searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

atakaさんのプロフィール

住所
松戸市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
atakaの趣味悠久
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/
ブログ紹介文
江戸川周辺のウォーキング途中で出会う草花、野鳥等の写真をEos kiss X6iで黒岩涙香作品などと共に紹介
更新頻度(1年)

363回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2011/09/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、atakaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
atakaさん
ブログタイトル
atakaの趣味悠久
更新頻度
363回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
atakaの趣味悠久

atakaさんの新着記事

1件〜30件

  • 紫のノボタン

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)紫のノボタン。花の色、形は紫紺ノボタンとそっくりで区別が難しい。ノボタンの雄しべ、雌しべは全体が白い。紫紺ノボタンの雄しべ、雌しべは全体が紫がかって居る。草丈はノボタンは低いが紫紺ノボタンは高い。野牡丹(ノボタン)・ノボタン科ノボタン属ノボタン種・熱帯地域原産・常緑の低木・日本には南西諸島や小笠原諸島に4属7種が分布FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー紫のノボタン

  • 堤防のノビタキ(2)

    FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー堤防のノビタキ(2)

  • セイタカアワダチソウ

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)セイタカアワダチソウがあちこちで満開だ。花の余りないこの時期、黄色い花が野山を彩る。日本ではブタクサと混同された時期がある。今でもセイタカアワダチソウをブタクサだと思って居る人がいる。野鳥のベニマシコの好物の花だ。結実した綿毛状の実はベニマシコの冬の食糧だ。セイタカアワダチソウ・キク科アキノキリンソウ属セイタカアワダチソウ種・北アメリカ原産FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAーセイタカアワダチソウ

  • 梢のカケス

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)カケスの全身が見える写真が撮りたくてR大学の公園に行った。カケスが公園のあちこちでギイ、ギイと鳴いていた。ドングリの木の中に居るのはちらちら見えるが全身は見えない。時々低い枝に留まって全身が見えるが、撮ろうとするとチョンと姿を隠す。カケス・スズメ目カラス科カラス属カケス種・アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布・日本では九州以北で繁殖する留鳥・日本の北部に生息するものは、冬季南下する(Wikipediaより)FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー梢のカケス

  • 梢のカケス

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)カケスの全身が見える写真が撮りたくてR大学の公園に行った。カケスが公園のあちこちでギイ、ギイと鳴いていた。ドングリの木の中に居るのはちらちら見えるが全身は見えない。時々低い枝に留まって全身が見えるが、撮ろうとするとチョンと姿を隠す。カケス・スズメ目カラス科カラス属カケス種・アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布・日本では九州以北で繁殖する留鳥・日本の北部に生息するものは、冬季南下する(Wikipediaより)FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー梢のカケス

  • 色変わりする酔芙蓉

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)昼頃通りかかったら酔芙蓉が咲いて居た。真っ白い花から濃いピンクまで変色の過程が見られた。咲き始めは純白で時間が経つに従ってピンクに変わっていく。濃いピンクは昨日の花だ。スイフヨウ(酔芙蓉)・アオイ科フヨウ属・朝方は白い花が咲き段々酔ったようにピンクに成って萎んでいく。・一日花FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー色変わりする酔芙蓉

  • 河原の藪のキビタキ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)河原の柳が主の樹林には色々な鳥が訪れる。一時の休憩に立ち寄るのか直ぐに見え無くなる。このキビタキも河原の樹林の藪で見かけた。このキビタキもこの時だけで以後出会って居ない。FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー河原の藪のキビタキ

  • コスモス

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)半月前は雑草に負けていたコスモス。今は雑草を越えて伸び、花が咲いている。いろいろな蝶や蜂も来ている。FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーコスモス

  • 荻の穂のノビタキ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)堤防が除草され、河川敷の荻の藪で虫を探すノビタキ。時々荻の穂に留まって辺りを見回す。荻の上空に飛び上がって飛ぶ虫を捕ったりする。ノビタキ・ツグミ科ノビタキ属ノビタキ種・ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬季は南方へ渡る・東南アジア、インドでは周年見られる・日本には夏鳥として中部以北に渡来し繁殖する・本州中部以南では春、秋の渡りの時期に見られる・雄の夏羽は頭部から背中に掛けて真っ黒になる・雌は雄に比べて小さいFC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー荻の穂のノビタキ

