chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • ラーメン藤 わに店 / 藤らしさを踏まえて新たな一歩・・・担々まぜそば @滋賀県大津市和邇

    比良の新店へ向かうも、何となくそんな予感はしていましたが早じまいでチーン。逃げるなら北へ、戻るなら南へということで最寄りのお店はコチラ、「ラーメン藤 わに店」さん。店舗によってカラーがガラリと変わる「ラーメン藤」さんですが、コチラの個性も際立っています。メニューが豊富で醤油、塩、味噌、豚骨、つけ麺、油そばに焼きそば。御飯物、一品、ドリンクもオールスター並に揃っています。琵琶湖ハイって何でしょうって...

  • すみれ 津本店 / すみれグループ、一堂に会する・・・伊勢海老のみそらぁめん @三重県松阪市

    これは姉さんにコクらんでも事件でしょう。国道23号線沿いにあった行列店、「すみれ津本店」さんが何とびっくり、松阪へ移転されました。場所は同じ23号線沿いの「フードパークこむぎむら」内で、「特濃のどぐろつけ麺smile」さん、「生食パンとミニクロ処すみれ」さんと、すみれグループ3店舗が同じ敷地内で営業されています。他には同じく津市の実力店、「らーめん まるかん」さんとアジアンダイニングのお店が入っていました。...

  • 博多っ子 / 病院前の癒し処にて面食らう・・・チャンポン麺@京都市山科区音羽

    病院帰りでなくても、まったり、ほっこり。血圧、尿酸値と数字の事は考えない。数字なんて付いてくるもので追いかけるものではないのですよ。名神京都東インター近くの音羽病院前にあるお店、「博多っ子」さん。何年ぐらい営業されているのでしょうか。初めて音羽病院に訪れた35年ほど前には存在していたような気がします。高齢の店主さんのワンオペ&マイペース営業が哀愁です。気長に注文を取りに来られるのを待ちましょう。席が...

  • 麺屋 湊 / 夜更けに淡く危険な香り・・・煮干ラーメン@山梨県甲府市

    夜更けに甲府へ戻り、もうひと仕事・・・と言うか、もう一杯。この後、静岡経由で帰りますので文字通り行ったり来たりの1日となりました。3軒目も煮干しで、「麺屋 湊」さん。雰囲気のある店構えに期待して入店しましたが、店内の空気が重く、どよ~んにピリピリの中、テーブル席で盛り上がっている2人組の声だけが響き渡っておりました。私、店のルールに反したのかしらとドキドキしましたが、まぁ、知らんがな。若いバイトくん1...

  • 麺喰処 じゃジャ旨 / 昭和景色に溶け込む現代の一杯・・・煮干しつけ麺 @山梨県富士吉田市

    数年前には山梨でビジネスなんて考えもしませんでしたが、今や目の前には富士山。間近で見るとホンマ雄大、そして河口湖周辺のお洒落な街並みにはチョットびっくりしました。かつての北山通もこういうのを目指していたのかなと、しみじみ遠い目、ため息、あの頃は良かったなと。ま、京都ですし。そんな富士山を眺めながら車を走らせ、辿り着いたお店は昭和の風景が再現された、まるでテーマパークか映画セットのような空間、「麺喰...

  • まぐちゃんラーメン / まるでニボしい人への挨拶状・・・煮干しラーメン @山梨県南アルプス市

    並びます、並びます、いつもより多いめに並んでますって訳ではないでしょうが、ここが南アルプス市の人気店、「まぐちゃんラーメン」さん、もちろん初訪です。お店は甲府盆地の西端にあり、南アルプス市においても郊外にあたる場所だと思います。それでもひっきりなしにお客さんは訪れ、店前の駐車場もほぼ満車状態。並んでいると券売機で食券を購入するよう指示され、食券を渡して外で待つシステムです。行列を上手く捌くお姉さん...

  • 新福菜館 山科店 / 王者が本格的に攻め始めた・・・中華そば@京都市山科区

    醤油が・・・と語られがちですがボディですよボディ、新福さんの真骨頂は。新日、全日の前ではUインターはフラついていましたし、オールスターの全女なんて次元が違いましたもんね。やっぱり土台なんです、何でも。オープンして2年。その間、醤油のお湯割りだの、見た目だけ新福だの、山科人の間で言いたいように言われてきました、サーセン、私も言ってました、かも。しかし撤回。まだまだチャンピオンベルトは渡せませんが、その...

  • 水春亭 / ひとっ風呂の前にイイ汗かこうぜ・・・本格 汁なし担々麺 @滋賀県草津市

    2024年4月、リニューアルされたスーパー銭湯、「草津湯元水春」内のレストラン、「水春亭」さん。こちらのお風呂には何度も来ていますが食事をしたのは初めてです。広々とした空間にテーブル席とカウンター。注文はタッチパネルにて。メニューは異なりますが守山の水春亭と同じ作り雰囲気です。サウナ前に身体を温める「サウナ飯」という激辛メニューがありましたのでそちらを。「本格 汁なし担々麺 (980円)」提供に時間がかかるな...

  • 好麺 / 深夜手前の浜松駅前物語は賑やかにあっさり・・・鶏そば@静岡県浜松市

    浜松駅前で深夜まで営業されている町中華のお店、「好麺」さん。市内に何店舗かあり、コチラは「砂山店」になります。週末ということもあってか、ごっつう流行ってました。深夜手前22時過ぎの訪問で店内満席、外待ち3名。人気の町中華なんだなと思えば、謳い文句は「本格中華のあるラーメン屋」。ということで町中華ではなくラーメン屋のようです。どっちでもいいけど。入口付近にテーブル席、奥にカウンター。中国語が飛び交う店...

  • カドワラ / 笑売中のお店で笑撃、いや、衝撃ラーメンを喰らう・・・肉塩ラーメン@愛知県豊橋市札木

    ラーメン食堂&ラーメンカフェというコンセプトにぴったりのお洒落なお店、「カドワラ」さん。外壁に埋め込まれた寸胴、そして掛けられた木べらには「笑売中」の文字が見え、それだけで何となく楽しめそうな雰囲気を感じ取れます。決して広いお店ではないもののカウンターとテーブル席の店内は落ち着ける空間で、この後にいただくラーメン同様にシンプルで無駄のない作りでした。メニューTOPで一際異彩を放つこの一杯。他にも個性的...

  • ラーメンとまぜそばのお店 Lee / カレー屋の仮面を脱ぎ捨てた!?・・・鶏煮干しラーメン @京都市山科区椥辻

    2024年5月、ラーメンのあるカレー屋さん「Curry Shop lee」からリニューアルされました、「ラーメンとまぜそばのお店 Lee」さん。カレー屋時代から限定等でこだわりのラーメンを提供されていましたが、これからは存分に啜り倒すことができます。ラーメンファンにとっては嬉しい話ですが、カレーファンは淋しがられるでしょうね。お店は外環沿い東側、イオンタウン、地下鉄椥辻駅のすぐ近くです。お店の駐車場はありませんがイオン...

  • RAMEN JUNYA / 隅から隅までセンスの塊まり・・・冷やし淡麗塩らーめん @大阪府寝屋川市香里園

    ラーメンであれ何であれ、料理におけるセンスがもたらすものは美味だけに止まらず、気持ちを抉り取られるほどの満足感や充実感にも繋がっていくように思えます。そこで過ごす長く短い時間や帰り道の会話にまで入り込むウマーは何物にも代えがたいものです。ラーメンであれ、からあげくんであれ。京阪香里園駅周辺の賑やかな通りにあるお洒落なお店、「RAMEN JUNYA」さん。以前に訪れた際、そのエスニックな店構えや、丁寧に作られ...

  • 麺庭 寺田屋 / 迷わず食えよ、食えばわかるさ、これが滋賀の醤油ラーメン・・・鶏がら醤油 @滋賀県近江八幡市

    2019年に永源寺にて開業。2020年にこの近江八幡店をオープンされました、「麺庭 寺田屋」さん。その後、永源寺のお店を閉店され一本化されています。失礼ながら永源寺、近江八幡ともにオープン当初は個人的にピンと来なかったのですが、自家製麺となり、メニューも一新された辺りから抜群に旨くなった印象を受けます。店前に駐車場。カウンターと小上がりの座敷。注文は口頭です。「鶏がら醤油 (850円)」こちらの基本メニューと思...

