chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
「一流と言われる3%の・・・」著者 海老一宏の「オンリーワン人生を目指そう!」 http://www.careerup55.com/

キャリアアップを目指すあなたへ!「自分にしか出来ないこと」オンリーワンを目指すブログ

みなさん、こんにちは!このブログは誰でもが「自分にしか出来ないこと」を持ち、オンリーワンを目指すためのブログです。さあ、今日から新しい自分を手に入れましょう!

海老 一宏
フォロー
住所
港区
出身
青葉区
ブログ村参加

2017/08/19

1件〜100件

arrow_drop_down
  • チューインガムの行方

    私のブログのランキングアップにぜひご協力お願いします。下記のバナーを押してください。社長ブログランキングこちらもぜひ、お願いします!にほんブログ村こちらもよろしくお願いします!にほんブログ村私はメーカー勤務を経て、35歳の時に当時全盛期を迎えつつあったビ

  • 普通の人が幸せになるヒント (行動して幸せになる)

    今回は行動して幸せになることについて書いてみます。人生を全うするには、たくさんの因子が複雑に絡んでいます。それが故に一人として同じ人生はありません。皆違うのです。因子とは、ある関係を生じるための要因です。その因子をきっかけと考えれば、そのきっ

  • 石原慎太郎の死後の出版本について

    最近、あの石原慎太郎の最後の著作『「私」と言う男の生涯』を読んでいる。一人の男の人生を読み進めるに、私とはまるで違う一流と言える人生であることを改めて思う。羨ましいとはなぜか思わないが、ある時代にある領域で確かに目立っていたし、その尖った活躍は私の知

  • 加山雄三の最後のショーで感じたこと

    2022年9月9日金曜日、夕方16時より加山雄三の永い歌手活動を締めくくる最後のコンサートが行われました。 私は彼よりだいぶ若いファンの多くの方がそうであるように、小学生の頃に東宝のゴジラシリーズとの二本立て映画で、確か「アルプスの若大将」を観てすっかりお

  • 生と死

    年代も場所も異なるところで、人間の赤ちゃんとして生まれた二人。きっと二人とも両親の愛を一杯に受けて祝福されてこの世に生まれたに違いない。しかしその後の運命は決定的に違いを見せる。片や世界を股に掛けて活躍する歴代最長在位の総理大臣となり、片や自由を奪

  • 普通の人が幸せになるヒント(生きる目的)

    普通の人が普通に幸せになるための考え方やヒントを書いています。それは誰もが思いつくことだと思いますが、書き留めて置かないと忘れしまいます。私自身もブログを読み返して、改めて考えさせられることが度々あります。そうした幸せを求めることの中で最も

  • 新入社員のカバン選びについて(2018年4月23日の投稿)

    今から4年前の2018年4月23日に「新入社員に告ぐ」と題して書いたブログを再投稿します。皆さんは長い人生をこれから仕事を通して生きていくことになります。私はキャリアコンサルタントととしてたくさんの方々にお会いしてきました。そこから得た教訓の一つをお話しします。

  • 普通の人が幸せになるヒント(人の見極め方)

    人は自分に都合よく生きています。ずるいこともするし、人を騙すこともある。人の人生を変えてしまうような裏切りもする。程度の差はあっても、そんなひどいことを私もあなたも誰かにしています。自分が大事だし、自分が可愛いからです。得したいから

  • プーチンの幸せ

    会社、特に上場企業の社長は社内問題だけではなく、業界団体の仕事や株主への対応などで毎日忙殺され、早く引退したいと思う方も少なくないと思います。お金もあり、社長の肩書きも手に入れたら、あとは自分のプライベートの時間を楽しみたいという方もいるでしょう。

  • 普通の人が幸せになるヒント(情報の受け止め方)

    私達の幸せ感は、私が思うに、3つの要素からできています。一つは、世の中の変化などから感じる漠然としたものです。これが情報がもたらす不安であり、不幸な環境にいると感じてしまいがちです。世の中が不安定であったり、変化のスピードが速かったりすること

  • 普通の人が幸せになるヒント

    3回に渡って『普通の人が成功するヒント』と題して書いてきましたが、何か題名に違和感を感じるようになったので、『普通の人が幸せになるヒント』に本日から変えました。ついでに、過去のタイトルも本日修正しました。私が心から望んでいるのは自分自身の人生を通し

