searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

りかこさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

30代の時にみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性——乳がんだった。

ブログタイトル
りかこの乳がん体験記
ブログURL
https://rikako-breast-cancer.blog.jp/
ブログ紹介文
“良性”——。それは視触診だけで簡単に下された診断だった。4年8ヶ月放置した、りかこの乳がん体験記。
利用SNS・
コンテンツ
Instagramアイコン

Instagram

https://www.instagram.com/rikako_rick
更新頻度(1年)

554回 / 365日(平均10.6回/週)

ブログ村参加:2012/02/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、りかこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りかこさん
ブログタイトル
りかこの乳がん体験記
更新頻度
554回 / 365日(平均10.6回/週)
フォロー
りかこの乳がん体験記

りかこさんの新着記事

1件〜30件

  • 生命(いのち)の音。

        しんどくたって、髪は生えてくる    体調が悪くたって、爪は伸びてくる    「ああ、生きているんだ...」    と、思う    “人間の生命力”って、    自分が思っているよりすごい    お腹が「ぐーっ」と鳴ると、    生きている実感が

  • 鼻水、のど痛、頭痛...と来れば――。

    午後から突然はじまった鼻水夕方にはのど痛と頭痛そして微熱――...と来れば、これまでは、まず疑うのは“風邪”だが、今の時代、真っ先に頭を過ぎるのは、『新型コロナウイルス』...である私の地域この2週間で100人を超える感染者が出ている  こんな田舎地方で..

  • 暑い夏。熱い夏。

    少しだけひんやりとした風が、窓の隙間から流れ込んでくる久し振りに扇風機を止め、タオルケットを足元に掛けなおす早朝ここ2週間ほど続いている34度前後の気温に、毎夜、扇風機がフル稼働なのだそんな朝空も久し振りに青いPM2.5のせいで、ここ1週間ほど、空と街が白く霞んで

  • 母が遺した想い。

    携帯電話が鳴る午後ディスプレイには見慣れた名前...「父からだ」滅多にかかっては来ない父からの電話それ故か、父から電話がかかってくると、未だに背筋が凍るそれは、6年半前母が甲状腺がんの転移で倒れてからだその後、なにかあるたびかかってくる電話その都度、「母に

  • “頑張る”って難しい。

    “頑張る”って、難しい「どこまで頑張ればいいのだろう」と、思うそこに終わりはあるのか――乳がんになって初めて考えさせられた、『頑張る』ということ「治療、頑張ってね」「手術、頑張ってね」...と、ひとは簡単に言う  そもそも手術は、  医者が頑張るものか?

  • 彼女への想い。

    先日、電話をしようと、携帯のアドレス帳を開いた真っ先に目に呼び込んできたのは、ある女性の名前だった彼女と出逢ったのは、6年ほど前“乳がん”というつながりだった30代で乳がんになった彼女手術をしたばかりの彼女は、抱えきれないほどの不安や悩みに押しつぶされそうに

  • 「それでは、私は主婦に戻ります」

    「あ、そろそろ時間だ。 それでは、私は主婦に戻ります」――がん患者会みんな、いろいろな気持ちを抱えてここに来るそこにある思いは、きっと同じが、それぞれの生活はみんなバラバラだ基本的に私は患者会と私生活を分けているもちろん、完全には分離はできないそれは、私

  • ここのところの、腋窩リンパ節郭清痕の痛みの原因は...。

    本日、二十四節季でいうところの『大暑』それを示すように、今日も32度の暑さだこれほどまで暑さが続いているというのに、ここのところ、なぜか腋窩リンパ節郭清のあとが痛む、引き攣る冬の季節ならまだわかる手術の傷は、やはり寒い方が痛むものだそして考えてみた「もしか

  • こんなときに、がんサロン。

    開け放った窓から微かに流れ込んでくる、20度の風「今日は本当に32度になるのか?」そんな疑問が生まれる朝が、家の中は30度近いここのところの暑さで疲れが溜まっているのか、気づけばTシャツは後ろ前「どうりで着づらかったはずだ...」そんな中、今日は3か月振りのがん

