searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

レフティさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
続々トラベルとかナントカ
ブログURL
https://lefthand926.hateblo.jp/
ブログ紹介文
日本の全792市をすべて訪ねました。 そんな町や駅の風景を中心にお届けします。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/lefthand926
ブログ村参加
2020/02/09
本日のランキング(IN)
フォロー

レフティさんの新着記事

1件〜100件

  • 埼玉/戸田 フェンスの向こうのARAKAWA

    埼玉県戸田市、JR戸田公園駅からの歩き旅です。 (2021年9月当時) ▼戸田公園の川の辺りへ行きたくて訪ねてきた訳ですが、そこへ行く手前で駅から歩いて程ない所にこんな小さな川がありました。 両サイドにはマンションが並び立つそんなところを寸断するかのように川が通っていました。 ▼前回、戸田市に来た時にコレといったものを見ないまま帰ってきましたが、今回もそうなるのかどうか…の中で歩きながら、こういうものが目に留まったら極力記録に残すようにしています。 町のイベントとかギュッと詰まっていて、どこでどんな事があるとかネットで調べるよりも分かり易いので。 という事でここは、「上前町会掲示板」とありまし…

  • JR戸田公園駅 (埼玉県戸田市)

    埼玉県戸田市のJR戸田公園(とだ・こうえん)駅です。 戸田市ではJR戸田駅をupした事がありますが、この時は駅を降りてすぐ戻って来て、何しに降り立ったんだ?というぐらい何もしなかったし何も見なかったので、せっかく戸田市を再訪するなら何か見ていこうと、戸田駅ではなく、ここへやって来ました。 -JR戸田公園駅-・路線 JR埼京線(大崎-大宮間)・開業 1985(昭和60)年9月30日・訪問 2021(令和3)年9月・1日あたり平均乗車人員 26,373人/日 (2020年)・近隣の都市駅 (大崎方面) 赤羽駅⇒3駅 (大宮方面) 戸田駅⇒隣駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から:29分 大阪駅から:3…

  • 滋賀/草津 2007年の草津駅から

    滋賀県草津市、JR草津駅からの歩き旅です。 (2007年4月当時) ▼少し前の様子ですみません、15年近く前の様子となります。 草津駅前の通りです。 15年も経ってたら少しは変わってると思いますが、そんなにものすごく大きくは変わってないのではないか、と勝手に思っています。 ただまずは「サークルK」です。サークルKは日本からは完全撤退しており、2018(平成30)年にはすべてなくなってしまっています。なのでこれも「在りし日の」姿となります。 ▼これも駅前の一角です。 右側にHEIWADOの文字が見えます。 滋賀県の都市の駅前には必ずといっていいほどHEIWADOです。 ▼ちょうど桜の開花時期だっ…

  • 千葉/我孫子 手賀沼へ一直線!

    千葉県我孫子市、JR我孫子駅からの歩き旅です。 (2021年9月当時) ▼まずは我孫子駅南口の周辺案内図です。 この地図は下側が北ですが、我孫子駅から南へ向かって一直線で「手賀沼」です。 ハッキリ言ってこの我孫子市の旅では、手賀沼一択の感じで行ってました。 ▼我孫子駅すぐ北のバス停です。 駅前広場にあるものではなく、駅前の通り上のものです。 こちらは我孫子駅南口につき、「北口行」となっていますが、北口は駅反対側になります。手賀沼から我孫子駅へ戻ってくる方です。 ただこの「あびバス」というバスでは便数が1日数本しかない状態でした。 手賀沼からしょっちゅう我孫子駅行きバスが通っていたので、他のバス…

  • JR折居駅 (島根県浜田市)

    島根県浜田市のJR折居(おりい)駅です。 前回記事の周布駅の西隣の駅となります。 -JR折居駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1924(大正13)年4月1日・訪問 2008(平成20)年11月・1日あたり平均乗車人員 10人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 浜田駅⇒3駅 (幡生方面) 益田駅⇒5駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間45分 大阪駅から:6時間51分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★★★☆☆ …屋根あり 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 ▼ 山陰本線で浜田駅から西へ3駅の位置にあり、開業は周布駅の…

  • JR周布駅 (島根県浜田市)

    島根県浜田市のJR周布(すふ)駅です。 前回記事の西浜田駅の西隣の駅となります。 -JR周布駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1922(大正11)年3月10日・訪問 2008(平成20)年11月・1日あたり平均乗車人員 89人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 浜田駅⇒2駅 (幡生方面) 益田駅⇒6駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間51分 大阪駅から:6時間59分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 ▼ 山陰本線で浜田駅から西へ2駅の位置にあり、開業は西浜田駅と…

  • JR西浜田駅 (島根県浜田市)

    2022年、あけましておめでとうございます。 本年も駅や旅の様子をできるだけupしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします! 島根県浜田市のJR西浜田(にし・はまだ)駅です。 前回記事の下府駅から浜田駅を挟んで2つ西隣の駅となります。 -JR西浜田駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1922(大正11)年3月10日・訪問 2008(平成20)年11月・1日あたり平均乗車人員 158人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 浜田駅⇒隣駅 (幡生方面) 益田駅⇒7駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 10時間23分 大阪駅から:7時間4分 ※AM9:00発での最短時間・…

  • JR下府駅 (島根県浜田市)

    島根県浜田市のJR下府(しもこう)駅です。 前回記事の久代駅の西隣の駅となります。 -JR下府駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1921(大正10)年9月1日・訪問 2008(平成20)年11月・1日あたり平均乗降車人員 87人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 江津駅⇒5駅 (幡生方面) 浜田駅⇒隣駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 10時間28分 大阪駅から:7時間17分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★★★☆☆ …2面2線 跨線橋 ★★☆☆☆ …地下道 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 ▼下府と書いて「しもこう」と読みます。「府」は国府とか国…

  • JR久代駅 (島根県浜田市)

    島根県浜田市のJR久代(くしろ)駅です。 前回記事の波子駅の西隣の駅となります。 -JR久代駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1959(昭和34)年3月1日・訪問 2008(平成20)年11月・1日あたり平均乗降車人員 3人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 江津駅⇒4駅 (幡生方面) 浜田駅⇒2駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 10時間28分 大阪駅から:7時間17分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★☆☆☆☆ …なし ▼山陰本線で江津駅から4駅、浜田駅からは2駅と、浜田寄りになって…

  • 山形/鶴岡② 素晴らしき建物群と橋橋橋

    山形県鶴岡市、山形/鶴岡① 鶴岡公園に色々とあるものにつづく鶴岡市の記事第2弾です。 (2012年11月当時) ▼鶴ヶ岡城はやはり「お堀の美しいお城」という印象が個人的に強くて、なんとも言えない佇まいがありました。 ▼この周りには色んな建造物があるという事で、前記事の荘内神社や大寶館なども見えますが、他にも色々あり、この辺りの魅力がよく分かります。 ▼付近の色んな建物の標識が出ていましたが、ここの右手には色んなものがあるというのが窺い知れます。 ▼これは致道(ちどう)博物館というものです。 庄内藩の藩校「致道館」に因んだ名前で、その藩校で使われていたものや庄内の民俗資料などが展示される博物館に…

  • 山形/鶴岡① 鶴岡公園に色々とあるもの

    山形県鶴岡市、JR鶴岡駅からの歩き旅です。 (2012年8月当時) ▼鶴岡駅から駅前広場を隔てて真ん前に建つ「MARICA」です。 駅を出て、渡り廊下を繋いで、右が西館、左が東館の構成ですが、こちらは「東館」です。 この時が2012(平成24)年ですが、既に2007(平成19)年から商業テナントがすべて閉店し、空き店舗状態で、当時これを見ててそれとは知りませんでした。2005(平成17)年までは、1985(昭和60)年に開店したジャスコ鶴岡店が入っていたといいます。 そんな廃屋同然の建屋に「ようこそ鶴岡へ」の歓迎看板はなんだか虚しいものがありました。 この5年後になる2017(平成29)年より…

  • JR波子駅 (島根県江津市)

    島根県江津市のJR波子(はし)駅です。 前回記事の敬川駅の西隣の駅となります。 -JR波子駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1921(大正10)年9月1日・訪問 2008(平成20)年11月・1日あたり平均乗降車人員 33人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 江津駅⇒3駅 (幡生方面) 浜田駅⇒3駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 10時間14分 大阪駅から:7時間2分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★★☆☆☆ …1面2線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 ▼山陰本線で江津駅からも浜田駅からもいずれも3駅と、両市の中心駅…

  • JR敬川駅 (島根県江津市)

    島根県江津市のJR敬川(うやがわ)駅です。 前回記事の浅利駅から3つ西の駅となります。市の中心・江津駅やその西隣の都野津駅はup済につき3駅先へ飛ばす格好です。 -JR敬川駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1959(昭和34)年4月1日・訪問 2008(平成20)年11月・1日あたり平均乗降車人員 27人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 江津駅⇒2駅 (幡生方面) 浜田駅⇒4駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 10時間31分 大阪駅から:7時間18分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★…

  • JR浅利駅 (島根県江津市)

    島根県江津市のJR浅利(あさり)駅です。 前回記事の黒松駅の西隣の駅となります。 -JR浅利駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1918(大正7)年11月25日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 37人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 大田市駅⇒9駅 (幡生方面) 江津駅⇒隣駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 10時間10分 大阪駅から:6時間42分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 ▼山陰本線で江津駅の東隣にあります。 開業は1918(大…

