chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
今日の空模様 - 人生、晴れの日もあれば雨の日もあるさ - https://huraibo8.hatenablog.jp/

北海道に住んでいる管理人が、カフェについて思ったことを書こう…と思ったのですが、日常を語ることにしました。 お時間あれば、よっといで?(小樽についても、時々書く予定)

30代後半になってしまう管理者。(22.06.12 現在) 将来的には「小樽」をテーマに書きたいとは思いつつ、 今のところは「日常」だったり、好きな「ゲーム」や読んだ「本」や 行った場所のことを書いたりしている…なんとも雑多なblogでございます。

風来坊
フォロー
住所
北海道
出身
北海道
ブログ村参加

2018/10/15

1件〜100件

  • ステッカー欲

    シンプルな方がいいとは思いながらも… 時々「ステッカー欲」というのがやってくる。 今がその時期である。 その時期が訪れると、 ステッカーを貼った電子機器との別れが近づいている… そんな気もする。(けれども、気のせいかもしれない) これはあくまで、自分の中だけの話である。 購入して10年以上経ったであろうノートPC。 iPadを購入してからというもの、 全く触らない日も多くなり…放置気味な今日この頃。 今まで飾るという考えすら持たなかったのだが、 最近気に入ったステッカーを見つけて、飾ることにした。 結果、思った以上にいい感じに仕上がった。(あくまでも個人的に) 派手派手な気もしないでもないが……

  • 素っ気ない Part.2

    ©︎いらすとや 自分が敏感過ぎるのか…この日も素っ気ないを感じた。 一度利用したことのあるカレー店を久々に訪れる。 自分がディナー時間の初めてのお客らしい。 けれども、歓迎もなく勝手に席へ座る。 システムを理解していない自分も悪いが、 接客も終始素気なく…カレーは美味しかったんだけど、 どこか寂しい気持ちになった。 お店に誰もいなかったせいかもしれないけれど… 以前友達と来たことがあって、 その時は美味しくて、楽しい時間を過ごせたんだけども。 きっとひとりで来たのが…いけなかったんだな。 そう考えることにして、店を後にする。 晴れの日もあれば、雨の日もある…まさにblogのサブタイトル通り! …

  • 素っ気ない

    ©︎いらすとや 好きなカフェがあるのだけど…ひとつ問題がある。 それは「店員さんが素っ気ない」ということだ。 全員ではない。 いや、比較的ほとんどの店員さんが素っ気ないけれど、 そこで長く勤めている店員さんが…特に素っ気ない。 お店へ入ると、機械的に「いらっしゃいませー」が聞こえる。 席につくと、メニューを提示され、 今日のお菓子の内容が説明される。 そして、注文を取って…商品を提供する。 ここまで、驚くほどの無表情なのだ。 その店で長く滞在することも多かった。 そもそも認知されているかも怪しいが、 それが原因だったら…こちらが謝らなければならない。 しかし、そこまでの流れには…きっとならない…

  • 呆れたInstagram

    ©︎いらすとや 自分は未だに…Instagramと勝手に戦っている。 それは広告表示の関係なのだが… どうも自分のスマホでの行動を読み取られているようだ。 最近、昔ハマっていたスマホゲームの熱が再燃し、 気分転換をしたい時にプレイしている。 そのせいなのか、日常アカウントには…ゲーム広告の山。 広告アカウントをブロックしても、 そんなアカウントは星の数ほどあるようで…キリがない。 それにストーリーズに掲載される広告の中には、 Instagramのアカウントを持っていないものもあり、 あの手この手で広告を挟み込んでくる。 「いいね」を押すのも… 日常と食べ歩きのアカウントでは傾向が異なる。 だか…

  • 知らないことが多過ぎるけども

    ©︎いらすとや 30代になったら、 もっと知ってることが多くなると思っていた。 けれども、実際は…全然違っていた。 未だに知らないことが多い。 覚えられないことも多い。 むしろ、覚えられないことの方が増えてきている。 ポケモンの名前とか…きっともう、覚えられない。(笑) こうも学ぶことが多いのか… 時に絶望することもあるが、 そういう気分になるのは稀で、 逆にまだまだ頑張らなきゃいけない…そう思うことが多い。 基本的に楽観的に考える性格だから、仕方がない。 けれども、こういう生き方は…ストレスが少なくていい。 是非、みんなと共有したい生き方だ。 知らないことは多過ぎるけども、 明るく楽しく、前…

  • 「キッチン」を観て、函館を想う

    自分は、吉本ばななの作品が大好きだ。 今でも本棚には、文庫本が残っている。 引越しの際に本棚の整理をしたが、 吉本ばなな作品だけは…手放せなかった。 最近はちょっと作品から離れていたのだが… 数日前に「キッチン」のDVDを買った。 自分の中では「ようやく」である。 ずっと買うかどうか悩んで…今に至った。 キッチン [DVD] 川原亜矢子 Amazon 自分は川原さんのものしか知らなかったが、 どうやら富田靖子さんが出ている作品もあるらしい…。 自分が買ったのは川原さんのもの。 演技や映画独自のストーリーは脇に置いといて… 世界観がとにかく素敵である。 ロケ地が函館(時々、札幌なども登場?)なの…

  • 「せかいかんをだいじに」

    ©︎いらすとや あるホテルにて。 ロビーに併設されたカフェを利用する。 ホテルと言えば、非日常的な空間を味わえる場所だ。 それを楽しみに来る客もいるだろう。 (自分もそのひとりである) そんな中、デザートプレートを注文したら… 目の前のカウンターに置いてあるラップ付きの皿を、 店員が持ち出し、ラップを目の前で剥がし始めた。 そして、それをポンと自分に手渡すのである。 確かに…コストパフォーマンスなどの問題もあるだろう。 ただ、ここはホテルだ。 季節などによっても料金は変化するが、 そこは世界観を大切にしてもらいたいところだ。 ただ、自席についてからの時間は… 非日常的な雰囲気を味わえて、「最高…

  • 組織で生きるということ

    意識が高いことはいいことだ。 そんな人の言うことを聞いていると… 自分も頑張らなければならない、そう思う。 けれども、「意識高い系」の人が言うことは… その限りではないのだ。 自分の周りにもそのような存在はいるのだが、 ちょっと尊敬する部分もあるから不思議だ。 言ってることは全く響かないが、 組織で生きるうえの知恵はちゃんと心得ている。 あぁ、こういう人が偉くなっていくのかな…と、しみじみ。 その人は、自分ひとりでその知恵(院内政治の知恵)を修得はしない。 必ず「師匠」がいて、その考えは伝授(伝染?)される。 こうして、素晴らしい組織ができあがるわけだ。 こうは書いているが…それに抗えない自分…

  • 珈琲

    コーヒーは「珈琲」と表現するタイプだ。 別に理由はない、なんとなく。 そのなんとなくがずっとあって…今に至る。 カフェは好きだか…そこまで珈琲には詳しくない。 ただ、カフェ好きな人と同じくらい…飲んではいる。 昔は深煎りの豆が好きだった。 苦いのこそ、珈琲だ…とか、いい気になって考えていた。 けれども、あるカフェで酸味のあるものを飲んでから… 考え方が変わったし、そこから好みにも変化が生じた。 今は酸味のある方が好きになった。 ブラックで当たり前のように飲んでいた冷たい珈琲は… ミルクを入れて、飲むことも多くなった。 ブラックがかっこいい…と思っていた時代は、過ぎ去っていった。 それぞれが楽し…

  • 幽霊は女性ばかり、白ばかり

    ©︎いらすとや 学校の七不思議のことを書いていたら… ついでのように思ったことがある。 「幽霊って、決まって…女性じゃね?」 どうやら幽霊社会は女性社会のようだ。 そっちの方に話を持っていきたいのではない。 ワンパターンじゃないか、という話をしたいのである。 一時期、「リング」で貞子が一躍有名になってから… その傾向に拍車がかかった気もする。 けれども、それ以前から…幽霊は女性が多く、決まって白装束だ。 昔も今も亡くなった方が着るから仕方ないが… 顔も白っぽくするのはいかがなものだろう? いくらお亡くなりになってはいても…そこまで白くないだろう。 幽霊の世界も…バラエティー豊富であって欲しい。…

  • 七不思議なんて知らない

    ©︎いらすとや 先日、都市伝説の本を読んで… 「学校の七不思議」の項目を読む。 そう言えば、小学生の頃… 図書室にシリーズ本が入荷したら、瞬く間に人気となった。 そのシリーズの第●巻(何巻目かを忘れた)を借りると、 その人に不幸が訪れるというジンクスもあった。 (自分は借りてから、今まで経験しなかった寝違えをした) 我々世代はきっと、小学生時代には必ずと言っていいほど、 「学校の七不思議」が噂されたのではないかと思う。 ただ、振り返ってみると… 当時もそうだったと思うが、学校の七不思議は曖昧だ。 そもそも、自分の学校には七不思議があったのか? それすらも分からないまま…今に至る。 当時、花子さ…

