プロフィールPROFILE

igpさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
記憶の中に
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/photo0912/
ブログ紹介文
お散歩カメラ、旅行記などなど、ゆるゆる更新しています。どうでもいい写真多し。(^ω^)
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2008/09/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、igpさんの読者になりませんか?

ハンドル名
igpさん
ブログタイトル
記憶の中に
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
記憶の中に

igpさんの新着記事

1件〜30件

  • 成田山新勝寺へ初詣。

    令和2年(2020年)1月3日(金)晴れ。千葉県は成田山新勝寺へ初詣へ。午前8時半ごろと朝早いため、まだ人出は序の口ですね。去年は諸事情のため来られませんでしたが、今年は参拝後、大本堂で行われる護摩炊きまで参加しました。今年は天気も良くて気温もそ

  • 令和二年元旦。

    by SONY DSC-RX100M3 山梨県にて。昨年は特に良いこともなかったですが、特に悪いこともありませんでした。災害等で苦労されている方々も多い中、まずは平常運転で生活できたことは、やはりそれだけで恵まれていたのかもしれませんね。今年も何事もなく平穏に生活で

  • 富士山裾野あたりぶらぶら③。北口本宮冨士浅間神社。

    新倉富士浅間神社で富士山を堪能したあとは、当初、白糸の滝あたりまで行こうと考えていましたが、陽の傾き加減とか(今が1年で一番日が短い時期だからね)、温泉に入る時間などを考慮して、近場で過ごすことにしました。という事で神社つながりで北口本宮冨士浅間神社

  • 富士山裾野あたりぶらぶら②。新倉富士浅間神社。

    ほうとう屋さんのオネーさんに、この辺で何か観光するとこありますか?とたずねたところ、「最近は新倉富士浅間神社(あらくらふじせんげんじんじゃ)に行く人が多いですね」とのことでした。そう、今年の春ぐらいからしきりにSNS上で目にするようになった、五重塔の横

  • 富士山裾野あたりぶらぶら①。山中湖。

    12月16日(月)晴れ。天気も良さそうなので富士山でも見に行きますか、という事で特に計画もないまままずは山中湖へ。都内にいてもちょっと高いところに上れば富士山は見えますが、やはり近くで見ると迫力がありますね。沖の方に白鳥がいるぞ、と見ているとこちら

  • 皇居へ③。秋深く。

    皇居の紅葉、黄葉も今が盛りといった感じです。石垣とモミジ。門長屋前のイチョウ。モミジとイチョウのコラボレーション。東御苑の雑木林も今が一番色彩豊か。東京駅から皇居へ続く行幸通りのイチョウも青空に映えています。by SONY DSC-RX100M3今日

  • 皇居へ②。普段は見られないもの。

    連日多くの見学者で人が溢れかえっている模様の皇居、大嘗宮と乾通りの一般公開も今週末(12月8日)まで。大嘗宮の見学の時に、一部通った乾通りにも、普段は見ることができない興味深い建築物があります。また乾通りからの方が富士見櫓も東御苑から見るよりも立派に見

  • 皇居へ①。大嘗宮。

    大嘗宮正面。12月4日(水)晴天。特別公開中の大嘗宮を見学しに皇居の東御所へ。しかし、坂下門に入るまでに一苦労…_:(´ཀ`」 ∠):そして大嘗宮に近づくと係りの人がもっている看板には「只今待ち時間110分」の文字が…_:(´ཀ`」 ∠):たしかに着いたのが11時ご

  • 桐生のひもかわうどんから宇都宮の餃子まで。(^ω^)

    宝徳寺のあとは桐生の駅の近くまで移動。桐生といえば、旅番組などでは必ず登場するきしめんよりもさらに幅の広いひもかわうどん。(ほかにはソースかつ丼も有名みたいですが)藤屋本店というお店に行きました。店内は木造風の落ち着いた雰囲気。おすすめらしいカ

