帰ってきた二次元に愛をこめて☆
住所
東京都
出身
ハンドル名
もるがんさん
ブログタイトル
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ブログURL
http://sephiroth2012.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
映画TVゲーム関連が主ですが、観劇、美術鑑賞、グルメの話題もあります☆
自由文
-
更新頻度(1年)

94回 / 315日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2005/09/12

もるがんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 30,748位 30,675位 30,580位 27,819位 27,607位 26,717位 26,750位 969,620サイト
INポイント 9 9 9 0 9 10 0 46/週
OUTポイント 9 9 9 0 9 10 10 56/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 110位 112位 109位 94位 90位 92位 91位 6,709サイト
テレビドラマ 27位 26位 27位 27位 25位 25位 25位 1,418サイト
アニメブログ 230位 237位 247位 235位 231位 227位 228位 15,016サイト
オリジナルアニメ 6位 5位 5位 6位 7位 8位 9位 195サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 52,424位 52,332位 52,289位 52,120位 51,818位 49,230位 49,081位 969,620サイト
INポイント 9 9 9 0 9 10 0 46/週
OUTポイント 9 9 9 0 9 10 10 56/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 162位 160位 163位 163位 168位 165位 162位 6,709サイト
テレビドラマ 47位 48位 49位 49位 50位 51位 51位 1,418サイト
アニメブログ 367位 379位 381位 389位 392位 392位 377位 15,016サイト
オリジナルアニメ 8位 8位 9位 9位 9位 9位 9位 195サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,620サイト
INポイント 9 9 9 0 9 10 0 46/週
OUTポイント 9 9 9 0 9 10 10 56/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,709サイト
テレビドラマ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,418サイト
アニメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 15,016サイト
オリジナルアニメ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 195サイト

もるがんさんのブログ記事

  • 劇団☆新感線「いのうえ歌舞伎<亞>alternative『けむりの軍団』」

    いのうえ歌舞伎<亞>alternative『けむりの軍団』鑑賞。真ん中より前から二列目の好位置。初っ端から大立ち回りで盛り上げる。進化した映像の使い方、歌もダンスもあり(右近さん楽しそう)。古田新太さんの存在感、早乙女太一さんの華麗な殺陣。大好きな粟根まことさんの出番も多くて可愛いスキップも見られたし。話の流れも良かった。全体が締まった感じの演出。時事ネタ、内輪ネタ、下ネタがほとんどない分、物語の世界に集中...

  • 映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム[2D・字幕]」感想

    この映画の成功は、トムホあっての事だと思うのですよ。彼のピーター・パーカーあっての成功だと。インタビューやハッピー役のジョン・ファブローの料理番組に出演した時を見るに、本当に良い子で、明るくて人を引き付ける。そして独特のこだわりや視点がある。サム・ライミの映画は飛翔感が凄かった。これは映像の進化に丁度良い素材としてスパイダーマンが合致して、TVの展示などで良くその映像が使わていました。そして仕切り直...

  • 映画「X-MEN: ダーク・フェニックス[2D・字幕]」感想

    アベンジャーズと比べると、粗雑に扱われている感がある。こちらもコミックとして息の長い人気作であるのに。若き日のプロフェッサーXとマグニートーになってから、今ひとつ感があったし、人気の高かったヒュー・ジャックマンのウルヴァリンが卒業してしまった事も、映画にとっては不幸な事だった。ジェームズ・マカヴォイのスキンヘッドが今ひとつ。彼の演じる若き日のチャールズがやさぐれ過ぎて、素敵な禿頭のパトリック・スチ...

  • 映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」感想

    「無限軌道杯」のBC自由学園との対戦の続き。橋の上に追い詰められた大洗女子チーム、そこからの脱出、奇策での逆転劇。ボコミュージアムもある。お馴染みの学校や面々が、紹介だけとはいえ登場したのも、良いファンサービス。それぞれが勝ち進んでいるので、この先に対戦するのだろう。出来はいい、戦車戦も凝っている。しかし前作から時間が空きすぎだ。近年盛んになって来た配信のように、全6話作ってから数か月毎に公開してく...

  • アニメ「ケムリクサ」まとめ感想

    ひとりの少女が、失くした「好き」を見つけるまでの物語個性的な絵、謎だらけの少女達。何故、彼女達はここにいるのか?水だけで生きられる、彼女達は人間なのか?現れた少年は誰なのか?この荒廃した世界は地球の未来の姿なのか?世紀末の恐怖が漂う中で、何処かほのぼのとした独特の雰囲気。色ごとに役割の異なるケムリクサ回が進むに連れて、謎が明らかになるどころが増えていく。少女達と少年の関係も変化していく。面白い、つ...

