searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

スローさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
蝶になりたい
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mildmind2
ブログ紹介文
熟成不足のまま、歳を重ね、干物になるには、まだまだ未練たっぷり。
更新頻度(1年)

199回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2010/03/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、スローさんをフォローしませんか?

ハンドル名
スローさん
ブログタイトル
蝶になりたい
更新頻度
199回 / 365日(平均3.8回/週)
フォロー
蝶になりたい

スローさんの新着記事

1件〜30件

  • 笑っても泣いても時は過ぎる

    ギャン泣きベビー、母親の日頃の恨みを晴らすかのごとく(嘘)、激しい(嘘)背筋トレーニングをさせられていた。腹這いになって、頭を持ち上げる。うんしょ、うんしょ。あと、ちょっと。ガンバレ!日頃の恨み(嘘)が消えるかのごとく、こころから応援した。しかし、わたし、、、。鏡を見ると、やや頬が痩け落ちている。体重は1キロ、マイナス。誤差範囲内ではあるが、ギャン泣きの影響か?やはり孫も5番目ともなると、ばあちゃんも疲れてくる。わたしの初孫は、娘(長女)婿のご両親にとっては4番目で、末孫。(長女の夫は3番目の末っ子)わたしの末孫は、娘(次女)婿のご両親にとっては、初孫。(次女の夫は、一人っ子)このあたりで、微妙に力の入れ具合やボルテージが変わってくる。あとは、両親の住所が遠隔地だと、いくら初孫であっても、そう行き来できない。そ...笑っても泣いても時は過ぎる

  • 泣きたいのは、こっち

    昨日のブログに書いた、ギャン泣きベビーと少し遊んで、家をあとにした。ギャン泣きちゃんは、今日はちょっとはマシ。泣かない時は、いっときも止まることなく、手足をばたつかせていた。のほほんとする瞬間がない。たった生後2ヶ月でも個性があるようだ。夜は寝ると全く起きない。なんとオン、オフ、わかりやすいメリハリ。それにしても、子育ては大変だ。自分ながらよく3人も育てたものだ。若いから出来たのだろう。今なら、ギブアップ、中途リタイア。子供を育てるより、自分を育ててやらないと、へなへなになっている。赤ちゃんから子供に、子供から大人になる時期は、成長期。(思春期、含む)大人から老いるまでは充実期。(子育て期、含む)老いてからは、自分を終わらせる終末期。子供を育てた後も、自分もまだ成長し、さらに充実しながらも、先は終末を視野に入れ...泣きたいのは、こっち

  • ギャン泣き孫の子守、無理

    次女。一日中、子守。よく鬱病にならないなあと思うぐらい、根を詰めている。ずっとずっと世話をしている。赤ん坊が眠る時も身体の上に載せていたり、抱っこしたままだったり。(夜はしっかり朝まで寝るようだが)この赤ん坊、悪魔の落とし子で、ギャン泣き、ギャンギャンギャン。シグナル発信として普通に泣けば周りはわかるのに、すごい声で泣く。一体、何事が起きたのだろう?大事件?大事故?大惨事?断末魔の叫び?というような声。ギャアーーッ!しかし、こんな迫力ある声を出せるのも能力の一つだろう。充分、武器になる。人を意のままに動かせるマインドコントロールだって出来る。強力なツール。ちょっと知らん顔、スルーするだけでギャンギャンギャンと力の限り泣かれるため、ご近所から虐待を疑われる可能性もある。このギャンギャンギャンは、抱っこするとおさま...ギャン泣き孫の子守、無理

  • あなたのブログ、どれ?

    昨日、リアル人に面と向かってブログやサイト日記の話をした。ブログは14年にも及ぶと話したら、きょとんとしていた。早速、どのブログ?と探しそうとしたが、無理ですよ、と言っておいた。わたしのブログは、肉親をはじめ、リアルな近く親しい人の数人は見ることが出来るが、皆さんは見れても見ない。ごくたまに近況報告チェックのつもりで読む人もいるが、ほとんどの人は読まない。なぜなら、、、これはわたしの想像だが、地雷が埋まっていて知らずに踏んだら大変だからだろうと。それよりも、人のブログをチェックするほどの時間がない。身も知らずの人や、一生に数回会うか会わないかの人なら、リアルな距離感から考えると、対岸から面白おかしく読める。が、同じ側に居るとそんなわけにはいかない。亡くなってしまった近い親しい人の、亡くなる直前まで書いていた未完...あなたのブログ、どれ?

