chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
スロー
フォロー
住所
大阪府
出身
未設定
ブログ村参加

2010/03/09

1件〜100件

  • 浅学、浅識、それなり考

    さて。フランス人気質と日本人気質について。裕さんのブログ記事を読んで、彼の考察や思考がキーンと晴れ晴れ脳内に響き渡った。そうだろう、そうだろう、フランス人の個人主義は昨日今日に始まったものではない。「他者を思い遣る」というフランス語はあるのかないのか知らないが。列強の国々が陸続きでつながる、広い大陸の中に位置する国と、周りを海に囲まれた島国。地理的にも歴史的にも、違いは歴然。日本は島国。なので、移民や通りすがりの人は(旅人はさておき)ほとんどいないし、同じ言語(日本語)を話し、先住民を含め民族的にも一種類に絞られているし、鎖国時代が長かったし。そして、閉鎖的なムラ社会。あ、うんの呼吸。目の動きや表情などで、人の思いを汲み取る。かたや、フランスは、いつ、誰が攻めてくるかもわからない、逃げる時間のない地理条件...浅学、浅識、それなり考

  • 天然キャラの懺悔

    しっかりした娘たちに、親がキツい言葉を投げかけられる構図は、あまりないようだ。(裕さんとこのお母さんや、奥さんたちのように)自分の親から自分達子供がキツく言われても(母親から娘に)、親である自分が、自分の子供にキツく言われることはないようだ。キツく言うのは親から子へ。子から親へ、ではない。順序が逆。水は高いところから低いところに流れる。儒教の精神は、歳上を敬うこと、、、だったような。ということは、子供たちに、なめられている?ばかにされている?軽んじられている?敬老精神ゼロ?いつまでも親は偉く君臨すべきなのか。わたしは姑を見て、最後まで威厳を保っていたかというと、複雑な心境になる。が、決して子供側からキツイ言葉は投げかけない。尊重し、尊厳を崩させるようにはさせず、距離感をもって対応した(つもり)。それに比べ...天然キャラの懺悔

  • 彼岸に想う

    彼岸。今朝、お坊さんが来た。朝早くからわたしはスタンバイ。お坊さんは予定より更に早く来たため、待ち時間は減ったものの、お坊さんが帰った、その後の時間が余った。で、家を探索。古いくたびれた蔵の中で、面白いモノを見つけた。世界地図。幅150センチぐらい?幅120センチぐらいの、紙製の地図の巻物。しっかりした芯に、くるくる巻かれていた。ツイドという国名を見つけたが、こんな国あった?よくよく見ると、ドイツだった。中国は別の名前になっていた。日本は、赤い色で示され、北は、今はロシア領になっている場所が連なり、南北朝鮮も、台湾も赤くなっていた。暗い場所で見たし、わたしの視力はかなり悪いので、あんまり良くわからなかった。いったい、いつの地図?そういえば「日本」も、日本らしいけれどちょっと違う漢字が付いていたような気がす...彼岸に想う

  • お彼岸

    明日は秋分の日。田舎の夫の実家にお坊さんが来る。お坊さんの来訪時間、朝がまた早い。近年、どんどん早まってきている。お盆、三回忌、秋分の日、と8月9月で3回もお坊さん。ほぼ無宗教のわたしとしては、結構うんざり。1回にまとめられないのか??わたしたちは、あの家に住んでいないのだ。が、仏壇はある。仏事はあの家で。義姉は、ひたすらお供えのお菓子を都度都度に送ってくる。(オジも)お義姉さん、わたしたち、住んでないんですけどーー。どういうつもりですかーーー?夫の実家とはまた話は変わり、わたしの実家は「実家の実家=①」から「実家=②」に仏壇を移動した。魂を抜いたり入れたり、仏さんたちは忙しかっただろうけど、坊さんは儲かり、我々は忙しかった。(忙しかったのは、正確にはわたしではなく、姉と姪)「実家の実家」は、入れ物、器だ...お彼岸

  • 敬老には遠い

    台風がやって来るという3連休、台風の進路と競争するかの如く、不要不急の旅に行ってきた。天候恐怖症のわたしは、猛烈に心配で憂鬱だったのだが、参加家族メンバーたちは全く気にしていないようだった。宿泊ホテルの部屋のテレビで台風情報ばかりを見ていたこともあり、不安は募る一方だった。3日目だけは、交通機関が計画運休するというので、お昼には帰路に。3日目の旅プランは比較的近場だったため、今回でなくてもいつでも行けることもあり、すんなり諦め目的地をカットした。台風も直撃は免れ、自分の住む地域では肩透かしだったが、安堵した。ああやれやれ。無事帰ってきてこんなに喜んだことはなかった。孫は目を見張るほどしっかりしてきて、方向音痴のばあちゃんを追い抜かした成長ぶりには喜ばしいものを感じた。が、娘たちから投げかけられる手厳しい注...敬老には遠い

  • ストレスどころではない

    すみません。愚痴です。気分悪いと思うのでスルーしてください。善人で、誠実で優しく優秀で穏やかで、素晴らしい人。だが、何度も何度も何年も蝶ブログでボヤキ続けているわたし。アタマではわかっている、理解している。大切な人だということを。だが、だが、だが、だが、、、、、同室で、涼しいのにエアコンをつけ、(わたしとの体感温度の違い、ギャップ)と、テレビの大音量!!キーンと脳に金属音がして、ぎゃーーーっと、頭が爆発しそうだ。世の中の、誰かと同居している皆さん、こころの底から尊敬申し上げる。ストレスどころではない

  • 善い人

    書いていた前半をカットした。どうも言いたいことが、クリアに書けなくてもどかしい。なので、削除した。↓以下はその続き。人に褒めてもらおうとか、感謝してもらおうとか、そんな気持ちはない、さらりと自然にそういう自発的な行いが好きになればいいなあ、と自分自身に向けて思う。慈善事業だとか、ボランティアだとか、そんな仰々しい畏れ多いものではなく。自分ではなく他人のために動く、気配りする人を見ると尊敬する。そんなことを言うと、自分のこともちゃんと出来ないのに、笑われる。わたしのガラではない。人に迷惑かけずに、ひっそり楽しみたいと思っているのが、ちょうどわたしサイズかなと。建設的ではないが、悲観的でもない。プラスマイナス、ほんの少し0.001プラス。ちなみに、、、ある、わたしの好きなシニアブロガーさんが、ブログで紹介され...善い人

  • 小さな小さな悩み

    昨日の午後、脳みそをギューっと収縮させて考えた。ギューっの耐久時間はさほど長くなく、持たない。キャパが小さい。のではあるが、、、。ある諸手続きをしていて、こうするなら、こう、こうなるなら、こう。今後の人生の行き先。計画。時間、労力、気力、お金。残った時間とお金でやりたいこと、やれること。使える時間と使えるお金。どうだろ、どうだろうねーと、縦軸、横軸などアタマのグラフに描きながら考えた。うーん、うーん、うーん、、、インターネットであれこれ制度などニワカ勉強。同じ物事をするのなら、世の中の便利でお得なシステムを駆使したほうが、何割か増しの成果が得られそうだ。(まだ成果主義から離れられない哀しいビンボー症のわたし)で、あれこれ検索、研究、検討した。一晩寝て、昨日考えていた方向性と、今朝考えた方向性がちょっと小さ...小さな小さな悩み

  • 独り言は愉しい

    今日はなんだか充実した1日だった。といっても、まだ夕方だが。わたしの1日は、夕方で終了だ。今から〆のジョギングをするわけでも晩酌をするでもなし。18時で終わってしまうFMラジオを前に、まったりしている。お気に入り番組なのに、いつもちゃんと聴いていないので、終了時間近くになると急にソワソワし始める。あ、終わってしまう、、、それならもっと14時から始まっているのだから、真面目に聴けばよいものを。が、BGMにはもってこいだ。考えごとや、熱中していることがあると、全く聴いていない。脳の外を通過。ふと脳を休めると、急に音楽やお喋りが聞こえる。さて、夕食に濃厚なカレーを食べて涙、涙。急激に口に放り込む熱くて辛いものは、胃袋がビックリ。受け付けにくくなったのか?冷えた麦茶と交代に口に入れたので、それもよくなかったのか。...独り言は愉しい

  • 溢れる思い

    わたしのブログは、かなり前々から(そう、開設し始めた頃から)ずっと続けてお読みいただいている方だけにしか、わたしをご理解いただけないと思っている。(もちろん例外も)開設して今月から16年目に突入している気長ブログなのだが。理解といっても、賛同や共鳴、後押しではなく、こんな人がこんなことを考えてるんだな(けしからん)ぐらいで十分中の十分。わたしの愚痴にお付き合いいただき本当に感謝している。(お読みいただかなくても全然構わないです)映画「幸せの黄色いハンカチ」の生存確認のような、ピンポイントの、細いピアノ線のような繋がりでわたしはとても満足している。また、お互い、長い時間をかけて、その人を知ることの喜びを感じている。大袈裟かも知れないが、人生の心の宝物になっている。それはそうなのだが、複雑な思いもある。快適で...溢れる思い

  • 平安顔

    平安時代なら、わたしは、きっとモテモテだっただろう。まず容姿。髪ボリュームが通常人の2倍。(今は老化で減少)美容院の人に、「2倍料金をいただきたいです」と苦情を言われたことがある。すみません、、、。(でも髪が少ないお客さんは減額されるわけではないでしょうし、そのあたり調整してください、、、)ボリュームが多いからといって、ツヤツヤ艶光りしているかというと、、、否、天然パーマ。爆発頭である。まあそれはそれとして。髪は美人の必須条件。これは質を言っているのだと思うが、量なら負けなかった。次。顔。目が能面の如く細い。が、お歯黒の能面のような無表情ではなく、オタフク、福顔。しかし、明治以降、西洋かぶれの日本人の憧れ美意識は、、、昭和、平成、令和においては、時代遅れ顔。でも、平安時代の絵物語のお姫様顔。さて次。さらさ...平安顔

  • 覚書

    蝶ブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。ちなみに、わたし。この夏の暑さにやられたのは、身体だけではなく脳も。あ、脳は平時、平常、いつもやられている。が、特に近頃、脳回路が混線しているのか、スイッチを入れてから繋がるのが遅い。思い出すのをあきらめることもある。忘れ物や、間違いが日常的に起こる。今回は仏事のお返し(粗供養)の金額を一部、間違えた。しかも、間違えたまま、テキパキと送ってしまった。のろのろしていたら、まだ送らずに、訂正が効いたのに、わたしらしくなく、用事は早く済まそうと、さっさと終了してしまった。日頃にもなく殊勝なことをすると、ろくでもない。覚書ノートに今朝、記入して気づいた。そもそも、覚書ノートを書くのが面倒で面倒で、渋々嫌々書いた。舅の時の仏事記録を姑が書き記してくれていて、それを...覚書

  • 雑記

    わたしの日記は毒づくと、結構楽しいようだ。たんに嬉しそうにチャラチャラ浮かれたようなハッピー内容は全然面白くない。つまり、わたしには毒があるということ。ワクチンのように毒が体内に入っていると、抗体の働きをして、自分の毒で毒に打ち勝てる。毒がないと、はにゃはにゃと外敵の毒に負ける。抵抗力がないと辛い。自己防衛の武器のようなものだ。とは言うものの、自分に入ってきた毒を追い払うために使うのであって、積極的に敵に向かって毒を投げつけない。攻撃性のない弱い毒だ。が、解毒剤として活躍する。・・・・・と、ここまで、3日前に書きかけたまま放置していた。あれから、ドタバタ、宗教行事(法事)。事後の諸々雑事に追われて、ああ疲れた。主催者は何かと大変。翌日に、体調を崩す、初めての病状の初体験もした。不安だったが、どうにか今は治...雑記

