プロフィールPROFILE

花水由宇(hanami yuu)さんのプロフィール

住所
中央区
出身
中央区

紹介しますジャンルは小説、エッセイ、ノンフィクション、ビジネス書、実用書の中から筆者が読んで面白かった本、面白くなかった本も全て紹介します。 多くの本を多くの方の読書のきっかけになって欲しいと思い、自分勝手ですが正直な本の書評を書かせていただきます。 読書は好きですか? はい!大好きです。

ブログタイトル
本当に本が読みたくなる読書のブログ
ブログURL
https://www.yu-hanami.com
ブログ紹介文
読書は好きですか? 本当に読みたくなる小説、エッセイ、ビジネス書を紹介します。 ちょっと知りたい読書の豆知識、役に立つ読書術をお伝えしますね。
更新頻度(1年)

49回 / 36日(平均9.5回/週)

ブログ村参加:2017/04/01

花水由宇(hanami yuu)さんのプロフィール
読者になる

花水由宇(hanami yuu)さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,022サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,787サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,337サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,910サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,042サイト
小説情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 151サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 84,212位 980,022サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 519位 12,787サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 138位 3,337サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 181位 2,910サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 743位 12,042サイト
小説情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4位 151サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,022サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,787サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,337サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,910サイト
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,042サイト
小説情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 151サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、花水由宇(hanami yuu)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
花水由宇(hanami yuu)さん
ブログタイトル
本当に本が読みたくなる読書のブログ
更新頻度
49回 / 36日(平均9.5回/週)
読者になる
本当に本が読みたくなる読書のブログ

花水由宇(hanami yuu)さんの新着記事

1件〜30件

  • 世界的ベストセラー『チーズはどこへ消えた』の気になる結末は?

    迷路の外には何がある? Out of the Maze An A-Mazing Way to Get Unstuck. 著者 スペンサー・ジョンソン 訳者 門田美鈴 出版社 株式会社扶桑社 分類 ビジネス書 出版日 2019年2月27日 読みやすさ ☆☆☆とても読みやすい 『チーズはどこへ消えた?』を読んで、どうしても気になっていた物語の結末。世界的な名作『チーズはどこへ消えた?』の続編、『迷路の外には何がある?』を取り上げてみます。 迷路の外には何がある? Out of the Maze An A-Mazing Way to Get Unstuck. 名作『チーズはどこへ消えた?』著者スペン…

  • お悩み解決本を読んで悩みのループから抜け出す方法

    悩みのループと悩み事メリーゴーランド 悩み事、ありますか?私は昔から悩み事は多い方ですよ。悩みを解決したくて、お悩み解決の本を読むことも多いです。そこで、考え方の本に書かれていて、私も実践している悩み事との向き合い方のお話をさせていただきますね。 悩みのループと悩み事メリーゴーランド 悩みの悪循環・無限ループ 悩みの悪循環 悩み事メリーゴーランド 悩み方が新しい悩みを生む 悪循環は「止める」か「抜け出す」ことができる 悩みの悪循環から抜け出すには? 人間関係の悩み事は解決策は思いやり 良いときの習慣を繰り返す 悩んでいる最中は解決しない 参考にした仏教の本はこちら 悩みの悪循環・無限ループ 悩…

  • 社会人の読書量はどのくらい?何冊以上で「本を読む人」と言われるのだろう

    本を読む人・読まない人の読書量は? 「読書離れ」若者や学生さんに限ったことではなく、日本人の読書離れ・本離れは進んでいることはWebサイトやニュースでいわれていることですよね。実際にどのくらいの読書量なのでしょう?自分は本を読んでいる方なの?こんな疑問に答えられるように調べてみました。 本を読む人・読まない人の読書量は? 社会人で本を読む人はどのくらいの読書量なのか? 普段本を読む人=1カ月で2冊以上本を読む人 社会人の読書量は月平均2.2冊 多くの方は1カ月で2冊も読まないと感じている? 1カ月で2冊以上本を読む人は読書の習慣のある人 社会人で本を読む人はどのくらいの読書量なのか? 本を読む…

