Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた
住所
海外
出身
静岡県
ハンドル名
Fr Thomas Onodaさん
ブログタイトル
Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/thomasonoda
ブログ紹介文
聖伝カトリック信仰を守ったルフェーブル大司教をその伝記を通して紹介。聖ピオ十世会関連ニュースも紹介。
自由文
このブログを、天主の聖母、終生童貞なる聖マリアの汚れなき聖心に御捧げいたします。
更新頻度(1年)

277回 / 245日(平均7.9回/週)

ブログ村参加:2006/04/11

Fr Thomas Onodaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 4,877位 4,808位 4,746位 4,496位 4,131位 4,158位 4,177位 969,357サイト
INポイント 50 100 50 60 90 50 60 460/週
OUTポイント 110 170 60 60 150 120 70 740/週
PVポイント 90 130 90 400 100 150 100 1,060/週
哲学・思想ブログ 74位 71位 70位 65位 59位 60位 61位 12,853サイト
カトリック 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 120サイト
キリスト教 21位 21位 20位 20位 18位 19位 20位 808サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,755位 13,725位 12,958位 11,223位 10,178位 9,862位 9,821位 969,357サイト
INポイント 50 100 50 60 90 50 60 460/週
OUTポイント 110 170 60 60 150 120 70 740/週
PVポイント 90 130 90 400 100 150 100 1,060/週
哲学・思想ブログ 114位 132位 122位 103位 92位 91位 91位 12,853サイト
カトリック 2位 4位 4位 2位 2位 2位 2位 120サイト
キリスト教 60位 64位 62位 31位 26位 31位 34位 808サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 9,440位 9,620位 9,142位 9,024位 9,784位 9,649位 9,299位 969,357サイト
INポイント 50 100 50 60 90 50 60 460/週
OUTポイント 110 170 60 60 150 120 70 740/週
PVポイント 90 130 90 400 100 150 100 1,060/週
哲学・思想ブログ 83位 88位 83位 82位 87位 86位 84位 12,853サイト
カトリック 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 120サイト
キリスト教 18位 18位 18位 18位 18位 18位 17位 808サイト

Fr Thomas Onodaさんのブログ記事

  • 私たちは罪の鎖に縛られていた。聖母が助けてくれた。カトリック教会こそが、私たちを霊的な子供として養ってくれる孤児院だ。私たちが天国を相続する為に。

    2019年7月20日(土)証聖者聖ヒエロニモ・エミリアノのミサ聖ピオ十世会司祭小野田神父説教聖母の汚れなき御心聖堂にようこそ。今日は2019年7月20日、エミリアノの聖ヒエロニモのミサをしています。今日はこのミサの後に、日本と世界の平和を祈って、また多くの聖なる司祭が与えられますように、日本で聖ピオ十世会の修道院が、1日も早くできますように、特別な短い御聖体降福式を行ないたいと思います。特にマリア様の汚れなき御心に、これを捧げたいと思っています。この前7月13日と14日に国際シンポジウムがあって、フランス革命についてのお話が、専門の方々のお話がありました。日本からの教授や、フランスの教授、あるいはアメリカからの代表者の教授、アメリカの教授などが、色々な非常に有益な中身の濃い話をして下さいました。シンポジウムの内...私たちは罪の鎖に縛られていた。聖母が助けてくれた。カトリック教会こそが、私たちを霊的な子供として養ってくれる孤児院だ。私たちが天国を相続する為に。

  • 聖ピオ十世会 聖伝のミサの報告(2019年8月18日聖霊降臨後第十主日)SSPX JAPAN Latin Traditional Mass

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、8月18日(主日)には、兄弟姉妹の皆様のしもべはマニラでミサを捧げておりました。私の代わりに、毎月一回、マニラからフォルティン神父様が日本に行って下さることになり、老司祭のしもべにとっては肩の荷が少し軽くなった感じがしております。(^^;)大阪ではOurLadyofVictoriesCatholicSchoolのための第二献金を行ってくださり、八万五千円の寄付金が学校のために集まりました。大変感謝しております。聖霊降臨後第十主日の福音に出てくる二人について、兄弟姉妹の皆様のしもべもマニラで黙想しました。税吏は、とても軽蔑されている「非国民」とでも言われているような人でした。現代日本でも、それに相当する人がいるのかもしれません。でも口に出すのがタブーにされるよ...聖ピオ十世会聖伝のミサの報告(2019年8月18日聖霊降臨後第十主日)SSPXJAPANLatinTraditionalMass

