住所
フランス
出身
大田区
ハンドル名
ルロワ・モワさん
ブログタイトル
パリ生活社ミルクとマカロン2
ブログURL
http://milketmoi.blog.jp/
ブログ紹介文
パリ郊外マルヌ川の流れる街でフランス人の夫、わんこ4匹うさぎ2匹と暮らすmoiが綴るフォト日記です。
自由文
更新頻度(1年)

62回 / 62日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2015/09/26

ルロワ・モワさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(IN) 689 693 684 687 671 677 664 949825サイト
INポイント 10 500 460 470 500 520 530 2990/週
OUTポイント 50 570 460 630 590 590 790 3680/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 17 18 17 14 15 15 15 34553サイト
フランス情報 2 2 2 2 2 2 2 928サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 3235 3098 3081 2923 2782 2737 2613 949825サイト
INポイント 10 500 460 470 500 520 530 2990/週
OUTポイント 50 570 460 630 590 590 790 3680/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 112 104 108 103 96 92 90 34553サイト
フランス情報 2 2 2 1 1 1 1 928サイト
今日 02/23 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949825サイト
INポイント 10 500 460 470 500 520 530 2990/週
OUTポイント 50 570 460 630 590 590 790 3680/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 0 0 0 0 0 0 0 34553サイト
フランス情報 0 0 0 0 0 0 0 928サイト

ルロワ・モワさんのブログ記事

?
  • パリの名ブーランジュリーのクロワッサンはバターたっぷりザックザク

    美味しいパンを探して、のコーナーでございます。本日は15区の有名パン屋さん「ラ・メゾン・ピシャール」。2017年にクロワッサンコンクールで第1位に輝いているそうで、ちょうど近くに行ったので寄ってまいりました。つい最近ご紹介した→「パリのパン屋ガナGanaのバゲッドの

  • パリ11区シャロンヌ通りのエマウス・ブティックに初訪問

    普段はパリ郊外のエマウスにばかり行っているのですが、はじめてパリ11区シャロンヌ通りのエマウスに行ってきました。ちなみにエマウスとは慈善活動家でもあったアベ・ピエール神父が1949年にホームレスなどを救済する目的で自らの資金で作った協会。フランスに住んでる人は

  • パリ風タパス。くるみを詰めたマッシュルームのアヒージョ仕立て

    今日は最近作ったアペロのおつまみの中でも一番のヒット作、「パリ風タパス。くるみを詰めたマッシュルームのアヒージョ仕立て」のご紹介でございます。お買い得だったと旦那が買ってきたマッシュルーム。突然だといつも何を作っていいのか迷うんです。で、マッシュルームそ

  • フランス人と貧乏ゆすり

    日本で結構よく目についた貧乏ゆすり。なぜか女性では見た記憶がなく男性がしている印象が強かったです。どうしてするのかな、と自分でやってみたこともあるのですが、小刻みに動かすのが難しいし結構疲れるんですよね。で、フランスに来てからぜんぜん見たことがなかったの

  • パリの老舗ベトナムレストランの大人気ボブンを初お試し

    土曜日の久しぶりの旦那とのパリ散歩のランチは、11区の老舗ベトナムレストランのここ「パリハノイ」に入ってみました。有名老舗店ですが私たちは初お試し。12時開店で着いたのは1時少し前。列が出来てるかな、と思ったのですが、大丈夫。まだ少し席が空いていたのですぐ座れ

  • ちょっぴりリヨン風の週末ごはん

    週末ごはんのご紹介です。まずはサラダで自分レシピのコチラ。→ 【家ビストロごはん】カリカリパンのサラダ by ルロワ・モワこれはリヨンのサラダ、サラダリヨネーズを、自分流で作ったものなのですが、大好評いただいておりまして、今までで一番好きなサラダ、なんていう超

  • 14週目デモの土曜日、旦那と2人で春の足音のパリ

    ここのところ青空の日が続いているパリ。久しぶりに旦那とパリ散歩してきました。土曜日なのでどこかでジレジョーヌの14週目デモが行われているはずなのだけどぜんぜん出くわしません。どこでやってるのかしら…。薄手のセーターにコートでも寒くなくて、日差しも明るくて。

  • ダイエットにも身体にもいいおすすめのフランスのお水

    いつも愛飲していたお水はイタリアの炭酸水サンペレグリノだっのですが、三か月くらい前にこのフランス、オーヴェルニュ地方の炭酸水「ロザーナ(Rosana)」に変えました。きっかけは何てことない。サンペレグリノが売り切れていたから。やはり炭酸水でポピュラーなペリエや

