searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

八朔さんのプロフィール

住所
山科区
出身
山科区

自由文未設定

ブログタイトル
ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
ブログURL
http://hassakuman.blog103.fc2.com/
ブログ紹介文
京都発、八朔が「明日なき暴食」を理念に関西を中心にラーメンを食べ歩きます。
更新頻度(1年)

348回 / 365日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2011/01/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、八朔さんをフォローしませんか?

ハンドル名
八朔さん
ブログタイトル
ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
更新頻度
348回 / 365日(平均6.7回/週)
フォロー
ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して

八朔さんの新着記事

1件〜30件

  • 麺や 川 / 縦横無尽の攻め、恐るべき新星・・・鶏そば しょうゆ @三重県松阪市

    三重のどえらい新店、「麺や 川」さん。現在は昼営業のみということもあり前回の三重ビジネスではタイミングが合わず、今回はこのお店に行けるように予定を組みました。やろうと思えば出来るヤツでした、私も。共同駐車場に車はいっぱいでしたが行列ないわ~んと喜び勇んで入店すれば、中待ちズラリ。その後も来客絶えずで外待ちズラリ。前評判通りの人気ぶりです。驚いたのは客層の幅の広さで、若いカップルに高齢の御夫婦、どち...

  • 新福菜館 天神川店 / 貫禄の漆黒スープ・・・中華そば @京都市右京区天神川

    少し前に訪れた大津京店がアレレな感じでしたので、オレの新福を求めて久しぶりに訪れた、「新福菜館 天神川店」さん。創業1938年、京都一の老舗の私的エース級存在の店舗がコチラです。とはいえ滅多に走らない四条通沿い、駐車場も手前の方が空いてる時しか入りませんので、稲尾もびっくりの御無沙汰登板となりました。「A定食 (1050円)」ンメエエエ~。スコーンと爽快に突き抜ける醤油のファーストインパクトがスバラ。その後、...

  • こうちゃん らー麺 / 表通りを眺める裏道豚骨・・・こうちゃんらー麺 @大阪市港区朝潮橋

    別のお店へ向かっている途中、視界の片隅に「ラーメン」の文字がチラリ。妥協したわけではありませんが買えるなら買いたいぐらい時間がなくて、ま、ここでええか。それを妥協と言うんでしょうね、サーセン。地域密着型、周辺住民しか来ないような雰囲気がビッシバッシです、「こうちゃんらー麺」さん。カウンターもありますがノーゲストだったためテーブル席に通されました。薬剤師が説明文を監修したメニュー表が面白いです。薀蓄...

  • 麺屋 聖 ~kiyo~ 雄琴店 / 醤油ビッシバッシでしょーゆー感じ・・・黒竹 KUROCHIKU@滋賀県大津市雄琴

    5月のオープンからどえらい賑わいが続いていましたが、最近ようやく落ち着いてきた感じの「麺屋 聖 ~kiyo~ 雄琴店」さん。とはいえ店内はほぼ満席でテーブル席を占拠する帰らない学生達は食えや啜れやのどんちゃん騒ぎ。オサーンは40年ぶりぐらいに「今どきの若いもんは」とか言いそうになりました。文句あるならかかって来い。卓球で勝負や!「黒竹 KUROCHIKU (850円)」雄琴ブラックと命名したくなるような漆黒のスープ。酸味強...

  • ラーメン 桃李路 / 飛ぶように跳ねるようにエビ・・・濃厚海老ラーメン @滋賀県大津市唐橋前

    無化調無添加の雄、「ラーメン 桃李路」さん。随分と久しぶりのような気がします。このお店の特長を一言で言うなら「丁寧」。どのようなラーメンでも細かなところまで念入りに作られていることが実感できます。コロナウイルス感染拡大防止対策も万全。タッチ式券売機の画面はカバーで覆われており、消毒してから食券の購入となります。そう言えば券売機が変わってから初めてだわ。どれぐらい来てなかったのだろう。「濃厚海老ラー...

