searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ポンデローサ牧場さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

現役を退いて、高校の同級生ら気の合うトモと釣りをしてきましたが、高齢で病を得るものも出て、今は独りで釣ることが多くなりました。 いきおい、記事も近場の釣りだったり思い出すことだったり。それでも読んで下さる方がいらして、そんな深い愛を励みに綴っています。

ブログタイトル
古希の釣り日記
ブログURL
https://smogeru2020.seesaa.net/
ブログ紹介文
春はテンカラ夏は鮎釣り、秋、冬にはキスめがけて投げたりしながら余生を凌いでいる古希ジイの釣り日記です。
ブログ村参加
2020/06/04
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ポンデローサ牧場さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ポンデローサ牧場さん
ブログタイトル
古希の釣り日記
フォロー
古希の釣り日記

ポンデローサ牧場さんの新着記事

1件〜30件

  • 投げでもまた一つ達せられてキスに恵まれる。

    フライの熱さましに海へ走る。 さて、運河。 秋の皿倉山。 ウスボンヤリ山を見ていると、げにわれは、うらぶれて 、ここかしこ、さだめなく、なんて感傷が恋…

  • リスペクト。

    他の釣りでは、収穫した量があって漁として達せられる事はあるけれど、フライについてはルーキーだしキャッチも無いから、魚に対して傲慢になりようがない。 こ…

  • 初めてのカンツリで鱒を釣る。

    始めて管理釣り場に行ってみた。 九重町のそこまで100キロちょっと、そう遠い距離ではない。 晴れ間に出て着いたところが強い風雨、山の時雨だから容赦がない。

  • また一つフライで達せられた良き日のこと。

    ふと思い立ってフライショップを訪ねてみた。山陽地方の、光に満ちた町の広い通りに面して南に店を開いていた。ウェーダー事件とは別の店である。 噂から想像していたのとは違って意外に小さな店であったが、気配は濃密であった。 待ってました風な応接であったけれど、話は紆余しては曲折しながらも展開し続け、挙句、実地の鍛錬にまで上り詰めてしまった。本当にありがたいことだった、プロから直接指導してもらえるのだ。…

  • フライ一筋にハヤがくる。

    安価な中古のいい竿か新品の普及品かというと、中古でもいい竿が欲しい。いいのが見つかるまで辛抱して探す。竿の仕様や調子を探求して買うことにしている。これでいろいろな語を覚えた。ミディアム、スロー、ファスト等々。 中古店のを振って調べて、ああこれがそうか、と言葉で存在を確かめ、存在から言葉を探ってみる。

  • まだまだハヤを相手にフライ鍛錬に励む。

    フライ鍛錬に、もっといい瀬はないか。昔、遊んだ川を思い出して訪ねてみる。 まず紫川源流の滝。ここらあたりの子供たちはかつてほとんど小学校の遠足で出かけているはずだ。たどり着くと車を止める場所が無い。満杯である。後でみな尺岳登山を目指す人のものだと分かった。

  • 鍛錬でハヤを追う。

    さて、公園から抜け出して実のある鍛錬を積みたいと探していたところ、いい場所を見つけた。 皿倉山のふもと、天心の酒蔵からちょっと上った貯水池で旧八幡製鉄の取水場として造られた小さなダム湖である。

  • 久しぶりの離島。

    渓は終わったし、投げも日本海である程度達せられていたので、ウスボンヤリ投げリールに水を浴びせたり、天秤の腕の長さを少し張り出させたりして後味を楽しんでいた。 それで少し熱を冷ました後若松に出かけた。 先週、投げの帰途、ご機嫌伺に年金波止場に寄ってみるといくらかアジが釣れていて刺身になりそうなのもいる。 で、この日となった。

  • 運河でカワハギを掛ける。

    鮎とか山女魚とかはちょいと気軽にというわけにはいかないので、改めて身近に海があることの有難さを感じている。 それで、豊漁に独り沸いた約束の地山陰はまた別の日にして今日もいそいそ前回チダイっきりの運河に向かうのである。 町中に風は無かったが響灘に出ると強い。若戸大橋の吹き流しが南に尻尾を振っている。それで運河の北に沿って延びる遊歩道に行ってみた。

  • 山陰の聖地を巡る。

    この日、いよいよ海峡を越えた。 朝まだき、目指したのは特牛である。 砂浜で苦しんだので、あのまーるい湾の中はどうだろうか、と弾む。海沿いの191号もいいけれど今日は435号を選んで走る。コスモスの向こうに山も遠く空が高い。山陰なのに陰った気配は何一つない。爽快である。 さて勇んで着いたところ、いたるところに港内釣り禁止の看板が立ててある。どこも、かしこも、全部である。