  • 普通の人が幸せになるヒント(見えないもの)

    人は歳を取ると涙もろくなります。今、春の別れと出会いの季節です。お世話になった方、共に苦労をした方との過ぎ去りし日々を思い出すと、思わず涙が出てきます。人は何故歳とともに涙もろくなるのでしょうか?それは、「今まで見えなかったことが見えてく

  • 普通の人が幸せになるヒント(意欲)

    成功する人は、努力を永年積み重ねることができる精神的な強さがあるのでしょうか?怠惰や弱気を克服する強靭な気持ちを持っている者だけが成功するのでしょうか?何かに取り憑かれたように努力を続け、成功を手にした者もいると思います。しかし、私達のように

  • 普通の人が幸せになるヒント(相性)

    今まで何度か普通のサラリーマン、主婦、定年退職者のみなさんがオンリーワンの人生を目指して、つまり、幸せな人生を手に入れるためのヒントを書いてきました。これからしばらく、このテーマで私が思う最新のヒントをお伝えしようと思います。お伝えしたいことは、

  • ウクライナ侵攻と環境問題

    地球全体の環境問題は、長期的には戦争や疫病以上に我々人類の脅威になることは既にわかっており、過去の恐竜の絶滅も原因はどうあれ、環境の変化だと言われている。環境に適応できず、絶滅してしまうのだ。わずかでもCO2を減らす努力をしている私たちの前で起こって

  • プーチンの嘘

    なぜプーチンはあからさまな嘘をつくのか?それは人が、「信じる、信じたい」と言う気持ちを持っていることを逆手に取っているからだ。「嘘をついてはいけない」「お互い決めたことは守る」その最低限の約束事を破ることに抵抗がないし、むしろ自分のために積極的に嘘をつく

  • ウクライナ侵攻とコロナウイルス

    ウクライナの悲惨な状況とコロナウィルスの蔓延は、私達に忘れかけていた二つの真実を気づかせてくれた。それは、人間は自然をコントロールできないこと。そして人間は間違いを犯すということ。死は誰にでも訪れるし、身近にあると言うことがその次にわかることだ。

  • ロシア、北朝鮮、韓国、中国の嘘について

    なぜプーチンはあからさまな嘘をつくのか?それは人が、「信じる、信じたい」と言う気持ちを持っていることを逆手に取っているからだ。「嘘をついてはいけない」「お互い決めたことは守る」その最低限の約束事を破ることに抵抗がないし、むしろ自分のために積極的に嘘をつく

  • 2022年 新年のご挨拶

    皆様あけましておめでとうございます。2022年となりました。今日、一月一日は、365日の中の一日です。今年一年はこの毎日の365回の積み重ねと思うと、日々を大事にすることを改めて思います。そして一日は24時間。1時間は60分。時は誰にでも平等に過ぎ

  • 筆を一旦置いた理由

    しばらくブログから予告も無く遠ざかりました。毎回お読みいただいていた方には申し訳なく思っています。こう言うことを書くこと自体も抵抗がありますが、今この世の中で私が見えて、感じていることは、これまでの自分の経験の延長から外れてきていると感じています

  • 映画【大綱引の恋】の俳優・西田聖志郎さん

    映画【大綱引の恋】はとても素晴らしい映画です。全国45館で現在上映中です!東京などはコロナの緊急事態宣言の最中ですが、銀座シネスイッチなどでは感染対策を万全にして上映しています。ぜひ、皆さん、足を運んでください!この映画は私が毎月訪問している薩摩川内

  • 映画【大綱引の恋】

    薩摩川内に仕事で毎月行くようになってかなり経ちます。その薩摩川内で有名なことは、二つあり、一つ目の薩摩川内原発については以前このブログでも書きました。もう一つの有名なことは、大綱引きのお祭りです。昨年はコロナの影響で中止になりましたが、毎年

  • ブライドルレザーのトートバック

    休みの日に銀座をほぼ毎週散歩しています。土日両日歩くこともあります。先日、裏道に良い店があるなあと思って入ってみると、「GANZO ガンゾ」と言う日本製の革製品のブランドショップでした。「GANZO」は日本の味岡という会社のブランドです。私は普段使