  • らーめん武双家 / 学生街の繁盛店、やっぱりこれだ!・・・特製らーめん@大阪府吹田市関大前

    関大前に来ると驚くのがラーメン店の数。そして移り変わり。それほど経ったとは思わないのですが貝出汁は既にスケルトン。他にもあったっけ、なかったっけな疑問符が押し寄せる中、不動の人気を誇るのが、「らーめん武双家」さん。私が初めてこの辺りに来た頃から存在し、学生で賑わっていた気がするのですが、思い違い勘違い妄想空想ならゴメンナサイ。この度、ようやくの初訪。夏休みですし、コロナですしで、学生のいない学生街...

  • 麺屋 猪一 本店 / この上なくを示す究極の夏・・・冷やし和牛ぶっかけそば @京都市下京区寺町

    これといった良い思い出もなく過ぎ去った今年の夏。いつの頃からか追いかけることも追いかけられることもなく淡々と時が流れる季節になってしまいました。人気が少ないとはいえ、まだ灯りが浮かぶ夜の四条通。しかし寺町へ入ると異次元へ吸い込まれたように空虚な街並みに変わり、さて、行こか戻ろか。とても営業している雰囲気に思えなかったのですが、明かりは煌々と。夜空とアスファルトと私の心を照らす大きな灯は「麺屋 猪一 ...

  • らーめん味華 / 鉢一杯に漂う柚子感・・・ゆずしおらーめん @兵庫県神戸市西区伊川谷

    ビジネスで西へ。この辺りで食っとかねば、またNO麺デイになりそうな気がしてスマホを睨んだのが夕刻の伊川谷。えらい人気店があるようでダッシュしました、「らーめん味華」さん。想像以上に大きなお店で店裏に駐車場。カウンターはなくテーブル席のみですが、1人客も結構居られましたので、それほど気遣うことはなく。ただ、ほぼ満席でしたので、一気食いしてしまいましたが。「ゆずしおらーめん (850円)」薄っすら濁ったスープ...

  • 麺屋 航 / 素朴と懐かしさの向こうに現在・・・鶏しょうゆそば@滋賀県栗東市

    初訪時にいただいたこの一杯に、ただ懐かしさだけでなく、ラーメンが人を惹き付ける力を見た思いがして、あれもこれもまだいただいていないのですが、何か無性に食べたくなって、唐揚げも食べたくなって、ま、要は腹減ってただけなんですが、それにしてはテンション上がって、「麺屋 航」さんへ。移転されてからは共同駐車場が大きくて利用しやすくなりました。最近は真っ直ぐ停められなくなりましたが、両サイドが空いているので...

  • 鶏×魚らーめん ゆるり / ハンバーガーとラーメンで美味なる誘惑・・・あご出汁しょうゆらーめん@大阪府八尾市

    淡路島バーガーとラーメンの兼業という異色のお店、「鶏×魚らーめん ゆるり」さん。近鉄八尾駅からほど近く。二毛作や業態変更ではなく、同一店内で両メニューがいただけます。ちょっとビックリ。恥ずかしながら淡路島バーガーというものを知らなかったのですが、調べてみれば京都にもあって、さらにビックリ。淡路島の食材を使用したご当地バーガーということで、なかなかそそられます。しかもこの日、両サイドのお客さんがバーガ...

  • らーめん みふく / 大津駅前で孤軍奮闘・・・鶏煮干し醤油麺 @滋賀県大津市大津駅前

    何だこれはと目を疑った夜の大津駅前。19時過ぎ、まるで画像のように視界の中で動いているものがない!飲み屋さんが多いエリアだけに緊急事態宣言が発令されると、こうなることは予想できましたが、実際に目の当たりにすると、そのひっそり具合に驚くばかりです。「OPEN」の文字が攻めを表し、闘うことを使命付けられたかのように思える孤高の灯りが眼前に、「らーめん みふく」さん。入店時こそ空席が目立ちましたが、灯りを目指...

  • ラーメン きたろう / 知る人ぞ知るコンテナの名店・・・鴨葱ラーメン @京都府京田辺市

    初訪ならそのロケーションと外観の妖しいマッチ具合に後退りするところですが、一歩入れば和やかな雰囲気を知っていたので無問題。10年ぶりぐらいの再訪でありながら、常連面で「ちーす!」と入って行くのが私、それを迎え入れてくれるのが、「ラーメン きたろう」さん。知る人ぞ知る京田辺のというか京都の迷店、いや、名店です。パッと見た感じ、ラーメンとライス、後はビールとキムチみたいなお店に映りますが、列記するのが面...

