chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 颯爽と自転車で

    自転車で外出することが多いが時として知り合いに見られて居ることがある。そんな人に出会うと、あの時は颯爽と自転車で・・・ と言われるがこれは100%社交辞令。やっとこさ、乗っている状態で颯爽となる訳がない。周囲を見る余裕もないので知り合いに出会っても

  • 球史に残る?入江投手

    とうとうやられた、と言うかやってしまったと言うか倉上選手の56号が生まれた。それもDeNAの入江投手であったのは幸か不幸か?何せ日本人最高の年間ホームラン数なので今後何年かは記録にも記憶にも残るだろう。こういうことって得てして打たれた方も記憶や記録に残

  • 佐野に最多安打を

    泣いても笑っても今日でレギュラーシーズンは最終戦。ヤクルトとの対戦では興味は佐野の最多安打に掛かってくる。今年のDeNAはタイトルらしいタイトルを獲れる選手は居ないがこの佐野選手が最後の砦となってくる。昨日中日の岡林が2安打したが佐野は1安打、その差は

  • 最後まで面白かったパ・リーグ

    優勝決定が最終日まで持ち越された年はあるとは思うが今回のように同率で並んだ優勝は前代未聞であろう。普段はパ・リーグの試合にはあまり興味はなくどこが優勝しても良いな、とは思っていたが実際にはソフトバンクがかなり有利であったことは間違いない。それが最後

  • CS大丈夫?

    巨人との最終戦と共にハマスタでの最終戦。さして調子が良いとも思えない菅野にてこずりチャンスは作るは後1本が出ず。エラーで貰った得点も含めて2点しか奪えなかった。ファーストステージが始まるのは土曜日で1週間もない。今の調子で強力な阪神投手陣を打てるの

  • 救援陣に暗雲

    このところ救援陣の調子がいまいちである。先日は絶対的セットアッパーの伊勢が失点したのを始め多くの投手達が失点。中でもエスコバーはちょっとひどい。昨日は1イニングで2失点だがそれ以前も失点が多く8回は安心して任せられない状況になっている。昨日は久々

  • CSファーストステージは阪神か

    昨日の試合で広島がヤクルトに逆転負け。この時点で広島のCS出場は非常に厳しくなった。代わって有力になったのが阪神だろう。後1試合を残すのみだが相手は既に優勝が決まっているヤクルト。阪神は恐らくは西の先発と思われるがヤクルトがどんな作戦か?エースの小

  • 勝敗の楽しみがなくなった

    昨日の中日戦は1-0で負けたが悔しさもない。それ程勝敗に対しての関心が薄くなったせいだろう。それよりもCSのファーストステージでどこと戦うのか、の方に関心がある。今の所阪神が一歩リードした形だが最後の最後まで分からないだろう。興味は個人タイトルだが残

  • 今日からはどう戦う

    順位も決定しさし当っての目標がなくなったDeNA。今日からの戦いは何を目指した戦いになるのだろうか?勝つ事よりもCSへ向けての準備になるのか。多くの若手を起用するのか。まずは今日の先発メンバーが気になるところだ。負けても良いと言う戦いはしないだろうが最

  • メダカも出世したもんだ

    子供の頃にはあちこちの小川にいたメダカ。ここの方言ではめぃたんごと言っていたが今ではすっかり見れなくなった。そんなメダカも趣味でいろいろな人達に飼われているようだ。そのメダカのフェスが市内で行われた。メダカと言っても今では3,000種類もあるらしい

  • どうなる3位球団

    ヤクルトの優勝とDeNAの2位が決まって残るはCS出場権を賭けた3位だ。ここへは残りの4球団全てにチャンスが残されてはいるがどうしても最下位の中日は除外となるであろう。巨人、阪神、広島はお互いの対戦が全て終えているので全チームが残された試合を全て勝つ事が

  • 負けちゃった

    今永が好投したけど得点出来ず負けてしまった。目前での胴上げを見る羽目にあったがこの経験を来年に生かして欲しい。それにしても小川を打寝ないねぇ。前回も無得点、今回も無得点、次回はCSで第1ラウンドに勝てばまた対戦することになるが何とかしなければならない

  • 優勝は風前の灯

    今日は完敗だった。前回は援護なく敗戦投手になった大貫であったが今回は打たれての敗戦。必勝を期したはずが大きく外れて完敗。こうなると出て来る投手が打たれるのは良くある事。大貫が退いて時点で勝敗が決まったと言っても良いだろう。これでマジックは2となり