  • コロナと少子化について

    コロナ禍で出生数が激減しているようです。2019年の日本の出生数は前年比6%減の86万人でしたが、2021年は猛烈に落ち込み80万人を切るのではないかと言われています。コロナで亡くなった方々は、5月15日現在で1万1393人ですが、人口減少はその二倍以上のレベルで影

  • ここ1年の疲れの原因

    5月中旬になって、東京都のコロナウィルスの変異株「N501Y」の割合が7割に達しているとのことで、毎日900人を超える感染者が出ていますが、感染力の強さが自粛の努力を打ち消しているように思います。今、私たちは昨年の2月くらいからこうしたことをもう1年以上繰り返して

  • 人はなぜ老け込むのか?(若くいる方法とは?)

    古い話になりますが、私が小学生のころの記憶では、50代ともなると結構老け込んで見えていた人を思い出します。一人や二人ではなく、みんなそうだったという記憶です。今思うと早々と老けていた理由は何かと考えてみるといくつか思い当たります。服装やヘアースタイルなどの

  • コロナによる事業再編の動き

    コロナが経済の再編を強力に進めています。今朝の日経新聞から、三つの領域での変化が読み取れます。一つは、航空業界。北海道地盤のAIRDOと九州を拠点にするソラシドエアの統合計画です。二つ目は、日販とトーハンの寡占状態が問題になっていた書籍流通事業

  • コロナで変わること(その10)

    この項の最後は人の心の問題を取り上げたいと思います。コロナ禍は企業にはデジタル化を、人には成果を求めるようになるというのが一つの結論です。そして、さらに未来は企業はいずれ人を必要としない事業を選択するようになります。第四次産業革命が進む

  • コロナで変わること(その9)

    コロナ禍はビジネスの存在に劇的な変化を与えています。ゲーム業界や通販業界のようにコロナのおかげで過去最高益を大幅に更新しているところもあれば、倒産や廃業を選択した企業もあります。業績は完全に二極化しています。この二極化は貧富の格差など、あら

  • コロナで変わること(その8)

    コロナ禍での在宅勤務は企業に、働く人のエンゲージメント(帰属意識)の確保をどうするかと言う問題も突きつけています。日本人は終身雇用と年功序列と言う日本的雇用形態で発展を遂げましたが、それは極端に言えば、顔を合わせ、酒を飲むことをベースにしたエンゲー

  • コロナで変わること(その7)

    コロナ禍は社員の働き方の変化を促しましたが、こうした形からの変化は働く中身の変化をも強制しています。仕事の中で成果に結びつくことがはっきりして、逆に無意味になったこともでてきました。在宅中の仕事の管理は今までに無かったことであり、そのシステ

  • コロナで変わること(その6)

    私達企業と働く人はコロナ禍の中、次を見据えてどうすればいいのでしょうか?コロナ禍は、私達にいろいろな変化を促しています。その最大のことは、今まで必要だと信じられていたことが覆ったことです。オフィスに出勤して働くと言うことがその筆頭であり変化の

  • コロナで変わること(その5)

    コロナウィルスは日本の世界からの遅れを見せつけることになりました。では何故日本と日本人はこのような遅れを認識できなかったのでしょうか?理由の一つが、ついこの前まで最先端先進国であり、様々なインフラが整っていて、そこそこ便利で何も支障がないからだと

  • コロナで変わること(その4)

    コロナ前から日本のIT全般の遅れは指摘されていました。それがコロナ危機で少し進みつつあるもののますます遅れが顕著に見えてきています。実際に高速道路では、未だにETCを使っていない車を多数見ます。地方に行くとお店でクレジットカードが使えない所がまだた

  • コロナで変わること(その3)

    私は、つい先週まで東京オリンピックはやるべきだと思っていましたが、この感染状況を見て今その考えが揺らいでいます。世界全体を未だに襲っているコロナウィルスの危機の真っ最中に日本が能天気にオリンピックで盛り上がっていいのでしょうか?むしろ、中止する選

  • コロナで変わること(その2)

    昨年からのコロナウィルス危機は世界の中の日本の位置が衰退傾向にあることを示唆しているのではないか?と思っています。日本と言う国のあり方に実は大きな見えていなかった問題があるのではないか?そして、国だけの問題ではなく、コロナウィルスは日本人としての