  • 堤防下のノビタキ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)河川敷のコスモス畑にノビタキが来るのを待って居る。少し離れた堤防下にはやっとノビタキが来た。コスモス畑のコスモスは雑草より背が高くなった。コスモスは咲き出したが依然としてノビタキは立ち寄らない。FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー堤防下のノビタキ

  • 真っ赤なアメリカデイゴ

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)今年も真っ赤なアメリカデイゴの花が咲いている。夏ごろにも見たので、今年の三番花かも知れない。花はサラダにして食べられるそうだ。毎年根元から切られるが、彦生えが伸びて花を咲かせる。アメリカデイゴ・バラ目マメ科ディゴ属アメリカデイゴ種・アルゼンチン、ウルグアイの国花・鹿児島県の県花(みんなの花図鑑)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー真っ赤なアメリカデイゴ

  • ケアシノスリ?

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)河川敷の木の枝の先端に大きな鳥が留まって居た。近づいて見たらノスリだった。暫くしたら草刈りをした地面に飛び降りた。今まで何度か見た事の有る白っぽいノスリだった。ひょっとしたらケアシノスリではないかと思う。ケアシノスリ・タカ科ノスリ属ケアシノスリ種・ユーラシア大陸と北アメリカの寒帯地域で繁殖・羽を広げた時、翼下面の先部、翼後縁部、翼角、尾羽の先部に黒褐色の斑があるのが確認できる(Wikipedia)よりFC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAーケアシノスリ?

  • 高鳴きするモズ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)曇り空の下、モズの高無きがあちこちから聞こえる。枝先や葉の上に留まって姿を見せて高鳴きする。自分の縄張りを巡回主張して、存在を誇示しているようだ。此方が少し近づくと枝蔭に半分身を隠す。百舌(モズ)・スズメ目スズメ亜目モズ科モズ属モズ・日本、朝鮮半島、中国、ロシア南部に分布・模式標本(亜種モズ)の産地は日本・様々な鳥の鳴き声を真似た複雑なさえずりを行うことが和名の由来FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー高鳴きするモズ

  • 来て居たタシギ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)農家の傍の道を行ったら、道下の堀にタシギが来て居た。この時期に見るのは、今までで一番早い発見だ。直ぐにカメラの用意をして堀を覗いた。タシギは動きを止めて固まっていた。シャター音がしてか、直ぐ動き出して見え無くなった。帰り同じ所を通ったら少し離れた所にまだ居た。雨が少し降って来たが準備して又撮りだした。タシギ・チドリ目シギ科タシギ属タシギ種・ユーラシア大陸北部、北アメリカ北部で繁殖・冬季はヨーロッパ南部、アフリカ、中東、インド、東南アジア、北アメリカ南部で越冬・日本では本州中部以南では越冬のため飛来する冬鳥・食性は動物食の強い雑食・主に夜間に採餌するが安全な所...来て居たタシギ

  • 醉芙蓉

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)酔芙蓉の花が咲いている。午前には真っ白な花だ。午後にはほんのりピンクに成り出す。夕方には濃いピンクに成っている。酒に酔った様に様変わりする醉芙蓉。スイフヨウ(酔芙蓉)・アオイ科フヨウ属・朝方は白い花が咲き段々酔ったようにピンクに成って萎んでいく。・一日花FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー醉芙蓉

  • 森のカケス

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)毎日カケスが数羽飛ぶのを目にする。全身が見られるのは飛ぶ時くらいだ。人の気配がすると木陰や茂る葉に隠れる。此の時も全身が見えたが直ぐ隠れてしまった。遠くでドングリを咥(くわ)えているのが見えた。カケス・スズメ目カラス科カラス属カケス種・アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布・日本では九州以北で繁殖する留鳥・日本の北部に生息するものは、冬季南下する(Wikipediaより)FC2ブログランキングにほんブログ村植物・花ランキング(c)山里2015ー写真素材PIXTAー森のカケス

