searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Rockyさんのプロフィール

住所
鶴見区
出身
保土ケ谷区

試合、ニュースなどベイスターズの話題を随時取り扱います。コメントなど意見もお待ちしています。

ブログタイトル
Anytime BAYSTARS
ブログURL
https://any-bay.com/
ブログ紹介文
横浜DeNAベイスターズの試合の感想やNewsを深く語るブログです。
更新頻度(1年)

296回 / 365日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2008/03/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Rockyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Rockyさん
ブログタイトル
Anytime BAYSTARS
更新頻度
296回 / 365日(平均5.7回/週)
フォロー
Anytime BAYSTARS

Rockyさんの新着記事

1件〜30件

  • 東が復帰2戦目で3回無失点 京山は6回無失点

    07/24 イースタン 横浜DeNA2-0北海道日本ハム(横須賀)東が復帰2試合目の先発。予定通りの3回を35球、2安打無失点で投げ終えた。2番手の京山は、力のあるストレートに落ちる変化球で6三振を奪い、6回を1安打無失点。後半戦のローテー

  • 有吉に打球直撃で交代 森マルチ、細川は特大ソロ

    07/20 イースタン 東北楽天6-1横浜DeNA(森林どり泉)先発の有吉は2回までパーフェクトに抑えていたが、3回にストライクが揃ってしまったところを連打され、4連打で3点を失った。村林の打球が右ひざ付近に直撃し、そのまま交代。代わった進

  • 三嶋、クローザーとして成長 今永好投、前半戦勝利で締め

    07/14 阪神3-4横浜DeNA(甲子園)前々日に9回3点リードをひっくり返され、サヨナラ負けとなった三嶋。この日は1点差に詰め寄られた9回に登板し、2アウト2塁のピンチを招いたが、後続を断ち切って16セーブ目を挙げた。先発の今永は伸びの

  • 前日のショックを振り払う快勝!坂本がプロ初HQS

    07/13 阪神2-8横浜DeNA(甲子園)9回に3点差をひっくり返されたサヨナラ負けの翌日、ショックを引きずることなく横浜一心で全員が投打に活躍。快勝で連敗を4で止めた。初回に3本のタイムリーで先制した打線は、先発全員安打の16安打で8点

  • 大貫の好投も森の活躍も 三嶋がよもやの炎上4失点サヨナラ負け

    07/12 阪神4x-3横浜DeNA(甲子園)長いことファンをやっていれば信じられないような苦しい負けを経験するが、これは堪える。日本代表に選出された5連勝中の青柳と対等以上に投げ合い、6回無失点と好投した大貫の奮闘。ノーアウト満塁からの併

  • 最悪の展開で逆転されるも 森が攻守で光りドローに

    07/11 中日5-5横浜DeNA(バンテリン)敗れていれば6回の攻防が全てという試合。しかし、終盤に4点差を追いつきドローに持ち込んだ。初回にオースティンのタイムリーで先制し、ロメロが5回1安打の好投。6回に3連打でノーアウト満塁とし、一

  • タイムリー欠乏症続く 序盤のチャンス逃しミスで失点

    07/10 中日6-2横浜DeNA(バンテリン)2回ノーアウト1、3塁、3回1アウト1、3塁で無得点。広島戦からのチャンスで得点が取れない状況が続く。先発の阪口は3回まで2安打無失点だったが、4回に不運なヒット2本から高橋周に2点タイムリー

  • ハマのアリエッティー好投デビューも援護なく惜敗

    07/09 中日3-1横浜DeNA(バンテリン)6月14日にトレードで移籍した有吉が初先発で好投。2回には3連打でノーアウト満塁のピンチを招いたが、ここを阿部の犠牲フライの1点で切り抜けると、4回から3イニング連続で三者凡退。7回先頭の木下

  • ホームランでしか点が取れなかった3連戦 1勝1敗1分

    07/08 広島東洋5-3横浜DeNA(マツダ)2回に桑原の3ランで先制したが、2ヶ月ぶりに先発した上茶谷が直後に林に2ランを浴び1点差。3回は1アウト満塁から坂倉の内野ゴロ間に同点を許す。両軍先発が序盤に失点する展開だったが、中盤以降はリ

