住所
-
出身
-
ハンドル名
万葉樹(よろずは いつき)さん
ブログタイトル
陽出る処の書紀
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yorozu-haki
ブログ紹介文
芸術・フィギュアスケート・映画・アニメの感想。リリカルなのは・神無月の巫女・マリみて小説掲載中
自由文
魔法少女リリカルなのは・マリア様がみてる・神無月の巫女(Fate/stay nightとクロス有)・鋼の錬金術師・京四郎と永遠の空の二次創作小説を掲載中。百合やや多め、他傾向もあり。芸術作品・フィギュアスケート記事、映画・アニメ(輪るピングドラム・少女革命ウテナ)・漫画のレヴュー、写真つき駄文日記のよろずブログ。
更新頻度(1年)

19回 / 3792日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2008/09/29

万葉樹(よろずは いつき)さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(IN) 16672 17253 18458 18335 18454 17362 18691 948936サイト
INポイント 10 30 10 10 10 20 20 110/週
OUTポイント 10 40 20 20 130 160 120 500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 147 149 160 163 160 148 159 12149サイト
二次小説 41 42 50 50 48 43 47 874サイト
映画ブログ 230 238 239 240 232 224 233 10415サイト
映画評論・レビュー 92 97 97 97 94 96 99 3553サイト
美術ブログ 443 450 456 451 453 447 459 8243サイト
美術鑑賞・評論 17 18 18 18 18 17 18 430サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 16957 17768 18290 17344 18038 20575 23520 948936サイト
INポイント 10 30 10 10 10 20 20 110/週
OUTポイント 10 40 20 20 130 160 120 500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 117 121 121 115 122 135 147 12149サイト
二次小説 59 60 61 62 64 67 75 874サイト
映画ブログ 151 162 163 152 164 185 214 10415サイト
映画評論・レビュー 67 74 75 68 75 82 87 3553サイト
美術ブログ 381 396 413 380 407 440 488 8243サイト
美術鑑賞・評論 12 13 13 12 12 16 17 430サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 948936サイト
INポイント 10 30 10 10 10 20 20 110/週
OUTポイント 10 40 20 20 130 160 120 500/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 0 0 0 0 0 0 0 12149サイト
二次小説 0 0 0 0 0 0 0 874サイト
映画ブログ 0 0 0 0 0 0 0 10415サイト
映画評論・レビュー 0 0 0 0 0 0 0 3553サイト
美術ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8243サイト
美術鑑賞・評論 0 0 0 0 0 0 0 430サイト

万葉樹(よろずは いつき)さんのブログ記事

?
  • 神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(十一)

    やにわに背中がかゆくなって、がりがりと手を入れて掻く。肩甲骨のあたりをセメントで塗り固められたような、不愉快な重さが貼りついているような気がしてならない。「その鏡、他になにか気になる点でも?」「いや、…」「ソウマくん以外の誰かが映っていた、とか」「俺は別に覗きたかったわけじゃ…」「ははーーん。ばっちり見えてしまったわけですね」「いや、俺は!断じて、見ていない!」「でも、見ちゃったんでしょう?」「それは、見えてしまったから。すこしは…まあ」「そうか、そうか。うらやましいねえ。僕なんか、なんど挑戦しても見えなくて。片目の視力はいいほうなんだけどねえ」言い合いの末に息があがったソウマは、はたとユキヒトを見上げる。ひょっとすると、この人は。自分が何を覗いていたのか、下手すれば、拝殿の奥にまで上がりこむ時点からずっと観察...神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」(十一)

  • インフルエンザ警戒注意報2019

    昨年末から今年にかけて、時代を象徴する方々がお亡くなりになっていますね。「日本昔話」のナレーションが好きだった市原悦子さん、独特な歴史学解釈の梅原猛氏。昨日には、あの『平成三十年』を著して現代社会の疲弊を予知した、もと経済庁長官で作家の堺屋太一氏の訃報も届きました。まさに平成の幕引きを体現するかのような逝去です。にしても、この時期、昨夏の酷暑猛暑にも引け劣らず、新聞のお悔やみ欄でも物故者の名前をよく見かけます。やはりお年寄りが多いですね。この時期、流行るのはインフルエンザ。今年は1999年からの調査からの20年で、なんと最多患者数を記録しているとのことです。日本国内で全府県が基準値の30人を超え、警報が出されています。そういえば、以前にもかなり猛威を振るって、当時リーマンショックあたりだったと思いますが、首相だ...インフルエンザ警戒注意報2019