  • 佐川急便の心遣い

    今日早朝佐川急便から注文していた荷物が届いた。荷物は米10キロである。担当ドライバーはここは女性が多いが今回も女性であった。手渡される時に重たいですよ、とは言われたが重さは10キロで分かっているので大丈夫、と言いつつ受け取ったのが大きな間違い。今

  • 楽勝ムード、最後はドタバタ

    8回を終わって7点のリード。後は9回の守りだけ。普通こうなったら楽勝ムードでしょう。中川が四球の連発からスリーランを食らってリードは4点に。それでもまだセーフティリードと思っていたら今度は森原が2ランを食らってリードは2点のみに。ドタバタしたけ

  • 1日の歩数5,000歩以上(高齢者)

    高齢者の1日に歩く歩数の平均は男性で5千歩以上、女性で4千歩以上(細部は忘れた)らしい。(ニュース報道)この場合の年齢は65歳以上のようだがこれを見て最初に感じたのが「ほんまかいな?」と思う疑問である。色々な場面で高齢者と出会う場面が多いがその多く

  • 今日はやっぱり伊勢じゃろう

    1点ずつながら先制、中押し、駄目押しと3点獲得。これを先発の石田と中継ぎ陣が守っての勝利。中でも伊勢の働きは抜群。エスコバーが作ったノーアウト満塁の大ピンチを見事に無失点で凌いだ。まさに伊勢大明神であった。それにしてもエスコバーはこの所危ない場面

  • 夏が乗り切れた

    今年の夏は乗り切れるかな、と心配していたがどうやら乗り切れたようだ。台風一過以来涼しい日が続いているが暑さもこれで一段落の様子。コロナにも負けず、熱中症にも負けず、夏の暑さにも負けず過ごした3か月。これでしばらくの間は快適な気温の日々を迎えられる。

  • 打てないねぇ

    今日は接戦を落とし連勝とはならなかった。まだ試合は終わっていないが恐らくはヤクルトは勝つだろう。これでマジックナンバーは4となると数字的には優勝の可能性は残されているが現実的には無くなったと見ても良い。初物に弱い体質が現れたのか、シューメーカーを全

  • 寒くなった

    台風一過、涼しくなると思いきや、それを通り過ぎて寒さを感じる。今まで35度近くあった気温が急に20度前半になったので無理からぬ話だがそれにしても急に気温の下がり過ぎ。お陰で着る物から寝具まで入れ替え作業が必要になってきた。それでも日中はまだまだ夏の

  • いや~凄い試合を見せてもらった

    1点リードで後は勝利の方程式、勝ったと思ったらエスコバーが背信投球。同点ならまだしも3失点で2点もリードされた。ここで今度は負けたと多くのファンは思っただろう。相手は守護神、打線も下位打線からでクリーアップまでは回らない、と思うはず。所が青柳先発な

  • 今永で負けた

    今日の敗戦はちょっと想定外であった。大体今永と大貫の場合は9分通り勝利してくれなければ困る。現在の先発投手で計算できるのはこの2人しか居ない。連勝中は浜口もロメロも良かったが一度歯車が狂うと中々戻らない。明日はガゼルマンかと思ったが上茶谷が久々の先

  • 台風はどこへ行ったの?

    過去に例がないとか、最大級だとかいろいろ恐れさせた台風はどこへ行ったのだろう?この周辺は今日の午前中から午後にかけて通り抜ける予報であったのでそれなりの準備をして待ち構えていたが今日になってその気配が全くなかった。午前中から風は治まり通常の天候と全

  • 勝ったけどヤクルトも勝った

    昼間の試合で巨人を一蹴して勝ち星を得て夕方のヤクルト戦を観戦したがそのヤクルトも勝利。お陰で首位との差は縮まらず逆に2位はほぼ安泰となった。優勝は無理とは思いつつも未だにその願望を捨てられない自分がいる。明日はエース同士の対戦。巨人を連破してまた

  • 台風怖い

    台風14号がやってくる。毎度のことではあるが今回の台風は過去経験の無い台風だと言われている。40年前くらいだろうか、ここへも大型の台風が通り過ぎたことがある。その時には風速51メートルを計測し軒並みコン柱(コンクリートの電柱)が倒され長い所では1ヶ

