searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

草々さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

ローズマリーがたくさん咲く庭を作りたくてゆる~く園芸中。ローズマリーにタイムにヒソップにハーブをたくさんあれこれ。 ……が、庭が寒冷地の上に粘土なんです……まずは土壌改良から。

ブログタイトル
まんねんろうの咲く庭で
ブログURL
https://rozmarin.seesaa.net/
ブログ紹介文
庭を作ろうと思いつつも、はや数年……今度こそはとベランダでハーブを育て始めました。今はポットや鉢植えが多めですが大きく育てたら地植えする予定です。
ブログ村参加
2019/04/02
本日のランキング(IN)
フォロー

草々さんの新着記事

1件〜100件

  • ローズマリーの根詰まりの症状

    ローズマリーに根詰まりらしき症状が出てきました。 いや、根詰まりしているのは知っていたのですが、特に害もないのでそのまま一年以上放置していたところ、さすがに症状が出てきたかなといった感じです。 こちらがその根詰まりしているローズマリー。 寒いのによく咲いています。

  • 購入したローズマリーの様子です

    真冬だというのに地元のホームセンターでローズマリーとラベンダーの苗を購入しました。 合わせて4種類。 せっかくですので個別に見ていきます。 まずは今回唯一のラベンダー、ムンステッド。 イングリッシュ系です。

  • ローズマリーのつぼみの様子

    寒い中、つぼみを持つローズマリーが増えてきました。 今まで咲いていたのはプロストラータスとダンシングウォーター、ロゼア。 ミスジェサップも咲いていましたが今は少しお休み。 そこへ、新しくつぼみを持ち始めた鉢がちらほら。 これは在来種らしきローズマリー。

  • 今(12月)咲いているローズマリー

    冬らしくなってきましたが庭のローズマリーは少ないながら花をつけています。 在来種、プロストラータス、ダンシングウォーター、ロゼアが開花中。 これがロゼア。 まだ我…

  • 10月下旬は初霜に注意

    ここ数日一気に寒くなりました。 山の家は例年、10月後半に初霜がおります。 秋に夜露が降りるようになったら霜が近い証拠。 さらに10月半ばから下旬に、その年最初の寒風が吹きます。 これで耐寒性のない植物はやられます。 逆にこの最初の寒風と初霜さえ耐えれば、あとは大体、大丈夫。 目安は天気予報の最低気温が1ケタになった時。 この時に、鉢植えは風の当たらない壁際の軒下に移動します。 まぁ、毎年天気…

  • 今年は作業に要注意……

    ハーブの手入れをしながら、妙に蜂が多いなと。 飛んでいる数も多いけど、飛んでない時にも近くで羽音がする。 おかしいなと思ったら、ハチの巣がありました。 ※写真がありますので苦手な方はご注意ください。 最初に鉢の巣を見つけたのはまず山の家。 玄関脇にガーデンルーとラベンダーがあるのですが、ルーを剪定していたら中に足長バチの立派な巣を発見。 周囲を飛び回っていなかったので気づくことが遅れました。…

  • スイートマジョラムを切り戻しました。

    今年の春に種まきをしたスイートマジョラムが伸び放題になっていたので剪定しました。 ようやくすっきりしました。 丸くてなかなか可愛い葉。 これは今の様子です。

  • 紛らわしいローズマリーの品種……

    寝付けないのでこんな時間にローズマリーの画像を眺めていますが、我が家にあるローズマリーの品種に疑惑が。 以前の画像を見ながらもう一度観察しようと思います。 こちらは園芸店で『立性』として購入した品種不明のローズマリー。 だったのですが……おそらく品種名は【ウッド】。

  • ローズマリー2種類の剪定をしました

    暑くなったり寒くなったりで秋の開花が不安定ですが、ローズマリーの剪定・切り戻しを行いました。 いつもは秋にもう少し咲くのですが、今年は控えめの上、安定しない感じです。 まずはダンシングウォーターから。 これは匍匐性・半匍匐性の品種です。

  • 今年咲いた花【エレキャンペーン】

    秋になって庭の花も減ってきたので、今年咲いた花の中から紹介しようと思います。 天高く……ヒマワリに似ているようなキクイモのような? これはエレキャンペーン。

  • 枯れかけたタイムの復活の目安と見分け方

    毎年やってしまう(懲りない)タイムの夏枯れ。 今年もやってしまいましたが復活した株もあるので、復活・回復するかどうかの目安を見て見ました。 今年やらかしたオレンジバルサムタイム。 極端に暑い日に突然こうなります。水をやっているのに急速に水切れした時。 もはや色がない……。

  • ハーブは蚊よけになるのか?