  • 海はまだまだサマータイム

    *写真は別場所で撮影 ちょっと野暮用で…海に近いエリアへと足を運ぶ。 既にトンボが飛び始め、気候も涼しくなりつつある。 海はお盆を過ぎると、シーズンオフだと思っていたが… どうやらそうでもないらしい。 海水浴はさすがに…と思っていたら、 浮き輪を持って歩いていた人を見たから、 その方々はもしかしたら、海を楽しむのかもしれない。 一方で色々な荷物を車から下ろしている人たちを見かける。 このグループは、おそらくBBQ勢。 この日はいい天気だったので、絶好のBBQ日和なことだろう。 海はまだまだ夏模様だ。 ハーフパンツに半袖、夏の雰囲気が漂っている。 若者が比較的に多いのも特徴か…きっと海の魅力なの…

  • カバンの置き場所

    あるカフェで、席を事前に確保する。 確保した隣の席には、既に座っている人が。 机に自分のバッグを当たり前のように置いてある。 …皆さんは、どうだろう? その店にはバッグを入れるカゴが用意してある。 その場合は、床にカゴを置いて、 そのカゴの中に入れるのではないだろうか? もしかしたら、カゴの存在に気づかなかったのかもしれない。 お店が積極的に案内しているわけではないので、 初めて来店するなら気付かないこともある。 ただ、自分がカゴにカバンを入れても…全く興味無し。 正直言うと、個人的にはそのカバンが自分の作業の邪魔になっている。 言わない(言えない)自分も自分だが… もう少し気配りをしてもらい…

  • たまには違う空間で…

    基本的に自宅ではあまり集中できないので… 作業をするためにカフェへと行く。 ただ、カフェであっても…集中できない時はある。 それに、似たようなことをしていると… どうも新鮮味が無くて、考えも凝り固まる気がしてならない。 そんな時は、思い切って空間を変えるようにしている。 …と言っても、そんなに頻繁にはできないが。 昨日の「おひとり様、笑われる」のように、 自分が過ごしたいと思った場所に宿を取り、 記事を書いたり、勉強をしたりする。 しかし、この場合も…うまくいくとは限らない。 その施設が魅力的過ぎて、 当初やるはずのなかったことに集中することもある。 まぁ、それはそれでリラックスできているので…

  • おひとり様、笑われる

    「最後の夏休み」の時間を過ごしていた。 当初決めていた休みの間に、 さらに休みを追加させてもらい… 地元宿へ泊まることにした。 自宅があるはずの地元で、 別の空間に滞在することで…ちょっと旅気分。 コロナ禍になってから、はじめたこと。 これが意外と…癒されるのだ。 ただし、心に傷を負うことも。 ホテルなどはカップルが多いので、 おひとり様(特に男性ひとり)だと、 ちょっと笑われることもある。 自意識過剰だろうか…いや、そんなことはないはずだ。 部屋に入ってしまえば、こちらのもの。 あとは、のんびりと時間を過ごしてゆく。 おひとり様に優しい社会に…なってもらいたいものだ。 にほんブログ村 にほん…

  • ランチの失敗は大きい

    充実したランチを過ごしてから数日後。 唐突にランチすることになったもんだから、 急いで周辺の地図を見て…あるお店に決めた。 なんかこの店、来たことあるなぁ…と思ったら、 別のお店だった時に訪れたことを思い出す。 以前のお店の名残が残っているように思える… 椅子を譲り受けたのかな? それとも、自分がその雰囲気を記憶し過ぎてるだけなのか…。 注文したものが意外と早く到着。 驚きながらも食べ始めたが…どうもパッとしない。 お昼時を過ぎていたからかもしれないが、 周りにお客は1人いたくらい…うーん、チョイスを間違えたかな? 健康生活を始めてから、 ランチをする機会は減った気がする。 そして、そのランチ…

  • ゆったり、カフェディナー

    *「ゆったり、カフェタイム」からの続き。 この日はやることが色々あったのだけど… 食事の時間は長くとれるという不思議。 まぁ、こんな日があってもいいかな…そう思って、お店選び。 ファミレスで簡単に済ませて、 読書でもいいかな…と思ったのだが、 付近に適当なファミレスがない。 地図アプリで色々探して、カフェを何軒か見つける。 ランチを豪勢にしてしまったから、 ディナーは健康生活的にはヘルシーにしたい。 でも、夜の作業も長いから…と、色々なことが頭をよぎる。 結局、カフェへ行くことを決めたのだった。 夕食時間よりちょっと早め。 お客は誰もいなかった…が、提供に少し時間がかかるとのこと。 全く問題な…

  • ゆったり、カフェランチ

    行動範囲が変われば、 訪れる場所も変化するのは当たり前で…。 そんな当たり前な変化で、また行かなくなったカフェがひとつ。 そんなカフェへ久々に行って、ランチすることにした。 今やすっかり人気店、ちょっと寂しい気持ちになりながらも、 パスタを注文…ついでにデザートも。(プリンが美味しい!) ご夫婦で切り盛りをしているお店なので、 かなりハードに動かれているけど、 注文を捌くにはやはり時間がかかる様子。 次の予定まで急いでいるわけではないので… のんびり待つことにした。 サラダが登場して、ゆっくりと味わう。 食べ終わったら、読書をする。 パスタが到着して、美味しさに感動! 食べ終わり、また読書の時…

  • 付箋のバカヤロー

    以前、「付箋」がマイブームだった時期がある。 そのおかげ(?)で、今も付箋には困らない。 色々な種類があるが、 犬や熊などが描かれているものが多い気がする。 他にも風景の付箋も…ちょこちょこある。 デザインがオシャレでも、 使い勝手がいいかは…また別の話。 このマイブームの時期に、大失敗をしたことがある。 いつもであれば、文房具店へ行って、 直接選ぶことが多いのだが… この日はなぜか、Amazonで物色を始める。 意外とオシャレなデザインのものが多く、お値段もお手頃! そう思って、ついポチッとしてしまった。 後日、届いたものを見て…驚いた。 どうやら自分は、海外の付箋を買っていたようだ。 普段…

  • 忘れないようにするには?

    写真では分かりにくいのだが、 なぜか薬指の爪を切り忘れた。 それに気付いたのが職場にいる時で、 気付いてから…それが気になって、仕方がない! 職場に爪切りは置いてないし…結局は忘れるしかなかった。 けれども、帰宅しても忘れたままではいけないので、 手にメモすることにした。 まさか社会人になって、手にメモするとは…。 ただ、ダイレクトに「爪切り」とメモしてしまうと、 万が一見られた場合にとっても恥ずかしい。 自分だけが分かるメモにしなければ…! そう考えて、結局「つめる」とメモをした。 爪を切る…略して「爪る」という解釈だ。 これはこれで「詰める」と解釈されて、 この人は何を考えているんだ?! …

  • 「3」の理論

    子どもの頃、友達とこんな話をしたことがある。 「奇数でいると、絶対誰かが浮く」 特に「3」という数字はいけない。 ペアができると、残されるのはひとりだけ。 仲良く話している中で、ひとりぼっちは辛いものだ。 だから、昔から奇数はうまくいかない。 そんなことは学習済みなはずなのに… この奇数になることが意外と多い。 この前、学生時代の友人と久しぶりに会った。 この時も…3人だった。 学生時代も3人でいることが多かったが、個人的にはちょっと苦手だ。 このパターンだと、自分がひとりぼっちになることが多いから。 ペアは互いの趣味について、楽しく話す。 一方の自分は、その趣味に全く興味無し。 興味を持てば…

  • 久しぶりのサウナ

    この前、久々にサウナへ行った。 マイブームになってた頃は、 週に1回か2回は行っていたのだが、 最近はちょっと下火気味。 けれども、好きなことには変わりない。 今まで「整う」という感覚がよく分からなかった。 そもそも、この言葉があまり好きではないのだが… 今回はすこしだけ、この感覚が分かった気がした。 久々に入るサウナ。 なぜか、いつもより長く入れた気がする。 出た後に水風呂へ入り、室内で瞑想に入る。 (この日は雨だったので、外気浴はできなかった) …うん、気持ちよかったよね。 頭の中がスッキリして、とても気分がよかった。 少し長く…サウナに入れたから? それとも、久々だったから? 個人的結論…

  • イチゴ、選びがち問題

    最近、自分の傾向に気づいた。 カフェで甘いものを注文する時… 「イチゴ」を選ぶ確率が高いということに。 特に意識をしているつもりはないのだが、 限られた選択肢の中で、最後はイチゴになる。 キャラメル風味などはあまり好きではないし、 チョコも最後に食べ飽きてしまうので…あまり選ばない。 そうなると…イチゴが残るのである。 もちろん、シンプルな選択肢もある。 ただ、それはそれで…彩りが足りない気がして、 結局はイチゴの「赤」を選んでしまうのもある。 ワンパターンは否めないが…外れないのも確かなのである。 イチゴは美味しい。 若干の酸味はあるけれど、甘味もあるからいい。 まるで人生のよう…とは、言わ…

  • ベビーカステラが好き

    健康を目指す日々(7) 誘惑の多い世の中。 弱いのは自分だけじゃないとは思うけれど… 未だに誘惑には連敗中だ。 甘いものの摂取が増えている今日この頃。 その中でも好きなのが…ベビーカステラ。 掴むのにちょうどよく、 口の中に放り込むにもピッタリなサイズ! パクパクパクパク…次々と食べてゆく。 最初は半分だけと思っていても、 気が付けば完食してしまうから、恐ろしい。 甘いものの誘惑…対処法はないものか。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • アナログの波がやってくる

    blogを書くにも、書籍を読むにも… 専らiPadを使っている。 最近は、ノートなどもiPadだから、 身の回りのデジタル化が止まらない。 ただ、そんな中でもアナログの波が定期的にやってくる。 やはり、原点は書くことだ。 書いて、色々考えて…身についていく。 その基本事項は、デジタルな世の中になったとしても… 変わらないと信じたい。 そんなアナログの波がやってきてる時は、 文房具店に行くのが楽しい。 付箋やペンなどは好きなものを揃えて、 気持ちから盛り上げていくのである。 さて、今日はどんな道具を使って、楽しもうか? *写真はこの前購入したノート にほんブログ村 にほんブログ村