  • 菩薩か鬼か

    いきなりですが、、、「美女と野獣」の実写版は直近の映画と、もう一つ前の映画は映画館で観た。「美女と野獣」原作アニメ→実写版映画。今回、お気に入りの映画「竜とそばかすの姫」も、その「美女と野獣」のモチーフは使われていた。内容的には、ちょっとリンクする。「美女と野獣」原作アニメ→アニメ映画。「美女と野獣」は、映画だけでなくいろんな舞台やミュージカルにも登場する。と、まずは関係ないことから。記事備考として追加したいなあと、気になっていたので。だからなんやねん!の話でスミマセン。さて。先々月、産まれた末孫。彼女が成人するまで、わたしは生きていられるかしら??と、ふと思った。病気や事故、災害に見舞われなければ、まだピンピンしていそうだ。アタマの中は早々にお花畑かも知れないが。想像してみた。その日の自分を。ウチからも、長女...菩薩か鬼か

  • 大好き!!が詰まっていた

    まずは私信です。お家、決まってよかったです。初めて裕さんがフランスの自宅から皆さんに話しかける動画を見たのは、いつの日だったでしょう。サロンには白いカーテンが穏やかにそよいでいたのが印象に残ります。あのお宅も次のファミリーに受け継がれるのですね。感無量です。・・・よかった、よかった、、、さて、と。平常モードに戻る。昨日、自宅への帰り道、ご近所にお住まいの、元、趣味レッスン同級生に遭遇した。道端で、道端会議。奥さんが亡くなって4ヶ月半になるとおっしゃる。わたしは奥さんもよく知っているので、驚いた。うちも、姑を亡くしたが、想いは全く違うことだろう。人から聞いた話だが、別の知人は癌が見つかったそうで、2度目の手術が終了したばかり。いたって、本人は明るいらしいのが、救いではあるが、深い胸のうちまではわからない。皆さん、...大好き!!が詰まっていた

  • 女性の武器を使えなかった後悔

    書きたいことが、いっぱい。でも、指先、間に合うかな。最近は指先もサボりになって、脳内でニヤニヤしてニヤけるだけのことも多い。文章にするのが、もどかしい。しかもスマホ入力。まあよいのだけど。趣味がらみサイトで、ある65歳の女性からコメントをいただいた。若い頃、女性を武器にするのは脳みそレベルが低い人がすることだと思い、胸にさらし、メガネに六法全書で、がむしゃらに頑張ってきたそうだ。65歳定年を迎えるにあたり、わたしの人生、これでよかったの?と、後悔の念がよぎるとか。服など、モノならお金でどうにか出来るけれど、若い時代は戻らない、、、と。なるほど、頑張ってこられたようだ。わたしは、脳みそを武器にしようにも出来なかった経緯があり、コース変更を余儀なくされた。かと言って、全面的に女性を武器にするには、親の躾が厳しすぎた...女性の武器を使えなかった後悔

  • ズカズカ入ってくる

    親戚から不祝儀お供えに対してお礼の電話があった。我々夫婦は、日頃、潤滑なコミュニケーションが行われていないため、細かい報告を受けていないことが多い。電話は常に留守番対応設定にしているが、先日、「○○(夫の実家の地域)の○○(親戚)ですが、、、」と留守番電話から声が聞こえてきた。こりゃいかん、電話に出なければ!と、急いで受話器を取った。「お供えをいただきありがとうございます」そう受話器を通して、お礼を述べられた。とっさに初盆にお供えいただいたことに対する、こちらからのお礼(粗供養)へのお礼かと思い、「こちらこそありがとうございます。わざわざご丁寧にお電話いただきまして」と返答した。すると「お家、リフォームされているみたいですね。どなたか、お住みになられるんですか?」と、いたっていきなりプライバシーの核心を突く質問...ズカズカ入ってくる

