searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
akise_audio_music
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/akise_audio_music/
ブログ紹介文
大昔のAudioSet(McIntosh C22 MC2125, JBL 4343BWX)でクラシックを主としてJAZZ, ROCK, POPS, の'70s迄を中心に。最近 ELAC Miracord 10H入手しLPのデジタル化推進中
ブログ村参加
2010/03/12
本日のランキング(IN)
フォロー

akise_audio_musicさんの新着記事

1件〜100件

  • ジョージ・セル指揮 ウィーン・フィル:モーツァルト 歌劇「魔笛」1959年 ザルツブルク音楽祭ライヴLPを試聴

    半年前に入手した"ジョージ・セル指揮 ウィーン・フィル:モーツァルト 歌劇「魔笛」1959年 ザルツブルク音楽祭ライヴ"LP。 聴こう聴こうと思っていたが、ここに来て漸く聴く事が出来た。昨年末に入手し今年初めに試聴した「オットー・クレンペラー指揮/ルチア・ポップ(

  • Blogのアクセス解析をログから再現してみた

    音楽鑑賞疲れの気分転換に「当livedoor Blogのアクセス解析」について考察・生ログから自作集計した。アクセス解析には"アクセス数""人気記事""リンク元""ブラウザ/OS""生ログ"の五種類が直近3か月分あるが、各月の連携機能は無いので深い解析・分析は出来ない。"

  • 新年初のLPデジタルデータ化はMaria Callas: NORMA 1954年 Arias抜粋盤

    新年初のLPデジタルデータ化は「Maria Callas: NORMA 1954年 Arias抜粋盤(独EMI ELECTRA 1 C 053-01 017 M)」をオーディオセットで試聴しながら併せて行った。LPのデジタルデータ化はDENON DP-3000 のRCA出力を McIntosh C22 でイコライジングして  OUTPUT - MAIN

  • カール・ベーム - モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」全曲LP のデジタル化データを聴く

    今日は「カール・ベーム - モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」全曲(LP:MG-9303/06: 1968年)」のデジタル化データをiMac 27Inch で聴き流しにした。そう言えば2018年にデジタルデータ化してHDDの肥やしにしていた。尤も「レコードのデジタルデータ化」の目的は「久しく聴

  • 最新のLPデジタルデータ化環境

    最新のLPデジタルデータ化機材 LP再生機材  レコード・プレーヤー:DENON DP-3000 + Audiocraft AC-300 (Unipivot)   カートリッジ    :EMPIRE 1000ZE/X  ユニバーサルシェル :GRACE HS-3  シェル・リード線  :50's 海外製 Black enamel Nylon spool aw

  • Vincenzo Bellini - Norma Maria Callas, Tullio Serafin, 1960年盤を聴く

    昨日に引き続き今日は"Vincenzo Bellini - Norma Maria Callas, Tullio Serafin 1960(日EMI EAC-77229~31)"を試聴した。「1954年の全曲盤(英EMI SLS-5115)」「Maria Callas のAriasのみ抜粋盤(独EMI ELECTRA 1 C 053-01 017 M)」に比べて、この1960年盤は聴き易い録

  • Vincenzo Bellini - Norma Maria Callas, Tullio Serafin, 1954の抜粋盤を聴く

    今日は"Vincenzo Bellini - Norma Maria Callas, Tullio Serafin 1954"を試聴した。全曲盤(英EMI SLS-5115)は前回のLP大量購入時に入手して試聴したが、盤面反りが酷くて其の儘お蔵入りにしていたので、今回の購入時に再度入手したつもりだったが誤って「Maria Callas の

  • 「魔笛:オットー・クレンペラー指揮/ルチア・ポップ(夜の女王)1964年 」LP試聴

    先日投稿した「魔笛:オットー・クレンペラー指揮/ルチア・ポップ 1964年 」のLPを試聴した。  このLP(1C 165-00 031/33)は「解説・歌詞冊子」とレコード盤が西ドイツで"Electrola"レーベルで印刷・プレスされているが、それぞれレーベルの上から"ODEON"のシールが

  • アルトゥーロ・トスカニーニ:ヴェルディ 歌劇「ラ・トラヴィアータ(椿姫)」LPを入手・試聴

    今回、ヴェルディ 歌劇「ラ・トラヴィアータ(椿姫)」のLPアルバムを数点入手した中の「アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団 1946年12月1日&8日 RCA放送用録音」の珍しいLP(MELODIYA D-028159-62, 1987年製造)を試聴した。旧ソ連メロディア製という事でジャケッ

  • 手許に無い「モーツァルト:歌劇<魔笛>」を鑑賞

    先日は入手したLPのモーツァルト:歌劇<魔笛>を鑑賞したが、今日は手許に無い動画を鑑賞。このオペラの肝はやはり"夜の女王の歌唱力"で、音程が外れず余裕を持って歌い切る歌唱力が有ってこそ劇が締まるしょう。※O zittre nicht, mein lieber Sohn! (Queen of the Night

  • 「魔笛:オットー・クレンペラー指揮/ルチア・ポップ(夜の女王)1964年 」のLP入手

    「魔笛」のLPは「オトマール・スイトナー盤」「カール・ベーム盤」「ジョージ・セル盤」の3組が手許に有るが、以前より気になっていた「オットー・クレンペラー指揮/ルチア・ポップ(夜の女王)1964 」のLP(ODEON EMI 1C 165-00 031/33)が昨年末のLP大量購入で入手出来た

