chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 唐楓

    唐楓千朶万朶の実を孕み ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 朝顔

    一輪が健気に絡む朝顔や ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 女郎花

    まだ暑き草叢分けて女郎花 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 鬼灯

    葉の陰にかくれんぼして鬼灯や ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 灸花

    蔓の先赤く焼きつつ灸花 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 秋近し

    秋近し花はいよいよ紅に ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏野

    吹き抜ける夏野の小笹一様に ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 片陰

    岩花火片陰にあり誰や観る ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 大暑

    大暑なか益々盛んズッキーニ ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夕立ち

    夕立ちやサフラン擬き生き返り ←「写真俳句」をクリック下さい

  • しもつけ

    しもつけや多大の蕊は何事ぞ 偏見でしょうが、蕊が目立ちすぎる。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 百合

    白百合や知る人も無く咲き萎れ アマゾンユリ、別名擬宝珠水仙。コロンビアのアンデス原産。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 銀河

    遥かなる銀河を出でて今光る ハッブル宇宙望遠鏡の後継機JWST(James Webb Space Telescope)が2022/7月観測を始めた。 その望遠鏡が捉えた46億光年前の銀河団「SMACS0723」の写真。46億光年前は太陽誕生の時。

  • 打ち水

    打ち水や花甦り涼しきや 連翹の名前がついているが、あの春先の黄色い連翹とは全く 異なる種類の花で真夏に咲く。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 炎昼

    炎昼に耐えて50度ペチュニアや 炎天下、アスファルトの上は50度になろうかという道路によくぞ耐え咲く。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 遠雷

    遠雷や天女の舞も容赦なく ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏深し

    夏深し松明花や燃え盛り ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夕立

    夕立ちやアガパンサスは甦る ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 土用

    土用には頃胡麻の花咲く故郷や ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 擬宝珠

    すくと立ち何事も無し擬宝珠かな ←「写真俳句」をクリック下さい

  • お花畑

    小花咲くお花畑に涼風や ←「写真俳句」をクリック下さい

  • お花畑

    天上のお花畑や花盛り ←「写真俳句」をクリック下さい

  • お花畑

    日輪をお花畑は追いかける ←「写真俳句」をクリック下さい

  • お花畑

    ようようにお花畑も彩られ ←「写真俳句」をクリック下さい

  • お花畑

    薄桃のお花畑は岩の陰 スイスの3000mの高山に咲くダフネ・クネオルム ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 氷河

    悠久の氷河の流れアレッチや 年々後退しているとは言え、見事な標高3,500mのアレッチ氷河 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨明け

    金蓮花梅雨明け待ちてそろり咲き ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 小町草

    道端に好まれもせず小町草 触るとネバネバが手に着き感触が悪いこの花は、家の花瓶には 活けられることはなく、地蔵さんの花に置かれる位かな? ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 花茗荷

    はなめうが藪の奥へと誘い来る まこと地味な花であるが、よくよくみればいい花である。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 風鈴

    喧し風鈴市や大師様 川崎大師では小暑、大暑の頃全国の風鈴を集めた風鈴市がある。 風鈴は一鈴が良く、多くの鈴では喧しだけだ! ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏の雲

    甲斐駒を忽ち隠し夏の雲 さっきまで頂上が見えていたものが、今度見遣ると雲の中にある2,967mの甲斐駒ヶ岳だ。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 小暑頃

    小暑頃色を集めて壺珊瑚 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梧桐

    見上げれば梧桐(あおぎり)の花空覆う ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨の山

    梅雨の山ヒマラヤ杉の実は重し ←「写真俳句」をクリック下さい

  • ジャガイモの花

    珍奇かなジャガイモの実二つ生る ←「写真俳句」をクリック下さい

  • ひまわり

    ひまわりはゴッホの様な花がいい ←「写真俳句」をクリック下さい

  • ひまわり

    ひまわりや酷暑耐え兼ね首を垂れ​​​​​​​ ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 捩花

    捩花や薄桃色が巻き上り ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 捩花

    捩花の登り切るころ雨あがり ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 合歓の木

    合歓の木を起こさぬように散歩かな ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 炎熱

    炎熱や珊瑚棘桐の花燃える ←「写真俳句」をクリック下さい

  • サボテンの花

    薄紅のサボテンの花棘の中 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • ダリア

    緋色したダリアを見遣る散歩道 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨晴れ

    梅雨晴れに桃葉桔梗の青きかな 桃葉桔梗は桔梗科ではない。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 唐黍の花

    無造作に唐黍の花咲き散らし ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏至

    (るりまつり) 瑠璃茉莉決まって夏至に青さ増し ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 花登る蟻の手足のか細さや ←「写真俳句」をクリック下さい 花は宿根スイートピーです。

  • 楊梅

    一面に赤き実こぼし楊梅(やまもも)実 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 岩煙草

    鎌倉や古刹の裏に岩煙草 葉が煙草の葉に似ていることからこの名前がついたそうだ。この若葉は食べられる。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 芒種

