下山日和
読者になる
住所
出身
ハンドル名
mitsuさん
ブログタイトル
下山日和
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/8maguchi10103guchi
ブログ紹介文
登るのに一生懸命で見えなかった景色が見える下山のとき。<br>人生も下山のとき、ゆとりも生まれなにが見えるのか楽しみ~!
自由文
-
更新頻度(1年)

91回 / 172日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/04/24

mitsuさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,929サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,875サイト
季節・四季写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 277サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,847サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 647サイト
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,557サイト
山口(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 113サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 88,232位 90,217位 90,695位 90,571位 圏外 圏外 圏外 974,929サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 2,508位 2,577位 2,600位 2,592位 圏外 圏外 圏外 32,875サイト
季節・四季写真 56位 58位 59位 58位 圏外 圏外 圏外 277サイト
アウトドアブログ 1,777位 1,835位 1,825位 1,823位 圏外 圏外 圏外 11,847サイト
軽登山・トレッキング 130位 133位 134位 133位 圏外 圏外 圏外 647サイト
地域生活(街) 中国地方ブログ 578位 600位 596位 593位 圏外 圏外 圏外 5,557サイト
山口(市)情報 7位 7位 7位 7位 圏外 圏外 圏外 113サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,929サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,875サイト
季節・四季写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 277サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,847サイト
軽登山・トレッキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 647サイト
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,557サイト
山口(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 113サイト

mitsuさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mitsuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mitsuさん
ブログタイトル
下山日和
更新頻度
91回 / 172日(平均3.7回/週)
読者になる
下山日和
  • 悠久の社長門一宮

    先日、下関市の長門国一宮住吉神社へ参拝した。千八百年前に始まる由緒ある神社。拝殿は重要文化財、毛利元就が寄進したとのこと~。拝殿、本殿ともたおやかな屋根は檜皮葺によるもの~。南向きに建てられている。室町時代に再建された本殿は国宝に指定されている。建てたのは山口のまちをつくった大内弘世とのこと。特徴的な屋根は、5つの神さまを祀る社殿を連結したことよる。御朱印もいただいた。このたびの台風19号により被災された方には、心からお見舞い申し上げます。悠久の社長門一宮

  • ゆめ花マルシェ

    昨年の山口ゆめ花博を再現した「ゆめ花マルシェwam」が山口市きらら浜で開催されている。ハンドメイド、フリーマーケット~。クライミング体験~。月の海~、SUPやカヌーなどのアクティビティ。マウンテンバイクコース~。一年ぶりの竹のコースター、全長90メートルに拡張~。並ぶキッチンカー。いました~!湯田温泉にある店に行った時、このイベントを教えてくれた西田珈琲さん。新しくイベント用に投入されたくるま~。一生懸命、淹れている~。アイスコーヒー、美味しくいただいた。山口県オリジナルのユリ~。太陽の丘~。頂上から東、山口市秋穂方向、草山灯台が見える。西は、きららドーム。ゆめ花マルシェは明日14日まで~。ゆめ花マルシェ

  • 魅惑のドライブイン

    先日、NHKのローカル放送で山陰・山陽「魅惑のドライブイン」という番組があった。で、宇部市に行ったついでに番組で紹介された、隣りの山陽小野田市の「ドライブイン南国」へ。しかし、なんと「休業」の看板が出ていて「まぼろし~!」と言うしかなかった。近くには貝汁で有名な「みちしお」があるが、何度も行っていて駐車場もいっぱいなので断念~。若かりし頃はコンビニもなく、夜中の空腹を満たすためドライブインのお世話になった。特に、閉店した「ドライブイン大道」は、焼き飯がとても美味しく、よく通ったものだ。「魅惑のドライブイン」はその当時を懐かしく思い出し楽しく観た~。現在の魅惑のドライブインは「長沢ガーデン」、もちろん昔から山口市の長沢池湖畔にあった。温泉、宴会、宿泊、売店などなんでもあって、ドライブのデパートや~。メインのレスト...魅惑のドライブイン