  • 最後まで広島にやられたね

    今日も広島に完敗。途中までは良かったが中継ぎが次々と打たれ終ってみれば大差の敗戦。広島戦は往々にしてこんな試合が多い。相性だけで片付けるにはどうかと思うが何せ相手が広島となると急に打てない、守れないとなってしまう。これで今年の対戦は終わったのでも

  • 広島に勝てない

    今日も広島に逆転負け。一旦は逆転したが再逆転された。結果論で言えば浜口を6回で諦め7回の頭から伊勢を投入すれば勝ったのでは?と思われるがこれはたらればになってしまう。折角ヤクルトが負けたのにこれでは何もならない。まだまだ2位が危ない状況ではないが

  • 9連戦は5勝4敗

    この9連戦は5勝4敗で終えた。出来れば6勝3敗で終わりたかったがこれも仕方がないだろう。首位に近づくことは出来なかったが3位との距離は保てたのでこの9連戦は2位に限りなく近づいた連戦であったと言える。今日は1日休んで明日からは今度は10連戦が始まる

  • 1安打で勝ってしまった

    いやはや、びっくり。たったのヒット1本で勝っちまった。それも相手のミスが絡んでのことでこんなラッキーな勝利は記憶にない。それにしてもガゼルマンの好投には恐れ入った。負け覚悟の捨て試合かも、と言ったことを深くお詫びします。相手の高橋が良かっただけに

  • 佐野が心配

    佐野の調子が心配だ。昨日の第1打席、1アウト3塁での場面で1度もバットを振ることなく3球三振。佐野にしては珍しい事ではあるがいつもの積極性が全く見られなかった。その後の打席も今までとは全く違う佐野に見られたがなにがあったのだろう?首位打者を争うどこ

  • 優勝へ首の皮1枚繋がる

    昨日の勝利はこの程度の勝利であっただろう。負ければ今シーズンの優勝はなし、と位置づけでもあった。まだまだ残されたヤクルト戦を全勝すれば、の可能性はあるがヤクルトの敗戦頼りなのであまり現実的ではばい。今日の先発は前回ヤクルト戦で打たれて防御率も半端じ

  • 優勝は終わったかな

    大貫をわざわざヤクルト戦に向けての起用も無意味に終わった。1-0の敗戦は今までの中で一番痛い敗戦かも知れない。これでヤクルトにはマジックが点灯しDeNAには優勝の希望の灯が消えかかった。まだ完全に望みが消えたわけではないがここからはヤクルト頼みになって

  • 久々の連打で快勝

    昨日の試合は気持ちが良かったね。最初上茶谷がどたばたした時はどうなるか、と思ったが相手の拙攻にも助けられて何とか2失点で終わった。本人も言っていたがあそこで終わりか?と思ったそうだが多くのファンもそう思ったに違いない。それが5回に意外な形での逆転

  • 大貫はどうしたのだろう

    昨日の先発は大貫かと思いきや上茶谷だった。上茶谷は2軍での調子が良かったので起用もあるかと思っていたのでこれは納得だが今日は今度は石田だ。あれ、頭は大貫で石田、京山と続くはずだが?最も京山は上茶谷の起用で中継ぎに回ったようだが昨日は危ない橋ばかり。

  • この調子じゃ2位も危ないぞ

    優勝を狙うどころじゃない。この調子が続くと2位さえ危ない状態となってきた。連勝中は安定していた投手陣にほころびが起こりあちこちで失点。一昨日は浜口、坂本、三浦であったが昨日はロメロと平田が被弾。だんだん頼れる投手が限られてきておりこの連戦を乗り切れ

  • よう打たれたねぇ

    こうまで打たれるとは誰しも予想しなかっただろう。ましてや投手は最近好調の浜口投手。今永、浜口は通常は連勝のローテだが今回は違った。フリーバッティングでもこれ程は打たないだろうと思われるような打たれ方。一旦火のついた打線は誰にも止められない。三浦も

  • 勝利導いた今永の好投

    最後は佐野の一発で決まったがその前の段階ではやっぱり投手陣の好投があったからの勝利になる。その軸となったのが今永であるがそれ程良い状態とは思えなかったがやっぱり投げていると安心感は抜きんでている。それを引き継いだ投手達も危ない画面もあったが無失点で

  • 明日からが勝負

    残りの試合数も26試合と少なくなってきた。少ないが大切な試合でもある。五分で終われば前後の関係から判断しても2位は大丈夫と思われるが10勝程度までしか勝てなければ貯金も無くなるのでCSも危険状態。逆に20勝、もしくはそれに近い勝ち星であれば優勝をも狙

