住所
-
出身
-
ハンドル名
りんころさん
ブログタイトル
りんころのひとりごと。
ブログURL
https://rincoro-ht.hatenablog.com
ブログ紹介文
テレビドラマを中心とした、気ままなゆる〜い感想ブログです。ほぼネタバレ。
自由文
基本的に「面白いから書きたい!」「ツッコミたいから書きたい!」精神でやってますです。
更新頻度(1年)

35回 / 12日(平均20.4回/週)

ブログ村参加:2019/02/08

りんころさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(IN) 39513 55014 50915 41628 37353 37101 33461 949402サイト
INポイント 20 0 0 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 120 80 50 70 0 0 0 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 149 225 209 151 123 125 98 6752サイト
テレビドラマ 41 58 56 44 33 33 27 1444サイト
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 23092 31558 39363 42447 58352 54836 44211 949402サイト
INポイント 20 0 0 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 120 80 50 70 0 0 0 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 56 77 97 108 176 160 110 6752サイト
テレビドラマ 20 22 28 31 44 40 31 1444サイト
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 28337 949402サイト
INポイント 20 0 0 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 120 80 50 70 0 0 0 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
テレビブログ 0 0 0 0 0 0 173 6752サイト
テレビドラマ 0 0 0 0 0 0 39 1444サイト

りんころさんのブログ記事

?
  • 初めて恋をした日に読む話 6話 感想|"俺んだよ"にはシビれますわ

    「そう来たか〜!」が多かった回。 前回では順子(深田恭子)の「いかに自身が鈍感だったか」に気づく変化が メインとして描かれてきましたが、 今回では男性陣3人の積極的で男らしい成長っぷりが描かれてきました。あ…2人かな(泣) 登場人物の描写も、どのシーンも、全く抜かりがないので面白い。 「男らしさを見せる」という事で、 雅志(永山絢斗)vs山下(中村倫也)、由利(横浜流星)vs山下と、 順子を巡る3人で本格的に熱いバトルをする展開にはなって来ましたが… そうね。今の所は、由利と山下が良い勝負なのかもしれません。 恋という存在に少しでも順子が気づいた今、最も鈍感なのは雅志だと思うぞ… 「俺たち両想…

  • 後妻業 5話 感想|ドロドロさせ過ぎて話が進まん。

    直球で言う。 昼ドラみたいな回だった(爆) あっちでもドロドロ。こっちでもドロドロ。 今までも女性同士での戦いとかはあったけれど… 今回は「恋愛」「不倫」絡みで、大分サイドストーリーを膨らませた印象ですね。 朋美(木村多江)が最終的に本多(伊原剛志)と関係を持ってしまうのは、 まぁ、あの浮気の件があったらそうなってしまうよなぁ〜とは思いました。 やっぱり、人間関係を色々複雑にさせておかないと話が持たないのかしら…(汗) 本多が後妻業の秘密を掴む件り、小夜子(木村佳乃)と柏木(高橋克典)が 「バディ〜や〜!」と言って仲良さげな二人を見せる件りはもう何度も見てきているので。 小夜子がターゲットの前…

  • トレース〜科捜研の男〜 7話 感想|恋の行方よりジュニアの役所を知りたい!

    あちゃ〜…色々ツッコミどころはあれど、 真野(錦戸亮)にフォーカスを当てた前回の内容はそれなりに見応えはあったのですが、 今回に関しては一体全体どうしたもんじゃろのう感満載でしたね。 テコ入れの方向性…間違ってる気がするよ? ラブストーリー以外に描くべき事、いっぱいあるでしょ??^^; 前回に続けて真野の過去を縦軸で描くとか、ジュニアさんの出番を増やすとか、 てっきり若干シリアス方面寄りに進んで行くと思ってたんですけども。 …というか、ジュニアさんに関しては7話になっても未だにどんな人かは分からないし、 後回しの扱いをされまくってて寧ろ気の毒よ(笑) そろそろ、ここの話も同時進行で描き始めない…

  • グッドワイフ 6話 感想|春風亭昇太さんの曲者っぷりに逆にスカッと

    サブタイトル「崖っぷちの選択」をテーマに 案件パートは「どちらを弁護人にするか」がメインとした話だったためか、 いつもの調査過程や証拠の特定シーンは端折られてはいましたが、 今回も杏子(常盤貴子)の凛とした頼もしい活躍っぷりを堪能しました。 最後に壮一郎(唐沢寿明)の弁護人となって立ち向かう時の表情は もはや「覚悟を決めた人の顔」。芯の強さを感じさせる話し方にもゾクゾクしちゃいます。 みんなの支えがあって今の自分がいるんだ、苦悩も乗り越えられるんだという、 主人公を応援したくなるような数々のエピソードの重ね方はもう安定して上手いです。 子供達や事務所の人々の存在はやっぱり大きいと思わされます。…