  • JR黒松駅 (島根県江津市)

    島根県江津市のJR黒松(くろまつ)駅です。 江津市ではJR江津駅をupしていますが、この中心駅以外の駅をupしていきます。 -JR黒松駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1918(大正7)年11月25日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 14人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 大田市駅⇒7駅 (幡生方面) 温泉津駅⇒隣駅 江津駅⇒3駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 10時間3分 大阪駅から:6時間52分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★★☆☆☆ …1面2線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 …

  • JR石見福光駅 (島根県大田市)

    島根県大田市のJR石見福光(いわみ・ふくみつ)駅です。 前回記事のJR湯里駅 の2つ西隣の駅です。 -JR石見福光駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1928(昭和3)年10月25日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 14人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 大田市駅⇒7駅 (幡生方面) 温泉津駅⇒隣駅 江津駅⇒3駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間59分 大阪駅から:6時間52分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 ▼山陰本線で珍しく旧…

  • JR湯里駅 (島根県大田市)

    島根県大田市のJR湯里(ゆさと)駅です。 前回記事のJR馬路駅の西隣の駅です。 -JR湯里駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1935(昭和10)年5月1日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 8人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 大田市駅⇒5駅 (幡生方面) 温泉津駅⇒隣駅 江津駅⇒5駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間50分 大阪駅から:6時間45分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋駅 ▼「ゆさと」と濁らずに読みます。 「湯」の字があ…

  • JR馬路駅 (島根県大田市)

    島根県大田市のJR馬路(まじ)駅です。 前回記事のJR五十猛駅の2つ西隣の駅です。 -JR馬路駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1918(大正7)年11月25日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 11人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 大田市駅⇒4駅 (幡生方面) 江津駅⇒6駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間46分 大阪駅から:6時間40分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★★☆☆☆ …1面2線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★☆☆☆☆ …なし ▼ひらがな表記で「まじ」です。 ウソではありません(笑) …

  • JR五十猛駅 (島根県大田市)

    島根県大田市のJR五十猛(いそたけ)駅です。 前回記事のJR静間駅の西隣の駅です。 -JR五十猛駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1917(大正6)年5月15日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 8人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 大田市駅⇒2駅 (幡生方面) 江津駅⇒8駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間33分 大阪駅から:6時間25分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ★☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★☆☆☆☆ …なし ▼大田市駅から西へ2駅目の駅で、開業した1917(大正6)年…

  • JR静間駅 (島根県大田市)

    島根県大田市のJR静間(しずま)駅です。 前回記事の久手駅から、市の中心部・大田市駅を挟んで西隣の駅です。 -JR静間駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1926(大正15)年9月16日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 35人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 大田市駅⇒隣駅 (幡生方面) 江津駅⇒9駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間29分 大阪駅から:6時間21分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ☆☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋 ▼両隣の大田市駅と五十猛駅との間に…

  • JR久手駅 (島根県大田市)

    島根県大田市のJR久手(くて)駅です。 前回記事の波根駅の西隣の駅です。 -JR久手駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1915(大正4)年7月11日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 48人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 出雲市駅⇒7駅 (幡生方面) 大田市駅⇒隣駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間19分 大阪駅から:6時間54分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★☆☆☆☆ …1面1線 跨線橋 ☆☆☆☆☆ …なし 駅舎 ★★☆☆☆ …平屋 ▼波根駅の隣駅であり、開業日は波根駅と同じです。これは山陰本線で出雲…

  • JR波根駅 (島根県大田市)

    島根県大田市、JR波根(はね)駅です。 大田市では、JR大田市駅や仁万駅をupした事がありますが、今回はそれほど有名ではないであろう駅をupしていきたいと思います。 -JR波根駅-・路線 JR山陰本線(京都-幡生間)・開業 1915(大正4)年7月11日・訪問 2008(平成20)年10月・1日あたり平均乗降車人員 43人/日 (2018年)・近隣の都市駅 (京都方面) 出雲市駅⇒6駅 (幡生方面) 大田市駅⇒2駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 9時間15分 大阪駅から:6時間50分 ※AM9:00発での最短時間・駅規模ランク ホーム ★★☆☆☆ 跨線橋 ☆☆☆☆☆ 駅舎 ★★☆☆☆ ▼山…

  • 静岡/藤枝② 藤枝宿で飲む郊外スタバ

    静岡県藤枝市、静岡/藤枝① 古い建物の行く末は…?につづく藤枝市の旅第2弾です。 (2018年3月当時) ▼第2弾の最初は「若一王子神社」です。 ここに藤枝市の名前由来も記されていました。 この神社は西暦730年からの長い歴史のある所で、後に源義家(1039-1106)が武運長久を祈念したとありました。その時に、松を植樹したといい、この時詠った歌に「松に花咲く藤枝の…」とあり、そこからこの一帯を「藤枝」というようになったとありました。 源義家は「後三年の役」で活躍した武士ですが、朝廷からは私戦扱いされて恩賞が出ず、自分のために戦った者に対して私財より恩賞を出したといいます。扱いは不遇でしたが、…

  • 静岡/藤枝① 古い建物の行く末は…?

    静岡県藤枝市、JR藤枝駅からの旅です。 (2018年3月当時) ▼まずは藤枝駅前の通りです。 初訪問時は、ホントに駅前通りをちょっと撮ったぐらいな感じで、とてもではないですが記事として成立するような状態ではなかったので、この時に再訪したという訳です。 ▼真昼間っから撮る写真ではありませんでしたが、キャバクラ・居酒屋・Barなど夜の店のナビゲーション・コーナーが駅からそう遠くないところにありました。 ▼法務局藤枝支局 というバス停です。 藤枝駅からは2つ目の停留所で、駅からの距離にして500~600m程度の地点で、これは藤枝駅方面ですが、本数はかなり多いようで、歩き旅の帰りで少し疲れた時にバスに…

  • 福島/会津若松 12年越し会津若松城

    福島県会津若松市、JR会津若松駅からの旅です。 (2021年9月当時) ▼会津若松市に初めて来たのは2009(平成21)年8月の事でしたが、今回記事はことし9月再訪分の写真でお送りします。 この町の最初の訪問はご縁がなく、泊まろうとしたホテルはまさかの満室で泊まる事ができず、観光もままならないままに急遽郡山の方へ引き返してホテルを取る事となり、ろくに街の風景を撮らずに発つ事となりました。 なので旅記事として成り立つ写真も載せられず、今秋に12年ぶりの訪問でようやくまともに訪ねる事ができました。 会津若松駅へ12年ぶりに訪ねましたが、大して変わってなかったこともあり、ここでは割愛して、この写真が…

  • 東京/小金井 小金井公園 犬も走ればドッグラン!

    東京都小金井市の旅です。 (2021年9月当時) ▼小金井市には2008(平成20)年にJR武蔵小金井駅訪問の形で初めて来ましたが、駅付近以外寄っておらず、どこか「コレ」という所に行きたいと思って選んだのがここ「小金井公園」です。 ここへはバスでアクセスしましたが、市内の武蔵小金井駅からではなく、隣の武蔵境駅から乗りました。これは単にGoogle Mapの経路アクセスがこうなっていたからで、武蔵小金井駅からのアクセスが怪しかったので、Google先生に従う事にしました。 武蔵境駅からは約10分で、ここ「小金井公園東口」バス停に着きました。 この公園は色々な所に出入口があって、どこから入っても良…

  • 愛知/瀬戸② 聡太と昭和のまち

    愛知県瀬戸市、愛知/瀬戸① ガンバレ聡太!につづく瀬戸市の旅第2弾です。 (2021年9月当時) ▼商店街を歩きながら時々逸れては目に入る景色もなかなか良いものでした。 今の時代なかなか無くないですか?精肉店。 お肉屋さんですよ。 最近は、全国展開のスーパーが1ヶ所にあらゆるものを集めて、そこで全部買い物ができてしまいますが、昔は肉屋、八百屋、酒屋、お菓子屋、文房具店…と色々買い物して回ったのが楽しかったのに…と昭和時代を思い返してしまいます。 ▼これはまた全面的に昭和な雰囲気に溢れた一角と感じられる通りでした。 多分、昭和末期の定点観測したら全くおんなじ写真になるんじゃないか、というくらいの…

  • 愛知/瀬戸① ガンバレ聡太!

