searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
しらねのぞるばの暴言ブログ https://shiranenozorba.com/

糖尿病一歩手前の状態と気づいたのをきっかけに,糖尿病そのものを研究することにしました.調べたこと・考えたことを独自の視点で整理しています.

しらねのぞるば
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/03/10

1件〜100件

  • [別館記事更新] 85歳の糖尿病

    糖尿病の人は平均寿命が短いなどと言われます.そこで,85歳時点で糖尿病だった人の,その後の余命を追跡してみました.大阪の病院からの学会報告です.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[10] 迷走のあげく失踪?ー食事療法

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】迷走してきた学会の食事療法日本糖尿病学会が推奨してきた『

  • [別館記事更新] 背中をチェック!

    遠くを歩いている人の顔はわからなくても,その姿勢から 若者か老人かはわかります. 加齢はまず姿勢に現れるからです.年寄りは意識して背中で歩きましょう.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[9] 糖尿病性神経障害

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】今回の学会では,教育講演とシンポジウムとで,糖尿病神経障

  • [別館記事更新] 意地悪な車内放送

    加齢性難聴は 程度の差こそあれ 誰でも必ず発生します.しかし難聴なのに,聞きとれる言葉と聞き取れない言葉とがあるのです.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[8] ミトコンドリア糖尿病にイメグリミン

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】前回記事では通常の2型糖尿病患者にイメグリミンを投与した

  • [別館記事更新] ぶっ飛んだ本

    Mad Scientistとは文字通り『狂気の科学者』のはずですが,ほとんどの場合,グツグツ沸騰する気色の悪い液体の入ったフラスコを両手に持った『狂気の化学者』が登場するので,化学系のぞるばは いつも『なんでやねん』とつぶやいています.ご興

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[7] イメグリミンがデビューしました

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】昨年9月に イメグリミン がいよいよ日本で発売されました

  • [別館記事更新] 詐欺メール・フィッシングに騙される人

    昨日 NHKでも報道されていましたが,他人になりすまして銀行口座から金を盗み取るのは,銀行のセキュリティ対策強化でほぼ不可能になっています.しかし,銀行口座に紐づいた 決済サービスは,セキュリティ管理が甘いので IDとパスワードを盗むだけで

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[6] 合併症リスクは糖尿病のタイプによって異なる

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】今回の学会で 糖尿病の新分類に関連する発表がありました.

  • [別館記事更新] 高齢者はデジタル音痴だから

    『高齢者は新聞とテレビしか見ない. しかもそれらの情報を鵜呑みにする』たしかにそういう傾向はありました.しかし,いつまでもそうではないでしょう.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[5] SU剤がやめられない

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】低血糖糖尿病患者にとって,低血糖はおそろしいものです.

  • [別館記事更新] 病名を何とかして

    「糖尿病」という病名については,当事者とそうでない人とで 意見が大きく分かれるという報告です.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[4] 境界型のまま5年間 踏みとどまれるか

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】糖尿病と診断された人には.二つの経路があります.一つは

  • [別館記事更新] ノリノリ音楽で運動すれば血糖値は下がるか?

    私は 自宅の庭仕事の時などには,この曲を流しています.リズミカルな曲が作業のテンポに合っています. 時々調子に乗りすぎて,切らなくてもいい枝まで落としてしまいますがwでは,ノリノリのお気に入りの曲を聴きながら運動したら,血糖値はどうなるので

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[3] 内臓脂肪量をピピッと測定

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】内臓脂肪計神戸で開催していた 第65回日本糖尿病学会で,

  • [別館記事更新] 料理の腕前と糖尿病の関係

    糖尿病になって,むしろ 料理への関心が高くなったという人は 結構多いのではないでしょうか.学会で こんなユニークな発表がありました.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[2] たちあがれ

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】サルコペニアサルコペニアとは,極端な筋力低下により自立生

  • [別館記事更新] ふすまパンミックス vs 自家製大豆・ふすまパン

    富澤商店の『ふすまパンミックス』と,私の自家製 大豆・ふすまパンを食べて食後血糖値を比較してみました.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第65回日本糖尿病学会の感想[1] 坂道は嫌いですか