  • 秋の串山遊歩道

    暑さもおちつき秋の気配が感じられるようになり、山口市秋穂の串山遊歩道へ~。曇天のおかげで歩きやすいが、青い海の景色はイマイチ~。だが、大分の姫島はよく見える。遊歩道にはハギをはじめ秋の草花~。秋吉台でもおなじみのサイヨウシャジンか~。心なごむ遊歩道歩き~。串山遊歩道中間地点に着く頃には青空が広がってきた。スタートから1.5キロの中間地点からの展望~。瀬戸内海~。宇部、下関方向~。スタートした国民宿舎あいお荘方向~。遊歩道は、さらに善城寺山へと続いている。火の山連峰も見える。実は、今回、最近注目されている「なんば歩き」マスターのためダブルストックで歩いてみた。右ストックと右足を同時に前に出すと、会得しやすいとネットでみたので実践~。さて、中間地点から折返しあいお荘へと戻る途中、ヒヨドリバナ?ひょっとして!と思いな...秋の串山遊歩道

  • あとうりんごとカフェ

    山口市阿東では、高原の冷涼な気候を利用してりんごの生産が盛んだ。シーズンを迎えたので徳佐りんご組合へ、ここでは試食して好きな品種を選ぶことができる。とても甘かったシナノスイートとジョナゴールドを購入~。そして、折角なので長門峡梨組合で新高なしも購入~。さらに、道の駅長門峡へ。すぐそばにJR山口線がありSLやまぐち号が走る。道の駅の売りは、阿東の恵み「あとう和牛」や「あとう米」などなど~。そして、あとう和牛もあとう米こしひかりも絶品~、ぜひ一度お試しを。あとうグルメはこちら、どれもおすすめだが、③とか⑧とかは個人的に好きな店~。折角なので、花に囲まれた⑧のカフェ・ノブへ立ち寄った。丹精込めて育てられた四季折々、いろとりどりの花が迎えてくれる。カフェでは、丁度近くを走るSLの汽笛も聞こえてきた。ランチもあるが、カフ...あとうりんごとカフェ

  • 県立美術館の絵画展とカフェ

    山口県立美術館、駐車場のある県立図書館側から見たところ~。山口祇園祭がタイルで描かれた地下道を歩いて美術館へ。鷺の舞のさぎ~。県立美術館正面~、開館40周年記念の絵画展。玄関ロビー~。写真はここまでで、会場は当然撮影禁止。と思ったら、途中に撮影OKのスペースがあった。では遠慮なく~!こちらと~。こちらをパチリ~。クロード・モネの睡蓮やナポレオンの肖像画などお馴染の作品もあった。著名な画家たちの作品も多く、見応えがある~。折角なのでこのほどオープンしたカフェ、果子乃季の「シュシュ」へ寄ってみた。絵画鑑賞のあとの余韻にまったりと浸るのにもってこいのスペース~。クロード・モネの睡蓮にちなんだパスタやスイーツいろいろ~。だがシンプルにコーヒーとケーキ、セット割引がある。バニラシフォンは、シュシュらしく安定した美味しさ。...県立美術館の絵画展とカフェ

  • 山口市郊外でランチ

    日本料理「日路庵(にじのあん)」から誕生日祝いのはがきが来ていたのでランチに行った。ここは、山口市郊外の中国自動車道山口IC近くにある古民家れすとらん。和洋折衷の落ち着いた店で、ゆったり静かに食事できる。店内からの眺め、安らぐ~。季節のランチメニュー~。前菜は撮り忘れたが、確か柿が入っていたかと~。サラダ~。黒毛和牛~。蛸~。鰆~。そして栗ごはん、季節の旬のものがいただけるのは最高にうれしい~!ハッピーバースディデザートは通常のデザートより豪華、ありがとうございました!久しぶりに行って感激!、パンフレットの一部を掲載しておこう。図らずも、ここに「四季折々の旬な食材を厳選」とあり、やはりこれがお店のポリシーのようだ。リーズナブルでおすすめしたい日本料理店だ~。山口市郊外でランチ

