searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Fr Thomas Onodaさんのプロフィール

住所
海外
出身
静岡県

このブログを、天主の聖母、終生童貞なる聖マリアの汚れなき聖心に御捧げいたします。

ブログタイトル
Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/thomasonoda
ブログ紹介文
聖伝カトリック信仰を守ったルフェーブル大司教をその伝記を通して紹介。聖ピオ十世会関連ニュースも紹介。
更新頻度(1年)

746回 / 365日(平均14.3回/週)

ブログ村参加:2006/04/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Fr Thomas Onodaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Fr Thomas Onodaさん
ブログタイトル
Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた
更新頻度
746回 / 365日(平均14.3回/週)
読者になる
Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

Fr Thomas Onodaさんの新着記事

1件〜30件

  • 御聖体を敬わない、冒涜の罪の償いのために、国際十字軍がシュナイダー司教様により発動されました_世界で日本で御聖体を敬う者は迫害されています

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2020年8月2日、聖霊降臨後第九主日に東京で録画した小野田神父のメッセージをご紹介いたします。シュナイダー司教様は御聖体への冒涜の罪の償いのための国際十字軍を始動されました。皆様、ぜひ参加してください!この8月をこの償いに参加することで、8月を聖なる月としてください。このお願いをする1つの理由があります。それはヴィガノ大司教のある司教への手紙を読んだからです。以下の記事をご参照ください。【拡散希望】ヴィガノ大司教とタウシグ司教との二つのパレーシア(臆することなく発言すること):ヴィガノ大司教のサン・ラファエル教区の神学校の閉鎖に関する手紙シュナイダー司教様は、天主を侮辱するこれらの罪の償いのため、ファチマの天使の祈りを祈ることを呼び掛けておられます。Bp....御聖体を敬わない、冒涜の罪の償いのために、国際十字軍がシュナイダー司教様により発動されました_世界で日本で御聖体を敬う者は迫害されています

  • 今年は秋田巡礼は行いますが、聖体奉仕会には訪問できません

    アヴェ・マリア・インマクラータ!秋田巡礼にお申込みくださった、愛する巡礼者の皆様、秋田巡礼はあと10日となりました。いかがお過ごしでしょうか?さて、聖体奉仕会から私どもの担当者に連絡があり、コロナウイルスで聖堂を閉じておりますが、8月1日からは聖堂に加え、庭園を含む修道院の敷地全体を閉鎖するとのことです。いつ再オープンするかも未定だそうです。そこで、今回は、聖体奉仕会の敷地に行くことができそうもありませんが、私どもは感染対策を行いつつ、秋田巡礼をそのまま実行いたします。何故なら、たとえ秋田の聖母をすぐ目の当たりにできなくとも、日本各地から聖母のもとに集い、数日間ミサと黙想と祈りで過ごすことは、有意義なことだと信じるからです。ところで巡礼を予定されておられる愛する兄弟姉妹の皆様の中で、もしも、聖体奉仕会のマリア様...今年は秋田巡礼は行いますが、聖体奉仕会には訪問できません

  • 2020年8月9日(主日)前後の聖伝のミサの予定:Traditional Latin Mass for August 9, 2020

    アヴェ・マリア・インマクラータ!--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します。最新情報は次のカレンダーをクリック年間の予定はSSPXJAPANMISSIONCALENDARをご覧下さい。今週末:2020年8月7日(金)8日(土)9日(主日)のミサの予定を再確定します。予定通りです。【大阪】「聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂」大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 EG新御堂4階〒532-0002(アクセス)JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分(地図) 8月7日(金) 17:30ロザリオ及び告解 18:00ミサ聖祭 8月8日(土) 10:00ロザリオ及び告解 10:30ミサ...2020年8月9日(主日)前後の聖伝のミサの予定:TraditionalLatinMassforAugust9,2020

  • ヴィガノ大司教とタウシグ司教との二つのパレーシア(臆することなくはっきりと発言すること):ヴィガノ大司教のサン・ラファエル教区の神学校の閉鎖に関する手紙の日本語訳