  • 謙遜について : ピーター・フォルティン神父様 2019年8月18日聖霊降臨後第十主日の説教 

    2019年8月18日(主)聖霊降臨後第十主日の説教聖ピオ十世会司祭ピーター・フォルティン神父様本日の福音において、私たちの主は、私たちにけんそんについての美しい教訓を与えてくださっています。このメッセージは、このあわれな罪びと、すなわち税吏(みつぎとり)にとって喜ばしいものですが、この高慢な男、すなわち自分のことを実際よりも良い人間だと思っているファリザイ人にとっては警告を与えるものです。このたとえにおいて、私たちの主は、けんそんな罪びとの方が、自分のことを聖にして義であると思っている高慢な男よりも嘉せられるということを明確になさっています。これらの二人の男を見ることで、教会はけんそんの徳の重要性を強調したいと望んでいるのです。福音にでてくるこの二人の男を比べると、例えば、天主に対する敬意や寛大さのような他の聖...謙遜について:ピーター・フォルティン神父様2019年8月18日聖霊降臨後第十主日の説教

  • 聖ピオ十世会日本 聖伝のミサ(トリエント・ミサ、ラテン語ミサ)の報告 SSPX Japan Traditional Latin Mass

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、聖母の被昇天のお慶びを申し上げます。いかがお過ごしでいらっしゃいますか?今年は、残念ながら日本での御ミサと聖母行列はありませんでした。ニュースによると、西日本に台風が直撃したとのことで、ミサがあったとしても聖母行列は難しかったかもしれません。8月11日と12日には大阪で聖伝のミサを捧げました!ご報告を頂いたのでご紹介いたします。愛する兄弟姉妹の皆様のしもべは、8月13日から16日までソウルでのミッションを行っております。天主様の祝福が豊かにありますように!トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)【報告】アヴェ・マリア・インマクラータ!御ミサの報告をお送り致します。8月11日(聖霊降臨後第9主日)には29人、8月12日(月)聖クララのミサには19人が御ミサに与...聖ピオ十世会日本聖伝のミサ(トリエント・ミサ、ラテン語ミサ)の報告SSPXJapanTraditionalLatinMass

  • 聖ヴィンセンチオ・ア・パウロは、愛徳と信仰によってこの世に打ち勝ち、たった一人で、フランス革命が起こるのを遅らせた。

    2019年7月19日(金)証聖者聖ヴィンチェンチオ・ア・パウロのミサ聖ピオ十世会司祭小野田神父説教聖母の汚れなき御心聖堂にようこそ。今日は2019年7月19日、聖ヴィンセンチオ・ア・パウロ証聖者の祝日を祝っております。今日この御ミサの後で、いつものように感謝のお祈りがあり、その後にいつものように聖務日課の終課を皆さん一緒に祈りましょう。明日も10時半からミサがあります。聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。愛する兄弟の皆さん、聖伝の御ミサにようこそ。このラテン語のミサは世界で、キリスト教と名前が付く典礼の中で一番歴史の古いものです。ローマの最も初期の時代から、このミサがこの形で行なわれていました。特にこの中核の典文、「カノン」と言われている部分は、言語学者によれば、「おそらく聖ペトロに由来している」と言わ...聖ヴィンセンチオ・ア・パウロは、愛徳と信仰によってこの世に打ち勝ち、たった一人で、フランス革命が起こるのを遅らせた。

  • 2019年8月11日(主日)大阪の聖母の汚れなき御心聖堂の夕方6時のミサ

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様!8月11日の大阪のミサには29名の兄弟姉妹が与ることができました!天主様に感謝します!聖母の汚れなき御心よ、我らのために祈り給え!トマス小野田神父2019年8月11日(主日)大阪の聖母の汚れなき御心聖堂の夕方6時のミサ

