searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
定年後の生活ブログ
ブログURL
https://www.teinenoyaji.com/
ブログ紹介文
四国で生まれ育ち、教員定年後に行政書士となって第2の人生を歩み始めました。四国のことを知ってもらいたくてブログを書いています。 資格試験についても書いているので、お役に立てればうれしく思います。
ブログ村参加
2020/03/24
本日のランキング(IN)
フォロー

定年親父さんの新着記事

1件〜100件

  • 懐かしのしめ縄を手作り

    はじめに 作り方 おわりに お題「#買って良かった2020 」 しめ縄のウラジロは買いました。 はじめに 亡き父は正月前になると、手作りでしめ縄を作るのを恒例としていました。 農業をしていたこともあり、伝統的に自分の家で作っていたのを受け継いでいたのだと思います。 父がまだ元気だったころに、一度だけですが一緒にしめ縄を作りました。 今思うと、父は手際よく上手に作っていました。 今年は、ブドウの畑にワラを敷くために、稲刈りをした際に大量のワラを確保して保管していました。 ワラがたくさんあるので、お正月に向けてしめ縄を作ってみようと思い、昔のことを思い出しながら作ってみました。 作り方 ①ワラの準…

  • 74番札所は花手水とウサギの甲山寺

    はじめに お正月の花手水 ウサギ寺 境内 縁起 おわりに はじめに 甲山寺(こうやまじ)は空海生誕の地といわれる善通寺市にあります。 87mの小高い甲山(かぶとやま)の麓に位置し、幼い頃の空海もこの山で遊んでいたのかもしれません。 74番札所で、次は空海誕生の地となる75番札所の善通寺となります。 お正月の花手水 お正月の飾りとして、手水舎にお花が飾られていました。 厳しい寒さのため、氷が張っていましたが、きれいなお花飾りを見ることができました。 お花の中にはかわいいウサギが見えます。 親子ウサギ 手水舎の横にある親子ウサギを優しくなでると、「運気上昇」「病気平癒」「商売繁盛」「心願成就」「子…

  • 高知県立坂本龍馬記念館

    はじめに 記念館の概要 新館 常設展示室 ジョン万次郎展示室 本館 おわりに はじめに 高知県立坂本龍馬記念館は、高知の観光名所である桂浜から少し上った浦戸山(標高59m)の山頂にあります。 かつて、この場所には長曾我部元親が居城としたことのある浦戸城がありました。 江戸時代、土佐に入国した山内一豊も一時、居城としましたが、高知城を築城したために廃城となっています。 現在は、幕末の志士としてその名を全国に知られている坂本龍馬の記念館があり、ここからの太平洋の眺めは素晴らしいものがあります。 本館屋上からの眺望 記念館の概要 記念館は新館と本館があり、渡り廊下でつながっています。入口のある新館か…

  • 西行が昼寝をした72番札所の曼荼羅寺

    はじめに 境内 西行とのゆかり 縁起 おわりに はじめに 古来より四国霊場の71番から77番までの札所7ヶ寺を1日で巡礼する『七ヶ所まいり』という参拝方法があります。 善通寺で生まれた空海ゆかりの地を巡礼した事が始まりだといわれており、江戸時代の案内記などでも勧められているそうです。 コロナの影響を受けているこの頃、7カ寺は参拝者の癒しになればということから「花ごよみ」と称して、手水舎をお花で飾るイベントを行っています。 花手水について詳しくは、こちらをご覧ください。↓↓↓ www.teinenoyaji.com 曼荼羅寺でもきれいなお花が飾られていました。 境内 仁王門 本堂 本尊は大日如来…

  • 大鳴門橋の「渦の道」

    はじめに 渦の道 徳島県立大鳴門架橋記念館(通称エディ) おわりに 追記:「ムヤくん」 はじめに 四国と淡路島を結ぶのが大鳴門橋は、1985年(昭和60)年に開通しました。元々、新幹線を開通させる予定があったので、道路と鉄道の併用橋として建設されたのですが、新幹線計画は中止され、道路のみの橋となっています。 このような経過があったため、大鳴門橋は道路の下に新幹線を敷設できる構造になっています。 現実には鉄道は通ってないので、その空間は観光資源として利用されることになり、観光施設としての「渦の道」ができました。 大鳴門橋と鳴門海峡 徳島県鳴門から淡路島方面へ 渦の道 新幹線が通るはずだった大鳴門…

  • 凧揚げと焚き火の焼き芋

    はじめに 田んぼで凧揚げ 凧作り 田んぼで焚き火と焼き芋 焚き火 サツマイモの収穫 焼き芋 おわりに はじめに お正月に姉の孫(小1)が都会からやって来ました。 都会っ子なので、田舎でしかできない体験ができたらと思い、田んぼで凧揚げと焚き火をすることになりました。 子どもは元気なもので、田んぼの中を走り回って楽しんでくれたようです。 田んぼで凧揚げ 凧作り 手づくり凧を一緒に作ります。材料の竹ひごや丈夫な紙を買ってきて、どんな形の凧にするかを考えました。 長方形の四角い凧を作るのかと思いきや、ひし形がいいということで、ひし形の凧を作ることに決定しました。 絵は寅年にちなんで、虎の顔です。上手に…

  • 徳島県鳴門市にある大塚国際美術館

    はじめに 陶板複製画とは 入口 地下3F(テーマは古代・中世) 地下2F(テーマはルネサンス・バロック) 地下1F(近代中心) 1F(現代作品とテーマ展示) 2F(現代作品とテーマ展示) おわりに はじめに ポカリスウェットで有名な大塚グループが運営している、陶板複製画を中心とした美術館です。 西洋の古代から現代までの絵画作品を一堂に会して見ることができます。 あれもこれもどこかで見たことがあると思いながら、観賞することができました。 美術館は、大鳴門橋を目の前に見渡せる千鳥ヶ浜海岸の隣にあり、小高い山の中に建造されています。 近くの海岸からの眺めが素晴らしく、大鳴門橋を一望することができまし…

  • 香川の札所で花手水「七カ寺めぐり」「花めぐり」(パート3)

    7カ寺「花めぐり」 ①71番札所「弥谷寺」 ②72番札所「曼荼羅寺」 ③73番札所「出釈迦寺」 ④74番札所「甲山寺」 ⑤75番札所「善通寺」 ⑥76番札所「金倉寺」 ⑦77番札所「道隆寺」 おわりに 7カ寺「花めぐり」 香川県西部の7カ寺の札所では、花手水を巡る「花めぐり」が行われています。 この7カ寺は四国霊場の71番から77番までの札所で、7カ寺を1日で巡礼することを『七ヶ所まいり』と呼んでおり、八十八カ所すべてを参拝する事が難しい時に、空海ゆかりの地だけでもと巡礼した事が始まりだといわれています。 7カ寺の花で彩られた手水舎=花手水を巡りながらお参りする、「花めぐり」が何度か企画されて…

  • 自家栽培した自然薯の料理

    はじめに とろろご飯 ムカゴご飯 自然薯のバターしょうゆ炒め とろろ自然薯にとき卵汁 おわりに はじめに 自然薯を自分で栽培しているので、いろいろな自然薯料理にも挑戦してみました。 初めはとろろご飯しか思い浮かびませんでしたが、美味しくいただくことができる料理を研究してみました。 自然薯の栽培については、こちらをご覧ください。↓↓↓ www.teinenoyaji.com とろろご飯 家に昨年収穫した自然薯のかけらが1本あったので食べてみることにしました。 どんな食べ方をしようかと、クックパッドのサイトを開いてみました。 あれもいい、これもいいと眺めていましたが、やっぱり自然薯はとろろご飯か、…

  • 愛媛県内子町

    はじめに 内子町の観光名所 ①内子座 ②五十崎凧博物館 ③五十崎大凧合戦 ④C12形蒸気機関車 おわりに はじめに 愛媛県の内子町は、松山市から車で50分ほど南西に行った所にあります。 松山から宇和島への街道筋の町として栄え、また、江戸時代から明治にかけては和紙と木蝋の産地としても反映していました。 大正時代に建築された内子座や古い町並みがよく保存されている町です。 凧揚げが盛んな地域でもあり、五十崎凧博物館にその様子が展示されています。 内子町の観光名所 ①内子座 内子座は大正天皇の即位を祝って、回り舞台、花道、桝席、楽屋などがある純和風の本格的な芝居小屋として建築されました。 昭和40年代…

  • 東京ラブストーリーのロケ地、大洲

    はじめに 東京ラブストーリー、大洲のロケ地 おはなはん通り 別れの手紙を投函した郵便ポスト 大洲神社 郷土料理「旬」 おわりに はじめに 東京ラブストーリーは、古い風情のある町並みが残っている大洲の街で、主人公であるカンチの故郷の場面として撮影されました。 ドラマでは、主人公であるカンチの故郷という設定で撮影され、次のようなストーリーになっています。 リカがロサンジェルスへの転勤を断って、誰にも行き先を伝えずにどこかへ行ってしまいます。 カンチはリカが「カンチの故郷を見たい」と言っていたのを思い出し、カンチの故郷である愛媛に探しに行きます。 2人はカンチの母校で再会し、カンチの思い出の町である…

  • ノーベル賞中村修二さんと大洲の「お殿さま公園」

    はじめに お殿様公園 大洲城三の丸南隅櫓 旧加藤家住宅主屋 ノーベル物理学賞受賞中村修二博士顕彰碑 大洲市立博物館 おわりに はじめに あちこちに史跡が残っている、歴史のある大洲市は史跡を大切に保存しています。 大洲城三の丸南隅櫓公園(愛称はお殿様公園)には、国指定重要文化財の三の丸南隅櫓と国登録有形文化財の旧加藤家住宅主屋の2つの歴史的建築物が残されています。 公園からは大洲城がきれいに見渡せます。 また、大洲市立博物館へも行ってきました。 お殿様公園 大洲城三の丸南隅櫓 1957(昭和32)年に国の重要文化財に指定された櫓です。 大洲城三の丸の外堀に面して建てられていました。 櫓は火事で焼…