  • 透き通ることの美しさ

    カフェへ行くと、 決まって夏は…アイスコーヒーを注文する。 そんな時に、気になることがある。 それは「透き通っているかどうか」という点だ。 個人的には透明なのが普通だと思っているのだが、 時々濁っているものが出てくることがある。 ネットをちょっと調べてみたら、 どうやら作り方によって、 濁りが出てしまうことがあるようだ。 あまり考えたくはないが… 器具の洗浄具合も原因にあるとのこと。 結論としては…透き通っているアイスコーヒーが、 美しく、美味しいのだ。(あくまで個人的見解ということで) にほんブログ村 にほんブログ村

  • 魔法のメール

    最近、よく聞くフレーズ。 「メールしたから、大丈夫です」 時と場合によるが…それに関して、問いたい。 「何が大丈夫なんだ?」と。 電話は相手の都合なども考えずに、 時間を奪ってしまうこともあるだろう。 ただ、それは本当に「時と場合による」のである。 締め切りを守らずに、こちらを困らせそうな場合は… メールではない、確実に電話である。 ただ、若い人にはそれがなかなか通じない。 メールには、魔法でもかかっているのだろうか? 自分が送れば、相手は必ず見てくれる…そんな説があるのか? 古い考え方なのかもしれないが…そんな説はない。 都合の悪いメールだったら、読んでもスルーするだろう。 電話も出てもらえ…

  • 接骨院と自分

    この前、久々に接骨院へ行った。 行くと、いつも施術してくれる人がいなかった。 その代わり、代理で来てる人(ゴリゴリ揉む男)がそこにいた。 いつもの人じゃないと…意思疎通が難しい自分。 まぁ、肩や首が痛いから今回は仕方がない。 結果としては、今回もゴリゴリやられた。 サウナの時も同じ気持ちになるのだが、 身体にいいことしているはずなのに… 終わった後に爽快感を感じない。 (ちょっとは軽くなったけれども) これが不思議でたまらない。 いつも悶々とした気持ちで店を出ている。 他の接骨院だと…もしかしたら、違う感覚になるのかな? この悩みは…まだ続きそうだ。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • フロートの楽しみ方とは?

    クリームソーダなどの類いは、 あまり注文しないのだが…時々は恋しくなる。 その時、いつも正しい食べ方が分からなくなる。 個人的には、透明なソーダを汚したくないので、 ソフトクリームやアイスクリームを先に食べてしまう。 全て食べ終えたら…シュワシュワするソーダを味わうのだ。 けれども、写真のフロートを食べる時…少し考えた。 フロートが意図してるのは、 自分が今まで避けていたことなのではないか? このクリームを、ソーダに溶かすのがいいのではないか? そう思って、少しだけ溶かしてみた。 まぁ、これもありかな…とは思いながらも、ちょっぴり後悔。 それぞれがいいと思った方法が、 正しい楽しみ方なのかもし…

  • 夏色ソーダ

    夏には、カフェでソーダが登場する。 美味しいのはもちろんだが、見た目も綺麗だ。 それだけじゃなく、口の中に爽快感が広がる。 昔、とあるカフェで飲んだイタリアン・ソーダを思い出す。 種類がいくつかあって、 グリーンにピンク、オレンジなど…色を楽しめる。 窓から差し込む光に、ソーダが照らされ…やっぱり綺麗だった。 もちろん、写真のような無色のものも綺麗だ。 泡ができては消える様子を見るのも楽しい。 もう夏も終わりに近づく。 しっかり季節を楽しんで終わりたいものだ。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 日常を深める方法

    カフェからの帰り道、SNSを眺める。 他の人が投稿した写真を目にして… 改めて、自分の日常の過ごし方を再考しようと感じた。 自分よりも素敵な写真を撮れる人は沢山いる。 そう思うと、なぜSNSにアップしてるのか…分からなくなった。 だったら、違うことに集中した方がよいのではないか? こうやって逃げるパターンが多いけれど、 そう感じてしまったのだからしょうがない。 「健康」のことも考え始めたところだし、 食べ歩きはそれと共存することは難しい。 食べ歩きは好きだけれど…年齢的にもセーブする時だろう。 そうであれば、「日常を深めること」を考えていこう。 でも、どうやって深めていく? それは…これから考…

  • カフェの中にオッサン

    この前、久しぶりに行ったことのないカフェへ行った。 新しいお店へ行くと、当たり前だが雰囲気が分からない。 それゆえのアウェー感には…未だに慣れない。 そのうえ、お客さんが女性ばかりだったら…尚更辛い。 この前の新規カフェは、女性ばかりだった。 自分もいい具合に年齢を重ねている。 ふと、「カフェの中にオッサン」というフレーズが思い浮かぶ。 余計にカフェの中で浮いた存在になってる気がした。 考え過ぎ…とも思わなくもないが、 周りのお客さんでも感じているのではないか。 だって、どうしても異質な空気を出してしまうわけだし。 未だにこの解決法が思いつかないが、 カフェ巡りを卒業すべきか…ちょっと悩んでい…

  • 都会の楽しみ方

    都会に移り住んで、数年が経つ。 「ビルの森」にいることにも、大分慣れてきた。 そして、最近は楽しみ方も覚えた気がしている。 規則的に並んだ窓やバルコニー。 こんなマンションを見ていると…無性に観察したくなる。 じーっと見ていると怪しい人に間違えられるので、 注意が必要だが…それが無いなら、時間の許す限り眺めていたい。 何気ない駐車場でも、夜に見ると雰囲気が出ていたり、 ちょっと変わった構造の建物があったり。 都会にも都会なりの楽しみ方があるな、と感じている次第だ。 まだまだ歩いたことのないエリアはあるので、 散歩を楽しみながら、建物探索をしてみたい。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 波と柱時計と…

    朝の早い時間に…初めてのカフェへ行く。 海の近くにあり、味わいのある建物。 行った時は奥様1人が、出迎えてくれた。 最初はカウンターに座ろうとしたのだが、 2階席もあるらしく、そちらを利用することに。 時間も早かったせいか、まだ誰もいなかった。 1階からは野球中継のラジオが聴こえたが、 程なく2階フロアからもジャズが聴こえ始めた。 窓側の席に座ったので、心地よい風が入り込む。 そして、海が近いから…波の音もかすかに聞こえてくる。 それが涼しさを演出してくれている。 電車の音まで…色々な音を楽しめるお店だ。 最後は、店内に響き渡る柱時計の音。 素敵なカフェには、必ずあるようにも思える。 音を楽し…

    地域タグ:小樽市

  • 白玉を食べる幸福

    これはきっと…びっくりドンキーのせいだと思う。 「パフェ」と言って、思い出すのは… どんなカフェで食べたものよりも、 びっくりドンキーの「メリーゴーランド」を思い浮かべてしまう。 あれほど沢山食べたパフェは、他にないだろう。 残念ながら、今はメニューから消えてしまったが、 あのパフェには最後のお楽しみがあった。 それが「白玉」である。 特に味は付いていないのだけど、 あのプニプニした食感がとても心地よい。 溶けてしまったソフトクリームと一緒に食べれば、 甘さも加わり、食べてる時間が幸せな時間に変わる。 …その経験が多いせいか、 今でもパフェに白玉が添えてあると、 その光景を見るだけで幸せな気持…

  • 旅立ち前のモーニング

    こんな世の中になる前は… 自分だって、1年に1度くらいは飛行機に乗った。 乗り方など、少しずつ慣れてはきているけれど… やっぱり空港へは早めに到着する。 そうなると、大体が朝ご飯抜きなのである。 お腹ペコペコで空港内を歩いていると… モーニングをやっているお店が何軒かあった。 そこで旅立ち前のモーニングをいただくのが…好きだったりする。 お気に入りだったのは、最上階にあるお店。 カウンター席が店の外にあって、 そこから空港内の人の動きが見下ろせる。 あぁ、自分もこの流れに加わるんだな… そう考えながら、のんびり朝食を食べるのだ。 今だったら…きっとシンプルなメニューを選択する。 トーストにサラ…

  • 貯金箱に関する、大したことない悩み

    北海道、30代、男性の方からのお悩み。 ---------------------------------------------------------------------- 最近、貯金箱をもらいました。 ゲームセンターで友達がとってくれたもので、 とても嬉しく、部屋に飾っています。 フィギュアとしても十分存在意義はあるのですが、 本来は貯金箱ということなので、 これをキッカケに「500円貯金」を始めようと思いました。 しかし、なかなか手元に500円がまわってきません。 それもそのはず、最近はキャッシュレスな生活になり、 あまり手元でお金が循環していないことに気付きました。 これはやはり…