  • 絶対正義 3話 感想|お辞儀をしても何しても、怖いものは怖い

    今回も「範子(山口紗弥加)が何考えてるのか分からなくて怖過ぎる…」と、 彼女の奇妙な行動にただ圧倒され続けた1時間でした。 毎回誰かを1人ずつ闇に陥れる展開になるのかとも思っていたのですが 意外とそうでもなく、律子の不可解な言動が描かれて謎を残し続けたり、 友達たちが反抗的な態度を見せてきたり(最終的に範子の計画にやられちゃいましたが)、 友達以外の人を範子が味方に巻き込んで行ったりと、色々なパートを複雑に絡めていて 今後の展開が中々読めない内容になっています。 全然飽きが来ないですね。ジェットコースターのようなスリル感があって面白いです。 範子が狂気的で恐ろしいと思わせられるのは言動自体もそ…

  • みかづき 4話 感想|やっぱり吾郎の存在は大きい。

    「こんなはずではなかった」 「ただ家族を支えたくて、塾を生き残らせようと頑張ってきただけなのに」 大切な人を失い、家庭も崩壊しかけ、塾業界の競争に追われる日々を過ごす 千明(永作博美)の現状への後悔、苦悩が前半でぎっしり描かれ続けた後での 吾郎(高橋一生)の登場には、心から嬉しい気持ちになりました… 思いが通じ合った運命の人だったんだと改めて思わせる 「待ってるに違いない」と千明の心を見通してくれる吾郎の言葉。 ファンタジーで可愛らしい劇伴の入り。 嬉し涙を見せて今の大変さを焦って話し出す千明の様子。 役者の演技、演出、脚本のどれにおいても「希望の兆し」「原点への回帰」が ひしひしと感じられる…

  • フルーツ宅配便 6話 感想|やり手のドラゴンフルーツと不器用なレモン

    金10に続いて、本作もある意味でイレギュラーだった回。 前半ではドラゴンフルーツ(山口美也子)の強烈なキャラクターっぷりを描き、 後半ではレモン(北原里英)とお客・関(黒田大輔)のほのぼの恋模様を描くという コメディとハートフルの対比が効いた内容になっていましたが、 どちらのパートも楽しく見られました。 前回からのえみ(仲里依紗)パートを続けて描くと 話がシリアス寄りになってしまうから…って事でしょうか。 基本的に淡々と、でも深い作りを目指す本作において、えみのパートを一旦置いといて 別の話をメインで描くという手法は正解だったと思います。 ドラゴンフルーツさんの方は…うん、それはまぁ〜ぶっとん…

  • メゾン・ド・ポリス 6話 感想|コナンのパロディで遊びまくる回

    おじさん達によるわちゃわちゃも多く、 (陶器が割れるような画面切り替えなど)演出にも遊び心が効いていた回でした。 コミカル描写が強かったためか、演出家は違う方なのかな〜?と思っていたら、 まさかの佐藤祐市さんでビックリ。 脚本・黒岩勉×演出・佐藤祐市 の組み合わせは映画の「累」スタッフと一緒なので、 あのサスペンス性の高さに圧倒される作風とは正反対のもので、 しかもちゃんと面白い…というのにもまたビックリ。 そして、今回はメゾポリを舞台とした"ワンシチュエーション"風な作りで イレギュラーだった訳ですが、これはこれで楽しみました。 個性的なメンバー揃い、そのメンバー達による会話の応酬が愉快な …

  • スキャンダル専門弁護士QUEEN 6話 感想|パワハラはどうなったんや…

    簡単感想で。「二転三転にさせたい!」「最後に事実を明らかにして驚かせたい!」 作り手がこういう狙いでやっているのは十分に分かるんですけど… な〜んか惜しいんですよね。本作。 意外性を持たせるなら、過程や伏線が作り込まれてるかどうかが大事なのに。 先生が死ぬ前に実は話し合って作戦を立てていたとか、 アシスタントの若月が実は先生の秘密を守って寄り添ってくれていたとか。 それを匂わせる素振りが全然ないまま話が進んで行ったので、 「実はこうだったんだよ〜!」みたいな顔をされても個人的にはピンと来ない。 後出しジャンケンが過ぎるんですよねぇ…orz 氷見の動きや先生たちの動きを、もう少し所々に描いても良…

