chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
石川鏡介の旅ブログ https://ameblo.jp/marunisasarindou29/

ちょっとした旅や外出先での出来事の記録や、神社仏閣・名所旧跡等の紹介です。

石川鏡介
フォロー
住所
未設定
出身
東京都
ブログ村参加

2016/01/23

1件〜100件

  • 長谷寺の五重塔をみる

     奈良県の長谷寺がいかに大きな寺院か。 それは実際に行かなくても、末寺を多く抱える宗派の本山であるとか、歴史的に名高い寺院だということで、ある程度は想像できま…

  • 「西国(さいごく)」の御朱印もいただく

     私は四国霊場や坂東観音霊場、秩父観音霊場、武蔵野観音霊場、関東三十六不動霊場、神仏霊場巡拝の道などをまわっていますが、西国(さいごく)三十三観音札所もまわっ…

  • 長谷寺で、「神仏霊場」の御朱印をいただく

     近鉄の長谷寺駅から長谷寺の山門までは、いかにも由緒ある寺院の門前町といった雰囲気の道を行くことになります。 クルマでの参詣の場合は、その門前町の中を通り抜け…

  • 長谷寺(奈良県)について

     改めて説明いたしますと、長谷寺(奈良県の)は真言宗豊山派の本山であり、「西国三十三観音霊場」の第八番札所にして「神仏霊場巡拝の道」の第三十五番(奈良県の二十…

  • 真言宗豊山派の本山・長谷寺

     奈良県の長谷寺は真言宗豊山派の本山です。 豊山派の寺院は全国に数多くありますから、それだけに多くの人々の信仰を集めているといっていいですが、歴史があり観音霊…

  • 次の目的地は長谷寺

     「おふさ観音」の次の目的地を大和長谷寺と決めました。 「長谷寺」と書くだけでじゅうぶんとは思いましたが、鎌倉その他にも「長谷寺」とよばれるお寺は幾つもあるの…

  • 奈良県の「彩華ラーメン」

     おふさ観音の次の目的地に向かう途中で、ラーメン店に立ち寄り、昼食としました。 彩華ラーメンというお店です。奈良県内で知られた有名店のようです。   

  • 「大和七福神八宝霊場」のひとつとしての「おふさ観音」

     おふさ観音と呼ばれるお寺は高野山真言宗の別格本山で「大和七福神八宝霊場」のひとつです。 同行した友人が、たしか大神神社でだったと記憶していますが、七福神めぐ…

  • 次の目的地は「おふさ観音」

     談山神社での参詣を終え、次の目的地に向かいました。 「おふさ観音」と呼ばれるお寺です。 

  • 談山神社の十三重塔

     談山神社を象徴する建物は、なんといっても木造の十三重塔です。 神仏混淆の寺院だったときの名残であります。神社であるのに代表的建築物が「寺院時代の名残」とは何…

  • 令和元年七月、談山神社参詣にて

     中臣鎌足(藤原鎌足)といえば、歴史(世界史でははく日本史)の教科書には必ず載っている人物ですね。載っていなかったら教科書としておかしいといっても過言ではない…

  • 談山神社について

      談山神社の祭神は藤原鎌足です。 摂関政治で有名な藤原氏の祖であり、「大化の改新」の中心人物です。 もともとは中臣鎌足という名でした。 歴史書の伝えるところ…

  • 談山神社参詣は二度目

     談山神社は、友人にとっては初めて行く場所だったようですが、私にとってはこの時で二度目でした。 橿原神宮同様、二十数年前に、大学のゼミの見学会の旅行に参加させ…

  • 談山神社に到着

     談山神社(たんざんじんじゃ)の所在地は奈良県桜井市多武峰三一九番地です。 大神神社(おおみわじんじゃ)の所在地も桜井市ですから、元の場所に戻ったかのようです…

  • 次の目的地は談山神社

       

