searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

りんころさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

基本的に「面白いから書きたい!」「ツッコミたいから書きたい!」精神でやってますです。

ブログタイトル
りんころのひとりごと。
ブログURL
https://rincoro-ht.hatenablog.com
ブログ紹介文
テレビドラマを中心とした、気ままなゆる〜い感想ブログです。ほぼネタバレ。
更新頻度(1年)

458回 / 365日(平均8.8回/週)

ブログ村参加:2019/02/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、りんころさんの読者になりませんか?

ハンドル名
りんころさん
ブログタイトル
りんころのひとりごと。
更新頻度
458回 / 365日(平均8.8回/週)
読者になる
りんころのひとりごと。

りんころさんの新着記事

1件〜30件

  • この恋あたためますか 1話 感想|おっさんじゃね〜し!(笑)

    この枠は視聴者受け狙いのラブコメばっかりやるようになっちまったねぇ…と思い、 本作にもあんまり期待していませんでした。 オリジナルとうたいつつも、最悪の出会いから始まる所、 ただのバイトで料理が出来るかどうかも分からない人に開発を任せるトンデモ展開 (一岡(市川実日子)の代わりに課長就任…なんて事にはならなくて良かった(笑))、 壁ドンしながら「再起動」をカッコよく言っちゃうなどなど… 少女漫画感全開な作りを見ると「キュン」よりも「あざとさ」を感じてしまうタチでしてね。 そして、続きを見たいとする個人的な条件として、 「主人公(&登場人物)が好きになれるかどうか」「物語に魅力的な部分があるかど…

  • DIVER-特殊潜入班- 5話(最終回) 感想|DIVERだけに海に潜ったって?

    黒沢(福士蒼汰)の過去だけでなく、阿久津(りょう)と遠藤(小市慢太郎)の関係性も 盛り込んできたから、「上手くまとまるの?」と思ったまま見始めた最終回。 しかし、途中の見せ方に良い意味で"引っかかり"を覚え、 あ〜なるほど…そんな風にして繋げていくのか…という驚きもあり、 最後までどんな着地点になるのか分からないハラハラ感を楽しみました。 けど…あのラストだけは頂けない感じだったかな(笑) 黒沢が海に落ちるバッドエンドで終わらせた方が、 個人的には余韻が生まれた気がしたんですけどねぇ。 (今思えば、録音機だけが海に沈むカットも納得ですが。) 主題歌自体は壮大な曲調なので、いつもはあんまり合って…

  • SUITS/スーツ2 15話(最終回) 感想|"リカ"と"カンチ"を描きたかった感半端ない最終回

    30分拡大ならまだ分かるんだけどさぁ…通常放送ですよ? 残り20分まで合併を「する」「しない」、 甲斐(織田裕二)がファームを「辞める」「辞めない」、 大輔(中島裕翔)が聖沢(新木優子)に真実を「話す」「話さない」 これらの優柔不断な話を延々と続けるもんだから飽きちゃいましたよ(汗) 前半部分でCMを流す頻度が多いのも…余計に集中力が削がれた感じがしました。 前回であんなに上杉(吉田鋼太郎)をラスボスに仕立てた割には、 伊東四朗さんとまとめてアッサリ解決させたのも腑に落ちず。 なんというか、結局、出演者のファン向けに、大輔&聖沢の関係と 甲斐&幸村(鈴木保奈美)の関係を描きたかったんだろうなぁ…

  • 極主夫道 2話 感想|専業主婦(夫)に適う者なし!

    た、たのしーーーー! 良い意味でくだらねーーーー!!(笑) スイーツ「いいね」対決から始まり、ヨガのポーズネーミング対決に、 「奥様>極道」のカースト制度を思わせる構図に、主婦達による喧嘩祭に… ネタ盛り沢山でとにかく笑わされた1時間でした。 この手のコメディものだと大体はパロディに頼ってしまうものですが、 それもなく、あくまでも役者の演技だけで面白さを成立させている所にも好感が持てますね。 玉木宏さんと滝藤賢一さんの掛け合いは息ぴったりですし、 物語を引っ張っていく"裏主人公"的な役割を担っていたMEGUMIさんも 「スカッとジャパン」の個性的なキャラで経験を積んできたからか 笑いをとる事に…

  • 危険なビーナス 2話 感想|勇磨が主人公の方が良かったんじゃない?