    愛知県瀬戸市、名鉄/尾張瀬戸駅からの歩き旅です。 (2021年9月当時) ▼まずは、駅記事でも写っていた、駅と隣接している「パルティ瀬戸」です。 この丸い形がなんとも印象的な建物でした。 この建物のモチーフは、瀬戸焼の登り窯だと、どこかに書いてあった気がしますが、なるほど。 ▼パルティは「Parti」と表記していました。 語源はフランス語の「Partir」(パルティール)のようで、「発信する」などの意味だそうです。瀬戸の情報発信拠点という訳ですね。 地上6F建てというのは見て知っていましたが、今こうして記事を書くにあたり地下があったのは初めて知りました(笑)地下2Fまであるとは、地下駐車場てす…

  • 名鉄/尾張瀬戸駅 (愛知県瀬戸市)

    愛知県瀬戸市、名鉄/尾張瀬戸(おわり・せと)駅です。 瀬戸市では、愛知環状鉄道/瀬戸市駅をupした事がありますが、ほぼ駅の写真しか撮っておらず、街歩きの記録が残っていなかったので、今回駅再訪と共にようやく瀬戸市での街歩き記録も残してきました。 -名鉄/尾張瀬戸駅-・路線 名鉄瀬戸線(栄町-尾張瀬戸間)・開業 1905(明治38)年4月2日・訪問 初訪問-2005(平成17)年2月・1日あたり平均乗降車人員 6,589人/日 (2020年)・近隣の都市駅 (栄町方面) 新瀬戸駅⇒2駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 5時間31分 大阪駅から:5時間8分 ※AM9:00発での最短時間 ▼瀬戸市の…

  • 栃木/那須塩原③ 古町温泉街の町あるき

    栃木県那須塩原市、栃木/那須塩原② 常盤ホテルの一夜…につづく那須塩原市の旅第3弾です。 (2019年7月当時) ▼この記事では、泊まっていたホテルを出てから街歩きした様子を載せます。 最初の記事では、ここより向こうを歩いた様子を中心にお届けしてきましたが、今回記事では、ここより手前にあたる所を歩いた様子を中心にお届けします。 宿泊した「常盤ホテル」は左側に横っ面しか見えていませんが、向かいの右側の建物は、昔からあったであろう建物がズラリと並んでいました。 ▼上の写真と同じ地点から反対側の風景です。 塩原の温泉宿が並んでいましたが、右側の「山口屋旅館」というのが、駐車場に「庭園露天風呂」「貸切…

  • 栃木/那須塩原② 常盤ホテルの一夜…

    栃木県那須塩原市、栃木/那須塩原① 那須から塩原へ につづく那須塩原市の第2弾です。 (2019年7月当時) ▼タイトルはアレですが、そんなロマンチックなものではありません。 ひとりである意味ロマンチックではありましたが… これはホテルの部屋の窓からの景色です。 向こうに見える大きなホテルは「ホテルニュー塩原」という結構お高いホテルで「大江戸温泉物語」グループに入っています。 その周辺にもたくさんの温泉宿が集まっているエリアにこの「常盤ホテル」はあります。 ▼部屋の廊下は「ホテル」という感じの、どちらかというと洋風の雰囲気でした。 ▼ホテルの部屋の中の様子を。 洗面台周りなんかは特に洋風な感じ…

  • 栃木/那須塩原① 那須から塩原へ

    栃木県那須塩原市、栃木/那須③ 鹿の湯のカオスにつづき那須塩原市へ入っての旅です。 (2019年7月当時) ▼那須と塩原で那須塩原市かと思っていたら、那須湯本温泉は「那須郡那須町」であり、那須塩原駅に入って以来の再度の市内帰還となります。 という訳で、那須湯本温泉から、ここ塩原門前というバス停に辿り着き、ここからは塩原での旅程となります。 しかしこの那須から塩原へは直接行けず、随分と時間がかかりました。 那須湯本温泉からバスでJR黒磯駅へ戻り、これにまず30分余りかかり、黒磯駅から西那須野駅へJRで移動、西那須野からここへ向かうのに40分程度と…2時間くらいかかりました…。 ▼塩原門前のバス停…

  • 栃木/那須③ 鹿の湯のカオス

    栃木県那須郡那須町、栃木/那須② 石のカオスにつづく那須町の記事第3弾です。 (2019年7月当時) ※2つ前からの一連の記事を「那須塩原」としていましたが、厳密にはここは那須塩原市内ではなく、那須郡那須町内につき、ひと通り訂正しました。 ▼前回記事では殺生石の絶景を見てきた訳ですが、ここからはそのエリアを抜けて、那須の温泉街へと入っていきます。 ここにある「鹿の湯」というところが日帰り温泉施設だという事で、ここを目指して進みます。 天気があまりよろしくなく、こんな眺めでした。 ちなみに午後5:30受付終了とありました。結構早くに終わるんですね。 ▼殺生石の名残のような石の風景が続くリバーサイ…

  • 栃木/那須塩原② 那須Ⅱ・石のカオス

    栃木県那須塩原市、栃木/那須塩原① 那須Ⅰ・緑のカオスにつづく、那須塩原市の記事第2弾です。 (2019年7月当時) ▼那須の旅、続きます。 思えば「○○を経て○○に至る」のような体言止めでない看板が多かったなと思えたこの温泉神社の辺りでした。 それで、殺生石の方へ進んでいくのですが、まずはここで景色を見下ろしてみます。 ▼上の写真の位置から見下ろしたカットですが、これが素晴らしかったのです!! 殺生石の周辺ですが、通路になっている橋?がいい感じで絵になっていて、そして色々周りに石が散らばっているような?那須といえば温泉よりもすみません、このカットのが断然印象的でした。写真で伝わりにくいかもし…

  • 栃木/那須塩原① 那須Ⅰ・緑のカオス

    栃木県那須塩原市、JR那須塩原駅からの旅です。 (2019年7月当時) ▼那須塩原駅からいわゆる那須の温泉へ行く為に、バスでこの「那須湯本温泉」へたどり着きました。 バス時刻表通りならば、那須塩原駅から40分強でここへ着きますが、この時すごい渋滞していて、1時間以上バスに乗っていました。 ▼その名も温泉神社! という神社がありました。 ただし「おんせんじんじゃ」ではなく、「ゆぜんじんじゃ」です。温を「ゆ」と読むんですね。 nasu-yuzen.jp ▼温泉神社の参道を進んでいきます。 「殺生石にいたる」と書かれた看板がありましたが、これがまた素晴らしい景色でした。後で出てきますが…。 ▼参道は…

  • 沖縄/浦添 エセ日本全市訪問晴らし旅

    沖縄県浦添市、市内めぐりの様子です。 (2021年9月当時) ▼これが浦添市で初めて撮った(と思われる)写真ですが、それまで日本全市訪問として記録にも残していたつもりが、浦添市のみなく、通ったものの降り立って歩いたかも定かでなく、ハッキリ訪問の証も残っていない為、「日本全市訪問詐欺疑惑」が浮上し?!先月無理やり訪ねたものです。 那覇のヤマハレンタルバイクで、愛車と同じ車種を調達する事ができ、自分にとっては訳の分からない沖縄の道路を走りながら、浦添市に行き着いて初めて、ここで写真を撮り、地図確認がてらコンビニで休憩していました。 レンタカーはいろんな都市で見かけるものの、レンタルバイクとなるとな…

  • ゆいレール/てだこ浦西駅 (沖縄県浦添市)

    沖縄県浦添市のゆいレール/てだこ浦西(うらにし)駅です。 浦添市は、沖縄県の中部に位置し、人口は116,003人(2021.9.1現在)で、人口の多さでは沖縄県第4位であり、その昔琉球王国の首都として栄えた街です。 日本全市訪問した事を謳っている当ブログですが、実はこの浦添市だけは訪問した記録もなければ、記憶も曖昧で、通ったことはもちろんあるのですが、判然とした記録・記憶がない事から「ニセ全市訪問」疑惑が持ち上がり、「これではいかん」という事で、先月訪ねる事にしたものです。 -沖縄都市モノレール(ゆいレール)/てだこ浦西駅-・路線 沖縄都市モノレール線(那覇空港-てだこ浦西間)・開業 2019…

  • 「はてなブロガーに10の質問」に答えてみた

    はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? 左利きだから はてなブログを始めたきっかけは? 見てもらえるから? 自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事? 最近書いた記事だとコレ↓ lefthand926.hateblo.jp ブログを書きたくなるのはどんなとき? いつも。 とにかく旅行記のストックが多く溜まっているので、沢山吐き出したい。 下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事? ひとつ。 沖縄県浦添市の駅記事。 自分の記事を読み返すことはある? 時々。 文章が上達しないなと思う。 好きなはてなブ…

  • 大分/別府② 地獄の二丁目、ピラニア軍団から足蒸しまで

    大分県別府市、大分/別府① 地獄の一丁目、ワニが待つ沼につづく、別府市第2弾です。 (2017年11月当時) ▼前回記事では、鉄輪の地獄エリアの中でも特に「鬼山地獄」のワニをメインにお届けしてきましたが、今回はこれを出て、いろんな「地獄」の訪問となります。 まずはここ「白池地獄」です。 「国指定名勝」とありました。 これだけだと、ただのお寺の山門的なものですが、前の鬼山地獄で買ったチケットで、とにかく入っていきます。 ▼白池地獄の内部ですが、鬼山地獄と違っていて、日本庭園的な雰囲気に溢れていました。 この先何かあるんだろうか?と思いつつ進んでいきます。 ▼庭園スペースに県指定重要文化財「向原石…

  • 大分/別府① 地獄の一丁目、ワニが待つ沼

    大分県別府市、JR別府駅からの旅です。 (2017年11月当時) ▼今から4年前の2017年秋の様子です。 まず最初にこの不老泉というこの施設は、別府駅近くにある温泉施設です。 別府といえば温泉が有名ですが「別府八湯」といい、エリアごとに様々な温泉を有しています。 ここは別府駅前の「別府温泉」で、この不老泉は250円で入れる日帰り入浴施設です。 ▼この時、宿泊した「ビジネスホテルはやし」です。 別府駅の真ん前にあって、4,000円ほどで泊まれて超絶リーズナブルでした。 大浴場もあって、最上階に男湯があります。 大浴場と更に朝食付で4,000円、古いという事を気にしなければかなりお得です。 ▼朝…

