searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

NAOZOさんのプロフィール

住所
石川県
出身
大阪府

『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

ブログタイトル
MATTARINO CAFE
ブログURL
https://www.naozo.net/
ブログ紹介文
『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/11/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、NAOZOさんの読者になりませんか?

ハンドル名
NAOZOさん
ブログタイトル
MATTARINO CAFE
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
MATTARINO CAFE

NAOZOさんの新着記事

1件〜30件

  • ルーティン。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • 2020年。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • 扉の先に。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • 人情。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • マセラティの男。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • Autumn leaves.

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • バーナーに漂う浪漫。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • 愛すべき酷道。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。 海旅:Featercraft Heron バイク旅:BMW R100GS

  • 希望の灯り。

    『漂うように旅がしたい』を人生のテーマに、国内外を旅しています。バイク旅:BMW R100GS) 海旅:Feathercraft Heron

  • 旅立ちの朝。

    シーカヤック(Feathercraft Heron) バイク(BMW R100GS) 漂うように旅がしたい

  • 雨、ときどき雨。

    シーカヤック(Feathercraft Heron) バイク(BMW R100GS) 漂うように旅がしたい

  • 港にて。

    シーカヤック(Feathercraft Heron) バイク(BMW R100GS) 漂うように旅がしたい

  • ハングオフ。

    シーカヤック(Feathercraft Heron) バイク(BMW R100GS) 漂うように旅がしたい

  • オートバイと僕と旅。

    livedoorblog 『だからカワサキなんだ。』2008/03/12より転載 それは2002年の初夏だった。 長男誕生と共に、毎日成長してゆく息子に喜びを感じつつも、それまで当たり前にあった自分の時間というものが突如なくなった事へのストレスを溜め込みつつあった...

  • 孤独な夜には。

    カチンッ…ボッ! バーナーのコックを捻り、着火装置のボタンを押し込む。 静寂に包まれ、世間からすっかりその存在を忘れ去られた無人の季節はずれのキャンプ場に青白い炎が躍る。 チタンのカップにコーヒー1杯分の湯が沸騰するのを待ちながら、タンクバックから取り出した地図を広げ、...

  • R100GSがやってきた。

    2019年11月1日、僕のもとに水平対向2気筒980ccのエンジンを心臓に持つ、古いBMWがやってきた。通称2バルブGSと呼ばれ、現在のR1250GSへ続く礎として、当時BMWの最高の技術を結集し、革新的な設計を取り入れてこの世に送り出されたR-GSシリーズの先祖、前期型の...

  • 2017 ニュージーランド旅 <目次>

    ニュージーランド南島ツーリング (2017/04/08~16) <目次> NZL旅<序章1> NZL旅<序章2> NZL旅<準備編> NZL旅<渡航編> NZL旅<DAY1-1> NZL旅<DAY1-2> NZL旅...

  • 2019 モンゴルツーリング <目次>

    モンゴルツーリング (2019/08/18~25) <目次> 2019 モンゴルツーリング【序章】 2019 モンゴルツーリング① 2019 モンゴルツーリング② 2019 モンゴルツーリング③ 2019 モンゴルツーリング④ 2019 モンゴ...

  • 2019 モンゴルツーリング【あとがき】

    6日間に渡るモンゴルツールングを終えた我々は、帰国前の最終宿となるウランバートルの中心街にある ホワイトハウスホテル に移動し、薄汚れたライディングスタイルを解く。 シャワーはおろか、まともに顔も手もチ◯コも洗わずに過ごした6日間。確かに2日目に温泉にはありつけたけど、...

  • 2019 モンゴルツーリング⑦

    2019/8/24(土) 前日の悪天候が嘘のような清々しい朝。 乾燥した大気に舞い上がっていた粉塵も雨で洗い落とされ、これ以上ない澄んだ空気感と、今日で旅が終わるんだという寂寥感。それに、なんとか無事に終えられそうだという安堵感に包まれる。 ...