  • がんを予防するサプリメント ~成人病と生活習慣病~

    「がんを予防するサプリメント、 なにか飲んでますか?」――以前、こんな質問を受けたことがあるこの手の話は、本当にあとを絶たないどれほどの人たちが“がん”という病を恐れ、不確かな情報に踊らされ、翻弄されているのか...“がんに効くサプリメント”“がんを治す

  • ブス隠し。

    30度の中での就寝は、さすがに寝苦しい一晩中、身体に扇風機を当てるも、夢と現を行ったり来たりだ3日前から頭痛が収まらないのは、この暑さのせいだろうか、効かない鎮痛剤を、今日も飲むそれでも今日の最高気温は、33.2度きのうより4度も低い「あしたの気温は33度の予報で

  • 命 日 ~聞きたかったこと。聞けなかったこと~ 

    「あぁ、まだ髪が匂ってる...」朝、シャンプーをするも、きのうの母の七回忌法要のお香のにおいが残っている  一度髪ににおいがつくと、3日は取れない  焼き肉のにおいがついたときは  一番不快だ  食べているときは  あんなにも“至極のとき”なのに...そし

  • 七回忌。

    「夜が長い」――扇風機に足を延ばし、風を受ける寝返りを何度も打つものの、深い眠りにはいざなわれないそんな寝苦しい昨夜結局、今日は寝不足である今日も気温は35.6度朝からクーラー稼働だそして今日は、6年前、甲状腺がんで亡くなった母の七回忌が、この新型コロナウイル

  • 今のところ、問題はないらしい。

    今日はきのうよりさらに暑くなり、34.9度予報通りの暑さとなったなんだかんだと季節は移り変わるコロナでも、乳がんでも...そんなきのうは、足の爪に色をつけ夏仕様の足元に...今日は...腕と足の脱毛しよう...っと毎回、腋窩リンパ節郭清をした左腕が気になりな

  • 今年も夏仕様――。

    きのうは32.1度とうとうクーラー初稼働であるそんな今日も32.4度朝から気分が悪いのは、熱中症気味か  早朝の外の気温は15度  裸で外に飛び出したいくらいだ ←もはや犯罪であるそしてあすからは、さらに34度前後の猛暑が続くらしいいよいよ北の街の短い夏やってきたか

  • “完全看護”と言われていた時代。

    ふと、思い出したそういえば昔、“完全看護”と言われていた時代があったことを――今は入院をすると、当たり前のように看護師さんが看てくれるしかも、一人一人の患者の生活環境や生き方を考えた、手厚い看護であるが、私が子どもの頃、身内が入院をすると、「やれ、誰が看

  • 新型コロナウイルスワクチン接種券、届く。

    「本当に送られてくるんだ...」――きのうようやく届いた、“新型コロナウイルスワクチン接種券”テレビ報道の接種の状況を見ていると、なんだか他人事自分のところに本当に送られてくるのか疑問を持っていた“接種券”というからには、カードのような大きさのものかと思

  • 『ハートのエールプロジェクト』、本日よりテレビCM開始。

    『東京2020オリンピック・パラリンピック』まであと10日――  なんだかんだと、ここまで来た  にっくき、コロナ...『東京2020オリンピック・パラリンピック』に向けて、北海道・札幌の街をハートのエールで埋め尽くすべく、TwitterやInstagramで参加する、アスリート

  • 緩和ケア病棟への思い ~“寄り添う”ということ~

    結局、質素な部屋を飾ることなく、母は逝った緩和ケア病棟に入院したその日のことだった「あと1週間だと思ってください」その医師の言葉通りにはならなかった翌日、病室に持って行くつもりで父が孫の写真を用意してくれていたが、持って行くことになったのは孫の写真ではなく