  • コロナで変わること

    私達はコロナウィルスと言う人類全体を襲っている脅威の真っ只中にいます。凄まじいと言うしかないほどの歴史的な出来事が進んでいます。今まで、全世界の国とそこで暮らす人々がこれほどの何かに影響を受けたのは、今から約100年前のスペイン風邪まで遡ります。

  • スマホの過渡期

    2010年、今からわずか11年前に世帯別のスマホは10%にも満たない普及率だったことを皆さんは覚えているでしょうか?それが、今は8割を軽く超えた普及率まで上昇しています。よほど高齢者世帯でない限りどの家にもスマホはあると言うことです。個人の普及率でも

  • スマホの過渡期(その2)

    昨年秋から通信会社は政府の携帯端末の利用料金の抑制の方針を受けて格安スマホプランを発表し、導入を始めています。例えば最大手のドコモは、アハモと言うプランで5分までの電話かけ放題料金込み、20ギガで2970円です。ソフトバンクは、同じ系列のワイモバイルのス

  • 昨年の第一回緊急事態宣言

    2020年4月7日火曜日、当時の安倍晋三首相は、第一回目の緊急事態宣言を東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に発令しました。その後、4月16日に対象を全国に拡大しました。皆さんは、その時のことを覚えていますか?私は、先日からその記憶

  • 自分の居場所がない人 リメイク

    転職や離婚などの人生の大きな変化があると、今まで当たり前と思っていた拠り所がなくなり、ふと、自分がいったいなんのために生きているのか、何を頼りに生きて行けばよいのか不安になる。高度成長期に子供時代を過ごし、学生運動やヒッピーなどの反体制や退廃

  • 中高年の若さについて

    誰でも健康で若くありたいと願っています。私は人間観察でこの若く見えるということを意識しています。それによると、特に中高年の場合は、若く見えるためには二つのポイントがあると考えています。一つは、服装です。中高年はどうしても古い洋服を大事に

  • 銀座で女性が並ぶ「麦とオリーブ」

    銀座の「麦とオリーブ」は行列の絶えないラーメン屋さんです。私が知る限り、行列は一番多いかなと思います。さらに、女性比率がかなり高いと感じます。その秘密は優しい味です。スープも麺も具材もどれも優しい味わいで特にスープは期待以上の美味しさで思

  • 社員としての信用とは何か

    中国の習近平国家主席は、4月20日の国際会議で対中国警戒論への対応として「中国は永遠に覇を唱えず、拡張主義を採らない」と述べています。しかし、これを鵜呑みにする人はいないでしょう。過去の歴史をみても、中国は国家として信用できません。私達日本人

  • オンリーワンを目指す理由

    この世の中の人間の存在は、誰かがトップとなりそこに組織的にぶら下がっているような状態ではありません。それぞれが個人として様々な結びつきで網のようになっています。菅総理が一番偉くもないし、社長が会社の代表ではあっても人間としてのトップではありません。

  • コロナの対応で日本を知る(日本のワクチン開発)

    海外のワクチンの話題ばかりですが、国内のワクチン開発はどうなっているのでしょうか?昨年確かNHKのテレビで塩野義製薬が開発していることを報道していましたが、その後聞こえてきません。調べてみると、現在日本では四社が臨床試験に入っていることがわかりました

  • 本日キャリアアップセミナーを行います!

    今年初となるキャリアアップセミナーをオンラインで開催します。日程は、本日の18時30分から。写真のバーコードを読み取るか、「810act」で検索してください!この他にも皆さんのお役に立つ情報をお送りします。ご登録お待ちしてます!中小企業の

  • コロナの対応で日本を知る

    どんなジャーナリストといえども、今世界中の国のコロナの現状を実際に見て報告できる人はいません。国の往来が制限されているからです。ひと月前は、一日の全世界の感染者増加数は50万人ほどでしたが、今は80万人に達しようとしています。ワクチンがこの状況を

  • 個人が勝ち抜く戦略(その6)

    このシリーズも最終回とします。今の時代は先が見えないばかりが、変化のスピードがものすごく速い時代です。また、グローバリズムと気候変動で、一見関係無さそうな世の中の動きが自分にもすぐに影響してきて、自分だけの身を守ることも難しい時代です。私達

  • 個人が勝ち抜く戦略(その5)

    個人にも人生を全うするために戦略が必要になってきました。何かにすがって生きていく時代は終わりました。夫に寄り添って生きる。会社にしがみついて仕事をする。公務員は安泰だ。定年後は年金に頼る。資格を取れば食いっぱぐれはない。高学歴だから大丈

  • オートバイでも日本に暗雲が!