  • 麺屋 風火 草津元店 / パンチとフックでノックアウト・・・とことんこつ @滋賀県草津市野村

    ここのところ近江大橋取付道路周辺にポンポンと新店が誕生しましたが、こちらは古くからあるお店で、現在でも根強い人気を誇る、「麺屋 風火 草津元店」さん。調べてみれば6年ぶりの訪問で、もしかしたら私もまだ頑張れてた頃じゃないかと、時の流れを知れば知るほど恐ろしやな世界で。画像ではわかりにくいかと思いますが、鉢の中心にモヤシとキャベツが盛られた立体的なフォルム。さらに反則的にぶっかけられた胡椒が大量にオン...

  • ラーメン 一徹 / 改札を抜ければ即アットホーム・・・みそラーメン @滋賀県大津市比叡山坂本

    滋賀県で本格的な札幌ラーメンがいただけるお店、「ラーメン 一徹」さん。湖西線比叡山坂本駅改札を抜ければ目の前に札幌・・・とまでは行かなくても、御夫婦で営まれるアットホームなお店。やっぱりテレビの阪神戦が似合いますし、ほんわかした雰囲気でいただく庶民的なラーメンがええんだ、これが。ここのところ醤油、塩といただいてきたので、久しぶりに味噌を。「一徹」さんと言えば味噌のイメージが強いのですが、メニュー表...

  • ラーメンてんぐ 常盤店 / 見せて魅せて風格・・・チャーシューメン @京都市右京区常盤

    6月に街中で復活した伝説を目の当たりにして以来、抑えることのできなかった胸騒ぎを鎮めるため、ごく自然と歩は西へ、「ラーメンてんぐ 常盤店」さん。ラストオーダー寸前ということもあり駐車場に車は1台のみ。近頃、運転にも自信のない私はホッと胸を撫でおろしました。前回の訪問では何も思わなかったのに、今回は意識すること多々。そこまで鼻息荒くできる若さは持ち合わせておらず、目の前の一杯に真っ直ぐ向き合うのみ。そ...

  • 煮干し中華そば 加藤 / 昼人の夢に出る夜営業限定・・・にぼ鶏白湯そば @京都市山科区東野

    鶏と煮干し。生まれも育ちも異なる両者がこれほどまでに相性が良く、力強さと奥深さを備え、どんなもんだいと大きく構える様はアラン・パーカーもさかなクンも予想だにしなかったでしょう。「煮干し中華そば 加藤」さんの夜限定で定番化しつつあるこの一杯。前回に続いて連チャンとなりますが、大将の自信に満ちた表情を目にすればスルーできるわけもなく。鶏と煮干し。主導権も花を持たせるもないガンガンのダブルメイン。ロビン...

  • 京都山科 しおゑもん / 月影の如し、塩元帥のイマージュ・・・塩ラーメン @京都市山科区小野

    2021年6月、山科小野外環沿いにオープンした、「京都山科 しおゑもん」さん。あるところから絶賛の声が聞こえてきたりして、そこまでかと思ったものですが、ええ、そこまでか。2ヶ月ぶりの再訪。駐車場の案内POPが掲示されており、駐車スペースにも「しおゑもん」の文字。山科にもようやく若返りの波が訪れており、駐車場、テーブル席、お子様メニューは必須かと思われます。前回、つけ麺をいただいたので、今回はラーメンを。もち...

  • ラーメン藤 石部店 / 微動だにしない信念・・・ラーメン特製 @滋賀県湖南市石部

    この日は名古屋でリトルビジネス。ある程度予想はしていましたがフラれてフラれて、結局NO麺デイとなりました。19時半ラストオーダーだとこうなりますね。帰りにどこかで食えるだろうと下道で帰宅。ひたすら1号線を走って、見つけた明かりが「ラーメン藤 石部店」さんでした。滋賀やん。しょっちゅう前を通っていますが未訪のお店でしたので、ある意味好都合。まあ、雰囲気のあるお店だこと。今まで寄りつけなかったんですよねー。...