  • 「モーツァルト:レクイエム」を昨年末入手したワルター&ベームのLPで聴く

    新年早々にポピュラー音楽ばかり聴いていたので、昨年末に購入したLP群の中の「モーツァルト:レクイエム」を聴くことにした。映画 『アマデウス(Amadeus)』で流れるレクイエム(Requiem,Dies Iras)』 が印象的でした。                        

  • 今日はGigliola Cinquetti / L’EDERA E ALTRE FANTASIE (LP: GP 388: 1974年)を聴く

    今日は「Gigliola Cinquetti / L’EDERA E ALTRE FANTASIE (LP: GP 388: 1974年)」を聴きました。もう6年も前にデジタル化して以降、全く聴いていなかったのに驚いていますが...。当時の投稿に次のように記載していますが...。1975年来日に合わせて記念盤 (ヴェローナに

  • 正月に李香蘭(山口淑子)を聴く

    正月と云う事で昨日の朝から駅伝とラグビー・サッカーの試合をTV観戦しています。ここの所 TVで見るのはニュース関係と古いサスペンスドラマ(既に食傷気味)とスポーツ中継のみ。全般的に下らない番組ばかり(日本下げ、時間帯埋めと芸人の雇用促進?)だし、歌番組がほぼ絶

  • 新年の挨拶と今後のLPデジタルデータ化

    明けましておめでとうございます。昨夜は大晦日恒例のLP再生によるベートーヴェン 交響曲 第9番に引き続き、ヴァーグナーのトリスタンとイゾルデを聴きながらの年越しとしました。両曲共に「フルトヴェングラー指揮+オケ演奏の録音」なので、程度の差は有れステレオ且つク

  • 大晦日恒例のベートーヴェン:交響曲 第9番とヴァーグナーのトリスタンとイゾルデを聴きながら

    大晦日恒例のベートーヴェン:交響曲 第9番の対象録音LPと再生装置が決まって、いよいよ本日万難を排して再生をすることになった(大袈裟)。その前に日中は高校サッカー、夜はNHKでN響の第九コサートを聴いた(感想は書かない事に)。PM10時過ぎから第9番を聴いて、ある種陶

  • MackBook PROの音声デジタル出力がDIGI002で不具合発生

    先日、Mariah Carey のデビューLP ALBUM[Mariah Carey]のデジタル化データを PCオーディオセットで再生したとの投稿をしたが、MPlayerX のデジタル出力音声信号をDIGI002でD/AコンバートしてRCA出力をオーディオセットに接続する筈が、なぜか再生途中で音切れに...。DIGI00

  • 動画とサウンドトラックを共に鑑賞したい映画は

    自身がかつて観た海外映画で手許にサウンドトラック盤LPが有る(音楽が重要な役割を持ている)のが・Slow Dance in the Big City(邦題: ふたりでスローダンスを)1978年・Kramer vs. Kramer(邦題: クレイマー、クレイマー)1979年・The Beatles: HELP! (Original Motion

  • Mariah Carey デビューLP ALBUM[Mariah Carey]デジタル化データを聴く

    クラシックの曲ばかり聴いて少し疲労感があったので、今日は半年振りに Mariah CareyのデビューLP ALBUM[Mariah Carey]を聴こうと思ったが、複数カートリッジでのデジタル化データが有ったのを思い出してPCオーディオで聴き比べた。Mariah CareyのデビューLP ALBUM[Mariah

  • プッチーニ:オペラ「蝶々夫人」LP四種を入手

    少し前に「Maria Bieşu(マリア・ビエシュ)の「Cio-Cio-San(蝶々夫人)LP入手」の投稿をしたが、同時期にRenata Tebaldi, Victoria de Los Angelesの同LPも入手していた。尤もVictoria de Los Angeles は望みの録音(Gianandrea Gavazzeni指揮 1954年)では無かったのが

  • 大晦日に聴く「第9番[合唱]」のLPと再生装置

    大晦日の「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」の理想的な視聴に向けて、フルトヴェングラー三種の録音LPをDENON DP-3000 SET+ EMPIRE 2000(US 40's Vintage enamel x2 Twisted wire)とオーディオ・メインシステム(AMP + SP)で視聴しています。対象LPは1943年・195

  • チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番をホロヴィッツとリヒテルで聴く

    今日はチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番をホロヴィッツとリヒテルで聴いた。共に手持ちのレコードが殆ど無いので、当然その演奏を聴く機会も殆ど無い状態で、その演奏スタイルは伝聞レベルで知る程度(ホロヴィッツはベートーヴェンの)。昨年末にホロヴィッツ盤を入手

  • 一昨日夜の「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」を別カートリッジで視聴する

    大晦日の「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」の理想的な視聴に向けて、フルトヴェングラー三種の録音LPをDENON DP-3000 SET+ EMPIRE 2000(US 40's Vintage enamel x2 Twisted wire)とオーディオ・メインシステム(AMP + SP)で視聴しています。昨夜書いたように一

  • 昨夜・今夜も「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」視聴

    大晦日の「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」の理想的な視聴に向けて、フルトヴェングラー三種とカラヤン1977年11月18日の録音LPを聴き進めています。LP再生装置は DENON DP-3000 SET+ EMPIRE 2000(US 40's Vintage enamel x2 Twisted wire)フルトヴェングラー指

  • 越路吹雪:ロングリサイタル '69 を聴く

    今日は 入手した「越路吹雪:ロングリサイタル '69」 を検盤・清掃して現行メインシステムで聴いた。手許の越路吹雪のLPレコードは以下の4点が有るが・越路吹雪大全集(LP: TP-8046〜48 : 1969年?)・越路吹雪 ‎– RECITAL '72 越路吹雪(LP: TP-8212-3: 1972年)・越路吹

  • 大晦日に聴く「第9番[合唱]」の再生装置

    大晦日に聴く「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」のオーディオセットが決定!年初にRecord playerを不調の VICTOR JL-B44 から DENON DP-3000 SET に更新して、併せてRecord cartridge & wire 線周りの選定を含めて既に春先にはほぼこの構成で固まってはいましたが.

