searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
カープ鯉日記 https://rb-life.com/wp/

広島カープの観戦記、話題を感じたまま勝手気ままに書いています。

カープファンの筆者が、カープ中心に書いています。

王鳥蓮治
フォロー
住所
松山市
出身
広島県
ブログ村参加

2010/03/29

1件〜100件

  • 森下暢仁、約1ヶ月ぶり勝利

    カープ、森下暢仁、13試合4勝5敗、防御率3.48。 現在4連敗中、前回勝ったのは、5月21日の中日戦です。 横浜DeNA、濱口遙大、5試合2勝2敗、防御率2.76。 現在2連敗中。 森下暢仁、4連敗中とは情けないですね、今日は勝って星も5分にしましょう。

  • 大瀬良大地、完封勝利

    カープ、大瀬良大地、11試合5勝4敗、防御率3.95。 現在3連敗中です。 が、横浜DeNA戦では、去年から6勝敗けなしです、相性はいいです。 横浜DeNA、今永昇太、6試合3勝1敗、防御率2.36。 前回登板(阪神戦)では、負け投手になっています。 大瀬良大地、3連敗とはちょっと情けないですよ、今日は勝ちましょう。

  • 勝てたのに引き分け

    カープ、アンダーソン、6試合2勝2敗、防御率5.17。 前回登板は、6月12日西武戦、3回途中6失点、2敗目を喫しています。 阪神、ウィルカーソン、9試合4勝3敗、防御率3.06。 ここ2試合、勝ち星なしです。 アンダーソン、ここらで勝って白星先行といきましょう。

  • サヨナラ勝ち

    カープ、遠藤淳志、10試合3勝4敗、防御率2.59。 6月8日楽天戦以来の登板です。 阪神、ガンケル、9試合3勝4敗、防御率2.32。 もっか2連勝中です。 カモには勝たないとねぇ、遠藤淳志君。

  • 雨の中、勝った

    カープ、床田寛樹、11試合6勝3敗、防御率2.43。 ただいま、2連勝中です。 阪神、西勇輝、11試合4勝4敗、防御率1.50。 中13日での登板です。 カープは、阪神戦では負けてません、7勝1分けです。 しかし、阪神は交流戦で調子を上げてきています。 カープは逆です。 先の、ヤクルト戦で無様な3連敗したカープ。 ここで3連勝するしかないぜよ。

  • 負ける野球だから負ける

    カープ、九里亜蓮、11試合3勝4敗、防御率3.06. ただし、ヤクルト戦に関しては、防御率0.64です。 頼りは、この数字だけ。 ヤクルト、石川雅規、7試合3勝3敗、防御率2.63。 大ベテラン42歳、おじさん投手(失礼)です。 監督の野球に対する違いに天と地ほど開きがある両チーム、カープは勝てるわけないですね。

  • ヤクルト戦の負け方

    カープ、森下暢仁、12試合4勝4敗、防御率3.28。 3連敗中です。 この辺でバッチリ5勝目を上げて白星先行したいところ。 そうしましょう。 東京ヤクルト、スアレス、3試合0勝0敗、防御率5.52。 現在6連勝中のヤクルトに、佐々岡真司監督の采配で勝てるわけがない。 今日も負けるでしょう。 先発ローテーション、大瀬良大地と森下暢仁は離した方がよい、もう交流戦からケチがついている。

  • 交流戦の負け方と同じ

    交流戦でズタズタになった交流戦最下位の広島東洋カープ。 交流戦も好調維持、交流戦優勝の東京ヤクルトスワローズ。 現在、5連勝中。 チームの勢いは歴然としています。 カープ、2軍で調整してきた大瀬良大地、10試合5勝3敗、防御率3.65。 ヤクルト、サイスニード、9試合3勝1敗、防御率3.78。 さてさて、再開セ・リーグ、カープは盛り返せるのか?、そのままズルズルか??? まぁ、・・・・でしょうね。