    4月8日の日経新聞に気になる記事を見つけました。二輪大国インドで、配車アプリ会社オラが、電動二輪車を作ると言うのです。オートバイは全世界で年間4500万台が販売されていますが、インドはその3割の1400万台の市場を持っています。オラは電動二輪車生産を急

  • オリンピックの経済的効果

    未だに開催が疑問視されている東京オリンピック。バイデン大統領と菅総理との会談では、開催の確認をしたようですが、コロナ感染者が爆発的に増加して医療体制が崩壊したら開催は難しいでしょう。国民の命よりオリンピックを優先することはできませんから。こ

  • 仙台と川内

    こんな時が訪れるとは思ってもいませんでした。一週間の中で薩摩川内市と東北の仙台市を仕事で訪問しました。仙台出身の私にとって薩摩川内は遠い異国のような存在で、訪れる理由も以前は特に無く、一生縁の無い薩摩の地と思っていました。先日のブログにも書いた

  • 個人が勝ち抜く戦略(その4)

    先の見えない時代。変化のスピードも今までとは違います。過去の経験や知識やスキルが役に立ちにくい。しかし、会社の枠組みの中でしか仕事と生活が考えられなかった時代から真の自由な時代になろうとしています。さて、あなたはお金を使う時にいつも元を

  • 個人が勝ち抜く戦略(その3)

    あらゆることが自己責任の時代が到来しています。ネットの情報も鵜呑みにしておるわけにはいきません。そして、どんな変化にも柔軟に対応できる精神力が求められています。私は、個人が勝ち抜く戦略の最も基本は何かと問われれば、精神的な健全さ、心の健康だ

  • 個人が勝ち抜く戦略(その2)

    政府が進めている「働き方改革」は残業を減らし、休みを増やすことを目的にしていないことをご存知ですか?人生100年時代を迎えた私達日本人は、これからは国や会社に頼らず生きていかなくてはならないのです。働き方改革はその第一歩に過ぎません。自分のこと

  • 個人が勝ち抜く戦略(その1)

    自分の能力や経験の範囲内でしか仕事をしていない方は、どう考えても今後の伸びは期待できません。上司や社長はそこを見ています。しかし、見られているからではなく、自分自身の60歳以後の生き方に影響することをしっかり認識して、殻を打ち破る気持ちで毎日仕事を

  • 老けたくない人へ(その2)

    ドクダミ茶の驚くべきパワーについて、「老けたくない人へ」で書きましたところ、皆さんに読んでいただけました。ドクダミは昔から活用されている薬草で、いろいろ調べても特に副作用などは無いようです。それどころか、近年の研究で様々な効果、特に糖とタンパク質

  • オンリーワンに通じる諦めずに努力する意味(その3)

    凡人が成功に近づくためになすべきことを私は四つの段階として捉えています。過去もブログで紹介していますが、はじめて読む方のためにもお話しします。第一 「できる!」と思うこと。第二 「やってみる!」こと第三 「あきらめない」こと第四

  • やりたく無いことをやる

    人生はやりたいことだけをするわけには行きません。むしろやりたくないことだらけ。それをどう前向きに取り組むかがより良い人生を作るのではないかと最近思っています。どんな方法があるかと言えば、例えば掃除を運動にしてしまうとか。午前と午後のテ

  • サボテン 信じるか信じないかはあなた次第です。

    2年前、ふと花屋さんで小さなサボテンを購入しました。もともと私の家のリビングにはゴム科の大きな観葉植物があり、部屋の良い雰囲気作りに一役買っています。あまり観葉植物を増やす気持ちはありませんでしたが、無機質に思えるトイレに何か起きたいと思っていま

  • 老けたく無い人へ

    私はここ三年ほど「ドクダミ茶」を飲み続けています。なぜドクダミ茶を選んだのかは、実はテキトーでした。「ドクダミは健康全般に効きそう」ただそれだけでした。しかし、それはどうやら間違えてなかったようです。同志社大学の八木雅之教授らが80