  • NETFLIX「ザ・シェフ・ショー~だから料理は楽しい!~」感想

    映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(2014)で脚本・監督・主演・製作を務めたジョン・ファブロー、共同製作と料理監修を担当したロイ・チョイが再タッグ。全8話ジョン・ファヴローとロイ・チョイが、一流シェフや業界の友人達と共に楽しくクッキング。料理を美味しくする最高のスパイスは、愉快な会話と陽気に響く笑い声。ジョンは「アイアンマン」の監督でもあり、アベンジャーズシリーズでも愛すべきハッピーを演じ...

  • FINAL FANTASY VII REMAKE for E3 2019

    FINAL FANTASY VII REMAKE for E3 2019E3で新しいトレーラーが来ました!ティファも可愛いじゃありませんか!ちょっとガッキー入ってません?w馬面が心配されたエアリスも修正された模様。セフィロス!!!!fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい...

  • 及川光博ワンマンショーツアー2019「PURPLE DIAMOND」

    ミッチー大好きの母と共に行って来ました!駅からぞろぞろと、紫色を何かしら身に着けた淑女達が歩いていく流れに乗っていくと、会場に到着。入場の列に並んで中へ。物販は3時間前に始まっていたのに長蛇の列。なので欲しい物があれば通販(公式サイトでグッズやパンフは買えるのです)でいいやと席の方へ。人見記念講堂、良い会場です。舞台が見やすい。普段はバレエを始め様々なイベントがある場所です。ミッチーが来るのは初め...

  • 映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ[IMAX3D・字幕]」感想」

    前作に足りなかったゴジラ成分を目一杯詰め込んだ映画でした!何よりもゴジラの出番が多い!!!サントラ買いました!!!音楽も伊福部昭リスペクト、お馴染みのテーマに和風を加味してのアレンジも良かった。元々、伊福部先生の「日本組曲」にしても、何処か太古の世界で奏でられた音がその根底にあるような作風なので、古代から人類と怪獣は関係があったとするこの物語に、実にふさわしい音楽だと思うのですよ。お経まで聞こえて...

  • 『DEATH STRANDING (デス・ストランディング)』発売日告知 2019トレーラー - 4K(日本語音声)

    『DEATH STRANDING (デス・ストランディング)』発売日告知 2019トレーラー - 4K(日本語音声)サム・“ポーター”・ブリッジズ ノーマン・リーダス 津田健次郎クリフ マッツ・ミケルセン 山路和弘デッドマン ギレルモ・デル・トロ 石住昭彦フラジャイル レア・セドゥ 水樹奈々アメリ リンゼイ・ワグナー 井上喜久子ヒッグス トロイ・ベイカー 三上哲ダイハードマン トミー・アール・ジェンキンス 大塚明夫ママー マー...

  • 映画「空母いぶき」感想

    日本が侵略された!その時、立ち向かったのは・・さすがに原作通りに中国に侵略される日本を描くわけにはいかなかったので、架空のアジア連合的な物が攻めて来た事にしたのだろう。いぶき以外の艦もまた原作とは異なる。執拗なマスコミや、政治的な駆け引きも、それにつれて形を変えている。それでも監修にかわぐちかいじの名があるのが納得の映画に仕上がっていた。底知れぬ決意を秘めた秋津秋津艦長の西島秀俊がいい。口元の不敵...

  • スタートレック:ディスカバリー season2 まとめ感想

    これは、若きバルカン人の青年が、ミスター・スポックになるまでの物語。シーズン1は、マイケルという名のスポックの姉、パラレルワールド絡みの陰謀、人を媒体とする胞子ドライブなど、面白くはあったが、マイケルの魅力のなさにうんざりしたシーズンだった。シーズン2は、その

  • 岸恵子ひとり語り~輝ける夕暮れ~

    86歳でコシノジュンコのドレスを着こなす優雅さ、さすが女優。母の時代の大女優、今もその美しさを香らせているのが素晴らしい。勿論年齢ゆえの変化はあるにしても、毅然とした姿が、場内の人々を魅了する。こういう大きな、気概がある女優はその下の世代では今や絶滅してしまった。映画の黄金期、娯楽の王者だった頃、そこに輝いていたスター達はまさに星(スター)だったのだ。自作の小説の朗読劇。老女と一回り下の男性との情事...

