chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ワイキキ@第三世界
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/07/18

1件〜100件

  • いつか来たるべき世界はベンガルから

    - The time has come... - 【画像はDeAGOSTINI公式サイトより】い つかは来るだろうとは思ってはいたけども、遂に来た。イタリアにルーツを持つデアゴスティーニによる、『隔週刊 日本の名車コレクション』。1/64のコレクティブルが全100台、コンプまで約4年にわたる壮大なシリーズだ。予告されているラインナップは、第一弾がトヨタ2000GTのように、まあ、無難な車種ばかりだね。第三世界的には、ピアッツァ(!)や初代シャレー...

  • マッチボックスのハイラックスとは何者か?

    - for Asia - MATCHBOX  TOYOTA HILUX USA / THAILAND米 マテル傘下のマッチボックスがリリースした八代目ハイラックス。実車は、輸入車をのぞくと、現在日本で手に入る唯一のピックアップトラック。だけどアメリカでは現行ハイラックスは売られていなかったりする。中東の過激な勢力の間で大人気だから、というのはたぶん関係なく、アメリカ向けとしてタコマが安定的に売れているからだろう。だけども、マッチボックスはアメリ...

  • 21世紀、アメリカの実相

    - What is Pick up truck? - FORD DEALER?  FORD F-250 PICK UPUSA / CHINAフ ォードのディーラーが、オーナーもしくはオーナー予備軍に配布していると思われるモデル。1/64を標榜しているけども、実車はスーパーデューティのF-250なのでひたすら巨大。その分、ドアが開閉したり、前輪がステアしたりと、ギミックが盛り込まれている。現時点では、F-250の決定版と言えるコレクティブルか。なお、ディーラー物であることは、いか...

  • 謎のピックアップトラック

    - model with card - UPPER DECK  FORD SVT ADRENALIN CONCEPTUSA / CHINAフ ォードのSVTが2005年のニューヨークオートショーでお披露目した「世界初の高性能スポーツユーティリティトラック」。その名もSVTアドレナリン・コンセプト。390hpのスーパーチャージャー付きV8エンジンが積まれ、サスペンションはSVT(Special Vehicle Team)チューン。ワイルドスピードに出てきたSVTライトニングのパワーアップ版って感じかな。とい...

  • アメリカで人気の一台

    - Pick up truck - M2 MACHINES  FORD ECONOLINE PICK UPUSA / CHINA米 フォードが稀代のヒット作、初代マスタングを送り出したのが1964年。フォードの商用車と言えば、欧州ではトランジット、そしてアメリカではEシリーズことエコノライン。エコノラインもちょうど60年代に初代がデビューしている。M2は初代エコノラインのパネルバンやらキャンパー仕様をリリースし、さらにこのピックアップ仕様をモデル化した。65年式だそうな...

  • トミカがプレゼンツしないハイパーカー

    - Italian hyper car - TIME MICRO x BBURAGO   BUGATTI DIVOMADE IN CHINA中 国の謎ブランドと、EB110以来、90年代からブガッティのハイパーカーを手掛けてきた伊ブラーゴのコラボレーション。う~ん、何だろう、この二つのブランドの組み合わせは?スケールを問わずブラーゴのモデルの製産を担ってきた中国企業が企画して、ブラーゴがイタリアンデザインの腕を振るってキャストをつくったとか、そんな感じ?(だとすると、マイ...

  • 今、ジョニーライトニングが凄い

    - cool - JOHNNY LIGHTNING  MAZDA RX-7CHINA / CHINA米 ジョニーライトニングの近作、初代RX-7。JLのシリーズ名で言うと、Classic Gold 2021のRelease4。 左ハンドルの輸出仕様で、1991年式のRX-7だそうな。日本での定価だと1,650円。アメリカ本国では10ドルそこそこのモデルなんだけども、久々にJLを手にして驚いた。相変わらずエンジンまで再現されているうえ、京商のビーズコレクション並みに繊細に細部がつくり込まれている...

  • 燃える炎のカブト虫

    - fire pattern - MAJORETTE  VW BEETLEGERMANY / THAILANDど う見てもアメリカンど真ん中な、ファイアパターンをまとったビートル。50年代のオーバルウインドーのビートルにしてキャルルックって、ヒストリックレーサーというより、カスタムコンクールの常連って感じか。ファイアパターンのマジョレット。20年前、いや10年前でも、このファイアパターンをあしらったモデルを見て、おフランス発祥のマジョレットとはけっして思わ...

  • マジョレット、ついにアメ車を攻略

    - capture - MAJORETTE  DODGE CHARGER R/TGERMANY / THAILANDマ ジョレット、もとい我らがカバヤによる「ヒストリックレーシングエディション」の一台。5台中4台がドイツ車という同エディションにあって、唯一アメ車から選ばれたのがマッスルカーの定番、ダッジ・チャージャーR/Tだ。当方と同様、欧州志向のマジョレットのイメージを引きずっている諸兄には、マジョレットには何とも似つかわしくない感じがする車種だと思う。...

  • 伝説のサイケデリック

    - psychedelic - MAJORETTE  PORSCHE 917KHGERMANY / THAILANDマ ジョレットの旧車路線から、伝説のヒストリック・レーサー、ポルシェ917登場!欧州の友人に随分と前からキープしてもらっていたのだけど、ロシアのウクライナ侵攻以来、そのあおりで友人のいる国までも国際郵便が復活せず、カバヤ版に手を出した。発売は25日の月曜。30日の土曜にダメもとで某店舗に行ってみたら全5台揃っていた。ラッキー。イオンじゃないので、...

  • 美しくも響かない

    - not impress - TOMICA  TOMMY KAIRA ZZJAPAN / VIETNAMw ebCGの試乗記によると、先進のEVながら、かなりスパルタンな性格のトミーカイラZZ。→コチラそんなトンがったZZを凛々しく仕立て上げたのが、トミカ御前コレクション。諸兄ご存知、トーハンとタカラトミーが手を組んだ企画で、トーハンがMVPブランドと呼んでいる商品群に位置付けられている。そのターゲットは言うまでもなくトミカのバリエーションを追い求めるミニカー...

  • 世紀末の7代目

    - relic - TOMICA  NISSAN SILVIA S15JAPAN / VIETNAMも うひとつ、突然のニューキャスト、7代目シルビア。実車は世紀末の1999年に登場した。2代目から5代目まで、歴代のシルビアの魅力をあますことなく引き出してきたトミカが、7代目のS15では、国産のアオシマどころか、JADA、HOTWORKS、ホットウィールの遅れをとった。さらには、ネオ香港勢のコレクティブルを横目に、トミカもようやくS15を手掛けるようにした、と見たて...