  • 良い流れで3点先制も 無死満塁逸して暗転、ドローに

    07/07 広島東洋3-3横浜DeNA(マツダ)勝てた、負けなくて良かった、両方が入り交ざる引き分けだった。前日の流れをそのままに、4回に佐野とソトの2発で3点を先制。先発の今永が打たせて取る投球で5回を2安打無失点。6回、佐野の二塁打の後

  • 中軸の2ラン2発で逆転!櫻井、シャック好リリーフ

    07/06 広島東洋2-4横浜DeNA(マツダ)先発の坂本は初回からピンチが続いた。2回までは何とか凌いだが、3回に小園の2点タイムリー三塁打で先制された。坂本は4回2失点で降板したが、2番手の櫻井が好投。力のあるストレートにスライダーを低

  • やっと読売戦今季初勝利!終盤ピンチ続くも凌ぎ切る

    07/04 横浜DeNA3-2読売(神宮)今季12戦目でやっと読売戦の初勝利。一つ勝っただけで喜んでいる場合ではないが、この一つがないと先に進まないのも事実。オリンピックによる中断明けの巻き返しに向け、大きな一歩を踏み出した。オースティン、

  • 球団ワースト新記録 対読売で開幕11戦未勝利

    07/03 横浜DeNA1-3読売(神宮)5連勝で迎えた7月最初の試合でも、読売には勝てなかった。これで0勝8敗3分。対読売で開幕10連敗だった1989年を上回った。10連敗まではまだ2つあるが、こうも同じ相手にやられるのは屈辱的だ。先週の

  • 5試合連続で勝利 先発投手の立て直しが浮上の鍵

    DeNAが今季初の5連勝。6月の月間MVPを争う4番オースティン、1番桑原が支える好調な打線の援護もあり、先発投手が試合を作って5試合全てで勝利投手になっている。先発ローテーションの投手が揃わず、5回を持たないことが多い中で、5試合連続の勝

  • 序盤の猛打で5連勝!オースティン4安打で月間MVP当確か

    06/30 横浜DeNA9-4中日(神宮)2回までに7得点を挙げたDeNAが、中日の反撃を振り切って連勝を5に伸ばした。初回にオースティンのタイムリーで先制し、ソトの2ランなどで4点。2回は4本の二塁打で3点を追加した。今永は雨天の中、コン

  • 異例の4度の中断 牧、桑原で逆転し初の4連勝

    06/29 横浜DeNA3-2中日(神宮)日中は晴れ間も見えた東京だが、夕方から大気が不安定となり、雷も伴う強い雨が断続的に降った。その為、試合が4度も中断されるという異例の展開。そのうち3度が、大野雄が投げている途中ということもあり、投球

  • 異例の4度の中断 牧、桑原で逆転し初の4連勝

    06/29 横浜DeNA3-2中日(神宮)日中は晴れ間も見えた東京だが、夕方から大気が不安定となり、雷も伴う強い雨が断続的に降った。その為、試合が4度も中断されるという異例の展開。そのうち3度が、大野雄が投げている途中ということもあり、投球

  • 甲子園で6年ぶり3タテ!オースティン、ソト揃い踏み

    06/27 阪神3-8横浜DeNA(甲子園)2015年4月以来となる甲子園での同一カード3連勝を飾った。火を付けたのは桑原。初回にライト前ヒットでオースティンの先制2ランを呼びこむと、7号ソロにタイムリー三塁打とサイクルヒットにリーチをかけ

  • 大正東中バッテリーが躍動! 阪口は初QS、山本も初の猛打賞

    06/26 阪神1-3横浜DeNA(甲子園)21歳の阪口、22歳の山本の若きバッテリーの活躍で、首位阪神に連勝。5月2日の登板で右肘の違和感により緊急降板した阪口は約2か月ぶりの先発。2回に先制点を許したが、150キロのストレートに変化球を

  • 阪神打線を完封リレー!オースティンが全3打点、首位打者に立つ

    06/25 阪神0-3横浜DeNA(甲子園)12球団防御率最低の投手陣が、リーグトップの得点力を誇る阪神打線を完封リレー。開幕投手の濵口が5回まで無失点に抑えたが、左脇腹の違和感で降板。6回以降は砂田を挟んで勝ちパターンのエスコバー、山崎、