  • 自分が好きならそれでよし

    ぐったり。2大イベントは終了したものの、残務処理を残す。週明けは何かと忙しい。チビすけたちもやって来る。チビすけたち、何を隠そう、土曜日も日曜日もいっしょ。夫の実家に土曜日は、一緒にお泊まり。忙しい最中、イベント直前の前泊。(さらに月曜日も小学生チームは小学校下校の後に夕食込みで我が家にやってくる。これは嬉しい悲鳴はとおに超えている、、、)旧キッチンダイニングと旧応接室と廊下、階段が、リフォーム後には合体した大空間で、じいちゃん&小学校男児チームはゴロ寝。壁で接する仏間が、リフォーム後の部屋の扉を開け放すと見える。時代を重ねた仏間が以前のままで、新しい空間と隣り合わせに存在するのを同時に見ると、時空を飛ぶイメージ。次女親娘は仏間に、長女夫婦&保育所女の子チームは、昭和3年築の別棟に、さて、わたしはどこで寝よう?...自分が好きならそれでよし

  • 恐怖

    愛すると人でも、愛さない人とでも、、、一緒に暮らしていると、大好きな人なら若い時はまたホルモンが騒いでお祭り気分だが、歳がいくと、気にしなくてもよいことが気になり、ぶちギレる。トイレの電気をつけた後、消さない。寝室の電気をつけたまま消さないで寝る。涼しいぐらいでもエアコンをつける。好みは、ひとそれぞれだろう。干渉する権利も強制する権利もない。ただし、一緒に暮らしていなければ。神経にひりひり堪える。温度の体感の違いは埋められない。ひたすら辛抱する。居なくなる時をひたすら待つ、、、攻めではなく消極的な戦法だが。お互い五分五分、我慢をシェアするのが公平である。だとすると、別空間で居るのが平和的解決だ。同じ空間に同時に居ないためには、居る時間をずらす、とか、上下に分ける、とか。工夫する。だが、2階は太陽に近い分、灼熱だ...恐怖

  • 潮時

    「潮時」って余韻がある言葉である。わたしが「潮時」という言葉に抱くイメージは、、、人工的、無理矢理的、MAX頑張り系ではないニュアンスを感じる。自然体で自然に諦める、衰退する、やめる、、、時の流れや摂理に逆らわず、自然消滅。気持ちはやや残るが、執着心はない。消極的に諦める時の手法?お付き合いや、事業、ビジネスなんかも、こういうかんじか。赤字続きだったり、病気したり、資材調達困難が続いたり、、、持ちこたえようと頑張るものの、そろそろ限界か、、、やめたいが、やめられない。やめるキッカケを探している。それがずっと続いている。そんなかんじかと。ちなみに、わたしにも潮時がいずれ来るだろうと感じることはある。が、まだその時は来ていない。予感、予想はするが、局面は迎えていない。ブログに関しては、書くのは楽しみの一つ。というか...潮時

  • 毎日、落ち着かない

    ここのところ、魂、入らず。紙で製本された日記帳は数週間に渡り白紙が続き、埋めて行く気がしない。思い出そうにも思い出せない。何してたっけ?何、食べたっけ?うーむと腕組みして考えるにも、次の時間が迫ってきて中途半端。コーヒーを飲むにも、コーヒーは優雅な時間を楽しむためのもので、コーヒーブレイクは休憩やアタマの切り替えに一役買う、、、にもかかわらず、コーヒーをすごい勢いで、あと何分と呪文を唱えるかのごとく、飲んでいるのがコーヒーなのか何なのか、よくわからないまま流し込んでいる。地に足が着いていない。1週間間隔で続く2大イベントの、一つは終了。数日後に控えるあと一つが終われば、コーヒーの味は戻るだろう。だが、来月末まではまだまだフワフワした落ち着かない状態が続く。今年の夏はコロナ2年目もあったが、暑いばかりでバタバタし...毎日、落ち着かない

