時過ぎにはすっかり晴天。日差しとともに温度は急上昇、地面が吸い溜めていた水分も大量に沸き立って湿度もうなぎ上り。予報では今日の最高気温は30度前後といっていたけれど、実際は32、3度まで上がって、とんでもないことになるんじゃないだろうか。忙しい原因の一つと昨日書いた、来週締切のプレゼンの症例の準備。一つどうしても気になる所見があり、そこにこだわって臨床症状とあわせて考えていったら、診断が出た。わからないから病理が診断しろ、という半分クイズ形式の症例検討会で診断させられるというのは見世物小屋の動物みたいでしゃくに触るところだが、引き受けた以上はなんとか片付けなければならず、ほっと一安心。昨晩はゆっくり眠ることができた。あとは、パワポの原稿に手を入れるだけだ。まだ、ほかにもやら...猛烈に暑くなりそうなので熱中症には厳重注意!

  • ちょっと忙しくなってきて

    恵みの雨も3日続くと早くもうんざりする。今朝も雨は降っていないものの、ジメジメしていて小走りで駅まで来たら電車内ではじっとりと汗が背中ににじむ。朝から頭が痛いのは、締め切りが迫っているプレゼンの準備が遅々として進まないせいもあるに違いない。すごく、というほどではないがちょっと忙しく、残念ながら通勤時間をブログのエントリーに充てている暇はない。本当は書きたいことはたくさんあるのに書けないというのは残念だが、今日はこの辺りでおしまいにします。書きたい中毒とのせめぎ合い←ランキングに参加中。応援お願いします!→ちょっと忙しくなってきて

  • 花とふれあい命を知る

    夜中のうちにずいぶん降ったみたいで、あたりはびっしょり。ここ数年、豪雨災害に見舞われることが増えたのは残念だが、これほど水に恵まれている国に住んでいることがいかに幸せなことかを実感しなくてはならない。おとといのショック(左目、今度はボディーソープに直撃される)からまだ完全には立ち直っておらず、なんだか(読み返すと)偉そうなことを書くのも気恥ずかしい。ずっこけた次の日はお花の話でご機嫌なおしということで今日は久しぶりにお花の話。妻は最近、近所の花屋さんが開いているフラワーアレンジメントの教室に月に1、2度通っている。この写真は昨日の作品。若い頃には草月をやっていたのでもともと花の扱いとか選び方は上手だが、これまでとは違った雰囲気で生ける様になってきた感じがして、素人目にも新鮮でいい。これは私が植えたミリオン...花とふれあい命を知る

  • 左目、今度はボディーソープに直撃される

    写真にもやがかかっているように見えるのは、霧のせいで、私の眼の調子が悪いせいではない。と言いたくもなるのはこのところ私の眼が災難続きだから。先週は結膜出血で真っ赤になった左目、出血はほとんど引いて、ヘモジデリンの茶色も残らずよかったと思っていたら、今度はボディーソープに直撃された。昨晩、目の高さにちょうどあるボディーソープを入れたボトルを押したら、ノズルの先にこびりついていた塊が本来の向きと違って、物凄い勢いで左目に飛び込んできた。直後から気絶しそうな痛みに襲われた。ここしばらくなかった痛みで、屋根裏で荷物整理をしていてついうっかり立ち上がった時にぶつけた頭の痛みや小指を家具の足にぶつけたときの痛みなどとは比べ物にならない。痛みだけでなく、"このまま失明するのではないか"という恐怖にも襲われてほとんどパニ...左目、今度はボディーソープに直撃される

  • 生きる目的は人に幸せになってもらうこと

    新しい週の始まり。薄曇りで、湿度はあっという間に上がってきた。ウクライナ侵攻、円安、株安、インフレ、参院選、水難事故、大地震・・・悲しい出来事、解決すべき問題は山ほどあるが、それぞれをどう考えていくかは難しい。バタフライ効果であったとしても、それぞれの問題相互の関連を読み解くことはできても、関わっている人の立場により、これらをどう捉えるかはそれぞれまったく異なるからだ。人はなんのために生きているかということを考える時、前提として人は食べていかなくては生きていけないということがある。人間は食物連鎖の中に入っていないので、他の動物のようにそこらにある動植物を食べて生きていくということができない。では、人間が食べて生きていくにはどうしたらいいか?それには働かなくてはならない。人間は働いたことへの対価、すなわち報...生きる目的は人に幸せになってもらうこと

  • あまり考えないで過ごすのが休日

    父の日。五月晴れというほどではないが、そこそこいい天気となった。ちょっと調子の悪かった、洗濯機を掃除したあと、犬猫病院にマルチーズのコロの薬をもらいに行ったついでに少しドライブ、買い物をして帰った。いろいろ書きたいことがあったのだが、休みの日はどうも調子が出ない。なぜだろう。そもそもブログを書く動機というか原動力とはいったいなんだろう。おそらく、”それ”があるから書けるのだろうと思うが、それが休日は出てこないみたい。”それ”がなにかわからないのだが、考える方もお休みとなってしまう。まあ、仕方ない。昨日は息子夫婦から1日早く、今日は娘からプレゼントをもらった。いつまでもそれなりに幸せな父親ではある。また、明日からはいつものエントリーに。がんばってね、コロ←ランキングに参加中。応援お願いします!→あまり考えないで過ごすのが休日

  • 梅雨らしく蒸し暑かった1日

    梅雨時らしく蒸し暑かった1日。義父の命日で家族で墓参。バラとワインが好きだった故人にそれぞれお供えした。精進落としはこれも故人が好きで、わたしたちが結婚した頃、さらには孫が生まれてからもお祝いなどで連れてきてくれた葉山の日影茶屋。十三回忌の法要はコロナ禍ということでできなかったが、少しずつ収束に向かっていると感じる。故人を偲んだ一日←ランキングに参加中。応援お願いします!→梅雨らしく蒸し暑かった1日