  • 衝撃の初代

    - impressive so much - TOMICA  SUBARU IMPREZA WRXJAPAN / VIETNAM突 然トミカがリリースした初代インプレッサ。トミカプレミアムのNO.15(絶版)のように、いかにもプレミアム向けの車種と思いきや、トミカ本体でも別キャストで出すとは。そう、プレミアム版が2ドアの「タイプR STi バージョン」に対し、トミカは4ドアの「タイプRA」。正確には、レギュラートミカではなく、「スポーツカーヒストリーコレクション」の一台。...

  • カリビアンなタイガー

    - Caribbean Tiger - TIGER WHEELS  CHEVY CAMARO RS Z/28USA(PUERTO RICO) / CHINA日 本で絶版名車が食玩として売られていたちょうどその頃、カリブ海に浮かぶプエルトリコを拠点に活動していたTIGER WHEELS。同ブランドにはSTREET MUSCLEなるシリーズがあって、パケによると、60年代の4車種、70年代の2車種、そして90年代と0年代から1台ずつ選んだ構成となっている。そのひとつが69年のカマロ。レース参戦も視野に入れた...

  • 結論。絶版名車は凄かった

    - over - KONAMI ZEPPAN MEISHA  TOYOTA STARLET 1300SJAPAN / CHINA先 頃、マテルからもリリースされた二代目スターレット。意外な車種選択にも思えるけども、スターレットはもともとアメリカのJAPANESE CLASSIC CAR SHOWあたりでは人気が高かった。さすがマテル、よくアンテナを張っている。ただし、ホットウィール版はライトが角目の後期型。前期型のKP61スターレットはいまだコナミ版しか存在しない。そう、実車はツーボック...

  • 結論。パイクカーは偉かった

    - power of design - KONAMI  NISSAN PAOJAPAN / CHINAフ ロンテクーペ=パイクカー説を唱えてみたついでに、本家日産のパイクカーをとりあげてみる。同志諸兄ご存知の通り、80年代の後半、一躍世間の注目を集めたパイクカー。第一弾のBe-1なんて、アンテナショップがつくられ、その年のヒット商品番付にもあがったくらいだもんね。だけども、トミカは一切パイクカーをリリースしなかった。コナミがCar of the 80'sでパオをモデ...

  • さらに絶賛してみる

    - root of pike - KONAMI ZEPPAN MEISHA  SUZUKI FRONTE COUPE GXJAPAN / CHINAま だパイクカーという言葉もない70年代初めに存在したスズキ・フロンテクーペ。コナミが絶版名車に加えたスズキ車は、唯一このフロンテクーペだけ。そして、1/64のフロンテクーペは、いまだ他のブランドには存在しない。…… …… ……パイクカーとはレトロ調であることを指すものではない。日産が「遊び心を尖らせた」と説明するように、レトロであろ...

  • 絶賛してみる

    - great admiration - KONAMI ZEPPAN MEISHA  TOYOTA COLLORA LEVINJAPAN / CHINAコ ナミ絶版名車シリーズの初代カローラレビン。今では、ふたたびデジタルコンテンツとその関連事業に注力しているコナミだけども、かつてはコンビニに並ぶ食玩もリリースしていた。発売は2004年だから、その年に生まれた子どもは今や高校三年生。もう18年も前かと思うとちょいと感慨深い。絶版名車は6車種×計7弾、3年間に42種類にもわたるキャス...

  • 鉄のカーテンの向こう側

    - Hungarian - ???  VAUXHALL GUILDSMANMADE IN ???ギ ルズマン(Guildsman)=ギルド会員、ギルドメンバーの意。今回、ボクスホール・ギルズマンを取り上げるきっかけとなったのが、部屋の中で、この黒い個体を見つけたことだった。いつどこで入手したものやら、どのブランドのモデルやら、なかなか思い出せなかった。ボディはプラ製で、シャーシーの刻印を見ると、「MODELL VAUXHALL GUIlDSMAN」とだけ入っている。面白いこと...

  • マッチボックスの入選作品

    - not showcar - MATCHBOX  VAUXHALL GUIlDSMANMADE IN ENGLANDか つてスーパーカーブームが小学生にインプットしたもの。それは、フェラーリやランボルギーニといった海の向こうのハイブランドの名称だけではない。普通のオトナでは使わない、カロッツェリアやコンセプトカーといったタームも、いたいけな子どもたちの脳みそに叩き込んだ。なので、スーパーカーブーマーにしてスーパーファスト世代の子どもたちが、マッチボック...

  • クラッシュする世界

    - crash - MATCHBOX  PORSCHE 550 SPYDERUSA / THAILANDお そらく、ドイツの新興スポーツカーメーカーに過ぎなかったポルシェの名を、最初に世界中に知らしめたのが550スパイダー。それが、レースの勝利による名声でもなく、市販車のヒットでもないことは諸兄ご承知の通り。ポルシェ356のデビューが1948年。その7年後、カリフォルニアの州道で、銀色のポルシェ550を駆った若い映画スターが命を散らしたことが報じられた。「太陽...

  • 競作のG

    - competive - MATCHBOX  INFINITI G37 COUPEUSA / THAILAND日 出ずる処のシンボル、フジヤマをあしらったエンブレムがグリルを飾るインフィニティのG37クーペ。同志諸兄ご存知の通り、国内仕様だと日産のエンブレムをつけたV36スカイラインクーペとなる。マッチボックスは2010年に、同年型のG37クーペをモデル化した。面白いことに、ホットウィールも同じ年に、同じ年式のG37クーペをリリースしている。マテル内で同時期にニュ...

  • 東洋のアイドル

    - Idol from East - MATCHBOX  MAZDA MX-5 MIATAUSA / THAILAND世 界中の小型乗用車に影響を与えまくったのがBMCのミニ。では、ライトウェイトスポーツのメルクマールとなったクルマは?言うまでもなく、マツダ・ロードスター。ある意味、BMCミニに匹敵する永遠のアイドル。1989年から販売されているロードスターは、2000年にギネスに認定されている。「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」として。そん...

  • 屋根付きのジョン・クーパー・ワークス

    - John Cooper Works - TOMICA  MINI JOHN COOPER WORKSJAPAN / VIETNAMト ミカショップオリジナルというふれ込みの、赤いジョン・クーパー・ワークス。同志諸兄ご存知の通り、昨年絶版となった37番、ミニJCWの通常品はコンバーティブル。カーセンサーやグーネットを見ると、ミニの中古車のうちコンバーティブルが占める割合はせいぜい4%ぐらい。オーソドックスなスタイルの3ドアを初回限定に留め、レアなコンバーティブルを...

  • ロシアの絶版名車

    - old car in Russia - AUTOTIME (WELLY)  LADA 2106MADE IN CHINAそ の昔、ロシアの自動車産業はイタリアのフィアットから出資や技術供与を受けていた。イタリア政府による親ソ政策の一環だったと言われている。そういえば、イタリアって共産党員が多く、連立ながら政権を取った時代もあったっけ。…… …… ……フィアットのベストセラー、欧州カーオブザイヤーを受賞したこともある124をライセンス製産したブランドがZhiguliで、...