  • 三種類目の運の気づき

    私は14年前のリーマンショックで倒産の危機を経験しました。夜も眠れずに、体重も落ちました。何度もこの仕事は辞めようかと思いましたが、やるだけやってだめならその時に考えようと思い、出来る努力を全てやって乗り超えようとしました。これでもか!これでも

  • オンリーワンに通じる諦めずに努力する意味(その2)

    私は諦めないことを自分の一番の個性にしようと努力しています。「もうだめだ!」と思うことは過去何百回あったことでしょう。さらに「いくらなんでももうだめだ!」と思うことも何回も経験しました。それでも今こうしていることは、克服することを諦めなか

  • オンリーワンに通じる諦めずに努力する意味(その1)

    私は諦めないことにこだわっています。それを意識したのは人材紹介という仕事をはじめた頃だと覚えています。その理由を思い出してみると、企業と人をつなぐためには、理屈ではなくお互いの気持ちのウエイトも大きく、簡単に諦めていてはほとんど仕事が上手く進ま

  • 田中邦衛さん

    「北の国から」の俳優としての印象が強い田中邦衛さん。先月亡くなっていました。私にとっての田中邦衛さんは、加山雄三主演の「若大将シリーズ」の青大将役です。私は若大将シリーズは全てDVDを持っていて何度も何度も観ています。若大将役の加山雄三は、

  • 打つ手はあるのか?

    変異ウイルスが新たに大きな脅威になってきました。しかも、他国からの侵入ではなく日本で変異したものも出てきました。あらゆる国でそれぞれ変異したウイルスが出現しつつありますが、これは以前から予想されたことです。ワクチン接種が如何に早く全世界で行

  • 焼酎の楽しみ

    鹿児島や宮崎に行くことが多くなり、もともと好きだった焼酎が益々好きになっています。鹿児島や宮崎の焼酎は原料が芋です。つまり、芋焼酎です。私が焼酎が好きな理由は、あっさりしていてどんな食事にでも合うことが一番です。食事の邪魔をしません。

  • ウイットと老人性駄洒落の違い

    まずは写真を見てください。これはプロの寿司職人が使う山葵(わさび)おろし金です。昔はサメの皮を使っていましたが、今はこのおろし金が普及して大変便利になったとのことです。このおろし金は、よく見ると削る部分の凹凸が「わさび」という文字になっていま

  • 人生を無意識に諦めているひと

    オンリー・ワンとは、私達一人ひとりのことです。上も下も無く、誰とも違う存在です。どう生きようとその人の自由であり、オワリー・ワンであることに変わりはありません。私はこのオンリー・ワンである一人ひとりの人生がどうすればもっと素晴らしくなるかと言

  • 自分を変えるきっかけ

    つくづく自分はダメ人間だったと思うことがあります。特に大学時代を有意義に過ごせなかったことを今更ながら悔やみます。しかし、その後その延長で数年間の人生の迷いの後に私は少し動き始めました。そのきっかけは、転換先の上司や社員の屈託のない、自然な仕

  • 薩摩川内原発の見学

    屋台骨コンサルの仕事で毎月薩摩川内市に行っています。薩摩川内市と言えば、三つの有名なものがあります。今日はその一つの川内原子力発電所をご紹介します。川内原子力発電所は加圧水型軽水炉と呼ばれる一号機が昭和59年に運転を開始していますから既に38年が

  • やりたくないこと

    私は60歳までの会社人生を第一の仕事期間と捉えています。この時期は会社の指示命令に従って例え嫌な仕事でもやる時期です。嫌なことに向き合って自分のものにするという経験を積む時期なのです。ここで逃げてしまう人が人生の後半を台無しにしてしまう可能性が

  • どうしたら幸せになれるか?(その5)

    今回のシリーズは、自分デザインの重要性をお話ししています。未来をどう生きるかを考えることが楽しいことだと気がついて欲しいと思っています。何故、多くの人は自分の人生のデザインが「強く、いつも、前向きに、楽しく」出来ていないのでしょうか?3つ目

  • どうしたら幸せになれるか?(その4)

