chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
t_zionrogu
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/02/06

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 先週の休みに再チャレンジ

    先週、休みにもう一度生地から手作りピザにチャレンジし焼き加減を確認しながらあまり見栄えは良くないですが形にはなりもう一枚チャレンジピザ釜は良く出来ており火加減は良く焼き加減は良いのですがどうも具が多すぎてボリュームありすぎで・・見た目よりも食べ応え重視で

  • 鴨川納涼床の解体に

    先日、鴨川納涼床の解体に行って参りまして秋晴で晴天の中回りにも受け持ちされている各工務店が解体されているようでお昼休憩を挟み・・解体・積み込みが完了し皆さんで、解体した川床の材料を保管されている倉庫へ向かい片付け本日は終了に。明くる日に、電動工作機械一式

  • 屋根の増築依頼を

    ガレージのポリカボネード屋根を増築してほしいと言う事でいつも応援に来て頂いてる池さんと一緒にする事にもともと増築してある屋根をさらに羽を広げたように増築すると言う事で真ん中(棟)に柱を入れずにどうしようかと・・・樅の木一杯まで屋根を延長し桁に近い方には柱を

  • 三木の金物祭りを楽しんで

    朝7時出発にて三木の金物祭りに行って来まして丹波篠山を抜けて行く高速道路にて雲海がそこを抜けると快晴の天気で暑くなりそうな予感でして・・いつもの道の駅みきに車を止めて巡回バスにて向かう事に朝9時半頃に到着し既に初日の朝一にして沢山の人でびっくりでして1000円

  • 碓氷健吾氏・序の舞と坂田春雄氏・蘭を削り比べに

    以前、中砥仕上げまで進めてそのままに放置していた序の舞鉋の仕上げ研ぎを行いまして薄削りまで仕上げる事が出来なくてこのように削り花が割れる状態に60倍率の拡大鏡でも刃こぼれが解らなかったのですが10ミクロン近くまで絞って薄削りをしていくと削る花が割れ出した状態

  • 休みの日に工具の整備を

    販売中止になってしまったリョービの台反り電気かんなでして使い込まれていて刃の回転軸ベアリングが焼き付いて動かなくなり放置状態でしたので本格的に修理する事に本体を分解し状態を確認回転軸に付いたボールベアリングが焼き付いて動かなくモーター軸受けのベアリングか

  • システムキッチン取り替え工事を

    既存のシステムキッチン取り替え工事をする事に早速、池野氏に手伝って頂き解体工事が始まり手際良く工事が進み・・・午前中で解体撤去が完了にお昼から撤去したシステムキッチンを産廃屋さんに持っていく事に軽トラック3往復にて処分が終わり帰りがけの道中にて御神木を見

  • 玄関廻りの仕上げ工事に

    以前仕上げた檜の敷台を仕込みに行って来まして面皮付きの敷台に入れ込む事になっており綺麗に収める為には少し食い込ませて収めるよう加工する必要があり玄関廻りは特に気を遣うところで・・ジュラク仕上げになっている壁も腰板を貼る仕様に変更する事になり床材・敷台全て

  • 屋根の改修工事 2件まとめて

    美山のある現場にて、昨年の大雪にて垂木が折れてこのような状態に・・下屋根の瓦も落ちてきた瓦でこのようにひび割れていて応急的にシートが被せてありまず見積りをさせて頂き後日改修工事にと言う事で・・瓦屋さんに瓦を降ろして頂き解体から・・母屋まで野地板をめくれる

  • ファックス台の製作と敷台の仕上げを

    ファックス台キャビネットのサイドパネル製作から木取りを開始し檜材3枚接ぎにて製作し天板には良杢の南洋材を使用共木を2枚接ぎし底板と棚板2枚も接ぎを終えてサイドパネル脚部の加工も治具を製作し加工を終えキャビネット棚板用ダボを埋め込んで可動棚に全て鉋とサンダ

  • 八王子在住 重利 寸八 鉋の研ぎを

    最近手に入れました八王子在住 重利の鉋でして以前から、気になっていた鉋になります。一枚鉋の綿帽子仕様になりまして購入した方にお聞きしまたところ青紙鋼と言う事でした。銘の入り方に趣を感じ佐藤利美さんと言う刀匠の方が作られたと言う事で動画サイトにて刃物作りの

  • ハイエースの黒煙修理にかかり

    以前から所有するハイエースの排ガス黒煙がひどく後続車にご迷惑おかけしてまして乗ることを諦めて少し修理する事に・・と言う事で、まずは触媒マフラーを取り外して交換するかどうか排気シャッターバルブの点検の為に取り外してこのような感じでシャッターバルブを点検して

