searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

dfcarlifeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
独仏的クルマ生活
ブログURL
https://dfcarlife.hatenablog.com
ブログ紹介文
ドイツ車のような奥さんとフランス車のような私のカーライフエッセイ
更新頻度(1年)

59回 / 88日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2021/04/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、dfcarlifeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
dfcarlifeさん
ブログタイトル
独仏的クルマ生活
更新頻度
59回 / 88日(平均4.7回/週)
フォロー
独仏的クルマ生活

dfcarlifeさんの新着記事

1件〜30件

  • #23 シトロエンC3【これって二度惚れ?】

    C3が戻って来てからというもの、ほとんどの週末はC3にばかり乗っています 乗るたびに訳の分からないトラブルが起きるし、いつエンジンが止まるかと「びくびく」しながら乗っているのに、なぜかまた乗りたくなってしまうんです エンジンの音もガラガラうるさいし、ドアの開け閉めも安っぽいし、ATなんかBMWと比べると全然スムーズとは言えないし・・ でも、無性に乗りたくなるのは何なんでしょう? そして・・ こんな感じでC3に入れ込んでいると、いろいろカー用品を購入したくなるんですよね まず買ったのが、静粛性向上グッズ みんカラの整備手帳を見ていたら、「静音計画」が静粛性アップにかなり効果がありそうなので試して…

  • #22 シトロエンC3【遠乗りまではまだ遠い2】

    前回、千葉方面に菜の花でも見に行こうとしたら、奥さんから遠乗りの許可が下りず、やむなく都内の公園に梅を見に行くことになったのですが・・ それも出かけよう準備している時に、「エアバッグかシートベルトプリテンショナーに異常」の文字が出て焦ったことを紹介しました あれからまだ、奥さんには内緒ですが・・ すぐディーラーに電話するのも何だったので、気を取り直して何度かエンジンを掛けなおし、3度目にやっと警告マークと警告音が出なくなったのでした ちょっとヒヤッとさせる出来事でしたが、いまのところあの警告は出ていません それから2週間が経ち、今度こそ遠乗りに出かけようと私は意気込んでいました 目的地は熱海 …

  • #21 シトロエンC3【遠乗りまではまだ遠い】

    C3が戻ってきて二週間が経過しました 先週奥さんと近くのスーパーまで買い物に行ってから一週間が経ち、今日は都内の公園に梅を見に行くことにしました 私は千葉方面に菜の花でも見に行きたいと思ったのですが、遠乗りはまだ奥さんのOKが出ません(^^; その前に一応ガソリンを入れて、軽く洗車をします この時、試しにサイドミラーに貼っていたダイソーのくもり止めフィルムを剥がしました 最初は「言われれば確かに水滴がつかないかなぁ」という感じで、雨の日はまあまあ重宝していましたが、夜走るときにシート部分が乱反射してすごく見づらいんです 貼り方が雑だったんですかね、まあ、元々100円で買ったのでそれほど期待はし…

  • #20 シトロエンC3【二度あることは三度ある】

    C3が戻ってきて一週間が経過しました ちょうど3連休で子供たちが来ていたのですが、送り迎えはもっぱらBMW 連休が明けて奥さんと近くのスーパーまで買い物に行くことになり、一週間ぶりにC3の出番です 奥さんもちょっと苦笑いしながらOKしてくれました(^^; 立体駐車場を久々に操作して、C3を出します 年末に一度解約したのですが、結局また借り直すことになりました 当然アイドリングストップはキャンセルしてから走り出します まだ信用していないというか、さすがにもう苦い経験はしたくありませんから、大丈夫とわかっていてもキャンセルして乗り続けると思います たとえは悪いですが、二度も浮気をされた相手が「もう…