  • 埼玉/三郷 マラソンと小松菜

    埼玉県三郷(みさと)市、つくばエクスプレス/三郷中央駅からの歩き旅です。 (2011年2月当時) ▼三郷中央駅から川を隔ててすぐのところにある「におどり公園」です。 「におどり」というのは鳥の種類で、カイツブリの別名だそうです。 人々が出会い交流する空間、とありました。特に何があるというより、その空間が広がっているという感じでした。 向こうにはCanonの建物が見えますが、「キャノン ファインテックニスカ」というキャノンの関連会社の本社屋があります。 ▼三郷中央駅前に流れている川で、第二大場川という利根川水系の川だそうです。 その上を、つくばエクスプレスの高架が通っています。 ▼三郷中央駅から…

  • 山口/周南 徳山でフラリ銀座

    山口県周南市、JR徳山駅からの歩き旅です。 (2018年11月当時) ▼徳山には何度か訪ねていますが、まずここでは最新の訪問時のものをという事で3年前の姿をお届けしたいと思います。 駅前広場が絶賛工事中で、このようなガチャガチャした雰囲気でした。 ▼これまで徳山ではメインの通りは歩いていましたが、この時はちょっと路地裏も寄ってみようかと、こんな所を歩いてみました。 クリーニング店の看板が昭和チックで惹かれました。 ▼上の写真より少し向こう側へ歩いたところです。 このお寿司屋さんの佇まいも、ずっと前からあったような感じで、2Fの窓と物干し掛けに年代を感じました。 ▼徳山駅前の代表的な商店街である…

  • JR徳山駅【新】 (山口県周南市)

    山口県周南市、JR徳山駅の再訪版です。 冒頭リンクは2006(平成18)年の訪問で、在来線しか訪ねておらず、また旧駅舎であったので、新駅舎となって以降の姿をお届けしたいと思います。 ▼新幹線の駅名標です。 これは2014(平成26)年当時ですが、新幹線で来たことがなかった為、8年ぶりの再訪でようやく新幹線ホームへ来ました。 両隣は山口県の駅で、「のぞみ」「さくら」のどちらかが1時間に1本程度停車する、少しは優等性のある駅です。 旧・徳山市の中心駅でもありますが、周南市になって「周南」とは変わらず、平成の大合併で市名と中心駅名がミスマッチする事が多いですね。以前からの名前を消したくない、というの…

  • 茨城/古河 

    茨城県古河市、JR古河駅からの歩き旅です。 (2006年8月当時) ▼今から15年前の風景で、この時初めて訪ねた古河でしたが、これ以降もう15年も来てないのかと思うと、時の流れを感じます。 ここは古河駅西口からすぐの通りです。 右側に見える日本海庄やは既に閉店しているようです、かなり近年に閉店したようですが…。 ▼同じような地点を反対から見たもので、古河駅方向へ振り返ってのカットです。 ブルーの駅舎なので、青空には全く映えませんが、白い雲には映えるというものです。 ▼上の写真の駅画通りを進んで交差する道路がこの茨城県道261号(野木古河線)です。ここは古河市本町とありますが、駅西は「本町」で、…

  • 茨城/土浦② 桜舞い鯉群れる 亀城公園

    茨城県土浦市、茨城/土浦① 土浦の渋い街あるき につづく土浦市の記事第2弾です。 (2016年4月当時) ▼前記事では街なかを中心にお届けしてきましたが、ここでは亀城公園(土浦城跡)を中心にお届けしていきます。 という事で、亀城の案内図です。 土浦はかつて何度も水害に見舞われながら水没する事なく、これが亀の甲羅のように見えた事から亀城と呼ばれるようになったそうです。 最初の築城時期は定かではなく、伝説レベルでは平将門が940年前後に砦を築いたというものがありますが文献上証明する根拠がなく、現在の形が造られるようになったのは、江戸時代になってからだそうです。 17世紀中は色々な建物が造られたり、…

  • 茨城/土浦① 土浦の渋い街あるき

    茨城県土浦市、JR土浦駅からの歩き旅です。 (2016年4月当時) ▼今から5年前の姿です。 冒頭リンクの駅記事は2007(平成19)年当時のものを載せていましたが、ここでは2016(平成28)年再訪時のものを載せていきます。 この時には西口ペデストリアンデッキ整備工事の完成予想図が掲げられていました。 駅の向井には土浦市役所新庁舎とあり、これはこの前年2015(平成27)年にこの地へ移転したもので、駅記事では2007年当時につき、この関係性ではありませんでした。 ▼ペデストリアンデッキを下りて、駅前の商業施設に沿って地平を歩いていたところのカットです。正確には「市役所」の建物です。旧イトーヨ…

  • 長崎/諫早 アエルで会える

    長崎県諫早市、島原鉄道/本諫早駅からの歩き旅です。 (2010年8月当時) ▼本諫早駅のすぐ前で、左に隠れている部分が駅になります。 右側には諫早市役所があり、当駅からの近さが窺えます。 右側にあるのはNTTのビルと鉄塔です。 ▼諫早市役所の旧庁舎でしょうか。今となっては調べてもよく分かりませんが、それらしい幕が張ってありました。 この当時新庁舎が供用されたばかりのようで、9階建ての正面から見ると正方形の綺麗な立派な建屋ですが、ここでは行き当たりませんでした。 幕は当時の4年後にあたる2014(平成26)年に開催される「第69回国民体育大会」について張ってありました。 国民体育大会は終戦直後の…

  • 島原鉄道/本諫早駅 (長崎県諫早市)

    長崎県諫早市、島原鉄道/本諫早(ほん・いさはや)駅です。 諫早市ではJR・島原鉄道/諫早駅をupした事がありますが、本駅は島原鉄道で、その隣駅にあたります。 -島原鉄道/本諫早駅-・路線 島原鉄道線(諫早-島原港間)・開業 1911(明治44)年6月20日・訪問 2010(平成22)年8月・1日あたり平均乗車人員 585/日 (2018年)・近隣の都市駅 (諫早方面) 諫早駅⇒隣駅 (島原港方面) 愛野駅⇒7駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 7時間41分 大阪駅から:5時間52分 ※AM9:00発での最短時間 ▼駅名標です。 諫早駅を起点とする島原鉄道において、諫早の次の駅がこの本諫早です…

  • 静岡/焼津 焼津のマリン風景

    静岡県焼津市、JR焼津駅からの歩き旅です。 (2005年8月当時) ▼今回は2005(平成17)年と16年も前の様子ですが、現時点で最初で最後、焼津市を訪ねた時の様子です。 まずはこの「焼津駅前商店街」のカットです。「Port road」とありました。 この商店街は、小泉八雲が愛したという浜通りと焼津駅とを結ぶ商店街との事です。という事で、歩道のみアーケードつきの街並みが続いていました。 焼津といえば漁港というぐらい有名で、カツオ・マグロの遠洋漁業で知られますが、2020(令和2)年の漁業水揚げ額はこの焼津が全国1位(412億円。5年連続1位)です。特にマグロは全国シェアの約1/3を誇ります。…

  • 東京/青梅 梅と朝顔と

    東京都青梅市、JR青梅駅からの歩き旅です。 (2008年7月当時) ▼今から13年前の姿なので、当時のものとしてご覧頂ければと思います。 青梅駅前の道路、都道28号(青梅飯能線)で「旧青梅街道」と表示されていました。 1962(昭和37)年に現青梅街道が新宿区からこの青梅を経由して山梨県の甲府に至る約73kmの道程で設定され、ここは旧街道とされたという事です。 ▼青梅駅前交差点周辺です。 右端に「赤塚不二夫シネマチックロード」なる文字が見えますが、旧青梅街道に対して2003(平成15)年に名づけられたといい、古き良き昭和の街づくりが進められてきたといいます。 左側の「ハイカラ屋」という建物には…

  • 愛知/稲沢 パワースポット・国府宮

    愛知県稲沢市、JR稲沢駅からの歩き旅です。 (2013年7月当時) ▼駅記事の稲沢駅訪問は2006年のものですが、この当時は本当に駅前しか行かなかったので、およそ旅記事らしいものが書けず、その後7年経った2013年7月再訪当時のものとして今回記事は写真を載せていきます。 まずは稲沢駅の駅自由通路施設案内です。 東口と西口に何があるか示していましたが、西口の方が圧倒的に多く、この時も西口に降り立って、名鉄国府宮駅の方へ向かって進んでいきました。 絵にある通りですが、長い階段が印象的でした。 ▼自由通路からの印象的な長い階段はこんな感じでした。 見下ろす景色がなかなか素晴らしくて、駅の2Fの割に高…

  • 千葉/木更津 しょ、しょ、證誠寺

    千葉県木更津市、JR木更津駅からの歩き旅です。 (2011年1月当時) ▼これもまた10年前の様子となります。 この2011年は関東の色んな市を集中的に回ったので、その時一回きりしか行ってないところも少なからずあります。 それで最初の写真は、木更津駅前の「与三郎通り」という歩道アーケードのついた商店街です。と思っていたら、与三郎通りはアーケードから外れた横道の方でした。 木更津の名を全国的に有名にした歌舞伎狂言「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」というものの主人公の名前からとられたそうです。 ▼という訳でこったが与三郎通りです。 さっきと全然違ういかにも路地裏、横道という感じで、右…