  • 「罪の精神」「悪魔の精神」によって、人間の「命」のみならず、人間の「本性」「人間自身」が今、尊重されていない。ビルコック神父様霊的講話

    2019年7月15日(月)聖ピオ十世会司祭ビルコック神父様霊的講話「私たちが今やろうとする、この「マーチ・フォー・ライフ」というのは、単なる堕胎反対とか、あるいは安楽死反対とかだけではなく、命に逆らう全ての『文化』というものに対する、反対を表明するもの」同時通訳:小野田圭志神父親愛なる友人の皆さん、フランスでは数日前に、ある一人の人が亡くなりました。普通、多くの人は亡くなっています、毎日たくさんの方が数秒ごとに亡くなっています。この数日前に亡くなった人は、とても特別なケースで、ヴァンサン・ランベール(VincentLambert)という名前の人です。このヴァンサン・ランベールという方は、数年前に結婚した方ですけれども、車の事故で非常に大きな負傷を負って、そして植物状態になりました。このヴァンサンさんは10年間、...「罪の精神」「悪魔の精神」によって、人間の「命」のみならず、人間の「本性」「人間自身」が今、尊重されていない。ビルコック神父様霊的講話

  • 聖ピオ十世会日本 聖伝のミサ(トリエント・ミサ、ラテン語ミサ)の報告 SSPX Japan Traditional Latin Mass

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、聖母の被昇天が近づいていますね。いかがお過ごしでいらっしゃいますか?8月2日(初金)には、大阪でミサの後、顕示された御聖体の前で聖時間を過ごしました。8月3日(初土)には、初土の信心を、顕示された御聖体の前で行いました。8月4日、東京で御聖体降福式を行い、11月に日本に来られる教皇様のために特に御捧げしました。8月4日には東京で生まれたばかりのマリーちゃんが洗礼を受けました。8月5日には岩国で生まれたアラベルちゃんの洗礼式を行いに、岩国に出張しました。聖ピオ十世会日本の記録によると、2019年には今までに、14名の方々が洗礼を受けました!天主様に感謝!Photocreditご報告を頂きましたので、愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。天主様の祝福が豊かにあ...聖ピオ十世会日本聖伝のミサ(トリエント・ミサ、ラテン語ミサ)の報告SSPXJapanTraditionalLatinMass

  • 私たちは今現在、天主を非常に深く侮辱している世界に生きている。天主様の憐れみを求めて、私たちの声を公にする。

    2019年7月15日(月)聖母の汚れなき御心の随意ミサ聖ピオ十世会アジア管区長サマース神父様御説教同時通訳:小野田圭志神父聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。親愛なる神父様、そして兄弟の皆さん、ここにいらっしゃる皆さん、今日は東京で素晴らしい日です。ミサのいけにえを捧げるのみならず「天主様の憐れみを求めて、私たちの声を公に為す」という日だからです。私たちはこう言うかもしれません、「プロ・ライフのマーチで行進で、何故、天主の憐れみが必要なのか?」しかしこのマーチは、私たちに基本的な真理を教えてくれる、思い出させてくれるものです。つまり「私たちは今現在、天主を非常に深く侮辱している世界に生きている」という事です。私たちは例えばこういう事を知っています、「堕胎」と言われている殺人が行なわれている事によって、今...私たちは今現在、天主を非常に深く侮辱している世界に生きている。天主様の憐れみを求めて、私たちの声を公にする。

  • 「もしもあなたたちの正義が、ファリサイ人たちのそれに勝らないならば、天の国には入れない。」私たちの主が要求する正義とは一体何なのか?

