baseballlll's blog~カープとMLB。
読者になる
住所
出身
ハンドル名
baseballlllさん
ブログタイトル
baseballlll's blog~カープとMLB。
ブログURL
https://www.baseballlll.jp/
ブログ紹介文
広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。
自由文
-
更新頻度(1年)

267回 / 356日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2018/10/24

baseballlllさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 2,961位 2,518位 2,347位 1,936位 1,811位 1,699位 1,848位 974,870サイト
INポイント 40 40 70 110 210 290 30 790/週
OUTポイント 290 290 410 570 1,930 3,900 560 7,950/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 55位 51位 47位 37位 35位 27位 29位 8,519サイト
MLB・メジャーリーグ 5位 4位 4位 4位 3位 3位 3位 301サイト
広島東洋カープ 12位 12位 11位 11位 11位 10位 11位 729サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,622位 1,089位 942位 677位 548位 387位 426位 974,870サイト
INポイント 40 40 70 110 210 290 30 790/週
OUTポイント 290 290 410 570 1,930 3,900 560 7,950/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 85位 67位 58位 54位 46位 33位 36位 8,519サイト
MLB・メジャーリーグ 3位 3位 3位 2位 1位 1位 1位 301サイト
広島東洋カープ 17位 15位 14位 11位 10位 9位 9位 729サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,870サイト
INポイント 40 40 70 110 210 290 30 790/週
OUTポイント 290 290 410 570 1,930 3,900 560 7,950/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
野球ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,519サイト
MLB・メジャーリーグ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト
広島東洋カープ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 729サイト

baseballlllさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、baseballlllさんの読者になりませんか?

ハンドル名
baseballlllさん
ブログタイトル
baseballlll's blog~カープとMLB。
更新頻度
267回 / 356日(平均5.3回/週)
読者になる
baseballlll's blog~カープとMLB。
  • 2019カープを振り返る~野手編・鈴木誠也選手

    セ・パ、共にクライマックスシリーズに決着がつきました。 セではリーグ優勝を果たした巨人が、パでは3季連続でソフトバンクが日本シリーズに進出しました。 巨人が久しぶりのセ・リーグ日本一となるのか、ソフトバンクが連覇を果たすのか、楽しみですね。熱戦を期待します。 さて、ひと足早くというかふた足早くというか、ポストシーズンにすら臨むことなくシーズンを終えてしまったカープ。 ここでは各選手のシーズン成績を、昨シーズンとの比較を交えてひとりずつ振り返ってみたいと思います。 成績や数値はNPB公式、スポーツナビ、DELTA Inc.、データで楽しむプロ野球から引用させていただきました。 まずは名実ともにチ…

  • 【NLCS】Game2 WSH3-1STL マックス・シャーザー、あわやノーヒッター!ナショナルズ連勝スタート。

    さすがは大エース! 序盤に先制、終盤に追加点のロースコアゲーム・・・と、昨日と似たような展開になりました。 (ハイライト) ナショナルズは、このネイビー地のユニフォームを着ている試合はディビジョンシリーズから5勝0敗と負け無し。 ホームでもビジターでも使えるので、このまま縁起を担いでずっと着続けるかも? シャーザー投手は爆発的なフォーシームとキレのあるスライダー、チェンジアップが冴えわたり、試合を支配。 昨日快投を見せたサンチェス投手とはまた違った、いつもの圧倒的な投球でした。 これだけ先発陣が安定していると、まともに使えるリリーフが2枚しかいなくとも何とかなるものですね。 しかしドゥーリトル…

  • 【NLCS】Game1 WSH2-0STL アニバル・サンチェス、あわやノーヒッター!ナショナルズ快勝スタート。

    アニバル・サンチェス投手、今日もアメージングな投球でした!! (ハイライト) ディビジョンシリーズ第3戦でも見事な投球を見せていたサンチェス投手、今日はノーヒッターまであとアウト4つというところまで迫る快投! ノーヒッターならず!!しかしよく投げた。素晴らしい。#ナショナルズ#NLCS pic.twitter.com/tbRgoABTs9— baseballlll@カープ応援垢ドッカン! (@baseballlll4) 2019年10月12日 真っ直ぐとカッター、それにチェンジアップを交える投球でのらりくらりと打者をかわしていくのが特徴ですが、今日もその投球がハマりました。球審のゾーンがかなり…

  • ありがとう!會澤選手、3年契約でカープに残留!!

