searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

rollingoverさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

 正直、このブログがアダルトだとしたら、川端康成なんてエロ小説もいいところで、学校の試験問題にしちゃいけませんwww。  嫁のこと、事実婚夫婦の生活で考えたことを綴っています。  

ブログタイトル
きゃわイイ女
ブログURL
https://rollingover.blog.jp/
ブログ紹介文
嫁がかわいい。綺麗で自慢の嫁だ。籍を入れてないから正確には嫁じゃないんだけど。もう何年一緒だろうか。いつも一緒。いつもカワイイことを言って俺を楽しませる。最近、綺麗だと言わないと文句を言う。そんなに言ったら減るじゃん。
ブログ村参加
2019/12/21
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、rollingoverさんをフォローしませんか?

ハンドル名
rollingoverさん
ブログタイトル
きゃわイイ女
フォロー
きゃわイイ女

rollingoverさんの新着記事

1件〜30件

  • コンドームの話

     コンドームというのは避妊としても性病予防としても一番の道具だろう。 今、様々なクスリが出ていて、もはやエイズへの警戒感もないようだ。 ナマでするというのが割りと普通にされていると聞く。あのAVでさえそんなことをしている。 どうなんだろうか。 だがいくら死

  • 思い出、我々は避妊をどうしてたか

     嫁とは若い頃に知り合って、これまでずっと一緒に暮らしてきた。 これまでお互いに子供は欲しいと思ったことはないが、知り合った頃はまず安全なセックスというのが必要だった。 若いうち、まだ先のことも見えてないうちからの望まぬ妊娠など避けるべきだ。 責任という

  • 久しぶりの合体

     先日、久しぶりに合体ができた。 ことのほか嬉しいものがあった。 いい歳なので、お互いにリズムが合わないとできないというのがまずある。 それが合わなくてずっと延ばし延ばしになっていた気がする。 今回の合体できるまでは随分と苦労したものだ。 こちらはビンビ

  • 嫁はカラダが硬いんだ

     最近の嫁はヨガなんかやったりバレエのストレッチなんかをしている。 コロナ以降にできた習慣だ。 休眠状態のスポクラの会員権もまだ放置した状態。 お互いに運動不足が目立つ。 それでも、嫁は「開脚がある程度できる」なんて言ってイバってるw。 ヨガの鳩のポーズも

  • 嫉妬は怖い、ジリジリ来る

     スーパーの女。 そういえば昔、なんかそんな映画があったのを思い出す。 先日に話したスーパーのレジの子のこと。もちろんあれからもスーパーには行っているから見かける。 大きな体を揺らして能率がいい。見ていて気持ちがいい。 こんな記事だった。【陽気なデブはな

  • 嫁、石野陽子に嫉妬する

     正しくは「いしのようこ」さんです。 芸名をヒラガナに変えたらしい。 石野真子の妹。昔のアイドルだから今はすっかり熟女です。知らない世代も多いかも知れません。 この人のコントをちょっと動画で見ていた。 コントの相手は亡くなった志村けん。 この人が実に可愛

  • タートルネックのエロチシズム

     言ってみれば「隠れた逸材」という感じだろうかw。 それがタートルネックというスタイルだ。 ブーツ姿やミニスカート、ショートパンツ。もちろんボディコンや背中の大胆に開いたドレスも、女性には色んなセクシーなファッションの楽しみがある。 中でもタートルネックは

  • 嫁がねだる、エロいことして!

     酒を呑ませたらそんな風に嫁がからんできた。 「エロいことして!」ってw、ちょっと最近はまた酒癖が悪い。そろそろ断酒が必要だwww。 いわく、何かもっとロマンチックなエロいことがいいのだという。そういうのをクチで色々と言って欲しいのだという。 言葉か。 俺は

  • 陽気なデブはなかなか可愛い

     最近、よく行くようになった新規開店したスーパーのレジ、そこにデブな目立つ女性がいます。 そこそこ若い、30ぐらいでしょうか。 ふっくらした顔立ち。ショートカットでさっぱりしています。 俺はいつもチューハイと豆腐なんかを買うぐらいであまり余計なものは買いま

  • 人の悪口を言うのを嫌がる

     嫁は俺が人の悪口を言うのを嫌う。 とにかくとりなしたり怒って止めさせようとする。 男なら判かると思うが男は人をよく批判するだろう。時にはそれは強烈だ。他人の風体、態度、服装を見て小馬鹿にしたりもする。 あいつはクズだろう馬鹿だろう、きっとチョンだと罵り

  • むしろ女性に包容力が必要だ

     もうこの先、叶うことはないのだろうが、俺は女性へ甘え、号泣したいとずっと思ってきた。 これまでのこと、失望、失敗、後悔や懺悔、全てを許してもらうような抱擁に憧れた。 豊かな胸に抱かれオッパイの感触を味わい、頭をなでられて少年のように扱われたい。 そんな

  • 巨乳AVでガッカリ

     まあ、、、先日、俺は見たの(笑)。エロ動画をね(笑)・・・。 嫁が寝静まったら頃に見計らってねw。 付近を警戒しながら、パンツ下ろして期待して見た、そんな感じ(笑)。 世の男性諸氏というのは、遠からずそんな風にAVを見るものです。 それこそ、それは純粋に「

  • オッパイ話と世界遺産

     自分自身、巨乳好きではあるのだが、別に大きければいいというわけではない。 大きくて形がいいものが好きだ。 決まった好みのシェイプがあるというわけでもない。人はそれぞれだ。それでいい。・ 個性があって、その子らしいのであればどんなに乳輪が大きすぎてもいい

