searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

やまびよりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
下山日和
ブログURL
https://gezanbiyori-02.fc2.net/
ブログ紹介文
登るときは一生懸命で見えなかった景色、下山のときにはゆとりもできて見えるものがある。人生もいま下山のとき、なにが見えるのか楽しみ~!
更新頻度(1年)

177回 / 341日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2019/04/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、やまびよりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
やまびよりさん
ブログタイトル
下山日和
更新頻度
177回 / 341日(平均3.6回/週)
フォロー
下山日和

やまびよりさんの新着記事

1件〜30件

  • カジカガエルの里にて

    自然豊かな里、山口市仁保上郷の渓流に住むカジカガエルの鳴き声~。ヒュルヒュルと鳴いてるので耳を凝らして聞いてみてください。ゲンジボタルもたくさん飛んでいたが、よく映っていないので目を凝らしてご覧ください。ゲンジボタルは代わりに画像を貼っておこう。手前を1匹横切った。手持ち撮影なのでこれでご勘弁を~。ついでに手持ちで夜空の星も撮ってみた。やはり、カジカもホタルも星も、現物を見ていただくのがいちばんだ...

  • 草刈りを楽に

    田舎は草刈りシーズンまっただ中、連日の雑草との戦いは秋まで延々と続く。田んぼ、あぜ、川土手、空き地など草刈り場所もいろいろあって、草刈機(刈払機)3種類を使い分けガンバッテいるが、雑草にはなかなか勝てるものではない~!そこで、昨年、トラクターのロータリーをフレールモア(赤色)に換えた。この爪が回転して雑草をきれいに粉々にしてくれる。トラクターのように土を掘らないので、エンジンの負担も軽減、燃料も節...

  • 岩屋山から砂浜を歩く

    山口市岩屋半島のつづき~、快適な岩屋山縦走路を下っていくと潮寿荘に出た。ここからどうするかはあなた次第、縦走路をピストンか、半島東側の道路を戻るか、西側の砂浜を戻るかだ。で、チョイスしたのは海岸へ下りての砂浜歩き、岩屋山(中央)のはるか先がゴール~。山口湾の向こうには日の山、きららドーム~。砂浜散策は景色もよく、心躍るが砂に足をとられて体も踊る。だんだんと岩が多くなり景色も変化してきた。クライマッ...

  • 岩屋山遊歩道を歩く

    山口市岩屋半島にある岩屋山、縦走路が延長されたと聞いて先日歩いた。まずは、美濃ヶ浜を望む定番の風景を望みスタート。当初はしっかり伐採されていた遊歩道、段々山に戻っている。ただ、ハゼの木が多いのが気がかり~。岩屋半島先端の岩屋の鼻(左)、宇部市(右遠く)、そして右下の砂浜に注目!(帰路に歩く)宇部市の日の山(左)、山口市のきららドーム(中央)、眼下の砂浜に注目~!岩屋山山頂から東側のおなじみ串山連峰...

  • 藤河内茶園で深呼吸

    先週日曜日、地元放送局でスポットが流れている藤河内茶園へ、深呼吸しに行った。山口県宇部市小野にある茶畑、以前何度か来たが久しぶだ。真新しい展望台から西日本最大級の茶畑を展望~。来るたびに思うことは「ここ山口県?」~。広大な茶畑は圧巻~。深呼吸しよう~。小野茶持って来れば良かった~、でも、飲まなくても癒される。遠く山口市阿知須の日の山が見えている。動画は風の音が大きいので音量を絞ってください~。標高...

  • 十種ヶ峰に癒されて

    十種ヶ峰のつづき~、下山にかかると萩市沖日本海の相島(中央)?が見えた。下りは樹林帯を少し歩いてみると~、巨大シダ!鉄塔にも寄ってみる。野鳥の鳴き声に癒される~、その1野鳥の鳴き声、その2十種ヶ峰にはよく遊んでもらって癒された。コロナ渦で午後から登山、山頂到着時には数人の登山者がいたが、しばらくで貸切になった...

  • 十種ヶ峰の大パノラマ

    十種ヶ峰のつづき~、山頂に到着した。山口市阿東の徳佐盆地、そして遠く弟見山から槍ヶ岳のような莇ヶ岳(中央から右へ)への稜線も見える。標高989メートル、一等三角点の山頂だ。山頂から北に伸びる十種ヶ峰の尾根(左)~。島根県境の山なので目前にあるのは島根県津和野町の山々。その一つ先月登った青野山(正面)、その右遠くに島根県最高峰の安蔵寺山、さらに山口県最高峰の寂地山など。麓の嘉年集落、遠く須佐の高岳(...