  • 橿原神宮の巫女さんに質問する

      橿原神宮境内の休憩所にいた友人が座り続けながら、或る疑問を口にしました。 境内を巫女さんが歩いていました。他の神社で見かける場合と同様、赤系統の色の袴を穿…

  • 橿原神宮境内の休憩所で休む

     私にとっては二回目の橿原神宮参拝でしたが、以前の記憶が薄れていた部分もあって、けっこう新鮮に感じた部分もありました。 しかし、同行した友人はつまらなそうで参…

  • 令和元年七月、橿原神宮参拝

     橿原神宮へ行くのは、私にとってはこの時が二度目でした。 二十何年も前に、大学の恩師や後輩たちのグループとともに「ゼミの見学旅行」として奈良県の神社仏閣へ行き…

  • 橿原神宮について

       奈良県の橿原神宮について、改めて説明いたします。 所在地は奈良県橿原市久米町九三四番地。 最寄り駅は近鉄橿原神宮前駅で、徒歩約十分。 主祭神は初代の天皇…

  • 橿原神宮に到着

     橿原神宮の駐車場に着いて境内に向かい、まず写真を撮った。一枚目の写真の撮影時間が八時十九分。 大神神社から去る時に摂った写真撮影時間が七時三十七分。 駐車場…

  • 大神神社から橿原神宮へ

        大神神社は奈良県を代表するような古社であり大和国の一宮。 「神仏霊場巡拝の道」の二十一番であり奈良県としての八番目。 同行した友人としてもかんり興味惹…

  • 三輪山には登らず

      令和七月の旅の話の続きです。 元号が平成から令和になり、その記念として日本の歴史の中でも特に古く、国の成り立ちにもかかわるような由緒ある神社等に行きたいと…

  • 大神神社(おおみわじんじゃ)で「神仏霊場巡拝の道」の御朱印をいただく

      大神神社(おおみわじんじゃ)の主祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)です。 所在地は奈良県桜井市三輪一四二二番地。 大和国の一宮であり、「神仏霊場巡…

  • 三輪の神杉

     中里介山の長編小説(未完)・『大菩薩峠』は文庫本二十巻(富士見文庫)にわたる長さで、執筆当時は世界一の大長編と言われました。 その『大菩薩峠』には冒頭で描か…

  • 大神神社(おおみわじんじゃ)の拝殿

     有名な話ではありますが、大神神社のご神体は背後にそびえる三輪山で、やまそのものが神であり神殿であるために、通常の神社にみられる「本殿」はありません。 参拝者…

  • 大神神社(おおみわじんじゃ)の鳥居をくぐる

     このとき奈良県へ一緒に行った友人は東京都内に勤めておりまして、クルマ通勤でした。翌日が休みだという日の晩に都内で待ち合わせて彼の運転するクルマで奈良県へ向か…

  • 奈良県の大神神社(おおみわじんじゃ)へ

     群馬県利根郡川場村の吉祥寺に行った日は、その参詣だけで、他のお寺に行くことは無く帰宅。 その後しばらくは、「武蔵野三十三観音札所巡り」をしたり、四国霊場(徳…

  • 吉祥寺(川場村)の宝物殿(古月庵)

     群馬県利根郡川場村の、臨済宗建長寺派の名刹・吉祥寺。 立派な山門(三門)をくぐって真っすぐ進むと本堂だ、とか、向かって左に釈迦堂がある、と説明いたしましたが…

  • 令和元年五月中旬、吉祥寺(川場村)参詣

       元号が平成~令和になって初めてのお寺参りは東京都青梅市の塩船観音だったでしょうか。 その次がこの前紹介しました千葉県市川市の高圓寺であり、東京都豊島区の…

  • 吉祥寺(川場村)本堂から庭園を見る

              

  • 吉祥寺(群馬県利根郡川場村)の本堂へ

     釈迦堂で参拝した後、本堂に向かいました。    

  • 吉祥寺(群馬県利根郡川場村)の釈迦堂

     群馬県利根郡川場村の吉祥寺の境内に入り、山門をくぐってから真っすぐ進むと本堂があるのですが、その手前、向かって左側には釈迦堂があります。         

  • 吉祥寺(群馬県利根郡川場村)の境内

     群馬県利根郡川場村の古刹・臨済宗建長寺派の吉祥寺。 沼田市街から外れて川場村に入り、さらに奥へと進んだ場所にあるだけに、自然豊かな、静かなところです。 境内…

  • 吉祥寺(群馬県利根郡川場村)の大黒天尊像

     続いて、大黒天尊像を拝観しました。 禅宗の寺院で大黒天が安置されているというのは、べつに珍しいことではありません。 ただ、今まで見てきた大黒天の像の中でも特…

  • 吉祥寺(群馬県利根郡川場村)の金剛力士像と明王像

     群馬県の北部、利根郡川場村にある古刹、吉祥寺。 境内も広いですが山門も立派です。 臨済宗建長寺派としては最北端にある寺院だそうで(ということは東北地方や北海…

  • 吉祥寺(群馬県利根郡川場村)の歴史

     群馬県利根郡川場村にある臨済宗建長寺派の吉祥寺はいつの創建なのか? 「東国花の寺百ケ寺」のガイドブック『東国花の寺百ケ寺ガイド』(朱鷺書房)や、吉祥寺の縁起…

  • 吉祥寺(群馬県利根郡川場村)について

     「東国花の寺百ケ寺」群馬県の第十一番である吉祥寺は、群馬県利根郡川場村門前八六〇番地にあります。 山号は青龍山。 宗派は臨済宗建長寺派。 本尊は釈迦如来。 …

  • 「東国花の寺百ケ寺」のひとつ、吉祥寺(群馬県利根郡川場村)

     群馬県利根郡川場村にある吉祥寺は、「東国花の寺百ケ寺」の一つで、群馬県の第十一番です。 「東国花の寺百ケ寺」では、栃木県の第一番も同じく「吉祥寺」という名称…

  • 群馬県利根郡川場村の吉祥寺へ

     千葉県市川市の高圓寺(こうえんじ)や東京都豊島区の雑司ヶ谷鬼子母神などへ行った日から数えて十日後。 群馬県利根郡川場村にある吉祥寺へクルマで行きました。 こ…

  • 令和元年五月、雑司ヶ谷鬼子母神参詣

     東京都豊島区雑司ヶ谷の鬼子母神堂。 以前から何度もお参りしています。 池袋に用事があって出かけたとき、ちょっと時間に余裕があって鬼子母神堂へ行ったとか、会合…

  • 雑司ヶ谷の妙見宮

     この時は、たしか、JR池袋駅の東口から歩いて行ったと記憶しています。 都電荒川線とか地下鉄とか、最寄り駅は他にもあるのですが、JR池袋駅東口から歩いても、そ…

  • 雑司ヶ谷へ

     さて、高圓寺で藤の花などを観賞し、お参りも済ませ、「東国花の寺百ケ寺」の御朱印を頂いた後、駅に戻り、次の目的地を目指しました。 次の目的地は、「東国花の寺」…

  • 令和元年五月、高圓寺(市川市)参詣

      ときは令和に元号が改まったばかりの令和元年五月。新型コロナウイルスなどまだ流行っていないときで、そんなものが流行るなど誰も思わなかった頃。 北関東の「花の…

  • 高圓寺(こうえんじ)の歴史

     千葉県市川市宮久保にある日蓮宗の高圓寺(こうえんじ)の成り立ちについて説明します。 鎌倉時代後期の徳治二年(西暦一三〇七年)に中山の法華経寺二世・日高上人が…

  • 市川市の高圓寺(こうえんじ)について

     千葉県市川市宮久保にある高圓寺(こうえんじ)は「東国花の寺百ケ寺」の一つ、千葉県の四番であり、宗派は日蓮宗、本尊は釈迦牟尼仏です。 最寄り駅は京成電鉄の京成…

  • 「東国花の寺百ケ寺」のひとつ、高圓寺(千葉県市川市)

     高圓寺(こうえんじ)の所在地は千葉県市川市宮久保四の五の一番地。 「東国花の寺百ケ寺」のひとつで、千葉県の第四番となっています。 主な花はフジ(藤)で、開花…

  • 千葉県市川市の高圓寺へ

     東京都青梅市の塩船観音へ行った翌日、千葉県市川市にある高圓寺(こうえんじ)へ行きました。 「東国花の寺百ケ寺巡り」再開です。

  • 令和元年、塩船観音寺での柴燈護摩供

                

  • 塩船観音の写真・平和観音像

             

  • 塩船観音の写真・つつじ その2

              

  • 塩船観音寺の写真・つつじ

          

  • 塩船観音の鐘

  • 塩船観音寺の写真・弘法大師と薬師堂

            

  • 令和元年五月、塩船観音寺参詣

     また話題を令和元年五月の塩船観音寺参詣のときのことに戻します。 東京都青梅市の塩船観音には何度も行っており、すぐには数えきれないくらいです。 「東国花の寺百…

  • 但馬牛と焼き穴子のあいのせ

     四国に行って、帰路、岡山駅で駅弁を買うことが多くなりました。 今治へ行った帰りに「下津井旅情」という駅弁を買った時よりも以前、同じく今治へ行ったことがありま…

  • 岡山の駅弁「下津井旅情」(1080円)

      愛媛県今治市へ行った旅の帰りに、岡山で東京行きの新幹線に乗る際、駅弁を買いました。 「下津井旅情」という名の弁当がおいしそうだったので買い、新幹線に乗って…

  • 愛媛の濃厚鯛味噌ラーメン

     都合により、ちょっとここで話題を一時的にかえさせていただきます。 どうしても愛媛県の今治市に行かなくてはならない用事がありまして、四国に行き、香川県でレンタ…

  • 令和元年五月には塩船観音の「柴燈護摩供」が通常通りに行われた

     東京都青梅市の塩船観音寺。 有名なのは毎年ゴールデンウィーク中に行われる「つつじまつり」と五月三日に行われる「柴燈護摩供」です。 私は子どもの時を含めて、何…

  • 令和元年令和元年五月、塩船観音(東京都青梅市)へ

     群馬県安中市の金剛寺へ行った日から二週間ぐらいたってから、東京都青梅市の塩船観音へ行きました。 こちらは何度もお参りしていて、このブログでも、何度も紹介させ…

  • 補陀寺と松井田城と大道寺政繁

     群馬県安中市の補陀寺には、北条氏(戦国大名の)の家臣・大道寺政繁の墓があります。 ここは天正年間、上杉・武田・北条・織田などの大名の争奪の場をなりましたが、…

  • 補陀寺(安中市)について

     群馬県安中市の、JR信越本線西松井田駅の近くで、中山道のすぐ脇ともいうべき地にある補陀寺。 宗派は曹洞宗です。 所在地は群馬県安中市松井田町新堀一一八六番地…

  • 補陀寺に立ち寄る

      群馬県安中市の金剛寺での参詣を終え、「東国花の寺百ケ寺」の御朱印もいただき、JR信越本線の西松井田駅に戻りました。 その途中、由緒ありそうなお寺をみつけ、…

  • 金剛寺(安中市)の大師堂

       

  • 金剛寺(安中市)の境内

     群馬県安中市の金剛寺は、境内が特別広いというわけではありませんが、伽藍の配置、庭木・庭石・花などの配置が良く、仏・菩薩像などもいろいろあって、きれいに配置さ…

  • 金剛寺(安中市)の伝説・歴史

     群馬県安中市にある金剛寺は、碓氷荒太郎定光という人物によって建てられたとされています。 碓氷荒太郎定光は源頼光に仕えていた人物で、「頼光四天王」に一人と言わ…

  • 安中市の金剛寺の「金剛力士像」

       群馬県安中市の金剛寺には仁王門があり、仁王像が安置されています。 金剛力士像とも言います。 力強く、立派な像です。          

  • 群馬県安中市の金剛寺について

     群馬県安中市にある金剛寺の詳しい所在地は群馬県安中市松井田町新堀一〇五八番地です。 山号を碓氷山(碓氷峠の碓氷です)といいます。 宗派は真言宗豊山派。 本尊…

  • 「東国花の寺百ケ寺」のひとつ、金剛寺(安中市)

     群馬県安中市の金剛寺は「東国花の寺百ケ寺」のひとつで、群馬県の六番です。 「東国花の寺百ケ寺」のうち、金剛寺という名の寺院は東京都青梅市の金剛寺(青梅の地名…

  • 群馬県安中市松井田町の金剛寺へ

      東京都あきる野市下代継の金松寺へ行った日から数えて、十日目。 群馬県安中市松井田町にある金剛寺に行きました。 「東国花の寺百ケ寺」巡りの続きです。 珊瑚寺…

  • 東京都あきる野市の金松寺へ

     群馬県の「東国花の寺百ケ寺」の寺院、珊瑚寺(前橋市)、福増寺(渋川市)、柳澤寺(榛東村)、宝積寺(甘楽町)、長楽寺(下仁田町)へ行った日から数日後。 東京都…

  • 平成三十一年四月、長楽寺(下仁田町)参詣

     長楽寺の本尊、釈迦如来坐像は下仁田町の重要文化財に指定されているものです。 木彫り、寄木造で、頭部は平安時代の制作、体部は鎌倉時代のものだそうです。 日が傾…

  • 長楽寺(下仁田町)の歴史

     群馬県甘楽郡下仁田町本宿にある曹洞宗寺院・長楽寺。 創建は建久三年といわれているようです。 建久三年といえば、西暦でいうと一一九二年。現在はともかく、以前は…

  • 長楽寺(下仁田町)のシダレザクラについて

     群馬県甘楽郡下仁田町本宿にある曹洞宗・長楽寺。 名物はシダレザクラ。 山門をくぐって境内に入るとすぐに見える古木で、さすが「東国花の寺百ケ寺」に選ばれるだけ…

  • 下仁田の長楽寺について

     長楽寺の所在地は群馬県甘楽郡下仁田町本宿三七八八番地。 宗派は宝積寺と同じく曹洞宗。 本尊は釈迦如来(やはり宝積寺と同じですね)。 山号を弘誓山(ぐぜいざん…

  • 「東国花の寺百ケ寺」のひとつ、長楽寺(下仁田町)

     群馬県甘楽郡下仁田町の長楽寺(ちょうらくじ)は「東国花の寺百ケ寺」のひとつで、群馬県の五番です。 主な花はシダレザクラで、開花時期は四月上旬から中旬まで。 …

  • 下仁田の長楽寺(ちょうらくじ)へ

     宝積寺の駐車場に戻り、次の目的地に向かいました。 この日の群馬県内の「東国花の寺百ケ寺」めぐりは、次の目的地で最後となりました。 目指すは甘楽郡下仁田町にあ…

  • 平成三十一年四月上旬、宝積寺(甘楽町)参詣

      歴史ある町ではあるものの、市街地から離れ、山ばかりの山村のような風景で、最寄り駅からは遠い。 しかも拝観料を払わないと入れない。 それでも宝積寺は、かなり…

  • 宝積寺(甘楽町)は禅の修行道場

     宝積寺の縁起について書かれた文章の、「織田信長の孫・織田信良候が小幡藩主となり」云々の後に、宝積寺が禅修行道場として栄えていたことや、寺院としての規模、格式…

  • 宝積寺(群馬県甘楽郡甘楽町)の歴史

         群馬県甘楽郡甘楽町の宝積寺の歴史についてですが、どういう経緯で、いつ、誰が創建したかは分からないようです。 宝積寺責任編集の縁起の文章をみても、朱鷺…

  • 菊女観世音菩薩

     宝積寺の境内に「菊女観世音菩薩」という、ちょっと大きめの観音像があります。 朱鷺書房『東国花の寺百ケ寺ガイド』によると、 「本堂右手前に立つ菊女観音像は小幡…

  • 宝積寺(群馬県甘楽郡甘楽町)について

     宝積寺の所在地は群馬県甘楽郡甘楽町轟七七四番地。 宗派は曹洞宗。 本尊は釈迦牟尼仏。 「東国花の寺百ケ寺」の群馬県の第四番ですが、それと同時に「小幡七福神布…

  • 「東国花の寺百ケ寺」のひとつ、宝積寺(甘楽郡甘楽町)

     宝積寺(ほうしゃくじ)は「東国花の寺百ケ寺」のひとつで、群馬県の四番です。 名物となっているのがシダレザクラで、開花時期は四月上旬から中旬まで。 他には、フ…

  • 甘楽郡の宝積寺(ほうしゃくじ)へ

     群馬県内の「花の寺」めぐりは続きます。 北群馬郡榛東村の柳澤寺での参詣を終え、「東国花の寺百ケ寺」の御朱印をいただき、駐車場に戻りました。 まだまだ、他の寺…

  • 平成三十一年四月上旬、柳澤寺参詣

     ときは平成三十一年四月上旬。 サクラの花が盛りの時期。 天気は快晴。 満開のサクラを観るにちょうどよい気候、天気。 日本の天台宗の祖、伝教大師最澄ゆかりの寺…

  • 柳澤寺(群馬県北群馬郡榛東村)の境内

      柳澤寺の本堂は、木々に囲まれた、奥まったところにあります。 境内にある五重塔や山門があまりにも立派ですから本堂がこぢんまりしたように感じますが、歴史を感じ…

  • 柳澤寺(群馬県北群馬郡榛東村)の歴史

         さて、群馬県北群馬郡榛東村にある柳澤寺の歴史について書きたいところですが、詳しいことは全然分からないようです。 そのわけは、戦国時代、今の群馬県であ…

  • 柳澤寺(群馬県北群馬郡榛東村)について

     柳澤寺(りゅうたくじ)の所在地は群馬県北群馬郡榛東村山子田二五三五番地。 宗派は天台宗。 本尊は千手観世音菩薩。 最寄り駅はJR上越線の群馬総社駅で、タクシ…

  • 「東国花の寺百ケ寺」のひとつ、柳澤寺(りゅうたくじ)

      群馬県北群馬郡榛東村にある柳澤寺(りゅうたくじ)は、「東国花の寺百ケ寺」のひとつで、群馬県の八番です。 ちなみに、ひとつ前の番号の七番は高崎観音です。 「…

  • 福増寺(ふくぞうじ)から柳澤寺(りゅうたくじ)へ

     この日は群馬県内の「東国花の寺百ケ寺」寺院を巡ろうと決めていまして、最初に前橋市の珊瑚寺、二番目に渋川市の福増寺(ふくぞうじ)へ行きました。 福増寺で「東国…

  • 福増寺の境内

      群馬県は「好きな都道府県ランキング」ではいつも下位に甘んじているようで、その話題がマスコミで取り上げられると北関東の三県すべて人気ないなどと言われ、その三…

  • 福増寺(ふくぞうじ)の名の由来

     福増寺という名称から、「福が増す」おめでたい名前ということで寺名が付けられたと思ったのですが、朱鷺書房『東国花の寺百ケ寺ガイド』によると、単純に「福が増すか…

  • 福増寺の歴史

     群馬県渋川市赤城町津久田にある曹洞宗の福増寺。その歴史は南北朝時代の暦応三年(西暦一三三八年)に始まります。 開基は狩野甚左衛門。開山は雲峯誾悦。その頃は、…

  • 福増寺の仁王像

          

  • 福増寺の子育て地蔵尊

            

  • 福増寺について

     福増寺(ふくぞうじ)の所在地は群馬県渋川市赤城町津久田二三七番地。 宗派は曹洞宗。 本尊は釈迦如来。 最寄り駅はJR上越線の敷島駅で徒歩五分の距離。 クルマ…

  • 「東国花の寺百ケ寺」のひとつ、福増寺(ふくぞうじ)

     群馬県渋川市にある福増寺は、「東国花の寺百ケ寺」のひとつです。 群馬県の十二番です。 ちなみに、前橋市にある珊瑚寺は十三番です。 「花の寺」としての主な花は…

  • 群馬県渋川市の福増寺(ふくぞうじ)へ

     群馬県前橋市石井町の珊瑚寺にて、「東国花の寺百ケ寺」の御朱印をいただきました。 この日は「東国花の寺百ケ寺」巡りが目的だったので、珊瑚寺一か寺だけのお参りに…

ブログリーダー」を活用して、石川鏡介さんをフォローしませんか?

ハンドル名
石川鏡介さん
ブログタイトル
石川鏡介の旅ブログ
フォロー
石川鏡介の旅ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用