    蚊よけになるハーブという検索をかけていらっしゃる方が多いようなので、手持ちのハーブの中で蚊を避けられる可能性がありそうなものを挙げてみることにしました。 が。 実際問題、植えただけで蚊が来なくなる、というものはないです。 ただし、そのハーブの香りが立つようにすることで虫を避けられるものはありました。 生の葉や茎を刻んでまくとか。 ここで挙げるハーブは、一般的に蚊を避けるといわれているものと…

  • ラベンダーの剪定(切り戻し)をしました

    雨も晴れたので先延ばしにしていたラベンダーの切り戻しを行いました。 庭へでるとローズマリーの二番花を発見。 ダンシングウォーターです。 春の終わりに…

  • 庭植えハーブの成長具合(一年前との比較)です

    山の庭が茂り、もはや草むら。 ハーブガーデン風の庭にするぞ! と思い立ってから……さてどれくらいたったやら。 そんな庭ですが、ちょうど画像があったので比較しながら見て見ようと思います。 今の庭の様子。 といっても数日前なのですが、ヤロウとムスクマロウが花盛りです。

  • ヤロウ(アキレア/西洋ノコギリソウ)が咲き始めました

    山の庭のヤロウが咲き始めました。 わかってはいましたが茂る茂る。 ……もちろん地植えです。 こちらは赤のヤロウ。ミルフォイルとも呼ばれます。 オーソドックスな昔からのノコギリソウ。

  • 庭の危険物ことネトルが元気です。

    今年初めて種をまいたアレが順調に育ち始めました。 発芽が遅く、やっと生えたら虫に食われて無残になっていましたが持ち直した様子。 これが今の様子。それらしい姿になってきました。

  • ローズマリーの先端が曲がる?

    前々から、ローズマリーの先端が曲がるという検索でお越しいただく方が多くて不思議に思っていたのですが、自分もとうとうやりました。 こんな感じでしょうか。 く…

  • オレンジバームを水切れさせてしまいました……

    ここ数日お天気が良く風も強く、油断しているとあっという間に乾きます。 いくつかのハーブが水切れでしおれていたのですが、思い切りよく萎れてくれたのがオレンジバーム。 あわわわわ。 鉢が小さいうちは、朝に水を与えても天候次第でお昼過ぎには乾燥してしまうことも。 こういう水切れがわかりやすいハーブがあると、目安になってくれるのでありがたいです。 おかげさまで他のハーブの鉢すべても含め、すべてチェッ…

  • ラベンダーの芽が動き始めました

    暖かい日が続き、ラベンダーが成長を始めました。 今まで青白かった葉の先端に、新しくきれいな緑の葉が出てきています。 これは一番動きが早かったラベンダー。 ココナッツアイスという淡いピンク花の矮性品種です。

  • タイムの収穫と切り戻しを行いました

    コモンタイムが咲き始めました。 淡いピンク。我が家で最も古いタイムでコモンタイム。 料理用の品種としてはオーソドックスなタイムです。 コモンタイムは一番初めは種…

  • ローズマリーの今の様子(花色の比較9種類)

    ローズマリーが咲いてから結構日数も経ち、花の色も落ち着いてきました。 せっかくですので咲いた種類を全部並べてみようと思います。 まずは一番色が濃いセバンシー(セブアンシスブルー)。 昨年よりぐっとつぼみの数が増え、今年は結構見ごたえが。

  • タイムの切り戻しのその後です

    今日はタイム2種類の切り戻しをしました。 以前、2/14日の記事で一度目の切り戻しの様子を紹介していますが、今回はその後の調整ということで2度目の切り戻しです。 2/14日の切り戻し前はこんな感じ。

  • ローズマリーの花のお手入れを始めました

    ローズマリーの花は花期が長く、徐々に色も濃くなってきてきれいです。 今日は比較的早めに咲き始めたミスジェサップのお手入れを始めました。 これがミスジェサップ。 まだまだ花は盛りでつぼみもありますが、最初の頃から咲き始めた花はすでに茶色く枯れ始めています。

  • 濃い青系のローズマリー3種類咲きました

    ローズマリーの花がそろい始めました。 濃い青系のローズマリーは全部開花。 せっかくなので並べてみます。 比較のために一切明るさ等の画像調整なしで。 まずは濃い青系の代表、モーツァルトブルー。 半匍匐性です。

  • ローズマリーの挿し芽を行いました

    しばらく前にローズマリーの剪定を行い、その時に切った枝先を水に挿しておいたら根が出てきました。 良い感じなので土に挿し芽することにしました。 水を入れた容器に適当に入っているローズマリー。 1本だけ葉の色が違うのがわかりますか? この1本だけ品種が違います(推定トスカナブルー)。

