searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ワイキキ@第三世界さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
第三世界的blog
ブログURL
http://diecast.blog3.fc2.com/
ブログ紹介文
メジャーからマイナーまで、第三世界的小スケールミニカーの紹介
更新頻度(1年)

178回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2016/07/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ワイキキ@第三世界さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ワイキキ@第三世界さん
ブログタイトル
第三世界的blog
更新頻度
178回 / 365日(平均3.4回/週)
フォロー
第三世界的blog

ワイキキ@第三世界さんの新着記事

1件〜30件

  • 大きな香港の豆知識

    - sharp dealer - LINMOBILE  FIAT ABARTH 2000 COUPE PININFARINAMADE IN HONG KONG香 港LINMOBILEによるコンセプトカー by ピニンファリーナ。実車は、鮮やかな紅のボディカラーをまとって1969年のブリュッセルショーでお披露目された。ショーカーらしい華やかにして先鋭的なデザインスタディ。そんなコンセプトカーを、なんでLINMOBILEは、かくも地味な雰囲気に仕立て上げてしまったのか。とっても謎。さて、70年代の香港にデ...

  • 大きな香港推しは見たことがない

    - Linmobile - LINMOBILE  PORSCHE 911MADE IN HONG KONG古 い香港物に興味ある諸兄なら知らぬ者がないリントーイ社のLINMOBILE。ミニカー第三世界のサイト名のごとく、多数の香港物を紹介してきた当サイトなれど、これまで正面切ってLINMOBILEを取り上げたことはなかったかと思う。どこか開閉したり、ジュエルライトが奢られているモデルがあったりと、安価な香港物としてはガンバっている。ただ、サイズがマッチボックスやトミ...

  • ちょいとやりすぎの香港

    - leather top - PLAYART  VW-PORSCHE 914MADE IN HONG KONGす っかり忘れていた。914はポルシェにあってポルシェに非ず、VWと共同で世に送り出したワーゲン・ポルシェと呼ばれるクルマだったことを。VWは今でこそ幅広いラインナップを抱えているけれど、当時は大衆車一辺倒。逆にポルシェは911が高級視されて販売数が伸び悩んでいる。両社の思惑が廉価なスポーツモデル、914を生んだ。914は、手軽な価格帯なれどポルシェ初のミ...

  • やりたい放題にして、秀逸

    - as he likes - HOT WHEELS  PORSCHE 914 SAFARIUSA / MALAYSIAポ ルシェ914/6をオフローダー仕立てにした面白グルマ。もちろん、実車は存在しない……よね?サファリと名がついているけども、914がオフロードのラリーに出場した例はわずかで、しかも、参戦したのは雪道のモンテカルロ・ラリー。914はむしろサーキットのほうで実績がある。そう、サーキット。この黄色とオレンジのNo.5は、71年のデイトナ24時間で総合7位、クラス...

  • 残念!最も美しいコンセプトカー

    - the most beautiful concept car - MATCHBOX  RENAULT TREZOR CONCEPTJAPAN / VIETNAMム ービングパーツのルノー・トレゾア・コンセプト。実車は、以前にも紹介したとおり、2017年のConcorso d'Eleganza Villa d'Esteで「最も美しいコンセプトカー&プロトタイプカー」賞を受賞している。そのインパクトを受けてか、マッチボックスは久々に、市販を視野に入れない純粋なコンセプトカーを手掛けた。しかも、ムービングパーツ仕...

  • ちょっと待て、グラチャンの新作がおかしい

    - new taste - AUSHIMA GRA-CHAN  NISSAN LAUREL (LB WORKS 130 LAUREL)JAPAN / CHINAア オシマ・グラチャンコレクションのニューキャスト。念のため、ここ数年の間にミニカーを集め始めた諸兄に向けて説明しておくと、ゼロ年代の後半に登場したグラチャンコレクションは、アメリカのJDMブームの流れとはまったく関係がない。しかも、マテルやアメリカンブランドのデザイナー、そしてその支持層がどんなにグラチャン様式のジャパ...

  • 中国の世界文化遺産

    - great symbol - TIMEMICRO  ROLLS-ROYCE PHANTOMMADE IN CHINA中 国の謎ブランドTIMEMICROによるロールスロイス・ファントム。ボディにあしらわれているのは、ユネスコの世界文化遺産にも登録されている「故宮」。人類史上最大の宮殿とされ、中国史に詳しい諸兄なら、紫禁城の名のほうが馴染みがあるかもしれない。我らがウェリーには、ユニセフの寄付金集めに協力した事例がある。同様にこのモデルは、TIMEMICROが「人類共通...