  • フランス式挨拶のビズ、日本人の私的対応

    今では慣れて当たりまえになったフランス式挨拶ビズ(bise/bisou)。頬と頬をくっつけてチュッとするやつです。でも考えてみるとパリに来た最初の一年は、周りは日本人がほとんどだったので慣れるほどまではいかなくて。ビズが本当に日常のことになったのはやはりフランス家

  • 伝統的フレンチが美味しい!パリ15区のレストラン / パリに来たら絶対外せない?!あのスイーツを初お試し

    最初に、サイト「ハネムーンS」フランス特派員記事のお知らせです。今回はパリ15区の裏通りにあるレストランをご紹介。→海外初心者さんにうれしい親日家のシェフ!パリの隠れ家レストラン「ル・ベリゼール」このお店を知ったきっかけはTVの料理番組。シェフさんがフランスの

  • フランス人も大好きな甘辛おかず。炊飯器で鶏手羽先の味噌コチュジャン煮

    炊飯器におまかせの簡単甘辛コクウマ煮物、「鶏手羽先の味噌コチュジャン煮」のご紹介でございます。煮物がいまいち好きじゃないフランス人旦那が食べてくれそうな味は、と思い、浮かんだのが味噌とコチュジャンの甘辛ガッツリめ味。やっぱりフランス人も(特に男?)甘辛味

  • パリでおトイレに行きたくなったら / ル プチ マルセイエのお気に入りの香り製品

    最初に、サイト「ハネムーンS」フランス特派員記事のお知らせです。でも実は少し前に更新したものなのですが、これはハネムーンカップルさんだけじゃなく、日本からパリにご旅行に来る方皆さんに参考にしていただける内容なので、このブログでもご紹介させていただくことにい

  • マルシェとイタリアンムッシューとさよならと

    いつもと変わらない我が街マルシェでございます。ポルトガルバーの面々も見たことがある方々がいっぱい。で、白とピンクのシュワシュワタイム。最近はわたくしはカシスリキュールなしのシンプルなヴィーニョ・ヴェルデがお気に入り。ヴィーニョ・ヴェルデはポルトガルの微炭

  • 13週目デモ / フランスのスーパーでびっくりしたこと、OKなこと、可笑しかったこと

    2月9日土曜日も13週目になるジレジョーヌのデモがありました。動員数はフランス全土で51,400人。パリではジレジョーヌたちがあえて4つのグループに分かれ別々のカルティエでデモ。なので警察官もあちこちのカルティエに散らばって警備の振り回され作戦。そしてエマニュエルマ

  • フランスらしい家族形態が登場するIKEAのCFが面白い

    ご存知の通り?フランスは離婚が多いので、学校でも両親が別れている子供たちの割合が30%を超えていると言われております。子供がいるけど結婚していないカップルもたくさんだし、養子を迎えるカップルも含め血がつながっていない家族も珍しくありません。そんなフランス的

  • ドアが閉まっていたら見えなかったバスティーユのパリらしい素敵な中庭

    バスティーユの裏通りを歩いていたら素敵な一角があったので入ってみました。カフェかレストランでもあるのかな、と思ったのですが、お店はなく、古い建物と緑に囲まれた中庭のある静かな空間。奥にはジャルダン・イヴェール=冬の庭という意味で、天井がガラス張りになった

  • CDG空港でロスバゲしないコツ / ソルドの売れ残り品のマレコレ!

    最初に、サイト「ハネムーンS」フランス特派員記事更新のお知らせです。今回はシャルルドゴール空港でロスバゲに遭わないためのコツをご紹介しております。(少し前にフライングしちゃったやつです)恐ろしいロストバゲージを回避するために事前にしておくとよいことや、それ

  • アルザスの郷土料理ベックオフをお手軽材料で簡単に!

    最近人気急上昇中だというフランス・アルザス地方のベックオフ(Baeckeoffe)。実は我が家も適当材料で2回ほど作ったことがあって、簡単なんだけど美味しかったことを思い出したので、お手軽材料で久しぶりに作ってみました。本場アルザスではストラスブールの北東の村、スフ

  • 映画と同じ?!フランス人のお風呂の入り方

    子供の頃見た外国映画では、欧米人たちは脚付きバスタブの泡のお風呂で優雅に入浴していたものです。でも日本では泡のお風呂は馴染んでいないし、洗い場で身体を洗って、風呂釜では綺麗なお湯につかるもの。そして、家族がいれば同じお湯で追い炊きもして、順番につかってい