  • 【剪定】ガーデンルーを切り戻しました

    ずっと茂っていたガーデンルー(ルー、ヘンルーダ)を切り戻しました。 猫よらずと呼ばれているハーブです。 山の玄関脇で茂っているガーデンルー。 この種類はブルーリーフ・ルーとも呼ばれるようで、白みがかった青系の葉っぱです。 剪定前はこんな感じです。

  • 【今のところ無事】ブルーキャットミントの芽です

    ブルーキャットミントの芽がいい感じに増えてきました。 このまま育てば昨年よりも茂りそうです。 観光地の花壇なんかだと花穂を立ち上げて咲いているので、すらっと立つイメージでいましたが、鉢植えにしてアイアンラックに置いていたら夏以降はちょっと下垂系の姿に。 何と匍匐性でした……。 地上部が冬でリセットされ、新芽がすくすくと。 すでに這い始めています。

  • 芽吹いてきたハーブです(多年草・低木系)

    低木・多年生系統のハーブも新芽が順調に芽吹いてきました。 完全屋外で過ごしてきたので、温室育ちと比べるとやや遅めです。 でもその代わり丈夫なのが取り柄です。 こちらはセージ。 どういうわけか我が家では切り戻しても枝分かれ系の芽吹き方はせず、このように根元から出てきます。

  • レモングラスがまさかの屋外で越冬しました……

    昨年購入したものの、放置してしまったレモングラス。 苗を購入後に体調を崩し、苗ポットのまま放り出していたのでした。 秋口にようやく葉だけ収穫、その後は再び放置していました。 だって冬は越せないというし……。 平野部とはいえ北関東、稀に-5度くらいになることもあります。 レモングラスは熱帯の植物。寒いのは苦手のはず。 そもそも、放置している間に根が苗ポットからはみ出し、地面にしっかりと根付い…

  • ローズマリー3種類咲きました

    ローズマリーのセバンシー(セブアンシス)が咲き始めました。 まだ1輪ですが、やはり色が濃い目のブルー。 葉は寒さによる赤銅色の変化が残っていますが、暖かくなったので緑の部分も見られるようになりました。

  • エレキャンペーンの根元です

    山も地面が溶け、あともう少しで掘り返せそうです。 ハーブの根元、冬の間に枯れた葉を少し取り除き始めていますが、今回はエレキャンペーンの根元を観察です。 何がごつごつしているのかと思ったら、根茎でした。 一瞬、粘土の塊か動物の置き土産かと……。 ボコボコです。

  • チコリの現在の様子です(庭植え&鉢植え)

    ちょっと風が強いですが、気温が上がってきてハーブの芽もほとんどが動いてきました。 平野部の実家だけでなく山の自宅の庭も春の気配。 そんななかでチコリも芽が動いてきたので少し比べてみます。 こちらは山の自宅の庭へ昨年に地植えしたチコリ。 しっかり植えこんだのですが根が上がってきたようで、上の方が露出しています。

  • 疑惑のローズマリー……種類を考えてみる

    先日の記事に書いた品種不明のローズマリー、枝がさっぱりしてひとまず元気です。 すっきりして株の中心部まで空気が通るので蒸れる心配もなさそう。 ちなみに購入時(昨年)はこんな感じで花が咲いていました。 かなり濃い青。 お店では品種はわからないとのことですが、立性です! と店員さんがおっしゃったので…

  • ローズマリー(早咲き系の4種類)が咲き始めました

    ローズマリーの鉢植えが咲き始めました。 花の少ない今の季節に咲いてくれる貴重な花。 種類によってはまだつぼみも見えないものがあるので、今咲いているのは早咲き傾向の種類かなと思います。 今咲いているのは4種類。 少しずつ姿が違うので見比べてみようと思います。 まずはブルーボーイ。 冬の終わりから1輪、1輪と咲き始め、2月中旬から本格的に咲き始めました。

  • 伸びすぎたレモンタイムを植え替え・切り戻しました

    苗ポットのまま放置していたレモンタイムが案の定、地面にまで根を伸ばして根付いていました。 今のうちに救出して植え替えようということで、植え替えと剪定を決行です。 もはや雑草状態。 レモンタイムは元々ひょろひょろと徒長しやすいのですが、いくらなんでも伸びすぎ。

  • ローズマリーを庭に地植えしました

    鉢植えだったローズマリー・マリンブルーを庭に地植えしました。 本当は別の場所に植えたかったのですが、実家の母が庭に欲しいとのことで譲りました。 鉢植えながら昨年は花が満開になったマリンブルー。