  • ニッポンのE

    - electric - TOMICA  TOYOTA 2000GT EVJAPAN / VIETNAMリ サイクルショップで見つけた2000GTのEV仕様。2014年に発売されたイオン特注で、実車も存在するそうな。関東自動車工業技術部がEV化を行って、東京オートサロンに出展したのかな。ジャガー社がEタイプのライトウェイトを現代の技術で復刻したように、ニッポンのトヨタモーターコーポレーションも、こんなモデルを手掛けたらいいのに。EVのシンボルとして。Door way to J...

  • ペニーについて知っている二、三の事柄

    - gioielli italiani - PENNY  LANCIA FLAVIA ZAGART SPORTMADE IN ITALY欧 州の古い小スケールミニカーに魅かれる者ならば、必ずやたどり着くであろうイタリアのペニー。ペニーの特徴と言えば、第一に、アルファロメオにフェラーリ、マセラティにランチアと、イタ車揃いなこと。しかもイタリアン・スポーツやグラントゥーリズモばかり。そのラインナップの魅力はもはや説明の必要がない。そして第二に、工芸品を思わせるイタリ...

  • ある老舗ショップの終わりと疑惑のイタリアーノと

    - Penny at Ikeda - PENNY  MASERATI 3500 GTMADE IN ITALYネ ットニュースやSNSでご承知の諸兄も多かろうと思うけども、老舗中の老舗、ミニカーショップイケダが閉店となった。「ミニカーマガジン」を発行していたり、インターネット普及のはるか以前から通販に力を入れていたりと、日本中のコレクターにとって重要なショップ、ある意味、コレクションのハブ的役割を果たしていた存在だった。ひたすら残念。…… …… ……日暮里の...

  • 小さき者、汝の名は

    - tiny, tiny, tiny - GREENLIGHT  AUSTIN MINI COOPER S 1275 MKIUSA / CHINAミ ニ・クーパーにガルフという、エンスー垂涎の組み合わせ。MIJO限定っていうやつだけど、これも、山手線の北のほうにある老舗専門店で見つけた。なんといっても、このグリーンライトのミニ、小さい、小さい。商品イメージとしての1/64ではなく、きちんと1/64サイズでモデル化されていることがわかる。ここで疑問。きっちり1/64でつくられているミニ...

  • 米国のハイパーカー

    - hang in there - GREENLIGHT  2021 FORD GT USA / CHINA白 地にボンネットあたりが黒という、66年頃のGT40を想起させるカラーリング。2代目フォードGTの2021年仕様だそうな、by GREENLIGHT。今回、山手線の北のほうにある老舗専門店で手に入れた。グリーンライトはいつもアメリカの友人から送ってもらっているので、ひょ~っとしたらリアル店舗で買ったのって初めてのことかもしれない。いや、ホント。専門店値段だと、グリー...

  • 理由なきブラック

    - Berlinetta, Boxer, and Black - TOMICA PREMIUM  FERRARI 512 BBJAPAN / VIETNAMタ カラトミーモール限定の512BBは黒。フェラーリのカラーと言えばイタリアン・レッド。いくらコーポレートカラーがイエローと決められていても、ファンたる者、狂信者だろうが超高級車ファンだろうが、フェラーリにはサーキットの赤いイメージを仮託し続ける。ただし、第三世界的には512BBと言えば黒……なんだけど、自分でもその理由がよくわか...

  • 香港のエスプリ

    -new shape in Hong Kong - SOHBI  LOTUS ESPRITMADE IN CHINAせ っかくだからSOHBIのエスプリも取り上げてみる。実車は、ジアジアーロ・デザインの初代をやや丸っこくモディファイした世代のエスプリで、ニューシェイプと呼ばれているそうな。まあ、あの初代をいじったということには賛否両論あるよね。ニューシェイプ世代のエスプリといえば、同志諸兄ご存知のとおり、ホットウィールやジョニーライトニングがリリースしている...

