chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ゆり子の隠れ家・シニアライフログ https://seniorlifelog.blog.fc2.com/

希望を持って老いと病を受け入れ、重たい荷物を一つずつ下ろしていきます。

60代持病ありのWebライターです。夫と姑と同居しています。

友莉子
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/11/11

arrow_drop_down
  • 夏服の断捨離!手入れしにくい服を捨てると家事もラクになりすっきり

    季節外れ?断捨離がすすんで衣替えしなくていい箪笥になってきましたが、迷っていた服を数枚捨てました。捨てたのは、手入れしにくい服(アイロンがけが必要な服)です。わが家は夫婦ともに綿100%で肌触りのいい服が好きでしたが、手間のことを考え、まずは私の綿100%のブラウスやカットソーから処分。夫のワイシャツも、綿主体からアイロン要らずの混紡のものにしている最中です。ワイシャツ 半袖 メンズ 形態安定 クールビズ ...

  • 母の自治会不参加問題のその後、これから先

    前回の記事の続きです。高齢者が自治会活動できなくなると近所から責められ孤立する母が父とともに自治会役員をしたのは、10数年前。それ以来、役は回ってきていない状態でした。母が一人になり80代半ばになってから役員の依頼をされ、母は自信のなさから辞退させてほしいと申し出たようですが、別の日にまた数名の役員さんが訪問され、○○さんだけ特別というわけにはいかないと言われたそうです。母からの伝聞なので、多分に被害者...

  • 高齢者が自治会活動できなくなると近所から責められ孤立する

    母は長い間ひとり暮らしをしていましたが、70代のうちはまだまだ元気で、寂しいとか、この先どうなるんだろうとかという不安を口にすることはありませんでした。本当のところはわかりませんが、私達子どもは、母が大人しいことに甘えて、深く考えないようにしていた部分もあります。でも、母が80代になってからは、そうもいっていられなくなりました。大人しかった母が、不安と不満をたびたび口にするようになったからです。自治会...

  • やめられない美味しさ「クルミッ子」

    美味しくて栄養価も高いお菓子「クルミッ子」今日は美味しいものを一つ紹介します。「クルミッ子」は癖になる美味しさで、小分けもしやすい可愛いお菓子です。前に友達がお見舞いに送ってくれて以来、大ファンになりました。歯ごたえのいいくるみがぎっしり詰まっているうえに、甘さとほろ苦さが混ざったキャラメル味もしっかり感じます。製造元は神奈川県にある鎌倉紅谷さん。くるみが身体に与える効果くるみには、健康に良いもの...

  • 捨ててもすっきりしない…60代の断捨離は考え方を変えてすすめる

    60代の断捨離の壁を低くするさあ断捨離!と思って始めたけれど、途中で嫌になってあきらめかけたことがあります。捨てても捨てても、まったくすっきりした感じがしませんでした。物が多すぎたからそう感じたのでしょうが、ゴールはどこなのかと途方にくれてしまって。その時に子供から言われた言葉が、今も忘れられません。「もっと人に頼れば?」と言われたのです。私の実家の片付けでしんどい思いをしてきたので、自分は子どもに...

  • 辛い。同じ自慢話をくりかえす人とうまく距離をとるには

    同じ話をくりかえすのはなぜ認知症初期の義母が同じ話をくりかえすのはまだわかります。しんどいですが、聞き流すようにしていれば平和です。辛いのは、もう少し若い人の場合です。会うたびではないけれど、とある話題になると必ずしてくる自慢話があり、ほとほと疲れます。たまたま、久しぶりにその人に会いました。マスクをつけたままとはいえ挨拶だけで去れない雰囲気になり、少し立ち話をしたら件の話が出ました。ああまたあの...

  • 親の貯蓄や年金額は把握しておく。最初にやって良かったことは

    親のお金を把握しておくことは大事お金のことは身内でも聞きにくいものですが、認知症がすすんでしまうと把握できなくなる可能性があります。義母を呼び寄せてからは、親のお金も自分たちのお金も把握しておくことが大切だと、ますます実感するようになりました。✔介護費用を誰が払うか ✔親が急に入院して費用がいるとなった時はどうするか。これは最初に夫としっかり話し合っておきました。いざという時もめないためにです。相続...

  • 小さな収納ラックで、夫がリビングを散らかさなくなった

    夫に片付け上手になってもらうため工夫してみたことがあります。実践して何年になるでしょうか。効果ははじめの半年ぐらいで出てきて、すっかり定着しました。偉そうには言えませんが、人はいくつになっても変化する(進化?成長?)のだなと思いました。★夫がリビングでよく使うものを収納する、夫専用の小さなラックを用意した★夫専用のそのラックを、リビングで夫がいつも座る位置のそばに置いた夫がリビングのソファーやテーブ...

  • 同じ60代なのにこうも違うのか、としんどくなった時の対処法

    同じ60代なのに、海外旅行や習い事を楽しんでいる人、体力の要る仕事を続けている人、うちのように同居で介護をしている人、さまざまです。それぞれに歴史があるでしょうし、比べていても仕方ないのはわかっているのですが、ときどき無性に自分がちっぽけに思えてやりきれなくなります。そういう時に私がすることはお決まりで、SNSを見ないことと、ひとりランチに行くことです。ひとりランチと言っても、安く済むところばかりです...

  • ブログの文章に性格が出てしまう、でもそれが面白い

    私がブログをはじめたのは遅くて、2009年頃です。日本でブログが流行りだしたのが20年前くらいだったと思うので、遅めのスタートでした。遅いスタートでも、ブログを続けてきたのがきっかけで、在宅でライターをして少しでも収入を得られるようになりました。ただ、良いことばかりではありません。発信するのが怖いという気持ちはずっとあります。文章には性格も生活も出てしまうからです。なにより、いちど発信したものは削除して...

  • 60代の肌をしっとりと。プチプラ美容液シートマスクおすすめ3種

    前に紹介したシートマスクを、このブログから20人以上の方に買ってもらっていたことがわかりました。地味な記事が多くても読んでくださっている人がいるのだと、嬉しくなりました。ありがとうございます。今日は、ちょっぴり贅沢したい時に使うほうのシートマスクを3種類紹介します。とはいえ、今回もプチプラです。でも、疲れた日の夜に良い方のシートマスクを使うと翌朝の肌が違い、励まされるので、時々使っています。20210615...

  • すっきり。エルメスの時計をやっと買取に出した

    腕時計をしなくなって、もう何年になるでしょうか。時計が好きで集めていたのに、40代後半になったころから、手や指に何かを乗せているのが辛くなりやめてしまいました。フリー画像、イメージですウン100万円もするようなものはもちろん持っていませんでしたが、お金を貯めて買った大切な時計たちを、少しずつ買い取りに出してきました。最後まで残っていたのがエルメスのクリッパーです。楕円タイプのほうで、20年ぐらい前に買っ...