  • 女の人の言うことはね、ちゃんと聞いた方がいいですよ

    今日のタイトルは私が思いついたものではなく、行きつけの床屋さん(男)の言葉。髪型について妻や娘がああだこうだ言ってくるので面倒だと愚痴ったらこう”しみじみ”と諭されたのだった。これには続きがあり、世の中ね、なんだかんだ言って女の人が回しているんですよとも。たしかに男がいくら虚勢を張って威張ったところで、世の中半分は女なんだから当然といえば当然の話だ。今年の芥川賞・直木賞のノミネート作品が発表され、芥川賞の5人全てが女性、直木賞も5人中4人が女性だそうだ。私が女性の芥川賞受賞を意識し始めたのは、綿矢りさ、金原ひとみが揃って受賞した時で、かれこれ18年前になるそうだ。それまで芥川賞といえば太陽の季節の男根崇拝一辺倒のような気がしていたが、女の子がオタクの背中を蹴るという新たな情景を読み、男性と女性の立場の変化...女の人の言うことはね、ちゃんと聞いた方がいいですよ

  • 凡人はあと10点をとるという努力ができない

    昨日で日本全国が梅雨入りしたそうだ。関東地方はしばらく晴天に恵まれるということだが、通勤の間中、陽の光は厚い雲に遮られていた。6月に入ってからというもの、落ち着いて何かに取り組むということができていない。家庭のことも仕事のこともなにもかも適当にというか誤魔化しながら過ごしているような気がする。どれもダメというわけではないのだが、及第点が60点なら70点ぐらい。本当は80点を目指せるのに、あと10点の努力ができない。このあと10点を目指すことができないのはなぜか。そのための努力というのがわかっているのでそれが面倒になるのだろうか。もともと能力の高い人というのがいて、そういう人は90点いや100点を比較的容易に取ることができる。そんな人だって、人知れず努力していますよという意見もあるだろうが、地頭というものの...凡人はあと10点をとるという努力ができない

  • 過去も他人も変えることはできないが

    梅雨寒。六月も折り返しで、紫陽花がどんどん大きくなりその色も濃くなってきた。今日は四月ごろの気温で最高でも20度には届きそうもないというが、長袖のシャツを着るとそれをまたアイロンがけするのが面倒なので、半袖のシャツにジャケットを羽織って出てきた。雨は小降りになって折り畳み傘を使うことなく駅舎に入った。駅のホームは学生で溢れかえっていて階段の上り下りなどうんざりしてしまうが、自分がその年の頃はどうしていただろうと思い返すと恥ずかしくて何も言えない。思い出というのは、いいことばかりではなく嫌なこと、恥ずかしいことの方がたくさんある。しかしながら本当の自分はこんなじゃない、今の自分こそが本当の自分だと思って、自分を肯定しようとしても過去を変えることはできない。恥をかいたこと、迷惑をかけたことというのは山ほどあっ...過去も他人も変えることはできないが

  • たとえ小さな声であっても諦めないで上げ続けよう

    今日のエントリー(侵攻終結を祈る私のブログはバタフライエフェクトをもたらすか)にコメントをくださった、1-102popraさん、さくらさん、jkatsurakoさん、和田さん、そして、ほかにも多くの人が同じ思いを持っているだろうと思い勇気が出ました。ありがとうございました。こんなところで声を上げたところで意味がない、誰にも届くわけがない、そんなふうに諦めては何も始まらない。そんなことないんですね。戦争をやめさせるために今、私ができるのはこのブログからの発信しかありませんが続けていきます。人が人を殺せと命じ、命じられた人が人を殺し、無辜の人が殺されるという戦争はあってはならない、絶対に許せないこと、肯定してはいけないこと。なぜ、戦争を肯定してはいけないか、なぜ戦争を起こす人がいるのか、それを考えながら生きて...たとえ小さな声であっても諦めないで上げ続けよう

  • 侵攻終結を祈る私のブログはバタフライエフェクトをもたらすか

    毎朝同じような空。低気圧がやってきているせいもあるのだろう、軽い頭痛が鬱陶しい。新型コロナウイルス感染症の新規感染者が13,381人で、東京の新規感染者が1,000人を切ったそうだ。オミクロン株に置き換わってからはもう歯止めが効かないだろうと思っていたが、このまま沈静化に向かっていってくれたらと期待する。テレビではジュネーブで開かれているWTO(世界貿易機関)の会議の様子が流されていたが、驚くほどの3密の状態で、ほぼ全ての人がノーマスクで話し合っていた。コロナ前とほとんど同じような状況だったが、あれで大丈夫なのだろうか。会議での会話程度なら感染しないという証明になるので、参加者を追跡調査してもらいたい。ロシアによるウクライナ侵攻のニュースを見るのが日を追うごとにつらくなってきた。緒戦は失敗したものの、ロシ...侵攻終結を祈る私のブログはバタフライエフェクトをもたらすか

  • 漢字が書けなくなってきた

    今日は五月晴れの一日となるそうで、朝のうち空を覆っていた雲も行きの電車に乗る頃にはずいぶん晴れて明るくなった。そもそも旧暦の五月というのが梅雨時で、その合間の晴天を五月晴れだと言うのだという気象予報士の解説を聞いてそういえばそうだった、そんなことも忘れてしまっていたかとちょっと情けなくなる。ちなみに今は新暦の五月の晴天のことで使うのが一般的で、大型連休ごろの晴れを指して言ってもいいようだ。おととい、新聞のクロスワードのようなものをやっていたら漢字が出て来なくて参った。いくつかあったが、述懐の懐の字が正しく書けなかったのには参った。毎日、1、2度はペンを持ってノートに字を書き込んでいるものの、画数の多い字を書くことは減っている。先週、学生に「嚢胞って、知ってる?あの、嚢っていう字を使うやつ」と尋ねてから、い...漢字が書けなくなってきた