    アツさん〜!(涙) 嬉しい、嬉しいニュースですね!! FA権を取得していた會澤選手がFA権を行使せず残留、カープと新たに3年契約を結びました。 打てる捕手でありチームの精神的支柱でもある會澤選手ですから、FA宣言をすれば間違いなく争奪戦となったことでしょう。 そんな状況の中、残留を決めてくれたことにはファンとして感謝の気持ちしかありませんね! 『やっぱりこのチームが好きっていうこと。この仲間、このチームメートが好きっていうのもあります』という言葉も、ファンの心に深く響くものがあります。 さらにありがたかったのは、決断までのスピード。 長くかかればかかるほど来シーズンのチーム編成に影響が出ます。…

  • 【NLDS】Game5 WSH7-3LAD なんということだ!!!

    まさか・・・まさか!!! 大きな戦力差を覆してのディビジョンシリーズ突破! ナショナルズ先発のストラスバーグ投手は流石に疲れもあるのか、初回・2回といずれも真っ直ぐを捉えられてスタンドに放り込まれて3点ビハインド。 正直言って苦しすぎるスタートでした。 打線の方は案の定、ビューラー投手の前に5回まで無得点。 6回にはソト選手のタイムリーで1点を返しますが、ここから畳み掛けたいところでケンドリック選手が痛恨のゲッツー。 ケンドリック選手はこのシリーズ3エラーに走塁のボーンヘッド、そしてチャンスでのゲッツーと全くもっていいところ無しです。シーズン中はとても頼りになったんですが・・・。 その間、スト…

  • 【NLDS】Game4 WSH6-1LAD 何が起こるか・・・。

    ナ・リーグのディビジョンシリーズ、巨大戦力ドジャースを相手に初戦を地力の差で完敗したナショナルズ。やはり勝つのは無理な話・・・かと思いきや2戦目をストラスバーグ投手の素晴らしいピッチングで勝利しました。 舞台を地元ワシントンに移しての第3戦、ナショナルズ移籍後は好投が続いていたアニバル・サンチェス投手がこの日もナイスピッチング。 しかしリリーフしたコービン投手がまさかの大炎上で逆転負け、そして今日はポストシーズンになるとイマイチ良くないシャーザー投手が先発ということで、厳しいか・・・と、思っていたら。 先制ホームランこそ浴びたものの、尻上がりに調子を上げて結果7回を1失点。 その後を任された、…

  • 2020は佐々岡カープに正式決定!横竜さんが一軍投手コーチに?

    今日はCS1stステージの3戦目をセ・パ共に見ていましたが、いずれも白熱したいいゲームでしたね。 3戦ずつ計6試合、すべてが熱戦でした。贔屓チームのいない試合を見るのは寂しく、熱戦に羨ましさを感じるとともに、純粋に野球そのものを楽しめるという良い側面もありますね。 さて、2020年シーズンに向けてスタートを切ったカープの監督人事が正式に決まりました。 予定通り、佐々岡さんが新たなカープの監督として、これからのチームの指揮を執ることになります。 佐々岡新監督、会見で『V奪回、日本一を目指し全身全霊で頑張る』と意気込みを語りました。 これからのカープは投手に若く才能豊かな人材が揃っており、これを上…

  • 大投手・金田正一さん、逝去。

    国鉄や巨人で投手として活躍した金田正一さんが6日、亡くなられたことが報じられました。 投手としては前人未到の400勝という大記録を打ち立て、現役引退後は監督としてロッテを日本一へ導き、プロ野球名球会の設立に中心的な役割を果たすなど、その功績は日本プロ野球の歴史の中でも屈指。 投手としての通算成績は、944登板400勝298敗 通算防御率2.345526.2投球回 4490奪三振 365完投など。 NPB史上1位の記録がズラリと並んでいます。 私は世代的に金田さんの現役時代も、監督時代も見たことがなく、ときどきテレビや野球誌に出演して豪快に野球論をぶつ姿しか印象にありません。 もちろん400勝と…

