住所
出身
ハンドル名
白桂さん
ブログタイトル
詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yonemaro1151
ブログ紹介文
写真詩・写真短歌・写真俳句・散文のブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

100回 / 111日(平均6.3回/週)

ブログ村参加:2014/10/01

白桂さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/19 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 全参加数
総合ランキング(IN) 14,393位 13,412位 13,424位 14,260位 13,460位 12,728位 11,551位 952,695サイト
INポイント 0 20 30 20 30 10 10 120/週
OUTポイント 0 40 30 40 50 20 30 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 47位 44位 45位 45位 45位 43位 35位 5,911サイト
写真詩 5位 5位 4位 4位 4位 4位 4位 370サイト
写真短歌 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 38サイト
写真俳句 12位 12位 12位 12位 12位 12位 12位 103サイト
今日 03/19 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 27,406位 27,023位 27,097位 25,470位 26,052位 27,841位 27,275位 952,695サイト
INポイント 0 20 30 20 30 10 10 120/週
OUTポイント 0 40 30 40 50 20 30 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 45位 43位 47位 38位 40位 47位 40位 5,911サイト
写真詩 2位 2位 2位 2位 2位 3位 2位 370サイト
写真短歌 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 38サイト
写真俳句 18位 18位 17位 17位 19位 19位 19位 103サイト
今日 03/19 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,695サイト
INポイント 0 20 30 20 30 10 10 120/週
OUTポイント 0 40 30 40 50 20 30 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,911サイト
写真詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 370サイト
写真短歌 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 38サイト
写真俳句 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 103サイト

白桂さんのブログ記事

?
  • 静寂/胡蝶侘助

    <静寂/胡蝶侘助>茶花や生け花に愛される「侘助」は大柄な椿と異なり小さい花姿に凛とした気品を漂わせているのが好まれるゆえんかも知れない。雄しべの退化した侘助は結実しないのだというところも茶道に通じているのかも。静寂/胡蝶侘助

  • 寒の戻り/侘椿

    <寒の戻り/侘椿>せっかくの日曜日冷たい雨が降った。やっと咲揃って来たいろいろな花達も思わず首をすくめただろう。特養の通りにある侘助も冷たい雨にうつ向いている。侘助は雌蕊、雄蕊の形によって正確には分けられるそうな。「うらく侘助」から生まれた小輪・猪口咲・一重のものが本来の侘助。椿の蕊が退化して出来たのが「侘芯椿」と呼ばれ正確には区別されているそうだ。写真のものは「侘芯椿」と思われる。※webより寒の戻り/侘椿

  • 陶芸教室作品展 最終日

    希少な作品「耳付き黒天目花瓶と黒天目うさぎ碗」同じ講座の方の作品「火炎土器花瓶」高さ25cm<陶芸教室最終日>今日の午後三時まで。あいにくの雨で客足は鈍い。午後雨が上がったらごった返すことになろう。午前中顔出し、懐かしい顔に出会い「Oh!ハグ!」陶芸教室作品展最終日

  • カメラ目線の桜の娘

    <カメラ目線の桜の娘達>おはよう地球。おはよう桜子。「花は咲いたかさくらはまだかいな・・」寒がりのほんとに春待ちの心境。駐車場横のさくらはすでに満開。花を傷つけぬよう注意しながら花の隙間へカメラのレンズをさしこむ。さくらは無邪気にレンズをのぞき込んでくる。ナニナニ?と・・最近の若い子が平気なようにカメラ目線の桜の娘達が興味津々。カメラ目線の桜の娘

  • ミモザ満開!

    <ミモザ満開>あちこちでミモザが満開。直径5mmほどの花が房状にかたまって咲くのだから木全体が金色に輝いて見える。まだ周りの風景は冬の名残を残しており枯葉色した殺風景な中にこの金色はかなり目立つ。道行く人が振り返るのも無理はない。花粉症などおかまいなしにこのきれいな花をのぞきこむ。ミモザ満開!

  • 頬を染める花嫁/セルリア

    <頬を染める花嫁/セルリア>病院の帰り不思議な花を見つけた。初めて見る花で名前もわからない。集会所の花壇で植えた人は知っているのだろうけれど。わからないのは自分が無知なだけかも知れないので猛烈に調べる気になった。いつもの植物図鑑はアウト、タキイ種苗のカタログにもない・・・パソコンでしらみつぶしに追っかけるとあった!南アフリカ原産で名前の由来は「頬を染める花嫁」からきているそうだ。ホッ。頬を染める花嫁/セルリア

  • 残り金柑

    <残り金柑>ぽかぽか陽気に誘いだされて病院の帰り草花を探しに道草。去年曼殊沙華の撮影した場所に取り手のない金柑が所在無げに光っている。春探しの自分にはその金色がとても暖かく見え思わず写真にとる。残り金柑

  • つくしんぼ

    <つくしんぼ>春は駆け足で来ている。先日バス停の横の土手で保育園の子供たちが「つくし探し」をしていた。でもそこはすぎながまばらに生えているところでつくしなどあろう筈がない。そこで引率の先生達に家の近くの良くつくしの生える場所を教えてあげた。もちろん、園児たちがけがをしないようなゆるい傾斜の場所を。つくしんぼ

