プロフィールPROFILE

atakaさんのプロフィール

住所
松戸市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
atakaの趣味悠久
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/
ブログ紹介文
江戸川周辺のウォーキング途中で出会う草花、野鳥等の写真をEos kiss X6iで黒岩涙香作品などと共に紹介
更新頻度(1年)

367回 / 362日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2011/09/01

atakaさんのプロフィール
読者になる

atakaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(IN) 16,771位 17,024位 17,052位 18,206位 17,115位 17,054位 15,867位 977,987サイト
INポイント 0 20 20 10 20 10 20 100/週
OUTポイント 0 20 10 20 10 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 30 0 30/週
写真ブログ 486位 494位 497位 528位 508位 504位 471位 32,900サイト
植物・花写真 22位 22位 25位 26位 23位 24位 23位 1,522サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,192位 41,515位 49,537位 43,833位 43,815位 43,914位 37,869位 977,987サイト
INポイント 0 20 20 10 20 10 20 100/週
OUTポイント 0 20 10 20 10 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 30 0 30/週
写真ブログ 765位 786位 1,015位 842位 860位 866位 661位 32,900サイト
植物・花写真 22位 24位 37位 28位 27位 25位 20位 1,522サイト
今日 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 11/10 全参加数
総合ランキング(PV) 22,284位 22,859位 22,866位 22,825位 22,864位 22,830位 圏外 977,987サイト
INポイント 0 20 20 10 20 10 20 100/週
OUTポイント 0 20 10 20 10 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 30 0 30/週
写真ブログ 538位 560位 556位 559位 563位 571位 圏外 32,900サイト
植物・花写真 16位 16位 16位 16位 16位 16位 圏外 1,522サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、atakaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
atakaさん
ブログタイトル
atakaの趣味悠久
更新頻度
367回 / 362日(平均7.1回/週)
読者になる
atakaの趣味悠久

atakaさんの新着記事

1件〜30件

  • 朝日のシコンノボタン

    CanonEoskissX6i&EFS55-250mmレンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る。以下の写真も同じ)晴天の日の朝日の中に咲くシコンノボタン。綺麗な文字通りの紫紺の花だ。今までで一番実物に近い花の色だ。やっと何も調整しなくても咲いたままの色が出た。紫紺野牡丹・フトモモ目ノボタン科シコンノボタン属シコンノボタン種・中南米原産常緑低木・一日花・ノボタンに似ているが長いオシベも短いオシベも皆紫なのが紫紺野牡丹。にほんブログ村写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー朝日のシコンノボタン

  • 池のクロハラアジサシ

    BORG71FLンズ(400mm、F5.6)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)池で数日の間魚を捕っていたクロアジサシ。ハジロクロハラアジサシと言う人もいた。正確にはクロアジサシではないかと言う。大きな池を端から端まで飛んで池に飛び込む。久しぶりに軽い方のレンズで手持ちで飛ぶ様子を撮った。クロハラアジサシ・カモメ科chlidoniae属クロハラアジサシ種・ヨーロッパ南部から中央アジア、アフリカ、南アジア、中国東北部、オーストラリアで繁殖するが、繁殖地域は点在する・日本では旅鳥として5月から10月にかけて各地で観察されるが、数は少ないにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキング...池のクロハラアジサシ

  • 白くなった富士

    CanonEoskissX6i&EFS55-250mmレンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る。以下の写真も同じ)風が強かったが堤防に出て見た。快晴の西の空に富士が見えた。快晴だが富士は少し霞んでいた。富士全体がほぼ白くなっている。写真(植物・花)ブログランキングへにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー白くなった富士

