searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

あけぼうさんのプロフィール

住所
福山市
出身
福山市

日常に起きるあらゆる出来事について気ままに書いています。

ブログタイトル
ぼんやりタイガー
ブログURL
http://bonryo.blog6.fc2.com/
ブログ紹介文
お出かけ記録。御朱印集めてます。日常の出来事や本の感想など。
更新頻度(1年)

144回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2010/04/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あけぼうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あけぼうさん
ブログタイトル
ぼんやりタイガー
更新頻度
144回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
ぼんやりタイガー

あけぼうさんの新着記事

1件〜30件

  • 「遥かな巨大仏 西日本の大仏たち」読んだよ~

    わたしが西の民なので(笑)西日本中心の大仏の紹介は、今後の旅行計画に役立つなあと思って読んでみたんですが、思っていた以上に参考になる本でした。最初に見開きで、各エリアの地図があって、仏さまの位置が載っている。これが非常にわかりやすくて、ちゃんと仏さまの特徴を押さえたイラストになってるんだよね。どこにどんな仏さまがいらっしゃるのか把握しやすい。まずは北陸エリアから。北陸の仏さまは素材も色々で、アルミ...

  • お盆の過ごし方

    今年、結構お盆休みが長めなんですよね。オリンピックの残骸みたいなもんなのかな・・・。せっかくまとまった休みなのに、このコロナ禍。でもさ、もうさすがにちょっと息抜きをしたいわけ。もちろん近場で、日帰りで、車で・・・だったら許されるかしら。どうせ人ごみは好きじゃないから、自然のある所が良いと思ってるんだけど。とはいえ山のほうに行くなら、すこしは人がいないと怖い場合もあるしなあ。海もいいなぁ。海の見える...

  • 妄想旅行~幻に終わったおでかけ

    去年の記事なんですけどね?大阪の国立民族学博物館で開催された特別展「驚異と怪異:想像界の生きものたち」に、めちゃくちゃ行きたかったけど、バタバタして結局行けずじまいで・・・ってことを書いたんですが。(クリックするとその記事に飛ぶのさ)なんとなんと!! 今、姫路でやってるんですよ!兵庫県立歴史博物館、会期はお盆いっぱい。巡回展らしいのだけど、姫路後もどこかへ行くのだろうか・・・?情報は何もない・・・...

  • 夕凪のじかん

    今年もこの日が来たね。原爆の日だよ。75年か、節目だね。毎回言ってるかもしれないけど、式典では「こども代表」のスピーチがいちばんグッとくる。正直これさえ聞いとけばいいと思う。 瀬戸内海沿岸部では、夏になると「夕凪」といって、海風が陸風に切り替わる時に、完全に無風の時間帯があるんだよ。最近はエアコンをつけているから窓を閉めきっていて、それを感じることも少なくなってきたけど、とにかくめちゃくちゃ暑い...

  • Google Arts & Cultureで亀さんを見に行く

    本格的な夏に突入!なので、海が恋しくなってきました。というわけで、今回はGoogle Arts & Cultureで南米ブラジルの海へGO!今回はフェルナンド デ ローニャ島の tamarプロジェクトです。ここは、傷ついたウミガメたちを保護するという活動をしているんだとかt見学もできるので、観光スポットにもなってるそうです。見てよ、この綺麗な海と亀!なんだか「率いてる」みたいな写真だな~。亀って海の中でも独特のポジショ...

  • Google Arts & Cultureで「八雲立つ風土記の丘」

    テレビもイマイチだし、読書って気分でもないし・・・って時にはGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりをしています。今回は「八雲立つ風土記の丘」!まさかここがGoogle Arts & Cultureにあるなんてね。もうリアルで2~3回訪れてます、わたし(笑)(クリックで訪問したときの記事へ)展示は古代出雲の繁栄を示すような土器など、このあたりで出土したものが中心。残念ながら顔が失われておりますが、このお相撲さんなど...

  • Google Arts & Cultureで博物館めぐり~湖北省博物館

    私の住む地域は梅雨が明けたそうです。でも雨は降っている・・・まあ、明けたら明けたで、暑すぎるんでしょうけども(^^;)ところで中国の三峡ダム、やばいやばいと言われてるけど、どうなんでしょうかね。そんなわけで、今回は三峡ダムから(Google Arts & Cultureのなかでは)一番近い場所にある「湖北省博物館」を閲覧。湖北省の省都は、あの武漢市。この博物館があるのも武漢市・・・。このあたりは春秋戦国時代でいうと「楚」、三国...