  • #14 BMW420GC【400Rに乗り換える?】

    さて、念願の400R試乗が終わったところで、私なりの感想を書きたいと思います まあ、BMW420GCと比べてどうか?っていうことですが・・ 【大きさとスタイリング】 数値以上に大きく感じたのと、ドテッとした印象 フロントマスクは嫌いじゃないけど、Cピラーから後ろが鈍重な感じ ロー&ワイド感はBMWの方があるし、流麗さもBMWが上ですね 【室内とトランク】 運転席はスポーツカーのコックピットという雰囲気で、これはこれでなかなか良い 後席はシートがたっぷり取られていて、BMWより乗り込み&居住性が良さそう トランクは広く、ゴルフバッグも余裕で入ります 【加速感と低速トルク】 はっきり言って速いです…

  • #13 BMW420GC【400Rに乗ってみた!】

    さて、駐車場をゆっくりと発進します フットポジションもBMWと同じで操作しやすい! う~ん、なかなかいいじゃないですか 最初に感じたのは、とにかくハンドルが軽い!(さすがバイワイヤー) これはBMWと大違いです 475Nmという大トルクなので発進に気を遣いましたが、出だしは至ってスムーズ それでも「踏めばドンと出るよ」って感じがビンビン漂います 出だしのコースは住宅街だったので、アクセルを強く踏めるところがほとんどありませんでしたが、逆に日頃よく走る道なので低速走行の感じが比較できます まず感じたのが、サスはBMWより柔らかいこと なかなかジェントルな走りです トルクはあるのですがディーゼルの…

  • #12 BMW420GC【400Rに乗ってみよう!】

    奥さんとよく近くのユニクロに行くのですが、そのユニクロの隣に日産の販売店があります ここは前にスカイラインでお世話になった店です 今日はここでスカイライン400Rを見てみたいと思ったんですが、以前ネットで調べた時は、この店に試乗車は置いてなかったので、今日「400R」に乗れるかどうかわかりません まあその時はノーマル車の内外装だけでも確認したいと思います(^^; さっそく店に入って、受付の女性に話しかけます 「スカイライン400Rを見せてもらいたいんですけど・・?」と言うと 「表に試乗車がありますのでどうぞ!」って、あるんだ! 「試乗車ってことは試乗もできる?」 「はい! いま営業を呼んできま…

  • #11 BMW420GC【vsスカイライン400R】

    実は以前スカイラインに乗っていたこともあって、日産スカイラインにはずっと興味がありました その日産スカイラインが昨年フルモデルチェンジを受けて、より精悍な顔つきに変わりましたよね 今度のは「なかなかいいじゃん!」 動力にはV6、3.5ℓNAエンジン+モーターのハイブリッド車とV6、3.0ℓツインターボのガソリンエンジン車が用意されています ガソリン車はいま流行りのダウンサイズターボではなく、日産が独自に開発したシャープなレスポンスと溢れるパワーを発揮するV6ターボエンジンになっています このVR30DDTTというエンジン、最高出力が304㎰/6,400rpm、最大トルク400Nm/1,600-…

  • #19 シトロエンC3【帰ってきたぞ!】

    家に帰って、一部始終を奥さんに話しました 「ホント!? 大丈夫?」 「大丈夫って太鼓判は押せないけど、前とは明らかに違うよ」 「にわかに信じられないけどね!」 「まあ、どっちにしても手元にクルマがあった方が良さそうだし、しばらく様子を見ながら考えようよ」 「そうねぇ・・、仕方ないわね」 それからしばらくテレビを見ながらゆっくりしていると・・ふいに奥さんから、 「ちょっと出かけない?」 「えっ?」 「天気もいいし、しばらくぶりに帰って来たシトロエンで出かけようか?」 「乗りたくないんじゃないの?」 「遠くは嫌だけど、少しならいいわよ」 「わかった、じゃ行こう!」 ということで、多摩湖に行くことに…