  • 心臓バクバクも楽しい

    ドキドキし過ぎた一昨日。自宅で1時間、駅で20分待ち、たくさんの待ち時間を経て、カウントダウン。待ち合わせの時間には、大時計の警報の音(のごとく感じた。実際は無音)。チッチッチ、チーッ!と針はそれまで秒刻みに動いたものの、待ち合わせ時刻を刺してもその後、止まったまま。あれ?あれ?あれ?なんで?なんで?なんで?おかしいな、へんだな、間違えたかな?不安というよりは、自分の思考が止まった。・・・・・結末から言うと、ちゃんとうまくいったのだが。待ち過ぎて、行き違いがあり、5分ぐらい遅刻したような状況になった。劇的瞬間は、ちょっとブザマ。まあ許容範囲内。それにしても、この歳になってこんなにドキドキできるなんて、なんて幸せなんだろう。今日が未来の中で、1番若い!まさにその通り。1日1日を大切に、感動を大切に、思い出づ...心臓バクバクも楽しい

  • ドキドキが止まらない

    先週に突然決まった本日のスケジュール。一瞬どうしようか迷ったが、その日が今後の自分の1番若い日。躊躇しているヒマはない。今日は心臓が口から飛び出してきそうなぐらい、ドキドキしている。出掛ける1時間前から準備完了になり、時間を持て余している。何をしよう、、、。暑い、、、。暑いのにホットコーヒーを飲んだ。ほとんど脳は溶けているとみた。次。大根サラダを食べた。何も今、食べなくても。次、、、何をしようか考えた。こういう時は考えてもダメ。で、洗面所の鏡の前に立った。ポージング。うん、イケる。裸眼、0.01。ほとんど見えてない。何がイケるのかわからないが、なんでも良い。さて、あとは点検。靴、これでいい?いや、こっち?いやいや、こっち。いやいやいや、こっち。どっちやねん。まるで何足もある中で悩んでいるかの如く。2足の普...ドキドキが止まらない

  • おばあさん

    やっと雨が止んだ。ゲリラ豪雨に感じるぐらいの強い雨。FMラジオの向こうでは、大阪市内は雨は降ってないとDJが言う。ちょっとした地域差でこんなに雨雲の場所が違うものか。強い雨は不安。孫たちの通学や通園にも影響するだろうし。今は小雨になっているが、またいつ雨足が強くなるかわからない。不安な時間を過ごしながら、スマホ広告で導かれたコミックを読んだ。第一話は、無料立ち読み。わたしは無料以上、進んだことはない。ケチだからというだけではない。第一話にエッセンスが詰まっているのだ。ツカミの部分は、最大のチカラがある。今回は、おばあさんが美容に目覚める話。おじいさんや息子たちは、年寄りが化粧などみっともない、といつも批判的。特に、じいさんが。誰も見てない年寄りに、何を今更、頭おかしい?はよ、俺のご飯用意してくれ、、、なん...おばあさん

  • 誇りと自慢

    古いアタマの人と、価値観が異なるにもかかわらず、古い風習、しきたり、家風を続けなければならないのは苦痛である。子供たちは、わたしがこれだけグチグチ愚痴っているのを聞き続けていると、彼ら子供の代では今までのしきたりをスパっと止めてしまいそうだ。(その地に住んでいないし)わたしが両手をあげて、家風に賛成していたとしても、さらに、強制に近い勢い、期待感、熱意丸出しだったとしても、わたしたちがいなくなったら、合理的な現代的な流れになるだろう。だれも文句を言う年寄りはいないのだから。我々があの世に行けば、オバさんやら大オバさんやら、全員この世にいない。いるのは、子供たちと同世代のいとこたちぐらい。しかも居住地は別々で遠隔地。いとこだったら、もう関係ない。むしろ、家(イエ)としての付き合いなど無関係に近い。あるとした...誇りと自慢

  • おしめ

    小学生男児孫チーム。保育所女児孫チーム。今月、2歳になったばかりの1番下孫は、口はよく回る、口語、文法バッチリ。だが、下から2番目の(過去の)お姉ちゃん同様、おしめ。あれだけ流暢に日本語が喋れるのに、なぜかトイレアウトプットは無言のまま、おしめの中に。液体はどうってことなく紙おしめに吸収されるが、大きな個体はかなりの異物感を抱えたまま。まあ2歳になったばかりだから、そんなものか。うーーん、、、わたしの子供たちは全員冬生まれだったため、2歳前の夏にトレーニングパンツ着用で短期集中、1ヵ月で無事トレーニング終了した。言語をしゃべっていたかどうか、忘れたが、室内は柵を外した動物園状態になっていた。今の紙おしめは、一段と質が向上し、快適なため、おしめに溜まるということはないようだ。あまり不快な自覚がないままに過ご...おしめ

  • わたしは皆さんよりもっと若い!!

    今日も濃い1日だった。ちなみに、ある人が、自分は私より1歳か2歳、歳上だと主張するのだが、わたしはその人はわたしより少なくとも4歳は歳上だと思っている。根拠はないのだが。だからといって、おたがい、公的書類を引っ張り出して見せ合うかと言えば見せ合わない。本当の歳を言わない。同じ趣味グループのメンバーたちともわたしのことを同世代だと言うのだが、わたしは違うと思っている。わたしのほうが、4〜5歳若いと思っている。だが、これも根拠がない。自分はどれだけ若いと思っているのか?自分の見かけ年齢と、実際年齢を、はっきり事実を検証して明確にするのが怖いので、うやむやにしておこう。思い上がりや、夢が、パチンと弾けてしまいそうなので。なんでも、勘違いや曖昧が幸せをもたらす。わたしは皆さんよりもっと若い!!

  • 夫源病

    今、息抜きできる、わずかな時間。ほんとうに、ほんとうに。もうすぐすると、がやがやチビスケたちと、ガタイの大きな人物が帰って来る。ガタイの大きな人物は、とても善良な素晴らしい、大事な人なのだが、カサが高い。出来れば30キロメートルぐらい離れていたい。チビスケたちのように、ほんの数百メートル、徒歩2分ぐらいの場所に離れて生活していてくれると三重丸。世の中のご夫婦の皆様は、頭が下がる。よくぞ、圧迫されず窒息せず、同じ空間に仲良く暮らしておられることか。1週間のうちの、ほんのわずかな日数(休日)を一緒に過ごすだけで、クタクタになる。おそらく、わたしが、おかしいのだろう。夫源病を発症しない、強靭な心身を持つ、タフで優しくパワフルな世界中の皆様に、勲章を差し上げたい。と、書いたところで皆んなが、ワイワイと帰ってきた。...夫源病

  • 楽しすぎて不安

    最近、ものすごく楽しい。趣味分野。充実しすぎて、コワイ。順調すぎて、うまく行き過ぎて、出来過ぎで、不安。だが、のめり込んではいけない。他のことにも楽しみの一片を見つけておかないと、ダメになった時のダメージが大きい。リスクヘッジが必要。こうやっていつもわたしは、前のめりになっていることから少しだけ、高熱物質をお取り置きする。ちょっと僅かながら熱冷まし。でないと、目の前からそれが消えたら、たちまちのうちに、へなへなとなり意気消沈を通り越してショックで立ち上がれない。それぐらい、熱をあげている。何年かに一度、こういうかんじで発熱、発火する。その度に、その後の消火後のことが思い出され、自分にブレーキをかける。ブレーキをかけてちょうどぐらい、熱くなっている。ヒートアップし過ぎて、真夏の漏電危機。病気か。一人で舞い上...楽しすぎて不安

  • ふーふー暑い夏休みの宿題

    小学生2年生の上から2番目孫B。夏休みの宿題を仕上げる追い込み時期になっている。なんやらかんやらを作るのは(親が)めんどくさいので、読書感想文にしたようだ。が、まったく、いっこうに進まない。原稿用紙に名前を書いたまま、一文字も書かれていない。業を煮やした周りが、あれこれ口を出す。「感想文だから、なんでもいいのよ。不正解や間違いはないから、好きに思いのままま書いたら?」「そもそもこの本は難しすぎる。(小学4年向きらしいが、大人向きだとわたしは感じた)小学2年生のこの子Bは、内容がわかっていない」と、ばあちゃん(わたし)。全部読んだとしても一文字も頭に入っていない、理解できてないと想像する。「『こんな本を選んだママを恨みます』と書いてもいいよ」と、パパ。「『その本でいいんじゃない?』と反対しなかったパパを恨み...ふーふー暑い夏休みの宿題

  • 挫折の積み重ね

    ああ自宅。なんてのんびりのびのび、リラックス。1人時間は最高だ。本格的に老後になったら退屈なのかも知れないが、チビッコたちから解放された気分は言いようがなく、快適快晴。ちなみに、わたしは雨をはじめとする自然のお天気、気象恐怖症だ。雨、コワイ。昨日は帰りに立ち寄った湯葉うどんの店の最後時間あたりから、乗り込む電車駅に移動するときに、ポツリポツリから始まり、またまた一気に土砂降りに見舞われた。お土産をリュックに入れていたが、お土産の紙製パッケージが染みとおる雨でズルズルになっていた。自宅用のお土産ではなかったので涙目、ぐすん。リュックの中も、びっしょり。だが、帰れる嬉しさが濡れる悲しさを大きく上回った。それはそれとして。全く別の話を書く。二日目の宿で孫たちとプレイした温泉卓球。はじめてラケットを握る小学生低学...挫折の積み重ね

  • もうゴリゴリ

    怒涛の1週間が過ぎた。疲れ過ぎて、記事に書こうという意欲が湧かないが、ネタはいっぱい仕入れた。豊富なネタには不自由しないものの、書かないうちに次々リアルタイムで日々、新しいネタが生まれそうだ。次の日常の出来事で、体感した感覚が更新される前にちょこっと書いてみよう。今回の怒涛の1週間の後半は、警報が出るほどの悪天候の中、チビッコ4人連れのキャンプ旅。娘婿、仕事でドタキャン不参加になり、保護者、大人は母娘のみ。わたしは予定があったのに、「上孫(小学生低学年男児)2人の話相手と、荷物番だけでいい」という娘の誘い文句に、嫌な予感はしたものの、渋々応じた。自分の身だけでも持て余すにもかかわらず、ボケていられないほど強烈に堪えた。娘婿は自分が参加するつもりで申し込んだのだろうけれど、こんな宿泊施設、わたしは逆恨み状態...もうゴリゴリ

  • 実行力パワーが少し足りない

    娘婿、急に仕事が入り、主要子守要員メンバーから脱会、離脱。家には、盆休みでじいちゃんもいるし、まあやっていけるか。今は、近所周りの河原に散歩に出かけている。一緒に行かないとだめかなあ、、、と腹をくくっていると(大袈裟)、家でスタンバイでオッケーとのこと。川遊びは、絶対に危ないからね!!と、孫たちに言いきかせた。水に浸かったらダメ!!と。じゃあ、学校のプールは?じゃあ、スイミングスクールは?と、咄嗟に返された。が、なんでもダメ!!と強く言っておいた。何かあったら連絡ちょうだいね、と長女に言って見送った。家を出てから10分程で、2番目孫が靴擦れが出来たからカットバンと保湿液、用意しておいてね、とLINEが来た。水辺で遊ぶために作られたシューズを履いて行ったので、靴擦れが出来た模様。行きに靴擦れが出来たら歩けな...実行力パワーが少し足りない

  • お盆。こころの対話

    お盆。何度目になるだろう。お盆の仏さんたちへのお給仕(お供え)、伝統メニューがある。お迎え団子から始まって三食おやつ付き。御膳、器、全て、江戸時代のからの朱塗り(漆塗り)もので、決まっている。のではあるが、、、プツンと糸が切れたように、伝統メニューを2018年を最後に、それから用意していない。2019年は定められた器は使ったものの、メニューは手抜き。2021年は初盆で大変だった。振り回されていた時代、時期がウソのよう。こんなに、いとも簡単に伝統行事をパタンと中断してしまってもよいのだろうか。今は、、、よい、、、と思っている。また復活する日も来るかも知れない。司令塔は、わたし。総指揮官は、わたし。誰も口出しする人も、文句を言う人もいない。ある日、頂点、トップの座に躍り出た。なんの策も練らず、たんなるトコロテ...お盆。こころの対話

  • 頑張らない自由

    ぜひ書きたいことがある。昨日アップした、体育会系の楽しい運動余生について。益々、ヒートアップした、この体育会系の人物は、鬼軍曹と化した。何十回と同じことをやらされ、「違う!」「違う!」とダメ出しは延々と続く。どこがどう違うのか。わたしは示された見本と同じようにしている(つもり)。1ヶ月ぐらい延々と同じことをしている。1回目も100回目も変化、進歩なし。耐久性能検査をしている機械のように、101回目に、わたしは壊れた。「100回やってまも500回やっても同じです!!」被っていた帽子を床に叩きつけた瞬間である。(帽子、被ってなかったけど)その前の時間も、ずーっと怒鳴られっ放し。何故、出来ない?何故、そうする?何故、こうしない?何度、言ったらわかる?わたしは、何故自分が怒られているのかわからない。自分の何処が悪...頑張らない自由

  • 慰め合う同年代

    毎日、暑い。もうじきお盆、ああ、これまた暑い。さらに法要を控え、もっともっと暑くるしい。今、終戦関係のニュースや番組が多い。こころを痛めている。平和を願わない人はいない。さて。わたくし。ある人とにこやかに話していて、あとどれぐらい生きるつもり?と投げかけられた。うーん、30年ぐらいかなあと。あと30年、どうしよう?という流れになった。もう少し伸びるかも知れない。それはそれで、大変だ。毎日、健康にいきましょう、と、その人とまとまりのない〆になった。話していて、あらほんと、あと30年も?と意外に長いことにビックリ。最後の5年を引いて、あと25年ぐらい、どうしよう??と話しながら、趣味の運動を続けようね、と落ち着いた。まだまだ毎日、新しい筋肉痛が起こる現状を嘆くと、筋肉は使わないと衰えるらしい。だから筋肉痛はw...慰め合う同年代

  • くたびれた〜

    疲れた〜。子守り。早朝7:30〜21:30まで。昼食、夕食、オヤツ付き。孫、下2人は夜、保育所からのお迎え付き。4人も預かると、ぐったり。趣味関係の人、Aさんから、「テキスト勉強できましたか?」と催促され、疲労はピークに。Aさんは自分の全ての時間を自分に使える人。わたしは、そうではない。なので、趣味にかける熱意が不足しているかのごとく叱咤激励される、、、が、、、わたしは、アナタ(Aさん)とは違うわけで。無職の人は自由で結構ですねー、と、思わず皮肉のひとつも言いたくなる。(言わないけれど)自分のことしかしなくていい人はいいですねー、と、憎まれ口のひとつも言いたくなる。(言わないけれど)わたしは、子守りもするし、食事支度もするし、家事もする。何にもしなくていい人は、ほんと、羨ましい〜、、、というか、ほんとは羨...くたびれた〜

  • 誰もいない家

    わたしの母の実家。わたしは今まで何回葬儀に参加しただろう。参加した時系列に順を追ってみる。祖父(母の父)、おじ(母の兄)、祖母(母の母)、おば(母の兄の妻)、いとこ(母の兄の長男)、さらに、いとこ(母の兄の次男)。6名。結婚して家は出ているが、母の姉も。これだけのたくさんの母の実家の人々や暮らしを知っている、、、にもかかわらず、消えた命に対して新しい命のなんと少ないことか。少子高齢化どころか、無子高齢化である。わたしが実際に訪れたり話したり飲食したりして知っている母の実家。母の両親と共に、母の兄(長男)夫婦には3人の元気な男の子たちが一つ屋根の下に暮らしていた。一人亡くなり、二人亡くなり、、、年齢とともにこの世を去る。そして誰もいなくなった。明るく生き生きしていた7人家族は、時と共にいなくなった。この中で...誰もいない家

  • 夜道

    一昨日は、人身事故に振り回された。事故が起きてから、Twitterなどで皆さんの写真や情報がすぐあがってきて、状況を把握できた。が、何時何分に復旧するのかは、JRのみが知ることなので、情報はリアルタイムでは外の一般の皆さんからは得られなかった。今日、時間を摺り合わせてみると、事故が起こった瞬間の時間には、わたしはその駅の直近の私鉄駅を私鉄電車で通っていた。JRと私鉄の違いではあるが、それらの駅は至近距離にあり、ニアミスしていた。それにしてもあんな近い地域で、、、。あのJRの路線は、その日は、前回の事故から1日あけて、なんと3日目、らしい。毎日連続ではないものの、1日置き。何かに呼ばれたのか?作業をする係の方々、仕事とは言え、慣れているといっても酷暑の中、ご苦労様である。事故当人に対して「被害者」という表現...夜道

  • 心労

    電車が止まっている。待ち時間が延々と続き、いつ運転再開されるかもわからない。段取りが狂い、激しく不便、迷惑。長々長々と待ち時間。イライラを通り越して疲労困憊。他の皆さんも電話でやり取りする声が荒くなる。人身事故である。おそらく本人が故意に起こしたものだろう。多くの乗客に迷惑をかけている。何万人の足に影響を与えているのか。だが、こんなことは毎日、どこでも起こっているのだろう。が、いざ、巻き込まれると文字通り、他人事ではない。2時間近く駅で待って、やっと動き始めた。やれやれと思っていたが、まもなく信号停止でまたまた待ち時間。停まる駅に、別の前の電車が停車しているからだそうだ。いつ動くともわからない、、、また不安になる。ずっとこの調子。目的地に到着するまで落ち着けない。※ちなみに、写真の電車と記事は無関係です。心労

  • 母が作る嫌いな料理

    日曜の夜は、唐揚げ屋さんになった。量は1300gと、さほど多くはないが、揚げ続けると唐揚げ屋さんの気分を味わった。ずっと揚げ続けるのは、キッチンにも自分にも油が回る。不思議なのは、孫たちが揚げているところを見たがることだ。「油が跳ねて危ないから近寄らないで」と何度言っても近寄って来る。「離れて!」とキツく言うと、わざわざ食堂から椅子を運び込み、それに立って遠巻きに見学している。なんで見たいのか、よくわからないが、見たいのだろう。2歳女児が近寄ってくると、もうお手上げ。全力で怖い顔をして遠ざける。すでに作っておいた、お惣菜を大皿に盛り付けて流し台横の調理台に置いていたら、彼女は背伸びをして大皿にの端っこを掴もうとする。「ああ〜、だめだめ、だめよ〜」と、大皿を2歳児の手の届かない炊飯器の上に不安定ながら置き替...母が作る嫌いな料理

  • 苦しみまくった

    久々ぶりに苦しんだ。38.4℃の発熱、強い頭痛、倦怠感、悪寒も少々。コロナワクチン接種の副作用である。5ヶ月以上前の前回の時も夜中から朝まで布団の上で七転八倒。その時は、体が何かに反発して小さな爆発を起こすような感じで、なかなか眠れず布団の上で暴れてるていたのだが。今回は眠れないとか、そういうようなものでなく、苦痛に顔が歪む感じ。頭もすごく痛く、熱が高い時はいつもこういう有様。まだ、すこし頭が痛いが、解熱剤を飲んだので熱は(無理矢理)下がった。身体が反乱を起こしたようだ。コロナワクチンを体内に入れたくないと。総勢、全力で抵抗したのだろう。もっとすんなり受け入れてくれたら、こんなに苦しまなくてもよいのに。やはり、身体が嫌だ嫌だと拒絶したのだろう。それにしても、しんどかった。もう勘弁してほしい。苦しみまくった

  • ブログにかける思い

    わたし。淡々黙々と好きなことだけを綴っている。〆切や、お題ちょうだいも無し。ああ、なんて楽で自由で開放的なの〜〜、ではあるが、その一方で評価は無し。元々評価など皆目求めていないので、わたしの魂が救われたら目的は達成される。そのついでに、お立ち寄りいただく方がおられたらもうそれで十分。お釣りが来る。ちなみに、、、gooブログユーザー向けの「アピールチャンス」というものがあり、自薦のブログ記事がアップされる。気分が向くと他のブログを拝読することがある。全く今まで読んだことがない未知のブログで、興味を惹かれた記事があると、他の記事に遡って読んでみる。その中に、80歳手前の主婦(未亡人のよう)の方のブログが目に止まった。美しい言葉使い、室内の美しい設え、食器、ゴージャスなメニュー。昔はこういうブログに度々お目にか...ブログにかける思い

  • またまたやたら長い、、、男女の話

    今、わたしの家の中は、子育て真っ盛りの風情。リビングには、ジャングルジム、こどもキッチン(流し付き)、立ち入り禁止用・柵、動物クッション、、、和室には、紙で出来た大きなお家、どっさりオモチャ、絵本、ぬいぐるみ、、、インナーテラスには、野球盤ゲーム、、、初めて孫ができてから、もう10年になるのに、まだこんなかんじ。下はまだ2歳。さらに次女のところに1歳。いつになったら、大人っぽい落ち着いた暮らしが出来るのやら。とは言いつつ、賑やかな家になって、楽しんでいるのだが。これが毎日だと、髪の毛を振り乱して疲れた顔をしていそうだが、週に2回だから、楽しみを味わえる頻度、距離感となっている。ではあるものの、親抜きで、子供だけ4人同時に食事やその他の世話をすると、優しい声も維持できなくなる。子供だけも疲れるが、やがて親が...またまたやたら長い、、、男女の話

  • こだわり

    昨日、Amazonでリュックサックを買った。このリュックサックは、12年前に買ったものと全く同じモノ。値段は少し高くなっていた。1個目は、2011年にパリへ行くために、前年2010年に近所の商業施設の鞄屋さんで購入した。実際にパリ計画を行動に移すまでの1年間は家の押し入れで眠っていた。昨今、同じリュックサックを何度も(ダンス)パーティ会場で見かける。たぶん、みなさんも、機能性が抜群なため、手放せないのだろう。軽く丈夫で、ぞっこん気に入り、ずーーっと使っているのだが、全くダメにならないので買い替える必要がなく、嬉しいやら困るやら。なぜ困るかというと、機能性がいつまでも損なわれないため、買い替えることが出来ない。なら、そのまま使い続けたら良いのだが、10年以上も週に何回も使っていると、さすがに見た目がくたびれ...こだわり

  • 良い味、出してます

    昨日、長女の上から3番目(下から2番目)孫(5歳女児)が、おばあちゃんに、とプレゼントしてくれた絵。中央右端のメガネかけている人?(動物?)が、わたしらしい。よーく見てみると、頭の上、真ん中に、なにやら鍋蓋のツマミのような丸いものが乗っかっている。これはわたしのお団子ヘアなのかなあと。なるほど、わたしなわけだ。ありがとう。ウルちゃん。ちなみに、彼女が自分で自分にネーミングした名前(ウル)はまだイキているようだ。次の名前を付けるまで、あとどれぐらいこの自称ネームを使うのか、誰もわからない。本人も。彼女は最近、トランプやことわざカルタに参加するようになった。もっと前は、邪魔するだけの厄介モノだったのに、驚きの成長だ。その代わりにウルの妹(もうすぐ2歳)が今度は邪魔する脅威のディストロイヤーになっている。子供の...良い味、出してます

  • 涙と仲良し

    今日は珍しく在宅の日曜日。いったい何年ぶりだろう?ひとりで、ゆっくりしている。朝からこころ洗われる音楽を聴き、目もいっしょに同時に洗われた。涙の大安売り。宮崎監督の映画音楽「コクリコ坂から」が聴こえた途端に、涙。11年も前の映画か。この映画は、わたしは一人で都会の映画館で観た記憶がある。その時の心情がオーバーラップするわけでもなんでもないのだが、涙腺が緩んだ。ダンス曲として会場、フロアに流されることもある。なんだろう?何かが琴線に触れるのか。最近、なんでもかんでも琴線に触れまくりだ。わたしの琴線は、琴線やピアノ線よりもずっと太くて太縄のようになっていて、ちょっとしたことでもすぐ反応するのだろうか。安物の、忙しい琴線だ。悩みがあり(また!)決断、判断が出来ないまま、ずるずると日が経っている。わたしはいつも、...涙と仲良し

  • 自分と向き合う

    わたしは、気に入らないことがあると、自分のブログに吐き出す。と同時に、なぜそのような負の感情を引き起こしたのか、原因を探り検証してみる。さらに、どうすれば、マイナス不快感情が和らぐか、考える。検証している途中あたりで、めんどくさくなるか、眠くなるかで、忘れることもある。他にすべき用事があると、それどころではなくなる。大概は、時間が経つと消える。この逆に、どうしても思い出せない人名、単語など、必死で思い出そうとするが、思い出せなくてイライラする。あ行から順番に、か行、さ行、た行、な行と次々、言葉の初め部分を当てはめてみる。あかさたな、はまやらわ、ん、、、まで来ても思い当たらないと、また最初から、あかさたな、、、と、再トライ。すると、あかさたな方式の検索結果ではなく、突然頭に浮かぶ。つまり、ある程度の時間が経...自分と向き合う

  • ブリッコの行く末

    わたしは、最近、「この人に、嫌われている」とハッキリ感じる瞬間が何度かある。何故嫌われるのか、だいたい見当がついている。ブリっコだからだ。ブリブリブリ。こんな年になってもブリっコだなんて、笑える。嫌われる理由は、推測、憶測だが。ブリブリで、見る人が見るとすぐ見抜ける、嫌味な女性なんだろう。今の世の中の風潮の逆を行くタイプ。かといって、逆風にめげているわけではない。わたしは昔のタイプなのだ。良いとこ取りをして、何食わぬ顔で利用している。だから同性には絶対に嫌われる。魂胆見え見えブリッコの同性ほど、イヤなものはない。まあしかたない。ブリッコが染み付いている。ブリッコで今日まで生き延びてきた。女子枠でポイントアップ、かさ上げ。能力を補うには、それしかないから。ああ、やだやだ。嫌われるけれど、それがわたしの生きる...ブリッコの行く末

  • 今日は父のことを書きたい気分。真面目で働き者でクレバーで勤勉な父。戦争から生還したので、帰って来れなかった人の分まで頑張ったのだろう。きょうだいもたくさんいたのに多くは夭折し、生き残ったのは、父と妹のたった2人だけ。そのきょうだい達の分の、目に見えない命をもらったのだろう。大正から昭和、戦前〜戦後を生きた人は逞しい。今の感覚で捉えて感想を言ったり、叱咤激励したりすると、時代錯誤になる。わたしでさえ、昭和の人間。まして、その親で大正生まれともなると、隔世の感。ではあるが、その時代背景を踏まえた上でも、やはり頑張る人だった。親でもあるので身びいきもある。親を褒めることは自分を褒めることでもある。けなすより、マシか?あまり大きな声で周りに言うと、嫌われる。と、前置きのいかに長いことか。親を褒めるにもこれぐらい、...父

  • 震えあがった

    スマホを失くした。突然閃いて、外出先からの帰りの電車内でカバンの中をごそごそ探した。ごそごそごそごそ。ん?ごそごそ、ごそごそ、ごそごそ。だんだん、ごそごその擬態語の音量が増す。わたしは4人ボックス席に一人で座っていたが、周りの席に誰もいないのをよいことに、カバンの中に入れていたモノを次から次へと取り出し、横の席に並べた。取り出したモノの中にはスマホはない。残りのがらんとしたカバンの中にもスマホはない。どういうこと?どういうこと?隣の4人乗りボックス席に中年のビジネスマン2人が乗り込み、仕事の話をし始めた。だが、そのうちの1人は、わたしとは通路を挟んで斜め向かいに位置する。こちらを向く格好。顔は明らかにわたしの方向。探し物をしているわたしは、段々、人の目が気になり出した。これは、人目がないところでもう一度、...震えあがった

  • 励まされたり褒められたり

    自分の過去ブログ記事に励まされる。どなたかが引っ張り出して読んで下さった11年半前の記事。まだまだ頑張ってたなあ、、、わたし。現在の自分が、過去の自分に励まされるなんて、想像もせず、当時はただただその時の思いを書き殴っていた。そんな内容に励まされる現在のわたしって、どんな状況?自分にさえ、移り変わりがある。まして、時代や人は変化して当たり前。あの時は良かったなあ、、、という懐古主義や比較ではなく、励まされるって、どういうこと?頑張れよ!と、過去のわたしは、今のわたしに言ってくれている?ふーん、、、ふーむ、、、過去のわたしと、現在のわたしは仲良しなのだ。ということは、未来のわたしとも、きっと仲良しだろう。あるがままを受け入れる、、、あるがままの中にも、自分はこうなりたい、という理想や意志がある。芯がある。そ...励まされたり褒められたり

  • さらっと振り返る

    しゅるしゅるとブログを書く意欲が減退している。世の中には何のカスリもしない。とはいうものの、蝶ブログにお越しいただくお馴染みの方々。大切なお客様。さて、お座りいただくキレイなお座布団もありませんが、今日もスタートです。ブログ村エッセイで、実家の片付けの記事を読んだ。良いご両親に育てられたブロガーさんだと改めてしみじみ思った。わたしは文句や余計なことをブログで吐くが、わたしの場合も良い両親だった。(まだ母は健在だけど)真面目な働き者で勤勉な両親だった。祖父も祖母も叔母も、真面目な人生を送ってきた。地味で、名もない人々の暮らし。その続きにわたしがいる。おそらく、子供たちも孫たちも、こんなかんじで、真面目で地味な人生を送ることだろう。DNAと環境か。ひとえに健全な心身を授かったおかげだと感謝している。ちなみに、...さらっと振り返る

  • ある晴れた日に

    今日は選挙。夜は選挙速報で深夜まで忙しそうだ。(見るだけなのに)今、また悩みをかかえている。一つは、身体のトラブル、悩み。医者嫌いなわたしは、困りもの。とことん我慢してしまう。毎日、瞬間瞬間、瞬時瞬時、痛みとの闘い。「はやく診てもらえ」なんだけど。痛みがほんの少しマシになっているような気がして、足が向かない。さて。大きなタスク(わたしにとって)が終了すると、(身体の痛みとは別に)またまた新しく悩みのタネがあちこちから。こころの悩み。一つ終われば、また一つ。モグラ叩きゲーム。こうやって退屈せずに、一生、終わるのか。かつて仕事でご一緒したことのある、ある女性カメラマン。ぽつりと言ったことが印象に残る。(これは蝶ブログでも何回か書いたが)「ある晴れた日、暴力団の流れ弾に当たって突然、息を引き取りたい」恐怖も苦痛...ある晴れた日に

  • 選挙直前

    身体が怠い。が、選挙に行かねば。期日前投票に行ってきた。昨日の安倍さんの事件には、事件発生から20分位過ぎた頃、出先でスマホに速報が飛び込んだ。きな臭いニュースにこころを痛めた。呆然となったが、やがて犯人像が明るみに出るにしたがって、複雑な心境になった。搬入先病院の医師の記者会見もリアルタイム。容態の経過は、医師の発表を待つしかなく、国民もメディアも警察も同時に情報を得た。その後、記者会見の中身を受け、続々とニュース続編が流れたが、記者は正確な情報を得て正確に迅速に流さなければならない重責があると感じた。と同時進行で、警察の取り調べを受ける犯人の自白?話がポツポツと出てきた。きな臭い。国をひっくり返すような反逆軍団によるものかと危惧したが、今のところ個人の犯罪のようだ。平和がありがたいと、つくづく思った。...選挙直前

  •  火が着いたのはお尻にではなく

    延々と長々と抱えていたタスクが昨日、終了した。で、心身共に解放されたか、、、というと。わたしは、そもそも都度都度に、ちゃっちゃとテキパキ物事を処理する、常に動いている回遊魚ではない。ちょっとぐらいのことでは動かない(動けない)なので、やるべき用事をあれもこれもついでに、一度に達成ゴール日を調整して、まとめて行った。サボりで、モチベーションの低いわたしは、こうでもしないと、一つ一つ丁寧に手をかけるタイプではない。1か、0か。やるか、やらないか。というわけで、一気にドカーっと肩の荷が降りたかというと、、、その逆。達成ピークの次の瞬間から、益々、忙しくなってきた。0を1に切り替えた途端、人生スタンスまで変更を余儀なくされた。わたしの何もせず眠っている(予定の)、20年早取りしていた余生、安楽にあの世に行くまで、...火が着いたのはお尻にではなく

  • 落ち込み

    ここのところ、落ち込みが激しい。こころが深い底に行ったきり、帰ってこない。ウッチャンではない(と思う)。はっきりした原因はあるから。こころが弱っている。気楽に(事態が動くのを)待てない。待っている間にも不安が増加していく。平常心を保てない。落ち着かない鈍い波が押し寄せる。家庭生活ではものすごく順調過ぎるほど順調なのに。楽しいイベント目白押し。が、気になることがあると集中して喜べない。なんと贅沢な悩みだろう。何も楽しい時期に、別件で悩みを抱えなくてもよいものを。ある意味、感情の分散になっているのかも知れない。良い時に良いことが重なると、喜びも倍増。もしこれが逆なら?悪い時に悪いことが重なり、「泣きっ面に蜂」になる。楽しいことと、悲しいことは、あらかじめ量が決まっていて、人生のどのタイミングに出るのか、わから...落ち込み

  • 元気な人々

    わたしの疑問は、周りを見ていなさすぎて世間知らずのため、石を投げられるかも知れないが、、、。なぜ、どこへ行っても元気な女性ばかりなんだろう?元気ではない女性は、外に出ていないから目に見えないだけだとは思うが。男性は、元気な女性(妻)に引っ張って来られるイメージ。男性単独では、あまりお目にかかることがない。登山とかされているのか。バイクや自転車、ヨットや釣り、アウトドア、キャンピング、、、など、わたしが行かない場所で活躍されているかも知れない。あるいはマニアックな趣味を楽しんでおられ、ご一緒する機会がないからか?グルメだのパックツアーだのには、何しろ(リタイア)女性が多い。安易で簡単、便利、手頃、エネルギー要らず。リタイアしていない女性も多いが、男性はあまり参加していない。ストレスが大きすぎて、何もしないこ...元気な人々

  • あっちへ行ったり、こっちへ行ったり

    もう梅雨明けだとか?暑いです。さて。暑い最中、あちこち府民割や県民割を利用して周りの府県に足を伸ばしている。昨日などは、散策タイムが始まった矢先、突然の雨に見舞われ、散策ストップ、雨宿りになった。雨が止むのをひたすら待って、小降りになると、びゅーっと次の地点に戻る。来た道、帰らなければまた土砂降りにやられる。次の地でも、止んだと思ったら突然、土砂降りの繰り返し。各県、府、しばらく7月も旅割引は延長されるようだ。助成金と、クーポン券の組み合わせ。(兵庫県はクーポンは宿泊した場合のみ)わたしが行くところや参加するところは、皆さんお年寄りばかり。ある女性が言った。「年寄りは、○○、××、どうの、こうの。年寄りはほんまに、こんな風らしいわ」わたしはすかさず、こころの中で、ツッコんだ。「あなたも年寄りやん」これはあ...あっちへ行ったり、こっちへ行ったり

  • ストレス

    またまた嫌な季節がやってきた。エアコン闘争。体感温度の違いによる。エコ、熱中症対策など、考え方の違いよりもなによりも、身体が直訴する。室温32度にもなっているのにエアコンつけないのは有り得ない、と夫。まだ6月じゃないの、とわたし。暑いからエアコンつけて、と孫。リビングとダイニング、リビングには録画番組やケーブルテレビ番組を観られるTV、ダイニングには普通のTV。孫と夫、どちらのTVを観るかで分かれ、2部屋ともエアコンをつけることに。わたしの体感ではエアコン付ける必要性なし。なのに、2部屋ともエアコン稼働!!熱中症対策だとはとても思えない。今も室温30度だが、窓を開けずにいても割と過ごしやすい。この体感の違いはどうしようもない。さらに、わたしは極力我慢して、もうアカンとなったらエアコンを付ける主義。どうって...ストレス

  • 絶滅種

    今日はもうブログ更新はさらっと完了したにもかかわらず、まだ吐き出せない思いがある。自分に対する存在価値の崩壊である。ある人の子供さんが卒業した学校名を聞き、脳内コンピュータが自動的に偏差値測定した。自分が思っている偏差値が時代と共に変わっているかも知れないので2022年の偏差値を調べた。そう変わりはなかった。が、思っているより少しだけ上だったか。で、ついでにわたしの出身校を調べてみた。驚愕の偏差値だった。(悪い意味で)わたしの出身高校も最近は進学合格大学が昔と違ってきている。昔はもっと良かった。さらにもっともっと昔はさらに良かった。どんどん下がって来ている。その、どんどん下がってきているわたしの出身校の進学先に、わたしが入学&卒業した学校への合格者が増えてきている。どんどん難易度が下がって、間口が広くなっ...絶滅種

  • ぐうたらが大好き

    何もしないでぼーっとするのが、最大の苦痛だという人がいる。わたしは、苦痛ではない。全く何もしない、真空時間を過ごすと、その後、何かしようと自主性が生まれる。自分から欲求が湧き出る。あれよしよう、これをしよう、と。わたしの場合、堰を切ったように、ではない。ポツポツと。ちょっとだけ。ちびちび。全く何もしない時は、運動自主トレーニングをする。トレーニング用ゴムを使ってストレッチや、ウエストツイスト。10回を3セットだとか、20回を3セットだとか、自分で決める。わたしに器具を与え、薦めてくれたセンパイによると、運動は最初はキツイが、習慣化すると段々慣れてくるそうだ。全く何もしない日も、最低限、トレーニング運動だけは行うことになり、肩凝りなどの防止にもなり、何よりも身体が温まる。夏は暑いが、冬には暖房要らず。たいし...ぐうたらが大好き

  • 涙からスタート

    何も予定のない、フリータイムデーに限って、早起きするわたし。なぜ?不思議だ。しかし、朝、洗顔をするかのように、涙涙涙から一日は始まった。一種の自分教、お祈りや読経タイムのようなものか、、、?自分を静かに見つめる時間。姑がある時、言っていた。「お経読みながら、別のことを考えてたら意味ないねえ」姑は、自分の祈りの内容を口に出して神様仏様にお願いする。祈願内容を神様仏様に伝えるには声を出して言ったほうが良いと考えてのことだろうけれど、わたしは、横にいるわたしたち家族に聴かせていると感じていた。こんなことを祈っているんだよ、と、言い聞かせる。決して悪い内容ではなく、家族の健康、無事を祈る。「○○に合格しますように」だとか、そんな具体的なお祈りはしてはいけないらしい。「本望が叶いますように」だとか、「存分に力が発揮...涙からスタート

  • 痛みにまかせる

    またまた涙。タオルハンカチ、びしょびしょ。マスク、2つ、びしょびしょ。涙が止まらない。涙はリラクゼーション効果ありだそうだが、今回は、そういう傾向ゼロ。自分が不甲斐なくて、ただただ泣けてくるだけ。ようし頑張ろう!と、七転び八起き的にエネルギーに転化するかというと、全然。青菜に塩どっさりてんこ盛り。塩の山に頭から突っ込むナメクジ。自分はどんなに頑張っても出来ないことがある。出来る人がほとんどなのに、わたしは出来ない。鉄棒の逆上がりみたいなものか。自転車に乗れないようなものか。(逆上がりも自転車もクリアしているけど)でも、そんなかんじの難易度。だいたいの人は出来ると思う。出来る人から見れば、何故出来ない?努力が足りない、根性が無い、と、映るだろう。出来ないものは出来ない。努力しても頑張っても、出来ないものは出...痛みにまかせる

  • 平凡な一日

    さて。今日はどんな一日?良い一日だった。リタイア後、仕事を再稼働した人の話を聞いた。予定が全くないのは苦痛だそうな。仕事とオフのメリハリで、体調はすこぶる快調だとのこと。そうだろう。全くスケジュールが真っ白は、大変だろう。毎日サンデー。好きなプロ野球のチームを応援するとか、テレビだけでなく現地に観に行くとか、いろいろ派生してスケジュールは埋まっていく。好きなテレビ番組を楽しみにするというのもアリ。夫のテレビ好きを非難できない。ただ、与えられるものの中から口を開けてイージーに選ぶのが、ヘンコなわたしはどうも抵抗がある。自分で作ろうよ。オリジナル。またはカスタマイズしようよ。まあ人それぞれ。夫のような受け身タイプは、突拍子もないことも言い出さないし、非常にやりやすい。満足を満たすレベルが低いので、何かを追求す...平凡な一日

  • テレビ

    日曜日の都心、ランチ時間はゴチャゴチャすごい人。人ごみに、すっかり疲れた。自然の中、だとか、人がほとんどいないところだとか、そういうのが良い。窒息しそうだ。歳を取ったものだ。最近、人と接するのが苦手。テレビ番組でも人があれこれ旅したりするのを見ると疲れる。この俳優さん、もう若くはないのに、ご苦労様、と思うのは番組の後半のほうで、ワンパターンリアクションのタレントか、女子アナの食レポを見ていると、うんざりする。その空気感が伝わり、気づかれする。芸がない。仕方ないから、チャンネルを変える。人のやり取りではなく、ブラタモリのように、地理や歴史の説明を挟むほうがまだマシ。とは言え、あまり見たい番組もなく、テレビを切ることになる。ニュースも、なんだか暗い気持ちになる。そういう時は、早めに寝る。夫が大型テレビを買うと...テレビ

  • 推薦教科書のようなブログ

    同世代の女性のブログをたまたま読んだ。丁寧で地に足が着いた、とても堅実な暮らしをされている。毎夕飯の写真をアップされ、全て手作り。食事以外の家族のことや日常生活も百点満点。参考になる。わたしには真似できない。仮に真似しようとしても、一日坊主。この違いは何か。キャラクターの違いである。じつに考え方もしっかりしておられ、ふむふむと諭されたり役に立ったり。同世代ならではの共通点もある。が、真逆ポイントが大きくドカンとある。わたしは、手抜き人生。彼女は真面目人生。なので、見習うべき教科書になる。人には人の人生があり、羨ましいかというと羨ましくはない。比べるものではない。彼女の記事にもあったが、羨ましく思う時は、自分のこころが疲れている時なんだそうだ。ふむふむ、メモメモ。お互い、無いものを持っていると思われる。まあ...推薦教科書のようなブログ

  • いつもこころはニュートラル

    地元FMラジオで、昨日、生出演していた藤井フミヤが言っていた。ゲストが感銘を受けた言葉を朗読するコーナーがある。「これまでは、これからが決める」これは何宗(仏教)だかの偉いお坊さんの言葉だそうだ。ふうつ考えるのは、「これまでが、これからを決める」みたいな、今までやってきたことが今後の道筋を決定する、というようなもの。過去は消せない。ところが、この「これまでは、これからが決める」は、過去の結果が良かったかどうか、その評価は、これからの行いによって左右される、というもの。悪い過去であっても、失敗は成功の元であったり、気づきを得たり、思わぬ未来が待ち受けている。もう動かせないわけでもなく、終わりではない。これは、ワクワクする。なんだか、ぱーっと未来が拓けて明るくなったような気持ちになった。自分の考え方、気持ちの...いつもこころはニュートラル

  • こころ

    自分の気分を自分で調整出来なくなった。あくまでも「気分」。昔っから気分屋なのだが。状況も周辺事情も全く同じなのに、何の原因もないのに、気分だけが何故か下がる。「落ち込む」とまではいかない。意味もなく、「ふさぐ」の一歩か(百歩か)手前。これは、小さな小さな危険信号?危険とまではいかない。以前は感じなかったのに、最近はほんの少し自覚する瞬間がある。が、1時間以内には治っている。これも、自然な老化なのか?今後、益々、意味なくブルーにならないよう、自分に祈っている。ほうれん草とか、人参とか、体に良い食べ物を積極的に摂取する?薬のお世話になることはない、と強く思う。そんなに大したブルーではないから。小さな軽い頭痛のようなもの。今まで感じたことがない、超ハッピー人間、楽天家なので、未知のことには不安なのだ。とか言って...こころ

  • 重い

    今日の気分は、、、なんとなく、おばあさん(姑の姑)のことを書きたくなった。何度か、蝶ブログには書いているが、なぜかぶり返す。姑の姑(夫の父方祖母)Aは、小柄だが、キリッとした知的な明治生まれの女性。婦人会で活躍もしていたようで、行動力があったと聞く。わたしが初めてちゃんとAと話したのは、結婚してすぐ。「ここは、あなたの家だと思って寛いでくださいね」と言われた。ご挨拶のようなお手紙もいただき、今も保管してある。(一回ぐらいしか読み直したことがないけれど)ある日、真珠のネックレスをいただいた。白いVネックのニットトップスの服をいただいたこともある。かくしゃくとした、存在感のある人だった。若い頃は、ぼんぼんじいちゃん(旦那さん)に振り回されたが、晩年は夫婦で旅行に出かけることもあった。おじいさんを送った後は、寡...重い

  • お気楽

    なんだかお疲れ気味。楽しい行事、スケジュール目白押しなのに。体調は管理できても、気分はなかなか言うことを聞いてくれない。難儀。こんなに自分の感情をコントロールする努力をしているのに。わたしは天然だから、プラスもマイナスも自然体なのか、、、今、気になっているタスクが2つあって、ずしんと頭に重く乗っている。はやくクリアしないと、憂鬱気分が続くではないか。本格的に梅雨入りするまでにどうにかしないと。と言いつつ、子供たち一家や、夫は、病気にもならず、毎日、仕事や学校、保育所に通い、心身健康で有り難く幸せである。朝はわたしの気分がほんの少し下がったが、それはブログの書き始めの時だけで、すぐ回復した。ああ、良かった。昨日、今日と2部制スケジュール構成で、楽しい時間を過ごした。アドレナリン出っ放しである。ちなみに、最近...お気楽

  • 朝から涙

    次の行動に移る用意をするまで、あと1時間。さて。さあ、遊ぼう!!わたしのブログタイム。うきうき、にこにこ。しかし、ブログ村さん、またまたわたしコーナーの記事とリンクしない。直近3つあるうち、2つはリンクした。なんで、最後の1つだけ放置?もう知らん。またそのうち、忘れた頃に、ブログ村さんの気分次第の時間にリンクされることだろう、、、。ブログとはまた離れたリアルなところで、朝から、センチメンタル気分。涙。またか。行ったり来たり。そうやって大人になる?いや、もう大人なわけで。というか高齢者枠。そうやって老化に向かう?天然、自然の目薬で目を洗い、潤す。目薬要らずで、ありがたい?なかなかエコです、はい。ではあるが、気持ちを整理するのは、どうすればよい?自分に言い聞かせる?言いくるめる?理詰めで納得させる?理性と感情...朝から涙

  • こうやって大きくなるんだ、、、

    どうにか、ブログ村・マイページに蝶ブログがリンクされたようだ。が、、、自分のテンションはすっかり下がった後。こんなブログにでも、テンションはある、、、のだ。ちなみに、昨日、もうじき5歳孫U(女児)が、何やら歌っている。ものすごく大きな声で、聞いたことも見たこともない、何語?何のジャンルの音楽?という、歌詞付きの延々流れるような曲。肺活量や気合いが要りそうなオペラ風。作詞作曲U、演者、歌手U。お腹から声を出しているかんじだが、高い音域が続く。何を言っているのか、まるで見当もつかない言葉らしき歌詞を、音程、リズムに合わせて歌っている。彼女は日本語もちゃんと理解し、聞いたり話したりするのに、あの言語は何だろう。U語。自分の世界に浸っているようだ。あまりにも不思議な楽曲だったため、昨夜、娘にLINEで聞いてみた。...こうやって大きくなるんだ、、、

  • 不具合の、ぼやき

    ブログ村さま、蝶ブログを更新してもリンクされません。ここのところ、連続。前にもそういうことがあった。不具合。一応、わたしはgooは有料会員ではあるものの、ブログ村は無料なので、発言権はないと弱々しく思っている。こうやって、次の記事を更新した頃に、前の記事と同時に、ブログ村の自分の記事コーナーに、お目見えとなる。これがいつもの流れ。どこかで、記事が渋滞しているのだろう。詰まって出てこないかんじ。試しにこの記事をアップしてみる。2つ、記事が同時に現れてくることだろう。超個人的に、結構、気になる。単なるシステム不具合なんだけど。※と、2つ目をアップしたものの、まだ不具合は続き、ブログ村に反映されない。今回は長い、、、。不具合の、ぼやき

  • お友達はテレビ

    珍しくブログ村エッセイの注目記事に、AIが選んでくれた。ランクイン。人気ブロガーさんが、しばらく更新しないと、ベスト10内にポストが空くようだ。あまり意味がない注目記事なのだが、想像するには、記事内の言語が、巷の検索ワードに複数ヒットすることもあるのだろう。だがしかし女史(わたしの娘世代)ブロガーさん、今、ちょっと忙しいのかな。彼女のブログ、強烈(な時もあり)面白いんだけど。同じ、わたしの娘世代でも、全然違うところが実に刺激的。部分的に同じところもあるが、どうも違う。そりゃあそうだ。赤の他人だから。話はころっと変わるが、昨夜、TVの深夜番組を観た。タワマン最上階に住んでいるのはどんな人?という、森三中の一人がレポート。マンションやクルマの所有品の話の中で、数億円だとか、数千万円だとかの金額がぽんぽん出てき...お友達はテレビ

  • 人生サイクル繰り返し

    思えば、わたしも子供が小さい頃(ちょうど今の孫たちぐらいの時)、毎週末、夫の実家に行っていた。土曜日お泊まり。日曜日の夜に帰宅した。旅行にも舅、姑と一緒に行った。やがて、子供たちは塾が始まり、学年も上がり、小学校高学年にもなると土日帰省はなくなった。盆、正月、彼岸、法要など、節目節目には帰っていたが。次に通う時期が来たのは、舅の病気入院の頃。舅が他界してからは、姑は健康おひとりさま期間(15年)後、4年の不健康年月を経て長寿を全うした。そう思うと感慨深い。まさに、同じ流れ。わあわあ楽しく活動的な子育て交流時期が過ぎると、しばらく安定した後、次は、、、順番に時は流れる。活動期に参加し、若いエネルギーの活気をもらい、次の静かな本格的余生に移るまでの前期間が、まさに今。家族の歴史は繰り返されている。パラパラと時...人生サイクル繰り返し

  • 結局、断捨離か、、、うんざり

    イベント続き。今が花。1週間、休みなし、ノンストップ状態。自分が主催しないから、着いていくだけ、脳みそ空っぽ、楽々参加。その中でも、最近、定着しつつある流れ。トップの上司(姑)がいなくなり、わたしは中間管理職から1番上にトコロテン方式で上がったのも束の間、すぐ下(長女)が突き上げてきて、すごい勢いで追い越して、真上に来た。下にはまだ次女が控えているのだが、もはやわたしの下ではなく、長女の下の雰囲気。長女は部下に自分の夫(娘婿A)や次女やら、従えている。次女の夫(娘婿B)は、子供世代全員5人中、1番年長ということもあり、従えていない。次女は夫(娘婿B)に気を使っているようで、実家に来るのも、Bの顔色を伺いながら。企画、立案は長女、実行補佐は、長女の夫、わたしは、ただ参加するのみ。一応、立場上は、皆んなの上に...結局、断捨離か、、、うんざり

  • 気力で乗り越えよう

    昨日は、暑いけれど、快晴。13キロのちょこっとウォーキング。菖蒲園もコース内。美しい見事な菖蒲、いずれがアヤメかカキツバタか、よくわからないなりに、写真をパチパチ。かつて、父が日本庭園でこういうかんじの風情のコンパクト版を取り入れて作った。コロナで集まりは延期が重なったが、最後に集まったのは、下から2番目孫がまだヨチヨチ歩きで、一番下は生まれてなかった。そのヨチヨチ孫が、当時、花菖蒲の小川付近で遊んでいる写真がある。ヨチヨチ孫は、姿カタチもキャラクターも激変し、すっかりオマセなお姉ちゃんになった。懐かしいけれど、たったの3年前。その間に孫は2人増えた。時間が経つのは速いような、不思議なような。赤ちゃんが成長するスピードは、わたしより何倍速も速い。早送りの動画を観ているかのようだ。今日もイベント。主催者に限...気力で乗り越えよう

  • 最年長で最若手

    若い学生さんに囲まれた電車内。皆さん、わたしの子供より、孫に近い年齢。わあ、わたし、みんなのおばあちゃん世代。乗った電車が通勤、通学時間なもので、そういうことになる。家を出て駅に向かうバスに乗った時から場違い感ありあり。日頃の活動時間、活動場所、棲息場所が違う。満員電車内ではリュックを背中から前に掛け替えて、場違い感は更に際立つ。いいの、いいの、行き先も目的も違うから。出かる前にリュックを持ってみると、やたら重くなったため、荷物を減らした。だが、肝心の、昨日から凍らしておいた水入りペットボトルを入れるのを忘れ、玄関を出たところで思い出し、ホームセキュリティを掛け直した。大丈夫かなあ?もしもの時の、緊急おばあさんグッズ(下着だの衛生用品だのなんだのかんだの)を優先順序から漏れてリュックから取り出して置いてき...最年長で最若手

  • ねば、ねば、ねば、、、

    最近、日付変更線を目前にするて、ブログを更新しなければ、、、と、なぜか追い立てられる。毎日更新は、毎日、歯磨きをし、お風呂に入るようなもの。(最近はシャワーだが)というか、やはり目に見えない切迫感のような、迫ってくるものがある。ああ、やだやだ。自分で作る、自分の息苦しさ。とかなんとか。明日はイベント参加のため、朝が早い。早く寝なければ。ブログを更新せねば、早く就寝せねば。ねば、ねば、ねば。取り憑かれたように、休む前の5分をブログに費やす、意味のよくわからないわたし。もっと、ぜひ書きたいことを書きたい。ミイラ取りがミイラになるパターン。ねば、ねば、ねば、、、

  • めんどくさがり屋

    バタバタしそうな6月。いろいろ、ありそう。溜め込んでいたタスクが、動き出した。ただし、無理やり。わたしはお尻が重くて嫌がっていたのだが、仕方ない。延ばしに延ばしていたが、限界。憂鬱。明日、早速、業者が来る。契約という、最も嫌いな作業。やだなー。それに伴って、網戸修理だとか、夏までにやらなければいけないことをついでに。わたしはめんどくさがり屋なので、ほんとうに、困りもの。それとは別に、遊びの計画が、どっと一挙に。忙しい。梅雨に入る前に、動いておかないと。日本は四季があるから、季節にせっつかれて、どうにかわたしは動く。もし、一年中、同じ季節なら、一年中、何もせずにじっとしていることだろう。めんどくさがり屋

  • 疲れました

    小学生男子児童2人(孫)を1泊2日で預かった。先一昨日に預かった1歳児(孫)に比べると、断然めちゃくちゃ手はかからない。空気を抱っこしているぐらい、肉体労働的には楽。にもかかわらず、お泊まりから翌日もずーっとステイすると、なぜか疲れる。彼らは、ものすごく大人しくお利口さんで、やりやすい小学生である。が、、、やはり、小学生は小学生。いたって健全な子供なので、にいちゃんの横暴なチャンネル独占は、やがて兄弟喧嘩に発展する。いやはや、、、うるさかった、、、。ばあちゃん家に兄弟仲良くお泊まりなんて、ありがたいことこの上なく、、、ありがたいことはありがたいのではあるものの、、、。うちの3階(2階の上方にあるロフト)に上がるのは良いのだが、私が広々したところに置いている私の(ダンス用)ドレス、踏まないでよねー。ドレスが、ぐち...疲れました