  • 寒い国のフォード

    -withdraw - TECHNO PARK  FORD EXPLORERRUSSIA / CHINA寒 い国のフォード・エクスプローラー。またまた報道によると、今年の3月、おおかたの西側企業と足並みをそろえ、フォードもロシア市場から撤退した。今回制裁の一環として取りやめることになったのは商用車(フォード・トランジット)製産とフォード車の販売。すでに2019年には、純粋に経営的な理由で乗用車の製産工場を閉鎖していたそうな。で、2019年までロシアでつくっ...

  • いまだ壁は存在する

    - The wall - AUTOGRAND  LADA VESTARUSSIA / CHINA実 車は2018年に、かの国で最も売れたクルマ、ラーダ・ヴェスタ。同志諸兄ご存知の通り、ヴェスタはロシアン・ウェリーからもリリースされている。AUTOGRAND版のマットブラックは実車には無さげ。ボックスを見ると、「BLACK EDITION」なる、どこかで聞いたようなシリーズ名が入っている。ロシア市場では、リアル一辺倒なウェリー、多少のカスタムOKなAUTOGRAND版ってすみ分けか...

  • やばいぞ、ロシア

    - антисанкционный - AUTOGRAND  LADA LARGUSRUSSIA / CHINAこ れまで取り上げていなかったロシア車の一台、AvtoVAZのラーダ・ラルガス。実車はコンパクトMPVにカテゴリーされる小型のステーションワゴンで、AUTOGRANDは7座席仕様をモデル化している。ラルガスのプラットフォームは、ルノー・日産アライアンスのBプラットフォームをルノー/ダチアが伸ばしたもので、ダチア・ローガンやルノーキャプチャー、インド仕様の日産キ...

  • もしもコルベットが××だったら

    - delusion - TOMICA  CHEVROLET CORVETTE JAPAN / VIETNAM昔 々のこと、スーパーカーブーマー向けの本にて「アメリカ唯一のスポーツカー」だのと書かれていたコルベット。実車のC3、トミカで言えば青箱のF21が販売中の頃のことだ。唯一とな。同世代のカマロもファイアバードも、おそらく欧州志向の著者にとってはスポーツカーではなかったらしい。…… …… ……そして最新型となり、ついにミッドシップ・レイアウトに生まれ変わっ...

  • セカイ遺産を守る

    - heritage - TOMICA PREMIUM  TOYOTA SUPRAJAPAN / VIETNAMち ょっと飽きちゃった感のあるA70スープラ。シーエムズのラリーカーに始まって、TLVの初期型、そして突如出現したトミカイベントモデルの黒いスープラときて、リアタイでA70スープラの小スケールミニカーがなかった喪失感はすっかり埋まった。ホビージャパン版も出たばかりだけど、すれっからしのコレクターをワクワクさせるには少々遅かったと思う。で、今月リリース...

  • 誕生、ニッポンのカリスマ!

    - Why didn't anyone... - TOMICA  TOYOTA COROLLA TOURINGJAPAN / VIETNAMこ の夏ビッグマイナーチェンジが予定されている現行カローラ・ツーリング。75年から代々のカローラ・シリーズをリリースしてきたトミカにおいて、今のところ最も新しいカローラだ。…… …… ……さて、トヨタモーターカンパニーの発表によると、GRカローラに、近々2シーターの「モリゾウエディション」なる仕様が加わるらしい。諸兄ご存知の通り、「モリ...

  • トミカ発、ニッポンの勇気

    - encourage - TOMICA  HIROSHIMA ELECTRIC RAILWAY TYPE 650JAPAN / VIETNAMテ ーマは「勇気」。当社と中国放送が共催する「被爆電車特別運行プロジェクト」とのコラボ商品。被爆電車653号は昭和20年8月6日午前8時15分江波付近で被爆し、その年の12月に復旧し広島の人々を勇気づけた車両です。塗色を原爆投下時の色に変更した広電オリジナルトミカです。 広島電鉄Webサイトより引用被爆電車のミニチュア。何が何でも手に入れる...

  • ジャポネクス

    - japonesque - TOMICA  SUBARU 360JAPAN / VIETNAM書 店だけで出回っている「日本の伝統コレクション」の一台。いわゆる「取次」のトーハンが企画したモデル(パケの表記上は企画協力)で、同社の公式サイトでもトミカを使った商品が紹介されている。まあ、なんたるジャポネスク。架空のカラーながら久々にほしいと思ったトミカのカラバリだったので、何軒か書店を回って手に入れた。当方のようなコレクター層に、実書店まで足...

  • スモール・イズ・ビューティフル

    - small is beautiful - TOMICA LIMITED VINTAGE  SUBARU 360 CONVERTIBLEJAPAN / CHINAト ヨタ2000GTと並ぶ、後世に語り継がれるニッポン旧車、スバル360。総本家であるトミカからも、旧車モデルが数えるほどしかない黒箱時代の1983年にリリースされた。(スバル360の実車の製造中止は70年。)これに対しビンテージの家元、トミーテックは、デメキンと呼ばれる初期型やバンの360カスタム、そしてコンバーチブル仕様と、キャスト...

  • 開閉式

    - open? - HOBBYGACHA  TOYOTA 2000GTJAPAN / CHINA販 売台数世界一となったトヨタが、その未来を示すコンセプトカーにおいてモチーフとした古の2000GT。(FT-1のルーフ、キャビンは2000GTが元ネタ)先月、カプセルトーイとして1/64の2000GTが、タカラトミーアーツのホビーガチャよりリリースされた。売りはヘッドライトがオープン仕様にできること。カプセルトーイやブラインド販売物でありがちな、オープン/クローズドのモデ...

  • 世界一のスポーツ・コンセプト

    - Toyota as No.1... - JADA  TOYOTA FT-1USA / CHINA意 外にも、3インチミニカーではJADAにしか存在しないトヨタFT-1。FT-1 (Future Toyota 1) がデトロイトモーターショーでお披露目されたのは2014年。前年、前々年に続き、トヨタが世界販売台数の首位を堅持した年だ。そんな世界一のトヨタ・モーター・コーポレーションが未来に向けて示したスポーツ・コンセプト。でありながら、ニッポンのトミカからもマテルの両ブランドか...

  • メカ感覚

    - mechanical - HOBBY JAPAN  TOYOTA GR SUPRA RZ JAPAN / CHINAな んともメリハリがききまくっている、ホビージャパンによるGRスープラ。現行スープラがデビューして約3年。今だに街で出くわしてギョッとするときがある。古典的なロングノーズ、ショートテイルのクルマでありながら、異形な何かを隠し持っているようなインパクト。そのスープラがまさにこんな感じだ。ご覧の通り、ホビージャパンのスープラはボディのあちこち...