    芒種ころ幹に側枝の芽が出づり ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 凌霄花

    凌霄(のうぜん)や団地の庭に一つ咲き ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 青鷺

    青鷺や流れの中に立ち尽くし ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 早乙女

    早乙女が汗を拭へば銀梅花 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 雉の巣

    一声で雉の巣露わ藪の中 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 青柿

    青柿や日の昃(かたむ)きて増す青さ ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 親燕子供を庇い雨宿 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨曇り

    梅雨曇りエアープランツやっと花 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 田植え歌

    田植え歌遠くに聞こえ岩花火 いまではこんな風景は望むべくもないが・・・。 本名はレウィシア。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 野萱草

    野萱草(のかんぞう)群れ咲かずして憂い無し ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅の実

    草庵の梅の実丸く熟れ出して ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 枇杷

    取れそうで手の届かない枇杷熟れる ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 芒種

    実が熟れてジューンベリーや芒種かな 先の尖った種を蒔く頃が「芒種」だそうだ。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 父の日

    父の日にオルレア活ける娘かな ←「写真俳句」をクリック下さい

  • スケトシア

    葉の裏に棘隠しおりスケトシア ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨晴

    梅雨晴や車輪梅の花白く この樹皮を染料として大島紬は染められる。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 金糸梅

    黄金に花弁も蕊も金糸梅 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 姫百合

    姫百合は天に向かって屹立し ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨空

    梅雨空にフェイジョアの赤雄蕊 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨

    梅雨時に莢も熟れ出す花蘇芳 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 栗の花

    雨上がり一段匂う栗の花 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • アカシア

    いつの間にフサアカシアに実の垂れて ←「写真俳句」をクリック下さい

  • どくだみ

    どくだみを眺め見おれば猫座り ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 梅雨曇り

    梅雨曇りおだまき咲けば身も重し ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 泰山木

    明日咲くや白き大花泰山木 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 木苺

    白き花綺麗でもなし木苺や ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 小町草

    夏くれば何処かで見かける小町草 虫取り撫子のこと ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 白根葵

    山深く白根葵の隠れ咲く ←「写真俳句」をクリック下さい

  • ゼラニューム

    奔放に咲き散らしてはゼラニューム ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 初夏

    虫取りの撫子咲けば初夏や ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 初夏

    初夏や葉っぱ愛でたい壺珊瑚 壺珊瑚の葉は彩が見事である。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 金鶏菊

    冴えわたる金鶏菊の黄金色 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 山法師

    遠目には雪積もるかや山法師 ”かや”は名古屋、長野地方の方言で「・・・ですか?」の意味。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 風薫る

    栴檀(せんだん)の花戦(そよ)がして風薫り ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏めく

    ​夏めくやブラシの花の放漫さ​​​​​ ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 芍薬

    芍薬や蕊(しべ)は黄金大威張り ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 雉啼くは縄張り護る心意気 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏めく

    猥雑の向い夏めく空の杜 外苑西通りを少しだけ西にはいるとそこは猥雑な電柱の 張り巡らされた路地である。国立競技場の一周800mの 洗練された「杜の空」からは伺い知れない・・・。 ←「写真俳句」をクリッ

  • 苧環

    蝶が飛ぶ苧環(おだまき)越えて何処へや ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 小賀玉の花

    近寄れば小賀玉(おがたま)の花えも言えぬ ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏日影

    思い出すあの無駄遣い夏日影 1,569億円もの巨費を投じて作られた新国立競技場。年間維持費だけでも24億円 もかかるとか?国家財政の破綻のつけはいづれ国民に来る!空しい夏日影。 ←「写真俳句」をクリック下

  • 緋鯉

    唐突の緋鯉にぎくり後ずさり 富士見市の難波田城の池の鯉 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 草藤

    なよなよと草藤立つが外来種 ヨーロッパ原産の弱草藤。河川敷、道路脇に猛烈に繁殖中。 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏立つ

    夏立てば小花集まり車輪梅 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 花あやめ

    とぼとぼと向かう畑の花あやめ ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 石楠花

    石楠花の咲けば必ず君通る アメリカ石楠花 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 春の時雨

    春時雨止めば向こうに二重虹 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 夏近し

    朝方の雨が溜まりて夏近し ←「写真俳句」をクリック下さい

  • しゆろの花

    茅葺の農家の庭にしゆろの花 ←「写真俳句」をクリック下さい

  • 熊谷草

    強き陽に熊谷草や逃げ惑い ←「写真俳句」をクリック下さい この花は熊谷直実が背負った母衣(ほろ)に見立てられた。

  • 牡丹

    水浮かべ牡丹の花をまた愛でる ←「写真俳句」をクリック下さい

ブログリーダー」を活用して、iSAMUさんをフォローしませんか?

ハンドル名
iSAMUさん
ブログタイトル
四季の森空間/新写真俳句
フォロー
四季の森空間/新写真俳句

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用