  • 嫌味のないブログ、読みたい知りたいと思うブログ

    日曜劇場が始まるまでのあいだ、スマホでこのブログのアクセス解析を見ていました。その時たまたま見つけたのが、センス抜群のブログ。同じfc2ブログで運営している人が書いている、日記ブログです。このブログにつけているアクセス解析では、どこを経由して私のブログを読みに来てくれているかがわかります。どうやらそのブログの末尾に、私のブログが関連で表示されていたようでした。愚痴や弱音は吐いているけれど、嫌味や皮肉...

  • 泣けてくる…義母の良い面を思い出して切り替えたい

    義母の強い希望で同居すると決まったとき、捨てたくない、できるだけ自分のものを持ってきたい、と言われたらどうしようと思っていました。高齢者との暮らしに不安しかなかったうえに、物をたくさん持ってこられたら困ると、自分本位に考えていて。でも全く大丈夫でした。義母が持ってきたものは、想像以上に少なかったのです。あんなにスムーズにいくとは思っていなかったので、気の毒になったほど。義母が家から持ってきたのは、...

  • プチプラ♪ほっそりお洒落に見えるロングネックレス

    シンプルなTシャツが似合わないと昨日は書きましたが、ネックレスをつけるとバランスがよくなる気がします。今日はどんな服にも合わせやすく、スタイルもよく見える、ロングネックレスをご紹介します。ナオットジュエリーさんよりご提供いただきました。60代、Tシャツが似合わない問題を解決する!Tシャツの記事は、たくさん読んでもらえました。ありがとうございます。60代でTシャツが似合わなくなってくるのは、共通の悩みなのか...

  • 60代、Tシャツが似合わない問題を解決する!

    中高年の、Tシャツが似合わない問題うすうす分かってはいたのです、この年になったらTシャツが似合わないってこと。60代に似合うTシャツはないということも。いえ40代に入った頃から、Tシャツを着ている自分がなんか変だな?とは思いはじめていました。キラキラ✨ロゴが前に入っているTシャツなどはもう絶対無理だとか、当時流行っていた丈の短いTシャツが恥ずかしすぎるとかも、さすがに気づいていました。気付いていたけれど、こ...

  • 義姉さえいなければ、と思ってしまった

    ゆうべ夫と喧嘩をしました。何年ぶりだろうというくらい、久しぶりのことです。といっても、罵りあうというような激しいものではありません。とことん言いたかったことを我慢しつつの、静かな喧嘩だったので、不完全燃焼なまま終わってしまいました。きっかけは義姉の話。ここで前にも書きましたが、義姉は義母の介護にノータッチどころか、義母に電話の1本もかけてこず、それでいて義母のお金をあてにしている・・私へのいじめ発...

  • 老後不安を煽り過ぎでは?グダグダ言っている暇があったら…

    老後2000万とか4000万とか、そんなの人によって違うでしょ。○○な人の末路とか、知らないと損をするとか、とにかく不安をあおる記事が多い気がします。何はともあれ悲観的。もちろん、私がそういう記事を読んでいるから、おすすめで上がってくるのもそういう記事になっているのでしょう。でも、延々そんな記事ばかりだとうんざりしてしまう。履歴を消したりしていろいろ試してはいるのですが、やっぱりそういう悲観的な記事がおすす...

  • 断捨離とお金の、切っても切れない関係

    断捨離の番組をご覧になったことはありますか?毎回思うのは、どのご家庭にも物が増えて疲労困憊する、はっきりした理由があるということです。これはもちろん私にも言えます。物は勝手に歩いてきて家に入るわけではないし、たとえ頂き物だとしてもそれを何年も置いたままにしているのは私です。ゴミを捨てるにもお金がかかる。シニア断捨離の順番、ゆとりある老後のために断捨離は「捨てたかった」物から。お金がかかりそうなもの...

  • 老後貧乏にならないように決めた最初の4つのルール

    貧乏な家の人は衝動買いをする傾向が強く、家に不要なものがあふれている貧乏な家の人は衝動買いをする傾向が強く、家に不要なものがあふれている。安物買いの銭失い。これらは昔からよく言われていることですね。私も身に覚えがあります。買ったけれど使っていないとか、使っても一度きりだったとかいうものが沢山ありました。このブログで書いてきたように、ストレスの原因をあげては「買い物で発散する」と言って出かけたことが...

  • 子供や孫にかまってちゃんをしていた自分に気付いて

    シニア女性が、無意識にでも子供や孫に依存してしまう理由には、さまざまな要因が絡んでいるでしょう。依存と書くと強すぎるかもしれませんが、こちらが期待する反応がかえってこないと気落ちしてしまうことが続いているなら、かまってちゃんになっている可能性は大だと思います。それは私のこと。GW明けにざっとブログに書きましたが、しばらく経って、自分がかまってちゃんになっていたと分かりました。シニア女性がかまってちゃ...

  • 友人との関係に疲れた時は

    人間関係で悩むのは、時間がもったいないと思っていました。この年になってまで。いえ、この年になったからこそ。でも、親しかった友人がもらした一言がとてもショックで、関係を断とうかとまで悩んだことがあります。その言葉を、私の病気への偏見と捉えてしまいました。その時のことをブログに書いたら、グーグル砲がきて何十万ページビューにもなり、驚きました。60代になっても友人関係の悩みがある人が多いから、読んでもらえ...

  • 隣の木の枝がわが家に越境してきた問題が解決。我慢して良かった。

    小さい戸建てに住んでいます。隣家との境界も狭いので、何かと気を遣いますが、お隣さんは気さくないいご夫婦なので助かっていました。うちの義母が奇声を発したりしても文句など言わずにいてくれるし、顔を合わせれば挨拶も必ずしてくれます。*フリー画像ただ…10年ほど前からそのお隣さんの庭木の枝が、わが家のガレージの上にどんどん伸びてきていました。お隣さんの木の枝葉は、やがてガレージの上の透明の屋根に2mくらいはかぶ...

  • ごちゃつく洗面台下もすっきり。しみじみ物は少ない方が楽だと思った、

    物が少ないと片付けも掃除もラク体調がいまひとつでしたが、思い切って夜も遅めの時間から洗面台を片付けました。ボディソープの詰め替え用のを取るついでの片付けです。片付けたといっても、洗面台の上下に置いていた物を全てどけて掃除し、いらないものを処分しただけ。時間にすれば10分ほどで終わりました。でも、たったそれだけのことで随分すっきりしました。昔のように洗面台に物がいっぱいあったら、ズルズルと掃除を先延ば...