  • 麺屋 SALT / ひたすら優しい、不安にさせるほど・・・塩ラーメン @大阪府池田市

    2024年5月4日に移転オープンされた、「麺屋 SALT」さん。以前の店舗から少し南へ移られています。場所は阪急池田駅を出てすぐ。お店の駐車場はありませんが、駅前で池田市役所近くということもありコインパーキングが多数あります。お洒落で清潔感のある店内はカウンターとテーブル席が設けられています。「塩ラーメン (800円)」鶏と魚介のクリアな出汁にまろやかな塩ダレ。スッキリした淡麗スープの中、ほんのり香るネギの芳ばし...

  • ラーメン横綱 醍醐店 / これまた痛快で豪快な限定・・・冷やし担々麺 @京都市伏見区醍醐

    以前は結構訪れたものの今は行っても年に1、2回。外環沿いにある、「ラーメン横綱 醍醐店」さん。古くからこの場所で営まれており、横綱の中でも老舗にあたるのではないでしょうか。店内に獣臭が漂っていた時代の横綱が好きだったのですが、もう遠い過去の話ですね。近年のスープはどうしても大人しく思え、レギュラーよりも限定をいただくことが多くなりました。「冷やし担々麺 (820円)」 ※期間限定濃いなー。訪問時に販売されて...

  • 福住拉麺店 子の日 / 麺料理に知るスタンド・バイ・ミー・・・まぜそば@兵庫県丹波篠山市福住

    この後、赤く染まり、やがて垂れ込める夜の色に覆われるであろう空もまだ青い時間。いつもよりほんの少し足早に予定が去ってしまいましたが、福住の町は通り過ぎる人々を穏やかに見つめているようでした。明るいとこんな感じなんやと、ちょっと感激して多めに撮ってしまった、外観写真。3度目の訪問になります、「福住拉麺店 子の日」さん。ラーメンを食べるのと過ぎ去らない時間を見つける場所。1回来たら確実にハマりますが、3回...

  • 一発屋 博多長浜ラーメン/ 今回も激辛はスルーしております・・・こってりんこラーメン @大阪府高槻市

    R171から阪急高槻市駅へ向かう途中の城北通商店街にあるお店、「一発屋 博多長浜ラーメン」さん。高槻の深夜ラーメンを探せば確実にHITします。看板に躍る文字が「博多長浜」と「激辛地獄」。まるで組み合わせが旦那と嫁みたいな感じです。となれば辛いのがそれほど得意ではない私は、当然ひよって辛くないメニューを注文してしまいます。「こってりんこラーメン (900円)」豚骨や脂のクドさはなく、メニュー名に反して意外にもサラ...

  • ラーメン モリン / それでも限定を喰らう・・・台湾まぜそば@滋賀県大津市大津駅前

    もう1ヶ月も前の話になるんですね。「GWって何ですか?」と言うのも馬鹿馬鹿しく思えてきた近年、「鮫島はやる!」と豪語して飲むビールの何と美味いことか。コンスタントに限定を提供されているようで、SNSで見掛ける常連さんの画像が羨ましい・・・て言うか美味ヤラシイ限りです。そんな私も土曜の夜、麺とビールとアテを「ラーメン モリン」さんにて、ハピバ。「台湾まぜそば」 ※5/4限定コチラでいただくのも久しぶりなら台湾...

  • 中華そば 丈花 / 洗練されたしっかり醤油・・・鶏中華そば @大阪市住之江区住之江公園

    仕事でも恥事でもあまり訪れないエリアだけに、ラーメン店のことが全然わからなかったのですが、良さげなお店を見つけてホイホイと一目散。住之江公園の近くにあるお店、「中華そば 丈花」さん。お店の駐車場はありませんが周辺にコインパーキングが多数あります。和モダンな作りが割烹料理店のようで、大変雰囲気の良い空間の店内。カウンターとテーブル席。メニューは鶏の清湯、白湯にまぜそばの3本柱に限定が加わる感じです。カ...

  • フジケンラーメン / 限定も地道にコツコツと・・・貝出汁塩そば@京都市山科区西野山

    新十条通稲荷山トンネル手前にあるお店、「フジケンラーメン」さん。毎回同じことを述べていますが夜になると静寂の音が聞こえてきそうな新十条通。特にマツヤスーパーが閉まった後は閑古鳥が鳴くどころか泣いている感じです。それでも淋しい街に灯されるラーメンの明かりにアッパレ!「貝出汁塩そば (900円)」 ※期間限定京都ラーメンの王道とも言える背脂醤油ラーメンをメインに据えられていますが、月替わりで常に限定メニュー...

  • 麺や スエタク / お構いなしにぶちかませるヤツ・・・特製鶏つけめん @奈良県奈良市新大宮

    2023年11月に「煮干しらーめん おしたに」からリニューアルされた、「麺や スエタク」さん。直営なのかFCなのか存じ上げていませんが、おしたに系列であることは間違いないと思います、たぶん。自信も根拠もありませんが過信と根性が取り柄です。前店舗から引き続きの煮干しに加え、新たに鶏白湯がラインナップされています。駐車場は店前と裏にあります。「特製鶏つけめん (1300円)」強固なボディでどっしり構える鶏魚介のつけ汁...

  • 麺屋 聖 南草津店 / 甘いンメェェェに溺れましょう・・・スパイスカレーつけ麺@滋賀県草津市南草津

    麺屋優光グループの別ブランドとして京都、滋賀、愛知で出店、滋賀2号店となるコチラは1号線沿いのパチンコ店「オメガ草津」に併設されています、「麺屋 聖 南草津店」さん。駐車場は共有なのでたっぷり。店内は奥行きがあり、カウンターとテーブル席。前回は入ってすぐのカウンター席でいただきましたが、今回は奥までズッポリ。そちらにもカウンターがあって落ち着いてイケますが、店員さん呼ぶのに一苦労。大きな声で「〆ごはん...

  • 拉麺へんてこ / 今、もっとも響くザ・中華そば・・・へんてこ中華そば @京都市伏見区墨染

    響きますね~。味だけでなく、この一杯に辿り着くまでのプロセスやラーメンに対する向き合い方、何なら人間の部分まで見えてくるような、これぞ、これがのザ・中華そば。こういうラーメンと1対1で向き合える喜びがあるからやめられないんです。墨染駅近くにあるお店、「拉麺へんてこ」さん。初訪問時、お若いのに落ち着き払ったラーメンに衝撃を受けました。再訪するとお店がリニューアルされており、カウンターの奥にテーブル席が...

  • ラーメン山岡家 四日市塩浜店 / 振り切るなら今ここで・・・ホタテ塩とんこつつけ麺@三重県四日市市

    ラーメンチェーン店は店舗によって多々違いが生じるのはよくある話で、特に味に関してはその違いを楽しむのもまた醍醐味かと思います。美味い不味いは嗜好によるものですので明確にコレよこれとは言えませんが、何となく振り切れるのはここと認識しています、「ラーメン山岡家 四日市塩浜店」さん。今回の限定メニューを知った瞬間に23号線一直線・・・とイクはずだったのですが、実はもう1軒気になっていたのが「名古屋宝神店」さ...

  • 大豊ラーメン 木屋町店 / 酔いどれたちが辿り着く場所・・・ラーメン@京都市中京区木屋町

    木屋町で飲んだ後の〆と言えばコチラ。木屋町通と先斗町通の間の路地に佇む、ええ雰囲気のお店です。家に帰る前に立ち寄るもうひとつの我が家といった感じで、ここに来ると時間の経過を忘れてしまい、最終電車が行ってしまって酔いも醒めることしばしば。私の場合、〆の一杯って大概写真撮り忘れていて、木屋町で言うとこちらと博多ラーメンの画像はほとんどないです。実はこの夜、初めて素面でいただきました。お酒が入ってないと...