    2019年7月14日(主日)聖霊降臨後第5主日のミサ(荘厳ミサ)聖ピオ十世会司祭ビルコック神父様御説教同時通訳:小野田圭志神父聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。親愛なる兄弟の皆さん、まず私は小野田神父に、今日このミサを捧げる名誉を下さった事を感謝したいと思っています。そして私はこのミサを、皆さんの意向の為に、そして「日本におけるキリスト教世界の確立」という意向の為に御捧げしたいと思っています。特に皆さん、「忠実」を守って下さい。信仰を忠実に守って下さい。私たちの主イエズス・キリストに対する忠誠を守って下さい。そして今日福音が私たちに教えようとしている、この教えを忠実に守って下さい。まず今日福音では、私たちの主は使徒たちにこう言うのです、「もしもあなたたちの正義が、ファリサイ人たちのそれに勝らないならば...「もしもあなたたちの正義が、ファリサイ人たちのそれに勝らないならば、天の国には入れない。」私たちの主が要求する正義とは一体何なのか?

  • 飛行機からの富士山

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、今週は、赤ちゃんの洗礼式に岩国まで行って来ました。その時見えた富士山の写真をご紹介いたします。天主様の祝福が豊かにありますように!トマス小野田神父帰りの富士山岩国の眺め岩国城から錦帯橋行きに見た富士山飛行機からの富士山

  • 飛行機からの富士山

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、今週は、赤ちゃんの洗礼式に岩国まで行って来ました。その時見えた富士山の写真をご紹介いたします。天主様の祝福が豊かにありますように!トマス小野田神父帰りの富士山岩国の眺め岩国城から錦帯橋行きに見た富士山飛行機からの富士山

  • 大修院長聖ヨハネ・グアルベルトのミサ: 私たちが相手を赦せば赦すほど愛徳に生きる事ができる : ビルコック神父様御説教

    2019年7月12日(金)大修院長聖ヨハネ・グアルベルトのミサ聖ピオ十世会司祭ビルコック神父様御説教聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。親愛なる兄弟の皆さん、今日は私たちは聖ヨハネ・グアルベルトの祝日を祝っています。この聖人は、10世紀から11世紀の間に生きた方です。聖ヨハネ・グアルベルトは、この出来事で非常に知られています。ある日、家族の一員が暗殺されたのです。そして聖ヨハネはこの事を非常に心に深く傷付けられて、そしてこの事を、この犯人に対してとても怒りと憤りを覚えていました。ところである聖金曜日に、フィレンツェを旅している時に、この家族を殺した暗殺者に出会ったのです。ヨハネ・グアルベルトはお供の者たちと一緒に武器も持っていました。しかし暗殺者はたった一人で武器もありません。復讐の絶好の機会だと、剣を...大修院長聖ヨハネ・グアルベルトのミサ:私たちが相手を赦せば赦すほど愛徳に生きる事ができる:ビルコック神父様御説教

  • 御聖体こそが、私たちの霊的生活の中心であり、私たちの霊的な糧である : ガブリエル・ビルコック神父様御説教

    2019年7月11日(木)教皇殉教者聖ピオ一世のミサ聖ピオ十世会司祭ガブリエル・ビルコック神父様御説教同時通訳:小野田圭志神父聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。親愛なる信徒の皆さん、今日、私が皆さんの為にミサをする事ができるというのは大きな喜びです。そして私は皆さんの、司祭職に対する信心とその奉仕の心に、また御聖体に対する信心とその奉仕の熱情に、本当に感動して感嘆しています。この御聖体に対する大きな信心を是非、皆さんにしっかりするようにと、そのまま続けるようにと励ましたいと思っています。なぜかというと、この御聖体こそが、私たちの霊的生活の中心であり、私たちの霊的な糧であるからです。御聖体はまず、私たちを色々な面で養ってくれますが、まず「信仰」を養って下さいます。なぜかというと、御聖体の秘跡において、私...御聖体こそが、私たちの霊的生活の中心であり、私たちの霊的な糧である:ガブリエル・ビルコック神父様御説教

