searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

春雨☆サラダさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
春雨☆サラダ
ブログURL
https://isaoitsuyo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
もうすぐ49歳…2児の父‼️ 好きなものはハードロック、JAZZ、ゴルフ、カメラ、ラグビー、バーボン、芋焼酎、中村あゆみ、高崎晃、ランディローズ、前田日明、田村潔司 愛読書は北方謙三 大切なのは晩酌と子供たちとの時間!
更新頻度(1年)

12回 / 25日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2020/11/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、春雨☆サラダさんの読者になりませんか?

ハンドル名
春雨☆サラダさん
ブログタイトル
春雨☆サラダ
更新頻度
12回 / 25日(平均3.4回/週)
読者になる
春雨☆サラダ

春雨☆サラダさんの新着記事

1件〜30件

  • ねこ背との決別!

    私が40歳になった頃の話です…(10年くらい前) 私は中学生の頃から“ねこ背”であった。 親からも度々注意され、それでも直さないため、ねこ背を矯正するサポーターなるものを付けさせられた時もあった。 そこまでされたのに、私自身に直そうという意欲が全く無かったため、40歳になってもねこ背で姿勢が悪い。 ねこ背が健康にも悪いことも、散々知ってはいたのだが… そんな私を一大奮起させる出来事が起きた。 それは、長女の幼稚園で行われる父親参観会に向かう時のことだった。 私は長女をママチャリの後ろに乗せて、のんびりと自転車をこいでいた。 私と一緒に自転車に乗ることが珍しいのか、後ろの席では長女がはしゃいで、…

  • ねこ背との決別!

    私が40歳になった頃の話です…(10年くらい前) 私は中学生の頃から“ねこ背”であった。 親からも度々注意され、それでも直さないため、ねこ背を矯正するサポーターなるものを付けさせられた時もあった。 そこまでされたのに、私自身に直そうという意欲が全く無かったため、40歳になってもねこ背で姿勢が悪い。 ねこ背が健康にも悪いことも、散々知ってはいたのだが… そんな私を一大奮起させる出来事が起きた。 それは、長女の幼稚園で行われる父親参観会に向かう時のことだった。 私は長女をママチャリの後ろに乗せて、のんびりと自転車をこいでいた。 私と一緒に自転車に乗ることが珍しいのか、後ろの席では長女がはしゃいで、…

  • 「転校したい!」 宿題のない学校へ…

    息子が小学生だった夏休みのある日、急に「転校したい」と言うようになった… 親としては、学校で何かあったのか、大変不安になったのだが、その理由を聞いて笑ってしまった。 それは“宿題が多い”から… そして、息子の希望する転校先は“宿題のない学校”… そんな学校は無いのだと諭しても中々納得してくれない。 仕方が無いため、恥ずかしながらも友人達に頼んで、他校の宿題の様子を聞いてみた。 結果は… 計ド、漢ド、日記、自由研究等々、息子の学校と似た様な量と内容であった。 それを聴くと、今度は同じ学校のでも、「他のクラスの宿題の量が少ない」ことを口にし始めた。 他のクラスの友達とも良く遊んでいるため、その状況…

  • 受験勉強で学んだもの

    受検勉強で学んだことは、社会に出てどれほど役に立つのだろうかという、疑問を呈する話を聞いたりする。 人それぞれに意見があるとは思うが、私としては、受検勉強を通じて得たことも幾つかあったように思われる。 それは時間を掛けて覚えた、英単語や数式、元素記号や歴史の年号などではない。 「学習方法の確立」や「目的を達する為の計画立案力」などである。 これらは、社会人になった今、とても役に立っていると思う。 例えば、仕事をする上で必要となる試験や資格を取得する為には、受検勉強の暗記のように“覚えること”を必要とする場合もあれば、入試にあった小論文のように“文章を書く力”が求められるものもある。 これは、受…