  • まずいです、義母より先に私の方が老いてしまいそう

    仕事のこと、お金のこと、体調管理のこと昨日は午後から体調が悪くなり、仕事はもちろん家事も思うようにできませんでした。持病の調子が良くなかったところへ仕事をどんどん入れていたため、そうなったのかもしれません。横になっているあいだに、これからのことをあらためて考えました。体調管理のこと、仕事の仕方、老後のお金についてなどです。私のプロフィールブログ村布団のなかで考えていたことしんどくてなかなか布団から...

  • ゴミを捨てるにもお金がかかる。シニア断捨離の順番、ゆとりある老後のために

    断捨離は「捨てたかった」物から。お金がかかりそうなものから私が断捨離の考えに強く関心を持ったのは、動けるうちに身の回りを整理しておきたかったからです。父が亡くなった後の片付けでとても疲れたことも、やる気になった理由のひとつ。生前の父が探しものをしょっちゅうしていて幸せそうに見えなかったのも、記憶に残っていました。あれはストレスだったはずです。断捨離は物を減らすことだけではないそうですが、私はやはり...

  • 小恥ずかしいブログとは前向きにお別れ

    心の中のドロドロしたもの、逆に好きで好きでたまらないものなど、リアルでは人に話せないようなことを書いているブログ。私はそういうブログこそ読んでいて面白いです。でも、自分のそういうブログは、後から読み返したくないと言うのが本音。たとえ正直に腹の中の煮えくり返った感情をぶちまけていたものでも、時間が経つと小恥ずかしくなります。赤裸々過ぎて。デジタルの情報をどう整理していくかもし自分に何かがあって部屋を...

  • 穏やかなブログを書くために。女一人でも入れるうどん屋

    穏やかなブログを書きたいたまに、一人でうどんを食べに行きます。目の前で茹でてくれる、あのうどん屋さんです。1文字数円の記事を書いて将来の年金の足しにしようと在宅ワークをしているのに、もったいないかもしれませんが、そう思いつつたまに出かけます。単純に美味しいし早いし、食べればそのまま帰れるから。なにより今回は、ここのところブログで人を貶すような記事を書いてしまっていたから、外で気持ちを切り替えようと...

  • トラブル。フィットネスクラブの駐車場で幅寄せされ舌打ちされ

    私が通っているフィットネスクラブの駐車場は狭いです。5ナンバーの乗用車だと、ドアを開けるときは隣の車にすごく気を使います。昨日、私が車を停めた場所の隣に、同じぐらいの大きさの乗用車がこちらにぐっと近づけて駐車していました。その車の反対側にも車がありましたが、そちらの車とのあいだは異様なくらいあいています。レッスンを終えお風呂に入って気持ちよく駐車場へ行ったときに目にしたその光景に、がっかりしました...

  • 僻みっぽい60代は悲しすぎるから

    子供と孫はゴールデンウィークに家族で泊まりにきたし、母の日のプレゼントもくれたのに、そのあとの子供からのライン、それもたった一言に反応してしまいました。僻んでしまったのです。こんな気持ちになるとは、自分でも思いませんでした。きっと子供にすればなんでもない一言です。顔を見て話しているときなら、こんなにショックを受けなかったとも思います。だけど、私は疎外感でいっぱいになり、僻んでしまいました。60代でこ...

  • 炎上は怖い、住所特定などシニアブログで気を付けている写真投稿のこと

    シニアブログで気を付けている写真投稿のことなどブログやTwitter、フェイスブックなどは、私のようなシニア層も利用している人が多いと思います。気軽な交流手段として人気を呼んでいるのでしょう、私もそう思って利用してきました。書くことが好きだからです。でも、個人情報がもれてしまう危険性があるというのを意識しながら書かないと、トラブルのもとになります。住所を特定され、家族やご近所にも迷惑をかける事態に発展す...

  • 義母が不潔になっていく、怖くて悲しい

    頭ではわかっているんです、義母がこれまでなら出来ていたことが出来なくなっていくこと。いずれ私も同じ道をたどるかもしれないということも、ぼんやりイメージできています。でも、確実に義母の衛生観念がおかしくなっているのがわかると、悲しいし怖いです。そういうものを目にしてしまうと、激しく落ち込みます。まだ慣れません。義母は若い頃から綺麗好きで几帳面な人でした。それでも老いには抗えない。とても悲しいことです...

  • 愚痴ばかりのブログですみません

    しんどいことやどうにもならないことが溜まっているときほど、ブログを書いている。真剣に悩んでいるけれど、結局はどれもこれもただの愚痴。愚痴ブログに需要はあるのかしら、などと思ってアクセス解析をみてみたら、愚痴を書いているときほど読んでもらっていることがわかりました。「私が邪魔か!」とにかく義母を怒らせないようにしないと・・・ぐったり実家の片付け。親は物を捨てるのにお金がかかることを理解していないもう...

  • ぐったり実家の片付け。親は物を捨てるのにお金がかかることを理解していない

    一人暮らしの母が老人ホームに入居したため、ときどき実家に帰って片付けをしています。なんでこんなものまで残しているの?というものが大小さまざま、途方にくれるほどたくさん置いてあり、座り込みたくなることがあります。実家に物が多いことはわかっていたし、片付けを手伝ったこともありますが、全ての押入れや納戸の奥までは見ませんでした……母は自分で、「わからなくなる前(認知症になるまで)に老人ホームへ行きたい」と...

  • マスクを外す今、歯が汚いのは惨め。お金がかかっても歯科医院でホワイトニング

    歯にお金をかける動機コロナ禍でのマスク生活をいいことに、歯のホワイトニングを長らくしていませんでしたが、とある場所でマスクを外して人前で話すということになったため、久しぶりに施術してもらいました。数万円のお金をかけて歯のホワイトニングをする。市販のものでは取れない歯の黄ばみを取ってもらう。治療ならまだしも、美容の面で今さら歯にお金をかけるなんてと、毎回ギリギリまで迷います。年齢的にも、ホワイトニン...

  • 若い社員さんに間違いを指摘され凹む

    ライティングの仕事は文字通り文章を書く仕事なので、漢字の間違いはもちろん、文法の間違いも許されません。今は、漢字の誤変換や主語と述語がねじれているような文法の間違いについては、エクセルが文脈から予想して指摘してくれるのでほぼ大丈夫です。けれどそれに頼ってばかりだと、自分の能力がどんどん堕ちていきます。頼り過ぎてはいけないと分かっているつもりでしたが、便利なものに慣れきっていて自分の間違いに気づきま...

  • 義母の言動にグッタリ。そのとき夫は・・・

    気にしても仕方ない、認知症なんだから我慢して上手く付き合わないといけない。でも、自分に余裕がないと義母の困った言動をサッと流すことができません。大きく構え、同居しつつ介護をしている人をみると、心から尊敬します。どうやって同じ屋根の下で気持ちを保っていられるのかと。とはいえ、いつまでもショックを受けている場合ではありません。気持ちを起こしていかねば。ゆうべは、義母が寝てからパソコンをあけて仕事をしま...

