searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

みっちゃんさんのプロフィール

住所
多摩区
出身
高槻市

一人ひとりの考え方は皆それぞれ☆彡 親米でも親中でもなく、反米でも反中でもなく、まして嫌韓でもありません♥ 日本人一家として、親日なだけなんです♥ 親日から、真日(真の日本)へ、そして新日(新たな日本)に繋がりますように。。。子供たちの未来のために♥

ブログタイトル
親子チョコ(400冊以上の良質な書籍のご紹介)
ブログURL
https://oyakochoco.jp/
ブログ紹介文
子共達の教育の為、又、親である私たち自身が学ぶ為の、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させて頂きます
更新頻度(1年)

354回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2014/09/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みっちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みっちゃんさん
ブログタイトル
親子チョコ(400冊以上の良質な書籍のご紹介)
更新頻度
354回 / 365日(平均6.8回/週)
読者になる
親子チョコ(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

みっちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • スポーツ、芸能人、学者、政治家、文化人などに沢山いる“アレなヒト”

    本日のキーワード : 既知、未知、無知指示語(しじご)または指示詞(しじし、demonstrative)とは、話し手のいる地点と状況をもとにしてものを指し示す機能を持つ語であり、特に代名詞や限定詞として用いられるものをいう。日本語の「これ」「その」や英語の this、that などは典型的な指示詞である。日本語の指示語は一般にこそあどと呼ばれる4系列からなる。コ系列を近称、ソ系列を中称、ア系列を遠称と呼ぶ場合もある。本日...

  • 聞こえのいいレトリックに幻惑されたり騙され易い「おバカさん」

    本日のキーワード : レトリック修辞学(しゅうじがく、rhetoric)は、弁論・叙述の技術に関する学問分野。雄弁術、弁論術、説得術、レトリックとも。欧州古代・中世で教養の中核を成していたが、近代に衰退。古代・中世の教育規範である自由七学芸の内の一つ。基本的には演説の技術で、いかに聴衆を納得させるかを目的とするかなり政治的なもの。そのため修辞学では、聴衆の心理操作が大きな位置を占め、さらに、演説をより魅力...

  • 北朝鮮の工作員であろうとなかろうと、国益を棄損する連中(=国賊)は、我が国には必要ありません!

    本日のキーワード : スパイ、工作員、国賊スパイ(英: spy)とは、政府や他の組織に雇われて、秘密裏に敵や競争相手の情報を得る人のこと 。工作員とも。「spy」は、「espy (見つける、探し出す)」と同じで、古期フランス語で 「espion(見張る者)」を意味しており、「espionnage (諜報:現代仏語)」の語源。印欧語で「見る」を意味する語幹「Spek」に由来する。産経抄がアサ芸の記事を取り上げた事に驚く。脱北者団体への...

  • 「陰謀論」に強く関係している可能性が高い、ある一つの“性格的”特徴

    本日のキーワード : 性格心理学人格心理学(じんかくしんりがく、パーソナリティ心理学、英語: personality psychology)は、人のパーソナリティ(性格、または人格と訳される)を研究する心理学の一分野である。人のパーソナリティを捉える方法は、類型論と特性論の2つに大別される。類型論は複数のカテゴリーを想定し、人のパーソナリティを分類する方法である。他方、特性論とは複数の特性を想定し、一人のパーソナリティの...

  • ワクチン陰謀論、ワクチン有害説、共産主義、そして「宗教」

    本日のキーワード : 陰謀論、宗教、共産主義宗教(しゅうきょう、英: religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続...

  • 「陰謀論」にハマったアメリカ人が積極推進した「日系人の強制収容」

    本日のキーワード : 日系人の強制収容日系人の強制収容(にっけいじんのきょうせいしゅうよう、英: Japanese Internment)とは、第二次世界大戦時においてアメリカ合衆国やアメリカの影響下にあったペルーやブラジルなどのラテンアメリカ諸国の連合国、またカナダやオーストラリアなどのイギリス連邦において行われた、日系人や日本人移民に対する強制収容所への収監政策である。1942年から1946年に亘って実施された。本日の書...

