searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

いたや かえでさんのプロフィール

住所
只見町
出身
東京都

甲斐犬親子3代と鶏たちとの半農半Xの暮らし。田んぼ・小麦栽培・自家製酵母パン・ドブロク・綿花栽培・糸紡ぎ・ぜんまい綿毛・染織・マタタビ細工

ブログタイトル
村のcafé 風光舎
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kaede_080930-tori/
ブログ紹介文
雪深い山里と蔵の街の二地域居住 甲斐犬と野犬との暮らし 耕して、紡いで織って、染めて、編んで…
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2017/04/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、いたや かえでさんの読者になりませんか?

ハンドル名
いたや かえでさん
ブログタイトル
村のcafé 風光舎
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
村のcafé 風光舎

いたや かえでさんの新着記事

1件〜30件

  • 喜多方 散歩風景

    散歩の折々に撮った写真を溜めてしまった。8月の終わり、喜多方を取り囲む山々に毎夕のように湧き上がる雷雲。飯豊連峰北部?飯森山方面裏磐梯方面?会津若松方面9月中頃磐梯山方面ただいま!実が生ってる飯豊本峰方面ランキングに参加しています!クリックお願いします!!

  • 『蔵のまち アート・ぶらり~』参加に向けて

    今年も『蔵のまち アート・ぶらり~』が開催されることになり、minomariさんと参加することに決めました。コロナ禍で参加メンバーも減り、不安もありますが、開催まであと3週間余り、今はよいものを作ることだけを考えて染めて、織る日々です。藍染め(型染め)生地-バッグ

  • 峠を越えた?

    今朝の空気はひんやりしていた。いつ以来だろうか?でも、歩き出したらすぐ熱くなる。喜多方の最低気温21.5℃、12時現在31.3℃。昨日の最高気温36.2℃に比べれば…、だけどまだまだ暑い日が続きそう。いつのまにか、原っぱにエノコログサの金色の穂が出ていて、秋は来ている

  • サクラ色のマフラー2枚完成!

    新しい機で織り始めた2枚完成しました。経糸はオーガニックコットンのヤマザクラ染め5色と藍染め1色。緯糸も同じヤマザクラ染めを使う。同じ経糸で、緯糸は会津地綿の手紡ぎ糸ヤマザクラ染め。ランキングに参加しています!クリックお願いします!! ↓ ↓ ↓  にほん

  • 新しい機で織り始めました!

    頭の手術が無事終わり、4月にご褒美?に本格的な織り機を注文した。高価なものを買っても使えなくなるかもしれない…、とずーっと諦めていた。予定より早く7月に届いたのに、また眼の手術。楽しみにしていたのに梱包を開けるのが面倒になっていた。見え辛い目で説明書を見な

  • 眼が見え辛くて…

    いらいらの日々で、ブログも滞っています。去年の2月に左眼の手術(黄斑部網膜上膜+白内障)をして、3週間後に左右合せるために右眼は白内障の手術だけした。これですっきり、と思っていたらだんだんと効き目の右眼が見え辛くなってきて、本を読んだりスマホやパソコンの画面

  • ぜんまい綿毛糸とケナフのミニコースター

    コースターやっと完成。経糸はラミーの生成りと白、緯糸は会津地綿とぜんまい綿毛の手紡ぎ糸と会津地綿の手紡ぎ糸ヤマザクラ染めの2本取り。同じ経糸で、緯糸はケナフのヤマザクラ染め(アルミ媒染)。緯糸のヤマザクラ染めケナフバリエーションその1(鉄媒染とアルミ媒染)

  • コースター織り始める

    手術後、ヤマザクラ染めとそのための糸紡ぎに終始して織りをしていなかった。ぜんまい綿毛を混ぜた糸を紡いで、やっとコースターを織り始めた。ランキングに参加しています!クリックお願いします!! ↓ ↓ ↓  にほんブログ村

  • とんぼ織りミニトートバッグさらに2個完成

    ラミーを経糸にリネンを緯糸に使ったとんぼ織りのミニトートバッグを2個作る。これで、同じ経糸(ラミー)で織ったミニトートバッグが4個できた。一つ目は緯糸が会津地綿とぜんまい綿毛を混ぜて紡いだ糸、二つ目は緯糸に綿麻スラブ糸を使ったもの。この他に一つ目の残り地を

