searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

つりひと.さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
baseballlll's blog~カープとMLB。
ブログURL
https://www.baseballlll.jp/
ブログ紹介文
広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。
更新頻度(1年)

81回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2018/10/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、つりひと.さんをフォローしませんか?

ハンドル名
つりひと.さん
ブログタイトル
baseballlll's blog~カープとMLB。
更新頻度
81回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
baseballlll's blog~カープとMLB。

つりひと.さんの新着記事

1件〜30件

  • 5/28 広10-8ロ みんな頑張ったからこその幸運。

    色々あった試合でしたが、最終的には勝利。 昨日に引き続き、みんながよく頑張った!という、染み入る勝ちでした。 今日は試合開始から徐々にZOZOマリンお決まりの風が強くなり始め、両チームの選手達も四苦八苦しながらのプレーでしたね。 結果から見れば、この風はカープに味方したということになるでしょう。 加えてマリーンズの守備の乱れにも助けられて10得点。おそらく普段はこんなことはないと思います。 また、今シーズンは長打不足が得点力の低さに響いている中でホームランこそ無かったものの二塁打が4本。 ラッキーもありましたし、打線の頑張りもありました。こんな勝ち方があってもええじゃないか。 若手がそれぞれに…

  • 5/27 広4-4西 両軍とも、お疲れ様でした。

    大型クラスター発生により大混乱に陥った我らがカープ。 選手の大規模入れ替えどころか公式戦の中止、延期にまで影響が及んでしまいました。 1週間ものあいだ試合のない日が続き、本日ようやく開催に漕ぎ着けたかと思えば今度は対戦相手のライオンズに緊急事態発生。 源田選手の陽性発覚を受け、先発投手は急遽変更、そしてスタメン以外のベンチ入り野手はたった2人という、信じられない陣容で試合に臨むことになってしまいました。 試合は結果として4-4の引き分け。 カープとしては序盤の4失点のままよく持ち堪えましたし、試合勘を取り戻すまでは選手達の動きもやたら重く見えましたので中盤以降はよくやったと思います。 しかし今…

  • 5/19 広10-2巨 カープの未来、中村奨成!!

    プロ初スタメンマスクで大活躍、よく頑張った中村奨成選手! そして大変な状況の中で、みんな本当によく頑張った! 昨日の更新では、負けたけれども最近になく面白い試合だったと書きました。 www.baseballlll.jp そして今日はそれ以上に、チームに一体感が見られた各選手の素晴らしいプレーぶりだったと思います。 その中でも今日の主役はもちろん、中村奨成選手! まずは同点となる得点。 そして逆転となるタイムリー。 さらには守り、九里投手を支えて巨人打線を2失点に抑える大仕事! なんだか今日は全てにおいて落ち着いて見えましたね。 初回だったか、守りを終えて九里投手の背中を叩いたシーンなんかは最早…

  • 5/18 広2-7巨 思わぬ大変革。

    昨日の夜、これまでカープを攻守に渡って牽引してきた菊池選手に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが発表されました。 高熱も出ていたとのことで心配です。 更に無症状ながら小園選手と正隨選手という、一軍で猛アピール中の2人の若手も陽性反応。 特に小園選手にとっては、今まさにレギュラー争いの勝負どころといった感じでしたから本人は衝撃だったでしょう。 また陽性反応こそ出ていないものの安全のための措置として、野手5名を入れ替え。 結果、合計野手8名が入れ替わるという緊急事態となりました。 今シーズンは開幕から他球団も新型コロナウイルスの直接的な影響を受けており、カープも無関係では済まされないだろうとは…

  • 4/21 広1-1ヤ 昨日と同じでございました。

    勝てなければ負けも引き分けも、結果に対する心持ちは大して変わりません。 おまけにまた同じ"打てない"という原因。 打線は水物とは言いますが、今日も昨日も二桁の三振。これは明らかに実力不足にしか見えませんね。 延長戦がありませんから、余計相手方もいい投手を起用しやすくなっておりなかなか難しい状況です。 先発の床田投手は1失点と結果は良かったと思いますが、あの内容でこれだけ踏ん張れるのだからもっとストライク先行で臨んでもいいような気がしますね。 ボール先行でどうしてもカウントを整えることに神経を使いすぎている感じがするので。 つまりまだまだ伸び代はあるということ。エースとはいかなくとも先発2番手を…