  • 電気ビリビリのクルマと言えば

    - tingling and tingling - TOMICA  DELOREAN DMC-12 JAPAN / VIETNAMユ ニバーサル・スタジオ・ジャパンで売られていたトミカのデロリアン・PART1仕様。今月発売されるアンリミテッド版とは、ホイールやウインドーが違うだけでなく、グリルにDMCのロゴがモールドされてないなど、微妙にディテールも異なっている。劇中のデロリアンは、小型原子炉が発生する莫大な電気がないと次元転移装置が発動しないこととなっており、それが...

  • ギターポップのフェラーリ

    - promotion video - KYOSHO  FERRARI F430JAPAN / CHINAこ のところお気に入りのギターポップバンド、LAST DINOSAURSのPVに出てくるフェラーリF430。LAST DINOSAURSのことは、我らが同志GRIZZLYさんのブログで教えてもらった。日系人のCaskey兄弟がギター&ボーカルをつとめる豪州のインディーズバンドで、『ニード・フォー・スピード』シリーズにも彼らの曲(『ZOOM』)が収録されているそうな。そのルーツを意識してか、LAST ...

  • HW、すべては速さのために

    - turning point - HOT WHEELS  TNT-BIRDUSA / HONG KONG先 日のエントリーでさりげなく書いたフレーズ。「世界一速く走らんがため、ミニカーらしい他のギミックをオミットしたのがホットウィール。」これって、案外と重要なターニングポイント(not 潮目が変わった)を示唆していたり。誕生当初、開閉パーツがなくウインドーパーツもなかったマッチボックスは、年月とともに徐々にギミックを加えるようになった。標準スケールと...

  • ウェリーの赤い野生馬

    - Mustang in Croatia - WELLY  FORD MUSTANG GTMADE IN CHINAさ らにもういっちょマスタング。実車は世紀をまたがり約10年間にわたってつくられた4代目で、ウェリー版は99年以降、「さらに初代のデザインイメージを反映させたスタイリング」(Wikipedia日本語版より)の後期型かな。さて、ウェリーのモデルをコンプしようと試みたことのある諸兄ならご存知の通り、ウェリーには、限られた国、限られた地域でしか流通していない...

  • マスタング2態

    - two Mustang - ERTL  FORD MUSTANG GTUSA / HONG KONG米 アーテルの三代目マスタングGT。第三世界的に、その昔、アーテルを香港のメーカーと思っていたのはナイショだ。しかも長らくアートルと呼んでいた。80年代のアーテルには、香港リントーイ社のLINMOBILEの金型を受け継いだモデルと、オリジナルのモデルがあって、マスタングGTは後者のほう。当時アーテルは、映画やTVシリーズの劇中車に力を入れていて、日本ではポスト...

  • ホットウィールにギミックあり

    - moving parts of HW - HOT WHEELS  FORD MUSTANG COBRAUSA / CHINA世 界一速く走らんがため、ミニカーらしい他のギミックをオミットしたのがホットウィール。昨今、マッチボックスのムービングパーツやら、マジョレットのデラックスやらの登場で、ギミック=ムービングパーツに注目している諸兄も多かろうと思う。それらのギミックはある意味、マテリズムと差別化するためにと言ってよい。でも、ホットウィールにしたって、時...

  • ドッキリのトミカプレゼンツ

    - cerchio argento - BBURAGO  FERRARI SF90 STRADALEITALY / CHINA思 わずドッキリさせられた、トミカプレゼンツのSF90ストラダーレ。何がドッキリしたって、そのホイール。ブラーゴではこれまで使われていなかった、銀色のリム付きのものを履いている。まさか!? トミカのフェラーリと共通!?トミカとブラーゴのホイールを見比べてみると、スポークのモールドが異なっていることがわかる。トミカは4スポークで、ブラーゴは...

  • スーパーな違和感

    - Super Sport Sedan - DIAPET CHERICA  NISSAN VIOLETMADE IN JAPAN日 産バイオレットのスポーティなハードトップ。バイオレットの実車は、サニーとブルーバードの間を埋める車種として生まれつつも販売は低迷、一方で、ラリーフィールドではサザンクロスラリーで優勝したり、ターボ仕様が日産のシルエットフォーミュラマシンの元祖であったりと、街で見かける姿よりもモータースポーツでの活躍のほうが印象深い。それなりにキ...

  • ヒップアップなMの不在

    - Hip up coupe - DIAPET CHERICA  MITSUBISHI COLT GALANT GTOMADE IN JAPAN小 スケールミニカーのホーリーグレイルと言えば、香港トミカのギャランGTO。ダイヤペットチェリカのGTOは、トミカ版の陰にかくれて存在感がない。でも、今や中古市場に出回る数だったら、そんなに大差ないような気もするけど、どうだろう。さて、トミカの30-1、GTOの発売は72年2月、これに対しダイヤペット版は73年3月。どちらも、ボンネットのダミー...

  • イタリアン・エヴォリューション

    - Italian evo - MONDO MOTORS  MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VIIIITALY / CHINA十 年ぶりに取り上げる、イタリアのMONDO MOTORS。欧州の友人からもらったギフトで、ランエボのVIIIというのは、その友人の見立てによる。以前MONDO MOTORSは、フィアット695のトリビュート・フェラーリだの、ルノー・クリオのRSゴルディーニだのと、独自性の高い、魅力的な車種選択が見られ、第三世界的に大いに期待していたブランドだった。でも...

  • ニッポンだけの小粋なサルーン

    - smart - SIKU  PORSCHE PANAMERA 4SGERMANY / CHINAポ ルシェ初の5ドアサルーンとして、一つのマイルストーンとなったパナメーラ。海外では売り上げが絶好調というようなニュースも一時期あった。タイカンのデビュー後はどうなんだろう。このモデルは、ご存知、ボーネルンドの特注品。2011年のクリスマスシーズンに配布されたものだ。実車の中古市場を見るに、赤の個体はかなり少数派で、一応は存在するってなレベル。スパル...

  • 小躍り

    - dance with joy - HOT WHEELS  FORD ESCORT RS1800 MK2USA / THAILANDく だんのドン・キホーテで入手したホットウィールのエスコートMK2。ずっと欲しかったのだけどPremium Collector Setにしかないキャスト。4台はいらないと思って煩悶していたところ、50%引きに出くわしたので、小躍りしながらレジに持って行った。さすが! 驚安の殿堂の名は伊達じゃない w。前回、前々回のエントリーで、アメリカ雑貨店とHWとの親和性に...

  • 僕らはHWの謎を解いたのかも知れない

    - convince - HOT WHEELS  CLASSIC COBRAUSA / MALAYSIAそ の昔、渋谷だか恵比寿だかにあった小さなアメリカ雑貨店で見つけたホットウィールが、パールホワイトのコブラ。たしか1000円したか、しなかったかぐらいだったと思う。もちろんHWのコブラはとうに持っていたのだけど、お洒落なビンテージトーイが無造作に並ぶアメリカ雑貨店では特別感があふれていた。実はアメリカでは1台1ドルのベーシックカー。現地で安く仕入れて高...