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2020年7月30日付でヴィガノ大司教はタウシグ司教に手紙を書きました。【手紙の背景:手による聖体拝領の強制:サン・ラファエル司教区の神学校の閉鎖】アルゼンチンのメンドーサ州、サン・ラファエル司教区のエドゥアルド・マリア・タウシグ(EduardoMariaTaussig)司教は、アルゼンチンで一番神学生が多い保守的な神学校を廃校にすることを決定しました。タウシグ司教は、コロナウイルスによる教会閉鎖が終わって、教会が再開された時に、コロナウイルスを口実に、聖体拝領は手だけに与えることを命じました。しかし、サン・ラファエルの神学校では150以上の家族と神学生たちは手による聖体拝領を拒否しました。神学校校長は神学生たちには口で聖体拝領をする当然の権利があると、跪い...ヴィガノ大司教とタウシグ司教との二つのパレーシア(臆することなくはっきりと発言すること):ヴィガノ大司教のサン・ラファエル教区の神学校の閉鎖に関する手紙の日本語訳

  • 「助産婦の手記」16章 いつになったらは妻は、夫に対して指導者であり得るような結婚生活をさせ得るだろうか?

    「助産婦の手記」16章ある朝、大へん早く、そう四時頃に、ウンテルワイレルからパン屋の職人が自転車で私のところへやって来た。急いで親方の奥さんを見に来てくれということであった。そこで私は驚いた。彼女は、数日前に私のところへ来たのであるが、妊娠約四ヶ月であった。何が起ったのであろうか?そこで私は急いで着物をきて、自転車に乗った。非常に冷たい五月の空気の中を進んで行った。それは、まさに季節おくれの北極的な寒波襲来であって、誠に「氷聖人」というその名称を辱かしめない。助産婦というものは、鋼鉄のような健康を持たなくてはならない、さもなければ、体がもたない。というのは、私たちが、いかにしばしば晚おそく、真夜中に、または朝非常に早く、ベッドから狩り出されるかということを、人は何とも思わないからである。しかも、それは夏であろう...「助産婦の手記」16章いつになったらは妻は、夫に対して指導者であり得るような結婚生活をさせ得るだろうか?

  • 【再掲】2018年8月4日(初土)  聖ドミニコの祝日 「聖ドミニコの精神」

    【再掲】2018年8月4日(初土)聖母の汚れなき御心の随意ミサ聖ドミニコの祝日小野田神父説教聖母の汚れなき御心聖堂にようこそ。今日は2018年8月4日、聖ドミニコの祝日です。今日は初土曜日ですので、聖母の汚れなき御心の随意ミサをしています。聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。愛する兄弟の皆さん、今日は8月の初土曜日で聖母マリア様の汚れなき御心の信心の日で、そしてファチマの日でもあります。ファチマでマリア様が「初土の信心をするように」と仰って下さったので、それで特にファチマでは御出現の度ごとに、「毎日ロザリオを唱えるように」と仰いました。そして今日は初土であると同時に聖ドミニコの祝日であるので、マリア様が私たちに彼を通して聖ドミニコを通して下さった、そのロザリオの、その聖ドミニコの祝日であるので、ぜひ、⑴...【再掲】2018年8月4日(初土)聖ドミニコの祝日「聖ドミニコの精神」

  • 【再掲】教会の一致とエキュメニズム:聖伝の教えと第二バチカン公会議の教えとの違い

    アヴェ・マリア!愛する兄弟姉妹の皆様、【2009年に掲載した記事ですが、再掲いたします。】私たちは第二バチカン公会議にどのような点が新しくなったか、つまり、どの点がカトリック教会の聖伝による見方と変わってしまったかについて、次の点を見てきました。まず、最初に、第二バチカン公会議は、人間についてどのように新しく考えるようになったのか?【1】人間の尊厳としての自由、および【2】人間の思想の自由【3】良心と人間の行為の自由続いて、第二バチカン公会議は、人間と天主との関係についてどのように新しく考えるようになったか?【1】第二バチカン公会議によれば啓示とは何か、啓示の伝達すわなち聖伝とは何か、啓示を信じるすわわち信仰とは何か?【補足】カトリック教会の昔からの聖伝と第二バチカン公会議の言う「聖伝」とでは、どう違うか【2】...【再掲】教会の一致とエキュメニズム:聖伝の教えと第二バチカン公会議の教えとの違い