  • 田んぼのケリ

    BORG89EDLンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)雨が上がって日が照って来たので午後から出かけた。時間が中途なので、ケリの居る田んぼに行って見た。二日前に行って見失って撮れなかった田んぼだ。田んぼに着いて少し探したら、ケリが三羽居た。ケリが飛び立たないようにまず遠くから撮った。だんだん薄暗くなって来て雨が降り出した。薄暗くなったら少し姿を見せても飛び立たなかった。ケリ・チドリ科タゲリ属ケリ種・モンゴル、中国北東部、日本で繁殖・冬には東南アジア南部に移動するものもある・全長約34cm・雌雄同色・成鳥の夏羽は頭部から胸上部が灰青色で体上面は灰褐色、体下面は白色(Wikip...田んぼのケリ

  • 池のトモエガモ

    BORG89EDLンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)堤防を自転車で走っていたら、顔見知りの鳥撮りの方に出会った。いつも珍しい鳥が居ると教えてくれる方だ。いつも居る場所では無いので、近くに珍しい鳥が居ると直感した。近くの池にトモエガモが来て居ると教えてくれた。予定を変更して、教えられた池に行って見た。顔見知りの人を含めて、沢山のカメラマンが来ていた。トモエガモは数年に一度しかお目に掛かれない鳥だ。トモエガモ・カモ科マガモ属トモエガモ種・朝鮮半島、中国、日本、モンゴル、ロシア東部、シベリア東部で繁殖・冬季に中国東部、朝鮮半島。日本、台湾に南下し越冬にほんブログ村FC2ブログ...池のトモエガモ

  • 森のアカゲラ(2)

    BORG71FLンズ(400mm、F5.6)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)枯れ木を盛んに掘るアカゲラ。一つ目の穴の下に二つ目の穴を掘っている。一つ目の穴は気に入らなかったようだ。二つ目の穴は完全に体が入る深さになっている。まだ拡張するらしく時々木くずを外に捨てている。アカゲラ・キツツキ目キツツキ科キツツキ亜科アカゲラ属アカゲラ種・ヨーロッパ、北アフリカの一部、ロシア、モンゴル、オホーツク、カムチャッカ半島中国北東部、朝鮮半島、日本、ミャンマー、インドシナ半島北部に分布・日本では北海道に亜種エゾアカゲラ、本州、四国に亜種アカゲラが留鳥として生息(Wikipediaより)にほんブログ村src="h...森のアカゲラ(2)

  • 田んぼのタゲリ

    BORG71FLンズ(400mm、F5.6)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)もうそろそろ近くの田んぼにタゲリが来ても好い頃だと思っていた。近くの田んぼの傍の道を通ったら、奥の方に動くものが見えた。よく見たら、沢山のタゲリがうずくまって休んでいた。最近は田んぼに餌が無いのか、一日、二日で居なくなってしまう。タゲリ・チドリ目チドリ科タゲリ種・ミューミューと猫のように鳴く・夏季にユーラシア大陸の中緯度の広範囲な地域で繁殖し、冬季はアフリカ北部やユーラシア南部で越冬・日本へは越冬の為本州に飛来にほんブログ村写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー田んぼのタゲリ

  • 秋のバラ・伊豆の踊子

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)今日はコンピューターのマウスの故障でアップが出来ず遅れた。マウスの故障に気が付かず、復旧に手間取ってしまった。綺麗な黄色いバラ、伊豆の踊子をやっとアップすることが出来た。伊豆の踊子(IzuNoOdoriko)別名:CarteD’Or分類:フロリパンダ作出年:2001年作出国:フランス作出者:Meillandパリのバラ園「バガテル公園」と姉妹関係の「河津バガルテル公園」。川端康成の小説「伊豆の踊子」に縁の深い河津町の友好記念として命名されました。(都童子の路地裏散策)よりにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブ...秋のバラ・伊豆の踊子

  • 池のハジロクロハラアジサシ

    BORG71FLンズ(400mm、F5.6)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)池にくすんだ色のアジサシが来ている。汚れたコアジサシかと思って気にしなかった。ハジロクロハラアジサシという比較的めずらしい鳥らしい。ハジロクロハラアジサシ・チドリ目カモメ科ハジロクロハラアジサシ種・ヨーロッパ南東部から中央アジアと、中国東北部で繁殖・冬季にはアフリカ、東南アジア、ニューギニア、オーストラリア等に渡り越冬・日本には旅鳥として全国に記録されているが、飛来数は少ないにほんブログ村src="https://static.fc2.com/blogranking/ranking_banner/a_02.gif">FC...池のハジロクロハラアジサシ