  • この土日、結局学会と研究会議でろくに休めず

    朝の空の写真を撮ったら、中央にお化けのような形があった。これとは関係ないが今日は昼過ぎにバケツの底が抜けたような大雨が降った。昨日、鏡を見たら左目が真っ赤でびっくりした。結膜出血というやつで、生涯これで3度目ぐらいだろうか。視力に関係はなく、出血は2、3日で引くが、ヘモジデリンの茶色はしばらく残ってみっともいいものではない。原因はいろいろあって、私がどうしてこうなったかもわからないが、疲れのせいなのか、血圧が高めのせいなのか、動脈硬化のせいなのかそれとも別か。研究班会議があって、私も出番の時間をもらって発表しようとしたら、OSのバージョンアップの影響があって、ズームの画面共有ができなかった。粘ってもダメなことだったので、さっさと画像抜きにして話すことにしてよかった。それにしても、こういうのは結構面倒だ。オ...この土日、結局学会と研究会議でろくに休めず

  • これがポストコロナかと思えるようになってきた

    いろいろな人の行動がコロナ前のようになってきた。鎌倉も紫陽花がが少しずつ見頃となり、今日の写真は自宅のものではなく、マルチーズのコロとの散歩の途中で撮ったもの。品川で今日明日開かれている臨床細胞学会に行ってきた。この学会は細胞診指導医資格というのを認定していて、これなしで細胞診断を行っていけないということはないのだが、スクリーニング作業をする技師の手前、病理医でこれがないとちょっと恥ずかしいので、40歳ごろに資格をとった。資格というもの、持っているということは看板に出しているということなので、そのレベルを維持しておく必要がある。手っ取り早くアップデートを行うことができるのが学術集会ということで、勉強してきた。明日も行きたかったが、明日は研究班会議があってそれは断念。学会では、医療安全の話を聞いたが大変ため...これがポストコロナかと思えるようになってきた

  • これを読んだら夢を考えられるかな

    先週からのツケが溜まり今週は仕事が立て込んでいてが、あれこれ整理することでなんとか収まりそうな目処が立ってきた。いくつかの予約仕事はキャンセルしていくつかは結局先延ばしになりそうだが、まあ、仕方ない。そんなことを言いながら、読みたい本があって、手を伸ばしてしまった。今度読み始めたのは「夢をかなえるゾウ0」。シリーズ第1作を10年以上前に読んで、いい本だと思ったが、続編は読まないできた。今回の作品は、夢を持たない若者とガネーシャの対話ということだそうで久しぶりに読んでみることにした。夢がない、夢を持ちたい、というようなことを二月に”夢を持たないでいたことを私に思い出させてくれたエントリー”と題したエントリーに書いたが、それから折に触れて夢のことを考えるのだが、今のところまだそれは見つかっていない。読書メータ...これを読んだら夢を考えられるかな

  • オトコ社会日本の排他性は女性に対してのみならず外国人に対しても(下)

    (続き)一日働き詰めに働いたら、頭も体も疲れてしまって、良く働かないが、続きを書かなくてはならない。というわけで、やっと日経新聞の、定住外国人「正社員」に壁昇給遅い非正規、日本人の倍の話。この記事では、新卒採用重視の日本企業では中途入社が多い外国人が不利(これは、なにも外国人に限った話ではないが)。さらには言葉の壁もある、という話。昔、サンディエゴにちょっとの間留学したとき、妻はESLすなわちEnglishasasecondlanguageのクラスに通って、中東から来ていたおじさんたちと仲良く英語を習っていた(残念ながら期間が短かったせいで、ペラペラ喋るようにはなれなかったみたい)。もちろん無償で、日本にはそういうシステムはあるのだろうか?中途採用者への差別とか、外国人へのサポートが乏しいということって、...オトコ社会日本の排他性は女性に対してのみならず外国人に対しても(下)

  • オトコ社会日本の排他性は女性に対してのみならず外国人に対しても(上)

    定住外国人「正社員」に壁昇給遅い非正規、日本人の倍と題した記事が今朝(2022年6月9日)の日経にあった。日本社会というのは女性に対してのみならず、外国人に対しても同じような扱いをしていて、それは男が有形無形の既得権益を守ってきたことの延長上にあることだと考えた。以前、女性の地位向上に関することを書いたら、男性からだと思うが、既得権益をみすみす手放すなんて馬鹿なことを言っているんじゃない、というようなコメントをもらったことがある。せっかく女性を搾取することができる仕組みがあるのだからそれを手放すことなど馬鹿げているということだろう。そのコメントをもらって、私自身も男性としての既得権益を利用して生きてきたのだろうに違いないということを思った。医療業界は女性が目立つが、医者に限って言えば未だ男性優位だ。幹部ク...オトコ社会日本の排他性は女性に対してのみならず外国人に対しても(上)

  • 仕事が少し落ち着く日には落ち着いて考え落ち着いて仕事する

    入梅後3日。ベランダはびしょびしょで霧雨が降ったり止んだり。バラやひまわりが雨滴に苦戦する中、紫陽花だけは意気軒昂で次々と大きな花を咲かせるようになってきた。クチナシと紫陽花がこの季節の主役だ。このところ目の回るような忙しさだったが、今日は小休止。こんな日は後回しにしていた仕事に手をつけることができる。忙しくていいことというのはあまりない。一つ一つの仕事の手を抜くということはあり得ないが、丁寧さはかける。病理診断だと、ただ単に診断と所見を記載して、「ハイ、おわり」となってしまい、その疾患に関する洞察や関連する論文検索などまでは手が回らない。病理診断は、【診断】Lymphnode,neck,biopsyMetastasisofadenocarcinoma【所見】頸部リンパ節生検1個。顕微鏡的には、大型異型核...仕事が少し落ち着く日には落ち着いて考え落ち着いて仕事する