  • 読書ブログの運営報告 2019年12月

    2019年11月のブログ運営報告 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。2019年11月の運営報告をさせていただきます。 2019年11月のブログ運営報告 ブログですること(11月) 記事〜カテゴリを見直してバランスよく 1.読書関連のカテゴリの記事50%以上 2.まとめ記事1つ 3.年間スケジュール記事 更新〜合計月25記事は更新する SEO〜読書のキーワードの分析 収益〜ブログ2つ分の維持費 2019年10月の成果 読者登録数 PV数とユーザー数 収益 11月のブログ運営 ブログですること(11月) 11月は読書のイベントはなかっ…

  • 昔のドラマやアニメが再放送されない本当の理由

    昔のドラマやアニメが再放送されないのは放送倫理規定のため? 寒くなると、どうしても家でテレビを見る時間が増える我が家。先日、BSでドラマの再放送(90年代でしょうか?)を見たときに表示されたテロップを見て、ふと気がついたことがあります。 昔のドラマやアニメが再放送されないのは放送倫理規定のため? BSのドラマ再放送で見たとあるテロップ 今の時代の社会問題が盛りだくさん 児童虐待 セクハラ、女性の人権問題 パワハラ、ブラック企業 アニメでも下ネタのオンパレード 地上波テレビでは放送できないかなぁ… BSのドラマ再放送で見たとあるテロップ 「この作品には、映像・台詞の一部に現代では不適切と思われる…

  • 読書ブログ12月の更新予定

    2019年11月の更新予定 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。令和最初の師走が訪れましたね。天気予報でご存知の方も多いと思いますが、北国では連日-の気温。どのくらいかというと、冷蔵庫の方が暖かいくらいです。それでは、今月の更新予定をお知らせしますね。 2019年11月の更新予定 12月の読書のイベントは「読書感想文の本」「冬に読みたい本」特集 今月の本の紹介は樹木希林さんの『一切なりゆき』 目玉記事は読書の豆知識から「社会人の読書量」をテーマにお届けします 12月の読書のイベントは「読書感想文の本」「冬に読みたい本」特集 12月の…

  • 令和初の11月

    令和の晩秋を振り返り 始まったと思ったら、過ぎるのが早いのが北国の秋。食べ物が美味しくイベントも盛りだくさんでしたが、こらから訪れる冬を思うとちょっと暗くなってしまう季節。ブログはリライトに時間がかかり、新しい記事の更新が遅れてしまいました。それでは、令和の晩秋を振り返ります。 令和の晩秋を振り返り 薬物問題が深刻に… いいニュースはやっぱりスポーツ 大忙しの天皇陛下 いよいよ年末が訪れる 薬物問題が深刻に… 11月に入ると、薬物事件の摘発が報道されるようになりましたね。芸能界でも11月6日には元タレントの田代まさしさん、11月17日には女優の沢尻エリカさんが違法薬物を所持していた容疑で逮捕さ…

  • インターネットと仏教の教えの共通点

    現代の方がわかりやすい仏教の教え インターネットで世界中の人がつながり、仮想通貨や電子書籍のように「形のない」資産や価値観が広まった現代。こういった形のない資産や価値観は、現代の私たちは身近に実体験できることですが、2000年以上前から伝わる仏教の教えの基本にも共通するところがあります。 現代の方がわかりやすい仏教の教え 仏教とインターネット 変化が早い時代だからわかる「諸行無常(しょぎょうむじょう)」 諸行無常の教え 諸行無常はまさしく現代の世の中 実体がないものが身近にあるから「空(くう)」が理解できる 空(くう)は実体にこだわらない教え 仮想○○で例えてみる 仏教が先でインターネットは後…

  • 読みたいブログが見つかる花水由宇のブログ紹介 11月編

    ブログの紹介2019年11月編 本当に本が読みたくなる読書のブログをご覧の皆さま、こんばんは花水由宇(hanami yuu)です。2019年下半期も、「見つける」をテーマにブログを紹介させていただきます。11月は、4名の方のブログを紹介させていただきますね。 ブログの紹介2019年11月編 2019年下半期のテーマ は「見つける」 2019年11月のブログを紹介 父ロボさん (id:titirobo) おかだ さん(id:okdken) キタヰスカヤさん (id:Kitajskaya) 瓜ヶ谷さん (id:urigayatsu) もし嫌な方は……… 今までの紹介記事のまとめはこちら↓ 2019…

  • 未来の本と読書の価値は?