  • 神奈川/海老名 エブリデイ海老名イ

    神奈川県海老名市、小田急/海老名駅からの歩き旅です。 (2011年2月当時) ▼前回記事の神奈川/座間② 寺社からの聖地へにて旅した座間市と同じ日に訪問した、隣の海老名市の記事となり、やはりこれもまた今から10年前のものとなります。 海老名駅は、小田急以外に相鉄、JRと駅があり、いくつかの駅舎を越えた後の駅前にこの「海老名中央公園」がありました。 1985(昭和60)年に開園したというこの公園、現在地はその入口にあたりますが、ここから色々見る事ができ、これは嬉しい誤算でした。 ▼海老名中央公園を歩いて行きます。 公園、といっても前回記事の座間のような自然風景の公園ではなく、アスファルトで固めら…

  • 神奈川/座間② 寺社からの聖地へ

    神奈川県座間市、神奈川/座間① 剥き出し仁王と三角の美につづく座間市の記事第2弾です。 (2011年2月当時) ▼第1弾より自然や歴史に富んだ街である事に気づかされましたが、 天王大繩道 という石碑がありました。 これは古道であったといい、やはり歴史を感じさせるものでした。 ▼堰の橋 という橋がありました。 長さ10mほどの短い橋で、1988(昭和63)年にできたとありました。流れているのは相模川ということです。川沿いの塀がぐにゃぐにゃに曲がってるのがなんだかすごかったです(語彙力)。 ▼新河原宿 というバス停がありました。 座間駅を経て相武台駅へ向かう便で、「神奈中」とありました。神奈川中央…

  • 神奈川/座間① 剥き出し仁王と三角の美

    神奈川県座間市、小田急/座間駅からの歩き旅です。 (2011年2月当時) ▼座間ふるさとマップ がありました。 こうしてみると文化財が多く、寺社も多く、歴史的な側面の強い街という事を感じました。そしてマップ内には「座間八景」として名所を掲げており、観光的な売り込みもかけている感がありました。 市の鳥シジュウカラ、市の花ヒマワリ、市の木モクセイとありました。 座間市のゆるキャラ「ざまりん」は、頭はヒマワリの花で、身体はヒマワリの種がモチーフになっています。座間には55万本も咲くヒマワリ畑があるといい、神奈川県にあって自然豊かな側面も感じさせる街なのですね。 ▼座間の駅前にて 星の谷 観音通り商店…

  • 三重/伊勢② お伊勢さん・内宮 からのおかげ横丁

    三重県伊勢市、三重/伊勢① 2006年のお伊勢さん・外宮 につづく伊勢市の記事第二弾です。 (2006年2月当時) ▼前回は外宮でしたが、今回は「内宮(ないくう)」へやって来ました。 外宮は駅から徒歩で簡単に行けますが、内宮は伊勢市駅からバスで15分くらいかかるところにあります。 しかしバスは昼間のみの1時間に1本程度のダイヤだったので、次から次へとバスがくるという事ではないです。 www.isejingu.or.jp 内宮は「右側通行」となっていて、前記事の外宮は左側通行です。 ▼内宮の案内図です。 内宮は正式名称を「皇大神宮(こうたいじんぐう)」といい、外宮の約10倍の面積を有しており、天…

  • 三重/伊勢① 2006年のお伊勢さん・外宮

    三重県伊勢市、JR/近鉄 伊勢市駅からの旅です。 (2006年2月当時) ▼今からもう15年前の姿になりますが、最初の写真は「山田館」という老舗旅館です。 何せ伊勢市に来て初めて、インパクトがあったのはこの建物でした。 当時の撮り方がアレだったんですが、画面に収まらないくらいの迫力、という感じでした。(単に全体像が撮れてなかっただけですが…) 百年以上の歴史をもつ老舗という事で、また高級旅館の雰囲気も存分に出ていましたが、HPがありました↓ www.ise.ne.jp ▼伊勢市駅からの歩道です。 「神宮参道まちなみづくり」としてイラストがありました。 「お伊勢さん」はあまりに有名ですが、さてア…

  • 静岡/富士宮② 赤き誘い、浅間大社!

    静岡県富士宮市、 http://静岡/富士宮① やきそばと寺のまち につづく富士宮市の記事第2弾で、タイトル通り富士宮の象徴的な名所「浅間大社」を訪ねます。 (2011年11月当時) ▼いきなりですがズバリ「浅間大社前」という交差点です。 大きな赤い灯篭?にその雰囲気が感じられますが、とにかく「赤い」ものが多くて、赤いものがたくさん見られました。 ▼入口へ更に迫って、灯篭の向こうには、駐車場を経てやはり赤い大鳥居がありました。観光バスなんかも入り込んでいました。ツアーのお決まりコースかもしれません。 「浅間大社」と俗に言いますが、正式名称は「富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐう せんげんたいし…

  • 静岡/富士宮① やきそばと寺のまち 

    静岡県富士宮市、JR富士宮駅からの旅です。 (2011年11月当時) ▼富士宮駅の2階部分から見た駅前通りの様子です。 「矢部商事」の看板が妙に印象的でした。 向こうへ進むにつれて、雲がどす黒くなっていってました。今から10年前の姿ですが…。 ▼富士宮駅前通り商店街のマップがありました。 単なる地図ではなく、手作り感のある、各店にコメントの入った、旅行者には大変ありがたいマップでした。 ご当地B級グルメ・富士宮焼きそばの食べられるお店も複数ありました。ただし、当時より10年経っているのでご注意です。 ▼マイロード本町 という表示のゲートがありました。歩道のみアーケードのついた商店街でした。 富…

  • 福岡/飯塚② 飯塚宿と大正ロマン

    福岡県飯塚市、福岡/飯塚① 新飯塚~曩祖八幡宮 につづく、飯塚市第二弾の記事です。 ▼前回から八幡宮を出て、商店街へと入っていきます。 「ほんまち」と描かれているこの商店街に、「飯塚 祇園山笠」が映っていました。 ▼その本町商店街へ入ったところです。 幟が両サイドから斜めに交差するように出ていて、飾り物も華やかな様子でした。 通りには「長崎街道 飯塚宿」とありましたが、ここ飯塚が宿場町であった事も、この時通っていて初めて知りました。 長崎街道は、江戸時代の脇街道のひとつで、九州では唯一の脇街道で、小倉から長崎に至る約220kmの街道、という事ですが、なにせ当時は「鎖国」の体制下で唯一海外と交易…

  • 福岡/飯塚① 新飯塚~曩祖八幡宮

    福岡県飯塚市、JR新飯塚駅からの歩き旅です。 (2011年3月当時) ▼まずは新飯塚駅通りという交差点にて、新飯塚駅前の歩道アーケードのついた商店街がありました。 ちなみにここは「新」飯塚駅前ですが、JR飯塚駅との関係性は、飯塚駅は旧市街の中心地であったのに対して、1964(昭和39)年に飯塚市役所がここ新飯塚駅近くへ移転してきてから、この新飯塚の方が中心地として栄えるようになり、駅利用者数でも飯塚駅より4倍ほど多い形となっています。 また両駅は隣駅同士で、新飯塚駅の南側約2kmの地点に飯塚駅があります。 ▼商店街の「百縁市」というイベントの看板が出ていました。 このイベントは昨年末も行わてい…

  • 熊本/八代 ユニーク看板群

    熊本県八代市、JR八代駅からの歩き旅です。 (2009年7月当時) ▼駅前の八代観光マップです。 歌手の八代(やしろ)亜紀さんはここ八代市の出身ですが、市名は「やつしろ」です。 また当駅・八代駅と、新幹線の停車する「新」八代駅とは少し距離があり、隣駅としての関係性ですが約3km離れています。 観光地へのバスアクセスとして載っていますが、これらの便の頻度が気になるところです。たとえば「八代港」行きのバスは1~2時間に1本のペースなので、時刻表確認は必須です。 ▼八代駅前通りです。 2009(平成21)年と、もう10年以上前の姿ながら、広い道路にビルが点在していますが、あんまり駅前感がないなという…

  • 奈良/橿原 橿原神宮への道

    奈良県橿原市、近鉄/橿原郡宮前駅からの歩き旅です。 (2007年1月当時) ▼

  • 愛知/半田② ミツカンと黒板張りの街

    愛知県半田市、 愛知/半田① 酒と運河のまち につづく、半田市の旅第二弾です。 (2011年2月当時) ▼酒の文化館を離れて、次に来たのはこの「業葉(なりは)神社」です。 古来より「八幡宮」と尊称されていた神社といいますが、そこそこ風格を感じる神社でした。 ▼業葉神社内のお稲荷さんと思われる、朱塗り鳥居が続くものがあり、左側の説明板には「斐芽の祠(ひめのほこら)」とありました。 昔大相撲の巡業でここへ来ていた関取が、子供たちが健康に育つようにと持ってきたといわれる大きな石があるといいます。ビリケンさんの子安バージョンともいうべき、撫でて子供の健康祈願をしようというもののようです。中までは見ませ…

  • 愛知/半田① 酒と運河のまち

    愛知県半田市、名鉄/知多半田駅からの歩き旅です。 (2011年2月当時) ▼知多半田の駅にあった半田市の説明板です。 江戸時代から、海運・醸造・繊維などの産業が盛んであったといい、往時を偲ばせる雰囲気が色濃く残ったエリアもあります。また山車まつりが盛んで、5年に1度は市内31台の山車が集結するという大規模ぶりであるといい、左下の写真にその迫力満点の雰囲気が伝わってきます。 ▼ようこそHANDAへ という事で、幟が出ていましたが、雛人形と鯉のぼりと、そして大きな山車が載っていました。 ▼当時泊まっていた「名鉄イン 知多半田駅前」です。 もうちょうど10年前の事です。 名鉄インというと、愛知県一円…