  • ブーニン 1985年 ショパン・コンクール・LIVE I(LP VIC-28225 1986)を聴く

    今回の釣果で入手した、初めてのスタニスラフ・ブーニン(STANISLAV BUNIN)の音源。1985年当時の報道は見聞きしていたものの自身にとってのピアニストは1970's迄の演奏者達。今回入手したのはブーニンがショパンコンクールで演奏した全演奏をLP3枚に収録した中の1枚目の「シ

  • Kindle Fire HD(2014)が動画再生時に不具合発生

    先に入手した獨逸盤LP"ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》全曲"の本格視聴前の聴き込みを継続するも、突然の別 LP入手で且つオートチェンジャー用だったのでハカラズモLP再生音を聴く事となった。LP再生以前にこの楽劇演奏を把握する事が必須で、その為にわざわざLP再生す

  • ルービンシュタイン:ショパン - マズルカ全曲LPをオートチェンジャーで聴く

    今年も去年と同時期・同様にクラシックのLPを大量購入したが、中には残念な盤も含まれる。先日の「フルトヴェングラー、フラグスタート「トリスタンとイゾルデ」〜〜 米国盤LP(オートチェンジャー用レコード)」を ELAC MIRACORD 10H(オートチェンジャー用スピンドル)で聴

  • フルトヴェングラー、フラグスタート「トリスタンとイゾルデ」1952年録音の1959年米国盤LPを早速連続再生へ

    前日紹介したLPを早速再生してみた。今回購入の米国盤 (Angel Records – 3588 E/L)は1959年製造との事で62年前の製造。絵が古めかしいがかなり状態の良い外箱で、盤もスレ・傷・ヒゲが皆無で殆ど再生された形跡がない状態。1番の特徴はオートチェンジャー対応(1,10,

  • フルトヴェングラー、フラグスタート「トリスタンとイゾルデ」1952年録音LPの1959年米国盤を入手

    今年のLP大量購入の最大釣果の次点は「フルトヴェングラー、フラグスタートの「トリスタンとイゾルデ」1952年録音LP」の米国盤(1959年製造)。今年の6月にオーストリアから獨逸盤(1975年製造)を結構高額(購入金額+送料)で購入したが、今回の米国盤は総額で獨逸盤の五分

  • Maria Bieşu(マリア・ビエシュ)の「Cio-Cio-San(蝶々夫人)」LPを入手

    今年も去年と同時期・同様にクラシックのLPを大量購入へ。最大釣果は「Maria Bieșu:Puccini: Madama Butterfly/ cond:Mark Ermler, Bolshoi Theatre 1972」。Maria Bieșu を知ったのは"Vincenzo Bellini: Norma - Casta Diva"の動画から この時の感想は"数有る歌姫の中で

  • 大晦日に聴く「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」は...。

    一月ほど前の書き込みで書いた事。>年末恒例の「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」視聴の準備を始めました"と投稿して...。>まあっ、時間を見つけて聴くだけですが...。(通年でも聴いているし) >対象指揮者は Wilhelm Furtwangler と Herbert von Karajan で、且つライヴ!

  • シャルル・ミュンシュ指揮/ボストン交響楽団のLP「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」のその後

    先日の投稿でシャルル・ミュンシュ指揮/ボストン交響楽団の同曲(1958.12.21,22録音)のLPを再生(EMPIRE 2000+抜けの良いシェルリード線)聴いて、低域不足で中域もイマイチな再生音"だったので別カートリッジを含めて最適な再生音を探ぐる云々書いたままで...。その後に

  • シャルル・ミュンシュ指揮/ボストン交響楽団の「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」を聴く

    先日の「年末恒例の「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」視聴の準備」で フルトヴェングラーとカラヤンのLPを数度聴いているが、序でにシャルル・ミュンシュ指揮/ボストン交響楽団の同曲(1958.12.21,22録音)"を聴く事にした。この演奏は手許の「河出書房 世界大音楽全集 第5巻

  • アシュケナージ/ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番(1970)を聴く

    気分転換に久し振りに"アシュケナージ/ラフマニノフ ピアノ協奏曲"を聴く事に。手許には 1977年来日記念LPの"ラフマニノフ ピアノ協奏曲全集(SLE 1001/3)"があるが...。以前数度聴いた「アシュケナージのピアノ演奏(録音)には気乗りしない」自分がいた。のは「あま

  • Blog上での YouTube動画のチョットした使い方を試してみた

    今回 YouTube動画のチョットした使い方を試したのは以下の2点。 1.LPの曲の並びに合わせて記事に収録曲名の後ろに動画埋め込み(曲再生に絞った大きさ) 2.LPの曲順に個別動画を再生リスト化(YouTUbe機能)2016/05/12 投稿記事で試してみると...。「Edita Gruberova