  • ハケン占い師アタル 5話 感想|どこか不公平なのはみんな同じ

    今回は田端さん(野波麻帆)回。 素直に思いや悩みを打ち明けられない。一人で抱え込みがち。 いざ本音をぶちまけようとすると、今まで溜めてた感情を一気に爆発させてしまう。 そんな不器用な彼女だからこそ、人柄が柔らかくなっていったような最後の姿には、 思わず「良かったね…」と言いたくなる気持ちにさせられました。 「幸せは待ってるものじゃなくて自分で作るものなんだよ」という アタル(杉咲花)の占いや、 自分が気付いてないだけで必要としてくれている人は必ずいるよというオチは 正直言えば特に斬新さはないし、どこかで聞いた事ある感じはするのですが… アドバイスや出来事を通して変われた様子を見られるのが、 た…

  • 家売るオンナの逆襲 6話 感想|ホームとエロスってなんぞや

    不倫相手との交際を認めている友達夫婦と、子供を持たず相手を愛し続けたい夫婦のお話。 後者の奥さんが実は前者の不倫相手だった流れと、 サンチー(北川景子)がペンで四角をぐりぐり描く件りからして、 こりゃあ、4人でのシェアハウスというオチになるのかな…?と思いながら見てみたら… なるほど。同じマンションに住んで"ホームとエロス"を使い分けながら 暮らしていこうってオチでしたか。 とは言うけれどだな…個人的にはこの解決方法は、 「アリよりのナシ」ですな! もし不仲にでもなったら、将来近い距離なのが気まずくなると思うし、 使い分けるために移動しなきゃならないのは、ちょっと面倒臭い(笑) 私だったら1つ…

  • 初めて恋をした日に読む話 5話 感想|ラストの怒涛の展開に唸る

    リアタイしてた時、結構うるさかっただろうな…(笑) 「そうじゃないんだよぉぉぉぉぉ」「えっ!?」「うおーーー!!!!」ばっかり言ってた今回w 視聴前は全然期待してなかったのに、まさか、本当に胸キュンする日が来るとは。 前々から、登場人物の生き様と恋愛模様でメリハリを付ける構成が 上手いなぁとは思っていましたが、 今回は何と言っても…現代文を軸に全ての伏線が「解答者の解釈はいらない」を絡めて 回収された終盤の展開にゾッとしました。 由利(横浜流星)が順子(深田恭子)の家の前を通って行く件り。 順子を振り向かせようと積極的に行動してきた由利の気持ち。待ち受け画像。 山下(中村倫也)へのグルグルテー…

  • 後妻業 4話 感想|訳あり息子の登場。話は大きく動くかも?

    前回に引き続き、本多(伊原剛志)と朋美(木村多江)は 小夜子(木村佳乃)についての調査を進める事に。 このままだと最後には「逮捕しよう!」という話になってくのだろうか…と思っていたので、 朋美がまさか小夜子の壮絶な過去を聞いて、 彼女に後妻業を辞めさせてあげたいと同情する展開になるのには意外でしたね。 小夜子・柏木(高橋克典)ペアの動きと対策、 本多と朋美が徐々に小夜子の真相を突き止めていく調査過程に加え、 朋美が小夜子の心をどう変えていくのか…という新たな見所が増えて、 何だか面白くなりそうな予感がしてきました。 もう一つ、興味を引く新事実が投入されましたね。 弟ではなく実は息子だった…とい…

  • トレース〜科捜研の男〜 6話 感想|萩原さんは結局犯人じゃないの?

    濡れていない溺死事件から始まった今回。 被害者は新妻で、肺・喉・鼻の奥には液体が残っていた。 その液体を検出したら錆が出てきた事から、液体は水道の水じゃないかと判明したが、 現場にあった水道とはどうやら違う場所らしい。 液体の他には、古い軍手が発見された。 ホームレスも何だか生活が潤っていて、 家電は組織ぐるみで買いに行ってるんじゃないかと虎丸(船越英一郎)が推理した。 で、調査をすると、新妻は真野(錦戸亮)も関係する25年前の 「武蔵野一家殺人事件」の関係者である事が分かり… ……… …………分かって暫く、武蔵野関係であれやこれやと探ってたら、 壇(千原ジュニア)の思惑でいつの間にかホームレ…