    良くも悪くもミステリーっぽい作り。 前回よりも登場人物が絞られてきたので、相関図と照らし合わせないと混乱する頻度が減り 全体的には見やすくなりました。 そして、いくつかの謎を提示したまま終わらせる事で、次回も気になるという 視聴者への"引き"の役目も果たせているんだと思います。 ただ…これらが面白いかどうかはまた別で。 逆に言ってしまえば「開かずの扉」「楓(吉高由里子)は明人(染谷将太)の妻なのか?」 「牧雄(池内万作)を押した犯人は誰か?」は 色々仮説を並べ立てただけで、全く状況に進展はないのです。 だから、終盤で勇磨(ディーン・フジオカ)を 伯朗(妻夫木聡)が窮地に追いやったように見せた展…

  • 35歳の少女 2話 感想|精神年齢は10歳というより5歳の少女?

    端的に言っちゃうと、私は本作を好意的に見ています。 理由は、望美(柴咲コウ)のキャラクターが「過保護のカホコ」のカホコと重なるから。 その作品も恋愛や 家族の価値観の違いを盛り込んでいれど 主人公の成長を見守りたくて見ていたような節があったので、 そこは本作でも共通して描かれているのではないかと思っています。 (結人(坂口健太郎)が麦野くんと重なる所も似ているし。) ただ、この事を前提に置いたとしても、ちょっと無理があるよなぁ〜という違和感を 数多く感じてしまったのは事実です。 まず、これは前回でも思った事ですが、 望美をもっと年相応のキャラに近づけて欲しいという事。 今の状態だとあまりにも無…

  • 天使にリクエストを〜人生最後の願い〜 5話(最終回) 感想|さすらいの旅はこれからも続く

    話数が短いだけに、「お?ちょっとまとめに入ってるな?」という感じはありましたね。 島田(江口洋介)と時恵(板谷由夏)の関係性もてっきり これから時々会う形で時間をかけて取り戻していくんだろうと予想していたため、 まさか復縁&しかも一緒に住む事まで考えているとは思わず(笑) 寺本(志尊淳)が「おばあちゃん」と呼べるようになったのも、島田の説得のお陰なのかしら。 成長するまでの経緯はもっと知りたかったし、 今回の話こそ2週にわたって放送しても良かった気はしますが… まぁでも、今まで描いてきた「相手の願いを叶える事で、自分も過去と向き合って変われる」 というメッセージ性は一貫していたので。 純粋に「…

  • 天使にリクエストを〜人生最後の願い〜 4話 感想|ボケ封じの寺が守ってくれたもの

    仲良くワイワイ喋ったり、お煎餅の入った袋を回したりしている 移動中の車内の様子が遠足みたいで 凄く微笑ましいなぁ…と思いながら見ていたけれど、 寺本(志尊淳)も同じく過去に傷を抱えていた者だったと分かってからは そう感じていたのにも納得してしまいました。 まだ自我がなかった頃だったとは言え、そばにいる"はず"の存在がいないという現実を 子供の時から目の当たりにしてきた訳だから辛いですよね…。 時恵(板谷由夏)も連れて、痛みをみんなで分かち合おうとした巡礼旅。 いつにも増して聖哉(林田悠作)の回想が多いのが 見ている側をとてもいたたまれない気持ちにさせます。 でも、全体を覆う緑の風景が、最後の亜…

  • キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木 6話(最終回) 感想|説教7割:真相3割。

    終わりましたね。 で…黒幕はやっぱり澤登(六角精児)でしたね。 ↑いつも冒頭でネタバレを書く時は、まだ見ていない方に記事の概要が 目に入ってしまわないように○で伏せていますが、今回は特に捻りはないので隠しませんw 最初っからどう見ても怪しかったし、そもそも候補が限られているので…。 しかしまぁ、ぐわはははという笑い方も、松原(仙道敦子)に殺されそうになる時に 小柄な神崎(山田涼介)の後ろに隠れるものの 体がはみ出てて全然隠れきれてなかったのも それなりに面白かったんですけど、 六角さんがラスボスはちょっと違うよなぁ…と思ってしまいましたな(笑) 何となく、RPGでいう、ステージが終わる度に進化…

