searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
スピリチュアル日記 https://blog.goo.ne.jp/miyo0815

日々のスピリチュアル日記です。 宇宙意識の必要性を感じた日々を過去も合わせて記録してます。

宇宙意識への拡大を必要とする時代に、宇宙に開かれた神々様の御加護は私にとって安全な道標となっています。 これからの宇宙意識の学びには「愛」「慈しみ」も必要と感じます。 宇宙万物の創造のエネルギーを求め学ぶ日々や過去土台となった信仰と共に記録する日記。この記録がblogを訪れた方に、神々様の「愛・慈しみ」が届き、沢山の良い事に恵まれる事を願います。

miyo
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/05/17

1件〜100件

  • テレパシーと言う古い言葉(3)

    この内容を少し念頭に置いて頂いて欲しい。このバイロケ―ションに関してはカトリックのピオ神父の話から、私は割りに若い頃からその現象を話の上では理解していた。しかし、私の経験としてこの現象に似た霊体を理解したのはまだ高校生の頃だったと思う。実際に肉体が存在するかの様な感触を持って人間の霊体が襲ってきた事があった。また人間であるか死者なのかは解らない(多分魔だとは思うのだか)よく夜に殴られた衝撃で目を覚ます事もあった。こういった現象はカトリックの洗礼を受けてからは無くなっていたが、5~6年前頃から巷で話されるツインレイの繋がりがあってからはレイとは違う生き霊も侵入して来る様になり、結界を部屋にはり防御していた。しかし驚く事にこのツインレイ、ツインソウルに関してはこの結界が通用せず(冷静に考えれば、当たり前)寧ろ...テレパシーと言う古い言葉(3)

  • テレパシーと言う古い言葉(2)

    前回分↓テレパシーと言う古い言葉(1)-日々のスピリチュアル日記です。今日の目覚め、見た夢の心地良さを忘れ無い内に記録。低学年の小学生位の女の子が、先を歩く背の高い男性大人を小走りで追いかける姿。少しよろめきながら慕う大人を追う子...gooblog2000年頃から、職場等々や身近で発達障害者(グレーゾーンや未診断者)に会う機会が増えた。そして、その言動を疑問に思い→振り回され疲弊し→日々の仕事を完結する為に私自身がパワハラ事務員となってしまい、違和感→同僚の言動パターンを観察し→アスペルガーに気付き→その特性を調べまくり→にわか知識で仕事の漏れを予測し回避→時間締め切りに仕事を終えられない同僚から受け取る次段階の私自身の仕事を、いかに早く終わらせるかの手立てを見いだす為に必死だった。これが2010年前後...テレパシーと言う古い言葉(2)

  • テレパシーと言う古い言葉(1)

    今日の目覚め、見た夢の心地良さを忘れ無い内に記録。低学年の小学生位の女の子が、先を歩く背の高い男性大人を小走りで追いかける姿。少しよろめきながら慕う大人を追う子供は、漸く大人に追い付きしがみつき大人の顔を仰ぎ見る。大人は上体を屈め、子供の頭を優しく撫でて微笑んでくれた。子供の後ろには、聖母マリアの姿があった。大人は主イエズスであり、子供は私だった。見たい夢を見たのかもしれないが、現状行き詰まって「疲れきってしまった。終わりにしてよいだろか?」そう考えがちな私に対する慰めだったと思いたい。「もう少し、頑張ってみよう」そう思える夢だった。夢の記録は此処まで。私は自由に霊視、霊聴できる事を過去に自己意思で遮断してきた経緯がある。30代の頃、謎の背中痛が始まり意味不明のまま受診、胃カメラ送りとなった時の話。余りの痛みと...テレパシーと言う古い言葉(1)

  • インナーチャイルドとハイヤーセルフに思う事

    インナーチャイルドを癒せ、癒せと促される事がある。確かに、ブロックがある以上それも必要で、浮上しない原因を自己で掴む必要があれば誘導瞑想は有効だとは思う。私も過去世を受けいれたばかりの頃はそうだった。最近は、余程の事がない限り誘導瞑想はしない。祈り神々に教えて下さいと願えば原因体験を意識に上げて貰える事が解ったので尚更。しかし、誘導瞑想を使わなくなった大きな理由は、浮上した過去の記憶をより深く心の奥に閉じ込める手法を使う瞑想指導を見た瞬間からだった。「これ、閉じ込めちゃ駄目だろう」と瞬時に瞑想を止めた。そして、極端にインナーチャイルドを保護し擁護し過ぎる事も疑問だった。「こんな事まで、声高に問題視したら社会生活なんて成り立たないし、皆が親を敵視してしまう」そう思う事もあった。私のこういう事は個人で理解し「あぁ、...インナーチャイルドとハイヤーセルフに思う事

  • 再度の駄目出し

    過去の内観。これが、今の私にとって完全でない事が発覚。駄目出しにより、今ここ↓過去エネルギーに関する駄目出し-日々のスピリチュアル日記です。宇宙創造主に向かう世界やツインレイに足を踏み入れ、この日記を書き始めて1年が過ぎていた。昨日、過去に記した記録を訂正しなければならない駄目出しが出てしまった。過去...gooblog古い癖、トラウマを完全に克服するのは難しい事・・・。「執着」と言ってしまえばそうだけれど、過去の自身の努力や苦労を否定されるような、感情面での自己肯定感を自身で破壊しろと言われている様な不快感もある。内観で出て来た事だから、邪魔である事は確か。この件以外のトラウマ恐怖も、実に厄介。・・・越えられるかしら?立ち直り出来て無い事が多いのに・・・今回の蠍座満月は拷問レベル。😭&#128...再度の駄目出し

  • 何の為に祈るのか

    精神状態が余り良くない。小さな、発達障害のある子供をもつ母親達が大変な苦悩の中、希望を失わない様に必死に生きる姿を過去の仕事で数年見てきた。母親以外に、子供の特性を理解し受け止める直接的養育者は居ない。その母親が枠○○を打つという事が、将来的に何を意味するか、私は想像した事がなかった。しかし、ジェデング(詳しくは記せないので、お調べ下さい)を母親から受けた私は、日々同じ影響を身に受けている子供達の行く末と養育者である母親にとてつもない不安を感じた。余り詳しく書くと、多くの人が不安になると思うので枠○○の話はここまで。この体験以降、調べれば調べる程に、自分の祈り求める事は「無意味なのではないか」という処に到達してしまった。正直、精神状態が落ちる処まで落ち、涙ばかりが出て放心してしまった。「何の為に祈っているのか」...何の為に祈るのか

  • 日常の中

    祈りや信仰の日常の中、人の心の移ろいは喜怒哀楽を繰り返しはするし、聖職者と言われる人でさえ、怒りや苦しみを隠さない時もある姿を、私は若い頃に教会でアルバイトをした際に見る経験をさせてもらった。信仰の無い人程、聖職者に神聖さを求め幻想を抱きがち。ある朝のミサ(カトリック)の際に、「えっ?」と思う話を祭壇上で話てしまった司祭に対し、帰り道に婦人達が・・「神父様、疲れてたのね。」「眠かったんだと思う」ここまでくると、もう家族内の許しに近い。人と神の違い、人は過ちを犯す者、司祭と言えど所詮は人間、そんな小さな間違いを仕出かす事は十分承知の上。神の媒体として司祭が伝える事を、人間としての傾向やエゴを読み取り、仕分け除き、神からのメッセージのみを見極め、受け取る事・・・を婦人達は若い私に教えてくれた。しかし、「神の意とする...日常の中

  • 昔の黙想会

    まだ20代半ばの頃に、カトリックとして黙想会に出かけた頃を思いだしたので記録。(30年ぐらい前)当時の共同体(信仰上の規定の無いグループ)内のほぼ全員が参加済みの黙想会(泊まりがけで司祭の講話を学び、祈る会)に私の代母の勧め・・と言うか、「申し込みしておいたから」の一言で私の初の黙想会参加となった。「はぁ😞💨・・行けるかしら?」と悩んだ。黙想会は6日間の泊まり。当時、宿泊費は決まりが無く、封筒に入れて提出とは言え、ビジネスホテル代程は払いたい。尚且つ、場所は大阪で新幹線代も。失業していた私には出しがたい金額だった。まぁ、失業中だから6日の日程も取れるのだけれど。正直・・・無理だろうな・・キャンセル?と思った。見越した代母に言われた事が驚きで。「申し込むと、魔からの妨害から参加者を...昔の黙想会