  • 「助産婦の手記」15章 『あなたが、恥を知らないってことです! 』

    「助産婦の手記」15章ステンゲル奥さんは、きょうは大へん奇妙だ。ここ数日間の彼女とは様子が全く変わっている。彼女は、四日前に女の子を生んだ。いつでも機嫌のよい人だったのに、きょうは非常に気が沈んでいる、まるで泣いたかのように見える。夫婦喧嘩でもしたのだろうか?産後の病気中に、夫婦喧嘩をするのは、非常に忌わしいことだ。こんなときには、夫はほんとに理性的になって、種々の問題の起きないようにし、そして、もし妻が譲歩する気がないならば、議論は止めてしまうようでなければならない。喧嘩の起る原因は、洗礼のことである場合が珍しくない。招待するのは、この人か、あの人か?誰が代父になるのかについて、誕生前に意見が一致していないため、今またもや喧嘩する。それからまた、男の子については意見が一致していたが、いま女の子が生れて来た。そ...「助産婦の手記」15章『あなたが、恥を知らないってことです!』

  • 2020年8月2日の聖伝のミサの報告 Traditional Latin Mass in Tokyo and Osaka, SSPX Japan

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様!こんばんは!今日、聖霊降臨後第九主日には、東京では72名、大阪では21名が聖伝のミサに与ることができました。聖母に感謝いたします。【報告】【東京】DearFrOnoda:今日の東京でのミサの参列者数は下記の通りです。09:00のミサ男:21人(内、子供3人)女:16人(内、子供2人)計:37人(内、子供5人)11:00のミサ男:13人(内、子供2人)女:13人(内、子供3人)計:26人(内、子供5人)12:30のミサ男:7人(内、子供0人)女:11人(内、子供1人)計:18人(内、子供1人)3回のミサの合計(ダブルカウントの9人を除く)男:36人(内、子供5人)女:36人(内、子供6人)計:72人(内、子供11人)東京のミサ大阪でのミサ2020年8月2日の聖伝のミサの報告TraditionalLatinMassinTokyoandOsaka,SSPXJapan

  • 「助産婦の手記」14章  「御婦人というものは、女王でなければなりません、王冠を戴いていなければならない。」

    「助産婦の手記」14章非常に多くの結婚生活の上には、それぞれ何らかの影が横たわっている。怖ろしい暗い影、それは、もはや母親の心を朗らかにすることのないものであり、每日どんな場合でも、母親を押さえつけ、のびのびとさせないのである。一たび、その陰が覆うならば、それは退かない。すでに結婚の最初の日に、この影は拡がるのである。遁れがたい運命――そして残念ながら、それは自分自身の責任によるのである。私がこのことを書いているときに、幾人かの人間の運命が眼前に浮ぶのである。一人以上の母親が。五十人、百人、ほとんど千人の母親をして、私はここでその悩みを語らすことができるであろう。種々な形はとっていても、根本においては全く同一の悩みを。新しい世紀に入ってから、私の取りあげた最初の子供は、ある簿記係の家庭に生れた子である。その家庭...「助産婦の手記」14章「御婦人というものは、女王でなければなりません、王冠を戴いていなければならない。」

  • 主はエルサレムをご覧になり泣かれました。エルサレムの崩壊を思って。それは、私たちにも起こりうることです。私たちが生きている時代が、どのような時なのか、将来私たちに何が迫っているのかを知ってください。

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2020年8月2日は聖霊降臨後第九主日です。私たちの主はエルサレムをご覧になり泣かれました。「ああ、イエルザレム、もしこの日に平和をもたらすはずのものを、おまえが知っていたら…」と。今日のこの福音を黙想いたしましょう。ユダヤの民は主の特別な愛の対象であり、恵みに次ぐ恵み、憐みに次ぐ憐み、奇跡に次ぐ奇跡を受けてきました。しかし、もしも愛された民が天主の愛を忘恩と冷淡とで返し続けるなら、恵みと憐みは無限には続かないことを示しています。もしも天主があれほどまで愛されたエルサレムを崩壊するに任せたのなら、エルサレムの神殿が更地(さらち)になることを許したのなら、それは、私たちにも起こりうることです。「テレワーク」方式ではありますが、皆様にYouTubeで「聖霊降臨後...主はエルサレムをご覧になり泣かれました。エルサレムの崩壊を思って。それは、私たちにも起こりうることです。私たちが生きている時代が、どのような時なのか、将来私たちに何が迫っているのかを知ってください。