  • 日野らーめん / 8種類の貝出汁でヘルシー・・・貝牛骨そば @滋賀県蒲生郡日野町

    R477があまりにもクネクネなのでほとんど通ることはなく、よって近くには寄るけど遠い町、日野。そこにお店を構えられる、その名もまんま、「日野らーめん」さん。以前に水口にあったお店「麺処八貝」の2号店から店名も新たにリニューアルされました、たぶん。サービスやメニュー構成は水口「麺処八貝」跡地で営業されていた「稲穂曾」に近い気がします。北新地の鮨屋プロデュースのお店と繋がっていたと記憶していますが、その辺...

  • 麺屋 いえろう / いえろうの魔法はお見事で・・・鶏つけ麺 @愛知県名古屋市中川区

    ラーメン激戦区の中川区にあるお店ですが、どちらかと言えば金山や熱田寄りの印象があります、「麺屋 いえろう」さん、誰もが認めるサラブレッド。頻繁に近くは通るのですがこれが3度目。しかも5年ぶり。嘘やろと自分に叫びましたが、そら、歳も取るはずで、白くなるし浮腫むし、健康診断が怖いしで。こじんまりとしたお店は黄色とウッド調のお洒落な作りでまるでカフェのよう。後ろのジジババですらお洒落に見えるいえろうマジッ...

  • ラーメン魁力屋 京都南インター店 / バチバチ。その心意気が痛快・・・旨辛ニンニクらーめん @京都市南区上鳥羽

    今回もこちらの店舗、「ラーメン魁力屋 京都南インター店」さん。前回は店舗限定で1部の店舗のみの限定販売でしたが、当メニューは1部の店舗を除いて全国発売されています。こちらの方が先に販売されていたので既に終わっているかもですが、その辺は私に文句言われてもって感じで、何でごちゃつくことわかってて内突くねん西村、みたいな文句は直接本人に言いましょう、スマセン。「旨辛ニンニクらーめん (990円)」 ※期間限定痛快...

  • らー麺 潮騒 / そこに在り続ける偉大なる普通・・・魚介醤油らーめん @滋賀県彦根市

    8号線古沢町交差点周辺にあるお店、「らー麺 潮騒」。高架に掛かる辺りですので8号線からは直接行けません。一旦、高架下に降りて回って来る必要があります。店前に共有駐車場。店内はカウンターとテーブル席。QRコードを読み取ってスマホから注文するシステムです。一旦、LINEに友だち登録されてしまう模様。ウチのオカンなら泣きながら「日本語で説明してください」とお願いするでしょう。私でもそろそろヤバイ。いずれスマホな...

  • ラーメン 一徹 / 心の置き場で胃袋を満たす・・・とんこつラーメン @滋賀県大津市阪本

    滋賀県で本格的な札幌ラーメンがいただけるお店、「ラーメン 一徹」さん。湖西線比叡山坂本駅改札を抜ければ目の前に札幌・・・とまでは行かなくても、御夫婦で営まれるアットホームなお店。やっぱりテレビの阪神戦が似合いますし、ほんわかした雰囲気でいただく庶民的なラーメンが良いのです。ここでラーメンを食べていると画面の中での輝のポロリも、涙ポロリどころか笑顔に変わってしまいます。しかし駅前のコインパーキングが...

  • 天下一品 山科店 / たまにはあっさりも食べてみよう・・・あっさり @京都市山科区

    近くのつけ麺屋さんに行くも並びがあってスルー。近頃、続けざまにそんな感じで、何か遠くへ行ってしまった感。毎回、リカバる1号に選択して申し訳ないのですが、安定安心と不安定不安が同居したような「天下一品 山科店」さん。数年前にお洒落な内観に変わりましたが、店員さんの対応は古き良き時代の如く素っ気ないです。ま、いいんですが、ちょっとギャップありますね、お店の雰囲気からすると。「あっさり (920円)」ここでは「...

  • 大津 天下ご麺 / 恒例のスタンプラリー限定・・・つけ蕎麦 天下堂々ハイドゥドゥ@滋賀県大津市浜大津

    滋賀ラーメン界の盟主である「天下ご麺」さんの浜大津にあるお店、「大津 天下ご麺」さん。訪問時に開催中だったスタンプラリー期間内に提供されていたメニュー。ご麺さんのスタンプラリー限定はまず間違いありません。気合いの入り方が違います。スタンプラリーに参加していない方でも注文できるのが嬉しいところです。「つけ蕎麦 天下堂々ハイドゥドゥ (900円)」 ※期間限定この夜は並びこそありませんでしたが店内はほぼ満席。...

  • ラーメン天 / 深夜ラーメンの駆け込み寺・・・ラーメン + 鳥から揚げ @京都市山科区西野

    安定の来てない豚感。まあ、よろし。タレも弱いし、特徴であるバチバチ塩分までも控え気味。どうしちゃったんだろうなと心配になりますが、これが天です、だから心配ないのです、「ラーメン天」さん。近頃はテーブル席待ちの並びが増えており、結構な人数の行列を目にすること暫し。外から捲って空いてるカウンターに着席して良いのかわかりませんが、近所ですし、いつでも来れますし、並びがあるとスルーしてしまいます。私の入店...

  • らぁ麺 ゆうち / 綺麗に整えられた別嬪さんラーメン・・・醤油らぁ麺 @岡山県岡山市北区田町

    西川緑道公園筋にあるお店、「らぁ麺 ゆうち」さん。木々が立ち並ぶ遊歩道の美しい景色が印象的です。周辺は飲み屋が多い気もしますが、静かで良い雰囲気でした。お店の駐車場はありませんが近隣にコインパーキングが多数あります。スタイリッシュな和モダンな店内は入店してすぐに券売機。座席はカウンターのみです。店主さんが元フードファイターということもあってかメニューラインナップがチャンピオンカーニバル並み。賞金付...

  • 中華そば いではら / 問答無用のご当地ラーメン・・・中華そば@岡山県笠岡市

    笠岡ラーメンの名店、「中華そば いではら」さん。ここ30年ぐらいの間にいただいた日本各地のご当地ラーメンの中でも個人的に大好きなのが笠岡ラーメンです。親鶏を使用した醤油味であり、あっさりながら深い味わいの一杯がいただけます。福山から向かった井原市で3回連続売切れ早じまいという目に遭い、いつもならそのまま岡山市内のビジネスへ向かうところ、この日はもう執念、怨念、本気ですねんで笠岡へ一目散。訪れたのが日曜...

  • もんごいらーめん 広島駅前店 / 確かにここは物凄かった・・・海老塩らーめん@広島県広島市南区

    広島駅前で深夜まで営業されているお店、「もんごいらーめん 広島駅前店」さん。港の近くで営まれている「もんごい亭」の支店にあたるようです。ネットで確認したところ、本店がこれまたごっつうええ雰囲気のお店で、次回がいつになるかはわかりませんが、いつも見ていたヒロシマと言うことでメモメモ。こちら、駅前レンガ通り商店街にあり、カーナビではピンポイントに合わせられず、橋を渡っては戻ってを繰り返し。最終的には徒...

  • 中華そば つばめ / 食べる者を黙らせる風格と存在感・・・中華そば @広島県広島市西区

    「うわっ、これ・・・」と言った後、言葉に詰まるヤツ。数年前に金沢で同じような経験をしましたが、こういった心に響く一杯があるからラーメンはやめられません。広島ラーメンは尾道や福山とはまた異なる、広島市内で浸透する豚骨醤油の中華そば。老舗や人気店に鳥の名前を冠するお店が多かったことから小鳥系と呼ばれるようになったそうです。その中の名店がこちら、「中華そば つばめ」さん。意外と言ったら失礼極まりないから...

  • 中華蕎麦 マーヤ / 複雑に絡み合う鋭く優しい味・・・中華そば 醤油@広島県東広島市西条

    意外とひっそりとした雰囲気の西条駅前。そう思えたのはラーメン店前に並ぶ人々の鼻息をかき消すほどに私のため息が大きかったからでしょうか。お昼前でしたので折り合い合戦のヨロシク競馬も、「何でそこで下げるねん、瑠星!」の口癖もまだだったはずなのですが。駅からほど近くのお店、「中華蕎麦 マーヤ」さん。すぐ側にも人気のラーメン店があり悩みましたが、そちらは開店前で並びもそこそこ。落とした溜め息を拾う余裕もな...