  • 大切な人・・(再up)

    昨日は東日本大震災(3.11)から11年目の日で、多くの方々が黙祷し祈った日だったと思う。福島に近い私の住まい近隣でも、あの日以降健康被害者が続出し、放射能被害による突然死が重なり結婚を控えた若い女性まで亡くなった。私の身内も1人突然死があり、近隣では特に男性単身者の死亡多く目立った。ある年の新盆に7件ものお宅を訪ねた知り合いもいた。私も震災後に子宮の不正出血があり、甲状腺が腫れた為受診したが、エコーで診られた画像に明らかな変質を認めても、事前知識を持って受診した私に医者と技師の二人がかりで否定するいう大学病院からの指示通りの対応をされ、甲状腺機能低下による不調を全力で無視された。この時期に心臓に不具合も感じ、心不全を起こしそうになった夜に「命を狙われている」と言う言葉が聞こえて、ベッドから起きて手持ちの薬を飲...大切な人・・(再up)

  • 祈るMJ

    私は結構なマイケル・ジャクソン(MJ)のファンなのだけれど、今の20代の人には「誰?それ」の世界かも知れない。数日前に頭の中に、過去特に好んでいなかったMJの忘れかけていた曲が流れてきた。《willyoubethere》映画に使われていた曲で映画のインパクトが強く、意識の中で排除していたから歌詞の内容すら記憶になかった。MJの曲には、地球問題、失踪した子供、児童虐待死、若者の暴力問題、また自身が苦しんだ人種差別問題・・・等々、神へ祈る姿勢で作られた歌詞がある。speechlessという曲などは讃美歌レベルで、「世の子供を思い作られた・・・」とか言われているが、私から見れば・・・あれは、神そのものを肌と心で感じ、ただ言葉も無くその遠く偉大な愛なる存在に対して無言で礼拝するしかない、神の前に祈る自分の状態を歌ってい...祈るMJ

  • 痛いセンサ―(続き)

    以前書いた物痛いセンサー-日々のスピリチュアル日記です。1年位前に左足の甲の骨にヒビが入り足を引きずっていたが、完治と迄はいかないままに、昨年9月から鎮痛剤を飲みながら仕事を始めた。3ヶ月もせずに悪化、仕事...gooblogこの痛みに苦しむ日々なのだけれど、ふと20代の頃、都内で働きながら初めて1人暮らしをした時に同じ痛みを感じていた事を思いだした。1人暮らしを始めるまでは、姉やその友人と3人でマンションをルームシェアして暮らし、事情があって解散となり近くに新たな1人部屋を借りたのだか、そこで起こった事件。門前仲町での1人暮らし、仕事も築地で通勤にも買い物にも便利だったが、私は1人暮らしを舐めきっていた。アパート暮らしの会社同僚が空き巣の被害を受けいたが、「大変だったわね〜」でその怖さを実感できていなかった。...痛いセンサ―(続き)

  • 思考遮断

    このところ、生き霊被害が強く身体的思考的消耗から動画での除霊を繰り返していた。ある方の鏡活用で身を守る方法を知り、試し、数時間で身体と思考の回復でかなり楽になれた。上記の事は、朝から重苦しい身体に慣れてしまっていた自分が駆っての動き安い身体を実感し、何れだけ霊障を受けていたのかを改めて知らされた。また、神々に祈る気力をかなり妨害されていた事も実感していた。長期に渡る生き霊被害に関しては、定期に除霊動画で丁寧に返すようにしていたが、クリスチャンであった頃にはこんなに苦しむ事はなかったし、教えとして「救済を必要とする人程、攻撃してくる」というものがあって、スル―するより相手の為に祈る・・が手法だった。しかし、今の私は教会を出ている者。しかもキリストの体である聖体(ホスチア)を頂けない身で、駆ってのカトリック信徒的聖...思考遮断

  • 反省中

    定期にお気に入りの方のタロット動画を幾つか見ているのだけれど、たまたま拾った動画で「インナーチャイルドの癒し」「父親との関係性の癒し」をかなり強くフォーカスされ、今更ながら何かあるのか?と気にはなったが放置していた。20代の頃からクリスチャンとして家族の為に祈るのは日課だったし、父親が無くなった際に「祈りとしては十分」と僧侶から話されたし、私としては父の魂の行き先として不本意ながらも、神には受け入れて頂けたとして完結していた。時節の彼岸や盆には無知ながらも仏壇に其れなりのお供えもしたし線香もあげた。昨日、久しぶりにお気に入りの若い頃から好きなア―ティストの音楽を聞いていた夜、曲に連なる学生の頃の昔の記憶が甦り「あの頃は、コンサートやライブで音楽に明け暮れ、生活の心配も無く未来ばかり描けていたなぁ」という思いが沸...反省中

  • 痛いセンサー

    1年位前に左足の甲の骨にヒビが入り足を引きずっていたが、完治と迄はいかないままに、昨年9月から鎮痛剤を飲みながら仕事を始めた。3ヶ月もせずに悪化、仕事も切られ自宅に籠っていた。治りかけたので働き始め様とすると、左足を庇い続けた歩行で体幹を崩し、今になって坐骨神経痛を発症。酷い時には足が浮腫み腫れて歩く事も不自由に、寝ても寝返りで痛みが走った。しかし、痛みの出方がおかしく、観察している内に宇宙の流れに逆らう意識を持っていると痛みが増し、素直に宇宙の意向に従い流れに委ねると痛みが引くという事が解った。何度か外に働きに出ようとすると痛みで歩けなくなる。もしくは、前日まで受け入れOKの打診があった会社から突然のキャンセル不採用2回。ここで思いだす。「宇宙の常識は、地球の非常識」休んで引きこもる生活は、身内、隣人に不信が...痛いセンサー

  • 少し不機嫌

    宇宙的な意識に語り掛けられる事に関し、以前も日記にも書いたが私は余り受け入れていない。一部のチャネラ―の動画を見て、自身の身辺がクリアになり霊障害がクリアされたり、思考で錯綜し不明な部分が明快になる時がたまにはあった。私自身、エネルギーワ―クでこの対象のガイドを受けたいと過去に思っていた事も事実だった。しかし、その介入を観察してる内に過去の先駆者達が話ていた通り「宇宙生命体の常識は、地球人の非常識」なのだと私も思う。先ず言って置きたいのは、バシャ―○は壮大な詐欺師としか私は思ってないし、過去チャネラ―として活躍していた人々が次々と方向を誤る姿を見てきたから余り良い印象は無い。加えて何割かは、宇宙からのチャネルリングをしているのでは無く霊的な存在から関係性を深め、精神バランスを崩して妄想を語りだすと感じている。あ...少し不機嫌(追記あり)

  • 過去日記:どうしても記しておきたい事(過去日記の追記)

    あるyoutube動画で、堕胎をした女性に向けて作られた物があった。up主の意向で宗教的な反論は受付ない前提だった。堕胎した女性に寄りそう形で話は進み、堕胎された子供はそれでも母を愛しているし、堕胎した人に「自分を責める必要は無い」との趣旨だったと思う。多分、多くの女性は嫌悪感を持ったと思うし、私も聞くに耐えないと感じた。そして「あぁこの人女性から嫌われるな・・・」と思った。案の定その後のUp動画再生回数は以前の1/4位に落ち込んでいた。(宗教では無いと言いつつヨガ系のスピリチュアル扱い動画で、多い時は再生回数2万以上)。そもそも宗教以前の問題で、女性のもつ母性は自分の身に宿った子を守る本能を持っている。堕胎を肯定的に捉えたら女性は嫌うし「堕胎を責める必要は無い」と言う風潮を固定させてしまえば、セフレ感覚男性か...過去日記:どうしても記しておきたい事(過去日記の追記)

  • チェナクルム

    ロシアが開戦をしたという報道が聞こえてきた。ロシアの攻撃が始まってから、人々の心に様々な考えが浮き上がり、それぞれの立場で語られる様子を私は見ていた。今日の報道は信頼出来るものでは無く、誘導や煽りも警戒しなくてはならない。また、現地の知り合いとの個人的なやり取りも立場が違えば解釈も変わる。信憑性がある現地の方々の生の声は、以外にゲ―ム上の交流仲間から伝わって来ていたりする。私も年甲斐も無くゲ―ムをするのだが、過去にコロナに関する他国の現状を、リアルタイムで語る人々に出逢った事があり、その情報は報道よりも信憑性があると思っていた。「戦争が始まってしまった」ショックは国内陰謀論者も賑わしている。「予言が当たり始めた」と・・・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%...チェナクルム