  • 品種不明のローズマリーを剪定しました

    立性で濃い青の花のローズマリーを切り戻しました。 我が家のローズマリーは花の青が濃い順に 1.セバンシー(セブアンシス) 2.この品種不明のローズマリー 3.モーツァルトブルー ……という順番です。 今日剪定したのはこの2番のローズマリー。 以前、マリンブルーとして買ったものがあまりにも花の色が薄いので、この品種不明のローズマリー(ただのローズマリーとして販売されていたもの)がマリンブルー…

  • ラベンダー3種類を購入&比較です

    楽天でイングリッシュ系ラベンダーを3種類ほど購入してみました。 イングリッシュ系は夏の暑さに弱いのですが、春先の突発的な暑さにも弱いのでなかなか難しいです。 それを承知であえて購入。 苗が小さいので、慣れるまではそのまま手持ちのウッドボックスに。 底にはアルミフォイルを敷いて水やりをしても大丈夫にしてあります。

  • 【剪定】徒長したフレンチタイムを切り戻しました

    立性なのに匍匐性かというくらいにひょろひょろと徒長したフレンチタイム。 昨年、体調を崩して一年近く半日陰に放置したままにしてしまったため、こんなに徒長。

  • チャービルとスープセロリに挑戦です

    種まきにチャレンジしてことごとく失敗してきたチャービル、とうとう苗を買いました。 なんだか敗北感。 とはいえ、よく調べたらなんと、種子は熟してから6~7週間しか発芽機能が保持されないのだそう。 それじゃよほど新しい種に当たらない限りは発芽しないわけだ……。 というわけで購入したチャービルがこちら。 よくアイスクリームの上に乗ってる葉っぱです。

  • 培養土購入&種まきしました

    今日は午後ようやく少し動けたので久しぶりの園芸作業。 昨日、お気に入りの培養土を購入してきたので、さっそく種まきです。 こちらがその培養土。 イケダ種苗(イケダグリーンセンター)のオリジナル培養土。 家が比較的近いのでお店で購入しましたが、通販の楽天でも買えるという……。

  • 久しぶりの花たち

    今日は久しぶりに庭へ出ました。 半ば放置していた花たちを確認。 ほぼ草むらとなっていましたが、花を見つけました。 こちらは初めて花を確認したローズマリー・プロストラータス。匍匐性の代表品種。

  • 枯れたと思ったタイムが復活しました

    枯れたと思っていたオレンジタイムが復活しました。 真夏の酷暑のさなか、水やり等の管理をしていたにもかかわらず突発的に株全体が枯れてしまい、一瞬諦めかけたのですが、ある疑問がわいたのでそのまま管理を続けたところ、9月ごろから復活の兆しが。 10月になった今、枯れる前の姿に近い状態まで戻ってきました。 これは9月上旬、復活の兆しが出てきた頃。

  • ラベンダーをドライにしたら香りが違う!

    今年咲いたピンクのラベンダー、ミスキャサリンをドライフラワーにしてサシェにしてみました。 いつものドライフラワーとも香りが違う! とても良い香りです。 苦し紛れ(!)にサシェにしたもの。

  • 赤と白のヤロウが見ごろになりました

    今年になって山の庭へ植えたヤロウが見ごろになりました。 原種系の赤と白です。 こちらが赤。 いわゆるヤロウの花です。代表的な色。 若干赤紫に近い赤と…

  • ラベンダーの剪定をしました

    ラベンダーの剪定を行いました。 花の処理を兼ねて軽めの剪定(切り戻し)です。 これは満開の頃。 ピンクのイングリッシュ系ラベンダー、ミスキャサリンです。

  • マーシュマロウが育ちすぎ……

    今年2年目のマーシュマロウが勢い良く育ち……育ちすぎました……。 湿り気に強いので粘土質の我が家の庭でも元気で、ここ数日のような強烈な雨で地面がずっと水分過多でも平気。 高さは170cmくらいあります。

  • 実生のワイルドストロベリーが生えてきました

    放置していた植木鉢の中に実生でワイルドストロベリーが生えてきました。 ちょうど真ん中に一つだけ。 まるで植え付けたような雰囲気ですが、自…

  • 匍匐性ローズマリー(プロストラータス)が咲きました

    ようやくプロストラータス(プロストレイト)ローズマリーが咲きました。 ローズマリーの代表的な品種で、匍匐性のタイプです。 花はごくオーソドックスなローズマリーといった感じです。 少し青みのある薄紫。

  • ムスクマロウが咲きました

    ムスクマロウが咲き始めました。 昨年一年は苗ポットのまま過ごし、今年の春に植え付けたものです。 色はピンクで、よく見るとストライプ模様が入っています。 花だけ見ると、少しコスモスにも似た感じですが、花芯を見るとやはりアオイ科の仲間。 5月も半ばを過ぎたあたりから成長をはじめ、6月半ばから一気に伸びました。 かわいらしく、繊細な花です。