  • 激動の?カープ2019オフ。

    シーズンが終わっても、カープの情報を追い続ける毎日がしばらくの間は続きそうですね。 2020年に向けて、編成やドラフト、補強に臨む我らがカープ。 まずトップ人事に変更があり、緒方監督が退任し、後任には佐々岡投手コーチが就任することが濃厚です。 これによってコーチ人事にも影響があるでしょうから、まず首脳陣の顔ぶれに変化があります。 また、今シーズンのオフも毎度のFAによる選手の流出の可能性が私達ファンをヤキモキさせます。 特に今回は會澤選手、野村投手、菊池選手、長野選手と4人もいる上に會澤選手や菊池選手はチームの顔と言っていい存在ですから、モヤモヤで胸焼けしそうなカープファンはきっと沢山いるでし…

  • カープ佐々岡監督、誕生か!?

    本日、カープが佐々岡投手コーチに来シーズンの監督就任を要請したとの報道がありました。 佐々岡コーチも前向きに考えているようで、今日明日中には受諾するものと思われます。 緒方監督退任の報から、後任は『佐々岡コーチらが候補か』と、さも最有力であるかのような報道がいくつか見られましたので、ある程度既定路線ではあったのかもしれません。 球団側としても緒方監督が『任期』と言える5年を全うしたので、後任を全く考えていなかったということは有り得ないでしょうからね。 佐々岡監督誕生となれば、カープでは1950年の広島カープ創設時の監督である石本秀一さん、そして1965年まで指揮を執った『小さな大投手』長谷川良…

  • 岩ちゃんとのお別れ。

    カープは2日、以下の5選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。 横山弘樹投手(27) 飯田哲矢投手(28) 岩本貴裕外野手(33) 岡林飛翔投手(20)※育成 木村聡司内野手(23)※育成 1日から始まった第一次戦力外通告期間ですが、3日間で既に全12球団が発表を終え、76名の選手に戦力外通告がなされました。 ポストシーズンを戦う球団も含め、既に来シーズンに向けての戦いは始まっています。 カープもこれからドラフト指名、助っ人外国人の獲得などの新戦力補充のため枠を空けておかなければなりませんので、その分現有戦力を放出する必要があります。 新戦力を楽しみにしながらも、馴染みのあった選手たちが…

  • 【NLWCG】WSH4-3MIL 大興奮の逆転劇!!

    せっかくのホーム開催を勝ち取りながら、またポストシーズンはダメなのか・・・と私も現地のファンもなかば白けムードでしたが・・・!!! ナショナルズの先発はシャーザー投手。 今シーズンは故障もあり、FAでの加入後初めて200イニングに到達しませんでした。 故障から復帰後もパフォーマンスはイマイチでしたが、やはりナショナルズはこの人がエース。必勝を期した起用でしたが、ポストシーズンになると何故かよく打たれてしまうのは相変わらずでした。 初回いきなり先制2ランを浴びると、2回にもソロ被弾で0-3。 5回には明らかに消耗が見て取れ、何とかピンチを凌ぎましたがここで降板。 対するブルワーズの先発はウッドラ…

  • 緒方監督、辞任へ。

    本日昼ごろ、緒方監督が退任の意向を示したとの報道がありました。 直後に会見が開かれ、『全力でやり切った』との言葉を遺して、本当に辞めることが決まってしまいました。 あっという間の出来事でした。 リーグ優勝を逃したことで、その後のポストシーズン進出を決めたとしても進退についての結論は変わらなかったのかどうかは、現時点では分かりません。 昨日、カープの今シーズンBクラスとポストシーズン進出が無くなったことが決まり、今日からもう来シーズンへの戦いが始まったことになります。 首脳陣を含めたチームの編成を見直すとすれば、着手は早いに越したことはありません。そのことを緒方監督はよく分かっており、今回のタイ…