  • 「助産婦の手記」13章  「この教育のお蔭で、私の結婚生活が、とにもかくにも、太陽に満ち、そして私たち二人が喜ばしく、幸福であるということを、私は母に感謝しているのです。」

    「助産婦の手記」13章『小さな幼いキリスト様が、私のところへお出でになるんですよ。リスベートさん!どうか、その時のために、忘れないように私のことを書きつけて置いて下さい!』と、或る土曜日のこと、私がちょうど校舎を自転車に乗って通り過ぎたとき、教頭の奥さんが私に呼びかけた。私は自転車から飛びおりて、庭の垣根のところにいる彼女のもとへ行った。私が世紀の変り目に、一台の自転車を買い求めたことは、この村での最先端を行ったものである。この村の女で自転車に乗ったのは、私が初めてだった。初めのうちは、子供も大人も、すべての人々が道に立ちどまって私を眺めた。あたかも私が、時々村を引っぱられて通る歳の市の駱駝か、踊りを仕込まれた熊ででもあるかのように。男たちは、もうよほど以前から、自転車に乗って他所から工場に通っている。『今日で...「助産婦の手記」13章「この教育のお蔭で、私の結婚生活が、とにもかくにも、太陽に満ち、そして私たち二人が喜ばしく、幸福であるということを、私は母に感謝しているのです。」

  • 【再掲】第二バチカン公会議の徹底的検討を求める教皇ベネディクト十六世への嘆願書

    アヴェ・マリア!愛する兄弟姉妹の皆様、さて、イタリアの知識人たちが2011年9月に第二バチカン公会議の徹底的検討を求める教皇ベネディクト十六世へ嘆願書を提出しました。その日本語訳を作って下さった方がおられますので、ご紹介いたします。愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!***第二バチカン公会議の徹底的検討を求める教皇ベネディクト十六世への嘆願書<>和訳者補足教皇聖下、プラート教区司祭であり聖ペトロ大聖堂参事会員、さらに教皇庁立ラテラノ大学の元教会論教授にして、イタリア人神学者たちのうち最年長者として著名なモンシニョール・ブルネーロ・ゲラルディーニ(Mons.BruneroGherardini)は、2009年に第二バチカン公文書に関する批評的な討論、つまり冷静かつ公な方法で開かれる批評討論...【再掲】第二バチカン公会議の徹底的検討を求める教皇ベネディクト十六世への嘆願書

  • 【再掲】2015年7月31日 聖イグナチオ・デ・ロヨラの聖伝のミサ SSPX Latin Traditional Mass

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、5年前の記事ですが、再掲いたします。アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、8月15日の聖母の被昇天ですが、いつもミサ聖祭を捧げる新大阪のコロナホテルで、午後6時半からミサ聖祭(歌ミサ)を捧げるように予定が付け加わりました。8月16日主日には、大阪で聖伝のミサが二回捧げられる予定です。アジア管区長のシュテーリン神父様が訪問される予定です。また、9月6日の東京でのミサ聖祭ですが、都合により午後1時半からの開始の予定です。お間違えの無いようにお願い申し上げます。さて、今回は、7月31日に大阪での聖伝のミサの時の説教をご紹介します。日本に聖フランシスコ・ザベリオを派遣してくださった大恩人である聖イグナチオ・デ・ロヨラについてお話ししました。天主様の祝...【再掲】2015年7月31日聖イグナチオ・デ・ロヨラの聖伝のミサSSPXLatinTraditionalMass