  • ペリカンがいない

    水族館へ行った時、ひそかに楽しみだったことがある。 それは「ペリカンに再会すること」である。 イルカショー会場の手前に、ペリカンはいた。 出会った当時、とても印象に残っていた。 どの動物よりも人間に媚びず、 自分のペースを決して乱すことのないペリカン。 その堂々たる姿に、すっかり惚れてしまったのだ。 今回も同じ場所へ行ってみると…そこにはペンギンがいた。 あれ?記憶違いかな?? その後も水族館の至るところに行っても、 ペリカンと再会することはできなかった。 勝手に天国へ行ってしまったと思い込んでしまった。 けれども、帰ってネットで調べてみると… ペリカン達はちゃんと生きていた! そう、ただ引っ…

    地域タグ:北海道

  • 広告イライラ

    Instagram、なかなかの存在である。 始めた人間が言うのもなんだが、 使っていて…満足しているわけではない。 欲求不満もありながら、使っている状況が続く。 最近落ち着いたと思っていたことが、 再燃して…ちょっと困っている。 それが「広告」である。 きっと仕組みがあって、表示されているんだろうが… 身に覚えがない。 2つのアカウントのうち、日常アカウントで起こっていることで、 広告が「スマホゲーム」一色になっている。 スマホゲームは好きだ。 昔はダウンロードもしていたし、 ちょっと前まではプレイしていたものもある。 ただ最近、よく広告で登場するスマホゲームに… 別れを告げたばかりだ。 「ポ…

  • 叫び声が聞こえる

    水族館では、色々な「音」が聞こえる。 飼育されている動物はもちろんだが、 カモメやカラスなど、鳥達の鳴く声。 子どもが叫ぶ、泣く、笑う声。 大人の叫ぶ、怒る、笑う声。 こう書き並べると、「叫ぶ」状況が多い気がする。 ここでは、餌を海の動物達に与える時にそれが聞こえる。 どうやら、その餌をカモメが狙っているらしく、 いつもでは考えられないくらいに攻撃的に向かってくる。 その姿を見て、ちょっと怖くなるが…これが本能なのだろう。 餌をここで得なければ、食いっぱぐれてしまうかもしれないのだから。 (ちなみに、ここではカラスが可愛らしく見える) そんなことを知らない人たちは、 近くまでやってきたカモメに…

  • アザラシよりも子ども

    また水族館話。 アザラシショーがスタートし、 アザラシ達が色々と頑張っている時に、それは起きた。 アザラシがショーをしていると同時に、 自分の手前にいた子どもも、芸を披露し始めた。 それは前列から後列へと移動するという技だ! 大人にはサイズ的に不可能なことでも、 子どもであれば、前列と後列の間にある柵の隙間は 問題なく通り抜けられる。 ただ、ここでトラブル発生。 前列から後列へ…通り抜けたはいいのだが、 どうやら後列から前列へは戻ることができなかったらしい。 戻れないことが分かって…子ども、ギャン泣き。 親が早々に助け出し、アザラシショーからも退席してしまったのだった。 なんか…こっちのショー…

    地域タグ:北海道

  • グルグル泳ぐイルカ

    ある日、おたる水族館へ行った。 そこにイルカの水槽があって、 真上からも眺めることができた。 少しの間、その水槽を見ていたのだが… イルカは飽きもせず、グルグルグルグル回っている。 そして、決まった場所で息継ぎをする。 時々不規則な動きはするものの、 それを見ながら…ふと思った。 「イルカ、飽きないのかな?」と。 イルカであれば、調教の時間もあるだろう。 人間に芸を仕込まれたりもするわけだから、 もしかしたら、このグルグルの時間こそ…至福の時なのかもしれない。 (辛かったとしても…解決はしてあげられないが) あくまで…すべて人間視点。 そんな変なことを、水族館でずっと考えていたのであった。 (…

    地域タグ:小樽市

  • 恋しいトースト

    食生活を意識するようになってから… すっかりご無沙汰になったパン。 なぜか最近、恋しくなってしまう。 ちょっと小腹が空いた時に入ったカフェ。 いつもは珈琲だけで我慢できていたのだが、 最近は誘惑に負けて、注文してしまうのがトースト。 以前投稿した「小倉トースト」は序章で、 今も続いてしまっている物語なのである。 トースト物語…早く終わって欲しい! けれども、食べるトーストはいつも美味しい。 お店によって異なるが、 自分でバターをつけるお店もあれば、 既につけてくれるお店もある。 ジャムは日替わりで変化するお店もあるが、 ほとんどがイチゴ。(トーストの定番なんだろうか?) マーマレードが登場する…

  • レディー・ガガとNetflix

    健康を目指す日々(6) 家で運動をする時、とても役立つものがある。 それが「Netflix」である。 コロナ禍の時に契約して、 おうち時間を彩ってもらおうと思っていた。 最初は役割を果たしていたのだが、 徐々に生活も通常運転になってくると… 次第にNetflixにも手が伸びなくなっていた。 だが、今回の健康生活において、 再び見る機会が増えて…ひと安心なのであった。 そんなNetflixだが、運動中に見ることが最近多いので、 見る作品は慎重に選ばなければならない。 その時の状況にもよるのだが…集中できない時はグダグダ。 この前は、レディー・ガガのドキュメンタリーを選んだ。 スマホの操作も色々し…

  • バスで移動中の思考回路

    バスに乗って、音楽を聴く。 聴きながら、外を眺める。 色々な人が行き交っている。 バスに乗っていると、不思議な感覚に陥る。 まるで自分だけ、行き交う人々と 別の時間軸にいるような気がするのだ。 もしかしたら、聴いている音楽のせいかもしれない。 スローペースな曲を聴いていると、 外の景色が遅く見えてくる。 逆に停車している時は、 外の方が忙しなく動いているように見える。 これは音楽に関係なく、そう見えてしまう。 なんか、自分勝手な解釈をしているな。 眠くなってきた、そろそろ寝るとしよう。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 小倉トーストに負けた夜

    健康を目指す日々(5) 今月は、読書月間にしている。 久々に、エッセイや短編小説などを楽しむ。 書いてばかり…とは言っても、 最近はストックを吐き出すばかりだけれども、 吸収することも必要だと思って。 一方で、健康生活においても「吸収」をしている。 こっちはあまり良くない意味である。 この日は…読書のお供に、「小倉トースト」を食べてしまった。 意志が弱くて、ホント泣けてしまう! 運動は継続しているが、今は絶賛停滞期中。 これを脱するまでは…悶々としてしまいそうで怖い。 そんなスッキリしない気持ちを、 爽快にしてくれたのが小倉トースト。 なんか…皮肉なものである。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 採暖室への理想

    サウナに現在、ハマっている自分。 「ハマっている」とは言っても、 最近はそこまで通えていないから…そろそブームも終わるかもしれない。 ただ、サウナを知ってから…ちょっとした悩みができた。 それは、プールにある「採暖室」の存在だ。 プールで冷えた身体を暖める目的なのだろうが、 室温が低くて…個人的には、中途半端に思えてしまう。 だからと言って、サウナのようにして欲しいとも思わない。 けれども、ジメジメするのは嫌だから、 サウナのようなカラッとした室内環境は欲しい。 要は、水着などが乾くくらいに乾燥しているのが理想なのだ。 よく行くプールの採暖室は、 施設が古いせいか…中途半端である。 コロナ対策…

  • コンビニっぽい

    バスに揺られていると、色々な建物を見かける。 ほとんどが見ても印象に残らないのがほとんどだが、 ある建物だけは…ちょっとだけ考えを巡らす。 それは、明らかに以前コンビニだったであろう建物だ。 あそこまで雰囲気を残せてるんだから… コンビニの建物はちゃんと「自分の色」を出せているんだ! そういう意味では、大成功な建築物であろう。 ただ、そのコンビニが無くなった場合…問題が残る。 そのコンビニが出していた「色」を、 どうやって抜いていくのか…これはかなりの難題だろう。 バスに揺られて見かけた建物は…結論から言えば、失敗。 ありゃ、ロー○ンの色がだいぶ残っているよ。 でも、使用している経営者は…そこ…

  • 蛾だって嫌だわな

    この前、バルコニーのものを移動しようと…網戸を開けた時だった。 勢いよく、蛾が室内に侵入して、 自分の頭の中は大パニックになった。 ど、ど、ど、どうやって追い出そう?!! フマキラーか?!アースジェットか?! という具合に、アースジェットしか我が家にないにも関わらず、 他社の製品を言えるんだから…その業界に就職できるかもしれない。 いや、そんな安易には無理だ…話を戻そう。 混乱はしていたものの、作業を完了させようと思い、 もう一度網戸を開けたら…今度は勢いよく、去っていったのだった。 よく考えれば、蛾にとっては迷惑な話である。 ただ、本能的に光の方向へ進んでいってみれば… 虫嫌いな人間がいて、…

  • 時にはご褒美も

    健康を目指す日々(4) 誘惑も多くなってきてるし、 制限をし過ぎても長続きしないと思って… 食べたい時は食べようと思っている。 けれども、以前のように大量に摂取するわけではなく、 「週に一度の楽しみ」という名目で楽しむようにしている。 そうなると、メニュー選びが重要になる。 頻繁に食べることはできないわけだから、 そのタイミングで食べたいものを選ぶ。 (できれば、カフェのスイーツがいい!) ただ、タイミングがうまく噛み合わない時もある。 そんな時は、ファミレスのデザートになることも。 写真は、サイゼリヤのプリン。 この時も久々のデザートで…極上の美味しさだった! 制限し過ぎて失敗したことが多々…