  • ボランティアするには未熟

    ほんの一年前に書いた自分のブログ記事。どなたかが、引っ張り出してお読みになった形跡あり。恐る恐る読んだ。大いにウケた。画像もバッチリ!!わたし的には完璧な出来。オチも素晴らしい。当たり前だ、自分で書いているのだから。無農薬で自分の畑で育てる作物を自分レシピ、自分が作った釜、皿で食すようなかんじ。これを自己満足という。自己完結ともいう。自分を喜ばせる自分。書いている時はさほど何も思わずに書いているのに、時が経過して自分をこんなに楽しませるとは、予想も期待もしていなかった。だからといって、家族や同人誌に載せて見てもらおうという気はない。ブログ村のエッセイ部門だけで十分すぎるぐらい十分だ。お釣りが来るぐらい。チャリ〜ン。話は変わるが、わたしは遠い将来に、傾聴ボランティアをしたいと思っている。ただし、業者の見積もり書の...ボランティアするには未熟

  • やりたくないよー

    いつもお尻に火がついているわたし。いつの日からか、お尻は不燃物で出来ているようだ。焦げているのに、燃えない。さて、今日もお焦げのお尻が、もやもやと煙を燻らせている。まだお尻を上げないわたし。お尻を燻らせているイベントは、3日後と11日後に迫っている。・・・・・小学3年の孫のことを言えない。彼はやればほんの数分で出来る宿題をやらない。いろんな知恵や策略まで使って宿題義務を回避しようとする。知恵や策略はまるでまるまる子供らしい、幼稚な、誰にでも見破られるような、浅はかを絵に描いたようようなもの。ほんの一瞬のタスク(宿題)から逃れるための、刹那的策略。何が何でも宿題をしたくない小3孫と、宿題をさせようという親のバトルが繰り広げられる。小3孫、我が家の椅子に張り付いたまま、離れようとしないで、無理矢理引き剥がされたり。...やりたくないよー

  • カッコイイひと!!

    舘ひろし。超絶カッコいい。ただし、そう思い始めたのは昨日から。NHKテレビ番組「ファミリーヒストリー」を観た。舘ひろしだった。放映スタートには間に合わなかった。夏休みのチビスケたちを預かっていたため、彼らを帰した後、見始めた時間が遅くなった。以前は大して好きではなかった。若い頃は、全然好きではなかった。石原軍団の影に隠れて、ただちょっとへんにカッコつけてる、なんにもしない人がいるなあ、ぐらいにしか思わなかった。芸当がない。確かに長身でスタイルが良く、ニヒルでクールなイメージではあったが。ただそれだけ。カッコや見かけに拘らないわたしには響かない。というか、むしろ逆差別に近いものがある。カッコ以外に何かある?的な。で、あまり好きではないカテゴリーに入っていたが、近年、カッコよくない役柄を演じたりして、見かけとギャッ...カッコイイひと!!

  • 親なのに、、、親だから、、、

    ここのところ、ひんやり涼しくなったり、また暑さがぶり返したり、、、。気温が上がったり下がったり、、、こころ模様のようだ。気持ちが落ち着かない。子供たちも、各々それぞれの人生の分岐点に差し掛かり、わたしは身近にいるだけに、悩みや迷いが直に伝わり、他人事のように対岸から応援するだけにはいかないような切迫状態。自分の愛する人々を身近に置いておきたいエゴとの闘いでもある。とっくに親から自立している彼らであるが、あえて谷底に落とすには勇気が要る。落とさずに、崖の上にテントを用意したい気分。あるいは、崖の隙間に見える洞窟の入り口があるのではないかと、必死で探したりするが、そんなものは見当たらない。というか、子供たちのリスク危機能力のほうが高いので、親の出る幕はない。むしろ、黙って何も言わず少し離れたところから見守るしかない...親なのに、、、親だから、、、

  • 枯れたいけれど、、、

    裕さん、ブログ記事の感想をありがとうございます。共感していただける方は数少ないと思っているので、静かに滲みる。地方を離れ、日本を離れ、俯瞰的に見ると見えるものも変わってくると想像する。だが、日本を離る時期、年齢にも大きく左右されるように感じる。わたしは、足だけ土着民。アタマやカラダは、びゅ〜んと伸びて、幽体離脱するものの、足は絶対に地に着いたまま。不完全幽体離脱、イメージ的幽体離脱、幽体離脱シュミレーションに過ぎない。本当に両足を地面から離してジャンプしていない。離したとしても瞬間的に即、着地する。ぽ〜んと、遠くに飛んで行かない。三段跳びや走り高跳びみたいには、ならないのかも?でも、一歩ずつ、確実に着実に、蟻か亀のごとく進んでいる。終着先はあの世なので、あまり急いでもねえ、、、。進度に従って移り変わる周りの風景...枯れたいけれど、、、