  • とんぼ織りのミニトートバッグ

    冬に織った生地で『とんぼ織りのミニトートバッグ』を作った。同じ経糸で、あと二つ製作中。今年2回目のヤマザクラ染めも終了、オーガニックコットンをたくさん染めた。けれど、こんなにいっぱい染めて、いろいろ作って、お店も休んでいるしいったいそれをどうするのかとふと

  • もう一度ヤマザクラ染め

    春に採ったヤマザクラの枝や樹皮を乾燥しておいたもので、もう一度染料液を作った。今回は試しに7番液まで取る。2番液+3番液でまず染める。左からケナフ、オーガニックコットン、会津地綿の手紡ぎ糸。染めるために、自家栽培した会津地綿を紡いだ。撚り止めに煮る。サクラン

  • 喜多方散歩風景…小さい薔薇の花が好き

    お隣りの、白とピンクの花が混ざって咲く木香薔薇がきれいで、今日こそは!とカメラを持って出た(いつもはスマホだけしか持たない)。といってもミラーレスのコンパクトだから、一眼レフがあればね…。黄色の花と白い花を撮らせていただいたのは3週間ほども前だった。こちら

  • せっせと糸紡ぎ

    2回目のヤマザクラ染めに向けてせっせと糸を紡いでいる。といっても、日々それなりに用事はあるし、ずーっと紡いでいたら疲れてしまうので、午後に2玉ずつほど。慣れてきて、今日は3玉紡げた。喜多方もこの数日、5月の青空が拡がって、散歩が気持ちいい。(朝散歩)(夕散歩

  • 日がな一日眺めても飽きない

    田植えが終わり、少しだけ遠回りして集落内を歩いて戻った。あぁ、いいなぁ…、あぁ、いいなぁ…。ぼーっと、一日でも眺めていられる。2階の窓から。ランキングに参加しています!クリックお願いします!! ↓ ↓ ↓  にほんブログ村

  • 13回目の田植えは3日目に無事終わった

    二日目の田植えも二人で始める。静か、だけれど、賑やか。水の入った田んぼではトノサマガエルやシュレーゲルアオガエルが鳴き、周りの森からはエゾハルゼミやアカショウビンの鳴き声が聞こえてくる。午後は協力な助っ人が派遣?されて来た。1年前に仕事で只見に来たmakiさん

  • 只見の田んぼ-13回目の田植えは静かに始める

    フウコが生まれた年から始めた田んぼは13年目になった。今年はコロナ禍の外出自粛で誰も手伝いに来れないので、二人で静かに始める。最初の年もこの黒沢の小さな田んぼ2枚を(たぶん)二人で田植えしたのだと思う。4枚に増えた田んぼのうち1枚はこれから代掻き。一日目は1枚

  • ヤマザクラ染めいろいろ

    家事でいちばん嫌いなのはアイロンかけ。あ、もっといやなのは買い物(外に出かけること)かな?でも(仕事?だから)仕方ない、スカーフに続きアイロンを掛けた。綿100%ワンピース(絞り染め・濃染処理・アルミ媒染)綿100%チュニック(絞り染め+段染め・濃染処理・アル

  • 絹のスカーフにアイロン掛け

    ヤマザクラ染め絹のプチスカーフにアイロンを掛けた。指先がガサガサで生地が引っかかるので、ニトリル手袋をはめてする。サイズは約60cm×60cmで9パターン。今朝、散歩から戻ってお隣りの木香薔薇があまりに綺麗だったので、(勝手に)撮らせていただいた。お母ちゃん、何し

  • ヤマザクラ染め ケナフのカラバリ

    喜多方では3年目のヤマザクラ染め。一年に一度だけとは言え、だいぶ慣れて要領よくなったけれど、自然素材だから一回、一回、鍋毎にも違う。だからおもしろい?家の台所で、一度に5リットルほどの鍋2つずつコンロに掛けて、1番液~4番液までを2回、合わせて15鍋分染料液を作