  • ある人物が、「アベガー」なのかそうでないのか、を見抜く方法

    本日のキーワード : 相関相関(そうかん) : 二つ以上の事物の、一方が変われば他方もそれに連れて変わるとか、あるものの影響を受けてかかわり合っているとかいうように、互いに関係を持つこと。また、そういう関係。本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人...

  • ホンモノの“陰謀”を見抜いていた昭和天皇 ~ それとは違って、典型的な「陰謀論」に騙されちゃう方々のスタイル(笑)

    本日のキーワード : 昭和天皇白雪(しらゆき、1921年 - 1947年)は、昭和天皇の愛馬。白雪は1921年にハンガリーの国立バボルナ牧場で誕生した佐藤達次郎男爵が遊佐幸平に依頼して購入したアラブ種の白馬であった。訓練の結果天皇の御料馬にふさわしい名馬に仕上がったとして、佐藤は宮内省に献上を働きかけた。当初宮内省側は白馬では敵の目につくなどの理由をつけて辞退しようとし、また民間への払い下げを視野にしてか買取の...

  • “右の全体主義”と“左の全体主義”

    本日のキーワード : 全体主義全体主義(ぜんたいしゅぎ、イタリア語: totalitarismo, 英: totalitarianism)とは、個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制の1つである。この体制を採用する国家(例:中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国)は、通常1つの個人や党派または階級によって支配され、その権威には制限が無く、公私を問わず国民生活の全ての側面に対して可能な限り規制を加えるように努める。本日の...

  • ド文系記者が記事を書くとこうなる ~ 日本経済新聞の最近の事例

    本日のキーワード : 有意、有意差、確率・統計有意(ゆうい、独: Signifikanz、英: significance)は、確率論・統計学の用語で、「確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられる」ことを指す。本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に...

  • 難病でわが子を亡くした、“ある母親”と“ある父親”の決定的な違い

    本日のキーワード : The BFG『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(原題: The BFG)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による2016年のアメリカ合衆国のファンタジー映画。『チャーリーとチョコレート工場』や『マチルダ』の原作者として知られるイギリス児童文学作家ロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG(英語版)』を原作としている。本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック戦後の日本...

  • ファンタジーの『チキ・チキ・バン・バン』と、同じくファンタジーの“ワクチン陰謀論・ワクチン有害説”=『キチ・ガイ・バカ・モノ』!?

    本日のキーワード : ロアルド・ダールロアルド・ダール(Roald Dahl、1916年9月13日 - 1990年11月23日)は、イギリスの小説家、脚本家。ロアルド・ダール本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断す...

  • 「敵基地攻撃能力」という「反撃能力」を持つことは、当たり前のことですが、それが何か?

    本日のキーワード : 反撃、敵基地攻撃能力反撃(はんげき) : 攻めて来る敵に対して、こちらから逆に攻撃をかけること。更に一般に、追い込まれていた受け身の立場から攻勢に転ずること。反攻。スクランブルは萌える(^ ^)ありがとう、これからも頑張れ自衛隊!!!! pic.twitter.com/cpDz8E3Ewf— KONGO1975ゆかな(旧devgru1911) (@devgru_m21sws) July 20, 2020 本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎...

  • 日本の政治家とトランプ大統領との決定的な違い

    本日のキーワード : ハイゼンベルク、不確定性原理ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク(Werner Karl Heisenberg, 1901年12月5日 - 1976年2月1日)は、ドイツの理論物理学者。行列力学と不確定性原理によって量子力学に絶大な貢献をした。ドイツ南部バイエルン州(生誕当時はバイエルン王国)ヴュルツブルクに生まれる。ミュンヘン大学のアルノルト・ゾンマーフェルトに学び、マックス・ボルンの下で助手を務めた後、1924年にコ...

  • 国会議員や官僚の中にも、「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」は存在しています

    本日のキーワード : 量子力学量子力学(りょうしりきがく、(英: quantum mechanics)は、一般相対性理論と共に現代物理学の根幹を成す理論として知られ、主として分子や原子、あるいはそれを構成する電子など、微視的な物理現象を記述する力学である。量子力学自身は前述のミクロな系における力学を記述する理論だが、取り扱う系をそうしたミクロな系の集まりとして解析することによって、ニュートン力学に代表される古典論で...