  • 緩和ケア病棟への思い。

    きっと、病院にお世話にならないひとはいない私は生まれたときそしていくつかの病気...これまで何度お世話になったかわからないこれからもたくさんお世話になるだろうきっと、最期も――昔、“ホスピス”にいいイメージを持っていなかったたぶん、「あそこに入ったら、も

  • 最期のとき。

    『“死”は、得体の知れないもの』――と、この世から肉体がなくなってしまうことが不思議でたまらなかった昔初めて“死”が身近なものとなったのは、私が20代の半ばのとき祖父の死だった初めて目にする遺体...「ひとは死ぬとこうなるんだ...」十数年もの入院で、骨と

  • 体験したからこそ、伝えたいこと。

    マンモグラフィ検査が嫌で、検査に行かない人たち「マンモグラフィ検査は、“痛い”と聞くから」「胸を出すのが恥ずかしいから」「確かにそうだよね~」と、思う  まぁ、婦人科よりは全然マシだが...そんな女性たちは、きっと、どこか”他人事”  ちなみに、  “た

  • マンモグラフィ検査の痛み。

    一生、逃れられない検査マンモグラフィ検査は嫌な検査のひとつだいや、そもそも、受けたい検査などあるはずもないのだが...「苦痛を伴う検査は、 どうにかならないものか...」と、思うマンモグラフィ検査も痛みや恥ずかしさのため受けない女性が多い唾液だ、血液だ、

  • 「カラスが鳴くと...」の迷信は――。

    カラスの鳴き声が騒がしい朝「また近所で誰か亡くなったのか...」いや、そんな話は昔から言い伝えられてきた迷信だろうが、ここに越してきてから、こんなことが幾度となく繰り返された実家にいるときは、いつもカラスがいたおそらく、向かいのオバサマが、毎日カラスに餌

  • 時 機 ~すべてに意味があるとしたら――~

    あってはならない“がんの見落とし”――私の乳がんは、“見落とし”からはじまった  あのときがんを見抜いてくれていたら...  あのとき、  しっかり検査してくれていたら...  あのとき、  大きな病院を紹介してくれていたら...  せめて、あのとき、 

  • “七夕は8月”の意識。

    世間は“七夕”らしい私の地域は、“七夕”といえば“8月”子どもの頃から七夕の行事は、8月7日におこなわれていたこの数年、この時期になると、「七夕」「七夕」と、テレビなどから聴こえてくる私の地域でも、7月に移行しているお祭りなども増えたそんな世間の“7月の七夕”

  • 知りたいのは、母が逝った時刻。

    先日、しばらく会っていなかった父から電話が来た「母の七回忌の日取りが決まった」というものだった『その話なら、 なにも日曜の朝7時半じゃなくても...』こんな時間に電話が鳴るものだから、「なにかあったのではないか」と、心臓がドクンとするそれでなくても6年前の

  • 数か月分の1日。

    きのうの雨が嘘のように去った朝空に現れたのは、彩雲だ朝からこんなにすてきな空を観られると、一日が気持ちよく過ごせそうな気がしてくるそれより気分が上がるのは、きのうは久し振りに体調がよかったこと数か月分の1日、こんな日がある「ずっと続いてほしい」そう願いたく

  • 今年もこの季節――。

    この数年、この時期になると必ず準備するのは...“冷凍バナナ”「アイスクリームを食べるより、罪悪感が薄い」...ということで、今や夏の必須アイテム“冷凍バナナ”に向くバナナは、熟しきったやわらかめのもの  もちろん、個人的好みしかも暑くなるこの時季、バナ

  • 一週間のはじまり。気合いの一杯。

    きのうの空の予報通り...今日は朝から雨窓ガラスに強く叩きつける雨粒――そんな一週間のはじまり憂鬱な月曜が、さらに重くなるが...とりあえず、気合いの一杯――  久し振りに涼しい朝  あたたかなコーヒーも久し振りだ    雨の災害が広がりませんように..

カテゴリー一覧
商用