  • 一政 / 活かし伝える辛味と痺れ・・・金ごまの汁なし担々麺 @大阪府門真市古川橋

    店を出る頃には噴き出さんばかりの汗。しかし舌に残る心地良い痺れと脳に刻まれた旨さの記憶で帰り道は幸福感で満たされます。文句なしにここはンメエエ~わ、古川橋駅前の「一政」さん。ここを訪れる時は大概雨降りの夜なのですが、毎回賑わっている店内。店主さんは厨房、女将さんはホールでコンビネーションは完璧。帰る際には店主さんが大きな声で一人一人のお客さんに挨拶されています。特別な言葉は要らない。ただ、あたり前...

  • 熟成豚骨ラーメン 一豚舎 枚方店 / 見据えるは「現在」か「未来」か・・・屋台豚骨ラーメン @大阪府枚方市

    2024年3月、307号線、谷口商店跡地にオープンしたお店、「熟成豚骨ラーメン 一豚舎 枚方店」さん。今さらながらですが悪くなかったと思うんですけど、谷口さん。ただ、ラーメンと焼肉のお店になってからは、どっちつかずのお店という印象が付いて足が遠退きました。今回は兵庫県三田市を中心に数々の飲食店を営まれている福助グループの出店。如何にもといった感じのロードサイド店で広々とした店内はほぼ居抜きでカウンターとテー...

  • らーめん餃子 赤もん / 岡山からやって来た本格派・・・みそラーメン@京都市下京区西大路七条

    2023年末、西大路七条西にオープンしたお店、「らーめん餃子 赤もん」さん。岡山にあったお店の流れを汲むようで、年に何度か岡山を訪れるのですが、私のスマホ画面には現れなかったお店だったため、あらためて調べてみれば真庭市で営まれていました。Google Mapで確認してビックリ。岡山、倉敷より米子の方が近いかも。これは当然知らなんだ。移転された京都の店舗は七条通に面しているため目に止まりやすいです。お店の駐車場は...

  • 大阪ふくちぁんラーメン 鶴見店 / いつもそばに居てくれる存在・・・肉醤油つけ麺 @大阪府大東市

    関西のラーメンチェーン店では個人的に断トツと言ってよいぐらい訪問回数が少ないお店が「ふくちぁん」さん。車を走らせていると、いつでも目に飛び込んでくる景色であり、そこにあることで安心しますし、また今度でいっかと言い聞かせて彼此30余年。トータルで5回行ったぐらいでしょうか。大東市にあるけど何故か鶴見店の「大阪ふくちぁんラーメン 鶴見店」さん。わかります。私が「滋賀の方ですよね?」と聞かれて、説明するのが...

  • 麺匠 いけだ / レゲエが聞こえる店の麺LOVE・・・煮干しらーめん@大阪府和泉市和泉府中

    和泉府中駅前商店街にあるお店、「麺匠 いけだ」さん。コインパーキングに車を停めてお店へ向かう途中で目撃したストリートファイト、怒号、走る警官。何だ、この街はとビックリしましたが、お店は明るく開放感があってええ感じです。壁面にズラッとサイン色紙。活気あるお店の雰囲気に、パーンとしたお姉さんスタッフの接客も快くてええ感じです。カウンターとテーブル席。口頭注文。BGMはレゲエ。「Harder They Come」なんかが流...

  • 福住拉麺店 子の日 / 鉢の中に春が舞っていた・・・中華そば 塩@兵庫県丹波篠山市福住

    通り一本隔てた先にある、その閑静な町並みと緩やかに流れる時間。訪問者に安らぎをもたらせてくれる、そんな町の麺屋、「福住拉麺店 子の日」さん。ここに来ると温かく迎え入れられてる気分を実感できます。古民家をリノベーションしたお洒落でゆったりとした空間でいただく穏やかな一杯。今、私のもっともお気に入りのお店です。前回同様に訪問は夜。周辺は真っ暗けですが、いーの、いーの。きっと夜空には星が降っていたはず。...

  • 札幌ラーメン 柳 / 世界へ伝える日本の味噌・・・味噌らーめん @京都市東山区七条

    2024年1月、三十三間堂近くにオープンした味噌ラーメンのお店、「札幌ラーメン 柳」さん。七条通のファミリーマートのある交差点を南へ下がったところ、漬物の名店、赤尾屋さんのすぐ近くにあります。交差点角のヘアーサロンにもポスターが貼ってありました。ファミマとか呑気なこと言ってますが、場所柄、季節柄、観光客でごった返す店内はフライング気味に万博会場さながら。カウンターとテーブル席から私の背後までインバウンド...

  • キラメキノトリ 滋賀西大津店 / 人気チェーン店の看板メニュー・・・塩のキラメキ @滋賀県大津市西大津

    この夜は唐崎のお店が早じまい。進路は北上、南下に山越え、何なら湖に身を投げろの声も聞こえてきそうな状況でしたが、選択したのは南へ走れで、お店は「キラメキノトリ 滋賀西大津店」さん。各地で店舗展開されているキラメキグループ。しかし意外にも滋賀では2021年にオープンしたコチラの店舗のみ。滋賀は学生も多いですし需要ありそうですけどね。券売機の前に立ち、ふと思った、看板メニューの「塩のキラメキ」を最後にいた...

  • らぁめん しゅき / 言うまでもなくみんな大好き・・・醤油つけ麺 @大阪市東成区鶴橋

    鶴橋駅近くにある超絶人気店、「らぁめん しゅき」さん。初めての訪問でしたが人気の理由がよく理解出来ました。いきなりですが言わせてください、私も大しゅきです。丹念に作り込まれた料理と丁寧な接客、雰囲気の良さと、食事を取ることに関しては申し分なしの環境。駅近で深夜まで営業されているということもあり利便性が高く、今まで訪れていなかったことを後悔しました。平日の雨の夜22時過ぎでも並びは絶えず、さらに待ち客...

  • 担担麺 胡 山科本店 / 思いきりイタリアン・・・幻の・・・トマトガーリック担担まぜそば @京都市山科区

    幾度となく移転を繰り替えされ、現在は三条通北側で営まれている担担麺のお店、「担担麺 胡 山科本店」さん。円町や京都駅前にも店舗がありますが、こちらが本店になります。カフェ風のお洒落な店構え。入店すると手前にカウンター、奥にテーブル席があります。注文は口頭にて。若くてシュッとした男女スタッフでお店を回されており、接客も大変丁寧です。「幻の…トマトガーリック担担まぜそば (1000円)」 ※期間限定姉妹店「幻の....

  • 鴨LABO / 今晩ひとり、情熱だけ吠えて・・・鴨カレー味噌ラーメン @京都市伏見区城南宮

    眠れぬ夜を行く生き物なんで昼間の事はわからないのですが、通る度、訪れる度に、チョット心配なガランドゥ、「鴨LABO」さん。この立地でもなのか、この立地だからなのか、判別付きませんが、この夜も一人、前回も独りでした。「鴨カレー味噌ラーメン (1100円)」見た目に反して軽めのカレー&味噌はコクや旨味を伝える感じではなく、土台の弱さ同様にやや物足りなさを感じます。折角のカレーと味噌なので両者の特長を活かす味づくり...

  • ラーメン魁力屋 京都南インター店 / 店舗・期間限定、これは逆襲の予感・・・旨辛ニンニクらーめん @京都市南区上鳥羽

    たいがい1号線は南から走って来て横大路で曲がりますので、この周辺になると記憶も曖昧。あったものだと思い込んでいましたが、2024年2月オープンでした、「ラーメン魁力屋 京都南インター店」さん。ホヤホヤです。スタッフからの説明も事細かくて、何か凄く新鮮な気分にさせられます。1号線沿いのお店にしては駐車場が少々狭い気もします。ここは切り返すことなく1発入庫を決めましょう。常に限定を提供されている「魁力屋」さん...