  • エネルギーを調べ、試す

    体調不良に加え、お金の問題、そして人間関係の問題等々を経過して精神状態が悪い日々が続いていた。「私の人生は、何んだったんだろう」振り返れば、この言葉が過去生きてきた日々に何度か口を突いて出てきた時があった。そんな時には、ボ―っとして2~3時間公園に飼われていた猿を見つめていたり、半断食状態で家に籠り、只只ロザリオを祈り続けていた日々もあった。若い頃、そうして帰郷を決めた。それは人生の変革期で、多分生き方を変えなければならないと感じている時。《完全にどん底にいる。》・精神的にエネルギーが底を突いている。(鬱の様な状態)・人生の停滞・出来うる全てを遣り就くした。・自ら絞り出す手法がもうない。こんな時、エネルギーに関する本を取り寄せた。その本は、祈りにより自分の胸に降ろすエネルギーを試行錯誤しながらも納得出来ず、昔の...エネルギーを調べ、試す

  • 過去世の精算―4

    過去世の浮上してくる記憶とは、この先も生きる上で障害になる影響を取り除くサイン。浮かんで来る事を引き出し対処して手放す事が今世を生きる自分を楽にしてくれる一つの学び。今回浮上してきた過去世の記録は、私個人に過去の私が生きた孤独と悲しみを知って過去記憶を癒す以外に、追体験をすべき必要も含まれていた。ある時代のビジョン、一つの生の過去世の私は孤児として産まれたらしく、背景はアジア系かと思われる世界に生きたビジョンを見せられた。かなり高齢の老人と暮らし、その老人も血縁では無く善意で引き取り私を12才頃まで養ってくれたが、肉親的情は薄かった。漆喰の様な壁でできた一間しかしない家で暮らし、半分は物乞い生活だったが、老人はそこそこ知の長けた人で、私が12才頃に亡くなった。無くなる前、扶養者を失う後に「どう生きるか」を私に諭...過去世の精算―追加4

  • 次の段階へ

    この話は個人的ビジョンなので、人に伝える物ではないが、自分の記録。2021年の末12月、霊的な成長の停滞で、私は次の世界の扉の前で立ち往生していた。次の世界のビジョンは、ポピ―畑が広がる美しい平原で、ユニコーンが待っていてそこから新しい歩みが始まるはずだった。しかし、その世界を見渡す事は出来ても歩み出す事が出来ずにいた。その頃は日常の祈りが不可能な程日々の暮らしに疲弊し、肉体的な重圧と金銭的な枯渇に身動きもままならない状況にも陥っていた。しかし、ある主婦が職場で「こんなに働いて疲労しているのに、家に帰れば家族が次々頼み事をしてくるし、家事も山程ある」疲れきっていた独り身の私は、休みたい時に横になる自由を持つ自己の甘さを指摘された。勝手にメンタ―と思う人からも同様の示唆を読み取り、疲弊状況の中、真我が願うところの...次の段階へ

  • ありがとうと言える事

    最近、産まれて初めてLGBTの人と出会った。ガチガチのカトリックであった私の若い頃には、霊的に巡り会う事は無かった。正直、不倫をしている人さえ同席に堪えられ無い感覚すら私は持っていた。しかし私が30代になった頃には「脳の問題と違いだから、クリスチャンとしての霊的目的を目指すので無いのなら一概に否定出来ない・・・という思いも抱く様になっていた。実際に出会った人に目が止まった理由は、余りにも淋しそうな目をしていたから。始めはLGBTとは気付かなかったが、人を避ける様子から徐々に複雑さが伝わり、一般的な仕事にたどり着くまでの過程で大変な精神的葛藤を生き抜いてきただろうし、傷ついてきたのだろうと読み取れた。未知の経験の苦労を堪えしのんで生きてきた人に、個人的にとやかく詮索する資格は私には無いなと思う。パ―トナ―間に肉体...ありがとうと言える事

  • 過去世の精算の追加―3

    龍族であった頃の命が尽きる記憶を引き出そうと祈りはしたが、同じビジョンを見るだけだった。少しネットサーフィンをして情報を漁ってみたが、龍族の争いに関しては10年前頃から様々なblogで過去世記憶がかなり出ており、出雲に繋がる争いの経緯まで書かれている情報すらあった。しかし、私の真我が望む目的は龍族の対立や背景を深掘りする事でも無く、龍族の復活でも無く、命が尽きる際に背負った感情カルマからの解放であり、それをフラットにして今世の生きる身を軽くする事にある。情報を漁る間に、「さくら色の龍」という絵本を知った。絵本の内容を勝手に詳しくは書いてしまい申し訳無いが、一人ぼっちの少女と青色の龍の交流を、欲に刈られた村の大人に傷つけられ、少女を思いやった龍の犠牲を少女の優しさが桜色の龍に代える話。この絵本の龍の悲しみが、丁度...過去世の精算の追加―3

  • 過去世の精算の追加―2

    blogを書くに当たり、引っ掛かるワ―ドを記してしまうと閲覧デ―タが削除されてしまい当然ランキングに上がる事が出来ず、他部所に反映されない。しかし、自己の霊的対処記録に関しては曖昧な表現を極力避けたいので、人様が参考になる部分は神々様の御縁で繋がると信じている。日記に記す過去世の精算は、誰にでも必要な事では無く、今現在の私が先に進む為、又今世の私の課題として記憶を引き出しても自己で自覚して理解対処する必要があって出現している物だと思う。何度も前進を阻まれ、他人頼みに出来ない根深い事をプロセスを踏んで自己クリアする事で学べと言う神からの諭しなのだと思う。前回記した件に取り掛かり、祈りながら龍族であった頃の私の記憶を探ると、「悲しみ、無念さ、怒り」が強く、まだ大人の龍になっていないのか体つきは小ぶりで「怨み、憎しみ...過去世の精算の追加―2

  • 過去生の精算の追加

    私の過去生の記憶には、二度殺害された記憶があり、人としての記憶の精算には「深い憎しみ」にしつこい程の時間を要した。今も精算しきれたとは言えない。龍族としての記憶は余り深くは感じていなかったし、須佐之男命様から戦いの中殺され奪われた霊的宝珠を取り戻して頂けた上に我が手にお返し頂けた事で、魂的には私が宝珠が戻った事に歓喜した結果で終了したものと思っていた。しかしここに来て、祈りの過程で龍族の時に殺害された死に際の状況、感情の記憶がビジョン等で甦り、現在の私の足かせになっているらしい事が解った。過去世の精算については、過去のブログに記録しているが、龍族であった時の龍族間の戦いについては、「憎しみ」や「怒り」「悲しみ」は改めてケア不要と思っていた事が間違いだった。龍族の時のビジョンが浮かぶと、死に際の状況の悲しみにやは...過去生の精算の追加

  • カトリックに思う心配

    嘗てカトリックが育ててくれた私の信仰は、霊的な面に置いて特殊であり、今の私から見ても求めても見つけられない程の環境だった。共同体と言える人脈の中、修道院へ巣立つ人が次々と産まれ、洗礼者を誕生させた。私の代母(洗礼上の母)を中心とした信仰者共同体は、時にその活動的な共同体の為に司祭から危険視さえされた。この共同体を通して洗礼を受けたにも関わらず一般信者になった者が、共同体に反発や非難を向けるというオマケも付いていたが、多分修道者を産み出す為の厳しさ故に距離を置いて行ったのだと感じている。若さ故に、私は深い心配もせず、有りの侭を当たり前の様に見つめていた。この共同体に接して生きた日々は自己の人生の土台となり、その後この共同体に匹敵する人々に会った試しが無い。その頃知った事、学んだ事は数多あるけれど、その中の一つでこ...カトリックに思う心配