    【この記事は 第65回日本糖尿病学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞き間違い/見間違いによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】大阪市内を歩いていると,よく方角を間違えます.大阪市内は

  • 【速報】第65回日本糖尿病学会 年次学術集会

    神戸から戻りました. いやあ 三宮「たちばな」の明石焼きは相変わらずおいしかったです...ではなくて学会の方ですが,まず出鼻をくじかれたのが,参加証引き換えのためのQRコードが認識されず,『参加登録が確認できません』として,参加証発行がはじ

  • 臨時休業

    明日からしばらく関西に帰っておりますので,ブログは本館・別館とも休止します.神戸で開催される 第65回日本糖尿病学会への参加が主な目的ですが,久しぶりの明石焼きも楽しみです.明石焼き (C) 葵花音 さん

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[16完]

    ケトン体について,軽く 経緯と現状をまとめるつもりで始めたこのシリーズでしたが,文献を見ていくと 特に2015年以降,怒涛の如く報告文献がほとばしり出ていて,しかもそれらすべてが興味深いものばかりだったので,ついつい深入りしてしまいました.

  • [別館記事更新] じゃまくさいわ

    『プログラムと呼べるほどのクオリティがあるのか』という点はさておき,本数だけであれば 今までに1,000本近いプログラムを書いてきました. その ほとんどは BorlandのTURBO C によるものです.しかし,最近は Pythonという

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[15]

    悪魔から天使にケトン体は 昔から有害物と思われてきました. 糖尿病でケトアシドーシスを起こした人の血液から 高濃度で検出されるからです.たしかにケトン体は(アセトンを除いて)アセト酢酸やβーヒドロキシ酪酸という有機カルボン酸,つまり酸性物質

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-8

    『自分にとって最上のエビデンス』とは何なのでしょうか. エビデンスレベルの高いものだけを信用していればいいのでしょうか.実は 最高のエビデンスは手元にあると思います.ご興味のある方はご覧ください.

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[14]

    なぜケトン食がてんかんに効くのかてんかん発症機構は,脳腫瘍・外傷など原因が明らかなものを除いては不明です.ただ何らかの原因で大脳神経細胞(ニューロン)間の異常な信号のやりとりが継続してしまい,これはパソコンで言えばCPUが暴走してハングアッ

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-7

    メタアナリシス(メタ解析)のエビデンスレベルはもっとも高いこれは どの本にも書いてあります.しかしだからと言って,すべて正しいとは限りません. インチキなメタ解析も実際には存在します.さらに メタ解析の結論を そのまますべての患者に無条件・

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[13]

    ケトン体は有効な薬物になりうる,特に心臓・腎臓にとって有効な薬となる可能性が明らかになってきました.ただし,現時点では まだケトン体を応用した薬剤は開発中ですので,ケトン体を薬として用いるには SGLT2阻害薬によって,体内のケトン体合成を

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-6

    ランダム化比較試験は,厳格な手順で極力 バイアス(=偏向)を排除します.しかし,それでも偶然の女神様には勝てません.ご興味のある方はご覧ください.

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[12]

    治療薬としてのケトン体ケトン体が,単なる代替エネルギーだけでなく,もちろん『脂肪の燃えカス』でもなく.生理活性も持つ ,しかも 心臓や腎臓には有用な作用を示すとなれば,ケトン体を治療手段として積極的に用いることは当然 期待されます.実際 S

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-5

    新聞やテレビで『臨床試験ですばらしい結果が見られた』というセンセーショナルな報道を よく見かけます.しかし,それは臨床試験全体のことなのか,それとも臨床試験から(都合のいいところだけ)一部だけを切り出した『サブグループ解析』なのかをよく見極

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[11]

    ここまでの話をまとめますと,従来 ケトン体は非常時の(=飢餓状態などの)間に合わせエネルギー源と考えられてきた.しかし最近は 生命の維持に関わる臓器(=心臓,腎臓)にとって重要なエネルギー源とわかってきた.ここで エネルギー源とは,細胞の火

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-4

    薬物や治療の効果を評価する臨床試験は,ほとんどの場合 厳密な手順に従った比較試験が行われます. それは 意図的な,又は意図しなくても偶然に発生するバイアス(=偏向)を排除するためです.ご興味のある方はご覧ください.