  • 今日はBlog上での YouTube動画のチョットした使い方を試してみた

    今日はBlog上での YouTube動画のチョットした使い方を試してみた。Blog自体今は死に体のコンテンツでしょうが !? とWebを調べると、寿命が"3ヶ月で8割、半年で5割、1年経てば1割しか残らない"との事に驚く。このBlogは2005年から細々と16年続けていますが、まあっ日記のよ

  • 年末の「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」視聴の準備

    年末恒例の「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」視聴の準備を始めました。まあっ、其れ程大した事では無く、時間を見つけて聴くだけですが...。(通年でも聴いているし) 対象指揮者は Wilhelm Furtwangler と Herbert von Karajan で、且つライヴ!其々片手以上のLPが手許に有るが

  • フルトヴェングラー、フラグスタート「トリスタンとイゾルデ」1952年録音LPを聴く前に

    フルトヴェングラー、フラグスタートの「トリスタンとイゾルデ 1952年録音」のLPは獨逸盤 (ELECTROLA: 1 C 147-00 899/903, 1974年プレス)を今年6月にオーストリアから取り寄せて再生出来る状況にあるが、LP再生以前にこの演奏をシッカリ把握する事が必須なので、日々

  • エフゲニー・キーシン:ラフマニノフ - ピアノ協奏曲第2番 2014年動画

    休日のYouTube巡回で遭遇した"Evgeny Kissin : Rachmaninov - Piano Concerto No.2(2014年)"を初めて動画で聴いて"オーケストラとピアノの一体感の無さ"にひどく違和感を感じて2000年の演奏を聴いてみるとそんな事は無買ったのでピアノ演奏の問題では無いと...。余りに

  • エフゲニー・キーシン:ラフマニノフ - ピアノ協奏曲第2番 2000年 vs 2014年

    休日にYouTube巡回していて"Evgeny Kissin : Rachmaninov - Piano Concerto No.2"が目に飛び込んできた。 彼の名は知ってはいたが演奏は未聴だったので早速聴く事に...。その前に、自身のベストの"ラフマニノフ - ピアノ協奏曲第2番"は ルービンシュタイン & オーマンデ

  • Barbra StreisandのLP「Memories」を聴く

    先日"Barbra Streisand"のYouTube動画について投稿したが久し振りにレコードで聴きたくなった。手元のアルバムを調べてみると、LP6枚(内ベスト1枚)CD1枚有って聴く回数が多いのはLPの「Memories」「Wet」「No More Tears (Enough Is Enough) - 45回転」位かな?で LP「Me

  • キルステン・フラグスタートの1935年MET「トリスタンとイゾルデ」

    キルステン・フラグスタートの1935年MET「トリスタンとイゾルデ」が YouTubeで 9/18にプレミア公開との事でブックマークに追加しておいたがスッカリ失念(老化現象)していて今日思い出す。「プレミア公開」の意味が分からないので既に公開終了しているか?と思って動画を開

  • 耳休めに「スキヤキ」でも

    東京オリンピックが終わって早1ヶ月が過ぎた。振り返ると「兵どもが夢の跡」で、競技以外で気を引いたのが閉会式での東京スカパラダイスオーケストラ演奏による「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」だった。坂本九の歌う楽曲で、1964年東京オリンピックの前年に米国のビルボード

  • Barbra Streisand のYouTube Official Video を観る&聴く

    当Blogの或る記事のLINK からYouTube動画を再生していて「Barbra Streisand, Céline Dion - Tell Him(Official Video)」を発見・再生してみると以前の記憶より画質・音質共に向上していた。以前の動画は確か画像解像度480p位の記憶があったので、確認すると2011年UPの480

  • Maria Biesu の "Casta Diva" (Bellini: Norma, Act 1) について

    最近「Livedoor.Blog のスマートフォンでの一括表示」用に"記事の見出し画像"を追加している。過去の各記事への追加は最小にしたいので、Blogの"アクセス解析-生ログ-閲覧記事"で閲覧された記事について"記事の見出し画像"を随時追加している。Maria Biesu の "Casta

  • フルトヴェングラー、フラグスタート「トリスタンとイゾルデ」1952年録音を本格的に聴くには

    特に早々の入手を目指していなかったが、到着した「フルトヴェングラー、フラグスタートの「トリスタンとイゾルデ」1952年録音獨逸盤LP」は開梱・内部確認しただけで二ヶ月余り放置状態。LP再生以前にこの演奏をシッカリ把握する事が必須で、その為にわざわざLP再生する

  • バッハ 平均律クラヴィーア第1集を手持ちLPデジタル化音源で聴き直す

    ブランディーヌ・ヴェルレ演奏のチェンバロ(クラヴサン)曲の話題を続けているが、手持ちLPのチェンバロ(ピアノ)の大曲に「バッハ 平均律クラヴィーア集」がある。その手持ちのLP「バッハ 平均律クラヴィーア集」は以下の通り(とても他迄は手が廻らない)・スヴャトスラ

  • ゴルトベルク変奏曲に輪廻を感じるか?