  • ピンクのラベンダー・ミスキャサリンが咲きました

    ピンクのイングリッシュ系ラベンダー、ミス・キャサリンが咲きました。 山なので若干遅いですが、見頃です。 こんもりと丸く茂りました。庭に地植えして今年で2年目。

  • ルー(ガーデンルー/ヘンルーダ)の花が咲きました

    ガーデンルーの花が咲きました。青みの強い葉の品種でブルーリーフ・ルーとも。 ルーは半耐寒性とされることが多いので、寒冷地で無事に冬越しできるか心配していたのですが、元気です。 黄色い花。黄色の色味は菜の花のような黄色です。

  • 八重のソープワートの花が咲きました

    ほんのり淡い色合いの八重ソープワートが咲きました。 シャボン草。サポナリアとも。 思ったより花の一つ一つが大きく見栄えがします。 桜みたいに淡い色。 踊るよ…

  • ラベンダー2種の今の様子(山なので遅め)。

    山の自宅の庭に植えてあるピンクのラベンダー、ミスキャサリンが良い感じになってきました。 あともう少しで咲きそうです。 平野部はすでにココナッツアイス(イングリッシュ系ラベンダー)が花期を終えているので、やはり涼しい山は花が遅め。 山の自宅の玄関脇にて。

  • ローズマリーの挿し木の方法

    ローズマリーの挿し木が順調に育っています。 挿し木したのはマリンブルーなので特に頑丈。 ちなみに私はいつも水挿しで挿し木をしています。 今日も雨で園芸はお預けのため、せっかくなのでローズマリーの挿し木の方法をホームページ内にまとめてみました。 挿し穂はどこで切るのか、とか、下葉はどれくらいまでむしるのか…

  • イタリアンパセリのつぼみです

    イタリアンパセリのつぼみがだいぶ大きくなりました。 咲きそうでなかなか咲かず……いつ開くか様子見です。 花茎が立ち上がったその先端につぼみがあります。

  • 根腐れから復活したラベンダーが咲きました

    ピンクのかわいいラベンダー・ココナッツアイスが咲きました。 名前もおいしそうで気に入ってます。 花穂も小さい矮性品種。イングリッシュ系ラベンダーです。

  • ミントマリーゴールドの成長は遅めです

    ようやくミントマリーゴールドの芽がそれらしい形になりました。 もう6月ですが、ようやくこれで冬越し完了といったところのようです。 ミントマリーゴールドは半耐寒性の宿根草です。 よくレモンマリーゴールドと一緒に売られていますが、ミントマリーゴールドのほうが香りがまろやかで好みです。 昨年より少し葉が大きくなった気がします。

  • ピンクのベルガモットがここまで回復しました

    ピンクのベルガモットが庭植えで順調に育っています。 葉も大きくなり、色つやも良くて元気。 瀕死の状態からここまで回復したというのがうそのようです。 現在の様子。

  • スイートブライアーが咲きました!

    スイートブライアーが咲きました! 野ばらの一種で、一重のかわいい花です。 先日の茂っている状態の時に先端に不思議な丸みがあるのは気になっていたのですが、つぼみの若いものだったようです。 昨日の時点ではっきりとつぼみだと認識できる状態になりました。

  • 初めてオレンジゼラニウムが咲きました

    実家に置いてあるオレンジゼラニウムが咲きました。 苗を買う時にオレンジゼラニウムにするかプリンスオブオレンジにするか迷ったのですが、結局オレンジゼラニウムに。 予想以上に花が大きい! 咲き始めは白に近いごく淡いピンクだったのが、時間が経つにつれて少しずつ色が濃くなっています。

  • ローズマリーの水切れの見分け方

    天気が良いと気温の高さも相まって、油断していると夏と同じく水切れに。 何の気なしに見たら、乾燥に強いはずのローズマリーが水切れになってました。 ベランダに場所を移したので油断しないようにと思っていたのですが;; これはローズマリー・ブルーボーイ。 よく見ると葉っぱがシワシワです。

  • 今日の庭の様子とバーベインの植え付け

    今日の庭の様子です。 今日も土をひっくり返してスギナの残存勢力との闘い。 それでも花の植え付けスペースのスギナの芽は減ってきました。 後は周囲ですね……。 こちらがその植え付けスペース。 ちょっと見は狭そうに見えますが4畳分くらいの広さはあります。 以前とあまり変わらないような。

  • インチメリーカーネーションが咲きました

    インチメリーカーネーションがようやく咲きました。 我が家にあるディアンサス・原種系カーネーション3種のうち、一番最後に咲きました。 色は白に近いごく薄いピンク。 ほぼ白。 ローズ・ド・メイやクローブピンクと比べると明らかに薄い色です。

