住所
中国
出身
中国
ハンドル名
shanghaisakuraさん
ブログタイトル
しゃんさく.com
ブログURL
https://shang-saku.com
ブログ紹介文
更新情報が反映されるようになりました。過去記事読みに来てね♪
自由文
2005年上海上陸。長年にわたる中国生活で経験したあれこれを書き綴っています。 インスタ始めました☆彡「しゃんはいさくら」で検索してね♪
更新頻度(1年)

8回 / 48日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2017/10/16

shanghaisakuraさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(IN) 14,939位 14,242位 13,522位 12,965位 12,375位 12,951位 13,669位 957,596サイト
INポイント 10 20 20 10 10 40 20 130/週
OUTポイント 10 80 90 200 60 100 290 830/週
PVポイント 1,440 2,700 1,810 1,420 1,090 1,660 2,450 12,570/週
海外生活ブログ 562位 547位 514位 490位 456位 473位 500位 35,019サイト
上海情報 15位 14位 14位 13位 13位 14位 14位 762サイト
中国情報(チャイナ) 18位 18位 17位 15位 16位 19位 19位 1,151サイト
外国語ブログ 132位 132位 123位 118位 116位 117位 122位 4,838サイト
中国語 19位 19位 17位 15位 16位 16位 16位 993サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,207位 11,882位 12,452位 12,702位 14,256位 12,696位 11,658位 957,596サイト
INポイント 10 20 20 10 10 40 20 130/週
OUTポイント 10 80 90 200 60 100 290 830/週
PVポイント 1,440 2,700 1,810 1,420 1,090 1,660 2,450 12,570/週
海外生活ブログ 600位 567位 605位 603位 687位 600位 546位 35,019サイト
上海情報 23位 22位 23位 22位 24位 24位 21位 762サイト
中国情報(チャイナ) 13位 13位 14位 14位 16位 13位 14位 1,151サイト
外国語ブログ 83位 85位 91位 88位 98位 87位 77位 4,838サイト
中国語 15位 15位 15位 13位 14位 13位 13位 993サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(PV) 2,306位 2,358位 2,445位 2,390位 2,419位 2,346位 2,285位 957,596サイト
INポイント 10 20 20 10 10 40 20 130/週
OUTポイント 10 80 90 200 60 100 290 830/週
PVポイント 1,440 2,700 1,810 1,420 1,090 1,660 2,450 12,570/週
海外生活ブログ 86位 86位 87位 85位 86位 84位 80位 35,019サイト
上海情報 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 762サイト
中国情報(チャイナ) 6位 6位 7位 7位 7位 6位 6位 1,151サイト
外国語ブログ 23位 23位 23位 23位 25位 23位 23位 4,838サイト
中国語 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 993サイト

shanghaisakuraさんのブログ記事

  • シンプル、ミニマムを目指して ~smartな自分になりたい~ ②身体的ミニマム化

    こんにちは、しゃんはいさくらです。 しゃんはいさくらのミニマムへの挑戦。前回は物的ミニマム化としてモノの断捨離について考えてみましたが、今日は自分の身体のミニマム化について書いていこうと思います。 身体のミニマム化というとちょっと変な書き方ですが、具体的に言うとデトックスやダイエットをすることと、身体に触れる化粧品、日用品のミニマム化です。 既に一部は始めているのですが、今後もっともっとミニマム化していきます。 まずは身体を知る 私は果たして余分な肉が多くてこの体重なのか、余分な水分を溜め込みすぎててこの体重なのか。自分の身体をまだ良く分析できていません。 私が身体のミニマム化で目指したいのは、単に体重を落とすことではなく、食べるものに注意しながら身体に不要な成分をできる限り少なくし、病気になりにくい身体を作っていくことです。 一時期上司が会議で不在な時間を利用して、オフィスでストレッチなどをやっていたのですが、いろいろな事情が重なって多忙になり、体調を考慮して1ヶ月ほどお休みしちゃったんですよね。1回途切れちゃうと、再開するのが億劫になってしまって、まだダラダラしています。この記事をきっかけに再開できるといいな。 食べ物への注意 また別記事に書きますが、私はポテトチップスが大好きで、子どもの頃から手放せないお菓子の1つでした。それがある本をきっかけにポテチをやめて只今2ヶ月経過中(たった2ヶ月でやめたって言うな)。 ポテチ断ちはある意味タバコをやめるのに近いものがあります。自分が好きなモノを如何にやめていくか。自分との戦いです。 (←大げさ) 世の中には味はおいしくても不安全で不健康な食べ物がたくさんあるので、完全排除は難しくとも、量を減らす努力は惜しみなく続けていきたいです。 身体は食べ物から造られるんですもんね。デトックスしながら毒食品食べてちゃ本末転倒ですよね。 身体に余っている脂肪やら水分やら毒素やらを絞り出して、クリーンな身体にしていきたい! 化粧品、日用品ミニマム化