  • ルパンの娘(2020) 1話 感想|宴じゃ、宴じゃ〜!な初回♪

    初っ端からネタが盛り沢山だった初回。 話自体が動いたのは約30分と遅かったけれど、 それでも同窓会のような懐かしさが主に前半で味わえたので十分満足しています。 もう続編ともなってしまえば、本作もある意味"時代劇"なんですよね。 「鉄板のアレ…早く来ないかな」「お、そろそろ来るぞーー!!」という "安定感"をソワソワしながら待つ楽しさがある。 で、作り手側は1つも欠かさずに"安定"の持つ面白さをしっかり供給してくれるから信頼出来る。 続編が上手く行くかは、視聴者が「見たいモノ」と作り手が「見せたいモノ」が 一致しているかどうかにかかっている…とここ最近思っていて。 その点では初回の時点で大成功でした! 個人的には、今回の「都合の良いスプレー」とか「捕まり癖のある和くん」とか 視聴者の気持ちを率直に代弁してくれるツッコミが地味に好きでねぇ… 劇伴も主題歌も、キャストも含めて、前作の世界観がほぼそのまま帰ってきたのが 嬉しくて仕方なかったですよ。

  • #リモラブ〜普通の恋は邪道〜 1話 感想|設定は面白いんだけど…

    や〜…確かに、マスクを付けての撮影、緊急事態宣言下の状況を 連続ドラマで描くのは斬新な発想だけれど、 別に恋愛モノにしなくても良かったような…? 設定を変えても結局は「30代間近で恋人がいないのってヤバい!?」 「一人でも良いって思ってたはずなのに…」という流れに落ち着いてしまう。 美人で完璧そうに見えて実は恋愛下手な役をまた波瑠さんが演じる所も どことなく既視感を覚える原因なのかも…と思いました。 世界観はそのままにして、 コロナ禍の状況をどう乗り越えていったかを産業界の視点で描くお仕事ドラマか、 恋人=幸せ 推奨ではなく、様々な人とアプリを通して出会う事で 「一人でも、遠くでも誰かと繋がれ…

  • DIVER-特殊潜入班- 4話 感想|前後編でも中弛みなし。面白い!

    前後編ともなると、どうしても前編に「起」「承」中心の話が来がちで 「まぁまぁ、今回で終わらないからね」「最終回に向けての、だからね…」と ある程度の諦めが付くものですが、 本作に関しては視聴者を飽きさせないための「転」要素が随所に施されているから面白い。 事務職員が横になる事で佐根村(野村周平)が圧迫されそうになるソファの演出… 空気清浄機は正直だったというコミカルなオチ… 最終章=最大の危機が迫ってくる がテッパンの流れが故に 皆本(片瀬那奈)が怪しい人物に襲われるのにも純粋に騙されつつ… 一か八かの作戦が最早犯罪者集団にしか見えない所に笑わされます。 (英語で脅迫している音声を流しているの…

  • SUITS/スーツ2 14話 感想|やっと上杉の本性が見えてきた。

    私の中でやっと、ほんの少しだけ盛り上がってきたって所でしょうか…。 そりゃあ最終回前後編なので、1つの物事を集中的に描く=ラスボスに立ち向かう 展開になるのは当たり前っちゃ当たり前なんですけど、 本筋に全く関係のない恋愛要素がなくなるだけで こんなにも弁護士同士の対峙に面白みが出てくるのか…と思わされました。 ただ、上杉(吉田鋼太郎)の不当解雇とフォルサム食品の案件が ごちゃ混ぜに描かれているので、話の進行が分かりづらい部分はあるんですけどね。 上杉の最後の高笑いも、最っ高に憎たらしくて良かったですよ。 あのシーンだけでやっと彼の本性が見えてきた気がしました。 何度も言うようですみませんけど、…

  • 極主夫道 1話 感想|可笑しな玉木宏さんをただただ見ていたいw

    す、すごい…あんなにコメディに振り切った玉木宏さん、 「のだめ」の千秋先輩ぶりかもしれない…(笑) 新人扱いのルンバに本気でキレているのとか、全員で体操するシュールなOPとか、 ネタがぎっしりな前半パートに涙が出るほど笑ったわぁ。 そして竹中直人さんとの共演にもアガる! 稲森いずみさんに、志尊淳さんに、経験を積まれた役者さんが揃っているから、 キャラクター面においては基本的には安心して見られそう。 ただ…くっきー!さん云々関係なく、尺をガッツリとる役に 芸人さんはキャスティングしなくても良かった気はするけど。 無理やりコントを入れて笑かそうとしているのが見え見えで… そこだけはちょっと勿体なか…