  • 森が特大の6号ソロ!浅田はフォームに課題 ローテ再編へ

    6/24 イースタン 北海道日本ハム3-2横浜DeNA(鎌ヶ谷)初回、森のソロで先制したDeNAは、先発の浅田が3回まで5四死球とコントロールに苦しみながらも無失点。しかし2番手のコルデロが、足で揺さぶられ、エラーも絡んで逆転を許した。打線

  • また新たな未勝利記録 復帰の山口に勝利献上

    06/23 読売4-2横浜DeNA(富山)三浦監督はどこまで開幕からの未勝利記録に縁があるのか。北陸シリーズも連敗に終わり、読売戦は10試合で未勝利。1989年に並ぶ球団ワーストタイ記録となった。この日は今永が5戦ぶりに6回まで投げはしたが

  • 4戦連続の先発炎上 伊藤光が腰の違和感で交代

    06/22 読売6-1横浜DeNA(金沢)負けたこと以上にショックの残る試合だった。2回に中川のプロ初打点となるタイムリーで先制したが、3回にヒットと四球から丸に3ランを浴びて逆転。4回にも、同じくヒットと四球の後、ご当地の北村に3ランを浴

  • 明日は我が身 8点リードも9回追撃で2点差ヒヤリ

    06/20 横浜DeNA10-8広島東洋(東京ドーム)前日8点差の9回に7点を挙げる追撃を見せたDeNAだが、この日は逆に6点差の9回に4点を奪われ、一発逆転の場面でヒヤリとさせられた。オースティンのグランドスラムと伊藤光の走者一掃の3点タ

  • 28年ぶり9回裏7得点も 投手陣総崩れで届かず

    06/19 横浜DeNA11-12広島東洋(東京ドーム)東京ドームでの主催試合2戦目も、レアな試合となった。ピープルズが立ち上がりに3失点したが、伊藤光、オースティンのソロなどで追い付くも、ピープルズが腰を痛めて降板。これが遠い昔のような長

  • 再開、最下位に再会 濵口の大乱調はこの日限りで済めばいいが

    06/18 横浜DeNA4-7広島東洋(東京ドーム)史上初めてセ・リーグのチームが東京ドームで主催した試合は、濵口の大乱調で序盤に広島が大量点。交流戦が終了し、リーグ戦が再開されたが、いきなり最下位に逆戻り。交流戦3位がウソのような、最下位

  • 国吉がロッテ・有吉とトレード!壊滅の先発陣立て直し

    横浜DeNAベイスターズと千葉ロッテマリーンズは、国吉佑樹投手と有吉優樹投手の交換トレードが成立したことを発表した。背番号は国吉が現在と同じ92、有吉は67と発表された。先発投手が壊滅的なDeNAと、ロングもできるリリーフを求めるロッテの思

  • おかえり今永、7回1失点で今季初勝利 交流戦3位で終了

    06/13 北海道日本ハム1-4横浜DeNA(札幌ドーム)復帰4戦目で今永が今季初勝利。初回に佐野のタイムリーで1点をもらったが、2回に万波のプロ初ホームランを浴びて同点。打線がすぐに伊藤光、ソトのタイムリーで2点を勝ち越すと、4回のピンチ

  • 交流戦初優勝ならず 京山も5回途中で降板、追い上げ届かず

    06/12 北海道日本ハム4-3横浜DeNA(札幌ドーム)2回に先頭のオースティンが二塁打を放つも、後続を断たれ無得点。楽天先発の池田の威力あるストレートに苦しみ、5回まで2安打。一方、京山は3回まで毎回2アウトからヒットを打たれるも無失点

  • これぞ開幕投手!濵口が138球で完封 交流戦勝ち越し

    06/11 北海道日本ハム0-4横浜DeNA(札幌ドーム)濵口が138球の熱投で、日本ハム打線を4安打に抑え2年ぶりの完封勝利。チェンジアップが冴え、7三振を奪った。9回に2本のヒットから2アウト満塁のピンチを招いたが、野村を打ち取り投げ切

カテゴリー一覧
商用