  • 最後の最後の最後の最後に

    まくられちゃいましたね。 阪神大逆転でのCS出場、お見事でした。おめでとうございます。 阪神がどうとか、中日がどうとか関係なくこの結果は甘んじて受け入れなければなりません。 全てはカープの勝利が足りなかったため、ですから。 阪神先発の青柳投手は気持ちのこもったキレのあるボールを投げていました。初回から飛ばしていましたね。 糸原選手の連続ミスが出たときは、緊張感が悪い方に出るか・・・と思いましたが、ここを見事ゲッツーで切り抜けると甲子園の雰囲気は完全に阪神勝ちモード。 大野投手が最優秀防御率を確定させた直後に降板したことも阪神に有利に作用しました。 そもそも、昨日の試合に勝利した時点で今日のあと…

  • CS進出なるか!?思い出す4年前。

    なるか!? って言ったってカープの試合はありませんからねえ。 まったく他力に任せるというのは気持ちが悪くて仕方ないですね。 今日も阪神が勝利したことで、明日のNPBレギュラーシーズン最終日程、阪神-中日戦に最終戦にカープのCS進出の成否がかかることになりました。 ここで思い出すのは、三連覇への足がかりとなる25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年の前年、2015年シーズンのこと。 ここでは最終戦でCS出場を逃して4位に終わっています。 この時に3位争いをしていたのが、今シーズンの状況と同じく阪神。 また、カープが勝てばCS進出が決定する最終戦で敗れた相手は、今シーズンの最終戦と同じく中日でし…

  • 緒方監督の『来季はペナントを奪還』という建前。

    レギュラーシーズンが終わりました。 今季のカープは70勝70敗3分、ちょうど5割でレギュラーシーズンを終えることとなりました。 勝ち星は昨シーズンの82から12個減り、23の貯金はゼロに。 引退やFAで三連覇の主力選手が複数いなくなった割に、それを埋められるほどの新戦力の台頭は見られず、こういう結果に終わったと結論付けたいところですが・・・この結果の原因はまたの機会に色々と見ていくとしましょう。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); さて、昨日の試合後の赤松選手引退セレモニーに先立っての緒方監督の挨拶に、『来季はペナント奪還を』と…

  • 広1-4中 継投は結果論。

    終わった・・・レギュラーシーズンが。 継投は結果論です。 しかし、今日の試合の継投はこの1試合を勝つ、というべきものでは無かったことは事実だと思います。 短期決戦などの総力戦では、先発投手の勝ちの権利や連投酷使など関係なくチームの勝利が最優先されます。 クローザーが序盤から登場して3イニング投げたり、エースがリリーフで出てきて最後まで投げ切ったりと、投手起用についてはなりふり構わず手駒を使っていくという事がよく見られます。 今日の試合は、絶対に勝ちに行かなければならない特別な一戦。 さらに終われば次のCSまで日程が空くという、無茶な起用も許容される状況でした。 残念ながら、そういう起用はありま…

  • いよいよ明日で最終戦!だが・・・。

    明日はどうやら雨のようですね。 これは雨天順延もありそうです。順延の場合は翌日になるんでしょうかね? いずれにしろ、カープの先発はジョンソン投手が予定されており、他のスターター達もブルペン待機と準備は万端。 あとは勝利に相応しい戦いを選手、ベンチとも出来るかにかかっています。 対する中日は根尾選手が初の一軍昇格が濃厚のようで、試合出場もありそうです。 事実上の消化試合を、こういう若手の経験の場として利用するのは興行的に見てもとてもいいことですね。 ゴールデンルーキーのデビューとなれば、我々他球団ファンにとっても楽しみな試合となります。 シーズン開幕前にはこのような形で迎えるとは思っていなかった…

  • 【読書】僕のトルネード戦記(野茂英雄)

    オフシーズンは野球の本ばっかり読んで時間を過ごすのも楽しそうですね。 僕のトルネード戦記 野茂英雄(新潮社文庫) 個人的オススメ度:★★★☆☆ 僕のトルネード戦記 (集英社文庫) 作者: 野茂英雄 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1997/07/18 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (18件) を見る これはシンプルに読み物として面白い! 日本人メジャーリーガーのパイオニア・野茂英雄さんの、ありのままの思いがつづられています。 主にドジャースに入団した1995年の始めから、その年のシーズンを終えるまでの短い期間のことが一冊に詰まっており、発刊もそ…