  • 八畳間のリフォーム工事が完了に・そして太鼓のバチ作りに

    押し入れ内部のベニヤ貼替えが完了し新品のようになったところでフローリングもカバ桜の無垢材に貼替えが完了し壁は、珪藻土を左官屋さんに仕上げて頂いて数日ですっかり新築のように簡単にリフォームが完了こういうのも手軽に出来て良いように思います。と言う事で・・・太

  • アウトドア ピザオーニ プロ UU-PO8100が届きましたて

    先日購入したピザオー二を使用してみました本格的なピザが焼けて楽しめると言う事で自宅用に早速自宅に転がっている薪にて火入れをしてみまして火付きも良くて前蓋を閉めると直ぐに350°近くまで温度が上がり早速ピザを焼いて見ることに・・・準備に手間取り辺りは真っ暗の中

  • テレビ台製作と飛沫防止パテーション

    サッシの窓枠取り付けに檜の化粧材を削るところで八重樫潤一さんの宗秋を使用し研いでいて気づいたのですが刃先の研ぎ角が30°近く立っていて堅木の削り用に使っておられたのか?調子を高くすると、引きが少し重たいようで・・調子を出来るだけ低く削ると檜が大変良い艶に仕

    地域タグ:京都府

  • 外部塗装と縁側床貼り替えを

    脱衣場に洗面化粧台の設置も完了しキャビネットと床養生も取れてスッキリしたところで外部の柱・梁・軒天・垂木と弁柄色の塗装補修をする事に・・池さんにお手伝い頂いて養生から弁柄の色合わせをした塗料を作って塗装工事を開始し塗装が進むなか結露で床染みが出来ているの

  • 脱衣場の仕上げ工事から外壁仕上げまで

    洗面化粧台設置の為、配管の立ち上げとキッチンパネル貼りまでが完了し内壁と天井に珪藻土を塗ってもらう事に・・と言う事で左官屋さんに仕上げて頂き綺麗な白壁に仕上がり脱衣場の環境としては、脱臭・調湿と言う事で良い仕上がりになり外壁工事にタイルを貼って頂く事で・

  • ユニットバスの改修工事を

    ユニットバスの入れ替え工事と言う事で脱衣場のリフォームも含めてさせて頂く事に床の段差が57mmあるので現状の床から新規の床を作っていく事にまずは、ユニットバスの解体を終えて新規のユニットバスが収まるかを確認天井高や浴暖との兼ね合いを確認し脱衣場の天井も解体し

  • 美山川と上桂川の網解禁に

    21日に美山の鮎網が解禁になり行って参りましてこの日は、バーべキューも兼ねての鮎捕りだったので15匹程度でして、美味しく頂きました今回初めてASMOKEと言うグリルを使いましたがなかなかの優れもので、スペアリブなどの厚肉も柔らかく香ばしく手軽に焼けて良いアイ

    地域タグ:京都府

  • サイドカウンターとテレビ台が完成

    テレビ台下の収納用天板に檜材を使用することで加工を開始し寄木にて一枚板に加工を終えてテレビ台の脚となる部材の加工を開始ビスケットジョイントにて組み立てボンドが乾くのを待つ間テレビ台の天板となる桜材一枚板の加工を虫穴が少しあったので、共木材(同じ原木の材料

    地域タグ:京都府

  • テレビ台と作リ付けの天板製作

    テレビ台天板を削る為の治具を組み立てる所から側板を取り付けて削り台のレベルを合わせて天板のレベルを揃えて均等に削り出せるように合わせて削り台の治具を乗せルーターに刃を取り付けセット完了徐々にルーターの刃を下ろして削る事1時間木表が水平にまた均等に削り出しが

    地域タグ:京都府

  • 四代目 刀匠 八重樫潤一 宗秋銘 寸八 鉋 

    ご縁があり新しく手に入れた宗秋銘になる八重樫打刃物製作所の鉋で白紙1号のようでして・・早速裏金から研ぎ始めて2時間裏切れするところでしたので裏出しを行った状態でここから30~40分かけて研ぎ進めて・・2段研ぎまで終えてしっかり作込んである裏金で銘の入れ方、焼き入

    地域タグ:京都府

  • 安曇川の支流北川の引っ掛けに

    先日友人と北川へ鮎の引っ掛けに行ってきましたナンバー37とあり、このチケット売り場で37人目と言う事のようで・・初めて入る川でして入川道が解らず川の様子を見ながら下りやすい所を探して始めてみることに・・解禁日の翌日でしたので人は少なく地元の方に聞くと初日は多

  • ラスト1週間追い込んで室内完成に

    工場作業にて巾木の加工を終えて押し入れの部材加工を開始中段・枕棚の材料を加工し4箇所分加工を終えて建具屋さんが使っていた油壺と鑿道具は後を継がせて使わせて頂いている物現場にて取り付けた中段と枕棚カウンター材の受け材を加工欅材にて曲線的に加工し足元が邪魔にな