  • 映画「シービスケット」

    2003年のアメリカ映画「シービスケット」(原題:Seabiscuit)は、気性の激しい馬を育て上げ勝利に導いた実話を元にした感動作。ごくありふれたスポーツドラマのように、荒くれ者が名コーチと出会って切磋琢磨を繰り返しながら奇跡を生み出していく展開とは、いささか趣きを異にしているだろう。本作は、平凡以下として見放された馬のサクセスストーリーであるだけではない。その騎手、その調教師、そしてそのオーナーの人生ドラマでもあり、さらには苦境にあえぐ同時代人たちの再生を謳った歴史ドキュメンタリーといってもさしつかえない。随所に挿入されるモノクロ映像が、この物語が何よりの虚飾のない真実そのものであったことを証立ててくれている。シービスケットプレミアム・エディション[DVD]ゲイリー・ロスポニーキャニオン2004-08-18...映画「シービスケット」

  • どうする、どうなる、日本の不適切統計

    日本の社会保障制度は、世界的にみれば充実しています。この制度は、日本人が契約を守り、法に則(のっと)り、支払うべきものは支払うという不文律によって、成り立ち、維持されています。だからこそ、われわれは税負担にも耐えている。しかし、その制度を運営するはずのお役人たちが、このありさまでは…と思ってしまう事態がまたしても露見してしまいました。昨年末より明らかになったという、厚生労働省による不適切な手法による統計調査。常時使用5人以上の事業所を対象とした毎月勤労統計の調査で、東京都内の大規模な事業所を調査しなかったため(一部のみ抽出調査にしていた)に、日本人の平均賃金の算出に狂いが生じたとされています。「毎月勤労統計」では平均給与額(労働者1人あたりの毎月決まって支給する給与の平均額)を求め、「賃金構造基本統計」では、労...どうする、どうなる、日本の不適切統計

  • ブログやSNSに好きな作品の画像を掲載できなくなる?!

    ここ最近、ブログサービスの縮小や改変が進んでいます。利用者が多くて、サーバーに負担があるのか、管理が大変なのか、IT弱者の私には判じかねますが。gooブログでも一部内容の取りやめがあったり、名称変更(「読者」登録は「フォロワー」よりも、「お気に入り」か「ブックマーク」などの人数主体にしないほうがいいとは思いますが)があったりですが、ともかく、ブログがまだまだ続けられるだけでもよしということです。ブログ生活も今年で13年目になりますし、まだまだ余力があれば続ける意思があるものの、ここにきて、気になる知らせが飛び込んできました。読売新聞朝刊2019年1月31日の解説面の記事によれば。ダウンロード規制の対象を拡大する著作権法改正の中間まとめ案が賛否を呼んでいる模様。もともとは昨年からの海賊版サイトの漫画、アニメ動画な...ブログやSNSに好きな作品の画像を掲載できなくなる?!

  • SNSではバズったのに、書籍になるとパスされる漫画

    手塚治虫や藤子不二雄の形態模写で知られる漫画家の田中圭一氏が、ツイッターでこんな発言をしています。いわく、SNS漫画が書籍されても、最近、あまり売れなくなった、と。インターネットは本を駆逐すると恐れられ、それは半分は正しいのですが、なかなかどうして。iモードが流行ったときには、携帯電話からメールを打つ感覚で書いた簡潔な、ケータイ小説が話題に。主に若い女性向けの恋愛話が主軸ですが、横書きでいくつか書籍化されました。たしか、あの瀬戸内寂聴すらも別名義で書いたりしていたはずです。その後、ブログを書籍化するサービスもはじまり、たとえば主婦の書いたブログをもとにしたお片付け本やレシピなどがヒット。gooブログでいえば、「くるねこ大和」という猫漫画が知られていますね。その後、個人でキンドルにて電子出版できるようになったため...SNSではバズったのに、書籍になるとパスされる漫画