  • グッドワイフ 5話 感想|てんこ盛りだけど絡め方が絶妙

    宇崎竜童さん、また裁判に関わる事になるのね…(※99.9でもゲスト出演) などと思いながら見始めた5話。 杏子(常盤貴子)と壮一郎(唐沢寿明)。 人気ロックスター・東城(宇崎竜童)と妻・ちなみ(銀粉蝶)。 脇坂(吉田鋼太郎)と妻・怜子(峯村リエ)の3つの離婚話を並行で描きながら、 更に怜子が壮一郎の事件の鍵を握っているという話も加えて かなりてんこ盛りな回だった訳ですが、全くややこしく感じられないのが凄いですよね。 どれか2つのエピソードが1つの共通点をベースに絶妙に絡み合っているし、 どれか2つのエピソードが物語に面白みを持たせる役割を担っている。 これはいらないでしょう〜と思える話が1つも…

  • 絶対正義 2話 感想|スープwith丸鶏とかいう新狂気アイテムの誕生

    高校時代の主人公の動きで、強烈なインパクトを残した1話。 で、今回からは現代編がメインとなってくる訳ですが… 大人になった範子は範子で、別の意味で奇妙さが増してました。 言動からして、前よりも精神年齢が子供っぽくなってる気はするんですけど、 一人だけあの時から大人になり切れてないままだから…っていう解釈で良いですかね?(笑) 物語の方は…4人の友達を前に、本格的に範子(山口紗弥加)が関わってきました。 最初は誰を自分なりの正義で落としていくのかと思えば… まさかの、一番好意的に受け止めていた由美子(美村里江)ときた! 自分を救い出してくれるだろうと思い込んでいた由美子だけれど、 最終的には虐待…

  • みかづき 3話 感想|千明が頑張ってるのは分かるけど

    やっぱり、夫婦の考えが別れる日が来てしまったか…な回。 思えば1話の時も、千明(永作博美)がガンガン押し通していた。 (相手は物腰柔らかで、それを"押しつ押されつの夫婦"だとも表現した。) けど、それはあくまでも吾郎(高橋一生)の考えに共感しての事。 最初は同じ信念の元で塾を開設してみたけど、 いざ続けるとなると時代も変わってくるし、当然生き残る戦略も考えなければいけなくなる。 この夫婦にはとにかく、「話し合う機会」が少な過ぎた…。 そして、どこかで妥協点を見つける必要があった……。 (片方は進学塾で、片方は補習塾の形でも良いんじゃ?とは一瞬思ったけれど、 それだと完全に二人の心はバラバラにな…

  • フルーツ宅配便 5話 感想|厳しいルールの中に込められた思いやり

    お金のために(息子の進学のために) 直引きというルール違反を犯してしまうスダチ(内田慈)。 お金のためにデリヘルで働き続けるえみ(仲里依紗)。 今回は、お金を巡って無茶をしてしまう2人の女性のお話でした。 まず、えみの方は、思った以上に壮絶な過去を抱えていましたね…。 子供は親を選べないというけれど、あんな思いやりのない親の元に生まれて 本当に可哀想だった。 中学生だとまだ一人でどうにか出来る年頃じゃないのに、 知らないおじさんと初体験までして高いお金をもらわなきゃやっていけない。 生き延びていけない。少女の心を傷つける選択をさせた親には天罰が下って欲しいです。 当時も誰にも言えず、ずっと心に…

  • メゾン・ド・ポリス 5話 感想|チームひよこ、やりました!

    簡単感想で。今回の話が一番面白く作られていたかも。 「チームひよこ」という名の通り、ひより(高畑充希)が先導して イキイキと活躍する姿を見られたのが良かったです。 成長を思わせるような素振りが所々に現れてました。 アイロンシーンを代わりに担当するのには笑っちゃいましたけどw 捜査過程の方も、相棒の夏目(西島秀俊)だけでなく、 おじさん達それぞれにも見せ所が割り当てられていたし、 掛け合いも程よく盛り込まれていて「チームで協力」している感じが出ていました。 今回くらいのバランスなら、事件で見せつつおじさんの活躍っぷりも見せる… という「本作ならではの独自性」が強くなるかもしれませんね。この調子で…