  • 良くも悪くも〇年ぶり

    良いことの何年振りもあったが今回は悪い方の何年振り。3試合連続の無得点、こんなぶりは真っ平だがそれが現実に起こった。まだ2位やCSには余裕はあるがこうも打てなくてはその内危うくなるかも。特に佐野、牧に安打が出ないのは大きい。負の連鎖とは言うがこういう

  • 急にしぼんだ優勝への望み

    ヤクルトに3連敗した時にはまだ希望があった。その通り次の中日戦で3連勝、これでまた希望が膨らんだ。ところが苦手の広島戦、いつもやられている大瀬良を全く打てず完封負け。そこまではまだ良かったが今日また遠藤以下に完封された。こうも打てないのではこの先希

  • DeNA、投手に明るい話題

    昨日の中日戦は完封リレーで勝利し、カード3連勝となった。ロメロが意外?とも思える好投で無失点で抑えたのも大きいが打線が先制中押し、駄目押しと効果的に得点し、終わってみれば楽勝であった。そんな1軍での試合であったが2軍戦も負けずに投手が好投した。相手

  • 今日も勝ちたいね

    昨日は接戦をものにして連勝。中日さんには悪いが今日も勝って3連勝とゆきたい。ロメロは中日には相性が良いがこのところあまり調子は良くない。3~4点の失点は覚悟しなければならないかも。一方中日の上田投手。若手の有望株の投手のようで波に乗ればてこずるか

  • やっぱり今永

    昨日は今永の好投で楽勝。やっぱり彼が投げるとそうそう点を取られる気がしない。無失点は無理でも2点以内には抑えてくれると言う安心感は一番。ヤクルト戦で投げれば3連敗はしなかっただろうと思うがローテの関係でこれは仕方がない。打線も前半はチャンスを作りな

  • 暑さも終わったと思ったが・・・

    ここ数日暑さも峠を越え朝夕は涼しくなったと、思った所機能は急激な暑さ。室内温度が38度まで上がった。まぁ、西日直接当たる部屋なので額面通りではないがここまで気温が上がることは年に2~3度でそんなに多くはない。それが8月も終わりに記録されるとは今年の

  • やっぱり今永じゃのう

    昨日は今永の好投で楽勝。やっぱり彼が投げるとそうそう点を取られる気がしない。無失点は無理でも2点以内には抑えてくれると言う安心感は一番。ヤクルト戦で投げれば3連敗はしなかっただろうと思うがローテの関係でこれは仕方がない。打線も前半はチャンスを作り

  • ヤクルト戦、あぁ3連敗

    ヤクルト戦は3連勝の気構えで臨んだが結果はその逆の3連敗。ここまで負けると予想していた人は少ないだろう。連勝中は接戦をものにしてきたが負ける時はそれが出来ず競った試合を落とすことが多くなってくる。ヤクルト打線はそれ程怖くはないと思ったが村上効果は絶

  • これ程打たれるとは

    滅多打ちに遭ったとはこのことだろう。出る投手出る投手が打たれて大量失点。今までの連勝は何だったのだろうね。元々このローテは弱いとは思っていたが表ローテであればこのようなこともなかったかも知れない。それにしてもガゼルマンは使えないね。フリーバッティ

  • 村上対策はしっかりと

    昨日の試合は村上1人にやられたと言っても良いだろう。彼を抑え込んでいれば勝てたかも知れない試合であった。阪神戦あたりから打撃の方は下降気味なので勝つためにはどうしても投手力で勝つしかない。これが崩壊してはまた連敗街道を走ることになるがそれだけは避け

  • 打てなきゃね

    昨日は完敗だったね。今までも大量得点していた訳ではないので打てないのは仕方がないがこれほどとは思っていなかった。佐野や牧にチャンスが回ってきたがことごとく凡退。安打数はそれなりにあったが今回だけはタイムリーがなかった。これで一休み、と思えばさした

  • マイナポイント第2弾申請終わったぞ

    昨日から悪戦苦闘していたマイナポイント第2弾の申請が終わった。最初はパソコンで申請しようとしてアクセスし申請したが出来たのは保険証の紐付けのみで口座登録がなぜだか出来ない。登録申請をクリックしたらパソコンかスマホを選ぶ画面になりそれを選べばまた元に