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[10]

    働き者の腎臓(C) ケヴィン さん腎臓は 体内で生じた老廃物を尿として排泄してくれる,大事な掃除屋さんです.腎臓は365日年中無休,しかも毎日が 24時間勤務というブラック環境です.上図の糸球体は細かい血管がビッシリと球状に詰まったものです

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-3

    『観察研究』とは,多数の患者を長期間にわたり追跡して,特定の病気に罹るのはどのような人なのかを調べるものです. 医学・統計学の専門家が協力して行います.この手法と,結論のわかりやすさから,しばしば新聞でも大きく取り上げられます.しかし,それ

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[9]

    使えるものは何でも使う心臓は 人が生まれてから死ぬまで,一瞬たりとも休まず 1日にタンクローリー1台分の血液を送り出しています.(C) キリン904 さん心臓は筋肉の塊のような臓器です.しかも寝ている時ですら動いています.寝ながら筋トレでき

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-2

    『こういう患者に こういう治療を行ったら, こういう結果になりました』という『症例報告』はエビデンスレベルが低いとされています.それはその症例が誰にでも当てはまるのか,つまり『普遍性』が不明だからです.しかし,事実をベースにしているのですか

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[8]

    このシリーズは,第24・25回日本病態栄養学会で紹介された医学文献に沿って,『ケトン体が危険と言うのは間違い. それどころか人体には必須で有用なものである』という趣旨で書き進めております.ここまでのところで,本館の『お問い合わせ』 及び 別

  • [別館記事更新] 自分にとって最上のエビデンス-1

    エビデンスとは,日本語で『証拠』とも訳せるので,『結論が出た』と誤解されやすいです.というか,その『有無を言わせぬ決定的証拠』という語感を利用して,反対意見を封じるために使われることもあります.それは本当に正しいのでしょうか. そして 自分

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[7]

    前回記事にも書いたように,前日の夕食から翌日の朝食 までの 飢餓状態とはいえないような短時間の絶食でも,血中ケトン体は上昇します.私は特別厳格な糖質制限食をしているわけではありませんが,それでも前日の糖質摂取が少なかった翌朝は,血中ケトン体

  • [別館記事更新] まったく同じ 糖負荷試験結果

    現在のガイドラインが定める 糖尿病診断方法では,まったく異なる原因で血糖値が上がっている二人の患者を,『同じ状態』であると診断される可能性があります.わかりやすくするために極端な例を出しましたが,グルカゴンを測定していない現在の診断基準では

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[6]

    ケトン体は飢餓状態,つまり人体の非常事態の時のみ作られる代替エネルギーであるという情報はまだまだ多いです.これではまるで,ケトン体は キッチンの隅っこに置いてある消火器のような扱われ方です.非常時には使われるが,普段は 使われていないという

  • [別館記事更新] ふらつきを見よう

    1年前と今とでは,糖尿病はよくなっているのか変わっていないのか.これを医師は HbA1cの推移で判断します.しかし HbA1cは 血糖値の平均値の指標(しかも平均値と完全に対応しているわけではありません)ですから,血糖値の乱高下があってもわ

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[5]

    前の記事で;ケトン体が作られる場所は,ほぼ肝臓のみです.そして 血管を介して多くの臓器にエネルギー源として送られます.と書きました.しかし主要臓器でありながら,ケトン体をまったく使わない臓器があります.それは肝臓です.なんと肝臓は ケトン体

  • [別館記事更新] 思いこみ

    人は(私も) いったんこうだと思い込むと,その思考のくびきからは なかなか逃れられません.ご興味のある方はご覧ください.

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[4]

    前回は,ケトン体は,脂肪酸を切り分けた アセチルCoAを原料として作られるという話でした. ただし,その製造場所は肝臓の細胞の中のミトコンドリアの中(より正確には ミトコンドリアの内膜の中のマトリクス)です.そして消費される場所は,各臓器の

  • [別館記事更新] 食べやすい

    若者の言葉遣いにグジグジ言うようになったら それは年寄のエビデンスなんですけどね.しかし,どうしてもこの言葉は気になります.ご興味のある方はご覧ください.