  • 「暮らしの図鑑 お茶の時間 楽しむ工夫×世界のお茶100×基礎知識」読んだよ~

    前回の本「茶仏」を読んだ後に、気持ちが高まってすぐに図書館で借りてきました。著者も違うし、コンセプトも違う本ですが、そこが良くて、わたしの期待通り前回の「茶仏」の内容を、知識面でうまく補完してくれる内容になっていて大満足。この本では、中国茶だけでなく、日本茶・紅茶・ハーブティーなど、お茶全般について紹介されています。これを読めば、産地・種類、製法の違い、美味しい飲み方のコツ、合わせる茶菓子、道具類...

  • 「茶仏―お茶と寺廟のある風景」読んだよ~

    お茶はお寺と密接な関係がある。お茶は仏教とともに中国からアジア各国に広まった。そんなお茶とお寺をめぐる旅の本。まず、タイトルを不思議に思う方もおられるかもしれません。なぜお茶と仏なんだと。お茶と寺なんだと。お茶は中国から伝えられたものだということを知っている人は多いと思いますが、古くは最澄・空海・永忠・・・遣唐使とともに、唐へ渡った僧たちが持ち帰ってきたのが最初です。それ以降も、栄西・隠元・明恵など...

  • 妄想旅行~鳥取 三徳山三佛堂と倉吉

    さて前々回の記事で、「投入堂」が有名な三徳山三佛堂のことを書きましたが、ついでだから、妄想旅行します。  ここへ行くのは絶対車でしょうね~。遠方の方は岡山駅まで新幹線で来て、そこからレンタカーで行くか鳥取空港あるいは米子空港からレンタカーか・・・。全行程、車で・・・ってパターンもあるにはあるな。         そうすると、なんだかんだで着いた時にはもう昼ですよね。午後から登山、っていうのもサワヤカじゃないよなあ...

  • レモンコーヒーから あれを抜く

    スタバにレモンコーヒーってやつが出たらしいですね。(※ググったら正式にはコールドブリュー コーヒー フローズンレモネードというらしい)コーヒーにレモンとか、ちょっと意味が分からない と思うのはわたしが古い人間になってしまったからなのでしょうか。この情報、美容師のお姉さんに教えてもらったんですけどね。わたし個人はスタバのコーヒーがあまり好きじゃないので、どうも割高に感じておりまして。近くにあっても...

  • Google Arts & Cultureで三徳山三佛寺に行く

    お出かけするには時期尚早だと思うので、有り余ってるおうち時間を使ってGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりをしているんですけれどもまさかここがあるとは思いませんでした。鳥取の山奥。知る人ぞ知る修験道の寺、三徳山三佛寺 です!! 国宝だよ!なかでも「投入堂」が有名です。見よ、この絶壁!ここはかねてから行きたいとわたしも思っていましたが、呼ばれてないのか?なかなか行く機会がなく、今日に至っています。...

  • Google Arts & Cultureで博物館めぐり ~中国 アヘン戦争博物館

    おうち時間にGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりをしています。今回は中国のアヘン戦争博物館!今でも中国は麻薬にかんしての法律が厳しくて、密輸したら即アウト、死刑になるって聞いたことがあるけど。それはアヘン戦争の記憶があるからだというのは本当かな。しかし博物館にしてまで屈辱の事件を残そうとしてるわけだからそうなのかもな。アヘン戦争は必ず教科書で習うし、幕末の志士たちもこの事件の顛末には衝撃を受け...

  • 「グッズ制作ガイドBOOK」読んだよ~

    何か作りたくなる!オリジナルグッズ制作のガイドブック小一時間でだいたい読めちゃう本ですが、読んだら夢が広がります~(笑)オリジナルグッズ、ノベルティグッズを作ろうと思った時、どんなものが作れるのか?費用はどれくらいかかるのか?製作の流れはどういったものか?(自分のスキルで可能かどうか)まずこういった点が、ギモンとして出てくると思うのですが、これを読めばだいたい把握できます。実際そのグッズの製作を扱っ...