  • メカデザイナー村田護郎氏について

    アニメにせよ、ドラマやミュージカル、そして映画にせよ。おしなべて映像作品には、役者以外にも、多くの人が関わっています。受け手であるわれわれは話題性のある華やかなクリエイターの元締めや演技者ばかりに注目してしまいがちですが。たとえば、いまでも手書きされることもあるアニメショーンの美術背景の芸術性の高さは、地味ながら評価されることもあります。衣装や舞台設定や小物のデザインしだいで、作品の出来が変わったりもする。日本で独自に発達したアニメのジャンルのひとつに、ロボットアニメがあります。ロボットの等身にもよるでしょうが、巨大ロボットの場合は、メカデザイナーと呼ばれる職種が独自に設計するらしい。「機動戦士ガンダム」シリーズを全制覇したこともなく、子どもの頃の勇者ロボときたら、サンライズアニメぐらいだった私は、べつだん、ロ...メカデザイナー村田護郎氏について

  • スマホで確定申告できるようになる

    お正月気分も醒めたこの頃合いから、悩ましい時節です。二月半ばからはじまる確定申告。開始まで、もう一箇月を切りました。締切りの3月15日までを考えると、もう二箇月もない。開業届を出している方、毎年申告を行う方、そろそろ税務署から申告書類が郵送されてきますよね。今回なぜ憂うつなのかといえば。年末に体調がよくなかったせいで、昨年のうちに終えるべきだった領収書の整理と記帳が、現在進行中だからです。部屋の片づけでレイアウトを変えるため、必要書類を別の場所に保管してしまい、やや手間取っています。自業自得ではありますが。ところで、今年からスマートフォンで所得税の確定申告手続きができるようになったそうです。遅きに失した感がありますが。パソコンのみだったe-Taxサイトがスマホにも対応。手続きに必要なIDとパスワードは、税務署に...スマホで確定申告できるようになる

  • 映画「マッチポイント」

    2005年の映画「マッチポイント」(原題:MATCHPOINT)は、ロンドンの上流階級に仲間入りした元テニス選手が、欲に駆られたがために恐ろしい罪を犯してしまうラブ・サスペンス。監督は男女の不毛な愛を描かせたら天下一品のウディ・アレン。主人公がテニスプレイヤーだけあって、舞台は翠の眩しい英国のセレブ社会。テートモダン、サザンギャラリーなど現代アートの鑑賞スポットも登場し、美術ファンには嬉しい作品ですが、話が話だけにあまり喜べるものではありません。マッチポイント初回限定版(特別ブックレット付)[DVD]ウディ・アレンおすすめ平均生きがいを探し続ける男の物語卓球するだけでエロいなぜだか分からないけど、胸が締め付けられる逆タマに乗った男、やがて浮気とその果て。男の弱さが描けてますAmazonで詳しく見るbyG-Too...映画「マッチポイント」

  • ・:*:・'☆ 二 次 創 作 小 説 御 案 内 (Fan Fiction) ・:*:・'★.。

    KannazukinoMikoNOWONAIR神無月の巫女Amazonプライムビデオにて絶賛放映中!********神無月の巫女二次創作小説「夜の桎(あしかせ)」第十話:夜の魔鏡を更新しました。人間は迷いがあると、水辺に誘われるものだ。風呂場は、ひとりっきりで、もの静かで迷いのない境地に浸れる場所だった。水面を覗いていると、ふっと別の世界に連れ去られるような幻覚が走る。吸いつかれるように、こっちへ来いと。それと鏡もおなじなのだ。自分のすがたを映すものは、ふだん異世界への扉を開かせないために、あえて人間の視線をはね返しているのかもしれない。([神無月の巫女二次小説其の一]→「夜顔」(目次)→「夜の桎」)********★二次創作小説・考察レヴューのご注意★いつもお読みくださりありがとうございます。◆魔法少女リリカ...・:*:・'☆二次創作小説御案内(FanFiction)・:*:・'★.。