  • 今では懐かしい… 電話ボックスでの長電話

    スマホ、携帯電話の普及とともに、電話ボックスを見掛けることが殆んど無くなって来た。 私にとっては、大学生になって一人暮らしを始めるまでの間、それはとても大切な場所であった。 当時私は祖父母を始め7人の家族と住んでおり、一人が電話を長時間使用することなど出来なかった。 たまに長電話をしている時に限って、他から電話が架かって来る… それがまた、父の仕事の関係であったり、町内の関係であったり、学校の連絡網であったり… 大切な電話が多かったりするのだ…(今では、仕事の電話が家電なんて、めったにありませんが…) 長電話を何度も叱られて、それでも改善されない状況を見かねて、ついに“キャッチホン”が導入され…

  • 「長男だから」の考えではなくての「親への恩返し」

    私には、4つ年下の弟と9つ年下の妹がいる。 一方で、私は2児の父親である。 長男と長女では歳の差は6つ離れている。 それなので、長女が産まれる迄の期間、私達は3人の家族として生活し、長男は“一人っ子”の感覚で成長して来た。 長男が兄妹を意識したのは、多分妻のお腹が大きくなり始めてからではなかろうか… そして長女は無事に誕生し、長男は“一人っ子”ではなく兄になったのだが、どうしても埋められないものがある… それは、私たち夫婦と過ごした時間だ。 当り前のことであるが、その時間は長男の方が6年間長い… それに改めて気付いたのは、家族で昔のビデオを観ている時であった。 長女が知らない、長男と私たち夫婦…

  • 祖母は真に受けてしまう… マスコミの影響力!

    私の祖母は、昔から何かに付けて「テレビで○○○が体に良いってやっていたから…」とか、「ラジオで×××と言っていたから…」と、マスコミが報じることは、全て正しいことだと信じ、私に色々なモノを勧めて来た。 しかしながら「眼が悪くならない」と言われパセリを一生懸命食べていたものの、パソコンという現代社会における必要不可欠な道具の存在により視力は低下… 「髪が抜けない」と言われてヒジキやワカメなどの海藻類を食べ続けたところで、私の髪は「遺伝」という宿命には勝てずに減退の一途を辿り、父や祖父と同じ容姿となってしまった… 祖母にとって、マスコミが言うこととは、科学的・医学的根拠に基づいている“真実”であり…

  • これは、私の加齢臭ではありません!ってね…

    私も加齢臭が似合う“お年頃”になって来た(^_^) そんな私でも他人の臭い…特に“残り香”が妙に気になることがある。 エレベーターの扉が開いた時などがそうだ。 誰もいないのに、つい先程まで乗っていたと思われる人の“残り香”が強烈に漂っていることがある。 それは、加齢臭という言葉が世に広まる以前からあった、典型的な“オジサン臭”である。 私自身も加齢臭を漂わせているのに、そんなにも感じてしまうのは、相当の臭いを発しているからだろう。 まあ、私も年齢を重ねるにつれ、その様な臭いを纏って行くため、その人を悪く言うつもりはない… 年相応の自然現象なのだ! ただ嫌なのは、まだその域まで達していない私が、…

  • 私の悩み… 雨の日の車の乗り降り

    クルマの機能は日進月歩し、私が子供の頃とは比べ物にならないほど快適なものとなっている。 私が大学の時でさえ、カセットテープのデッキが付いて標準、CDプレーヤーが付いているようなら高級な手合いの車であった。 それが今ではカーナビゲーションが標準で搭載され、渋滞情報などの最新の道路状況が自動的に表示される。 CDなど当たり前で、DVDやワンセグ放送の視聴まで出来てしまう。 そして極め付けは、電気自動車やハイブリッドカーなど低燃費車の登場だ。 小学校の時に授業で、私達が30歳になる頃には、世界中の石油が枯渇してしまうと先生が話していたのを覚えている。 それが未だに石油は無くならず、逆に1リッター30…

  • 10代の頃観た映画、未だに観てます!