  • 季節感

    7月7日、七夕だったけど、それどころじゃないくらいに豪雨災害で大変すぎる。なんかもう毎年どこかが被害に遭ってる感じ。まだまだ雨の予報が続いて出てるので、心配ですよね。ていうか、ここ数年、七夕が晴れた記憶がないんだけど。そもそも本来は旧暦のはずだから8月下旬ごろなんだよね。今年は8月25日らしいよ。それなら晴れて、夜空がきれいに見える可能性高そう。もうちょっと旧暦を取り戻すことをしても良いかもね。ここらで...

  • Google Arts & Cultureで博物館めぐり~スウェーデン民族学博物館

    ひところに比べれば落ち着いてきたとはいえ。おうち時間をどう過ごすか問題。わたしはGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりをしています。今回はスウェーデン ストックホルムにある 民族学博物館!(今回も色付き文字のリンクをクリックで見ることができます)ここはスウェーデンの国立世界文化博物館のひとつなんだそうで、世界中の様々な文物を収集・展示しているそう。日本の能のお面もありました。Google Arts & Cul...

  • Google Arts & Cultureで博物館めぐり~ブリュッセル自然科学博物館

    とはいえ旅行に行くにはまだ時期尚早かなと思い、おうち時間、Google Arts & Cultureで博物館めぐりをしています。今回はベルギー、ブリュッセル自然科学博物館! オンライン展示で印象に残ったのは、ヒト模型。この700万年間の人類進化の分岐経路をたどります、とある。発見された骨などのわずかな情報をもとに、仮説を立てて、3Dで作ってるんだけど、こういう風に表現してもらうと、素人がただ骨を見るよりイメー...

  • 妄想旅行~漢字検定ミュージアム

    漢字の本を読んだら行きたくなったのは、京都にある漢検漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)。実は前回京都へ行った時ここにも寄ろうかと迷ったんですが、時間の関係で無理でした。この時の行程から、今はなき「フォーエバー現代美術館」を外して漢字ミュージアムを入れると、良い感じかもしんない。でも一応、別バージョンで考えてみたので見ておくれ。9:30 JR京都駅スタート ここから祇園へ向かいます。 JR京都駅か...

  • 「日本人のための漢字入門」読んだよ~

    「あたりまえ」すぎてなんとなくスルーしてきた、数々の漢字の不思議がたくさん解説されてました。まるでチコちゃんの漢字バージョン。(著者は5歳じゃないけどね!)漢字を多少は知ってるつもりで、ぼーっと生きてました、わたし(笑)例えばおなじみの四字熟語、温故知新。故きを温ねて新しきを知る。なぜ「温」と書いて「たずねて」と読むのか?意外と知らないでしょ? こういう類の話がいっぱいあるんですよ。いかに何も知らな...

  • 庭の三国志

    庭の地面がむき出しになってるところがダサいので何とかしたいと思ってはいたんですが、かといって、そんなにマメに手入れできないのでなるべく楽そうなグランドカバーを植えようかなと思ったんですよ。グランドカバーっていうのは、芝生みたいなやつです。で、ググッたりして候補を絞りました。・セダム(わたしは「セダムちゃん」と呼ぶ。アダモちゃんみたいな感じで 笑)・タイム・ヒメイワダレソウ※分かりやすい写真を選びまし...

  • 新しい生活様式?に加えたいこと

    コロナ対策で、レジとか窓口に、透明な幕をしてるじゃないですか。それ自体は良いことなんですけどあれって、相手の喋ってる声が聴き取りづらくないですか?マスクしたうえに幕もあるから、声がこもってて全然聴こえないことがあるんですよ。     食品スーパーのレジなんかは、だいたい「カード持ってるか」とか「レジ袋は必要か」など、聴こえなくても何言ってるのか、ある程度は察することができるので、適当に聴こえた...

  • Google Arts & Cultureで博物館めぐり~インド考古学調査(ASI)

    コロナでうかうかお出かけも出来ないので、おうち時間をつかってGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりをしています。今回はインド考古学調査(ASI)のページにGO!インドはITの国だからか、比較的多くの施設がGoogle Arts & Cultureに掲載されてる印象です。   博物館の「施設」というのではなく、遺跡調査を専門で行っている部門のページらしいです。(翻訳によれば)オンライン展示は遺跡の建造物のレリーフとか彫刻...