  • 2週間前の追い込みにて

    腰板になるメラピー材の塗装を開始池さんにお手伝い頂き配膳用カウンター材の設置が完了キッチン前のプラスターボードを貼り終えてキッチンパネルも貼り終えてキッチンの施工待ちに・・腰板以外のボード貼りが全て完了し外壁工事にていつもお世話になっている左官屋さんに漆

  • カウンター天板仕上げに

    配膳用カウンター天板の仕上げ塗装を始めウレタン塗装半艶消し仕様に屋外での作業になり虫との駆け引きをしながらの塗装で仕上げ塗装には大変気を遣いますこちらは対面式のカウンター天板で塗り立ては艶々しいですが表面が乾き出すと艶がうっすら消えていき落ち着いた仕上が

  • 現場は大工さんに任せて造作大工を

    メラピーブロック材を腰板加工する為積み込み建具屋さんと共にバンドソーにて挽き割りをする事に・・続いてサッシ枠の造作を栂の無地材にて加工も・・・プレーナー加工を終えてサンダーと鉋で仕上げオイル塗装まで6箇所サッシ枠の取り付けを終わらせて現場では・・M氏に床貼

  • 8月21日 久多川の引っ掛け解禁日に向けて

    休日に鮎の引っ掛け竿を新調する為船釣り用リール竿を加工する事に必要のない竿の糸通しガイドをジスクサンダーにてカットし穂先もカットし引っ掛け用針にゴム糸を通して穂先に取り付けるガイド用として別のグラスロッドを加工し通し穴を開けカットした穂先に取り付けしこの

  • 建具枠の製作を

    今回はメラピー材にて内装建具枠を製作する予定でブロック材を取り出してきまして木口をカットし手押し鉋がけから・・建具枠の木取りが出来たところでメラピー材に負けないように燕鋼の丹生山にて鉋がけを・・数本削ったところで早速切れ止んできましてメラピー材の材質によ

  • 床貼りの為に敷居の製作に

    敷居製作の為に建具の収まり寸法を確認し工場にて敷居の材料を加工今回はタモの無垢材を使用する事にVレールを埋め込む為の溝加工を施して仕上げにはESYAクリアオイルを塗装少しピンク色した天然植物オイルで匂いも少なく扱いやすい塗料でVレールは真鍮製を使用埋め込

  • 造作材の加工の前に

    本日、朝一応援にMさんに来て頂き天井下地を進めてもらいまして順調に進む中、敷居や開口部・サッシの枠材など計測している途中に今年発お目見えの羽を負傷した1匹の蝉が現れて柱にそっとしがみつき登って行くのを確認し何処かに・・その後、建材の買い出しを終えて工場にて

  • 数日間かかった壁下地が完了に

    レーザーにて壁の建ちを確認しながら部屋のカネ手(直角)も合わせつつ胴縁下地やむつ割りを打っていく作業にカウンター部分や収納庫などこのような壁下地を数日間かけてコツコツと作っていく事に・・天井も寸三下地にて作業が進み1室完了し床貼りの準備の為敷居の寸法取りを

  • ちょっとの時間どきに序乃舞の研ぎを

    裏金は以前仕上げてあるので鉋身の仕上げ研ぎをする事に中央部分が裏切れしかけていて裏出しが必要な状態なので少し叩き出してやる事に・・金床で少しずつ叩きながら金盤に1000番のパウダーを乗せて刃先の状態を確認しながらベタ裏にならないように慎重に作業を進めて慣れな

  • 間仕切り壁の下地作業に

    間仕切り壁の通りを墨出しし壁を作って行く事に・・開口部の垂れ壁と床下点検口の開口も開けてキッチンカウンターの腰壁部分も壁下地が完了太鼓梁の下にキッチンカウンターがくる予定で・・外部では、左官屋さんに下こすりをして頂いて次回中塗りに来て頂く予定で本日終了に

  • 床下断熱と床暖パネル設置

    床下断熱の取り付けを始めて断熱材を敷き詰めた後に防水シートを貼り床下地の合板の取り付けになりまして今回行程が多くて床暖パネルの取り付けにあたり断熱材の上に下地合板を取り付けて床暖パネルの設置に・・この状態で床暖パネルに乗ってもしっかり下地を入れたので安心

  • 基礎工事からサッシの取り付けを

    池さんには梁の磨き上げをお願いしまして私は勝手口があったところを解体して壁を作る為、まずは基礎工事をブロック基礎でも問題はなかったのですがモルタルミキサーを持ち込んでいたのでバラスを混ぜてコンクリート基礎をする事に型枠を外して見ると少し底の方にエアが抜け

  • 和太鼓のバチ作りに

    和太鼓のバチ作りの依頼がありまして以前檜材で大太鼓用に作りましたが中学生の娘には重いとご指摘されましてもう少し使いやすいように北山杉の芯材四方柾目にて作る事に・・以前、材木市場にて原木買いした端材が残っていたので、赤味の色濃く良杢の材料にて木取りから進め3