  • 大洲レトロタウン「ポコペン横丁」と「おおず赤煉瓦館」

    はじめに ポコペン横丁 まぼろし商店街1丁目 まぼろし商店街2丁目 昭和の家庭 おおず赤煉瓦館 おわりに はじめに 大洲レトロタウン「ポコペン横丁」は、どこか昔懐かしい響きの「ぽこぺん、ぽこぺん、だぁれが突っついた~」といって遊んだ、子供の頃を思い出させてくれる場所です。 昭和の懐かしさが漂う横丁が再現されていて、何かノスタルジーを感じさせてくれます。 昭和レトロを感じるモノが、あふれるほど展示されている館もありました。 「おおず赤煉瓦館」は「ポコペン横丁」の隣にあって、明治時代に建築された立派な建物です。大洲の歴史を感じさせてくれます。 ポコペン横丁 まぼろし商店街1丁目 入り口ゲートを入る…

  • 大洲市「臥龍山荘」に凝縮された日本の美

    はじめに 山荘 山荘案内図 山荘の入り口 山荘内(臥龍院・知止庵・不老庵) 臥龍山荘とは おわりに はじめに 大洲市の中心を流れている風光明媚な肱川(ひじかわ)を望むことができる臥龍淵(がりゅうのふち)の崖の上に、まさに断崖絶壁の上にひなびた趣のある山荘が建っています。 隠れ家的な茅葺き屋根の家と、素敵な落ち着きのある庭園とが訪れた人を優雅な気持ちにさせてくれる山荘です。 山荘 山荘案内図 山荘の入り口 石垣に沿った石段を上って行くと臥龍院の玄関になります。 山荘の雰囲気を感じることができます。 山荘内(臥龍院・知止庵・不老庵) 臥龍院(国指定重要文化財) 臥龍院は茅葺き屋根の建物で、霞月(か…

  • 木造で完全復元の新築天守「大洲城」

    はじめに 城内 歴史 おわりに はじめに 愛媛県大洲市にある大洲城は、明治時代に取り壊されてしまいましたが、市民の並々ならぬ熱意によって、木造による完全な復元を果たしたお城です。 天守閣の復元は、1994(平成6)年に検討委員会が発足してから1996(平成8)年に完成するまで、10年もの年月がかかりました。 完成した天守がそびえているお城は、遠くからでも近くからでも、その美しい姿を眺めることができます。 新築の天守を有するお城ではありますが、日本100名城にも選ばれています。 天守と高欄櫓 城の案内図 駐車場から本丸までは、ゆっくり歩いて約10分ほどの上りになっています。 階段はありませんでし…

  • 四国にある4空港

    はじめに ①高松空港 ②徳島阿波おどり空港 ③高知龍馬空港 ④松山空港 おわりに 追記:飛行機で行った海外旅行 30年前の中国旅行 今はないソビエト連邦への旅行 30年前のイギリス旅行 大学時代のヨーロッパ旅行 はじめに 四国の4県には、一つの県に一つずつ空港があります。 ①高松空港(香川県) ②徳島阿波おどり空港(徳島県) ③高知龍馬空港(高知県) ④松山空港(愛媛県) それぞれの空港にはそれぞれの県の特徴があり、県民に親しまれ多くの利用者がいます。 ①高松空港 盆栽が有名な高松を象徴しているかのように、松の木があります。 www.teinenoyaji.com ②徳島阿波おどり空港 阿波お…

  • 「徳島阿波おどり空港」と「月見ヶ丘海浜公園」

    はじめに 徳島阿波おどり空港 月見ヶ丘海浜公園 おわりに はじめに 徳島市中心部より9kmほど離れている海沿いにある徳島空港に行ってきましたが、コロナの影響か閑散とした感じでした。 海軍航空隊以来の歴史がありますが、こぢんまりとコンパクトな印象の飛行場です。 飛行場の隣には広々とした月見ヶ浜海浜公園があり、子ども連れの家族が遊ぶには絶好の場所です。 徳島阿波おどり空港 1922年、日本最初の定期航空路が開設されたのが徳島です。かつては、大阪堺市から小松島市まで、後には吉野川水面まで水上機を使って運航されていました。 現在の空港の前身は海軍航空隊の飛行場で、終戦によって連合国軍が接収し、のちに海…

  • 雲辺寺ロープーウェイで四国霊場第66番札所雲辺寺へ参拝しました

    雲辺寺ロープーウェイについて 山麓駅 運賃(消費税込み) 営業時間 ロープーウェイのスペック ロープーウェイからのビュー スノーパーク雲辺寺 お土産 おわりに はじめに 四国霊場第66番札所雲辺寺に行くために雲辺寺ロープーウェイを利用しました。 雲辺寺に行くには車だと徳島県の三好市から登っていかなければならず、それもくねくねした細い曲道で大変です。ロープーウェイの方がお手軽に上がっていくことが出来ます。 7月下旬に行ったのですが、ロープーウェイの頂上駅に着くと標高が高いので気温が低くなり、涼しく感じました。 雲辺寺ロープーウェイについて 場所 香川県観音寺市大野原町にあります。ロープーウェイの…

  • 徳島市立徳島城博物館と表御殿庭園

    はじめに 徳島城博物館 表御殿庭園 おわりに はじめに 徳島城は現在、徳島城公園として整備され、市民の憩いの場として親しまれています。公園の中にある、徳島市立徳島城博物館は日本家屋風の作りで、緑の屋根が周囲の景観によくマッチしている建物でした。 隣にある日本庭園も市民に親しまれている素晴らしい名園です。 徳島城博物館 博物館では、徳島藩と蜂須賀家に関する内容を藩政の変遷、大名のくらしと文化、城の構え、城下町のくらし、阿波水軍の活躍の5つのテーマに沿って展示しています。 博物館入り口 立派な和風の門構えの入口です。 残念ながら展示室の写真撮影は出来ませんでしたが、充実した内容の展示でした。 特に…

  • 市民が憩える徳島城

    はじめに 城内案内図 城内へ 城山 城山の麓 城の歴史 おわりに はじめに 徳島市のビルが立ち並ぶ中心部に、こんもりとした城山を有している徳島城があります。 かつての城郭は公園となっていて、市民の憩いの場所として整備されています。 周囲はちょうど良いランニングコースになっているようで、多くのランナーを見かけました。 標高61mの城山も適度な散歩コースとして健康づくりに一役買っているようです。 多くの徳島市民に愛され親しまれている城跡のようです。 城内案内図 城内へ 鷺の門 徳島城の正門。1945(昭和20)年の徳島大空襲で焼失してしまいましたが、1989(平成元)年に再建されました。 東内堀 …

  • 徳島県立博物館で「徳島まるづかみ!」

    はじめに 常設展示室のテーマは「徳島まるづかみ!-”いのち”と”とき”のモノ語り-」とされていて、徳島の恐竜時代から現代までのすべてが分かるような網羅的・総合的な展示がされています。 どの展示も分かりやすくて興味深く見ることができるように工夫されていて、大人も子供も楽しく徳島のことを理解できるようになっていました。 恐竜コレクション 入り口を入るとすぐの所に、巨大な恐竜の骨格標本が置いてあります。その大きさに誰もが驚き、興味を惹かれます。特に子供たちは興味津々で眺めていました。 徳島の内陸部は、白亜紀の地層が分布していて、恐竜の化石が見つかっているそうです。 古代の徳島 埴輪や銅鐸がたくさん出…

  • 徳島県文化の森総合公園

    はじめに 徳島県立近代美術館 徳島県立鳥居龍蔵記念博物館 王子神社 縁起 さざれ石 おわりに はじめに 徳島県文化の森総合公園は、徳島市の中心部から南へ約5キロ、標高190mの向寺山(むこうてらやま)にあり、1990(平成2)年に開園しています。 園瀬川を見下ろす斜面を切り開き、徳島県の置県100年を記念して様々な文化施設が建設されました。 「100年のモニュメント」として、これからの徳島県がより輝いたものになることを願って構想し建設されています。 公園内には図書館や博物館、鳥居龍蔵記念博物館、近代美術館、文書館、二十一世紀館といった6つの文化施設が立地しており、まさに徳島文化の中心といった森…

  • 日本一低い自然の山は徳島の「弁天山」

    はじめに 日本一高い山は富士山(標高3776m)で、比較的誰でも知っていますが、クイズで「日本一低い山は?」と聞いても、なかなか答えは出てこないのではないでしょうか。 徳島市にある弁天山は標高が6,1mで、国土地理院発行の地形図に記されている自然の山としては、日本一低い山とされています。 いわば、国のお墨付きをもらっている山ということです。 看板 山の全景 山というよりは、どこかの屋敷に生えている樹々かな、と思ってしまいました。 登山 登山口には鳥居があって、ここから25歩、14階段を上ると頂上です。 山上の神社 昔は海であったことから、海の守り神である市杵島姫命(イチキシマノヒメノミコト)を…

  • 重要文化財「豊稔池ダム」のある観音寺市五郷地区

    はじめに ①重要文化財の豊稔池ダム ②法泉寺 ③五郷ダム ④五郷水車小屋 おわりに はじめに 香川県と徳島県の県境を東西に走る讃岐山脈の西の端、山懐に抱かれた香川県観音寺市に五郷地区があります。 山の中ではありますが、昔からの人々の暮らしがあり、さまざまな見どころのある地域です。 ①重要文化財の豊稔池ダム 讃岐山脈からの柞田川(くにたがわ)を上流で堰き止め、水田を潤すために造営されたダムです。 約90年前の1930(昭和5)年に、干ばつに悩まされていた地元住民の協力によって完成したダムですが、今でも現役です。 当時、アメリカ合衆国の最新技術であったマルチプルアーチ方式が採用されており、ダムの技…

  • 中土佐町立美術館と道の駅「なかとさ」

    はじめに 中土佐町立美術館 道の駅「なかとさ」 おわりに はじめに 高知県の魚といえばカツオなのですが、水揚げ量からみるとはるかに静岡県の方が多いようです。ただ、料理法としては「カツオのたたき」が有名なので、カツオの名産地として広く知られています。 さらに、高知の名産品としてカツオを全国区にすることに一役買ったのが、中土佐町久礼を舞台にしてヒットしたマンガ「土佐の一本釣り」です。 マンガの舞台となった久礼港は、小さな港ですが、古来、四万十川流域で生産された物資を搬出する港として発展してきました。 漁業の盛んな久礼に、小さな美術館があります。 美術館入り口前にあるヘテ? 中土佐町立美術館 198…

  • 本当に河童がいそうな「海洋堂かっぱ館」

    はじめに 「海洋堂かっぱ館」とは 古民家のかっぱ塾 河童神社 おわりに はじめに 「海洋堂ホビー館四万十」へ行く途中に、「海洋堂かっぱ館」があります。 「ホビー館」に入館すると「かっぱ館」の入館料が割引になるので、帰りに寄ってみました。 かっぱ館への橋 よく見ると、橋の下でカッパがブランコをして遊んでいます。 清流、打井川のほとり 山奥の、河童が本当に住んでいそうな清らかな水が流れている打井川のほとりに、「かっぱ館」は建っています。 「海洋堂かっぱ館」とは 海洋堂創業者の宮脇修氏が、へんぴな地に開館した「海洋堂ホビー館四万十」だけでなく他にも見どころをつくりたいとして、かっぱをテーマにした施設…

  • 「海洋堂ホビー館四万十」は高知の山の中にあり!

