searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

midorimoiineさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
不登校児ママの発達相談外来
ブログURL
https://midorimoiine.livedoor.blog/
ブログ紹介文
発達障害や不登校の子供たちを診療している小児科医です。わが子も発達障害&不登校で日々格闘中。
更新頻度(1年)

372回 / 354日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2020/08/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、midorimoiineさんをフォローしませんか?

ハンドル名
midorimoiineさん
ブログタイトル
不登校児ママの発達相談外来
更新頻度
372回 / 354日(平均7.4回/週)
フォロー
不登校児ママの発達相談外来

midorimoiineさんの新着記事

1件〜30件

  • 愛着の問題 ②

    発達相談外来で、これまでに何人かのお母さんから、「子供が可愛く思えない。この子を育てる自信がない」と言われたことがある「子供を里子に出したい」と言われたこともある。そんな時、私は「そうですか…」としか言えないそう言われるお母さんたち自身が、我が子を可愛い

  • ドルジとのMSSM    ③

    3回目のMSSMスクイグルドルジ:ラグビーボール、パンツ、けつ私:なす、魔法のランプ、猿MSSMあるところに猿がいました。猿のけつは、仲間の猿と違って、黄色でした。けつが赤じゃないことを不安に思い、魔法のランプを使って、赤と黒のパンツを出しました。そのパンツをはい

  • 通級指導の意義

    学校で教育的支援を得る方法はいくつかあるが。。。(自治体によって違いがあるかも)①担任からの配慮をもらう②スタディメイトをつけてもらう/スクールサポーターをつけてもらう③通級指導を受ける④支援学級に入級する①から③は通常級にいたままに受けられる支援。

  • いじめと向き合う?

    不登校の原因は多岐にわたるけど、その子のバックグラウンドが何であれ、「いじめ」が直接的なきっかけになる子供たちも多い発達相談外来でも、親や学校の先生がはっきり認識しているいじめエピソードを持つ子供たちと出会う。ある親御さんから、いじめとの向き合い方につい

  • やる気が出る薬? 〜ドルジの場合〜

    中間テスト後、全く学校へ行かなくなったドルジ家でもあまり元気がなく、心配していたのだが。。。4週間近くたって、ある日突然「期末テストに向けて勉強する。」と言い出したそして、その日から、ドルジの猛勉強が始まった。ドルジが勉強に集中できる時間は短くて、1回15分

  • ま、いっか

    登校前、まおの支度にはとても時間がかかる鏡の前で顔を整え、髪を整え制服を着た後は制服の埃も入念に落とす。中高生の頃までは全く鏡を見なかった、身なりを気にしなかった私と大違いだから、「普通の」レベルがわからないのだけど。。。私から見たらまおは外見を気にしす

  • 良かった探し

    私が子供の頃、アニメで「愛少女ポリアンナ物語」というのが放映されていたリンク詳しい筋は忘れてしまったけど、ポリアンナという少女が、辛いこと、悲しいことがあっても常に「良かった探し」を忘れないところが、すごく印象に残っている日々の生活の中で、悲しいこと、

  • 愛着の問題 ①

    発達相談外来で、愛着の問題や愛着障害の診断名を、直接的な表現で親御さんや子供本人に伝えることはあまりない。でも、私の心の中では(この子には発達特性はあるけど、それ以上に、愛着の問題が心配だなぁ…)と思ってることが結構ある発達障害医療の現場、学会でも愛着障

  • ドルジとのMSSM    ②

    2回目のMSSMスクイグルドルジ:はげつるぴっかのじじい、砂時計、蚊取り線香私:事故にあい燃えている車、さるぼぼ、キツネMSSMあるところにおじいさんがいました。おじいさんは事故にあい、頭がハゲになりました。キツネがやってきて、「こいつハゲだ!」と言いました。おじ

  • 親孝行

    子育ては楽しみであり、苦労の連続特に、発達凸凹児や不登校児を抱えた親御さんにとっては、子育ての苦労は人一倍だと思う私も、毎朝職場への道を遠回りして高校へまおを送らなくてはならないこと、仕事の休みを調整してドルジを精神科に連れていくことなどを負担に感じない

  • どもり(吃音)

    吃音(どもり)も発達相談外来でよく親御さんから相談を受ける吃音は、DSM-5では、神経発達症群のコミュニケーション障害群の1つに分類される。<神経発達症群>・知的能力障害群・コミュニケーション障害群(言語障害、語音障害、吃音、社会的コミュニケーション障害など)

  • 先生からの連絡 〜ドルジの場合〜

    我が家の場合、ドルジは不登校になっても担任の先生と話すことをすごく嫌がるということはなかった5年生のころから不登校になり、学校へ行けない日が長くなると担任の先生が家に訪ねてこられたが、「あ、先生来た」と自分から玄関を開けてお出迎え私が対応しなくても、自分で

  • リビング学習

    私が家を建てたころ(今から10年以上前)は、子供が自分の部屋で勉強するより、リビング学習する方が成績が良くなると言われていた私も夫も、子供たちが自分の部屋に閉じこもらずに、できるだけ長く一緒の時間を過ごしたいと考えて、我が家の子供部屋はベッドやタンスが置け

  • コロナ休校

    先月号の小児科学会雑誌で、コロナ休校が中学生にどんな影響を与えたかということを調査した論文が載っていたいろいろな項目で調査がなされていたが、私の目に留まったのは、休校中に登校したいと思った中学生は60.1%、休みが続いてほしいと思った中学生は25%であったという