  • スイートブライアーが茂ってきました

    庭に地植えしているスイートブライアーが茂ってきました。 ロサ・エグランテリアというオールドローズ。というか、野ばらですね。 ローズヒップがなるバラです。 高さはあまり出ず、横方向に広がっています。 しかも円形ではなく、細長く。 細かい葉がぎっしり。

  • エレキャンペーンを植え付けました

    ようやくエレキャンペーンを植え付けました。 一冬、ビニールポットのまま山の屋外に放置するという扱いをしてしまいましたがようやく地面へ収まりました。 一安心。 逆に言えばそれでも枯れないのだから丈夫です。寒さにも強い。 スタイルの良い葉っぱ。

  • 思い通りにはいかないのが花

    ニゲラの花が咲きました。 しばらく前からつぼみが大きくなってきていたので楽しみにしていました。 花と花の周りの葉の形の組み合わせが面白いと思って。 今年はボリジなどの一年草もいくつか購入して、そのすべてが青い花。 もちろんニゲラも青を注文し…… 白い……。

  • ローズマリー・マリンブルーの育ち具合(元苗と挿し木の比較)

    平野部の実家に置いてあるローズマリーとタイムの鉢植えを日差しの強いベランダへ移動させました。 ここしばらく雨や曇りですが、晴れてくると一番日当たりの良い場所です(夏は暑すぎますが)。 こちらは昨年春に購入したマリンブルーです。 しばらく前までびっくりするくらい大量の花を咲かせていたものですが、花ガラも処理し、今は成長期。

  • オレガノの鉢植えを植え替えました

    5年以上植えっぱなしだったオレガノをようやく植え替えました。 今まで何度枯れかけたことか……。 一回り大きな植木鉢を用意して、さて、植え替えようと思ったのですが……案の定、鉢から抜けない……。 どうにか抜いたもの。 細い根がぎっしりで根鉢がカチコチ。

  • 2種類のコモンセージ(白&紫)が咲き始めました

    コモンセージが咲き始めました。 白が咲いたのは初めてで、紫はもう何年も育てている古い鉢植えです。 こちらが白。 オフホワイトに近い白というか、濃い白といった感じです。

  • 新しいヒソップを庭へ植え付けました

    先日、ネクターブルーというヒソップを見つけたので購入してみました。 ごく普通のヒソップも青紫なのですが、ネクターブルーというくらいだから青みが強いのではと予想。 早速山の自宅の庭へ植え付けました。 ……いわくつきの場所なのですが、えいやってことで。

  • 【害虫退治】スピードウェルとハモグリバエ

    昨年購入したコモンスピードウェル(ガーデンスピードウェル)が咲きました。 昨年秋にも咲いたのですが、今回の花はやや色が薄め。 最初、咲いていることに気づかず、雑草のタチイヌフグリが紛れ込んだと思って引っ張ったら……本体でした。 同じ仲間なので確かにつぼみのうちは似ているんですけどね……。 そんなスピードウェルですが、葉っぱが害虫にやられっぱなし。

  • 今日の庭の様子……忍び寄るスギナ

    今日は山の自宅の庭を少し掘り返しました。 前回から全く変化が見て取れなさそうな……。 前回まで掘り返してあった場所を今日もまた再度掘り返しなので、土壌改良した範…

  • 【VS猫】キャットミントが復活しました

    ピンクのキャットミントがようやく咲きました。 ほんのり薄いピンクでかわいらしい花です。 今年は咲かないかと思いました……猫のせいで。 ええ、見事に食われまし…

  • 品種不明のローズマリーを買っちゃいました

    ホームセンターの園芸コーナーで品種が不明のローズマリーを購入しました。 電池を買いに行っただけなんですが、ついつい……。 ローズマリーは立性で、タグは付いていますが品種名は書かれていないようです。 ただ、特徴からトスカナブルーでは? と思って即購入。 これがそのローズマリー。

  • 【3種類のタイム】樹形の疑問…立性・匍匐性のはず??

    手持ちのタイムのうち、コモンタイムとレモンタイムは立性、ロンギカウリスとセルピルム(ワイルドタイム)は匍匐性、オレンジタイムは半匍匐性。 と、思っていたのですが、どうやらそうではない様子です。 かなり樹形が異なっています。 まずこちらがクリーピングタイム(セルピルム)。 イングリッシュワイルドタイムとされる原種系の品種です。 完全な匍匐性のはずですが……

  • 【剪定】オレンジタイムを切り戻しました

    満開になったオレンジタイムも花が盛りを過ぎたので切り戻しを行いました。 切っている最中もずっと甘い香りがしていました。 切り戻しといっても花穂の処理なので大雑把です。 これが切り戻す前。 まだ少し花が残っていますが、このまましばらく放置するとアブラムシが発生する可能性大なので切ってしまいましょう。 <…