  • 白内障の手術

    先日(23日)白内障の手術を行った。今まで少しほやけていたものがすっきりする、かと思ったが思った程ではない。多少は明るくはなったがそれでもしないよりはした方が良かった程度。まだまだあまり日数が経過していないので分からない部分が多いがもう少し様子をみ

  • 神ってる?三浦采配

    昨日の試合は意外なところで意外な選手のホームランで決着がついた。こんな展開を誰が予想しただろう。この試合は何とも不思議な展開ではあった。7回の攻撃で浜口の代打に関根を起用。7回からは継投にする予定で何としても得点が欲しかったのは分かる。2アウトで

  • 優勝ムードだが・・・

    DeNAの脅威の追い上げてファンは優勝ムードに入りつつある。確かにここへきての連勝はその大きな要因でもある。しかし、まだ4ゲームの差がある。この4ゲームは少ないようで結構大きい。ヤクルトの立場からみれば次の対戦で1勝2敗でも1ゲームしか縮まらない。こ

  • 大事な阪神戦

    今日から阪神との3連戦が始まる。前回は3連勝したが今回はそううまくはゆきそうもない。まず立ちふさがるのは相手のエース青柳。それに2戦目予定の伊藤も打てていない。今永と浜口が余程頑張って無失点投球でもしない限りは連勝は難しいかも。しかし、3連勝出来

  • 投打でびっくり京山投手

    昨日の試合では投打でびっくりしたのが京山投手であった。まずは打つ方、こちらはホームラン何て誰も思っていなかっただろう。柴田が出塁し伊藤が三振ゲッツー、この時点で得点の可能性はほぼ0。ところがところが予期せぬ京山のホームランで2点目が入った。思えばあ

  • 監督采配当たるね

    途中まで楽勝と思われていた試合が後半は急展開。危ない場面になってきた。入江が被弾したのは誤算だがそれでもまだ同点。負けたわけではない。その裏2アウト1,3塁の場面を作り代打で登場したのが伊藤光選手。ベンチには他のも代打要員は居ただろうがなぜか伊藤

  • 連勝可能か?気がかりは5連勝目

    ホーム15連勝と言う大記録を継続中だがこれを継続できるかどうかは今日の試合に掛かっている。先発投手を比較すればDeNAが有利と思われるし、勢いもある。だがただ1つ気がかりなこともある。それは今日の試合は5連勝目と言うことだ。今年は4連勝は5度あるがい

  • 巨人戦3連勝は想定外?

    よもや、と思っていたが巨人に対して見事に3連勝。特に昨日の試合は相手が戸郷だけに苦しいと思っていたが佐野の一打で勝利。それにしてもこの救援陣は何なんだ、と思うほどの活躍。伊勢の3者連続三振にはしびれた。相手はいずれもホームランバッター。ひとつ間違

  • 巨人を2タテ

    一昨日、昨日と連日巨人相手に連勝。昨日はいきなり3点を取られたのでヤバイ!と思ったが見事な逆転劇。やっぱりソトが打つと得点力が増すね。佐野、牧、宮崎、ソト、この4人のポイントゲッターの内2人が打てば勝つ可能性はかなり高くなる。現在の投手陣はかなり

  • 番狂わせ?下関国際勝利(ローカル)

    絶対的な優勝候補の大阪桐蔭を相手に取られたら取り返すシーソーゲムを展開した下関国際高校であるが最後に逆転し勝利した。実はこの組み合わせが決まった時にはベスト8で終わりか、と県民の多くは思っただろうがやっぱり野球はやってみなければ分からない。ここまで

  • 巨人戦は最低勝ち越しを

    今日から巨人との3連戦が始まる。先発投手は表ローテなので今永、浜口、石田が有力。前回はこのメンバーで3連勝しているので今回もその期待は大である。投手はある程度は抑える計算ではあるが問題は打線。このところ当たりがちょっと止まっている感じであまり大量点

  • 5連勝ならず

    今シーズンは何度もぶち当たった5連勝の壁。またもや弾き飛ばされてしまった。それもこれも打てないことに尽きる。4連勝とは言ってもそれは投手力で勝った試合で大量得点で勝った試合はない。それでも数点勝負となれば勝つチャンスもあったが何せ打てなかった。相