  • ハーブティーとカフェ

    その日、カフェへ入った時…妙に眠たかった。 メニューを眺めていると、「ハーブティー」を見つける。 疲労回復などの言葉に誘われ、ついつい注文。 以前お邪魔した時はランチの時間帯で、 とても賑わっていた某カフェ…今日はちょっと違う。 今回はカフェタイムに行ったのだが、 天気も悪かったので、自分も含めて数組しかいなかった。 このお店は、店内の雰囲気がとてもいい。 静けさが広がる空間で、のんびりと新聞を読んで過ごした。 自分なりの時間を過ごしていると、ハーブティー登場。 あまり飲むことがないので、効いているのか…イマイチ分からない。 うーん、のんびり飲みながら違う本でも読むか。 色々なカフェに置いてあ…

  • 暴飲暴食

    健康を目指す日々(3) 最近の生活は「制限」の状態なわけだから、 いつだって元の状態に…戻そうと思えば戻せるわけだ。 この前、戻すつもりは無かったんだけど…そんなタイミングがあった。 せっかく訪れた場所…そこでしか食べれないものを食べたい! 食べ歩きの血が騒いでしまったわけだ。 ボリューミーな白飯、デザート、デザート、デザート! デザートをこんなに食べる気はなかったのだが、 お店の雰囲気に負けて…つい注文してしまった。 今から体重を測るのが怖くなる。 結局、ここで吸収したカロリーは…後日消費しなければならないから。 帰り道、自己嫌悪に陥るとともに、 翌日以降のメニューを考え始めてしまった。 三…

  • 頭の洗濯

    今週のお題「最近洗ったもの」 最近、プールが退屈過ぎたんだけど、 歩きながら色々と考えるようになった。 今までは考え方に統一性がなくて、 雑多に色々なものが湧き出してる感じだったんだけど、 今はひとつのことについて、 ゆっくりと考えることができるようになった。 最近はblogやInstagramのこと。 どんな投稿をしていきたいのか…考えている。 結論にはまだ至らないものの、 少しずつ自分の考えを整理できてる気がする。 水の中に入っているから、 物理的に洗っているようなものだが、 頭の中を洗濯できた気がする。 結局、心の洗濯と同じことか…。 どっちでもいい、とにかくスッキリできたのだから。 に…

  • ミルクレープの規則正しさったら…

    お店で久しぶりにミルクレープを頼む。 数分後、提供されたその姿に驚く。 見事なまでに乱れのない、ミルクレープだったから。 ただ、ここで思い直した。 人間の口に入るものだから、 少し不恰好な方がいいのではないか? 工場で作られたとは聞いてもいないのに、 自分の手元にくるまでの機械的行程に… 思いを巡らしてしまった。(おそらく、妄想の域) これは追求しないでおこう… とにかく美味しいミルクレープ。 結論としては、見た目も楽しめて、美味しかった… 満足して、お店を後にしたのだった。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • クーラー強敵説

    暑い日が続くと、ちょっと困ったことがある。 汗っかきなので汗を沢山かく悩みもあるのだが、 「クーラー」も…意外な強敵なのである。 お店に入ると、クーラーで店内が涼しくなっている。 そして、ドリンクなどを注文して…読書を始める。 …徐々にそのクーラーから出る冷気で寒くなる。 外は暑いはずなのに、自分だけ寒くなる現象が発生するのだ。 「夏のカフェでは長居しない」ということなのだろうが、 のんびりしたいので…そこはどうにかならないだろうか? 夏は温度調節も大切だ…と感じた次第だ。 (身勝手かもしれないけど、この気持ち…どこかのカフェに届け!) (追伸) ちょっと前にも、同じようなことを書いていた! …

  • 月初めの決意

    昨日は疲労困憊で、更新を忘れてしまった。 一応、毎日更新はしていたのだけど。 そんな日もあるんだと思う。 結局は、現実世界の生活が大事だから、 そっちで色々やることがあるならば、 優先されるのは当然のことであろう。 …と、それらしい言い訳をしてみた。 記事は書いていたのだから… 更新作業をすればよかっただけのこと。 習慣を大事にせねば、と反省するのであった。 8月も頑張っていきましょう。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 褒められた朝食

    健康を目指す日々(2) 減塩生活を始める前、 栄養士さんの指導を受ける機会があった。 最初、自分の食生活を話す時、 反省点ばかりでとても恥ずかしかった。 けれども、結果的には指導を受けてよかったと思っている。 口に出して言うことで、 自分がいかによくない食生活をしていたか認識できたし、 気づけなかったことにも気づくことができた。 やはり何事も、しっかりと向き合うことは大切だ。 その後、自分なりに改善してみて、 栄養士さんに褒められた朝食メニューがこちら。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・ごはん(1杯、玄米) ・納豆 ・サラダ(レモンドレッシング) ・もずく酢 ・バナナ(1…

  • 空のように

    気持ちのいい青空だった。 世の中はコロナで大変なことになっているのに、 空だけはいつも通りである。 行動制限はまだされていないものの、 周りの目がまた気になり始める今日この頃。 自然と行動制限されている気がしてならない。 「正しい」とは、誰が決めるのだろうか? ルールに則る場合はそれが既に決まっているだろうが、 ルールがない場合は…人それぞれなことも多いのではないか? それを自分の価値観のみで正しいか正しくないかを決めるのは… ちょっと危ない気もする。 このコロナ禍で、最近感じていることだ。 ネットでの発言やネットとの付き合い方、ちゃんと考えないと。 色々な意見も取り入れて、広く世の中を見たい…

  • 生活の変化

    7月になってから、生活が変化した。 日々やるべきことが増えて、慌しくなった。 それは…主にプライベートな部分だ。 規則正しく生活しようとすると、 色々と時間配分をしなければならない。 この日はプールで運動する、この日は勉強する…など。 こうやって予定を組み始めると、なかなかにやるべきことが多い。 今までの生活が嘘のように、あっという間に時間が流れてゆく。 いいことのような気もするが…疲れることも多い。 ただ、時間は限られていることを強く感じることができた。 だから、大事に過ごそうとも考えるようになった。 さて、いつまで続くのか…自信はない。(笑) にほんブログ村 にほんブログ村

  • 最近の自分のblog

    最近のblog更新。 書き溜めて、朝に更新するスタイル。 このスタイル、気付いてました? 朝更新すると、見てくれる人が多い気がして… けれども、勘違いな気もする今日この頃。 「読んでもらいたい!」とは思うものの、 習慣化するのに精一杯で、 なかなか書くことも定まってない感じが否めない。 うーん、長年やっててもblogは難しい。 ここはひとつ、以前購入したblogの本を読もうか? もうしばらく、この悪戦苦闘にお付き合いください。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 憂鬱な本

    この本に出てくる登場人物を…責めることはできない。 あまり身近なことではないけれど、 手を伸ばせば、そんな環境はどこにでもある気がした。 自分だって、もしかしたら…陥っていたかもしれない。 その可能性だって、否定できないのだ。 けれども、今自分はちゃんとここにいて、 お仕事をして、blogを書いている…それだけでも幸せなのかもしれない。 生まれ育つ環境は、子どもには選べない。 じゃあ、どうすれば抜け出せるのか? 答えを見出せず、グルグルと頭の中で考えが巡る。 これは自分には…難しい問題だ。 読み進めると憂鬱になることが多いけれど、 ちゃんと読み終えたいとは思っている。 彼女達のストーリーを、し…

  • コロナへの対策

    テレビやネットには最近、明るくないニュースばかり。 コロナの感染者数は増え続けるし、何でもかんでも値上げはするし。 全体的に「上がっている」のに、 気分は下がる一方だから不思議なものだ。 移動や会食ばかりが悪く言われているが、 個人的には「感染症対策」という言葉が気になる。 果たして、本当にちゃんとやっての結果だったのだろうかと。 この生活に慣れ過ぎて、対策が少し甘くなってはいないか? ちょっと考えてみたいと思う。 1、マスク 長い間、マスクをする生活が続いている。 そのせいか、マスクもオシャレの対象になってくるとは思うが… ここは黙って「不織布」を選択すべきだろう。 2、会食 食べる時は黙っ…

  • 次々とやってくる甘い誘惑

    健康を目指す日々(1) 以前も書いたが…また誘惑が襲ってきている。 塩分調整は順調で、体重も減ってきた。 ただ、体重の方がちょっと停滞気味で、 気持ちもやや下がり気味な今日この頃なのである。 そもそも、「減塩生活」が本当の目的であったが、 ここまで来たら「減量生活もしよう」と思い立ち、 ダイエットも並行して進めている。 ただ、運動も少し始めたのにも関わらずの停滞だったので… さすがにちょっと、やる気を失っている。 少しくらい食べてもそこまで大きく変化しない… そう思って、この前もフライドポテトを食べてしまった。 案の定、そこまで増えなかったものの…やや増量。 体重計に乗った後で、後悔が襲ってく…