    電子書籍が広まると紙の本は高級品に戻る? 「本の歴史と未来」シリーズ、第3回は本の未来についてです。電子書籍が普段し、出版数の下がっている紙の本はどうなるのでしょうか?ある読書家 花水由宇(hanami yuu)が本と読書の未来を予想します。 電子書籍が広まると紙の本は高級品に戻る? 本は再び高級品に戻るのでは? 本が広まったの理由〜読みたい人の需要に追いついた出版の供給 紙の本が世の中の人に広まったのは? 紙に印刷した本は高級品で採算が合わなくなる 未来の読書と本の役割 電子書籍は一般向け 紙の本はオーダーメイドの高級品 本と読書の未来 本は再び高級品に戻るのでは? 本と出版の歴史を辿ると、…

  • 本の賞と気になる文学賞のまとめ

    本の賞と文学賞特集 文学賞というと「芥川龍之介賞」「直木三十五賞」が有名で、「本屋大賞」の受賞作は多くの方に読まれるベストセラーを生むほどの影響力があります。日本国内だけでも、文学賞や本の賞は多く、自称読書家の花水由宇(hanami yuu)も多くの文学賞を覚えているわえではありません。そこで、「純文学」「大衆文学・エンタメ小説」「推理小説・ミステリ小説」「その他注目の本の賞」の4つに分けて、文学賞や本の賞の紹介をまとめてみました。 本の賞と文学賞特集 文学賞とは? 文学賞と本の賞は同じ 文学賞で得られるもの 純文学の本の賞 芥川龍之介賞(芥川賞) すばる文学賞 太宰治賞 発表された大衆文学、…

  • 九十歳 何がめでたい 佐藤愛子さんの思わず優しくなれるエッセイ『ほっこり編』

    九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 著者 佐藤愛子 出版社 小学館 分類 エッセイ 出版日 2016/8/1 前回に続いて、佐藤愛子さんのベストセラーエッセイ『九十歳何がめでたい』を紹介します。佐藤愛子さんの親しみのある毒舌『バッサリ編』で、世の中の出来事を気持ち良くバッサリ切ってもらった後は『ほっこり編』で少し優しくなりませんか?それでは、『九十歳 何がめでたい』から、佐藤愛子さんの出会ったほっこりする出来事のお話を3つまで紹介しますね。 九十歳 何がめでたい 佐藤愛子 佐藤愛子さんのベストセラーエッセイ『九十歳何がめでたい』 ほっこりする3つのエピソード、佐藤愛子さんと花粉症と泥棒と愛犬 花粉…

  • 紅葉の地域差と時間差

    今週のお題「紅葉」 紅葉の時間差と世界観 今回は、久しぶりに書き下ろしではてなブログのお題をテーマにしてみますね。 紅葉の時間差と世界観 紅葉に抱く気持ちは複雑 秋冬の旅行はまるでタイムスリップ 北と南の紅葉の色の不思議 季節が変わるのは「当たり前」、目の前だけが世界じゃない 紅葉に抱く気持ちは複雑 食べ物も美味しく、黄色と赤の綺麗な紅葉も素敵。ですが、紅葉に抱く気持ちは複雑。自然への感動、これから訪れる冬を思う悲しさが入り混じります。実は、紅葉のお話をさせていただいておりますが、我が家の窓から見える木々は全て葉を落としています。遠くに見える山も、灰色のモノトーンの景色…。 (adsbygoo…

  • 書評の書き方〜本の紹介に合わせた文章の表現

    本の紹介という書評の書き方〜表現の方法 読書ブロガーを自称していて、ブログで「本の紹介」という書評記事を更新している花水由宇(hanami yuu)です。「本の紹介」記事も100記事を超えて、ようやく書評ブログらしくなってきたようです。そこで、以前書いていた書評の書き方の記事をリニューアルして、「書評の書き方」シリーズとして更新します。第1回は「本に合わせた文章表現」、第2回は「本によって変わるフォーマット」、第3回が「小説のジャンルごとの文章表現」です。 本の紹介という書評の書き方〜表現の方法 書評をどんな風に書いている? 書評という言葉 書評の書き方 大切なのは文章の内容と文章表現 書評の…