  • 仕事が少し落ち着く日には落ち着いて考え落ち着いて仕事する

    入梅後3日。ベランダはびしょびしょで霧雨が降ったり止んだり。バラやひまわりが雨滴に苦戦する中、紫陽花だけは意気軒昂で次々と大きな花を咲かせるようになってきた。クチナシと紫陽花がこの季節の主役だ。先週からずっと目が回るような忙しさだったが、今日は小休止。こんな日は後回しにしていた仕事に手をつけることができる。忙しくていいことというのはあまりない。一つ一つの仕事の手を抜くということはあり得ないが、丁寧さはかける。病理診断だと、ただ単に診断と所見を記載して、「ハイ、おわり」となってしまい、その疾患に関する洞察や関連する論文検索などまでは手が回らない。病理診断は、【診断】Lymphnode,neck,biopsyMetastasisofadenocarcinoma【所見】頸部リンパ節生検1個。顕微鏡的には、大型異...仕事が少し落ち着く日には落ち着いて考え落ち着いて仕事する

  • 与党とまともな議論のできる野党がないことこそが最大の国難

    梅雨入り。今日はなんだか嫌な夢見で目が覚めた。外を見ると雨は止んでいた。東の空は久しぶりの朝焼け。庭の草木はどれもびっしょりで、傷んでいる花も多い。そんななかでもバラはポツポツと咲いてくれていて嬉しい。天気は変わりやすく、夕刻にはまた雨が降るらしい。少しの時間でも青空をしっかりみて、心も潤しておきたい。ニュースを見ても新聞を読んでいても、ロシアによるウクライナ侵攻が収まる気配はない。戦禍は100日を越え、暗く悲しい気持ちはまだ続く気配で、夢見が悪いのは私の仕事のプレッシャーだけではなさそうだ。野党第一党が衆議院議長への不信任決議案の提出を見送った。単独では難しいから他党を誘うということだが、果たしてこんな対ロシアの戦時体制ともいうべき事態の中で、世界情勢とはまったく無縁のことでどれほどの党が足並みを合わせ...与党とまともな議論のできる野党がないことこそが最大の国難

  • リュウグウでのアミノ酸発見とデジタル化社会における人類進化への希望

    「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星「リュウグウ」の砂の中から、多種類のアミノ酸が見つかったそうだ(小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った砂から20種以上のアミノ酸朝日新聞2022年6月6日)。これで、地球外にも生命のいる可能性が出てきた。次に興味が湧くのは発見されたアミノ酸の構造だ。未知のアミノ酸があったらと考えると様々な夢が広がる。最近の、憂鬱になるニュースばかりの中で、これは久々の朗報だ。・・・今朝の天気図、低気圧に囲まれた日本列島は雪隠詰めにあっているみたい。いつもはウグイスやガビチョウの声で起こされるのに、今朝は強い雨の音で目が覚めた。昨日一昨日と天候が良くて、亡き父が自分のことを晴れ男と呼んでいたのを思い出した。私から父への思いを書いたが、同じ思いを持っておられる方、同じ思いを持っておられたけど今...リュウグウでのアミノ酸発見とデジタル化社会における人類進化への希望

  • 去る者は日々に疎し、残る者でまた仲良く

    父の三回忌の法事。お堂でお坊さんにお経をあげていただき、その後みんなでお墓に参った。法事を無事終え、みんなで小町通りの老舗の中華料理屋で、いとこやめいを含め、けっこう楽しく、賑やかに歓談した。父の思い出話よりも、若い世代の今、将来のこと、そんな話に花が咲いた。私の人生におおきな影響を与えた父だったが、少しづつみんなの記憶の中で薄くなりつつあるということだろう。いつまでも若い方だと思っていたが、いつの間にか私の方が参加者の中で上の方から数えた方が早くなってしまった。未来を担うつもりだったのが、そろそろバトンタッチの準備をしなくてはならなくなっていた。親族のみならず、社会全体として未来を託す気持ちを持って生きることが大切だと感じた1日だった。なんだかんだ疲れる←よろしく!→去る者は日々に疎し、残る者でまた仲良く

  • 自分の意志を貫かなかった私と親父

    今日は父の命日。勤務医として多くの人を病院で見送ってきた父だったが、自分自身は自宅で眠るように旅立った。あれから2年。妻と一緒に墓に行き、父が好きだったナデシコを墓石の周りに植えたが喜んでくれただろうか。そんな父は私がやりたかったことのいくつかを却下し、私はいまだにそのことについてわだかまりを持っている。昨日、ふと思った。その時々、私はなぜやりたかったことをやろうとしなかったのだろう、と。父には、中学受験で他に受けたいところがあったのに受けさせてもらえなかった、中学校に入って個人競技である陸上をやりたかったのに団体競技であるバスケットボールをやらされた、いわゆる文系に進んで商社マンか作家になりたかったのに理系に進まされた、結局医学部を受験させられたこと。その都度私は父の言いなりだった。そして父に与えられた...自分の意志を貫かなかった私と親父

  • ブログを書いててよく思うこと

    毎日ブログをつらつら書いているといろいろなことを考える。いろいろなことといっても、いろいろ考えて書いているということではなくて、自分とブログの関係性についていろいろと考えてしまう。私はブログにコントロールされているというかこのシステムにいつのまにか絡め取られてしまっている。それもランキングとか、アクセス数といったブログを書くにあたり本質的には関係ないことによって。いつもながら思うのは、一文の足しにもならないどころか有料会員としてお金を払ってまで(!)毎日せっせと書いているのはなぜか。人間というのは元来他者に自らの存在、考えを主張したい存在であり私にとってのその発露の場がここ。最近ブログについての考えを書いたのはロシアの放送局で反戦のプラカードを掲げた女性のことに触れた時のこと(ロシア国営放送のある意味放送...ブログを書いててよく思うこと