    はじめに 施設外観 企画展「ウルトラマンフィギア展」 常設展 おわりに はじめに 四万十川流域にあるJR予土線の打井川駅から、更に5km奥へ上って行った所にあるのが「海洋堂ホビー館四万十」です。 案内看板に「へんぴなミュージアム」とあるように、まさに高知の山の中でした。 海洋堂の創業者である宮脇修が、この地に縁がある事からミュージアムが建てられることになったそうです。 2011(平成23)年、廃校となっていた旧打井川小学校をリノベーションしてオープンしました。 過疎の地域ではありますが、賑わいを創出したいという地域の方々の思いも込められています。 ホビー館には、海洋堂の歴史が詰まったフィギュア…

  • ポップでカラフルな37番札所「岩本寺」

    はじめに 境内まで 境内 縁起 空海の七不思議 おわりに はじめに 36番札所「青龍寺」から50km、足摺岬にある38番札所「金剛福寺」まで94kmの地点にあるのが、37番札所の岩本寺です。 歩きのお遍路さんにとっては、やっと札所のお寺にたどり着いたけれども、次の札所まで、まだ先は遠いと感じることでしょう。 町中の小ぢんまりとしたお寺ですが、随所にポップなカルチャーを垣間見ることができ、楽しませてもらいました。 境内まで 門柱から仁王門へ 何故かティクトック 仁王門の手前にカラフルなティクトック、乗って走ると楽しいでしょうね。 すでにポップ。 境内 境内案内図 お寺のすぐ側を、JR予土線が走っ…

  • 道の駅「四万十大正」と四万十郷土資料館

    はじめに 道の駅「四万十大正」 四万十郷土資料館 保存古民家 おわりに はじめに 道の駅「四万十大正」や四万十郷土資料館は、四万十町大正の轟崎地区にあり全長196kmある、最後の清流といわれている四万十川のほぼ真ん中に位置しています。 かつてこの地は大正町でしたが、現在は町村合併によって四万十町になっています。 四万十町と愛媛県宇和島市を結ぶ国道381号線はよく整備されていて、春には四万十川を横目に見ながら道沿いの桜並木の下を走る「桜マラソン」がこの地で開催されているそうです。 自然豊かな山や川の景観がとても美しく、心が癒される一時を過ごすことのできる場所です。 道の駅「四万十大正」 道の駅は…

  • お遍路、徳島の八十八ヶ所は「発心の道場」

    徳島にある八十八ヶ所霊場の場所 ①1番札所「霊山寺(りょうぜんじ)」 ②2番札所「極楽寺(ごくらくじ)」 ③3番札所「金泉寺(こんせんじ)」 ④4番札所「大日寺(だいにちじ)」 ⑤5番札所「地蔵寺(じそうじ)」 ⑥6番札所「安楽寺(あんらくじ)」 ⑦7番札所「十楽寺(じゅうらくじ)」 ⑧8番札所「熊谷寺(くまだにじ)」 ⑨9番札所「法輪寺(ほうりんじ)」 ⑩10番札所「切幡寺(きりはたじ)」 ⑪11番札所「藤井寺(ふじいでら)」 ⑫12番札所「焼山寺(しょうさんじ)」 ⑬13番札所「大日寺(だいにちじ)」 ⑭14番札所「常楽寺(じょうらくじ)」 ⑮15番札所「國分寺(こくぶんじ)」 ⑯16番札…

  • 砥部焼伝統産業会館

    はじめに 砥部焼とは 砥部焼伝統産業会館 外観 館内展示作品 館外の作品 水琴窟 「砥部焼の五輪聖火台」モニュメント おわりに はじめに 松山市から南隣に位置する砥部町は、古くから砥部焼(とべやき)という焼き物の産地として有名でした。 現在でも数多くの窯元があり、焼き物の生産を盛んに行っています。 砥部焼伝統産業会館では砥部焼の歴史的な資料や貴重な焼き物、優れた現代作品が展示されています。また、催し物会場となる部屋や砥部焼の販売会場もあります。 このような焼き物の伝統産業館は全国各地にあって砥部焼伝統産業会館もその一つです。 「染付山水絵大壺」 砥部焼とは 砥部焼は、江戸時代に始まり約240年…

  • 久万青銅之廻廊と町立久万美術館

    はじめに ①久万青銅之廻廊 館外 館内 ②町立久万美術館 おわりに はじめに 平均標高が800mの久万高原町は、四方を山に囲まれた高原の町です。 松山市の中心部からは車で約50分の距離にあります。夏は涼しく自然が豊かなことから避暑地・行楽地としても人気です。 縄文時代からの長い歴史を有する地域なので文化財も数多くあり、豊かな文化を有している町です。 ①久万青銅之廻廊 久万カントリークラブというゴルフ場の一角にある青銅彫刻を中心とした美術館です。 入り口 美術館の建物は、2020(令和2)年、愛媛県が取り組んでいる「えひめ名建築発掘発信事業」によって「えひめ名建築」の一つに選ばれています。 緑が…

  • 東京ラブストーリーのロケ地、愛媛県久万高原町

    はじめに ロケでのシーン ①ドラマの小学校は久万中学校 ②「久万高原ふるさと旅行村」にある校舎の柱 久万高原ふるさと旅行村とは ドラマで使われた校舎の柱 ③「まちなか交流館」にある「カンチ&リカ コーナー」 まちなか交流館とは カンチ&リカ コーナー ④道の駅「天空の郷さんさん」 おわりに はじめに 東京ラブストーリーの愛媛県でのロケ地、久万高原町へ行ってきました。 カンチが卒業した小学校でリカと出会うというシーンが撮影されたのですが、実際には中学校で撮影されており、残念ながら当時の校舎は建て替えられてしまって新しくなっていました。 それでも当時のロケを偲ぶものが、地元では大切に保管されていま…

  • 一遍上人が修行した45番札所「岩屋寺」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 紅葉が美しい四国山中の断崖絶壁の岩肌にへばりつくようにお寺があり、駐車場からも約30分ぐらいは山の中を歩いて上って行かなければなりません。 厳しい山道ですが、深山幽谷の自然の中を進んでいると、心も洗われてくるような感覚でした。 鎌倉時代中期には、一遍上人が岩屋寺で修行しており、その様子が国宝『一遍聖絵』に描かれているように、古くから山岳霊場として厚く信仰されています。 境内 境内案内図 参道口から本堂までは、急傾斜の坂や石段が約600mにわたって続いています。 参道入り口の石柱門 石柱の上には、小さな仁王さまが鎮座しています。 山門 昭和の初めに、山麓…

  • 44番目の札所「大寶寺」は八十八ヶ所のちょうど半分

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 大寶寺(だいほうじ)は標高579mにあります。かなり高い所にあると思いましたが、山の上というわけでもありません。 大宝寺がある久万高原町は、その名の通り四国山地に囲まれた高原の町で、海からも遠く盆地の中のようなので、あまり標高を感じることはありませんでした。 四国霊場八十八ヶ所のちょうど半分である44番目の札所ということで「中札所」といわれているお寺です。 池の七福神像 境内にあるお庭の池に、ちょこんと七福神様たちがおわしました。 境内 境内案内図 仁王門 山中の樹々の間に、そびえ立っていました。 仁王門にある阿吽の金剛力士像は15世紀に越前の仏師によ…

  • 石垣の美しい丸亀城

    はじめに 城内 歴史 石垣の修復 おわりに はじめに 丸亀市街の中心にあるお城で、標高66mの亀山といわれる自然の小山に築かれた平山城で、遠くからでも山の上にそびえる天守を見ることができます。 四角い内堀の中にある山のあちこちに、反り返った石垣を配置しており、石垣の名城としても知られています。 城内 城内案内図 大手門から坂道を500mほど、上って行くと天守です。 内堀と石垣 大手門 城の玄関ともいえる北側にある堀端の高麗門を二の門といっています。二の門をくぐると、敵の進入を防ぐための枡形になっていて、右手の櫓門が一の門です。 いずれも歴史のある立派な門で、国指定の重要文化財となっています。 …

  • 「にっかり青江」のある丸亀市立資料館

    はじめに 「にっかり青江」とは 刀剣男子 常設展 生駒・山崎・京極 おわりに はじめに 香川県にある丸亀市立資料館は、丸亀城の城郭内の西に位置していて、そこからは天守を見上げることができます。 丸亀市の歴史や民俗資料を収集し展示紹介する資料館として1972年に開館しました。 この資料館に、「にっかり青江」という妖しい伝説のある日本刀が所蔵されています。 人力車で丸亀城近辺を周遊することもできます。 「にっかり青江」とは 南北朝時代に備中(岡山県)の青江貞次によって作られた刀とされています。青江貞次の青江派は平安時代末期から南北朝時代にかけて活躍した刀工集団です。 「にっかり青江」の由来は、ある…

  • 愛媛県西条市の観光地に行きました!