  • #18 シトロエンC3【愛車が生き返った?】

    さて、年が明けて5日目の朝 私は駅のそばにあるゴルフ練習場に歩きで向かっていました 年始の休みも今日が最終日なので、とりあえず初打ちしておこうと思った訳です 結構混み合っていて待つことになったので、その間にシトロエンに電話することにしました 電話すると店長さんが出て、いつでも大丈夫とのこと 奥さんは「行かない!」と言っていたので、1時間ほど練習してから私ひとりで電車で行くことにしました ディーラーに着くと店長さんはお客と商談中でした このお客さんはC3を買いに来たんですかね(^^; 一服しながら待っていると、店長さんが「お待たせしました」とやってきました さっそく確認すべきところを聞いて行きた…

  • #17 シトロエンC3【ベストな選択?】

    年末ギリギリにディーラーから連絡がありました C3の買い取り金額の連絡だったのですが、新車の6割程度の金額で買い取らせてもらいたいとのこと 「えっ!? それって残ったローンをなしにしての話だよね」 「いえ・・、全額精算していただいてからの返金額になります」 「いやいや、納車されて9か月、3000kmしか乗ってないのにそれはないでしょ!」 「前にも申し上げたとおり、ちょうど一番査定額が下がる時期になりまして・・」 「だってローン残金と相殺すると、結局100万円どぶに捨てたのと同じことだよね」 「・・・、すみません」 「これじゃ、うちの奥さん納得しないよ」 「何とか長いお付き合いをお願いできればと…

  • #16 シトロエンC3【クルマの返品・交換】

    買い取り依頼をして見積りを出してもらうことになっていたC3ですが、その連絡をもらう前に新車交換や契約解除についてネットで調べました 検索ワードは「新車・故障・交換・返品」です 水漏れ、電装系のトラブル、ブレーキの不具合などが連続して起こってしまった人 納車から半年間でエンジントラブルが続き、ほとんどディーラーの修理工場に預けていた人など、同じような境遇にあった人は結構いるもんです しかし結論から言うと、メーカーが修理をして直った場合は交換あるいは契約解除はできないそうです メーカーは保証期間に不具合を直す義務がありますが、その代わりちゃんと直ればお客はそれ以上文句が言えないらしい 新車で買って…

  • #15 シトロエンC3【引き取り交渉】

    C3が納車になったのが4月初めでしたが、走りを堪能できたのは最初の5か月だけでした 夏に袋田の滝から帰ってきてから異音がし始め、9月の後半に点検してもらったのですが、原因はわからず仕舞い とりあえずショックアブソーバーを交換してもらうことになり、家に戻ってそのまま買い物に行こうとしたら途中の交差点でエンジンがストップ レッカーを呼んでもらい、最初の入院となったのでした 1か月の入院が終わり、10月にやっと戻って来たC3 エンジンの回転を伝えるセンサーを交換したのでもう大丈夫と思い、11月の連休に赤城山に出かけた途中の高速で二度目のエンジンストップ たまたま通りかかったレッカー屋さんに助けてもら…

  • #14 シトロエンC3【お別れ宣言】

    あれからしばらく経って、シトロエンに連絡しました 今回は担当のNさんではなく、店長のOさんが出て、故障のお詫びとその後の状況説明がありました 結局あれから調べてもエンジンがかからなかったようで、本社に問い合わせをして症状を報告し、コンピュータを全部取り替えたら再始動したとのこと 「担当のNからも、もう乗りたくないというお話は聞いていたのですが、できれば今後も引き続き弊社とお付き合いいただけないかと思っています」 「メーカーにも話をして、長期保証などのご提案などもさせていただきたいと思っております」という 「でも、本当の原因はまだわかっていない訳ですよね」 確かにこれがという原因はわかっていない…

  • #13 シトロエンC3【緊急事態の結末】

    Dさんが鶴ヶ島に戻って行ったあと、私たちはディーラーの待合室にいました 奥さんはディーラーに着くや否や、こんな車には怖くて乗れない、新車に交換してもらうか代金を全額返してほしいと、修理担当の人に食ってかかっていました その後、修理責任者が私にお詫びと説明にきました 「今回は大変ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありませんでした」 「先ほど奥様が言われたような対応は難しいのですが、とにかく私どもで責任をもって再度修理させていただきますので、お時間をいただければと思います」 私は、その責任者に言いました 前回の時に問題となった回転数センサーを交換したのに、また止まってしまった これはセンサーとかの問…