  • 本の賞の種類って?〜大衆文学(エンターテイメント小説)の7つの賞

    本の賞の種類には何がある?注目したい7つの大衆文学の文学賞 「小説の賞シリーズ」第2回、今回は大衆文学の賞のお話です。多くのジャンルがあって、ひとまとめにできない大衆文学。大衆文学を対象にした本の賞では、有名な直木賞と角川春樹小説賞をはじめ7つの賞を選びましたよ。文学賞の特徴と大賞作品を紹介していきますね。 本の賞の種類には何がある?注目したい7つの大衆文学の文学賞 ひとまとめにできない大衆文学 既に発表された小説が対象の文学賞 直木三十五賞(直木賞) 山本周五郎賞 吉川英治文学賞 公募の新人文学賞 角川春樹小説賞 ポプラ社小説新人賞 日本エンタメ小説大賞 暮らしの小説大賞 注目の大衆文学(エ…

  • 書評の書き方〜本の紹介に合わせた3つのフォーマット

    本のジャンルで使い分ける書評のフォーマット 「書評の書き方」シリーズ第1弾『文章表現の方法』に続いて、第2弾ではそれぞれの本に合わせたのフォーマットを紹介しますね。 はじめて「文章の書き方」をまとめた記事の更新から1年。本の紹介も100記事を超え、多くのジャンルの本を紹介させていただいてます。そこで、本の種類を大きく3つに分けて、それぞれに合った書評の型、フォーマットのお話をさせていただきますね。参考にさせていただいた本の紹介や、小説のジャンルなどの関連ページも更新しましたよ。 本のジャンルで使い分ける書評のフォーマット 本の種類に合わせた3つの書評フォーマット 小説の書評のフォーマット 1.…

  • 日本で本が商業出版されるまで

    日本で本が庶民に広まったのはいつ? 「本の歴史と未来」シリーズ、第2回は本が一般向けに販売されるようになった商業出版の始まりに注目してみます。日本には、古くからの古典文学がありますが、一般向けに販売されるようになったのは実はそこまで昔ではありませんでした。 日本で本が庶民に広まったのはいつ? 江戸時代まで本の商業出版はされていなかった 本が商業出版された江戸時代 江戸時代の出版数は世界有数 江戸時代に流行した本 明治から大正にかけての本の出版事情 活版印刷の発展と本の出版 明治から大正にかけて花開いた日本の近代文学 戦後以降の本の出版事情 本の商業出版には印刷技術と一般庶民のニーズが関係してい…

  • 自分の「考え方」を見直すキッカケ~『超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる』

    自分の「考え方」を見直すキッカケに『超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる』を紹介 著者 境野勝悟 出版社 株式会社 三笠書房 分類 実用書、思想と哲学・考え方の本 出版日 2012/12/1今日はお経の中のTwitterともいえる(花水が独自に例えている)、「般若心経」の現代語訳の紹介です。法事などで聞くことがあるお経ですが、どうしても歌のように聞こえてしまいます。実は、お経には生きている私たちだから役に立つことが沢山書かれていました。 自分の「考え方」を見直すキッカケに『超訳 般若心経 “すべて”の悩みが小さく見えてくる』を紹介 般若心経に書かれている仏教の考え方の基礎 境野勝…

  • 書評の書き方〜小説のジャンルに合わせた文章表現の方法

    書評の書き方は小説のジャンルに合わせた文章表現がいい理由 読書ブログの花水由宇(hanami yuu)です。このブログの本の紹介記事も160を超えました。何回書いていても、ネタバレに気をつけなければならない小説の紹介は難しいですね。今回は本当に本が読みたくなる読書のブログで、実際に更新している書評記事を例に「書評の書き方」シリーズを更新します。第1回は、「書評の文章表現を小説のジャンルに合わせる」ことをテーマに、書評の書き方をお話させていただきます。 書評の書き方は小説のジャンルに合わせた文章表現がいい理由 書評の書き方の2つの工夫~表現方法とフォーマット 書評という言葉を使う 書評の書き方①…

  • すぐに消したい3つの煩悩、身近にある6つの煩悩を乗り越える方法

    えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ! 名取芳彦 著者 名取芳彦 出版社 株式会社 永岡書店 分類 思想・哲学、考え方の本 出版日 2017/10/15 えんま様の姿がデザインされた表紙が目を引く、『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』の紹介。第2回は、名取芳彦さんの体験と相談の実例を元にした「えんま様の格言」の中から、「すぐ消したい3つの煩悩」、幸せと思えるために「乗り越えたい6つの煩悩」を紹介させていただきますね。 えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ! 名取芳彦 すぐに消したい3つの煩悩「こだわり」「慢心」「恨み」 「こだわり」を減らせば怒らずにすむ 無意識のマウンティングをし…