    今週のお題「最近見た映画」 食卓でお酒を飲んでいると、そのうち、長男が自室に帰り、長女も自室に帰り、一緒に飲んでいた妻も、お風呂に入り着替えて就寝… リビングに一人残された私は… LINEやったり、YouTube観たり… でも、一番好きなのは、バーボンソーダ片手に、10代の頃観た映画を、部屋を暗くしてヘッドホンでじっくり見ることかな… ※最近はバーボンソーダではなく、ハイボール… ボクが20代のころは、ハイボー ルって言うと、おっさんの呼び方で、若者は同じものだけど、バーボンソーダって 言っていたんだけどな~ もう、何度も何度も観ているのに、ラストシーンで絶対気持ち良くなれるから、酔いに任せて…

  • 早朝&夜遅くの運動…

    スポ魂マンガや、スポーツ選手のインタビュー・自叙伝などで、朝もまだ陽が昇らぬうちから練習を行い、自宅に帰っても夜遅くまで練習していたことが、とても素晴らしいことであるかのように描かれている。 しかしながら、私は以前住んでいたアパートで、その熱心な“練習”に悩まされたことがあった… それは練習時に発せられる“音”である。 マンションの近くにはスポーツ少年達が多く住んで居たのだろう… また、目の前の歩道は格好のランニングコースとなっていた… それゆえに、夜9時を過ぎて寝床に入ると、色々な音が聞こえてくる… バスケットボールのドリブル音や、サッカーボールを蹴る音… 野球のバットの素振りであっても、そ…

  • 学校の制服やカバン等を統一する必要はあるのだろうか?

    この春、娘が中学へ入学。 私の住む街は地方なので、中学に入学すると「着衣の乱れは心の乱れ」との標語の下、学校ごとに統一された制服はもちろんであるが、体操着、ジャージ、運動靴、通学靴、カッパにヘルメット、靴下、カバン等々細かく指定されることになる。 ついこの間まで通っていた小学校では、何もかも自由であったのに、急に軍隊のような窮屈な生活へと変わる。(別に普通の公立中学です) しかも、それらは通常のモノと比べて往々にして値段が高い❕ それでも学校指定のものが、誰もが身に着けたくなるデザインであれば、不満も何も無いのだろう… ただそれらは、見直しなどされておらず、時代にそぐわないものが多い。 今でこ…

  • 昔は良くあった、テレビ放送のつなぎ目?

    ボクが子供のころは、テレビを見ていると、番組が切り替わる瞬間やCMが切り替わる瞬間に、ほんのコンマ何秒かではあるが、他のCMが一瞬映ることが良くあった(笑) 昔から気になっていたが、地方に住んでいるため東京のキー局とは放送番組やスポンサーが異なっていて、このような現象が起きるのだろうと思っていた。 一方で家電製品の進化は速く、ビデオデッキはハードディスクやブルーレイに替わり、テレビ放送自体もデジタル放送になった。 お蔭で映像は鮮やかになるし、番組の録画なども非常にラクになった。ビデオの予約録画で一世を風靡した“Gコード”も、いつの間にか新聞紙面上から消えている。 また、録画した番組を視聴するに…

  • されど年賀状が好き!!

    異常気象のせいだろうか… 移ろいゆく季節を、暦に定められた行事通りに変わりゆく街の風景にて感じてしまう事に近頃寂しさを覚える。 明日から11月だというのに暖かいため、秋の装いで街を歩いていると、年賀状プリントのパンフレットが、カメラ屋やスーパーの店頭に設置されているのを目にして、年末の近いことを知らされた。 これは地球温暖化の影響だけではないのだと思う。 私が幼少の頃は、電源を入れれば直ぐに暖かくなる今の様な暖房器具は無く、湿気の多い季節でも快適に過ごせるエアコンも普及しておらず、それらの“不便さ”が“季節”を教えてくれていたように思われる。 そういえば、年賀状を作るにしても、昔は色々と“不便…