  • 十種ヶ峰に呼ばれて

    先週登った日暮ヶ岳から見た名峰十種ヶ峰、手招きされているような気が~!で、山口市阿東にある十種ヶ峰へ行くことにした。コロナ渦なので午後から登山、標高800メートルまで車で上ってそこから歩く。振り返る景色は阿東嘉年地区~。眼下はヤマシャクヤクルート登山口がある神角集落~。山頂はつづく~。...

  • 秋穂夕景

    先週末、瀬戸内海・中道湾を展望する山口市秋穂の串山遊歩道へ~。夕方になると南東の空に雲出現~、いつも見える大分姫島は霞んで見えない。草山埼灯台と雲のコラボ~。こちらは、西側の秋穂湾夕景~。周防大橋(左)、禅定寺山(右)など~。岩屋半島などの夕景、地平線は雲があるので日の入りを待たずして帰る。静かに一日が暮れていく~。...

  • 日暮ヶ岳へのぼる

    今年は早々と梅雨入りしてしまったので晴れ間は貴重~、そこでやって来たのは山口市徳地の国立青少年自然の家。ところで青少年?と突っ込みがはいりそうだが~。青少年でなくてもここに来るのは、駐車場を利用するためだ。駐車場から登山口へ向かい日暮ヶ岳へ登る。結構な急坂、雨上がりで丸太の階段、落ち葉、岩場とも滑るは滑る~!おまけに、道端にマムシがいたので不用意に踏んだら大変と緊張の連続。この画像には写ってないの...

  • 火の山から眺める

    火の山へ来た目的はこの時期限定、眼下に広がる麦秋を眺めるため~。新山口駅周辺のビル街のそばの麦秋~、山口ならではのコラボ風景ではないだろうか。椹野川と御伊勢山、そして麦秋~。椹野川河口、そして麦秋~。周防大橋、きららドーム、その向こうは先日登った同じ音の日の山~。隣りの亀山、岩屋半島(中央)、周防灘~。花や景色が癒してくれる~。日が西へ傾き下山開始~。下山中~、亀尾山(左)と亀山(右)のコラボ~。...

  • 火の山へ登る

    午前中草刈りを頑張ったので、午後から火の山、別名ミニ八ヶ岳へ行った~(笑)山口市の山口県セミナーパーク駐車場から火の山を目指して登る。瀬戸内海沿岸らしい、花崗岩と真砂土の滑る急登を上って行く。亀尾山(左)、セミナーパーク(眼下)、串山連峰(右遠く)~。東に花ヶ岳と長沢池、その先に楞厳寺山、さらに先に大平山などが見える。ミニ八ヶ岳こと火の山連峰の北側には陶ヶ岳がある。最も南側にある亀山、山頂だけちょっ...

  • 東鳳翩山の草花

    山口市東鳳翩山(ひがしほうべんざん)のつづき~、の草花。ヤマツツジ、そしてアヤメか?カキツバタか~、はて?こちらも、はて?こちらはよく見かるが、はて?これぞ山野草、やっとフタリシズカがあった。そして目当てのキンラン~。木々の間で期待どおり咲いていた。盗られずに無事な姿を見て毎年ホッとする。癒しの花~。おやっ。このツボミはもしかして?あの~。...

  • 東鳳翩山の眺め

    気温が高くなるという予報に樹林帯が多い東鳳翩山を週末歩いた。コロナ渦なので午後から登山、人気の東鳳翩山に人影はなくラッキーだ!日に照らされる山頂はなんと29度~!標高734メートルもあるのに~。東に山口市街が一望できる。眼下に一の坂ダムなど~。山口市街中心部、遠く防府の右田ヶ岳~。緑が眩しい周囲の山々~。北に先日登ったショウゲン山と鉄塔そして尾根、先月登った青野山もかすかに見える。西に西鳳翩山と縦...

  • 小浜山と小島山

    小浜山からの帰りに山頂から見た小島山(↓)へ寄ってみた。小島山(左)、防府新大橋、小浜山(右)~。小島山は別名ポンポン山とも言われている。佐波川右岸から小浜山を望む~。また、大海富士とも言われる美しい山容だ。防府市を流れる一級河川佐波川~。楞厳寺山(左)、上流には大平山(右)も見える。佐波川土手の野草、なぜかカワラナデシコ~。そういえばむかし、この辺りでアサリがたくさんとれていた。今はうそのように...