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[3]

    ケトン体に関する プチャルスカ博士のレビューを読み進めています.このレビューでは,ケトン体についての最新の知見が網羅されています.ケトン体はどこでどうやって作られるのかケトン体が製造される場所は ほぼ肝臓のみです.ケトン体は脂質を分解した脂

  • [別館記事更新] アール・ブリュット ~滋賀県立美術館~

    滋賀県立美術館で開催されていた,ちょっと変わった展覧会を見てきました. そしてその迫力に圧倒されてしまいました. 芸術とは 純粋に才能の発露であり,それは障碍の有無とは全く無関係であると感じました.ご興味のある方はご覧ください.

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[2]

    代謝が破綻しているという極端な状態で発生するケトアシドーシスの例を挙げて『ケトン体は危険だ』というのは,交通事故でグチャグチャになった車の写真を見せて『車は危険だ』というのと同じだと言うのが前回の記事でした.ケトン体の断片的な情報だけではな

  • [別館記事更新] 530W

    3月22日は 真冬の寒さでした.我が家の屋根には最大5kW発電できる太陽光パネルが載っていますが.あの日は 何の役にもたちませんでした.ご興味のある方はご覧ください.

  • ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[1]

    危険なケトン体?ケトン体について日本の医学情報を検索すると,ケトン体(主にβヒドロキシ酪酸とアセト酢酸)は、飢餓時のようなグルコースが枯渇した状態において肝臓で産生され、速やかに脳や他の組織でグルコースの代わりに利用される日本医療研究開発機

  • [別館記事更新] オジサンのぼっち飯は危険

    別に P/F/Cバランスがどうのとか,ビタミン・ミネラルがどうしたなどという以前に,極端な偏食はどう考えても健康によくないでしょう.その点で,オジサンの一人飯は危ないのです.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第24・25回 日本病態栄養学会の感想[番外編] 隠された意図

    今年の1月に第24・25回日本病態栄養学会が2年ぶりに開催されました.この学会は,全国の管理栄養士と臨床栄養学に関心の深い医師などが参加する学会です. 学会名称の通り『患者の病状に応じた栄養管理が行われるべきだ』という理念の基に,現理事長

  • [別館記事更新] 庄屋

    施設に入居するまでは,母親は自分の生家で独り暮らしをしていました.この家を片付けているのですが,いやあ古い,そして広い.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第24・25回 日本病態栄養学会の感想[6完] その定説は本当か その3

    猛毒? ケトン体2012年頃までの日本糖尿病学会では,ケトン体=ケトアシドーシスであり,糖質制限食はその有害なケトン体の血中濃度が上昇するから危険であるというキャンペーンが 学会組織の全力をあげて行われていました.2013年の3月には糖尿病

  • [別館記事更新] スマホは使わない

    私は スマホは使っていません. 老眼では あの狭い画面上の小さい文字は読めないということもありますが.そもそも 価格に見合う実用性はないと思っているからです.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第24・25回 日本病態栄養学会の感想[5] その定説は本当か その2

    日本人のマグネシウム不足は本当か日本人はマグネシウム摂取不足であると言われています.(C) サフラン さん日本人の食事摂取基準 2020年版 p.309によれば,日本人のマグネシウム摂取 推奨量は下記の通りです.成人男性:~300mg/日成

  • [別館記事更新] ふと「こうなんじゃないかな」と思った時

    雑感です.何であれ『客観性』を重視する性格,その逆に『主観がすべて』という性格,どちらも社会には必要でしょう.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第24・25回 日本病態栄養学会の感想[4] その定説は本当か その1

    ブログ別館でも『定説を疑ってみる』と考えたことがありますが,今回の日本病態栄養学会でも 『定説で ~とされているのは 本当か』を検証した報告が いくつかありました.『よく噛めば血糖値はあがらない』は本当か一般に正しいとされている説では,『食

  • [別館記事更新] 産業医はなぜ糖尿病発症を予知できたのか

    私は 『一度も糖尿病と診断されたことがない糖尿病患者』です.なぜなら 糖尿病と診断される前に,会社の産業医が『このままでは糖尿病になる』と強く警告してくれたからです.あの産業医の先生はどうしてそんなことができたのでしょうか?ご興味のある方は