  • 桐生市・宝徳寺へ②

    宝徳寺の境内には可愛らしいお地蔵さんたちがいます。(^ω^)どこかで見たような意匠ですが…(たぶん鎌倉の長谷寺)細かいことは気にするのはよしましょう…(アリガタヤー,アリガタヤー)お地蔵さんや紅葉を見て回って、境内を一回りした後は甘酒で一休み。宝

  • 桐生市・宝徳寺へ①

    11月19日の読売新聞に宝徳寺の『床モミジ』が見頃をむかえました、という記事が載ったらしいです。(自分は読んでいない)という事で、11月21日(木)、群馬県は桐生市にある宝徳寺へGO! 三( ^ω^)床モミジとは、境内のモミジが、本堂の床に美しく映える様のこ

  • 二の酉、令和元年。

    今年の酉の市は二の酉まで。そして今日(11月20日)が二の酉の日。昼にちょっと寄ってみたら、露天のお店はまさに書き入れ時の準備の真っ最中。夜には来れないのでちょっと雰囲気だけ感じてきました。じゃがバター用蒸かしイモ大量生産中!by SONY DSC-WX300書

  • 酉の市、令和元年。

    by SONY DSC-WX300酉の市の提灯が飾られ始めると、毎年、歳末を感じ始めます。令和元年もあと少し。今年は11月8日(一の酉)、11月20日(二の酉)。よかったら応援ポチ (^ω^)っ m(_ _)m してね

  • 茨城へ③。神、降臨されし磯。

    那珂湊おさかな市場で昼食をとったあとは、大洗の磯前(いそさき)神社へ。磯の岩礁に立つ鳥居が神々しいとして有名な神社。八五六年(平安時代)一二月二九日、大洗の地に人々の難儀を救うために突如、神が降臨しました。そして創建されたのがここ大洗磯前神社。鳥

  • 茨城へ②。那珂湊おさかな市場。

    ひたち海浜公園から車で那珂湊おさかな市場へ移動して昼食をとりました。ここは新鮮な魚介類が並んだ市場です。何やら大きな魚が籠の中に…近くにいた市場のオジサンに聞いたらヒラマサだとか…( ゚д ゚) デカっ!ヒラマサはアジ科最大の魚ですが、ふつう目にす

  • 茨城へ①。ひたち海浜公園。

    10月17日(木)。曇りのち晴れ(夜は雨)朝は曇りで、天気はいま一つ不安でしたが、とりあえず出発。今回は台風19号直後という事もあり、とりあえず近場のひたち海浜公園へ。着いたら晴れました。(・∀・)ひたち海浜公園といえば見晴らしの丘。春にはネモフィラで

  • 上高地へ③。お猿とともに。

    上高地を歩いているとたまにニホンザルの群れと遭遇します。上高地のお猿さんたちは基本人間をスルー。人にエサをねだるようなこともしなければ、不意に近づいたりこちらから挑発しなければ威嚇してくることもありません。逆にこちらが無視していると足元を通

  • 上高地へ②。明神池へ。

    河童橋から約1時間ほどで明神池へ到着。ここは北アルプス総鎮守の穂高神社の奥宮の地でもあります。明神岳を正面に見据え明神橋を渡ると、小さな祠があります。お賽銭を投げて参拝した後、拝観料300円を払って明神池へ。明神岳の岩壁直下にある神秘的な静けさ

  • 上高地へ①。大正池から河童橋へ。

    9月12日(木)晴れ。夏の終わりの上高地へ。北アルプス唯一の活火山である焼岳。その麓を流れる梓川によってできた大正池。7月の終わりごろから空振(空気の振動)を伴う低周波地震が相次ぎ、専門家は「噴火が近い」と警鐘を鳴らしました。:;(∩´﹏`∩);:もし大

  • 八方池へリベンジ!