  • 麺屋 下心 / 優しい時間と想いが描く味・・・合鴨本中華麺 @奈良県香芝市

    JR香芝駅近くにあるお店、「麺屋 下心」さん。何ともあからさまな店名だと驚いたのですが、実は地域の名である「下田」の心というのが由来だとどこかで見ました。鼻の下系ではありません。以前は土日のみの営業でハードルの高いお店でしたが、現在は火、水の定休日を除いて昼夜営業されています。夜に訪れたので周辺はひっそりしているものの店内は地元のオバチャーンズで大賑わい。近所の人々の憩いの場と言うか、和める場。こう...

  • ラーメンモリン / 「現在」を詰め込んだ一杯・・・丸鶏のしょうゆ 煮干し出汁、BPを添えて @滋賀県大津市大津駅前

    鉢から舞い上がる鶏の香りがふわりと言うかほんわり。この匂いを嗅ぐために点鼻薬買って、鼻スースーで来ましたよ、「ラーメンモリン」さん。3月30日の限定は普段レギュラーで提供されている豚骨&煮干しとは異なり、鶏清湯が登場しました。昔懐かしいタイプかと思いきや、限定ですし、丸鶏ですし、モリンさんですしで、一筋縄ではいかないだろうなとは思っていましたが、これは凄かった。「丸鶏のしょうゆ ~煮干し出汁、BPを添え...

  • 中華そば 葉隠 / 強く生きる湖南の実力者・・・中華そば 豚玉盛り @滋賀県甲賀市水口

    水口の人気店、「中華そば 葉隠」さん。1号線から少し入ったところにあり、1号線からでも確認できます。いつも車窓から見ていたクチ。店前が駐車場になっていますが停められる台数が限られているため、車で訪問するとハードルが高くなります。さらにラストオーダー20時と、私の水口通過時間とはなかなかリンクしない故、今回が2度目の訪問でした。客席はカウンターとテーブル席。注文は口頭です。この夜は店主さんのワンオペで満席...

  • らぁ麺 くろき / くろきワールドはマイペースで絶好調・・・味噌つけめん @滋賀県大津市瀬田

    和食出身の店主さんによる独創的かつ丁寧な仕事ぶりが伺え、上品で穏やかな一杯を好む方へオススメのお店、「らぁ麺くろき」さん。店横にかろうじて2台停められるかというスペースの駐車場がありますが、停められないことが多いです。コインパーキングは少々離れたところになりますので膝や腰との相談になります。この夜は胃袋が両者を説得してテクテクと。店内中央にテーブルが置かれ、窓際と壁側にカウンターが設置されています...

  • らーめん つるぎ / すんでのところのノスタルジア・・・鶏こく しょうゆ @京都府宇治市大久保

    相変わらず、ええ雰囲気。近鉄大久保駅前の路地を入ったところに佇む、「らーめん つるぎ」さん。酒粕ラーメンを通年提供されている稀少なお店です。元々、粕汁が好きだったのですが近年は酒粕ラーメンにどっぷりとハマり、結構語れるようになってきました。キショイのでブログでは語りませんが、飲み会で向かい両隣の呂律が回らなくなってきた頃に語り出します。その頃には誰もキショイことにすら気付きませんので。この夜もパラ...

  • Curry Shop lee / メインストリートのやれる者・・・鶏豚骨ラーメン @京都市山科区椥辻

    メッチャ面白い。カレー屋さんがラーメンで振り切るって私の概念になかったもの。ここは椥辻の「Curry Shop lee」さん。山科のメインストリート、外環状線。寂びれた映画館はないけれど、バーなら5、6軒はあるかも。そこに店を構えられるコチラはカレーとラーメンの二刀流ですが、ラーメンがどんどんと突き抜けていく印象を受けます。恥ずかしながら最近になってインスタの見方がわかってきました。ストーリーズで限定情報等を流さ...

  • らーめん 門 / 出逢った頃よりセンセーショナル・・・家系豚骨トロ軟骨ラーメン @福井県福井市米松

    福井にチョロッと顔を覗かせるようになって彼此20年程経ちます。ラーメン店との出会いもそれなりにありましたが、このお店の登場は強く印象に残っています、「らーめん 門」さん。2015年オープンとのことですので9年前、当時は横浜が京都で福井にと驚いたものです。資本系やチェーン店を含めると福井には結構な数の家系ラーメン店があると思います。中でも個性という店においては追随を許さないのがコチラです。京都の名店出身の店...

  • ラー麺ずんどう屋 大津膳所店 / 豚骨屋が本気で叩いた扉・・・ずんどう屋流鶏白湯@滋賀県大津市膳所

    これはイケてます。SNSで上がっていた公式アカウントの告知を見た瞬間、ビビビッと来たメニュー。豚骨屋が叩いた鶏白湯の扉。言うなれば武を擁して挑んだナリタブライアンの高松宮記念のようなもので、勝ちに来たのか話題集めか、距離短縮を知らなかったのか疑う余地多々ではあったのですが、この鶏白湯、見せ場は十分に作りますよって。決戦の場は「ラー麺ずんどう屋 大津膳所店」さん。週末の22時過ぎで意外に空いてるなと思えば...

  • 濃厚とんこつ醤油ラーメン 田辺家 / 府南部に吹く新たな風・・・ラーメン@京都府京田辺市

    2024年3月、田辺高校西側にオープンした家系のお店、「濃厚とんこつ醤油ラーメン 田辺家」さん。最寄り駅は近鉄新田辺駅になります。駐車場は店舗裏側に3台分用意、4月から駐車番号が変更 (47、48、54が駐車可) されています。駐車番号の振り方が変わっていますので、番号だけ頭に入れておくと54が見つけにくいかと思いますが西端です。ちなみに47、48は東側です。店頭に案内POPがありますので一読を。清潔感のあるお洒落な店内は...

  • 京都千丸 しゃかりき / きっちり作り込まれた豚骨魚介の右に出る者はなし・・・超濃厚魚介つけそば @京都市中京区千本丸太町

    京都における魚介系、つけ麺のパイオニア的存在、「京都千丸 しゃかりき」さん。一時期、臨時休業が多かった・・・と言うか不定営業を続けられていたようですが、訪問した3月頃は安定して営業されていました、たぶん。私が前を通ったときは、大概営業されていましたし。念のため公式アカウントを確認してみれば、あら。4月はほとんど臨時休業ですね。不定営業と言うよりも稀に営業といった方が正しいようです。Googleのクチコミに...

  • ラーメン魁力屋 山科小野店 / チェーン店限定に思う、それでも捨てきれない・・・鶏白湯らぁめん@京都市山科区小野

    「鶏白湯らぁめん (990円)」 ※期間限定時を同じくして姫路豚骨のチェーン店でも期間限定として提供されている鶏白湯。例えばそれをメインにしている個人店などからすればナメんじゃねえぞと言われそうな肩透かされ感ここにあり。濃度が低いのは問題ではないのですが、むしろ濃厚にした方がストライクゾーン広がったのではないかと、姫路豚骨風鶏白湯をいただいた後では思ってしまいます。あさりやあご出汁を使用して旨味のブース...

  • 十二分屋 MOMOテラス店 / 想い出はいつも新しい・・・辛えびつけめん @京都市伏見区桃山

    MEGA BIG買って、茶シバいて、ダイソーで割れカシューナッツを買う。それが私のMOMOテラス道。たまに啜るのは「十二分屋 MOMOテラス店」さん。前回、草津店で「白ごまつけめん」をいただき、想像以上に思い出が未知なものであるように思えて、それ単純に忘れとるだけやでの声など無視して、今回も原点と言える一杯を。しかし祝日のショッピングモール内のお店とあって、どえらい混雑。ファミリー、カップルからジジババまで幅広い...