  • 台風18号接近

    台風18号は前の17号よりやや北寄りのコースで朝鮮半島へ進んでいる。たてつづけの台風接近でうんざりだが、暴風域もなくなり今のところ風が少し強い程度で助かっている。それにしても、スーパーコンピューターによる最近の進路予報はすごい~。ほぼほぼ、3日前の予報と同様のコースなのには感心する。気象庁のシミュレーション(こちら。)をはじめ、ヨーロッパゃ米軍の予報も参考にしているが、最近はどれもにかよってきた。お天気の予報もこれぐらい精度が高ければ、安心して山歩きができるのだが~。台風18号接近

  • 一の坂川の彼岸花

    山口市内を流れる一の坂川、大内氏が京都の鴨川に見立ててまちをつくった。大路、小路という地名もあちこちにみられる。春は桜、夏はホタル、そして秋は彼岸花~。四季折々の風情を楽しめる一の坂川~。紅白の彼岸花があった。桜の名所、葉っぱは黄葉が始まっている。山口市小郡に住んでいた種田山頭火の句碑も河畔にある。伊勢大路の一の坂川上流には瑠璃光寺五重塔が見える。今年の秋は暑く、そのせいか彼岸花の開花も遅かったような気がする~。一の坂川の彼岸花

  • なつぞら最終回

    とうとう、本日なつぞら最終回~。十勝の雄大な景色が楽しみだったが、この癒しの景色が見られなくなるのは誠に残念~!無事な無難な最終回~、みなさんお疲れさんでした。ところで、なつぞらのバター会社のモデルは、十勝で創業した「よつ葉乳業」のようだ。我が家では、以前からコクがあるよつ葉バターが好きでよく使っている。そして、最近ハマっているのが小倉トースト~、バターをしっかりつけて、あんは少なめがおすすめ。甘さより、塩味が勝っている方が美味しくいただける気がする~(個人的見解)。コメダ特製小倉あんも最近ではあちこちのスーパーに出回って簡単に手に入るようになった。そういえば、十勝出身の松山千春の「大空と台地の中で」、久しぶりに聴いてみようか~。なつが終わって、きんもくせいの甘い香りが秋を告げている~。なつぞら最終回

  • なつぞらの「雪月」

    先の連休に、近くのショピングセンターで「北海道フェア」が開催された。朝ドラ「なつぞら」に登場した北海道十勝のお菓子屋さん「雪月」のモデルとなったのは~?北海道展などでおなじみなのでよく食べている三方六、帯広市の「柳月」と名前が微妙に似ている。白樺をイメージしたバウムクーヘンの「三方六」、微妙な甘さ加減がサイコー。フェアでは、ほかにも柳月の「あんバタサン」などもあった。十勝産の小豆とバターを使った和洋折衷~、同じ十勝の六花亭バターサンド的な美味しさだった。その「六花亭」は柳月と同じ帯広市にある、おなじみ「マルセイバターサンド」の菓子店。フェアには、バター風味のスポンジケーキ、マルセイバターケーキもあった。甘さに頼らないスッキリとした味わいは、昭和世代にはたまらない懐かしい美味しさだ。その六花亭の包装袋には北海道の...なつぞらの「雪月」

  • 湯田温泉の日帰り温泉と足湯

    台風17号は、未明に山口県の西を通過して行った。最大瞬間風速は30メートルに達し、県内で1万世帯以上が停電しているとテレビが言っている。山口市湯田温泉は美肌の湯としておすすめだが、災害時、停電時にこの日帰り温泉が役に立つ~。マップ~。無料の足湯は6か所あり、時間のない観光客の方にも湯田温泉を体感していただける。最後に、中原中也記念館前の「狐の足あと」を紹介しよう。入館は無料、カフェを併設し山口の地酒も味わえる足湯施設~。特色のある足湯は200円と有料になっている。停電もせず無事ブログが書けたことは幸いである~。湯田温泉の日帰り温泉と足湯