    はじめに 石鎚山にゆかりのある神社 ①石鎚山ロープウェイ ②石鎚神社の成就社 ③石鎚神社の本社 ④伊曽乃神社 西条市内の文化施設と道の駅 ①鉄道歴史パークinSAIJO ②西条市立西条郷土博物館・愛媛民藝館・五百亀記念館 ③愛媛県総合科学博物館 西条市にある札所 ①60番札所「横峰寺」 ②61番札所「香園寺」 ③62番札所「宝寿寺」 ④63番札所「吉祥寺」 ⑤64番札所「前神寺」 おわりに はじめに 西日本で一番高い山の石鎚山から、北の瀬戸内海にまで広がる地域が西条市です。 古くから人が定住して暮らしが営まれており、遺跡・遺物がたくさん残されています。 江戸時代には西条藩となり、紀州徳川家の支…

  • 道の駅「ひなの里かつうら」は「ビッグひな祭り」と恐竜

    はじめに 人形文化交流館 ビッグひな祭り 恐竜モニュメント 道の駅「ひなの里かつうら」 産直市場「よってネ市」 ひなの里情報館・お土産・お食事処 おわりに はじめに 徳島市から20km程、県道16号徳島上那賀線を行った勝浦川のほとりに道の駅「ひなの里かつうら」があります。 道の駅から周りを見渡すと、勝浦川を挟んで両側に山並みが連なり、盆地のように開けた山里といった景観です。 道の駅のある勝浦町は徳島県のみかん発祥の地で、農業中心の町です。 人形文化交流館 道の駅「ひなの里かつうら」のすぐ隣に人形文化交流館があります。 ひな人形と恐竜で町の活性化を目指す中心施設の巨大な倉庫です。 ビッグひな祭り…

  • 23番札所「薬王寺」は厄除けの寺

    はじめに 徳島で最後の札所である薬王寺は、厄除けの寺としても有名です。 厄除けの階段、33段の女厄除坂、42段の男厄除坂、61段の還暦坂があります。 お遍路さんだけでなく、厄年になった老若男女が、無病息災を願ってお参りにやって来ています。 それぞれの厄坂には、参拝者によって厄除け祈願のための1円玉が1段1段に置かれていました。 お寺は、山の斜面に張り付くように伽藍が並び立ち、境内の高台からは日和佐の町を一望することができる風光明媚な場所にあります。 境内 境内案内図 仁王門 本堂 本尊は薬師如来さまです。 本堂の裏には秘仏の「後向き薬師」さまが祀られています。 大師堂 肺大師 弘法大師をお祀り…

  • 徳島県那賀町の川口ダムを中心にしたスマート回廊

    はじめに 「スマート回廊」周辺図 ①川口ダム ②川口ダム自然エネルギーミュージアム ③あじさいキャンプ場 ④相生森林美術館 ⑤相生ふるさと交流館 ⑥相生森林文化公園あいあいらんど/徳島|DIYのできるキャンプ場 ⑦もみじ川温泉 ~おもてなしに磨きをかけて~ おわりに はじめに 徳島県第2の那賀川にある川口ダムによって堰き止められてできた川口ダム湖は「あじさい湖」とも呼ばれています。 両側を山に挟まれている豊かな自然に囲まれた山深い地域です。 ダム湖の周辺をぐるっと一周する道は「スマート回廊」といわれ、あじさいや桜、紅葉の見どころのスポットがあり、四季折々に自然を楽しむことができます。 「スマー…

  • 深山幽谷にある20番札所「鶴林寺」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 鶴林寺は鶴林寺山の山頂近くの標高495m付近にあるため、阿波の難所とされる「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」の一つとされています。 麓から上って行く鶴林寺道は、遍路道として、初めて国の史跡に指定されています。 かつては「遍路ころがし」といわれる急峻な坂道を上らなければなりませんでしたが、今では、山門近くまで車で行くことができます。 山門から境内へ 境内 境内案内図 仁王門 仁王様の前には、眼光鋭い阿吽の鶴の像がありました。 本堂への階段 本堂 御本尊は地蔵菩薩様で「矢負い地蔵」とも呼ばれています。 昔、漁師がイノシシに射った矢が命中し、追いかけて行くと御…

  • 愛媛県新居浜市の観光地に行きました!

    はじめに 新居浜市の観光地図 別子銅山 ①別子銅山記念館 ②旧広瀬宰平邸と広瀬歴史記念館 新居浜市にある住友関連企業 ③東平(とうなる)歴史資料館 ④端出場(はでば)にある道の駅「マイントピア別子」 ⑤愛媛県総合科学博物館 おわりに はじめに 古代、新居浜は丹比井(にひゐ)郷と呼ばれていました。やがて平安時代初期に新居郷となり、瀬戸内海岸に近い北部を新居浜と言うようになったようです。 東予地方の中心都市であり、絢爛豪華な太鼓台が練り歩く新居浜太鼓祭りが有名です。 江戸時代初め、住友家によって別子銅山が開発され、以来、住友グループの企業城下町として発展してきました。住友を中心とした工業都市として…

  • 19番札所「立江寺」は徳島の関所寺

    はじめに 境内 黒髪堂の伝説 縁起 おわりに はじめに 19番札所立江寺(たつえじ)は、四国霊場に4つある関所寺(せきしょでら)の一つです。 関所寺というのは「お大師さまの審判によって、邪悪な者や行いの悪い者が境内に入ると仏罰が下される」とされているお寺のことです。 四国各県に1カ寺ずつあり、徳島県は19番札所立江寺、高知県は27番札所神峰寺、愛媛県は60番札所横峰寺、香川県は66番札所雲辺寺がそれぞれ関所寺と定められています。 白鷺橋 お寺を建立する場所について、一羽の白鷺が何処からともなくやって来て行基に暗示したそうです。 以来、白鷺が止まっているときに橋を渡ると、仏罰を受けるといわれてい…

  • 空海の母と18番札所「恩山寺」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 人里から少し離れた山裾の森の中に18番札所の恩山寺はあります。 寺へと上がって行く山門の脇に、空海が植えたとされる毘蘭樹(ビランジュ)の大木がありました。 ビランジュというのは、博打の木の異名で、樹皮がたえずはげ落ちることから、博打に負けて裸になるのに例えた命名です。 空海ゆかりということからインドの毘蘭樹と呼び伝えているそうです。 毘蘭樹(ビランジュ)の大木 境内 境内案内図 仁王門 屋根に草が生えてみたりしている、鄙びた状況で趣がありました。 境内への階段 駐車場から歩いて上って行くと、境内への階段があります。 大師堂(左)と御母公堂(右) 大師堂…

  • 愛媛県四国中央市の観光地に行きました!

    はじめに 観光地図 ①道の駅「霧の森」 ②新宮あじさいの里③新宮ダム ④仙龍寺 ⑤柳瀬ダム⑥金砂湖畔公園 ⑦富郷ダム⑧法皇湖湖畔公園 ⑨翠波高原 ⑩65番札所「三角寺」 ⑪紙のまち資料館 おわりに はじめに 愛媛県の東の端に位置していますが、四国全体から見ると高速道路が交差している交通の要衝で、四国4県の県庁所在地にアクセスしやすい場所です。 北は瀬戸内海に面し、南は法皇山脈が迫っているという平野部には、戦後、紙産業が発展しました。エリエールの大王製紙やユニ・チャームといった紙関連の企業があります。 【ふるさと納税】シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー12R×6パック…

  • 萩の花咲く萩原寺

    はじめに 別格二十霊場「十六番札所萩原寺」 境内 縁起 おわりに はじめに 萩原寺(はぎわらじ)は、その名の通り萩の名所で、萩寺ともいわれています。 約2500株の赤や白の可憐な萩の花が咲き誇る境内で、毎年9月には、「萩まつり」がにぎやかに開催されていますが、残念ながら今年もコロナの影響で中止となってしまいました。 寺名を刻んだ巨石の側に、萩の花が咲いていました。 別格二十霊場「十六番札所萩原寺」 別格二十霊場とは、弘法大師空海が四国霊場八十八カ所以外に、番外霊場として足跡を残している二十ヶ寺が集まって創設されたものです。 八十八カ所に別格霊場を加えると百八になり「百八煩悩消滅のお大師様の道」…

  • 天空の鳥居「高屋神社」

    はじめに 何でこんなところに鳥居があるの? 鳥居の向こうには瀬戸内海が広がり、観音寺の町並みや財田川の流れが見渡せ、はるか向こうには四国の山並みを遠望することができます。 ここまで息を切らせて上ってきて良かったと思える景色が眼下に広がっていました。 地元では「天空の鳥居」と名付けた観光名所としてPRしており、京阪神をはじめとして遠くから観光客がやって来ているようです。 境内 稲積山の頂上にある本宮までの案内図 標高404mの稲積山の山頂に高屋神社はあります。 山頂にある本宮 下からは、かすかに鳥居が見えています。あそこを目指して上って行きます。 麓にある下宮 麓にも立派な鳥居と社殿があります。…

  • お遍路、香川の八十八ヶ所は「涅槃の道場」

    香川にある八十八ヶ所霊場の場所 66番札所「雲辺寺(うんぺんじ)」 67番札所「大興寺(だいこうじ)」 68番札所「神恵院(じんねいん)」69番札所「観音寺(かんのんじ)」 70番札所「本山寺(もとやまじ)」 71番札所「弥谷寺(いやだにじ)」 72番札所「曼荼羅寺(まんだらじ)」 73番札所「出釈迦寺(しゅっしゃかじ)」 74番札所「甲山寺(こうやまじ)」 75番札所「善通寺(ぜんつうじ)」 76番札所「金倉寺(こんぞうじ)」 77番札所「道隆寺(どうりゅうじ)」 78番札所「郷照寺(ごうしょうじ)」 79番札所「天皇寺(てんのうじ)」 80番札所「國分寺(こくぶんじ)」 81番札所「白峯寺…