  • 秋のバラ・うらら

    秋の日に照らされた赤紫のバラ、うらら。落ち着いた穏やかさが感じられるバラだ。うらら・1995年・日本、京成バラ園芸作にほんブログ村写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー秋のバラ・うらら

  • 樹上のマミチャジナイ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)大きな木の幹から枝分かれした所にマミチャジナイが来た。枝分かれした枝と幹の付け根の窪みに水が溜まっているようだ。時々いろいろな鳥が来て、水を飲んでは飛び去る。マミチャジナイも水を飲みに立ち寄ったもののようだ。水を飲んだ後しばらくあちこち眺めて飛び去った。マミチャジナイ・ツグミ科ツグミ属マミチャジナイ種・インドから東南アジア、台湾、日本、中国東北部、ロシア東部に分布・夏季に中国東北部、ロシア東部で繁殖・日本には主に渡りの途中に飛来・食生は雑食にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里20...樹上のマミチャジナイ

  • ギンモクセイの花

    ひっそりと咲いている白いギンモクセイ。匂いもキンモクセイの様に強くない。傍を通って初めて仄(ほの)かな匂いを感じる。花もにおいも上品で控えめな花だ。ギンモクセイ・モクセイ科オリーブ連モクセイ属モクセイ・中国原産・常緑小高木・葉は荒いぎざぎざのノコギリ葉・ぎざぎざの無いなめらかな葉の物も有る。・花には香気が有るが、キンモクセイほど強くない・キンモクセイはギンモクセイから変種したものにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAーギンモクセイの花

  • 来たキクイタダキ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)森にキクイタダキがやって来た。桜の花の時行って以来7か月ぶりだ。相変わらず元気に枝から枝へ動き回っている。高い所ばかり動き回るので、頭の菊はなかなか見えない。キクイタダキ・スズメ目キクイタダキ科キクイタダキ属キクイタダキ・頭にモヒカンのように黄色い羽が生えている・興奮すると菊の花のように立つ・オスの菊には赤い線が入る・日本国内では最小の鳥の一種・水浴びをする時以外は樹上で生活(Wikipedia)よりにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー来たキクイタダキ

  • 黄色いバラ・エミールノルデ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る)久しぶりに一角にバラが植えてある公園に行った。黄色、赤など、色とりどりの秋のバラが沢山咲いていた。黄色や赤は写真に見たままの色を再現するのは難しい。しばらく見とれて、つい写真に撮ってしまった。エミールノルデ・2001年・ドイツタンタウ作にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー黄色いバラ・エミールノルデ

  • 森のアオバト

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)森の椋木(むくのき)にアオバトが来ていた。椋木の黒く熟した実は甘くて昔の子供のおやつだ。甘い椋木の実は野鳥の好物で色々な野鳥が訪れる。この時期はいろいろな所の椋木にアオバトが訪れる。椋木に見え隠れに留まって盛んに実を食べていた。アオバト・ハト目ハト科アオバト属アオバト種・日本、台湾、中国に分布・台湾、中国では冬鳥・繁殖が確認されているのは日本のみ(Wikipedia)参照にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー森のアオバト

  • 池のアメリカヒドリ

    池を通りがかったらヒドリガモの中に頭の白いカモが混じって寝て居た。よく見たら眼過線から後頭部が緑の玉虫色をしていた。時々首を上げてはあたりを見回して又寝た。これはアメリカヒドリだと思って撮った。アメリカヒドリ・カモ科マガモ属アメリカヒドリ種・淡水鴨の一種・北アメリカ中部から北部で繁殖・冬季は北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島で越冬・日本へは数少ない冬鳥として飛来(Wikipedia)よりにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー池のアメリカヒドリ