  • 生まれたり死んだり

    お尻に火が点きだしてきた。あれこれ、一度に同時多発スケジュール。日頃、サボっていることもあり、重なると、あわあわ、ジタバタ。大事な家族の生き死にと、それに関わる行事が一度に押し寄せてきた。人数的には、1人マイナス(死去/去年)、3人プラス(結婚&出産/去年と今年)、新娘婿を含め家族が増えた。さらに一周忌までに同時リフォーム。忙しい、、、。去年、今年で、いただくのは、結婚お祝い、出産お祝い、香典、初盆お供え、一周忌お供え。お返しするのは、結婚内祝い、出産内祝い、満中陰志、初盆粗供養、一周忌粗供養。金一封に品物も。お金は嵩張らないが、品物は山と積まれるとため息が出る。しかも食品だと賞味期限が追いかけてくる。これを日本式冠婚葬祭の「交際」というらしいが、わたしは、うんざりしている。香典はいただかない旨を示して辞退した...生まれたり死んだり

  • 男同士の情報交換

    この季節、息もぜーぜー。お盆。今年は姑の初盆でもあり、また、一周忌を来月初旬に迎えるため、間隔が迫り、焦る。初盆のお供えをしていただいた人に、一周忌までにお返し(粗供養)をしなければならない。初盆にも一周忌にも両方お供えをしてくれる人もいるので、お返しをしないまま、次のお供えをいただくことになり、ぼやぼやできない。しかし、なんで、こういう制度なんだろう。仏教のしきたり?お坊さんは、来月は一周忌の後には彼岸にもまたやって来る。毎月、毎月、、、。初盆のお参りに来てくれた義姉に、ちょっとボヤくと、「あら、うちは(例年)毎月、お坊さんが来るわよ」と義姉さん。そこへもってきて、夫の実家はリフォーム中。お盆までにはだいたいメドが立つとのことだったが、仏間にエアコンは元のように作動したものの、一周忌までに完成するのか、あやし...男同士の情報交換

  • 失くすものは時間だけではない

    さて、今日もブログ更新。閲覧数が幾らであろうが、上ろうが下がろうがお構い無し。とは言うものの、ぜいぜい、顎出し。スマホを忘れて、バス停から一旦自宅に戻った。無駄な時間は20分、歩数はバス停から自宅への往復プラス片道で2000歩プラス。「人生は無駄で出来ている」というわたしのセオリーを実践した。ただし、結果的に。極力、無駄は避けたい。それが理想だが。「人生は矛盾との闘いである」今日、バッグをいつものものと交換したら、一つずつ忘れ物。入れ忘れ、移し忘れ。あ、化粧ポーチ忘れた。あ、メガネ忘れた。スマホ忘れた。優先順位を付けると、わたしの場合、第一位はスマホ。スマホが無ければ酸素無し。ただただスマホを取りに帰るだけで20分も費やすからには、次のバス時間まで少し余った自宅での待ち時間を他のこともついでにしようと試みた。お...失くすものは時間だけではない

  • 追われる1週間

    今日は台風のため、無駄足。出かける前から無駄足、出かけてからも無駄足。つまり、時間と労力とお金を無駄にしたということ。出かけようか出かけまいか、朝から悩み、半日悩み、やっと勇気を振り絞って出かけたら、なんと台風で全てがアウト。やっとたどり着いた目的会場は閉鎖。あちゃー。帰りの電車の復旧を待つ間に、出先の大型スーパーで、食糧品を買ったが、、、出先のため、家まで遠く、重い。くたびれもうけ。まあそんな日もある。帰路電車のホーム出入り口の手すりにぶら下げた、食糧品をぱんぱんに詰め込んだエコバッグを忘れて帰らないことを自分に祈るのみ。信頼おけない自分だが、信じなければ、食糧品を駅のホームに置き去りにすることになる。よほどのアクシデントでもない限り、エコパッグの持ち手を手すりから外すのを忘れないはず。それにしても、食糧調達...追われる1週間