  • 瀬戸内海を望む「川島猛アートファクトリー」

    はじめに アートファクトリー 展示作品 川島猛とは おわりに ソファに座ると目の前に瀬戸内海 はじめに 下から見上げると、まるで廃工場ですが、操業してない工場の6階部分をアートギャラリーとして公開しています。 道路に面した下の部分から入っていくのではなく、工場跡の横にある、坂を上って行った先に入り口がありました。 何かの工場を改装していて、ギャラリー名前の通り、アート=芸術、ファクトリー=工場、まさに工場を芸術の場に替えていました。 道を挟んで、目の前が瀬戸内海、背後の山が五色台というロケーションです。 写真もOKということでしたので、あちこち撮らさせてもらいました。 アートファクトリー 入り…

  • 妖怪「牛鬼」の82番札所「根香寺」

    はじめに 牛鬼伝説 境内 縁起 おわりに はじめに 瀬戸内海に張り出した半島のような形状で、遠くから見ると台地状の地形のような五色台には、五色の名の付いた紅峰・黄峰・青峰・黒峰・白峰といった峰が連なっています。 根香寺(ねごろじ)は青峰の中腹(標高365m)に位置しており、森閑とした森の中にあって、神秘的な雰囲気に包まれた札所です。 牛鬼伝説 仁王門のある駐車場のすぐ脇に、見上げるほどの大きな牛鬼の像が木の間に立っています。何ともすさまじい形相をした異形の妖怪?怪獣?です。 像になっている牛鬼にまつわる伝説があります。 「昔々、青峰には人間を食べる恐ろしい牛鬼が棲んでいました。 そこで村人は、…

  • 松山空港と中国旅行の思い出

    はじめに 松山空港 空港内 1Fロビー 3F送迎デッキ 中国旅行でプロペラ機に搭乗した思い出 砥部焼の「えひめ三美神」 おわりに はじめに 飛行場はチョット特別な感じがする空間です。どの空港も地方の空気感というか、特色があって、とても心地よい思いがする場所です。 松山空港もそういった雰囲気を持っています。残念ながら、コロナの影響で活気があるとはいえませんでしたが、十分に空港を楽しむことができました。 松山空港 瀬戸内海の伊予灘に面していて海に少し突き出ています。もとは海軍航空隊の飛行場でしたが、戦後、拡張されてきました。 コロナ以前は、国内外の乗降客数が合わせて2018(平成30)年度には31…

  • 空也上人ゆかりの49番札所「浄土寺」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 浄土寺の背後には牛峰山(うしのみねざん)があり、前面には松山市の市街地が広がっています。ちょうど山と民家の間に位置するお寺です。 10世紀の半ばに浄土寺に滞在して布教をした、空也(くうや)上人と深い縁があることから空也上人ゆかりのお寺としても有名です。 空也上人は「南無阿弥陀仏」を唱えながら全国各地をまわり、浄土教信仰の先駆者とされている僧です。 浄土寺では、正岡子規による空也上人を詠んだ句が石碑となって建立されています。 「霜月の空也は骨に生きにける」 境内 仁王門 祈願成就を願う、たくさんの千羽鶴が掛けられていました。 仏足石と弁財天 仏足石は外側…

  • スタバの中にある「坊ちゃん列車ミュージアム」

    はじめに 坊ちゃん列車とは 坊っちゃん列車ミュージアム 伊予鉄初代社長の小林信近 おわりに はじめに 松山市には市内を走っている路面電車があります。 (株)伊予鉄グループが運行していて、市民の便利な足として大いに利用されています。 今は近代的な路面電車ですが、観光振興のために、明治時代に使用されていた蒸気機関車をモデルとして復元し、不定期ではありますが「坊っちゃん列車」と銘打った、かわいい列車が運行されています。 坊っちゃん列車ミュージアムでは、この「坊っちゃん列車」と(株)伊予鉄グループの歴史を紹介しています。 多くの人で賑わっている松山市中心街の一角にある、伊予鉄グループ本社ビルのスターバ…

  • 「銀の匙」と農業高校

    今週のお題「眠れないときにすること」 「眠れないとき」があったので、以前の記事を読み直して、リライトした記事を書いてみました。先週の【お題】である「肉」に関連したものです。 はじめに 食肉処理場を見学させてもらったことがあります 子豚の出産に立ち会いました 農業高校の文化祭 農業高校からの進学 農業高校での生徒の成長 メロン栽培の様子 はじめに 「銀の匙」(荒川弘)は農業高校御用達の漫画です。 都会育ちの農業とは縁もゆかりもない主人公の八軒勇吾が、農業高校に入学してからの成長の様子を描いています。 農業高校がどのような所かを知るには、うってつけの漫画だと思います。 長いこと農業高校で勤務してい…

  • 清らかな水と共に48番札所「西林寺」

    はじめに 境内 縁起 西林寺奥の院「杖ノ淵」 おわりに はじめに 西林寺(さいりんじ)は道路より低い位置にあるため、階段を数段降りて仁王門に向かいます。 お寺自体はフラットな平地にあるので、駐車場からは段差もなく、スムーズに境内へ入って行くことができます。 境内は隅々まできれいにされており、日頃の手入れが行き届いていることが感じられました。 境内 仁王門 正岡子規の句碑 「秋風や高井のていれぎ三津の鯛」 仁王門前の洗心塔(左)と白玉地蔵(右) 本堂(左)大師堂(右) 阿弥陀堂 2018年に新しい阿弥陀堂が建立されました。 茶堂 土参り大師 石面に大日如来・弘法大師・不動明王が彫られています。 …

  • 最初に四国遍路を始めた衛門三郎ゆかりの文殊院

    はじめに 縁起 境内 衛門三郎伝説 逆打ち おわりに はじめに 四国遍路が始まったのは、衛門三郎が空海の後を追って四国を巡ったことがきっかけだとされています。 以来、千年以上に渡って数多くの人々が空海の徳を慕って四国霊場を巡っていますので、その先駆けとなった衛門三郎はまさに「先達」として重要な歴史的人物です。 昔ながらの小さな村のお寺という風情ですが、四国遍路の歴史にとっては忘れることのできない大切ないわれがあるお寺です。 縁起 寺伝によると、空鉢上人が開創して徳盛寺と呼ばれていましたが、空海が文殊菩薩に導かれてこの地に逗留したことから文殊院と名付けたといわれています。 その後、衛門三郎の屋敷…

  • ほっこりお地蔵さまの47番札所「八坂寺」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 46番札所の浄瑠璃寺とはまた趣の違った、47番札所八坂寺があります。 その名の通り、山の中腹の少し坂になった所に位置しており、門前から階段を上がって本堂に至るお寺です。 車の駐車場は、お寺のすぐ横にあるので階段を上がることもなく、歩いて本堂へ参拝することができます。 境内 駐車場から大師堂・本堂へ 山門 独特の形態をしている山門には、極楽浄土を表す、色彩豊かな天井画が描かれています。 本堂 本尊は恵心僧都(えしんそうず)の作といわれる阿弥陀如来像で、秘仏とされています。 閻魔堂 本堂と大師堂の間に閻魔堂があります。「極楽の途」と「地獄の途」が描かれてい…

  • 森の中の46番札所「浄瑠璃寺」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 松山から高知に向かう古い街道に面した山裾に、こぢんまりとした46番札所の浄瑠璃寺があります。 よく手入れされた森の中のような風情のあるお寺です。 いわれのある石碑が多く境内にちりばめられていて、「御利益のよろず屋」といわれているように、一つ一つ丹念に祈願して回ると良いようです。 お寺のすぐ裏手に駐車場があり、段差もなくスムーズに参拝できます。 このあたりはお遍路の元祖ともいわれる、衛門三郎の故郷でもあります。 松山市出身の俳人である正岡子規の句碑が、境内入口(階段の左側)にありました。 「永き日や衛門三郎浄るり寺」 「衛門三郎」については、徳島県の12…

  • 道の駅「貞光ゆうゆう館」の半田そうめんとスダチ

    はじめに シンボルタワー 半田そうめん 八名信夫さんポスター 物産館のスダチコーナー おわりに はじめに 吉野川のほとり国道192号線沿いに、ひときは高い展望タワーを目印として進んで行くと、貞光の町の入口に道の駅「貞光ゆうゆう館」があります。 地元食材やお土産品などを販売する物産館や半田そうめんをいただけるレストランがあり、徳島県つるぎ町を味わうことのできる道の駅です。 道の駅は徳島市と池田町の中間にあって、つるぎ町内や近隣の観光地についての観光案内も充実しています。 国道を隔てて、吉野川河川敷公園「貞光ゆうゆうパーク」があり、お子さんは広い敷地で思いっきり走り回ることができます。 シンボルタ…

  • 「うだつ」のある町並み、徳島の貞光

    はじめに 貞光町の歴史 卯建(うだつ)の町「貞光」 鰻絵(こてえ) 織本屋 旧永井家庄屋屋敷 別棟にある資料館 おわりに はじめに 徳島県の貞光町は、現在、半田町・一宇村との合併によってつるぎ町となっています。 貞光町の中心は、貞光川が吉野川に流れ込む付近に立地している谷口にある集落で、剣山への登山道の入り口でもあります。 貞光町の歴史 古くは忌部氏の根拠地として開け、楮や麻の生産が盛んな農業地域でした。 江戸時代には、たばこ産業が成立して全国に販路が拡大されました。 昭和の中頃まで、商業と交通の要衝として栄えており、脇町と並んで二大商業地を形成していました。 卯建(うだつ)の町「貞光」 「う…

  • 剣山リフトで行く標高1,810mの大劔神社

    はじめに 標高1,810mの大劔神社(おおつるぎじんじゃ) 標高1,420mの劔神社(つるぎじんじゃ) 「天涯の花」モニュメント 円福寺 おわりに はじめに 剣山観光登山リフトの上り駅「見ノ越駅」の近くには、劔神社があります。 劔神社から1時間以上、上って行くと大劔神社があります。 かつてリフトが無かった時代には、劔神社の登山口から徒歩で大劔神社に上っていました。 剣山観光登山リフトについて、詳しくはこちらをご覧ください。↓↓↓ www.teinenoyaji.com 標高1,810mの大劔神社(おおつるぎじんじゃ) リフトを降りて20~30分歩いたところに大劔神社があります。 細い山道の途中…