  • HWにドンキがよく似合う理由

    - American casual - HOT WHEELS  PORSCHE 911USA / MALAYSIA驚 安の殿堂こと、ドン・キホーテ限定の黄色い911。海外では「Racing Circuit Series」なるシリーズに入っている一台かと思う。個人的にカラーリングに恵まれていないと考えていたキャストだったのだけど、このシンプルな色合いは実によい。やるな、ドンキ。さて、ご存知の諸兄も多かろうと思われるけども、ドンキでは、商品の価格や量は全店一律でなく、店舗ごとに担...

  • フランス人の仕掛けはよくわからない

    - incomprehensible - MAJORETTE  FORD MUSTANGMADE IN HONG KONGか つて欧州一辺倒だったマジョレットが、US支社を設立しアメリカ市場に乗り込んだ、80年代のモデル。今も昔もマジョレットはムービングパーツを当たり前のように取り入れているわけで、このNo.217のサンダーバードの場合、ご覧のとおりボンネットが「動く」。ただ、ちとギミックをひねり過ぎ……。このモデルでマジョレットがやりたかったのは、ボンネットを開け閉...

  • やはり欧州のマジョレット

    - e-rally cup - MAJORETTE  OPEL CORSA-eMADE IN THAILANDオ ペル曰く、世界初の電動ラリーカー。ドイツでは、オペルとADAC(ドイツ版JAF)が組んで、電気自動車だけのADACオペルeラリーカップが行われているそうな。これからのBEVには公道のターマックやグラベルのデータ蓄積がよりいっそう重要。その主役となるのがコルサ-e。カバヤ/マジョレットのRACING EDITION 3では、コルサ-eを含め、5台中3台がBEVやハイブリットカー...

  • まさか、カバヤったら知っていた?

    - Formula E - MAJORETTE  FORMULA E GEN2 CAR MADE IN THAILANDマ ジョレットのフォーミュラEマシン。海外ではフォーミュラEセットに入っている日産E-DAMS仕様を、カバヤは店舗を限定したプライムモデル、RACING EDITION 3の一台としてリリースした。同志諸兄ご存知の通り、先月、日産がE-DAMSチームを買収した。2018年以来日産は、ルノーに代わるかたちでE-DAMSのパートナーをつとめていたわけだけど、今後は日産としてフォー...

  • 発見、ドイッチュラントのスペチアーレ

    - Speciale from W. Germany - SIKU  FERRARI 288GTOMADE IN W. GERMANYせ っかくだから、独シクのGTOも振り返ってみる。当ブログでは、初期の2006年10月に一度紹介済。子どもの時分にシク版のGTOに出会ったときの印象そのまま、「パッと見 おおざっぱなつくり」と書き散らかしている。だってねえ……ピニンファリーナ・デザインの308のスタイルを基調とし、さらにグラマラスに、さらにアグレッシブにしたのがGTO。フェラーリがグ...

  • フランスのスペチアーレ

    - Speciale from F - MAJORETTE  FERARRI 288GTOMADE IN FRANCEマ ジョレットにおけるフェラーリのロードカー、第一号。あまたのブランドが手掛けた308GTB/GTSをすっ飛ばして、いきなりスペチアーレの288GTOをモデル化するところがフランス人のセンスか。エスプリってやつか。しかも実車の製産が終了した97年だし。さて、288GTOを最初にモデル化したのは、95年の独シク。当方、フェラーリの中でも288GTOは一番のお気に入りだっ...

  • イングリットに捧ぐフェラーリ

    - Grigio Ingrid - MATCHBOX  FERRARI 456 GTMADE IN CHINAイ ングリット・バーグマンに贈られたフェラーリにちなんだボディカラー、グリジオ・イングリット。バーグマンの瞳の色をイメージした色合いだそうで、シルバーだの、シャンパンゴールドだのと呼んではいけない。マッチボックスが当初456GTを売り出した時の色はメタリックブルー。後に定番のソリッドなイエローやレッドが加わり、そして、マテル傘下の2000年にグリジオ...

  • 謎の香港物はディノの兄弟

    - real concept car - HITOYS  GRIFFITH BORGESON RACINGMADE IN HONG KONGい かにもオモチャっぽい、あるいはSF物の劇中車っぽい香港HITOYSのNO.206。だけども、架空車でなく、当方が想起するように元ネタがあるとしたら、ノーズに描くべき文字はちがう。そう、8でなく「Σ」。…… …… ……モデル名の由来をつかもうとWeb検索していて気がついた。GRIFFITH BORGESONは人名。バックヤードビルダーの名前でもレーシングチームの名前...

  • ミステリアスな香港

    - mysterious Cars in Hong Kong - HITOYS  GRIFFITH BORGESON RACINGMADE IN HONG KONG第 三世界的に、いまだその全貌がわからない香港ブランド、HITOYS。ご覧のとおり、デザインが60~70年代のSCI-Fiチックというか、タツノコ・メカっぽいというか、マテルの架空車の影響を受けた泡沫ブランドかなという印象を受けていた。キャスト名にしても、自動車メーカーともレーシングチームともつかない名前がついているし。そういうわ...

  • もういっちょ驚くべき知見

    - M.Kato, 2022 - TIN'S TOYS  CHEVROLET ASTRO 1MADE IN HONG KONGT で始まる製造番号をモデルに付与していることで知られる香港TIN'S TOYS。「モデル・カーズ」誌のもういっちょ加藤さんのコラムによると、TIN'S TOYSをリリースしたのは田氏金屬製造廠有限公司。「1965年にTin's Trading Company Ltd.(田氏商業有限公司)として創業し、1971年にTin's Metal Manufactory Ltd.(田氏金屬製造廠有限公司)に社名変更」したのだそ...

  • なにげなくも驚愕の発見

    - evidence about Hong Kong - PLAYART  PORSCHE TARGA 911SMADE IN HONG KONG二 十世紀の香港物を愛する同志諸兄なら、必ずや目を通されているかと思う。もしも未見の方は是非ともご覧あれ。「モデル・カーズ」誌の2022年4月号Vol.311のp110、もういっちょ加藤さんのコラム「オレの話も聞いてくれ!」で、1970~80年代におけるMade in Hong Kongのブランドが九つほど紹介されている。最初に取り上げられているのが、我らがプレ...

  • ただモノじゃない

    - Super Trofeo Omologato - TOMICA  LAMBORGHINI HURACAN STOJAPAN / VIETNAMト ミカの新作、ウラカンのハイパフォーマンスカー、STO。なんともハデなアニメチック、あるいはキャラ物チックな配色で、ドリームトミカにすら見える。だけどもトミカは、実車のSTOがお披露目された時のカラーリングを再現。アニメチックというか、ランボルギーニはレーシングモデルのイメージをウラカンSTOに仮託している。恐ろしいことに、スーパ...

