searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

atakaさんのプロフィール

住所
松戸市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
atakaの趣味悠久
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/
ブログ紹介文
江戸川周辺のウォーキング途中で出会う草花、野鳥等の写真をEos kiss X6iで黒岩涙香作品などと共に紹介
ブログ村参加
2011/09/01
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、atakaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
atakaさん
ブログタイトル
atakaの趣味悠久
フォロー
atakaの趣味悠久

atakaさんの新着記事

1件〜30件

  • エゴノキのヤマガラ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)エゴノキにヤマガラが頻繁に訪れる。エゴノキの実を取りに来るのだ。エゴノキの実を咥(くわ)え取っては飛び去る。エゴノキの白い実を割って中の黒い実を食べる。エゴノキの実を食べるのはヤマガラだけのようだ。シジュウカラもメジロも近くにいても食べようとしない。ヤマガラ・スズメ目スズメ亜目シジュウカラ科シジュウカラ属ヤマガラ種・雑食、夏は昆虫、クモなどの肉食、冬は果実など・学習能力が高く芸を仕込む事ができる・覚えた芸は江戸時代に盛んに披露された(Wikipedia)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーエゴノキのヤマガラ

  • まだ咲くアメリカフヨウ

    PentaxK-5ⅡCannonFD35mmF2.0レンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)アメリカフヨウがまだ大輪の花を咲かせている。一日花だが午前中曇っていたせいか、夕方近くまで咲いていた。まだ蕾があるので当分咲きそうだ。アメリカフヨウ・アオイ科フヨウ属クサフヨウ種(アメリカフヨウ種)・アメリカアラバマ州原産・花期7月から9月・咲いたその日に閉じる一日花・めしべの先端が曲がっている・アメリカフヨウの葉は丸型楕円状FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーまだ咲くアメリカフヨウ

  • ツツドリの若

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)桜の木に来たツツドリ、嘴の根元が黄色い。枝の間から見える部分によってはレンガ色に見える。赤型のツツドリだと意気込んで撮ったら若鳥だった。まだ全身レンガ色に変わっていない。まだ葉が多く残る桜の木で毛虫を食べている。ツツドリ・カッコウ科カッコウ属ツツドリ種・シベリアから中国南部、ヒマラヤ地方にかけて繁殖・東南アジアからオーストラリア北部かけての地域で越冬・日本には夏鳥として渡来し、四国以北で繁殖・他のカッコウ科の鳥類と同様托卵し自分では雛を育てない(Wikipedia)参照FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXT...ツツドリの若

  • 酔芙蓉の花

    PentaxKpCannonFD35mmF2.0レンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)朝方9時通りかかった時、白かった酔芙蓉の花。午後3時半頃通りかかったら、すっかり濃いピンクだった。スイフヨウ(酔芙蓉)・アオイ科フヨウ属・朝方は白い花が咲き段々酔ったようにピンクに成って萎んでいく。・一日花FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー酔芙蓉の花

  • 二年ぶりのツツドリ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)二年ぶりにツツドリに出会った。しかも珍しい赤型のツツドリだ。今年もツツドリは諦めて居た。例年撮っていた所は人が密集する所だからだ。今回は思ってもいなかった所で出会った。ツツドリは警戒心が強く中々撮らせてくれなかった。しつこく粘って何とか証拠写真は撮れた。ツツドリ・カッコウ科カッコウ属ツツドリ種・シベリアから中国南部、ヒマラヤ地方にかけて繁殖・東南アジアからオーストラリア北部かけての地域で越冬・日本には夏鳥として渡来し、四国以北で繁殖・他のカッコウ科の鳥類と同様托卵し自分では雛を育てない(Wikipedia)参照FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブ...二年ぶりのツツドリ

  • ホトトギスの花

    無造作に植えられたホトトギスが咲いていた。野に生えた状態で茎も花も細くて小さい。ここ数年咲いているところを見なかった。久しぶりに見たホトトギスだ。ホトトギス・ユリ科ホトトギス属・原産地東アジア・花期7月~10月FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーホトトギスの花

  • ホバリングするチョウゲンボウ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)快晴の堤防上空でホバリングするチョウゲンボウ。羽を広げたチョウゲンボウの下面は白っぽく見える。除草された堤防上空で何か獲物の形跡を見つけたようだ。しばらくホバリングしては地面に急降下する。チョウゲンボウ・ハヤブサ科ハヤブサ属チョウゲンボウ種・鳩位の大きさ・ユーラシア大陸、アフリカ大陸に広く分布・寒冷地で繁殖した個体は冬に南方に渡り越冬・日本では夏季に本州北部から中部で繁殖(Wikipedia)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーホバリングするチョウゲンボウ

  • 満開の彼岸花

    PentaxKpCannonFD35mmF2.0レンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)除草された後、急激に伸びだした彼岸花の花茎。雨が続いた後、満開に咲き乱れている。植え増された風はないが、毎年数が増えている。球根がどのようにして散らばるのか分からない。誰かが球根の株分けをしているのかな。彼岸花ヒガンバナ科ヒガンバナ属・中国原産・日本にあるヒガンバナには種は出来ないが、中国にあるヒガンバナには種が実るとのこと・ヒガンバナの仲間はリコリスの名で多く愛好されているFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー満開の彼岸花

  • 旋回するトビ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)猛禽が高く旋回しながら近づいて来た。獲物を探して旋回しているトビだった。最近は高く飛んでいる猛禽はノスリかトビだ。あたりを旋回しながら移動して行く。行動半径が広いので尾羽が抜け替わったトビかは定かでない。トビ(トンビ)・タカ科トビ属トビ種・ユーラシア大陸からアフリカ大陸、オーストラリアにかけて広く分布・タカ科の中では比較的大型・全長60から65cmカラスより一回り大きい・翼開長は150cmから160cm・体色は褐色と白のまだら模様・目の周りが黒褐色(Wikipedia)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PI...旋回するトビ

  • キクイモのオオスカシバ

    PentaxKpCannonFD35mmF2.0レンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)キクイモを撮って居たらオオスカシバが来た。キクイモの花の中心にホバリングしながら吸蜜管を伸ばす。くるくる巻いていた吸蜜管をスッと狙った所に伸ばす。アベリアの花では直ぐに他の花に移って撮りずらい。キクイモでは比較的長い時間一つの花に滞在していた。オオスカシバ・スズメガ科ホウジャク亜科Dilophonotini族Hemarina亜族オオスカシバ属オオスカシバ種・日本、インド、スリランカ、東南アジア、中国に分布・食草はクチナシ・羽化直後は翅に燐粉が付いているが、直ぐはがれて透明な翅になるFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材P...キクイモのオオスカシバ

  • キクイモの花

    PentaxKpCannonFD35mmF2.0レンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)黄色鮮やかなキクイモが咲いている。以前は野原の何所にでも咲いて居たキクイモ。今は花壇や畑の縁でしか見られない。キクイモ・キク科キク亜科ヒマワリ属キクイモ種・北アメリカ北部から北東部原産・花期9月~10月・イモには多糖類のイヌリンを多く含み、健康食品としても利用されるFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーキクイモの花

  • コスモスの花

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)天気が好かったのでコスモス畑に行って見た。背丈が2mくらいに伸びたコスモスの畑。背丈が1mくらいのコスモス畑があった。背丈の大きい方はちらほら咲き。背丈の小さい方のコスモスは何とか咲いて居た。コスモスの花に鳥が留まるのを期待したがまだ早かった。オオハルシャギク・キク目キク科キク亜科コスモス属オオハルシャギク・メキシコ高原原産・日本には明治20年頃渡来・一般的にコスモスと言えばオオハルシャギクを指すFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーコスモスの花

  • 天高く飛ぶトビ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)薄曇りの空高く猛禽が飛んで居るのが見えた。何かは目視出来なかった。旋回しながら川の方へ飛び去った。一時間くらいした後、又猛禽が見えた。今度は小さい猛禽と牽制し合って飛んで居た。トビとチョウゲンボウだった。トビ(トンビ)・タカ科トビ属トビ種・ユーラシア大陸からアフリカ大陸、オーストラリアにかけて広く分布・タカ科の中では比較的大型・全長60から65cmカラスより一回り大きい・翼開長は150cmから160cm・体色は褐色と白のまだら模様・目の周りが黒褐色(Wikipedia)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PI...天高く飛ぶトビ

  • もう咲き出したキンモクセイ

    PentaxK-5ⅡsCannonFD35mmF2.0レンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)ウォーキングしているとあちこちから良い匂いが漂って来る。ああもうキンモクセイが咲き出したのかと思いながら歩く。ふと、あれ、キンモクセイってこんなに早く咲くのだっけと思う。見返したら、キンモクセイは、何時もは10月になってから咲いて居た。今年は矢張り咲き出しが異常に早い。キンモクセイ・ゴマノハグサ目モクセイ科モクセイ属ギンモクセイ種キンモクセイ変種・中国南部原産・日本には江戸時代に入った。・雌雄異株・日本には雄株しか入っていない・雄株の花には雄しべが二本と不完全な雌しべがあるが実は結ばないFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015...もう咲き出したキンモクセイ