  • 香港のロータス・ヨーロッパは大陸向け

    - Europa in Hong Kong - SOHBI  LOTUS EUROPAMADE IN CHINA香 港返還前の八十年代半ばに登場した、SOHBI(創美有限公司)によるロータス・ヨーロッパ。SOHBIは、ウェリーやマイストほどメジャーにはなれなかったけども、末期MINI NOREVを担ったり、新規性のある車種を出したりと、なかなか面白い存在だった。964型ポルシェやニューシェイプ世代のロータス・エスプリのモデル化は、並みいるグローバル企業を差し置いて、いずれも...

  • トイザらスのニューカマー

    - Speed City - WELLY  PORSCHE CAYMAN SMADE IN JAPAN日 本トイザらスのニューカマー、SPEED CITY の一台。カードを見るに、京商経由ではなく、トイザらスが独自に輸入したものらしい。NEX MODELよりお安く、一台199円となっているのは、ライセンス・ミニカーのボトムラインを担わせようという戦略か。かと言って、見てのとおり、そんなにチープシックなつくりでもない。以前から持っていたウェリーのケイマンと比べてみた。色...

  • 青箱トミカが最高だった

    - Black Cab of Tomica - TOMICA AUSTIN TAXI CABMADE IN JAPAN青 箱トミカのブラック・キャブ。前回紹介したマッチボックスと同じ、20世紀後半のロンドンで長らく活躍したオースチンFX4だ。青箱トミカは、T型フォードから当時最新のスーパーカーまで、国を問わず時代を問わず海外の名車をラインナップしていた。お子様向けの「せかいのじどうしゃ」百科、的な存在と言える。その一台としてブラック・キャブは選ばれた。前回のエ...

  • ブラック・キャブ集合

    - Black Cab - MATCHBOX  TAXI FX4RMADE IN MACAUマ ッチボックス・インターナショナル時代、1986年のキャスト。実車は、1958年から1998年まで使われたオースチンFX4で、20世紀のロンドンの街並みと言えば、2階建てバスとともにこの黒いタクシー(Black Cab)が思い浮かぶ。一昨年だったか、MOVING PARTSのフォード・クラウン・ビクトリアをとり上げて、後部ドアが開くことを「斬新」と書いた。だけどもマッチボックスは、とっ...

  • ベントレーに平謝り

    - earnest apology - MATCHBOX  BENTLEY BENTYGAUSA / THAILAND当 方の仕事場の脇に、タイムズの小さなコインパーキングがあって、メルセデスやBMWはもとより、ポルシェやらアストンマーチンやらといった高級車で常に埋まっている。いわゆる「士業」と呼ばれる人達の団体が、近くにいくつかあるからかと思う。業界のお偉いさん方のご用達駐車場かな。で、最近、ついに見かけたのが、ベントレーのSUV、ベンテイガ。実車オーナーの...

  • ややこしきホンダ

    - Traditional Chinese characters - HONDA  HONDA HR-VMADE IN CHINA小 スケールミニカー唯一の、「HR-V」と銘打ったモデル。ご覧のとおり、実車は日本の初代ヴェゼルと一緒。漢字だらけのパッケージには「HONDA CARE+」「竭誠盡心 更勝所求」といったキャッチフレーズが入っている。後者は「ベストを尽くす。 求められる以上のことをする。」ってな意味。譲ってくれた海外の友人からは情報がなく、どうやら中華圏のホンダ・デ...

  • トヨタは変わった、ホント

    - GAZOO Racing - HOBBY JAPAN  TOYOTA GR YARISJAPAN / CHINAメ ディアとしてショップとして、長年我が国のミニカー市場を支えてきたホビージャパンによる、GRヤリス。今回、レーサーな感じが漂うGAZOO Racingカラーの個体を入手した。ごくごく個人的見解として、子どもの時分、トヨタ=モータースポーツという印象はほとんどなかった。数多くのカテゴリーに参戦していたことはもちろん知っていたけども、その活躍が市販車のイ...

  • シルバーからイエロー

    - from silver to yellow - PARA64  RUF CTRMADE IN CHINA正 式な車名より、異名が知れ渡るモンスター、イエローバード。一見、ノーマルの930ターボなれど、ボディはアルミニウムとグラスファイバーで軽量化され、ツインターボにより500psにまでパワーアップされている。時は87年、CTRは、雑誌の企画にて、ランボルギーニのカウンタック、フェラーリの288GTO、本家ポルシェの959といった並みいるトップモデルを差し置いて、市販...