  • 剣山観光登山リフトと剣山自然情報センター

    はじめに 剣山自然情報センター 剣山観光登山リフト おわりに はじめに 剣山は標高が1,955mあり、石鎚山(1,982m)に次ぐ西日本で第2の高峰にあるのが剣山登山リフトです。 リフト乗り場までは、吉野川沿いの貞光から国道438号線の細くて曲がりくねった、信号機の全くない道をひたすら上って行きます。 車に出会うことも少なく、切り立った山間の道を気を付けながら進んで行きました。 剣山自然情報センター 剣山観光登山リフトのある駐車場には、剣山自然情報センターがあります。 剣山は国定公園であるとともに国指定の鳥獣保護区となっており、山の豊かな自然を紹介するために、周辺に生息する生物の剥製がたくさん…

  • 高知県立歴史民俗資料館と長宗我部元親の岡豊(おこう)城

    はじめに 岡豊城とは 高知県立歴史民俗資料館 2Fの長宗我部展示室 3F総合展示室 豊楽寺薬師堂 竜とそばかすの姫コーナー 昭和のモノ 1F企画展 おわりに はじめに 高知県立歴史民俗資料館は、長宗我部氏の居城であった岡豊城(おこうじょう)のすぐ側にあります。 少し山を上った中腹に近代的な建物が建設されており、そこから山頂にある岡豊城跡まで整備された道を辿って、本丸跡に行くことができます。 資料館を見学した後、歩いて岡豊城跡まで上って行きましたが、今は建物もなく、遺跡としての痕跡がわずかにあるだけでした。 しかし、本丸跡からの見晴らしは良く、遠くまで見通すことができます。 戦後武将として名高い…

  • シャインマスカットの初出荷

    はじめに 収穫前 収穫 作業場での箱詰め作業 おわりに はじめに 4年程前にブドウの苗を植えた時、シャインマスカットの苗を1本、植えておきました。1年目、2年目と収穫せず木の成長を見守っていました。 昨年は、試しに家庭用として実をつけて美味しくいただくことができました。 今年は、本格的に実を収穫することになり、出荷を目指して栽培してきました。 台風があったり栽培に慣れていなかったりで、苦労をしましたが、少しですが何とか出荷できるまでになりました。 昨年のピオーネの出荷について、詳しくはこちらをご覧ください。↓↓↓ www.teinenoyaji.com 収穫前 糖度が19度とか20度と、上がり…

  • 高知龍馬空港と特攻隊の歴史

    はじめに 高知龍馬空港 空港にある吉田茂像 空港出入口 空港内 高知の名物PR 3F展望デッキ 空港と特攻隊の歴史 掩体(えんたい) おわりに はじめに 日本で唯一、人名を冠した空港です。 明治維新の志士である坂本龍馬にちなんで、2003(平成15)年から、高知龍馬空港の愛称で呼ばれるようになりました。 南国土佐の風情が、そこかしこにあふれている飛行場です。 高知龍馬空港 空港にある吉田茂像 吉田茂は高知県宿毛出身で自由民権運動の活動家だった竹内綱の五男として、東京で生まれました。 実父の死後、3歳の時に旧福井藩士で横浜の貿易商であった吉田健三の養子となりました。 吉田茂は東京に生れていて、父…

  • 高知にある「海洋堂スペースファクトリーなんこく」

    はじめに 「海洋堂スペースファクトリーなんこく」 1Fエントランスホール・展示コーナー・ものづくりファクトリー 展示コーナーの見学通路 2Fものづくり展示室・ミュージアムショップ・体験工房 高知県と海洋堂 海洋堂とは おわりに はじめに 南国市後免町の開発が進んでいる地域に、急に近未来的な建物が出現します。 この地にあるのが、ものづくりの拠点として南国市が建設した「海洋堂スペースファクトリーなんこく」です。 建物の中には、海洋堂のフィギア工場である「なんこくファクトリー」があり、施設全体の運営を海洋堂に委託されています。 「海洋堂スペースファクトリーなんこく」 1Fエントランスホール・展示コー…

  • やなせたかしと中村時計博物館

    はじめに やなせたかし・ごめん駅前公園 「やなせたかしロード」 中村時計博物館 おわりに はじめに やなせたかしさんは東京都北区生まれですが、父が亡くなったために現在の南国市御免町で開業医をしていた伯父(父の兄)に引き取られて育てられています。 後免野田組合小学校(南国市立後免野田小学校)に通っていますので、やなせさんはこの御免町で子供の頃を過ごしていました。 やなせたかし・ごめん駅前公園 やなせたかしさんが少年時代から18歳までを過ごした、伯父さんの柳瀬医院跡地が子供たちのための記念公園になっています。 広々とした敷地には芝生が敷き詰められ、子どもたちが転んでもけがをしないようにとの思いやり…

  • 難所60番札所の横峰寺

    はじめに 境内案内図 境内 縁起 おわりに はじめに 標高750mの高さにあって、四国八十八ヶ所の中では3番目の高さ(四国八十八ヶ所霊場会HPより)にあり、「遍路ころがし」(遍路道の難所)という厳しい難所の一つです。 1984年(昭和59年)にお寺の近くまで有料の林道が開通し、車で行けるようにはなりましたが、12月下旬から2月いっぱいは不通となります。 かなり急で細い一車線の坂道なので、大型バスは通行ができません。 境内案内図 パーキングから境内までは、650mほど歩かなければなりません。 境内までは下りなのでスイスイと行けたのですが、帰りは上りだったのでメタボの体にはキツイものがありました。…

  • 四国にあるケーブルカー&ロープウェイ

    はじめに 四国ケーブル(株)のロープーウェイ&ケーブルカー 四国のロープウェイ 四国のリフト おわりに 石鎚登山ロープウェイを利用したので、加筆しました。 はじめに 四国ケーブル株式会社は1964(昭和39)年に創業した、四国でケーブルカーやロープーウェイを運営している会社です。 関連会社も含めて4か所のケーブルカーとロープーウェイを運行しています。 いずれも山頂付近にある名刹に上るための施設として、観光客やお遍路さんを運んでいます。 この4か所のケーブルカーとロープーウェイを巡ってきました。どの施設にもそれぞれ特徴があり、乗車していて楽しい思い出を残してくれるものばかりです。 他にもロープー…

  • 石鎚神社の本社

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 愛媛県西条市にある石鎚神社は、石鎚山を御神体として祀っている神社で、山麓の本社(口之宮)、山腹にある成就社(中宮)と土小屋遙拝殿、山頂の頂上社の4つの社の総称です。 山腹にある成就社について、詳しくはこちらをご覧ください。↓↓↓ www.teinenoyaji.com 祭神は石鎚毘古命(いしづちひこのみこと)で、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の第2番目の御子だそうです。 由緒正しい諸願成就の神様として篤く人々に信仰されています。 境内 朱の大鳥居 国道11号線から、石鎚神社方面の南に角を曲がると、すぐに大きな朱色の鳥居が…

  • 石鎚神社の成就社は標高1,450m

    はじめに 成就社への行き方 縁起 見返遥拝殿 神門 八大龍王社 おわりに はじめに 石鎚神社は霊峰石鎚山を御神体とする神社で、石鎚山頂の奥の宮「頂上社」、中腹の中の宮である「成就社」と「土小屋遥拝殿」、山麓にある口の宮「本社」の四社をあわせて石鎚神社といいます。 成就社は石鎚山中腹の7合目1,450mに鎮座しており、霊峰石鎚山への登拝の重要な拠点となっています。 成就社 成就社への行き方 成就社へは石鎚登山ロープウェイで上って、さらにリフトを利用しても行くことが出来ます。 行程は、山頂駅→(徒歩5分)→リフト乗り場→(6分)→リフト降り場→(徒歩10分)→成就社に到着です。 ロープウェイについ…

  • 石鎚山と共に64番札所の「前神寺」(まえがみじ)

    はじめに 石鎚山頂にある奥前神寺 麓にある前神寺の境内 縁起 紆余曲折 おわりに はじめに 愛媛県西条市には60番「横峰寺」から64番「前神寺」まで、5カ寺の札所が集中してあります。 弘法大師への信仰が厚い地域であったからではないかと思います。 「前神寺」は石鎚山への信仰に基づいていますが、弘法大師も霊験あらたかなこの山で2度に渡って修行をなさっていて、石鎚山との繋がりは深いものがあります。 石鎚山頂にある奥前神寺 石鎚山ロープウェイの山頂駅から少し上った標高1400m付近に元々の前神寺があって、今は奥前神寺といわれています。 石鎚山ロープウェイについて、詳しくはこちらをご覧ください。↓↓↓ …

  • 石鎚山ロープウェイ

    はじめに ロープウェイ登り口 山麓下谷駅(ロープウェイ乗場) 山頂成就駅 おわりに はじめに 石鎚山(いしづちさん)は、四国山地の西部にある標高1,982mの西日本最高峰の山です。 愛媛県西条市から南へ国道142号線を、石鎚山方面に山の中を分け入った所にあります。 切り立った山に囲まれた、まさに秘境といった景観の中にあるロープウェイでした。 ロープウェイ登り口 石鎚山は古くから霊山として、人々の信仰を集めてきました。 駐車場からロープウェイ乗り場まで急な坂道を上って行く間に、石鎚山に関するさまざまな神仏が祀られています。 法起坊堂(ほうきぼうどう) 石鎚山の守護神である法起坊大天狗(役行者の天…

  • 台風でブドウが被害を受けた!