  • ここでの中止は痛い

    台風のためとは言えここへきての中止は痛い。日程は益々過密になるしダブルヘッダーも現実味を帯びてきた。今まで3日の余裕があったがこれで2日、もう後がない。心配なのはやっぱり投手陣。先発投手はある程度は揃ってきたが連戦となるとまた別。そんな時今日登板

  • 計算通り大貫で1勝

    昨日の試合は最後はどたばたしたが1点の僅差で勝利した。先発が大貫だったので2失点以内でそれ以上得点すれば勝てると踏んでいたが結果は概ねその通りとなり6ゲーム差まで詰め寄った。ここまでは計算通りだが問題は今日からの試合になってくる。先発予定は今日は坂

  • 優勝へ望みを繋ぐか?ヤクルト戦

    難敵投手を擁する阪神によもやの3連勝。これで首位ヤクルトまでのゲーム差は7に縮まった。最大で17.5ゲームあった差がこれ程縮まったのだから優勝へ対しての希望が出ても不思議ではない。しかし、そうそう簡単にはゆかないのが野球というもの。今後もこの調子

  • この連勝は大きい

    阪神の主力投手である青柳と伊藤に勝った2勝は大きい。良くて1勝1敗と思っていたがまさか連勝するとは・・・それもこれもDeNAの先発投手が頑張ったからこそであろう。今永は2失点だが実質は無失点と同じと思っている。浜口は以前の四球から崩れることもなく、また

  • DeNA、コロナ感染大丈夫か?

    先日の大和に続いて今日は蛯名の感染が報じられた。単発的ではあるがこうも続くとさすがに大丈夫か?と言う気持ちになってくる。大和に至っては2度目のようだが一度感染したからと言って免疫力がつくウイルスでもなさそうだ。それでなくてもリーグで一番多くの試合を

  • 青柳に勝ったぞ

    直接土を付けた訳ではないが兎に角青柳の登板試合で勝利した。今永も宮本の拙守がなければ無失点であったろうが久々の好投。相手のエラーで得点はしたがこれはお互い様。今後も青今対戦はあると思われるがこれに勝てたことは大きい。特に9回まで投げ切り勝利投手とな

  • 今日のメンバー

    今日はずらりと左打者を並べたね。右打者は桑原と牧のみ。あとは投手も含めて全て左打者。宮崎が外れたのが分からないが何かあったのか?それとも右打者だから?いくら青柳には左の方が良いと言っても1割台の打率の野手がそうそう打てるとは思えない。宮本あたり

  • 水を飲め

    暑くなると良く言われるのが水を飲め、という言葉である。当然熱中症予防が主であるのだがそれだけでもないだろう。そんな中で寝る前と風呂に入る前には飲むように、ともよく言われる。寝る前は分かるにしても入浴前がどうしても分からない。風呂と言えば水が満載、飲

  • 阪神戦は前回の借りを返したい

    明日からは阪神戦が始まる。先発投手は一部を除いて前回と同じ投手になると思われる。前回は3連敗したカードである。まず先陣は今永と青柳。ここはどうしても取りたいところだが青柳を打てなくては勝てない。過去には何度か対戦しているが無失点で抑えられた記憶は

  • 打てなかったね

    相手は前回8回まで無安打の好投をした高橋だったのでそうそうは打てないと思っていたがこれ程とは・・・相手の好守もあったが結局は無得点では勝てるはずもない。ロメロは良く投げたが打線の援護がないのはちょっと気の毒。中日戦は2勝1敗で勝ち越したので良し、と

  • こんな勝ち方も出来るんだ

    最後の最後までどっちにころんでもおかしくない試合。勝利の女神がほほ笑んだのはDeNAだった。9回に死球から佐野、牧の連打で1点をもぎ取りそれを山崎が守って試合終了。この勝利は大きい。まず先発の坂本が予想以上?に頑張った。引き継いだ京山も無失点リレー。

  • 効率よい得点で勝利

    今日の得点はいずれもタイムリーで効率よく得点出来た。打線がこんな調子だとそれ程心配はないだろう。出来れば大貫にもう1イニング投げてもらいたかったが6回の失点で見限られたのは残念。7回以降の投手達も2点の余裕があったので心配することなく見られた。こ

  • ノーゲームは良かったのか?