    8月1日(木)まあまあ晴れ。2年前に一度チャレンジし、ガスが多くて絶景が見られなかった、長野県は八方尾根にある八方池へリベンジ!1998年長野冬季オリンピック女子滑走スタート地点。黒菱第3ペアリフトから2本乗り継いで、そこから片道約1時間半、高山植物

  • 梅雨のアジサイ。

    by SONY DSC-RX100M3早いもので一年の半分を過ぎ、七夕も過ぎ、アジサイの花も終わりに近づいています。歳を重ねるごとに、時間の過ぎ去る速度が増しているように感じる、と思う人は多いのではないでしょうか?そしてほとんどの人がそう感じるという事は多分それ

  • お蕎麦と戦場ヶ原と温泉。日光へ。

    大谷資料館の次はお蕎麦を食べに日光へ。三たて蕎麦・長畑庵さんへ。二合打ち(モリ2枚分)1000円。このお店のお蕎麦は、麺の細さと硬めの茹で加減が何とも絶妙な食感で、お蕎麦の旨さを引き立てます。そば湯もとろとろで美味。ちょっと不思議なクセになる人気のお

  • 地下採掘場跡『大谷資料館』へ。

    ぽっかり空いた隙間から十字架を思わせる光が差し込むスペース。ここで結婚式も行えるそうです。6月17日(月)晴れ。栃木県宇都宮市にある大谷石の採掘場跡に入れる「大谷資料館」へ。入館料800円。石なんか見ておもろいんか?などど思いつつも、行ったことないの

  • 最近読んだ本 『一汁一菜でよいという提案』

    テレビの料理番組でもよくお見受けする土井善晴先生のレシピ本ではなく、料理に対しての提案本。アマゾンの内容紹介によれば、「一汁一菜とは、ただの和食献立のすすめではありません。一汁一菜というシステムであり、思想であり、美学であり、生き方だと思うので

  • 平成つつじ公園のつつじ。

    平成も残り数日の今、『平成つつじ公園』という名の公園へ。この日はこじんまりとしたフリーマーケットも開かれていました。名前の通り平成の時代につくられた小さな公園。つつじの花が咲くこの時期だけ彩りに飾られます。ハナミズキの花も。あさっての

  • 福島へ3。喜多方ラーメンを食べよう。(*´﹃`*)

    三春の滝桜を見た後は喜多方へ。エスキモートラックの向こう側にはまだ白い雪をかぶった阿武隈山脈。まずはラーメン、ラーメン。ネットで評判が良さそうな『なまえ』さんへ。テーブル席が三つだけの小さなお店。極太手打ちラーメン。570円(だったかな?)スー

  • 福島へ2。あぶくま洞へ。

    福島へ入って最初に寄ったところは鍾乳洞のあぶくま洞。星の村天文台のすぐ近く。およそ8000万年!という歳月をかけて創られた大自然の造形美。入場料は一般コースが1000円。プラス200円で探検コースも回れますが、まずは一般コースで入場。JAF割引もあります

  • 福島へ1。🌸 三春の雪桜。🌸

    4月18日木曜日。晴れ。平成最後の日帰り旅行は福島へ。今がちょうど満開という事で、日本三大桜のひとつにも数えられる福島県は田村郡三春町の三春雪桜を見てきました。推定樹齢1000年以上。国の天然記念物。幹の太さは8.1メートル。圧巻というしかありません。

  • 🌸 表情豊かな葉桜たち。🌸

    東京の桜もほぼ見頃を終え、葉っぱも多くなってきました。散らずに残っているわずかな花も少し寂しそうです。あれほど溢れていたSNS上の桜の写真も少なくなってきました。ならばあえて、葉桜たちの写真を撮ってみましょうか。(^ω^)そして気づきました。満

  • 💴 紙幣刷新発表記念ブログ。💴

    平成31年4月9日火曜日。麻生太郎財務大臣は記者会見において、1万円、5千円、千円の紙幣と500円硬貨を新しいデザインで発行すると発表した。1万円札は渋沢栄一、5千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎。紙幣は2024年度、500円硬貨は2021年度からの発行予定。と、備

カテゴリー一覧
商用