    今回のシリーズは、自分がどうなりたいかの自分デザインの重要性をお話ししています。オンリーワンの人生を歩むことこそ素晴らしい人生だと思います。オンリーワンの人生を目指すことは、自分の居場所を覚悟を持って創り出すことです。何故、多くの人は自分の

  • 屋台骨コンサル先来社報告

    鹿児島の小売業の社長様と後継者のお二人が一昨日来社されました。現在同社は、当社の中小企業支援コンサルティングの三本の矢戦略の第一の矢、屋台骨コンサルが進行しています。今回の目的は、当社の三本の矢戦略の三番目の矢、プロ人材の採用に向けての候補者との

  • どうしたら幸せになれるのか?(その3)

    何故、多くの人は自分の人生のデザインが「強く、いつも、前向きに、楽しく」出来ていないのでしょうか?どうなりたいのか?のデザインが無いとしたら、人生の目的は何ですか?孫と会うのが楽しみとか、老後に旅行を楽しむとか、の幸せに満足していて問題を感じない

  • どうしたら幸せになれるのか?(その2)

    自分の望みを知ることは実はとても難しいことだと50代も後半になってようやく気がつきました。そして最近ではこのことが人生をよりよくするために最も重要なことではないかと思っています。多くの人は何をしたら幸せなのか、どんな人間になりたいのか、どういう後

  • プロフェッショナル人材

    本日の日本経済新聞の39面に内閣府プロフェッショナル人材事業の記事が一面に出ています。全国での成功事例が3例紹介されています。その三つ目の北海道の岡田建具様の後継者人材の紹介は当社アクティベイトで行いました。ぜひ、ご覧ください。中小企業の社

  • 鳩に困ってます!の続編

    会社の小さなベランダに鳩がやってくるようになって数ヶ月です。手すりは汚れ、ベランダの床は鳩のフンだらけです。なんとかしなければと、まずは管理会社に電話するとベランダは借り手側の責任と言われました。ネットを張るなどの場合は大家さんの許可がいるよ

  • 欧米の男女平等の嘘

    オリンピック委員会の森元会長の女性蔑視とも取れる発言問題は世界から非難されたことは、このブログでも何度か取り上げました。しかし、3月9日の日経新聞の11面の記事を見て、私は違和感を強く感じました。みなさんは、男女の賃金格差は、フランスやドイツではほと

  • 日本の国をどうするのか?

    まずは、財務省のホームページにあるこの図を見てください。日本は何か道を間違えています。債務があっても大丈夫とかの問題ではなく、圧倒的に借金してます。今後、日本は間違いなく南海トラフや首都圏地震で過去を塗り替える被害が出ます。この

  • 高齢者の支出の減少

    総務省の家計調査によると、昨年の12月の65歳以上の世帯主の家計の外食や旅行などの支出は一年前に比べて半分になっているとのことです。他の年代層より格段に落ち込みが大きいようです。その代わりにネットへの支出は3割以上伸びているようですが、差し引きでも減少

  • 落ち込んだ時の対処法

    何か大事なことが思う通りに行かない。自分ではどうしようもない災いが振りかかっている。こんな時は思考が萎縮してしまい、どうしたらいいかわからなくなります。逃げて逃げられるならいいのですが、逃げられない問題があります。ほんとうに辛いことです。

  • 言葉には言葉のお返しが来る

    売り言葉に買い言葉相手の暴言に黙っておれずに、自分も暴言を吐いてしまう諺です。誰でも言葉で失敗した経験があるはずです。もちろん私も何度もあります。言わずにはいれない。そんな怒りが込み上げてきてついに言ってはいけない言葉を相手にぶつけ

  • イメージの重要性

    昨日は計画することの大事さをお話ししました、もっと簡単で習慣にしておきたいことごあります。自分をどうしたいのか?仕事はどうあるべきか?どうしたら楽しいのか?悩んときはあまり神経質に考えずに、どうなったら一番いいかをイメージすること

  • 高橋四郎氏

    ソニーのビデオカメラ、ハンディカムのリチウムイオン電池の開発を指揮した元ソニーの高橋四郎氏が一昨日亡くなりました。高橋四郎氏と出会ったのは、今から15年前。みやぎ産業振興機構のプロジェクトマネージャーに就任されていて、中小企業の振興に新しい試みで

