searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hondayさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
shovelog
ブログURL
http://yhonda.hatenablog.com/
ブログ紹介文
細々と暗室稼働中。細々と古い車。エコじゃない生活。プラウベルマキナ。
更新頻度(1年)

147回 / 207日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2019/12/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hondayさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hondayさん
ブログタイトル
shovelog
更新頻度
147回 / 207日(平均5.0回/週)
読者になる
shovelog

hondayさんの新着記事

1件〜30件

  • Summer Madness

    Summer Madness - Shovelog

  • もののあわれ

    T-MAX400 Shibuya, Tokyo

  • Ivory

    というわけでコロナ禍でほぼ一人ぼっち撮り・編集した映像が公開されました。緊急事態宣言下だけど何とかMVを作らねばということで、ほぼやりたい放題で自分要素を入れ込ませていただいた。あえてローリングシャッターの一番苦手とするパン・横移動を全編という無茶をやらかしてみた。一人ゆえもちろんステディカムも使えなかったわけで修正の効かない微動ブレ等のお見苦しい反省点はあるんだけどもまあ何にしてもコロナ禍のぼっち映像ということでご容赦をば。 そんなに多くはないけど手掛けたMVの中で画期的なのは、2014年に巨匠、根本敬画伯とコラボした強烈な映像作品。所々ボクの画も入れ込んである強烈な傑作であり問題作。

  • 休日のエネルギー

    久しぶりの休日はバルト9で映画のハシゴ。メインはジム・ジャームッシュだけど。インターバルはすぐ傍のサードディストリクトギャラリーで牟田義仁さんの展示へ。新シリーズのプロトタイプ。コンパクトのスナップから少し寄り気味というかレンズが長くなったのかな。日常の隙間に空いたエアポケットが見える。しかし捉え方は攻撃的ではなくあくまでもさりげない。そのスタンスが僕にはとても心地よい。とか色々脳味噌を使って休日とはいえやっぱりエネルギーは消耗するのだー。さてここ一ヶ月ずっと編集してきたミュージックビデオが公開された。コロナ禍ということもあってかなり実験映画的であり、自分要素・風景映画要素を盛り込んで大勝負?…

  • この動画を納品したらボクのコロナ激務が終焉を迎える。朝8時、最後のロケを終えて片付けていると海辺を散歩中のトイプードルがボクの足を一生懸命に匂いを嗅いでいる。カムをスチルモードにして撮ろうとしたらもう居ない。立ち上がって見上げると朝日に薄っすら夏の富士山が目に入ってきた。ワンコにスカされて持て余した右手でただただなんとなくシャッターを切ってみる。無心にシャッターを切るなんて余裕が全く無かったこの三ヶ月だったけど、やっと終わりが見えてきた安堵感。帰りは朝の通勤ラッシュにハマるだろうけどもうちょっとだけの辛抱だ。あと一週間でボクのGWがやってくる。

  • あたらしいカタチ

    無観客の配信ライブ。すっかりライブがご無沙汰となったお客さんには久しぶりということも相まって生で観るのと同じように興奮したとの声も聞こえる。この「生」というのが大切だ。演者と視聴者の一体感はネット空間だとしても大いに感じられる。もちろん生配信らしさを出すための演出としてあえてラフなカメラワークを入れたりラフなスイッチングも。Logで撮った映像はLUTをかませて質感を高め、さらにはVJワークもレイヤードするという配信ならではの演出はキッチリ編集された販売用のライブ映像とは確実に差別化される。何より大ホールでの収録映像と違うのはカメラの距離感。大ホールでいくら長玉で追ったとしても演者との距離は確実…

  • 風が吹けば桶屋が儲かる

    Tri-X Nikkor50/1.4 Ekoda,,Tokyo 久しぶりにロケ撮影に2日間。自粛ですっかりなまったカラダにいきなりの暑さが重なってヨレヨレ。回しっぱなしだったOSMO Actionは触れないくらい熱くなってた。ってところにiMacがいきなりお亡くなりに。おそらくHDDでしょうと、急いで名古屋の修理ショップに送るもどうやらSSDがダメみたい。5年前のMacにSSDを交換する金額出すくらいなら新品買っちゃおうってことでAppleにオーダーしたら納期一ヶ月とな!!!「なんとかなりませんかね」「テレワークでのPC需要でものすごい混み合っているんですよ」と、林檎社ビジネス担当。ただでさえ…

  • 借りれるうちに借りておけ

    S1Hは返却しちゃったから今度のMVはGH5で撮ることに。やっぱりしっくり来るマイクロフォーサーズ。がしかし、10bitの映像撮りでカードにエラー発生。やっぱりデュアルスロットは同時記録にしておくべきだ。つーか内部記録はやっぱり限界があるわな。嗚呼はやくアナログ生活に戻りたい。

  • ライカM6 TTL

    「お前、まだ暗室持ってたよな?」と、突如ウチにやってきたM6 TTL。使ってくれ=買い取ってくれということで相場から考えるととてもそんな金額は出せるはずもなくカメラはもう手一杯で増やすつもりもない。しかしなぜか無理やり預かってしまった(押し付けられた)という経緯。触ってみると調子はすこぶる良さそうだ。近代的なM6はなんだかお手軽ライカな感じがして興味がなかったんだけど、実際手にしてみるとなかなか良いではないですか。ペイントじゃないにしてもやっぱり黒ライカはいいねえ、ジジイになったらこれぶら下げて散歩というのもいいねえとか妄想しちゃってるライカ嫌いのボクが居る。ウチにはM2が居るじゃないか、でも…