  • 「助産婦の手記」12章 『もうまた』

    「助産婦の手記」12章『もうまた』と婦人たちが言った、『踏切番のお上さんが、また赤ちゃんを生んだ!全く恐ろしいことですね。今度のは、四番目ですよ。一番上のが、やっと復活祭に入学するというのに。それもまあ何とかよくなって行くでしょう。でも、こんなことは、非常な早婚の結果ですね……』『もうまた』と男たちも、ビールのテーブルを囲んで話し合った、『踏切番さんは、実際、気が狂っているよ。そんなに子供を作るなんて。』そこに坐っていた連中のうち、幾人かは、自分もそれに劣らぬぐらい子供を持っていた。ほかの幾人かは、次のことをよく知っていた、すなわち、自分たちに子供がそんなに多くないのは、ただ偶然であるに過ぎぬということ、そして自分たちの生活のやり方では、恐らく十ヶ月每に一人子供が生れ得るということである。当時は、まだ大抵の人々...「助産婦の手記」12章『もうまた』

  • 「助産婦の手記」11章 赤ちゃんは、実に天主の使者である。それはおのおの天主から特別の使命を受けて、この世に生まれて来る。

    「助産婦の手記」11章お産の後、四週間たつと、憐れな母親たちは、また工場に通った。彼女たちは、もしそれに該当する労働禁止規定が、そうすることを妨げなかったなら、もはや二週間後には、勤めに出たであろう。しかし、それでも、二三日ぐらいは、この禁止令に違反した。夫が失業しているときには、彼女たちは、何をなすべきであろうか?彼女たちは、大抵、よい女工であったから、工場では喜んで大目に見て、再び就業させた。また労働力の過剰ということも、今日ほどには大きくはなかった。最近、この冬に、私は六人の母親に分娩させたが、彼女たちは直ぐまた工場へ行った。生れた子供たちは、果してどうなるであろうか?私は、主任司祭とウイレ先生とに、このことについて相談した後、三人一諸に、工場主のところに行って、私たちの切なる願いを述べた。彼は、私が心配...「助産婦の手記」11章赤ちゃんは、実に天主の使者である。それはおのおの天主から特別の使命を受けて、この世に生まれて来る。

  • 2020年8月2日(主日)前後の聖伝のミサの予定:Traditional Latin Mass for August 2, 2020

    アヴェ・マリア・インマクラータ!--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します。最新情報は次のカレンダーをクリック年間の予定はSSPXJAPANMISSIONCALENDARをご覧下さい。今週末:2020年7月31日(金)8月1日(土)2日(主日)のミサの予定を再確定します。予定通りです。【大阪】「聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂」大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 EG新御堂4階〒532-0002(アクセス)JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分(地図) 7月31日(金) 17:30ロザリオ及び告解 18:00ミサ聖祭 8月1日(土) 10:00ロザリオ及び告解 10:...2020年8月2日(主日)前後の聖伝のミサの予定:TraditionalLatinMassforAugust2,2020

  • 「助産婦の手記」10章『さあ、あっちへ行って仕事をなさい! ここで見物している必要はないんです! お母さんも、あんた方のために一度はこんなことがあったんですよ。行きなさい―― みんなここから! 』

    「助産婦の手記」10章紡績と織物工場の数本の煙突が、空高くそびえて、黒い煙の雲を盛んに吐き出している。あたかもそれらの煙突は、工場が拡張されたことを知っているかのように、そして自分たちも、それに対して、実際何ものかを寄与しているかのようであった。繊維製品工場が、最近新たに付設された。いよいよ多数の労働者の群れが、かつては非常に静かだったこの村に移住して来た。近代工業のあらゆる暗い面があらわれて、私たちのかつては非常に透明だった空を暗くしていった。空には、陰気な黒雲が次から次へと作られてゆく。これに反して、セメント工場は、ひっそりとしている。その製品は、ちっともはけ口がなかった。そして倉庫には貯蔵品がいっぱい詰っていた。とにかく、それは優れた品質のセメントではないという噂である。この村の建築業者でさえ、そのセメン...「助産婦の手記」10章『さあ、あっちへ行って仕事をなさい!ここで見物している必要はないんです!お母さんも、あんた方のために一度はこんなことがあったんですよ。行きなさい――みんなここから!』