  • 北海道/江別 はまなす温泉という名の遺産

    北海道江別市、JR江別駅からの歩き旅です。 (2013年4月当時) ▼最初は江別駅の真ん前にあるこのレンガ調の建物、「江別市水道庁舎」です。 中のロビーには1981(昭和56)年の建設工事の際に出土した土器などが展示されているといいます。しかし平日の昼間しか開いていないので、観光客が土日に訪ねても、それらを見る事ができないという訳です。 ▼その水道庁舎の脇には「水道発祥之地」の碑がありました。 ▼向こうへ続く通りは本町通りとよばれる江別駅前の通りです。 左手前には江別商工会議所があります。 ▼これは江別コミュニティセンターと江別中央公民館の建物です。 手前の長い丸柱が、建物の壮大感を表している…

  • 佐賀/唐津② ネコだらけの唐津城

    佐賀県唐津市、佐賀/唐津① 唐津城へのみちにつづく唐津市第2弾です。 (2010年9月当時) ▼唐津藩武家屋敷之門 として重厚な屋根を伴った神社の山門らしきものがありましたが、これはナント現役の旅館です。 www.mizunoryokan.com 慶長7(1602)年に初代藩主・寺沢公が名護屋城の解体資材を利用して唐津城を築城した折に、藩の家老宅の門として使われたとされています。 ▼唐津城跡の敷地内に本格的に入っていきます。 ここは「御住居・学問所」とありました。 この石垣の南側は、城の中枢的なエリアで藩主の住居や藩庁が置かれた二ノ丸にあたります。という事で中心的な所まで来ました。 ▼石垣が並…

  • 佐賀/唐津① 唐津城へのみち

    佐賀県唐津市、JR唐津駅からの歩き旅です。 (2010年9月当時) ▼唐津小学校跡 という石碑が残っていました。 唐津市立唐津小学校 という王道の名前でありながら、1958(昭和33)年3月というはるか昔に閉校となった小学校の跡地です。 その歴史は古く江戸中期の藩校「盈科堂」として設置されたのがその始まりとされ、学校としては1875(明治8)年に松原小学校として設立されたのがその始まりとされています。 1881(明治14)年に「公立上等唐津小学校」として、初めて唐津の名が校名につきました。唐津市立唐津小学校となったのは1947(昭和22)年の事ですが、そのわずか11年後に閉校となりました。児童…

  • 埼玉/鴻巣② 雛人形のまち、様々な顔…

    埼玉県鴻巣市、埼玉/鴻巣① 初めてのドトール、それから…につづく鴻巣市の旅第2弾です。 (2018年11月当時) ▼いきなりですが、鴻巣は雛人形の町としての顔も持っています。 たしかに駅の方に雛人形あったなと思いつつも、街を歩いてて雛人形がらみの事を忘れていましたが、この辺の道路を歩いていて急に「雛人形町」という幟やら色々でてきて再認識しました。 という事で人形製作のお店が現れました。この辺は雛人形の店のエリアのようです。 ▼上の写真の人形製作のお店の角を曲がると、またこのような人形店がありました。「マル武人形」というお店で、400年の歴史をもつ鴻巣人形の伝統を守る企業のひとつとして息づいてい…

  • 埼玉/鴻巣① 初めてのドトール、それから…

    埼玉県鴻巣市、JR鴻巣駅からの歩き旅です。 (2018年11月当時) ▼冒頭リンクの駅記事では2008(平成20)年訪問時の様子で、その時は鴻巣高校90周年が祝われていましたが、ものすごくタイミングの良い事に、次に再訪したのがちょうど10年後2018(平成30)年であり、足し算して分かるように?鴻巣高校100周年な訳ですが、鴻巣駅で大々的に祝われていました。 鴻巣駅長も「おめでとうございます」なんて言ってたりします。 ▼鴻巣駅前のドトールです。 ここは何を隠そう?生まれて初めて行ったドトールがこの鴻巣駅前のお店でした。 それ以来というもの、どちらかというとドトール派で、アイスカフェモカの味が絶…

  • 滋賀/彦根 近江彦根はひこにゃんでもつ

    滋賀県彦根市、JR彦根駅からの旅です。 (2012年6月当時) ▼彦根駅の駅記事では1999(平成11)年当時のものですが、今回記事は2012(平成24)年再訪時のものをお送りします。 まずは彦根駅前広場の一角ですが、「ようこそ ひこねへ」の高い時計塔に、しっかり「ひこにゃん」の写真も載っていました。 ひこにゃんが有名になってからというもの、本当にこの町はひこにゃんで売っているなという事を感じます。熊本のくまモンも同様ですが…。 ▼彦根駅前はAL PLAZAがあります。滋賀の都市駅前には定番の風景といっても過言ではないですね。 ▼駅前広場から駅前通りへ出るとこんな感じです。 左手にAL PLA…

  • 大阪/門真 ゆの蔵ありし頃…

    大阪府門真市、大阪モノレール/門真市駅からの歩き旅です。 (2012年12月その他訪問) ▼この辺りは何度か来ているので、その時期ごとに写真を載せていきますが、まずはここからは2012(平成24)年12月訪問時の姿です。 これは駅前広場を見下ろした様子ですが、向こうへ通っているのが大阪モノレールの駅舎と線路で、京阪の門真市駅と十字交差しています。 ▼門真市駅から離れて街歩きしてみましたが、これというものを見つけるのが難しく、まずはここを歩きました。 タイガー魔法瓶の本社は、ここ門真市にありました。 なんでタイガーなのか?と調べていたら、創業者である菊池武範氏(1895-1975)の父親が寅年生…

  • 宮崎/延岡 はなかっぱアート

    宮崎県延岡市、JR延岡駅からの歩き旅です。 (2010年8月当時) ▼まず最初は、延岡駅前に「ATHLETE TOWN Nobeoka」として、延岡市ゆかりの歴代オリンピック出場者の手形や足形が飾られていました。 1999(平成11)年春に設置されたもので、2016(平成28)年に駅前周辺整備の為に一時撤去されていますが、2018(平成30)年に再移設され改めて除幕されたといい、これは旧のものとなりますが、宗茂・武兄弟や千葉真子選手など今では40名以上あるといいます。 ▼延岡駅前の交差点です。 駅前の通りは「今山大師 駅前参道」とありました。 今山大師とは、延岡駅から徒歩約15分の所「今山大師…

  • 奈良/生駒 商店街を俯瞰する

    奈良県生駒市、近鉄/生駒駅周辺の様子です。 (2016年7月当時) ▼まずは生駒駅の周辺案内図です。 真ん中が生駒駅になりますが、地図は左側が北で、上は東になります。なので、見切れかけの上端は東生駒駅です。 中心の生駒駅から右下へ伸びている線は「生駒ケーブル」で、途中までは地上移動で、途中からケーブルカーとなり山上まで複数駅ある形となっています。 あまり生駒市でコレというものを見れていないので、次行く時はやはりこの山上ケーブルを使わない手はない!と思いました。 ▼駅前の「ベルテラスいこま」という複合商業施設がありました。 上には図書館もありました。 下の階には、ミスドや鎌倉パスタなんかもありま…

  • 近鉄/生駒駅 (奈良県生駒市) 

    奈良県生駒市、近鉄/生駒(いこま)駅です。 生駒市では、近鉄/東生駒駅をupした事がありましたが、今回は市名を名乗る中心駅の御紹介です。 -近鉄/生駒駅-・路線 近鉄奈良線(布施-近鉄奈良間) 生駒線(生駒-王寺間) けいはんな線(長田-学研奈良登美ヶ丘間)・開業 1914(大正3)年4月30日・訪問 初訪問-1998(平成10)年5月・1日あたり平均乗車人員 22,505/日 (2019年)・近隣の都市駅 (布施方面) 瓢箪山駅⇒4駅 (近鉄奈良方面) 大和西大寺駅⇒5駅 (王寺方面) 王寺駅⇒11駅 (長田方面) 新石切駅⇒隣駅 (学研奈良登美ヶ丘方面) 学研奈良登美ヶ丘駅⇒3駅 ・鉄道で…

  • 広島/廿日市 宮島 シカが訪ねてこんにちは

    広島県廿日市市、JR宮島口駅からの旅です。 (2014年4月当時) ▼まず廿日市(はつかいち)市ってどんなところ??ですが、これはもう単純に「宮島のあるところ」です。宮島といえば「日本三景」としてあまりに有名であり、市内には宮島へのアプローチとしJRにも広電にも「宮島口」駅があります。 宮島口駅というと、「口」がつく点が少々引っかかるところで、「口」がつくと、「前」とは違い、少し遠い所にある事が多く、確かにここの場合も宮島へは距離がある(航路だから当然)のですが、宮島への港は駅からすぐの所にあり、宮島口駅からこの港が見えていますし、5分と経たない時間でここまで辿り着く事ができます。 そしてここ…

  • 東京/昭島 世界で2番目においしいお店!