    両投手が好投したが生憎の雨で4回途中でノーゲームとなった。DeNAは無安打だったので結果的には良かったと言うべきだがこればかりは分からない。残りの試合数からすれば5回まで終わって引き分けでも成立した方が良かったとも思えるが雨には勝てず。中日ーヤクルト

  • 広島戦はこれがあるんだ

    勝ったから良いようなものの広島戦には常に危険が付きまとう。5-2の時点で勝利の方程式、後は1点くらいは取られても、と思っていたが・・・何とあの伊勢大明神が3失点は想定外。逆転でもされようものならあの代打が問題視されるところだった。これでカード勝ち越

  • 最後までひやひや

    今日の試合は見ごたえがあった。久々の5連打での得点、これも珍しい事だろう。勝因にも挙げられている嶺井の本塁での刺殺プレー。その後に出た5連打なのでこのプレーがきっかけになったと言われている。最終回2アウトから四球あり、エラー有りで失点してもおかしく

  • 明日からオースティンはスタメンか

    明日の試合からオースティン選手の1軍登録が決定的となった。即スタメンで1塁の予定のようだが打順はどうなるのだろう?ソトと同じ位置とは思えず2番か5番か、それとも佐野を2番に置いて彼が3番も考えられるがどうなるか、打順も楽しみだ。2軍ではそれ程打って

  • 最近はおまけはしないんだねぇ

    今日、街の八百屋さんに行ってきた。ここはスーパー等よりかなり安いので時々お世話になっている店である。その合計金額が564円也。通常このような店ではカードで、って訳にはゆかず当然現金払いが常識。財布をみたところ500円玉と、100円玉があったが1円玉

  • 楽しみな今からの投手陣

    DeNAではこのところ投手陣に関しては明るい話題が多い。まずは新助っ人ガゼルマンンの獲得。まだ登板はしていないので実力は未知数だが過去の戦績からみればかなり活躍が期待出来そう。そして次が伊藤裕とのトレードで来た森原投手。こちらも過去の実績から見れば中

  • 中止はマイナス要因しかない

    7月の巨人との3連戦が既に中止と決まっている。これ程中止が多くなると試合消化が不可能になるので24年振りのダブルヘッダーが実施されるのではないか、の予想がある。こうなってくるとマイナス要因しか見当たらない。選手たちは疲労が蓄積されるだろうし、結果故

  • 炊飯器が壊れた

    壊れたというよりは壊したと言った方が正解だろう。年寄りは同じことを繰り返す、とは言うがまた同じ失敗をしてしまった。以前にも一度やったが内窯を入れずにそもまま研いだ米を入れてしまった。しまった、と思って中の米を取り出したが濡れているのでうまく取り出せな

  • 伊藤裕と森原のトレード

    今日、DeNAの伊藤裕選手と楽天の森原投手のトレードが発表された。伊藤選手と言えば入団当時はレギュラー2塁主として期待されたが中々実力を発揮出来ずここまで大した成績は残していない。言わば今年はくびもかかりそうな状況ではあったがここへきて楽天とのトレード

  • DeNA勢は活躍出来ず

    オールスター第1戦、DeNA勢は佐野、牧、伊勢と3人が出場したがいずれの選手も活躍出来なかった。しいて言えば牧が犠牲フライで打点を挙げたことくらいだが伊勢は失点。残念な結果となってしまった。野手は今日も出場すると思われるが何とかヒットを打って勝利に貢献

  • 35度を超えた

    今日の室内温度の最高は36.1度。今年初めて35度を超えた。35度以上を猛暑日と言うようだがどうやら今日からはそれになる様子。全国では結構高い気温が記録されているようだがここでは今までそれ程の高い気温は無かった。それがついに達成され、今からはまた

  • 勝ち越すつもりが3連敗

    この3連敗は痛い。最悪でも1勝2敗であればまだ借金は1ですぐにでも返済可能。それが3連敗となったのではまた遠のいてしまった。それにしても打てなかったね。投手陣は悪くはなかったが何せ、得点力不足。元々DeNA打線は繋がりの悪さがあるが今回は酷かった。

  • 投手力の差

    3回までは好投していた坂本だが4回に捕まった。それも四球から2アウト後のホームラン。下位打者ならまだ仕方がない面もあるがホームランバッターに対してあまりにも不用意だった。引き継いだ京山もそうだが打たれるべきして打たれたとしか思えない。監督も言ってい

  • カード勝ち越しへ難敵

    今日から前半戦最後のカード阪神戦が始まる。ここで勝ち越さなければ前半戦の勝ち越しは無い。DeNAの先発は坂本、今永、浜口の左腕トリオ。阪神はローテから言えば青柳、才木、ガンケルか。初戦の青柳は決まっているがこれが難敵。何せリーグ1の防御率を誇る投手で