  • 日本じゃありえない?今の時期でもフランスで買える果物

    それは、1つめはこのぶどう。パリの有名デパート、ボン・マルシェやギャラリーラファイエット、それからカルフールでもだいたい置いてあります。でもさすがにフランス産ではなく、これはペルー産。ペルー産のぶどう?美味しいの?と思う方もいらっしゃると思いますが、大丈夫

  • 12週目デモ / フランス人旦那のお気に入り。レタスとベーコンの黒胡椒炒め

    ジレジョーヌの12週目のデモが2月2日、パリではレピュブリックを中心に行われました。エマニュエル・マクロン大統領は討論会を続けており、ジレジョーヌは警察から受けた暴力を全面に押し出し中。フランス国民はもうこの状況に慣れた感じ?でもマクロンにとっては山は完全に

  • パリビストロ風週末4品コースごはん

    先週の週末ごはんになるのですがご紹介です。まずはサーモンとイクラのタルタル、ヴェリーヌスタイル。ヴェリーヌとはガラス製の器に入れた1品のこと。入れていくだけなのにちょっとオサレな雰囲気になるのがよいところ。サーモンと相性のよいハーブ、ディルは冷凍していたも

  • パリのお弁当屋さん「OKAWARI」とCDG空港でロスバゲしないコツ

    サイト「ハネムーンS」フランス特派員記事更新のお知らせです。パリで今人気が高まっている日本のお弁当屋さんをご紹介させていただいております。→ハネムーンで宿泊してるホテルへの宅配もOK!パリの和食弁当屋さん「OKAWARI」今回は15区にある評判のお弁当屋さんに取材に

  • 美味しさは本物!M.O.F受賞の歴史あるパン屋さんはその名に負けない味!

    たまたま通りかかったパン屋さん。名前を見て、あれ、聞いたことあるな、と。でも何よりパンが美味しそうだったのです。素朴なパンが揃っているけど、どれもなんかいい感じ。ちょっと迷いましたが。この「ラ・フリュート・ガナ」がトラディショナルっぽいのでチョイス。これ

  • フランス人旦那の手作りのおろし金で和食ちょこちょこ

    我が家のおろし金は、日本から持ってきたものがダメになって以来、旦那手作りのこのおろし金。おろし金がないと大根がすりおろせないので、そりゃ困る思い、旦那に真剣に訴えたら、簡単にさっと作ってくれたのが第一号で、これは第2号。適当チクチクが手作り感いっぱいでしょ

  • 今では慣れた日本と違うフランスの食事スタイルと順番

    我が家の週末ごはんをよくご紹介させていただいているので、1皿ずつ出していることをブログを見てくださってる方はご存知かと思います。でもこのスタイルにはやはり最初は慣れませんでした。日本の家庭の食卓では、ごはん、汁もの、おかずを一緒に並べるスタイル。パン食でも

  • フランス人の無口臭の謎とけた?!& 鶏肉とキャベツのパスタ柚子胡椒オリーブオイル風味

    少し前のフランス人の体臭と口臭についての記事についてちょこっと。→体質の違い?フランス人の口臭と体臭について日ごろ感じることウラジミールアスボンさんからいただいたコメントで、フランス人が口臭がないのは胃が強いからで、日本人は胃が弱いからでしょう、と。そう

  • 11週目デモ & 我が街の元お城の市役所そばの映画館で日本映画

    26日土曜日もフランス全土でジレジョーヌの11週目のデモがありました。動員数はフランス全土で60,000人。各媒体で思惑もあり発表人数が違いますのはご了承ください。ここ数週間で警官による暴力も問題になっていて、26日デモでは、もし暴力があった場合に証拠として使うため

  • 大阪なおみ選手に涙!週末フレンチな5品コースごはん

    実は大阪なおみ選手の試合に前日からドキドキしていました。そして今は感動でいっぱいです。テニスで日本の血を引くこんな強いダイナミックな人が現れるなんて思いもしなかった!彼女のお父さんとお母さんのがんばりも考えると、もう涙しかありません。旦那がなんで泣いてる

  • 真冬マルシェでフランス惣菜屋さんのかわい子ちゃんが勢ぞろい

    このところ寒い日が続くパリですが、我が街マルシェは真冬でも癒し&憩いの場。私たちも日曜だけは朝から飲んじゃいます。2杯か3杯くらい?ここはお肉の内臓専門店「トリプリー(triperie)」。少し前にTVのニュースでこのマルシェが紹介されたのですが、その時の話の中心は