  • 無言のリクライニングシート

    電車やバスに乗るとある…リクライニングシート。 個人的には、倒したところで快適度にあまり変化はないので、 倒さないで過ごすことが多い。 (後ろが壁だった場合は、最初っからフルスロットル!) リクライニングシートの後ろには、 人が座っていることがほとんどであろう。 それを分かっていないのか…無言のままで、 そのシートを倒す人が最近多い気がする。 自分は乗り物に乗る機会が減っているので、 嫌な気分になることは少なくなったものの… そういう経験をしたことは多い。 「なぜ、一言かけられん?」 そう思うのだ…それに無言で倒すのが、 いい年齢の人となったら…呆れるしかない。 お前はコミュニケーションの取れ…

  • ある日の自分の考え

    ブログ画面を白紙にしたまま、外の景色を眺める。 そして、そのまま…ボォーッとしてしまう。 こういう時、凡才だなとつくづく思う。 とは言っても、文章を書くことが本職ではないし、 副職でもない…まさに趣味の域から抜け出せていない。 だから、これでもいいのかもしれない…が、 自分の中ではいまいち、スッキリとはしないのだ。 日付は変わり、外は雨。 座っているポジション的に、 身体をねじらないと…外の景色は眺められない。 強制的にiPadの画面と睨めっこである。 さて…今日は何を書こう? みんなに読んでもらって、色々と感じてもらいたい。 そんな文章を目指して、今日も書いていこうと思う。 にほんブログ村 …

  • 人を見抜く手段

    人間の本性は、なかなか分からない。 けれども、人それぞれ…それを見抜こうとする。 例えば、ある人は足元を見る。 靴がくたびれていれば、 そこまで気配りができない人かもしれない。 例えば、ある人は眼鏡を見る。 ある人は…続けていけば、キリがないくらい。 おそらく、人を見抜く手段は沢山登場するだろう。 では、どれが的確なのか…それはイマイチ分からない。 結局は、自分の勘次第…になってしまうのだろうか? 個人的には、どうでもいい人への対応方法かな…と思っている。 人間関係は、必ずしも同じように続くとは限らない。 喧嘩などをして、関係が壊れる時だってあるだろう。 そうすれば、その人は…あなたに冷たく接…

  • 便利が不便な社会

    あるホームページを読んでいて、不明な点を見つける。 問い合わせしようにも、電話番号がない。 お問い合わせの項目をクリックすると、 メールフォームが登場して、打ち込むように誘導される。 最近、こういうケースが多い気がする。 今のご時世、メールなどで問い合わせるのが主流なのだろうけど、 不親切な気がしてならない。 これは昔気質なのだろうか、そうだったらご勘弁を。 確かに、電話は人の時間を奪ってしまう。 何をしているか分からない相手に突然電話するのだから、当たり前だろう。 お互いがビジネスマンの場合は、一定の配慮が必要かと思うが、 客がお店に問い合わせる時は、この限りではないと思うのだ。 電話で色々…

  • 冷静に会合をしたい

    ちょっとした会合に参加する。 担当者が説明を終えたところで、 質疑応答に入る…どこにでもあるプログラム。 説明終了後、何人かが質問する。 とても素晴らしいことだと思うのだが、 その際に損をしてしまう人もいるから不思議である。 質問の仕方がいかにも攻撃的な場合、 やり取りを聞いている我々は色眼鏡で見てしまいがちだと思う。 「あぁ、質問してる人…あまり好きになれないな」と。 これは話し方からの印象の問題で、 その人自身は説明の欠陥をちゃんと指摘しているのかもしれない。 けれども、イメージが先行することの方が多い気がする。 聞いている我々は、冷静さを欠いているのかもしれない。 逆なパターンも考えられ…

  • 役割分担とカフェ

    組織においても、役割分担は難しい。 最初に決めておいたけれど、 突発的なことが起こって、すぐ崩れることも。 内部で自然に崩れることも多い。 自分の役割を勘違いして、 その役割以上の行動をしてしまう、 またはその役割以下の行動しかできない。 どちらかでも、その役割分担はうまく機能しなくなるだろう。 さて、こんなことを言い出したのは…ふと考えたことがあったから。 最近、夜遅くまでやっているカフェ…より少なくなってないか? 仕事が終わって、フラッと珈琲を…がなかなかできないのだ。 コロナ禍になる前は、夜遅くまで利用できるカフェはあった。 ただ、コロナ禍になって、遅くまで開けていても人が来ない。 緊急…

    地域タグ:札幌市

  • カフェ勉強

    スタバなどへ行くと、学生さんがチラホラ。 自分が学生の頃は図書館だったけれど、 今はこういうところで勉強をするんだね。 ただ、多くの場合…勉強してるようには見えない。 必ずと言っていいほど、友達と一緒に来ているせいか、 楽しいおしゃべりの方が効率よく進むようである。 自分も図書館で勉強していた時を思い出す。 確かに、自習室にいた時は勉強をしていたが、 昼休憩の時は友達と話していたし、それが楽しかった。 しかも、後半につれて休憩室へ足を運ぶことが多かった。 ゆえに、カフェで勉強する高校生のことは言えないのである。 とにかく、本当に勉強するなら… 時には孤独に頑張った方がいいのかもしれない。 受験…

  • 誘惑は恐しい

    久々に健康生活話を。 最近は、適度に運動をし、 バランスのよい食生活も継続できている。 しかし…誘惑に弱くなりつつある今日この頃。 以前話を聞いた時に、1枚くらいなら 食べてもいいと言われた…キットカット。 職場で辛い時が絶対来ると思って買ってしまったものが、 連日続く暑さで溶け始めてきていた。 その前に同僚などへプレゼントしたのだが、 結局手元に数枚残り、間に合わずに少し溶け… プレゼントすることもできなくなってしまった。 仕方がない(好都合?)ので、 1日1枚のペースで消化することになった。 4枚残っていたので、4日間はその楽しみができた。 とある日は、自室に置いてあるお菓子が気になった。…

  • 自分のいた場所を肯定できる

    「自分のいた場所を肯定できるって、いいですよね」 あるラジオで、こんな言葉を聴く。 確かに…と、すんなりその言葉を受け入れた。 今、自分が小樽のことを勉強しているのは、 そういう意味からなのかもしれないな…と考えたのである。 住んでいた頃は、生活するのに精一杯なことが多く、 街のことを知ろうともしなかった。 けれども、別の居場所に落ち着いて、改めて訪れると… こんなところは恵まれてたんだな、としみじみ感じる。 ただ、逆のこともある。 ここは今の居場所と比べると…やっぱり不便だったなと。 やはり都会は、痒いところにちゃんと手が届くのである。 そんな色々な要素を考えても…地元はいいなと思える。 少…

  • カラスに怯える日々

    カラスへの恐怖が…全く治らない。 とある日もカラスが鳴いているので、 進行方向へ進めなかったほどだ。 最近、察知することができたりする。 「あぁ、これは先に進むと襲われるな」と。 勝手な思い違いかもしれないのだが、 きっとそうなのだ…鳴き方がいつもと異なるから。 別の日、以前襲われた場所周辺を歩いていると、 「カラスの活動が活発なので、迂回してください」との掲示。 今はやっぱり、そういう時期なのだろう。 カラスの方もピリピリしているのだ。 これでは、公園など自然豊かな場所へ行きにくいではないか! でも、襲われたくもないので…今は自分も行きたいとは思わないが。 カラスよ、早く子育て終えてくれ。 …

  • 流行るもの(こと)

    職場では時々、流行るもの(こと)がある。 以前は、ブルーライトをカットする眼鏡。 目が悪くない人でもかけていたが、 今はあまり見かけなくなった…完璧に流行だったと思われる。 最近見かけるのが、マルチディスプレイ。 今はそこまで多くはないが、ちらほらと見かける。 個人的には、その良さを理解していないから… 画面が2つもデスクに乗っかるデメリットしか感じない。 機能的な行為であれば、それはずっと継続されることだろう。 眼鏡に関しては、一過性に過ぎなかったのだ。 マルチディスプレイに関しては、それを判断するまでには至らない。 これからその人口が増え、ほとんどの人が利用するのであれば… 我が職場では効…

  • カフェ電話

    どうしても理解できない。 カフェで電話してる人に、なぜイライラするのか? 考えてもみてほしい。 2人組で来店した客は、その人と会話する。 その相手が電話越しにいるだけの違いなのだ。 両者に一体、どんな違いがあるというのだろうか! そう言い聞かせても、自分の中ではやはり腑に落ちない。 落としたいんだけど、なかなか落ちない。 なぜだなぜだなぜだ…理由が全く分からない。 唯一、可能性として考えたのは、 電話の方が話す声が若干大きくなるということ。 相手がスマホの中だから、気持ち的にも声を張ってしまうのか? 考えられるなら、それくらいしか…今のところは出てこない。 理由のお分かりの方がいましたら、コメ…

  • カフェへ行く目的

    野暮用があって、小樽へ行く。 その際に、目的地の付近にあるカフェをのぞいた。 「のぞいた」と表現をしたのは、休業日が多かったので、 営業しているかどうかも定かではなかったため。 (個人的に、よく休業日を引き当ててしまう) 入口を見てみると…ライトに明かりが! 珍しい…営業日を引き当てた、迷わず入店。 久々のカフェ、お店の座席が変化していた。 今まで座れていた調理スペースから近い席は、 パンなどのディスプレイになっていた。 ここのパン、とても好きで…テイクアウトもした。 こちら、写真撮影禁止のお店。 けれども、ネットでは写真がチラホラ。 ちょっと複雑な気持ちになってしまう。 カフェって、どんな目…