  • U-WAVE 天下ご麺 BRANCH / フィニッシュまで待てない湖国のドロリンチョ・・・鶏の白雪麺 @滋賀県大津市大津京

    またまた西大津です。プラージュで散髪すると、シャンプーの時に「顔洗ってください」と言われるのですが、あれ、どこも一緒でしたっけ?思わず「出直して来ます」と言いそうになるんですが、そんなボケは必要ないんでしょうね。それはさておき2度目の「U-WAVE 天下ご麺 BRANCH」さん。アンテナショップかってぐらいびわカン色が強いお店です。ラーメン屋はまずラーメンをアピールすべきっしょとチクリ。ちょっと淋しい客入り。そ...

  • 金の水車 /自然の中、ラーメンが懐かしく香る・・・ラーメン @滋賀県高島市朽木

    うつらうつら柔らかな日差し~と口ずさみながら走る鯖街道。山々の緑と川のせせらぎに心洗われ、暑いの我慢してでも車の窓を開けて澄んだ空気を吸いたくなります。私が若い頃は狭路区間が残っていましたが、現在は快適なドライブが楽しめる道になっていますね。その鯖街道を京都からひたすら北上し、道の駅くつき新本陣の少し手前に7月オープンされたのが「金の水車」さん。本当に店頭に金の水車があり、店舗も想像以上に大きく目...

  • 丸源ラーメン 大津店 / 大津新店ラッシュ、大型チェーン登場・・・肉そば @滋賀県大津市膳所本町

    8月14日、近江大橋西詰付近にオープンした、「丸源ラーメン 大津店」さん。ここって何があったっけと考えても思い出せない青山、レッドバロンの間。意外と京滋には少ないチェーン店で、私自身の丸源経験値も毛の生えたチェリーってぐらいです。ロードサイド、大箱、駐車場完備、バイトちゃん、時短解除されれば深夜営業ということで、今後お世話になることが多くなりそうです、多分、じゃないかな、ま、ちょっと覚悟はしておけ。た...

  • 濃厚らーめん 驚麺屋 / この先はギガかテラか・・・メガとんこつ @京都市左京区一乗寺

    私的に非常に辛い19:30L.O.の世の中。朝5時まで働く身としては出来るだけ遅い時間に食べて夜は1食で済ませたいのです。ギリギリまで粘ってフラれた日にゃあ、そら大変よと。この夜も19時過ぎにフラれ、近くのお店でリカバリーを試みるも定休日か早じまいか確認も取ってませんがチーン。一乗寺行けば何とかなるやろと真ん中のコインパーキングにP。北へ行くか南へ戻るか悩みましたが、カチカチと鳴る脳内タイマーの音が心臓に悪いの...

  • MENZO あっとろし / 力強くキレッキレの風吹かせ・・・つけ麺 @奈良県奈良市北之庄

    8月10日、奈良市北之庄町にオープンした、「MENZO あっとろし」さん。通りの名は存じ上げておりませんが、「NOROMA」さんや「がむしゃら」さんのある、あの通りです。丁度、両店の中間ぐらいに位置するこのお店、駐車場も用意されておりナイスです。オープン直後とあって店舗前にはお祝いの花がズラリ。仕切り板のないカウンターでマスクもせずはしゃぐ隣席のネーチャンにちょっとイラッ。四分六で美人なのでキレはしませんが。「...

  • 中華料理 ふぁんふぁん / 昭和と私と町中華・・・冷しとろろそば@京都市山科区

    地域に根ざした大衆的なお店となれば、なぜか昭和な印象を受けます。平成、令和生まれの町中華もあるのでしょうが、野球と相撲とプロレス、歌謡曲と王将アイスで育った身としては、やはり心は昭和、気持ちは令和、身体は付いてこんこん、いつの世も。というわけで地元の人気店、「ふぁんふぁん」さん。かつて同店舗で営まれていたラーメン店が大好きだったので、今でもここでは麺類ばかりを注文してしまいます。中華料理店だけに一...