  • 5カード連続勝ち越し

    つい1ヶ月前まではこんなことは想像もしなかった。借金返済なんていつのことやら?と思っていたがそれが現実となった。この一番の原因はやはり投手陣の頑張りであろう。以前のように早々の大量失点で試合を落とすこともなくなり接戦が多くなった。そして、その接戦を

  • スーパーがリニューアルオープン(ローカル)

    近くのスーパーが昨日リニューアルオープンした。早速行ってみた、かったが何せ今はコロナ、でぐっと我慢。夕方にはテレビのローカル番組で放映されていたがこのスーパーには面白いものが登場していた。それはレジカートと言う物。都会には既にあるものと思われるが

  • 中日にやり返された

    前日は佐野のホームランのみで勝ったが昨日はその逆。ビシエドのスリーランのみでやり返された。敗因はやっぱり好機に打てなかったことだろう。チャンスは作ったが思うような得点が出来なかった。安打数からみればもう少し得点が欲しかったがそれが出来ないのが野球。

  • ここからの戦いが大切

    昨日は佐野のホームランによる2点を最後まで守り切って勝利した。3安打のみでの勝利は珍しい勝利でもあろう。これで借金は全て返済し勝率を5割に戻したがここからの戦いが大切になる。今日負ければそれも1日で終わってしまうしここは連勝したいところだ。それにし

  • 完勝と言うべきか

    昨日のヤクルト戦は10-2で快勝。初回に浜口が2失点したがその裏、桑原はホームランですぐに1点取り返す。評論家はこの1点が大きかったというがまさにその通りだろう。これがその後の勢いを生んだ原因でもあり2失点の重みが全くなくなった。打線は見事に繋がり

  • 延長前にさよなら

    昨日の試合はまたもや延長か、と思われた9回にさよなら勝ち。こでで今季3度目のさよならとか。試合は緊迫した展開であったがチャンスからみればDeNAが多かったが中々最後の一本が出なかった。先発の今永も雨で中断された影響から村上に同点ホームランを打たれたが

  • 新助っ人獲得

    今日の目玉ニュースは新助っ人獲得であろう。秋口攻勢に備えて新たにカブスを自由契約となったガゼルマンを獲得。メジャーでも20勝している投手のようで期待感は一杯。現在の助っ人投手で活躍しているのはエスコバーとロメロのみ。野手がソトのみなのでもう1人空き

  • な~んにもしないで3位から5位に転落

    まぁ、何とも面白い現象である。今日のヤクルト戦は雨天中止となったがこの場合通常は順位はそのまま。しかし、今回はちょと違った。4位と5位だった広島と阪神が勝ったために5位に転落。負けての転落ならまだしも何もしないでの転落は気の毒以外何物でもない。5

  • 意味ある1勝

    今日の試合は広島との接戦を制しまたもや3位浮上。他にもいろいろな意味で価値ある1勝でもあった。広島戦初のカード勝ち越し。自力優勝の復活。これでヤクルトのマジックが消滅した。急遽登板となった石川が2失点ながら役目を果たしたがもう少し見たかった。その

  • 東登板回避はコロナ感染だった

    今日登板予定だった東が登板せず、石川の先発、なぜ?と思っていたがその理由が分かった。どうやらコロナウイルスに感染したらしい。こうなると10日間は登板不可なのでまたローテに穴が開く。ここへは京山が登録されると思われるが坂本や上茶谷はどうなっているの

  • 落ち葉にも つまづきころぶ 高齢者

    こんな川柳があるかどうかは分からないがオーバーに言えば当っているかも知れない。最近ちょっとのことでころびそうになることが多い。特に室内、何しろ部屋を整理していないので物があちことに散在している。1円玉にもつまづくと言えばオーバーだがこれがボールペン

  • 打線沈黙で4位転落

    折角3位になったら1日で陥落。打てなかったので仕方がないがもう少し打って欲しかった。大貫は4失点だが自責点は2でまずまずだったが打線が機能しなかった。明日の先発は東と思いきや石川の先発には驚き。良いとは聞いているが果たしていきなりの先発で正常な状態

ブログリーダー」を活用して、コスナーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
コスナーさん
ブログタイトル
爺のぼやき
フォロー
爺のぼやき

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用