  • 撤退

    こころが、ヒリヒリ、チクチク痛い。また、だ。再発。この負の感情はなくならない。押さえ付けたり無理矢理取り除こうとしても逆効果になることがある。で、次善策を。その心理現象を起こす原因と見られるものから遠ざかる。これですね。根本から治すのではなく、対処療法。かつて、30年〜35年ぐらい前にもそういうことがあった。どうしても自分のこころを納得させることが出来なかった。その時の負の感情は、「不公平感」。なんであの人は、最初からわたしより上の位置に立っているの?努力や能力とは別のものが備わっていて、わたしが目指そうと汗水流して頑張っていることを、すでにその人は自分の力ではない力で、涼しくクリアしていた。初めからわたしの理想とする目標のところからスタート。わたしの頑張りは何??と、すごく落ち込んだ。で。わたしの解決法は、、...撤退

  • 呑んで

    飲んでます。アルコールは、すごい化学変化を生み出します。すごく、すごく、楽しい、ハイテンション。アルコール中毒は、病気だけど、少しだけのアルコールは、世界が変わる。短い時間だけど、楽しい。飲んで気持ち良いピークをどこに定めるかが、絶妙。飲み過ぎも良くない。ちょっと足りないのも欲求不満?覚めたら覚めたで、あとになれば、また、楽しい。二日酔いは、苦しい。飲んでいる時は一種の麻薬のようなもの。これで、自分を潰してはいけないけれど。楽しい〜です!呑んで

  • ウズウズとの闘い

    上に上があり、下には下がある。自分はどうしたいか?向上したい?現状維持?下がらないように時々、チェック?ひゅ〜んと下がる?スクラップandビルド?(一旦壊して一から再生?)成長期ではないので、今の林住期ならではの答えがある。ひとつには、自然法則として(学校で理科の授業で学習する)、生まれてから亡くなるまで、生物は成長衰退の放物線を描く。理系、生物の法則とは別に、人としての内面、行動面での生き方を模索する。わたしは社会的な面から見ると、幸せな過去、生い立ち、環境である。精神的にもそう。これからも続くと予想する。そう言ってしまえば、ブログは一瞬で終わる。ブログにも色々。餃子食べ歩きブログを書く人、読む人にとっては、わたしのブログなど、一瞥の興味も接点もない。当たり前。わたしは気分次第でたまたま餃子ブログを読むと、美...ウズウズとの闘い

  • 幸せ女芸人

    今、こころが満たされて落ち着いている。こういう時はブログネタがない。吐き出すものがない。指が動かない。困る、、、わたしのブログは、拗ねて吠える系の内容か、毒づく系か、そういうのが受け入れられているように感じる。別のSNSの日記でも「○○(わたし)節」と言われる、キツイ辛口内容は皆さんから反応がある。ふにゃふにゃな内容は、全然パワーがなく、幸せな女芸人みたいに、面白くもなんともない。が、無理矢理書いても、まったく力が無い。難儀です。幸せ女芸人

  • 自慢人と、取り巻き

    趣味関係のSNS。趣味テイストが合わないメンバーがいる。早い話、その人、キライ。何がキライって、、、自分のことをいつも誉めまくる。こんなに素晴らしい、と。こんなに頑張っている、と。それに対して複数のメンバーが賛辞のコメントを送る。わたしは、よほどひねくれているのか、シラケてシラケて、どうしようもない。自画自賛は、自己肯定感が強く、幸せだと思う。否定も非難もする気、ゼロ。ただ、キライなだけ。個人の好き嫌いは、どうしようもない。それより不思議なのは、あんな自慢全開、自己肯定全開の日記に、なぜあんなに人は賛同するのか。どこが良くて?鼻持ちならないと感じないのだろうか。全く理解出来ない自分自身が、なぜ理解出来ないのか理解出来ない。わたしは超少数派、激レア感覚なのだろうか。好みは人それぞれだということが、とてもよくわかる...自慢人と、取り巻き

  • 一夜明けて

    あんなにここ2週間、延々と悩んでいたことが、今日、新たな展開を迎えた。なんてことはない。元に戻っただけ。あの迷い、苦しみは何だったんだろう。なんじゃらほい。どういう風に行動しても、180度反対の行動をあえて直前に選んで行動したのに、結局、事態の顛末は、、、元に戻っている。なるようにしかならないのか、、、。まあ、変にあがかず抵抗せず、受け入れるしかない。雨降って地固まる、というものか。あれだけ一大決心をして頑張っていたのに、360度回転しただけで、前より強固な地盤になってしまったではないか。が、疲労困憊(こんぱい)につき、しばらく、こころをこの問題から離して放置しよう。放念。お疲れ様、わたし。全然、建設的でもなんでもない結果になったが。負のエネルギーをチャージし、一旦は凹んだが、マイナスにならずゼロになった。何し...一夜明けて

  • 落書きのような、つぶやき

    長女の男児、学童孫。少し兄Yより早めに我が家に来た弟K。弟Kは、いつも兄Yにパワハラ路線を押し付けられているため、一人だと伸び伸び。何をして遊ぼうかな、と自由な選択。Kはピアノの蓋を開けた。何やら弾いている。そう悪くはないが、こそっと指使いを見ると、人差し指。パソコンのキーボードと同じ。習っていないから仕方ないか。学生時代のクラスメイトは、子供をピアノ嫌いにしてしまったと悔やんでいた。わたしも、である。強圧的に熱心に取り組みすぎて、子供は押し潰されたようす。なので、孫には自由に、めちゃくちゃな弾き方にも目をつぶる。好きに音を出して楽しめたらよい。おじいちゃん、おばあちゃんは、子供の教育に責任がない。遠くから眺めて、万が一の時のセーフティネットとして存在するのみ。お互い、気楽。楽しく接することが出来るのは、じじば...落書きのような、つぶやき

  • 分かれ道

    最近、書くことに疲れてきた。趣味のほうの日記は、スイスイなのだが、こちら蝶ブログは停滞気味。悩みも解決せず引きずったままで、こころは、どんより。相談する相手もいないし、自分で考え、行動するしかない。堂々巡りになったり。いたずらに時が経つばかり。そして、何よりも良くないのは、自分の脳の時計は止まっている。ちなみに、前に失くした靴下、片方が、ひょんなことから出てきた。マジックのように消え、マジックのように現れた。さらに、つけまつ毛。片方が一瞬消えて、そのまま4次元の世界へ。今日、急に三次元の世界に舞い戻ってきた。何?これ?さて。今日は外で飲んだ。長々と悩んでいたことを相談した。そして、結論が180度、急展開して、しようとしていた行動と逆の行動をすることにした。スレスレどんでん返しで、全く真逆の行動をとることになった...分かれ道

  • 宿題

    小学生男児、YとK。小4と小2。長女の上2人の孫たち。うちに来るのは週2回。今日はイレギュラーで親と下孫女児たちは来ず、(いつもは夕食も食べるが)今日は不要。遊びと宿題。弟Kのほうが先に来て、TV録画番組を観た。兄Yは後から来て、せっせせっせと(プラレール=電車のオモチャ)1人遊びをした。3日前は、2人で同空間=和室で恐竜シティを作っていた。この2人、全く喋らず黙々と自分の遊びを同空間でしている。弟Kは、日本酒(獺祭)の箱で巨大な恐竜造り、兄Yは線路で街の交通インフラ造り。兄は、まだプラレール遊び熱が続いていたが、弟は恐竜作りに飽きて、今日は最初からTV。やがて、一区切りつき、宿題をする流れになった。弟Kは、宿題をし始めると眠くなって、宿題が出来ない。「眠いならちょっと寝たら?」と、わたしがタイマーで、最初は1...宿題

  • 喧嘩

    こころが落ち着かない。精神的不安定。人間関係のもつれ。もやもや、イライラ、チクチク、、、嫌だ。早く解決したい。自分で決めて、行動に移せない。人にも相談できない。アタマが痛い。タイミングを見計って、手を打たなければ手遅になる。それがわかっていながら、みすみす指を加えて何も動いていない。そもそも発端は、今月9日。8日夕方に原因と見られる出来事が起こった。なんだか気分を害していたようだったが。で、9日早朝に向こうから「距離をおきましょう」と提案された。しかし、その1週間後に、「仲直りしよう」と再提案を受けた。さらに翌日、「どうなの?」とダメ押し。それから今日で2日経つ。喧嘩発端からもう随分長い時間が経ったと思っていたが、まだ1週間半しか経っていない。相手はその時間で充分、再生、修復できると感じている。わたしは、舌の根...喧嘩

  • 品性

    環境は子供を育成するには重要である。人格形成をはじめ、いろんなことの礎となる。特に品性は、環境から生み出されると感じる。なぜなら、意図して備わるものではないから。ずーっと前に飛行機に乗った時。ファーストクラスあたりから姿を現した、とてつもなく上品な一家がいた。昔の、(今の天皇が小さかった頃の)皇室御一家のような。独特のオーラを放っていた。ちなみに、品性は、意識した途端に消滅する。知性は努力を積み重ねたりすると身につく。が、品性は無理。品性があるように振る舞う、真似事、演技は出来る。演技が身につき、本当に品性があるかのようになることもある。が、取り入れるキッカケ、ノウハウが演技からなら、微妙な品性である。ではあるものの、この演技はクセモノである。見ず知らずの人を騙すことは出来る。だが、騙せるのはある程度であり、ニ...品性

  • 学力と学歴

    学歴と学力は違う。博士号を取得しているある人が、若き日のわたしに言った。「博士号は、僕にとっては足の裏に引っ付いているご飯粒のようなものです。取らないと気になるだけです」なるほど、言い得て妙。博士号を取っていない、勉強嫌いの実践型タイプは、学者ではない?学者さんならやはり何か取らないと、、、と野次馬のわたしは思うのだが、学者さんではないのなら、別に必ずしも必要ない、、、と、「屋外のマスク着用は必ずしも必要ではない(岸田発言)」のような、あいまいなことも言ってみる。ちなみに、わたしのピーク時の学力は中学3年生の時の、中学3年ぐらいの学力(そのまま)。中学校の国語の授業は、新聞の「天声人語」を毎日、教材にしていた。先生が課題にあげた漢字を同級生がさらさら書いているのを、カッコいい〜と、うっとり見ていた。さて、今のわ...学力と学歴

  • 人は、見た目?

    ルッキズムという概念があるらしい。外見至上主義。外見的な差別。外見が良い人を高評価し、外見が悪い人を低評価する、ステレオタイプの考え方。若い人が陥りやすいようだ。人生経験が少ないと、そう思い込むのは理解できる。視野も狭いし、生きてきた年月が浅いし、色んなことに出会う機会も少ない。うわべで物事を見がち。しかし、、、例えば、病院に入院して手術台に乗ったら、外側よりも、皮膚の内側。内臓、骨、肉。だが、病院を一歩離れたら、見かけが人に与える影響は大きい。さらに例えば、、、今回、わたしが参加したミニ・ジャーニー。服装は何にしようかと迷った。わたしは、旅はカジュアルな軽装と決めている。つまり服の状態(シワや汚れ、磨耗)が気になるような上等な服も、おしゃれな服も着ない。ある時、同じ海外旅行ツアーに参加していた男性は、「僕は旅...人は、見た目?