    はじめに 今年も、シャインマスカットとピオーネの栽培を行っており、これまで順調に生育してきました。 ところが、あと少しで収穫期を迎えるという時期なのに、台風9号の強い風によって思わず大きな被害を受けてしまいました。 ブドウ栽培を始めてから数年経ちますが、これまでは意外と台風が来ても大きな被害を受けることはなかったのです。 今回の台風も大したことはないだろうと高を括っていたのですが、風によってブドウの粒がたくさん落ちてしまったり、ビニールがあちこちで破れてしまったりと、これまでにない被害を受けてしまいました。 被害の状況 ブドウを覆っていた、雨よけのビニールが破けてしまいました。 風に揺さぶられ…

  • 香川県立ミュージアム

    はじめに 施設 1階 陶板タイル「衆鱗図(しゅうりんず)」 3階「歴史展示室」 おわりに はじめに 高松市立玉藻公園(高松城跡)のすぐ隣に、香川県立ミュージアムがあります。 歴史博物館と美術館の機能を合わせ持ち、展示や普及活動・調査研究などを通じて、香川の文化拠点としての役割を担っているところです。 施設 1999(平成11)年に「香川県歴史博物館」として開館し、2008年に香川県立の博物館の再編によって「香川県立ミュージアム」と改称されました。 近代的なビルの中にあり、地下1階「講堂・研修室」、1階「ロビー」「ショップ」「カフェ」「図書コーナー」「体験学習室」、2階「常設展示室」「特別展示室…

  • 高松城跡地の高松市立玉藻公園

    はじめに 高松城 歴史 建物 おわりに はじめに JR高松駅のすぐ目の前にある玉藻公園は、高松藩松平氏の居城であった高松城の跡地にある公園です。 高松城は、万葉集で柿本人麻呂が讃岐の国の枕言葉に「玉藻よし」と詠んだことに因んで玉藻城とも呼ばれています。 城は堀が海と繋がっていて、直接、海水が流れ込んでおり、チヌなどの海の魚が泳いでいます。 すぐ近くの周辺には近代的なビルやマンションが立ち並んでおり、街の中心に近い市民の憩いの場ともなっています。 高松城 歴史 1587年に讃岐の国を豊臣秀吉から与えられた生駒親正が、この地に城を築きました。 瀬戸内海の海水を堀に引き込んだ城は、今治城(伊予国)・…

  • 與田寺は「四国八十八ヶ所総奥の院」「厄除けの寺」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 與田寺(よだじ)は、「四国八十八ヶ所総奥の院」とされています。 かつて第88番札所大窪寺を参拝した関西以東から訪れるお遍路さんは、船で国に帰る時には、三本松の港から出航していた汽船を利用していました。 船待ちの時間を利用して與田寺に参詣し、お大師様に四国八十八ヶ所を無事に回れたことを感謝してから乗船したようです。 厄除けのお寺としても知られており、年間を通して多くの参拝者があります。 境内 仁王門 トイレの神様 仁王門を入ってすぐ左手にトイレの神様である烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)像が置かれています。 昔から人は便所そうじの意義を体験的に知ってお…

  • 東かがわ市歴史民俗資料館

    はじめに 東かがわ市歴史民俗資料館は香川県の最も東の端にある引田町にあります。 引田町は古くから港町・醬油産業の町として発展しており、趣深い歴史と伝統が継承されている町です。 多彩な歴史的人物を沢山輩出している町でもあります。 久米通賢は、江戸時代に塩田開発に功績があり、伊能忠敬より早く実測地図を作製しました。 笠木シヅ子は、戦後「ブギの女王」として一世を風靡しました。 南原茂は、東大総長を務め、サンフランシスコ講和条約をめぐって吉田茂と対立しました。 野網和三郎は、日本で初めてブリの養殖に成功しました。 こうした引田町にある東かがわ市歴史民俗資料館は小さい町ながら、原始・古代から現代にいたる…

  • 歴史を生かした町並みづくりの引田

    はじめに 讃州井筒屋敷 かめびし屋 古民家のひな飾り 手袋ギャラリー おわりに はじめに 東かがわ市引田町には昔ながらの景観の古いまち並みが残っており、大きな商家や赤壁の醤油醸造所、入り組んだ路地など昔ながらの景観を見ることができます。 引田は、平安時代より天然の良港「風待ちの港」として開かれ、中世には東讃の拠点として引田城が築かれました。 安土桃山時代に始まった醤油醸造は江戸時代になって隆盛し、町の発展に寄与しています。 現在では、入り組んだ路地や古建築が多く現存しているまち並みを生かした、観光振興を進めています。 讃州井筒屋敷 引田の町中にひときわ大きくて立派な建物があります。 江戸時代に…

  • 昭和30年代の「アイス」と冷や汗ものの「通信簿」

    今週のお題「好きなアイス」 昭和30年代のアイスの思い出 冷や汗ものの小学1年の通信簿 今週のお題が「好きなアイス」ということで、昨年の記事を書き直してみました。 半世紀以上前のことなので、記憶が定かではありませんが、何となくは覚えていることもあるものです。 書きながら、夢の中の出来事のように思いました。 昭和30年代のアイスの思い出 私が小学生になる前、と言っても昭和30年代後半のことです。 どこからか自転車の荷台に保冷箱を載せたおっちゃんが、我が家の近くにアイスを売りに来ていました。 今考えると、よくこんな田舎まで来ていたなと思います。 チリンチリンという涼やかな音色につられて、お金を握っ…

  • 日本一低い山のある白鳥神社

    はじめに 境内 縁起 日本一低い山「御山」 おわりに はじめに 東かがわ市白鳥町にある白鳥神社(しろとりじんじゃ)は、日本武尊伝説に由来する白鳥信仰の神社が日本全国に100社ほどある中の一つです。 自称ですが「日本一低い山」も神社の裏にあります。歴史も見どころもある白鳥神社に参ってきました。 境内 鶴御門 1664(寛文4)年、初代高松藩主松平頼重の寄進によって建てられた門が現存しており、東かがわ市の指定文化財になっています。 阿吽の鶴 鶴御門にいる阿吽の鶴が境内を守っています。 願い事風鈴 鶴御門の前には、さまざまな願い事を書いた短冊付き風鈴が約100個飾り付けられています。 透き通った清ら…

  • 東かがわ市の手袋資料館

    はじめに 手袋資料館 展示室 現在の手袋産業 手袋産業の始まり おわりに はじめに 東かがわ市は昔より手袋産業が盛んな地で、国内産手袋の90%が生産されているといわれています。 技術的に優れた品質の手袋を生産しているので、著名な海外ブランドものや有名スポーツ選手が使うオーダーメイドグローブなどの手袋が製作されています。 まさに重要な地場産業として地域経済の中心となっています。 手袋の鯉のぼり 手袋資料館 日本手袋工業組合のマスコット 手袋資料館の入り口に飾られていたマスコットのゴリラです。 展示室 スポーツ選手の手袋展示がたくさん展示されています。 左がサッカーの川口能活さんで、右がフェンシン…

  • 「とらまるパペットランド」は人形のワンダーランド

    はじめに とらまるパペットランド とらまる人形劇ミュージアム ミニチュア児遊館 人形劇場とらまる座 おわりに はじめに 「とらまるパペットランド」は、香川県東かがわ市のとらまる公園にあり、「とらまる人形劇ミュージアム」「人形劇場とらまる座」「ミニチュア児遊館」からなる人形劇と子供たちのワンダ-ランドです。 「とらまる」というのは、地元の人に親しまれている417mの虎丸山に由来しています。 「とらまる」を冠した広大な公園には、レクリエーション・スポーツ・レジャーのための施設が整備されています。 とらまるパペットランド とらまる公園の一角にあるのが、国内唯一の人形劇のテーマパークである「とらまるパ…

  • 四国自動車博物館のバック・トゥー・ザ・フューチャー

    はじめに 受け付けスペース~トヨタ2000GT~ 展示場~デロリアン・ランボルギーニetc~ おわりに はじめに 高知県香南市にある四国自動車博物館を訪問しました。 60年代~80年代のレーシングカーやクラシックカーを中心に、国内外2輪車・4輪車を展示しています。 1990年に大豊町に開設されましたが、1996年に閉鎖され、2001年に香南市で再オープンされたものです。 博物館の管理・運営はネッツトヨタ南国株式会社が行っています。 倉庫のような地味な外観からは想像がつかない、目もくらむようなスーパーカーや珍しいクラシックカー、往年の名バイクまでずらりと展示されています。 受け付けスペース~トヨ…

  • 高知にある28番札所「大日寺」

    はじめに 境内 縁起 爪彫薬師堂 おわりに はじめに 四国霊場八十八ヶ所には「大日寺」が、徳島に2カ寺、高知に1カ寺の計3カ寺あります。 徳島県にある4番札所「大日寺」のご本尊は大日如来さま、13番札所「大日寺」は十一面観音菩薩さま、そして高知県の28番札所の「大日寺」は大日如来さまとなっています。 同じ「大日寺」ですが、それぞれに特徴があって趣のあるお寺です。 28番札所「大日寺」は田園風景の広がる平野から少し里山を上った三宝山の麓に位置しています。 周りを木々に囲まれた森の中にひっそりと静かに法灯を守っているお寺でした。 境内 山門 緑に囲まれた風情のある山門をくぐり、階段を上がった所に本…

  • 恋人の聖地がある高知の道の駅「大山」

    はじめに 道の駅「大山」 伊尾木漁港石積堤 恋人の聖地 おわりに はじめに 幹線道路の国道55号線から外れたところにあるため、案内板をよく見ないと通り過ぎてしまいます。 かつては幹線であったのですが、バイパスのトンネルが出来て、そちらがメインになったようです。 道の駅「大山」は、後ろにすぐ山が迫り、目の前に伊尾木漁港、その向こうにある雄大な太平洋を見晴らすことができる絶景の地にありました。 道の駅「大山」 2018(平成30)年にリニューアルオープンし、太平洋を眺めながら食事をいただけるレストランが新設されました。 人気があるという安芸市名物「釜あげちりめん丼」を、海の見える窓辺の席でいただき…

  • 安芸市は作曲家「弘田龍太郎」の童謡の里

    はじめに 安芸駅 やなせたかし作「あき うたこちゃん」キャラクター 童謡の曲碑の建立 弘田龍太郎とは おわりに はじめに 高知県安芸市出身で有名なのは、三菱の祖である岩崎弥太郎と童謡作曲家の弘田龍太郎です。 誰もが一度ならず何度も聞いたことがあり、口ずさんだ歌を作曲しています。 安芸市は弘田龍太郎の故郷として彼の作曲した童謡にちなんだ「童謡の里」づくりを進めてきました。 安芸駅 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の安芸駅に「童謡の里」をアピールする看板が設置されています。 やなせたかし作「あき うたこちゃん」キャラクター 安芸市出身の作曲家弘田龍太郎にちなんで、音符が描かれた着物を着ている女の子…