  • 60代の断捨離。捨てられなかったけど捨てたものと気づいたことと

    いらないもので場所をふさいでいたことに気付く3段のキャスター付き収納ケースを捨ててきました。服の断捨離をがんばって、中が空っぽになっていたものです。「1年使わなかったら、もうそれは捨ててもいいものだ」というのはよく聞きますが、私はとても1年では思い切れませんでした。とくに再利用できるものはすぐに使わなくても置いておき、自分で納得できるタイミングがくるまで待ってから捨てています。後悔のないようにしたく...

  • 遠距離を理由に介護しない姉を責めない、私には無理です、しみじみ感心した

    うちの義姉が義母に全く連絡してこないということは、前にブログに書きました。けっこう毒々しく書いてしまった…。私達が同居して義母の面倒をみるべきだとあれほど言っていたのに、その後が気にならないのでしょうか。もう何年も音沙汰なしです。自分の母親のことが心配じゃないのでしょうか。義姉はわが家から車で30分もかからない場所に住んでいますが、いまだに、義母に会いに来るのはもちろん電話さえかけてきません。義母は...

  • GWこそ家にこもりたい誰にも会わない方がラク

    混雑する場所に行くのが、子供の頃から嫌いでした。落ち着かないだけでなく、他人の吐いた空気を吸うのが怖くて。変ですかね? 大人になっても、シニアになっても、それは変わりません。今年も大型連休が始まりました。夫の仕事は休みですが、私は締め切りが迫った原稿があるので仕上げるつもりです。怠ると次がないし。それ以外は、子供が孫たちを連れて帰ってくるくらい。いつもの何倍も食費をかけて料理をつくり、掃除も洗濯も...

  • 毒舌の危うさ

    毒舌をふるうのはなぜか。ストレスや不満、自己防衛から毒舌になる人もいれば、コミュニケーションのスタイルとしている人も。今の時代なら、メディアの影響を受けて毒舌になっている人もいるはず。 理由は何であれ、毒舌を聞いていて気分がいいか?と聞かれれば、NOと答えるほうが私は多い。知り合いに、毒舌…と思うタイプがいる。たぶんご本人もそれを自覚している。というか、毒舌を武器にしている。その毒舌、ご本人の機嫌がい...

  • 投資なんてだめよ、と言われたが気にしない気にしない

    先日、何の話からだったか、知人(友人ではなく…)に、私が若い頃から株や債券やファンドで投資をしてきたということをつい話してしまいました。しまいました、と書いたのはその知人がすぐさま「投資なんて●ャ●ブル、ダメよ」と返してきたからです。人によって考え方が違うので、仕方ないか。...

  • 婚礼家具を処分して気持ちもすっきりさせる

    婚礼家具の処分私は、実家よりも古い慣習の残っている地方へ嫁ぎましたので、婚礼家具も派手に用意してもらいました。やたら大きめの物を持ってきたのです。婚礼前後には嫌な記憶もたくさんありますが(親戚やご近所が口出しをする)、親がせいいっぱい揃えてくれた婚礼家具には思い出がいっぱいです。ただ、もう使っていないものは処分しはじめています。無理をして準備してくれた親には感謝していますが、いずれ邪魔になってしま...

  • 新NISAが絶好調でも、老後貧乏を避けるため生活費(固定費)を見直す

    わが家にとっては新NISA絶好調、と言っていいと思います。高配当の株を少しと人気の投信で年初に買った分は、昨日現在で25万円ほどの含み益が出ています。特定口座で持っているほうの分も好調です。が、これもたまたまでしょう。ちびちびとでも投資を続けてきたので、暴落も経験しています。一喜一憂するほど余裕はありません。好調な時ほど実生活で足元を固めておくべき、というのが失敗経験のある自分にいつも言い聞かせているこ...

  • 老けた自分をつきつけられ愕然としたときの対処法

    老けた自分を突きつけられ愕然とする前の記事で、白髪をケアして清潔感のある髪にしたいということを書きました。それは本当だし真面目にやっているつもりです。家でする白髪染めにおすすめ『スカルプD ボーテ』でも…久しぶりにショッピングモールへ出かけ、お店の中の大きな鏡に映っている自分を見て、愕然としました。なんて老けているんだろうと思ったのです。見た目のために、お金をあまり使えないというのは変わりません。で...

  • 家でする白髪染めにおすすめ『スカルプD ボーテ』

    家でする白髪染めに、ヘアカラートリートメントを市販の白髪染を買ってよかったので、ご紹介します。白髪染めですが、カラートリートメントと呼ばれるものです。節約のため、美容院へ行く回数は若い頃より減らしています。毛染め自体、年を取ってから細くなった髪には刺激が強いです。かといって、グレイヘアにする勇気もまだありません。そんなときに従妹から教えてもらったのが、昔とはちょっとタイプの違う、ヘアカラートリート...

  • ブログが友達にバレてから書けなくなったこと

    シニアブログカテゴリで、ブログの身バレについて書いた記事を読ませてもらいました。私は、昔書いていたブログもこのブログも、友達に知られています。きっかけは写真でした。もちろん写真の顔は見えないように工夫していましたが、分かる人が見れば分かるということですね。その人のことを悪く書いたことはないけれど、知られてからは、あまりにもドロドロした内容は書けなくなりました。小さすぎて恥ずかしいのと、私に人のこと...

  • NISAもいいけど支出を見直すのが先かも

    ネットのニュースサイトなどを見ていると、貯蓄や投資の平均金額などがよく取り上げられています。新NISAがはじまってからは、投資をしないと損と言わんばかりに煽る記事が溢れていました。旧NISAの時よりひどい気がします。ライターも仕事で書いているので無理をしている部分もあると思いますが、注目させようとするためかあまりにも強烈なタイトルがつけられているのを見ると、しんどくなります。記事を書いている人を自分に置き...

  • 顔を知らない他人だからこそ癒された。ヤフオクで断捨離、これからは…

    断捨離でいらなくなったものが次々と出てきて、ネットオークションで出品を始めた頃は、まだ自分の病気を完全には受け入れられない状態でした。家でもゴタゴタがあり、痛いとか辛いとかを吐き出せない状況。やがてそれも面倒くさくなり、やめていました。再開したのは、私の仕事の収入がコロナ禍を経て激減し、仕事量を増やそうとしても前の状態には戻りそうになかった頃です。プロフィール 過去記事 ブログ村お小遣い程度にでも収...

  • 余裕がなくても、清潔感のあるお洒落をしたい

    お洒落な人はいくつになってもお洒落で憧れます。私も、興味がないわけではありません。バブルのころは流行に乗って、それなりに無理もしながら良い服やかっこいい服を買っていました。もう社会人でしたから、あるていどお金もかけられたし。結婚して子どもを産んでからは自分にあまりお金を使えなくなったけれど、病気になっても、できるだけお洒落をして少しで女性らしく見えるようにしたいと思っていました。でもこの年齢になる...