  • Happy Twenty! ──このふざけた大人の世界へようこそ

    本日14日は成人の日ですね。昨年の法改正で、2022年には18歳から成人を迎えるようになります。したがって、場合によっては、高校生でも成人年齢に達してしまう。現在の15歳中学三年生でも、3年後には、大人の仲間入りをしてしまう。でも、日本はむしろ高校生ぐらいまでは優等生だった人が大学生ぐらい、下手すれば、社会人になって羽目を外して児戯に類する行いをしてしまうケースもあるのではないでしょうか。ちなみに私は、成人式の日(当時はまだ15日)が、ちょうど大学入試センター試験日でした。浪人したのではなくて、現役受験生。事情があって、20歳で高校生だったわけです。そのため、成人式に出席もしていません。20歳の誓いも何もあったものでなく、なんとなく、このお祭り騒ぎめいたイニシエーションを通過していないことが、いまだにもやついて...HappyTwenty!──このふざけた大人の世界へようこそ

  • スクリーントーンの使い道

    断捨離をしていたら、むかし、柄にもなく熱中しすぎた趣味の残骸が出てきて、困惑することがありませんか。とくに、文化的な行動に浸ることによって、何かを成し遂げた気になっていた若かりし頃の思い出に出会うと、恥ずかしさと虚しさとで打ちのめされます。机の奥から出てきたのは、スクリーントーンとレタリングのシート。ご丁寧に一枚ずつファイリングされていました。スクリーントーンは、いま、絵を描くひとはご存じなのでしょうか。原産は英国で、もともと商業デザイン用に開発された網掛け模様がはじまり。これが戦後すぐの1950年代前半に漫画に採用されたことから、日本の漫画には欠かせないものになったそうです。なぜ、スクリーントーンが残ったのかといえば。子どもの頃、アニメ雑誌にイラストを投稿していたこともあったのですが、それは数回程度。おもに文...スクリーントーンの使い道

  • 2019年にはじめまして

    新年の挨拶が遅れました。旧年中はご愛顧くださり、ありがとうございます。本年も、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。昨年は喜ばしいことも哀しいことも、世事いろいろあった一年でしたね。災害が重なり、衝撃的な事件もあったり、著名人が亡くなったり。私の周囲でもご高齢の方ですが、お付き合いのあった二名が急逝されました。そのいっぽうで、血縁者が絵画で受賞したとか、希望校に合格できたとか、慶事の知らせも飛び込んできました。ご近所でも驚くような事態があったりもしました。昨年の成果としては、とりあえず、住居の危険性のある個所を修復できたぐらい。断捨離はまだ完全ではなく、あらたに台風による損害をこうむった場所もありました。経済的には現状維持で、良くもなく悪くもなくといったところ。今年の目標は、昨年断念した挑戦をつづけるか、どうか...2019年にはじめまして

  • どうしたって二次創作者はジャンルイナゴになりやすい

    二次創作について月イチでどうでもいい私見を語るシリーズ。先月は、なにせ十月ですので、なんといっても神無月ですので、それにかまけて掲載していませんでしたね。自虐的な考察なので、別になくてもあってもいい記事なのですが。(そして十一月に出す予定が、あっというまに年末に…(汗))今回のタイトル。はい、もう読んだ先からナイフが飛んできそうな話題ですね。前回の記事「二次創作者はジャンルの切れ目が御縁の切れ目になるの?」と若干似ていますが。「ジャンルイナゴ」とは、二次創作者たちがつぎつぎに新しい作品に飛び移っていく現象もしくは、それをおこなう当事者たちを指す言葉のようです。虫にたとえられていますから、やはり蔑称でして、ご本人向けには言わないのが嗜みなのでございます。ところで、私はこのネットスラングを知ったときにふと思ったので...どうしたって二次創作者はジャンルイナゴになりやすい

  • 読書を快適にするグッズ、あります

    ペンライト一本で巨人化して、地球に侵略した宇宙人を打ちのめしてくれる、あのヒーロー。そう、日本が生んだ特撮ヒーロー・ウルトラマン。初代ウルトラマンが登場したのは、半世紀も前の1966年。東京オリンピックとほぼ同時期で、日本が飛躍的に高度経済成長をなしとげた時期、子どもたちに夢を与えた存在ですよね。ところで、この初代ウルトラマンには、ひとつ趣味があります。なんと、読書だそうです。プロレス技をくりだして怪獣をやっつけるわりには、意外と知性派ですね。宇宙空間の警備隊長といえども、武闘派の外交官のようなもの。宇宙空間の異星人とわたりあうためには、教養を深めていたのでしょうか。日本が誇る特撮シリーズには、お話のスケールの大きさのみならず、存在の異なるものへの惻隠の情を感じることもありますね。読書がなぜ好きかと尋ねられたら...読書を快適にするグッズ、あります