  • 百田尚樹/江崎道朗  危うい国・日本

    どんな本かはこちらから♥↓☆ワクチン陰謀論やワクチン有害説などの「疑似科学(pseudoscience)」言説を撒き散らす「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」は、精神的に葛藤している(=お困り)のかな? ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

  • ワクチン陰謀論やワクチン有害説などの「疑似科学(pseudoscience)」言説を撒き散らす「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」は、精神的に葛藤している(=お困り)のかな?

    本日のキーワード : アンビバレンス(両面価値)アンビバレンス(ambivalence)とは、ある対象に対して、相反する感情を同時に持ったり、相反する態度を同時に示すこと。ドイツ語のアンビヴァレンツ(ambivalenz)に由来する。「両価感情」や「両面価値」、「両価性」などとも翻訳されるが、そのまま「アンビバレンス」もしくは「アンビバレンツ」と表現するのが一般的。形容詞はアンビバレント(ambivalent)。アンビバレンス...

  • 200年前から何も進歩していない、ワクチン陰謀論やワクチン有害説に騙される「おバカ」たち

    本日のキーワード : 量子力学エルヴィーン・ルードルフ・ヨーゼフ・アレクサンダー・シュレーディンガー(オーストリア語: Erwin Rudolf Josef Alexander Schrödinger、1887年8月12日 - 1961年1月4日)は、オーストリア出身の理論物理学者。1926年に波動形式の量子力学である「波動力学」を提唱。次いで量子力学の基本方程式であるシュレーディンガー方程式や、1935年にはシュレーディンガーの猫を提唱するなど、量子力学の発展...

  • ワクチン陰謀論やワクチン有害説に騙される「おバカ」は、ズバリ、「反面教師」です(笑)

    本日のキーワード : 反面教師反面教師(はんめんきょうし)とは、反省の材料となるような人や事例を指す。中国共産党中央委員会主席の毛沢東により発案された言葉で、中国語の原語では「反面教员」である。日本の似たような諺に「人のふり見て我がふり直せ」というものがあり、日本でも一般にはその意味で慣用される語句になっているが、毛沢東の原典ではさらに詳細な意図が語られている。本日の書物 : 『ルトワックの日本改...

  • 「科学」と「数学」の違いは何? ~ ワクチン陰謀論やワクチン有害説に騙される「おバカ」にならないために知っておくべきこと

    本日のキーワード : 科学、疑似科学科学(かがく、(羅: scientia、英: science) : 「科学」(science)という語はラテン語の scientia (知識)に由来する。science という語は、17世紀の科学革命のころまでは、体系化された知識や経験の総称という意味で用いられてきた。なかでも、観察や実験に基づく体系的な学問という意味では、natural philosophy (自然哲学)やexperimental philosophy (実験哲学)の語が用いられ...

  • ワクチン陰謀論とワクチン有害説に騙される「おバカ」の拡散 ~ それを最も喜んでいるのが中国共産党

    本日のキーワード : ワクチン忌避ワクチン忌避 (ワクチンきひ、vaccine hesitancy) とは、予防接種 (ワクチンの接種) を受けたり子供に予防接種を受けさせたりすることを躊躇したり拒否したりすることである。ワクチン忌避は世界保健機関によって2019年における「世界的な健康に対する脅威」のトップ10のうちの1つに選ばれた。ワクチンが安全で効果的であるという圧倒的な科学的コンセンサスにも関わらず、その安全性についての...

  • 問題解決能力の欠如したリーダーが、ついつい押してしまう“スイッチ”

    本日のキーワード : ソリューションソリューション(英: solution)とは、下記を意味する。○ 単に解決策○ 高度な解決策、難しい問題に対する解決策○ 方程式などの解。○ 物事の解決方法。未解決という束縛状態から解放されている。○ システムソリューション。さまざまな物事、ビジネス、サービスにおける問題、課題を解決するためのコンピュータシステム、または、サービスの総称。○ 債務履行。債務を負っている状態からの...