  • 田齋作の脇差し鑿が届きまして

    以前から購入を考えていました田齋氏作の脇差し鑿をついに手に入れる事が出来欅柄の杢目磨きを手に入れまして9分鑿か悩んだ末に8分鑿に革袋もオリジナルでかっこ良く作もしっかりしており・・地金を何層にも折り重ねて独特の杢目柄が現れており1つと同じ物はない作品に仕上が

  • 床組工事に進みまして

    オクトボーと言う床下に散布する防虫・防蟻剤を今回使用致しましてホウ酸系の安全な薬剤なので床組が出来たところから噴霧していき噴霧が完了したところで鋼製束の調整を池さんにお願いしまして建築金物の短冊プレートやコーナー用金物・筋交いプレートなどの取り付けもこな

  • 柱の差し替えから始まり

    柱の差し替えから始まりまして1つ2つと・・合計5箇所柱を入れて補強し床のシャクリから鴨居の目地を付けて化粧鴨居も入れて綺麗に収まったので材料の調達に昼から出かけて満載積み込んで現場へ搬入し明くる日に梁の加工を・・墨付けが完了し梁の加工には、又違った道具が必要

  • 解体5日目が終わり

    解体5日目を開始し、この部分の壁・天井の撤去が済み間仕切り壁の撤去も終えて一段落したところで・・鴨居を吊っている吊り束と言う部材の仕口になるのですが解るでしょうか?蟻ホゾを開けたところに横から竹を入れて鴨居を吸いつけるようになっています中央の縦穴は、貫材は

  • 解体4日目に

    Iさんに本日もお手伝い頂き天井の解体にかかり2人で進めるとスムーズに進み天井ボードを撤去し下地材の取り外しに出来るだけ天井を上げる予定なので下地からやり替える事で・・和室だった天井をめくると大きな松の梁が出てきました今回この梁を見せる事に磨いて仕上げると、

  • 解体作業2日目

    解体作業2日目Iさんに本日も手伝い頂きボード壁の撤去から始まりましてクロスを剥がしながら分別していきボード壁の撤去が完了したので土壁の解体にかかりまして間仕切り壁を解体し始め土壁が土のう袋いっぱいになり壁の撤去が完了致しまして片付けを・・これから天井・床の

  • 今日から新しい現場の仕事に・・

    リビング・ダイニングルームのリノベーション工事が始まりまして、キッチンが使用出来なくなるので仮設のキッチンを作るところから開始既存のキッチンを解体しランドリールームが御座いましてこちらにキッチンを移設するところで片付けを終えてこの現場からI氏さんにお手伝い

  • 花梨器トレー完成

    先日の続きでサンプルを作ったので量産出来るようにまとめて作業に・・・ルーターにて穴開けが完了し長さをカットトレー底面の加工を・・・昇降盤にて45度テーパーにカットし仕上げには、常三郎丹生山の鉋を使用し削り始めた所で・・トグルクランプがあるのを思い出し使いや

  • 今日は工房にて花梨のトレー製作を

    花梨のフローリング加工の続きで花梨材にて器のトレー製作をする事に・・手持ちの材料も少なくなってきた花梨の天板にて木取りをし前回作った治具にて墨付けを・・10皿のトレーを製作する事でボール盤にて少し浅めに(5㎜程度)センター部分のみ彫り込みを終えてルーターの刃

  • 縁側床張り替えと敷居の交換工事に

    縁側床張り替えと敷居の交換に行ってきましたまずは解体から始まり釘・ビスに気を付けながら少しずつカットして解体を進め今回断熱材も新たに入れて構造用合板12㎜にて捨て張りしフローリング材を貼り仕上げるので既存の根太も撤去し、やり替える事にところが、サッシにかか

  • 花梨フローリング仕上げ加工を

    フローリング材の塗装に使用するオスモウッドワックス容器の中で表面がどうしても保管中に固形化するので湯煎にて溶かして使用それでも全てが熔解しないので残った固形物は取り除きコテ刷毛にて塗装開始表面はサンダー仕上げになっているので白っぽく見えるのですがオイル塗

  • トイレの設置と庇の取り付けに

    クロスの貼替えが完了しトイレの設置をする事に止水栓と分岐を付けてトイレ用フランジの取り付けを終えトイレの組み立て設置を終えリモコン・手摺り・ペーパーホルダーと取り付けて水漏れがないか確認し設置完了に後日、土間打ちが完了したお宅で型枠の撤去を終えて前日の雨

  • 庭の土間打ちに

    庭の土間打ちを左官屋さんと一緒に行いまして生コンを一輪車にて運び入れが終わり左官屋さんに天端を慣らしてもらい後は左官屋さんにお任せして他の現場にてサッシの入替をさせて頂く事に・・シーダーシェイク貼りのログハウス風のお家でペア硝子内に汚れが出来て綺麗に掃除