  • 60代の断捨離。捨てる罪悪感をなくすために変えてきたこと

    「罪悪感があって手放せない」。これは、私のようなシニア世代が物を手放すことが出来ない理由の、1位か2位にあげられることではないでしょうか。私も、物を手放すときの罪悪感がなかなか無くなりませんでしたが、今はだいぶ割り切れるようになりました。断捨離。捨てるときに感じる罪悪感は、どこから?もう何年も使っていないにもかかわらず、捨てられない。捨てるなんて罪悪感が伴うし無理。そう思っていたため、せっかく大々的...

  • 実家の古い衣装ケースを捨てながら反省したこと

    義母を数日ショートステイでお願いすることに。その間、私の実家へ行ってきました。義母がいない間にしたいことが、山ほどあります。自分が休んだり気分転換したりすることより、たまっていた用事を先にこなしたいです。ショートへ送り出すときは、義母のことで悶々としてしまっていることを忘れ、ありがたいと思えます。渋ることはあっても最終的にはお迎えバスに乗ってくれる義母に、笑顔で手を触れる。私はとても自分勝手です。...

  • 親の介護をしていない人を羨ましく思ってしまう

    夜中に目が覚めて、そこからもう眠れない日が続いています。友人で、とても寝つきが良く、朝までぐっすり眠れる人がいるのですが、羨ましくて仕方ありません。年齢を重ねれば睡眠時間が短くなるのはみな同じだと思っていたのですが、そうじゃない人もいるのですよね。眠れるか眠れないかは、体質と住んでいる環境の違いのせいでしょう。環境といえば、やっぱり、介護をしていない人が羨ましいです。その人たちにも表には出せない悩...

  • 「認知症の姑と同居しているなんて気が強いのね」と言われたら

    「認知症の姑と同居しているなんて、よっぽど気の強い人じゃないと無理よね」、とお嫁さんが嘲笑されているのを、とあるサイトで読みました。ショックでした。私に言われているわけじゃないのにショックを受けるなんてバカみたいかもしれませんが、自分がまじめにやっていることがばかばかしく思えてしまいました。過去記事とプロフィール・ブログ村義母は認知症から被害妄想をおこしてしまう。それは理解できているつもりですが、...

  • 若々しかった友達の変化、わたしの気持ち

    ずっと欝々とした気持ちでいたのですが、数年ぶりに会った友達とのお喋りですっきりしました。遠くへ引っ越した友達がこっちへ来る用ができたということで、ふいに再会できることになったのです。心を許せる数少ない友達。直接話せなかった数年間を埋めるように、いっぱい喋ってきました。数年前に会った時と違うのは、街中でマスクをしている人が多いこと。お互い年を取っていたこと。いえ、正直に言うと、年齢よりずっと若く見ら...

  • 楽天で買っている美味しいもの3つ

    今日は楽天で買っている美味しいものを3つまとめて紹介します。このブログで書いて、多くの人にご注文いただいたものです。◆パックで本格的な味が楽しめる、出汁パック◆味も香りも見た目もいい、千疋屋のフルーツクーヘン◆湯せんで食べられるハンバーグ過去記事とプロフィール・にほんブログ村...

  • 足の水虫に市販薬「ブテナロック Vα」が良かった

    薬のことを書くときは、効果を大げさに表現してはいけないと決まっているそうです。そもそも、水虫薬のことを書くのはちょっぴり恥ずかしいのですが、その気持ちを抑えてでも紹介したかったので記事にしてみます。大げさではなく正直に書きます。通っているフィットネスクラブで、また水虫をもらってきました。また、とか、もらった、とか書いたのはこれが初めてではないから。家族には水虫患者がいないから。フィットネスクラブの...

  • 人を見た目で判断する?電車での出来事

    久しぶりに、都会に向かう電車に乗りました。目の前には大柄の若い男性が座っていました。彼は、おそらくは駅のコンビニで買ったホットコーヒーを飲みほし、そのカップに蓋をつけて足元に起きました。私はそれを見て、ついつい、ああこの人はきっとそのコーヒーカップをそこにそのまま置いて電車を降りるだろうと思いました。そんなこと余計なお世話。私が気にしても仕方ないと思って目を伏せたのですが……しばらくして、その男性が...

  • 現実は厳しい

    時間を気にせず家でできる今の在宅ワークには、満足しています。相手が望むようにしなければいけないのは承知の上で、続けてきました。評価があがれば少しですがボーナスも出るし、続けるうちに別のところから仕事をもらえるようにもなり、ありがたいと思っています。ただ、ときどき無性に虚しくなります。読者がなにか言いたくなる、もっと言えば批判をしたくなるような書き方を、暗に求められていると感じることがあるから。それ...

  • 給料袋に現金と明細書

    受験シーズン到来ですね。子供がまだ学生だった頃は、今の時期は受験の準備で朝から晩まで勉強していた記憶があります。にもかかわらず、些細なことで夫と大喧嘩になったことがありました。気持ちがなかなか冷めていかないときに、クローゼットの奥から取り出して眺めるようにしていたものがあります。なんだかわかりますか? 結婚してはじめて夫から渡された給料明細です。何十年も前のもの。(この画像はイメージです)当時はま...

  • なぜ義母は私が風邪をひくと怒ってイライラするのか

    久しぶりに痛みが出たため、強い薬を飲んで寝ました。起きてからずっと身体が重たいです。こういう朝は、ついつい苦しかった時のことを思い出してしまいます。元気で少々わがままだった義母に、私の身体が弱いのを嫌われたことです。私が風邪をひいたり、そのせいで少し起きてくるのが遅かったりするだけで、義母はすごく嫌な顔をする。寝ているそばに仁王立ちして、嫌みを言う。かかりつけの病院へ行って薬をもらって帰ってくると...

  • 【シニアの断捨離】わたしはここから片付けました

    生前整理に早めに取りかかった理由生前整理なんてまだ早い?私が「少し早いかな?」と思っても生前整理を始めたのは、今から数年前のことでした。死後のための片付けだと思って始めたのではなく、老いても困らないようにするためにです。◆探しものが多いせいで、時間やお金を無駄にしていると気づいたから◆持病があるため、他の同年代の人より体力も筋力も少ないと思うから◆親の家の片付けで、将来、子供にかける負担を減らしたい...

  • 若く見える人は心も若かった

    昨日とある場所で、年下の人から話を聞く機会がありました。立ち話で多分15分ぐらいですが、すごく前向きにな気持ちにさせてもらえました。前向きになれたことが嬉しかったのと同じくらいインパクトがあったのが、年齢。前から知っていた人だけど、昨日のようにおしゃべりしたのは初めて。ずっと私の子供ぐらいの年齢だと思っていたら、なんと45歳だというではありませんか。成人した息子さんもいるとのことで、思わず「ええ!」と...