    東京都昭島市、JR昭島駅からの歩き旅です。 (2018年5月当時) ▼昭島駅北口を右へ向いて進行していくと、こんな商店街があります。 ここが既に「モリタウン」の一角で、昭島市で駅以外に行ったのはほぼモリタウンだけになってしまい、この記事もモリタウンのエリア内ばかりになってしまいますが、その中でのいろんな顔がある、という事で見ていただければと思います。 ここは、駅からかなり近い所で、カラフルな花が浮き出たような柱が印象的な通りです。この辺りは飲食店が多いですね。モスもあるしミスドもあるし、パスタやら何やらバリエーションに富んでいます。 イトーヨーカドーがこのモリタウンの一角を占める形で、1984…

  • JR昭島駅 (東京都昭島市)

    東京都昭島市のJR昭島(あきしま)駅です。 昭島市では、JR拝島駅をupした事がありますが、これは福生市と昭島市の境目にある駅で、駅周辺の旅記事は福生市としてupしたぐらいで、今回は純然たる昭島市の駅としてお送りします。 -JR昭島駅-・路線 JR青梅線(立川-奥多摩間)・開業 1938(昭和13)年12月25日・訪問 2018(平成30)年5月・1日あたり平均乗車人員 26,016/日 (2019年)・近隣の都市駅 (立川方面) 立川駅⇒4駅 (奥多摩方面) 福生駅⇒3駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 2時間29分 大阪駅から:2時間2分 ※AM9:00発での最短時間 ▼駅名標周辺です。…

  • 愛知/東海 階段を上がると大仏が!

    愛知県東海市、名鉄/聚楽園駅からの歩き旅です。 (2021年5月当時) ▼聚楽園駅から駅前広場を隔てた先にある緑いっぱいのエリアの入口には、このような「聚楽園公園」という表示がありますが、ここから進んでいきます。 5月という春に訪ねましたが、秋の紅葉はかなり美しいようです。 ▼緑の中を進んでいきますが、そんなに鬱蒼とした森ではないようで、結構空も見えたりしてました。 ▼進んでいくと、時折このような枝が重ねられたところがありました。 ▼緑の通路を進んで2、3分と経たないうちにこのような階段が現れました。 ちょっと段数多めでしんどいと思う方もいるかもしれません。 ▼その階段を上っていくと… 何か見…

  • 名鉄/聚楽園駅 (愛知県東海市)

    愛知県東海市、名鉄/聚楽園(しゅうらくえん)駅です。 東海市では、名鉄/太田川駅をupした事がありますが、今回は駅前に観光名所のあるこの駅をお送りします。 -名鉄/聚楽園駅-・路線 名鉄常滑線(神宮前-常滑間)・開業 1917(大正6)年9月10日・訪問 2021(令和3)年5月・1日あたり平均乗降車人員 6,671/日 (2019年)・近隣の都市駅 (神宮前方面) 神宮前駅⇒7駅 (常滑方面) 太田川駅⇒2駅 ・鉄道での所要時間 東京駅から: 2時間29分 大阪駅から:2時間2分 ※AM9:00発での最短時間 ▼聚楽園駅の駅名標です。 初めて見た時、「じゅらくえん」かと思ってましたが、岡山県…

  • 東京/東久留米 緑いっぱいの東京

    東京都東久留米市、西武/東久留米駅からの歩き旅です。 (2011年5月当時) ▼水とみどりと ふれあいのまち 東久留米 と書かれたものが駅前にデカデカとありました。 ろくに巡っていないのでなんなんですが「竹林公園」というのがあるようです。 竹が主役の公園、という事で、東久留米駅西口から徒歩約10分のところにあり、約2,000本の孟宗竹(もうそうちく)という竹が生えているという事で、東京にあってそのような緑いっぱいの空間というのは大変貴重といえます。 もうひとつは「野火止用水」というかつての用水路があり、これは江戸時代1655年に時の老中・松平伊豆守によって開削されたという歴史あるものです。19…

  • 大阪/松原 花香る町をゆく

    大阪府松原市、近鉄/河内松原駅からの歩き旅です。 (2006年11月当時) ▼まずは河内松原駅北口のすぐ前(サイド)の線路沿いの小道です。 カラオケ喫茶とかパチンコとかそういう感じのお店が軒を連ねていましたが、大きな通りではないですが、商店街らしい街灯がついていました。これから15年くらい経ちますが、どのくらい変わっているのかいないのか…。と思って、ストリートビューを見てみましたが、この限りでは今もあまり大きくは変わっていないようでした。 ▼ある意味松原市の観光で最も印象的だったのが、このユリでした。 ちょっと萎れかかろうとしてたけど、大きく咲き誇っていたこのユリが妙に頭に残っています。 ▼松…

  • JR姫路駅 (兵庫県姫路市)

    兵庫県姫路市のJR姫路(ひめじ)駅です。 姫路市では色んな駅をupしてきましたが、肝心要のこの中心駅をupする事がなかなかできず、ようやくネタが揃ってきた?ので今回記事としてお届けしたいと思います。 -JR姫路駅-・路線 JR山陽新幹線(新大阪-博多間) 山陽本線(神戸-新門司間) 姫新線(姫路-新見間) 播但線(姫路-和田山間)・開業 1888(明治21)年12月23日・訪問 初訪問-1981(昭和56)年11月・1日あたり平均乗車人員 1,915/日 (2018年)・近隣の都市駅 (神戸方面) 加古川駅⇒6駅 西明石駅⇒隣駅(※新幹線) (新門司方面) 相生駅⇒5駅 ※新幹線では隣駅 (新…

  • 島根/安来⑥ 伯太 遥かなる1992年春

    島根県安来市、「島根/安来⑤ 広瀬Ⅲ・1991年のヒロセン」につづく安来市第6弾となります。前回同様過去写真の掘り起こしですが… (1992年4月当時) lefthand926.hateblo.jp ▼今回は初めて、旧・能義郡「伯太(はくた)町」の町域をお送りします。 1992(平成4)年4月の事となりますが、この当時は現・安来市ではなく旧・伯太町の頃でした。 旧・能義郡として平成の大合併前までは「広瀬町」と「伯太町」の2町で構成されていて、広瀬町は月山富田城で、伯太町はチューリップの里として観光資源のある町(自治体)として運営されてきました。(今では共に「安来市」になりましたが…) 今からも…

  • 島根/安来⑤ 広瀬Ⅲ・1991年のヒロセン

    島根県安来市、「島根/安来④ 鷺の湯温泉/足立美術館/安来節演芸館」につづく安来市第5弾の記事で、旧・能義郡広瀬町としては第3弾となりますが、今回は1991(平成3)年当時、まだ安来市になる前の郡部の頃の風景としてお送りします。 (1991年12月当時) lefthand926.hateblo.jp ▼今回お送りする写真は、わずか3枚のみです。 というのも初めてこの能義郡広瀬町を訪ねた1991年に「写ルンです」で断片的に撮った写真のみにつき、極めて適当なカットとなっている事をご容赦願います。 しかしながら、今から30年前の貴重なカットともいえるかと思います。 まずはこの「比田郵便局」のカットで…

  • 愛媛/新居浜 普通の街並み

    愛媛県新居浜市、JR新居浜駅からの歩き旅です。 (2006年8月当時) ▼駅記事で、新居浜という所は人口12万ほどの割に駅前が寂しいようなことを書いたと思いますが、これはもう15年前の姿となり、2012年には駅舎をリニューアルし、以後駅前も長年の懸案であった再開発に着手したそうで、15年も行ってないのでそろそろ見てみたいところです。 これはその2006年当時の駅前のカットですが、ルートインのホテルが1km先にあったりして、駅の真ん前にあるホテルなんて希少で、大体が駅から少し離れた場所にありました。 ▼この「ビジネスホテルにいはま」というホテルは、新居浜駅前にある貴重なホテルでした。喫茶・軽食コ…

  • 沖縄/うるま 壮観!勝連城跡

    沖縄県うるま市、勝連城(かつれんじょう)跡を中心にお届けします。 (2001年4月当時) うるま市は沖縄県の中東部に位置し、人口は122,321人(2021.4.1現在)で、沖縄第3の都市(那覇市・沖縄市につづく)であり、2005(平成17)年に旧・具志川市と石川市、中東郡の与那城町と勝連町の2市2町が合併して誕生しました。 ▼ほとんど勝連城へ行っただけで、ここも勝連城へ行くための寄り道に近い感じでしたが「与那城町総合公園」とあります。 2001年当時は「与那城町」だったのですが、現在はうるま市となっており「うるま市与那城総合公園」となっています。 今は、うるま市となってしまった当時の与那城町…

  • 沖縄/石垣 空の玄関ほか

    沖縄県石垣市、石垣島の様子です。 (2000年7月当時) ▼これは今から20年以上前の2000年夏の様子で、当時まだデジカメを持っておらず「写ルンです」で撮ったものです。 石垣島へ行ったのが、後にも先にもこの1回限りで、しかもこの時は八重山諸島の「与那国島」へ行く時の経由地として降り立ったものです。(後で街歩きしましたが…) JTA(日本トランスオーシャン航空)の飛行機でやって来ました、人生初石垣島。 ▼これも駐機場から撮った石垣空港の到着口です。 この当時で沖縄へ行くのが2回目、石垣が初めてという事で、八重山諸島は与那国島(日本最西端)以外に「波照間島」(日本最南端)と「竹富島」へ行きました…

  • 栃木/佐野 駅前の佐野城跡

    栃木県佐野市、JR佐野駅前の風景です。 (2008年8月当時) ▼これも古くて今から13年前の姿になりますが、駅を出るやいきなり佐野城址という観光にはうってつけの街というところでした。 これという建屋はありませんが、緑いっぱいな憩いのスペース的な側面が強い感じでした。 ▼佐野城跡の説明板がありました。 「春日岡城」の別名を持ち、江戸幕府開府の前年にあたる1602年に佐野氏によって築城されたお城です。それまで根城にしていた唐沢山城という山城からこの地に移ってきましたが、整備も終わり切らない1614年に佐野氏が突如改易となり、お城も廃城になったという事です。 築城が慶長7年で廃城が慶長19年と、江…