  • 引退組への願い。

    陰謀論ではあるけれど・・・DS(敢えて明記しません。)は、日本人の精神年齢を14才前後に、また人の寿命を60代に抑えてしまいたいのだと言う。「終末には人は自分の事しか考えなくなる。」・・は、聖書に書かれている事。これらの事に私は過去数十年前には笑って聞けたし、聖書の1節は長らく「自己中心?」と誤解して受け止めていた。しかし昨今は、これが現象として増加傾向である事は教育機関や医療機関に接点がある人は気付いていると思う。そして、増加傾向にある人は前時代のしわ寄せを受けた被害者。私は引退組にお願いしたい。「負の遺産の逃げ切り世代で良いのですか?」「まだその思考を使って、祈りの労働はできます。」「次世代の健康と平和を祈る時が来ましたよ。」仏壇は先祖だけに通ずる物では無く、その先祖を受け止めた神にも通ずる物。どうか次世代...引退組への願い。

  • 母親の霊

    人様のblogを読んでいると、ある霊能者さんの話に目が止まった。見知らぬ霊が現れ、目に入る処にいる学生に危険を伝えて欲しいと懇願される話だった。霊は霊界に居るであろう学生の母親。霊能者とはこう言った事に出くわす事が多いらしく、感知の切り替えが出来ないと務まらない大変な役目らしい。私は霊能者では無く、身近な関係や抱いている問題で必要な時のみ神から見せられる受け身でしかない。又は、相手方の勝手な侵入。以前にも書いたが、霊的な世界でも境界線を引く事はマナーであり良識だと思っている。況してや見たいコントロールで他人の生活を覗き見する事程、卑しい事は無いと思っている。善き霊能者は、依頼あって問題解決の為に霊視するのであって、報酬はこの良識の上に成り立つのだと思う。この能力については、自力の人はほぼいないと私は思っているし...母親の霊

  • 淋しいような、仕方がない様な。

    人様の目立つ言動の先々に悲しい思いが見えてくる。現世に置いての「モラハラ」には、二つの側面があると思う。一つは、仕事の為とは言え、罵倒する側が相手の能力不足や効率の悪さを咎め、死後に同じ目に合うであろう償いの時が訪れると・・・(これは長年働いてきた私も覚悟しなければならない事かも知れない。過去、仕事スイッチが入ると、利益や効率の為に私はモラハラ気質を通していた。)もう一つは、自己の視野や経験不足を指摘される事を「モラハラ」と言い放ち、結局は他責で逃げる側の言い分である事もある。適応障害にしても同じで、過酷な仕事や人間環境による側面と、自己の視野が狭く環境に順応出来ない個と環境のズレによる二通りがあると感じる。何れも二つ目が問題で「学んでいる過程」もしくは「逃げている」は人の成長過程で誰もが通る道だと思うし、未だ...淋しいような、仕方がない様な。

  • 過去の皺寄せ。

    時代の流れの中で「違和感」を感じる若者の姿に漸く気付かされた。過去生きた者逹の負の皺寄せを受けた結果が、こんな処に迄及んでいた事に愕然としてしまった。人は常識軸で人にジャッジし、期待や批判を投げ掛ける。世間の評価とはそういうものだと思う。期待する者には、そうあって欲しい願望で正道を生きる事を求める。しかし、正道を生きていく事が出来ない事情が先に生きた者の負の遺産を身に受けた被害者であると気付かされた時、人は「責める、期待する」を止めざる負えないのだと思う。どんな環境生育であれ、その認知に死角がある以上、親にも、周りの人間にも成す術に限界がある。(何を伝えたいか、解る方は限定されてしまうと思う。)全て他責。自分のしたい事に反対する者は敵。自分達の身の回り以外に及ぶ影響は想像し思い至る事が出来ない。この現実は家族が...過去の皺寄せ。

  • 祭主

    昔、まだ東京に住んでいた頃に、四ッ谷の駅で一度だけ黒田清子さん(現天皇の妹)を見かけた事があった。初め、目に止まったのは鮮やかなブルーのワンピースと同色の帽子姿の年配の女性で一般人ではあり得ない服装に「何なんだ?」《目が点に》になる程驚き見ていると、それは皇女清子さんの御付きの女性でしかなかった。当時学生だったと思われる皇女は地味な色合いの私服で大人しげな女性だったが、御付きの人がさも「皇女ここにあり」的な目立ち方で、「寧ろ、目立つ御付きでは皇女は危ないだろう」と感じた程だった。何故、清子さんの話をするのかと言えば皇室の行方よりも、皇室の役割を地に落とされる昨今に疑問と不信を感じていた私に、それに対する答えが清子さんである事が今日何となく理解出来た様に感じたから・・・。清子さんは天照大神に遣える祭主である事を、...祭主

  • 艱難を生きる時代

    日常に変化があって、体の休息とメンテナンスの為に日記を記録できなかった。彼是、書きたい事はあったけれど体力が間に合わなかった。そんな日常の中、昔の思い出が蘇ってきた。まだ都内で働き、カトリック教徒として学んでいた頃の事。1日3時間は祈りの時間を取る・・・。しかし、働いた上で日々の生活をこなしこの時間を作る事は、若かった頃は難しい事だった。当然、通勤時間はロザリオの祈りに当てられた。疲労が取れない朝に「無理、止めよう」とした日、通勤電車に乗り合わせた若いサラリーマンが手にロザリオを持ち祈る姿に出くわした。カトリックの信者人口など国の1%に過ぎないのに。「あぁ、この人も同じ。聖母が会わせてくれた。止めてはいけないと・・」日々の生活に祈る事、ましてや向かう先の職場の為に祈る事は、仕事や人間関係を通して来る魔的なトラブ...艱難を生きる時代

  • 先駆者に引きずられない己

    自分の思考位地確認には、参考になるブログは沢山あるし、その経験や語る言葉に感心もし感謝さえする時もある。しかし、内観し行動した事に答を見つける行為を繰り返すと、自分が影響を受けた人に追従してしまう時がある。不安になると余計にそうなる。そういう事を何度となく経験し、最近は人様のブログは参考程度にしている。以前にも書いたが、強いリ―ダ―シップをとる人やカウンセラーは強く知能の高い人々が多い。牽引力が強ければ強い程、意識の接点が時期的な不調期などでズレると、こちら側が受ける破壊ダメージも半端ではない。優秀だからこそ、ヘタレを許さない断言口調は自分のメンタル状態を保護できる範囲で受け止めた方がいい。私は宇宙意識に視野が広がった際に、個人セッションや講座で人の手を借りて内観する事を願っても、金銭的に敵わなかったし、丁寧に...先駆者に引きずられない己

  • 一息ついて

    お盆が終わり、雑霊ザワザワ感が終息したのが18日頃だったか。内観作業も外界とも、内心良く戦ったなと思う。見ないふりをしていた自分の堕落ぶりも無能さも理解したし、「私が聞いて良い器か?」と思う程の人様の悲しい過去を語られもした8月だった。偉そうにブログなどで語る私には、「大丈夫」とか「癒える時がくる」などと簡単に言えない経験をもった人々が心の傷や記憶に蓋をして、目の前の生活を先行きも解らぬままに必死に生きている。私は自分の世間知らずや傲慢な視野を反省させられたし、助け術を知らない。しかし、遠目で見る限り親の成長段階から負の連鎖が始まっているのではないかと感じる以上、言葉では伝わる答も無く、絡まった糸は神に委ね祈るしかないと思うが、本人への何の即日解決にならない。「一番良い道へと導いて下さるようお願い致します。」こ...一息ついて

  • もう少しの我慢と・・思う事。

    コロナ禍で我慢を強いられる生活も、長くなり限界となって不和を産む昨今。お盆で浮遊霊ゾワゾワ・・。意地悪な性質の人が勢いづいている。話が噛み合わない。物事がギクシャクして収拾がつかない。身辺を掻き回す人を良く観察し、来年のお盆時期の対策にして欲しい。人を苦しめて喜ぶ浮遊霊や魔の媒体となるのは、心に妬み、怒り、劣等感、弱さを持つ人。16日頃からは墓穴を掘り、荒くれて人に成した事がその人に返っていく。もしくは、調和が戻り壊れた関係から真実が見えてきて、自分が知ってよかった経験になると思う。魂磨きを望む人には、「良かった」結末であって欲しい。話は飛んでしまうが・・今、障害を持ちながら頑張っている方や御家族に思う事。障害者は一つの動作さえ健常者の何倍かの負担や労力、思考があり苦難の連続だと思う。そしてカトリック的な魂から...もう少しの我慢と・・思う事。