  • フィットネスクラブでの人間関係に悩むのをやめた

    今あの場所へ行って楽しめる?いつもフィットネス用のウエアに着替えてその上に服を着ていくのですが、そこまで準備してもまだ迷っていました。夕飯の準備も出来ている。義母がデイから帰ってくるまでじゅうぶん時間はある。でも・・・とまだ迷う。フィットネスクラブは運動する場所だし、ストレスを解消しに行くところだと思っています。だから、誰がもう来なくなって誰はまだ諦めないねー、なんていうくだらない話にいつまでも相...

  • 介護も、やっぱりお金しだい

    やっぱりお金義母との暮らしがしんどくて、逃げ出したくなる時があります。そんな無責任なことはできないからこそ、介護サービスを使わせてもらいながら、夫婦ともに働いて、気持ちよく趣味にお金を使えるようにしておきたいと思っています。介護をしない義姉から完全に見放された義母は、気の毒だとは思います。好きで要介護の状態になったわけでないことも、わかっているつもりです。でも、義母はお金を持っています。もっと言え...

  • 母と妹とわたしの微妙なバランス

    細々とやっている在宅ワークで、また新しいことを覚えなければならない段階にきました。ずっと避けていたのですが、老後のお金のことを考えれば、やれるうちにやっておくべきだと腹をくくりました。実際はなかなかついていけず、睡眠不足になっています。持病の調子もいまひとつで、自分にがっかりしてばかり。もう少し頭が良かったらとか、若かったらとか、つい考えてしまいます。昨日はそんな状況から少しのあいだ離れて、収納の...

  • 人を信じられなくなった時は

    親が厳しかった人は、大人になってからどれほど成功したとしても、心の奥底に劣等感があると思う。褒められて育たなかったため、自信を持つとはどういうことか、根本的には理解できていないのではないだろうか。私がありのままで生きて、他人や社会に受け入れられるはずはないという思いも常にある。だから、人間関係をうまく構築しようとすればするほど自分を偽って無理をする。拒絶されるのが怖いのだ。過去記事&プロフィール ...

  • ブログは怖い。60代、物も人間関係もすっきりさせて気楽に身軽に生きたい

    謹賀新年。お越しいただきありがとうございます。昨年はこのブログからびっくりするぐらい読まれた記事が出て、怖くなりました。どれほど小さいブログでも、公開すればだれがどこでどのように読むかわからない。なのに読まれて怖いなど、矛盾していますね。でも、ネットの世界を甘く見てはいけないとあらためて思いました。いつだって、安全な場所から何か言えば叩かれるのがネットの世界。気をつけようと思うのです。過去記事&プ...

  • 1日でも若いうちにパスワードの整理と管理を。結局この方法がラクで分かりやすかった

    年末だというのに、パスワードを間違えめんどうなことに…。無事に手続きはできましたが、老いをつくづく実感しました。ネットリテラシー云々の前に、大切な情報を日ごろいかに管理できているかということも。少しでも若いうちにパスワードとIDの整理と管理を年齢を重ねるほどに片付けがめんどうになるのは、母や義母をみているとよくわかります。気持ちに身体が追い付かなくなるのです。物の片付けなら、出来なくなったらお金を払...

  • 60代でもサラ艶でふっくらした髪へ。続けられる愛用のシャンプーやヘアオイル

    少しでも元気で若々しくありたいと思っています。なのに、ブログに愚痴や弱音ばかり書いていることにあとから気付いて、後悔することがあります。年末へ向け、今日は前向きに書きます。年齢を重ねても清潔感のある美髪へ髪のために、優しい成分でできたコスパの高いヘアケア用品を使っています。痩せてきた私の髪をふわっとサラサラにしてくれるものなので、使い続けています。今日はそのオーガニックシャンプーとコンディショナー...

  • 彼女とまた会える日まで、頑張ろう

    私の持病の薬には、決められた日だけ飲むものがあるのですが、その薬の副作用が強くて、なかなか慣れません。胃が重だるく、深い呼吸もしにくい。昨夜は久しぶりにこういう感じになりました。昨日のブログで、義母の悪口を書いたから、罰が当たったのでしょうか。ふだんは、副作用といってもここまでにはならないのですが、今回はなかなかおさまらず、うーうーとベッドの上で唸っていました。もうそうなってしまうと、もとの病気で...

  • 認知症の義母の作り話、どう対応すればいい?

    認知症の義母の作話に戸惑った日々先の記事で書いたように、認知症からくる義母の被害妄想には、先回りして回避できるようになってきました。3秒前に言ったことを忘れたり、会話がかみ合わなかったりすることにも慣れました。なかなか慣れず、薄気味悪いのが、義母のする作り話(作話…サクワ)です。自分に都合のいい話を、さも本当のことのようにスラスラ作ってしまう。それを他人にも言ってしまう。聞けば、ふつうに信じてしまう...

  • マシな方を取る、義母に振り回されない生き方をするために

    夫とケンカしなくなった考えてみれば、義母を呼び寄せてから夫婦喧嘩をしなくなっています。夫が遠慮しているわけでもなければ、私が寛容になったわけでもなく。義母が、いい意味で緩衝材のような役割を果たしているからでしょうか。夫婦が息を合わせておかないと、義母に振り回されて暮らしが滞ってしまいそう。と思っているのは私だけかもしれません。でも、きっと夫もそうだと思います。喧嘩するエネルギーがあったら、それをも...

  • 夫には、趣味がなく定年後しょっちゅう遊びにきていた叔父のようにならないでほしい

    田舎のぼんぼん育ちでお金のことに少々甘い夫と、貯蓄と投資が趣味だった私とでは、生活費に対する価値観が違います。それでも私は夫に、老後の生活費の話をし続けています。価値観が違うのに話し続ける理由は3つです。●「僕は稼ぐ人、あなたはお金をやりくりしたり増やしたりする人」という考えを変えて家計に関心を持ってもらいたい●老後、生活費のうち趣味に回せるお金がどのくらいか把握してほしい(夫は仕事をやめてからもお...

  • やっと医療関係の書類を捨てられた、断捨離のタイミングは?

    書類の整理をするタイミングがやってきた初診から数えてもう何年になるでしょう。お世話になっていた主治医が退職されることになり、最後の診察に行った日のことを書きます。私にとってもその日は、区切りの1日となりました。病気はその人の人生を大きく変えます。でも病気になることで人を成長させることもあると思います。診察時間が長いことで有名な先生だから、待合室にはいつも大勢の人がいました。私をふくめ、どの患者さん...