  • CS進出まであと一歩。

    今日、カープは試合がありませんでしたが、CS進出を争う中日がDeNAに敗れ、阪神は巨人に勝利しました。 この結果、中日のCS進出がなくなり、DeNAの2位も確定。 残る1枠をカープと阪神が争う、ということになりました。 残す試合はカープが1、阪神が3。 カープは本拠地マツダで中日戦、阪神は@DeNA、中日、中日の3戦となっています。 カープが最後の1試合を勝てば自力でのCS進出が決まりますが、敗れるとかなり状況は厳しくなります。 もうカープと阪神以外の球団は消化試合となっているため、相手チームに期待するのは望み薄でしょう。 どうしても最後の試合は勝たねばなりません。 ベンチ入りメンバー総動員で…

  • 広4x-3中 勝てば良し!!

    試合展開はこの際なんでもいいんです。 苦しもうが不細工だろうが、最後に勝利を得られればよし。 今日は永川さんの最期の登板で幕開けし、初回に先制するという何やら期待の膨らむ展開。 しかしその後は打線が沈黙すると、力投を見せていた大瀬良投手が追いつかれます。 今日は随所に活躍を見せた長野選手の押し出し四球などで何とか勝ち越すも、今シーズン通して不安定なフランスア投手が同点弾を浴びるという、最近の負けパターンにハマってしまいます。 しかし、今日はベンチに永川さんがいるのです。 かつての守護神がみんなを見守っているのです。 永川さんと石原さんがついてるから大丈夫だよカープ pic.twitter.co…

  • 【読書】真っ向勝負のスローカーブ(星野伸之)

    今日は・・・台風の影響でカープの試合は中止となりました。 三連休に台風とは、家でゆっくり本でも読むしかないですね。 くれぐれも災害への備えはお忘れなきよう。 真っ向勝負のスローカーブ 星野伸之(新潮社) 個人的オススメ度:★★★☆☆ 真っ向勝負のスローカーブ (新潮新書) 作者: 星野伸之 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/05/01 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (20件) を見る 唯一無二、という言葉がぴったりと当てはまる投手と呼べる星野氏の存在は、プロ野球の奥深さというものをこの上なく体現していたと断言して差し支えないでしょう。 …

  • 広2-4神 ジャイアンツ優勝、おめでとうございます。

    今日の敗戦は痛いというか、こうなるか〜・・・というちょっとガッカリな内容でしたね。 もう残す試合もないので、勝たなければ次につながるも何もありません。 ここにきての4連敗とは、もう息切れしたのかな・・・相変わらず西投手にやられ、暴投で自滅、最後は今シーズンの功労者である菊池保則投手が決勝弾を浴びてしまう。 流れの悪さがよく分かる、溜息の出そうな試合でした。 残りの中日2連戦に連勝すればCS進出が決まります。 幸いにもホームでの試合なので、もうここが最後。覚悟を決めて勝ちに行けるでしょうか。 どんどん不安は膨らみますが、こちらも腹を括って応援あるのみです。 // さて、ナイターでは巨人がDeNA…

  • 四連覇の夢は潰えたわけですが・・・

    昨日の大逆転負けにより、リーグ優勝の数字上の可能性が完全に無くなりました。 これにより、今シーズンの目標のひとつであったリーグ四連覇は残念ながら果たせないこととなりました。 今思うのは、三連覇というのは凄いことだったんだなあ、ということ。 いつかの試合でテレビ解説をしていた谷繁さんが、『三連覇って簡単に言いますけどねえ、本当に凄いことなんですよこれは』と仰っていました。 谷繁さんのいた落合監督時代の中日というと強豪球団のイメージが強いですが、それでもリーグ二連覇までなんです。三連覇以上というのは巨人以外は成し遂げていません。 調べてみると巨人は6回もしてますね・・・これは球界の盟主を名乗れるわ…

  • 広8-11xDe 一番気を抜いていたのはベンチというオチ。

    今日は序盤からDeNA先発の今永投手を打ち崩して7-0。 カープ先発の床田投手も5回までスイスイと投げて、もう勝ったつもりでいたカープファンが大半だったことは容易に想像がつきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そんな中、6回にソト選手に3ランが飛び出して7-3。 ここまではまだ慌てる必要は無かったと思いますが、さらに連打を浴びて1アウト1、2塁。 さて、難しいのはここからです。 カープベンチは継投を選択しましたが、マウンドに送ったのは九里投手。 四球を与えて満塁とすると、梶谷選手に同点となるグランドスラムを浴びて、あれだ…

  • カープ、あと4試合!!