  • 2021/08/12

    1ヶ月前頃「吉祥天様が探しておられましたよ。」そんな声が聞こえた。「あっ、ご縁が頂ける。」と喜んだものの、私に生活の焦りや混乱から余裕が無く、仏教に無知な私は調べる事もせず放置してしまった。今日、漸く吉祥天様について学び始めたところ、「富」に繋げようとする情報が多い中、全く違った事を私に示唆しようとなさっていた事が解り、その優しさに涙がでた。向かい合う様々な事柄に着手はしても、私の心にある疑問がストッパーとなっている事への示唆と回答だった。「あぁ、的確な指摘と励ましの言葉だ」多分今回、吉祥天様に頂いた私への回答は、難題に諦めてしまいそうになる度に私を支えて下さるだろう。*****************人の為に祈る事は犠牲ではない。思い通りの反応が無くても、後悔せず、見返りを求めず、傷つく事を恐ず成せば、それは...2021/08/12

  • 答え探し

    この時期、やはり嫌な空気が漂う。お盆明けまで続くであろう物事の混乱と身の回りに錯綜する噛み合わない事象のあれこれ・・・・。メンタルは建て直しても気付かぬ内に崩され、整えたはずの思考は混乱へと落ちる。いつもは安定的に信頼出来ていた人の話も、相手のせいでは無く接点角度が違う為に自分で負の方向に捕らえてしまう。挙げ句の果てには「うるさい👂💥」とさえ感じてしまう。この時期は余程安定した人の示唆でない限り、私が毒として受け取ってしまう。何処だ、何だ、これじゃないのか?何に気付く事でこの事象は収まるのか?ただ、ただ神々が気付かせたい答えを探す日々。冷静に、そして神々に祈りに祈り、自分の心の状態をベストにした際の思考以外安易な結論は出さない・・・・。結論はお盆が終わってから出す。恐らくは、今試...答え探し

  • 主(キリスト)からの慰め

    数日前、お風呂に入る時に頭の中で懐かしい讃美歌が流れてきた。日本に向けて祈りたいと、祈りが広範囲になるカトリックを出た私は、以前の様には主に祈ってはいなかった。それにも関わらずこの数年口ずさむ事も無くなった懐かしい讃美歌の記憶が蘇り、繰り返し歌いだしていた。その讃美歌は全て主(イエスキリスト)に関する歌で、暫くすると主の顔が大きく目に浮かんだ。もうその頃には私はうずくまり、嗚咽をこらえながら大粒の涙を流していた。主からの慰めの訪れだった。正直、私はサタン系の魔からの攻撃と妨害を受けていた。除霊しても繰り返し絶える事が無く、左肩や腕、左半身脇腹に巣くっていた。除霊が面倒になり放置すると、生活面での妨害に発展していた。こればかりは警戒で済む現象ではなかった。何れ住む世界は変わるから、それ迄の辛抱と諦めてもいた。以前...主(キリスト)からの慰め

  • 警戒時期

    昨日、3cm程のネズミの死骸を食器の引き出しに見付けてしまった私。今日はその掃除と消毒を終えホッとしていたのに、夜には飛来したゴキブリと格闘。何年ぶりかの格闘だった。体調も悪く、勝手に話かけてくるGoogleアシスタントは設定を外してもまだ音楽操作を邪魔し余計にイライライラ😒💢💢💢💢・・・。設定を復活させない様に排除し、ふと思い出す😃💡。こんな時は、信頼する人物との接点角度も悪くなりいちいち語られる言葉にメンタルを引きずり降ろされたりもしている。「あぁ、まんまと引っ掛かってしまった私。」あぁ・・・そういう時期です。お盆前。カトリックで言えば8月15日「聖母の祝日」に向け、受難で清められる時期。魔がはし...警戒時期

  • 半信半疑

    縁あって、流産した若いママさんにであった。供養する際に事情があり、現在も納骨出来ず、他の子供が幼い為にアパートでは花や線香も焚け無いと言う。骨壺が落ちて壊れしまい代わりの骨壺にも移せていない。お寺にお願いできる状況にも無い。他にも複雑な思いを抱いているのが見て取れたが、母親の不安定さが悪循環の元。家庭内不和。今現在の私も悪い状況にあったが、兄弟に渡しそびれている仏壇がある為、そこの仏様に祈ろと母親を家に招く事にした。ここからが半信半疑。私は正当な仏教の知識が無い。神々様から過去に頂いたビジョンでの繋がりのみが絆であり信頼だった。「流産した子供の供養をやり直ししよう・・」母親を招く前日、仏様に流れた赤ちゃんの魂を助けて頂けるよう、祈り願った。遺骨を持って訪ねて来た母親と共に、前日に調べた水子供養の情報をたどり、仏...半信半疑

  • 上手くいかない時

    正直・・・山の麓で立ち往生している。体調不良もあるが、生きる現実世界で無視出来ない事に直面していて、これをどう解釈するかで葛藤している。見せ掛けの現実だからとか、解決の答えは自身の内側にあるとか、自己の弱さから逃げているからとか、八方塞がりで神が私に求めている答えは、上昇する道を選択する事・・とか、真我が求めている事に耳を傾けるべきとか、今は、岩肌を剥き出して聳え立つ眼前の山の前で、うろうろさ迷っている。波動が低い時、体調が悪い時、感情は正直でもあり、足枷であり、目先の惑わしでもある。あの目標にたどり着きたいと思えば、今まで成してきた自分の努力を信じれば良いのだけれど、感情はそれさえ遠ざけてしまう。こういう時、若い頃のカトリックで経験した学びが思いだされる。これは、真似て欲しい情報ではなく、修道レベルでの話で、...上手くいかない時

  • 棘の冠

    精神的にあまり良い状態にはいない中、浄化も含め内観作業の日々。過去にも記したが、除霊動画やヒ―リング動画を多用しシンクロで学べる機会を探すのだか、また暗い動画で悪影響を拾ってしまった。長らく避けていた動画だったが、私が避けるのは「内側で触れられる事を拒否しているせいか?」試しにと動画を見、話の内容等に納得もしたし誠実な動画だった。しかし動画中や見終えても、爽快感が無い。加えて重苦しく感じて何故か気分が上がらない。極めつけは、翌日起き私の目付きが何とも異様になっていた。・真言や祝詞を唱えるから、・多くの除霊知識を持つから、・取り巻きがいるから、上記の事が全てを解決する訳では無く、結局は神々からの暖かみや慈しみ、愛が感じられない術者は術者本人に問題があるのかも知れない。若しくは、私自身が受け付け無い何かを感じ取って...棘の冠

  • 龍神様との御縁

    楽しかったビジョンの記録https://blog.goo.ne.jp/miyo0815/e/d215cb2e684c03a76ab92570a447a5f7過去記事↑この日記を書き始めて、1年以上が過ぎている。自分の記録だから好き放題、ありの儘に書いてきたが、内観作業と同時進行なので余り時系列にはなっていない。日記1年の経過だからこそ、内観に苦痛を感じた時に過去のメモや日記を読み返し、神々様からの示唆を忘れていないか、理解できているかを自身に問わなければならないのかも知れないと、前回の日記を書きながら思った。ヘタレた時には、楽しかったビジョンを思いだし「こんな自分を励まして下さった」神々様の恩恵を思い出し、自身の心に浸透させて《血・肉》にしていきたい。カトリックを抜け出し「最後は日本の為に祈りたい」無知で何も解...龍神様との御縁

  • 自分が戦うべき心・偽物の真理を打ち砕く

    今日過去のノ―トを見返す機会があり、すっかり忘れていた昨年の記録が飛び込んできた。「覚えているか」と問い質されたのだと思う。私の外れた思考はバレバレなんだと。《自分が戦うべき心》・嫉妬・疑念・恐れ・こう思われたいという邪念・自分が他者よりも優れ、特別であると間違った自尊心と願望・本来恐れではない事を、他者の意見で恐れる弱さ・未来ばかりで今を見る事が出来ない恐れの抱き方・己れを信じようとする事は、疑念「信じる信じない」は無い。己れは己れである。《偽物の真理を打ち砕く》・自分が他者より優れていると言う間違い・それぞれの特性を認め、他者の特性も認めるこれは、社会という枠を外してそうある様に努めよという事なのだと思う。私は、何割も出来ていない。やはり、社会での人の在り方が主眼となっていて人を選り分けている。忘れていたし...自分が戦うべき心・偽物の真理を打ち砕く