  • 宇部市でランチ

    所用のため宇部市で遅い昼食となり、今回はランチタイムを過ぎてしまったので喫茶店へ。レトロな喫茶店「はと家」は、嬉しいことにランチタイムを過ぎても日替定食がある~。定食やB級グルメのメニューたくさん~。さらに、マスターの丁寧な接客が嬉しい~。日替定食にはコーヒーがついている。こちらは確かコーヒーセット~、モーニングっぽいが軽めのランチとしていただいた。ここの売りは手づくりハンバーグ、ハンバーグ好きの方におすすめの喫茶店~。ともあれ、レトロな喫茶店はゆっくりとそして静かにいただけるのが嬉しい。宇部市でランチ

  • 岩屋半島美濃ヶ浜

    山口市秋穂二島の岩屋半島へ海を見に行った。岩屋半島の東側は秋穂湾、今年、美濃ヶ浜海浜公園としてトイレなどが整備された。夏が終わってもあちこちに人影~、竹島(左)や九州の山々が遠くに見える。秋穂の草山、国民宿舎あいお荘(左)なども見える。周防灘を航行する船舶~。一方、岩屋半島の西側は山口湾、周防大橋など~。きららドームなど~。帰りには、火の山連峰の勇姿~。海も、山も、自然は癒しの空間だ~。岩屋半島美濃ヶ浜

  • SLやまぐち号

    遠く山口サビエル記念聖堂を望む山口市仁保にて~。久しぶりにSLやまぐち号を撮影した。仁保駅へ移動~。JR山口線仁保駅にてSLやまぐち号~。津和野に向けて出発~。動く被写体は大苦手~!ところで仁保には、KDDI山口衛星通信所がある。パラボラ館は見学もできる~。外からの衛星通信所風景~。山口に来られた時には、立ち寄られてはいかがでしょう~。SLやまぐち号

  • 笠戸島のカフェ

    下松市の笠戸島、笠戸大橋で結ばれている。笠戸島の国民宿舎大城へ到着~、周南市の太華山が目の前に見える。ティーラウンジからの展望~。笠戸湾~。以前ランチで来たが、露天風呂は未だに未体験~。周防灘~。左手に笠戸ドックが見える海を眺めるカフェ、ティーラウンジがあった。フルーツケーキ~。シフォンケーキ、まったり、のんびりいただいた~♪笠戸島の家族旅行村からの展望~、中国電力下松発電所、はなぐり海岸など~。光市虹ヶ浜の海岸~。海水浴シーズンも終わってひっそり~。虹ヶ浜から笠戸島を展望~。防府市大平山から防府市街の夜景、手持ちなのでブレているがご容赦を~。周南市方面~。満月を見ようとやって来た大平山だったが、ご覧のように厚い雲に覆われていた。満月に光輝く瀬戸内海の光景はなんとも美しいのだが、残念だった~。笠戸島のカフェ

  • 防府市街でランチ

    防府駅近くの割烹「いちはな」、山陽本線の高架そばにある。割烹のランチは当然ながら和食、なかでも日替定食は曜日で内容が異なり、この日はにぎり~。これに珈琲まで付いて、野口英世さん1枚(税込)とは割烹ながらもリーズナブル~。防府名物のはも料理もあり、食べてみたかったがこちらは予算オーバー(笑)こちらの店の方は技能グランプリの日本料理職種で賞をとられるほどの腕前~。防府市街でランチ

  • 宇部市街でランチ

    所用で昼食が遅くなり、ランチのラストオーダー14時30分直前にすべり込む~。宇部市街のアーケードに近い喫茶らいぶ、人気のシーフードフライには見事なエビがふたつ~。レトロな喫茶店で、懐かしいこのはどんぶり、優しい味付けはなかなかイケる~、美味しい。ランチはコーヒー付きだが、はずせないテラミスは時間がなくても注文~!絶品のテラミス、二人でひとつはやはり失敗で、ふたつオーダーすべきだった~(笑)宇部市街でランチ