  • トクサツガガガ 2・3話 感想|追加戦士じゃなくても仲間は増えてる

    ※これは4話(2/8放送分)の感想ではありません。2・3話の感想です。 録画が溜まっている…で、ようやく2・3話を視聴。 既に4話が放送された後なので、書きたい事だけざっくり書き残そうと思います。 2話 小芝風花さんの全力っぷりが何とも応援したくなる作品なんですけど、 演出の遊びっぷりも、特撮の作り込みっぷりも本当に凄いんですよね…! 「エマージェイソンのテーマ」なんていかにもありそうな感じに曲が出来上がってます。 (あと、4話の内容、見てみたい(笑)内容が気になる。) そして、「関心なくてたまたまいる人」に見せるがために、 女性誌のファッションポイント記事風に説明するシーンもお気に入りでした…

  • スキャンダル専門弁護士QUEEN 5話 感想|夫の為に全てを失った妻

    今回の脚本は二人体制に。 そのお陰なのか、変に時事ネタや社会問題を絡めて話を膨らませず、 あくまでも1つの事件の謎を解き明かしていくミステリー構成になっていて 見やすくはありました。 主人公の過去にまつわる描写もかなり減っていて、スッキリまとまっていた印象。 面白いかどうかは別として… 「見やすい」点では、今までの話と比べてかなり上位の出来ではありましたが、 それは逆に、「今まではネタをあちこちに飾り付けて豪華な作りにしただけ」 のドラマだったという事の露呈もしてしまった気がします。 つまり、飾り付けを取り除いたら、エピソード自体が薄いだけのドラマになったという事。 どこをどうしたら見応えがあ…

  • ハケン占い師アタル 4話 感想|凄いと思われたかった上野さん

    もうすっかり形が出来てますね、このドラマは。 毎回誰かに焦点を当てて、前半はお仕事パートでその人の問題点を浮き彫りにしつつ、 後半のアタルの占いパートでアドバイスをもらったら、 それを活かして成長した様子を見せ、ハッピーエンドという形で締める。 この流れはどの話をとっても同じで、良くも悪くも「マンネリ化」ではあるのですが、 そう感じさせないのは「ワケあり社員」を演じる役者さんたちが芸達者だからなんですよね。 今回の上野役の小澤征悦さんに関しては、口を開けば文句と自慢話ばかりという とてつもなく視聴者にストレスを与えかねない役を演じられています。 ですが、時折見せるちょっと悲しげな表情、自身の不…

  • 家売るオンナの逆襲 5話 感想|マンチッチのお口の中は餃子の味てw

    このドラマを面白いと思うのは大体、主人公のキャラが弾けているかの他に、 売り方に予想もつかない斬新さがあるかどうか、 ただ奇抜なだけでない「なるほど」と共感出来る含みもあるかといった 3つの要素が全部成り立って、初めてそう感じられるものだと考えてるんです。個人的に。 それを踏まえて今回はどうだったか考えると… 正直、あんまり解決方法にピンとこなかったんですよね。特に3番目の項目が弱かった。 何がピンとこなかったのかって、「ギャップ萌え」の表現。 「顔が不細工な分、化粧をしたら更に美人に思える」から「ギャップ萌え」で惚れるの? 化粧でかなり着飾られてたとしても、元々性格的に相性が良いとか、 内面…

  • 初めて恋をした日に読む話 4話 感想|勅使河原で35画!!

    前回の雅志(永山絢斗)のバックハグで、 これには順子(深田恭子)も気づくだろうと思って見てみたら… 「雅志大丈夫?そんなに改まって感謝してくれなくても〜」 ………………… ……………………………………!? そっち〜!?www そうだった。そういえば、周りもびっくりする程の鈍感女子だった、うん。 そんな訳で、まだまだ順子には振り向いてもらえそうにない雅志なのでした… なんか、このドラマの狙いにまんまと乗っかっている気がするけど、 それだけ各キャラがイキイキと描かれてきたって事なので、まぁ良いか(笑) 今回のメインエピソードは、GW中の強化合宿。 …教師の部屋に生徒が簡単に入れちゃうのか。 …5月…

  • 後妻業 3話 感想|こりゃあ、次からどうなるか…

    あらあら、本多(伊原剛志)たちは、小夜子(木村佳乃)の真相を そこまで掴んでしまうのか。 あらあら、「殺してくれと頼まれただけや!」と 自分の思いをもう吐露してしまうのか、小夜子。 などと、3話にしては、後妻業の仕事以外の描写がかなりのハイテンポで 描かれていった印象。 別に悪い事ではないけれど、まだ折り返し地点にも来ていないのに このペースで大丈夫か?今後は間延びしないか?と、 勝手に不安に思ってしまった私でありました…。 基本的に2話完結形式で、ターゲットから次々資金を奪い取る話がメインなのかと 予想していたんですけど、そういう訳でもないらしい? あと、終盤になると人情深さを見せてくるこの…