  • 危険なビーナス 1話 感想|いろんな意味で"賭け"に出た感じ。

    「24 JAPAN」に続いて、こちらも相関図と照らし合わせながら 見なければいけない案件…(笑) しかも、本作の場合は一族の話なので尚更ややこしい。 とりあえず、波恵(戸田恵子)と祥子(安蘭けい)が異母姉妹である事、 養子同士の勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)がどう見ても恋人関係で 7話辺りで物語を大きく動かすキーパーソンになりそうな予感しかしないって事だけは 頭に入れておきました。 しかしまぁ…おディーンさんと洋館の組み合わせは、何度見ても絵になるわ。 大ヒットドラマ「半沢直樹」の次回作って事で、プレッシャーがかからざるを得ない本作。 でもこの枠にしては、かなりイレギュラーな世界…

  • タリオ 復讐代行の2人 1話 感想|ポップというよりはスピーディ…?

    うーん…この物事がとんとん拍子で進んで行く感じ…。 録画or一人で視聴する時は、感想を書く際に後でどんな展開だったかを振り返るために 台詞などをメモ書きしているんですが、 あまりの台詞量の多さに書きそびれて流しちゃったり、たまに巻き戻したり… っていう事が多々ありましたね。 "縦軸"になるであろう白沢(浜辺美波)の父の件も、肝心の生い立ちは 「前も見たから軽くおさらいね」と言わんばかりに淡々と済ませて終わり。 復讐モノの醍醐味である「憎悪」「残酷さ」とは一味違う作品だとしても、 音楽は80年代っぽくてオシャレだな〜と思うくらいで 特に引き込まれるまでは行かない…といった初回でした。 一言で言う…

  • 恐怖新聞 7話(最終回) 感想|ツッコミ甲斐のあるドラマでした(笑)

    ちょっと待って…アンケートの形で契約者を引き継がせた作戦は優秀だけど、 普通、街中で不特定多数に配る用紙に名前って記入しなくないか? 性別と年代に丸を付けるだけじゃないのか??と疑問に思ってしまいました。 あ…そこ、気にしたら負け?こうしないと話が進まないってね。 はい、分かりました(笑) 終盤は詩弦(白石聖)が亡くなってしまう展開を存分に描いて、 最後の最後で「ん?詩弦が今度は配達人になってる?」という意味深なラストを チラ見せして終わるのかと考えていたので、 まさか"配達人サイド"で世代が代わってからの話もガッツリやるとは思わず、 鬼形(坂口涼太郎)が登場してくるまでは冗長感があるような気…

  • 35歳の少女 1話 感想|良くも悪くも遊川脚本らしい。

    好き嫌いが分かれそうな内容でしたね。 ミステリアスな劇伴と共に大きく映し出される家のカットが既に… なぜだか遊川作品っぽさを感じさせます。 主人公・望美(子供時代:横田英怜奈)が事故に遭ってしまうという ショッキングな展開を冒頭で見せてくるのも、人によっては中々エグいかもしれません。 状況は全然違えど、ナイーブな気持ちになりやすいこのご時世だから、 今は暗い話題は見聞きしたくない!という方は 視聴しない方が良いのかなぁ…と思ったりもしました。 柴咲コウさんと5年ぶりのタッグとうたわれている「〇〇妻」は未視聴。 でも、最近の遊川作品を見ていて思うのは、 「主人公が変わって行く話」か?「周りの人々…

  • 24 JAPAN 1話 感想|どきどきキャンプの岸学さんはいつ出るの?

    案の定、「海外ドラマが原作です!」感丸出しの作りでしたね。 まず…現馬(唐沢寿明)達が所属するCTUのアジトがもう日本っぽくないですもん(笑) 私、あの空間デザインを見て、すぐにディ○ニーのスペースマウンテンという アトラクションの室内が頭を過ぎりましたよ。 後でgoogleで検索してみたら、本作の方が照明が暗かったけれど… 所々で細長い明るいライトが設置されているのとか、SF風な世界観だとか、何となく似てません? 本作と全く関係ない事なので画像は載せませんが、 騙されたと思って(?)検索してみて、共感してくださる方が出てきて欲しいですw 他に気になった事と言えば… やはり20世紀FOX社との…

  • キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木 5話 感想|彩乃が余計なお世話過ぎる件

    えええ〜… 神崎(山田涼介)の真相、警察仲間でも家族でもない 彩乃(関水渚)の"余計なお世話"で知らされる展開になっちゃうんか〜い。 そこは、発言でも行動でも、何かをずっと不審に感じていた神崎が 個人で調べていくと…とか、 勢いのあまり黒木(田中圭)がポロっと口に出してしまった…とか、 もっと重要な人物と絡める形で行って欲しかったなぁ。 彼女の場合、今でこそまるでルームメイトのように居座ってますけど、 過去のファミレス事件には全然関係ないですからね。 (というか、父の話も特に出てきませんが、あれから元気にやっているんでしょうかねぇ) なんで第三者に物語を大きく動かすキーパーソン的役割を担わせち…

  • 東京タラレバ娘2020 感想|3年経ってもカワラン娘たち。

    連ドラは当時リアルタイムで視聴済。 けど…さすがに3年も経つと、よっぽど強烈なエピソードがない限り忘れちゃうよねぇ(笑) なので、序盤で色々と振り返りをしてくれて助かりましたよ。 見ていくうちに、 鮫島(平岡祐太)の二番目の女になってしまう香(榮倉奈々)のくだりも、 妻がいると分かっていながらも不倫に手を出してしまう 小雪(大島優子)のくだりも ←しかし、田中圭さんが出演されていたのは完全に忘れてたw、 そうそう…なんで今頃続編?と思っていたら、 あ〜!そう言えば「一人でオリンピックを見るのは嫌だ」とか言ってたからか! なんて事も思い出してきました。 で、結末は…3人でいつまでもタラレバ言って…

  • DIVER-特殊潜入班- 3話 感想|ちゃんと考えられてる構成だな〜

    昨日…勿論見るつもりだったんですが、寝落ちしちゃいましてね(汗) 起きたらもう40分くらい経ってて…!?… 追っかけ再生しようにも録画残量の都合なのか出来ないし… 後から見ても時間が遅くなっちゃうから明日で良いか〜って事で、1日ずらしての投稿となりました。 さて!今から感想を書いていきます。 3話に来て、今まで不透明のままだった伊達(安藤政信)の背景が明かされました。 娘との関係を回想を通して描かれているので、 このまま彼がメインで、今回は"潜入捜査"の部分は脇役になるかな?と思っていたら、 なるほど…そう絡めて来たか!という面白さがありましたね。 潜入捜査というテーマ自体はもう物珍しいジャン…

  • おカネの切れ目が恋のはじまり 4話(最終回) 感想|春馬くんへのファンレター…だね。

    放送が終わってからも涙が止まらないなんて事は滅多にないからさ… ああ、これが三浦春馬さんにとって最後の作品なんだという現実を突きつけられる虚無感と、 玲子(松岡茉優)みたいに、いつかひょっこりと現れる時が来るのを願って 前に進むしかないのだというほんの少しの希望が同時に襲ってきた最終回でした。 あくまでもドラマなんだから、現実世界の出来事と重ねちゃダメだ! 最後まで演じ上げた"生きた証"を見届けなくちゃ! 最初はそう思って楽しもうとしていました。 けど、これは…泣かずにはいられないでしょ。 キャストの皆さんが、スタッフが、脚本家の大島里美さんが、そして玲子@松岡茉優さんが… 「みんなで一緒に慶…

  • SUITS/スーツ2 13話 感想|今更上杉に帰って来られても…

    前半、うとうとしちゃったんで(汗)今回は簡単感想で。 まぁ、とりあえず気になった所だけ書くとすれば… 蟹江(小手伸也)と藤嶋(上白石萌音)が張り合うくだりっているんですかね。 本編と何か関係してましたっけ?見落としてたらすみませんけど。 ああいう脱線した話を所々で挟みこもうとするから 集中出来なくなる部分もあるんですよねぇ。 上杉(吉田鋼太郎)の扱い方もなぁ…せめて前シーズンのラストで ちらっと登場させていたら、続編を匂わせる効果をもたらすのは勿論、 まだまだ甲斐(織田裕二)の周りには敵がいる…?という 緊迫感を持たせる事が出来ていただろうに…と思いました。 ぶっちゃけ、新シーズンになってから…

  • レンタルなんもしない人 12話(最終回) 感想|1人分の存在がいて気づけたこと

    最終回はレンタルさん(増田貴久)の家庭のあれこれをメインに…ではなく、 あくまでもいつもの1話完結型の依頼人エピソードから物語が始まる所が良かったなぁ。 かと言って前者の件を駆け足展開で終わらせず、 森田(松本若菜)との関わりでピンと来るものがあったり、 前回で心救われた神林(葉山奨之)から新ビジネスの提案があったり、 そして1話で登場した大宮(志田未来)のその後の話が聞けたり… 本作がずっと問いかけてきたであろう「1人分の存在が人に何をもたらすのか?」に対する 答えのような作りにもなっていたと思いました。 OP映像と共に流れるナレーションを最後に持ってきたのも良い。 悩みやお願い事をただそば…