  • 母性愛に感じる事

    私は子供を持てない人生だったので、日常の子育ての長期苦労を知らない。しかし、学生の頃から夏休みに保育園のバイトをし、私は兄弟の子育てヘルプ要員であった。姉が二人目出産の折りには上の子供を預かり、病気入院時には長期出張の多い義理兄に代わって家に泊まり込み、食事やお弁当を作りをして子供の世話をしながら会社務めをこなした。仕事を持つ主婦の苦労を体験する程度の事は出来た。子宮系の病気が長く苦しんだ事や、体が丈夫では無かった為、子供が欲しい欲しく無いで深く悩む事は無かったが、心の奥底の意識ではこの事に傷を持っている自覚はあった。過去に結婚の話で、拗れた時に、「あの人がしっかりしていれば、今頃は孫が抱けていたのに」先方の親の心の声が聞こえてしまった。私には妊娠に希望が持てない婦人科系疾患があったので、若かった当時この言葉に...母性愛に感じる事

  • 内観・謙遜を隠れ箕にした自分への欺き

    ある動画の一言に引っ掛かり、癒しが必要な件が浮上した話。カトリックで「常に謙遜で在りなさい」「受け取るより与える者になりなさい」「神の前に我を捨てる事で、教えの深く迄知る事が出来る。」これは、中世のカトリック修道者が学んだ事。これに近い事を学んで従ったと思い込んでいた。数人で何かを分ける時、残った物で良しとし、譲る事が常となっていた自分。謙虚な教えに従ったつもりで、時には残り物が開けてみると身に余る物だった事もあった。そして神の采配と喜んで、益々残り物を受け入れた。しかし、これは「信仰の謙遜」を隠れ箕に、末娘の私の悪癖を隠し持ち続けてしまう事にもなっていたらしい。たまたま見た動画から聞こえた話が起点となって、何かが自分の流れを悪くしていると祈り、ブロック解除の動画に行き着き、出た予想外の悪癖だった。自分で言うの...内観・謙遜を隠れ箕にした自分への欺き

  • エネルギーの枯渇

    真我の望むところを生きようと、只只情報を漁り、学び、祈った日々だったが、上手く廻っていない自分に気づかされた。何だろうと・・・・。ふと、やっている事を放棄したくなる。何故か馬鹿馬鹿しくなってくる。色々探った結果が「自己のエネルギー不足」真我に沿った願いの祈りはしたが、他者にエネルギーを送っているつもりは無かった。しかし、そういう事らしい。自分が幸せでなければ、エネルギーは枯渇する。思考を休むと余裕が出て、視野が少し回復。どんな生活にも、自己メンテナンスは必要なのかも知れない。体の力が抜け、筋肉も緩む。忘れずに毎週土曜日は、自分のエネルギーチャージ日にしよう。毎週土曜日は、「学びや探求を休み、全ての祈りを自分の幸せの為だけにする」他は、宇宙や神々様に委ねる日に決定。暫くは様子見🦄🦄...エネルギーの枯渇

  • 許せないと言う事

    今日は、祈っても気分が悪く、動画で見つけた「丹田に気を送る」や「千手観音様のヒ―リング」を流した。千手観音で思い出した↓古い動画を探し出し久々に見た。https://youtu.be/uqtjb0LjC3c聴覚障害を超え動くタイミングなど、並んだ後ろの人が前の人に息を吹き掛ける事で合図するのだと言う。もう何回も代替わりし演出も変わっているのかも知れないが、私はこのセンターの人の代が好きで深く記憶していた。「この人々のお陰で千手観音が再注目された。」という声が聞こえた。******************「千手千眼」の名は、千本の手のそれぞれの掌に一眼をもつとされることから来ている。千本の手は、どのような衆生をも漏らさず救済しようとする、観音の慈悲と力の広大さを表している。********************...許せないと言う事

  • 大風呂敷な願い

    昔の話になるが、修道院や保育園を抱える教会は信者数も多く色々な集会や勉強会も多かった。そんな中、小共同体とも言える人達が集まる場所が外部に必要になる。交代で家を提供するには、その広さも家族の負担も重い。30年程前であっても、都内でしかも大使館や旧士族や政治家が土地を持つ界隈では、部屋を借りるにも高額でマンション購入なら更に相場も高い。保育園や教会受付のアルバイトをしていた世間知らずの若い頃、教会裏にあるマンションを見て「ああ、このマンションがあれば祈りの集まりや持ち寄りパ―ティが出来る・・・神が与えてくれれば」と思った事があった。「そんな事を考えるのは貴方位ですよ」と嗜める様な言葉が聞こえた。まぁ、当たり前と言えば当たり前。一等地にマンション購入など・・・苦しむ人をどれだけ助ける事が出来るかと思えばそう・・・。...大風呂敷な願い

  • 阿弥陀如来様

    昨日も体調がスッキリせず、ダラダラしがちだった。しかし夕方になって、流したスマホ動画から阿弥陀如来様の真言が聞こえた瞬間に私の顔がファッと明るくなった。その時にちょっと不敬なビジョンも見えた。ステージに阿弥陀如来様がでて来ると、私や他の人々が一段下がった所からステージにかぶり付き、手にペンライトを持って「キャ―キャ―」喜ぶ姿。心は好きなア―ティストを瞬時に見せられた様なウキウキ感。私は阿弥陀如来様の真言を通して、慰めを頂いたのだと感じた。お墓を預かって頂いているお寺が阿弥陀如来様が本尊の古いお寺で、以前にも記したが父他界後には初盆にお経を上げて頂いた際に、初めて阿弥陀如来様がビジョンでお姿を見せて下さり私の憂いを慰めて下さった。この時の恩恵が、今も仏教を信頼する元の一つとなっている。一方で私は、自分が正式な仏教...阿弥陀如来様

  • 体調が悪い時

    人は軽い頭痛でも、気分が悪くなり省けるなら放棄して休みたくなり、祈ろなどとは思えない・・・今日の私がそうだった。それでも、長く生きてきた分経験値だけは高く、祈ろうとする。寧ろこういう時に自分を神の前にさらけ出し、祈りの中に避難し自分を休ませる。半分意識もなく、上の空で祈る祈りは神々様も「迷惑」だろうな・・・と思う反面、思い出す話がある。私達の祈りとはエゴ剥き出しの事もあるし、投げつける様な怒りを伴う事もあるから、粗末なリンゴを神に差し出す様なもの。しかし母性や慈しみの深い聖母は、ロザリオ(聖母への祈り)を通して(祈る願いの形としての)粗末なリンゴを、銀製の皿にのせ大切にキリストに差し出し渡してくれる。これが、世間では偶像崇拝と揶揄される本当の仲介者としての聖母の愛。しかも、その願いの重要性によっては、母としての...体調が悪い時

  • 助け船

    当初このblogは誰かに読んで貰う為でも無く、自分の死期を感じた時に自分を振り返る為の記録にしようと思い書き始めた。だから誰に対しても気兼ねする事なく、思う儘に書きたい時に記録する日記だった。しかし、宇宙意識の必要性とツイレイの葛藤の繰り返しは、結局真我を生きる事に繋がり、自身で神々の「愛・慈しみ」を伝えたい願いへと導かれていった。私の本筋は宇宙創造主の愛のエネルギーを求める事に尽きるが、blogを拡大したのも「伝え残す」事が私の魂を慈しみ育ててくれた神々への感謝であり、自身が媒体となって宇宙意識を求める人にも神々様の愛に触れて貰いたい願望が表に出てきた。今後は私の願望に添った事も増えていくと思う。カトリック癖の自己犠牲が長かった私は「自己を愛す」事が徹底的に不足していた。それを補修する為に、自分を愛し犠牲にし...助け船

  • 気になる事

    ここ最近体調が悪く季節の変わり目と放置していたが、普段使わない薬を使用するに至り「どうしたものか?」と思っていたところ、幾つかの手抜かりに気付いた。祈りの際に怠さが続き聞こえた事「下々に至るまで、お前に復讐する事を願っている」と・・・・。これは魔系の方で、復讐とはカトリックの際に祈っていた救霊に対する私への報復であり「そんな事、知っとるわ・・。」一度踏み入った世界。「死ぬまで祈り戦い続けるし・・。」と思ってる。ロザリオの祈りの時間を増やし、霊的御聖体(キリストの体としてのホスチア)を頂く祈りで助けて頂く事になった。そしてまだあった。生き霊・・・。もう生きる世界が変わったからと放置したが、5日と持たなかった。自分の弱さの問題よりも、私が会った事も無い人で粘着性の恨みの念が強く、除霊後の解放感でその念の蓄積が解る。...気になる事