  • 誰もが帰れる場所を作る〜「家族の好物をメニューにするカフェ」

    若者のカフェはなぜ家族の好物がメニューなのか?〜ある日の夢の物語 昨晩、何だかドラマのような夢を見ました。そこで、今日は書き下ろし小説風でお届けします。夢のタイトルは、「家族の好物をメニューにするカフェ」。家庭の事情で波乱の青春時代を過ごした青年の物語です。 若者のカフェはなぜ家族の好物がメニューなのか?〜ある日の夢の物語 父の暴力に苦しむ母と兄弟 夜中に迷路のような街を抜け出す 新しい港街で生き別れになった3人 働いたお金でカフェを出した長男 父の暴力に苦しむ母と兄弟 雑居ビルと住宅が並ぶ都会の下町。老舗とは言えないまでも、地域に昔からあるパン屋があった。夫婦と2人の小学生の子どもたちが切り…

  • 108個の煩悩と心の仕組みを知る、『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ!』名取芳彦

    えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ! 名取芳彦 著者 名取芳彦 出版社 株式会社 永岡書店 分類 思想・哲学、考え方の本 出版日 2017/10/15 今回は、ピンクの表紙にえんま様が描かれたとてもユニークな表紙の本を紹介します。本の名前は、『えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ! 』。えんま様の仏教をお祀りする密蔵院の住職、名取芳彦さんがえんま様に変わって私たちの人生の悩みに答えてくれます。第1回は「本の概要」とテーマでもある「煩悩」について、第2回は「煩悩の減らし方」についてお伝えしますね。 えんま様の格言 心の天気は自分で晴らせ! 名取芳彦 表紙にえんま様が描かれた本が目にとまり……

  • 本の出版と印刷技術の歴史

    本と活版印刷の歴史 本と読書の歴史をテーマに、「本の歴史と未来」シリーズを更新させていただきます。本が世の中に広まるのに欠かせないのが、印刷技術の発展。今回は、本が今のように世界中に広まる理由にもなった印刷技術と日本の出版事情にふれてみます。 本と活版印刷の歴史 本の出版と活版印刷 活版印刷とは? 木版印刷 活版印刷が日本の出版に与えた影響 日本で活版印刷の普及が遅れた理由 日本で活版印刷が主流になったのは幕末の時代 活版印刷の普及前から日本の出版数は高かった 本と活版印刷の歴史 本の出版と活版印刷 歴史の授業で聞いていても、「活版印刷ってどんな印刷?」と聞かれても何となくしか答えれられないこ…

  • 楽に良いことが続く方法は?〜『超訳 仏教の言葉』から選んだ6つの言葉

    『超訳 仏教の言葉』鳥沢廣栄 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2013/3/21 「物事を楽に受け止める」「自分の周りで良いことが続くよう」この2つをテーマに、我が家の仏教辞典『超訳 仏教の言葉』から、役に立つ言葉を3つ選んでみました。 『超訳 仏教の言葉』鳥沢廣栄 意地を張らず自分を振り返ること 意地を張る〜それは良い意地か悪い意地か? 上品と下品〜出来ることなら上品に生きたい 迷倒自纒(めいとうじてん)〜誰もが陥る悩み事の罠 相手にとって良い自分でいて、良いことを習慣化する 如実知自心(にょじつちじしん)〜自分の心を客観的に知ること 合唱(がっしょう)〜自分…

  • 入れ替わり小説は生き辛い世の中に暮らす私たちの願望

    入れ替わりがテーマの小説が愛される理由 当然ですが、入れ替わりという小説や漫画、アニメや映画のジャンルをご存知でしょうか?登場人物たちが入れ替わるシーンを作品の中心に沿えて、入れ替わりの理由や入れ替わりの解決を描く物語です。『君の名は』の大ヒットから、1つのジャンルとして確かな地位を築きつつある入れ替わり小説。今回は、入れ替わり小説の種類と代表作を調べてみましたよ。 入れ替わりがテーマの小説が愛される理由 入れ替わり小説とは? 入れ替わりがテーマの小説 『君の名は』新海誠 『パパと娘の7日間』五十嵐貴久 『民王』池井戸潤 入れ替わり小説が愛される2つの理由〜相手を知りたい、今の悩みを解決したい…