  • 昔の間取り

     昔住んだ部屋、アパートなんかの間取りを思い出していると、俺はなぜだか優しい気持ちになる。 「懐かしさ」というのは、そういうものかも知れない。 一度、やってみることをお勧めします。 彼女と住んだ部屋、出会った部屋、そんな間取りを思い出しながら図面に起こし

  • 「ふっくら」とか「ポッチャリ」、体型と性格の魅力について

     ポッチャリした女性が好きだという男がいる。 「ふっくら」とか、「ポッチャリ」なんて、女性に対するホメ言葉なのだが、女性自身としてはあまりいい意味には聞こえない。 そこが男性と女性にとっての有利と不利だ。それを象徴していると俺は思う。 ほとんどの女性は脅

  • 人妻をナンパしかけて子供の抵抗に遭ったこと

     ある日のこと。 それはすこし前のこと、夏の日の遠い思い出のことだ。 俺は朝から暑い中を日中さんざん歩き回ってひと段落、ちょっと歩いていこうと「散歩」とシャレこんだ。 早めに仕事が終わったことで街の陽射しは暑いが気分はすがすがしかった。 ランチタイムの後

  • 嫁はロックじゃない

     俺はロックだ。 いい加減で生活破綻者、ロックンローラーでありハイローラーだ。 ハイローラーというのはギャンブラーのこと。 大きなカネを回すバクチ打ちのことだ。 嫁とは違う。 俺のために苦労している。 その嫁がラジオから流れてくる洋楽ロックを知っ

  • ビキニの水着の残念なこと

     いわずと知れた競泳水着の魅力だが、男目線で作られるAVなんかはよく分かっている。 ところが、その魅力を分かってない女性が意外と多い。 ファッションセンスとか流行に敏感かどうか、そういうのはあるかも知れないが、流石に水着とまでなると気が回らないのか、分かっ

  • レイプものAVのファンタジー性について

     もちろん、無理やりのレイプなど現実には許されるものではない。 そんなことが興ざめなのも当たり前のことだ。こっちも楽しいわけがない。 快感に悶える女性と男の快感が互いにシンクロするのがいいのであって、一方的では意味がない。 オナニーでもした方がずっとマシ

  • バイブなんて使ったことない

     よくAVではバイブを使ったシーンがある。 そんな動画、紹介動画を見たりする。 バイブを女性に使っている動画だ。 興奮して感じる女性を見て、もう俺もビンビンだ・・・って、、、か?ww ないないw 残念ながらw、俺はほとんどない。 電気マッサージ器を使ってみたり

  • オトコの願望と性的サービスの関係

     その時は少しでもいいから演技して欲しい。俺はそう思う。 感じてないのに演技されていて後でそれを知ったオトコが絶望する、なんて話がある。 よく聞く話だが、俺はあまりピンとこない。 俺がしくじった場合はともかく、たいていはお互いに絶頂を迎える。 もし女性を

  • 未亡人モノは嫌い

     よくあるAVとかエロ漫画とか。俺だって見ます。 特に最近はなかなか結合が難しいものだからチラチラ見ていますw。 あれには色んなストーリー、パターンがあります。 そのストーリーのパターンというか、ジャンルの中でも、俺は未亡人モノが嫌いです。 ちょっとサムネす

  • 「アタシね、・・・やったよ」の真意

     先日の嫁の寝言。 とても穏やかな、安心したような幸福そうな寝言だった。 最初の言葉は、きっとオナニーのことだったんだと思う。 しててくれたんだ、そんな寝言だったんだろう。 俺はかつて、嫁と大喧嘩し、トラブルになったと考えた隣の大家が実家に連絡して

  • 嫁の寝言

     嫁の寝言を聞いた。 酒を呑んでぐっすりのはずだった。 それが、嫁が隣で声を出したので気がついた。 「アタシね、・・・やったよ」、そう嫁は言った、確かだ。 なんだ、それは(汗)。 浮気なのか、どういうことか、俺はお前をほったらかしにしていてもそれはなかっ

  • ひどいケンカをした

     嫁とひどいケンカをしてしまった。 セックスの後、いつものように俺が嫁の腹のことを指摘したらとうとうキレた。 だからセックスはもう嫌なんだ、そこまで言った。 「便所みたいにして」なんてことまで言う。 こういうケンカをすると最近は俺は冷や汗が出る。 胸のあ

  • 嫁の顔を立てることも大事

     男は強くなければいけない。 嫁は守られること、俺が父親であることや兄であることを拒否しない。 だから俺はそのルールに沿うよう、自分では必死にやってきたつもりだ。 嫁に相応しい男であるよう頑張ってきたw。 それでも俺は失敗ばかりだった。それでも俺はメゲずに

  • サンドイッチを二人で食べる

     これは特にエロい話というわけではないww。 「サンドイッチ」なんて言ったら誤解する向きもいるかも知れないからw。 二人でサンドイッチを作って食った。 割とよくやることだ。 小腹がすいたので食べようと言うことになった。 紅茶を入れ、サンドイッチを食べることに

  • 寝ている時のこと

     俺は嫁と並んで寝ている。 寝室を別にしようなんてムクれた嫁が言うがそれはしない。 クイーンサイズの和式の敷布団で二人で並んで眠る。 枕は別々だ。嫁は枕をしないし、俺もあまり使うことはない。 寝ている時、俺が嫁を背にして横向きになって寝ていると、いつの間

  • 酒癖が悪い嫁

     もともとクラブなんかでバイトしていたぐらいだから嫁は酒が強い、そう思ってた。 しかし歳をとってから嫁は酒に弱くなったかも知れない。 そして酒癖が悪くなった。俺にやたらとカラむ。 寝る直前、ちょっと俺が甘えたような感じにすると、何を考えているのか分からな

カテゴリー一覧
商用