  • 森のアカゲラ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)昨シーズンはチラッと見ただけに終わったアカゲラ。今シーズンは9月末から森で目撃情報が有った。そのうち出会えるだろうと期待していたアカゲラ。森には毎日新たな出会いが有る様に成って来た。アカゲラ・キツツキ目キツツキ科キツツキ亜科アカゲラ属アカゲラ種・ヨーロッパ、北アフリカの一部、ロシア、モンゴル、オホーツク、カムチャッカ半島中国北東部、朝鮮半島、日本、ミャンマー、インドシナ半島北部に分布・日本では北海道に亜種エゾアカゲラ、本州、四国に亜種アカゲラが留鳥として生息(Wikipediaより)にほんブログ村FC2ブログランキング写真...森のアカゲラ

  • 真っ赤なタイタンビカス

    CanonEoskissX6i&tamronAF70-300mmTele-macroレンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る。以下の写真も同じ)真っ赤なタイタンビカスがまだ咲いている。むくげと同じく7月から咲いている花だ。真夏を過ぎても咲き続ける息の長い花だ。タイタンビカス・アオイ科フヨウ属タイタンビカス種・モミジアオイとアメリカフヨウの交配によって出来た新種・花期6月中旬から9月末・2009年に初めて登場した・一日花・アメリカフヨウとの違いは、アメリカフヨウは楕円形の葉でタイタンビカスの葉はモミジの様に切れ目がある(Wikipedia)よりにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー真っ赤なタイタンビカス

  • 椋木のマミチャジナイ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)椋木にマミチャジナイが来た。アカハラに似たオレンジ色の野鳥だ。アカハラより淡いオレンジ色をしている。顔に白い眉斑が見えるのがマミチャジナイ。マミチャジナイ・ツグミ科ツグミ属マミチャジナイ種・インドから東南アジア、台湾、日本、中国東北部、ロシア東部に分布・夏季に中国東北部、ロシア東部で繁殖・日本には主に渡りの途中に飛来・食生は雑食にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー椋木のマミチャジナイ

  • 森のオオルリ(若)

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)椋木(むくのき)の下に見慣れない鳥が来た。傍の人がオオルリの若だと教えてくれた。9月に見れずに終わっていたオオルリの若だ。頭がまだ青い羽毛になっていない。オオルリ・ヒタキ科オオルリ属オオルリ種・日本へは夏鳥として渡来し繁殖・冬季は東南アジアで越冬・高い木の上で朗らかに囀る(Wikipediaより)にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー森のオオルリ(若)

  • シコンノボタン

    紫紺のシコンノボタン。天候によって紫が濃く見える。曇りの日は昼過ぎまで持つ。一日花なので午前中が好い。にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAーシコンノボタン

  • 草むらのホオジロ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)ホオジロがヨモギの草むらに来た。顔がゴツく無いのでホオジロの嬢だ。いつもは人の気配がするとすぐ飛び立つ。今回はヨモギの中で安心したのか少し長く居た。ホオジロ・スズメ目ホオジロ科ホオジロ属ホオジロ種・シベリア南部から中国、沿海州、朝鮮半島、日本まで東アジアに分布・基本的には長距離の渡りはしない留鳥・雄の過眼線は黒いが雌の過眼線は褐色・メスの色は全体的に雄に比べて淡いにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー草むらのホオジロ

  • 冠雪の富士

    CanonEoskissX6i&tamronAF70-300mmTele-macroレンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る。以下の写真も同じ)堤防に出て見たら富士がくっきり見えて居た。上三分の一が真っ白だ。富士山が富士山らしく見える姿だ。にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー冠雪の富士

  • まだ居るノビタキ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)OlympusEPL-5にて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)堤防にまだ居るノビタキ。堤防3kmの範囲ではここ一か所だ。ここ500mくらいの範囲が好みのようだ。一羽は台風前から居るが同じ個体か、入れ替わっったのかは分からない。今にも雨が降りそうな薄暗い所で、今回はOlympusEPL-5で撮ってみた。にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAーまだ居るノビタキ