  • NETFLIX「リラックマとカオルさん」感想

    おっとりOLカオルさんとリラックマたちの優しい日常。レトロなアパートでリラックマたちと暮らすカオルさん。どこにでもいる普通のOL。仕事は出来る。だが字が綺麗だとおだてられて宛名書きを押し付けられたり、後輩達には真面目過ぎると煙たがられて合コンにも誘ってもらえない。学生時代の友達は彼氏に結婚に子育てにとだんだんと疎遠に。実家のさくらんぼ農家からは戻って来いと言われる。会社があるといっても「お前なんかいて...

  • 映画「ニンジャバットマン」感想

    Netflixで鑑賞。公開時に見そびれたのが配信されたのでさっそく観ました。これはもうぶっ飛んでて楽しい!!!脚本が中島かずきというのがうなずける。登場人物の名前を変えれば、これこのまま新感線の舞台に出来そう。そして日本の昔の時代劇、アニメ特撮その他諸々へのリスペクト、オマージュ満載にアメコミ調の色彩も忘れずという。これは何とも素敵な構造ではないですか。先日「スパイダーマン: スパイダーバース」を見た時も...

  • FINAL FANTASY VII REMAKE for State of Play

    6月に情報解禁だそうだ。PS5になるとか言わないよね?CASTはFFVIIACのままのようです。櫻井さんの絶品の息遣いがまた聞けるわけですね。クラウド・ストライフ(Cloud Strife) 櫻井孝宏 エアリス・ゲインズブール(Aerith Gainsborough) 坂本真綾 バレット・ウォーレス(Barret Wallace) 小林正寛セフィロス(Sephiroth) 森川智之 fc2が不調の際はお手数ですがTB用ミラーブログをご利用下さい...

  • 印象派への旅 海運王の夢-バレル・コレクション-

    昨今は展覧会もただ開けば良いというものでもなく、芸術家個人の名を冠した○○展はネタ切れ気味、人気だといっても印象派というだけでは関心を引く事は出来ず、更なるインパクトを求められる。強烈なメッセージ、人目を引くコンセプトなどを追い求める主催側の苦悩が見えるような、ラノベ並みに長いタイトルの展覧会が増えて来た。しかし、何があろうと、絵は静かにそこにある。絵の本質は変わらない、どんな時でも。絵に逢いに行く...

  • 映画「名探偵ピカチュウ[2D・吹替]」感想

    作り手のポケモン愛を感じるイイ映画!!「ポケットモンスター、略してポケモン」という山寺さんの声が聞こえて来そうな冒頭。人間とポケモンが共存する世界を見せてくれる始まり方からして、愛を感じてしまうのですよ。山や森や街に様々なポケモンが住む姿、それだけでも、少なくとも作り手はポケモン映画を全部見ているんだろうなと思うのですよ。さすがにもうゲームはしていませんが、親戚の子の希望で、ずっと映画を見て来た私...

  • 映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」感想

    最後の「アベンジャーズ、アッセンブル!」最後の

  • 秩父と桜とSlパレオエクスプレス

    先日訪れた、最近人気の埼玉は秩父方面のお花見ツアーに参加した記録など。秩父の桜の名所、清雲寺。しだれ桜が有名です。古刹ですが現在は住職さんがおらず、地元の方がお寺の世話をしているとか。見事なしだれ桜が何本もあります。これだけの景色は京都にもないかも。樹齢600年の天然記念物のしだれ桜もあります。満開の時期、かなりの人出でした。屋台なども出ていました。みそぽてと、埼玉名物らしいのですが・・・時間がかか...

  • アニメ「ポプテピピック TVスペシャル」感想

    いきなりのサンライズと大張正己の盛大なる無駄使いのOPwロボットアニメのパターンをあえて並べた中にポプ子とピピ美が舞い踊る。冒頭から飛ばしてるな感。自虐も盛り込みながらの様々な形式の”アニメーション”と声優の可能性の限界に挑戦するふりをする幾つものヴァージョン(バージョンと書かねばならなくなるらしい)。FFXVも・・ゲーム関連のネタは今回も多し、楽屋オチも多し。その手のネタの特定も見る側の楽しみとして存在...

  • 映画「キャプテン・マーベル[IMAX3D・字幕]」感想

    見所は冒頭のマーベルスタジオのロゴスタン・リー追悼の特別バージョン、いつものヒーロー達ではなくすべてスタン・リーの姿となっている。この映画と「ワンダーウーマン」との決定的な差は主役の差。強烈な美貌と個性で観客の心を掴んだワンダーウーマンに比べ、こちらは地味すぎる。何処にでもいるヤンキー娘といった所。ポスターを見た時から危惧していたけれど・・アベンジャーズより強い、最強のヒーローなのに、その貫禄がま...