  • 恐怖新聞 6話 感想|まぁ、自業自得としか言えないよね。

    やっぱり期待を裏切らなかった〇〇さん!!!(笑) ただの〇〇で終わるはずがないですよ。 凶器で人を殺そうとする図は「犬神家の一族」でもありましたねぇ。 恐怖新聞の印刷関係者という訳ではなかったけれども… ちょっとした"違和感"はここに繋がっていたのですね。 そんで、「ちょっと待って、もう少しで殺せるから!」 「そうだそうだ、今度誰殺す?」があまりにも軽過ぎて笑っちゃいましたw

  • 天使にリクエストを〜人生最後の願い〜 3話 感想|傷を抱えた者にしか分からない心の叫び…

    人情味ある江口洋介さん、良いなぁ… 島田(江口洋介)も歌うんだとは驚いたけれど、 「生活の柄」の歌詞の内容といい、同じ場所で気持ちを分かち合ったシーンといい、 2人にしか持っていない"共通点"を提示した上でのあの流れだから、 彼が歌うのにも物凄く納得しちゃいました。 原曲のチョイス、塩見三省さんや倍賞美津子さんといった渋いキャスティングからして、 多分人生を長く過ごしてきた人ほど刺さるんじゃないかなぁと思う作りなんですけど、 それでも私みたいな若い方の世代でも登場人物の心情が汲み取れるように出来ていて、 とても丁寧な脚本だと感じています。 「傷を抱えた者にしか分からない心の叫び」が表向きのテー…

  • あのコの夢を見たんです。 1話 感想|そもそも妄想の世界の話なので…

    これは本作だけにかかわらず、どのドラマでも言える事ですが… 1つの作品が終わった次の週にはもう新しい作品が始まるという詰め詰めの形式、 「昔の事はさっさと忘れなさい」と言われているような気がして悲しくなりますな(笑) 以前の4クール制に戻したいのは分かるけどねぇ…せめて2週間後にして欲しい。 こう書いたのも、前作の「浦安鉄筋家族」に個性的な作り込みの高さを感じただけに、 本作の話に物足りなさがあったからなんですよね。 何と言うか、「世にも奇妙な物語」内で放送されてもおかしくないような。 そもそも妄想の世界の話なので、 「クラスで一番モテる女子」なんて一人の男性の思いつきから膨らませて行っても、…

  • キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木 4話 感想|母娘よ、そこに愛はあるんか?

    山田くんはジャニーズの中でも童顔で可愛い!ってイメージがいつまでもあったけど、 いざ学ラン姿を見てみたら、ああ、歳をとったんだなぁ…と感じましたわ。 目元のメイクが濃かったからなのかしら? でも、前の時間にやっていたMステの最初のカットでも物凄く大人っぽかったもんなぁ… 視線に色気があった…あ、ドラマと関係ない話になってしまったので戻しましょうw 今回の内容も、刑事ドラマなのに誘拐犯をあっさり拘束して、 放置したままお説教タイム続けて大丈夫なのかよ…とか、 刑事の仕事ではないとは言え、いじめの首謀者にはその後どんな処分を下されたのか ちらっとでも映して欲しかったかな〜とか、 誰の手も借りず頑張…

  • 天使にリクエストを〜人生最後の願い〜 2話 感想|十字架を背負って生きる大人たち

    島田(江口洋介)の粋な計らいで終わるのかと思いきや、 なるほど、そう来ましたかぁ… 二転三転する「嘘」が、互いに思いやっての「優しさ」だったと分かる結末。 これは前回と合わせて1セットで生まれる面白さでしたよ。 前後編で切らないで、民放の初回拡大放送みたいに1時間30分にして 一気に見せちゃった方が、"本作らしさ"が徐々に現れていく作りに 引き込まれたりしたのかもな〜…なんて。 まぁ、終わり良ければすべて良しですが。 今回は、十字架を背負って生きている(た)大人達のお話。 生まれたばかりの我が子を捨てた母・幹枝(梶芽衣子)は 死ぬ前にその子に会いたいと言う。 しかし、ヤクザの組長となった息子・…

カテゴリー一覧
商用