  • 日本庭園が美しい27番札所「神峯寺」

    はじめに 境内 縁起 神峯神社 おわりに はじめに 27番札所神峯寺(こうのみねじ)は標高570mの神峰山の中腹(430m)にあって、高知県では一番高いところにあります。 お寺までは、まっ縦(たて)といわれる急な山道で、歩き遍路にとっては「遍路ころがし」と呼ばれる厳しい難所として知られているようです。 車でも上がることはできますが、これまであまり経験したことのないような、かなりきつい坂を上って行きました。 駐車場からの急な坂を上って行くと、左が神峯寺で右が神峯神社への登り口になります。 境内 仁王門 仁王様 色鮮やかな阿吽像です。 本堂への階段 日本庭園 神峯の水 土佐の名水40選に選ばれてい…

  • 徳島市立考古資料館

    はじめに 縄文時代 弥生時代 古墳時代 律令制度 一宮城模型 おわりに はじめに 徳島市立考古博物館は、縄文時代から律令時代にかけて発掘された、たくさんの遺物を展示しています。 埋葬された時に一緒に埋められたものやゴミとして捨てられたものもありますが、今となっては、当時の人々の暮らしぶりを知るための貴重なものばかりです。 昔のモノを見ることを通して、その時代に生きていた人々の様子を想像することができました。 縄文時代 徳島に人々が住み始めたのは、縄文時代よりまだ前の旧石器時代、約2万年前ぐらいからだといわれています。 当時は氷期であり、厳しい寒さの中で生存しなければならなかった時代です。 氷河…

  • ハスの花咲く地蔵寺

    はじめに 大賀ハス 境内 縁起 おわりに 追記 はじめに 香川県の西部にある地蔵寺は、特に有名なわけでもなく、昔から地元の人々の暮らしと共に歴史を積み重ねている、里山の麓に人知れずひっそりと佇んでいるお寺です。 このお寺で大切に育てられている大賀ハスが、6月下旬ごろから美しい花の見ごろとなってきました。 大賀ハス 山門を入って右側の境内に、大賀蓮の花が咲いていました。 植物学者の大賀一郎氏が戦後、千葉県の縄文時代の遺跡から発掘されたハスの種を復活させたので、この名がついています。 濃いめのピンク色で鮮やかな色をしているハスの花は、闇の水子への供養であるといわれているものです。 大賀ハスは、高知…

  • 11番札所「藤井寺」は「ふじいでら」

    はじめに 境内 縁起 おわりに はじめに 藤井寺は「ふじいじ」ではなく「ふじいでら」と読みます。「てら」と読むのは、四国霊場では藤井寺だけのようです。 藤井寺といえば、関西では大阪の藤井寺市(ふじいでらし)が有名です。 ただ、藤井寺市は、市内にある「葛井寺」(ふじいでら)に由来しているようなので、こちらとの直接の関係はなさそうです。 三方を山に囲まれた麓の深い谷間に、ひっそりとたたずんでいるお寺です。 藤井寺は、山を越えて12番札所「焼山寺」に向かう約13kmの「遍路ころがし」といわれる最初の難所の入口にあたります。 男8時間、9時間かかるといわれる、細く嶮しい山道が続きます。 歩き遍路の人に…

  • 13番札所「大日寺」と阿波の一宮神社

    はじめに 大日寺境内 縁起 一宮神社 おわりに はじめに 4番札所と13番札所はどちらも同じ「大日寺」という名前ですが、吉野川を挟んで北側にあるのが4番札所の大日寺で、南側にあるのが13番札所の大日寺です。 県道沿いに細長くて、こじんまりとした寺域ですが、趣のあるしっとりとした札所でした。 大日寺境内 山門 石柱門だけでしたが、平成になって新築されました。 本堂 本尊の十一面観音菩薩さまが祀られています。 大師堂 しあわせ観音 合掌している手の中に観音さまが入っています。 縁起 寺伝では、815年、空海が「大師が森」で修行をしている時に、大日如来が現れてこの地に寺を建立せよとのお告げされました…

  • IT先進地にある道の駅「温泉の里神山」

    はじめに 粟生(あわふ)の館 お食事処「旬彩茶屋」 産直市 林業紹介コーナー 七夕飾り かかし人形 おわりに はじめに 周りを山に囲まれた山里にある道の駅です。 名称の通り、道の駅から少し行った所には温泉があり、人々の憩いの場所となっているようです。 山に囲まれた自然の中で暮らしている人々の温かさが感じられる道の駅でした。 粟生(あわふ)の館 道の駅の建物は「粟生(あわふ)の館」と名付けられています。 吉野川の支流となる鮎喰川(あくいがわ)流域の人々は、その昔、粟を主食にしていた人々で「粟族」と呼ばれていました。粟族は徳島の最も古い開拓民で、阿波は粟に由来するともいわれています。 道の駅の建物…

  • IT先進地の神山町にある12番札所「焼山寺」

    はじめに 境内 縁起 杖杉庵(じょうしんあん)は「衛門三郎」終焉の地 石手寺 おわりに はじめに 12番札所焼山寺のある神山町は、光ファイバーを用いた高速通信網を整備しており、IT企業や大学などがサテライトオフィスを設置しています。 時代の最先端を進んでいる、先進的なIT事業が展開されていることなど全く感じることのできない、のどかな山村風景が広がっています。 幹線道路を少し入った所から、傾斜のきつい山道を進んで行った山上に、古刹である焼山寺がありました。 焼山寺山の標高705m付近に境内があり、四国八十八カ所霊場では2or3番目の高さということです。 四国山地の山深い所にあり、「遍路ころがし」…

  • ほたるの里と後藤田正晴

    はじめに 美郷町とは 美郷ほたる館 美郷物産館(みさと屋) 後藤田正晴顕彰記念碑 おわりに はじめに 吉野川から南に向けて、5kmほど山を分け入った所に吉野川市美郷町という、何とも美しく響きのよい地域があります。 吉野川の支流である川田川にそって、山間の自然豊かな環境の中に抱かれている民家が点々と存在している所です。 美郷町とは 1955(昭和30)年に、中枝村、東山村、三山村が合併して美郷村になりました。それぞれの村の字をとって、中東村とか三郷村とか案が出ましたが、「これからは周りが都市化するので、ここは美しい郷にしよう」ということで美郷村になったということです。 2004(平成16)年に合…

  • 新宮にある別格20霊場の13番札所「仙龍寺」

    はじめに 境内 別格20霊場「13番札所仙龍寺」 四国36不動尊霊場「26番札所仙龍寺」 縁起 おわりに はじめに 酷道といわれる国道319号は、曲がりくねった1車線の山の中を通っている道です。愛媛県四国中央市新宮町の人里離れた険しい山の中腹に仙龍寺はあります。 その昔は、まさに秘境であり、たどり着くのも厳しい場所で、深山幽谷にある霊験あらたかな修行の場としてふさわしい所であったのではないでしょうか。 境内への上り道 境内 本堂 仙人堂 インドの仙人で、6~7世紀頃に日本へと渡ってきたとされる法道仙人を祀っています。 別格20霊場「13番札所仙龍寺」 別格20霊場とは、弘法大師空海が四国霊場八…

  • 姉の小物作り「クラフトバンド」と「南天九猿」

    公民館での講座で制作 『クラフトバンド』 新作小物入れ イチゴのかご お正月の飾り 『南天九猿』 「南天九猿」の意味 「南天九猿」の作り方 「南天九猿」に神頼み おわりに 公民館での講座で制作 姉は手先が器用で、様々なことに挑戦して楽しんでいます。 昨年から公民館での講座に参加して、小物や縁起物を作ってきました。 年を取って興味を持って活動している様子を見ていると、感心してしまいます。 こうした講座の参加者は男性よりも女性の方がはるかに多いように思います。 それこそが女性が長生きする秘訣なのでしょうか。 『クラフトバンド』 公民館講座では、伝統的な『つまみ』手芸や、人気のクラフトバンド、水引細…

  • 新宮あじさいの里と新宮ダム

    はじめに 新宮あじさいの里 モノレール「あじさい号」 あじさい茶屋 新宮茶 新宮ダム おわりに はじめに 現在は四国中央市新宮町ですが、かつては新宮村と呼ばれていました。 新宮村は東西に流れている銅山川が深い渓谷を形作っており、急傾斜の山肌に添って人々は暮らしています。 民家が点在している静かな山村で、地域の住民が作り上げたアジサイの花が咲き誇る里がありました。 新宮あじさいの里 1975(昭和50)年に、主婦らが農道に沿って2000株のアジサイの苗を植え、あじさいロードと名付けました。 以来、あじさいの植栽を続けるとともに、施設設備を整え、今ではあじさいの里として4ヘクタールの敷地に2万株の…

  • 道の駅「滝宮」はうどんとイチゴの郷

    はじめに 道の駅「滝宮」のお店 滝宮の念仏踊り おわりに はじめに 香川県のほぼ真ん中に位置している道の駅「滝宮」が、2021(令和3)年3月28日(日)に新しくリニューアルされてオープンしたというのを聞いて、早速、行ってみました。 香川県の定番である「うどん」と「いちご」をメインとした道の駅ということでした。 道の駅「滝宮」案内板 道の駅「滝宮」のお店 セルフうどん店「さぬきうどんの駅綾川」 滝宮は、空海の甥(姉の子)であり十大弟子の一人ともいわれる智泉の出身地です。 唐から戻った空海がうどんを智泉に伝授し、両親にふるまったのがうどんの始まりといわれています。 このため滝宮のある綾川町は讃岐…

ブログリーダー」を活用して、定年親父さんをフォローしませんか?

ハンドル名
定年親父さん
ブログタイトル
定年後の生活ブログ
フォロー
定年後の生活ブログ
カテゴリー一覧
商用