  • 2019年7月10日(水)聖なる七兄弟殉教者及び、童貞殉教者聖ルフィナと聖セコンダのミサ 

    2019年7月10日(水)聖なる七兄弟殉教者及び、童貞殉教者聖ルフィナと聖セコンダのミサ聖ピオ十世会司祭小野田神父説教親愛なる神父様、そして愛する兄弟の皆さん、聖母の汚れなき御心聖堂にようこそ。今日は七人の兄弟の殉教者のミサを一緒に黙想致しましょう。この殉教者では、婦人の、聖なる婦人のミサの書簡が読まれています。そして福音も少し殉教者とは違ったような読み上げがされています。なぜかというと、この七人の殉教者は兄弟で、聖フェリチタスというローマのお母さんの子供たちが殉教したその記念日なのです。162年、ローマ皇帝マルコ・アウレリアノ皇帝の下で迫害を受けて殉教しました。ローマでは非常に古代から、この殉教者たちを祝ってきました。ですから子供たちの殉教の為に、そのような子供たちを育て上げたお母さんの事が、既にミサで祝われ...2019年7月10日(水)聖なる七兄弟殉教者及び、童貞殉教者聖ルフィナと聖セコンダのミサ

  • 2019年8月7日(初水)「聖ヨゼフの七つの御喜びと御悲しみ」について黙想しましょう。

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2019年8月7日(初水)「聖ヨゼフの七つの御喜びと御悲しみ」について黙想しましょう。聖ヨゼフの7つの苦しみと喜び1 ああいと潔き御母マリアの浄配、栄えある聖ヨゼフよ、御身のいと清き妻を失なわんと心に思い煩いし時の苦しみはいと大いなるものなりき。されど天使が御託身の玄義を御身に伝えられし時の喜びは、またひとしお大いなりき。御身のこの苦しみ、この喜びにより、今も臨終の時も我らの心を潔さ良心の喜びと、イエズス、マリアのうちに自我を滅する尊き御身の心を示し、我らを慰め給え。2 ああいと幸いなる保護者聖ヨゼフよ、御身は人となり給いし御言葉の潔き養父の位にあげられたれども、御身は幼きイエズスがいと貧しき中に生まれ給うを見て大いに悲しみ給いしが、天使らのたえなる歌声を聴...2019年8月7日(初水)「聖ヨゼフの七つの御喜びと御悲しみ」について黙想しましょう。

  • 革命とは何なのか?革命とは、憎しみ、そこにおいて人間が同時に王と神ではない秩序に対する憎しみ、天主の権利を無視する人権宣言、天主の上ではなく人間の上に成り立つ社会の土台、天主の玉座についた人間である。

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、2019年7月13日から14日の二日にわたって開催された国際シンポジウム「1789-2019、230周年を機に、フランス革命を見直そう」で、開会言葉をさせていただきました。愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。天主様の祝福が豊かにありますように!トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)尊敬すべき神父様がた、お集まりの皆様、おはようございます。本日は、フランス革命に関する特別に造詣の深い講師の方々に来ていただき、私どものもとにお話しくださる機会を得たことは大変な名誉であります。私たちが今生きている現代世界において、天主が確立した自然の秩序を破壊しようとする試みがますます多くなっているのを目の当たりにしております。すなわち家族や婚姻とったものが、天主の掟を考慮...革命とは何なのか?革命とは、憎しみ、そこにおいて人間が同時に王と神ではない秩序に対する憎しみ、天主の権利を無視する人権宣言、天主の上ではなく人間の上に成り立つ社会の土台、天主の玉座についた人間である。

  • ポルトガルの聖エリザベト女王、寡婦。女王、家庭の母、国民の模範的な母: 生まれた時に「平和の為の仕事が始まった」

    2019年7月8日(月)寡婦聖エリザベト女王のミサミサの前のお話聖ピオ十世会司祭小野田神父様今日は、聖エリザベト女王、寡婦のミサです。1271年に生まれたポルトガルの女王、家庭の母、国民の模範的な母です。ポルトガルの聖エリザベトに、集祷文では、「平和を与えて下さるように」天主に祈ります。聖エリザベトが生まれた時から、ポルトガルの王たちの間の、あるいは国民たちの間の平和を得たからです。生まれた時に「平和の為の仕事が始まった」と言われています。なぜかというと、生まれたその時に、仲の悪かったいがみ合っていた、自分の父親とおじいさんが、その喜んだあまり仲良くなったからです。若くして、ポルトガルのディオニジウス王と結婚します。人民の為に、そして王の為に、天主の為に、非常に敬虔に尽くしました。子供を天主の畏れの内に教育しよ...ポルトガルの聖エリザベト女王、寡婦。女王、家庭の母、国民の模範的な母:生まれた時に「平和の為の仕事が始まった」