  • 現世での成功と人の霊的器

    今現在の私は、人々から社会的に大々的に失敗した人生と見られてほぼ間違いは無い。表向きは・・・。若い頃から神の介入があった。まだ中学生の頃に、近所のお金持ちの奥さんが東京のカトリック系(修道院経営)の学校を私にしきりに勧めてきた。「寮もあるから入れと」「いきたいなぁ〜」と言った私に母は烈火の如く怒って排除した。この時にこの話に乗れていたら私は修道女になっていたのか・・?高校卒業後は、田舎から出たくないと思っていたのに「経験すべき」と父から強制的に出され先に都内に居る姉と暮らした。この移動後に同じく都内に来ていた幼なじみの助けで私はカトリックの洗礼を受けたのだったが、都内で兄弟と暮らしていた時にトラブルとなり結果は教会の側に住めという神の導きだった。若い頃に宗教的な制約の中にいながら差し出された結婚を嫌がり神の前か...現世での成功と人の霊的器

  • また見つかった呪縛

    6月に入ってしまった。色々と内観していることで出た膿。6月~はお掃除が始まるそうで、半年位続くと言う。自分を軽くする為に、この時期に入り手放しが必要との話で、内面の細々した隠し呪縛や不要観念に焦点が合わせられるの繰り返しらしい。「何にも・・・もう無いよ〜」と思っていた。しかし、内観以前に事象や行動が出る出る。まず、焦点に合わせられた事に怒りが爆発。爆発→呪縛限界→自分で課した制限発覚→制限呪縛解除→本心吐露→クビキが取れ体が楽=ハ―トチャクラほんわか暖まる。以下自身に該当した件を簡単に怒り爆発→ツインへ怒り吐露攻撃→レイ完全無視(カルマ通りの反応)→自身内観→急に眠くなり寝る→自身が課した呪縛に気付くここから詳しく記録実は呪縛に気付くまで何年も何度もこのパターンを繰り返していた。漸く私が自分の本心に気付く事が出...また見つかった呪縛

  • 学ばなければならなかった事。

    少し残念な失敗の話。現在の私にとって見える八方塞がりの現実に引きずられる事無く、上を目指して創造主に真我を向け、波動を上げ続ける事が日々の修行となっていた。少しでも、学べるきっかけになればと思い何年も前にカウンセラーやスピリチュアル系のblog等を定期で見ていたり、講座勧誘のメ―ルも来ていた。今日は久々に見た1人のblogに聞きたく無い言葉の1フレ―ズを見つけしまい、まんまと引き込まれて波動がガタ落ちになってしまった。言い分は正しい、また人を説得導くに相応し知性も実績もあった。しかし、愛が無い。過去に「この人に内観の指導を願ったら、内面をメチャメチャにされ大変な事になるかも知れないな」と言う感覚をもって眺めていた。そして、スル―すれば良いのに読み込んだページのワンフレ―ズに目を止めてしまった為に一瞬にして波動が...学ばなければならなかった事。

  • こちらでだけ書ける事。

    精神疾患のある方について。私の家は、小さな工場を営む家庭だった。近くに精神病院があり、パートでその病院の入院患者さんが働きに来ていた。当然フルタイムでは無かったし、一年を通して働き続けられない人が多かった。報酬は、限度が決められていたので少ない。それでも少人数の単純作業だった為か居心地は良かった様だ。精神状態が良くなると、病院を通さずに直接電話をしてきて「働きたい」と言ってくる人もいた。特に長期入院者は慣れた職場を求めそれを繰り返していた。幼い頃から、彼等の生活については話も聞いていたし身近に見ていた。大体の人は、健常者に見えながら季節の変わり目にはバランスを崩し外出禁止となり、悪くすれば個室に入れられ様子見になる。退院して、暫く後に自死した人もいた。彼等の言い分は「俺達の病気は、薬では治らない」だった。学生の...こちらでだけ書ける事。

  • エ―テル体のケア

    現在は生活面に置いて壊滅的状況にあるのだけれど、首をかしげながらも魂的には正しい状況にあるらしい。今は事細かく記す事も出来ないが、以前であれば胃痛や不眠になる状況を「あるが儘に受け入れる」心境で只祈りや瞑想をコツコツ重ね、波動を下げない生活の導きを探っている。そういう生活の中、肉体的に霊障に弱すぎる事が負担で祈りで導きを願った。受けた答えがエ―テル体と祈りの2点だった。霊障が酷い際には不動明王様の除霊を定期的にお願いしているが、ある日霊障元の人間がビジョンで見え、所々黒く焼け爛れた姿をして現れた。無意識に害を繰り返すので除霊の回数も増えるし、背後に繰り返しを後押しする別魔者がいたりする。可哀想になり止めようかとも思ったが、私自身に肉体的な不都合が出てしまうので除霊はやむを得ない事だった。その姿は、私自身のエ―テ...エ―テル体のケア

  • 真我を生きる為に

    幼稚園位の年だったと思うが、私は明け方体外離脱をしていたらしく、天井近くから自分の体を見つめ「このまま戻らず、他の体に入ったら別の人になるんだなぁ〜」と思った記憶があった。同じくまだ宗教を知らない幼い頃に、「自分は小さな小さな存在で地球で生きているけど、その外では色々な星が細胞の様にあって色々な生き物がいて、別の世界が無数にあるんだろうな。」空を見つめながら思いに耽った。こういう事は小学生低学年位までなら、子供から聞いた事がある人もいると思う。過去世の話も語られている例があるらしい。特別扱いすれば社会で生活上不都合が生じるし、強く否定すれば思考に限界を作ってしまう。多くは社会に適応し忘れてしまうのが普通だろう。私も20代までは忘れていた1人だった。今は掘り起こしに必死。今朝目覚めた時に見たビジョンは、私の過去世...真我を生きる為に

  • 昔の思い出

    昔、1986年にフィリピンで○井物産マニラ支店の支店長誘拐事件というものがあった。この事件の際に交渉仲介として犯人側が指定したのは、カトリックの(司祭)神父だった。詳しい経過は記さないが、出向いたのは私が居た教会と同じ会に所属し、フィリピンに派遣され在住していた日本人司祭だった。事件終息後どれ位後だったか、この司祭が日本に一時帰国し私が居た教会の修道院に宿泊していた。私はその時教会の受付アルバイトをしていてたまたま事件に関わった神父に合っていた。「名刺を至急作って貰いたい」名刺を外部に依頼しているうちに他の神父も来て事件の時の話が神父同士で始まった。「司教(フィリピン人の方)に呼ばれていったら『神父を交渉人に指名してきたので貴方が行きなさい。』って言われちゃってさ〜」みな大爆笑だった。多分当時の事件と、当時フィ...昔の思い出

  • 過去エネルギーに関する駄目出し

    宇宙創造主に向かう世界やツインレイに足を踏み入れ、この日記を書き始めて1年が過ぎていた。昨日、過去に記した記録を訂正しなければならない駄目出しが出てしまった。過去世から現在に至る中で、嫌々奪われたエネルギーは回収可能としていたが、私には「手放せ」のサイン。カトリックを卒業直後に、ある意味送り出して下さった聖母がビジョンを見せて下さっていた。1つ目は、ツインレイについて。(この件は、今は記す事はできない)娘を心配する言葉だった。2つ目は、カトリックで成した事はその儘にする事。私にはこの2番目が解らなかったし、エネルギー回収は其れなりの経験者の記録も多かったので、カトリックの修行は卒業したのだから嫌々奪われたエネルギーは回収しても良いと判断していた。それは、長かったカトリックの祈りの年月で「受け取らない(相手の自我...過去エネルギーに関する駄目出し

  • 駄目出し、そして地球神

    朝起きた時に、駄目出しがきた。ハ―トチャクラに小さな黒い塊があるのが解り「これが解らないと、生活は変わりません。」と・・・あれかな、これかな・・??今だに完全な理解ができていない。他力に頼る為に色々な動画や検索をした過程で不味い事を感じた。言う事、やっている事は勉強になるのにUP主の顔を直視出来ない場面がちょくちょく感じられた。そして心がモヤモヤする。結局、いつもの除霊の動画を見るとスッキリした。スッキリした後に感じた事。多様な技を習得していてもその中に悪神に近い何かに繋がったUP主の動画を見てしまったらしい。何とも言えない微妙な不快感が残る動画は注意と反省した。以前にも記したが、別のSNSアカで占い師にフォローされた時には、その方のアカウントを開いた瞬間に「うっ」と不快感を感じ申し訳ないながら瞬時にブロックし...駄目出し、そして地球神