  • あぁあ、情けない

    カープ、アンダーソン、5試合2勝1敗、防御率3.77。 埼玉西武、エンス、9試合3勝3敗、防御率2.72。 交流戦、最下位が確定したカープ、最後は負の連鎖と無関係なアンダーソンで勝って終わりましょう。 リーグ戦に弾みをつけるためにも。

  • カープ打線1点しか取れない

    カープ、森下暢仁、11試合4勝3敗、防御率3.30。 前回6月4日オリックス戦では、8回途中まで投げて負け投手になっています。 埼玉西武、松本航、6試合3勝2敗、防御率4.46。一軍登録されたばかりです。 2018年ドラフト1位で日本体育大学から入団。4年目25歳の右腕投手です。 森下暢仁、前回負けていますからここは勝ち星で飾って、セ・リーグ後半戦へ望みを繋げましょう。 貧打打線ですが、何とか抑えて、打線の奮起を期待しましょう。(奮起するかな?)

  • コツコツと1点づつ

    カープ、野村祐輔、今シーズン初登板です。 二軍では、8試合に登板、防御率1.42でした。 埼玉西武、高橋光成、11試合4勝5敗、防御率2.06。 現在3連敗中です。 2014年ドラフト1位で前橋育英高から入団、8年目25歳の右投げ投手です。 さて、初登板の野村祐輔、調子はどうかな、1点以内に抑えないと、貧打打線のカープですから勝ち目ないですよ、、大丈夫かな。

  • 久里亜蓮の失点パターンで負け

    カープ、九里亜蓮、10試合3勝3敗、防御率3.06。 前回6月2日の日本ハム戦では、6回途中3失点で勝ち投手になっています。 東北楽天、岸孝之、9試合4勝2敗、防御率3.09。 前回6月2日の中日戦では、4回3失点で負け投手になっています。 岸、もし今日勝てば12球団全部から勝つことになります。 久里亜蓮の失点パターンは、先頭打者を出します(ヒットでも四球でも)、途中四球が絡んで、タイムリーを打たれます。 これで失点します。先頭打者を出したら要注意です。

  • 負けるような流れだった

    カープ、遠藤淳志、9試合3勝4敗、防御率2.94。 前試合(6月1日、日本ハム戦、マツダ)では、5回3失点で負け投手になっています。 東北楽天、辛島航、2試合2勝0敗、防御率0.84。 2試合ながら防御率0.84、貧打カープ打線が打てるかな? 遠藤淳志、いい投球しているのに勝ち星が増えません。 カープが、勝つためには1失点までだぜ、厳しいなぁ。

  • 何とか勝った

    カープ、床田寛樹、10試合5勝3敗、防御率2.55。 東北楽天、田中将大、9試合4勝4敗、防御率1.96。 現在3連敗中です。 カープは、チームが負のスパイラルに入っています。真っ最中です。 これを打破するには、ピッチャーが抑えて、打線がバカスカ打って、監督が選手の調子を見極めて勝つ采配できるかでしょうね、当たり前だけど。

  • 何やってもダメ

    カープ、アンダーソン、4試合2勝1敗、防御率4.37。 オリックス、宮城大弥、9試合4勝2敗、防御率3.67。 交流戦は、流れでカープの負けと決まっています。 悔しかったら勝ってみろ、佐々岡真司監督よ! 打線、もっともっと打ちまくれ!