  • 麺道 金獅子 / 光輝くスープが明日を照らす・・・特上中華そば塩 @長野県上田市赤坂上

    今回の長野ビジネスの目的地は上田市。3年前に押し忘れたハンコを押しに来たようなもので。それにしても遠かったです。ハンコ押したら長野市へ向かう予定でしたが、ラーメンの誘惑には勝てず、迷わず行けよ、迷ったら行くなの教えに従い、予定調和的にいつもの寄り道もどり道。2023年夏、赤坂上駅近くにオープンしたお店、「麺道 金獅子」さん。長野でブイブイの名店出身店主さんによる丁寧で美しく美味しい一杯がいただけます。店...

  • とんこつ家 ZUN / 柔らかい豚の気配・・・釜焼き焼豚 豚骨味噌らあめん @長野県松本市

    またまたリカバリでサーセン、「とんこつ家 ZUN」さん。お昼時をずらして13時過ぎに訪れた松本駅前でしたが、日曜ということもあり、どこのお店も大混雑。最初に訪れたお店など30人ほど並んでおり、そそくさと退散しました。こちらも結構な賑わいながら、カウンターに1席空きがあり待つことなく着席。深夜2時まで営業されているお店ということもあり、飲みの〆などでも利用できそうです。客席もテーブル席が中心。本当は帰りに寄る...

  • 塩そば専門 ユイシキ / それはまるで懐かしい出会いのように・・・塩そば @長野県岡谷市諏訪

    湖を挟んで向こう側に居ったのですが、フラれて湖岸をひた走った宵、たぶん。辿り着いたのは諏訪湖畔に佇む雰囲気のあるお店、「塩そば専門 ユイシキ」さん。塩の専門店という点に惹かれました。駐車場は店前に。注文は口頭。こじんまりとした店内ですがカウンターとテーブル席。閉店前でしたがほぼ満席の店内。ファミリー客が多い印象を受けました。カウンターに着席すると店主さんの丁寧な仕事ぶりが目の前で見られます。「塩そ...

  • らぁ麺 高橋 / 美しい景色の中で佐野ラーメン・・・ラーメン 並@長野県飯田市

    雄大な山々に囲まれ、遠く町を見下ろしながら走る伊那街道のドライブが最高です。標高1000m前後の真っ直ぐな道路を走っているとMYポンコツ車でも気分は爽快。周辺にはお洒落なカフェやレストラン、もちろんりんご園も多数あります。近年、長野県をよく訪れるようになりましたが、車を走らせる飯田、駒ケ根、伊那辺りはもっとも好きなエリアです。その伊那街道沿いにお店を構えておられるのが「らぁ麺 高橋」さん。栃木県のご当地ラ...

  • 煮干し中華そば 加藤 / カウンターの周りで俺達は思い思いの・・・こってりまぼちゅ~ @京都市山科区東野

    キタコレ!此方の店舗でいただくのは初めてなのに舌と胃袋に馴染んでるヤツ、なのに心落ち着かない不思議。でももっともソワソワしてしまうのは滋賀県庁にお勤めの方々かも知れませんね。あと1時間、お昼休みが長ければ、きっと西行きの電車に飛び乗られていたことでしょう。もちろん向かうべき場所は山科東野の「煮干し中華そば 加藤」さん。3月15日の限定麺として提供されたこの一杯はかつて「幻」や「和み」と共にレギュラーメ...

  • 来来亭 山科新十条店 / 突き抜けるコクと辛味・・・カレーラーメン @京都市山科区西野山

    メッチャ美味いやん。これまで未食どころか完全にノーマークだった一杯。それがまさか来来亭最高傑作に推したいぐらいとは。これは確実に単勝買いです。衝撃は看板の明かりも落としてノーゲストの「来来亭 山科新十条店」さんにて。普段は結構お客さんで賑わっているのですが、この夜はひっそり。私的にはマツヤは勧修寺、コーナンは六地蔵、リカマンは西大津と、周辺に御用達チェーンがあるものの、もうひとつ縁のないエリアであ...

  • 豚骨ラーメン 銀水 / 財布に優しい、胃袋は嬉しい・・・台湾風ピリ辛セットB @滋賀県草津市野路

    南草津で古くから根強い人気を誇るお店、「豚骨ラーメン 銀水」さん。他店とは異なる独特の豚骨ラーメンがいただける超絶人気店です。場所柄、学生のお客さんが多いということもあってか、セットメニューはリーズナブルでありながらヴォリューム満点。店前の駐車場は満車であることが多いですが、パナソニック方面へ少し行って左折するとコインパーキングがあります。入店してすぐに券売機。それほど広い店舗ではないものの上手く...

  • 三代目 天竜 / このままこうしているだけで・・・天竜ラーメン@大阪府和泉市

    前回訪れた時も夜遅くで、ラーメン難民になりそうなところを救われた気がします。思い起こせばそれが11年前でビックリ。でも何も変わってないようで特別なこともなく、でもそれがメチャクチャ特別で凄い事のように思えた、「三代目 天竜」さん。東大阪にあるお店の流れを汲み、地元の人々に愛されているのが理解できる雰囲気は両店共通です。店前に駐車場。券売機。カウンターとテーブル席。店内奥に返却口があるのですが現在は使...

  • 鶏そば翔る / 麺料理の入口で待ち受けるような・・・鶏清湯さらり @和歌山県和歌山市紀三井寺

    以前に同じ和歌山市内で「ラーメンエイト」というお店を営まれていた方が、2023年9月に立ち上げられたお店、「鶏そば翔る」さん。国体道路から少し入ったところにありますので運転していると見つけにくいかもです。一回通り過ぎました。ぐるっと回って戻って来るのにそこそこ時間を要します。駐車場は店舗奥に共有で数台分。少々狭いです。店内のウェイティングボードに記名後、食券を購入して外待ち。客席はカウンターとテーブル...

  • 三吉らーめん / 深夜の2号線もうひとつの灯り・・・塩ラーメン@兵庫県尼崎市武庫川

    2号線沿いで深夜3時まで営業されている、「三吉らーめん」さん。オレたちの居場所である崇徳院のお店に間に合わずリカバッたのはここだけの話。こちらもチューハイが似合う常連さんが、まるでお店の一部のように馴染んでいて、ごっつうええ雰囲気です。ちょっとアウェー感に戸惑いながらも同じ並びで腰据えて。メニュー構成がよくわからん感じで、四川担々を筆頭に、塩、菜々、海老、味噌、しょうゆ、チャンポン、とんこつとバラエ...

  • 食す ~kusu~ / あらゆる概念を覆す・・・カレー担々つけ麺 @大阪府高槻市摂津富田駅

    2月23日、摂津富田駅前にオープンした担々麺のお店、「食す ~kusu~」さん。肩肘張らないカジュアルさとお洒落な雰囲気を備えたお店で女性客でも気軽に利用できる感じです。訪問した夜は女性同士やカップルが多かったです。開放感のある店内は厨房を囲むカウンターとテーブル席。オーダーは券売機にて。スタッフは女性が多く、和やかな雰囲気にほっこりさせられます。店構え、雰囲気、そしてこの後にいただく一杯も含めて、もう、...

  • 中華そば 伏見 錦 / 極上の豚骨がそこにあった・・・屋台ラーメン @京都市伏見区藤森

    学生の街、即ちラーメン激戦区でもある深草に2022年7月オープンされたお店、「中華そば 伏見 錦」さん。一乗寺にあるお店の2号店という認識でしたが、先日訪れれば一乗寺のお店は店名が変わっていました。詳しい事情はよくわからないです、興味もないです、サーセン。最寄りの駅は藤森。私的にはカツアゲ事件しか印象に残っていない青少年科学センターの近くです。店主さんが1人で切り盛りされており、和やかな雰囲気がええ感じで...

  • 豚骨らーめん 獅子丸 / 姫路豚骨の間隙を突くか・・・元味の白@兵庫県姫路市網干

    この日は夜更けの250号線。網干東辺りで見慣れぬお店を発見、「豚骨らーめん 獅子丸」さん。調べてみれば2023年6月オープンでした。1年近くも来てなかったのか。アスファルトが冷たいはずだ。国道沿いということもあり駐車場完備。安定のガランドゥ? 知らんけど。カウンターとテーブルの店内は広々としており、訪問した夜は店長さんのワンオペで、お客さんは少なかったのですが何故か少々大変そうでした。「元味の白 (820円)」メ...