  • 新しい小浜山縦走路その3

    小浜山のつづき~、西側のピークから縦走路からの展望を楽しむため引き返すことに。日地里の展望。そして、十畳岩まで戻ってきた。岩の上からは歩いた縦走路のピーク(左)が見える。遠くはきららドーム(右)や宇部市街など~。秋穂地域~。火の山連峰(中央)など~。麓の集落~。東側は防府市西浦~。十畳岩のすぐ東側がコバルト展望台~。すぐ西側が十畳岩のコバルト展望台にて、これまでどおりまったりと過ごす。ここから東側...

  • 新しい小浜山縦走路その2

    小浜山縦走路のつづき~、新しい縦走路で十畳岩を通過、瀬戸内海の絶景が広がっている。目前にこれから行くピーク(右)、赤石鼻(左)も見える。さてピーク(左)、日地山(中央)をめざして出発。赤崎への分岐は日地方向へ直進。ピークを過ぎて展望が開けると目前に青江湾と赤石鼻(左)が見える。青い海、海岸線~。小浜山縦走路から日地の海岸。ここから日地山へ向かうところだが、絶景をゆっくりと楽しみたいので引き返す。ち...

  • 新しい小浜山縦走路

    山口市秋穂の小浜山、新しく縦走路ができたとのことで行ってみた。山頂(左)から西側(右へ)へ連なる稜線が切り開かれている~。いつもの登山道にも新しく案内標識が出現~。標高181メートルの小浜山山頂の三角点(左)~。佐波川河口と新防府大橋、楞厳寺山(左)、右田ヶ岳(中央やや右)~。火の山連峰(中央)、亀尾山こと大海山(やや右)~。これまでプライベートスペースだった岩は、コバルト展望台と名付けられてオー...

  • 母の日のメロンスイーツ

    萩在住の長男は、地酒だけでなくケーキもよく買ってくる。そのケーキ、いつものタムラ洋菓子店からやってきた。どうやら、今週末は母の日ということで奮発したケーキ。メロンがふんだんに使ってありとってもジューシーなスイーツ!ていうか、メロンがメインなのであたりまえか~。クリームとのバランスも程よく、ほっぺたが落ちると久しぶりに思った(笑)次回は、丸ごと桃のケーキかな~。...

  • リハビリで日の山へ

    宇部市の日の山へリハビリ登山~。というのも川土手斜面での草刈りで腰と膝を痛めたからだ。キワラビーチ駐車場から、場違いの登山の恰好をして海辺を横切り歩く~(笑)すぐに日の山登山口~、衝撃を和らげるためダブルストックで登る。しばらくで展望のよい千畳敷~。西側~。南側は、満潮の岐波の海岸。日の山山頂は標高146メートル、登山道は急登もなく膝へのダメージもない模様。東側~、瀬戸内海への素晴らしい展望が広がっ...

  • 山口の地酒が旨い

    山口の地酒はいかがでしょう~。山口市のわかむすめ、女性の杜氏で日本酒嫌い?の自分にも飲みやすく美味しい。岩国の獺祭、周南の原田など県東部にも美味しい地酒がたくさん~。日本海側は、萩市の東洋美人や八千代などみんなガンバッている。(出展:ゆだごち、発行:株式会社マルニ) 長男は現在萩に住んでいてちょくちょく地酒を買ってくる。こちらは、阿武の鶴酒造の三好おりがらみ。日本酒と言うよりもはや、果実酒?麹酒?...

  • 一服の珈琲

    一服のコーヒーは日常生活に欠かせない安らぎだ~。しかし、最近は家計が厳しくなって、美味しい山口市の西田珈琲、スーパーにあるプチ贅沢の京都小川珈琲などはご無沙汰している。そんな中でお気に入りはキーコーヒーのグランドテイスト・モカブレンド~。セールで買えば298円、すっかり我が家のメイン珈琲になっている。(メーカーHP画像より)なにも高価な珈琲でなくとも美味しければ問題はない。そこで淹れ方で重要になる...