  • キリストの神秘体であるキリストの教会とは、カトリック教会である。カトリック教会こそ、乗らなければ私たちが救われない舟。「沖に出よ。魚を救え。多くの魚をこの舟に乗せよ。」

    2019年7月7日(主日)聖霊降臨後第4主日のミサ聖ピオ十世会司祭小野田神父説教聖なる日本の殉教者巡回教会にようこそ。今日は2019年7月7日、聖霊降臨後第4主日のミサをしております。今日お知らせがあります。1つは、良いニュースです。5月の第3の主日に、大阪で私たちは聖母行列をしました。ファチマの聖母マリア様と一緒に。御聖堂からロザリオを唱えながら聖母行列をして、御聖堂の近くにある公園で、マリア様の前で、大阪の御聖堂と私たちを聖母の汚れなき御心に奉献する式の更新をしました。すると6月には、大阪の大司教様である前田枢機卿様の指導の下に、大阪教区を、マリア様の汚れなき御心に奉献する式が行なわれました。私たちはファチマのマリア様の事をよく黙想した時に、「マリア様の汚れなき御心こそが、天が望んだ、世界の平和の為の確実な...キリストの神秘体であるキリストの教会とは、カトリック教会である。カトリック教会こそ、乗らなければ私たちが救われない舟。「沖に出よ。魚を救え。多くの魚をこの舟に乗せよ。」

  • 私たちには教皇様の来日を準備するため以外にも、教皇様のために多く祈る理由が多くありる

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、フランシスコ教皇様のために私たちの祈りを倍増しましょう。私たちには、教皇様の来日を準備するため以外にも、教皇様のために多く祈る理由が多くあります。PhotoCredit第二バチカン公会議後、教会の大混乱を見たルフェーブル大司教はこう言います。「教皇のために祈ることを拒否するなどということから遙か遠く、私たちは聖霊が、教皇が信仰を断言し擁護するために教皇に光と力とを与えてくださるように、私たちの祈りと懇願を倍増している。」来たる10月にローマで開催される"アマゾン・シノドス"が計画されています。その準備資料(InstrumentumLaboris)を分析して、元教理聖省長官であったミュラー枢機卿は「教皇といえども、公会議といえども、女性が司教、司祭、助祭に叙階...私たちには教皇様の来日を準備するため以外にも、教皇様のために多く祈る理由が多くありる

  • 教皇聖下の日本訪問が霊的なものとなるために、まず私ども日本の信徒らが霊的に祈りでもって準備をして教皇聖下をお迎えする

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、報道によるとフランシスコ教皇聖下は今年の11月下旬に日本を訪問されます。教皇様は、キリストの地上における代理者ですから、地上における最高の権威者が日本に来られるということは、私どもカトリック信徒にとって大きな喜びです。あたかも、1549年の聖母被昇天の祝日に、イエズス会の聖フランシスコ・ザベリオが教皇の公使として来日し、カトリック教会の発展のための計り知れない成果を上げたように、今回の教皇聖下の来日が、より霊的なものとして、より実り豊かなものとなることを望みます。教皇聖下のご訪問が、ますます霊的なものとなるために、まず私ども日本の信徒らが霊的に祈りでもって十分に準備をなし、教皇聖下をお迎えすべきだと考えます。そこで私ども聖ピオ十世会日本では、教皇聖下のご来日...教皇聖下の日本訪問が霊的なものとなるために、まず私ども日本の信徒らが霊的に祈りでもって準備をして教皇聖下をお迎えする