  • 花梨フローリングの加工を

    今回は花梨無垢材のフローリング貼りをする事になりまして市販品のフローリング材は、かなり高価な為に手持ちの花梨材を床材加工する事に敷居も花梨の無垢材に交換するので手持ちの材料を全てプレーナー加工し表面の割れなどないか確認し木取りをするところから始まり敷居に

  • ゴールデンウィークも仕事に

    ある一日は朝6時頃から薪の配達に積み込みを開始全て積み込みが完了しドライブがてらにボチボチと出発しほぼ満載にて配達現場近くに到着しトイレ休憩に・・帰り道に近くの河川敷ではキャンプに来られてる方が大勢おられて平日は穏やかな場所ですがキャンプ場のような風景にと

  • 建材の買い付けに

    ゴールデンウィークに入り少し時間を取って建材の買い付けに名古屋へたまにドライブがてらに買い付けに行くのが旅行気分で、リラックス出来て・・・甲南サービスエリアにて朝一休憩に昨日は快晴で、渋滞が気になっていましたが上り方面はスイスイでドライブしていて気持ち良

  • 京都の風物詩 川床の設営に

    大工さん繋がりで今回初の川床設営に参加真夏日に近い暑い日になり朝一、もうすでに設置されてるところもあって鴨川の河川敷に車で入るのも許可が必要で早速骨組みの設置から始まり床受けの高さまで進みまして少し休憩に・・・川床設営に、ユニック車やクレーン車が立ち並び

  • 敷台設置と塗装に

    勝手口の足元に靴脱ぎ場と言う事で敷台を設置予め寸法は測って作ってきたのでガタつきがないように設置するだけで問題なく勝手口の足元にステップ台を設置足元のガタつきを調整してから動かないように固定し木製フェンスと色も合わせて・・前回玄関庇の鳥居部分の塗装をさせ

  • 敷台が完成し太鼓のバチ作りに

    敷台の天板が仕上がり面取り加工の終えてかさ上げする為と反り止めを兼ねて堅木を打ち付け・・ガタつきが出ないように少し中央付近を曲面カンナで削り出して四方4点で指示するように加工を施し勝手口の足元に設置の為塗装を施して汚れ止めと傷まないように完成させて・・少し

  • 今年の薪となる原木が到着し

    今年も薪となる原木が到着し合計4トン程になりまして早速薪割りを開始し玉切りし薪割り機で割っていき置き場がなくデッキの下に詰め込んでぎっしり満杯になった所でここまで片付けが進み後もう少し・・スッキリしたところでこれだけ割り終えた薪が残ったので必要な方にお届け

  • ステップと敷台作製

    建具屋さんに研いで頂いたプレーナー刃の付け替えを終えてセットしステップの作製にかかり檜の天板を接いで幅43㎝程ある奥行きのあるステップにビスケットジョイントにて接着し面取りを終えて天板が完成し脚部を取り付けてオスモオイルウッドプロテクターパイン色を塗装し乾

  • 下見に行く途中に

    広河原へ下見に行く途中桜の様子まだつぼみ膨らむ程度で、これから見頃を迎えそう今は、営業されてない広河原スキー場の様子で4~5日前まで所処根雪が残っていたようです。今年の雪の影響で屋根が傷んで主屋の方もトタンが剥がれてずれ落ちないように仮に突っ張りがされてお

  • 木製フェンス仕上げに

    もう一か所こちらにも目隠しに木製フェンスを設置する事に朝一 F師と共にさっと取り掛かり取付が完了に最終仕上げに真鍮の丸頭釘を打って物置き場は横桟のビス隠しに化粧プレートを打ってスッキリ仕上げて笠木の板金も取り付けが完了しやりにくい所も綺麗に収めて頂きこちら

  • 木製フェンス・格子の続きに

    こちらの目隠しも傷みがあり取り替える事に・・解体が終わりアルミの支柱が残った状態で支柱は使って修復作業にこちらはアヤメ貼りと言う形で正面からは見えないようになっていて斜めから見ると透かして見えると言う事で風は通るようで又、光の当たり方で中の板に影が出来照

  • 木製フェンス・木製目隠し工事へ

    経年劣化が進んだ目隠しに竹で塀が設置されている改修工事に行かせて頂き代車のレンタカーに満載積み込み家の桜も五分咲きの所いざ出発し朝一F師にも応援頂き解体作業にかかり両面竹が貼ってあって少し手間取りながらも・・いつもの写真役をしながら・・順調に解体が進み昼か

  • 急きょ軒天の仮補修工事に

    午前中に、見積りや図面の作製をする為建物の状態を下見に行かせて頂いたところ週末にはテラス席を作りたいと言う事で・・軒天の傷みがひどくなってきて仮補修の急きょ依頼がありどのように補修するのが良いかお客さんが来られてる中状態を確認させて頂きましてテラスの出入