  • フルーツ宅配便 4話 感想|元警官の老人が風俗デビュー

    デリヘル嬢の訳ありエピソードを描く今までの話とは打って変わって、 今回は、お客さんをメインとした回でした。 切ないお話だったなぁ…後半の「イチゴさん…」と涙ぐみながら名前を呼ぶ 丸谷さん(嶋田久作)の表情を見て、思わずちょっと泣きそうになるくらい。 あそこは印象的なシーンでしたね。 元警察官だけあって、根は真面目な丸谷さん。 でも、定年退職もし、今ではやり甲斐のあるものが見つけられない上に、 奥さんが先に立たれて孤独な状態となると… 風俗にのめり込んでしまう、というのも分かる気がします。 ひとりぼっちの寂しさを埋めようとしていたんですよね。 下手したら本当にストーカーになりそうな所を、 「これ…

  • トレース〜科捜研の男〜 5話 感想|一番ゲスなのは神崎さん

    山に捨てられた遺体には髪の毛が付着していた。 その毛は実は、18年前に誘拐された子供のもので…犯人はその子? という2つの事件の繋げ方は、ちょっと斬新なものでした。 ただ、解決方法が…無理やりハッピーエンドにしなくても 良かったんじゃないかと思います。 18年ぶりに(しかも初めて自我を持った状態で)再会する娘・ユウが 「パパ」「ママ」と呼ぶのも何だか急な気がしますし、 特に旦那…お人好しにも程があるよぉ!(苦笑) 自分の父の子じゃないのは勿論、 しかもあの誘拐事件に関わった男・神崎(石垣佑磨)との子だったという 結構ショックな真相だったのに対して、「何も知らなくてごめん」で よく奥さんを慰める…

  • グッドワイフ 4話 感想|過去との決別、未来への一歩

    10年前に杏子(常盤貴子)たちが住んでいた街を舞台としたお話。 高校生の傷害致死事件の真相を追うのがメインで、 かつて交流のあったママ友たちとの関係も同時に描いていく…といった所でしょうか。 でも、それだけじゃなく、いろんな思惑やエピソードが複雑に絡み合って 1本の物語になっているのが凄いんですよね。 壮一郎(唐沢寿明)の保釈問題。彼に利用された事を引きずったままの杏子。 二人の関係に介入していく多田(小泉孝太郎)。 みちる(水原希子)の動きや朝飛(北村匠海)との関係も含めて見所はたっぷりあります。 今回も、法廷シーンやそれまでの調査過程の描写は、安定して面白い。 「これが決め手か!」という気…

  • 絶対正義 1話 感想|白石聖さんが完全に爪痕を残した初回

    1話完結ものや、中々芽の出ない連続ドラマが多い中、やっと出てきました… 「次が早く見たい!」と思わせてくれる作品が。 個人的TOP3に食い込むくらいの面白さでした。 今期は深夜の方が良い作品が多い印象なので、GP帯も頑張って欲しいんですけどねぇ (って、余計なお世話ね(笑)) スタッフ欄をちらっと事前に見た時は、「限界団地」スタッフの方が ドロドロに、奇妙に作れたんじゃなかろうか…と思っていたんですが、 そんな浅はかな考えは序盤から払拭されました。 黒く塗りつぶされた背景に紫色の"?"。原稿用紙の文字並びがちょっと崩れている不気味さ。 これは、一度見たら忘れられない。 演出家は「コード・ブルー…

  • みかづき 2話 感想|時の流れが…は、早い!

    普通のドラマとして見るなら凄い詰め込みすぎだし(遊園地は合成感丸出しだしw)、 塾が合併した時の様子もごっそりカットされて勿体無い…とは思いますが、 本作はそれらを「テンポの良い構成」に置き換える事が出来てるので、 逆に面白く見られてるのかもしれませんね。 劇伴も、相変わらず遊び心があって好きです。 バカボンのパパ風なお父さんが入ってきた時の、 まるで任侠映画を思わせるメロディーはちょっとツボ(笑) 大島夫妻の方は、2話にして早速、塾に対する考え方の違いが出てきてしまったようで… 現代パートでは一緒にいるのは初回で分かっているので、 離婚してバラバラになる事はないのだろうと安心して見られはしま…