searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Nick2021さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

初めまして、世界的COVID-19の大流行により、自宅に引きこもる時間が増えました。そんな時間を少しでも前向きに過ごせるよう、小説を書いてみようと思いました。もし、目を通していただける方がいらっしゃれば、幸いです。

ブログタイトル
小説の走り出し
ブログURL
https://profile.ameba.jp/ameba/tcadc3/
ブログ紹介文
個人的な小説を紹介しています。
更新頻度(1年)

12回 / 14日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2021/01/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Nick2021さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Nick2021さん
ブログタイトル
小説の走り出し
更新頻度
12回 / 14日(平均6.0回/週)
読者になる
小説の走り出し

Nick2021さんの新着記事

1件〜30件

  • キャベツの詩

      キャベツは走った頭を保護するための髪や頭蓋がなかったすぐさまつぎの攻撃によって頭部が粉々にふっとんだ 気品溢れるキャベツで埋め尽くされている青々とこわばっ…

  • 夏の終わり

         「吾郎君、明日ちゃんと役所に行って手続きをしてきてちょうだいよ。ねえ、聞いているの」 「はあ、億劫だな、本当に億劫だよ。何が何だかさっぱりなんだ。ね…

  • バルブ 7話

    7 おせっちゃんのブログと不在のバルブ  古い過去の記憶を辿っていた私は、パソコンのキーボードから手を放し、腱鞘炎気味になっているその右手を軽く揉んだ。九十を…

  • 内定辞退のお手紙

        拝啓秋冷の候、貴社ますますご清栄のことお喜び申し上げます。  この度はまことに勝手ながら先般、頂いた内定に関して辞退の旨を申し添え致します。今回このよ…

  • バルブ 6話

    6 おせっちゃんとKと現れないバルブ  Kは放埓な若者であったが唯一、槍投げの名人として村の人々から認められていた。鍛え抜かれた体躯に槍を担ぎ上げる姿は、ギリ…

  • 石像

    石像  ムッシュー・クラバートは大西洋に突き出た岬の町で石像を売っていた。彼の店は崖の上にあった。店といっても屋根も看板もない。石像が無造作に転がっているだけ…

  • バルブ 5話

    5 太陽を百周する人間  気の早い鶏が黎明の刻を告げるのを聞いて、夢から覚めました。夢の不思議な余韻に浸りながら、暖房のスイッチを入れ、部屋の明かりを付け、湯…

  • 幸福な日曜日

     予てより目を掛けていた女と一晩を共にした翌朝に、まだベッドで眠っている女を残して、わたしは部屋のバルコニーに出た。すでに太陽は十分な高さから大西洋を照らして…

  • バルブ 4話

    4 夢とおせっちゃんとバルブ(仮)  古い記憶と結びついた奇妙な夢をみていました。  わたしとおせっちゃんが桃の木の下で休んでいると村のこどもたちを引き連れた…

  • 砂袋

     南京袋を担いだ老人がやってきて隣のベンチに腰を下ろした。  袋には砂が入っているんだぞ。老人は独り言をいった。  これは、特別な砂だ。偉大な指導者の骨を混ぜ…

  • バルブ 3話

    3 バルブを開放した老人(仮)  森の中を力強くざっくざっくと小走りに移動していく九十九年生きた老人の姿は異様であったかもしれません。ひんやり湿っていく股間に…

  • バルブ 

    2 思い通りにならないバルブ(仮)   バルブはまったく動く気配がありませんでした。バルブがその窪んだ部分を握られ、捩じられることを哀願するように訴えかけてく…

  • バルブ

    1 バルブ開放まで  その日の午後も羊毛のジャケットを羽織って散歩にでかけました。そのジャケットは故人となった友人がこの世を去る前に人生の跡片付けと称して、色…

カテゴリー一覧
商用