  • #12 シトロエンC3【救いの神現る!】

    なんとその大きな声は、走行車線を走るレッカー車からでした 窓を開けたドライバーさんが「大丈夫か? 乗っけようか!」 私は「えっ!」と驚きながらも「お願いします!」とすぐさま返事を返します レッカー車はゆっくり路肩まで移動してC3の前に停止しました 「どうしたの? 動かないの?」 「そうなんです!エンジンが止まっちゃって・・」 「とにかく高速道路じゃどうしようもないから運んであげるよ」 「あ、ありがとうございます。乗せてもらっていいんですか?」 「いいよ。困ってる時はお互い様だから」 たまたま通り掛かったレッカー車のドライバーが、一生懸命車を押している私を見て、ありがたいことに声を掛けてくれたの…

  • #11 シトロエンC3【二度目の緊急事態!】

    突然エンジンが停止してから約半月、やっとC3が戻ってきました エンジンの回転数を測っているセンサーを交換したので、まずは大丈夫だろうということで今日は復帰後初のドライブ ちょうど子供が来ていたので、一緒に出掛けます 行き先は赤城山 榛名山はよく行くのですが、赤城山に行くのは初めてです 季節がいいので混んでいるかもしれませんが、とにかく行くだけ行ってみることにしました 混んでないことを期待しますが、それより肝心のクルマは大丈夫かなぁ・・ 回転センサーを交換したとは言え、前回のことが頭をよぎってアイドリングストップからの始動はちょっと緊張します でもいまのところは問題なし! 「大丈夫そうだね」と私…

  • #10 シトロエンC3【原因判明?】

    突然エンジンが停止してから半月 やっとシトロエンの整備工場から連絡が入りました 一応修理が完了したので都合の良い時に来てもらいたいとのこと さっそく取りに行ってきました エンジンの停止した原因を聞いたところ、回転数を検知するセンサーが信号をうまく送れないことで、エンジンが停止してしまったとのこと 「回転数センサーの不具合ぐらいでエンジンがストップするの?」 「センサーから送られてくる信号でプラグの点火を制御しているので、これがダメになるとエンジンが動かなくなるんですよ」 昔はディストリビューターでプラグの点火を制御していたのが、今は回転数センサーから送られてくる信号をコンピュータが処理して点火…

  • #9 シトロエンC3【まさかの緊急事態!】

    異音点検のためディーラーに預けていたC3を取りに行きました 音は他のC3でも多少するけど、確かにちょっと大きく感じるとのこと 「交換して直るかどうかわからないけど、とにかくやってみましょう」ということで右前のサスを交換することになりました 交換は新車保証で対応するので無償だそうですが、部品はフランス本社からの取り寄せになるので、1か月は時間を欲しいとのこと 仕方ありませんね 「よろしくお願いします」と言って、今日のところはC3に乗って帰ります これまでいろんなクルマに乗りましたが、やはりこの乗り心地と加速感は独特です 「変な音さえしなきゃ、こんなにいいクルマはないのに・・」 瞬発力がある訳でも…

  • #8 シトロエンC3【異音点検】

    異音が出始めてから約1か月 やっぱり運転席のフロアあたりからポコポコあるいはコツコツという音がします 最初はミッションかなと思っていたのですが、ちょっとしたガタガタ道でアクセルオフの時に出るような気が‥ ディーラーに連絡して見てもらうことにしましたが、走り出してしばらくすると音がしなくなるので、証拠というか確認のために携帯で録音することにしました ラジオを消してスマホで録音したのですが、「うーん」って感じ 静かなところで耳を近づけないとわからないほどの音 仕方がないので、まずはメカニックの人に同乗してもらい近所を一周してみます 予想どおり乗り出しの時ほどハッキリとは音がでません それでも低速で…