  • 4/20 広1-2ヤ 見飽きた貧打、なんですが。

    今日は遂に低調が続いていた田中選手がスタメン落ち。代わって三好選手が入りました。 しかし、それ以外は起爆剤になりそうなフレッシュな顔触れは見られず。 ヤクルト先発の田口投手は球のキレはある感じでしたが、制球が割と甘めに来ていたように見えたのですが・・・。 今日は各打者、一体どの球あるいはどのコースを狙っているんだろう?というのが見えてきませんでした。 決め打ちのミスショットとかではなく、いいスイング自体が少ないというか。 チームの作戦が外れてしまったとか、そのような事なんでしょうか。なんとなく私はそんな印象を受けました。 貧打自体はタイトル通りに見飽きたんですけど、このように貧打の中にもいくつ…

  • 4/18 広4-2中 来たぞわれらのK・クロン!!!

    一振りで状況を変えられるパワー。 今のカープに必要なピースです。 目の醒めるような当たりの先制打に、逆転に繋がってしまった守りでのイージーミス。 そのお詫びは技ありの逆転打。 真面目な彼のことですから、借りはきっちりその日のうちに返す!そんな思いだったのではないでしょうか。 今日はクロン選手のための1日となりました。 これからもいくらエラーしたって、いくら三振したって構いません。その分バットで失敗ごとカッ飛ばしてくれる、頼れる大砲です。 さて、今日一番の期待だった先発の高橋昂也投手。 トミージョン手術からの長いリハビリとファームでの登板を経て、ついに一軍マウンドに戻ってきました。 今日のピッチ…

  • 4/17 広0-5中 ウィークポイントは変わらず。

    昨日やっと無得点地獄から脱け出したと安堵していたら、今日はまた無得点。 昨日結果を残した中村奨成選手の起用が無かったのは残念ですが、同じく結果を残した羽月選手が代わって活躍してくれました。こういうのはお互い刺激になるでしょうから、チームにも波及していい作用をもたらしてくれことでしょう。 それにしても昨シーズンから、若手の野手は二軍でよく鍛えられているなあと感心します。 今日の羽月選手を見ていても、昨年よりもスイングが随分と速く、力強くなっていました。 スイングが速くなるということは、ボールを見る時間が長くなり、選球眼にもいい影響があるのではないかと思います。羽月選手はよくボールを選んでいますし…

  • 4/16 広7-3中 成長の証。

    成長の証、それは結果。 連敗を喫してこのカードに臨んだ両チームの戦いは、どちらもいい流れを作りかけながら主導権を握りきれないという展開が終盤まで続く、ある意味で面白いゲームとなりました。 カープとしては得点できていない試合が続いていましたので、まず菊池選手がその呪縛を振り払ってくれたのが大きかったと言えます。 前の試合で開幕からの連続試合安打が途切れた翌日に、連続イニング無得点を終わらせるというちょっと面白いホームランでした。 直後に追いつかれたものの、今度は頼れる主砲・鈴木誠也選手の素晴らしいスリーランで突き放し、その後色々ありましたが結果としてはこれが決勝点に。 あのインコースを詰まってい…

  • 4/15 広0-4神 運か?実力か?