  • 負け負け

    カープ、森下暢仁。 オリックス、山本由伸。 日本代表同士の投げ合いです。 交流戦の流れから見ると、オリックス有利ですね、多分勝つでしょう。

  • なんとなくまけた

    交流戦、オリックスには、2018年から9連敗中です。 そんなに負けてるのか?という感じがしますが、事実です。 カープ、大瀨良大地、9試合5勝2敗、防御率3.38。 前回5月27日ソフトバンク戦では、初回から打ち込まれ(4安打)、四球も出し(2個)、3失点からスタート、5回5失点で負け投手になりました。 オリックス、田嶋大輝、8試合1勝3敗、防御率2.88。 2017年JR東日本からドラフト1位で入団、5年目25歳の左腕投手です。 大瀨良大地、前回の無様な投球は、今日はやめてくれよ。 エースらしく、キッチリ抑えましょう。

  • 押し出しで逆転

    カープ、久里亜蓮、9試合2勝3敗、防御率2.89。 日本ハム、伊藤大海、10試合5勝3敗、防御率3.03。 2020年ドラフト1位で入団の2年目、24歳の右腕投手です。 久里亜蓮、2連敗中です。 久里亜蓮の失点パターン、先頭打者を出す、四球が絡んで、タイムリー。 こういう場面になったら、要注意です。

  • 肝心なところで打てないカープ

    カープ、遠藤敦志、8試合3勝3敗、防御率2.68。 前回、5月25日のロッテ戦で、7回途中まで投げて4安打2失点で勝ち投手になっています。 北海道日本ハム、上原健太、2015年ドラフト1位で入団。 沖縄出身、広陵高→明治大学、7年目、身長191cmの長身左腕投手です。 せっかく昨日勝ったので、連勝しないといけませんね。 遠藤淳志、キチンと抑えましょう。

  • しびれる投手戦、床田寛樹の勝ち

    カープ、床田寛樹、9試合4勝3敗、防御率2.90。 交流戦は、初戦千葉ロッテ戦で、7回投げ3失点で負けています。 雪辱を期したいところです。 北海道日本ハム、加藤貴之、10試合2勝4敗、防御率2.30。 防御率いいですね、カープ打線打てるのかなぁ? 2015年ドラフト2位で入団、7年目の左腕です。 佐々岡監督はソフトバンク戦3連敗後、取材対応を拒否。広報を通じて 「今回の3連戦は投打を通じて自分たちの野球ができなかった。広島に戻ってやり直します」とコメントを出しています。 何をやり直すのでしょうか? カープ、礒村嘉孝と大森穂を抹消して、中村奨成と石原貴規を上げたなら中村奨成だけでなく、石原貴規も出せばいいのに。 會澤翼は、もう賞味期限切れです。今シーズン、攻守に精彩ないです。

  • アンダーソンでも負け

    カ-プ、アンダーソン、3試合2勝0敗、防御率2.42。 ソフトバンク、和田毅、5試合1勝1敗、防御率2.08。プロ16年目、41歳。 アンダーソン、新しい気持ちで(過去のこと知らないので)なんとか頼むよ。

  • 完敗、森下暢仁でも

    カープ、森下暢仁、ここまで9試合4勝1敗、防御率2.43。 前回(5/21、中日戦、マツダ)は、7回無失点で勝っています。 ソフトバンク、大関友久、ここまで9試合3勝3敗、防御率2.45。 大関友久←誰?2010年育成ドラフト2位で仙台大学から入団、3年目、24歳のサウスポーです。 森下暢仁、カープは昨日負けているので、今日は勝って、星を5分にしようぜ。 そして、森下暢仁自身は連勝と行きましょう。

  • 完敗、大瀬良大地

    カープ、大瀬良大地、8試合5勝1敗、防御率2.90。 前回登板(5/20、中日戦、マツダ)で、5勝目を挙げています。 福岡ソフトバンク、レイ、2年目、196cmの長身、31歳、右投手。 7試合で2勝2敗、防御率3.53。 3連戦の初戦です。大瀬良大地、エースです。勝たないといけませんよ、キャプテンですし。

  • 負けました、久里亜蓮で

    カープ、久里亜蓮、8試合2勝2敗、防御率2.26。 まだ2勝とは少ないですね。 千葉ロッテ、河村説人←誰?星槎道都大から2020年ドラフト4位で入団、2年目、24歳の右投げ投手。 5月から3試合に登板、2勝0敗、防御率2.81。 なかなかやるじゃん、久里亜蓮と同じ2勝です(?)。 久里亜蓮、旋回5月19日はジャイアンツ戦で7回2失点、好投したが負け投手になっています。 今日は、粘りの投球で勝ち、白星先行といきましょう。