  • シンプル、ミニマムを目指して ~smartな自分になりたい~ ①物的ミニマム化

    こんにちは、しゃんはいさくらです。 以前からミニマリストの生活に憧れているのですが、家族(特に旦那)からの協力が得られないため、まずは自分だけの範囲でミニマムな生活を創りあげていこうと奮闘中です。 果たして私は自分が望む生活を実現できるのでしょうか? 'smart=賢い、おしゃれ、機敏な (日本語のスマートではなく、英語のsmartを目指しています) 私がすぐにでも処分したい大型家具、家電 ソファーとティーテーブル 私:ソファーはホコリの宝庫で汚いものとの認識がある。家事などで座っている時間もないし、私的には全く必要ないものである。大きくて場所も取るし、邪魔ったらありゃしない。 旦那:大事なくつろぎの場所。夕食が終わるとソファーへ直行、座ったら最後、お風呂タイムを除いて夜寝るまでの時間は基本ソファーで過ごす。ティーテーブルは彼の書斎のようになっている。 モノが多すぎて来客対応できる状態ではないため、お客さんが来ても結局ダイニングテーブルにお茶を出しているのが現実。 テレビとAVボード 私:テレビは中国に面白いTV番組がないからそもそも見ないし、見る時間もないし、子どもたちがリビングで宿題をしているので、月~金はほぼテレビをつけない。黒光りの大きなモノがリビングの真ん中に居座ってて毎日目障りである。ホコリも目立つし、気分が悪い。 旦那:子どもたちが寝静まった後にSwitchで遊んだり、HBOやら日本のチャンネルを見ているらしい。1日たった数時間の為に、それも旦那一人の為に、ソファー+ティーテーブル+テレビ+AVボードでリビングの半分が潰されている。許せん。 私が要らなくなったモノ 植物各種 一時期夫婦の共通の趣味だった多肉、エアープランツ、観葉植物。最初は育てて楽しかったが、高いモノほど枯らしてしまうという悲劇に遭い、私は心が折れた。上海の気候は多肉にあまり向かないと思う。旦那は相変わらず植物熱が強く(多肉は卒業した)、最近もまた大きな背の高い観葉植物を買ってきた。ベランダのほとんどが植物で埋め尽くされ、窓を開けるときに邪魔で仕方がない。枯らした多肉の空き鉢が無残に転がっている。今度こっそり処分してやろうか。。。 電子ピアノ

  • オフィス喫茶、始めました!