  • ヤマザクラ染め まずは絹のプチスカーフから

    先週作ったヤマザクラの4番液で、まず絹のプチスカーフをミョウバン媒染で染める。今年もいい色が出た。今日の喜多方地方の最高気温は32.4℃でした。今日も冬物の洗濯をする。それから、前の空き地の草刈りをした。背丈が伸びた草だけ刈る、というか薙ぎ倒しただけとも言える

  • 今年もヤマザクラ染め

    只見に預けていたリクとソラを迎えに行った折り、庭のヤマザクラのひこばえを伐って喜多方に持ち帰った。今日、染液作りを始める。ひこばえを全部伐ってすっきりしたヤマザクラ。リクが写ってる!只見は今、桜が満開。川辺のヤナギの新緑が目に優しく、ブナの芽吹きはこれか

  • あけびの籠と持ち手の修理

    今度こそ!と蔓を選んだつもりが、太くてバッグには重すぎたのでシンプルな籠にする。あけびと胡桃の籠バッグ。ケータに齧られたままになっていたのを修理した。只見に移住したばかりの頃だから20年近く前か? 知り合いに連れられてあけび蔓を採りに行った。籠を作るには少

  • 懲りずにこだし編み

    右端は最初に作った籠で、縦芯は同じ太さ同じ本数なのにこんなにサイズが違ってしまった。二つ目に作った籠バッグ。一つ目が大きく出来てしまったので、詰めることばかり考えていて気が付いたら小さくなってしまった。縁編みで試行錯誤して、編んでは解いて、を繰り返し、最

  • あけびの籠…また失敗

    頑丈なものが出来てしまった、また失敗…。こだし編みには編み材が太すぎたし、網代巻き留めの縁は平材か、丸芯ならかなり細いものでないと無理だった。丸芯を半分に割ってはみたのですが…。ランキングに参加しています!クリックお願いします!! ↓ ↓ ↓ にほんブ

  • 失敗作ですが…

    退院したら作ろうと思っていたあけびのこだし編み籠バッグ。まず、籐蔓で試作。見ればすぐ編めたはずが、10年以上も前のことですっかり忘れていた上、根気がなくて丁寧に編めない。歪んでも平気、乾いて折れてもそのまま、試作だからいいや。あまりの不出来に途中で放り出し

  • 手術・入院から戻りました

    退院のごあいさつをしたら、れんが工房のK木先生が届けてくださった。3月末、良性ですが脳腫瘍の手術をして、一昨日、無事退院しました。手術前に想像していたよりはるかに元気、というか傷痕自体にほとんど痛みはなく、数日間は頭痛と吐き気でベッドから起き上がれなかった

  • 散歩風景

    リクとの夕散歩で、道路沿いのお庭で白い花を見つけた。毎日通っているのに気づかなかった。背が低くてしゃがみ込んで下から撮る。クリスマスローズ?次の朝は雪景色。春の陽射しは強くて、日が当たるとすぐ解けてしまう。けれど、気温は一日低くて日が陰るとちらちら雪が舞

  • ぜんまい綿毛糸のとんぼ織り額縁型バッグ

    このあいだ作ったミニトートバッグの残り生地半分で、額縁型のトートバッグを作った。額縁部分と持ち手はリフォーム麻地、中心部分にミニトートバッグと同じとんぼ織りの手織り地-経糸/麻糸(ラミー)・緯糸/会津地綿とぜんまい綿毛を混ぜて紡いだ糸、裏地に柿渋染め木綿

  • どんどん春が…

    昨日はぼたん雪が降った。ちょうど出かける頃に激しくて、出かけるのやめようかと思ったほど。車を出すのにぽしゃぽしゃの重い雪を除雪した。一転、今日はぽかぽか陽気。外に干した洗濯物がよく乾いた。雪の欠片がまだ残ってる。今日の喜多方地方の最高気温は19.8℃、最低気

  • ぜんまい綿毛糸のとんぼ織りミニトート

    会津地綿とぜんまい綿毛を混ぜて紡いだ糸を緯糸に、とんぼ織りをした生地でミニトートを作ってみた。経糸は麻糸(ラミー)の2色使い、裏地は柿渋染め木綿地、持ち手は麻地。縦横20cmほど。ソラが夕散歩に出なかったので、リクと久しぶりに押切川公園に行ってみた。トリさんい

カテゴリー一覧
商用