  • 介護しなくていい悠々自適の定年後を暮らす人を見て

    恨みがましいタイトルになってしまいましたが、昨日とあるニュースの記事を読んでしみじみそう思いました。親の介護をしていない人は、家族関係がうまくいっていれば自分の時間を自分優先で使える。私も自分優先で使っていることの方が多いけれど、やっぱり羨ましいです。現役時代にしっかり働いて収入があった。税金を納めてきた。マネーリテラシーも高かった。健康維持にも気をつけ、丈夫な体を手に入れている。これらはすべて、...

  • 収入激減・・・からのわずかなボーナスに思うこと

    収入激減のなか、わずかなボーナスに励まされる プロフィールにも書いているように、Webライターとしてライフスタイル関連の記事や商品をレビューする記事を書いて、わずかな収入を得ています。数年後にやってくる年金生活に備えてはじめたことでした。ただ、昨年は、いちばん多く稼げた時期に比べ約50%減の売り上げで終わりました。コロナ禍がなければここまで落ち込むことはなかったかもしれませんが、結局は自己責任、私の力不...

  • あの人が悪口言ってたよと教えてくる人には注意している

    離れた方がいい友人のタイプという記事があり、いくつかその条件が挙げられていました。自分の都合で相手を振り回す人とか、人の悪口ばかり言う人とか、こちらに起きた良いことを喜ばない人とか。このあたりはまあお決まりのことですが、なかにひとつ、ハッとした内容がありました。「あの人があなたの悪口を言っていたよ、と教えてくる人とは離れた方がいい」ということ。私にもいました、私を悪く言っている人の話をなぜ私に聞か...

  • 母も私も老いている。実家の古い衣装ケースを捨ててわかったこと

    義母を数日ショートステイでお願いして、私の実家へ行ってきました。義母がいない間にしたいことが山ほどあるので、あずかってくださる介護施設とスタッフの方々には、感謝しかありません。渋ることはあっても、義母が最終的にはお迎えバスに乗ってくれることも忘れてはいけませんね。イメージ画像実家に行ったついでに、押入れを片付けてきました。するとそこに、私のものがまだ大量にあってびっくり!「ちゃんと片付けておいてく...

  • キッチン。当たり前だったものを捨てたらすっきり

    「当たり前」だと思ってやっていたことが、なくても大丈夫だったと分かり、スッキリしました。母がそうしていたから私も、とただ思い込んでいただけで、そのやり方が自分にあっているかどうかまで深く考えたことがありませんでした。母が悪いんじゃなく、私が思い込みを変えようとしなかったのが原因。時代が変われば、家事だって変わりますものね。油除けのガードやキッチンシートは、ないほうが掃除しやすかった捨てたのは、大き...

  • 私の年賀状のやめ方

    年賀状のやめ方の一般的な例は、次のいずれかではないでしょうか。私はこのうちの「はじめから出さない」にした人がいます。自己責任・自己判断ですると決めたら、ラクになりました。・年賀状じまいすると年賀状や寒中見舞いで伝える・はじめから出さない・メールやLINEなどで挨拶する年賀状をやめたいのは特定の人のみ年賀状をやめたいという人が増えてきました。今はLINEを誰でも使うし、当然の流れかもしれません。私もその...

  • 【アマゾン】わたしの「高かろう良かろう」な買いもの

    前回に続き、私の高かろう良かろうな買い物について書いてみます。前回は楽天から2つでした。今回はアマゾンで買ったものです。ちなみにこれも、楽天でも販売があります。ただ、そんなに高価なじゃない点は変わりませんが、今回は「安物買いの銭失いをしたから」買い換えたという話ではありません。「普段は安価な方を使うけれど、週に一回は良い方を使う」、そういうものです。やはり、少し価格が高いだけで違いますね。何かとい...

  • 【楽天】私の高かろう良かろうな買いもの

    日用品にお金をかけられないと思うあまり、安物買いの銭失いばかりしていました。でも年を取るにつれ、普段使いのものは、もう少しだけ良いものを買ったほうがいいと考えるようになりました。高かろう良かろう、というほど値段が高いものではありませんが、うちの家計からすればそう言えるものを、今日は2つ紹介します。それらを変えた結果、満足度があがりました。ひとつは髪のためのもの、もうひとつは夫の下着です。オーガニッ...

  • 年金1ヶ月何万円で暮らす、という話にはやっぱりついていけないけれど

    月10万円で暮らすとか、年金数万円で豊かにという類の記事が、私のスマホにオススメでどんどんあがってくるようになりました。それだけ私が、知らず知らずのうちにそういう情報を見ていたということなのでしょう。少し前までは真剣に読んでいましたが、正直、もう飽きました。というより、しんどいです。わかってはいるのです、倹約や節約の大切さも、長生きしたくなくても生きてしまうかもしれないことも。でも、読んでいると自分...

  • 怖い。でも言いたいことははっきり言わねば

    今日の記事は、文章を書くことに興味のない人には退屈かもしれません。わずかな収入を得るために書いている文章についての思いを記事にしました。言うべきか言わざるべきか、よりも今、並行してライティングしている記事があります。 AさんとBさんという、別々の編集の方にお世話になっています。このうちのおひとり、Bさんの指摘が怖いです。嫌っているのではなく、私の書き方がマズいせいで自分が伝えたいことを伝えられていない...

  • 優雅な60代ブロガーさんと比べるのをやめた

    優雅なブロガーさんと自分を比べて、落ち込んだ日もあった優雅な、というより、余裕がある、の方が言葉としては適切かもしれません。いずれにせよすごく僻みっぽいタイトルになりましたが、他に思いつかないのでこのまま書いていきます。私は、優雅だなと感じる60代ブロガーさん達の記事を読んでいます。愛読していると言った方が正しいかもしれません。最も羨ましいのは、実の娘や長男の嫁でも「介護はしない」「私は○○だから介護...

  • 60代、この数年で友達との価値観の違いに気付いた

    新型コロナを経験して気づいた、友達との価値観の違い新型コロナの流行で自粛生活がはじまる前、 2020年のはじめに会ったのが最後だった友達に、3年10月ぶりに再会。楽しい時間を過ごしてきました。帰宅して感じたのは、コロナ禍で、それまで知らなかった友達の価値観に気付かせてもらえたこと。価値観が違っても、互いにそれを主張したりジャッジしたりしない関係でいられたということ。これは以前からですが、今回あらためて感じ...

  • 残酷だったかも。母に自分のものを「捨てといて」と二度と言わない

    40年以上も前の私の服を、母が着ていた 母に会いにいったら、私の古い服を羽織っていてびっくりしました。その服は、私が40年以上も前に着ていたパーカーです。自分では、捨ててから結婚したと思い込んでいたので、つい母に言ってしまいました。「私が着ていたパーカーだよね?おかあさん、なんでそんな古いのを着ているの?ほかに羽織るものないの?」と。ずいぶん酷い言い方をしてしまいましたが、何とも言えない複雑な気持ちに...