  • 塗装を含めて数日作業場にて

    木製フェンスの塗装にオスモオイルウッドプロテクター使用にて沢山の塗装には刷毛ムラが出来にくくてスムーズに塗装が出来るコテ刷毛を使用する事に市販品で手頃な価格で手に入るのでお勧めですこれは木製フェンス図面です自分が解るように寸法も入れてあるので出来るだけ作

  • 次の仕事の段取りを

    竹で囲まれた目隠しフェンスや洗濯干し場のすだれ部分も目隠しの木製フェンスを設置させて頂く事に・・・と言う事で材料の調達が出来プレーナーにて部揃いを終えて骨組の材料も部揃いが整い今回、ほぼ檜材を使用し化粧となる木製フェンスには無節に近い材料で上品に仕上げる

  • ガルバニューム波板葺き替えが完了し

    曇り空の中、100㎡程の貼替え工事で数日F師に応援頂きましてカメラマン担当で、様子を撮影し順調に進みましたが小降りの雨が降り出すと波板の上には乗って作業が出来ず雨仕舞いだけでも進めて晴れの日に桁の一部が腐り落ちているので継ぎ手を作って1m程交換する事に墨付けを

  • 碓氷健吾 序乃舞 鉋

    鉋に興味を持ちだして生涯手にすることはないと思っていた鉋を手に入れる事になった。碓氷健吾さん晩年の作、序乃舞銘の鉋で勲六等瑞宝章を記念して作られた作品です使用されていた物でして以前、大工さんが削ろう会に参加するため購入し3ミクロンを目指して挑みましたが、6

  • 細かな仕事をコツコツと

    この2週間をまとめてみると見積りからリノベーション(間取り)を考え補助金の申請までたまっていた机仕事をこなしながら合間にある中華料理人様の依頼を受けて手軽に持ち運びが出来る位のサイズで使用する麺打ち台を作って欲しいと言う事で栂の杢目が詰まった柾目板が、倉

  • 応援仕事に行って

    次の仕事の見積り途中に応援仕事がありまして・・ポリカ屋根波板にポッカリ穴が開いていて傷みが進みこちらも樋が曲がって庇も傷んでまして・・こちらも次いでに取り替えを頼まれ樋もやり替える事に・・ポリカの解体を終えて垂木の一部も交換し桟木も取り替えて谷の板金も取

  • 内装工事が完了し

    キッチンパネルの下地ボードを一旦取り外して床貼りを完了させて壁際はボンド貼りのみで突っ張りで押さえて乾くのを待ち・・プラスターボードを元通りに取り付けてキッチンパネルの施工に夕方遅くでここまで。明くる日にコーキングまでの施工が完了しキッチンを備え付けしコ

  • 敷居が入り床貼りを

    一日応援仕事に行ってまして軒天材を交換に瓦の傷みで雨漏れがあり軒天材が傷み剥がし終わって化粧野地板の張替えをしルーフィングを貼り終えて後は、瓦屋さんに任せて・各部塗装も含めて早々に終わらせ敷居の鉋がけも終わらせ仕上がり軽トラに積み込んで早速4mの敷居が入

  • 換気扇の穴開けに

    外壁のこの部分に換気扇を取り付ける為穴開けに参りまして外壁の化粧板を剥がして見ると壁板を剥がすと下地の傷みが激しくて下地の取り替えからする事になり土台の入れ替えから柱の添え木もする事でジャッキで梁を持ち上げ解体し土台部分にアンカーボルトがないので迷いまし

  • 外壁・内装仕上げを

    サッシの枠材・巾木・見切り材にはイエローラワンを使用し内壁材は、簡単に杢目柄のプリント合板にて仕上げて外壁回りも仕上がりサッシ廻りのコーキングにはハイパーコークにて仕上げて工場にて・・敷居材の檜を仕上げる事にこちらの障子を交換する事で敷居も交換計測し両面

  • 外壁下地とサッシ取付

    週末は、足場屋さんに見積依頼をし新規の現場で待ち合わせ別の現場の下見に京都市内へ出向いてからの現場入りで夕方3時頃からの作業に壁下地を入れていきサッシの開口を開けてサッシ枠が入りもう真っ暗になり作業中の背中部分にはお墓が並ぶので、本日終了朝から水切り板金を

  • 傷んだ柱の根接ぎから

    既存柱のサイズを測り分合わせした柱材を用意し既存柱の仕口を加工差し替える柱の加工も足元には基礎パッキンを取り付けて20㎜程浮かせ水を受けないようにもう一箇所こちらも床下に潜り込んでの作業で仕口の加工をしこちらも基礎パッキンを足元に取り付けスライドさせてこれ