  • キムチ&納豆&米油

    今週のお題「急に寒いやん」 急に寒くなりました… そこで私が毎晩している健康食「キムチ&納豆&米油」をご紹介! といっても、作り方はそのまま… 納豆のパックに、納豆タレと米油を大さじ1杯! そこに山盛りのキムチを乗せてかき混ぜるだけ。 米油はご存じの通り、抗酸化作用があり、ビタミンEたっぷり。 そこに、小林弘幸先生のお勧めする、発酵食品を2つ投入することで、自律神経も安定し、腸内環境も整える! 米油が潤滑油となるため、キムチと納豆をかき混ぜる際も、非常にスムーズに出来るから、納豆パックの中で完結し、余分なお皿いらず! 私はこれを始めてから、風邪を引いたことがありません! ボーソー 米油(こめあ…

  • 交通標識って、分かりづらくありませんか?(たまには真剣な提言!)

    男女や年齢にて差別してはいけないのは承知しているが、車の運転をしていて、年配の女性の自転車や、子供達の自転車にヒヤリとさせられる場面が多々ある。 年配の女性の方で多いのは、後方を確認することなく突然道路を左端から右端に斜め横断したり、曲がり角を一旦停止もせずに突然飛び出してくることである。 余りにもひどい場合、クラクションを鳴らして警告してみると、大抵こちらが睨まれる… そして何故かいつまでも睨んでいる… 自分はちっとも悪いと思っていないからなのだろう… 子供達でいえば、高校生はまず一旦停止することはないし、信号の無い交差点でも、クルマが来ないとの思い込みのもと、全く止まらずに進入して来る。 …

  • 増毛CMに出ている人は、カミングアウト!?

    「ハゲ」「メガネ」「デブ」の三重苦に悩む、もうすぐ49歳… 近頃思うのは、増毛CMに出ている人、結構「私は○○してます!」って言っちゃってますけど、それってハゲてますというカミングアウトなのでしょうか? 今まで、芸能人はハゲが少ないな~って、何となくは思っていましたが… たくさんの方々が私と同じだとしたら、一人のハゲとして、この人もか、この人もかと、仲間が増えることが大変嬉しく、自信が持てるのですが… みなさま、どう思われます? www.artnature.co.jp www.aderans.co.jp

  • プロはかなり緩和されているのに… いつになったら、子供たちの部活動は…

    最近ではプロのスポーツは、徐々に観客動員数を増加させており、テレビ画面で見る限りでは、もう「普通」の状態に戻って来ているような気がする。 (もともと、すべてのスポーツが、全試合満席ということはなかったはずだし…) 一方、我が子たちの部活動については、やっと秋になって「新人戦」やら、「冬の選手権の予選」が正常に始まったものの、やはり観客については非常に限られている… ラグビーは、選手の父兄しか見ることが出来ず、最後の選手権なのに、今まで一緒になって支えてきたOBやら、保護者会は観戦出来ず… 更に剣道については、室内ということもあって、親は全保護者から1名のみ… 修学旅行を泣く泣く取り止める学校が…

  • 私の愛する”芋”焼酎

    今週のお題「いも」 私の父の生まれは、熊本県八代市の坂本村… 豪雨被害が大変であったところ… それゆえに、父の実家に帰ると「芋焼酎」のオンパレード… お湯をグラスに半分入れて、後から焼酎を半分… 芋焼酎は、不思議といくら飲んでも、次の日に頭が痛くならない! 今は亡き、父が愛した芋焼酎を二つご紹介 1.父が一番好きだったのは、なんといっても「村尾」! 【超特価!】「ギフトに最適!」 村尾 芋焼酎 かめ壺仕込み 25度 1800ml価格: 9980 円楽天で詳細を見る 2.昔は安価で買えた「伊佐美」 お買い得セット 伊佐美 6本 入りセット 地域別 送料無料価格: 15895 円楽天で詳細を見る …

  • 言葉のみだれは新しい文化…かな?