  • 先生からの連絡 

    子供が不登校になった際、学校の先生から定期的に連絡をもらうこと、基本的には必要なことだと思っている家庭訪問でも、電話連絡でもそれはどちらでも構わないけど、参加できるかもしれない学校行事や定期テストの日程、進路を選んでいくために必要な情報などをもらってほし

  • 太田ステージ ③

    Stage IのASD児の親御さんによく伝えているのが、スキンシップのある遊びをして、子供に「人と遊ぶと楽しい」という経験を積んでほしいということ人と楽しい経験を積むと、物に偏りがちな興味を、人に対しても持てるようになりやすいそれから、指差しの出しやすい環境にす

  • ドルジとのMSSM    ①

    ドルジが不登校になったのは小学校5年生から。6年生になって、やっぱりなかなか学校に足が向かないドルジに、何かしてやれることがないのか、ドルジの心を理解できる方法はないか模索する中で、外来でも少しずつやり始めていたMSSMをドルジと一緒に、家でやってみようと思っ

  • 赤ちゃん言葉(構音障害)

    幼児期、小学校低学年の子供たちの「赤ちゃん言葉」「せんせい」がうまく言えなくて「てんてい」や「ちぇんちぇい」になるとか。「テレビ」が「てびれ」になるとか。赤ちゃん言葉は、子供の正常な発達の過程でもあり、訓練を受けた方がよい「構音障害」の範疇であったり、そ

  • 普通と比べる

    まお、ドルジと話していて「パパは、よく『みんな○○している』とか、『普通はこうなんだ』って、言う。」という話になった。私が「そうなんだ。ママはどう?」と聞くと「ママは言わないね。まぁ、ママは普通じゃないしね。」と2人とも答えるよくわかってるなぁでも、まおと

  • 家を追い出す ②

    夫の逆鱗にふれ、家から閉め出されたまお真っ青になった私がまおにLINEを送ったところ、意外に冷静だったことにほっとしたのだけど。。まおに、「パパ、まおがピンポンしてくるの、待ってるわ」と伝えたら「押すわけないやろ。私は自分が悪いことしたと思ってないから絶対押

  • 発達性協調運動障害

    「発達性協調運動障害 DCD:Developmental Coordination Disorder」は、運動が極端に苦手、すごく不器用な子供たちに近年つけられるようになってきた障害名たまに、報道などでも特集されているのを見かけるようになったから、ASDやADHD、学習障害に次いで少しずつ認知されるよ

  • 太田ステージ ②

    太田ステージは、Stage I、II、Ⅲ-1、Ⅲ-2、Ⅳの5段階に分けられているStage Iは、物に名前があることがわからない段階、つまり「シンボル機能がまだ認められない段階」「感覚運動期」「ネコはどれ?」などの質問に半分以上間違えたり、答えたりすることができない場合に、St

  • 誰もわかってくれない

    ドルジは、中間テスト後はパッタリと学校に行けなくなった朝は早くから起きてきて、いつものようにご飯は食べるが、その後はみんなが出かけるまで部屋に閉じこもっている私が仕事を休んだ日にドルジの様子を見ていたら、みんなが出かけた後にリビングに降りてきて、タブレッ

  • 描画法 ②      〜MSSM    ②〜

    スクイグルで描いた絵を元にお話を作ってもらうMSSMは、スクイグルをすることに比べて子供たちにとってハードルが高いそれまでは自由に連想できたのが、今度は絵に描いた全ての物を登場させるという制限がつき、その上作文!を求められるからだから、エネルギーが低い子には

  • 褒めるべきか叱るべきか ②

    先日、ネット研修会に参加していて、「親子相互関係(交流)療法:Parent-Child Interaction Therapy PICT」というものを知った心理療法の一つで、親子の相互の交流を深め、その質を高めることによって回復に向かうよう働きかける遊戯療法と行動療法に基いたものであるその理

  • 大丈夫?

    以前の記事で紹介した、精神科の先生が書かれた本リンク 最近その先生が書かれていたことを実感する出来事があったASD特性を持つ人たちは、自分がやろうとしていることを優先する傾向が強い。そして、急な予定変更が苦手それから、自分の気持ちを表現すること、相手の気

  • 家を追い出す ①

    事件が起きたコロナワクチンの副反応で、熱が出て寝込んでいる私のところに、ドルジがやってきた。神妙な顔つきで「パパが、まおを家から追い出した」と言うから、私は飛び起きた。何があった⁉︎一体まおが何をした⁉︎とっさに、まおに「このままだと、犯罪者になるぞ」と

  • コロナワクチン

    今日の話題は、発達相談外来にはあまり関係ないけど…先月、私にも医療従事者のコロナワクチン接種の順番が回ってきた先に接種した人たちから、散々副反応の大変さを聞いていたから、覚悟はしていた。接種後のだるさや微熱は、ほぼ必発高熱が出て、数日仕事を休まざるを得な

  • 描画法 ②        〜MSSM   ①〜

    スクイグルをしながら子供とおしゃべりするだけで、子供の心の状態が垣間見えるコミュニケーションになるそして、スクイグルからMSSM:Mutual Scribble Story Making(交互ぐるぐる描き投影・物語統合法)に発展することができたら、子供の心の有り様が、より深く感じられる

  • 胸の苦しみ

    中間テストは無事全教科受けることができたドルジ「疲れたぁ」とは言っていたが、充実感もあるようだった。でも、テストの翌日からは、パッタリと中学校に足が向かなくなった数日してから、私が仕事から帰ると「なんか、今日のお昼過ぎから胸が苦しいんだけど…どうなってる

カテゴリー一覧
商用