  • 第24・25回 日本病態栄養学会の感想[3] こころに響く栄養相談

    こころに響く栄養相談医師にせよ管理栄養士にせよ,患者に血糖値・HbA1c・体重などの数字だけを突き付けて『あなたの数字はこんなに悪い. もっといい数字にしなさい』と迫るのは,医療でも指導でもありません.(C) すずしろ さん食品交換表を患者

  • [別館記事更新] 灰色のサイ

    『これはまずいなぁ』と思いながらも,解決するのが面倒で一日延ばしにしている..そういうことは誰しもあるものです. しかし ある日 とんでもないことになるかもしれません.ご興味のある方はご覧ください.

  • 第24・25回 日本病態栄養学会の感想[2] 管理栄養士はどうしているのか

    My 1st 栄養指導私が会社の産業医から『あんた,このままだと糖尿病だよ』と警告されて間もなくのことです.近所の大病院で,無料の『健康教室』が開かれていたので受けてみました.管理栄養士は 『バランスのよい食事,つまり食品交換表にしたがって

  • [別館記事更新] 役者よのう

    ふとリラックスしたい時,私は Olidies,いわゆる『懐メロ曲』をのんびりと聴きます.ご興味のある方はご覧ください.

  • 【速報】第36回 管理栄養士 国家試験

    2月27日(日)に 今年の管理栄養士国家試験が行われました.(C) 厚労省第50問の『食品に含まれる色素の化学構造式として正しいものはどれか』には,ほとんどの受験生が『知るかよーっ そんなもん!』とうめき声をあげたようです.しかしこれだけで

  • 第24・25回 日本病態栄養学会の感想[1] 医学部の栄養学教育

    1月28-30日に 京都国際会館にて第24・25回 日本病態栄養学会 年次学術集会が開催されました.(C) 日本病態栄養学会昨年の第24回がコロナ騒ぎのため延期されたので,今年の第25回との合同開催です. つまり2年分の内容を今回 一度に行

  • [別館記事更新] 女神様とお呼びっ!

    忙中閑あり. 忙しく飛び回っていても しばしの待ち時間にはこうしていました.ご興味のある方はご覧ください.

  • アクセス御礼

    年明け早々に 実家の母の緊急入院の一方を受け,何もかも放り出して帰省しておりました.やっと一段落したので戻ってきましたが,まず手掛けたのが ほぼ二か月間ノータッチだったブログ管理サーバーのメンテナンスです.データの月次バックアップや, Wo

  • [別館記事更新] 田舎暮らしの今昔

    二ケ月近くの 山村暮らし. いったいどうなることかと思いましたが;ご興味のある方はご覧ください.

  • 戻ってきました

    実家の母が突然入院したため,あわただしく帰省しておりましたが,ようやく一段落して戻ってきました.(C) ぶんぶんうま さん救急車で病院にかつぎこまれたという第一報を聞いて,とるものもとりあえず駆けつけたのですが,病院に着いた時はもう21:0

  • 【急告】しばらくブログ休みます

    100歳に手が届こうかという 実家の母が入院しました.本館・別館とも しばらくブログをお休みします.なお,これに伴い,本館・別館のコメントを,承認制ではなく 即時表示に切り替えました.お寄せいただいたコメントに 応答できないかもしれないから

  • 2022年 糖尿病治療は変われるのか[3]

    今年の学会等2019年に日本糖尿病学会が『糖尿病診療ガイドライン 2019』を発行してから,2年半が経ちました. このガイドラインでは『糖尿病患者に 一律・機械的に画一の食事療法を押し付けるのではなく,一人一人の病態や嗜好に応じた 個別化さ

  • [ブログ別館記事更新]あること ないこと

    現代と異なり 江戸時代の庶民にとって,仏教は ごく身近なものでした.ですので,仏教用語が日常会話にも 浸透していました.他力本願うやむやなどはその一例です.もっとも本来の仏法とは かなり意味が違う使われ方ですが.ご興味のある方はご覧ください