    www.jiyu.co.jp テレビなどで若者達が使用している言葉に着目し、出演者達が「嘆かわしい」「残念だ」といったコメントを、然もあらん顔でしている。 ただ、私としてはそれも時代や世相を表す一つの“文化”はないかと考える。 これだけ移り変わりの激しい世の中で、それこそ昭和初期から変わらぬ日本語を皆が使い続けていたのならば、それはそれで少し不気味だ。 また、老若男女が同じ口調で話していることも不自然で、若者には若者の、年配の方には年配の方の言葉があっても良いのではと考える。 それほど心配しなくとも、余りに妙な日本語ならば、流行と同じ様に、時間の経過とともに廃れ、自然と消えて行く… 一方で、1…

  • 健康に良いことは… 昔からおじいちゃん、おばあちゃんに言われて来たことかな?

    (本文とは関係ありませんが、今ななき、三沢光晴選手のTシャツにジャイアント馬場がサインしてくれたものが虫食いに会い、なくなく処分いたしました) 最近、書店の店頭に、“健康法”に関する書籍が多く並んでいるように感じる。 新聞下段の新刊広告も、“健康法”に関するものが多い。 私も何冊か手に取り購入もしているが、それらが云わんとしていることは、昔から各家庭で伝えられて来たことを、医学的な検証を添えて、改めて唱えていることのように思う。 身体を冷やさないこと、寝るときにはお腹を冷やさないこと、体温を上げること、お風呂ではゆっくり温まること、生姜、納豆、乳酸菌、梅干し、野菜、魚を食べること、食事は良く噛…

  • 平日は… 仕事終わってお酒を飲んで寝るだけ…

    中々、平日にブログの更新が出来ない… だって、仕事から帰って来て、シャワーを速攻浴びて、いつでも寝れるように布団を敷く… この間、15分… そして、すぐに晩酌開始! そして、酔いに任せて眠りにつく… そんな中年男真っ盛り!

  • 学校で習ったことへの疑問… (数字のカンマ)

    先日、子供の算数の宿題を見ていて、その内容に疑問に思うことがあった。 それは、数字の桁に付けるカンマ… 大きな数を読み易くするために一定の“桁”ごとに付していくのだが、そのルールが学校で教わることと実社会での常識とで異なることだ。 小学校の算数では4桁単位でカンマを付すよう教わる。 よって、一番始めにカンマを打つのは1,0000(1万)だ。 一方、実社会では3桁ごとにカンマを付して行くので、一番始めのカンマは1,000(1千)である。 レシート・領収書しかり、注文書・受注書しかり、小切手や手形しかり、決算関係書類しかり、…パソコンでの変換候補ですら、3桁ごとのコンマが表示される。 私がその違和…

  • 居眠りしてしまうのは誰のせい?

    研修や説明会、講演会などで、“居眠り”をしてしまったことって誰もがあるだろう。 私も学生時代から、授業中に眠りに落ちてしまうことが多々あり、その場でお説教されることもあれば、社会人となった今では、その様子を後日上司に報告されて叱られることもある… しかしながら、研修会や講演会で寝てしまうのは、全て受講者のせいであろうか…? 授業で寝てしまうのは全て生徒のせいであろうか…? 別に睡眠不足では無く体調も万全であり、講演のテーマにも興味惹かれて参加している。当然のことながら、始めから眠るつもりなど全く無い。 社会人となり人前で話す機会が増えるようになると、聴講者が寝てしまったり、退屈してしまうのは“…

  • 灯り☆

    いつの時代からだろう… 夜、“灯り”を持たずに出掛けられるようになったのは… 雨の日に傘をさして外出するのは当たり前であるが、夜間の外出に懐中電灯などを持たなくても、大抵のところは不自由無く行動できる。 至るところに人工の“灯り”があるからだ。 街路灯やネオンに看板、お店や家々の灯りが行く先を照らし、繁華街に至っては昼間と変わらぬ明るさである。暗さのあまり、歩いていて人や電柱にぶつかるなど、滅多にないことだ。 何と便利になったことか! 時代劇を観ていると、夜は決まって行燈を手にして歩く… 晴れている日は良いが、大雨や強風の日にはどうしていたのだろうか… そこまででなくとも、雨降りの日は片手に傘…

  • これってふろく?