  • モンベルが来た

    以前ネタにしたモンベル山口店がオープンした昨日、仕事帰りにちょっと寄ってみた。特長的なのは、クライミングができること~。そして、池ではカヤックも~。サイクル県やまぐちにふさわしい自転車も充実~。カフェやベーカリーもあるので、落ち着いたら行ってみたい~。玄関はおきまりのクマがお迎え~。商品は小倉店で何度も物色しているので、いずれまたゆっくりと~。山口の豊かなフィールドを活かしたアクティビティやイベントに期待したい~。モンベルが来た

  • 山口のカフェ

    台風13号通過後の先週末、快晴で暑く気温は33度まで上がった。久しぶりにやって来た山口市陶の「ベルルージュの森」。緑に囲まれたカフェ~。以前ランチで来たが、今日はカフェタイム~。そとの緑を眺めながら~。美味しいコーヒー~。そして目で楽しめるスイーツは味でも楽しめた~。窓からの緑にまったり~。緑もスイーツも目の保養になった!ちなみに本日の最高気温は9月も中旬というのに35.2度~。山口のカフェ

  • 山口県庁舎と山口市街

    山口市の旧山口県庁舎~。この旧庁舎、和洋融合の大正建築として国の重要文化財に指定されている。15階建ての現県庁舎(左)とのコラボ~。こちらは、現県庁舎15階から見下ろす旧県庁舎(左下)~。ズームで日本の道百選のパークロード、道の先には防府市の右田ヶ岳が見えている。山口市街~。ズームで山口サビエル記念聖堂、左の塔の上は猿ヶ岳~。山に囲まれた山口盆地~。北側の窓からは、国宝瑠璃光寺五重塔が見える。五重塔をズーム~。緑に囲まれて静かに佇んでいる。いつもの見上げる五重塔も美しいが、見下ろす五重塔もまた素晴らしい~。山口県庁舎と山口市街

  • 宇部で風鈴まつり

    宇部市に用事があったので、帰りに風鈴まつりをのぞいてみた。風鈴まつりは、琴崎八幡宮の夏のイベント。あいにくの雨~。風鈴には願いごとが書かれている。願いが叶うように~。風鈴の数は半端ない~。琴崎八幡宮は、たくさんのお守りもあることでも有名(こちらで)。風鈴まつりは今週末で終了、まだの方急いでください~。宇部で風鈴まつり

  • 山口の公園と塔

    山口市の香山公園、植栽の低木への植え替えにより広くなった感じ~。この香山公園、メインは国宝瑠璃光寺五重塔。建立当時、ここは香積寺であった。檜皮葺が美しい日本三名塔~。サルスベリの花~。香山公園前の土産店~。一方、亀山公園のメインは、山口サビエル記念聖堂~。亀山公園も再整備されてきれいになった。芝生が中心となりこちらも広々と~。山頂広場からは、瑠璃光寺五重塔(左)も見ることができる。ズーム~。北側、直下には睡蓮の池がある。西側~。焼失後に再建された現在のサビエル記念聖堂、二本の塔を中心とした斬新なデザイン~。山口市街地の公園と塔とのコラボ、皆さんの目でぜひ鑑賞を~。山口の公園と塔

  • モーネぇの睡蓮

    夏場になかなか行けなかった山口市宮野の木梨堤へ行って来た。かつて来た時、堤一面が睡蓮だったが、すでに開花期を過ぎたようだ。睡蓮、もーねぇ~!遅すぎたが、数輪でも観ることができたのでよしとしよう。来年は早めに来よう~。早くコイ、と言われた~(笑)早くシロ、とも言われた。帰りに、亀山公園の池へも寄ってみた。こちらは、まだ咲いている!この池、日当たりが悪いので長持ちするのかもしれない~?ここはピンクの睡蓮~。それぞれ微妙に色あいが違う。もーねぇ、かと思った睡蓮だがまだあった、めでたしめでたし~!モーネぇの睡蓮