  • マッチボックス、撤退【史実】

    -without collectors - MATCHBOX  ROLLS-ROYCE SILVER SHADOW IIMADE IN ENGLANDか つて我らがトミカが範とした、英レズニーによるマッチボックス75シリーズ。朝日通商によって輸入され、いっときは全国津々浦々の街のオモチャ屋にマッチボックスの専用ディスプレイが置かれていた。国産のトミカにとって代わられるまで、ミニカーと言えばマッチボックス75シリーズ。舶来品という言葉がまだ魅力的だった時代に圧倒的人気を誇って...

  • 伝説のGT-R、オーストラリアを制覇する

    - GT-R goes to AUS - INNO64  NISSAN SKYLINE BNR32 GT-RMADE IN CHINA豪 州のモンスターたちがしのぎを削る、かの地で最も重要なモータースポーツイベント、バサースト1000。前身の500マイルレースを含め60年の歴史を誇るバサースト1000では、ホールデンとフォード以外、優勝を複数回果たしたことがあるメーカーは、たった一つしかない。1991年と1992年の日産。マシンはグループAのR32 GT-R。同志諸兄ご存知のとおり、当第三世...

  • 先駆者による驚異のポルシェ935

    - miracle - MINICHAMPS64  PORSCHE 935 GERMANY / CHINAヨ ンサンのコレクターなら知らぬ者がないミニチャンプスがリリースした1/64のポルシェ935。いわゆる935/76で、この個体は1976年のニュルブルクリンク1000kmの出場車をモデル化したものだ。製産は【中国】。当たり前じゃんというツッコミが入りそうだけども、ミニチャンプスは、今ではその当たり前となった、コレクター向けの精緻な1/43モデルを中国で製産するという手法...

  • イタリア国家警察

    - type 997 - REALTOY  PORSCHE 911 CARRERA SMADE IN CHINAも う一つ、リアルトーイのポリスカー、タイプ997の911。POLIZIAなので、イタリア国家警察の車両だろうね。ポリスカーと言えば、ミニカーの人気アイテム。たぶんにもれずリアルトーイでも、我が国向けに警視庁仕様のポルシェをリリースしていた。ただし、よく見かけたのはタイプ993の警視庁仕様。タイプ997の警察車両って、日本のトイザらスでも売られていたことってあ...

  • これもAMGだけど

    - some questions about AMG - REALTOY  MERCEDES BENZ E-55 AMGMADE IN CHINAロ クヨン、あるいは3インチと呼ばれるミニカー群が隆盛となる以前に、トイザらスのボトムラインを担っていたリアルトーイ。欧米でトイザらスが消滅したのと同時に、日本の店舗からも消えた。今も変わらず、トイザらスでは売っていないという理解でいいんだっけ?今回、リアルトーイのポリスカーをヤフーオークションで手に入れた。リアルトーイの中...

  • 破壊しに、と彼女は言う

    - Art car - KJ MINIATURES  LBWK C63 COUPEMADE IN CHINAも う一つ、マットブラックのメルセデス。無骨なリベットをアート表現の領域に止揚したリバティウォークのコンプリートカーだ。もちろんそのアートとは、Concorso d’Eleganza Villa d’Esteのフォロワー達が愛でる伝統美でも、前世紀にカロッツェリアが追い求めてきた先鋭のスタイリングでもない。一見、ただのファッションのように見えて、案外と奥深い。『破壊しに、と...

  • 黒/紅のAMG

    - black and red - SCALE MINI  MERCEDES AMG GT SMADE IN CHINAず いぶんと前に入手していたレジン製のメルセデス・AMG GT。実車は、GT3仕様をのぞけば、おおざっぱに言うとGT、GT S、GT C、GT Rに分けられる。GTはマジョレットやホットウィールにあり、GT Rはトミカやターマックワークスから出ている。同志諸兄ご存知のとおり、トミカでは、先月、アブダビ警察風に見立てた紅白のGT Rがイオン限定で売られたばかりだ。これらに...

  • チープシックでない高級車

    - European in Hong Kong - YATMING  BMW 2800MADE IN HONG KONGも うひとつ初期ヤトミング、NO.1017のBMW2800。実車は、ノイエ・クラッセのヒットで破綻寸前から復活したBMWが、高級車市場でメルセデスのライバルたらんと送り出したE3系だ。香港物の雄として、ぎりぎりフォルムは守りながら、どんな名車でもラフに仕立て上げる作風のヤトミング。BMW 2800は、そんなヤトミングにしてはカッチリしたつくりに見え、ご覧のとおり、...

  • インフルエンサーは誰だ?

    - influencer - YATMING  BOSS MUSTANGMADE IN HONG KONG我 らが愛する香港物、ヤトミングの初期にリリースされたボス・マスタング。シャーシーには、車名とプロダクトナンバー(NO.1024)、「MADE IN HONG KONG」の文字がすべて刻印されており、ヤトミングの初期物にあたる個体であることがわかる。70年代のミニカーだから旧車のモデル化ではなく、英マッチボックス版と同様、リアルタイムのボスだ。ご覧のとおり、シャーシーは...

  • 無視されている理由

    - infringement - GREENLIGHT   FORD MUSTANG BOSS 302USA / CHINAず いぶんと久々に取り上げるような気がする米グリーンライト。2010年にリリースされた「MCG Hobby Collection Series 5」なるシリーズの一台だそうな。さて、マスタングと言えば、内外装を好みにカスタマイズできる「フルチョイスシステム」で有名。同志諸兄ご存知のとおり、我が邦のトヨタは、マスタングに学んでセリカにフルチョイスシステムを取り入れた。そ...

  • 正統だったレインディア

    - reindeer - MINI GT  BENTLEY FLYING SPURMADE IN CHINAい つもの専門店で見つけた、MINI GTによる見慣れないベントレー。他のブランドからはまだ出ていない現行のフライング・スパーだ。REINDEER EIGHTなるサブネームがついている。せっかくのニューキャストなのに、ご覧のとおりベントレーのロードカーにしてはちょいとハデ。他に色はないの?とお店の人に聞いてみたら、昨年暮れにこの仕様だけ中国で先行発売された、限定品...

  • トミカがプレゼンツするイタリアンデザインとは

    - two Roma - BBURAGO  FERRARI ROMAITALY / CHINAニ ッポンのトミカに、エレガントさという表現にチャレンジさせたフェラーリ・ローマ。トミカは、自分たちのモデルに続き、イタリアンデザインを標榜する伊ブラーゴ版ローマもプレゼンツした。これまでのブラーゴのモデル(not Maisto)と言えば、いい意味でオモチャっぽく、おおらかな印象。フェラーリ・ローマもその作風でつくられると思いきや……。サイズは1/62のトミカよりも...