  • マリーゴールド2種

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)最近では余り見られなくなった背丈の高いマリーゴルド。濃いオレンジ色の一重と八重のマリーゴルド。遊歩道沿いの花壇に並んで咲いて居る。マリーゴールド・キク科マンジュギク属・メキシコ、中央アメリカ原産・背丈の低いのはフレンチ・マリーゴールド(みんなの趣味の園芸)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーマリーゴールド2種

  • おっとりしたキビ嬢

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)川沿いの森の、地面に近い木の枝を、あちこち動き回るキビタキのお嬢。地味で化粧気は無いが、ぱっちりしたつぶらな目が可愛いい。黄色い郎君ほどこせこせせず、ゆったりと構えている。キビタキ・スズメ目キビタキ科キビタキ属キビタキ種・サハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖・冬季はフィリッピンやボルネオ島などの東南アジアで越冬・日本では夏鳥として全国の山間部基亜種のキビタキが普通に見られる(Wikipediaより)FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAーおっとりしたキビ嬢

  • 匂い漂うキンモクセイ

    CanonEoskissX6iEFS55-250mmLンズにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)あちらこちらからキンモクセイの匂いが漂って来る。日が照ると未だ暑いが確実に季節は移っている。柿も色づき始め、栗の毬(いが)も割れて来た。キンモクセイ・ゴマノハグサ目モクセイ科モクセイ属ギンモクセイ種キンモクセイ変種・中国南部原産・日本には江戸時代に入った。・雌雄異株・日本には雄株しか入っていない・雄株の花には雄しべが二本と不完全な雌しべがあるが実は結ばない(Wikipedia)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー日常の小さなできごとを愛する生活最近の出来事PhotoBlog花の写真フォトブログ匂い漂うキンモクセイ

  • 柳のオオムシクイ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)枝垂れ柳の茂みにムシクイが居た。メボソムシクイかと思ったらオオムシクイとの事だ。目も大きくパッチリしていて眉も濃かった。鳴き声もセンダイムシクイとは違う鳴き声だった。オオムシクイ・ムシクイ科ムシクイ属メボソムシクイ上種オオムシクイ種・分布北海道から大東諸島・落葉広葉樹で繁殖(日本野鳥の会)FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー柳のオオムシクイ

  • 道端のツユクサ

    CanonEFS55-250mmLンズOlympusE-PL5にて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)道端に咲く青色のツユクサ。花は小さいが青色の清々しい花だ。場所によって群青色や明るい空色などまちまちだ。一日花で午後には萎んでしまう。ツユクサ・ツユクサ科ツユクサ亜科ツユクサ属ツユクサ種・朝方に咲いて午後は閉じる・6月から9月にかけて咲く・昔は花の汁を集め織物の下絵に使われたFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー日常の小さなできごとを愛する生活最近の出来事PhotoBlog花の写真フォトブログ道端のツユクサ

  • 岸辺の森のエゾビタキ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)こんな所でエゾビタキがと言う所でエゾビタキに出逢った。川の岸辺の柳やオニグルミが生えている森だ。群れにはぐれたのか一羽の単独行動のエゾビタキだ。こちらの枝、あちらの枝と移った後見当たらなくなった。エゾビタキ・スズメ亜目ヒタキ科サメビタキ属エゾビタキ種・夏季にシベリア南部、サハリン、カムチャッカ半島で繁殖・冬季はフィリッピン、セレベス島、ニューギニアへ南下・日本へは春と秋に旅鳥として飛来・食性は動物食中心で飛んで居る昆虫を空中捕食・小さな木の実もたべることがある(Wikipedia)よりFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー...岸辺の森のエゾビタキ

  • 木蔭のキビタキ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)何とか秋のキビタキに出逢った。川端の柳の木陰にキビタキが居た。柳の小枝に邪魔されてなかなか全身は見え無い。逆光、薄暗がりと条件は厳しい。取りあえず証拠写真が撮れた。キビタキ・スズメ目キビタキ科キビタキ属キビタキ種・サハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖・冬季はフィリッピンやボルネオ島などの東南アジアで越冬・日本では夏鳥として全国の山間部基亜種のキビタキが普通に見られる(Wikipediaより)FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー日常の小さなできごとを愛する生活フォトブログ日常の小さな...木蔭のキビタキ