    此処のところ、ブランディーヌ・ヴェルレ:チェンバロ(クラヴサン)演奏の「ゴルトベルク変奏曲」冒頭のAriaが不意に頭の中に鳴り響いてくる(^_^;この変奏曲群から受ける魅力は「冒頭のAria(主題)を続く変奏(Variations)群が間断なく次々に演奏され最後に冒頭のAriaに

  • マドンナの初期LPアルバムを再生してみる

    LP所有の洋楽女性ボーカル(古い表現)の記事を書いた序でに、他の女性ボーカルを聴く事に...。有名所では"Madonna(マドンナ)"の初期(1980's)に大ヒットしたアルバムでも...。手元には"Like a Virgin""True Blue"の二枚のLPが有るが、積極的に入手したものでは無か

  • 自身に於けるミュージシャンの存在状況とは...。

    つれづれに...。自身が聴く音楽(曲)を選択する端緒は、或る曲に遭遇・選択した時点で「気に入ったパフォーマンスが固定化される」ので、その後に別路線等へ移行した場合は其処からは聴く対象からは外れて仕舞う。と。謂うことは遭遇時点で無意識で有れ「既に完成している」

  • ブランディーヌ・ヴェルレ(クラヴサン)のゴルトベルク変奏曲を聴く

    「Glenn Gould-THE Goldberg Variations, BWV 988」の投稿にアクセスが有ったので確認すると"動画のLINK切れ"が多発していたのでLINK貼り直しと動画の組み合わせを変更した。1955年6月録音のグレン・グールドの演奏はやはり馴染めない。いやグレン・グールド自体が...。手

  • べートーヴェン 交響曲第3番「英雄」変ホ長調 作品55 を聴く

    手持ちのフルトヴェングラーの三種のべートーヴェン 交響曲第3番をあらためて聴いて「1952年11月26、27日のVPOとのスタジオ録音」が自身に一番フィットする事を再確認出来た。手持ちのべートーヴェン 交響曲第3番には他の指揮者・オーケストラのモノも多く有るが、感慨深いの

  • フルトヴェングラー BPO 1952.12.7, 8:べートーヴェン 交響曲第3番「英雄」変ホ長調 作品55 を聴く

    此処一年"ヴァーグナーの楽劇"を集中的に聴いてきて精神的には可成りのダメージを溜めることに...。そこで気分転換に他のクラシック・他ジャンルの音楽を聴いて来たけれど中々解消出来ずにいた。「東京オリンピックの男子自転車ロード(7/24:6h5m)」のWeb動画を二日掛かり

  • 楽劇《トリスタンとイゾルデ》~前奏曲と愛の死(ワーグナー)

    到着した「フルトヴェングラー、フラグスタートの「トリスタンとイゾルデ」1952年録音獨逸盤LP」は未だ再生出来ていない。なので、安直に此方のサイトで「前奏曲と愛の死(歌唱)」を聴いている。とは謂え、Wilhelm Furtwängler + Flagstad,  Karl Böhm + Birgit Nils

  • 「モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲」の聴き比べ

    「魔笛」のLPは「オトマール・スイトナー指揮」「カール・ベーム指揮」の二組が手元に有るが、先日記事にした「エーリッヒ・ラインスドルフ指揮のヴァーグナー楽劇二種のLP」の入手に併せて「ジョージ・セル指揮 ウィーン・フィル 〜〜「モーツァルト 歌劇「魔笛」」のLPも入

  • Ida Presti ‎– The Art of Ida Presti - Studio Recordings, 1938/1956

    アンドレス・セゴビアの投稿にアクセスがあったので記事を開くも全てのリンク先が再生不可に...。即対応は出来ないので後日別動画を探してリンク貼り直しする予定にした。再生不可のYouTube画面のサイドに"Ida Presti"のアイコンが表示されていたので再生してみた。クラシ

  • Mariah CareyのデビューLP ALBUM"Mariah Carey"を半年振りに聴く

    昨年秋口に入手して暫くは頻繁に聴いていた「Mariah CareyのデビューLP ALBUM"Mariah Carey"」を半年振りに聴いた。当初は米国CD盤で可成り気に入った再生音を聴く事が出来て満足はしているのだけれど...。LP盤の再生音を聴きたくなったのは、咋春購入したシェルリード線

  • Robert Schumann:Frauenliebe und -leben(女の愛と生涯)を年代順に鑑賞

    ロッテ・レーマン「Robert Schumann:Frauenliebe und -leben(女の愛と生涯)」を久し振りに聴いて、他の歌手は如何だろうか? と検索・掲載してみた。ざっと流し聴きしてみると、矢張りなのか? 本人と同じで古い録音の方が心にしっくり来る。一応、年代順に掲載してみた

  • ロッテ・レーマンのLiebestod(Tristan and Isolde)を聴いて...。

    先日の「ワーグナー「楽劇《トリスタンとイゾルデ》~愛の死」をフラグスタートを中心に鑑賞」でロッテ・レーマンのLiebestod(Tristan and Isolde)を掲載したがSP動画が有ったのを思い出した。その動画を探し出して再生すると明らかに以前の動画(復刻CD?)とは違って鮮度の

  • 楽劇《トリスタンとイゾルデ》~愛の死(ワーグナー)をフラグスタートを中心に鑑賞

    キルステン・フラグスタート(イゾルデ)が唄う「トリスタンとイゾルデ」のLPが4種(1936, 37, 41, 52)揃った。既に各録音ともYouTube上で視聴済みだが、当然ながらデジタルリマスターされたCD・DVD・FLAC等媒体からUPされた音源で、手元に必要で有ればパッケージを購入すれ

  • フルトヴェングラー、フラグスタート「トリスタンとイゾルデ」1952年録音獨逸盤LP開梱

    到着した「フルトヴェングラー、フラグスタートの「トリスタンとイゾルデ」1952年録音獨逸盤LP」の段ボール箱を早々に開梱・内部確認した。出て来た「LP5枚組みボックス」の外装はほぼ新品状態で、先の某国内オークションサイトのかなり痛んだボックスモノとは運伝の