  • 摩擦

    わたしがお手本にしていた人、、、いる?ぐっと考えてみるが、いないなあ、と。反面教師なら山のようにいる。憧れることはあっても、自分とは程遠すぎて、お手本にはならない。別もん。生きるステージが違う。そもそもわたしは、ゴーイング・マイウェイ・タイプなので、人のことはあまり気にならない。人は人、で、おしまい。羨んだりしても、所詮、人は人で、自分ではない。人のフリ見て良いと思ったら、良さの原因を推し測り、技や極意を取り入れようと注視する。(悪い面も然り。そうならないように注意する)が、一人の人に、憧れの全ては詰まっていない。あれは良いが、こっち方面はイマイチ。一長一短、表裏一体で、相反する両面とも長所にすることは出来ない。で、良い面だけを真似してみる。悪い面は目をつぶる。見なかったことにする。悪い面は副作用。収入を得たら...摩擦

  • 純粋と不純

    世代交代ターム。90-60-30-0。ちょっとズレる。100-70-40-0。これ、医療費すごくない?しかも老老介護。60歳で90歳の親は介護できても、70歳で100歳の親はしんどい。で、70歳を支える40歳の子供は、まだ子供を産んだばかり。子育てと、二重2世代介護。70歳は、100歳を介護しながら40歳に助けられながら、さらに0歳保育のサポート。こんがらがり。60歳で楢山節だと、介護と育児サポート要員を早々から失うことになる。100歳-80-60-40-20-0だと6世代存命パターン。すごい。60と40の現役真っ盛りが、介護育児サポート真っ盛り要員。晩婚少子高齢化社会。赤ちゃんや若者の数に比べて、お年寄りが多い。昔は多産だったけれど、はるか昔。産む権利、産まない権利。色々ある。制度がだんだん整いつつあるが、ま...純粋と不純

  • 今日の雑感

    わたしの周りには、普通の中規模おぼっちゃまがいっぱい。地方、田舎のプレスリーである。よくよく考えてみると、彼らはおぼっちゃまなのではないかと思う。おら、東京さ行く、パターンではなく、学校は遠隔地であっても、やがて地方に戻り、土着の道を歩んだ。ひと旗揚げる必要はない代わりに、既存のものを受け継ぎ継承させなければならない。勝利投手には名が上がらない、中継ぎの地味な役目。プレスリーのように、決して目立たない。縁の下の力持ちなので、目立つ必要もない。飛び抜けて優秀な人は東京で偉くなったようだが、地方には戻って来ない。その子孫たちは東京人となって、都会に馴染んでいる。都会なら地価も高いだろうからピンチに遭っても家を切り売りしたりして、窮地を切り抜けられることだろう。さて、土着の地方のおぼっちゃまたちは、、、。コロナなど経...今日の雑感

  • 暑い夏の思い出

    わたしはエコ主義。余計なエネルギーは極力使いたくない。最小のエネルギーで、目標に近づけるよう、手抜きに関しては最大の努力をする。お金で時間や労力、技術を買うこともあるが、生まれつきドケチ。よほどのことがないとお金を使わない。自己擁護すると、倹約家、節約家なのである。ちなみに、わたしは、田舎育ちなので自然派でもある。が、虫は苦手、大嫌い。最近、1番の幸せを感じる瞬間は、猛暑なのに一瞬、自然の風が吹き、風を肌に感じる時。わあ〜と、理屈抜きで感激する。田舎では祖母が季節毎に、暑さ寒さを凌ぐ工夫をしていた。打ち水、御簾、風の通り道に、涼しげな色柄の、のれん、、、。(母は、夏の建具、調度品をプラス)子供の頃は祖母が我々きょうだい(孫)の世話をしてくれた。井戸水をスイカと共に汲み上げる。冷えたスイカだ!!子供ごころに、わく...暑い夏の思い出

  • 眠くなる話

    疲れる毎日。暑い季節はそれだけで負荷がかかる。日本に住んでいたら宿命か。さて。ポスティングされていたミニチラシを孫が持ってきた。毎日を楽しく過ごす極意、良いことが書かれていた。写真に撮って、データ・キープしたわたしには、なかなかのものだと感激した。まるで宗教への誘(いざな)いだ、と感心していたら、なんてことはなく、宗教だった。あのチラシの文章の次には、どんな宗教が来ても、どんな会社案内が来ても、どんな倶楽部案内が来ても、どんな商品が来てもいけそうだった。プレゼンの資料として保存しておくと使い道があるかも知れない。その宗教をググッてみると、新興宗教だった。ちなみに、わたしは、宗教は毛嫌いしている。大学をはじめ、政党まで持っている宗教もある。絶大な力。次女にミニチラシを見せたら、街を歩いていると、宗教の勧誘らしきも...眠くなる話