  • 台風後のノビタキ(4)

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)台風後に4羽から5羽になった堤防のノビタキ。その後雨が降って二羽に減り、今は一羽になった。試し撮りをしている最中に又三脚ごと倒してしまった。又光軸が狂ったかな。にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー台風後のノビタキ(4)

  • 赤紫のクコの花

    CanonEoskissX6i&tamronAF70-300mmTele-macroレンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。左上の←クリックで元に戻る。以下の写真も同じ)今の時期、場所によっては赤い実を付けているクコ。長く伸びて絡まり合った枝に赤紫の花が咲いている。堤防では実がなっても赤く熟す前に刈られてしまう。この後霜枯れするまで花が咲き続ける道端のクコ。クコ・ナス目ナス科クコ属クコ種・細いとげのある枝が何本も垂直に伸びる・9月初旬頃紫の花を付ける・9月中旬には花が未だ残っているが実は赤く色ずく・食べてみるとほんのりと甘いが少しイゴイ感じがするにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー赤紫のクコの花

  • 台風後のノビタキ(3)

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxKpキャッチインフォーカスにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)台風後の堤防のノビタキ。修理後のレンズの性能テストに撮った。キャッチインフォカスやAFアダプターで修理前の解像が出るか試した。修理前に戻ったかはっきりしない。にほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー台風後のノビタキ(3)

  • 台風後のノビタキ(2)

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)PentaxAF1.7adapter、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)台風が去った次の日の昼過ぎ、河川敷の高い木も見えないほど増水していた。水が堤防の半分くらいまで来ていた。台風が去った二日目、堤防下の道を水が流れていた。台風の去った三日目、まだ堤防下の道を水が流れていた。堤防にノビタキが一、二羽来ていた。台風が去って四日目、やっと堤防下の道が現れていた。数羽のノビタキが残された枯れ枝の山に留まって居た。ノビタキ・ツグミ科ノビタキ属ノビタキ種・ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬季は南方へ渡る・東南アジア、インドでは周年見られる・日本には夏鳥として中部以北に渡来し繁殖する・本州中部以南では春...台風後のノビタキ(2)

  • 匂い漂うキンモクセイ

    あちらこちらからキンンモクセイの匂いが漂ってくる。道端の生垣にこじんまりと咲くキンモクセイ。こんなに大きな木になるのかと思わせるほど大きな木に咲くキンモクセイ。道を行くとこんなに沢山キンモクセイが植えられていたかと思わされる。キンモクセイ・モクセイ科オリーブ連モクセイ属ギンモクセイ種キンモクセイ変種・中国南部原産・日本には江戸時代に入った。・雌雄異株・日本には雄株しか入っていない・雄株の花には雄しべが二本と不完全な雌しべがあるが実は結ばない(Wikipedia)よりにほんブログ村FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへ(c)山里2015ー写真素材PIXTAー匂い漂うキンモクセイ

  • 台風後のノビタキ

    BORG89レンズ(600mm、F6.7)、PentaxKpにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)台風で流されて来た堤防の枯れ木にノビタキが数羽留まって居た。今回の台風で河川敷から堤防の半分まで水に浸かった。水に浸からなかった堤防の半分の草にしか虫は居ないと思われる。ノビタキも水に浸からなかった上半分の草の虫を探していた。ノビタキで修理から戻ったレンズの試し撮りをした。ノビタキ・ツグミ科ノビタキ属ノビタキ種・ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬季は南方へ渡る・東南アジア、インドでは周年見られる・日本には夏鳥として中部以北に渡来し繁殖する・本州中部以南では春、秋の渡りの時期に見られる・雄の夏羽は頭部から背中に掛けて真っ黒になる・雌は雄に比べて小さいにほんブ...台風後のノビタキ

カテゴリー一覧
商用