  • フルトヴェングラー、フラグスタート「トリスタンとイゾルデ」1952年録音獨逸盤LPスタンとイゾルデ」1952年録音獨逸盤LP到着

    「フルトヴェングラー、フラグスタートの「トリスタンとイゾルデ」1952年録音獨逸盤LP」のeBay落札で即PayPal支払いして、出品者からの3日後の国際輸送手続きをeBay上のデリバリ項目で確認したが...。その後一週間はデリバリ項目追加も無く、少々心配になったのは以前の様な

  • フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア管、キルステン・フラグスタートの1952年録音獨逸盤LP落札

    ここ半年でキルステン・フラグスタート(イゾルデ)の唄っている「ヴァーグナー:トリスタンとイゾルデ」のLPは1936年,37年のコベントガーデンと1941年のメトロポリタン歌劇場の三種類が揃った。尤も最終的には「フルトヴェングラーとの1952年録音」の入手が願望なのだが...

  • ジョージ・セル指揮 ウィーン・フィルの1959年ザルツブルク音楽祭「モーツァルト 歌劇「魔笛」」のLP入手

    先日記事にしたエーリッヒ・ラインスドルフ指揮「ヴァーグナー楽劇二種のLP」を入手する際に併せて入手したのがこの「ジョージ・セル指揮 ウィーン・フィル 〜〜「モーツァルト 歌劇「魔笛」」のLP。「魔笛」は既に「オトマール・スイトナー指揮」「カール・ベーム指揮」の2

  • エーリッヒ・ラインスドルフ指揮のヴァーグナー楽劇二種のLP入手、

    前回(昨年末)のLP大量入手から半年経過して、少量ながらヴァーグナーの主要楽劇の内未入手分をメインに入手を開始した。実は手持ちのLP「ニーベルングの指環」の内、フルトヴェングラー(53年ローマRAI)を聴き流しとは云え三度(14h x 3 = 42h)聴いていたのでかなりの精

  • プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」8種を鑑賞

    プッチーニの「トゥーランドット」はここ数年で漸く鑑賞し始めた歌劇です。と謂うか、イタリアオペラ全般もですが...。従来よりフィギュアスケート等で"Nessun dorma(誰も寝てはならない)"が流れていたので、その存在と音楽の傾向はある程度了解していました。が、そうそ

  • ズスケSQ 弦楽四重奏曲 第7・8・9番『ラズモフスキー四重奏曲集』LP音源を聴く

    2年前に「YouTube上でズスケ・カルテットのベートーヴェン 弦楽四重奏曲が聴ける」と書いたが、その時のソースはCDからだった。手許の『ラズモフスキー四重奏曲集』は当然LPで、二セット有るのでオートチェンジャーで全曲連続再生・視聴できるし、視聴時の集中・緊張度合いが

  • 「カール・リヒター指揮のバッハ マタイ受難曲 BWV. 244」の録音四種類

    「カール・リヒター指揮のバッハ マタイ受難曲 BWV. 244」の録音は四種類ある ・1958年:セッション録音 ・1969年:東京文化会館ライヴ ・1971年:スタジオ収録  ・1979年:セッション録音が、手許には1958録音のLPが有るのみ(筑摩書房企画の J.S.BACH 3 バッハ全集III

  • Diamonds And Rust · Joan Baez から"Jesse"を聴く

    約一年前の五月連休中に入手した LP「Diamonds And Rust · Joan Baez」を改めて聴く事にした。やはりキチンと唄える歌手は聴いていて安心だし、説得力のある歌唱には心地よい心持ちになる。アルバム全曲駄作は無く、特に"Jesse"が心に沁み入る。"Jesse"は Janis Ian が

  • 「モーツァルト:魔笛 - オトマール・スイトナー指揮 1968年ブエノスアイレス公演」を通しで聴く

    先日遭遇した「モーツァルト:魔笛 - オトマール・スイトナー指揮/ペーター・シュライアー 1968年ブエノスアイレス公演」のYouTubeでのLIVE音源を通しで視聴した。アルゼンチンのコロン劇場で「ブエノス・アイレス・テアトロ・コロン管弦楽団」と謂う事で、初めて聴くオー

  • モーツァルト:魔笛 - オトマール・スイトナー指揮/ペーター・シュライアー1968年ブエノスアイレス公演

    以前「オトマール・スイトナー指揮 シュターツカペレ・ドレスデンの1970年 モーツァルト:魔笛(LP: EURODISK - OP-7190~92-K: 1976年)」のデジタル化で記事を書いたが、YouTube上に同演奏動画(オーディオのみ)が無かったので、1980年3月12日 東京文化会館のライヴ動画

  • 演奏比較:NHK教育テレビの番組「ピアノのおけいこ」から...。

    ブログ「audio identity (designing)」の「五味康祐-いい音いい音楽-FM放送に教えられたこと」に「日本に生まれたかぎり、なまじピアニストになどなろうと思わず、オーディオで楽しんでいるほうが賢明らしい。」との記述があった。それは「NHK教育テレビの番組「ピア

  • カール・ベームの「ニーベルングの指環」から"第二夜 ジークフリート"を通しで聴いた

    久々にカール・ベームの LP「ニーベルングの指環(1966~67年のバイロイト祝祭LIVE)」の"第二夜 ジークフリート(LP 4枚 8面:3時間45分)"を通しで聴いた。カール・ベームの「ニーベルングの指環」は昨年12月に全四夜分を入手したものの、同時に入手したフルトヴェングラ