  • 【質問】 新しいミサ(Novus Ordo Missae パウロ六世のミサ)は有効か、無効か?ルフェーブル大司教の答え

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、ご質問をいただきましたので、ルフェーブル大司教のお答えをご紹介します。【質問】新しいミサ(NovusOrdoMissaeパウロ六世のミサ)は、有効でしょうか、それとも無効でしょうか?【お返事】結論を先に言います。結論は「新しいミサが無効であることは証明されていない」です。これがルフェーブル大司教と聖ピオ十世会の考察の結果です。(ここでは「有効」とは「聖変化が起こる」、「無効」とは「聖変化が起こらない」という意味です。)これについては、WhatArchbishopLefebvresaidabouttheNewMassをご覧ください。1975年には、ルフェーブル大司教は新しいミサについてこう指摘しています。「新しいミサは、曖昧で多様な意味を持ちうる。何故なら、あ...【質問】新しいミサ(NovusOrdoMissaeパウロ六世のミサ)は有効か、無効か?ルフェーブル大司教の答え

  • キリストの花嫁たち 聖ピオ十世会の修道女会終生誓願式 アメリカ

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様!今年2019年4月28日、白衣の主日QuasimodoSunday、アメリカのミネソタ州のイエズスの聖心修練院で、二名のアメリカ人女性が着衣式を受け、二名のフィリピン人修道女らが終生誓願を立てました!日本からも多くの聖伝に従うキリストの花嫁たちが生まれますように!天主様の祝福が豊かにありますように!トマス小野田神父キリストの花嫁たち聖ピオ十世会の修道女会終生誓願式アメリカ

  • 聖霊によりて童貞マリアから生まれたイエズス・キリストを信じ奉る。聖霊は永遠の昔から御托身の道具としてマリア様を使う事を望み聖母を準備された。「無原罪の御孕り」だ。

    2019年7月6日(初土)聖母の汚れなき御心の随意ミサ聖ピオ十世会司祭小野田神父説教聖母の汚れなき御心聖堂にようこそ。今日は2019年7月6日、聖母の初土のミサをしています。今日このミサを、御聖体拝領を、マリア様の汚れなき御心への償いとして、このミサの後には、初土の信心、御聖体降福式を行ない、そして15分間の黙想も致しましょう。「マリア様の汚れなき御心に対して犯される罪を償う」という意向で捧げて下さい。とても良いニュースがあります。それは、5月の第3の主日に、私たちは聖母行列をして、大阪の私たちの御聖堂をマリア様の汚れなき御心に奉献し、その奉献を更新しました。聖母行列をした後にそうしました。先月は6月には、大阪の大司教区、前田枢機卿様のご指導の元で、大阪の大司教区がマリア様の汚れなき御心に奉献されました。私たち...聖霊によりて童貞マリアから生まれたイエズス・キリストを信じ奉る。聖霊は永遠の昔から御托身の道具としてマリア様を使う事を望み聖母を準備された。「無原罪の御孕り」だ。

  • 人類を裁くべき最高の裁判官イエズス・キリストの聖心には赦しと憐れみと愛のみで満たされていた。私たちの考えとどれほど離れている事か。

    苦しみの玄義第2玄義黙想2019年7月6日(初土)御聖体降福式にて聖ピオ十世会司祭小野田神父『苦しみの玄義第2玄義:この一連を捧げて、主が鞭打たれ給いたるを黙想し、聖母の御取次ぎによりて、罪を償う恵みを乞い願わん。』初土の信心として、15分間、ロザリオの玄義を黙想致しましょう。今日は7月は御血の、イエズスのいと尊き御血の聖なる月ですので、苦しみの玄義の第2玄義、イエズス様が鞭打たれ給う、そして全身で御血を流され給う、その玄義を黙想する事を提案します。イエズス様の聖心の、燃えるような私たちへの愛、この愛は、何をもイエズス様をひるませませんでした。どのような苦しみも、辛い事も、残酷な拷問も、喜んで受けて立つ、その愛で燃えていました。私たちがその受けるべき、肉の罪によって受けるべき苦しみを、罰を、イエズス様が全て、御...人類を裁くべき最高の裁判官イエズス・キリストの聖心には赦しと憐れみと愛のみで満たされていた。私たちの考えとどれほど離れている事か。

  • 来年の復活のロウソクを準備中です

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様!来年の復活祭のために、復活のロウソクを準備中です。天主様の祝福が豊かにありますように!来年の復活のロウソクを準備中です

  • 従順のために「黒」を「白」だと言う時、「個」としての私は、天主の御前で無罪なのか?