  • ボローニャからの贈り物

    - dal Giappone - TOMICA  LAMBORGHINI HURACAN PERFOMANTEJAPAN / VIETNAM国 内三社に続くトミカ50周年記念仕様は、ボローニャのランボルギーニから!ニッポンのトミカとランボルギーニの付き合いは長い。77年のF37、カウンタックLP400がトミカによるランボルギーニの第一号だから、44年に渡り、これはホットウィールやマジョレットを上回る。途中、通常シリーズでランボが絶版だった時期もあるけども、その間にもセット物やリ...

  • モフモフなマクラーレン

    - flocked - LCD MODELS  McLAREN 600LTMADE IN CHINAマ クラーレン、スポーツカーシリーズの600LT。同シリーズにしては珍しく固定式のリアウイングがついているのは、サーキット走行を意識した限定車だからだそうな。LTは、ルマンを制覇したF1-GTRを想起させるもので、ロングテールの意。一年ほど前に、欧州経由で、LCD MODELS版を入手したものの、昨年11月にアオシマからも「ザ★ミニカー」として1/64の600LTが売り出されている...

  • ラテンなマクラーレン

    - Mclaren in Latin America - BUBY  McLAREN M8AMADE IN ARGENTINE欧 州からポルシェが参戦してくるまで、初期のカンナムを席巻したマクラーレン。カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ(カンナム)とは第一期のエンジン排気量に下限こそあれ上限なしというルールが象徴するように技術面の自由度が高く、大排気量マシンの豪快なレース展開が人気を集めた。北米独自のシリーズながら、最盛期にはF1やスポーツカー世界選手...

  • 寒い国の韓国車

    - Korean in Russia - TECHNO PARK  KIA SPORTAGERUSSIA / CHINA韓 国キアの小型SUV、スポーテージ。スティンガーGTと同様に、丸みを帯びたタイガーノーズグリルであるから、現行の四代目であることがわかる。ロシア警察仕様に仕立て上げられているけども、実際にキアが使われているかは謎。小スケールミニカー唯一のスポーテージをリリースしたのは、ロシアのTECHNO PARK。同志諸兄ご存知のとおり、韓国車のミニカーはそれほど...

  • ウェリーによる東のネオクラシック

    - Neo-classic car in Poland - WELLY  DAEWOO FSO POLONEZ CARO PLUSMADE IN CHINA前 世紀終盤、変革期にあったポーランドでヒットしたFSOのポロネーズ・シリーズ。社会主義体制下、ジアジアーロの手が入ったポロネーズはフィアットのプラットフォームでスタートし、民主化後、今はなき韓国のデーウ傘下で三代目のCARO PLUSとなって2002年までつくられている。ウェリーはそんなCARO PLUSをモデル化した。ポーランドの人々にとっ...

  • 巨匠による某国車

    - designed by maestro - ???  ???MADE IN CHINA巨 匠ジアジアーロによる、直線基調のデザインが美しい5ドアカー。世界的にはほぼ無名ながら、某国では100万台売れたベストセラーだという。続きは明日。Door way to Japanese collectors ↓にほんブログ村...

  • ミツビシを巡る無知と、情弱と

    - ignorance - REALWIN  MITSUBISHI LANCER EVOLUSION IX WOGONJAPAN / CHINA三 菱車ファン、ひいては国産車ファンの諸兄には、誠に、誠にお恥ずかしい。正直に告白しよう。このモデルを手に入れるまで、ランエボにワゴンがあることを知らなかった。そう、ネットでTARMAC WORKS版のランエボ・ワゴンを見た時も、どこかのチューナーが強引にストレッチしたカスタムカーが元ネタだと思ったわけだ。まさか、三菱自工による実車が存...

  • 我為中国造

    - for china - XCARTOYS  VW PASSART R36 VALIANTMADE IN CHINA我 為中国造をキャッチフレーズとする XCARTOYS。現地名、拓意。拓意は、VWのジェッタやサンタナ、ダイハツのシャレードといった、かの地のモータリゼーションを支えた名車群をリリースし、中国のTLV的な存在を目指しているのかと思いきや、最近では妙に、迷彩柄の装甲車だの軍用車輛だのに力を入れている。我為中国造。ネオ香港勢への示威として中国本土のブランド...

カテゴリー一覧
商用