    今日の@DeNA戦は雨のため中止。 明日に順延となりました。 選手にとっては休養日、ファンにとっては試合の消化が1日遅れたことで、特にCSを争う阪神と中日の様子を1試合分見ることが出来る、ということになりました。 結果は両チームとも勝利。 まだまだCS最後の椅子はどこになるのか、気が抜けません。 微かな可能性だけが残っている優勝や、手は届きそうではある2位の座を目指すよりも3位をとにかく死守することに専念すべき状況となっています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まあどちらにしろ勝ち続ければいい話なんですが、そんな体力も勢い…

  • 赤松真人選手、引退。不屈の赤忍者に感謝。

    球界に別れを告げる、ベテラン選手たち。 永川投手が引退を表明した翌日(今月7日)、俊足好守の外野手としてカープを支えた赤松選手も現役引退を表明しました。 赤松選手 引退のお知らせ(広島東洋カープ公式サイト) (永川投手引退についての記事はこちら) 落ち込んでいたカープファンを元気づけた活躍。 つい先日、37歳の誕生日を迎えたばかりの赤松選手がカープに加入したのは、2007年オフ、新井さんがFA権を行使して阪神へ入団したことがきっかけでした。 この結果、人的補償として赤松選手に白羽の矢が立ちます。 阪神時代の3年間では36試合に出場したのみでしたが、カープに加入した最初のシーズンではオープン戦か…

  • 広4-6ヤ 残念ではあるが・・・。

    正直、この感じこそ今シーズンのカープである。 そう思います。 気持ちとしては四連覇を!!と当然ながらに願っているわけですが、冷静に見れば昨シーズンから大きく戦力ダウンしたのは明らか。 緒方監督は『強いチーム』向きの監督であり、今シーズンのチーム力では苦労する場面も目立ちました。 特に、これからのチームを担う若手の起用が多く見られたシーズンでしたが、勝利と育成の非常に難しいバランスの中で苦心している様子がよく分かる一年だったと思います。 ・・・と、そんなことを真面目に振り返るのにはまだ早い! 可能性のある限り、日本一を諦めてはいけません。 特に来シーズン以降はCS出場も相当に厳しい戦いが待ってい…

  • 広7-8ヤ ハードにプレーしているか?

    エルドレッド選手曰く、 『最後まで何が起こるか分からないんだ。ハードにプレーしてほしい。』 引退セレモニーは素晴らしいものでした。 カープファンはみんな、あなたの事が大好きです。 これからもカープの一員として、よろしくお願いします。 エルドレッド選手のセレモニーも予定されているとあって、今シーズン一番の客入りとなった今日の試合。 しかし、序盤からヤクルト打線によく打たれると、一方的な展開に・・・。 3年ぶりの先発となった塹江投手は、なかなか良かったと思います。 ただ、やはりリリーフ向きですね。ここまでは安定感に欠けていますが、ポテンシャルは高いものを持っていると思います。 (adsbygoog…

  • 広6-5巨 この勝ち方はちょっと・・・。

    ちょっと・・・いいじゃないですか!!! 昨日の締めでは、圧勝して欲しいと書きました。 しかし結果は一進一退の攻防の中でよく粘り、競り勝ち。 今日の展開で負けていれば、昨日の完敗に続き接戦でも勝てないという最悪の結果で次の対戦となるCS(勝ち抜けばの話ですが)を迎えてしまうところでした。 それだけに、勝ったという結果は大きい。 圧勝でなくとも、この競り勝ちは巨人に嫌なイメージを再び思い起こさせるに充分だったのではないでしょうか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 先発のジョンソン投手は丸選手への失投まではほとんど隙のない投球でし…

カテゴリー一覧
商用