  • マーシュマロウの現在の様子です

    昨年庭に地植えにしたマーシュマロウの調子がよさそうです。 厳冬期に早くも根元に芽を出していましたが、ここへきて勢いよく成長を始めました。 株元からいくつも芽が立っています。

  • 水挿しした苗4鉢が順調です

    今年の春に水挿しで発根させた苗が順調です。 春に発根し、土に移植してからまだ長いものでも2カ月目というところですが、成長の兆しが。 こちらは以前紹介したダンシングウォーター。

  • 2種類のディアンサス(原種カーネーション)が咲きました

    ようやくディアンサスが開きました。原種系カーネーションです。 片方はローズ・ド・メイ、もう片方はクローブ・ピンク。 クローブピンクは前回地植えした直後に集中豪雨で枯らしてしまい、今回咲いたのは今春購入した苗です。 まずはローズ・ド・メイ・カーネーションから。 おとといから咲き始め、まだきれいに花を保っています。

  • 2種類のルッコラとルッコラの花です

    ルッコラ2種類(ロケットとセルバチコ/セルバチカ)が食べごろに育ちました。 今年の3月にプランターに種を適当に蒔いたものです。 一度寒さがぶり返したので発芽やその後の生育スピードが乱れていますが、ちょっとつまみ食いするくらいには十分です。 こちらがいわゆる普通のルッコラ。

  • コモンセージに花芽ができました&摘心の結果

    コモンセージに花穂らしきものが出てきました。 白花と紫花です。 こちらが白花の花芽らしきもの。 大事に育てていたのに厳冬期に水やりのタイミングを外して枯らしてしまい…

  • 2種類のローズマリーの今の様子です(マリンブルー&ベネンデンブルー)

    暖かいためか平野部の実家に置いてあるローズマリーはそろそろ花が終わりです。 花ガラも摘み落とし、わずかに名残が残るだけとなっています。 花の数が多かったため切り戻しで対処しても良かったのですが、もう少し大きく育てたかったので花ガラ摘みにしました。 こちらがほとんどの花ガラを摘み終えたマリンブルー。 まだ少しだけ残っていますが、今シーズンは終わりと思ってよいでしょう。

  • ピンクのサルビア・ローズラプソディが咲きました

    ローズラプソディがようやく咲きました。 購入して3年目? 4年目? 平野部の実家へ置いて世話をしていたのですが、長かった! 昨年初めて花穂が出たのですがすぐに折れてしまって、咲いたのは今年が初めてです。 ピンクはピンクでも、少し冷涼感のある色みのピンクです。 フルーツセージよりは淡い色で、サルビアにしては珍しい色だと思います。 花は下のほうから順々に咲いてきます。全部開いたら豪華になりそうなの…

  • 【挿し芽】水挿しで根が出ない! という時に確認する点を発見。

    4月の半ばに水挿ししたハーブたちが幾種類か根を出し始めました。 パイナップルセージ、ローズマリー、オレガノ、クリーピングウィンターセボリー。 今回、ちょっとした収穫がありました。 いつも私は挿し芽を水挿しで行っているのですが、今までどうしても成功しなかったハーブがあります。 それがオレガノ・ミクロフィラとクリーピングウィンターセボリー、普通のウィンターセボリー。 あることに気づいていつもと少…

  • コモンタイムを切り戻し&収穫しました!

    昨年挿し芽したコモンタイムの成長具合が良く、収穫を兼ねて切り戻し(剪定)しました。 花芽らしき影がなくもないですが、花が咲く直前が最も香りが良いとされるので料理用にするには良さそうです。 花は古い株で見ることにして……青々とした部分を切り取ることに。 こちらが一番元気な株。おいしそう。

  • ワイルドストロベリーの実がなり始めました(ゴールデンアレキサンドリア)

    ワイルドストロベリー・ゴールデンアレキサンドリアの実がなり始めました。 ランナーが出ないタイプで、葉が鮮やかな黄緑色の種類です。 今年の春に購入してその時点で花が咲きそうだったので期待していたのですが、期待通り。 おいしそう。

  • 蒸れ・照り返し対策開始しました

    毎年だいたい3~5月の間くらいにベランダに置いてあるいくつかのハーブが突発的に枯れます。 原因はわかっているのですがいつも対策をさぼっていたので今年はきちんとすることに。 ちなみに、この季節に突発的に枯れるのはまずヒッドコートラベンダー。そして次にミスキャサリン、さらにアルケミラ・モリス。 前者二つはイングリッシュ系ラベンダーで、特にヒッドコート。 どれも寒さには強いのですが暑さに弱い種類です…