  • TDL35周年グランドフィナーレ

    グランドフィナーレもいよいよ終演のTDLへ行って来ました!!!良いお天気ですが、人も凄い。いつもの待ち時間長めのパーク内。ドリーミング・アップ!なんと抽選エリアが当たりました!!これは嬉しい!!!羽生結弦選手の演技の後に大量に降って来るアレww最近では実写のもふもふも話題に。戦隊モノのノリなのに、兄と弟の愛情物語と錯覚させるこすっからい宣伝で騙そうとしたベイマックス。ホント、宣伝て上から目線で客を馬...

  • 変なホテル東京ベイ

    ロボットのいるホテル、変なホテルに泊まって来ました。外観は普通のビジネスホテルです。ハウステンボスのような派手さはない、こじんまりしたホテルです。ロビーに入ってすぐに代名詞の恐竜ロボットが。ティラノサウルスさんです。傘の自動販売機。タピアがここのシンボルのようです。お土産にお手軽なオリジナルメダル。フロントのヴェロキラプトルの恐竜ロボット。チェックインの案内を日本語・英語・韓国語・中国語で案内して...

  • 映画「グリーンブック」感想

    黒人のピアニストと白人の運転手兼用心棒の物語黒人の差別の歴史は深い。「たかが顔を黒く塗っただけじゃないか」という日本人の感覚では理解出来ない長年の蓄積があるのだ。かつてミンストレル・ショーという白人芸人が顔を黒く塗って黒人を演じ、笑いを取る芸があった。そこでは黒人は貧困と無知の象徴であり、それを金持ちで品性も教養もある白人があざ笑うといった類の芸だった。だから顔を黒く塗る事=黒人への侮蔑だと受け取...

  • ムーミンカフェ(東京ドームシティ ラクーア店)

    「MGM MBL 開幕戦 プレシーズンゲーム 巨人VSマリナーズ」観戦後は、ムーミンカフェへ。ラクーアのステージのお向かい、ジェットコースターの悲鳴と歓声で賑やかな場所にあります。現在は「さくらフェア」開催中。なかなかの盛況ぶりで待ち時間は20分ほど。ムーミンマシュマロクリームソーダ 海のいろ(ブルーラズベリー味)マシュマロのムーミンが海にぷかぷか浮かんでいるクリームソーダ。他にも白や青や緑、オレンジのカラフル...

  • 2019 MGM MBL 開幕戦 プレシーズンゲーム 巨人VSマリナーズ

    東京ドームに行って来ました! 巨人VSマリナーズのプレシーズンゲームです。今回はやはり、この人イチローですよ!!7年ぶりに日本でのプレイとあって、51番のレプリカユニフォームを来たファンも沢山。プレシーズンゲ-ムであっても、試合は試合、イチローが見られるのは嬉しい事です。9番ライトでの出場。両軍の選手たちが紹介されて、次々に入場。あれ?音楽が・・FF14!!!!!!!星導山寺院や カストルム・アバニアのBGMが・・冷酷...

  • 明治記念館と迎賓館と噴水と

    迎賓館とその周辺を散策して来ました。まずは明治記念館へ。赤坂仮御所が伊藤博文に下賜されて移築、彼の死後に明治神宮外苑に再移築。大日本帝国憲法の草案が審議された場所として「憲法記念館」に、そして今は明治記念館となりました。結婚式場としても有名。今は季節柄、卒業式の宴も多く、広い庭ではかま姿のお嬢様たちが記念撮影をする姿も。庭の片隅にはこんなものも。かつての御所としての格を表す旧鬼瓦。さざれ石。君が代...

  • 映画「スパイダーマン: スパイダーバース[IMAX3D・字幕]」感想

    斬新な映像が素晴らしい!!これは良いアニメーション!!クールジャパンなどというお役所仕事に右往左往している間に、遥かにエネルギッシュな世界に軽く追い越されてしまったようだ。インスパイアの正しい進化の仕方のお手本。コミックを良く消化し、様々なアニメの要素もきちんと咀嚼し、技術と才能で昇華させた。異なる次元から来たスパイダーマン、実に誰もが個性的。それぞれの戦闘も良く動く、アニメーションの醍醐味が存分...

  • 映画「アリータ:バトル・エンジェル[IMAX3D・字幕]」感想

    日本よ、これが実写化だ!チープなコスプレにチーパッパ学芸会を恥ずかしく思え!ゴリ押しタレントありきの配役で質を落とす事前提では良い映画など出来はしない。最初から作る気がないものを作るのは資源の無駄使いでしかない。大まかなストーリーは原作通り。それを映画の尺に合わせるように再構成している。細かい設定が異なるのも、漫画と実写との作り方の差を思えば許容範囲。何よりも原作へのリスペクトがあるのがいい。観て...