  • アメリカのテキサス州のジョセフ・ストリクランド司教は、今年の御聖体の祝日に生まれて最初の聖伝のミサを捧げつつ、深い感動を受けたとインタビューに答えています。

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、アメリカのテキサス州のジョセフ・ストリクランド司教は、今年の御聖体の祝日に生まれて最初の聖伝のミサを捧げつつ、深い感動を受けたとインタビューに答えています。「そこには畏敬の念以外の何物もありません。ただコルポラーレ(御聖体を置く特別の聖布)の美しさと、御聖体とカリス(聖杯)がどのように扱り扱われているかには、私は…[長い沈黙]、私はほとんど聖変化の言葉を発声することができませんでした。私は感動に包まれ、その聖変化の言葉に心を打たれてしまったからです」とテキサス州タイラー司教区の司教は、CatholicRegister紙の長いインタビューに答えました。「私が司教として体験した後では、ミサの特別形式の美しさのうちに、素晴らしくも、イエズスと会いに行くように全ての...アメリカのテキサス州のジョセフ・ストリクランド司教は、今年の御聖体の祝日に生まれて最初の聖伝のミサを捧げつつ、深い感動を受けたとインタビューに答えています。

  • 2020年8月2日は、聖霊降臨後第九主日(二級祝日 緑)です。聖伝のミサのラテン語と日本語・中文・韓国語の対訳のテキストをご紹介いたします

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2020年8月2日は、聖霊降臨後第九主日(二級祝日緑)です。【ミサ聖祭】本日の<密誦>では、すべてのミサにおいてわれらの救いが新たにされていることを記憶させる。神秘的秘蹟的に新たにされるこの事実は祈りの家なる聖堂で行われる。<聖福音>は、主イエズスが、いかに熱心にこの聖所を守り給うかを教える。聖堂においては、常に信心深いうやうやしい態度を持し、世俗的なわずらいを遠ざける潜心を有しなければならぬ。我们为得救,单独领受洗礼,仍嫌不足。人生是一个长期的试探;在这试探中,我们该显示我们的热爱与我们的忠实。在梅瑟的时代,全体的犹太人从埃及解放出来而经过红海;然而他们中凡不忠于主的,结果都死于旷野中而未到预许的福地。同样的凡放任私欲的基督徒,也必遭主摒弃,而不能进入天上...2020年8月2日は、聖霊降臨後第九主日(二級祝日緑)です。聖伝のミサのラテン語と日本語・中文・韓国語の対訳のテキストをご紹介いたします

  • 2020年7月26日は、聖霊降臨後第八主日(二級祝日 緑)です。聖伝のミサのラテン語と日本語・中文・韓国語の対訳のテキストをご紹介いたします

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2020年7月26日は、聖霊降臨後第八主日(二級祝日緑)でした。【ミサ聖祭】聖霊と聖寵とによって、われらは、霊的に復活して天主の子となった。しかしわれらは未だに、たえず悪の方へとさそわれている。故に、天主の恩寵にしたがって生きるためには、たえずキリストによりたのまねばならぬ。主日ごとに信者が教会に集まるのは、より一層天主のあわれみをうけるためである。我们藉着圣洗而成了天主的子女,向天上永生的道路行进。当我们生活于此下土之时,我们当该奋斗,为制服那在我们心中常冲动着罪恶的倾向(书信)。我们必须不断向基督求援,为能度圣化而对天主绝对孝爱的生活。为这个缘故,我们每周该凭藉结合于祂的圣祭,来恢复我们的勇力。祂赐给我们自己的圣神,指导我们,并使我们常以天主子女孝爱的精...2020年7月26日は、聖霊降臨後第八主日(二級祝日緑)です。聖伝のミサのラテン語と日本語・中文・韓国語の対訳のテキストをご紹介いたします

  • 御受難の時に使徒たちが一緒になってイエズス様を捨てて逃亡した罪を償う為に、ファチマの聖母は、全ての司教と合わせて、教皇様がロシアを聖母の汚れなき御心に奉献する事を要求された