  • 庭と格闘の戦果……力尽きました。

    4月も後半になり作業は順調……とはいかないのが我が家の庭。 粘土質であることは今までもたびたび紹介していますが、同じく厄介なのが地中から出てくる石。 先週、土壌改良の範囲を広げようと土にスコップを入れると何かにあたり……大きな石がいると直感。 ひとまずそのあたりを掘りましたが……

  • レモンバームは順調です

    3年目に突入するレモンバームは今年も元気で春に出てきた葉っぱが良い感じです。 やや黄緑がかった明るい色の葉がツヤツヤ。 旺盛に生育するので今年は鉢に植え替える予定です。

  • 【タイムの花】オレンジタイムが咲きました

    オレンジタイムが咲き始めました。花が開いているのはまだ少しですがつぼみがどの枝先にも膨らんでいるので花数は多そう。 花はピンクです。 先端に…

  • 【料理】ハーブを使って煮込みスープを作りました

    久しぶりにパプリカと肉の煮込みスープを作りました。 グラーシュズッペ(グヤーシュ)のような赤いスープです。 本来はもっと濃厚になるのですが、お手軽に作っているのと親がパプリカ苦手なのであっさりと。 何がいいって、材料を適当に粗みじんにして後は煮込むだけというお手軽料理。 これがそのパプリカスープ。

  • 室内でハーブの種まき! ←引き籠もり対策(?)

    コロナの影響で外出の自粛が叫ばれていますが、元々引き籠もるのが得意(?)な私がしているのは、室内での種まき&挿し芽&育苗。 もちろん庭での作業もしていますが、横着なので室内のほうが楽。 室内で種まきって、つまりは家の中で土遊びをするようなものですが(汗)。 園芸シートや新聞紙などを敷いておいたほうが無難です……。 実は今育てているハーブの大半は、過去に室内で種まきや挿し芽をしたもの。 室内で…

  • 【ローズマリー】初めてブルーボーイが咲きました

    この春に購入したばかりのコンパクトなローズマリー・

  • 粘土質の庭へ植える!!

    今日は山の自宅の庭にムスクマロウを植え付けました。ピンクのかわいい花が咲くハーブです。 マロウ系は多少土に湿り気が多めでも育ってくれるありがたいハーブ。 我が家の庭は粘土質の土壌なのでぴったりです。 そんな庭の現状がこちら。 レンガや樹脂版で囲ってある範囲内を大きな花壇というかハーブガーデン風にしたいのです。 ところがここは正真正銘の粘土。

  • 【収穫】育てたチコリを食べてみました

    2月に植え替えたチコリが育ちすぎたようだったので葉を収穫しました。 料理用ハーブとしては結構知られているハーブですが、あまり育てている人を見かけません。 個人的には風味が好きなので、今日のお昼の添え物にしようと画策。 こちらがそのチコリ。 スーパーで売っている小さな白菜のようなもの(軟白栽培の芽)ではなく、地上部で青々と広がっている葉です。

  • 【タイム比較】タイム8種類の葉を比べてみました

    タイムがいつの間にか種類が集まっていたので比較してみることにしました。 その数は8種類。 フレンチタイムを忘れてしまったので所持しているのは9種類になります。 タイムはよく見ると意外と葉の外見に差があるんですね。 香りも含めて確かめたいと思います。 まずはコモンタイム。 立性で、料理用・クッキングハーブとしてもっとも使われる種類になります。 ごく一般的なタイムで、タイムといえばこれというほど…

  • 【土壌の排水対策】浅く掘った溝が役に立っています

    今日は一日中雨でした。庭の土壌は粘土なので雨が降ると……。 そんな排水対策に、しばらく前に庭に溝を掘ってありました。 早速役に立っています。 これがしばらく前に掘った溝。 掘ったというかスコップで浅く削っただけです。

  • 【回復】ローズマリー・ベネンデンブルーが白カビから回復しました

    以前に匍匐性のプロストラータスがうどん粉病から回復した記事を書きましたが、その時に記事の下のほうで紹介したベネンデンブルーもかなり回復しました。 現在の様子です。

  • 【粘土対策】またまた粘土質の庭の土壌改良を試みています

    我が家の庭は以前にも少し紹介していますがかなりの粘土質で、たびたび土壌改良を試みてきました。 場所によってはだいぶマシになりましたがまだまだです。 そこで今回は、前回までと少し考えを変えて改良を試しています。 今までは、粘土に排水性の…

ブログリーダー」を活用して、草々さんをフォローしませんか?

ハンドル名
草々さん
ブログタイトル
まんねんろうの咲く庭で
フォロー
まんねんろうの咲く庭で
カテゴリー一覧
商用