  • 2022年 糖尿病治療は変われるのか[2]

    前回記事で,日本糖尿病学会は 『糖尿病の食事療法は 一律・画一的ではなく,個別化すべきだ』という原則は表明したものの(それ自体は 30年来の方針転換で勇気のいることだったでしょうが),それ以上のこと,つまり 実際の医療現場で『食事療法の個別

  • [ブログ別館記事更新]「お得」か「リスク」か

    『一つの籠に卵を盛るな』とは 株式売買でよく使われる言葉です.いくら配当が高くても,全財産を 1社の株式に投資したら,その会社が倒産すればすべてはパアになりますから.電気,ガス,スマホなど,最近は『当社1社にまとめれば お得です』という勧誘

  • 2022年 糖尿病治療は変われるのか[1]

    2022年あけまして おめでとうございます.(C) エルサ さん昨年の年始では 2021年の予測をたててみました.2019年に日本糖尿病学会が発行した『糖尿病診療ガイドライン 2019』で打ち出された『糖尿病の食事療法の個別化』という新方針

  • 任務完了

    先週一杯で臨時社員の任務を無事完了しました.突然の現役復帰,それも平日は大坂単身赴任で いろいろ大変でしたが,終わってみれば楽しい経験でした.何より近頃まったく接触の機会がない若い人達と話ができたのは 若返り効果もあったようです.もっとも三

  • 四季折々の血糖値:季節で血糖値は変わるか

    (C) モッファ さん季節により血糖値やHbA1cは変動するのでしょうか?そう思って 先日 highbloodglucose 様のブログを眺めていたら;医師は、「まあ、寒くなってくると、これくらい血糖値が上がることは珍しくないし」と言った一

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:一方的に世間を恨む人

    大阪にいたので,北新地の クリニック 無差別放火殺人事件には 本当に驚きました.すべてを自分以外のせいにして 一方的に恨みをつのらせる,そういう事件が多いように思います.ご興味のある方はご覧ください.

  • 朝の悪心(気分の悪さ)の謎はこれだったのか?

    この記事をまとめるために,糖尿病を自覚して間もない頃の非常に古いデータまで発掘していたら;当時の記録の中に 時々 不思議な言葉がありました.10:30 悪心朝食後 悪心などという文字です. すっかり忘れていましたが,そういえば まだ 血糖値

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:いいのか悪いのか

    外国人に日本の社会を紹介すると,感心されること,呆れられること,そして誰にも信じてもらえないこと…多々あります.ただし 多くの外国人に信じてもらえないことでも,その中に実際に日本に行ったことのある人がいると『いや,こいつの言うことは本当なん

  • 糖質制限11年目で耐糖能改善を確認

    糖質制限食は11年目糖質制限食も11年目にはいりました.ただ私の場合は 糖質制限食と言っても,『1食当たりの糖質は絶対に 何グラム以下』と固定的に考えるのではなくて,『自分の耐糖能を明らかに越える量の糖質は摂らない』というものです.したがっ

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:【謎の食後血糖値上昇】犯人は誰だ

    市販の低糖質・ロカボ食品の中には,表示されている糖質量からは 信じがたいほど血糖値が上がるものがあります.こういう食品に特徴的なのは,食後血糖値が上がることもさることながら,『なかなか下がらない』ということです.なぜこんなことが起こるのか?

  • [血糖値]全数検査と抜き取り検査

    全数検査海外の製造拠点に出張した時の話です. 工場は 某アジアの巨大工業団地の中にありました.朝 工場の屋上から外を眺めていると実に壮観なものが見られました. はるか地平線から 無数の人の群れが続々と工業団地めざして徒歩や自転車で出社してく

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:You Tubeしないのか

    You Tubeは 今やネット情報の主流になった感があります.ただし,私にはどうも不向きだと感じています.ストリーミングという形態なので やむをえないですが,情報が一方的に流されるどういう内容なのか,最初から最後まで視聴しないとわからないコ

  • 魔法の言葉『平均値』

    前回の記事で,日本糖尿病学会が 長年 糖尿病患者に『唯一の理想的な食事療法』として一律に適用してきた食品交換表にはエビデンスが存在しない,すなわち『トンデモ医学』 のレベルであることを御紹介しました.ここでいう『エビデンス』とは EBMの原