    今日は苦手の秋山投手が相手でした。 昨日も苦手の西投手だったんですが。 昨日は予想通りに抑えられましたが、今日は少し様子が違いました。 序盤はいつも通りに制球の良さを見せていた秋山投手、途中から四球を出すなどちょっと不安定なところが見られました。 そこに付け込みたかったカープ打線。 しっかりと甘い球を絞って狙えていましたし、バットが振れていないわけでもなかったと思います。 ミスショットも多かったですが、良いあたりもまずまず見られました。 でも、ヒットゾーンに飛ばなかったりして結果につながりません。 なんだか、運が悪いなあ・・・という内容が続き、終わってみればまたまた無得点。 翻って阪神打線は今…

  • 4/14 広0-6神 こうなるだろう。

    先発の森下投手。 今シーズンは未だ無失点、更に昨年から無敗で得意中の得意にしている阪神戦。 ですが、今シーズンここまでは無失点という結果はついてきているものの内容としては各打者に結構捉えられた場面が多く見られていました。 さらに阪神はチームも絶好調な上、もうさすがにやられるわけにはいかないと対策してくるはず。 これだと、そろそろガツンとやられるのでは・・・という嫌な感じが、当たってしまいました。 方や打線は今日も西投手にいつもと同じようにやられました。 特に目新しい顔ぶれもおらず、特段の作戦があるわけでもなさそうに見え、いつも通りに淡々とアウトを重ねていきます。 右打者の内側、左打者の外側に流…

  • 4/11 広0-9巨 ボンヤリしてる暇はあるのか?

    せっかくのいい機会を、なんの肥やしにもしなかった。 今日は序盤からジャイアンツのペース。 長いペナントレース、こんな日もあります。 5回裏、既に7失点していた先発の野村投手へ代打・石原選手を起用しました。 このイニングでも得点できず、スコアは0-7で試合を折り返し。 まだ中盤ではありますが、6回からは思い切って石原選手をキャッチャーに入れるのかと期待していました。 結局それは起こらず、投手が代わっただけ。 そして驚くべきことに、その後も敗戦ムードが濃くなる一方の中、ベンチにいる若手野手は最後の最後に矢野選手が代打で登場したのみで、羽月選手や大盛選手はついに使われることなくそのまま今日の負け試合…

  • 4/10 広4-2巨 投手はOK。野手はどうする?

    今日もまた、今年のカープの勝ち方でした。 先発が仕事を果たし、一度リードしたら主導権を渡さずに、終盤は強力リリーフ陣で抑えきる。 いいですねえ。 こうやったら勝てる、という形がひとつしっかりと出来ていれば、戦い方も安定してくるというものでしょう。 ただ、この勝ち方をパターン化するとして気になるのは、野手の守りについて。 もはや守備に就かせることがチームにとって深刻な損失をもたらしてしまっていた松山選手が、負傷により戦列を離れました。 近年の傾向を見ると打撃でも貢献は期待できそうにないので、ここが悩みの種でした。 勝負強さ、リリーフによくいるパワーピッチャーに負けないパワーを持っている選手ですの…

  • 4/9 広2-0巨 1年経ったらこの変わりよう。

    初回。 先頭打者ドーン!! 主砲ドーーーン!!! 得点は以上!! でしたが、先発の大瀬良投手が粘りの投球で6回無失点。 森浦投手→塹江投手→栗林投手のリレーで、巨人打線を零封! お見事!!! これぞ2021カープの勝ち方です。 実力者の揃う先発陣、若手の台頭とドラフトでの補強で一気に分厚くなったリリーフ陣を強みとして、僅差のリードをがっぷり四つで寄り切る。 打線は爆発力に欠け、伸びしろも期待できませんが少ない点数でも勝ちに繋げられる投手陣が頼りです。 最近ぼんやりと考えてたんですが、去年のシーズン10試合くらいを経過した頃に書いてたのってこれと真反対のことだった気がするんですよね。 というわけ…

  • 4/8 広7-11ヤ この負け方は困る。

    鈴木誠也選手が徐々にエンジンがかかってきたこと。 コルニエル投手が高いポテンシャルを示す素晴らしい投球を見せてくれたこと。 これはよかった。 中村祐太投手はスピードもなく、制球もバラつき、決め球の質に欠け、"運を天に任せる"という言葉がふと浮かぶような、そんな投球でした。 彼の投球の生命線はなんでしょうか? これでは、次回以降の登板があったとしても厳しいでしょう。完成形が一体どんなものになるのか、悪い意味で想像がつかない。 その後は中田投手を挟んで、何日かぶりに登板した島内投手がまた見るに耐えない投球内容で点差を拡げてしまいました。 結果云々よりも、あの内容は・・・。 それに対してコルニエル投…

  • 4/7 広2-3ヤ どうすれば勝てたか?