  • 投げ釣り、聖地巡りは続く。<br />

    やっぱり答えはまだなので、も少し走ってみる。 響灘でここかしこあたってみる。ここかしこ、とは西へ展開した前と違って東である。今までは、西の投げ行脚でだいたい答えが出て、魚はいるじゃないかと安心したりこれなのだと思ったりしていたが、散々スカタン喰らわされたので伝家の釣り場に侵攻してみた。

  • 投げ再開、聖地巡り。

    ここ二三日で投げの聖地を巡った。 ついさっきまでフライにうつつを抜かしていたくせにこの変わり身の早さ。我がことながら驚かされる。 で、なんといってもカーティス・シーの運河から始めた。釣具屋の壁には近海の釣果情報が貼りだしてあるけれどそんなものは見ない。ただ投げて結果を見てウンとかスンとか言うばかりで、もう走り出したものを修正のしようがないのだ。

  • 五木でフライ納め。

    梶原川、C&R区間に初めて行ってみた。 餌だめ、ルアーだめ、なんかフライが特権めいた遊びに響いて、ちょっといい気にさせられてしまう。しかし立ち止まって考えてみると、餌やルアーほど釣れないのだから、ここくらいはフライにあげましょう、ということだと思い知らされる。でもRといったってCがないのなら何もないただの川なのだけれど。 やっぱりここでもルーキーは覚悟してかからねばならない。

  • 五木でフライ。

    禁漁前の土曜、釣人が多いに決まっているのに頑張ってみた。 これは前哨戦で、来週の月末に今季ラスト遠征超ド級決定版を目論んでいるのでその下見ということにしていた。 真夜中出発。休日割引が無いので深夜に駆けるしかないのだが、これが応える。一気に目的地ということはもう無いので、パーキングで仮眠をとっては走り続ける。 五木に5時、寒い、毛布をひっかけてちょっと休んで朝飯を済まし準備にかかる。駐車場に…

  • フライの熱意。

    公園鍛錬の後、名手の動画を開いて今日の熱意を確かめてみる。 とくにキャストした後、どう毛鉤が落ちるのかを観察した。 前回の日田実践で、ラインが水面を叩いた後、まるでタンポポの綿毛のように毛鉤がふんわり落ちて往生したからである。 さて、手練れがやることだから、ライン、リーダー、ティペットがさっと一筋に伸びて間髪を入れず毛鉤がパチッと水面に突き刺ささるのではないか、と予想して視たが、そうでもなか…

  • 日田でフライを試す。

    今日、リヤカー軽トラで日田まで走った。高速はちょっと怖かったので小石原を越えてフツウーの道をアグレッシブに駆けた。車から降りたのは誰もいない杣道で一回だけだった。 二度目に降りたのが今日の釣り場だった。三隈の支流で唯一ダムを持つ清浄の川である。

  • フライ冥府魔道を突き進む。<br />

    フライをかじり出したことを釣友に伝えたりしていたら、昔フライをやってたという喜寿のジイちゃんが突然現れた。 この釣人も、あれこれ尋ねるとしゃーしーらしく、やっばり、あーたの好きなごとすりゃよかたい、とこの年輪らしい面倒を嫌う反射がある。 でも別れしな、なんと竿をくれた。 金の鳥が羽根を広げた飴色の4番グラスロッドだった。アメリカの竿らしかったが、つぶさに点検するとタイワンのアメリカ製だったけ…

  • フライの鍛錬にますます勤しむ。<br />

    先週、釣り場の駐車場で雨水にえぐれた穴を越えきれずにバンパーをガリガリとやってしまった。意外にキズは深く修繕にちょっと時間がかかりそうだ。 それで町工場が貸してくれた代車が、これがまたリヤカーにエンジンを載せただけ風の軽トラで、これを運転して遠出するには、勇気とか気合とか、いままで使ったことのない気構えでハンドルに向かわねばならない。 それでもウツウツと籠ってばかりはいられない性分なので、近…

  • 久しぶりの勝浦浜で投げる。<br />

    響灘に向かい、たった一人むき出しになって投げたかった。 それで、三里松原から新松原、さつき松原を経巡るけれど、どこも大波。 さてと、ウスボンヤリ海を眺めていると…