  • イタリアンデザインのコルベット

    - European Vette - TIN TOYS  CORVETTE RONDINEMADE IN HONG KONG伝 説のプロトタイプレーサーの次は、カロッツェリアによるラグジュアリーなコルベット。時計のLonginesとは関係なく、Rondineはイタリア語で燕の意。実車のロンディーヌは、1963年のパリ・オートショーに出品されたコンセプトカーだ。スパルタンなアメリカンスポーツであるC2コルベットを、イタリアのカロッツェリアであるピニンファリーナが美麗で軽快な燕に仕...

  • 伝説のコルベットはマッチボックスが早かった

    - legendaly - MATCHBOX  CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORTMADE IN CHINAこ れもラリーベットの一台。ただのC2コルベットではない。C6やC7に設定されたスペシャルモデルの由来ともなった伝説のグランスポーツ。シェルビー・コブラのライバルとして国際スポーツカー選手権に打って出るためにつくられたプロトタイプレーサーだ。あえて呼ぼう、C2のスーパーコルベットと。そんなグランスポーツを、マッチボックスは89年にモデル化し...

  • はみだし野郎

    - overhanging - MATCHBOX  CHEVROLET CORVETTEMADE IN CHINA以 前紹介したことがある、マッチボックス、ラリーベット・シリーズの一台。93年にリリースされたコレクティブルのセットで、既存キャストのC1~C4コルベットを組み合わせている。Premiere Collectionと同じように細部が塗られ、タイヤはラバー。アメリカだけで売られたセットなのかな。Tバールーフなので英レズニー時代のキャストではない。今回初めて気づいたこと。...

  • ホットウィールにはないマテルのフェラーリ

    - last one - MATCHBOX  FERRARI 360 SPIDERUSA / CHINAマ ッチボックスによる、今のところ最後のフェラーリのキャストが、360スパイダー。約20年前、2001年にリリースされたモデルだ。同志諸兄ご存知のとおり、2001年と言えば、マテルによるフェラーリの囲い込みがすでに始まっている。マジョレットはF40やF50、456といった既存のキャストを架空車風にモディファイし、シクはエンツォと思しきモデルにフェラーリの名を使えなか...

  • スルーしちゃならないカウンタック

    - counter tech - TOMICA LIMITED VINTAGE NEO  LAMBORGHINI COUTACH LP400JAPAN / CHINAト ミーテックの新作、ランボルギーニ・カウンタック。まずリリースされたのは、同車の市販版の原点、LP400だ。迫力あるLP500Sや25thアニバーサリーも勿論良いけども、カウンタックのシルエットたるウェッジシェイプを最も堪能できるのは、シンプルな姿態を持つLP400だろう。TLV版カウンタックの売りは、言うまでもなくシザースドアが開く...

  • 小っちゃな小っちゃなピックアップ

    - tiny Pickup - TINY  MORRIS MINI PICKUPMADE IN CHINAか つてのトミカのように軽やかな音を立ててドアが開閉し、トミカのようなサスペンションの跳ね具合。第三世界的にトミカの正統なフォロワーとして認める香港のTINYは、同志諸兄ご存知のとおり、ミニを各種リリースしている。そして、ついにピックアップまで!トミカのミニ・クーパーをピックアップに改造した二次加工品が海外で出回り、ヤフオクに出品された時、とんでも...

  • HWベーシックカーの終焉

    - the end - HOT WHEELS  CRUSE BRUISERUSA / MALAYSIA 我 が国ではなかなか見聞きしない、デモダービー仕様の架空車。デモダービーは、正確にはデモリッションダービー(Demolition derby)。アメリカのモータースポーツ?の一つで、要は、クルマのバトルロイヤル。グラウンドで廃車同然のマシンをぶつけ合い、動けなくなったクルマが脱落、最後に残った一台が勝者というルールだそうな。J.G.バラードの「クラッシュ」も、デモ...

  • バーニングなイエロー

    - burnin' - MATCHBOX  NISSAN 300 ZXMADE IN CHINAマ ッチボックスファンなら知らぬ者がないBURNIN' KEY CARS。そのシリーズにも黄色いフェアレディは存在した。BURNIN' KEY CARSは、もともとはKIDCOの製品。同社が香港のユニバーサルに身売りしたので、マッチボックスがそのシリーズ名を引き継いだということらしい。Z31はマッチボックスになってからのキャストだったと思う。KIDCO版もマッチボックス版も、たしか我が国に入っ...

  • 黄色いコレクティブル

    - roots of collectible model - MATCHBOX  NISSAN 300 ZXMADE IN CHINAイ ンターナショナル時代のコレクティブル・ライン、「Premiere Collection World Class」仕様の黄色いフェアレディ。1998年に25,000台限定でリリースされたシリーズ15の一台かな。ご覧のとおり、コレクティブルらしく凝ったタイヤが奢られている。それ以外は、ひたすら細部を塗り、塗り、塗り。塗りだけに力を注いでいるのが、この時代のマッチボックスの...

  • イエロー、イエロー

    - different yellows - MATCHBOX  NISSAN 300 ZXMADE IN CHINAイ ンターナショナル時代のマッチボックスにも黄色いZがある。この2台の違い、おわかりか?Door way to Japanese collectors ↓にほんブログ村...

  • イエローをめぐるオマージュ、そして事件

    - regarding yellow - M2 MACHINES  NISSAN FAIRLADY Z432USA / CHINA米 M2、「AUTO日本」シリーズのフェアレディZ432。このイエローのモデルはWalmart限定だそうな。Zカーでイエローなのは、Mr.Kこと、故片山豊さんの愛車を意識した?新型フェアレディは、ロングノーズにファストバックという古典的スタイルをキープして、少なくともエクステリアに関しては何の提案も意外性もない。ってな感じで、揶揄されることも多かろうと思...

  • イカヅチのように

    - prototype - TOMICA  NISSAN FAIRLADY ZJAPAN / VIRTNAM雷 からインスピレーションを受けたというイカヅチイエロー。「その挑戦で、世界を照らせ」をキャッチフレーズとする日産自動車株式会社は、新型フェアレディZにその色を託した。トミカは、通常品のシルバーには小さなスポイラーをつけ、初回限定仕様をリアスポイラーのないイエローとした。2020年9月、日産グローバル本社のギャラリーで新型フェアレディのプロトタイプ...

  • 英国の大いなる遺産

    - heritage of England - MATCHBOX  GREASED LIGHTNINGMADE IN MACAU実 車に忠実な路線に戻って、というWikipediaの記述で思い出したパンテーラ改。マッチボックス・インターナショナル時代にリリースされたモデルで、83年から翌年にかけて、やはりアメリカだけで売られたそうな。とは言え、GREASED LIGHTNINGの試作品は英レズニー時代から用意されており、レズニーの身売りとともに、香港のユニバーサル社に渡ったというわけだ...