  • ラーメン 一こく / 9号線の大きな明かり・・・一こく白ラーメン @京都府福知山市かしの木台

    以前のように頻繁に訪れることがなくなった福知山ですが、今でも9号線を走っていると遠い過去を思い返してしまいます。10年前の出来事は鮮明に憶えているのですが、3年前の記憶は時間より早く消え去ってしまいました。はて?何もかもがサイコーだった10年前に訪れて以来となります、「ラーメン 一こく」さん。あの頃と変わらず、煌々と輝く看板、そして停まる車、クルマ、くるま。9号線のラーメン景色は今も昔も変わらずでホッとし...

  • FLYINGチキン野郎 / 泡にまみれていい気分・・・フライング野郎 @滋賀県草津市上笠

    あわわわわわ。久しぶりにいただく看板メニューの泡鶏白湯、文字通り泡食ったというしかない泡にまみれた世界は「FLYINGチキン野郎」さん。現在は彦根8号線に本店を置き、ここ草津と近江八幡にお店を構えられています。泡鶏白湯を軸に台湾まぜ、油まぜ、味噌と、まるで85年阪神の如く不動のラインナップ。もちろん魅力的な限定を常時提供されているお店ですが、2年ぶりということもあり、「現在」を知りたくてコチラを。若いスタッ...

  • METRO RAMEN / 素材の味、弾けんばかりに・・・貝出汁らーめん @兵庫県神戸市三ノ宮

    そして神戸。久しぶりの神戸。この街を訪れると必ず口ずさんでしまう、神戸~♪ただ、その先を知らず、いつもそこだけで終わってしまう神戸。でも気分はすっかり前川清です。センタープラザ地下1Fにある「METRO RAMEN」さん。少し奥まった所にあり、初訪時は見つけられませんでした。2度目は売切れで、この日、3度目でようやくのメトロで食って~と、既に歌い手は変わっています。空席があっても外待ち。順番が来るとマイクで呼ばれ...

  • 麺場 田所商店 八幡店 / 文明の利器の間から人間味・・・信州味噌タンタン麺 @京都府八幡市

    少し前に1号線を走っていてビックリしたのがこちらの存在、「麺場 田所商店 八幡店」さん、2021年6月オープン。国道1号線八幡南山北西角です。八幡と言えば一昔前なら「ぴっかり食堂」ぐらいしか思い浮かばなかったエリアですが、今や大通りはラーメン激戦区。しかも名だたる有名チェーン店が勢揃いで、そのサバイバル感はちょっとオモロ。枚方ですが「まこと屋」さんも入れて、ブックメーカーはどんなオッズ付けるんでしょう。「...

  • らぁ麺 団欒 / あらためてラーメンに魅せられて・・・地鶏魚介醤油 @大阪府寝屋川市香里園

    わおっ、と驚かされること、1、2、3、もしくはそれ以上。まずはこの出で立ちが別嬪さん。一本線の鉢に映える凛とした美しさの中、キラッと輝くスープには強さと優しさが同居しているようで、わおっ!その強さはラーメンに向き合う姿勢、優しさは味で表現される想いかと言いたくなるほど実直さが伝わってくる一杯。カウンター奥で対峙したとき、オサーンは何故か懺悔したくなりましたよ、ホンマ。2021年6月、170号線沿いにオープン...

  • 煮干し中華そば 加藤 / 姿形を変えた永遠のド定番・・・にぼ鶏白湯そば @京都市山科区東野

    綺麗に整えられた麺線。チャーシュー、メンマ、煮干しも流れるように水平線を描き・・・と書けば、穏やかな一杯を想像しますが、バチバチのガツンガツン。詰め込んだ旨味による訴求力と、グイグイと前へ出てくる味の推進力が絶大。年下の私が言うのも失礼な話ですが、こんなに弾けた若々しいラーメンが出てきて嬉しいです、「煮干し中華そば 加藤」さん。「にぼ鶏白湯そば」 ※8/5夜限定レギュラーの「にぼ鶏つけ麺」のラーメンver....

カテゴリー一覧
商用