  • 善良であることが必ずしも正しくなくなってしまったこの国で生きていくには

    新型コロナウイルス感染症に対する持続化給付金に関連した詐欺が次々と明るみに出ている。事業家面をして詐欺を指南していた人物は国外に高飛びし、国内に取り残された末端構成員が次々と捕まっている。また、民間人はもとより、経済産業省、国税庁からも犯罪者が出ているのは、役人の質の低下を示している。人様のことをあれこれあげつらう資格は私にはないが、普段からバカ高い税金を徴収している国、特に国税庁としては、インチキ申請を草の根分けても、そして5年10年かかっても摘発し続け、税金を取り戻してくれないと困る。そうでないとコロナで困っている人のためにと納税している正直者が馬鹿を見る。ただ、悪用の手口にもっとも通じているのが当の国税庁にいるのだから、あきれてしまう。5兆円余りを給付したというが、果たしてどれだけがまともなものだっ...善良であることが必ずしも正しくなくなってしまったこの国で生きていくには

  • メールが少なかったおかげで散髪に行くことができた

    梅雨に入ると私のくせっ毛はクルクルになってしまう。そうなる前に床屋に行きたいと思っていが、今日は仕事を時間通りに終えることができたので、無事髪の毛を切ってもらうことができた。床屋は丸の内にあるが、東京駅の改札を出た時にはビルの間から細い三日月が見えた。今日もいい天気だったのだろう。思い返すと今日も忙しかった。朝から迅速診断があってむちゃくちゃ緊張し、切り出しがあり、腫瘍カンファレンスでは病理医として意見を述べ、会議(もちろんウェブ形式)もあって、その他にもいろいろあったし、もちろんルーチンの標本診断も。よくこれだけ多くのことをこなせるものだと思うが、一人病理医だから仕方がない。それでも今日仕事が順調に進んだのは、メールが少なかったからだと思う。職場のアドレスに来た直接仕事に関わるメールは全部で5通。Gma...メールが少なかったおかげで散髪に行くことができた

  • ブログ世界を広げることでデジタル鬱から脱却する

    ガビチョウに起こされて夜明け頃に目が覚め、空の写真を撮ったが寝ぼけていたのかこれがピンボケ。見出し画像に載せるのはせっかくここに来ていただいた方に対して申し訳なく、かといって何も載せないのも調子が狂ってしまうので、画像のサイズを小さくしてここに貼っておくことにする。写真にしてもそれなりに気を使っている。あまりにも大量に垂れ流されてくるネット情報によって精神的に参ってしまうことをデジタル鬱としてその症状なり原因を、ここ数日考えてみた。ブログにしてもSNSにしてもネットニュースにしても、読者のほとんどは”戻る”か”X”をいつ押そうかと考えながら見ているという話をどこかで読んだ。すなわち、読み始めた瞬間から、読み終わりを考えながら文章を読んでいるということだ。実際、Googleアナリティクスによれば、私のブログを訪れ...ブログ世界を広げることでデジタル鬱から脱却する

  • 戦争をおこすアホ、戦争を利用するアホ・・・2022年5月の読書記録

    戦争はアホによって引き起こされる。アホがそのまま失敗してくれたらいいのだが、これが首尾よく運んでしまったら最悪だ。筒井が言う、『人はみな誇りを持っていて、誇りが傷つけられることを避けようとする。とくに以前喧嘩に負けて誇りが傷ついた経験をしていると、誇りが傷つきそうなシチュエーションでは、ともすれば過剰反応をしてしまう。』は、『プーチン大統領はソ連に誇りを持っていたが、ソ連崩壊という誇りが傷ついた経験をしているために、NATO東征によって誇りが傷つきそうになシチュエーションで、過剰反応をしてしまった』と置き換えることができる。筒井の慧眼に今更ながら感服した。本能寺・・・は、第二部を期待したいところ。それにしてもスケールが大きすぎて、これだけでもいくつかのパートに分けられたのでは?5月の読書メーター読んだ本の...戦争をおこすアホ、戦争を利用するアホ・・・2022年5月の読書記録

  • デジタル世界というシステムに巻き込まれ

    今日から6月、まだちょっと早かったかもしれないが、いい天気だったのでポロシャツだけで、上着を羽織らずに出てきた。去年から鉢植えで育てているクチナシが2輪咲いた。たくさんの蕾がついていて、これから梅雨明けまでのひと月ほどがとても楽しみ。クチナシのファンになったのが10年ほど前のことで、それ以来この季節が楽しみになった。通勤電車の中では多くの人がスマホを手に持ち、思い思いの文章や映像を見ている。スマホを持つのは両手であったり、片手であったり、操作している指はもはや神経突起というか、触手というかそんな様相を呈している。キーボードを叩く私の指もやはり触手のようなものへと発達していて、指に向かう神経には第13番目の脳神経の称号を与えたいほどだ(注:脳神経とは、脊椎動物の神経系の中で、脳に出入りする末梢神経のことで12番ま...デジタル世界というシステムに巻き込まれ

  • デジタル世界についていけなくなりつつあるデジタル鬱の私

    夜中の雨は、ずいぶん降ったようで今日も水やりが要らないのは助かる。天のもたらす水の量は、ほんの10分、20分の水撒きの数百倍であり、まさしく恵み。そんな恵みのおかげもあってか、何年か前からフラワーポットで少しずつ増やしてきた紫陽花が今年は花をたくさんつけてくれそうだ。雨は午後からは上がるそうだが、今日は1日肌寒いとのことで上着を着て出てきた。昨日の私はデジタル鬱とでも言える状態だったのではないかと思った。デジタル鬱などという言葉すでに誰かが口にしていると思っていたが、検索しても引っかかってこない。単に、ネット上に見当たらないだけで同じような思いをしている人は少なからずいるだろうと思うが、こういった、電脳化によって色々な形で被害を受ける人が増えている。SNSを通じて未成年者が性被害に遭うことが多いということは以前...デジタル世界についていけなくなりつつあるデジタル鬱の私