  • 勝ちました

    カープ、遠藤淳志、7試合2勝3敗、防御率2.66。 前回、5月17日、宇都宮でのジャイアンツ戦では、8回まで完璧なピッチングでしたが、9回裏逆転を許しました。 <small>まぁ、監督の采配ミスでしたが</small> この悔しさを晴らしたいですね。 千葉ロッテ、小島和哉←誰?早稲田大学からドラフト3位で入団、4年目26歳です。 ここまで7試合4敗です。 おぉ、今日は勝ち目ありですね。 遠藤淳志、今日は完封勝利で、前回の悪夢を振り払いましょう。

  • 完敗、石川にしてやられました

    カープ先発、床田寛樹、ここまで8試合4勝2敗、防御率2.77。 今日は、中5日での登板です。 千葉ロッテ、石川歩、ドラフト1位でロッテ入団、9年目、34歳、右投げ投手です。 ここまで8試合3勝2敗、防御率1.97。 手強いですが、マツダスタジアムは初登板です。 千葉ロッテは、パ・リーグ5位にいます。 交流戦、昨年はカープ、コロナ感染があったにしても、3勝12敗3分けで最下位でした。 床田寛樹、交流戦初戦を取りにいきましょう。 そして本人自身交流戦初勝利といきましょう。

  • ホームラン1本で勝ち

    カープ、アンダーソン、ここまで2試合1勝、防御率3.55。 鮮烈デビューが印象的です。2戦目は、5月15日のヤクルト戦6回途中7安打5失点でした。 中日、柳裕也、ここまで7試合4勝1敗、防御率2.79。 カープ戦では2勝しています。 手強いですね。 アンダーソン、デビュー戦のように抑えて、2勝目といきましょう。

  • エース好投、打線大量点 Part2

    カープ、森下暢仁、ここまで8試合で3勝1敗、防御率2,73。 ここ3試合好投していますが、勝ち星がついていません。 中日、岡野、ここまで2試合1勝1敗、防御率3.68。 4月16日のカープ戦では、3回途中勝ち越し打を打たれ負け投手になっています。 森下暢仁、約1ヶ月ぶりに勝ち投手になってくれ、打線の援護頼むよ。

  • エース好投、打線大量点

    カープ、大瀬良大地、ここまで7試合4勝1敗、防御率2.47。 中日戦では2勝しています。 中日、大野雄大、ここまで7試合2勝3敗、防御率2.76。 カープ戦で1勝しています。 大瀬良大地、5月13日先発予定のヤクルト戦が雨で中止ななったため、中13日空きました。 休養たっぷりかいいのか、中6日がいいのか、久しぶりの登板、勝ちにいきましょう。

  • 佐々岡真司「采配」で負けた

    カープ、久里亜蓮、ここまで7試合投げて2勝1敗、防御率2.22。 防御率はいいですが、勝ち星がついてきていません。 東京読売、菅野智之、ここまで7試合4勝3敗、防御率3.43。 今シーズン、カープ戦、初先発です。 久里亜蓮、積極的な投球で、3勝目を狙いましょう。

  • 流れは止まったまま

    カープ、床田寛樹、ここまで7試合4勝1敗、防御率2.30。 5月8日の東京読売戦、5月10日の横浜DeNA戦と勝ち投手になっています。 東京読売は、山崎伊織、ドラフト2位で東海大学から入団して2年目、ここまで5試合で1勝1敗、防御率3.04。 床田寛樹の好投で勝ちたいものです。