  • 陶芸教室/犬マグ

    犬のマグ白土径80mm×高さ75mm釉薬マグネシアンマット<陶芸教室/犬マグ>14日から始まる「陶芸教室作品展」作品提出最終日。半年ぶりに教室へ、提出用作品は上半期に作った椀と花瓶。それ以外にもうあきらめて何を作ったのか忘れていた分、筒形花瓶と犬のマグカップができていた。後半欠席していたので先生が釉薬をかけてくれたそうな。4月からの今年の教室もエントリーしたい。こころからありがとう。陶芸教室/犬マグ

  • サ・ク・ラ・サ・ク

    <サ・ク・ラ・サ・ク>おはようちきゅう。おはようは~る~駐車場入り口の桜が咲きはじめた。毎年隣近所でいち早く咲き始めるまだ若い木。今年は例年より一週間ほど早い。背丈は2mほど。河津桜ほどピンクが濃くなくて種類は不明。でも、春を告げてくれてうれしい。そういえば、最近の子らはお受験合格しても「ライン」とやらでピッピッと送るので苦労も味もわからない。やはり、「サ・ク・ラ・サ・ク」はいろんなふくみを持った味がある。私はそう感じるがどうだろう。サ・ク・ラ・サ・ク

  • 春の風/いとやなぎ

    <春の風/いとやなぎ>小学校の横を流れる小さな川のほとりに大きな枝垂れ柳がある。すでに若葉が開きかけていて柔らかい芽のみどりがあたたかい。風が有るのか少しだけゆらり・・春の風/いとやなぎ

  • 卒業

    <卒業>三月半ばから末にかけて卒業の時。卒業の子達おめでとう。いろいろあったけどあの子もこの子も卒業するんだねぇ・・卒業

  • 第17回陶芸教室作品展 2018年分

    <陶芸教室作品展>3月14日(木)~17日(日)陶芸の作品展が行われる。2018年は予期せぬ病気があり後半をやむなく欠席した。前半2点ほど作品ができていたので、一人2点出品のノルマは達成できそう。10日が提出期限。2019年度はどうなるかはわからないけれどともかく応募だけはしておこう。※友人達に送るご案内はがきを作った。赤土黒天目釉茶碗第17回陶芸教室作品展2018年分

  • 啓蟄/春の雨

    <啓蟄/春の雨>春の雨はやさしい。なでるようにしみこむようにゆっくりと降る。傘をひろげるかたたむか迷うような降り方をする。木も草も虫たちもやっとめざめる。春の雨はやさしい・・・啓蟄/春の雨

  • 気配/紅椿

    <気配/紅椿>鮮やかな朱色の椿音もなく落ちる。花は落ちたままの姿で気配を消す。気配/紅椿

  • 神戸/義母の三回忌

    元町商店街からポートタワーが見える。元町商店街で恐竜に出会う。<神戸/義母の三回忌>おはよう地球。2日義母の三回忌法事のため神戸へ。とても穏やかな昼間で前回もこんな日だったなあと控室の障子に午後の陽射しがきれいな影を作っているのを眺めながら思いにふける。入院のこと、手術のことを初めて義母に報告する。元気になったよ。と神戸/義母の三回忌

  • 春をめくる/木瓜の赤

    <春をめくる/木瓜の赤>何となくなまめかしい赤「木瓜」。遠くにあっても思わず「オッ」となってしまう。しかし、近くによってしげしげと眺めるとなんと、可愛らしい花が屈託なくぎゅうぎゅうと日向ぼっこ中。見る者をほっこりさせるひとこま。春をめくる/木瓜の赤

  • 八朔蜜柑

    <八朔蜜柑>温州みかんがほぼ終わり伊予柑、甘夏、八朔蜜柑と春先の蜜柑がスーパーや果物店の店先を賑わしている。伊予柑は甘いのだけれど果汁が多すぎて食べるよりも皮をむく段階でそこいらをびちゃびちゃにしてしまうので苦手。甘夏は名前にだまされ買ってもすっぱすぎてダメ。そうなると落ち着くのは八朔。程よいすっぱさと香りが好きでよく食べる。邪魔くさがりのわりには辛抱強く皮をむき甘皮をとる自分はまるで別人になる。三月。.。八朔蜜柑

  • 微風/梅の花

    <微風/梅の花>風がピリピリとした風でなく何となく柔らかい風になった。地元の山田神社まえの田んぼのあぜも枯れ色の中に若い草の芽がふえてきた。春のつま先がそこかしこに見え隠れしている。寒い2月も終わる・・・うれしい。微風/梅の花

  • 春色/犬ふぐり

    <春色/犬ふぐり>とても暖かい一日。そこここの土手やあぜ道に「大犬のふぐり」が瑠璃色の可憐な花をさ咲かせだした。5~6mmの花は柔らかい緑の葉っぱの隙間でひなたぼこしているようだ。春色/犬ふぐり