  • 小魚を獲ったカワセミ

    BORG71FLンズ(400mmF5.6)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)カワセミが来る堀に行ってカワセミの来るのを待った。一時間位待ったらカワセミの泣き声がし、やって来た。下嘴が少し赤かったのでカワセミの若い嬢だ。まだむねの羽毛も灰色だ。一度明るい所に留まったが直ぐ暗い奥に飛んだ。小一時間くらいして水に飛び込んだ。小さな魚を咥えていた。FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー小魚を獲ったカワセミ

  • 満開のタマスダレ

    OlympusEPL-5CannonEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)雨の後に盛んに花茎を伸ばし咲く白い花。あちこちの群落が今満開のタマスダレ。畑の縁に土止めの役で植えられ群落化している。タマスダレのピンクのバージョンがサフランモドキ。サフランモドキの方は鉢に納まっている事が多い。タマスダレ・ユリ目ヒガンバナ科タマスダレ属タマスダレ・アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、ペルーに分布・白、黄色、ピンクの花が有る・ピンクの花のものはサフランモドキと呼ばれている・日本には1870年頃渡来FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー満開のタマスダレ

  • 柱頭のトビ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)子育てが終わった頃のトビ。羽が痛んでまだ元にも出って居ない。冬羽に成る時に抜け替わる様だ。除草が行われた堤防近くの柱頭に留まった。トビ(トンビ)・タカ科トビ属トビ種・ユーラシア大陸からアフリカ大陸、オーストラリアにかけて広く分布・タカ科の中では比較的大型・全長60から65cmカラスより一回り大きい・翼開長は150cmから160cm・体色は褐色と白のまだら模様・目の周りが黒褐色(Wikipedia)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー柱頭のトビ

  • 朱色の葉のショウジョウソウ

    OlympusEPL-5CannonEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)道端の塀際に生えた朱色の葉を持つ草。唯の雑草では無い。ポインセチアの仲間かと狙いを付けて調べた。別名サマーポインセチアというショウジョウソウだった。種がこぼれて生えたもののようだ。ショウジョウソウ(サマーポインセチア)・トウダイグサ科トウダイグサ属ショウジョウソウ種・ブラジル原産・茎の頂付近の葉が朱色に色付く・見ごろは夏から秋(ヤサシイエンゲイ)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー朱色の葉のショウジョウソウ

  • サンゴジュのムクドリ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)サンゴジュに薄い茶色の鳥が身を食べに来て居た。体色が薄い茶色だったのでコムクドリかなと期待した。嘴や足が黄色だったので残念ながらムクドリだった。今年生まれた若鳥かも知れ無い。ムクドリ・スズメ目ムクドリ科ムクドリ属ムクドリ種・東アジアに分布する・日本では留鳥・雑食性・元々はムクドリは益鳥とされていた。・平均的なムクドリ一家(両親、雛6羽)が1年間に食べる虫の数は100万匹以上と研究されている。(Wikipediaより)FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーサンゴジュのムクドリ

  • 食べて見たポポの実

    OlympusEPL-5CannonEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)4月に花が咲いたポポの実が大きく成って来た。道の傍の田んぼの土手に植えられたポポの木だ。子供の頃、近所にポポの実が成る家が有った。美味しい実だとは聞いて居たが食べた事は無かった。どんな味がするのだろうとずーっと思って居た。三日前にスーパーに行ったらポポの実が置いてあった。地元の農家が出荷したポポの実だ。早速買って来て、食べごろだと思われたので食べて見た。良い匂いがして甘かったが、少しイゴイ感じがした。「みんなの趣味の園芸」には大きな種が一個と有ったが、沢山種が有った。ポポ・モクレン目バンレイシ科アシミナ属ポポ種・北アメリカ原産・バンレイシ科の果樹で唯一の...食べて見たポポの実

  • キジの雄

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)慌てず騒がずゆったり構えるキジの雄。青い草の葉を食んでいる。実った草の穂を啄んで居るところは良く見る。青い草の葉を食べる所は余り見ない。実際には葉の部分も食べて居るようだ。キジ・キジ目キジ科キジ属キジ・日本の国鳥・日本では北海道、対馬を除く本州、四国、九州に留鳥として分布・主に草の種子、芽、葉など植物性のものを食べるが、昆虫やクモなども食べる・夜間は樹上で眠るFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーキジの雄