  • 「地形の思想史」読んだよ~

    明治の自由民権運動から戦後の新左翼運動までの100年近い日本の思想史を、地形から考えてみようという旅の本。以前読んだ、三浦しをんさんとの共著「皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。」が結構良かったんで、読んでみました。第1景、「岬」とファミリーでは、現上皇さま&現上皇后さまのことなんだけど、昭和のころの「皇太子ファミリー」が毎年のように訪れた岬について。当時の皇室の立場とか昭和のあの頃の家族のありかたなど...

  • Google Arts & Cultureでベルサイユへいらっしゃい!

    前回、ウィーンでキラキラしたゴージャスなお宝をたくさん見たのをきっかけに、ポリニャック夫人の名言(by.漫画「ベルサイユのばら」)「文句があるならベルサイユへいらっしゃい!」を思い出したので、今回はGoogle Arts & Cultureでベルサイユ宮殿!我ながら、超単純(笑)さすがフランス、いろんな施設がGoogle Arts & Cultureに参加していて文化への意識が高いなぁって感じです。なかでも、ベルサイユ宮殿って世界でも屈指の人...

  • Google Arts & Cultureで博物館めぐり~ウィーン王宮宝物館

    今回はウィーン王宮宝物館!ウィーンですよ.ハプスブルク家ですよ~。栄華を極めた、高貴な青い血のしゃくれ一族。神聖ローマ帝国ばんざい!(←知ってること全部列挙してますw)オンライン展示の品々が、キラッキラ!ゴージャス!!さっすが~!パッと見でもじゅうぶん豪華なんだけど、最大限まで拡大すると細かく宝石や真珠がならんで細工も細かくて、すごいです。これなんてほぼ魔法のステッキじゃん・・・w それでいて、一見...

  • 妄想旅行~アートの島めぐりについて

    前回の記事を受けまして。じゃあ実際アートの島に行こうと思ったら、どうすりゃいいのさ?・・・って話になると思うんだけど、島めぐりの旅ってなかなか難しいので(便も少ないし・・・)ここはもう旅行会社のツアーに頼るのが一番だと思います。特に「直島」はツアーが多いですよね。 で、それ以外の島~ってなったときに、わたしは高松港を起点にしたほうが良いよって思います。特に遠方からお越しの人。高松港は多くの島とつなが...

  • Google Arts & Cultureで ~sculpture by the sea-cottesloe

    今回は オーストラリアのコッテスローという場所。3月に無料で開催されている世界最大の彫刻展の会場となっているsculpture by the sea-cottesloeです。実はこれまでアートはあまり取り上げなかったんだけど(アートになにか言えるほど理解できてないと思うので)今回は作品のひとつひとつがどうのこうのというより、こういう所があったのかあ・・・という、単純な驚き?それを共有したくて。というのも、私が住む瀬戸内地域は「直...

  • 夏が近づいてきたよ

    一昨日、梅雨入りしたばかりの中国地方ですが沖縄では近日中にもう梅雨明けするらしいですね。もうすぐ夏なんですね。今年はコロナで春をあまり感じられなかったせいか、季節感がちょっとヘンな感じがします。全国的にニュースとしてどれくらい扱われているかわかりませんけど広島の夏の風物詩のひとつ、宮島花火大会が、2020年中止に続いて2021年も中止になっちゃいましたあ。 あ~・・・コロナのせいで~~~・・・って、思うでしょ?...

  • 「情報環世界――身体とAIの間であそぶガイドブック」読んだよ~

    例えば、私たち人間と、複眼を持つトンボの視覚で見えてる世界は違う。同様に、「わたし」と「あなた」の見てる世界も「違う」。それぞれの持つSNSのタイムラインに流れてくる情報が全然違うように。人は「見たいものしか見ない」とはよく言われるけど、その人の見てる世界を「環世界」という言葉で言い表してるんですよね。なかでも本書は「情報」に焦点を当てていて、私たちがネットなどから得た情報によって見ている(捉えてい...

  • Google Arts & Cultureで博物館めぐり ~ドクター・バウ・ダージ・ラッド博物館

    まだまださすがに観光に出かける気にはならないので、あいかわらずGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりしてます。今回はインド ムンバイにある「ドクター・バウ・ダージ・ラッド博物館」です!次はインドあたりに行ってみようかな~とさまよっていたら、なんだかイケてる人形が目に飛び込んできました。こんなの。インドでも3番目に歴史の古い博物館らしいです。建物もカッコイイ。しかしやっぱりここのオンライン展示の中...

カテゴリー一覧
商用