  • 佐々岡真司監督の采配で負けた、しかもサヨナラ負け

    カープ、遠藤敦志、ここまで6試合2勝2敗、防御率2.48。 前回5月8日の横浜DeNA戦では、8回3失点で2勝目を上げています。 東京読売は、メルセデス、ここまで6試合4勝1敗、防御率2.00。 カープ戦では、3試合投げて1勝1敗です。 手強い相手ではあります。 が、遠藤敦志、前回勝ち、今回も勝ちといきましょう。 そして、3連戦頭を取りましょう。

  • 引分け、勝てる気しない

    カープ、5月5日のジャイアンツ戦、初登板で衝撃的デビューを果たしたアンダーソン。 7回1安打で初勝利を挙げています。 東京ヤクルトは、石川雅規、ベテラン(セリーグ最年長42歳)、ここまで4試合2勝2敗、防御率2.78です。 カープ戦では、よく打たれている印象があります、わたしには。 アンダーソン、今日はどんな投球でヤクルト打線を抑えるか、見ものです。

  • 逆転負け、また8回

    カープ、森下暢仁、ここまで7試合投げて3勝1敗、防御率2.94。 ここ2試合は好投しているが勝ち負けなしです。 東京ヤクルト戦は、今シーズン初登板です。 東京ヤクルト、原樹里、ここまで5試合3勝2敗、防御率3.86。 現在2連勝中、カープ戦では、4月27日8回2失点でかちとうしゅになっています。 手強いですね。 好投しても勝ちが付かない森下暢仁、今日は1失点勝利投手といきましょうか。

  • 僅差逆転勝ち

    カープ、九里亜蓮、ここまで6試合投げて1勝1敗、防御率2.13。 阪神は、秋山拓巳、ここまで4試合で1勝3敗、防御率6.16。 カープ戦は、2試合0勝2敗、防御率9.35です。 カープは、秋山を苦手にしていました。 が、 …

  • 完封勝利、床田寛樹

    カープは、マツダスタジアムで東京読売戦、横浜DeNA戦、いずれも2勝1敗と勝ち越して甲子園球場に乗り込んできました。 先発は、床田寛樹、ここまで6試合投げて3勝1敗、防御率2.84。 阪神戦は、3月30日に投げて7回1失点で勝利投手になっています。 阪神は、カープキラー西勇輝、ここまで6試合投げて、2勝2敗、防御率1.98。 カープ戦は、3月29日、7回途中まで投げて1失点と好投しています。 カープキラー西ですが、去年あたりから結構打っています。 去年は、カープ戦2勝4敗です。 西勇輝は、もうカープキラーではありません。 今日は、ガンガン打って、床田寛樹に白星をプレゼントしましょう。

  • 楽勝、大量得点

    カープ先発、遠藤淳志、ここまで5試合投げて1勝2敗、防御率2.92。 前回は、5月1日中日戦、リリーフで投げて3回2安打1失点でした。 先発では、4月21日東京読売戦で4回6失点で負け投手でした。 横浜DeNAは、東克樹、ここまで4試合投げて0勝3敗、防御率4.09。 カープ戦は、3月25日開幕戦で投げて6回途中4失点で負け投手になっています。 遠藤淳志、今日は久しぶりの先発、久しぶりの勝ち星をもらいましょう。

  • サヨナラホームラン、西川龍馬

    カープ先発、森下暢仁、ここまで6試合投げて3勝1敗、防御率3.38。 横浜DeNA戦には2勝揚げています。防御率も1.20、文句なしです。 横浜DeNAは、上茶谷大河、ここまで5試合で2勝2敗、防御率2.45. 4月23日のカープ戦では、6回途中6失点で負け投手になっています。 ここは、対戦成績どおり、森下暢仁が圧勝しましょう。 今日は、4時前から所用がありますので出掛けなければなりません。 出掛けるまでに、カープ打線が大量点取って、安心して出掛けたいものです。