    こんにちは、しゃんはいさくらです。 今日は最近ちょくちょく投稿しているインスタグラム(@しゃんはいさくら)のご紹介です。コーヒー&お茶が好きな方と情報共有したいと思っています。アカウントをフォローして頂けると嬉しいです。 写真をきれいに撮りたくて 最初にインスタグラムに登録したのは、昨年のこと。 取材も兼ねて外灘に行った時に自分の中ではそこそこと思える写真が撮れて、加工してもっとカッコイイ写真にしたいと思ったのがきっかけです。 外灘に取材に行ったときの話↓ 初心に帰った外灘&陸家嘴巡り いろんな加工アプリがある中で、インスタは手っ取り早くいい感じに加工できると感じたので、そのまま使い続けています。 インスタにはいろんなフィルターが用意されていて、スライド&タップするだけで簡単に見映えの良い写真にできるのがいいですね。 もちろん写真で一番大事なのはたぶんアングルとか構図とか言われる技術だと思うんですが、何せ、私には「センス」という機能が搭載されていないので、そういったのはよく解らない。とりあえずフィルターかけてなんとなくこんか感じかなーと思った写真を投稿しています。 急な思いつき。オフィス喫茶 皆さんの投稿を見てて、テーマに絞って投稿されてる方が多い印象を受けました。 すると、自分もやりたくなるよね。(センス不足は置いといて) 自分はコーヒー好きだし、コーヒーに関する写真をあれこれ投稿しようかなーと思ったのですが、せっかくやるなら人がやってない切り口で投稿したいという変な欲が出てきて、ふと「オフィス喫茶」を思いつきました。 試しにその日にたまたま飲んでたお茶と共にハッシュタグつけて投稿したら、「#オフィス喫茶」で投稿してる人が誰もいなかったので、勝手にオリジナリティーを感じて自己満足♪ 初回は黄茶の蘭花を紹介。最近黄茶にハマりつつある。 今の会社に入社して10年、仕事もマンネリ化してきてるし、中国語力の衰えも感じてるし、何か毎日の刺激になるようなことが欲しかったので、現在、いろんなコーヒーやお茶を試しながら、#オフィス喫茶でお味見レポートを投稿しています。 コーヒーももちろん登場しますよ♪ 基本、本音。

  • 【上海deパン】やめられない止まらない!塩パンを食べ比べしてみた

    太るとわかっちゃいながらやめられない塩パンLOVE。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。 作ったことはないけれど、あの空洞にバターの塊が入っていることを思えば、高カロリー&高糖質なパンであることは容易に想像がつきます。 ちなみに塩パンと並んで高カロリーで危険なパンと言えばクロワッサン。こっちも私の大好物です♪ ←もう救いようがない 今日は栄養価値的にどうなのかと思いつつもハマってしまってやめられない塩パンについて、上海のパン屋さんをいくつか回って試した食べ比べレポをお送りします。私好みの塩パンは果たしてどのお店の塩パンなのでしょうか!? 今回食べ比べしたパン屋さんリスト 最初に食べ比べしたパン屋さんの紹介をしておきますね。 各店塩パン 各店塩パン断面 ①シンプルドリーム/Simple Dream(简单梦) 上海市内に2店舗展開。私がよく行くのは古北路*栄華東道にあるお店。デリバリーOK。 ②ヤマザキ/YAMAZAKI(山崎面包) 上海市内に数店あり。静安寺久光地下、中山公園ラッフルズ地下、虹橋ヴィトンビル地下など。 ③Bon Matin(早安巴黎) 上海市内に20店舗ほどあり。中山公園ロンジモント地下、古北2期歩行街(伊犁南路寄り)など。デリバリーOK。 ④盒马鲜生 10号線水城路駅星空広場地下など上海市内に30店舗ほどあり。デリバリーOK。 ⑤ドンク/DONQ(都恩客) 上海高島屋地下1階。地下鉄10号線に通じる北側入口付近にあります。 ⑥山の製パン工房/AWESOME BAKERY(山野面包工坊) 本店は四川北路沿いにある壱豊広場というショッピングセンターの1階にあります。最近は日系スーパーの売り場の一部にミニ出店していて、高島屋、アピタなどでも買えるようになりました。 しゃんさくの独断と偏見によるオススメ塩パンは!? ★ベストコスパ賞★ シンプルドリーム 塩パン 8元/個 味はもちろんお値段的にも超オススメなのが、シンプルドリームの塩パンです。こちら常に2つ買うと1つおまけしてもらえる嬉しいサービスがあります♪ 私はもちろんいつも2+1で買ってます。こんなにおいしくて1個あたり5