  • 映画(逢びき 1945年)とラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18」

    ルービンシュタイン・オーマンディ指揮/フィラデルフィア管絃楽団の「ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18」のYoutube動画が消失したので「フリッツ・ライナー 指揮/シカゴ交響楽団 1956」の動画に差し替えておいた。「オーマンディ指揮/フィラデルフィア」が

  • アルトゥール・ルービンシュタイン - ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(1971年 オーマンディ指揮・フィラデルフィア管絃楽団)を聴く

    ここ数ヶ月は特に重たい楽劇(歌劇)を聴き込んできたので、他のジャンル(主にクラシック以外)の音楽を聴いてはいたものの中々リフレッシュ出来ずにいた。で、閲覧履歴を見ていてこの曲の記事が目に留まったので、試しに聴いてみると晴れやかな心持ちになった。この演奏(L

  • フルトヴェングラーのヴァーグナー 楽劇「ニーベルングの指環」の聴き流し用システム

    引き続き、フルトヴェングラーのヴァーグナー 楽劇「ニーベルングの指環(1953年10~11月、ローマRAI交響楽団:演奏会形式の放送用Live録音)」LPの本格試聴前に、準備試聴をYoutube動画で代用していて漸く第3日 『神々の黄昏』まで漕ぎ着けた。尤も聴き流しなのでオーディオ

  • FRITZ BUSH「DON GIOVANNI(Turnabout TV 4117-19:1936.6.29~7.5」を聴き直す

    引き続きワーグナー「ニーベルングの指環」の各楽劇(全篇)を Youtube 動画で聴いています。が、可成り食傷気味なので「シェルリード線交換時にデジタル化」した"MARIAH  CAREY""Paul McCartney"等をオーディオシステムで聴いて気分をリフレッシュさせています。各シェ

  • フルトヴェングラー:ヴァーグナー 楽劇「ニーベルングの指環」1953年10~11月、ローマRAI交響楽団 放送用Live録音を安直に聴く

    先日の「1950年 ミラノ・スカラ座ライヴ録音を安直に聴くには」でLP本格視聴前の準備試聴段階でYoutube 動画を試聴に利用しようと、試しに「Youtube 動画をMacBook Proのブラウザで再生し digi 002 で DAコンバート・RCA出力をオーディオシステムに接続し音出しする」と「ま

  • フルトヴェングラー:ヴァーグナー 楽劇「ニーベルングの指環」1950年 ミラノ・スカラ座ライヴ録音を安直に聴くには

    先日の下記LP連続再生での盤面掛け替えに可成り気疲れした ・ハンス・クナッパーツブッシュ指揮・バイロイト祝祭ライヴの「パルジファル(1962年 5LP)」 ・カール・べーム指揮・バイロイト祝祭ライヴの「ジークフリート(1966年 4LP)」ので、今後は曲自体に慣れるのに「You

  • 引き続きワーグナーの各楽劇(全篇)を順次聴く事に

    年が改まって引き続きワーグナーの各楽劇(全篇)を聴く事に。ハンス・クナッパーツブッシュ指揮・バイロイト祝祭ライヴの「パルジファル(1962年 5LP)」から...。昨年末同様に日本盤にも拘わらず「音質と音の抜けの良さ」を感じたのは、新たに購入・交換した「シェルリード線

  • カラヤン・ベルリンフィル / ワーグナー管弦楽曲集(CD: EMI TOCE-14078)を自宅で発見

    カラヤン・ベルリンフィル のワーグナー管弦楽曲集(1974年録音)は以下の媒体がある。・LP:Angel EAC-47228-9(二枚組)・CD:EMI TOCE-14077(第1集)、14078(第2集)その内、手元に無いのが 「CD:TOCE-14078(第2集)」で、その代用に「エフ・アイ・シー ANC-30」を入

  • シェルリード線交換前後のレコード再生音比較の前に

    一連のシェルリード線交換でレコード再生音の高音質化が顕著になった。交換の途中から「前後の再生音の違いを残す必要が有る」と気が付いてから「新旧の再生音をデジタル化して保存」していたので、これからジックリ違いを確認しようかと。デジタル化対象のリード線は二次分

  • レコードプレーヤー周りの変更点一覧

    昨年のレコード再生機器周りの変化は"リード線交換""ターンテーブル追加"だった。◆変更点・ELAC Miracord 10H 専用ヘッドシェルの断線したリード線交換(awg24 ハンダ直付け加工)・EMPIRE 1000ZE/X に1950年代 海外製Brown enamel &ナイロン糸巻き awg27 の購入・E

  • Paul McCartney 1970's LPアルバムを聴き比べる

    昨年12月に2度程LPでクラシック(オペラ等、交響曲)を集中的に聴き込んだので、前回同様に気分切り替えにその他の洋楽を聴く事に。翻って、洋楽で初めて入手したのは高校時代の THE BEATLES の解散を報じるニューを聞いて即購入した"LET IT BE"で、その後は少しずつ同グル

  • 新年と謂う事で「ビバルディ・調和の霊感(クラウディオ・シモーネ)」を聴く

    新しい年が明けました。今年も大過なく過ごせます様に。今日元旦は朝からTVでスポーツ観戦三昧。ニューイヤー駅伝、サッカー天皇杯決勝(川崎F vs G大阪)、高校サッカー(東福岡 vs 桐蔭学園)。高校サッカー(東福岡 vs 桐蔭学園)は決勝かと思ったら、何と1回戦とは勿体無