    2020年7月18日(土)御聖体降福式にて聖ピオ十世会司祭トマス小野田神父今日、洗礼を受けた方々の為にお祈り下さい。アルベルト君の為にお祈り下さい。洗礼を受けた方々が、御恵みを受けますように。ヴィガノ大司教の為にもお祈り下さい。元アメリカ教皇大使として、色々なコネクションもあり、色々な信頼できる情報を、正確な情報を入手しての上で、そしてバチカンの内部の出来事を一番よく知っている者として、身の危険をかけて、教会の危機を何とか救おうとしています。教会の危機をこうやって訴えるヴィガノ大司教の声を聞いて、多くの高位聖職者の方々が、特に教会を襲う危機のその本当の原因がどこにあるかを理解できますように。そして臆病にならずに、卑怯な態度を取らずに、天主に人生の最後に決算を要求される事を自覚して、自分の高位聖職者としての責任を...御受難の時に使徒たちが一緒になってイエズス様を捨てて逃亡した罪を償う為に、ファチマの聖母は、全ての司教と合わせて、教皇様がロシアを聖母の汚れなき御心に奉献する事を要求された

  • 本当の意味で「教皇様を愛する、教皇聖座に忠実である、カトリック教会を愛する」とは「イエズス様が作られたそのままの、聖伝の、一・聖・公・使徒継承のそのままを信じる」という事。決して変える事ではない

    2020年6月28日(主日)聖霊降臨後第4主日のミサ聖ピオ十世会司祭トマス小野田神父説教(大阪)聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。愛する兄弟の皆さん、御説教はYouTubeをご覧下さい。一言、話しをするのを許して下さい。今日は福音で、イエズス様は聖ペトロの舟に乗られました。ベネディクト十六世は、引退する際その直前に、「ペトロの舟は今、沈みかけている。舟のどこかしこからも水が入っている。沈没しそうだ。今このカトリック教会は、危機の状態である」と訴えました。愛する兄弟の皆さん、是非、カトリック教会を愛して下さい。聖ペトロ、その後継者、教皇様を愛して下さい。教皇様に、聖座に本当に忠実で、これを支持して下さい。教皇様を、教皇聖座を愛する、これを忠実に支持する、というのは、これを変える事ではありません。なぜかと...本当の意味で「教皇様を愛する、教皇聖座に忠実である、カトリック教会を愛する」とは「イエズス様が作られたそのままの、聖伝の、一・聖・公・使徒継承のそのままを信じる」という事。決して変える事ではない

  • モラルを低下させる『デ・モラリゼーション』(demoralization)『不安定化』工作は、KGBが驚くほどアメリカでうまくいっている

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2020年6月28日、聖霊降臨後第四主日に東京で録画した小野田神父のメッセージの書き起こしをご紹介いたします。聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。愛する兄弟の皆さん、来週の主日、7月5日は東京でミサがあります。是非このミサに、特に初土の信心をする為に来て下さい。初土で御聖体拝領を東京ではする事ができませんだけども、主日に、それに代わってミサに与って、告解をされて、それから御聖体拝領をして下さい。なぜかというと、説明します。まず、1917年7月13日に、マリア様は子供たちに、地獄のビジョンを見せました。その後で、秘密をこう語りました。第2の理由です。「今、多くの霊魂たちが地獄に落ちているビジョンを見ました。彼らを救う為に天主様は、この地上に、汚れなき御...モラルを低下させる『デ・モラリゼーション』(demoralization)『不安定化』工作は、KGBが驚くほどアメリカでうまくいっている

  • カトリック教会に、教皇様、司教様、司祭、修道者、そして信徒の方々を護って下さり、教会が、御聖体の柱に、マリア様の柱に、しっかりと結ばれますように。

    2020年6月19日(金)至聖なるイエズスの聖心の大祝日御聖体降福式にて聖ピオ十世会司祭トマス小野田神父しばらくの間、御聖体の内に真に在し給うイエズス様の聖心の御前で、礼拝と、感謝と、讃美と、罪の償い、そして私たちの必要な御恵みを乞い求めましょう。永遠無限の、全能の天主、この全宇宙の創造主が、罪びとである私たちの為に人となり、更に死を、十字架の死を受け、私たちに命を与えようと苦しまれて、更には私たちに御自分の御体を以って養おうと、御聖体として世の終わりまで留まり給う事を欲せられた、イエズス様の永遠の果てしない憐みと愛の前で、心から、感謝と讃美を申し上げましょう。愛して下さるこの御方が、どれほど偉大で、どれほど至福の、私たちを全く必要とされておられない方であるか。そして愛される私たちは、無に等しい、しかも天主に...カトリック教会に、教皇様、司教様、司祭、修道者、そして信徒の方々を護って下さり、教会が、御聖体の柱に、マリア様の柱に、しっかりと結ばれますように。