  • #7 シトロエンC3【異音発生?】

    袋田の滝旅行が終わってしばらく経ってから、C3に乗ると異音が出始めました 駐車場から出て走り出すと、ポコポコという音が運転席のフロア下から聞こえてきます もともとエンジンをふかすとガラガラ音はしていたので、その音かな?と思っていたのですが、明らかにエンジン音とは違います その異音は、しばらく乗っていない状態で走り出した直後に発生します アクセルを踏み込んで加速したあと、アクセルオフにした時にポコポコと鳴ります 敢えて言うならATから出ている感じ? 特にガタガタ道でアクセルオフの状況で一番音がするのですが、ダンパーの上下動で出ている感じではありません アクセルの微妙なオンオフに合わせてでる音とい…

  • #15 ドライブログ【三島その2】

    開けた正月3日目 ちょっと早めの朝食です 場所は昨日夕食を食べた「おんふらんす」 昭明館の朝ごはんはパンとサラダが充実していて奥さんは満足気 特にオムレツや卵と野菜をオーブンで焼いたものなどは焼き立てを出してくれます 昨日もらった地元の卵料理です ここでも結構食べてしまってお腹いっぱいになりました 部屋に一度戻ってから、昨年同様「三嶋大社」にお参りに行くことにします ホテルからはゆっくり歩いても15分程度 菰池公園を過ぎて、少し大きな通りを右折してまっすぐ行けばもう三嶋大社です 通りに出ると三嶋大社に向かう人の列がずっと繋がっています mishimataisha.or.jp この三嶋大社は結構…

  • #14 ドライブログ【三島その1】

    冬、実家に戻った時は、地元の神社に初詣するのが恒例なんですが、本殿は小高い場所にあるので、足が悪い母は下の小さな神社でお参りです 私たちは本殿まで上がって、お参りしたら去年のお札を返します 「今年も良い年でありますように‥」 って、この時はまさかコロナでこんなことになるとは思いもせず‥ BMWの後席は座面が低いので、足の悪い母には乗り込みが大変です こういう時はスライドドアのミニバンがいいですね(^^; そのまま帰宅しても良かったのですが、なかなか外に出られない母の気晴らしにと、街が一望できる山に登ってみることにしました そこはクルマで20分ほど走れば行ける、数少ない観光スポットなんです(^^…

  • #10 BMW420GC【ツインパワーターボその3】

    前回、前々回で「直噴」と「可変」は大体わかりました って言うか、随分前からBMWには搭載されてた技術だったんですね(^^; では最後に「ツインスクロールターボ」について やっぱりターボユニットがふたつ付いている訳ではありませんでした(^^; では、ツインスクロールとは… とその前に そもそもターボの仕組みが良くわかっていないので、そこからいきます ターボチャージャーって言うのは、エンジンからの排気を利用してタービンを回転させ、そのタービンの力で吸気を圧縮して、たくさんの空気をシリンダーに送るものです このタービンを回すには、どうしてもエンジンの回転数を上げる必要があります 回転数が少なければ排…

  • #9 BMW420GC【ツインパワーターボその2】

    つぎはバルブトロニックとダブルVANOSです BMWの説明では、吸気バルブを無段階に可変制御するのが「バルブトロニック」で、吸気と排気のバルブタイミングを調整するのが「ダブルVANOS」だそうです ではまず「バルブトロニック」から… 4サイクルエンジンは文字通り、①吸気・②圧縮・③燃焼・④排気の4工程で動いています 吸気の時は、シリンダー内のピストンが下がると同時に吸気バルブが開き、注射器のように空気を吸い込む訳ですが… この時にスロットルバルブが閉じていると、もっと空気を吸いたいのに吸えない状態になります 注射器の口を指で押さえてるような感じですね(^^; この吸う力にブレーキがかかり、本来…

  • #8 BMW420GC【ツインパワーターボその1】

    BMWの2.0Lエンジンは本当に扱いやすいエンジンです 最大トルク270Nmを1,250~4,500rpmで発生するので、発進時はもちろん中速域からの加速にもまったく不満はありません これはBMWだけじゃなく、ベンツ・アウディ・VWなどのドイツ車もそうだし、ほかの欧州車でも主流になっているダウンサイジングターボの特長です ところで、BMWのエンジンカバーに書いてある「Twin Power Turbo」ってどういう意味か知ってました? 私はツインターボじゃないことだけは知っていたのですが、それ以上は全然…(^^; ってことで、今回これを調べてみることにしました BMWのHPを見ると次のように説明…

  • #13 ドライブログ【京都その2】

    「銀閣寺」、正式名は東山慈照寺 拝観料を払い、中に入るとすぐにあの銀閣寺が現れます 「あっ、これがそうだよ」 「ホントだ!」 金閣寺のような大きさと派手さを想像していると、肩すかしに合ったように感じるかもしれません ただその風貌は落ち着きを感じさせる、何とも言えない雰囲気があります でも思ったのは外人観光客の多いこと(この時はまだインバウンド真っ盛り) そこら中にいて、写真をパシャパシャ取りまくっていました こんなに人がいなければ、静かな庭園と銀閣を落ち着いて見られるのに…残念(^^; 書院の脇を通り、裏山の遊歩道を歩いて行きます 木が生えている下は苔で覆われていて、永年の歴史と手入れの良さを…

  • #12 ドライブログ【京都その1】

    今回の宿泊先、ホテルトレンド三河安城の朝食はいい意味で裏切られました 宿泊費が安いので、よくあるソーセージとサラダだけの食事だと思っていたのですが、小皿に入ったおかずがたくさんあり、ご飯もなかなかいい炊き具合です パンが無かったので奥さんは少し残念そうでしたが、それでも美味しいと満足気 良かった良かった(^^♪ 私は卵かけごはんと納豆かけごはんで2杯も食べてしまいました(^^; さて、昨日はあんなに晴天だったのに、今日は生憎の雨模様 まあでもそれほど寒くはないので、途中も雪になることはないでしょう(^^; ホテルを出て、豊明インターから伊勢湾岸道に乗りたいと思います 雨が降っているので飛ばすこ…

  • #11 ドライブログ【三河安城】

    うなぎパイファクトリーを後にして、下道で今日の宿泊地、三河安城を目指します 途中、弁天島から浜名湖大橋を渡り、浜名湖ガーデンパークまで行って見ましたが、辺りは人も疎らというか、誰もいません ここも本当は立ち寄り候補だったのですが、休園なんですよね(^^; 仕方がないので浜名湖をさっと眺めて、あとは一気に三河安城に行きましょう 国道1号線をひたすら走れば2時間ほどで着く予定です 国道1号線は市街地で多少混んではいましたが、全般的にはスムーズに流れていて、三河安城駅にはほぼ予定どおりの時間に着きました 今回のホテルは三河安城駅のすぐそばにあるホテルトレンド三河安城 この年の秋にリニューアルされたそ…

  • #10 ドライブログ【浜松その3】

    さて、昼食が終わったら、いよいよ「うなぎパイ」の工場見学です うなぎパイファクトリー 公式サイト - 浜松市で工場見学を楽しもう! (unagipai-factory.jp) 「うなぎパイファクトリー」まではそれほど距離がなかったのと、「工場見学!」の大きな看板が出ていて迷わずに行けました 工業団地の中を走って行くのですが、前を走る車が何台もあります 「こりゃ、みんなうなぎパイの工場見学だね」 「たぶんそうね、ほかに行くとこ無いのよ(^^;」 この帰省の時期に開業している場所は限られます 駐車場に着くと誘導の人がいて、何台もクルマが停まっています 「大盛況だね」 「ホント、いっぱいね」 BMW…

カテゴリー一覧
商用