  • カラヤン/ベルリン・フィルのベートーヴェン:交響曲 第9番 二短調 作品125「合唱」を聴きながら越年

    今年はフルトヴェングラーのLPを多数入手したので、その中の「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」」の三種類を年末に聴いた。で、例年通り恒例の「カラヤン/ベルリン・フィルの 第9番 」のデジタルデータを聴きなが越年する。1977年11月18日(金) ベートーヴェン・

  • 年の瀬に「フルトヴェングラー:ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」のバイロイト・ルテェルン を聴く

    年末恒例の「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」視聴は Wilhelm Furtwangler のLPで!手元の「フルトヴェングラー:ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」」の対象LPは下記三点。・1942年3月22〜24日:ベルリン・フィル、ブルーノ・キッテル合唱団(Turnabout TV 4346/47)・1951年

  • クナッパーツブッシュの ヴァーグナー 舞台神聖祭典劇「パルジファル」の取り敢えずの試聴は終了

    昨日に引き続き「ハンス・クナッパーツブッシュの 1962年バイロイト「パルジファル」 LP : SFL-7793~7 1970〜74年」の4枚・5枚(第二幕途中から第三幕(終幕)まで)を聴く。今回は初聴なので劇の簡単なあらすじを読んでの視聴で、歌唱も器楽同等に演奏として聴く事に。昨日

  • ヴァーグナー 舞台神聖祭典劇「パルジファル」を聴き始めたが...。

    今年の年末恒例の「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」」視聴は、昨日のフルトヴェングラー「1942年3月22〜24日:ベルリン・フィル、ブルーノ・キッテル合唱団」から始まったが...。処がいきなり「第9に些か食傷気味」になって仕舞ったのは、第三楽章の演奏が気にな

  • Brahms : Symphony No. 1 in C Minor, Op. 68 - Karl Böhm, V.P.O. 17.3.1975

    今年春にYouTube にUPした動画です。1975年3月19日の NHKホールに於ける「カール・ベーム指揮、ウィン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会」から気分転換に! リフレッシュ出来てスッキリしました。宜しければクリックを    

  • 年の瀬に「1942年 フルトヴェングラー:ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」を聴く

    年末恒例の「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」視聴は Wilhelm Furtwangler のLPでとした。手元の「フルトヴェングラー:ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」」の対象LPは下記三点。・1942年3月22〜24日:ベルリン・フィル、ブルーノ・キッテル合唱団(Turnabout TV 4346/47)

  • 年の瀬に「フルトヴェングラー:ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調「合唱」を聴く予定

    今日から大晦日までLPレコードで「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」を視聴する事にした。今年は「ベートーヴェン生誕250周年」でしたが COVID-19 の影響で記念演奏会や各種イベントが中止に追いやられている様です。自身は秋口から「フルトヴェングラー」のレコードを数多く収集し

  • 引き続きLPアルバムを再試聴(Eagles、Jim Hall)

    女性ボーカルのLPアルバムを続けて試聴したので、今日は男性ボーカルを聴きたくて...。此処のところ、歌劇/楽劇を集中的に聴いていたので気分のリフレッシュが必要で、且つターンテーブルとカートリッジ(&シェルリード線)を一新した事もあり手持ちLPの聴き直しは必要だっ

  • EMPIRE 2000の試聴:シェルリード線交換前後で

    今後回転数に不具合が出そうなターンテーブル(VICTOR JL-B44)の代替機を早々に導入した。代替機は「DENON DP-3500(専用キャビネット+DENON DP-3000)+ トーンアーム Audiocraft AC-300(Unipivot) + カートリッジ EMPIRE 2000」の組み合わせ。EMPIRE のカートリッ

  • リフレッシュと機材変更に伴い米国R&B女性ボーカルのLPアルバムを再試聴

    先日の「CAROLE KING / TAPESTRY」に続いて、今日は米国R&B女性ボーカルのLPアルバムを続けて試聴した。此処のところ、歌劇/楽劇を集中的に聴いていたので気分のリフレッシュが必要で、且つターンテーブルとカートリッジ(&シェルリード線)を一新した事もあり手持ちLPの聴

  • 今更ながらダイレクト・ターンテーブル(DP-3000)を導入

    1970's中頃より使用中のターンテーブル(VICTOR JL-B44)の回転数が怪しくなりつつある。常用のLP用 33回転(33. 1/2回転)は起動時に若干のズレが出るものの調整ボリュームでストロボスコープを固定出来るが、45回転は調整時に回転が不安定で調整出来るギレギリの状態だと思

  • NHK BSのプレミアムシアター「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」放映を視聴したが...。

    いよいよ年も押し迫った今日、NHK BSのプレミアムシアターで「BEETHOVEN SYMPHONY NO.9」を放映するとの事で視聴したが...。演奏を聴きながら「指揮者のサイモン・ラトルは苦手」だったのを思い出した。ベルリン・ フィルの首席指揮者時代の演奏を動画で少なからず鑑賞したが

  • アリア集LPで気分リフレッシュ

    此処の処、歌劇・楽劇ばかり聴いていたので少々食傷気味。なので並行して入手したアリア集LPの一部 Victoria De Los Angeles、Montserrat Caballé、Deborah Sasson を聴く事にしました。Victoria De Los AngelesMontserrat CaballéDeborah Sasson宜しければク

ブログリーダー」を活用して、akise_audio_musicさんをフォローしませんか?

ハンドル名
akise_audio_musicさん
ブログタイトル
akise_audio_music
フォロー
akise_audio_music
カテゴリー一覧
商用