  • 暑い日のサウナ

    最近、サウナ記事が多い…ご容赦願いたい。 通い始めたら、色々と発見が多いもので…。 この日は晴天、外気浴ができる。 いつも通りにサウナへ入って、外気浴をする。 しかし、様子がおかしい。 外気浴が全く気持ちよくないのだ。 理由はだいたい分かった、「暑さ」だ。 気温も暑くなっていて、クールダウンがしにくいのだ。 これには困ってしまって…どうしようか悩んだ。 その結果、室内のクーラーを起動させることにした。 これはこれで気持ちがいい。 ただ、ちょっと冷え過ぎるのが難点である。 夏はこれで乗り越えようと思う。 まだまだサウナ初心者。 上級者への道のりは…遠いのだった。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 地元での錯覚

    小樽に泊まった時に、時々錯覚を起こす。 まだ住んでいるかのような感覚になるのである。 観光地のホテルに泊まると、 水などの必需品は最寄りのコンビニで買うことが多いだろう。 自分の場合は、地元の感覚が残っていて…近くのスーパーへ行く。 地元民に交わって買い物をし、エコバッグに詰め込んでいく。 帰り道。 エコバッグをブラブラさせながら、ホテルへ帰る。 その途中で、まだ住んでいる感覚がやってくる。 あれ、帰る場所…違うんじゃないか? けれども、ここにはもう…自分の帰る場所はない。 錯覚している時は嬉しいのだが、 現実に戻ると…ちょっと切なくなるのだった。 にほんブログ村 にほんブログ村

    地域タグ:小樽市

  • プールとサウナ

    健康生活の前にハマったサウナ。 健康生活のために再開したプール。 これらには自分の中で、ちょっとした共通点があった。 それは「無心になれる」ということ。 プールも昔は無心になれた。 歩きながら、人とぶつからないように気をつけながら、 天井を見ては、何も考えず…ただ、歩いていた。 通わなくなるちょっと前から、それができなくなっていた。 歩きながらも、色々と考えるようになってきた。 それも通わなくなった理由なのかもしれない。 (前後の準備が面倒なのも、理由としてある) ただ、久々にこの前プールへ行って感じたのは、 やはり水の中は気持ちがいいということ。 無心になることは難しくなったが、 よい運動に…

  • 日陰ハンター

    帰宅する際、夕陽がとても暑い。 よくよく考えると、日向の道を通ることが多くて。 だから、暑さを感じてしまうんだ。 当たり前な話である。 そんな時、ふと夕陽が当たらない道を進む。 急に気温が下がった感覚になり、とても快適だった。 そっか…こういう道を選べばいいのか。 けれども、進む道すべてが日陰であるのは難しい。 ビルの多いエリアを選べば、探しやすいだろうか? 確かに、さっき進んだ道はビルの狭間であった。 うーん、やっぱりこんなエリアはあまりない。 ということで、明日以降は「日陰ハンター」を目指そうと思う。 暑いけれども、涼しい場所を見つける楽しみを見つけた。 にほんブログ村 にほんブログ村

    地域タグ:北海道

  • 渇き

    水分はちゃんと補給しているのだが、 全体的に渇いている気がする。 シャワーもさっき入ったばかりなのに、 渇きの感覚がなかなか解消されない。 今日、またプールへ行ってきた。 水の中で冷たいと感じる瞬間はあっても、 潤ってる感覚はない。 その触れる水が…自分の中には吸収されないからだろうか。 それに、ずっと歩いていると…退屈してくる。 水の中だからスマホも手元にない。 普段だったら、こんな環境もたまにはありか… そう考え直すが、退屈過ぎて、そんな思考回路にもならない。 歩きながら、Netflix見たい…そんな卑しい考えがよぎってしまった。 ちょっと、考え直さないといけないかも。 色々なものを欲して…

  • 「流れる」

    流れる、流れる。 車が次々と流れる。 そんな自分も、その車に乗って、 流れる、流れる。 街から街へと流れる。 その流れはきっと、 大きい都市へ向かう方が大きい流れなのだろう。 夜になると、それは光が流れるように見える。 小樽からの帰り道。 海を眺めながら、そんなことを考える。 みんな、大きい街へと移動したがる。 自分も人のことは言えないけれど、 仕方ない…今はそこに住まいがあるのだから。 道路ができて、便利になった。 その便利は、色々な方向へと効果を発揮する。 その街へ行きやすくなるということは、 他の街へも旅立ちやすいことも意味するのだ。 今日もまた、車も人も流れてゆく。 この流れの向きが変…

    地域タグ:小樽市

  • 寒い?!

    今日も沢山…汗をかいた。 最近の必需品は、「ハンカチ」と「汗拭きシート」だ。 これを忘れたら、最悪な1日になってしまう…考えただけでも恐しい。 ただ、汗拭きシートを使って…地獄を見ることもある。 これを書いていたちょっと前、感覚的に…とても寒い。 クーラーの効いているお店にいたのだが、 入店する前に汗拭きシートで腕や首を拭いておいた。 そのせいで、気持ちいいはずの冷風が…寒くて仕方ない。 そして、飲んでいるのがアイスティー。 1人我慢比べでもしているのかというくらい…寒い!! この寒さを貯金して、明日の通勤時にクールダウンできたらなぁ…。 世の中、うまくいかないことばかりだ。 凍える前に、早く…

    地域タグ:北海道

  • 久々のプラネタリウム

    最近、「久々なこと」が多い。 今日だって、久々に…プラネタリウムを見てきた。 それが目的で行ったわけではなく、 目的のものを見学していたら、 ちょうどいい時間に開催されるので、 懐かしくなってつい…という感じだ。 商業施設ではないので、椅子にこだわっているとかは全くない。 本当にシンプルに…星のことを学ぶのだ。 結果から言えば…記憶がない。 プラネタリウムで寝たことはないのだが、 どうやら一部分で意識を失ってしまったようだ。 内容が少し難しかったというか…純粋に星の話が聞きたかった。 確かに関係あるだろう宇宙の話は、どうでもいいのだ。 星が綺麗で、それにまつわるストーリー。 そういうのを期待し…

  • 久々のプール

    今日、久々にプールへ行った。 数年前に行ったのを最後に、 コロナなど色々あって…足が遠のいていた。 利用方法など、記憶に残っていることもあれば、 忘れていることもあって…不安な気持ちで入場。 最後に使ってから残っていた回数券、使えて一安心。 ただ、外靴を入れる袋を忘れたのは…誤算であった。 その動揺を表には出さず、そのまま着替える。 いざプールの中に行くと、老若男女が揃っていた。 なんか…以前行ってた時の光景と、あまり変わらないな。 自分がプールに行ってすることは、ただひとつ。 「水中ウォーキング」である。 以前行った時、子どもの頃のように泳いでみたら… 溺れそうになったので、それ以来泳ぐのは…

  • 雨の日の外気浴

    時々、サウナへ行っている。 通っていくうちに、こんな光景に遭遇することが増えた。 雨の日。 こんな日に問題となるのが「外気浴」だ。 施設の構造にもよりけりで、 屋根などがあれば、雨の日でも問題なく外気浴ができるだろう。 けれども、自分がよく通っているサウナでは、外気浴はできそうにない。 写真にある傘のようなものをセッティングできれば、 外気浴できそうだが…セッティング途中で諦めてしまった。 仕方がないので、屋内にある椅子に座る。 窓を開け放ち、少しでも外にいる雰囲気を作り出す。 涼しい風が入り込めば、外気浴に似た効果は得られるが… やっぱり外気浴とは若干異なる。(当たり前だ) 今のサウナでは……

  • pippinのこと

    お弁当とお惣菜の店、「pippin」が閉店したそうだ。 Instagramもフォローしているのに…情報を見逃した。 数日前に知り…なんとも遠い存在になってしまったものだと、 切ない気持ちが大きくなる。 思えば、西18丁目付近にあった時代から、 このお店がとても好きだった。 (このblogでも何度か書いているので、今回は割愛) 今回閉店したお店がオープンした時は、本当に嬉しかった。 そして、以前の家から行ける距離であることに…運命を感じた。 (閉店に気付けなかった自分だけれども) 閉店はするものの、定食屋としてどこかで再開予定とのこと。 最初は切なかったが、ゆっくり待とうという気持ちに切り替えた…

    地域タグ:札幌市

  • 「いつか」

    「いつか時間の合った時にでも飲みましょう!」 この場合の「いつか」は、きっと来ない。 この前読んだ本でも、似たようなことが書いてあった。 この言葉を使うとき、その瞬間が来ない確率は…かなり高い。 自分がよくやるのは…「これは、いつか使うから」というシーン。 そうやって、様々なものを捨てずに残し…今に至る。 捨てるタイミングを逸しただけで、埃をかぶって… その物は今も残っていることがほとんどだ。 けれども、一時期よりこの現象は減ったと思う。 「いつかは来ない」と念じながら整理すれば…自ずと決心もつきやすい。 そう、「いつか」じゃない…「今」が決断すべき時なのだ。 だから、冒頭の言葉も「いつか」で…