  • 晩夏の秋吉台を歩く

    秋雨前線の影響で大雨が続き、本日久しぶりに青空を見ることができた。で、久しぶりに秋吉台を歩いてきた。まずはサイヨウシャジン~。晩夏の秋吉台は秋の気配、ススキはあちこちに~。カワラナデシコ~。そしてオミナエシ~など、秋吉台には秋の役者がそろっている。午前は快晴だったが、午後は残念ながら曇天になった。その分、暑さは和らぎ草原を歩くにはうってつけ~。ただ、おかげで画像の方はパッとしない~、そしてススキ。ナンバンギセル~、南蛮煙管と書いた方がイメージがわく。宗像市から来た元気のいい若者たち~。(あとの冠山でお話しした。)冠山から地獄台~、そしてススキ。秋を告げる~。秋吉台らしいドリーネだらけの風景~、そしてススキ。龍護峰、御鉢山などもみえる~。この夏はほとんど山歩きにも行けないまま8月がいま終わろうとしている~、無念!晩夏の秋吉台を歩く

  • 夏の和スイーツ

    市内でも場所によっては朝から200ミリを超える雨が降った。豪雨被害にあわれた佐賀県をはじめ九州北部の皆さんにはお見舞い申し上げます。さて、数日前のこと夏定番の和スイーツ、白玉ぜんざいを美味しくいただいた。山口井筒屋裏にある扇屋、昭和の雰囲気の和洋スイーツが並んでいる。そしてこの白玉ぜんざい、スーパーやコンビニなどのものとは全く別物~!夏の和スイーツ

  • 防府駅前ランチ

    防府駅前の洋食屋、元町キッチンノブでランチ~。実は、2回目の訪問。前回はナポリタン、今回はトマトと海老のクリームソース。連れのハンバーグはふっくらふくらんでいて、ソースも選択可能。そして、またもやクーポンのおかげで、デザートがおもてなし心あふれるてんこ盛り~♪ちなみに、美味しくいただいたあとにひとつ思い出した~。そもそもビーフシチューを食べるはずだったが、トマト系パスタに気をとられて忘れていた(笑)防府駅前ランチ

  • モンベル来たる

    ついに、山口県にもモンベルが出店する。中国自動車道山口ICのすぐそばだ~。これで北九州市小倉店まで行かなくてよくなった。カフェや体験施設も併設されるとのこと~、また、アウトドアイベントも楽しみだ。モンベルはアウトドア用品専門の日本メーカー、機能的でおしゃれ、そしてウェアの絶妙な色合いなんかなんとも言えない~。登山用品だけでなく、日常生活やビジネスに使えるグッズもある。宣伝みたいになってしまったが、けっしてモンベルの回し者ではない~。モンベル山口店にお越しの際は、新日本百名山の東鳳翩山(ひがしほうべんざん)登山もおすすめ~。モンベル来たる

  • 朝の瑠璃光寺五重塔

    山口市の香山公園の朝~。国宝瑠璃光寺五重塔が静かに佇む~。久しぶりに来てみると、なんだか広々とした感じだ。なるほど、植栽が植えかえられ低くなったことがこの解放感をもたらしていることに気づいた~。公園全体が若返った感じがしていい~。曇天ながらも、すがすがしい気持ちで公園をあとにした~。みなさん、リフレッシュした香山公園へおいでませ~。朝の瑠璃光寺五重塔

  • 美濃ヶ浜海浜公園

    心配した台風10号、お隣り広島県へ上陸したものの山口の最大瞬間風速は12.6メートル、雨も大したことはなくおだやかに通過してくれて幸いであった。さて、ネタはお盆前の山口市秋穂二島~。台風10号の影響か、普段おだやかな瀬戸内の海にも白波が立っている。竹島をズーム、遠くの山々は九州。こちらは、瀬戸内海に突き出た岩屋半島の美濃ヶ浜。最近、海浜公園としてトイレやシャワーが整備されて賑わっている。思い思いに夏の海を楽しんでいるようす~。テトラポットの離岸堤の沖はやはり白波が立っている。若かりし頃、この岩場でニシ(巻き貝)を採ったりしたが、いまはきっといないだろう~。そして、若い頃は海に来て泳がないなんてありえなかったが、今は眺めるのが心地良い~。帰路、火の山連峰の勇姿を望む。海もよし山もよし~。美濃ヶ浜海浜公園

カテゴリー一覧
商用