  • 明日を計画することが未来を作る

    明日はどんな仕事をする予定ですか?もし明日何するかを決めて無いとしたら、あなたの未来は間違いなく萎んで行く人生となります。全てはその日暮らし的思考だからです。「もちろん予定はあるよ!」いえ、予定は皆あるのですが、問題なのはきちんとやること

  • 日本の鉄は国家なりの時代は終わる

    私は製鉄所で大量に使用される耐火煉瓦の会社、品川白煉瓦(現、品川リフラクトリーズ)に12年勤務し、その内の7年間を広島の福山市にある当時世界有数の製鉄所で営業の仕事をしていました。耐火物は製鉄の前工程である、コークス炉から、製鉄所のシンボルの高炉、花形の

  • 大震災の日

    あの日、私は第一京浜沿いにある10階建てのオフィスビルの9階に一人でいました。椅子の後ろは広い窓になっていて下の様子が良く見えます。私は当時横浜の港南区に住んでいましたから、早々に帰宅を諦めました。とても歩いて帰れる距離ではないし、全ての交通機関

  • リープフロッグ型発展とは

    過去大量虐殺が起きたアフリカの真ん中にある小さな国土のルワンダでは、なんと2016年から病院への血液や薬の移送にドローンを使っており、車だと4時間かかるところを15分で届けています。このように、もともとのインフラが無いために逆に先進国の技術が一気に導入される

  • 世の中の問題と今

    ミャンマーの軍事政権に反対するデモや香港での民主化の問題など、悲しいことが世の中では起こり続けています。そして、地球全体の危機になってしまった温暖化問題。あらゆことは、人間のもつエゴ、「周りはともかく、自分は良くなりたい」と言う直しようもない感情

  • お掃除ロボット

    過去のブログに書いたかと調べてみたら見当たらないので今日ルンバについて書きます。確か二ヶ月ほど前だと思いますが、ジャパネットでお掃除ロボットルンバを購入しました。いつもお掃除ロボットは一人暮らの掃除にどれだけ貢献するのかな?と思ってましたが、二万

  • 銀座でランチが嬉しいわけ

    地方に出張する機会が時々あります。そんな時に都会との差に気がつく場所、例えば商店街などたくさんありますがJRの駅もそう感じます。駅の風景や駅員さんの仕事ぶり。滅多に電車が来ない駅では、時間までホームで待つこともありません。「そろそろ時間だな

  • ネット広告の個人追跡問題 Googleが発表

    四日の日経新聞の一面に「Googleの広告制限強化」の記事が出ました。ここ数年で特に多くなったと感じるのがネット利用した時に検索して言葉に関係するターゲティング広告です。ある自動車をネットで検索するとすぐに中古車情報が広告表示されます。この個人の

  • 老害

    森元総理のオリンピック委員会でのドタバタは収まりました。「よくやった!ご苦労様」と言う意見もあります。しかし、多くはかなり否定的な意見でした。私もブログでこの時に書いていますが、彼の根本的な思考は変わらないと思っています。何が悪いのか?と言う気持

  • 責任と義務の違い

    このブログの読者で無責任な方は一人もいないと思います。普通は責任とは、やるべき義務と似たような使われ方をしていますが微妙に違いがあります。義務と言うのは、例えば法律を守る義務のように明確に守るべきことが決まっています。それに対して、責任は明

  • 自分の名前を自分で呼ぶ

    親が付けてくれたあなたの名前。あるテレビコマーシャルでお母さんが赤ちゃんのころから何度息子の名前を書いたか、と言う感慨深いものがありました。皆さんはひと月に自分の名前を何回口にしていますか?書くことがあっても自分で自分を呼ぶことがないので、も

  • オンリーワンの人生

    人生の始まりは自分では決められない。そして必ず終わる。その人生は自分の思い通りにはならない。これが私の考える人生の三つの定義です。そして私達が持つ究極の自由は、自分で好きなように人生について考えられることです。努力したり、前向きに

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、海老 一宏さんをフォローしませんか?

ハンドル名
海老 一宏さん
ブログタイトル
「一流と言われる3%の・・・」著者 海老一宏の「オンリーワン人生を目指そう!」
フォロー
「一流と言われる3%の・・・」著者 海老一宏の「オンリーワン人生を目指そう!」

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用