  • 信徒たちの心が砕けるように張り裂けるように傷んでいても、御聖体に対する敬意はあたかも禁止されているかのように、多くの教会、特に日本では、御聖体は軽蔑されています。愛の秘跡は、冷たくあしらわれています。

    「信徒たちの心が砕けるように張り裂けるように傷んでいても、御聖体に対する敬意はあたかも禁止されているかのように、多くの教会、特に日本では、御聖体は軽蔑されています。愛の秘跡は、冷たくあしらわれています。」2020年6月11日(木)御聖体の大祝日御聖体降福式にて聖ピオ十世会司祭トマス小野田神父私たちの目には見えませんけれども、御聖体の内には、イエズス様の御体・御血・御霊魂・御神性が真に在し給います。御聖体の内に真に在し給うイエズス様の聖心、極みないこの愛の御恵みを礼拝し、感謝し、そしてお愛し申し上げましょう。天主はこれほど、私たちの方に近寄り、私たちの傍に留まり、私たちを慰めよう、恵みを与えよう、祝福しよう、これほどまで小さく、御謙遜に隠れてまします、この愛の天主に、感謝と、礼拝を、御捧げ致しましょう。特に現代、...信徒たちの心が砕けるように張り裂けるように傷んでいても、御聖体に対する敬意はあたかも禁止されているかのように、多くの教会、特に日本では、御聖体は軽蔑されています。愛の秘跡は、冷たくあしらわれています。

  • 「助産婦の手記」9章 『お医者さんへ使いをやりましたか。奥さんは死にますよ!』

    「助産婦の手記」9章二十四時間も私はウンテルワイレルの百姓のお上さんのそばに坐っていたが、お産はまだいつ終るとも見えなかった。陣痛は、来たかと思うとまた去った――そして、その憐れな女を非常にゆすぶり動かしたので、彼女は踏みにじられた虫のように、のたくり廻った。しかし、分娩はまだ始まらなかった。嵐は、まだ最後を目ざして力を集中することなしに、いつも衰えた。心配と、募る苦痛と苦悶との中にあること二十四時間――二十四時間というものは、長い長い時間である。もし人が、長い、暗い一夜を、苦痛のため、のたくり廻ったとしたならば、最後にやっと夜が明けそめて、日光がさして来るときには、いかに息を吹きかえすことであろうか。朝の活動の潮が、少しばかり寄せて来る。人々の往来がはじまる。彼等は、よく時々、非常に詰らないことを話しているこ...「助産婦の手記」9章『お医者さんへ使いをやりましたか。奥さんは死にますよ!』

  • 黙示録的なバチカンの異常事態は、天主が好まれない3つの理由のためです。罪の償いのための国際十字軍が始動されました。

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2020年7月26日、聖霊降臨後第八主日に東京で録画した小野田神父のメッセージをご紹介いたします。チャンネル登録をなさいますと、新しくアップされた動画の通知が届くので便利です。チャンネル登録は、ここ「SSPXJAPAN聖ピオ十世会日本」をご覧ください。黙示録的なバチカンの異常事態は、天主が好まれない3つの理由のためです。罪の償いのための国際十字軍が始動されました。

  • 【参考資料】カルロ・ヴィガノ大司教の駐米教皇大使としてのマーチフォーライフ(ウォークフォーライフ)を励ますスピーチ(2015年)

    アヴェ・マリア・インマクラータ!カルロ・ヴィガノ大司教の駐米教皇大使としてのマーチフォーライフ(ウォークフォーライフ)を励ますスピーチ(2015年)です。【参考資料】カルロ・ヴィガノ大司教の駐米教皇大使としてのマーチフォーライフ(ウォークフォーライフ)を励ますスピーチ(2015年)

  • 【参考資料】カルロ・ヴィガノ大司教の駐米教皇大使としてのクリスマス・メッセージ(2012年)

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様!カルロ・ヴィガノ大司教の駐米教皇大使としてのクリスマス・メッセージ(2012年)です。【参考資料】カルロ・ヴィガノ大司教の駐米教皇大使としてのクリスマス・メッセージ(2012年)

カテゴリー一覧
商用