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:駅のホームドア

    鉄道駅での ホームから線路への転落事故を防ぐために,ホームドアの設置が進んでいます.しかし,『ホームから線路への転落』とは逆の方向,つまり『電車社内・線路からホームに多数の乗客の緊急脱出が必要になった時』には,かえって避難の障害になり惨事を

  • 次回の病態栄養学会に注目

    医師には 「日本医師会」があり,糖尿病専門医には「日本糖尿病学会」があるように,あまり知られていませんが管理栄養士にも「日本病態栄養学会」という学会があります.日本病態栄養学会とは日本病態栄養学会とは,主に管理栄養士と病態栄養専門医が加入し

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:Base Breadの食後血糖値

    『1食で完全栄養』がキャッチフレーズの Base Breadを食べて,食後血糖値を調べてみました.ご興味のある方はご覧ください.

  • エビデンス? それがどうした?

    医学における『エビデンス』,つまり治療を行うにあたっての『科学的根拠』とは,もちろん必須であり,また軽んじてはいけないですが,むやみに過信することも危険であると,この記事で紹介しました.それに対して一見 医学論文などを引用して,あたかもエビ

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:単発祝日は近江散策

    先日の 11月3日は祝日だったので,大阪から滋賀県/近江に出かけて 商人町を歩いてみました.昔は,近江と言えば日本で一番米がおいしいところでした(江州米:ごうしゅうまい).そして 近江牛も高級牛肉です.その江州米と近江牛を使った 牛めし(牛

  • エビデンス【のようなもの】

    別館記事にも書きましたが,『これこれのエビデンスがあるのだから,私の主張は 絶対に正しい』というのは間違っています.たいていの場合,『AはBである』というエビデンスがあれば,その反対の『AはBではない』というエビデンスもあるからです.つまり

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:スマホ決済,便利ですか?

    日本は 先進国の中では現金で買い物をする人がとびぬけて高い割合なので,『デジタル化後進国』などと言われます. しかし,これには 治安が良い,ニセ札の不安がない,という事情も影響していると思います.最近は スマホを使うキャッシュレス決済も始ま

  • エビデンスの重みは

    EBM : Evidence-Based Medicine新聞や健康雑誌・書籍,そしてネット情報でも,『~にはエビデンスがある』などという表現がみられます.試みに Googleで『糖尿病』AND『エビデンス』というキーワードで検索してみると

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:コロッケに謎はなかった

    揚げたて アツアツのコロッケはおいしいです.しかし,ジャガイモ=デンプンの塊=糖質 は糖尿病患者には 恐ろしくてなかなか手が出せません.そこで,そのコロッケに果敢に挑戦してみました.ご興味のある方はご覧ください.

  • [2型糖尿病]は存在しない:日本では

    2型糖尿病とは1型糖尿病は,GAD抗体の有無により,ほぼ明確に診断が定まります(ただし 緩徐進行型1型糖尿病 SPIDDや 劇症1型,特発性1型ではGAD抗体陰性もありえる).一方 2型糖尿病の診断基準は,あいまいです.一応 『空腹時血糖値

  • [お知らせ]ブログ別館記事更新:新聞が売っていない

    電車の車内で,あるいは街角で,新聞を読んでいる人を めっきり見かけなくなりました.私もそうですが,新聞やテレビよりも ネットでニュースを見る人がほとんどになったのでしょうね.そんな新聞の発行部数が減っていることを実感した出来事です.ご興味の

  • [2型糖尿病]は存在しない:世界はさらに先へ…

    欧州(EU)には,大学研究機関と製薬会社とが共同で運営する官民共同機関 IMI(Innovative Medicines Initiative)という組織があります. 『革新的医療推進機構』とでも訳すのでしょうか.この組織は 2008年に発

ブログリーダー」を活用して、しらねのぞるばさんをフォローしませんか?

ハンドル名
しらねのぞるばさん
ブログタイトル
しらねのぞるばの暴言ブログ
フォロー
しらねのぞるばの暴言ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー