searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

つりひと.さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
baseballlll's blog~カープとMLB。
ブログURL
https://www.baseballlll.jp/
ブログ紹介文
広島東洋カープ全力応援!MLBなども。釣りの話題は別ブログに引っ越しました。
更新頻度(1年)

136回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2018/10/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、つりひと.さんの読者になりませんか?

ハンドル名
つりひと.さん
ブログタイトル
baseballlll's blog~カープとMLB。
更新頻度
136回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
baseballlll's blog~カープとMLB。

つりひと.さんの新着記事

1件〜30件

  • 8/14 広6-0神 なんも言えねえ。

    圧巻。 支配的な投球とは、まさにこのことです。 それを引き出した坂倉選手も見事。野手陣にもいい緊張感が生まれていて、今日のカープは横綱級の強いチームに見えました。 初回に3点先制したことも、すごく大きかったですね。 言う事ナシ、あまりに投球内容が安心できるので、私は試合をながら見しながら皿洗い、釣り道具の片付け、洗濯物のアイロンがけなど用事がはかどるはかどる。(笑) プロ初完封、先発全員奪三振というリーグ2例目の珍記録のオマケ付き。 森下投手、おめでとう!ありがとう!! カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

  • カープの打者はどのくらい打っているのか?(西川・鈴木・松山)

    今年のカープは昨日までで45試合を消化、戦績は18勝23敗4分、借金5という状況です。 ちなみに昨シーズンの45試合経過時点の戦績は26勝18敗1分、ほぼ今シーズンと逆ですね。なお45試合目はあの怒涛の11連勝の9勝目を挙げたところです。11連勝の前後にも4連勝、5連勝を記録するなどとにかく絶好調だった頃ですね。今のチームにはこういう勢いがまだ見られないのが、残念なところです。 さて、このブログは私がヒマになると(そして気が向くと)選手ごとに数字を掘り下げた記事をアップしたりしていました。 www.baseballlll.jp www.baseballlll.jp www.baseballll…

  • 8/12 広1-4中 これはダメ!!

    せっかく調子が少しずつ良くなってきたところで、今日はカード勝ち越し、そして9連戦の締め括り、そしてジョンソン投手の今シーズン初勝利を懸けて、何としても勝ちたかった。内容よりも結果が欲しかった。私にとっては、そのような位置付けの試合でした。 今日を落としたことで、せっかくここまで少しずつ積み上げてきたものがまた一気に崩れるような気がしています。 だいたい昨シーズンもそんな感じでしたから。 選手たちもその思いは同じなのか、途中から全力疾走、打席でのミスショット時の悔しそうな仕草などにそれが表れてはいましたが・・・。 今日は打線が残念でした。中日先発の柳投手は決して圧倒的な投球だったわけではなく、カ…

  • 8/11 広1-8中 サクッとね。

    サッパリとした負け、ということで。 前回カードの阪神最終戦と同じく、引き摺らない負けというか、端的に言うといい負け方だったのではと思いました(8、9回はちょっといけませんが)。 先発は中5日で野村投手でしたが、序盤はまずまず良かったものの捕まり出すとポンポンとヒットが出てしまいましたね。 元々試合を支配するような投手ではないので、これまで好調でもいずれはこうなるときが来るだろう、というのは明らかでした。 しかしそこで早めにスパッと交代した佐々岡監督の判断はお見事。この試合ではなく、シーズンを見据えると今日はあの後どんな展開になろうが代えてしまったほうが良かったでしょう。 後を継いだケムナ投手は…

  • 8/10 広6-1中 イイヨイイヨ〜!!

    いい感じ!! 今日は先発の九里投手の強気なピッチングが冴え渡りました。決め球にいつもより多く真っ直ぐ系統の球を使っていたように思います。 制球もまずまず安定していて良かったですね〜。 試合展開は昨日の阪神戦を真似たような形になりました。 リードして終盤を迎えれば最近は8、9回が安定しているので心強い。 だんだんとチーム自体が成長してきているように感じる最近のカープ。 若い選手の起用が増えてきたからでしょうか? 毎日が楽しくなってきました。 カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

  • 8/9 広1-5神 負けパターン。

    3タテならず! 先発の遠藤投手はどうしてもヒットと四球が絡んでしまう癖が目立ちますね。それでもよく辛抱しましたし、球数が増えていくほど投球も良くなっていったのが印象的でした。今シーズンまだまだ成長を見せてくれそうです。 薮田投手、菊池保則投手は無失点、一岡投手がソロを浴びましたが内容はまずまず良かったかと。 DJジョンソン投手は制球の不安定さが無くなればもっといい結果を出せるはず。 というわけで、投手陣は結果5失点でしたが、僅差ビハインドを最終盤まで持ちこたえる力は今のカープには求められません。このくらいがいいところでしょう。 打線は点が取れそうで取れない、そんな感じのまま試合が終わってしまい…

  • 8/8 広2-1神 いい勝ち方!

    とうとう1点差ゲームをモノにしました! 先発は大瀬良投手と西投手。 今日は厳しいかな、という中でいきなりの先制パンチを浴びせた、熱男ならぬ夏男。 我慢比べが予想される中で、西投手を相手に先制するということは非常に重要でした。 いや〜、素晴らしい! その後同点とされるも、先制していたことでどこかいける雰囲気があったように思いましたし、チームがいい緊張感を持てていました。 そして大瀬良投手が我慢、我慢の熱投を見せ、7回には代打坂倉選手の執念のタイムリーで勝ち越し。 思えば石原選手と中村奨成選手が入れ替わって相変わらずの捕手4人体勢ですが、主に出場する會澤選手、磯村選手、坂倉選手は誰がスタメンで出て…

  • 8/7 広11-6神 NEW HERO!羽月隆太郎!

    今日がピースナイターということも、鈴木誠也選手や絶好調長野選手がお休みとなったオーダーも、全て忘れてしまうような大活躍を若き次代のスター候補生が見せてくれました。 守りでのファインプレーに始まり、セーフティスクイズ、三塁打の大暴れ。 正直に言ってスイングはまだまだ一軍レベルには達していないように見えますし、守りではイージーミスやマツダスタジアムの難しさに慣れていない場面も見られたのは事実です。まだ内容だけ見ると粗削りな印象。 しかし、一生に一度しかないこの日にチャンスで何度も回ってきたり、球際の紙一重のプレーが守ってはファインプレー、打っては三塁打になるような強運を持ち合わせているところが何か…

  • 8/6 広5-9ヤ 最後まで色々あった1日。

    今日は広島の人々、そして日本国民にとって特別な日です。 8時15分のサイレンに平和への思いを新たにし、私たち戦争を知らない世代が何一つ苦労することなく、この代えがたい重みのある財産の価値を享受していることを思います。 試合は、攻めて攻められの流れが行ったり来たりする展開でしたが、最後は弱みが上回る結果となりました。 先発とジョンソン投手と高橋投手は、内容でいうとどっちも良くなかったですね。 ただ5回まで高橋投手がなんとかこらえたのに対してジョンソン投手は3回で降板。 その後の継投はある程度予定していたはずのヤクルト、そして9回まで乗り切るにはどうしてもコマが足りなくなるカープ。その差が如実に表…

  • 8/5 広4-1ヤ FA残留組の活躍で3連勝!

    今日はなんと言ってもまず野村投手!! 前回の登板に引き続き、コーナーを丁寧に突くピッチングが冴え渡っていました。テンポもよく、思ったよりも球数は嵩みましたが、見ていて気持ちが良かったです。 FA残留組には単純に結果だけが求められます。やや出遅れた野村投手ですが、ここまで文句のつけようのない滑り出し。頼もしいですね! 8回にはピンチで登板した塹江投手が、連夜の火消し!昨日の今日で少し心配でしたが、今日の球の勢いも素晴らしかった!自分の居場所を掴み取るんだというような、気合いの入ったピッチングでした。 打線はこのブログでも何度も愚痴っていた非効率な並べ方からついに脱却。2番に堂林選手を、7番に菊池…

  • 8/4 広6-3ヤ ようやく!!

    長野さんがやってくれました! 田中選手もやってくれました!! そして、ようやく! リリーフが本当によく頑張った!といえる日が来ました! 2番手の高橋樹也投手が2イニングを無失点、薮田投手から今日の守りのMVP、塹江投手へ。 満塁から最後の最後は力押しで空振り三振、そのまま回またぎで見事無失点。 そして最後は今までの不安定さが嘘のような圧巻の投球を見せたフランスア投手。 みんな本当に頑張りました。 そして、投手陣を支えた坂倉選手の攻守に渡る活躍もお見事!でした。私の中では今日のMVPは坂倉選手を置いて他にありません。 特に塹江投手やフランスア投手には変化球や細かい制球に拘らず、持ち前の豪速球でガ…

  • 8/2 広9-2巨 今日は遠藤淳志の日!

    いいですねえ、若鯉の躍動! 21歳の遠藤投手、22歳の坂倉選手のバッテリーが巨人の強力打線を相手に5安打2失点、素晴らしい! 遠藤投手はプロ入り初完投に、プロ入り初タイムリー! 完投は無四球のオマケ付きで、もう言うことないですよ。 自分はやればこれだけ出来るんだということを結果で示せたことは、遠藤投手本人にとって非常に大きな財産となるはずです。 こういう成功体験こそが、人を大きく成長させるんですよね。 坂倉選手も、遠藤投手のテンポのよい投球を引き出して勢いをつけてくれたと思います。 無四球でしたがカウント3-0はちょくちょくありました。巨人打線が割と振ってきてくれていたのが結果的には良かったの…

  • 8/1 広3-11巨 夢も希望もある大敗。

    いいじゃないですか、今の実力差はこれだけあるということで。 その上でどうやって勝っていくのか、あるいは将来的にチーム作りをしていくのか。ポジティブに捉えるのが大切です。 何せ今年はCSがありませんから、勝つのなら狙うはリーグ優勝のみ。しかし巨人は独走体制に入りつつある中で、恐らくまだ更なる上がり目があるでしょう。諦めるなとは言いますが、2〜3年後に向けたチーム作りの方が現実的に思えます。 今日の先発は床田投手と田口投手という、左腕かつ緩急や右打者へのインサイド攻略をポイントとしている似通った2人でした。 今日の投球の組み立ても似ていたと思いますが、違いを生んだのはシンプルにストライク先行なのか…

  • 7/31 広1-2巨 勝てそうだった?んなわけあるか!

    スコアは1-2、なんだか熱い投手戦を思わせますが、実体は互いに残塁の多い締まりのないゲームでした。 先発の森下投手は、素晴らしい真っ直ぐと平凡な変化球のコンビネーションで全体としてはパッとしない投球。 高めの真っ直ぐでバンバン空振りを取りながら、平凡と言ってしまうことすら若干怪しい変化球でカウントを苦しくして四球を連発。 あれだけ真っ直ぐで圧倒出来るのに、なんじゃそりゃ?という感じでした。若いんだから勢いをもっと押し出してもよさそうなものですが。 かつて福井投手がデビューした頃、同じような様子でしたね。なんだかやたらと色んな変化球を織り交ぜるものの、全部イマイチで一番いい真っ直ぐにはあまり頼ら…

  • 7/30 広4-4中 SS砲で連勝!と書きたかった。

    最近の私は、少しずつある種の諦観といいますか、もう強いカープではないのだから未来を見ていこう、ということが観戦中の気持ちの上でも定着してきた感があります。 このブログではもう何度もそういった趣旨のことは書いてはいますが、やっぱり上手くいかないと単純にあれやこれやと批判したくなりますからね。盛者必衰、前向きにならねば。 昨日は野村投手の素晴らしいピッチングと主砲・鈴木誠也選手の一撃で今シーズンは見ることが難しいだろうと思っていた完封勝利を飾ったカープ。 今日は2番に菊池選手が戻ってきましたが、果たして力不足の感は否めませんでした。ただ昨日はピレラ選手を置いていたので、まだ色々と試したいところなの…

  • 7/28 広2-3中 勝ちに不思議の勝ちあり。

    と、ノムさんがかつて仰っていたことはプロ野球ファンの誰もが知るところ。 今日の試合を見ていて、ふと一昨日の大逆転勝利と共に、その偉大なる先人の戒めを思い出していました。 DeNAのリリーフ陣が不調だったとはいえ完敗の流れから8、9回で10点も取り逆転するとは、それがチーム70年ぶりの出来事を起こしたという事実と共に『不思議の勝ち』を今日の試合を見ながら想起せざるを得なかったのです。 なぜか? あの試合で、先発・リリーフともに(更に守備も)脆弱な状況の中では打線が大量得点する以外に勝つ術が無いことを、ファン目線で改めて悟りました。 しかし今日の初回の攻撃は、先頭が出塁すると相変わらずの送りバント…

  • 7/26 広10-6De やられたらやり返す・・・。

    倍返しにはなってないんですけどね。 7回までは完封か?という展開から、8、9で5点ずつという信じがたい逆転劇。おまけに締めは今年やたらと縁のある満塁ホームラン。もう本当、満塁ホームランはこの1ヶ月余りで打って打たれて2年分くらい見てますよ。お腹いっぱいです。(笑) ですが!! 今日の試合に臨むのに、勝つための最善の準備は出来ていたのか?7回までは完敗を喫する流れでした。確かに、平良投手の出来は素晴らしかった。にしても、です! 本日のオーダー、2番に安部選手、3番にピレラ選手、そして6番に堂林選手。 ??? ちょっと私には納得できる理由が見当たりませんでした。 昨日の試合はノーヒットで複数三振を…

  • 7/25 広2-6De 迷走中。

    勝つための具体的なビジョンがなかなか見えてこないですね〜。 いっそのこと再建の年にしてみてはどうでしょう? 初回はやっぱりな〜という感じで、DeNA打線の『振っときゃヒットになるでしょ!』的な昨日の勢いをそのまま持ち込んだ攻撃で簡単に2点先制。よく2点で済んだものだ、という感じでした。 その後は床田投手と磯村選手のバッテリーがよく耐えたと思います。 打線はチャンスを作るも得点ができない、よく見るパターン。こればかりは巡り合わせみたいなものですから、仕方ないです。相手は今永投手ですし。 しかしやはり今永投手のピッチングは素晴らしい。結果云々は抜きにして、この打者はこうやって打ち取るというビジョン…

  • 7/24 広6-9xDe 試行錯誤は続く。

    打線は6得点したから責められないような、16安打ならもっと点を取れたような。 とは言っても、やっぱり今日はクローザーで負けた、これに尽きますね。 その前を任せるのはケムナ投手、不安定ながらフランスア投手、そして好調塹江投手と道筋がなんとなく見えてきました。菊池保則投手やDJジョンソン投手ももう少し仕上がりが良くなってくれば、当初の壊滅的な状態からは幾分か改善されたと見ていいでしょう。 ただ、肝心の9回を任せる投手が固定できません。 昨日の一岡投手のピッチングを見れば、これでしばらく何とかなりそうだと思ったファンは私を含めて多かったと思いますが、昨日の今日で派手にやってしまいました。 先頭の柴田…

  • 7/23 広4-2神 必然?の2HR。

    試合の始まりから終わりまで、見どころたくさんの試合でしたね。 今年のカープらしくない勝ち方が出来ました。(笑) やっぱり!のホームラン。 初回、カープはチャンスを作りながら4番がゲッツーで無得点。 その裏の守りでは、またも2アウトまで漕ぎ着けていながら相手の4番に手痛い一発を浴びて先制を許してしまいました。 ここでの配球は、素人目にもちょっとどうなんだろう、と思ってしまいました。 初球をファウルとしたあと、2球目は内角に真っ直ぐで追い込みます。ここまでは素晴らしかったと思います。 3球目は外に真っ直ぐ。そして4球目にも外に真っ直ぐ。この2球は、勝負に行っているようには見えませんでした。 こうな…

  • 7/22 広3-3神 ラッキーと実力と。

    今日は投手陣がみんな良かったですね。私にはそう見えました。 先発は野村投手。 阪神打線が好調な中での今季初先発ということでちょっと不安を感じていたのですが、いいときの投球が出来ていました。 制球も緩急もよく、三振も奪えていました。この内容をシーズンで続けられればローテーションにとても心強いピッチャーが一人加わることとなります。 二番手の一岡投手、三番手の塹江投手も内容は素晴らしかったと思います。塹江投手は一発こそ浴びましたが、出会い頭のようなホームランでした。そしてまたこの失敗が、彼を成長させてくれることと思います。 今日の投手陣の頑張りは、この試合を最後まで任された磯村選手の配球との相性もあ…

  • 7/21 広4-9神 パターン化した負け方。

    1回オモテ、いきなり堂林選手の胸のすくような素晴らしいホームランで先制。 インコースに食い込んできた真っ直ぐ系の球を、今シーズンよく見る得意の腕を畳んだスイングで捉えるとレフトスタンドへ一直線! テレビで見るとどう見てもファウルになりそうなのに、これには驚きました。そうか、風のおかげか・・・と思いきや、今日の風はライトからレフトに強く吹いていて再び驚き。このままリーグを代表するスラッガーとして、キャリアの今までの足踏みの分を一気に飛び越して欲しいですね〜。 九里投手は残念ながら前回登板同様に結果が出ず。 ボール自体は今日も良かったと思うんですが、追い込んでからとか、大事なところで痛いミスをして…

  • 7/19 広3-3ヤ 野球の怖さ、面白さ。

    やっぱり見てると勝ち負けにこだわっちゃうんですけど、それとは別の面白さを追うのも、またプロ野球の楽しみ方のひとつですね。 ヤクルト先発・高梨投手はカープ打線一巡目をほぼ完璧に抑えるなど快調でしたが、内容を見ると打てそうで打てない、攻略できそうでできない・・・のらりくらりとかわされつつ、チャンスを作っても勝負どころでは制球が決まり仕留められない。 これは今日は難しい日かなあ、という思いが徐々に強くなってきたラッキーセブン。 先頭の堂林選手が今日初安打をセンターに飛ばしてからはあっという間に集中打を浴びせて同点になりました。 松山選手の同点タイムリーは低めを上手く拾いましたが、内野フライとなってい…

  • 7/18 広4-9ヤ 元気のないバッテリー。

    途中までは勝てそうな雰囲気が強かったんですけどね。 今日の試合、気になったのはどうも調子に乗り切れないバッテリーの様子。 特に、坂倉選手はキャッチャーとしての能力、伸びしろは期待していいのだろうか・・・と疑問に思ってしまいました。 打撃センスは間違いなくいいものを持っていると感じます。ただ、捕手としては石原選手のような安心感、會澤選手のようなリーダーシップ、磯村選手のようなコミュニケーション能力、といった長所として活きる特徴をイマイチ見い出すことが出来ずにいます。 苦しい場面でも投手に声をかけたりということもそれほど見る機会がありませんし、まだ若いのでどこか遠慮があるのでしょうか。 今日は途中…

  • 7/17 広9-2ヤ カープは3番に堂林を起用した!!

    こうかは ばつぐんだ!! 9 【堂林翔太 (広島東洋カープ)】BBM2014 堂林翔太カードセット「BREAKOUT」 レギュラー [2013.06.23] posted with カエレバ スポーツカード ジャンバラヤ Yahooショッピング Amazon 楽天市場 カープ カテゴリーの記事一覧 - baseballlll’s blog~カープとMLB。

  • 7/16 広4-9巨 対巨人の潮目が変わった。

    この3連戦が始まる前には、3タテいきましょう!な〜んて宣ってた自分が恥ずかしくなるほど、軽くひねられて返り討ちに遭ってしまいました。 ここ何年かはカープがずっと得意としていた巨人戦。戦力差や相性もありますが、なんとなく私たちファンも感じていたであろう『勝てるな』という雰囲気がありました。 これまで私は、巨人戦ではたとえ不利な展開になっていても『たぶん逆転するでしょ』と最後の最後まで楽観的に試合を見ていました。そしてたとえ負けたとしても『明日は勝てるから全然平気』と呑気な心持ちでいましたし、実際ほとんどその心構えのとおりの結果となっていたのでした。 しかし今日の巨人ベンチを見ていて感じ取れたのは…

  • 7/15 広1-12巨 特になし!

    昨日、巨人を相手に完敗しました。負けるにしてもここまで内容に差が出たのは久しぶりな気がするなあ・・・と思っていたのですが、今日はそれ以上の完敗でした。 www.baseballlll.jp 昨シーズンまでは巨人相手になんとか対等には渡り合えていたものの、今シーズンは苦しそうです。 選手個々の仕上がりがどうこう言う前に、やはり感じてしまうのは戦力差。三連覇のメンバーの多くがキャリアのピークを過ぎてしまった中、次の世代の台頭もそれほど目立ったものが無いのでは仕方ありません。巨人とは対照的です。 そして、オフには嬉しかったはずのFA選手全員残留というのが、このチーム状況では今後の世代交代にネガティブ…

  • 7/14 広2-7巨 谷繁さんの仰るとおりで・・・。

    僅かに反撃ムードが出てきたシーンもありましたが、主導権は終始ジャイアンツでしたね。 本日Jスポで解説を担当された谷繁さんが、序盤にこういった主旨のことを仰っていました。 九里投手は年々レベルアップしているいい投手だが、球数が多くなる傾向にある。 例えば(ランナーを背負っている状況で)外角低めに落とせば、内野ゴロを打たせることが出来る。この場合外角低めに投げることが大事なのではなくて、こうして打ち取るという意図を理解している大事。 九里投手は追い込んだあとに難しいコースを狙ってばかりいて、結果カウントを悪くしてしまい打たれたり四球を出している。キャッチャーは打ち取るという意図で配球を組み立ててい…

  • 7/12 広7-2中 序盤の辛抱からの・・・。

    終盤にかけては理想的な展開でした。 昨日あれだけ打ちまくって、今日もピレラ選手が初球をヒットにしたときは流れでイケイケかなあ〜と期待しましたが、そこは一旦流れを切ってでも送りバントを選択。 さすがに初回からこれか、とちょっとガッカリしましたが、先発の遠藤投手を楽にさせる意味でもまずは得点圏にランナーを置いて1点を取りに行くということだったのでしょう。 結果的に先制点を取れましたが、その後の流れを見ると送りバントしなけりゃもっと点を取れたんじゃないか?なんて思ってしまいましたがこれぞ結果論。采配とは難しいものですね〜。 その遠藤投手、序盤は追い込んでからの決め球が甘いところに行く場面が何度かあり…

  • 7/11 広19-4中 これぞ2020カープの勝ちパターン!

    やはりこうだと思います! シーズン始まって以来、戦力的に打ち勝つのが理想だと何度か書きましたが、その理想型となったのが今日の試合でしょう。 9日の試合について、1〜3番のことを書きました。 www.baseballlll.jp タイプ的に波がとても大きくなってしまうこの上位3人に、今日はビッグウェーブがやってきました。(こんな日に限って4番に打点が付かないというのは皮肉なものですが・・・) 3回の9点。 これで勝負はつきました。 その後に9点を取りましたが、これはオマケのようなもの。一旦大量点差がついてしまうと相手は実力の劣る投手を投入せざるを得なくなり、追加点のチャンスは当然広がるため、いか…

カテゴリー一覧
商用