  • 福岡/大牟田 新銀座ゴースト商店街

    福岡県大牟田市、JR大牟田駅からの歩き旅です。 (2018年1月当時) ▼いきなりこんな写真でスタートですが、これはJR大牟田駅の近くではなく、駅からかなり歩いたところになります。 西鉄の大牟田駅もすぐ近くにありますが、そこから1駅分を歩こうと隣の新栄町駅まで歩く道のりの一角です。あまりに渋い家屋だったのでつい見入ってしまいました。 ▼ちょっと駅から離れますが、ビジネス旅館などの建物が複数あり、これが現役稼働してるかはともかく、かつて結構賑わった辺りかもしれません。この左手前の河口荘というのはググったらその名前や地図などは出てきますが、ひょっとして現役なのか…。 ▼塀がひび割れたところもありま…

  • 大阪/富田林 大阪随一の寺内町

    大阪府富田林市、近鉄/富田林駅からの歩き旅です。 (2008年6月当時) ▼これもかなり前で、もう13年前になりますが、更新ペースが遅いためになかなか新鮮なネタがお届けできずすみません。 ここでは富田林がこんな街、と分かりやすいカットが後で出てきますが、それらの御紹介の前に市街地の様子をお送りします。以後この手のカットは登場しないので…。 ▼16世紀末の富田林寺内町(じないまち)の景観図 として出ていました。 16世紀末といえば戦国時代ですが、そんな戦国時代の16世紀半ばにこの寺内町ができたそうです。証秀上人という人物が当時の守護代よりこの土地を購入し、寺院と庄屋が連携し、町全体が寺社の境内の…

  • 岩手/奥州 水沢公園

    岩手県奥州市、JR水沢駅からの歩き旅です。 (2009年8月当時) ▼前回記事の一関市と同じ日に訪ねました。もう12年近く前の2009年お盆の旅でした。 水沢駅前はホテルなど中高層のビルが並んでいました。 ▼水沢駅から駅前通りを進みゆくところですが、右側のみアーケードつき歩道が続いていました。 ▼自治体名が表記されていませんが、旧・水沢市のマンホールです。 市の花モミジと市の木シダレザクラ、そして市の鳥ヒバリという「市の〇」で固めたものでした。 ▼水沢駅前の通りも、進んでいくうちに両サイド歩道にアーケードがついていました。 突き当りに見えるのは「Maple(メイプル)」という商業施設で、元は1…

  • 岩手/一関 偉人たちの通り

    岩手県一関市、JR一ノ関駅からの歩き旅です。 (2009年8月当時) ▼もう10年以上前の2009年の姿となります。まずは当時泊まったホテルからですが、東横イン一ノ関駅前です。 市名の場合は「一関」、駅名の場合は「一ノ関」と「ノ」の字が間に入るというややこしい表記になっています。 この当時は東横インによく泊まっていて、ここは会員になって10回泊まると1回分が無料になるというので、数年間は時々それをやっていたものでした。 ▼一ノ関駅前の通りです。 直進すると平泉へと至り、左折すると仙台や気仙沼などへ至る形になっていました。 ▼一ノ関駅前からホテル群を見てみると、駅前にはかなりホテルが密集している…

  • 東京/国分寺 殿ヶ谷戸庭園と東経大

    東京都国分寺市、JR国分寺駅からの歩き旅です。 ▼前半は2008年7月当時の風景にてお送りします。 今から約13年前になりますが、まずは国分寺駅前の通りからです。 ▼国分寺市のマンホールです。 中央は市の花サツキで、外周は川の流れのような模様になっていました。 国分寺の漢字がなんともいえない字体になっていて、こんな字体でマンホールに刻まれているのもなかなか珍しいのではないでしょうか。 ▼初訪問2008年の時に唯一といって良い訪問場所がこの「都立 殿ヶ谷戸庭園」でした。ホントここしか行かなかった、といっても過言ではないほどでした。 殿ヶ谷戸庭園(「とのがやと・ていえん」と読みます)は、自然の地を…

  • 滋賀/東近江 八日市ノスタルジック商店街

    滋賀県東近江市、近江鉄道/八日市駅周辺の様子です。 (2005年11月当時) ▼八日市市観光案内版 とありました。 この年の2月に旧・八日市市は合併されて現在の東近江市になったばかりの状態で、まだ「東近江市」に貼替などされる以前の状態だったのでしょう。まだ旧市の中心の色合いが濃かった頃といえます。 「大凧と緑のまち八日市」とありました。大凧は八日市にとっての大きなウリです。 この記事では2005年11月訪問時を基軸に、再訪した2009年2月時のものを時に比較の形で載せていきます。 ▼ここは八日市の実質的な駅前通りです。 左側の写真は今から15年以上も前の2005年11月の様子ですが、11月半ば…

  • 福岡/春日 2021年初浸かり

    福岡県春日市、2021年初の日帰り入浴へ行った時のものです。 (2021年1月当時) ▼2021年1月1日の事でした。 春日市ってあんまりこれという所に寄った事がなく、どこかないかな??と探して結局は、温泉に浸かろう!となりました。 という事で博多南駅へ行き着いて、そこからバスに乗りました。 博多南駅から49系統「西鉄大橋駅」行きで約5分・170円で、ここ「下白水」バス停へ到着しす。 ここから少し歩いて行きます。 ▼下白水バス停から上の写真とは反対方向の目線ですが、交差点になっていて、ここを経て目的地まで歩きます。 近いはずなんですが、見えないのでどっち方向へ行けばよいのか??迷いながら歩いて…

  • 島根/安来④ 鷺の湯温泉/足立美術館/安来節演芸館

    島根県安来市、につづく安来市の記事で、 島根/安来③ 広瀬Ⅱ・渋い建屋づくし - 続々トラベルとかナントカ 広瀬の街歩きが続きます。 ▼商店が並ぶ広瀬の中心地街並みから北へ逸れ、広瀬ターミナルから約1.7kmの地点で、すっかり幹線道路上を歩いていました。月山富田城を模ったかは分かりませんが、城下町のイメージを表現した「ようこそ広瀬へ」的なオブジェが建っていました。 ▼この幹線道に出てくるとコンビニがありました。 広瀬の中心地街にはコンビニなど欠片もありませんでしたが、逆に郊外に出る方がこういう店や飲食店などがあったりしました。 ▼ゆっくり走ろう 広瀬路 という看板もありました。 広瀬町交友会と…

  • 島根/安来③ 広瀬Ⅱ・渋い建屋づくし

    島根県安来市、島根/安来② 広瀬Ⅰ・月山富田城を覗く令和初の旅に続いて旧・広瀬町シリーズ第2弾です。 (2019年5月当時) ▼前回記事で街並みを多く取り上げていましたが、街の景色の方が限定的でこんなカントリーな風景も見られた訳で、街の景色ばかりではなかった訳です。 ちょっと街からそれれば、思い切りカントリーになるのが島根県だなと感じます。 ▼再び街の景色に戻ります。 左側の写真では「安来牛乳」の名前の上になんともノスタルジーを感じさせる絵が載っていました。昭和何十年代のものだろう?と思わされます。 で、この牛乳を販売していた「安来乳業」ですが2019年(つまりこの訪問年)の3月に廃業したばっ…

  • 島根/安来② 広瀬Ⅰ・月山富田城を覗く令和初の旅

    島根県安来市、 島根/安来 かつての栄華を垣間見 に続く安来市の旅です。 (2019年5月当時) ▼前回の安来市記事は、市内の中心地であるJR安来駅周辺の街めぐりでしたが、今回は旧・安来市外のエリアをお送りします。 という事で、今回の旅の起点は「広瀬バスターミナル」です。 ここは旧・能義(のぎ)郡広瀬町という郡部で、平成の大合併により安来市になったところで、個人的にはじめてこの地に来たのが1991(平成3)年の事でしたが、当時はバリバリの広瀬町でした(笑)が、ほぼそれ以来実に28年ぶりにここへ来ました。 この広瀬は、鉄道駅などなくバスだけが公共交通機関ですが、JR安来駅から「安来市コミュニティ…

  • 千葉/鎌ヶ谷 ゴルフ練習に行く!

    千葉県鎌ケ谷市、新京成/北初富駅からの様子です。 (2017年5月当時) ▼北初富駅から単に鎌ヶ谷ゴルフセンターへ行っただけなのですが、まずはその道のりから鎌ヶ谷を伝えようと、こんな写真からスタートしました。 鎌ヶ谷産のもので料理を出しているお店があるようで、色々と書き込まれていました。 これ見て「鎌ヶ谷でこんなものが獲れるんだ」と思いました。きゅうり、トマト、ネギ、そして千葉だから?落花生もありました。このお店に行って鎌ヶ谷を感じるのも良かったかもですね。 ▼当時の高架工事中であった様子が分かりやすいカットですが、それにしても立派な高架ですね。 ▼道中こんなホームセンターがありました。 Ol…

ブログリーダー」を活用して、レフティさんをフォローしませんか?

ハンドル名
レフティさん
ブログタイトル
続々トラベルとかナントカ
フォロー
続々トラベルとかナントカ
カテゴリー一覧
商用