  • 延長で負け、横浜DeNAに初黒星

    カープ先発は、大瀬良大地、ここまで6試合投げて4勝1敗、防御率2.25。 横浜DeNA戦では、2試合投げて2勝0敗、防御率1.80。 横浜DeNAは、今シーズン初先発の今永昇太。 2軍戦では好投してたようです。 まぁ、普通に投げれば、大瀬良大地の方が有利ですよね。 横浜DeNA戦、3勝目といきましょう。

  • アンダーソン、圧巻の初登板、初勝利

    カープ先発は、新外国人投手右投げアンダーソン、1994年生まれ、28歳、190cmの長身です。 さて、どんな投球するか、ローテーション投手になれるか、楽しみです。 ジャイアンツは、メルセデス、ここまで5試合に登板4勝0敗、防御率2.10。 手強いですね。 カープ戦では、4月30日、6回途中6安打3失点で降板しています。 アンダーソン、持てる力をフル発揮してねじ伏せてやれ。

  • 四球で負けた

    外出していて、戻ったのが午後4時過ぎ、テレビ画面は3-3。 7回表から見ること出来ました。 7回からピッチャーは塹江敦哉。先発は九里亜蓮、6回途中まで投げました。 先頭先発戸郷の代打廣岡にフルカウントから四球、1番吉川はファーストゴロで1アウト2塁。 2番香月の代打中島の時、暴投で1アウト3塁。 もうこれで失点するなと思いましたよ。 塹江敦哉、昔みたいな迫力が感じられません。なんか痩せたように見えます。

  • 大量得点、床田寛樹3勝目

    カープ、先発床田寛樹、ここまで5試合投げて2勝1敗、防御率2.67。 前回4月27日のヤクルト戦では、3回7安打4失点で負け投手になっています。 東京読売、先発赤星優志、ここまで5試合投げて2勝1敗、防御率3.41。 日本大学からドラフト3位入団のルーキーです。 前回登板では、3回途中6失点でKOされています。 似たような、前回登板の両投手、どちらに勝ちがつく(?)のか。 ここは、床田寛樹、ズバズバいってほしいものです。 打線、代えてきました、これがどう変化するか? 菊池涼介、スタメンはずれてますが何かあったのかな? ベンチに入っていません。

  • 打てなくて負け

    カープ、玉村昇悟、ここまで3試合で1勝、防御率3.18。 この3試合、すべて2失点です。好投しています。 これで勝ちがひとつとは。打線が打たないからか? 中日、柳、ここまで4試合投げて2勝1敗、防御率3.52。 カープ戦では、4月3日に完封しています。 手強い相手です。 今日はカープ未来のエース、玉村昇悟が2失点に抑え、打線が爆発することを期待しましょう。

  • やっと追い付いたと思ったら、また悪夢

    カープ先発は、森下暢仁、ここまで5試合投げて3勝1敗、防御率3.55。 前回は、4月23日DeNA戦に投げて7回無失点に抑え3勝目を挙げています。 ただし、その前の中日戦では、2回8失点降板という信じられない投球をしています。 大丈夫か、今日は、森下暢仁。 中日先発は、松葉貴大、ここまで、2試合で1敗しています。 ドラフト1位でオリックス入団、2019年から中日で投げ、今年で10年目です。 昨年は6勝5敗でした。 森下暢仁、昨日の大瀬良大地に続け完封だぁーーー。前回中日戦のレベンジだぁーーーー。

  • 大瀨良大地、完封勝利

    カープ、先発は大瀬良大地、ここまで5試合投げて3勝1敗、防御率は2.83。 中日戦は、2回投げて1勝1敗です。 今日は、もうひとついただこう。 中日は、高橋宏斗、ここまで3試合投げて2勝1敗、防御率4.24。 中京大中京高校からドラフト1位で入団の2年目。 将来中日のエースとなるか。 そうはさせない、カープ打撃陣のすごいところを見せてやれ!!

ブログリーダー」を活用して、王鳥蓮治さんをフォローしませんか?

ハンドル名
王鳥蓮治さん
ブログタイトル
カープ鯉日記
フォロー
カープ鯉日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用