  • 義父の急逝と終活のすゝめ

    こんにちは、しゃんはいさくらです。 前回、前々回と義父の入院について書きましたが、治療の甲斐無く、先日義父が永眠しました。 発症から逝去までたったの1ヶ月。今もまだ入院しているような気がして、亡くなったことが信じられません。 私は子どもたちと家にいるように言われていて、最期を看取ることはできませんでしたが、眠るように静かに息を引き取ったそうです。 今日は哀悼の意を込めて、我が家に起こった不思議な出来事と、義父が残してくれた教えについて考えてみたいと思います。 今思えばとても不思議。田舎への里帰り 義父には生みの母(既に他界)と育ての母がいて、育ての母は現在安徽省の農村に住んでいます。あまりにも田舎過ぎて出かけるところがどこにもないので、義父は行ってもつまらないと言ってあまり行こうとしませんでした。 先方は毎年のように遊びにおいでと言ってくれているのに、行くのは3年に一度あるかないか。先般の春節もまた電話をもらって、またいつものように断るのかと思っていたら、今年は何故か即答で「行く」と返事をし、義両親2人で安徽省に出かけたのでした。 当時は不思議に思わず、自分から行くって言うなんて珍しいねと義母と笑ってたんですが、まさかあれが義父とおばあちゃんの最後の面会になろうとは。何かの虫の知らせだったのでしょうか? 伯父に起こった異変 義父は入院はしたものの、私たちはずっと数週間すれば回復するものだと思っていたので、普段あまり連絡を取らない親戚たちには入院の件を伝えていませんでした。 その後、いよいよ心の準備が必要になった時に伯父(義父のいとこの夫にあたる)に連絡をとったところ、どうりで最近自分の体調が良くないわけだと言うのです。そして義父が最期に息を引き取ったのと同じ頃、伯父は胸が苦しくてふとんでうずくまっていたんだそうです。 この伯父、直接の血縁関係にはないのにこれまでも義父とは不思議な因縁があり、義父が食道閉鎖で胃を切除した数ヶ月後に彼は胃がんになり、10年前に義父が脳出血した数ヶ月後に彼も脳出血で入院したりと、なぜか同じ場所に病気が見つかるんです。 最近体調が芳しくない伯父。今後何もないと良いのですが。。。 ああしていれば、こうしていれば・・・

  • 義父の入院と介護問題 ②

    こんにちは、しゃんはいさくらです。 前回記事の続きとして、介護問題への思いを書いておきます。前回同様、愚痴その他を読みたくない方はこのままページを閉じてくださいませ。 たった3日の看護だったが・・・ 義父がまだ一般病棟にいる頃は、24時間体制での看護が必要だった。 この3日間は地獄だったと言っていい。 酸素不足で脳が正常に働かず、衝動的に酸素マスクや点滴を外してしまう行動がしょっちゅう起こった。10年前に脳出血を患っているせいもあって、余計に制御不能な状態に陥ってしまっていた。 思えば10年前もすごく大変だったが、脳出血で入院していた頃は、義父の友人が代わる代わる病院に泊まってくれたり、親戚もサポートに来てくれて、数ヶ月を何とか乗り切って、義父も後遺症は残ったものの、日常生活が送れるまでに回復した。 ただ、今回は状況が全く違う。 皆それぞれが歳を取ったし、孫の面倒が必要だったりして、夜の看護を申し出てくれたり、お願いできる人が誰1人としていなかった。結果、お昼:義母、夜:旦那による看護体制を組むしかなかった。 心理的な負担に加え、肉体的な負担が大きくかかり、私たちは瞬く間に疲弊していった。私は子どもたちが少しでも普通に過ごせるように家の中を保つのに必死だった。 手の拘束 ベッドに手を括りつけることは、どれほど人の尊厳に関わることなのだろうか。 義母も旦那も頑なに拒否をしていたのは、勝手に酸素マスクや点滴を取らせないようにするために、ベッドに義父の手を縛り付けることだった。 私は命に関わることだから縛ることも止むなし、それよりも義母と旦那の負担を少しでも軽くしたいとの思いが強かったのだが、彼らは手を縛るなら自分が寝ずの付き添いをすると言って、ICUに入るまでは縛ることを頑として許さなかった。 たった3日の24時間看護で2人ともあんなに疲弊してたのに、どうしてそこまで拒否するのかが私には理解できなかった。私は所詮嫁だからか?私が冷たい人間だからなのか?

  • 義父の入院と介護問題 ①

    こんにちは、しゃんはいさくらです。 現在義父が入院中です。本当はこんな記事を書いている場合ではないのですが、何かを吐き出しておかないと頭がパンクしそうなので、起こったことを整理しておきます。 頭が通常な状態ではなく、変なこととか書いているも知れないので、苦手な方はこのままページを閉じてくださいませ。 事の成り行き 3月初旬 ずっと咳が止まらない様子の義父が気になり、義母に病院に行ってはどうかと話をしてみる。冬の間、子どもたちは体調を崩すことなく過ごせていたので、風邪やインフルエンザで子どもたちにうつっては困るとの思いがあった。 病院に行った結果、肺炎との診断。とりあえず3日間の通院点滴となった。 点滴3日目 改善する様子が見られず、熱も引かないので再診。CTを撮った結果、前よりも酷くなっているとのことで、薬を変えて引き続き点滴をしましょうとの診断。 点滴変更後2日目~入院2日目 一向に改善が見られず、呼吸するのに肩をあげてゼイゼイしており、家の中を歩くのも辛そうな様子。熱が相当高いんじゃないかと思い義母に聞いたら、熱はそれほど高いわけでもない、点滴でまた病院に行くから、もう一度診てもらってみるとの返事。 同日、再再診の結果、緊急入院が決定。血中の酸素濃度が健常者の6割ほどに下がっているとのことで、人工呼吸器を装着することに。人工呼吸器のマスクが辛いのか、外そうとする義父。マスクを外すと途端に酸素濃度が規定値を下回って危険な為、24時間の監視が必要と言われる。急遽、昼:義母、夜:旦那による看護チームを結成、私は会社を遅刻、早退して子どもたちと家事全般を担当することに。 ※中国の入院病棟の看護師は点滴の薬を変えるのが主な仕事で、日本の看護とは全く違う。アイを雇って患者の身の回りの世話をしてもらう人が多いが、我が家の場合は事態が重かったので、家族による看護が必要だった。 入院3日目 酸素濃度が低いせいか、頭が朦朧としている義父。放っておくと、相変わらず人工呼吸器や点滴を外そうとしてしまうらしい。旦那は義父の動きを察知しては呼吸器を付け直すなど、大変な夜を過ごす。とりあえず週末までなんとか頑張ろうと、ほぼ寝てないのに翌日病院から出勤。

  • 数秘術なるものを研究してみた

    先日、子育てに関するメルマガを読み返していてふと、私は母親という立場ながら、実は子どもたちのことを全く理解していないのではないかということが気になってきました。 同じ頃、ハードディスクに保存していた過去資料を整理していたら、昔まとめたことのある数秘術に関する情報が目に留まり、これは何かのシグナルかも知れないと思い、改めて家族のキーナンバーを洗い出して家族との接し方を考えてみることにしました。 今日は自分への言い聞かせ&覚書きとして各ナンバーの意味と今後への想いを記録しておきます。 「早く、早く」がやめられない 誰もが経験していることでしょう、私も子どもたちの行動が遅い(と私には映る)と、いつも「早く、早く」を連発してしまいます。 早くと急かす → 子どもはそれなりに頑張ってるのに認めてもらない → 自分はダメなんだと自己否定に陥る → やる気がなくなって行動がさらに遅くなる → もっと早くと急かす のように、「早く」を連発することで負のスパイラルを招くことがあります。 これまでも早くと急かすのは逆効果だと何度となく見聞きしているので、一応心には留めているつもり、だから最初は我慢できるのですが、結局我慢ダムが崩壊し、最後にはやっぱり急かしていることがしょっちゅうあります(昔は我慢することもなかったので、私も少しは成長したんですけどね・・・)。 子どもと私は物事の処理能力もスピードも違うのに、どうしても自分の時間軸に合わせようとしてしまう。私はどうしたら「早く」と言わないようにできるのか。 いろいろな考察が始まりました。 変えられない本質がある 「三つ子の魂百までも」という言葉がありますが、人にはそれよりも前の産まれた時から、既に備わっている性質や性格があります。 例えば、私から見ると行動が極めて遅いと映る下の子は、やるべきことの完成が遅れがちになる理由の1つとして、意識が途中でどこかに行ってしまい、行動が止まってしまうことがあります。