    我々ファンというのは呑気なもので、結果に対して何の責任も負っていないためにタラレバを好き放題垂れ流すことが出来ます。 まあこのブログに書いてることだって大半(全部??)はそのような類のものなのですが、どうかご容赦を。 昨日の試合では最早エースの風格すら漂う森下投手が、ヤクルト打線に捕まりかけながらも運も味方につけて乗り切ると、カープが先制した後はグンとパワーアップしたような投球で結局完封。 すごい投手です。改めて10年に1人の逸材だと思います。 www.baseballlll.jp そして今日の試合。 結果は惜しい1点差負け。 個人的に印象に残ったのは、6回のウラのこと。 それこそ冒頭に書いた…

  • 4/4 広1-3De 三浦監督おめでとうございます。

    新型コロナ禍が、ついに大きな形でペナントレースに影響を及ぼすようになってしまいましたね。 いつかこういうことになるのだろう、とは思っていましたが・・・ジャイアンツは気の毒ですが、他球団もいつ同じ状況に陥るやら、心配です。 まずは感染した選手の早い快復を祈るばかりです。 こういうので戦力を削がれたチームと戦うって、なんかこう、気持ち悪いですよね・・・故障と同じこと、とは思えなくて。 好調カープ、今日は敗戦。 ベイスターズの粘り勝ち、というほかないような気がします。 初回から再三チャンスを作りましたが、あと一本が出ず・・・守りでは3失点ですが、最低限というところでしょう。 9回のバントは・・・うー…

  • 4/3 広7-3De 今のところ・・・。

    対ベイスターズに関しては、地力の差で勝ち切れているように見えます。 先発、リリーフ、攻撃、すべて"あと一押し"が出来るか、出来ないかのところで戦力差が結果に繋がっているのでは。 今日は攻撃では効果的な一発攻勢が決まりましたが、選手たちもイケる!という空気を感じているのでしょうか、見ていて打ちそうだな〜という雰囲気がみんなに出ているんですよね。 ただ、ベイスターズも今永投手や助っ人外国人たちが戻ってくるとたちまち状況は一変します。 ずるい考え方かもしれませんが、地力で優位に立っているうちに勝っておくべきでしょう。 つまるところ、このカード3タテは絶対しておきたいです。 最後に、今日も万全だったリ…

  • 4/2 広4-0De ねじ伏せる大地。

    開幕戦で悔いの残る結果となってしまった大瀬良投手、今日はあっぱれな投球でした!! 西川選手の無事を印象づける一発もよかった!んですが、今日の主役はやっぱり大瀬良投手。 7イニングを投げて驚異の76球、3安打無失点の素晴らしい内容。 文句なしの完封ペースでしたが、8回からは継投に踏み切りました。 故障明けのシーズンであることや前回登板のこと、そして昨日は勝ちパターンのリリーフを休ませていることがあってのことでしょう。 大瀬良投手の今日のピッチングで印象に残ったのは、中軸以外への躊躇のない力押し。 7イニングを投げて奪三振は7を記録したのですが、その内訳を見ると3〜5番のクリーンアップからはゼロ。…

  • 4/1 広3-6神 投手に希望、打線に不安。

    3タテなど、そう簡単に出来るほど甘くはありませんでした。 カープ先発の中村投手はとにかく決め球に苦労していて、抑えるべき場面で抑えることが出来ず。 せっかく追い込んでいるのに、タイガースの打者がみんな躊躇なくフルスイングしていたのが印象的でした。正直、まだ実力不足の面は否めません。安定して結果を残すには、決め球の質、制球ともに大きな課題ですね。 これでカープ先発ローテが一巡しましたが、今のところ6人目の枠が結果と内容次第で目まぐるしく入れ替わりそうです。 ここの競争が先発陣の底上げにつながるかどうか。他の先発陣、そしてリリーフ陣は近年どころかここ30年来で一番くらいのポジティブな状況にあります…

  • 3/31 広4-2神 僅差に耐えてよく頑張った!感動した!!