    私の家だけでは無いと思うが、子供達は“付録付の月刊誌”が大好きだ。 その理由は明らかで、本の中で関心のある箇所といったら、前半部分にカラーで描かれている子供向けテレビ番組の紹介欄と、“ふろく”であり、教育的な要素が詰まっている白黒ページについては、ほとんど読むことは無い。 自分が子供の頃も同様であったのでその気持ちは分かるが、大人になって金銭の価値観も分かった今、その様なものに毎月600円程度×子供二人分を支払う虚しさも感じるようになった。 しかしながら、私達夫婦がそれを購入しないとなれば祖父母達の出番である。 二人の子供達は、実にタイミング良く祖父母達と遊びながら、それらを購入して貰う。 子…

  • NHKのど自慢!

    最近、NHK“のど自慢”を観るのにハマっている! 小学生の頃、大人達が決まって日曜日の昼に観ていたが、当時は何が面白いのか良く分からなかった。 それが今では大変心地良く感じるのだ! 私が歳をとったせいなのか… 歳を重ねるにつれ、常に何かの悩みを抱える毎日を過ごすようになった。 それに伴い、テレビぐらいは安心して観ることが出来るもの、大きな変化が無い予定調和なものを好むようになった… NHKの“のど自慢”も、小学生の頃と何ら変わりはないように映る。それが何よりも安心出来るのだ。 “のど自慢”と謳いつつも、歌の上手な人達だけが登場するのではなく、パフォーマンスが何よりの方や、変わったエピソードをお…

  • 私の断捨離 その2 私のモノを捨てる方法

    モノを捨てて身軽になることが流行っている。 私も以前はモノを捨てるということが出来なかったが、それを解決してくれたのは20年ほど前に父に買ってもらったコンパクトカメラである。 当時カメラの被写体と言えば人物ばかりで、風景すら映したことが無かった私だったが、車の雑誌で“自慢の愛車”投稿している人達を見て、自分の大切なモノを撮影してみようと言う気持ちになった。 初めは車やギターなどの趣味のモノが中心であったが、そのうちに服、靴、電卓、電化製品等々、身の回りにある様々なモノを撮るようになった。 この様にしてmono写真のコレクションは始まった。 monoは時間の経過とともに破損したり、傷ついたり、色…

  • 私の断捨離 その1

    私が書籍を買うことは滅多にない。 何らかの事情で購入したとしても、大抵は読んで直ぐに売ってしまう。 そのため、自宅に所有する書籍は文庫本から雑誌の類まで併せても30冊に満たない。 以前の私は、一度購入した本や雑誌類を捨てることが出来なかった為、自宅内に膨大なスペースを必要していた。 また、引っ越しでもしようものなら大量の段ボールが必要となる。 書籍満載のそれらは非常に重く、引越業者の方々は「スーパー重!」と声を掛け合って運んでくれる。 引越料金の見積もりに来られた担当者は、まさか押入れや物置の奥の奥に大量の書籍類があるとは思わなかっただろうから、「スーパー重!」を繰り返す作業員の方々をみて、何…

  • 音痴…

    私は音痴だ。 加えて、声の音域も非常に狭い。 カラオケに行っても、高い声が出ないために1音程度下げると、今度は低い声が出なくなってしまう。音域が狭いため、自ずと歌える曲は限られる。 よって、私の“持ち歌”とは、一般的な人の“十八番”とは異なる… 好き嫌いに関係なく、それしか歌えないのだ。 その数少ないレパートリーを歌ったとしても、私は微妙に音程が外れているらしい。 テレビ番組でタレントが思いっきり音を外し、笑いを誘うようなものがあるが、私の場合、所々音程が外れて全体的に変なものとなる為、周りは笑えない正真正銘の“音痴”に入ってしまうのだ… それを正面切って指摘してくれるのは、妻や子供達だけ… …

カテゴリー一覧
商用