  • 大平山のつづじ

    防府市大平山へ黄砂、いやツツジの様子見に行った。瀬戸内海は黄砂のせいか?霞んでいる。防府市街も霞んで見える。大平山はつつじシーズンを迎えた。山頂公園付近は満開だ。でも鉄塔が林立する山頂付近はこれから~。標高差は約50メートル、日当たりが関係しているのか~。快晴だが強風が吹き荒れている。まだまだツボミもたくさんあるので乞うご期待~。これからが見ごろの大平山のつつじ~。新型コロナ感染防止対策をしっかり...

  • 続・ショウゲン山を歩く

    ショウゲン山のつづき~、鳳翩山縦走路からショウゲン山をめざす。新緑のグリーンシャワで快適な尾根歩きだが~。腰と膝が痛くなかったら最高だ(笑)山野草も探したがなかなかめぐり会えない。なにかのツボミ?こちらショウゲン山の三角点、知らない人は通過してしまう。ショウゲン山の鉄塔下にて、そんな広島の人に聞かれて三角点を教えてあげた。以前はここから北側の山並みがよく見えていたが、今は荒れかげんで展望悪し~。再び...

  • ショウゲン山を歩く

    先週日曜日、川土手の草が伸びてきたので斜面にへばりついて草刈作業~。お陰で腰と膝を痛めたので、午後からクールダウン?にウォーキング。東鳳翩山まで行かず、ショウゲン山周辺の尾根を歩くことに~。東鳳翩山登山口付近からショウゲン山鉄塔(中央やや左)を展望~。車を山口市と萩市境の国境の碑駐車場に置いてスタート~。いきなり、これでもかと咲いている。新緑の鳳翩山縦走尾根は中国自然歩道になっている。ミツバツツジ...

  • 続・新緑の青野山へ

    島根県津和野町青野山のつづき~、山頂へ到着。標高907メートルの青野山山頂から安蔵寺山などを展望~。急登が続きでダブルストックがいい仕事をしてくれた。広い山頂~、下山は山を楽しみながら反対側の青野磧へ下りる。下山開始~、津和野城址や津和野の町並みが見える。日原方向は胸のすく大展望~。国道9号や津和野川が日原、益田へとのびている。振り返ると急登~、前回はよくもまあこれを登ったもんだ。ショウジョウバカ...

  • 新緑の青野山へ

    島根県津和野町の青野山、といっても山口県境から直線で数キロしか離れていない。笹山登山口に車を置いてスタート。まずは杉檜の造林帯~、マムシグサが群生、8本はあるかな。フタリシズカ~。急登続き~、やっと残距離が1桁減った。ひと息つけない上り道が続く。もちろん、振り返っても坂だ。麓から続く造林帯を抜けると、隣りの法師山が現れる。残りは広葉樹の新緑グリーンシャワーが続く~。テンションが上がる、癒しのトラバ...

  • 新緑が呼んでいる

    国道9号を北上~、山口市阿東まで来るとまあるい山が見えてくる。左手には名峰、十種ヶ峰が見える。でも、目的地はまあるい山だ。県境を越えると島根県津和野町、左手には津和野城址(右)が見える。赤い鳥居をくぐらず右折してさらに進むと新緑の山が見えてきた。これぞ目的地青野山だ。十種ヶ峰ではヤマシャクヤクが見頃だが地元民にとっては不要不急だ。昨年に続き、今年もやっぱり見に行くのは断念した。コロナ渦で、密集をつ...

  • 串山遊歩道の行者嶽

    串山遊歩道の最高地点で展望所もある行者嶽、標高151メートル~。立ち寄らずにはいられない、東屋の向こうの船をズームで~。周防灘の絶景が広がっている。防府市方向、亀尾山、楞厳寺山、右田ヶ岳、小浜山、大平山など~。山口市岩屋半島、きらら浜から宇部市方向~。日の山、きららドームをズーム。あいお荘から帰路に夕日~。ちなみに、シュンラン~。アップ~。花より団子で山陽本線四辻駅前~。和菓子の銭の菓子本舗(左)...

  • 串山遊歩道を歩く

    日曜日は午前中草刈り、午後からはウォーキング。山口市の国民宿舎あいお荘は4月から営業を再開、駐車場もほぼいっぱい。あいお荘駐車場に車を置いて串山遊歩道をスタート~。周防灘と草山埼~。のどかな~。春~。遊歩道はアップダウンを繰り返し~。遊歩道中間の約1.5キロ地点へ到着~。ひと休みして眺める景色~、おやっ!望遠で見ると~、すでにこいのぼりのシーズンだ。さて、ここでUターン、鉄塔の下まで引き返す。つづ...

カテゴリー一覧
商用