  • 勝手口ドアの加工を

    勝手口ドアの足元を塞いでドア框が入るように整えて外部の土台部分には防腐・防蟻剤を塗装し板金で雨仕舞いをし勝手口の土台も板金で包み込んで作業場で勝手口ドアの枠材を作り現場で仕込みが完了框材も入り扉を加工し取り付けて手が掛かりと戸当りも取り付けが完了キッチン

  • 床下地が完成し

    大引の仕込みが完了し今回ヒバ材を使用レーザーで高さ合わせをし以前使用した、床下材料に防虫防蟻剤の守り神を散布しシロアリ対策にもう1つ床下調湿剤を敷き詰めて今回特に湿気が酷かったので出来る限りの対策を施しておいて内地材杉の赤身が多い根太材を調達し部揃いを終え

  • 玄関框の仕上げを

    朝一から手鉋にて仕上げにかかり送り鉋にて手触りで確認しながら艶を上げていき檜の艶が美しく光が反射するくらいに・・木裏側は、床材を食い込ます為の溝を突いて見込み側も手鉋で艶を上げて仕上がりオスモオイルにて塗装し手垢止めに・・ベニヤ板で養生し昼から現場へ搬入

  • 床下の防水処理を

    床下の湿気がひどかったので防水シートと敷く事にして束石部分は切り抜いて出来るだけ湿気が上がらないように又、重ね代の防水テープも今回シロアリ対策の為フクビのアリダンを使用どれ位効果があるのか解りませんが・・玄関框の下地に大引きを入れて入口部分は土間コンクリ

  • 2日間材料の買い付けに

    家の前で朝一大雪の中、AM7時に出発今期一番の大雪に京都市内にも大雪警報が出されて高雄周辺もこのような・・右京区役所周辺も10㎝程は積もってるような・・そのまま京都東インターから高速に乗り四日市当たりでは雪の気配も感じない程の快晴でして長島スパーランドも天気良

  • 外壁回りの土台入替を

    土台を少しずつ切り取っていき外回りの土台を何とか壁を崩さずに取れないかチャレンジし壁と切り離す事が出来土台の入替が完了油圧ジャッキで柱を持ち上げてもう1箇所根接ぎを終えて耐震金物で補強し北側壁面を終えて東面の土台も入替の為に柱を持ち上げて2分割に切断何とか

  • 解体が進み床下の全貌が明らかに

    作り付けのシンクの解体を終えて水の神様に祈りを捧げておくどさんも解体する事でほぼ解体が完了しまずは、土台の入替と柱の根接ぎ作業をする為にだごだごの足元を慣らして作業場の確保を優先し砕石を一輪車で運び入れ束石を置く位置だけ土を余り入れずに作業場を確保したと

  • お寺の改修工事が新年の始まりに・・

    お寺の改修工事が今日から始まりまして室内のかた付けを終えて床の解体から始める事に以前床の改修工事をされてから数十年経つと言う事で傷みが進み大引きからやり替える予定で解体すると直貼りの床材裏には水滴がビッシリ付いていて湿気で濡れておりアピトンと言う床材のお

  • 年内最後の仕事に

    庇の柱と土台が傷んで屋根が少し傾いているようで修理してほしいと言う事で土台と柱の足元が腐朽菌に侵されて下がってきているようで又、屋根を支えている桁の仕口も水が回ってホゾ穴が傷んで下がっているようでレーザーにて確認したところ5㎝程傾いていることが解り修理する

  • ロームシアターへ解体撤去作業に

    朝一の風景にて朝陽に照らされて幻想的に本日解体のお手伝いに・・・朝10頃の撤去作業風景でスムーズに進み高所作業も順調にこの風景が・・夕方4時頃には全て解体出来撤去作業は明日行われる予定でお手伝いは終了にとあるお宅にて瓦の葺き替えも終わり妻壁の漆喰壁の傷みもあ

  • 屋根の養生に

    以前、屋根の状態を見せて頂いた建物でしてシートにて補修をされていましたがこの冬一番の前回の雪で浸透が進み養生する事に少し未だ雪が残る中、ホウキでかき落としてシート養生が始まり応援のM大工さんに手伝って頂き煙突の解体から一旦は塞いで雨仕舞い良くするところで屋

  • 雪が降って家仕事を

    朝一の雪景色でして今年初雪が降り30㎝ほど積もりまして雪かきから一日が始まり現場仕事はあきらめてスタッドレスタイヤの交換をしマイカーハイエースのドアミラーが届いたので交換する事に以前自宅で単管をキャリアから降ろす時に滑り落として取り付けベースが真っ二つに割

  • 煙出しの板張りに

    昔ながらのお家には囲炉裏の名残りで棟に煙出しの屋根がかかってまして瓦の葺き替え工事が完了後に焼き板にて壁を仕上げる事に今では使用する事はないのですが残すことになり雨仕舞をしっかりとする為焼き板下地を終えてから防水シートで囲んで焼杉を全面に貼り出隅の材料も