  • なぜ、あんなに楽しそうなのだろう、そしてなぜこんなにつまらないのか

    自分のことがこの上のなく惨めに感じられる。それがちょうど今。自らの人生に対してそれほどの夢も希望もなく過ごしていていいのかと自責の念に駆られているのだが、かといって、では何かを考え、行動に移そうという気にもならない。楽しいこと、嬉しいことというのは人間にとって果たして正しいことなのだろうか。よくわからない。SNSで次々と発信される人様の充実した日々を覗くと、私の人生の何とつまらないことか。他人の人生と自分の人生という、比べようのないことを比べるという馬鹿なことをするからこうなっているのだと、考えたらわかるのはずなのに、SNSだのなんだのには人間の心理を巧みに突くことが上手だ。自分自身がまんまとそれに乗せられているのが癪だが、実際羨ましいと思う気持ちは湧いてきてしまうので仕方がない。こんな気持ちを乗り越えるにはど...なぜ、あんなに楽しそうなのだろう、そしてなぜこんなにつまらないのか

  • テレビで得たもの失ったもの

    朝も徐々に蒸し暑くなってきた。昨日、外に出ていた時間が長かったせいか、熱中症気味で体調はいまひとつ。1週間のスタートがこういうことではよくないが、とにかく頑張ろう。普段、通勤電車の車内でいわゆる世間話というものを聞くことはほとんどないが、週末はそんな話を聞くことができる。一昨日の土曜日、横浜に向かう横須賀線内にはご婦人3人が大きな声で話していた。その話題はテレビ番組の内容だった。山下公園を歩いていても、昼を食べた中華街の料理店でもテレビ番組の話で盛り上がっている人たちがいた。どれも何の足しにもならないネットニュースにでてくるゴシップネタだかそんな類のことを話しており、出演者のことをあれこれ話しているのも聞こえた。ああ、テレビに出ている人たちって、こんなふうにごく身近な存在として語られていのだと思った。他人同士の...テレビで得たもの失ったもの

  • 女はなぜよく泣くか

    梅雨入り前の青空。同じ地球の上で人が人を理不尽に殺している。幸い、ここ日本ではそんなことは起こっていない。申し訳ないと思う必要はないのだろうが、事実を謙虚に受け止めておかなくてはならない。今日のエントリーは前から書いておおうと思っていたこと。週末は読む人が少ないので、今日のうちにアップしておこう。男でも泣き虫はいる。女だからといってみんながみんなしょっちゅう泣いているわけではない。男が女であっても女が男であってもどうでもいい時代ではあるが、表現型が女の方が泣く人は多い。テレビの中で泣いているのはほとんどが女だ。スポーツでも勝っては泣き、負けては泣く。卒業式では男でも泣く奴は少しいるが、女はほとんど泣く。それほどの意地悪をしたつもりはなくても妻は泣いてしまうし、母が泣くところを見たことはあったが、父が泣いたところ...女はなぜよく泣くか

  • トム・クルーズ 「トップガン マーヴェリック」

    妻の誕生日。朝のうち少し雲が出ていたが、昼はいい天気になった。妻は「トップガン」以来のトム・クルーズの大ファン。今回の続編「トップガンマーヴェリック」も是非観たいと言っていたので、誕生日プレゼントにと封切り翌日に一緒に桜木町まで観に行くことにした。上映の前に山下公園のバラを見に行った。何かのイベントをやっていて、すごい人出、コロナ前のようだった。青空の下、美しく芳しいバラを楽しんだ。バラを楽しんだあとは中華街でお昼と、これまた大変な人の波をかき分けて聘珍樓に向かったら何とお店がなくなっていた。あわててスマホで調べたらこの5月15日に閉店していた。移転する予定らしいが、たくさんの思い出のあるあの名店がなくなってしまったのは何とも残念だ。若い頃よく行った店は今や人気店とおなり、長蛇の列。名前を聞いたことのあった店に...トム・クルーズ「トップガンマーヴェリック」

  • あなたの趣味は何ですかと聞かれたら

    昨晩からの大雨はいっこうに止む気配はなく、そこそこ濡れながら家を出てきた。雨が続くとせっかく咲いた花びらが傷んでしまうのがかわいそうだが、自然のせいなので致し方ない。せめて鉢植えは雨があまり当たらないようにしてあげよう。私にはこれといった趣味はない。強いてあげれば読書、ブログ書きそしてこのガーデニングといったところか。読書が好きだったかというとよくわからない。文字を追うのは好きだが読解力がないので、読みっぱなし、読み散らかしているようなものだった。ブログ書きはこのブログだけで、そこそこ続いているものの中年になって以降始めたことで本質的に自分に合っているのかはいまだにわからない。ガーデニングは今の家に引っ越してきてからしばらく経って始めたことで、妻のするのを見よう見まねで始めた。それぞれ黙々と行うことができるとい...あなたの趣味は何ですかと聞かれたら

  • 日本がいよいよ先頭に立った日

    先日、タイで開かれたAPECの貿易担当相会合で、ロシアの代表の演説の際、日本が米、加、豪、新の代表らと共に会場から退席した(APEC貿易担当相会合ロシアの発言時に日米など5か国が退席2022年5月21日19時21分)。退席せずに牽制したという1ヶ月前のG20会合の時とはずいぶん違って、あらかじめ打ち合わせておいての行動だったそうだ(財務相「退席せずロシアけん制」G20会合の対応説明経済2022年4月26日11:00)。これまで対ロシアでは半歩遅れて動いてきたのがいよいよ先頭切って動くようになったのだと覚悟をあらたにした。これは日本がいよいよ自身で責任を取らなくてはならない立場になったということを意味するのであって、欧米に追いついたなどと単純に喜んでいいわけがない。先の大戦の敗戦国として、国内に多数の米軍基地を配...日本がいよいよ先頭に立った日