  • お一人様がいっぱい

    今日も豪邸。このお家、昭和7年に有名なお殿様の子孫が東京で自らが独学で設計し完成されたもの。第二次世界大戦後7年間、GHQに接収された間は、施主は敷地内に小さな家を建て住んでいたとか。その後、返還され、1999年、103歳で施主が亡くなり、敷地売却に伴い取り壊されることになったが、歴史的価値があり遺すべきとの声があがり、愛知県岡崎市に寄贈されることになった。解体、輸送、再び組み立てられ、岡崎市で復元されたのは平成24年。はぁ〜。ご苦労様。それにしても、このお殿様の子孫、由緒正しい本多忠次さん、長生きされたものだ。なんと103歳!この人がこの世を去るまで遺族は手をつけられなかったのだろうが、激動の時代を生き抜いた執念とも言えそう。(晩年、最期はどんなかんじなのかは詳しくは知らないが)三○ホームのモデルハウスみたい...お一人様がいっぱい

  • こんな別荘、どうかしらん

    豪邸を何軒も拝見している。遠路遥々新幹線に乗って、明治、大正、昭和の豪邸を見て回っている、ちょっと変わりモノのわたし。(ミニ・ツアーに参加)だが、あいにくの雨。だれか、雨女がいるようだ、、、。写真を撮り過ぎて、スマホのバッテリーが不安。雨に濡れながら不自由な状態で写真ばっかり撮っているわたし。なにがしたいんだか。明日も豪邸。見るだけは、楽しい。掃除もメンテナンスも管理もしなくていい。こんな別荘、どうかしらん

  • 専業主婦

    ママ友とのランチ会!ママ友たちが専業主婦だと、目の敵にされる場合がある。残念ながら、わたしの周りには専業主婦ランチ会はなく、あるとしたら老人会ランチ会か?といっても、両方参加しないが。そもそもランチ会、あまり好きではない。「美味しいものを食べる会」や「ランチしながらコミュニケーションをとる、情報交換する」なら悪くないが、ダベるだけの自己顕示、自慢の会ならNG。暇つぶしの会も、ノーサンキュー。子育てや家庭でのストレスが溜まって、しゃべって鬱憤を晴らす、こころの病気にならないための自己防衛策なら良しとしよう。ただし、一方的に話すばかりではなく、聞くこともしなければならない。順番に胸のうちを吐き出す、被害者の会みたいなものもある。閉ざされた個人的なものの場合、カウンセリングなんてのもある。どうやらそういうのではなさげ...専業主婦

  • フリータイム!

    何事も力が入ると宜しくない。肩の力を抜いて、、、はぁ〜っと、ため息が出る。わたしの性格の弱さが生み出す、スッキリしない事態。欲の深さや煩悩から自滅の道へ。今、中途半端なところで繋がっている。両手で掴まず、片手を離せばよいのに、離せないでいる。・・・自分で作る悩みは、自分で解決するしかないのだが、、、ふぅ。左手戸。(また流用、引用)素麗葉宗戸。(しつこい)自由時間を満喫している。FMラジオを聴きながら、SNS。好きな(調理時間ゼロ)ものを好きな時に食べる。気分転換に、椅子から立ち上がった時に、ツイスター(健康器具)でウェスト絞り運動。この、ぐるぐるクルクル回るツイスターは円盤状になっていて、床に置いて、その上に両足を揃えて乗り、腰を左右に捻る。TVを見ながらでもオッケー。これと、伸びるゴムみたいな健康器具があり、...フリータイム!

  • キレる人

    わたしのブログは、基本的に3人の方々にお越し頂けたらそれで書いた甲斐がある。駄菓子菓子。(すみません、引用、、、いえ、盗作はNG)素麗葉宗戸。(麗→「レ」と無理矢理、読む)これなら良いか。いや、よくない、、、。Bytheway.わたしのブログは自分だけに興味があることしか書かない。しかも、幼い頃から仙人であるが故、色んな世間の人々の関心事とは、ズレている。まあそれはそうと。昨日、趣味仲間Zさんとの会話。顔だけ知っているAさんが、不治の病にかかっていて、寿命維持はカウントダウンらしい。そのAさんが会場に顔を出しておられた。そんな様子は感じられないお姿だった。帰りに、駅近くのフードコートで知り合いのお仲間と病気のことを話しておられた。わたしは、別の仲間Zさんとそのフードコートの一人挟んで横に座っていたため、話が聞こ...キレる人

  • 隣のテーブル、いいな、いいな

    ここ1週間は、アタマと体がぐるぐる洗濯機の中で回っているようなかんじ。たんに長い休み、GWなんだけど。いつものマイペースで一人タイムを楽しむ、、、なんてことは出来るはずもなく。何をするでもないのに、何かに追いかけられているような気分。ベビー、幼児、小児を交えて移動、衣食住を共にすると、調子が狂う。一人前の成人、大人枠から外れて、シニア優待枠に入れてもらって、小児枠と同じようなかんじではあるが、似て非なる優待枠。なんだかなあ、、、。食事の時は、小学生男児二人が我々シニア夫婦のテーブルに振り分けられる。小学生が食べたいものを中心に注文すると、なんだか味気ないものばかり。ちらと隣の長女グループテーブルを覗くと、大人感満載メニュー。大人が食べたい品々がズラリ。乳幼児は、お子様ランチなどで賄える。(一歳児用には、我々の席...隣のテーブル、いいな、いいな

  • お嬢様

    今、ブログ村エッセイで、とんがったママがキラ星のごとく登場した。このブログ、すごく面白い。「VERY」(富裕層女子向け雑誌)が仮想敵国だという表現、ウケまくった。このブロガーさんと長女Mは、ほぼ同世代(長子の年齢が同じなため)だと思われる。長女Mに仮想敵国表現の感想を伝えた。長女Mは言った。「わたしには、そもそもVERY的嗜好そのものがない。だから、羨ましくもなく敵でもない」なるほど。納得。子供の服について。お下がりに対する認識。高級なおかつセンスの良いお下がりをくれ続ける、中学時代からの友人達がいる。女児服。彩りいろいろ。彼女たちのお下がりはとても趣味が良いと、わたしは思う。さらに、長女Mは、長男の保育所時代の元クラスメイトのママと仲良くなった。彼女の子供は男児一人っ子で、服装の趣味がすこぶる良い。高級。長女...お嬢様

  • バラバラ薔薇園

    今日は朝から薔薇園を含む、市民公園めぐりウォーキングに参加。家族イベントと掛け持ち。午後からは、長女の一番上孫(電車オタク)は、好きな電車に乗りたいため、付き添い役の次女(ベビーも)と、どこかで待ち合わせ。他のメンバーは車で夫の実家近くの大きな公園へ。夕方、合流して、夕食。その後、夫の実家泊。というスケジュール。3グループに分かれている。微妙な時間差、地域差、メンバー差での交差。わたしだけが、家族グループからはみ出し、趣味&市民のウォーキングへ。このうち、次女の夫はまるっきり別行動。野放し、フリー、自由時間、拘束なし。どこへ行っているのかな?詮索なし。旅行も一緒、実家も一緒だと息が詰まるだろうから。昔の嫁ならありえない。長女のお婿さんはずーーーっと一緒、同行だから、昔風に言うと、まるで長男の嫁。そして、うちの血...バラバラ薔薇園

  • 付いて行くだけは疲れます

    写真、いっぱい撮りすぎて見るのもうんざり。長女は、帰りの新幹線の車内の中で、ちゃちゃっと何十枚もの写真を家族共有アプリにアップしていた。メンバーは、我々に加えて、長女ファミリー(長女婿ご両親)、次女ファミリー(次女婿ご両親)、、、誰がいつ閲覧したのか、わかるシステムになっていて、各ご両親はまめにチェックされているが、意外に長い時間見ていないのが、長女のお婿さん。子育てに忙しく、被写体になっても見る暇なしのようだ。次女のお婿さんは、カメラワークが芸術的。彼は食にも追究型。(彼の専門分野である関係もある?)若い人はアクティブだ。わたしは早朝、露天風呂に行くだけでも、ああどうしようかな、行かないでおこうかな、と、自分の足を出し惜しみ。次女のお婿さんは、4時にホテルを出て、どこやらの展望台まで歩いて行ってきたようだ。う...付いて行くだけは疲れます

  • ひとっ走り

    GW。びゅーんと、なぜかいきなりくまモンと出会っている。熊本に来ている。阿蘇の山々や、広々した水田は、美しい。自然に触れると心洗われる。雨があがって良かった。ひとっ走り

  • ともだち

    わたしは友達は全員、なぜか男性。女性の友達がいないのが不思議なところ。何故なのか、考えてみた。女性で気が合う人があまりいない。男性でも別に気が合うわけではないが、男女差があるから違って当たり前、とはじめから覚悟しているため、障害を減らしている。逆に男女差が面白味を加えている。女性でも気が合う人はいるのだろうけれど、多少違う面がある場合、頑張って合わせる努力をしない。男性に対しては、諦めている分、努力ではなく、違いの部分は切り捨てている。「女性」「男性」と、はじめから決めつけるのは良くない。性差によるものではない個性差がある。長い年月のジェンダー意識で植え付けられたものもある。わたしは典型的な昔タイプの女性である。ほぼ絶滅種に違いが、昔タイプの人から見ると、古き良き時代の見本みたいなもの。だが、今の人から見ると、...ともだち

  • 淋しいおじいさま

    空が夕暮れのように灰色。すごいゲリラ豪雨が降りそうで怖い。雨曇と競争。わたしが向かう方向と逆方向に雨曇も向かってくれたらいいのに。蝶ブログは低迷の一途だが、一方で趣味のSNSの自分の日記は、割と活気がある。活況なのは良いが、ある日記記事に、1人のおじいさまが、延々とコメントを返してくださり、ラリーの応酬となっている。わたしは、1記事に対して1人1コメントにしている。コメント数はコメントしてくれた数の半分。もう半分は、わたしからのお返事コメント。つけられたコメント数でだいたい、その記事の反響みたいなものが想像できる。が、今回、そのおじいさまだけで一体何コメントある?おしゃべり広場、チャットコーナーのように捉えておられるようだ。そもそも私の日記は、コメントしづらいものが多い。にもかかわらず、読み物感覚で読んでくださ...淋しいおじいさま

  • モチベーション消滅

    蝶ブログ、低迷中。わたし自身がこんなに楽しいのに、文章にすると、全然面白くない。(※いつもお越しいただく方へほんとうに励みになっています。ありがとうございます)ブログにも時代の移り変わりがあるのだろう。わたしはわたしで、ひっそり密やかに自分時間を楽しむことにしよう。さて、と。今日は帰りに図書館に寄って予約した本を持ち帰る。楽しみではあるが、駅近で食品を買って帰るために荷物が重そう。と、どうでもいい話しをついでに。今朝の行動をつらつら長々書いたが、限りなく、くだらない内容になってしまったため、消した。つまらないことを書いては消し、書いては消し、、、が、最近続く。どうなっているのだろう。自分が変わりつつある?季節の変わり目のようなものか。ブログに求めるものも変化していると思われる。自分が満足できることが、変わってき...モチベーション消滅

ブログリーダー」を活用して、スローさんをフォローしませんか?

ハンドル名
スローさん
ブログタイトル
蝶になりたい
フォロー
蝶になりたい

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用