  • 目移り/意賀美神社の梅 

    <目移り/意賀美神社の梅>枚方市駅の西方万年山に意賀美神社の小さな梅林がある。久しぶりにバスに乗って外出気分を味わうために梅見に登った。小高い丘はそれなりにヒザに来る。階段横の椿の写真を撮りながら。登ってみるとすでに梅は満開。お気に入りの木もすでに満開。花の美女美女美女で目移りがする。今日は何かの催しらしく屋台がたくさん並んでいて様々な食べ物の匂いが満ち溢れ純粋に梅の香を楽しみたいむきには少し興ざめ。多分私だけではないだろう。24日目移り/意賀美神社の梅

  • ゆきおこし/クリスマスローズ

    <ゆきおこし/クリスマスローズ>おはようちきゅう。ウォーキングコースをいつもと違う逆方向へ歩いてみた。近くに税務大学がありその上がこの丘陵地帯の尾根道になっている。その道へ上がると西方下に地区の中学校がありその向こうに香里園の駅前高層マンション、はるか遠く守口市のビルや大阪市内の高層ビル群が見える。ただそこの道へは急な坂が続くので足が嫌がってめったにつま先が向かない。途中で道草をしたいのでカメラは忘れない。途中の公園にクリスマスローズが真っ白と紫の花を咲かせている。あまり聞かないが和名で「ゆきおこし」というすてきな名前をもってるそうな。ゆきおこし/クリスマスローズ

  • 詩歌集 雪割一華  満6年

    <詩歌集雪割一華満6年>2012年2月18日雪割一華初回の投稿。今年7年目を淡々とむかえる。5年目頃までは毎日更新の自分自身の最長不倒距離を目指していたがついに一昨年体調不良とPC不調、身内の不幸等様々な理由によりもろくくずれてしまった。昨年は特に長期離脱を余儀なくされ今は自分の気が向いたときの更新に変化して来ている。振り返ってみると自分の日常が平穏であるから更新できるわけで、毎日に感謝してまた新しい足跡を刻みたい。詩歌集雪割一華満6年

  • 雨水たつ/やぶ椿

    <雨水たつ/やぶ椿>2月19日は雨水。わずかに春の兆しが見え始める頃とか。枚方は雪は全く無いので微妙な季節の変化はわかりにくい。今日は予報によると少し暖かい陽射しがあると言っていたが全く期待外れ、風の冷たい一日だった。雨水たつ/やぶ椿

  • 梅の香や

    <梅の香や>雨上がり比較的暖かい一日だった。ただ、雲は厚く月の姿など望むべくもない。近辺の梅もすでに満開。金木犀や沈丁花のような派手な香りはなく控えめな香りがとても奥ゆかしい。好きな花だ。このまま暖かくなって行くのを期待したいが奈良春日大社のお水取りもまだなのでしばらくは三寒四温を繰り返してゆくのだろう。梅の香や

  • スーパームーン前夜/早春の月

    <スーパームーン前夜/早春の月>スーパームーン最大(最接近約35万㎞)は20日夜中0時ごろ。19日から荒れ模様の天気予報なのでまだましな小望月が4:30位に昇ってきたのでしげしげとながめる。私にはまんまるに見える。小望月にしては陰が少なく若干憂いに欠けるが・・・スーパームーンは見えれば見えたでよしその折は私なりに楽しめれば良し。スーパームーン前夜/早春の月

  • どど~ん! 何ごとやっ!

    <どど~ん!何ごとやっ!>夜の食事が終わったころ遠くで「どど~ん!」と音が!「何ごとやっ!」持ち前の野次馬根性がムクムクと湧いて音のしたと思われる方向のカーテンをめくると季節はずれの打ち上げ花火がパパパッと上がる。枚方の駅のあたりか樟葉のあたりだ!「今日何の日?」と嫁さんに聞いても知らん!と,思いついてカメラを持ち出し2枚だけ。手持ちのスローシャッターだったので、なんか今の自分の気持ちみたいな芸術的な線の軌跡が写っていた。もう一枚はかろうじて窓枠で固定して。17日夜どど~ん!何ごとやっ!

  • 東風/梅の香

    <東風/梅の香>おはよう地球。おはよう春待ちの人今日も厳しい寒さが続く。右人差し指のしもやけがぶりかえした。薬つけたりしてやっと治りかけていたのに・・・血の気がすくないのかなぁ・・そんなことおかまいなしに梅は花の数をどんどんふやしてゆくがまだ北風の中。少し暖かくなるのは月末近くになるとか・・・春待ちの日々。東風/梅の香

  • 柿のむくろ

    <柿のむくろ>いつの間にかたくさん群れ騒いでいたひよどり達の姿が柿の木から消えた。まだいくつか実はなっているのだけれど、すでに干からびておいしい実で無くなったのだろう。いや、みんなして暖かい南の国へと旅立ったのかも。柿のむくろ

  • ポツリ 寒い冷たい‥

    ポツリ寒い冷たい・・ポツリ寒い冷たい‥