  • 男が女であっても女が男であってもどうでもいい

    オリーブの花が咲いた。昨年までと異なり、多くの花がついて喜んでいる。オリーブは自家不結実性なので、実を生らせるには別品種の花粉が必要であり、我が家にも大小で4、5本うわっているのに、なかなか多くの実がつかないでいるのだが、さて、今年は楽しみにしていいだろうか。先週、通勤の電車の中、若い女性二人が私の隣に座った。一人は少し甘えたような声でよく喋っていたが、私の隣に座った人はそこそこガッチリしていて、そのよく喋る人の話を胸を張って黙って聞いていた。マスクをしていたのでよくわからなかったが目の綺麗な女性だった。チラッと横を見たら向こう側の女性としっかりと手を握り合っていた。なるほど女性同士のカップルであったかと合点がいった。その時に、いわゆる男女の性的役割が必ずしも表現型の違いによって担われているものではないというこ...男が女であっても女が男であってもどうでもいい

  • マスクフリーでよくなったのにマスクを着けている人の何と多いことか

    早起きのガビチョウに起こされ、空を見ると細い月が出ていた。今日もいい天気になりそうだ。なぜみんなマスクを着けているのだろう。駅のホーム、バス・電車の中は当然として、数メートル先にしか人がいないのに、マスクを外している人は私のほかにはほとんどいない。都内でも横浜でも鎌倉でも多くの人が屋外でもマスクを着けている。アゴマスクの人はいちいち外すのが面倒なのだろうが、これはダサいし、電車内でもそのままだとこっちの気分が悪くなる。政府マスク着用の考え方公表屋外で会話ないなら着用必要なし(NHK2022年5月20日)。せっかく、政府から屋外でのマスクフリーのアナウンスが発せられたというのにこれはおかしい、はっきり言って異常ではないか。ちょうど今朝のテレビニュースでマスク着用に関してのアンケート結果を流していた。最も多かった意...マスクフリーでよくなったのにマスクを着けている人の何と多いことか

  • 閑話三題・・・バイデン大統領、ウクライナ侵攻、誤送金

    南風が入ってくるため少し湿度が高くなるようだが、まずまずの天気。出がけに左の靴に小石が入ってしまい、気になったので途中で履き直そうとしたら、靴をひっくり返した拍子に右に入ってしまったように見えた。そんなピンポイントでおこることがあるわけないと、気にせずに左の靴を履き直しいざ歩き出したら、案の定小石が右足の裏に感じられる。少し気持ちが悪いがあとは職場について靴を履き替えるときまで我慢することにした。私自分にとってすらどうでもいいようなことではあるが、解決すべき問題といえば問題である。こういう問題は身の回りに溢れるほどあるが、全てを解決することは不可能だ。1・・・・・・・バイデン大統領来日岸田総理大臣と米国のバイデン大統領との会談ではいくつかの重要な合意がなされたようだ。最も大きな成果は英仏の同意も得られ、来年(2...閑話三題・・・バイデン大統領、ウクライナ侵攻、誤送金

  • 合衆国大統領の来日と日本の安全保障と民主主義

    一昨日の5月21日、米国海軍の原子力空母「エイブラハムリンカーン」が横須賀基地に寄港した。20日に「ロナルドレーガン」が出港したのと入れ替わりだそうで、5000人もの乗組員のコロナ対策が記事に載っていたが、そんなことよりやっぱりこらは大統領の警護のためなのだろうと考える。「終末の日の飛行機」といわれる米空軍の空中指揮機E4B(通称ナイトウオッチ)も飛来しているとかで、合衆国大統領の行幸には一体どれほどの人間が動き、お金がかかるのかと想像するだけでも気が遠くなる。日本国内には沖縄、青森、神奈川、東京をはじめ、13都道府県に米軍の施設があるとかで、これに米軍が利用可能な基地を加えるとその数はもう少し増える。先の大戦での敗戦以来、こうして米国に安全保障の首根っこを抑えられているという事実をもう少し客観的に受け入れたら...合衆国大統領の来日と日本の安全保障と民主主義

  • 娘の友人を歓待

    盛りを過ぎたバラの花を6、7輪むしって風呂に浮かべてみたら、いい香りと色とでリラックスできた。庭の木にも花がついいて、多くの蜂がやってきている。どこかに持って行かれているのかと思うとちょっと癪に触るので、今度自前で養蜂をしてみようか。午前中は自治会というか町内会の仕事で原稿をプリントアウトしたり、ご近所と折衝打ち合わせ。午後からは、娘が留学先でお世話になったというヨーロッパのある国からの留学生が鎌倉見物がてらわが家に来たので、歓待した。娘が世話になったといっても観光地を案内してくれたということだったらしいが、お互い観光地に住んでいるので娘もこんなふうにしてもらったのだろうか。日本語を勉強しに日本の大学の修士課程に2年間来ているということだったが、日本人はシャイで、シェアハウスに住んでいるのだけど、だれも部屋から...娘の友人を歓待

  • 久しぶりに飲みに出た

    ちょっと肌寒い曇り空の1日。ブログ書きは最近ややスランプ。仕事も疲れる。自治会仕事ももうテンパイ近い。コロナ・戦争、いろいろ理解できない馬鹿げたことが続き、もううんざり。娘が外食するというので、私と妻は二人でダウンタウンへ散歩に出かけ、鎌倉裏駅の居酒屋畦屋で1杯、〆は篝でラーメン1杯。ラーメン屋ではやっぱり飲みに出ていたご近所さんとばったり会ってお互いびっくり。本当の〆は雨の中、そろそろ出始めたというホタルを見に行った。今年も無事見ることができよかった。今日は軽く←よろしく!→久しぶりに飲みに出た

  • 新型コロナの次は、サル熱肝炎。わが日本はどこへ行く?