  • 雨上がる、運河で投げる。

    また暗いうちに目が覚めたので運河へ行く。 片々でも雲の間から陽。 鮎や山女魚の棲む川がこんな近くにあったらな、と詮無いことを考えながら走る。 …

  • 台風一過、立秋に投げる。

    川が荒れりゃあ海、でこの日は投げに走る。だが海も荒れていた。 4時開店の店に4時半、もう三組の男女がいた。朝っぱらからベチャベチャするのもいて、旺盛な発散というか発情というか、動物の方が節度がある、ほんとに人間の方が動物的だと気づかされ、しばらく観察にかかる。

  • 浮く毛鉤を巻く。そして試す。<br />

    テンカラ大王、石垣先生のページにドライフライの作り方があって、テンカラでも、なにも沈ませるばかりではないということを教えられた。 そういえば、おろしたての毛鉤は水を弾いてしばらく浮いたまま流れる。それを追う魚はバシャッと水面に大きく跳ねてハッとたじろがされてしまう。だが、これを掛けるのは至難である。しかし、掛けることができれば、一瞬で毛鉤釣りシーンをバッチリ決めることが出来る。この醍醐味はフライ…

  • フライの鍛錬に勤しむばかり。

    斫石峠を越えて、もうすぐ彦山川と合流するぞという瀬で振ってみた。以前、テンカラをした川である。 その時、黒い小さな影がサッと毛鉤を襲ったのは山女魚だ、と思いたかったが、釣ってみないと分からない。それで、この日は、それをちょっと確かめたかった。

  • 清浄の支流で鮎を釣る。<br />

    道路の電光掲示板には、外出を控えよ、とある。日田を通っていると、チラとナンバーを点検されているような気配がする。でも現実から推すと、もっともである。 しかし、釣れていると聞くとやっぱりいそいそしてしまう。 前回は本流でちょっと楽しくさせられたけれど、そこを迂回して清浄の支流に侵攻する。 護岸工事で復旧はしたが、魚の事情が忖度されたわけではないので鮎が瀬に戻るまではしばらく時間がかかると思われ…

  • 京二川の可憐な川で山女魚を狙う。

    山国川で鮎を釣った帰り。 野峠越えで国道を北へ降りると祓川に沿って道が続く。 祓川には京二川(キョウニセン)漁協が放流をやっている。 川辺にいた里の人に話を聞いてみると、暑いけだーれもおらん、さあ魚はどうやろか、泳ぐだけなら金はいらんよ、と言われてもなァ。 二川のもう一つは、野峠から油木ダムへ降りる道に沿っている今川で、漁業権云々の看板からここにも放流が行われているのだ。 あのバンブーロッド…

  • 日田で、良い釣りを成し遂げる。

    なんさまー暑い。 サマーが折り込まれた熊本弁、もうすっかり使い込んでいる。 それにしても暑い、なので川で鮎と涼むことにした。 やっぱりまだ日田が良くて、大山の上から下まで鮎に満たされているらしい。 道の駅のちょっと上。「通りま~す。」と断わって民家の庭から瀬に降りる。穏やかでまーるい声がすぐに返って来て、なんでこんなヨソ者を気もおかず受け入れてくれるのだろうか、といつも思ってしまう。もうこれだ…

  • 下関、山陰山陽を股にかけブン投げる。

    潮の匂いに浸って投げたくなった。 ちょっと小耳に挟みっぱなしだった下関、汐入の浜に侵攻してみると思い通りに絹を敷いたように凪いでたっぷり香りが漂っている。 いい潮の予感がする、こんな時は最後まで潮に乗り続けたい。仕掛けをつなぐ指がせわしない。

  • フライでテンカラを学ぶ。

    フライの鍛錬を実地でやった。 初めは、増渕公園。昔、上に川魚料理屋があって、そこの生簀から飛び出たのやそこが廃業して自由を得たのが世代をつないでいるらしいことは聞いていた。

  • 日田から山国、鮎彷徨。

    久しぶり、日田の支流でここだけと言っていい、鮎が棲む清浄の瀬に立った。日田はこのごろ釣れていると聞いていたので急いてしまい高速を走った。 珍しく朝早い。

  • 雨で更新された山国で鮎を追う。

    今度の雨でずいぶん良くなった、今日はたくさん釣れるよ、とオトリ屋がいうので勇んでしまう。やっぱり上がいいらしい。 そこで、例の二タテを食らった沈下橋へ向かうわけだが、やっぱり三タテを喰らう。今日はギラさえ見えないでいた。

カテゴリー一覧
商用