  • 中華そば おにぎり ○△ / 上品に優しく、淡く儚く、そして・・・貝だし中華そば @京都市山科区

    今日もチャリンコ、鼻歌は「0120~、食うわ、毎日~♪」。絶好調です。地元のお店なので麺メニューぐらいはコンプしておきたくて、またまた「中華そば おにぎり ○△」さん。何だかんだ言っても来てしまいます。ようやく落ち着いてきたようで並びなし、と言うか先客1組、テーブル席のみ。カウンター全空きなので、流石にこれは外で待たされることはないであろうと普通に入店。食券を購入して、一応確認は取りましたが普通に着席。それ...

  • 草津 塩元帥 / 激戦区で見せるチェーン店の強味と凄味・・・梅塩ラーメン @滋賀県草津市南草津

    2020年に南草津にオープンした、「草津 塩元帥」さん。滋賀県内にある系列店の中で、我が家から一番近いコチラだけが未訪でした。駅近、国道沿いという最高の立地で、やや少ないながらも駐車場完備。訪問したのは雨の平日22時頃で7~8人の待ちが発生しておりました。画像見て後から気付いたのですが待合室がありますね。そこまで確認していませんでしたので、実際はもっと並ばれていたかもです。とりあえず行列、強烈、モーレツ。...

  • ラーメン 関所 / 夜更けの1号線に佇む昭和・・・塩ラーメン@滋賀県栗東市手原

    昭和の雰囲気を漂わせ、夜更けの1号線に佇むお店、「ラーメン 関所」さん。栗東インターから1号線を東へ少し行ったところにお店はあります。目立つ場所にありますが、その怪しげな外観から「関所」でありながら容易にすり抜ける方が大多数ではなかろうかと。私も初訪まではそうでした。ま、夜のみの営業で臨時休業も多く、不定営業と言った方が適しているかもしれません。その辺りもハードルの高いお店となっている要因ですが、い...

  • 麺屋 貝原 / 怒涛の如く押し寄せる貝感・・・貝しおそば @兵庫県神戸市西区伊川谷

    大蔵谷インターと伊川谷インターの丁度中間辺りにあるお店、「麺屋 貝原」さん。初訪です。以前は伊川谷インターの側で営業されていたようですが、2020年4月に現在の場所に移転されています。ショッピングセンターや飲食店が立ち並ぶ賑やかな街並みの中にあるお店です。道路を挟んだところにある宝くじ売り場がええ雰囲気を醸し出しており当たりそうな予感ビンビン。見事に300円的中しました。駐車場は表通りから少し入ったところ...

  • ふくや / 駅前で雰囲気を食うの巻・・・みそチャーシューメン @京都府向日市東向日

    この夜も遅い時間の訪問。阪急東向日駅周辺にあり、深夜でも賑わっている、「ふくや」さんです。選択肢がほぼなくて一択でしたが、新店でも出来てないかしらと念のため向日市ラーメンを調べてみてビックリ。かつて某巨大掲示板で名を馳せたお店が閉店していました。まったく知らなんだ。もう、ウマーと連呼されることもないんですね。気を取り直して、コチラ。店内は壁側のカウンターとテーブル席。簡易的な感じが良い雰囲気を醸し...

  • だるま八 / 駅前仕様のお手軽ライト豚骨・・・とんこつ新味 @滋賀県近江八幡市

    近江八幡駅前にあるお店、「だるま八」さん。10年ぶりぐらいに訪れましたが凄まじい人気ぶりに、こんな店やったっけ?華金とは言え、駅前でヤングがオーオーとは言え、夜22時前の訪問で並びは途絶えることありませんでした。哀愁漂わせて1人で来店した私に中待ちの若者5人組が順番を譲ってくれました。ありがとう!若い人に親切にされると無性に嬉しくなる年齢になりましたよ。ただ、その後、店内でストロング缶を手に並ぶオサーン...

  • らーめん びし屋 / 真夜中手前のラーメン街道にて・・・豚骨醤油らーめん@京都市左京区一乗寺

    深夜営業のお店が減りつつある一乗寺で遅くまで営業されている貴重なお店、「らーめん びし屋」さん。ただ、2024年2月末時点で営業時間は23時までに短縮されていました、オーマイガッ!夜更けに啜るシリーズ一乗寺篇のオーラス記事を予定していましたが、後一軒残っていました。しかも未訪店。そちらはまた来週。こちらは学生さんで賑わうイメージのお店。私が一乗寺で商売していた頃はダルダルくん全盛の時代で、いつもイライラし...

  • 法隆寺 塩元帥 / お土産は冷凍生餃子で決まりっしょ!・・・醤油つけ麺 @奈良県北葛城郡

    恥ずかしながら初訪です、西名阪自動車道法隆寺インター南にある、「法隆寺 塩元帥」さん。駐車場も広く、深夜24時まで営業されているので利便性の高いお店と言えます。どの店舗にも言えることですが、丁寧な接客とお店の雰囲気の良さは「塩元帥」さんならでは。もちろん料理のクオリティも高いのですが、気分良く食事が出来るということはお店選びの重要なポイントになります。高齢者や小さな子供と一緒でも安心して訪問できるお...

  • 新福菜館 大津京店 / バリバリのボディが出来上がったら、いざ本番よ・・・中華そば @滋賀県大津市西大津

    新福らしい一杯に久しく巡り会っていません。アンテナ張り巡らすほどではありませんが、少々探してはみるもののネットの中の情報は当てにならず、野郎どもの黒い腹にぶら下がった提灯を順番に叩き割ってからですよって、話は。その黒い腹・・・ではなく黒いスープに見る新福さしさは私にとって、香ばしい醤油感ではなく、何よりもボディを形成する獣の存在。過去を美化するわけではありませんが若かりし頃、たかばし本店に飛び交う...

  • ラーメン魁力屋 山科小野店 / チェーン店限定に思う、まだ捨てきれない・・・背脂TKまぜそば@京都市山科区小野

    通勤時、視界右手の幟が変ったことを確認。夜更けに選択肢が少なくなればと記憶の片隅でキープしておけば、やっぱりの左折23時前。毎回、滑り込みでスミマセンね、しかも結構辛辣な野郎で、「ラーメン魁力屋 山科小野店」さん。今年は期間限定をいただけばすぐにUPしようと考えていたのですが、桜咲く前に抱負と信念は散っていました。「背脂TKまぜそば (1045円)」 ※期間限定「背脂」、「TK」、「まぜそば」とキーワード単体では...

  • 横浜家系ラーメン 夢現家 福知山店 / やっぱりあります家系チェーンのつけ麺・・・つけ麺@京都府福知山市

    この日は福知山着が相当遅くなりそうなので最初からラーメンは諦めていましたが、何とか間に合いました、「横浜家系ラーメン 夢現家 福知山店」さん。店着がラストオーダー2分前ぐらい。残っていたお客さんでそこそこ賑わっていましたが、私が食べ始める頃には店内に響くは淋しいオサーンが啜る麺と鼻水の音。しかしお決まりのセリフ、今年は花粉が強烈。私、春は比較的大丈夫なんですが、2月頃から目がパリパリ、お腹はゴロゴロ、...

  • RAMEN KATAMUKI / 京町家でおいでやすラーメン・・・鶏出汁しょうゆ@京都市下京区七条大橋

    2024年2月17日、七条大橋西にオープンしたお店、「RAMEN KATAMUKI 」さん。私、何を勘違いしたのか川端通沿いをずっと探していましたが七条通沿いです。西詰北側。京町家を改装されており、パッと見た感じはラーメン店には見えません。ヴィーガン、ハラルのラーメンも提供されており、店頭のPOPも日本語と英語で表記。外国人観光客に照準を合わされていおられるのは明白で賢明ですが、町家の雰囲気を残し、お座敷のテーブル席等、...