  • “自閉症”の習近平が、中国共産党党員にやらせていること

    本日のキーワード : 平家物語『平家物語』(へいけものがたり)は、鎌倉時代に成立したとされる軍記物語で、平家の栄華と没落、武士階級の台頭などを描いた。保元の乱および平治の乱に勝利した平家と敗れた源家の対照的な姿、その後の源平の戦いから平家の滅亡、そして没落しはじめた平安貴族と新たに台頭した武士たちの人間模様などを描いた。「祇園精舎の鐘の声……」の有名な書き出しでも広く知られている。本日の書物 : 『...

  • オザワ日本からアベ日本へ ~ リーマン・ショックで勘違いした“自閉症の中国”がやらかしてしまったこと

    本日のキーワード : 自閉症自閉症(じへいしょう、英語: Autism)、DSM-IVにおける診断名の自閉性障害(Autistic Disorder)は、1940年代にボルティモアのレオ・カナーという医師によって発見された。 この症候群は、社会性の障害や他者とのコミュニケーション能力に障害・困難が生じたり、こだわりが強いといった特徴を持ち、多くが精神遅滞を伴う。言語の発達の遅れ、対人面での感情的な交流の困難さ、あるいは全くの無関心、...

  • マリタイム・パワーとシーパワーを混同する中国

    ☆南シナ海で米軍空母2隻が軍事演習!垂直尾翼には日本のあのマーク(写真付き) パタヤ日本人会(PJA)HP本日のキーワード : マリタイム・パワー(海洋力/maritime power)混同 (こんどう) : 異なる物や合わせられない物を、合わせて扱うこと。 異なる物を同一の物として誤ること。米が日本への売却を承認したF35B。沖縄県沖で強襲揚陸艦に垂直着陸の瞬間。 pic.twitter.com/ouhpjAJzpI— ロイター (@ReutersJ...

  • 未だに“あの妄想”を続ける“自民党のパンダ・ハガー” ~ それを信じている人は誰もいない

    本日のキーワード : パンダ・ハガー(panda-hugger)親中派(しんちゅうは、英語: Pro-Chinese)は、中華人民共和国(中国)に好感・賛意を示している人物のこと。中国の文化全般に好感を持つ人(親中家)や中国文化に好感を持つことはシノファイルという。本日の書物 : 『ルトワックの日本改造論』 エドワード・ルトワック 飛鳥新社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアも...

  • オランダ人と朝鮮人の心の中に、未だに残り続ける“燃え滓(もえかす)”

    本日のキーワード : 熾火熾火(おきび) : ① 火勢が盛んで赤く熱した炭火。おこし火。 ② 薪が燃えたあとの赤くなったもの。本日の書物 : 『ルトワックの日本改造論』 エドワード・ルトワック 飛鳥新社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があり...

  • 過去も現在も未来も、フットマンとして生きる朝鮮人

    本日のキーワード : 従僕フットマン(英: footman)とは、イギリスの男性家事使用人(召使)をいう。従僕とも。フットマンという名称は、貴族の馬車の横、または後を随走する役割を持っていたことに由来し、多くはその身体的能力によって選ばれた。彼らは主人の馬車が溝や木の根によって転覆することがないよう、その横を伴走し、また、主人の目的地への到着の準備をするために、前を走ることもあった。本日の書物 : 『ルト...

  • スウェーデン人とオランダ人と朝鮮人の共通点

    本日のキーワード : グレタ、スウェーデン人スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: Sv-Konungariket Sverige.ogg Konungariket Sverige)、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。法定最低賃金は存在せず、経済はスウェーデン国外の大企業や機関投資家に左右される傾向にある。本日の書物 : 『ルトワックの日本改造論』 エドワード...

  • 自分たちの父親や祖父たちが臆病者で卑屈だったオランダ人と朝鮮人のトラウマ

    本日のキーワード : トラウマ心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による肉体的及び精神的な衝撃(外傷的出来事)を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。本日の書物 : 『ルトワックの日本改造論』 エドワード・ルトワック 飛鳥新社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメ...

カテゴリー一覧
商用