    昨日は痺れるイチゼロの勝利。 今日も僅差の勝ちゲームでしたが、本当にみんなよく頑張った! 感動した!! ちょっと不味い失点の後に気迫の同点タイムリーを放った床田投手。頑張った! 決勝の来日初HR!これを待ってたクロン選手。頑張った! リリーフ陣の負担を避けるために7回を任された中田投手。頑張った! 接戦の場面でプロ初登板、大道投手。頑張った! 今日は回を追うごとにみんなの勝利への執念や気迫が伝わってきました。 みんな頑張った! 中でもやっぱりクロン選手。 コロナ禍で世の中の情勢が非常に不安定な中で、他の選手に先んじて来日を果たした勇気あるナイスガイ。 キャンプでもチームや日本の野球に順応しよう…

  • 3/30 広1-0神 痺れるイチゼロ!

    今年のカープは、こういう勝ち方が多くなるかもしれない。 2年目の森下投手は、開幕を昨シーズン大得意にしていたタイガースで迎えることになりました。 結果は6回100球1安打3四球7奪三振、無失点。ほぼ言う事ナシでしょう。勝負どころでも地力で制圧できるというのがやっぱり強い。今シーズンもエース級の働きは間違いなしです! 森浦投手、塹江投手もよく踏ん張り、9回はクローザー・栗林投手が今日もきっちりと仕事を果たしてくれました。 最後、佐藤選手とのドラフト1位ルーキー対決も見事に制しました。素晴らしい。 攻撃では最少得点に終わりましたが、今日は大の苦手な西投手が相手。仕方ない面もあるかなあ。 ただ、序盤…

  • 3/28 広0-0中 カープらしい引き分け。

    チャンスは作れどあと一本が出ず!! 昨年もその前の年も、こういうことは目立っていたような気がします。 実際のところ打線は一昨日6点、昨日4点と取ってはいますが実力的にはどうなんでしょう? 新戦力のクロン選手と、若手達がどのくらいの結果を残すかで見立てよりも大きくブレそうな気がしますね。 投手陣では先発の野村投手がいいピッチングを見せてくれました。ミドル〜バックエンドの先発が安定してくれればとても心強い。 リリーフはまたも若手が結果を残しました。これからまだまだ成長途上ですから、失敗を恐れず学んで欲しいですね! ルーキーのクローザー、栗林投手は素晴らしいですねえ。 クローザーに相応しい力強さと落…

  • 3/27 広4-1中 2021初勝利なんじゃ!

    昨日があるから今日がある。 そういう勝ちかな? あの負け方から今日の初回はヤバいだろうなと思っていたら案の定、先制されてしまいました。 しかしすぐさま田中選手のソロで同点、これはとっても大きかったですね〜! 頼りになるぜ選手会長!! 4回には打線が繋がって勝ち越しましたが、この回通してドラゴンズ先発の柳投手はほとんどコントロールミスをしていないにも関わらず攻略したのは素晴らしかったです。 カープ先発の九里投手は球数こそ少し嵩みましたが6回1失点。 今年も頼りにしています! 後を任されたのは、まずはルーキーの森浦投手。 絶対緊張してるだろうなあ、とファンの皆様もお思いだったでしょう。そのせいか制…

  • 3/26 広6-7中 開幕じゃ!!!(怒)

    カープファンの皆様、あけましておめでとうございます! なんとコレが2021年一発目のブログ更新でございます!! サボり過ぎました!!! 今年も、どうぞよろしくお願い致します!!!! と、いうことで今年もやってまいりましたプロ野球ペナントレースの開幕であります。 我らがカープは本拠地にドラゴンズを迎えての幕開けです。 開幕投手は大瀬良投手。 初回をピシャリと抑えるとウラにいきなり西川選手の2ラン!!! 選手もファンも緊張が一気にほぐれた気がしました。どうしても硬さが見られる開幕戦は、先制点の価値がものすごく大きいと思います。 2回には下位から上位につなげてまた2点。理想的な展開です。 大瀬良投手…