  • レモンクリームパスタは後悔の味

    数日前、外で用事のあった自分。 ちょうどお昼前に終わったので、 ランチをして帰ろうと思い、お店に入る。 いつも入っているファミレスが昼時で混雑。 隣接しているカフェであれば、待たずに入店できる。 待つことが嫌いな自分はもちろん、カフェを選択。 そして、ここで問題が発生する。 いや、実際には飛び込む前から分かっていたのだから、 自業自得なのだが…メニューに塩分表示が無かったのである。 こればかりは仕方ないとは思えど… 今の自分にとっては、とても怖いことなのである。 塩分の高そうなメニューばかりだから、 どれを選んでも1食分のノルマを超えることになりそう! あー、やっちまったな。 もうちょっと我慢…

  • 運動序章

    健康生活を続けても、カフェへは行っている。 ただ、メニューの選び方が変化した。 今までは「ドリンク+スイーツ」という組み合わせが定番。 けれども、今は…「ドリンク」のみ。 健康のことを考えると、仕方がない。 辛くないと言えば、嘘になってしまうが… 想像よりかは我慢できている。 行動が反映されているから、頑張れるのだと思う。 ただ、新たな問題が発生している。 今まで食べていたお菓子をやめた途端、体重が一気に減った。 ただ、そのまま生活していても…これ以降はなかなか減らない。 当たり前だ、食べる量を減らしてから…その量は変化していないのだから。 となると、次は「運動」がテーマになってくる。 とりあ…

  • 頼りになる存在

    社会人になってからかもしれないが… なぜか「スライムナイト」が好きだ。 なんでだろう…考えても、キッカケが分からない。 今や自分のデスクには、スライムナイトのスペースがある。 そこには大小様々なスライムナイトが。 その中でも古株なのが、写真に写っている中くらいのサイズのもの。 散歩に行くにも、旅行に行くにも…連れて行きやすい。 そのせいで、部品が取れてしまったことも何度かあるが、 そのたびにアロンアルファで修復する。(そのために接着剤を買った) 「ドラクエⅤ」では、とてもお世話になった。 「ドラクエⅥ」では、仲間にする方法がなかなか分からず、 最初のプレイではパーティーの中にはいなかった。 け…

  • 旧寿原邸

    中学生の時に1度訪れたことのある…旧寿原邸。 なぜか所在地を記憶違いしていて、 花園小学校付近にあるとばかり思っていた。 正解は「水天宮付近」であって…自分の記憶の曖昧さが恥ずかしい。 さて、入ってみたはいいが… やはり当時の記憶は全く残っておらず。 まるで初めて入ったかのように、色々見て回った。 応接室、窓が大きい部屋はやはり好き。 ここで色々な人を接待したのかな…想像してしまう。 ただ、想像がもっと膨らんだのは…この部屋だった。 応接室の上に作られていて、天井が妙に低い。 窓はあるものの、この部屋だけ異様に暑さを感じた。 窓がそこまで開いていなかったのも原因かもしれないが、 他の部屋では感…

    地域タグ:小樽市

  • 自分はきっと、読書が嫌い

    電子書籍の一覧を眺めている。 買っても邪魔にならないことをいいことに、 電子書籍を衝動買いしてしまう癖ができてしまった。 読もうと思って買った、多くの書籍たち。 自分はまだ、手をつけられないでいるのが現状だ。 便利とは…時に罪なものだなと思う。 眺めながら感じるのは、 「自分は読書が嫌いなのかもしれない」ということ。 ゲームの世界に浸ったり、ネットを眺めたりしている方が性に合ってる。 (ゲームは現在、「ゼルダ」で苦戦中) けれども、日常には「変化」が必要だ。 変化を求めるためには様々な経験が必要で、 直接的な経験を積むにも限度がある…そうなると、 読書をして間接的体験をすることも、必要なことな…

  • 今年も夏が来る

    今シーズン初めて…ハーフパンツを履いた。 けれども、周りにそんな格好をしている人がいない。 これがちょっと恥ずかしい。 仕方がない、人より暑いと感じるのだから。 痩せればこれは…改善されるのかな? まだ分からないが、改善されることを祈りたい。 心地よい風が吹いている。 このおかげで、ほどよく暑いレベルで落ち着いている。 ただ、夜の気温がまだ夏らしくないので…色々と難しい。 (だから、上に着るシャツを持参しなくてはならない) そんなことを考えていると、 「あぁ、夏が来たんだな」と、しみじみ思う。 大黒摩季もやってきそうだ。(これは世代によって違うか) 色々と足りなかったり、値上がりする世の中だか…

    地域タグ:北海道

  • 給食のカレーは優しいお味

    「好きだった給食メニュー:カレー」 給食の時間と言えば、争奪戦だった。 特に、麺類の日などは激しくて、 「いただきます」を言い終えたか終えてないかのタイミングで、 もうおかわりに立っている友人がいたものだ。 今の給食は、以前と比べて変化してるのかな? 地元の給食メニューを調べてみたら、 そこまで大きな変化はなかった。 パンの日が多くて、ご飯の日は決まっている。 ご飯の日に未だに牛乳が出ているのには驚いたが、 栄養の観点から仕方のないことなのだろうか。 食育的な観点からは…ちょっと疑問が残る。 そんな中、個人的に「カレー」が好きだったことを思い出す。 辛口が苦手な自分にはちょうどよい味付けで、 …

    地域タグ:北海道

  • 小樽の喫茶店

    老舗の喫茶店に入る。 そこはいつも、年配のお客で賑わっている。 市民の憩いの場として、機能しているのだろう。 そんな和やかな風景とは違って、 働いている人達はとても忙しそうだ。(当たり前だが) ただ、人数が足りないせいか…心に余裕が無さそうに見える。 小樽の老舗と言われる喫茶店は、 いつだって市民の憩いの場なんだと感じる。 他のお店へ行っても、似たような光景を見るからだ。 他の地域もそうかもしれないが、 この光景は…これからも小樽で眺めたい光景である。 この日、自分はパフェを注文した。 ちょっとだけ食事制限を忘れて…贅沢しようと。 楽しみにしていたパフェが到着…ただ、様子がおかしい。 パフェが…

    地域タグ:小樽市

  • 片方考えると、もう片方がダメ

    諦めが悪いので、時々外食している。 塩分を表示しているお店があるので、 そこで計算しながら…その日の食事を決める。 もちろん、今まで食べていたメニューはNG。 なので、色々探すのだが…これがかなりの時間を要する。 自分に許された量を考えれば、選択肢は限られるはずなのに… 食べ合わせも考慮しないといけないから、 いつも以上にメニューを物色することになる。 野菜を入れて、ご飯も入れて…メインも入れる。 このメインで苦労することが多い。 結局は、鶏肉系になることがほとんど。 そんなある日、塩分が少ないメニューを見つける。 ボリュームも満点で本当にこの塩分なのか?! これは…食べるしかない!! そして…

  • 健康への長い道のり

    身体のことを考えながら、生活するのは難しい。 いや、今まで気遣わなかっただけかもしれない。 自分が今取り組んでいるのは、減塩。 普段の生活から、塩分を減らすのはなかなかに難しい。 自分だけかもしれないが…難しいったら、むむむ難しい。(動揺) まず、外食は基本的にアウト。 メニューは塩分で溢れている…お店にもよるのか? この生活を始めてから、「ヘルシー」と検索したら… 食べログでは普通の居酒屋がヒットする始末だ。 (どこがヘルシーなのか、理由を教えてもらいたい) コンビニ、これも難しい。 ここも塩分で溢れている…「ここは塩田か?!」というくらいだ。 おにぎりでもなるべく低いものを選び、 サラダチ…

  • 今日の空模様を知る余裕

    blogのタイトルは、学生時代のままだ。 このタイトルにしたのは、当時「空」が好きだったから。 振り返れば、最近空をのんびり眺めていない気がする。 今でも嫌いなわけではないのに、なんでだろう? よく考えれば、明るい時間は仕事をしているし、 休日となれば、片付けなければならないこともある。 そんなことをしていれば、空をのんびり…とも言えない。 そういう理由からだろうか。 これを書いている今も思うのだが、 電子機器に縛られ過ぎているのも理由のひとつか? そっか、blogは夜に書けばいい。 日も長くなってきたことだし、 晴れている日くらいは外へ出て、空をのんびり眺めよう。 にほんブログ村 にほんブロ…

  • ガパオライスの思い出

    どうやらタイの料理らしい…ガパオライス。 ただ、ここで書きたいのはタイのことではない。 日本で食べた、ガパオライスのこと。 (振り返ったら以前も書いていたけど、お付き合いあれ) 今はもう無くなってしまったが、 札幌に「D×M」というカフェがあった。 ドーナツがメインだったと記憶しているが、 ランチもとても美味しかった。 ここのガパオライスを食べないと…夏が始まらない! そう思うくらいに、夏の恒例行事となっていた。 窓が目の前にあるカウンター席で、 景色を楽しみながら食べるガパオライスは…最高の一言だった。 涼しい風が入り込み、その風で揺れる向かいの建物の蔦。 その蔦の色合いが季節によって移り変…

    地域タグ:北海道

ブログリーダー」を活用して、風来坊さんをフォローしませんか?

ハンドル名
風来坊さん
ブログタイトル
今日の空模様 - 人生、晴れの日もあれば雨の日もあるさ -
フォロー
今日の空模様 - 人生、晴れの日もあれば雨の日もあるさ -

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用