  • オブジェのようなものが完成に

    前日の様子は穏やかな感じでしたがあくる日は平安神宮前の広場で蚤の市が開催させていて賑わっています。その中組み上げが始まりドンドン高く積み上がり順調に進み上から見るとすり鉢状に大きさが解るかと・・・最終完成したのがこれでして左右に張り出し迫力が増した感じで

  • ある現場の応援に

    平安神宮近くのとある現場の応援に京都市美術館別館前にてこのようなオブジェ設置の応援に来ていまして未だどのような完成物になるのか解らないような・・夜は非常に綺麗な場所でして上から見ると形が解り躯体の加工から本日まででようやく半分近くまで組み上がりここから高

  • 足場の解体と最終仕上げに

    木工事が完了し足場の解体と撤去に伺いスッキリと片付いたところで頬杖の取り付けが残っており急きょ材料を準備し取り付けを完了させて足元をスッキリさせた所に水はけ対策と小さな隙間からの獣の出入り防止の為に砕石をまいて最終仕上げに綺麗に整い工事完了になりました。6

  • 木工事が完了に

    焼杉板を貼り進めてほぼ貼り終わったので見切り材を現場にて加工塗装し乾かしながらその合間に床下に吹き付けした家の守り神(白蟻防義材)守護神を新木の柱を含めて噴霧器で塗装し見切り材が乾き取り付け最終仕上げに水切り板金下に少し隙間が出来たので土を被せると柱の足

  • 外壁には焼杉板を貼る事に

    最終仕上げに焼杉板を貼る事に4m程の高さになる為足場を組んで壁の下地合わせに寸三を使いレーザーにて壁の下地を確認しながら調整し水切り板金を入れて防水透湿遮熱シートを貼り付けて上から焼杉板の下地材胴縁を打ち付けて細かく確認しながら止めていきレーザーで面合わ

  • 柱の根接ぎ残り3本も

    柱の足元の傷んだ部分をカットし仮柱を取り付けて紙を巻き柱の足元の形を紙にスクライバーにて写し取りぐるり一周4面癖を拾い仮柱を取り外して新木の柱材の足元に形を写し取ってこのような形でカットしていくことに同じくチェーンソー・丸鋸・鑿を使い心持ち中心部分をへこ

  • 古民家改修工事で柱の根接ぎをする事に

    今回は、柱の足元は腐っていて2箇所柱が宙に浮いている状態でこのままでは、いずれ家が傾く事になるので足元の一部を継いで補修してやる事にこの2箇所が特にひどく傷んでいて宙に浮いている状態でまずは状態を確認する為に足元の壁板をカットする所から始めて宙に浮いた柱

  • 破風板の取り付けに

    破風板が出来上がったので取り替えに行きまして軒天材も取り替えて欲しいと言う事で瓦を3列めくり上げてルーフィングもめくり上げて破風板を取り外す事にこのような状態でいつもお世話になっていますF師にも手伝って頂き軒天材を杉の無地板にて新品に交換し下から良く見える

  • 石油給湯器の取り付けに

    朝一の気温6℃のとある現場にて設備屋さんの応援で給湯器の取り付けに行って参りまして灯油タンクの入れ替えもあり組み立てし石油給湯器を取り外して追い炊きのアダプターと配管・混合水栓も取り外して混合水栓を仮付けし追い炊きの配管も取り替え完了風呂リモコン・台所リ

  • 破風板の加工をする事に

    破風板の交換を依頼されて早速、破風板の加工をする事に近くの製材所から杉の無地板4枚を用意して頂き早速加工を開始プレーナーにて厚さ30㎜に部揃いし巾270㎜に加工が出来て北面と南面どちらに使用するか木取りを決めて墨付けを開始少しむくらせての加工になり現場にて現況

  • 折板屋根の塗装が完了

    塗装がなかなか進まない中本日仕上げ塗装を朝10時過ぎから開始F師にも手伝って頂き晴天の中午前中は順調でしたが・・・昼から雲行きが怪しくなっていき2時半頃からポツポツとみぞれ交じりの雨で本日ここまでで・・明くる日も朝一は晴天で夜露で乾かず11時頃から塗装を開始養

  • 中塗り塗装が完了

    夜露も取れて10時頃から塗装が出来そうでしたので早速開始しかし雲行きが怪しくなり、時雨れてきてこの状態その後止むも又、2回目の時雨本日は進みそうにないので無理に塗装はせず退散秋晴れの空明くる日も夜露で塗装開始も10時頃から昼間は時雨れる様子もなく本日は順調に進

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、t_zionroguさんをフォローしませんか?

ハンドル名
t_zionroguさん
ブログタイトル
夢の丸太小屋に暮らす18年目~
フォロー
夢の丸太小屋に暮らす18年目~

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用