  • Out of Rosenheim

    Tri-X Plannar50/2 Sizuoka,Japanおうちでカラーグレーディングしながら映画「バグダッドカフェ」を観る。当時見た強烈な黄色を求めて観たんだけどもう30年以上前なのか。砂の黄色、窓に貼ってあるフィルムの黄色、給水タンクの黄色、バケツの黄色、頻繁に出てくる洋服の黄色、コーヒーポットの黄色、そして全編にあるハイライトの黄色。その映像はデジタルリマスターしてるんだけど微妙にHDに追いついてなくてカラーフィルムの粒子とデジタルノイズが絶妙に混ざってこれもまた味わい深きかなと。当然あの乾いた空気と黄色は出せずにいる。

  • 洲崎パラダイス

    Tri-X Nikkor50/1.4 Yokohama

  • 異邦人の河

    Tri-X Nikkor50/1.4 Aichi,Japanなんだろな、長年辻斬りスナップをメインとしてた人が、何気ない街を切り取ってみたりするとどうにもぎこちなさを感じる。切り取りを迷ってるんじゃなくて、どう撮っていいのかわからないというのを感じとってしまうようだ。マルチは求めない、その道を突き進めば良い。

  • 右と左、半周回って左と右

    T-Max400 Nikkor80/2.8 Shibuya,Tokyo妹から送られてきた高価な松坂牛を入れたすき焼き鍋を居間のテーブルの上に載せる寸前でひっくり返してしまったあの感覚に近い、録画ボタン押し忘れ。久々にやらかした。Lumix S1Hだと録画中はモニター全域に赤枠が出て遠目に見ても録画中というのが一目で確認できる。これが地味に親切な機能だったりする。これに慣れちゃったからなのかたまに機材を変えると途端にコレだ。もっと緊張感を持って仕事せよと天の声。

  • 疾雷

    Tri-X Rollei35 Aichi,Japan

  • 点と線

    Tri-X Olympus μII Shibuya,Tokyo

  • 水に落ちた犬が突かれる

    Tri-X Olympus μII Shibuya,Tokyo

  • パターソンの双子

    Tri-X Plannar50/1.4 Shibuya,Tokyo

  • 地球を7回半まわる

    Tri-X Plannar50/1.4 Shibuya,Tokyo

  • せめて春らしく

    Tri-X Nikkor50/1.4 Aichi,Japanニコンサロン銀座と大阪がなくなって新宿に統合される。実質ニコンサロンは一箇所だけに。新宿は復活だけども以前は三箇所でできたのに。ニコンサロンの選考を通過することを目標としてきた人には寂しいお知らせだ。まあ当分は展示はできそうにないけども何でもかんでもオンラインってのはどうなのかな、アート系のオンラインは難しいかも。インスタレーション作家さんは困ってしまう。知恵の出し時だ。 www.nikon-image.com

  • 無防備都市

    Tri-X Nikkor50/1.4 Aichi,Japan

  • 黒い神と白い悪魔

    Tri-X Nikkor50/1.4 Shibuya,Tokyo

  • 賭けられた現実

    Tri-X Fujinon28/3.5 Nakano,Tokyo

  • 意識産業

    Tri-X Nikkor50/1.4たった3本の動画で登録者5000人を超えたユーチューバー、撮り甲斐・編集し甲斐はあるけれどもGW中に残り5本分の宿題でなかなか休めない。なるほど本職ユーチューバーがいかにハードワークだというのがよくわかる。こんな世の中の状況なので今後ボクの仕事もそっち側にシフトしていきそうな予感。

  • OVERDRIVE

    OVERDRIVE - Shovelog

  • Vertrauen

    Neopan SS Sapporo,Hokkaido

  • エグゾーシティヴとエッグソーセージ

    Found photo フィルム不詳 おそらく戦前?

  • confiance

    Tri-X Plannar50/1.4 Shibuya,Tokyo映像編集に関していえば次に買うマシンはWindows機だろうな。この先FInal Cutは使わないろうからもはやMacに拘る必要ないし何よりコスパが悪くなってきた。Lightroomの動作もフルスペックのiMacと比べてもそこそこのグラボ積んだWindows機の方が軽快に感じる。なんだかなあ。

  • Final Cut Pro

    Tri-X Fujinon28/3.5 Shibuya,Tokyo コロナ禍で映像関係が遽に忙しくなってきた。ちょっと前から騒がれてたけど今月に入って自分のとこにも降りてきた感じ。映像配信会社の担当者もテレワークながらあたふたしてる。ボクは撮る方でなくて主に編集の方でバタバタと。過去映像引っ張り出したり切り貼りしたり、YouTuberデビューさんの撮影から編集まで。せっかくなんで贅沢にS1Hの3カメで撮ったり。ああ、カメラは足りてるけどマシンが足りてない。短い尺でもそれなりにカラグレしてエフェクトかけるとレンダや書き出しだけで1時間以上はかかる。2台のMacフル稼働させてこっちは書き出しこっち…

カテゴリー一覧
商用