  • ネギ畑のノビタキ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)ネギ畑に踏み止まったノビタキ。ネギ畑でノビタキを見るのは初めてだ。草に居る青虫を専門に食べているのかと思って居た。耕やされて出た虫や土を這う虫も食べるようだ。FC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー日常の小さなできごとを愛する生活フォトブログ日常の小さなできごとを愛する生活最近の出来事PhotoBlog花の写真フォトブログネギ畑のノビタキ

  • 待ったノビタキ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)待ちに待ったノビタキ。待って居た所を飛び越えてネギ畑まで行ってしまった。ネギ畑の周辺の草叢で虫を捕っては鉄杭や枯草に飛び上がった。ノビタキ・ツグミ科ノビタキ属ノビタキ種・ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬季は南方へ渡る・東南アジア、インドでは周年見られる・日本には夏鳥として中部以北に渡来し繁殖する・本州中部以南では春、秋の渡りの時期に見られる・雄の夏羽は頭部から背中に掛けて真っ黒になる・雌は雄に比べて小さい「atakaの趣味悠久」は容量が一杯になり、張り付ける画像も少なくして居ます。「待ったノビタキ」のフルの画像を見る方は、「atakaの趣味悠久」のパート...待ったノビタキ

  • コスモスのキアゲハ

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)コスモスにキアゲハが来て居た。まばらに咲いて居るコスモスを順に渡って居た。ナミアゲハのメスに比べて少し黄色味が強い。キアゲハ・アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科アゲハチョウ族アゲハチョウ属キアゲハ種・前翅の付け根の部分が黒く塗り潰されていて、ナミアゲハと区別できる・食草はセリ科の植物・ヨーロッパからアジア、北米北西部にかけて広く分布「atakaの趣味悠久」は容量が一杯になり、張り付ける画像も少なくして居ます。フルの画像を見る方は、「atakaの趣味悠久」のパートⅡ、「atakaの趣味悠久Ⅱ」をご覧ください。直接「atakaの趣味悠久Ⅱ」に入る方は、下の青文字「a...コスモスのキアゲハ

  • 雨上がりの彼岸花

    CanonEFS55-250mmLンズOlympusE-PL5にて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)雨上がりの夕方、堤防沿いを歩いてみた。4、五日前に除草されたばかりの堤防だ。あっという間にヒガンバナが咲いて居た。ここ一、二年くらいの間に、いつの間にか咲く様になった彼岸花だ。ヒガンバナ・ヒガンバナ科ヒガンバナ属・中国原産・日本にあるヒガンバナには種は出来ないが、中国にあるヒガンバナには種が実るとのこと・ヒガンバナの仲間はリコリスの名で多く愛好されているFC2ブログランキング植物・花ランキングにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー雨上がりの彼岸花

  • 水路のカワセミ(5)

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)OlympusE-PL5にて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)水路のカワセミ、今回はオリンパスE-PL5でマニュアルで撮って見た。カワセミが直ぐに飛び去ってしまってじっくりピント合わせが出来なかった。今回のカワセミ撮りは、破損修理後のBORG89EDの試し撮りを思い立っての事だ。以前に三脚ごと倒して縁石に激突し鏡筒が破損してしまったのだ。レンズは割れなかったが光軸が狂ったようでピンが出ない気がしていた。今回の試し撮りでレンズの方はきちんと光軸が合っている事が分かった。ピントさえ合わせればBORG89EDの性能は出る事が分かった。Pentaxの1.7倍のAFアダプターでもそこそこBORGの性能は出る事が分かった。...水路のカワセミ(5)

  • ピンクの朝顔

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)水路傍の畑に咲くピンクの朝顔。今を盛りに沢山の花を咲かせている。花好きの方が野菜と一緒に朝顔を植えたものだ。FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー</spanピンクの朝顔

  • 水路のカワセミ(4)

    BORG89EDLンズ(600mmF6.7)PentaxKPにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)水路に生えた葦に留まったカワセミのお嬢。まだ下嘴全体が赤く成らず黒い部分が残って居る。胸もまだ全体がオレンジ色に成って居ない。この辺りをテリトリーにして他を寄せ付けない。すぐ呑見込める小さい魚ばかり捕って居る。FC2ブログランキング写真(植物・花)ブログランキングへにほんブログ村(c)山里2015ー写真素材PIXTAー水路のカワセミ(4)

カテゴリー一覧
商用