  • 2019 モンゴルツーリング⑥

    2019/8/23(金) 既に日付の認識が曖昧になってきた。今日が何日の何曜日で、この旅が始まって何日目だったっけ? バイクであろうと、カヤックであろうと、旅の始まりはいつも意気込みとか、やったるぜ~感が先行していて、特別な高揚感に包まれている。それが1日た...

  • 2019 モンゴルツーリング⑤

    2019/8/22(木) モンゴルバイク旅4日目。  この日はどうやら日程に余裕があるらしく、朝からマッタリとした時間を過ごす。コーヒーを飲んでゆっくりと朝ごはんを食べ、大草原に立つ開放的な簡易トイレで時間をかけて用を足す。もはや、現地の人から多少見ら...

  • 2019 モンゴルツーリング④

    2019/8/21(水) 乾燥しすぎた喉が張り付く違和感で目覚める。 ここモンゴルは、一年を通じて大陸性気団の影響を受ける、大陸性気候の地域に属していて、乾燥具合が半端ない。なので、とにかくやたらめったら喉が渇くし、明け方の口内の乾燥はすさまじく、口を開くと渋柿を頬...

  • 2019 モンゴルツーリング③

    2019/8/20(火) 目が覚める。天井を見上げると空がみえた。一瞬の混乱の後、そうか・・・ゲルだっけと気づく。まったく、なんて幸せな目覚めなんだよ。 扉の外にはモンゴル犬が陣取り、まるで外敵から我々を守る守護犬の様だ・・・っていうか、おしっこしたいから通...

  • 2019 モンゴルツーリング②

    2019/8/19(月) どんよりとした空から、ポツリポツリと冷たい雨粒が落ちている。今日の予定はどうなるんだろうか。なんなら今日はゆっくり停滞して、ウランバートル観光でもいいんだけど・・・。 そんな弱気な僕の心中なんてお構いもなく、スタッフ達は慌ただしく...

  • 2019 モンゴルツーリング①

    僕のライフワークとして、『漂うように旅をする』をテーマに国内外を旅している中で、死ぬまでに行きたい(旅をしたい)場所のリスト、通称【死ぬまでリスト】というものを作っている。 そのリストの中で、常に上位に位置している場所こそ、今回の訪問国のモンゴルだ。 知らず知ら...

  • 2019 モンゴルツーリング【序章】

    2年前、僕は友人のけんちゃんと、初めての海外ツーリングにでかけた。 行き先はニュージーランド南島。成田からニュージーランドの首都、オークランドを経由して、クライストチャーチの空港に降り立った時の感動と興奮は決して忘れることはできない。 NZL旅の詳細は 過去記...

  • GS五島列島カヤック旅④

    明けて翌朝。いよいよ漕ぎは最終日。 潮の引ききる直前を狙って久賀島南端の岬を回り込もうと、ヌカカとヤブ蚊の浜を後にする。薄曇りの空が優しく海を照らし、沖には五島と本土を結ぶフェリーが水を切って進んでゆく。 この海を漕ぎ出して、初めてのゆるい時間。いやぁ~、幸せ。...

  • GS五島列島カヤック旅③

      全身がギシギシと悲鳴をあげている。昨日、激潮を漕ぎ渡り、寂れた自販機の為に峠を越えたためだろうか。それとも、いよいよ福江島から久賀島へ向かう為に、田ノ浦瀬戸を横切る島渡りを控え、どんよりとした後ろ向きな僕の心のせいだろうか・・・。 淀んだ思考とは裏腹に、これ以上な...

  • GS五島列島カヤック旅②

    潮流にやられ、ウネリに翻弄されながらも、満身創痍で福見の浜に辿り着いた僕は、完全に全身虚脱状態だった。そんな僕に大瀬さんが、この岬の裏側に行けば、ビールか冷たいジュースの自販機があるので行こうと誘う。 あ~そうですか、冷たいコーラが飲めるんですか。別にそれほど冷た...

カテゴリー一覧
商用