  • ハンバーグ

    毎日毎日ブログアップ。よくまあ飽きずに。電車に乗ると暇になって、ついすることがなく指がトントンするする動く。チビっこたち、夏休み。週2日、お預かり。小学生ボーイズ組は午前から我が家へ。保育所ガールズ組は、夕方、保育所にお迎えに。また3番目孫に、「ばあちゃん、いや〜」と泣かれるかと思うと、登園拒否になりそうだった。が、ばあちゃんが登園拒否している場合でなく、嫌われようが泣かれようが、作り笑顔でお迎えに行く。3番目孫、わたしの顔を見るなり、ぶーーーっと仏頂面。不満が顔じゅうに表われる。「嫌だな〜、でもそんなこと、わたしは超越してるのよ〜、嫌だけど」という顔、態度で、わたしの問いかけや話しかけには、一切答えてくれない。ふてくされ顔が続く。保育所の重い自分の荷物も、「持ってあげようか?」と(親切に)言っても、しら〜っと...ハンバーグ

  • ぼんやり思うこと

    うぐぐぐと、悔しく辛い思いをしている。傷をまる抱えして、包み込んでいる。だが、わたしは何も包容力がある出来た人物、大モノなわけではない。たんに、わめいたり泣き叫んだりするタイミングがわからず、胸に抱え込んでいるだけだ。胸のなかで時間が経つにつれ、治癒しているわけではない。むしろ、適切な処置をせず放置していたせいで悪化している。手遅れになりかけ、悪化した部分を切断したり取り除いたりしなければ命を失うギリギリのところまで来てしまう。しかし、火事場の馬鹿力とはよく言ったもので、もうだめ、力尽きた、と手を離した瞬間、別の力が生まれてくることがある。手を離した直ぐその後に、別の力で掴み直す。その力は前よりずっと強い、タフで強靭なものだったりする。死にものぐるい、という表現は言い得て妙である。自分の予期しない力が湧き出る。...ぼんやり思うこと

  • 美しいひと

    美しい顔の人がいる。(書く対象を男性に絞ります)近くで面と向かって、まじまじと顔を見る。美しい、、、。こんな美しい顔だとさぞや今までの人生は華やかで煌びやかだっただろうと想像する。「すごくハンサムですね」「よくモテるんでしょうね」嘘偽りない本音の言葉がつるりと口から出る。年齢は高いものの、服装もセンスよく、こだわり抜いたかんじ。たぶん、お金もかかっている。(あんまりそう高くないものを着ている人もいるが)それまでの人生を思い巡らせる。若い男性で美しい人を知っている。「そんなに美しいと、さぞやプラスになったでしょうね」わたしがそう言うと、「全然、得をしたことはありません」と、アニメに出てくるような、サラサラ茶系の髪をなびかせて、彼は言った。ふーん、そっかぁ〜。もったいないけど、まあそんなものなのかな、と思った。ちな...美しいひと

  • 美人

    わたしは美人ではない。コンプレックスも、しっかりあるにもかかわらず、ブサイクかというと、たぶん、10人並みかと厚かましくも思っている。なんの特徴もない、一般的なレベルではないかと思う。が、そうは言うものの、やはり自分では美しくないと思う。なので、コロナ禍でマスク着用を余儀なくしている今は、顔を出さなくていいので、たいへん喜ばしい。年齢に相応した、老化した顔である。それがどうした?今では自分の顔には責任を持つようになっている。こんな顔になったのは自分の責任だ。が、若い頃からそう変わっていないと思っている。歳は確実に取ったが、それは自然の成り行きだ。自然の摂理。時は止めることも出来ないし、逆回しも出来ない。出来ないことを嘆くのは、不毛だと捉えている。出来ないことを冷静に受け止めるだけでよい。顔が美しくても中身が悪い...美人

カテゴリー一覧
商用