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、以前、巡礼者の小道さんは、信仰に反すること・信仰が禁止することを信じてはならない・行ってはならないと客観的に訴えている自分の良心の声を否定して、信仰に反すること・信仰が禁止することを「良いことだ」と教会の権威に従属させることが、天主の主権に従順であることなのか?従順のために「黒」を「白」だと言う時、「個」としての私は、天主の御前で無罪なのか?責任は問われないのか?ということを問うていました。====引用開始====仮に「黒」が「黒」であった場合、上への恭順心からそれを「白」であると捉えようとした私の過ちの咎及び責任は、自分個人に帰されるのであろうか。それとも、それは組織の中の権威側の責任とされ、私は一切の倫理責任から解放されるのだろうか。====引用終了==...従順のために「黒」を「白」だと言う時、「個」としての私は、天主の御前で無罪なのか?

  • 「カトリックの信仰」というのは「それが現実、本当、真理だから」それを「正しい、真理だ」と、同意すること。イエズス様の聖心の信仰もまさにこれだ。天主の人類への愛が真理だから

    2019年7月5日(初金)至聖なるイエズスの聖心の随意ミサ小野田神父説教聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。「そして、これを見た者がその証言をする。そしてこの証言は真実である。」Photocredit愛する兄弟の皆さん、聖母の汚れなき聖心聖堂にようこそ。今日は2019年7月5日、7月の初金曜日のミサを捧げています。今日この御ミサの後に、初金曜日の聖時間を設けて、御聖体の前でイエズス様の聖心を礼拝致しましょう。今日初金曜日ですので、イエズス様の聖心の黙想を致しましょう。聖ヨハネ・ユードの黙想を皆さんにご紹介したいと思っています。カトリックの信仰というのは、「自分の思う、自分が思うから、自分がこうあると都合が良いから、だからそうだ」というのではありません。「自分がこうであるに違いないと思っている、だからそれ...「カトリックの信仰」というのは「それが現実、本当、真理だから」それを「正しい、真理だ」と、同意すること。イエズス様の聖心の信仰もまさにこれだ。天主の人類への愛が真理だから

  • 聖ピオ十世会 聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ) SSPX Japan Traditional Latin Mass

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、大阪では7月19日(金)と20日(土)に聖伝のミサを捧げました。土曜日には、聖体降福式を行い、その後東京のシンポジウムに参加することの出来なかった方々のために、その時の講話の一つであったマリオン・シゴ(MarionSigaut)女史のお話しをさせていただきました。特にリヨンでの虐殺の史実を今回始めて知り、是非このことをお伝えしたいと思ったからです。マリオン・シゴ女史のお話の内容は、次の動画でも見れます。報告を感謝して頂きました。愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。天主様の祝福が豊かにありますように!トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)【報告】アヴェ・マリア・インマクラータ!大阪でのミッションありがとうございました。先週からシンポジウム、マーチフォーラ...聖ピオ十世会聖伝のミサ(トリエント・ミサラテン語ミサ)SSPXJapanTraditionalLatinMass

  • 聖ピオ十世会 聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)報告 SSPX Japan Traditional Latin Mass

    アヴェ・マリア・インマクラータ!愛する兄弟姉妹の皆様、聖ピオ十世会の聖伝のミサの報告を頂きましたので、愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。天主様の祝福が豊かにありますように!トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)【報告】AveMariaImmaculata!7月の所感をご報告いたします。7月13日・14日の東京でのシンポジウムのために、フランスから聖ピオ十世会のビルコック神父様とイエズス会のトマス神父様が来日されて、大阪では、9日から12日まで毎日3つの御ミサを捧げてくださいました。また14日には、アジア管区長のサマーズ神父様が大阪で主日の歌ミサを捧げてくださるために、東京の前に大阪にお立ち寄りくださりくださいましたこと、天主様に感謝申し上げます。私たち日本の信徒にとって、ビルコック神父様はお会いする前か...聖ピオ十世会聖伝のミサ(トリエント・ミサラテン語ミサ)報告SSPXJapanTraditionalLatinMass