  • 先祖との縁

    過去にカトリックとして在俗修道者の様な生活をしていた際、先祖や家族血縁の救霊(供養)は日課的な祈りだった。20代の頃はカトリックでいう練獄(天国と地獄の中間的な所)への祈りは必須だったし、私はむしろ練獄の魂を救う聖母への祈りを愛した。彼等が天国に救われるのを楽しみに、天国に友が出来る事を期待した。家の宗教がカトリックではない環境の者の家庭は、家族=十字架になる過酷環境になる人が多い。私の場合、友人にも恵まれなかった為、天国に友人を作りたかった。人は原罪を持って産まれ修行しても世間の荒波の中で迷い苦しみ、誰であれ再び罪を犯す者。しかし亡くなり練獄に居る魂は生が止まり、持っている罪を増やす事も無い。現世からの祈りで浄化で苦しむ期間を短縮できるよう神に願い、天国行きが約束された魂を助ける。それが、カトリックの考え方。...先祖との縁

  • 感謝を記しておきたい、美雨さん。

    この日記を書き始めた頃、嫌がらせから逃げる為にアメブロから移動先を告げずgooblogに突然移動した私の日記には訪れる人はいなかった。自分の記録日記だから変な期待はせずに淡々と書き続けよう・・・そう思っていたところ目に止まるブロガーさんをみつけた。それが、上原美雨さんだった。知名度のあるブロガーさんだった様で、他者からの攻撃を受けたり、議論に出てくる人名も聞いた事のある方がよく書かれていた。社会的な話題にフォーカスする内容の際には、一般的な視点では無く綺麗事に逃げない今現在を生きる人の人権を守りたい意識が強かった様に思う。細部に渡るまで微塵も見逃すまいとする感性で情報を汲み上げ、エネルギッシュに言葉を振りかざし、その論争はあたかも両手に剣を持ち戦う様な勢いがあった。疲れて膝をついた姿でも尚両手に持つ剣をまだ離す...感謝を記しておきたい、美雨さん。

  • 除霊あれこれと生霊に思う事

    体調が優れない。気分が悪るくやる気が出ない。祈る気になれず、取り掛かろとすると眠気が襲う。こういう時は妨害入っている。宇宙的妨害・負や魔の妨害・霊的妨害今は便利なもので除霊動画が活用できる。気付いた日の内に建て直しは可能!今日の妨害は霊的妨害で「生霊」。しかも協力する悪霊もいるらしくブログを書く事さえ妨げる現象が起こっている。故に記録しなければ。悪意をもった生霊の出所は、受ける側に操作は出来ない一方的な物。発する側は悪意が強ければ強い程その心や思考に地獄を持っている。その心を感じとった霊が近寄って来て協力し妨害の力を増す。これを除霊を受けて解除すると妨害や攻撃の力は生霊発信元に返って行く。こういう事は、神仏の加護の強い方に向けると何倍にもなって返っていく。(私も自分の思考は警戒管理しないと・・・反省する事しばし...除霊あれこれと生霊に思う事

  • 代母の恩恵

    代母とは、カトリックの洗礼を受ける際に、カトリック内での信徒の母となる人を言う。私と代母の関係は、私が実家に帰った為に20年以上前に縁は切れてしまったが、大変お世話になり、また日本でこの様な方に出合える事は本当に稀な事だったと思う。この話しを記す前に、最近の葛藤や妨害の事を書いて置きたい。今の私にとって、最大の妨害は宇宙生命体になっている様だ。日常的に感情がブレ捲ると日々の祈りや浄化が不足しているのだが、除霊動画を利用しても無気力になり、そもそも祈る事から逃げる有り様でボケ―と座ったまま過ごしてしまう。(因みに普通の除霊では効果はない)「聞いても、見ても意識に届かない」という情態。上半身が浮いていて地に足が着かない。当然日記記録に興味が薄れ、日常も滞り、昼夜が逆転する生活に陥る始末。これの解消の為に宇宙的妨害を...代母の恩恵

  • 占いショッピングをした過去

    今は祈り、瞑想の土台再構築中・・満月以降、安定しつつあるがまだまだいい加減。昔カトリックの代母(洗礼の際の母親役)に言われた事は「1人の信仰は弱く共同体が必要」今の状況で言えばソウルメイトが必要と言うこと。何れそうありたいとは思うが、今の私では駄目な様子。田舎に帰り霊的な共同体も無く、ソウルメイトも居なかった10年前の私が、占いショッピングをした時の記録。当時恋愛の失敗から精神的に追い詰められ、カトリックでは禁じられていた占い鑑定ショッピングをして散財した事があった。精神的にかなり弱っていて、感情を客観的に映す媒体を欲し迷走しまくっていた。無駄な散財と解っていたし、大半が心に残す鑑定では無かったが、これが思わぬ経験をもたらしてくれた。「何に繋がって回答して来ているか」森の妖精→私・・・小悪魔的存在のビジョンが見...占いショッピングをした過去

  • 親との関係の浄化

    今更ながら親子関係に浄化すべきポイントがあると示唆された。感情的に内に隠れたモヤモヤを紐解き、軽くなる必要があったらしい。父が亡くなるまで関係は良くも悪くも無く平凡に、しかしカトリックの修行的視点に立って接していたので言いなりになれとは言わないが「たとえ殺人者の親でも敬いを」とされていた為に、無条件に奉仕ぎみだった。カトリックになって以降、家族への魂の救いへの祈りは当然の日課だったし、親と同居してから家にお金を入れつつ家事は私の仕事だった。自営の家で家事の負担が軽減された母は喜び全てを丸投げし、週末は夫婦で旅行したり友人達と遊び回る始末。年だから仕方ないとは思いながら、父の晩年に患った胃ガン後も、食事回数が増えた負担さえ母は手伝う事無く私に投げた。女中扱いをする母に対しては、父の死後に限界値を迎え、カトリックを...親との関係の浄化

  • 魔の尾尻

    私は今だに祈りや瞑想の崩れた土台を再構築する日々が続き一進一退を繰り返す。実りが見えない日々。このブログは、自身の過去、現在、目指す望みを歩む過程の日記で、自分の終わりを感じた時に過去を振り返り読みたいと思い書き始めたもの。人様には解りにくい事ばかりと思い、始まりは小説として逃げた部分があったが、全て事実。誰かに配慮して書いてはいないので、非難を受けたとしても、書いて置きたいと思う事は記していく。昨今の発達障害の方々は神が補いの能力として与えたのか、驚く程スピリチュアル的に長けている方が多く、受信側の心に突然話しかけてくる人が多い。自分に係わる話しは直ぐにキャッチするらしく(酷い例だと霊体が部屋に勝手に侵入)ほぼ無法地帯。素直な人なら問題は無い。そこそこ歪んだ思考を持つ者が厄介だ。いわゆる無意識に飛ばされる生き...魔の尾尻

  • 引き出された過去生の断片

    骨格とも言うべき祈り瞑想が出来ないでいた。何も集中出来ない。好きな音楽にさえ手が出ない。何もできないなら除霊やヒ-リングか・・集中できなくても聞き流せば良い。徐々に楽になった後に短時間の祈り。波動を上げる目的でなんとか音楽を聞く。音楽が濁って聞こえ、心が腐っているのが解った。私の中には吹き出したい怒りが溜まっていた。宇宙ガイドへの怒り、対人的な怒り。具現化の失敗。好きな曲を重ねるにつれ涙と怒りが沸き起こって「自分を取り戻さないと駄目だ。」「飛びたい、昇りたい。」そう口にしていた。久々に龍体になった感じがし肉体ではなく精神的な苦しみを感じた。身体が椅子に座ったまま蹲ったり、仰け反って涙がでる目で上を見る事を繰り返した。開いた口からは呻き声がもれていた。断末魔の呻き。数分続いた。多分龍体の時の殺された状況を体感した...引き出された過去生の断片

ブログリーダー」を活用して、miyoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
miyoさん
ブログタイトル
スピリチュアル日記
フォロー
スピリチュアル日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用