  • 他サイトで拾った画像やイラストを無断転載していいの?苦い経験あり

    ネットで拾った(他のサイトで見てダウンロードやスクリーンショットした)画像や図表を、自分のサイトに貼り付けて大丈夫でしょうか。書籍のなかのページや見ているテレビの画像を写真で撮って、そのまま貼り付けたりするのも。だいぶ前ですが、ご指摘をうけたことがあります。規則を知らずにやってしまっていたからです。過去記事とプロフィール ブログ村それ以来、ビクビクするようになりました。著作権とか肖像権とか難しいこ...

  • 紙袋や書類をごっそり捨てました、シニア断捨離のコツは?

    シニア断捨離のコツは「思い立ったらすぐ」やること紙袋や書類をごっそり捨てました。せっかちな気もしますが、グズグズしていたらあっという間に年末になると感じたので、思い切って時間をとりました。昔、「いつかやる、あとでやる」と思って放置していたら、場所ばかりふさがってイライラしてしまったことがあったので、今は思い立ったらすぐやるようにしています。やってみればあっという間に終わるものですね。*過去記事に加...

  • 60代待ったなし、少しでも老後をラクに。物を捨てる基準の決め方

    物が多い部屋のまま老後をむかえると困るはず。片付ける気力もだんだんなくなっていくだろう。持病もある、親の介護もある。だったら少しでも早めに物を減らしておこう。そう思って、片付けてきました。まだ老後と思っていない人もいらっしゃるかもしれませんが、私は50代ですでにそう思っていました。やはり病気を抱えていたことが一番の理由です。今日は、物を捨てる・残す基準について決めていたことをまとめました。ブログ村の...

  • しっとり。60代の肌の保湿に、コスパ重視のフェイスパック

    クリアターン 超濃厚保湿マスク EX(40枚入)だんだんフェイスパックするのも面倒になってきましたが、使うと使わないとでは肌の状態が違うし、化粧の持ちも違います。年金生活まであと数年、あまり高価なものは使えないので、お得で効果も感じられるシートマスクを使っています。クリアターン(KOSE) の、超濃厚保湿マスク EX。40枚入り。暗い記事が多いし、美容ブログでもないので上手く書けるかわかりませんが、買い物の記事はよ...

  • デイサービスでのいざこざに対応

    女性どうし、高齢者どうしのグループの問題女性どうしの職場でいじめがあったりマウントの取り合いがあったりという経験をした人は、きっと大勢いらっしゃると思います。女性どうしのそういう問題は、介護される高齢者になっても続くそう。「へーーっ」とびっくりするような話を、介護施設で働いていた幼なじみが、退職してからサラっと教えてくれたことがありました。正直にいうと、その話を聞いた時はまだピンとこなかったのです...

  • わたしの憧れの生き方

    病気になると、どうしても自分中心になりがち。自分の話ばかり人に聞いてほしくなりませんか。私もそうなっていると気づいて、ドキッとすることがあります。また、自分のことは棚に上げ、人から「しんどい」「痛い」とあまりにも訴えられると逃げたくなることもあります。今日はそんな私とは対照的な、優しくて強い友達のことを書きます。*フリー画像友達の入院先でかつて、その友達のお見舞いに、車を走らせて行ったことがありま...

  • 義母が原因の夫婦げんかをしないために、心がけていること

    義母のことが原因で夫婦喧嘩するのは避けたいゆうべは義母が不安定で、ほとんど眠れませんでした。義母はまだ認知症の初期の段階ですが、被害妄想が時々出てきます。薬は飲んでいるものの、限界があるようです。これはもう仕方ないこと。こちらも辛いですが、義母のほうがきっと辛いはず。ふだんは弱々しいのに、どこにあんな力があるのか…。被害妄想が出ないよう気を遣っているつもりだし、義母がしんどいのはあるていどは想像で...

  • キレている高齢女性を見て、暇な時間を減らして好きなことを増やそうと思った

    女性の高齢者で、キレている人を見た先日、サービスカウンターにいる店員さんを𠮟りつけている女性を見ました。私もサービスカウンターに用事があり、並んでいたのです。声は小さかったので、その人が何で怒っているかはわかりませんでしたが、手つきで「𠮟りつけている」と感じました。あのあとどうなったでしょう。私はもちろん無関係ですが、その時の重苦しい気持ちはなかなか消えませんでした。他人ごとではないという思いもあ...

  • 人気のハンバーグを食べてみた感想は・・・【楽天ふるさと納税】

    ふるさと納税、収入が減っていっても利用するふるさと納税には興味のない人もいらっしゃるでしょうか。わが家は収入がどんどん減ってきましたが、ふるさと納税をしてメリットがある収入額のうちは、利用し続けます。利用しないともったいないですよね。ふるさと納税 ブログ村テーマ私は、楽天ふるさと納税のところから選んで利用しています。楽天ふるさと納税の特徴は、寄付の申込み手順がかんたんで、楽天会員であればお得な使い...

  • 昨日あんなブログをかいたせいか?

    怖い、怖すぎる。昨日のブログで人の悪口を書いたからか、また見てしまいました、暴走する人を。この記事もまた人の悪口になるけど、本当に怖かったので書く。大型スーパーのレジ前の通路で、カートを押しながら電話片手に大声で怒鳴りまくっている人を見ました。70代ぐらいの高齢の男性で、電話の相手はたぶん奥様。私だけじゃなく周りの人はみな、その男性に気付いていたと思います。あれは目立つ。運悪く昨日の私は、有人のレジ...

  • すぐ怒る高齢者にならないため、今できること

    キレやすくなった父を見て駅の改札やスポーツジムの受付け、病院の会計窓口やスーパーのレジなどで、カンカンになって怒っているシニア男性を見かけたことはありませんか。父にもそういう傾向が少なからずあり、それを見るたび泣きたくなるほど恥ずかしかったのを覚えています。「父があんな態度をとって申し訳ありませんでした」。父が去るのを待って、このように頭を下げたことが何度かありました。私がそばにいても父は怒ってい...

  • 義母さえいなければ、と思ってしまった

    義母さえいなければ、と思ってしまったゆうべ夫と喧嘩をしました。久しぶりのことです。といっても、罵りあうというような激しいものではありません。言いたいことをとことん吐き出したかったのにできず、不完全燃焼なまま終わってしまった喧嘩でした。耳は遠くても義母は私たち夫婦の様子に敏感なので、悟られないようにしています。認知症からくる被害妄想が時々出るので、それに対処するほうが疲れるから、ビクビクしながら義母...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、友莉子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
友莉子さん
ブログタイトル
ゆり子の隠れ家・シニアライフログ
フォロー
ゆり子の隠れ家・シニアライフログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用