  • ラーメン天 / ちょっとスカしてますけど何か?・・・ラーメン特製 @京都市山科区西野

    もうイヤんなるぐらい流行ってます。前日も日付変わろうかって時間帯に訪問したのですが並びがあって断念。この夜は並びこそありませんでしたがカウンターにかろうじて1つ空席があるといった状況でした。山科なのにというのは愚問なんでしょうね。エンプレス杯でホクトベガにちぎられた時の川崎のオッチャンたちと同じ気分で、現実がどこかへ行ってしまったようではあるのですが、目の前のキムチに呼び戻されて、いつもといっしょ...

  • 一政 / 腰を据えてじっくりと・・・塩らーめん@大阪府門真市古川橋

    門真市の古川橋駅前にあるお店、「一政」さん。前回訪れた際にいただいた、きっちり作り込まれた担々つけ麺には衝撃を受けましたが、お店の雰囲気や店主さんの人柄にも強く惹かれるものがあり、私にしては珍しく4角手前ディープインパクト並のスピードで再訪です。前回と同じコインパーキングに駐車。前の店のオネーサンがじっと見つめてくるのも同様。声は掛けられません。サンダルでなかったら声掛けられるのかしら。そういう問...

  • 龍仙 麺屋 京都 / 寄せて上げてこってりメイク・・・匠@京都府城陽市

    かつて長岡京市にあった「龍龍軒」の味を引き継ぎ、「龍仙」として生まれ変わったお店の2号店、「龍仙 麺屋 京都」さん。城陽JCTの北東にあり、大久保バイパス北からならば道なりにぐるっとカーブして最初の信号を左折です。ハンドルを戻す前にお店が見えますので見落とすことはないかと。駐車場は店横と店前で4台分あります。近くにコインパーキングも見当たりませんし、満車時は断念無念するしかないのでしょうか。たまたま私は...

  • ラーメン山岡家 四日市塩浜店 / わかりやすさが教えてくれる、ラーメンとは・・・旨辛スタミナらーめん @三重県四日市市

    仕事帰り、今宵もありがとうの「ラーメン山岡家 四日市塩浜店」さん。深夜ですし雨ですしで混雑もなく順調です。ここともう1軒の「山岡家」さんを逃すと帰り道の1号線における選択肢は南草津の「ガッツン」までありませんので私なりに必死です。他店舗も利用させていただきましたが、もっとも好きなお店がコチラの「四日市塩浜店」さんです。利用しやすいロケーション、抜群の雰囲気とお店の活気、そして何よりも作り込まれたラー...

  • 中華そば おにぎり ○△ / 甘旨好き必食のチョイおもろいヤツ・・・籠肉つけそば @京都市山科区

    イラッと来た初訪から1か月半後に再訪しました、「中華そば おにぎり ◯△」さん。何から何まで見違えるほどに良くなっており、素敵なお店に様変わりしていました。そう書くと、「おおっ!」と思われるかもですが、普通に良い店です。正直な感想でスミマセン。でも山科の資本系ラーメン店ではTOPかも知れません。ただ、気になるのが回転の悪さと言うか入店までに要する時間で、お客さんのすべてがお上品なおちょぼ口ではないのですが...

  • らぁめん せんり / 登里勝監修による本気の煮干し・・・ゆず香るにぼしおらぁ麺@愛知県名古屋市港区

    全然知らなんだ。三重県桑名市の名店、「登里勝」さん監修によるお店が名古屋にオープンしてました、それが「らぁめん せんり」さん。地下鉄東海通駅の少し北、モール9番街というショッピングモール内にお店はあります。駐車場はモール内のタイムズが最初の30分無料です。入店してすぐに券売機。客席は厨房を挟んでカウンターのみ。本気の煮干しという謳い文句通り、煮干しを軸に据えたメニュー構成となっています。「ゆず香るにぼ...

  • ラーメン モリン × 豚そば専門店 一望 MIXコラボ第1弾 / 豚骨はどこまでも深く・・・湖黒 @滋賀県大津市

    キタコレな感じの豚骨コラボは滋賀の「ラーメン モリン」さんと奈良の「豚そば専門店 一望」さんによる、チョットした事件的な出来事其の一。現場は滋賀県大津駅前、「ラーメン モリン」さんにて。いつもドラマが生まれる階段下ですが、この日、2月17日は階段上でも荒々しく鼻息が響いていたようで、並ばれた皆様には素敵なブヒ記念日となったようです。テーマは調和して融合。「一望」さんは店名からして言わずもがなですが、「モ...

  • RAMEN ともむら / 美味は万国共通、ラーメンが世界を繋ぐ・・・ラーメン@京都市南区京都駅南

    「センキュ~、センキュ~」のカタカナ英語が慣れた様子で響き渡る店内。2023年11月、京都駅南にオープンした、「RAMEN ともむら」さん。京都駅近くという立地もあり、多数の外国人客が箸を片手に啜るという観光地ならではの光景を目にすることができます。イイネ!店頭のメニュー表はもちろん英語表記。ちなみに私には日本語メニューが手渡され、センキュ~ともメンタンピンとも言われませんでした。奥行きのある店内はカウンター...

  • ラーメン 川しん / 扉の向こうと鉢の中はディープな世界・・・みそラーメン@静岡県静岡市葵区

    今回の静岡ラーメン行脚は珍しく事前に食べる店を決めておりまして、2日で5軒の予定でした。ところが4軒目に予定していたお店がまさかの臨休。訪問した1週間後には移転のため閉店が決定していたので、何としても食べておきたかったのですが、あらら。いずれ新店舗で食べられるのは確実ですが、やはり残念。リカバリを考えることなく5軒目を繰り上げました。それがコチラ、「ラーメン 川しん」さん。外観からして雰囲気系。深夜、仕...

  • 麺や 向日葵 / かつての京の実力店、今では静岡の行列店・・・淡麗 塩そば@静岡県袋井市

    オサーンの涙腺が緩んだ時。それはあのラーメンとの再会に心躍ったこともあるのですが、京都にあったお店が遠く離れた静岡で大きな支持を集めている様を目の当たりにして、まるで自分のことのように嬉しくなりました。2021年に京都から静岡県袋井市へ移転された、「麺や 向日葵」さん。京都では塩の名店として名を馳せておられました。現在でも京都ではこちらの塩を恋しく思われる方が多数居られると思います。私もその一人。袋井...

  • 龍の子 / 地元民御用達の行列店・・・塩ラーメン @静岡県浜松市中央区

    並ぶとは聞いていましたが、えげつないです、「龍の子」さん。大箱でキャパがありますので回転良好ながら、祝日の19時過ぎの訪問で常時10人ほどの待ち。20時頃に退店しましたが並びは同じぐらいでした。お客さんも老若男女多種多様、熟な感じの方が多いようで、それがこのお店の素晴らしさであるように思えました。ウェイティングボードは店内にありますので記名を忘れませんように。駐車場は店前と通りを入ったところにあります。...

  • RAMEN MEIKIRA / 振り切る、そのスタンスが道と成る・・・しお @静岡県浜松市中央区

    いろいろあって1年ぶりの浜松。サービスエリアでちょっと休憩するはずがガッツリと爆睡してしまい、あわやお昼抜きになるところでした、そんなこんなのやっぱりいろいろある浜松。「RAMEN MEIKIRA」さんは2023年9月オープン。もう少し行けば天竜川という浜松市東部にお店はあります。思った以上に交通量の多い道路沿いで店前駐車スペースに停めようと切り返しているとビュンビュン来るので焦ってしまいます。ちなみに駐車場は店横...

  • 青龍 / しない、出来ない、必要ない、小細工なんて・・・スタミナラーメン 醤油 @京都市伏見区小栗栖

    深夜の帰り道。5、6回は寄ったでしょうか、回を重ねるごとにこのお店の存在が私の中で大きくなっています。いずれはなくてはならないものになり、初老にしてソウルフード認定も有り得そうです。あと200回ほど訪れれば、このお店の核心を捉えられるような気がします、小栗栖街道の「青龍」さん。遅い時間帯故に毎度ノーゲスト。無機質なテレビの音声と中華鍋で野菜を炒めるジュージュー音が哀愁のBGMです。未食メニューが減っていく...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、八朔さんをフォローしませんか?

ハンドル名
八朔さん
ブログタイトル
ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
フォロー
ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用