  • 木蔭のハイビスカス

    OlympusEPL-5CannonEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)東の空の雲の間から青空が見える。西の空は今にも雨が降りそうな曇り空。夕方4時近くにウォーキングに出かけて見た。道脇の家の木陰に真っ赤なハイビスカスが咲いて居た。堤防から東の方を見たら薄い虹が出て居た。ハイビスカス・アオイ科フヨウ属・原産地ハワイ諸島、マスカレン諸島・ハイビスカスはフヨウ属の属名だが日本語では狭い意味で用いられることが多い・花の寿命は殆どが1日限り・めしべは真っ直ぐに伸びるFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー木蔭のハイビスカス

  • 草上のセッカ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)ヒッヒッヒ、ヒッヒッヒと囀るセッカ。何所で囀って居るのか中々見つからない。声のする方を捜してやっと見つけた。堤防下の草の天辺に留まって囀っている。堤防下の道から風草越しに撮った。セッカ・スズメ目スズメ亜目スズメ小目ウグイス上科セッカ科・羽の先端が白いのがセッカ・飛んでいる時ヒッヒッヒ、ヒッヒッヒ・降りる時、チャッチヤッチャッと鳴く・声を出して囀るのは繁殖期・雪下、雪加とも書くFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー草上のセッカ

  • フェィジョアの実

    5月下旬に花が咲いて居たフェィジョア。実が大きくなって熟すばかりに成っている。花は赤いイソギンチャクのようだが実の形はシンプルだ。熟した実は生食やジャムにするとのこと。昨年農家の販売棚に置いてあったので買って見た。実の味は少し甘いが、淡泊で酸味がした。フェイジョア・フトモモ目フトモモ科フェイジョア属フェイジョア種・原産地南アメリカ・実は生食やジャムにする5月に咲いた花FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーフェィジョアの実

  • 草原のキジ(♂)

    FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー草原のキジ(♂)

  • 堤防のツルボ

    OlympusEPL-5CannonEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)堤防の草むらに咲く薄紫のツルボ。何時頃から咲いて居たのか分からない。気が附いたのはここ二年くらい前からだ。何所から逸出したのか、所々に群落がある。堤防を作る時に土に交じって持ち込まれたのかも知れない。ツルボ・ヒアシンス科・原産地東アジア・草丈15cmから20cm・開花期8月から9月・球根植物FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー堤防のツルボ

  • キジ(♀)の母衣打ち

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)雌キジの母衣(ほろ)打ちを初めて見た。雄のキジの母衣打ちは何度も見た事がある。雄のキジはケンケーンと雄たけびをしながら母衣打ちする。雌のキジは無言で母衣打ちをしていた。キジ・キジ目キジ科キジ属キジ・日本の国鳥・日本では北海道、対馬を除く本州、四国、九州に留鳥として分布・主に草の種子、芽、葉など植物性のものを食べるが、昆虫やクモなども食べる・夜間は樹上で眠るFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーキジ(♀)の母衣打ち

  • 咲き出した彼岸花

    OlympusEPL-5CannonEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)道端の雑草に交じって彼岸花が咲いて居た。近辺の彼岸花は9月に成ってから咲くのが殆どだ。ここの彼岸花は毎年咲き出しが早い。周りより除草が3週間位早かったのが原因か。彼岸花・ヒガンバナ科ヒガンバナ属・中国原産・日本にあるヒガンバナには種は出来ないが、中国にあるヒガンバナには種が実るとのこと・ヒガンバナの仲間はリコリスの名で多く愛好されているFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー咲き出した彼岸花

  • 堤防下の狸

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)堤防からキジの親子が急に飛び出した。何かの危険を察したらしい。暫くしたら堤防の草むらから狸が出て来た。狸のカップルが堤防で食べ物捜しをしていたのだ。FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー堤防下の狸

  • 青いルリマツリ

    OlympusEPL-5CannonEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)所々で見かける青い花、ルリマツリ。花の形はオイランソウに似た花だ。ルリと言う名が着く割には青が淡い。なるべく青が濃く写るように撮って見た。長い期間咲いて居て、何時の季節の花にするか迷う。ルリマツリ・イソマツ科ルリマツリ属(ブルンバゴ属)・南アフリカ原産・初夏から晩秋まで咲く・半蔓性の常緑植物(みんなの趣味の園芸)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー青いルリマツリ

カテゴリー一覧
商用