  • 黄金にして英国のダットサン

    - golden England - MATCHBOX  GOLDEN X (DATSUN 126X)MADE IN ENGLAND黄 金色に輝くダットサン126X、もとい、ゴールデンX。スーパーファストとして我が国にも出回ったダットサン126Xのキャストを流用し、ウインドーを変え、モデル名もあらためた。英レズニー時代のマッチボックスがリリースしたモデルだけども、ワールドワイドには出回っていない。1978年にアメリカだけで販売されたそうな。派手なスーパーファストやストリーカ...

  • 黄金のダットサン

    - golden Tomica - TOMICA  NISSAN BLUEBIRD SSSJAPAN / CHINA黄 金色に輝くダットサン510、もとい、日産ブルーバード。「開運!なんでも鑑定団」でも取り上げられた純金トミカではもちろんない。純金トミカと同じ2000年にリリースされた「トミカ誕生記念コレクションスペシャル」セットの一台。トミカの最初の6台を金メッキ仕立てにしたバージョンだ。まあ、純金トミカの代わりにね、というトミー(当時)からコレクターへの配...

  • そして金色のニスモ

    - The latest gold - TOMICA  NISSAN GT-R NISMOJAPAN / VIRTNAMは からずも、今月発売であることが判明した w 金色のGT-R NISMO。話のついでに、ということで入手してみた。いつもトミカを買っている店舗では、一人一台限定ってな扱いだった。ハッピーセットトミカ用の嘘っぽいデザインでありながら、ワンオフで実車になり、それを受けてトミカにもなった。こういうストーリー性のあるカラバリなら大歓迎。Door way to Japanese...

  • 金色のGT-Rの元ネタとは?

    - rose gold - INNO 64 MODEL  NISSAN SKYLINE R32 GT-R MADE IN CHINAネ オ香港、INNO 64 MODELによる絢爛豪華、金色のGT-R NISMO。香港限定というふれ込みだけど、ヨドバシ.comなどでも絶賛販売されていたのはナイショだ。ボディカラーはローズゴールドと呼ぶのだそうな。キンキラキンのGT-R NISMOと言えば、昨年マクドナルドとコラボしたスペシャルモデルとしてお披露目された現行GT-Rが記憶に新しい。日産が金色すぎる新型「...

  • トミカで唯一というか

    - Lotus love - TOMICA  LOTUS ELITEMADE IN JAPAN今 回、シューティングブレークを取り上げようと思い立ったのは、YouTubeの動画がきっかけだった。Extra Rare And Unusual Shooting Brake Cars動画の中でフェラーリFFやリアイアント・シミターGTEなどとともに紹介されていたのが、ロータスの2代目エリート。スーパーカーブーマーだった時分には、エリートのことをいたくカッコ悪いと思っていた。当時の小学生向けの本でも、「...

  • アコードエアロデッキはシューティングブレークの夢を見るか?

    - Ogle desigh - CORGI JUNIOR  OGLE/RELIANT SCIMITAR GTEMADE IN GT. BRITAINし ばしば、シューティングブレークの文脈で語られる英国のシミターGTE。小スケールミニカーでは唯一コーギージュニアがリリースしている。ただし、コーギー版はシミターGTEのワンオフモデルで、実車は、1968年にロンドンのアールズコートエキシビションセンターで行われたモーターショーでコンセプトカーとしてお披露目された。市販車には採用されな...

  • なぜフェラーリのFFは短命なクルマだったのか?

    - Italian white - KYOSHO  FERRARI FFJAPAN / CHINAマ リネロ初の4駆にして4シーター、だから名付けてFF。音にすると「エフエフ」ではなく、「フォー」なのだそうな。2013年の年末に発売された「フェラーリコレクション9」の一台で、その時のカラバリは赤、白、銀。後に9のNEOで、黒、青、ガンメタが加えられている。最初に定番の赤とともに白が用意されたのは、フェラーリの4駆として実車がお披露目されたジュネーブショ...

  • 絶対にウソ。何かが間違っているGT-R。

    - lightbar - JOZEN INTERNATIONAL  NISSAN GT-RMADE IN CHINAラ ジコンカーやらドローンやらを主力製品とする、ジョーゼンインターナショナルのモデル。後ろにある消防車(MAN TGS 18.400)とのセット物で、これも最近西友で見つけた。注目すべきは散光警告灯、いわゆるパトライト。今どきのブーメラン型でなく、懐かしのバータイプとなっている。現行トミカにある5種類の白黒パトカーは、当然すべてブーメラン型。べつにバー...

  • 単品販売をまたまた目撃して……???

    - inflation - HOT WHEELS  PORSCHE 935USA / MALAYSIAこ れまた、往年の名車の復活。訂正。935をイメージした限定モデルに過ぎないから復活とは言わないか。さて、前回の続き。2/5の土曜日に家電量販店に足を運んでみたら、西友とは異なり、AMAZONマテルストアで単品販売されているモデルは置いていなかった。あれ?っと思って西友にも行ってみたら、AクラスやらマイティKやらの新作の単品売りがたくさん入荷している。面白いこ...

  • 復活のエットーレ・ブガッティ

    - 20th anniversary - HOT WHEELS  BUGATTI EB110 SSUSA / MALAYSIA芸 術品と称えられた往年のブガッティを復活せんと、90年代初めに登場したEB110。実車では、カウンタックの後継としてディアブロが出たばかりの頃。当時、日欧のミニカーはとんでもなく停滞、ブガッティの名がついているとはいえEB110にまで手を出すようなブランドはなかった。マッチボックスが試作品だけこしらえたのは以前にも紹介した。唯一、伊ブラーゴが1/...

  • アメリカのBMWはイロモノ

    - unorthodox - FAST 111's  DYNAMO (BMW 320i)USA / CHINA米 ケナー社、架空車揃いで知られるFAST 111'sの一台。これにも実車とはまるっきり関係ない、DYNAMOというモデル名が与えられている。デフォルメがきついものの、元ネタが320iターボなのは丸わかりだよね。塗りがラフなのは、アートカーを意識したからか w。米国と言えば、もう一つ、アメリカ発の初代3シリーズがあるのを思い出した。本国のマッチボックスではなく、レ...

  • ブームに乗らねどマニアックなトミカ

    - Alpina - TOMICA  BMW 320iMADE IN JAPAN青 箱トミカの初代3シリーズ、アルピナ仕様。スーパーカーブームが終焉した80年のモデルなので、3シリーズが「六本木のカローラ」と呼ばれたバブル期のずっと前にリリースされたということになる。つまり、ふたつの世相とは関係なく、外国車の一台として320iが選ばれたと言うわけだ。欧州ブランドがことごとく初代3シリーズをスルーしたというのに。バブル期における2代目のヒット...

ブログリーダー」を活用して、ワイキキ@第三世界さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ワイキキ@第三世界さん
ブログタイトル
第三世界的blog
フォロー
第三世界的blog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用