  • 日本シリーズを見たのですが・・・。

    全試合、テレビ観戦していました。 ホークスの強さだけが際立っていたシリーズでした。 初戦から既に、4タテが現実のものとして見えてきていたと思います。 ホークスと巨人のスタメン、ベンチ入りメンバーを見てみると、明らかな戦力差がありました。 まず先発投手。 ホークスはエース、準エースクラスを3〜4枚並べることが出来るのに対して、巨人は菅野投手以降の投手の実力が大きく落ちます。 今シーズンは戸郷投手がブレイクしましたが、シーズン終盤に調子を落としたことでシリーズではリリーフに回っています。その戸郷投手が敢闘賞を得る結果となるとはなんとも皮肉なものですが、そのときの調子が優先される短期決戦ではこの配置…

  • カープの2020シーズンが終了しました。

    選手、首脳陣はじめ球団関係者の皆様、そしてファンの皆様、お疲れ様でした。 今年は新型コロナ禍により前例のないシーズンとなりましたが、色々な不安が渦巻く中で開幕し、ここまで無事にプロ野球を開催出来ていることは医療や社会インフラに従事されている方々の働き無しには有り得なかったことです。開幕時から今を経て、改めて感謝の念に堪えません。 現在、国内海外問わず第三波とも言われる状況に直面しています。これからインフルエンザの流行シーズンとも重なってくる中で、改めて個々で出来る感染予防に努めることが肝要です。 さて、2020年のレギュラーシーズンを終えた我らが広島東洋カープ。 シーズン成績は、52勝56敗1…

  • いいじゃん今年のドラフト!

    2020年のドラフト会議が行われました。 カープが指名したのは育成含め計7名。 カープ指名選手1位 栗林投手(トヨタ自動車)2位 森浦投手(天理大)3位 大道投手(八戸学院大)4位 小林投手(智辯和歌山高)5位 行木投手(四国IL徳島)6位 矢野内野手(亜大)育成1巡名 二俣捕手(磐田東高)#carp #ドラフト2020 #ドラフト会議— 中国新聞カープ番記者 (@chugoku_carp) 2020年10月26日 当然ながら入団交渉はこれからのことですので、まだチームの一員となるかは分かりません。 しかしこの面々、私はとてもいいドラフトが出来たなあ〜と満足しています。 ここ最近のカープのドラ…

  • 10/21 広0-2神 遠藤君を責めるのは違いますぜ。

    初回の不用意に浮いた変化球を運ばれたのは確かに失敗でしたが・・・6イニングを投げて失点シーンはあの一度きり、遠藤投手はよくやったと思います。 特に、途中の連続三振を奪ったシーンはよかったですね。これまで若干頼りなさを感じていた決め球となる落ちる変化球が、きちんとした武器になっていました。 それより何より0点に抑えられた打線。いや、打線の働きというより・・・。 2番に羽月選手、8番に曽根選手と非力な打者を併用したことでただでさえ薄い迫力が更にガタ落ち。 打撃陣で最も信頼できる2人である鈴木選手と西川選手を3、5番とわざわざ分断。 手持ちの駒で負けに行くような用兵で、これじゃ打てないから先発投手は…

  • 10/17 広2-5中 勝ち負けよりも・・・。

    昨日も今日も、チャンスを逃し続けるカープとチャンスを一気に勝ちに繋げる中日が対照的に映った試合でしたね。 好調なチームは個々人が自信を持ったプレーをするのがよく表れていました。 カープの若手たちも、今の実力なりに自信を持ってプレーすれば何か大きなイノベーションが生まれる・・・かもしれません。 ま、今は失敗や敗戦が未来の糧になることを信じて見守っています。 ここ何試合かで気になったこと。 宇草選手は俊足で、打撃はセンスを感じさせ伸びしろも充分ありそうです。 しかし守備に関しては打球判断や送球など、一連の動作全てに根本的なセンスの無さを感じています。うっかり照明が目に入るような位置取りをしてしまう…

カテゴリー一覧
商用