  • 悩み事相談のお坊さん厳選の仏教用語集『超訳 仏教の言葉』

    『超訳 仏教の言葉』鳥沢廣栄 著者 鳥沢廣栄 出版社 株式会社 彩図社 分類 実用書 出版日 2013/3/21 読書コラムの参考書でおなじみの、お坊さん作家さんが書かれた『超訳 仏教の言葉』を紹介させていただきます。お手頃な文庫本ですが、暮らしに役立つ考え方が込められた1冊です。 『超訳 仏教の言葉』鳥沢廣栄 仏教の考え方を暮らしに取り入れるキッカケ お坊さん作家さんの描くあの世の物語 仏教の考えを生き方に取り入れたい 鳥沢廣栄さんの紹介 お悩み相談専門のお坊さん 鳥沢廣栄さんの著書 見開き2ページずつ読み進められる本 原文と超訳で見開き2ページの構成 スキマ時間に読み進められる読みやすさ …

  • 現代だから通用する生き方の教科書 漫画『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎

    漫画『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎 著者 吉野源三郎、羽賀翔一 出版社 株式会社 マガジンハウス 分類 漫画、児童書、実用書 今回は「世界一受けたい授業」で取り上げられ、一時は本屋さんで品切れにもなった吉野源三郎さんの『君たちはどういきるか』を紹介します。毎日の学校生活で悩みが尽きない「コペル君」、コペル君の悩みを一緒に考え、ヒントを与えてくれる「おじさん」このおじさん、凄いです。おそらく生きていたら、今140〜150歳、明治生まれの方ではないかと思いますが、今私たちの悩みのヒントになる考えを当時持っていたんです。もしかしたら、悩みの本当のヒントというのは時代を越えてと変わらないものなの…

  • ブログの資産価値は思ったより高かった

    ブログの資産価値はどのくらい? ブログを運営していると、Google AdSenseやAmazonアフィリエイトから収入が得られるのは多くの方がご存知です。本当に本が読みたくなる読書のブログは、公開するのが恥ずかしいほどわずかしか収益はありません。どちらかというと、赤字を出さないように頑張っているブログです。そこで、改めて昨年の収益から資産価値はどのくらいあるかを計算してみることにしました。 ブログの資産価値はどのくらい? 年間3万円の収益のあるブログの資産価値は ブログの収益の計算方法 お小遣い程度の収益でも、ブログの資産価値はかなり高い メガバンクの定期預金3億2620万円分 文庫本の印税…

  • ハリーポッターに登場する3つの死の秘宝に込められたメッセージ

    ハリーポッターと死の秘宝 小説の中に、物語のキーワードになる文学作品が登場することは珍しくはありません。そこで、またまたハリーポッターシリーズをテーマに書いてしまいました。J・K・ローリングさんが、『ハリーポッターと死の秘宝』の「三兄弟の物語」に込めたメッセージを読み解いてみます。 ハリーポッターと死の秘宝 死の秘宝が示す過去・現在・未来 ニワトコの杖〜現在 蘇りの石〜過去 透明マント〜未来 吟遊詩人ビードルの物語が示すものは〜困難にどう向き合うか とにかく勢いで乗り切る 過去の成功を振り返る 現状を冷静に分析する 未来を望んで目の前の困難を見据えなさいとの教訓 ハリーポッターシリーズとJ.K…

  • 副業選びに大切な0円起業の3つのものさし

    『働きながら小さく始めて大きく稼ぐ【 0円起業 】(ゼロ円起業)』 著者 有薗隼人(ありぞの はやと) 出版社 株式会社クロスメディア・パブリッシング 分類 ビジネス書 出版日 2019/10/11 元手をほとんどかけず、リスクを抑えて事業を始める0円起業。実際に0円起業で成功された著者が大切にしているポイントを紹介させていただきます。 『働きながら小さく始めて大きく稼ぐ【 0円起業 】(ゼロ円起業)』 0円起業で成功した著者の説得力のある実績 副業選びは好きなことを仕事にできるか? ビジネスに大切な3つのものさし 自分に何ができるか棚卸しする 信用情報を積み重ねる 0円起業の3つのポイント …

カテゴリー一覧
商用