  • 映画「アイランド」(2005)

    2005年のアメリカ映画「アイランド」(原題:TheIsland)は、近未来のSFアドベンチャーかと見せかけて、実は将来的に起こりえそうな事態を描いたとも思えるバイオサスペンス。アイランド特別版[DVD]おすすめ平均道具として生まれたら人間ではない考えさせられるSFアクション。異色の作品です!Amazonで詳しく見るbyG-Tools2019年、合衆国のとある地下研究所。マックリー博士が管理するそこでは、規則正しい生活を送る人びとが暮らしていた。徹底的に健康管理のされた食事がふるまわれ、毎日、おなじ作業をくり返す。数年前に生じた大気汚染からの生き残りでかくまわれた幸運な彼らのうちでも、さらに幸運なものだけが抽選で選ばれて、地上の楽園"アイランド"へ旅立つことができる。その一人、リンカーン・6・エコーは、ある日、...映画「アイランド」(2005)

  • アニメ「神無月の巫女」ブックレットについて(四)

    旧版DVDは二話ずつ収録、全六巻発売されたので、付録のオールカラーブックレットも全六冊あります。表紙はDVDの表紙絵と同じ。この表紙、人物+ロボットの組み合わせ。そうです、旧版DVDの表紙は背景にきちんとロボットが描かれているんですね。人物は藤井まきさん画で、ロボット作画監督の塩川貴史さんがメカ背景を描いた模様。この塩川さん、神無月の巫女スタッフ対談にて、メカのデザインや動きでのこだわりに触れて、「少しでもああいうのをちっちゃい子供が見て、魂を揺す振られたらいいかなぁと思って」と発言されているのですが。8話の爆弾展開を見るに、どう考えても無理ですって。しかし、実際、小学生時分にこの作品にうっかりどっきり出会ってしまった方もいるようです。四則演算教えてないのに、いきなり三角関数を解かせるようなものですが、なぜかそ...アニメ「神無月の巫女」ブックレットについて(四)

  • 好きな作家もいれば、嫌いな作家もいる

    世の中にはいろいろなランキングがあります。人気アイドルグループなんか、メンバーの人気投票をファンによるCD購入数で競わせていたりして、いやな商売のしかたをさせているなと思ってしまいます。投票結果しだいで舞台上の位置が変わったりする。SMAPの草薙くんがいい例ですが、グループ売り出しのときは冴えなかったひとが、単独でドラマや映画に出て実力を発揮しているのをみると、微笑ましいものです。すでに終わってしまった読書週間ですが、その時期に特集された新聞記事。読売新聞がおこなった読書の世論調査では、好きな作家・著者というランキングがあります。そういえば、ここ最近、作家・漫画家の高額納税者ランキングも新聞で発表されなくなりましたよね。(読売新聞朝刊2018年10月27日17面より)さて、皆さんの愛読書の著作者はこのなかに含ま...好きな作家もいれば、嫌いな作家もいる

  • カラダは病を欺けない

    外国人労働者の就労拡大をもくろんだ、出入国管理・難民認定法の法改正をめぐって、連日にぎわっている模様の国会。なかでも批判材料として出される技能実習生への酷使や、専門学校生や留学生をすでに人手不足分野の貴重な戦力として依存せざるをえない日本の労働現場のいびつな構造が明らかになっています。日本人対象であるはずの専門スクールが実際はほとんどがアジア圏の学生ばかりで、不法滞在で退学せざるをえなくなったという事態も報じられていましたね。技能実習生においては、日本の最先端技術を働きながら習得するという名目であるにもかかわらず、実情は単純労働ばかりを不当な待遇で担わせていたケースも多い。事故で疾病障害を負っても、勤務先が労災を適用しないというとんでもない事例も。労災はたとえアルバイトであっても一人でも雇用者がいれば会社は適用...カラダは病を欺けない