    昨日の自動車移動は疲れた。混雑していても、人(運転手さん)に任せて体を運んでもらうということのありがたみをしみじみと感じる。とはいっても、車内ではマスクフリーでいられるということで自動車は自動車で悪いことばかりではない。運転しながらのラジオでも聞いたが、屋外でのマスク着用は不必要という提言がなされた(“屋外で会話少なければ必ずしもマスク必要なし”専門家会合2022年5月19日)。私もこのところそのように考えていたので、大いに賛成(そろそろマスクを外していいのでは2022年05月17日)。早く政府からもそのことを周知してほしい。今後はワクチン接種で対応していくしか防ぎようはないだろうし、打たない人にはマスク着用などによる感染対策を続けてほしい。これで、円安をテコにインバウンド需要が飛躍的に伸びてくれると、言うこと...新型コロナの次は、サル熱肝炎。わが日本はどこへ行く?

  • 高速道路はグローバル

    朝からJRが止まってしまい、いろいろあって車で移動。おかげでブログを書く暇がなかった。いつもと違った状況で、何を書こうかと思ったが、そう簡単には思い浮かばなかったが、だが、高速道路の車窓を眺めて再認識したことがあった。トレーラーが積んでいるコンテナ。ちょっと車が動かない間、その背中に書かれているのを読むが、どれも世界のどこからやってきたのかわからない”地名らしきもの”の名前が書いてある。コンテナのサイズは国際規格に則っているので、国内のトレーラーにも問題なく載せることができる。そんなわけで世界中のどこかからきたものであっても、国内では同じように取り扱われる。すぐ目の前のコンテナはどこからどこからやってきだろうと考え、こんなに身近にグローバル化があるのだと目の当たりにするとこれもまた面白い。これは世界のどこからか...高速道路はグローバル

  • 全部スッたか4630万

    誤送金されてきた4630万、全部をネット上の賭博で失ったとのこと。“誤送金”4630万円「全額をネットカジノに」…町民「バカヤロウ」町長「許せない」テレ朝ニュース5/18(水)10:45当人の言っていることが本当かどうかわからないが、もしも私がこの大金に手を出していたらどうだっただろうと想像してみた。ーーーすでにネットカジノなるものに登録していて、結構頻繁に賭けていたとする。コロナ禍の折、街中のパチンコ、スロットに行くよりもずっと安全安心で、人口3000人の小さな町で目立つこともない。賭け事だって在宅でやるのがウィズコロナ時代だ。以前から、一回1000円、2000千円、突っ込む時は1万円、勝ったり負けたり。賭博というもの絶対に胴元が勝つ。たまに大勝ちしても、それをまた突っ込んで最終的にはマイナスとなる。そんなこ...全部スッたか4630万

  • 迅速病理診断と私のカレンダー

    久しぶりのスッキリした1日になるということで、元気が出る。ロシアに侵略され、抗ったものの力尽きたウクライナの兵士の姿を見ると気の毒になる。捕虜として相応の処遇に付されることを願うばかりだ。今のところこの日本ではそんな悲惨な戦争とは無縁に、日々の仕事に勤しむことができ、ブログも日々更新できることに心より感謝する。先日書いた分子病理専門医試験についてのメモのような体験記が何度か開かれていて、もしかしたらこのブログ、病理に興味のある方もしくは病理医が読んでくださっているのかもしれない(アラ還病理医の分子病理専門医資格試験挑戦記2022年02月)。そんなことで今日はちょっと病理がらみの話を書いてみた。腫瘍や腫瘍と鑑別する必要のある病変に対する手術の途中、検体を採取し、その一部もしくは全てを凍結したのち凍らせたまま薄切り...迅速病理診断と私のカレンダー

  • このままでは今の日本相当まずくないか?・・・マリウポリの製鉄所陥落の報に接し

    ロシアがウクライナ東部の要衝マリウポリのアゾフスターリ製鉄所を陥落させたという(ウクライナマリウポリの製鉄所“265人が投降”ロシア国防省)。白リン弾とか焼夷弾といった非人道的な兵器を使ったということでロシア軍すなわちプーチン大統領はウクライナ侵略のためには手段を選ばないということが明らかとなった。もはやロシアによるウクライナへの侵攻は、特別軍事作戦などというものではなく、世界中を巻き込んだ戦争状態になっている。そういう状況を知ってか知らずか、世の中の人はそれほど危機感を抱いているようには見えない。もちろん多くの人がウクライナの惨状に心を痛め、ロシアによる核兵器使用におびえているはずなのに、街中は平和にあふれている。日本のような小資源、小食糧国家はそれこそ存亡のの危機にあるのだがそんなことへの危機感はない。パニ...このままでは今の日本相当まずくないか?・・・マリウポリの製鉄所陥落の報に接し

  • そろそろマスクを外していいのでは

    雨上がりの朝はしっとりして今朝のように暑くないと気持ちがいい。花びらについた水滴は美しいのだが、残念ながらちょっと傷んでしまう。バラは外側だけで済むが、ゼラニウムはすぐに落ちてしまう。梅雨の走りのような天気が続いているが、明日からは少し持ち直すようで、入梅はもうしばらく先になりそうだ。昨日の朝、駅のホームに並んでいたらマスクの紐が突然切れてちょっと焦った。カバンから予備のマスクを取り出しことなきを得たが、このマスクをしていない状況での罪悪感というのは一体何なのだろう。着用が義務付けられているわけではないし、黙っていれば自分から他人にうつす可能性はほぼゼロなのになんだか居心地が悪い。最近、マスク着用についての議論がされるようになってきている。駅のホームなどでは時期尚早だが、人との距離を取ることのできる屋外では外し...そろそろマスクを外していいのでは

ブログリーダー」を活用して、コロ健さんをフォローしませんか?

ハンドル名
コロ健さん
ブログタイトル
こんな気持ちでいられたら
フォロー
こんな気持ちでいられたら

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用